365日中300日ノーメイク、28歳まで女らしいことと無縁のキャリアウーマンだった菊乃さん。このままではダメだと心を入れ替え、モテるために生活を変え1年で彼ができました。現在、恋愛コーチとして活躍する菊乃さんのアドバイスを紹介します。

ブロガー紹介

まずは今回ピックアップする菊乃さんについて。
昔と今の差の激しさにも注目しつつ、簡単にご紹介します。

▼Befor

菊乃のプロフィール
2011-01-29 15:46:16
恋愛コーチで作家の菊乃さん。365日中300日ノーメイク、28歳まで女らしいことと無縁のキャリアウーマンでした。しかし心機一転、毎日メイクしストッキングとヒールを履き、モテるための方法を習慣化。努力の結果、29歳で彼氏し、結婚しました。

▼After

年齢=彼氏ナシの非正規・借金持ち・汚部屋のスピリチュアル依存女が彼氏を作るまで(8)
2017-12-22 00:02:29
サボり防止を兼ねた記録として、彼氏ができる過程をつづっていたブログが人気になり、書籍化。現在は出逢いに悩む女性にアドバイスする恋愛コーチとして活躍しています。

ダメだった時の体験談と恋愛アドバイスを抜粋してお届け!

今回は菊乃さんの20代の失敗談とメールやLINEの返信術を抜粋してご紹介します。その時の菊乃さんと若干、重なることがあってドキッとするかもしれませんよ。恋活や婚活で悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

周囲から何も言われないのはブスだから?

▼ナチュラルの意味を履き違えていた20代
20代を「楽」に捧げていた菊乃さん。以下のような生活をしていたそうです。

・髪の毛は自然乾燥。たまにドライヤーで乾かしそれを「ブロー」だと思い込む。
・髪はボサボサですが「癖毛だから」と思い込んでいた。
・冬はすね毛剃らない。自分の中では冬毛と思っている。
・服を捨てる基準はほつれ、毛玉、流行遅れ、似合わなくなったではなく「穴が空いたら」。
・化粧直ししない。化粧ポーチなんて生理用品、目薬、リップクリームレベルしか入っていない。
・化粧直しどころか眉毛を少し書き足したレベルで「お化粧している」と思い込む。
・ナチュラルメイクとは5分以下の手抜きメイクのことだと思っていた
・家を出る30分前に起きて身だしなみがかなり適当
・イヤなことをすぐ顔に出す
・人の悪いところだけ注目する
・焼きそば+ビールのような夜ご飯で「自炊している」と思っていた
・スナック菓子を毎日1袋食べていてニキビだらけなのに「敏感肌」と思っていた
・同僚の失敗に厳しく「あり得ない」「使えない」とか平気でいう
・洗濯物を取り込まず干しているのを外して着ていた
・基本的に毎日スニーカー、デニムで出勤。ヒールの靴はほぼ履かない。
・下着が首元からはみ出ていたり、袖からヒートテックが見えていた。

「モテるため」に「ストッキングを履く(その前にすね毛を剃る)」ことから女を磨きはじめました。
▼キチンすると、いろんなことを指摘されはじめた

・「顔にまつ毛が付いているよ」
・「服に糸くずついているからとるね」
・「ネックレスの留め金が前にきているよ」
・「ジャケットの裾がめくれてるよ」
・「もう少し明るい色の口紅が似合うと思う」
・「ビニール傘じゃないちゃんとした傘を使ったほうがいいよ」

20年以上、楽に過ごしてきた菊乃さん。はじめは「細かいことを言うな」と内心思っていたそうですが、指摘されるくれるくらい当たり前の状態になったことを実感します。

ブスにクズが付いていても「残念」には見えないものですね。

「当たり前」「きちんとする」の基準が低かったことに、キチンとするようになるほど気づいたそうです。その気づきを得ただけでもモテるためにジタバタしたのは意味があったと感じました。

メールやLINEの注意点

不要で面倒くさい気遣いをする女性はメールが長くなりがち。
送るメールに「・・・」とか「。。。」が多い女は特に気をつけましょう。

▼悩んでもどうにもならないことがある
「私が勝手に決めてそのお店がいやだったらどうしよう」と気を使い文章が長くなってしまう心理は理解しつつも、苦手なものがあればそれを注文しないとかいくらでも対応しようがあると説く菊乃さん。確かにそうですね。

「どうしたらすかれるかな」
「私のことどう思っているかな」
なんてどうにもならないこと。

それよりも、自分がまず楽しむ、自分がまずリラックスするという方が大事よ。

興味のある異性に対してはついつい気を使いすぎたり、相手に合わせることを優先してしまいますよね。

自分が楽しむことを心がけてほしいとアドバイスする菊乃さん。その方が結果的に相手にとっても楽になるという発想。なんだか腑に落ちる気がします。

婚活女性に刺さるメッセージ、具体的なアドバイスは必見

体験談をもとにした菊乃さんの婚活女性へのアドバイスやエールは説得力があります。また書籍化された菊乃さん自身の過去の恋活ブログも読み応えがあります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

面白かったら読者登録もぜひ!

婚活ブログをもっと読むなら