産婦人科医、そして研究者としても働くきゅーさん。「日頃から正しい知識をもって自分の身体をケアする事が大事だと思います」と語るきゅーさん。今回は、その中でも産婦人科医だからこそ分かる裏話をピックアップしてお届けします。

登場人物とあらすじ

▼登場人物
きゅーさん…産婦人科専門医で研究者。
▼あらすじ
産婦人科医ならではの、他では聞けないリアルで説得力のある投稿が魅力のきゅーさんのブログ。今回はその中でもこれから産婦人科にお世話になる、または現在お世話になっているという方が気になりそうなリアルな話の一部をご紹介!

あなたの担当医は大丈夫?簡単に信用できるか否かを確認する術とは

▼判断ポイントは“母子手帳”。早く受け取るよう言われたら注意が必要かも
▼妊婦検診チケットの仕組み
▼つまり、やたら早期に母子手帳を要求してくる病院は...
▼このブログに対して読者からはこんな声が

分かります。
以前、婦人科に勤めていたことがあって、入院完備ではなかったので、大きい病院(提携)に紹介するとき、たぶん、向こうでも検査をするコトになるので、患者さんには選んでもらってました。
初回の検査は、確かに高くて、患者さんには分からないから、説明を一通りしていました。婦人科って、何故に、診療費が高いのでしょうか?

なるほど!!
妊娠が待ち遠しかった私としては早く母子手帳欲しいという思いがあったのですが、中々言われず…。
初期は流産の可能性があるからなのかなぁ?流産の可能性高いからなのかなぁ…と不安になったりもしましたが、そういう事だったのですね(。・ω・)
口数が少ない先生でしたが看護師さん、助産師さんからも信頼されているのがわかる先生でした。

心拍が確認出来ても「母子手帳はまた次回」と言われ中々取りに行かせて貰えず、最終的に予定日より一週早く産まれたのでチケットが余ってしまいました。
早く貰いに行っていれば…と思いましたがちゃんとしたお医者さんだったという事ですね(^^)納得できました。
際どい話かもしれませんが、とても参考になるので「きゅーさんはこう思う」というスタンスで続けて欲しいです!

産婦人科医きゅーさんの記事に注目です!

産婦人科医きゅーさんのリアルな裏話でした。
産婦人科医だからこそ分かる色々な思惑があるのですね...
中には現在通ってる産婦人科がそうだ...という方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで「きゅーさん」の一意見なので、鵜呑みにせず、参考程度で済ませるようお気をつけください。

きゅーさんの『産婦人科医きゅーさんが伝えたい事』に他にも参考になる記事がたくさんなので、気になった方は是非チェックしてみてください!

面白かったら読者登録もぜひ!

プレママのブログが集まるこちらもおすすめ