流産・手術・夫の大事故を波乱万丈なご自身の経験を4コマ漫画でつづるブロガーのプー子さん。今回はそんな彼女が流産を経験したあとに受けた子宮筋腫手術の体験談をご紹介します。悲しいことがあっても前を向いて頑張る彼女の姿は思わず応援したくなってしまいま

登場人物

・プー子さん…このブログの筆者。流産・手術・夫の大事故など様々な困難を乗り越えてきた体験談を4コマ漫画でつづっている。

医師から告げられた言葉

ポリープではなく子宮粘膜下筋腫だった

ポリープじゃなかった!
2017-02-03 11:57:26
ホルモン注射で生理を止めるという話が出てきてびっくり!!

正直、こんな大事になるとは思ってなかったです。
子宮にポリープがある事が発覚したプー子さんは、ポリープを摘出する為に専門病院へ転院することを決意しました。

そして、専門病院に通院を開始するとともに産婦人科で指摘されたポリープを調べてもらうことに。しかし、産婦人科で指摘されたのは「ポリープ」だったが実際は少し違っていたようでした。

筋腫を削るためには子宮内膜を薄くする必要があり、ホルモン注射で生理を止めることになりました。プー子さんも「正直、こんな大事になるとは思ってなかったです。」と驚きを隠せません。

チュープリン注射の副作用にびっくり

そして手術

女神と小悪魔
2017-02-05 22:26:09
女神降臨
ほんと、いい先生に診てもらえました!

デモデモダッテでぐずぐず悩んでいるプー子に、ご自分の休憩時間を割いてまで話を何度もしてくださいました!

先生、面倒な患者で申し訳ないです!
手術の日が近づき、医師から説明を受けたプー子さんは初めての手術で不安だらけの彼女に親切に説明してくださる女医さんに思わず感動。

しかし、筋腫の位置が原因で、手術をしても完全に筋腫を取り除けない場合があると知り複雑な心境になってしまいます。妊娠を希望するプー子さんのために子宮をなるべく傷つけたくないという判断だったため、「私はこの手術は受けてよかった」とプー子さんは語っています。

第一の難関ラミナリア挿入

入院一日目②前処置
2017-02-07 11:15:30
痛かったー(涙)

五分くらいで終わったとは思うのですが、体感時間はすごく長い!

気絶するー!
とか
痛くて叫んだ!

って程ではなかったのですが痛かったです。

力入れないでね☆って言われても無理ですー!

出産するときをイメージして

ふーふーって息をして耐えました!
手術の前に子宮口を広げておく「ラミナリア」が痛いという噂を聞き、怯えるプー子さん。結果としてはやはり痛かったようですが、「痛がり怖がりのプー子が耐えられたのだから、強い人なら十分耐えられると思います」と書かれています。これからラミナリアを受ける方にとっては心強い言葉ですね。

いよいよ手術日

無事退院。プー子さんは何を思う。

そして1ヶ月後…

念願の陽性反応
2017-03-16 22:00:09
凄く嬉しい(o^-^o)

妊活をしていたら一月一月が本当に長くて...

まだ焦る時期ではないとは頭では理解しつつ、周りの妊活・出産報告にテンパってしまって

どうしてもネガティブ思考に傾いていました

そんな私を支えてくれた家族に感謝です!

ありがとう!!

以上を持ちまして、妊活編終了です!

明日からは妊婦日記を更新させていただきます(o^-^o)
この陽性反応の子が、現在妊娠中の『こまめちゃん』です!
手術後、とうとう念願の赤ちゃん「こまめちゃん」がプー子さんのもとにやってきたのです! この嬉しいご報告に、コメント欄でも「妊娠おめでとうございます!」「大変なこともあったとは思いますが、プー子さんなら色々辛い思いをしている方達の気持ちを理解できる優しいママさんになれるでしょう!」と祝福の声が寄せられました。
流産を経験し、時に涙を流す時もありますが、それでも我が子夢見て頑張る前向きなプー子さんには思わずグッときてしまいます。ゆるい雰囲気で描かれた白黒漫画は赤裸々に描かれているので、共感出来ること間違いなしです。

面白かったら読者登録もぜひ!

プレママのブログが集まるこちらもおすすめ