産婦人科医、そして研究者としても働く「きゅーさん」。 そんな彼のブログは産婦人科医ならではのリアルで説得力のある記事が豊富で読者から多くの支持を得ています。今回はそのブログの中から、考えてみたら少し気になる「産科医が我が子をとりあげる話」をご紹介します。めったに知ることのない話は必見です。

登場人物とあらすじ

▼登場人物
きゅーさん…産婦人科専門医で研究者。

▼あらすじ
産婦人科医ならではの、他では聞けないリアルで説得力のある投稿が魅力のきゅーさんのブログ。今回は、考えてみたら気になる「産科医が我が子をとりあげた話」について綴られた記事を抜粋してお届けします。産婦人科医は我が子を取り上げるとき一体に何を思うのでしょうか...

めったに知れない!?産科医が我が子をとりあげる話!

▼長女出産、なが~い1日の始まり

本題の前にお産について簡単に説明

本断に入る前に、お産を経験したことがない方の為に きゅーさんがお産について簡単に説明してくれます。
注)教科書的な分娩第1~3期とは異なる分け方をしています
▼第1ラウンド
▼第2ラウンド
▼第3ラウンド
以上が分娩の説明でした。
ここから話は本題に戻ります!

第2ラウンドからの始まり。

▼分娩進行が止まった原因とは?
▼いよいよ産科医としての本領発揮

遂に我が子をとりあげる瞬間!産科医は何を思う

産婦人科医ならではのリアルな記事を読みたい方は是非きゅーさんのブログを!

産婦人科医きゅーさんの他では聞けない、気になるお話でした。
産婦人科医の知り合いでもいない限りなかなか聞けないお話だったのではないでしょうか。
今回は、思わず気になってしまう面白い記事をご紹介しましたが、きゅーさんのブログは参考になる記事もたくさんありますので、気になった方は是非ブログをくまなくチェックしてみてください。

面白かったら読者登録もぜひ!

プレママのブログが集まるこちらもおすすめ