元KBCのアナウンサーで現在アナウンサーの会社を経営してる長崎真友子さん。今回は、そんなワーキングママの彼女が乳児を抱えながら引っ越しをした際の苦労話をご紹介します。

あらすじ

2016年に産まれた第一子がまだ乳児だったころ「家を更新せずに引っ越そう‼」ということになった長崎さん。しかし、乳児を抱えた引っ越し活動は相当大変なうえに2度に渡る引っ越しを迫られてしまいます...。なぜ引っ越しが2度に渡ってしまったのか、乳児を抱えた引っ越しはいかに大変なのか、長崎さんの体験談に注目です。

乳児を抱えて2度に渡る引っ越し!

▼とりあえず1人暮らし用マンションへ避難。しかし…
乳児を抱えての引っ越しで学んだ事
2017-12-19 06:30:52
結局、とりあえず避難の1人暮らし用マンションへ一時避難することに。

こんなことになるとは!!
一人暮らし用の小さなお部屋に家族3人分の家具や荷物がどんどん積み込まれる。

子どもの生活リズムや睡眠時間を絶対に守りたい、埃の中にはいさせたくない!という思いから、引っ越し準備や当日まで、本当に本当に大変でした。

私しか作業する人がいないのに、子どもも守りたい‼︎もうグチャグチャでしたね。泣きたかった。

でも、なんとか荷物を運び込み、前の家の掃除も完璧に終えるまで…2週間かかりました。
その間だけ二重家賃でしたが、子どもを抱えての作業なので、それだけは妥協してもらいました。

いざ新しい部屋を見渡して、、、絶句

カーテンもなく、そのままだと寒いため主人がダンボールで窓を塞ぐ。イコール昼間も真っ暗。

所狭しと積まれたダンボールの山。
とても危険。

座る場所もないリビング。
ハイハイしたい息子にハイハイさせてあげられない。

環境がガラッと変わったことで息子も寝つきは悪いし、夜泣きが激しくなる。

小さな子にこの環境は本当によくない!!
と私は思い、即福岡の実家へ避難。
こんな時、長崎さんのご主人は「俺はこの狭い空間嫌いじゃないけどね!ここに引っ越して良かったよ」と自分が招いた事態を正当化し始めてしまったため、長崎さんは怒りが爆発してしまったそうです。
▼却下されてもここに住む!
乳児を抱えての引っ越しで学んだ事
2017-12-19 06:30:52
この部屋からなんとしても出なければ‼︎という一心。

その間、環境が悪いせいか、息子は何度も風邪をひき、私もインフルエンザ感染、、、と、体調がすこぶる悪かったです。。

物件検索サイトももう時間があけば検索し続ける日々で、東京23区の物件の相場などかなり詳しくなった気がします。

そんな中、家賃も範囲内で、主人の仕事にも利便性良い、妥協はかなりしたが、とりあえず息子がちゃんと眠れそうな部屋がある‼︎

場所からすると家賃はかなりかなり掘り出し物だったので、不動産屋さんに即申し込みを入れました。

もう却下されても私はここに住む!
と、強い信念を通しました。どんな家に住むかより、今いる危険地帯をはやく脱出しなければならない!!

再び却下されそうになりましたが、ノイローゼ気味な私を察してか、主人ももう根負けしたようでした。

やっと!
やっと!!!
普通の家に引っ越せたーーー!!!

子連れでの手続きや準備、引っ越しは本当に大変でしたが、なによりも息子をやっと安全な場所に寝させてあげられる!という安心感。そして長い長い越活からの解放感っ!!

それだけが原動力で、なんとか引っ越しまで辿り着きました。
▼乳児を抱えながらの引っ越しで学んだ事

読者からの共感の声をご紹介

私もつい先週、1才と2才の子供を抱えて引越しました。
あまりにリアルタイムな話題だったので共感しながら読ませていただきました!!
子供がいての引越、そして我が家も主人は仕事が忙しい人で家探しから引越準備、荷ほどきまでほとんど私一人でやったので泣きたくなりました(;_;)
私の場合はうろちょろ動く二人がいて大変でしたが、長崎さんの場合は、まだ免疫力も弱い幼児を抱えてということで、別の大変さがあったのだろうなぁと思います。
引越って、荷造りだけじゃなくて、引越当日にカーテンやエアコン、ガス水道電気等見えない部分が間に合うように準備しておく必要もあるから、一人だとパニクりますよね(>_<)
ほんとに、子連れでの引越はもう避けたいです(苦笑)

私も娘が1歳になるときに夫の転勤がわかり、2週間の猶予しかない中で家探し、引っ越し屋さん探しを娘をかかえながら一人きりでやらないといけなくて…。年度末だったので引っ越し料金は高額だしお財布にも痛かったー(-_-;)
引っ越し後の荷ほどきももちろん私がするしかなく、そんな中で第二子の妊娠が発覚!つわりに山積みの荷物、あまりにも大変すぎで記憶が飛びとびです(笑)
真友子さんの状況想像しただけで涙が出そうでした。本当にお疲れさまでした(>_<)

私ももうちょっと大きかったけど、次男が赤ちゃんのときに引っ越ししました(--;)
本当に大変ですよね( ̄▽ ̄;)

まぁ私はそのときは専業主婦だったので、まだましでしたが…

ワーキングママ長崎さんの日常に注目

ご主人も忙しく引っ越しのあれこれを出来るのは自分しかいない、加えて乳児の面倒も見ないとイケナイ...。確かにオススメ出来ないですね。長崎さんの記事を読んでると大変さが目に浮かぶようでした。
ワーキングママ、そして子を守る母である長崎さんのブログはとても読み応えのある記事ばかりです。現在子育て中の方は是非、長崎さんのブログを読んでみてください。

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ