11/21の記事ランキング

  1. https://a.msn.com/r/2/BBFbBwd?m=ja-jpダイエットに興味がある人は、多いですが、何をどうすればよいのかを知っている人は、少ないと思います。↑の記事には、40歳代の体重60キロの各臓器と骨格筋の一日の消費カロリーが、記載されています。ただし、筋肉の重さや脂肪の重さが、記載されていないのが、残念ですね。↑の記事には、書いてないのですが、自分の現在の筋肉量や脂肪量を直接みることが、ステップ1であります。(ダイエットしたいのであれば)精度の高いインピーダンス式(筋肉・脂肪)測定の体重計は、100万円しますが、BMI測定や体脂肪率測定だけなら2千円くらいからありますね、あまり正確では、ないけどね←俺の体重計の体脂肪率とかいいかげんです。)両手両足測定タイプの体重体組成計 HBF-701で、9000円前後ですね。これは、BMIのみですが。函館のフィットネスクラブに1台と函館アリーナに1台ありますが、両方INBODY370だと思われる。これだと、かなり精度が上がります。さらに精密に調べるには、相撲協会に特別な装置があるらしい。ま、大まかなダイエットの知識という事であれば、↑でいいのでしょうけどね。(初歩)生理学や解剖学などの本には、例えば、細胞の数60兆個(体重60キロ)のように60キロモデルが多く採用されています。しかし、現代の肥満社会で、体重60キロの男性は、少ないと思うのですが、40代以降では、とくにね。先ほどこのブログ(アメブロ)で、GACKTさんのブログを見させていただきましたが、体重を70キロにしたというお話しでした。ちらっとみただけでしたが、睡眠をほとんどとっていなかったとかで、たぶん、体重も相当落ちたことでしょう。仕事も、ハードスケジュールで、67キロ前後になってから、筋トレして70キロにしたのかな。モデル並みの体系の方でさえ70キロであります。40代以降の普通のサラリーマンでしたら80~90だと思うのですが、いい加減・・60キロモデルは、卒業してもらいたいものです。ちなみに私は、17歳前後では、身長172で、体重68キロくらいでした。記事に関しては、そのとおりでありますので、スルーできましたが、体重60がね。ちょっといただけないかな。ということで、ダイエットは、難しいというお話の記事のご紹介でした。ミステイク。これ女性のための記事ですか?それなら脂肪の比率が、おかしいですね。女性は、男性より体脂肪率が10%アップしますので、うっ・・・・よく読んでみると( ^ω^)・・・この記事ちょっと駄目だね。女性ホルモンには大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンがあります・・・の項目女性にも男性ホルモン分泌が、あることを書かなくては、いけないと思います。男性の10%前後。つまり閉経前には、「エストロゲン」と「プロゲステロン」と「テストステロン」ということになります。閉経後には、女性ホルモン分泌は、なくなるが、「テストステロン」は、?つづくの??http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_of_female.htmすいません。女性のホルモン関係は、難しいので、医師に直接聞いてください。ただし、個人的な意見は、男性と同様に生涯にわたって、たぶん20代をピークとし、穏やかな曲線で分泌が少なくなっていくと思われます。ので、閉経後も「テストステロン」は、分泌されると思っています。その理由は、「テストステロン」の効果にありますので、調べてください。男性ホルモン(テストステロン)は、男性のためのホルモンではない・・・↑のダイトー製薬さんのウェブサイトお・・・あった!やっぱり80歳くらいまでは、分泌するらしいですね。(男女ともに)↑のウェブサイト内に以下の情報がありました。女性のテストステロン値の年齢別正常範囲2011年12月28日【 目的 】RIAによる性ホルモンの測定には、女性の低濃度の範囲では精度と特異性に限界がある。そこで、質量分析法および分位点回帰法を用い、女性の性ホルモン(テストステロンおよびアンドロスタンディオン)の年齢別正常範囲の確立を行った。【 方法 】 Studyof Health in Pomeraniaに登録された、年齢20~80歳の女性985例のデータを分析した。分位点回帰モデルは年齢別の性ホルモン濃度2.5thおよび 97.5thパーセンタイルを計算することにより行った。総テストステロン(TT)およびアンドロスタンディオン(AD)は液体クロマト-タンデム質量分析法により測定した。SHBGおよびTTより遊離テストステロン(FT)濃度を計算した。【 結果 】 TT、ADおよびFTは10歳台毎のグループで明らかに年齢に比例して低下した(oneway ANOVA P < 0.001)。 正常範囲は全体および10歳毎の年齢別に求めた。 20~80歳全体の正常範囲はTTが0.35~1.97 nmol/L (10.1~56.8/ng/dL)、ADが0.89~4.56nmol/L (25.5~130.6ng/dL)およびFTが0.0025~0.0253 nmol/L (0.072~0.73ng/dL、0.72~7.3pg/mL)であった。 閉経前および閉経後、経口避妊薬あるいはホルモン療法使用者の正常範囲も求めた。【 結論 】質量分析法および分位点回帰法を用い女性のテストステロンおよびアンドロスタンディオンの正常範囲の確立を試みた最初の報告である。これらホルモン濃度は年齢に強く依存する。【 原著 】J Clin Endocrinol Metab. 2011 Dec 7.Age-SpecificReference Ranges for Serum Testosterone and Androstenedione Concentrationsin Women Measured by Liquid Chromatography-Tandem MassSpectrometry.Haring R, Hannemann A, John U, Radke D, Nauck M,Wallaschofski H, Owen L, Adaway J, Keevil BG, Brabant G.Institute ofClinical Chemistry and Laboratory Medicine, University Hospital SouthManchester, United Kingdom.【 弊社コメント 】値は、これまでの報告と大差ありません。(野)カテゴリ: アンチエイジング テストステロンと女性 不妊 加齢とQOLの低下・生活習慣病 女性のアンチエイジング 女性の性機能 女性不妊 女性更年期・女性更年期障害 学術資料 男性ホルモン(アンドロゲン・ テストステロン)タグ: テストステロン 女性 年齢別 正常範囲 男性ホルモン

  2. 本日、函館アリーナが混雑していたので、予定していたメニューを変更しまくり、結果的に体重増減なしでした。有酸素運動2時間半やりました。ウォーキング1時間15分と自転車1時間15分。水分補給は、2リットルとゼリー130CCとBCAAを2本。ベンチプレス70キロ→90キロ→120キロNG→110キロ→100キロ→100キロ→90キロ→80キロ→70キロスクワットは、クゥーター系で、250キロくらいまでデッドリフトは、フルが、120キロ5r、クゥーター系が、280キロまでやりましたが、リストラップに問題が発生したため280キロNG.INBODY370計量体重増減なし。実際は、かなり減少しています。水分だけでも2キロとりました。98.3キロ筋肉1300グラム増加脂肪1500グラム減少下のグラフは、今日4回計量したので98.3→98.3まで、4時間半かかりました。体脂肪率が、28.7%いい感じです。関係ない話ですが、ツルハという薬局にライザップのドリンク(147円かな)があったので、買って飲んでみたら、バニラエッセンスが、入っていたような感じのナニコレっていう感じでした。3か月で20キロ減量中ですが、今週から本格的に有酸素入れてバンバン筋トレします。その他のトレーニングダンベルプレス30キロアブドミナルマシン67.5キロバタフライマシン&リア・デルタマシンレッグプレス100キロと175キロ ともにクゥーター系フロントレイズ10キロダンベルサイドレイズ7キロダンベルインクラインベンチプレス70キロから90キロ

  3. 目標設定日が、10月15日でした。今日が、11月20日です。当時は、106キロ(一時的に106.6までいきました。)です。今日現在、35日目(目標設定日より)で106-97.4=8.6キロ減。1日あたり、0.245キロ減です。90日では、22.11キロとなり、目標達成!。のはず。ではありますが、たぶん10キロ減あたりから体重が、落ちにくくなるはずなので、トレーニングメニューを変えていきたいと思っています。15キロ減からは、ほぼ有酸素運動+水抜きで、しのごうと考えています。有言実行が、最優先ですので・・・ユーチューブとかで、いろいろなダイエット方を探してみていますが、某社のダイエット方では、かなりのリバウンドがあるようで、特に●野さんとかは、かなり太られたみたいですね。やはり、好きなものを食べて、適度に運動して、適度に痩せるのが、目標なんですが、問題は、筋肉量を維持しながらのダイエットなので、現実は、厳しい感じです。単純なのは、断食ですが、筋トレができなくなるくらいに、筋肉が落ちそうなので、今回は、断食は、外しました。けっこう、マクドで、食べるのが好きなので、そこが、一番の問題かな。1月15日にどーなっているのか、自分でも予想(痩せている確信をもてない)できないのですが、楽しみにしてます。以上

  4. 函館アリーナでトレーニングしてきました。本日、メンタルは、いいのですが、体調が、だいぶ良くなったのですが、7割くらいかな。ちなみに、頭痛、耳鳴りは、デフォルト値です。昨日も一昨日も今日も・・・食いました。とくに今日は、かなりの量を食べましたので、絶対に体重が、増えているものと信じ込んで・・・ちょっと不安気味で、体重の測定しました。トレーニング前で、綺麗な100.0キロ・・・やっと戻ってきました。待っていました、この数字。という事は、体調が、やっぱり悪いのでしょうね。体重減少しすぎです。が、嬉しいです。このグラフの傾斜は、しばらく続くのでしょうね。でも、最大106.6キロありましたので、この時点で、6.6キロ減です。凄い。ということで、気持ちよくトレーニングに入れました。が、なぜか、大混雑です。異常です。明日が、祭日なのに今かよって、感じでした。本日のメニューは、神経系ということで、スクワットで、浅く、280キロまで、行きたいと思います。が、空いていないので、ベンチプレスから始めました。このパターン久しぶりかな。ベンチプレス70キロ3r100キロ1r110キロ3r100キロ5r100キロ5r70キロ10r70キロ6rいっぱいやりました。110キロ3rですから120キロ1回は、できそうです。スクワット・・・フルボトム130キロ1r120キロ1rそろそろ140キロ行けそうです。5%スクワット150キロ2r190キロ2r220キロ2r260キロ2r280キロ1r220キロ3rいつもは、10%、一段下でやってますので、本日、楽々できましたので、満足です。オーバーヘッドバーベルプレス40キロ2r50キロ1r?70キロ無理そうだし、50キロもきつかった。ちなみに昔は、90キロでした。レッグプレス100キロ10r170キロ6r腹筋マシン60キロ11r40分で終了。ちょっと手抜きでした。体重300グラム減・・・やりました。100キロ割りました。筋肉600グラム増・・・この短時間に600は、嬉しい限りです。脂肪1400グラム減・・・笑いが止まりませんね。ついに99キロです。まあ、でも、まだ、100ですね。筋肉の上りを見ると体調は、良かったのでしょうね。次回は、近日中です。しかも、有酸素運動始めます。