地域で助産師として働いていたbernさんのブログ。助産師としての知識を持ち多くのママさんと触れ合ってきたbernさんの記事はとても参考になるものばかりです。今回は彼女のブログの中から子育ての悩みとしてとても多い「便秘」についての記事を紹介します。我が子が便秘に悩んでいるという方は必見です。

ブロガー紹介

bernさん…このブログの筆者で助産師。現在はベビーヨガ&マッサージ&ママヨガを中心に活動。

赤ちゃんの便秘は、身体の内側と外側のあるポイントを抑えれば解消される!?

老若男女問わず困る人も多い便秘。それに対する考え方とケアは、実は大人も子供も赤ちゃんもそう変わらないんじゃなかと考え、大事なのは「身体の内側からと外側からとの見直しです。」と語るbernさん。
身体の内側と外側とは具体的に何なのでしょうか。
▼身体の内側からは、食べ物・飲み物に注意して
▼身体の外側からは、マッサージや適度な運動が効果的

便秘の赤ちゃん2人を対応したbernさん。体の内側と外側を合わせて考えつつ、診てみると…

最近便秘の赤ちゃんを診たbernさん。様子を見つつ、アドバイスをすると早速効果があったようですよ。
▼1人目はミルクの赤ちゃん。
▼2人目の赤ちゃんは母乳とミルクの混合

便秘の原因はママにもあった?体が冷えていると...

便秘について
2017-08-02 08:44:19
ママの体が冷えていても便秘につながります。
出産して授乳中のママ、これは人生最大の激務をこなしている、と云っても過言ではありません。
自分のため、そしてベビちゃんの母乳のためにカラダは200パーセント稼働していると云ってもいいぐらいです。
激務であること自体、体が冷えていると云ってもいいのです。
そこへもってきて、夏の暑さの中での冷え対策はいかがでしょうか〜〜
下半身は冷やさないように、心がけることが大事です。
下半身を冷やすと「冷えのぼせ」と云って、かえって上半身が暑く感じます。
靴下がうっとおしかったら(私がこの時期そうです)、指ソックスを履いてレッグウォーマーで三陰交(くるぶしの3〜4指上にある冷えのツボ)を冷やさないようにしましょう。

こんな感じでママの体を温めると適温のさらっとした母乳が作られると思います。
食事はできるだけ野菜たっぷりのスープなども摂って体を冷やさないようにしましょう。
ブログのテーマの「母乳」で検索していただくと、授乳中の食事についても書いていますので参考にしてみてください。
赤ちゃんが便秘になってしまうのは、赤ちゃんだけの問題ではなく、ママさん側に問題がある場合もあるようですね。
記事内には、ここで記載しきれてない便秘の原因が丁寧に記載されていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

多くのアドバイスが掲載されている、bernさんのブログをチェック!

助産師やベビーヨガの講師を務め、多くのママさんの悩みを聞いているbernさんの記事は非常に説得力がありますね。
そして説得力だけでなく、ママさんの悩み事に自ら寄り添ってるという優しさも記事から感じます。

現在、子育てに励んでいるという方は是非一度bernさんの記事に目を通してみてください。

面白かったら読者登録もぜひ!

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ

この記事で紹介したコンテンツは全てブロガー個人の体験談となります。効果には個人差がありますので、必要な場合には医師と相談しながら試してみてください。