5歳と2歳の子をもつ、くま母さん。育児の日々を絵日記でつづってくれています。お泊まり保育を控え情緒不安定になってしまった娘を前に、くま母さんが親としての苦悩した話をご紹介します。母と娘はこの壁をどうやって克服したのでしょうか。

登場人物

くま母さん…5歳の娘と2歳の息子の母。パートをしながら二人の子育てと絵日記を書いている

マルコさん…長女。保育園に通う5歳の女の子。かわいいものが好きで、優しい心を持っている

イチオくん…2歳の息子。食いしん坊でやんちゃ。天真爛漫

お泊まり保育2週間前からイライラする娘の本音

①お泊まり保育直前〜不安な気持ち〜
2017-06-26 14:11:59
保育園でお泊まり保育のお話が始まった頃から、少し気持ちが荒れ始めたマルコちゃん。徐々に不安が大きくなってきたのか、くま母さんと口喧嘩をする機会も増えてきました。

今まで「お泊まり保育が不安」ということは口に出さなかったマルコちゃんですが、ある日の夜「ドキドキする」と素直な気持ちを教えてくれました。

夜中に泣き叫ぶように…夜驚症?

②お泊まり保育直前〜夜泣きか夜驚症か〜
2017-06-26 21:00:01
マルコは小さい頃から夜泣きが多い子でした。
4歳になってからあまり夜に泣く事は
なかったんですが、この度本当に久しぶりに
連日大暴れしまして…。
お泊まり保育が近くにつれ、マルコちゃんは毎日10~20分大声で泣き叫んだり、周辺を蹴ってみたりと大暴れするようになってしまいました。起こそうとしても、起きない状態で時間が経てばスッと眠りに入るという状態。しかも翌朝、本人はそのことを全く覚えていませんでした。

ただの夜泣きではなく睡眠中に突然、恐怖様症状を示す夜驚症(やきょうしょう)だったのではと、くま母さんは当時を振り返りっています。

ある出来事が自信を与えるきっかけに!不安も解消?

③お泊まり保育直前〜私ならできる!!〜
2017-06-27 14:35:05
たまたまの出来事だったんですが
本当にこの一件でお泊まり保育への不安が
かなり軽減されたと思います。
夕食にハンバーグをつくろうとした時のこと。お手伝いしたいと娘たちが言い寄ってきました。普段ならバタバタしているので断るくま母さんですが、この日は時間にも余裕があったのでハンバーグをこねる作業を娘にお願いします。

こねる作業を難なくこなすだけでなく、形づくって焼く作業までも完璧やってのける娘の成長に、くま母さんは大感激。その後も止まることを知らないマルコちゃんは、洗い物までやってくれました。大助かりし我が子を褒めるくま母さん。「マルコはしっかり成長してるんだよぉ〜!!お泊まり保育だって全然へっちゃらだね〜!!」と伝えると…「マルコお泊まり保育、全然へっちゃらだし!!」と、以前の不安が嘘のように自信を手に入れました。

「自分を信じる力って、本当にすごい…たくさんの『できた』を見つけて伝えてあげなくては」と感じたくま母さんでした。

お泊まり保育当日。気が気でない母親

④お泊まり保育当日
2017-06-28 15:38:00
とうとう登園の時。マルコちゃんは笑顔で出発できました。寂しくさせてはいけないと、その場を速やかに去るくま母さん。娘の後ろ姿を想像するだけで胸がいっぱいになり涙を流しながらも無事、娘を送ることができました。

その夜、娘が泣かずに眠れているのか心配になるくま母さん。お酒を飲んで気持ちをやわらげます。

お泊まり保育終了。再開の時

⑤お泊まり保育終了
2017-06-29 16:01:47
お酒を飲んで娘のいない寂しさを紛らわしたものの、結局寝るときに急にさみしくなって目を晴らして泣いてしまったくま母。翌朝、早く会いたくてしかたないとソワソワします。

いよいよ再開の時、嬉しを隠してツンツンするマルコちゃん。お友達や先生の前で恥ずかしかったのかもしれません。帰宅後、長男のイチオと3人でじゃれ合いました。

嬉しそうに思い出を語る娘。成長した姿に感動

⑥思い出を話す娘 と まとめ
2017-07-01 11:19:03
一人離れた場所にいても
自分も家族の一員。
だから寂しくない。
帰宅後、嬉しそうに何度もお泊まり保育の思い出を語るマルコちゃん。お泊まり保育前に不安と戦っていた表情はもうどこにもありません。

「一人離れた場所にいても自分も家族の一員。だから寂しくない」

もしかしたら、そんな気持ちでいてくれたのかもしれない。勝手に嬉しくなり、感動するくま母さん。笑顔でたくさんお話をしてくれる姿に、またひとつ娘の成長を感じました。
幼稚園・保育園の一大イベント、お泊まり保育。一時は情緒不安定だったマルコちゃんですが、お手伝いで自信を得て無事、お泊まり保育を終えることができました。

くま母さん、親として苦悩した時もありましたが、娘の成長を感じることができてとてもよい思い出となったようです。

親元から子供が離れて泊まるのは不安がある反面、成長を感じられた時は変えがたい嬉しさがあるようです。

くま母さんは親として素直な気持ちを日々ブログにしたためています。親なら共感し勇気をもらえるエピソードがたくさん。ぜひ読んでみてください。

面白かったら読者登録もぜひ!

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ