地域で助産師として働いていたbernさんのブログ。ママたちの悩みや戸惑いと多く接してきたという彼女のブログは現在妊娠中の方や子育て中の方々にとって、とても参考になるブログとなっております。今回はその中でも母乳や授乳に関するママたちの悩みについて触れている記事をご紹介します。

ブロガー紹介

bernさん…このブログの筆者で助産師。現在はベビーヨガ&マッサージ&ママヨガを中心に活動。

読者から寄せられた質問にbernさんが回答!

助産師として働いていたbernさんのブログには、妊娠中、子育て中の方から多くの質問が寄せられています。今回はその中から2つの質問に対するbernさんの回答をご紹介。
▼質問1_2ヶ月の息子が夜中の2時頃から唸るように

息子は2ヵ月になりました。
1ヵ月をすぎた頃は夜もあまり起きず、いい子だったのですが…
今は夜中の2時頃から唸るようになってしまい、大人は疲労困憊です。仕方の無いことなのでしょうか。

この質問に対してbernさんは
夜に唸って起きるのは、、、
2017-07-22 10:06:38
普段のやりとりでしたら、
体重の増えやウンチの回数などをお聞きしてお答させていただくのですが、、、

おそらく、授乳で飲み込む空気の量がまだまだゲップとして出る空気の量より多いのかなぁ〜と推察されます。
そして仮にウンチの回数が少ない場合、お腹の中はウンチとガス(空気)でパンパンになっているので苦しいのじゃないかなぁ〜と思われるのですがいかがでしょうか〜〜

もしそうならば、オムツを変える時などにガス抜きのポーズをしてみたり便秘体操をしたり、脚からお腹のマッサージをしてみると血流が良くなるだけではなく実際にガスや便が流れます
このマッサージに関しては便秘に有効なマッサージとして、またガス抜きのポーズや便秘体操に関しては「どうして泣くんだろう」に載せていますので参考にしてみてください。

ゲップ出しとともにこれらをママの手が空いている昼間やお風呂に入る前にすると、気持ちよくウンチも出たり上からも下からも空気が出るので、
夜に唸ることは少なくなると思うのですがいかがでしょうか〜〜
どうぞお試しください
診察と違い普通なやり取りが出来ない状況でも非常に丁寧な対応でとても助かりますね!
▼質問2_1ヶ月の我が子が母乳を飲むときに暴れます

完母で育てているのですが、1週間程前から子どもが母乳を飲みながら暴れたり、泣いたりします。この1週間で変わった事は、私が産院で乳房マッサージを受けたことです。もともと分泌過多で双子を育てられる量が出ているようです。しこりもでき、子どもの飲みが悪くなったので受診しました。子どもはもともとゲップが下手で、ガスも溜まりやすいように思います。こちらのブログを参考にゲップ出しをしてみましたが、私が上手にできず出ませんでした。便は毎回授乳の度に少し出ていて、2、3回多めに出る状況です。
授乳の前に圧抜きをしてみましたが、変わらずでした。なぜ怒っているのか分からず、お腹が空いた状態が続いていたら可哀想で、どうしてあげて良いかも分からず悩んでいます。

bernさんの答えは
▼赤ちゃんが母乳を飲みにくい時に飲んでもらうには...
飲みにくい時に飲んでもらうには、、、
2016-02-27 17:04:22
ベビちゃんが飲みにくい時、と云うのは、、、
①乳首の問題、、、扁平や短小、さらには大きすぎる場合
②乳腺炎になっている時
③授乳ポジショニングがうまくいっていない時
などでしょうか~~

①の場合、やはりベビちゃんの吸い方吸ってくれるチカラが必要になってくるので、ひと月ぐらいは保護器を使って飲ませてみます。
ひと月も過ぎると、ベビちゃんは吸い付いてくれるチカラが強くなるし、ママの乳首も良い感じになってきます。
乳首が大きい時でもベビちゃんのお口も大きくなるし、吸い方が上手になるので吸えるようになります。
ただし、タイミングと云うものがあります。
、、、と云うのも、ベビちゃんお腹がとっても空いている時だと、最初から直母で吸わそうと思っても怒りだしてしまうことが多いのです。
そこで、先ず少々は空腹を満たしてあげないといけません。
保護器を付けたままで飲ませても良いし、もし哺乳瓶も使っておられるのなら哺乳瓶である程度の量を飲んでもらいます。
そしてゲップ出しなどして気分を変えて、少々眠くなりかけたところでぐずついた時に、直母に持っていくと案外スポッと飲む場合が多いです。
紹介しきれなかった②と③についてはリンク先の記事に記載されていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

子育ての中でも母乳や授乳に関する悩みについての回答をまとめました

「多くのママたちにエールを送りたい、それまでの気づきや感じていることや喜んでもらえたことをブログで発信したい」と語るbernさん。
その想いがブログから溢れてるように感じます。

ママさんの気持ちに寄り添ったとても為になる記事は、まだまだたくさんございますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

面白かったら読者登録もぜひ!

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ

この記事で紹介したコンテンツは全てブロガー個人の体験談となります。効果には個人差がありますので、必要な場合には医師と相談しながら試してみてください。