子を持つ母なら誰もがなり得る「産後うつ」。自分の子供を可愛いと思えないや、死にたい気持ちになるなど、その症状は様々です。そこで今回は、自身の産後うつに関する経験がつづられた、ゆーさんのブログをご紹介致します。似た悩みを抱えてる方は赤裸々に綴られた彼女の記事で気持ちが楽になるかもしれません。

登場人物

・「ゆーさん」さん…このブログの筆者。2017年2月に不妊からの自然妊娠で第一子となる女の子を出産。

・かめちゃん…ゆーさんの娘

毎日イライラしてため息ばかり...

精神状態がかなりヤバイという段階まで来ていた ゆーさん。かめちゃんが産まれる前に ゆーさんの夫は「俺がかめちゃん面倒1人みるで。どっか1人で行ってきてもいいで?」と優しい発言もしていたが、実際は毎晩飲みに行ってばかり。
首の座らない子と一日中家で ゆーさんは毎日疲れ切っていました...。

あんなに欲しかった赤ちゃんなのに、ネガティブなことばかりが頭に浮かぶ...

ある日、ゆーさんの自宅に保健師さんが訪れます。
本来は保健師さんに悩みを打ち上げるべきだが「ヤバイ人なんじゃ?」と思われるのを嫌がった ゆーさんは、コウノドリの高橋メアリージュンさんのように「大丈夫です」と答えてしまいます...。
そして、ゆーさんは保健師さんから赤ちゃんと、ママが集まるコミュニティがあるということを教えてもらいます。

気分転換にママ&ベビーのコミュニティへ参加。しかし現実は...

産後うつ 4
2017-11-17 06:05:27
さぁー
今日は、お出かけ!!!

あたしは、かめちゃんを抱っこして
区のコミュニティに参加する事にした

到着すると、区の人の案内で
同じ地域に住むママ&ベビーの
いるところへ案内された。
2組の親子がすでにいた。

初めまして…

挨拶をする。。。

同じ月齢の子を持つママ達だった!

その後何組の親子がきて、保健師さんの指示で

自己紹介する事になった。

1、親、子の名前
2、子の月齢
3、悩んでる事
4、最近あった嬉しいこと

を、言う事になった。

どうしよう…

みんな、

●最近とても笑ってくれるようになった
●旦那がお風呂に入れてくれるから楽になった
●よく寝てくれる
●おっぱいを良くのんでくれる

と、嬉しかった事を話している

悩んでいる事を、聞いていても

●旦那が夜中あやしてくれるけど、結局はママが抱っこしなあかん。

それ悩み???やってくれるだけましやん

結局は楽しい、ご家庭自慢ですやん???

と、思うような内容ばかり
保健師さんに教えてもらったコミュニティに参加した、ゆーさん。
しかし、参加してるママさんたちが「うちの子、可愛いでしょ!!!」と思ってるような雰囲気が見ただけで伝わってきて、「自分はかめちゃんをみんなみたいに可愛いと思えてない...」と逆に自分自身が惨めになっただけでした...。

そしてある日、ゆーさんは自分と同じ様な人がいないかネットで調べ出してしまい、「あたし産後うつ???」となってしまいます。

悪気が無いのは分かってるんだけど...

様々な負の感情が重なり、自分と同じ思いを抱えてる人がいないか検索をして自分が産後うつなのではないかと自覚し始めた「ゆーさん」でしたが、彼女は役所へ訪れることによって何かが変わるのでしょうか。そして、産後うつにも光が射すことはあるのでしょうか。

次回、人と話すことの大切さ。産後うつが回復?

気になる後編は明日公開!ぜひご覧ください。

面白かったら読者登録もぜひ!

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ