9/21の記事ランキング

  1. 俺は毎朝、託生と片倉の421号室のドアをノックする「あ、ギイ」ドアを開けるのは、きまって片倉「託生は?」「あ、まってえ、ギイ」あわてて着替えをするのが恒例。まったく「なんかさあ。前の方が寝起きは良かった気がするんだけど」片倉がぶつぶつ。たしかに。それは俺も同室で寝起きしていた時、そう思った「あの時はね。その・・、やらなきゃって思って緊張してたんだよ」まあなあ。体に触れられることを極端に恐れていた託生だったし、なんとか寮生活に馴染もうとも努力はしていたからそういう点では生真面目に頑張っていたんだろうが「ギイ、同室になっていた時、甘やかしすぎたんじゃね?」片倉が胡乱な目「そんなことはないけれどな。確かに休みの日は寝られるだけ寝かせておいたけれど」「もともと朝は苦手なんだ。その、ごめんねえ」あの託生からこんな謝罪の言葉をもらってしまっては、俺も片倉も苦笑するしかない「まったく、なんかさあ。俺、託生の兄さんの気分」「え・・」俺もドキッとしたし、託生も一瞬動きが止まった「もう、心配で心配で・・」片倉のオーバーすぎるアクションに、思わず吹き出してしまう「おい、言われてるぞ、弟よ」「もうっ、明日から絶対に起きてやる」託生はぷんすか。なんだろうな、ほんとにいきなり16才っぽい子供らしさというか、感情をありのままに見せ始めたというか、良いことなんだろうなやはり、片倉が同室でよかった託生は片倉との付き合いで、あたりや人のつきあい方、距離の取り方を少し柔らかな形で学ぶことができるだろう。これまでは、悪意をぶつけられっぱなしだったからなそれから3人で学食に向かったんだが「おっはよー、ギイ」また来たよ、高林俺は片倉に目配せをして、託生とともに先に行かせる「なんだ、高林。なにか用か?」こういう手合いには正直うんざりしている、アメリカでも、この日本でも「なんだは、ひどいなあ」他の連中なら簡単にイチコロであろう高林の魅惑の微笑み。その威力を高林自身も自覚しているから、ここぞというときには武器として使うだが、あいにくと俺には通用しない「用がないのなら」さっさと歩きだそうとする俺の腕をぐいと引っ張って「朝食、一緒に食べようよ」甘えたような上目遣いがわずらわしい。ほんとに典型だよ、高林「悪いが、先約がある」「あ、葉山? でもさあ。もう、治ったんだろ。だったらギイが構わなくてもいいじゃん。もう、解放されなよぉ」「余計なお世話だ、高林」高林の手を振りほどいて歩こうとするとまたまとわりついてくる噂では訊く。高林に似合いなのは俺だけだとか何とか。逆でもお断りだ。しかも高林は、当然じゃないかとでも思っているかのように振る舞うから始末が悪い「そんなに照れなくてもいいじゃない。ねえ、ギイ」こいつは、自分以外を何だと思っているんだ? すべての人間が自分の崇拝者であり自分を好まない人間などいないとでも本気で信じているのか?だが、あいにく、そう言う人間は世界中にいることを俺は知っているそして、直接迷惑をこうむったことも数えきれないほどある「悪ふざけはよそでやれよ。俺はつきあう気はないから」一瞥もせずに高林を振り切って、ひとりで学食に向かうその後ろで、高林が何を思っていようが知ったことか。傷つくなら勝手に傷ついていろ。幼稚な自尊心の塊め「あ、ギイ。こっちこっち」片倉が、先に座っていたテーブルで手を振ってくれた俺は定食を受け取ると、託生の隣の席に座る「今朝のコロッケはデカいな」「そう、それ。ちょっとお得? きちんと朝飯食べられるっていいよなあ。託生も、コロッケ定食、好物だもんな」「そうなのか? 託生」「ああ、うん。こういうの好きだよ。特に祠堂のはジャガイモほくほくだから美味だし」「ソースは少なめなんだな」「あっちはじゃぶじゃぶだけれどな」ちらりと片倉が見た先には、八津が朝食をとっていた。確かに・・・衣の色が変わるぐらいソースをかけまくりだ「味、わかんなくね? あそこまでかけるとさ」「まあなあ。キャベツの千切りまであの調子だと、塩分とり過ぎな気はするが」「お肉とかにも味は付いているのにね。もったいないね」託生がそこを言うか?「友達の家がね、お肉屋さんだったから、ほんとに小さいころ、外で遊んだ帰りによくみんなごちそうしてもらったんだ。今考えると、あれ、揚げすぎて売れ残りそうだからってことだったのかもしれないけれど、僕らはみんなすきっ腹だったし、美味しかったよ。揚げたてて熱々だったし」「へえ、託生もそんな風に遊んでたんだな。小さい頃は。あ、でもそうか。サッカーやってたぐらいだものな。そうだよな」片倉がひとりで突っ込んでひとりで納得している「イギリスなら、さしずめフィッシュアンドチップスってところかな」「あ、訊いたことあるぞ、それ」「新聞紙にくるんであってさ。それをつまむのが昼食。まあ、今時はもっとおしゃれに食べたりもするが」「フィッシュってことは魚だよな。なに?」「ヨーロッパはたいてい魚と言えばタラかニシンだな。産卵期のニシンはシェトランド諸島沖から南下を始めて、ブリテン島とオランダ、そしてフランスとの間の海峡を下っていくから捕り放題だったんだ」「へえ、そんなもんなんだ」「実質、肉食が主食みたいになったのは産業革命以降と言ってもいい」「すごいね。ギイといると、ただでおもしろ世界史が学べちゃう」託生がコロッケをぱくつきながら感心してくれる。ふふん、これぐらいで尊敬されるのならどんどんしちゃうぞ「鰻だって食べるぞ」「え? ヨーロッパで鰻?」託生と片倉が目を丸くする。日本だけの風習みたいに思っているんだろうなあ「かば焼きはないがな。燻製にしたり、トマトで煮込んだり、オリーブオイルでソテーしたり。普通にある。ああ、有名な映画もあるが、ちょっとグロいから託生にはなしな」「うう、それはお気づかいありがとう。ギイ」あからさまにいやーな顔をした託生怖がりらしい託生があの「ブリキの太鼓」を見たら、夜中じゅううなされそうだものな。章三なら食いつくこと間違いなしなんだが「アメリカじゃあ、カジキマグロもナマズも食べるし」「なまずう?」「アメリカ南部ではケイジャン料理ってけっこう有名。まあ、シーフードの煮込みみたいなものだけれど、旨いぞ。それとあとはフライにしたりソテーしたりは変わらずだな」「ギイってば、世界中食べ歩いてる? もしかして」片倉がくらくら。俺はにやり「もちろん。俺の趣味のひとつだからな。だから、託生。世界中、どこに行っても旨い店、紹介するぞ」「せ・・せかいじゅ・・。遠慮します」「なんだよぉ。そこは、お願いしますだろ、託生ぃ」そんな、俺たちのわいわいがやがやな食事風景を遠目で高林が見ていることなど、俺はことさら気にかけなかった

  2. 「従者?・・・あ、ああっ、タクミの事?なに?帰ってないの?」野沢と副船長の赤池章三が泉王子にお連れの方の消息を伺いに行くと、そんな返事が帰って来た。「あいつ、知り合いに会ってたみたいだから、置いてきたよ。きっと、今頃その彼氏と楽しくやっているんじゃないの?」天真爛漫な王子様の適当な返事に野沢政貴ががっくりと肩を落とした。「王子さま、その知り合いの容姿を覚えていらっしゃいますか?」副船長の赤池章三が辛抱強く泉王子に訊いた。「僕は見ていないんだよね。お供の誰かが言っていたんだ。タクミが友人と腕を組んで出て行ったって」「その、お供の方はどなたか分かりますか?」「さあ?赤毛のタンタレス星の金持ちだったかなぁ?」取り巻きの事も覚えていないと言う泉王子に野沢政貴と赤池章三は大きな溜め息を吐いた。「赤毛のタンタレス星出身の方をお客様名簿から探します」泉王子の所から出ると、野沢政貴がそう言って、管理室に向かって、行った。「俺は、別口から泉王子の従者の消息を探ってみる」章三はそう言うと、操舵室に向かって行った。「そんな顔をされると困るなぁ〜」惚けた感じの男はまるでこの状況を楽しんでいるようだ。「困ったなぁ〜。俺が求めていたのはひとりだったのに、なんでふたりな訳?どちらかがオマケな訳だけど、どうする?要らない方は宇宙空間に放り出そうか?」ニコニコとそんなセリフを吐きながら笑っているのは海賊だった。結局、タクミと片倉利久は海賊に捕まってしまった。素行が悪そうだったが、意外と丁寧だった男達に一区から出ようとした所で囲まれたのだった。そこから、丁寧な扱いで連れ込まれた小さな船は、真っ黒な船体に白いペンキで鼠の字が丸の中に描かれたデザインの海賊船だった。倉庫の様な場所に案内された時はなんだか可笑しな気分だったのだ。「狭い処ですけど、此処へどうぞ」なんて、拉致した人間を丁寧に連れ込むなんて、どうなんだろう。「俺達、捕まったんだよな」後ろ手に縛られながら、片倉利久がタクミに訊いてくる。「うん、縛られているから、そうなんじゃない」なんて、間抜けな会話を先程までしていたのだ。でも、船長と言う男が現れた時、やはりと現実が落ちてきた。「欲しいのは、天使なんだけど、天使ってどっちだ?大体、天使とか言って、羽なんか何処にも無いじゃないか。あー、裸に剥いたら羽が出てくるのかなぁ〜」ニヤニヤと、笑いながらジロジロとタクミと片倉利久を交互にみる。「あんたおかしいんじゃないか!天使なんている訳無いだろ。大体、羽のある人種なんて訊いた事もない。そんな馬鹿げた人探しに俺達を巻き込んで変だよっ!」片倉利久が船長に噛み付いて行く。「ふーん。そうだよねぇー。俺も信じられなくてさぁ、今でも疑心暗鬼なわけ。どうしよう、兎に角、裸に剥いちゃう?」

    たくさん共感されています

  3. 水では飽き足らず、ついにはドレッシングまで浴びた真行寺。煮ても焼いても食えはしないが、生ではさらに食欲が減退する黒猫を洗い流し、洗面器に張った湯の中へ納めた。恐慌状態を脱した猫は、ネジが緩んだからだを投げだし縁に顎を乗せる。「はあ、キモチイイっす。」その頭にタオルを置けば、立派な温泉客だな。温泉に浸かる猿ならば有名だが、さすがに猫となれば奇妙奇天烈だろう。「だから、さっさと洗ってもらえ、と言っただろう。なぜ、あんなに逃げ回っていたんだ?」「それ、訊く?」湯の中で蕩けていた猫は目を開き、しかし姿勢まで変えることはなく、恨みがましい目で見上げてきた。お手伝いさんから逃げ回るおまえを救ってやったのは俺だぞ、まったくとぼけたヤツだ。「帰宅早々、猫と風呂に入らなきゃならない理由くらい、訊ねる権利がある。」冷ややかに見下ろすと、つと目を逸らす。そして微かな声で、人間に戻りたい、そう聞こえたはずが「いくら猫でも、猫権があるっす。」やさぐれた声に掻き消される。なんだ、その「ネコケン?」「人間が人権だから、猫は猫権っしょ。」「犬なら?」「いぬけん・・・・、?」言ってから、つと小首を傾けた猫は、次に吹き出した。そして「犬でも猫でも、なんで俺が他人にからだを洗われなきゃなんないんすかっ。」半ばヤケになって、言い放つ。「自分の背中を洗う猫がいたら、見てみたいもんだがな。できないからこそ、俺が洗ってやったんじゃないか。」「アラタさんなら、今さらっす。」はああ・・・、猫じゃなきゃ、俺が洗う必要はない。くだらない会話に付き合いきれず、俺も湯船に身を沈めた。それを、また、洗面器の縁から恨めしげな猫の目が見つめる。強く見返しても「つべたい。俺も、そっちが、いいっす。」情けない声が追ってきた。洗面器に張った湯は、瞬く間に水風呂へ変わったようだ。ほら、と手を差し出せば、目を輝かせ寄ってくる猫を抱き上げ、湯船に浸けてやる「「うわぁぁぁぁぁぁ━━━━━━━!」」はずだったのだが、咄嗟に、黒猫から手を離した。「いきなり何するんすか、アラタさんっ!」「おまえこそ、出し抜けに、なんなんだ!」今まさに、えびす顔の黒猫が浸かろうとしていた浴槽の中、人間姿の真行寺が驚愕に目を見開いていた。しかし、真行寺にその自覚はないのか、向かい合う顔は非難がましい目で俺を睨む。「おまえ、早く、鏡を見て来い!」怒鳴りつければ、機械仕掛けのように大男はむくりと立ち上がった。が、つと、立ちすくむ。そしておもむろに、自分の手足を眺め、釈然としない表情でさらに自分のからだを見回す。そこへ、ドアの向こう側が、にわかに騒がしくなる。「三洲?」遠慮がちな崎の声が、強張った浴室に投げ込まれた。「すまない、不覚だった。あまりにも不意を突かれたものでね。」「真行寺くん、大丈夫?」「は、葉山さん? 俺、俺・・・・」案ずる葉山の声に導かれ、真行寺は浴室を出ようとする。その腕を、慌てて引き戻す。「バカ!その格好で、でるな。」崎に、いとも容易くつまみ上げられたことを、忘れたのか。次は、張り飛ばされても、いいんだな。しかし、咎める声に振り返った真行寺は、さながら夏日にアイスが溶けるように、その顔にじわじわと笑みを広げていく。心配する葉山の声も睨む俺の目も、すべてが別世界の出来事のように。無邪気な子供が、目新しい発見に出会ったように、真行寺は笑う。そして、長い両腕を上げたかと思うやいなや、俺に抱きついた。「アラタさんだ。俺の、アラタさんだ。ね、ね、アラタさんだよ。やっぱ、こっちの方がしっくりくるよね、アラタさんもそうっしょ。」「うるさい、離せ。」押し返してもびくともしない真行寺は、さらに腕に力を込める。「あー、三洲・・・、」戸惑う崎の声も耳には入らないのだろう。歓喜に震えはしゃぐ真行寺の様子は、ガラスドアの向こうにも伝わっていた。「俺のものだが、着替え、一応、ここに置いたから。」そう言い残した崎の声と共に、様子を伺っていた人たちすべての立ち去る気配がした。そして、日頃の静寂が、ここに戻ってきた。唯一、そこはかとない喜びに包まれた真行寺を除いて。※※※※※また、夜に。

  4. Twitterにもあげたんだけど私が生まれてから19年と8ヶ月のうち、髪型がショートのときよりも圧倒的にロングの時期のほうが長かったので自分的にはロングの印象のほうが強いのかと勝手に思ってました。ところが!ロングの印象が全く無い方も大勢いらっしゃることについ先程気づきまして・・・。ちょっと振り返りながら画像を貼ってみました!小6の5月。小6の冬コミ。中1の夏。中1の10月。確か、8月にボブにしてショートにしたのが10月かな?ここからちょくちょく髪切ってましたね。そして1年後の中2の10月。ちょっと伸びてる。そして中3の夏コミ。かなり伸びてきました!中3の10月。中3の冬コミ、地毛で凛々蝶ちゃんとほむほむ!中学校の卒業式。かなり髪が長くなってる。高1の夏コミ。どうしても地毛で祥鳳さんがやりたくて伸ばしてた髪の毛。高1の時、テレビ大分とテレビ熊本の共同企画「ドラマチックにモノ申す」って番組の撮影の時の画像。プロのヘアメイクさんにまきまきしていただいた。そして高1の夏の終わりに髪を切りまして・・・。ここからもみあげキャラが始まります。後ろは刈り上げに近いベリーショートでもみあげだけ長い髪型。思いつきでやっちまった髪型だったんですがそのへんちくりんな髪型でCNNさんの取材をお受けしてもみあげだけ長いへんな髪型でアメリカに行き、中身が空っぽのCDを売っていただいたりフォスター・ザ・ピープルとのレコーディングしたり・・・。でこの想い出がいっぱいある髪型をなかなか変えられず後ろ髪が伸びてももみあげが切れずにいたんですが・・・。成人式は地毛で髪を結いたいなーと思いまして去年の12月にやっともみあげを切りました。普段からライブでコスプレしてることが多いのでニコ生をご覧頂いてない方は私の地毛の髪型をご存じない方も多いと思いますが・・・現時点での髪型はこんな感じ。意外と髪が伸びるのが早い方みたいです。夜更かししてると髪が早く伸びるんだそうです。今日のブログはウィッグなしの全て地毛でお送りしました!では、またあとでε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

  5. またまた、完璧に寝てました今日は一本でも書けますように(>_<)その前にこの記事 天気が悪いとカラダもココロも絶不調 低気圧女子の処方せん Amazon http://biz-journal.jp/2017/09/post_20638.htmlこの秋、天気が悪くなると体調も悪くなる「低気圧女子」が大量発生する!? 雨が降ったり、どんよりお天気の日はいつも頭痛や体調不良に悩まされる…。そんな女子は多いでしょう。 その身体の調子が変化する大きな要因として分かってきているのが「低気圧」です。 ウェザーニュースの発表によると、今年の7月~9月でゲリラ豪雨が全国でなんと7000回以上発生する予想がされていました。実際に不調を感じた低気圧女子たちも多いのではないでしょうか。 現在では「頭痛ーる」など気圧の変化を知らせるスマホアプリもあり、対策ができる環境ができています。 でも、どうして天気と悪いと体調にも影響が出てしまうのでしょうか。 『低気圧女子の処方せん 天気が悪いとカラダもココロも絶不調』(小越久美著、小林弘幸監修、セブン&アイ出版刊)は、天気による体の不調に悩まされる女子を「低気圧女子」と名付け、気象のプロである気象予報士と自律神経研究の第一人者が原因と改善策を紹介する一冊です。中略原因は「気温と気圧の急激な変化による自律神経」らしいのですが、そこは本文を参照のこととりあえず、対応のひとつとして■「気圧の変化→体調不良」の悪サイクルを遠ざけるためには? では、気圧の変化という、女子たちを振り回してくるアブない存在から身を守るにはどうすればいいのでしょうか。 本書で一つの方法としてあげられているのが“腸活”です。自律神経と腸は互いに作用する関係にあり、腸内環境を整えるための食生活の改善がすすめられています。そのキーワードとなるのが食物繊維と乳酸菌。食物繊維は野菜や果物など、乳酸菌はヨーグルトや納豆、キムチなど発酵食品に含まれています。 また、天気によって生活パターンを変えることも大事です。本書では、天気ごとの行動の仕方が紹介されていますが、その前置きとして「絶対にやらなきゃいけない」という思い込みを捨て、自分のできる範囲で実践すべきと述べられています。 低気圧は1年に約100個やってくるとか。そのたびに体調の変化に悩まされるのも、ただツライだけ。 雨の日の体調不良も天気が悪いから仕方がない、と諦めていた女子の皆さん。本書を参考に体調のコントロールすることを試してみてはいかがでしょう。(新刊JP編集部)内容紹介天気が悪いとカラダもココロも絶不調……そんな女性のためにクスリに頼らない改善法を気象予報士と自律神経の名医がとことん考えました! ・雨がふる直前に激しい頭痛がする・朝から雨の日だとやる気がでない・体がむくんでダルい……こんな症状に悩まされていませんか?「いつもというわけではないけれど、天気によっては会社を休んでしまいたいくらい体調が悪くなる日もある」じつは女性の体はお天気にとっても左右されやすいのです!女性の2人に1人が低気圧によるだるさに感じているというデータもあるほど。その原因は「自律神経の乱れ」にあったのです。春、梅雨、夏のゲリラ豪雨に、台風…低気圧が通過するたび頭痛、めまい、耳鳴り、古傷の痛みなどに悩まされていた女性は必読です!本書では、天気による体の不調に悩まされる女性を「低気圧女子」と名付け、気象のプロである気象予報士と自律神経研究の第一人者が原因と改善策をとことん考えました!わかりやすいお天気講座と今日から実践できる自律神経の整えかたで365日天気に振り回されないカラダとココロを手に入れ、低気圧女子を卒業しましょう!著者について著者:小越久美(おこし・くみ) 気象予報士/健康気象アドバイザー1978年岐阜県下呂市生まれ。筑波大学第一学群自然学類地球科学専攻(気候学・気象学分野)修了。データ解析士。防災士。一般財団法人日本気象協会を経て、株式会社ライフビジネスウェザーに入社。同社在職中に、日本テレビ「日テレNEWS24」にて気象キャスターを務めるほか、桜の開花予想や、気象データをもとにした商品の売上げ予測なども担当。現在は、一般財団法人日本気象協会に所属。監修:小林弘幸(こばやし・ひろゆき) 順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児科講師・助教授を歴任、現職に至る。自律神経研究の第一人者として、トップアスリートや文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。また、日本ではじめて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもある。『聞くだけで自律神経を整えるCDブック』(アスコム刊)などベストセラー多数。..

  6. おはようございます(≡^∇^≡)毎日、藤井四段ネタばっかりですみませんm(_ _ )m自分用のメモに書かせてください。ふみもと先生のブログの25ページまで読みました。https://blogs.yahoo.co.jp/cytyg438Twitterで見つけてブログの存在を知りました。今日、読んだのはちょうど加藤九段とのデビュー戦のあたり。ブログの中には藤井四段の話だけでなく、教室の様子日常がほとんどです。中でも、奨励会入会を目指し杉本先生の研究会に行くことになった少年がその夏、ふみもと先生の教室を訪れて、大会などでの成績が振るわないと話していました。将棋の勉強時間が毎日2時間と話す少年に棋士を目指すもの2時間くらいの勉強で足りるわけがない、と。毎日6時間は勉強が必要だと話すのです。このブログを読んで、あらためて棋士になるための努力の必要性を感じました。年齢はわかりませんが奨励会を目指しているということですからまだ学校に通っていることでしょう。中学生だとしても、1日のうちに6時間を将棋に注げるものなのか?いや、それくらいしなくてはとうてい力がつかないものなのでしょう。部活などできるわけもありません。夕方、4時に帰って来たとして6時間みっちりやるならもう夜の10時になってしまう。学校の宿題は?ご飯食べて、お風呂はいって、どの時間もギリギリに削らないと消化できないでしょう。ふみもと先生は将棋のマナーにも厳しいようです。マナーが悪い子には、廊下に正座させたりもするようです。勝っても謙虚に。藤井聡太君は素晴らしい先生にめぐり合われて今の、礼節ある素晴らしい対局の姿勢を身につけられたのでしょう。日々、努力を重ねたことでしょう。ブログで藤井四段のお母様がチョコレート『LOOK』を持って、教室に来られたとありました。藤井四段が対局中に食べたお菓子で、メーカーの不二家さんからたくさん届いたものを、教室の子供達にも、とおすそ分けにいらしたそうです。また、まだ奨励会の時代にも、藤井聡太君が、子供たちと将棋を指している写真もありました。下の子を育てる、といったことも教室では先生が話されているようです。すごいですね。勉強になることばかりです。ふみもと子供将棋教室https://www.shogi.or.jp/school/lesson/toukai/ki-34-2.html会 場瀬戸支部愛知県瀬戸市孫田町51-12開講日時月曜日 午後4時~7時水曜日 午後5時~7時土曜日 午後1時30分~4時30分対 象幼稚園児、小学生内 容駒の動かし方、基本定跡、指導対局、自由対局料 金各コース 月4,000円P R棋力に応じた指導入会はいつでも可お問い合わせ日本将棋連盟瀬戸支部長 文本力雄(フミモトリキオ)TEL 0561-82-3693e-Mailアドレス kenshirou0115@ybb.ne.jp備 考顧問:日本将棋連盟公認棋道指導員愛知県支部連合会 会長 大村欽一日々、成長していけますように。公益社団法人 日本将棋連盟クリアファイル 【藤井聡太】ランキングもお願いしますm(_ _ )m右サイドバーの「投票する」をポチお願いします。応援よろしくお願いします。にほんブログ村人気ブログランキングへ読者の皆様、良かったらフォローしてくださいね(≡^∇^≡)Twitter(@tantyannet)Follow @tantyannet 【税込4298円以上の抱きまくら 今だけ送料無料!】しろたんむぎゅ〜っと抱き枕大・小親子セット≪全長85cm/55cm≫ しろたんぷにもちごろ寝まくら≪ピンク≫

  7. こんにちは‼史緒です☺今日はこちら、朝からお天気悪くて(´ω`*)午後からは雨が降っています。ただ、蒸し暑いですね。秋の訪れは、もう少し先かな?だけど、しとしと、と降る雨。仕事中にはとても心地よく聞こえます。なんか、落ち着くんですよね。大地が潤う匂いとか、水たまりに落ちる雨の粒とか。台風が来たばかりだから、雨はしばらくないと思っていたのですが、最近はそんな『当たり前』も当たらなくなってきたように思います。好きなお漬物は?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう今日は、お漬け物の日。漬け物は、あまり食べないです。カレーの福神漬けや、吉野家キムチは好きかな!?生協で売ってるゆず大根、白菜の漬け物など、年に数回食べるくらいです。お話にかわりますが、深夜にUPした、アイドル彼氏の恋愛管理法アメ限にしてUPしましたが、落ちなくて済みました〜( *´艸`)朝、ブログを開くのが怖かった史緒です(笑)アメンバー申請もいただき、ありがとうございますm(_ _)mいつでもお待ちしております。そして、昨日再UPした、楽園のりんご・後編が、記事ランキング、生まれて初めての1位となっていました(*´˘`*)♡読んでいただいて、本当にありがとうございますm(_ _)m一瞬、息を飲んだ私です(/ω\*)こんな私ですが、これからも、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m今日は、VS嵐さんですね💙💚💛💜❤じいまご祭りかなぁ〜?大宮さんラブも待ってま〜す(o^^o)♪☆マネージャーニノ、どうする!?☆

    たくさん共感されています

  8. </iframe 新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説」公式サイトキャストは、ラインハルトに宮野真守さん、ヤン・ウェンリーに鈴村健一さん、キルヒアイスに梅原裕一郎さん、ナレーションは下山吉光さんファーストシーズンとして、テレビアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」(全12話)が2018年4月から6月にかけて放送。2019年にはセカンドシーズンとして、4話ずつ全3章で構成した「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」が映画館でイベント上映されます。 ■原作者・田中芳樹氏『銀河英雄伝説』は30年以上も前に書いた作品ですが、それが今でも人々に愛されて、また新たにアニメ化までして頂ける。良いことが多すぎますね(笑)。新アニメのPVを観て、カッコ良さに圧倒されました。原作者は誰だろうと思ったくらいです。このアニメに関わって下さったスタッフ、キャストの皆さんがそれぞれに自分で満足できるものを作ったと思って頂けたら、それが一番です。私はいちファンとして、純粋に楽しませて頂きたいと思っています。安達裕章@adachi_hiro 「銀河英雄伝説 星々の邂逅」、無事に終了致しました! ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。4月の放映まで、まだしばらくお待たせしてしまいますが、よろしくお願い致します。 久しぶりの舞台登壇で心身ともに疲れ果てたお父ち… https://t.co/hpyiv8Dc1W2017年09月20日 21:03安達裕章@adachi_hiro イベントを終えてヘトヘトになってる田中さんの写真を載せたら、「すっかりおじいちゃんになって」というリプがいくつも。 あのね。「銀河英雄伝説」を二十代で書きはじめた人だよ。ふつうの人と時間の進み方が違うんですよ。人間の年にしたらいくつだと思うんですか。失礼な。 #おまえが一番失礼2017年09月21日 00:16ひららん@hiraran01 田中芳樹先生は、相対性理論を超えて、量子力学の世界に入っておられるらしい https://t.co/bhUiqyJ8bJ2017年09月21日 00:29しじみとれ@anpanbell 発表された新銀英伝のキャスト ラインハルト:宮野真守 キルヒアイス:梅原裕一郎 ヤン:鈴村建一 発表された役の旧銀英伝のキャスト ラインハルト:堀川りょう キルヒアイス:広中雅志 ヤン:富山敬 共通点は双方ともその時、大人気声優であること2017年09月20日 20:49なかつ くにあき@nakatsukuniaki 新しい銀英伝には期待しかありませんがひとつだけ言わせてください。 このキルヒアイス、絶対裏で策謀巡らせてラインハルトの政敵を次々と陥れていく顔してる。 https://t.co/lwekfiM31z2017年09月20日 21:11オーベルシュタインはいらないかwというか、どのキー局で何時からがまったくアナウンスされていないんですがっ

  9. Amazonより引用騎士だった亡き父と同じ道を志す平民のラウリは、ある日追い剥ぎに襲われた所を、眩いほどの黄金の髪を持つ美貌の男に助けられる。その男・ガブリエルの剣技と存在感に心を奪われ、忘れられずにいたラウリは数日後、街で偶然彼と再会した。なりゆきからガブリエルに夢を語るラウリは、立派な家柄でないと騎士にはなれないと知りショックを受ける。だが、自分の命に従うなら騎士見習いにしてやると彼に持ちかけられ……。秋山みち花先生イラスト:六芦かえで先生2014年ショコラ文庫ゴージャスでロン毛で麗しい暴君な金獅子×天涯孤独な平民の子きました~ロン毛暴君❤そして薄幸の美人受け❤獣モフモフではありませんがファンタジーですラウリ(受け)の目的はぶれない騎士になることしかし給料は安いし肉体労働だし(薬屋の薬草運びなど)お金は盗まれるなどやはり薄幸の設定・・一度助けていただいたガブリエルへの恩を忘れずガブリエルが困っているときに自分の持ち物(薬)を差し出す気遣いそんなラウリを可愛くないはずがないですね、相手も困っているラウリを助けそばにおいて可愛がるその可愛がり方が・・・ストレートなのか皮肉っているのかガブリエルの感情が読めないというか裏読み?していくことになるのですがでもまあとにかくガブリエルはラウリが可愛いんだなと(笑)愛されていましたねいっぱいそしてやはりガブリエルは策士・・・俯瞰して現状を把握しているのだと感じました王女陛下に求婚する資格を得るための闘技会を開くように陛下にお願いをし4騎士団と平民の誰もが参加できる闘技会でラウリが活躍できるようにする場も設けるガブリエルはラウリをそばに置きながら離し他人に預けて剣の修業をさせたりとラウリも満足する機会を与えておく騎士になりたいラウリは剣の修行をうけるが、ラウリが欲しいのは王女陛下ではない手に入らないもの・・・ガブリエルを愛しているしかし自分はガブリエルの愛玩物である・・・とわかっていた3回戦まで突破したラウリは4回戦目に出場する気はなく営舎の武器庫に短剣を預けて出ていく自分がガブリエルのそばにいるとガブリエルが王女陛下と結婚するときに自分が障害となってしまうからだ好きでたまらないから好きな人のもとを去る・・・ラウリはまた街に戻り違う小さな薬屋で働いていたそこで暴漢に襲われる★お約束★ラウリは丸腰で男たちの攻撃をかわすのが精いっぱい男たちは武器を持っているそこにガブリエルが登場するんですイイですね王道です💓自分を探しに来てくれたことに対しうれしく涙を流すラウリしかし王女陛下と結婚するうえで良くない噂のもとになる自分がそばにいるのは…とまたもや躊躇するガブリエルは自分も闘技会には参加したが決勝戦で負けるように剣に小細工をし王女陛下への気持ちを募らせている臣下に勝つことを譲っていたガブリエルは再度ラウリに暴君のセリフを言う「お前の役目はオレを楽しませることだ。お前が必要だ。戻ってこい。」ラウリも恋い焦がれていたことをガブリエルに伝えるそしてガブリエルからも「お前は俺のお気に入り、俺は一生妻をめとる気はない。その分お前をそばにおいて愛でてやる。」いいですね暴君❤こちら「金獅子騎士団」のお話「銀竜騎士団」「黒鷲騎士団」「白豹騎士団」の3つがでてくるのですがこちらも読んでみたいですね~秋山先生、大好きです今までの中で一番読んでいますレビューが追いつかないです・・・

  10. 関ジャニ∞ ジャム魂9月10日(日)25年ぶりの飛行機で、いざ福岡へもうね、何もかもが近代化されていてマジで浦島太郎状態(・_・;)しかも、25年前の飛行機は添乗員さんや友達と一緒だったので、後をついていけば何とかなったのですが…今回は、1人( ˙O˙ )不安しかなくて、時間になっても搭乗できずに途方に暮れる自分の姿しか想像できなかったので、夫に羽田空港まで連れてきてもらいました(^_^;案の定、降りる駅を間違えて覚えていました…1人だったら目的のカウンターにも辿り着けなかった所でした(><)とりあえず、お腹がすいたので腹ごしらえ(^-^)カレーうどんにしました!思っていたより辛かったけど、とても美味しくいただきました(*´~`*)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"お腹も落ち着いたので、保安検査場へ夫とは、ここでさようならもう、不安で不安で帰りたかった(T^T)紙のチケットではなく、携帯のQRコードで通ろうとしたのですが、携帯を機械にかざすと…Apple Pay(Suica)が起動してしまって、上手く読み込みできず(・_・;)係のお兄さんに携帯を渡して、代わりに読み込みしてもらって無事に通過通過した先のフロアは、こんな感じでした(^-^)飛行場というより、何処か高級なホテルへ来たような気分でした(笑)搭乗を待つ間、目の前に広がっていた景色を撮影本当に飛行機に乗るんだ!とドキドキが更に高まる(・_・;)着いたー(∩´∀`)∩ワーイ機内での諸々は、緊張し過ぎて記憶が曖昧シャーナイ(´−`)福岡空港からタクシーでホテルへホテルのチェックインは、15時~ロビーで時間になるのを待っていたら、フロントの方が来て「お部屋の準備が整っていますので、チェックインのお手続が可能です」と教えていただいたので、早速チェックイン!部屋へ向かう廊下同じ景色が続いていて、部屋番号を確認しながら歩かないと通り過ぎてしまいそう(^_^;ホテルで待ち合わせをしていた友達と合流し、そのままドームへバス乗り場を目指したら、建物の外まで列が続いていて(。´・д・)エッ開演まで時間はあったので、気長に待てば間に合う時間に乗れたと思うのですが、暑かった事もありタクシーで向かうことにしました(^_^;で、ライブ終わりに友達が予約してくれていた水たきを食べに行きました(*´~`*)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ドームからお店まで、タクシー利用です(笑)肝心な鍋の写真を撮り忘れる(><)美味しかったから、いっかー(笑)で、翌日のチェックアウトは、11時丸ちゃんとすばる君が搭乗した時刻ですねー(^-^)忘れ物が無いか?部屋を見回したら…気になる物を発見!?よく見てみたらイスの上にあったクッションは、マッサージ機能付きのクッションでした( ˙O˙ )使わずに部屋を出なければならなかった事が悔やまれる(T^T)チェックアウトの手続きをして、ホテルの最寄り駅からタクシーで空港へ空港へ着く数分前に雨がパラつき始めました(><)私が搭乗する予定の飛行機は、まだ案内板に表示されていなかったので、近くにいた係のお姉さんに確認すると南の保安検査場が近いというので、そちらへ移動10分ほど並んで順番がきたのですが...はい、ここで羽田空港の保安検査場を思い出しましょう…QRコードがApple Payに邪魔されて読み込みができないとお伝えしましたよねここでも同じ現象が起きました(๑°⌓°๑)マジ...今度は何度チャレンジしても読み込みできず...係のお姉さんに携帯を渡して代わりに読み込みを試みていただきましたが…残念(><)結局、その列を離れて入り口近くの端末前にスタンバイしていたお姉さんの元へ行き事情を話すと「Apple Payですか?」と聞かれたので、多分そんな感じの人が多いのだろうなーと理解(^_^;管理番号を手入力して、紙のチケットを発券していただきました...私の後ろに並ばれていた方はもちろんですが、お姉さんにもご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした(><)で、「一緒についてきて下さい(^-^)」と言われてついて行くと...何やら自動扉の中へ角を曲がった正面に保安検査場がありました( ˙O˙ )お姉さんに「真っ直ぐ進んで係りの者にチケットをお渡し下さい」と言われたので、お礼を言って前進係のお姉さんが1人と金属探知機のゲートの先に男性が1人...この状況...この空気...何だか、やたらと不安だった(・_・;)丸ちゃん、よくこの状況で変な動きが出来るよね(^_^;やっぱり本当はメンタル強いんじゃないのかしら???紙のチケットのおかげでスムーズに保安検査場を通過する事が出来ましたε-(´∀`*)ホッこの別ルートって、私みたいに一旦 列を外れた人や有名人の方が案内される場所なのかな?と思いました(^_^;外(通路)からは完全に死角になっていました後から、丸ちゃんとすばる君が同じ南の保安検査場を抜けた先にあるゲートを利用したと知って、一般の保安検査場を通過していないとしたら、この別ルートの保安検査場を通過したのかしら?何て思ったり(笑)でも、札幌でエイターに囲まれながら一般の保安検査場に並んでいたくらいだから、福岡も普通に並んでいたんだろうな(笑)保安検査場の先にカウンターだけのお店(うどん・蕎麦・カレーなど)があったので、軽く腹ごしらえをして搭乗案内を待つ事に...搭乗案内が予定より遅れるとの提示があって、羽田空港への到着も予定より遅れて到着夫に話したら「電車だけでなく飛行機まで遅らすか!?( ˙O˙ )」とツッコミΣ\(゚Д゚;)私が電車に乗るとかなりの確率で、電車が緊急停止するんです(><)主に人身事故が原因なんですけど、過去に私が乗っていた電車に飛び込まれた方がいらして、閉じ込められた電車の中から警察や消防、オレンジの服を着た方々がワラワラと到着して作業する様子を見ていました(^_^;飛行機に飛び込む人がいなくて良かった...と思っていたけど、その日か次の日に空港の立ち入り禁止区域で転落して亡くなられた方がいましたよね…あれは、成田空港だったかな?私の25年ぶりの飛行機の旅は、何とか無事に終わりを迎えたのでした(*´艸`*)うふ♡あっ!私が搭乗した飛行機を撮ってくれていました(^-^)←夫撮影その後に航空神社???へ行って、私の無事を祈ってきてくれたらしい(^_-)こんな大きくて重い物体が空を飛ぶなんて( ˙O˙ )

  11. おはようございます~昨日は妄想にお付き合いいただきましてありがとうございました~では続きをどうぞ~❤次はキスクラエリアユリオ、可愛すぎるや、やバスンギル❤スケーターたちと写真が撮れる等身大アクリルスタンディフォトスポットでぜひ記念撮影を!ということで・・・おお、皆さんが投稿しているシーンですユリオとオタベックが離れてしまっているのですが撮影には適している場所でしたね私はおにぎりをもって撮影しました❤混んでいなかったので数枚激写~背景色が変わるのでそれに合わせて連写したり卵寿しを抱えてみたりまあいろいろやりました~フラッシュがうまくできなくて何度も撮り直しもしましたBBAなので図々しいんですよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:あ、でも後ろまだ来てなかったのでねご迷惑はおかけしてませんわよ(笑)アニメの原画とか(入り口辺りにもたくさんありましたが)もうヴィさまの顔とかもうガン見です~アニメージュやPASH、アニメディアなどの本にもいっぱい作画のものとかアニメーターさんの言葉とか載っていましたがやっぱり実物は違う~カラーのものもよかったですが(初めのほうね)ジュニア時代の描きおろしや作画の「肩」とか「指輪」とかちょっとしたメモが書いてあるものも素晴らしくてじーーーと見つめてしまったJJの彼女の作画もあったりですごくレアでしたよ後輩が「これ見たことない」といったのはユリオのエキシ久保先生の描いた作画でしたもう円盤貸すわよ~💕観たいでしょ親切の押し売りとパワハラ?若干ふくまれる発言・・・まあいいでしょ?マッカチンもいっぱい❤GPFのスケートシーンの動きはもう繊細でアニメーターさんの仕事がどんなに大変かそして素晴らしいかを実感してきましたこんな線、書けません・・・ヴィさまの表情顔の赤くほほ笑む斜線の弾き方と表現の仕方・・・クリス何か一所懸命言ってましたがこう・・・原画に集中してしまうと聴いちゃいないエロスも台無し(笑)後輩も「JJが何かJJの指の形について面白いことを言っている」とニヤニヤ・・・もうあっという間の時間でした~そういえば4番4番に何かあることをすっかり忘れていましたやはりリベンジしなくては来週また名古屋にいこう腐ふふふふ(笑)さいごに音声ガイドを返すんですがポストカードを一枚いただけることになっていて私はユリオを選びました❤最近の押しキャラですそうしたら後輩たちが「撫子♪さんへ差し上げます。どれがいいですか?」とポストカードの指名権を譲ってくれました~ポストカードのお姉さんたちが失笑してましたが気にしないですよ「ええーーー、いいの?」とニコニコするBBAが気持ち悪かったでしょうねすいませんねえ~でもそれどころじゃない(笑)クリスかJJか……まじでガチで考えるセクシーならばクリスうですがJJあまりでたことなかったから自分のなかでのレアJJいってみました‼(笑)キスクラエリアのJJですねどんな時でもJJだわ~つうかJJはこれでなくっちゃ❤真ん中やはりヴィさまと勇利ですねpixivとか二次創作の皆様の物語で涙したり興奮したりするベストカップルは外せません持つべきものはオタの後輩❤うたプリとか交換してますからね・・いろいろと(笑)そのあとはグッズ販売へクリスの缶バッチ1個とヴィ様のジュニア時代のファイル(長髪で勇利のSPの衣装を着たヴィ様のファイル)を購入クリスはおしりを出しているやつね❤こちらは後輩からもイチオシされました音声ガイドのスタンプとおなじやつねああ夢の時間を過ごせましたありがとうございます~膝下ながーいヴィはやっぱりカッコいい♥こんな顔で「仔猫ちゃん❤」と言われたらになるだろ?ふつー(笑)画像はあにこ便からお借りしました❤そして名古屋はトイレにユリオがいませんでした残念・・・それではまた今日も1日ダバーイ♥

  12. ※このお話は、今日発売のジョンさまを見ての二次短編です。ネタバレ注意⚠です。穏やかな陽気の日だった。テレビ週刊誌の記念号の撮影で、5人で白いジャケットを着た。それぞれのイメージカラーのネクタイや蝶ネクタイをつけて、レモンを片手に。風船が風に揺れて、楽しい時間を過ごしたあの日の────。「お、出来上がったんだ?」5人での仕事前の楽屋で、2番目に出勤した俺は、部屋の中央に置かれたいつものソファに座り、その前に置かれたテーブルにたくさんの新聞や雑誌を広げてる翔さんに声をかけた。「おはよ、ニノ。」翔さんが俺を振り返る。俺は、そのテーブルに置かれた雑誌の1冊を取り上げながら、翔さんの向かい側のソファに腰を降ろした。「ふふふ、上手いこと撮れてるね。」「ギョーザ食いたくなったんだよな、あの日は。」「相葉さんを編集長にするからだよ。」持ってた携帯をテーブルに置いて、パラパラとページを捲る。「違うよ、ニノが最初にギョーザ持つって言ったからだろ?」「乗ったのは翔さんだろ?」言いながら、捲ったそのページ。密かに、その出来上がりを楽しみにしていた写真は、本当によく撮れていて。「ご夫婦、仲良すぎ。」そのページをひょいっと見た翔さんが、くくくっと笑った。「おはよー!」その時、ドアが開いて、大野さんが入ってきた。「おはよ、智くん。」「大野さん。」翔さんと俺が大野さんを振り向くと、「ん?どしたの、2人で。」肩にかけてたバッグと、少しの猫背と、いつものキャップを被った大野さんが、のんびり聞いてきた。「ほら、いつもんとこで、2人で見ていいよ。持っていきな?」翔さんが俺にそう言ってくれたから、「ありがと、翔さん!ねえ、大野さん、こっち。これ、できたの。」って、空いてる片手で大野さんのシャツの袖を掴んで、奥の畳に引っ張って行った。2人して同じスリッパを脱いで畳に上がると、大野さんがぺたんと座って、俺もその隣に寄り添うように座ると、一緒にその雑誌を開いた。「あ、これかぁ。」大野さんも取材のこと、覚えてた。それが、今日はとても嬉しかった。だって、あなたにおんぶしてもらった写真が、とってもよく写っていたから。「ほら、これ。」思わず笑みがこぼれてしまった。「おお、すげえいい写真だな〜。」のんびりそう言った大野さんが、そのページを覗き込んだ。「ニノ、嬉しそうに笑ってる。」「あなたもね?」ふふふ。んふふ。顔を寄せ合って笑う。もうそろそろ、ファンの子たちに気づかれそうだね。そんな妄想じみたことまで考える。俺が大野さんの笑顔を見ていたら、大野さんが、「幸せだな。」って言って。「だね。」って俺が応えて、お互いを肘で突っつきあう。「なんだよ。」「なんですか。」「やんのか?」「やりませんよ。」そんな、お互い、照れくさいような、嬉しいような、気恥ずかしい気持ち。あったかくて、穏やかで、嬉しい気持ち。「おはよー…って、リーダーとニノ、なにくっついてんの?」ドアが再び開いて、相葉さんの声が背中から聞こえてくるけど。「雅紀も見ろよ、俺も気に入って2冊あるから。」翔さんが、きっと相葉さんに手招きしてる。「おつかれ!!」映画の公開を控えて、それこそ雑誌祭りをしてるJも入ってくれば。無敵の5人が揃うわけで。誰とも張り合わない、無敵の5人だけど(笑)こんな日が、いつまでも続くといいな。俺は、それだけを願っている。「今夜のご飯はギョーザ焼きますね?」俺の言葉に、「お、美味そう。おいらも手伝うな?」って答えて、ほっぺたをくっつけてすりすりしてくるあなたは、本当に愛おしく。おんぶしてもらったこの日のことも、今日一緒にこうして見たことも、大事な思い出になるんだろうな、と、笑顔の5人に満足する俺は。くっついてる頬と髪の毛の柔らかな感触に、また、ふふふ、と笑っていた。♪ほら未来が微笑んでる 順風満帆 ハッピーデイズ ゆっくり前を歩いて行こう まぶしすぎる光の向こう 全部宝物 ハッピーデイズ 忘れない いついつまでも♪ おしまい。読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m皆さんの画像を見て、先日大量の雑誌を解体したばかりで、もう、雑誌は我慢と思ってたのに、あちこち探し回ることになりました(笑)どこも売り切れてて、閉店間際の書店でラスト3冊で手に入りました(//∇//)大宮さんのこの一枚が本当に素敵で、お話を書いてしまいましたо(ж>▽<)y ☆この2人、無敵すぎます(/ω\*)タイトルと、ラストの歌詞は、KARAで、ハッピーデイズという曲の抜粋です。卒業ソングなのですが、『順風満帆ハッピーデイズ』の部分がとても好きです♡...*゜

    たくさん共感されています

  13. 崎の計らいにより、真行寺は急な来客として扱われ、俺たちは早々に部屋へと引き上げた。数日に渡り猫姿で過ごしていた真行寺は、まだ自分のからだに慣れないのか、部屋へ入るなり肩や指を鳴らしたり足をぶらつかせたり、そわそわと落ち着きがない。が、その顔はあどけない子供のように、無邪気な笑みを絶えず浮かべている。「いい加減、落ち着いたらどうだ。」座ったソファから声をかけ見上げれば、たちまち恥ずかしそうにはにかむ。猫だった時は、あんなにも衒うことなく俺を眺めていただろうが。「なんか、猫だった時とは何もかもが違って見えるんす。それに、ここ、ギイ先輩の家って、落ち着かないっしょ。」「その崎の家の中を、猫のおまえは、自由に歩き回ったんだがな。キッチンにまで、潜り込んだんだろ。」すると思い出したのか「食いたくて行ったんじゃ、ないっす。」今頃になって、頬を膨らませる。「用件がなんでも、もういいよ。」また猫になるなんて勘弁してくれ。「や、だってね、アラタさん、」言い足りない真行寺はようやく座って、隣から俺を覗き込む。そして、「猫の俺は、喋れないっしょ。じゃ、アラタさんや葉山さん以外には、どうやって声をかけるんすか?」「鳴けばいいだろ。」「ええっ!!」たじろぎ、ドン引きするようにその身をのけ反らせた。その驚く姿があまりにご大層で、笑いが止まらなくなる。「俺の意地悪を、いちいちまともに受け取るなよ。」「はああ・・・、人間に戻った途端、さっそくつれないっすね。」「猫のように、鳴いてみるか?」「むむう、絶対に、鳴いてやんねえ。」意地になった真行寺へ「なぜ、猫なんだ? 真行寺が犬ならまだしも、なぜ猫に変化したんだ、おまえは。」不可解でならなかったことを訊いてみた。「俺にも、わかんないっす。ただ、進級してから、アラタさんますます忙しくなったっしょ? バイトもやめて。」「ああ、今のうちに、やっておきたいことが増えたからな。来年、進級すれば、さらに忙しくなるのは火を見るより明らかなんだ。それなら、今できることだけでも、済ませてしまいたいからな。」「アラタさんのそういうとこ、俺はわかってるつもりっす。でなきゃ、寮にいた頃、とっくに諦められたはずだから。」俯いたまま、自嘲するような笑みを頬に浮かべた真行寺が、振り仰いだ時には馴染んだ笑顔を見せた。「なんだか俺もよくわかんないっすけど、大学休ませたり、いっぱい迷惑かけて、ごめんなさいっす。」「メールやラインくらいなら、好きに送って来いよ。でも、返事は期待されても困る。返せる時にしか、返さないから。」言って、笑顔の頭をくしゃりと撫でてやる。「マジ? オハヨウやオヤスミだけの、ひとことメールでもいいんすか? くだらないって、言わない?」「くだらなくても、猫になられるよりは、まだしもマシだ。」感激屋の真行寺は、声もなく抱きつく。その頭をそっと引き寄せ唇を重ねれば、呆気ないほど、猫になる前と同じ造作で受け入れる。数日ぶりに触れたそれは、人肌の温もりをまとい甘やかな香りに包まれていた。