出生時の体重が2,500g未満の「低出生体重児」。我が子が壊れてしまいそうなぐらい小さいと心配でしょうがないですよね。そこで、今回は2090gの女の子を出産したkumiさんの想いをご紹介します。

登場人物

kumiさん…このブログの筆者。2016年12月に2090gの女の子を出産。子供嫌いと公言しているが、我が子は愛おしくてしょうがないのだそう。

2090gの低出生体重児

★御礼と2090gの小さい娘☆
2016-12-11 18:59:33
さて、かねてから心配していた赤ちゃんの小さい問題。

2090gの低体重児で産まれ、現在GCUというお部屋で管理され育っています。

私の病院は、産まれた時から母子同室。

正直、産後疲れもあるし絶対に母子分室がいい!と思っていましたが、

今は娘と少しでも側にいたくて仕方ない。

GCUには、お母さんならば24時間いつでも入れる様になっていますが、

泣いていても、すぐに抱っこしてもらえない赤ちゃん達をみて、

娘に寂しい思いをさせているんじゃないかと悲しくなっちゃって。

2300gまで大きくならないと退院もできないので、

私が先に退院し、娘のために通院する事になりそうです。(涙)

そんな小さい娘ですが、すでに目に入れても痛くないと思うほど可愛い。

赤ちゃんのウ○コや、吐き戻し、世のお母さん達はよくできるなぁーなんて、

漠然と思っていましたが、余裕のよっちゃんでデキるね!!(笑)

子ども嫌いを公言していた私が、

早くも自分の子供にメロメロになっています♡

ちなみに、低体重児で心配されるのが、低血糖症、可血症、黄疸などなど。

小さいお手手に点滴が刺さっているのが、もぅ可哀想です。。
kumiさんは最後に「早く大きくなってね。。」と願うのでした。

低体重だから神経質になっちゃうこと

☆生後60日 頻回授乳はいつまで?★
2017-02-08 22:23:31
今日で、ゆぅみんが産まれてから60日です。

全然寝てくれないことに悩んでいたのが嘘みたいに、

夜は4時間はまとまって寝てくれる様になりました。

ただ問題が日中・・・。

オッパイ飲んで、寝て、泣いたらまたオッパイから、

オッパイを飲んでも起きている時間が長くなったのですが、

1時間もしないうちに、すぐにフエ~ンと泣くので、

抱っこして、又オッパイあげて…と、かなりの頻回授乳。

1回で、たくさん飲んでくれている時は、安心して時間をあけれるのですが、

少ししか飲んでいない気がするときは、飲まさないと…と心配になって、

とりあえずオッパイを出す…の繰り返し。

体重は増えてるので、母乳が足りてないこともなさそうですが、

やはり低体重児で産まれてるので、

母乳や体重のことは人一倍神経質になっちゃって、

ミルクを足す回数も増えてきてます。

(どうしても飲んでる量が気になるので…。)
母乳や体重を人一倍気にしてしまうのは低体重のお子さんをお持ちの方なら誰しもが共感出きるのではないでしょうか。
しかしkumiさんは、不安はあるものの「ここ最近は目に見えて色んな成長を感じているので嬉しい限り」と語っていて、日中は二人でイチャイチャ遊んでいるのだそうです。

しっかりと大きく育ってる?

抱っこしたらズッシリと

低体重で産まれた我が子が1歳に

低体重で産まれてきても焦らず、お子さんを長い目で見ながら愛を持って接するのが大事なのかもしれませんね。
kumiさんの記事が、現在、低体重のお子さんをお持ちの方の参考に少しでもなってたら幸いです。

面白かったら読者登録もぜひ!

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ