年末年始が近付き、飛行機での旅行が増える時期。元気盛りの子供を連れた飛行機では何かとハラハラする事も多いのではないでしょうか。そこで今回は「子連れ飛行機」を楽にする方法をブログからご紹介します。

座席をフラットにできるシートを購入

4歳と1歳1ヶ月のお子様を持つ「ちゃんよつ」さん。FLY TOT(フライトット)という空気を入れて膨らませるシートを購入したそうです。
子連れハワイ2017 〜FLY TOT購入!
2017-03-31 23:16:24
生地が厚く、大人の足を乗せても大丈夫な安定ぷり。10秒くらいで空気を抜く事が出来るそうで、片付ける時にも慌てずにすみそうです。

キッズスペースで遊ばせる

子供が遊ぶ事のできる空港のキッズスペース。1歳9か月のお子様を持つ大和田美帆さんも、フライト前に立ち寄ったそう。沢山遊んだワガコちゃんは、離陸前に就寝。「たくさん遊んだ方がたくさん寝てくれるかなー」作戦は大成功です。

機内最後方のシートをリクエスト

元国際線CAのらくださん曰く、子連れ飛行機には「ギャレー」と呼ばれるCAさんが食事や飲み物を用意する場所が近くにある機内最後方のシートをリクエストするのが良いそう。

ポケットティッシュを用意

ぐうたらこさんおススメは、ポケットティッシュをおもちゃ代わりに用意しておく事。もし床に落としても、ティッシュとして使えるのでとても実用的です。
子連れ☆飛行機の旅
2016-07-20 17:38:42
お気に入りの歯固めよりも
目新しいコレを握りしめて
ずーーーっと噛んでいました。
シャカシャカなるのも良いし、絵もバリエーション豊かで目を引きます。
飛行機に持っていくおもちゃとして、音が鳴らず、かさばらず、無くしてもショックが少ない物を探すのは意外と難しいですがポケットティッシュはその点ぴったりですね。

約束事をする

4歳2歳児の母である須藤暁子さん。今回、3つの約束をしたところとてもうまくいったそう。
大成功だった4歳児と2歳児の飛行機対策
2016-08-21 20:11:58
①「この席が、この飛行機の中で一番楽しいところ」
→イヤイヤ期真っ只中の次男はすぐ歩きたがので、食事中ですら席にじっとしていられません。

一回歩かせたらずーっと歩きまわってしまい席に戻すと大騒ぎすると思ったので、お菓子も、本も、ジュースもたくさんあるこのお席が、この飛行機でいちばん楽しいところだよ!パラダイスだよ!

と、刷り込みました。


②「泣いたり、大きい声を出すと、飛行機がびっくりして飛ぶ力が弱まっちゃう」
→いまから飛行機さんの中に入れてもらって運んでもらうから、飛行機さんのルールに従って、飛行機さんが飛びやすいように協力しようね!

飛行機さんが頑張れるためには、みんながシー!の声でおしゃべりしてることが大事なんだよ。


③「ママが困ったら、助けてほしい」
→最終的には、これだけで全て解決させようと。泣いても、歩いても、大騒ぎになっても「ママが困る」ので、どんなときも、まず話をきいてね!という最後の手段。

ママのためなら「よっしゃ」と頑張ってくれる長男にはとくに有効。
この3つの約束を目を見て、真剣に、とにかく何度も説明するのが大事だそう。

飛行機に乗る前には自分達で約束を思い出して説明してもらって乗る直前にゆびきりげんまんした所、とても効果的だったそうです。
子連れで飛行機に乗る際に役立ちそうな情報をお届けいたしました。

慣れない上空では普段大人しい子でも不安になってしまうもの。お母さんにとっても快適な旅にするためにも是非参考にしてみてくださいね。

育児ブログが満載のAmeba公式ジャンルもおすすめ