9/17の記事ランキング

  1. 藤(戸田恵梨香)が自分をおとりにして桜(徳永えり)のひき逃げ犯らしき守護天使をおびき寄せようとしていることを立ち聞きしてしまった川合(永野芽郁)。今回は、宮原(駿河太郎)がちゃんと説明してくれましたが、複雑な気持ちで藤と接することになってしまい…日本テレビ 水曜22時「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第8話主演…永野芽郁、戸田恵梨香脚本…根本ノンジ演出…伊藤彰記今回もそんな縦筋をきちんと進行させながら、しっかりとコミカルなシーンもあって、視聴者を楽しませる旺盛なスタッフのサービス精神に頭が下がりました。レストランに違法デリヘルのボスが現れるのを伊賀崎(ムロツヨシ)や藤らが張り込んでいたら、そうとは知らぬ「やまびょん」こと山田(山田裕貴)や「もじゃぴょん」こと源(三浦翔平)がデートで続々現れ、しまいには高校の先輩に保険に勧誘される川合まで現れるシーンは、実に愉快なシーンでした。ボソボソと小声で彼らにツッコミを入れる伊賀崎と藤の会話が絶妙でした。レストランの照明が落ちて、張り込んでいるメンバーが色めきたったら、源のデート相手のバースデーケーキサービスだった時は吹き出しましたよ。高額な額の保険に言いなりで入りそうになってる川合に、牧髙(西野七瀬)が20人家族の大黒柱にでもなるつもり?って心の声には特に笑えました。このドラマでは通常点検、人工呼吸と並ぶ面白いシーンでした。藤とはなんとなく距離ができて、源と組むようになった川合は、自分がいかに藤から教え込まれているか、源からも藤が川合をどれだけ大切に育てているかを聞かされ、改めて藤との強い絆を感じます。そして、藤自身からもおとりにしようとしたことを謝られます。最初はそう思っていたけど、一緒に働くにつれ、川合を大事に思って危ないめにあわせたくないという気持ちが強まったと正直に話してくれました。川合と藤の関係性が強くなっていく過程を丁寧に描いてきたからこその、感動的なシーンでした。最終回へのつなぎ方にも無理がなく、楽しみです。今回の評価…

  2. カーロ・ミラベラ=デイヴィスの長編映画監督デビュー作.。 異物を飲み込み続けることで、自分を取り戻していく女性を描くスリラー。     - SWALLOW -   監督 脚本  カーロ・ミラベラ=デイヴィス  出演 ヘイリー・ベネット、オースティン・ストウェル、デニス・オヘア 他こちらは2019年制作の アメリカフランスの合作映画  です。 (95分) 完璧な夫にニューヨーク郊外の美しい邸宅。ハンターは、誰もが羨む暮らしを手に入れる。 ところが、夫は彼女の話を真剣に聞いてはくれず、義父母からも蔑ろにされ、孤独で息苦しい日々を過ごしていた。そんな中、彼女の妊娠が発覚する。待望の第一子を授かり、歓喜の声をあげる夫と義父母だったが、ハンターの孤独は深まるばかり。ある日、ふとしたことからハンターはガラス玉を呑み込みたいという衝動に駆られる。導かれるまま、ガラス玉を口に入れ、呑み下すハンター。すると、痛みとともに得も言われぬ充足感と快楽を得る。異物を“呑み込む”ことで多幸感に満ちた生活を手に入れたハンターは、次第により危険なものを口にしたいという欲望に取り憑かれる。しかし、胎児のエコー検査でハンターの体内に異物がある事を見つけられてしまい、緊急手術によって取り除かれる。医者はハンターが異食症を患っていると診断し、夫や両親はハンターの身体以上にお腹の子供の影響を心配し、精神科の治療を受けさせ、日常生活では男性の手伝いを雇い入れて、四六時中彼女を観察するようになる。 それによって、より不自由さを感じたハンターは、隠れて異物を飲むようになり、過激さを増していく。それを知った夫家族は遂にハンターを24時間看護の病院に入院させようと、彼女に無理矢理サインさせるのだったが、、、というお話です。以前レンタルしたDVDに収められた予告を観て興味を持った本作。 てっきり異食症の女性をテーマにしたサイコサスペンスかと思ったんですが、実際の作品を観て良い意味でビックリの私好みな作品でした。 映画で描かれていたのは正統派ともいえる女性の解放と自立、そして過去への決別と再生を描いたまっとうな人間ドラマだったのでした。原題でもあるSWALLOWという言葉には「飲み込む」という意味と、鳥の「ツバメ」という2つの意味がありますが、タイトル通り見事にその両方が込められた内容になっています誰もが羨むお金持ちとの結婚。 夫の両親に買ってもらったその家は豪邸を絵に描いたように広く、モデルルームのように洗練された建物。 その広い空間に閉じ込められるように暮らすハンター。 その姿はまるで籠の中の鳥のようで、家だけでなく家長独裁の家族という大きな枠組みの中にいつの間にか縛られ、彼女は居心地の悪さと違和感を感じていました。それが妊娠した事により、今まで以上にハンター個人の人間性や感情は無視され、まるで息子の子供を産む道具のような扱いになる彼女。 まぁこの男尊女卑的ともいうか、ブルジョア気質というか、夫とその父親のハンターに対する態度がかなりムカつく場面が多く、ある種の胸糞映画な一面もあります。その抑圧の中でふと見つける異物を飲み込むという行為。 その背徳的な行為によって自身の存在や自由を得たような快感を覚えたハンターは、その行為を自分でも止められなくなってしまうのです。 飲み込んでは出し、身体を通って出て来た物をコレクションするハンターのどこか嬉しそうで、達成感を感じさせる表情にこちらもいつの間にか同調しています。そこに見えるのは女性であるゆえのしがらみや世間的な視線、幸せなふりを演じきれない幸せそうに見える自分、そういった既存の価値からの解放というメタファーが映画の根底に感じられるからではないでしょうか?映画後半ではより彼女の内面的な葛藤が具体的に描かれ、ある意外な人物によってようやく解放される事になります。 そして最後にハンターが飲み込むもの、そして彼女の身体から出ていくもの。 様々な意見があるとは思いますが、女性だけが背負わされ、女性であるからこそ、その痛みを感じ、そこから解放される彼女の姿に静かな感動を覚えてしまうのです。劇中でハンターの唯一のプライベート空間として重要な役割を果たしているトイレという場所では様々な出来事が起こります。 そこだけは誰の干渉も受けない素の個人でいられる空間、エンディングもそのトイレで迎える事になります。ハンターが最後の行為を行ったトイレを去り画面から消えますが、固定カメラはそのままトイレを映しつづけます。そこにはハンターの後から様々な事情を抱えているであろう女性達が入れ替わり立ち替わりトイレを利用する姿が映されていて、その長回しの映像からは女性に対する監督のメッセージが強く伺えてくるのでした。 とにかく美しい映像と無駄のない物語展開、そして主人公ハンターを演じるヘイリー・ベネットの繊細な演技が映画を普通以上の作品に仕上げています。 過度な演出がなく、比較的静かな心理描写で見せていく作品のため好みは分かれるかも知れませんが、私個人は様々な面で楽しめた作品でしたので、特に女性な方にはお薦めしたい作品です機会があれば是非一度ご覧になってみて下さいませ、です。では、また次回ですよ~! SWALLOW/スワロウ (Blu-ray+DVDセット)Amazon(アマゾン)4,280〜6,950円

    たくさん共感されています

    「Swallow/スワロウ」 の巻 映画 あらすじ
  3. 今回は…にじやのおやっさんこと、銀治(石橋蓮司)がこれまでになくフィーチャーされた回でした。石橋蓮司って今や老練な名脇役の1人で、得がたい役者さんだなとつくづく思える回でした。TBS 金曜22時「#家族募集します」第7話主演…重岡大毅脚本…マギー演出…福田亮介夏休みの思い出作りのため、仕事が頓挫しヒマになった黒崎(橋本じゅん)は娘いつきを連れて旅行に行くことに。そして、俊平(重岡大毅)親子と礼(木村文乃)親子も二組一緒に行くことになります。めいく(岸井ゆきの)はバイトがあるために行けずに、めいくの息子の大地は、他の子たちがいなくて寂しいので、銀治が銭湯に連れて行ったりしてケアしてあげます。銀治もまんざらでもなく嬉しそうです。そんな銀治は頑なに改装後の2階に上がって来ようとはしないので、めいくや蒼介(仲野太賀)は大地にせがませて、銀治を2階に上がってこさせます。以前は銀治自身、家族と2階で暮らしていたらしく、今も残る柱の傷などをしみじみとながめます。淡々とした演技ながら、銀治の深い思いが溢れていて、銀治といなくなった家族の間に何があったのか、とても気になりました。めいくや蒼介をカラオケに行かせたあと、大地と屋上でキャッチボールをしていたら、銀治は倒れてしまいました。次回は病にふせた銀治のために家族を探して会わせるみたいです。俊平と礼はいい雰囲気ですが、恋愛対象ってところまではいかず、理解し合う仲間でいられるようです。あまり、この二人が簡単にくっついてしまうのは抵抗があるので良かったです。みどり(山本美月)の遺作の絵本を作るのは大変そうですね。今回の評価は…

  4. (1000セット限定生産)中つ国 (ロード・オブ・ザ・リング/ホビット)アルティメット・コレクターズ・エディション(4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイセット)(30枚組+ブルーレイ ボーナス・ディスク1枚付)[4K ULTRA HD + Blu-ray]Amazon(アマゾン)59,800円(1000セット限定生産/シリアル番号入り)ハリー・ポッター 8-Film ホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX (4K ULTRA HD&ブルーレイセット)(33枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]Amazon(アマゾン)59,800円(初回限定生産)ウエスト・サイド物語 日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ [Blu-ray]Amazon(アマゾン)6,980円ウエスト・サイド物語 [Blu-ray]Amazon(アマゾン)2,619円『イン・ザ・ハイツ』『バーフバリ ブルーレイBOX』もリリース決定!バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋<完全版>ブルーレイBOX (初回限定版) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)12,980円バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋<完全版> DVD BOX [DVD]Amazon(アマゾン)9,680円【Amazon.co.jp限定】イン・ザ・ハイツ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(ミニポスター付き) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,980円イン・ザ・ハイツ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,980円【楽天ブックス限定先着特典】イン・ザ・ハイツ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【Blu-ray】(2L判ブロマイド2枚セット) [ アンソニー・ラモス ]楽天市場4,730円イン・ザ・ハイツ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【Blu-ray】 [ アンソニー・ラモス ]楽天市場3,884円イン・ザ・ハイツ(字幕版)Amazon(アマゾン)2,000円イン・ザ・ハイツ(吹替版)Amazon(アマゾン)2,500円●日本未リリースの4K ULTRA HDイン・ザ・ハイツ [4K UHD+Blu-ray ※4K UHDのみ日本語有り](輸入版)Amazon(アマゾン)6,500円

    『中つ国 4K UHD BOX』『ハリー・ポッター ホグワーツBOX』12月リリース!
  5. ≪第13話≫ 私とダンスをやはりキャサリンの財団がパック・ノース病院を買収。仕事を続けたい職員は、グレイスローンでコラシックの面接を受けないといけないとか。リチャードもコラシックの面談を受けに来たが、すでにリチャードの再雇用が決まっていた。キャサリンの思う通りにされるのが嫌だったリチャードは面接を蹴って帰ってしまう。マギーの再雇用も決まっており、テディの下で働くことになる。ニコの家に転がり込んだシュミットだったが、ニコは一人暮らしをするように勧め、シュミットは複雑な思い・・・。そんなシュミットはガンのアイリーンを診ることに。ガンの転移が全身に広がっており、手術をしても回復できない恐れがあるのでお勧めできないとメレディスが伝える。アイリーンの夫はシュミットにちょっとしたお願いをする。昔のように彼女と一緒にダンスを踊れるようにと。一方、ジョーはアメリアに怒っている。リンクになんでも話すべき!と。避けないで!と伝える。そんなジョーは、アレックスが出て行ったっきり連絡がないことに不安を抱えていた。アメリアはリンクを呼び出し、夜、検査結果が出るから一緒に見てほしいと。どんな結果が出ても、一緒に育てたいと思うか?と。リンクは明確な返事を避けた。一方、スザンヌの発熱の原因をわからないデルーカは、サンフランシスコの診断医ローレンにコンサルを依頼する。ローレンの指示で再検査や問診を行い、スザンヌの症状の原因を探ることに。マギーがスザンヌの心臓の処置を行い、無事に終了した後、ローレンは抗生物質もステロイドも全ての薬を辞めてみると言い出す。容態が悪化したときに原因がわかると話し、スザンヌも同意した。腕を負傷して診察を受けていた17歳のジョーイは病院を抜け出そうとしていた。里親の元で一緒に育った血のつながっていない兄弟が、社会福祉局に連れていかれたことを心配していた。腕の手術は成功したものの、兄弟たちとこれからどうなるかまだ分からない・・・。断酒会から戻ったリチャードは、グレイスローンの前のベンチに座っていた。そこにジャクソンが現れ、また水に流せると話すが、リチャードはやはり納得できない。ジャクソンはキャサリンとコラシックのやり方に怒り、ベイリーに「このままでいいのか!?」と直談判。そしてベイリー、ジャクソン、リチャード、メレディス、オーウェンはコラシックを呼び出し、全員辞めると言い出した。キャサリンに怒られたくなければ、皆を好条件でグレイスローンに残すように脅す(笑)。仕方なくコラシックを条件を飲むことに(^-^;夜、アメリアはリンクにメール。検査は受けなかった・・・と。アメリア、気持ちはわかるが、ひどい・・・(・_・;)

    グレイズ・アナトミー シーズン16 第13話
  6. 映画 「アナザーラウンド」 2021(令和3)年9月3日公開  ★★★★★(デンマーク語; 字幕翻訳 北村広子) さえない高校教師マーティン(マッツ・ミケルセン)と同僚3人は、ノルウェー人哲学者が主張する「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を確かめる実験を開始。仕事中でも構わず酒を飲み続けほろ酔い状態を保つと、授業も楽しくなり生徒たちとの関係も良くなっていく。仕事だけでなくプライベートも好転するかと思われたが、実験が進むにつれて制御が利かなくなってしまう。             (シネマ・トゥデイ)高校の歴史教師のマーティンは、やる気のない授業が生徒から不評で保護者達からも突き上げをくらってしまいます。家でも夜勤の妻アニカとはいつもすれちがい。思春期のふたりの息子ナヨスとキャスパーはいつもスマホに夢中で親子の会話は全くありません。そんなある日、同僚のニコライの40歳の誕生日に集まって乾杯。その時にノルウェーの哲学者が提唱する「血中アルコール濃度を0.05%に保つと仕事の効率が良くなる」という仮説が話題にのぼります。運転するから・・と炭酸水しか飲まなかったマーティンもすすめられるまま店のおすすめのワインやウォッカなどを飲むうちに気分がよくなり帰りはみんなで競歩したり腕相撲したり、じゃれつきながら帰宅します。翌日、マーティンは学校のトイレの中で、こっそり飲酒して授業に臨みます。心なしかリラックスして話すことができ、生徒たちの受けもよかったような気が・・・呼気チェッカーで濃度をチェックし、帰りはニコライの車で送ってもらいます。仲間たちにそれを話すと、みんな大乗り気で、その仮説を実証実験してみよう!となり、約束事をきめていきます。↓ここで4人の紹介をしておきます。右から・・・① ニコライ  妻と幼い3人の息子を育てる心理学の教師。妻の小言や息子たちの世話で、家のなかでもストレスをためている様子。② トミー  独身の体育教師。別れた彼女が忘れられず、今は老犬レーベンの世話をしながら独身生活。③ マーティン  妻子ある歴史教師。家庭第一でやってきたのに、今は家に居場所はなく、職場でも生徒たちからの人気もなく、生きがいを失って鬱状態。④ ピーター  彼女募集中の音楽教師。酔っぱらうと服を脱ぐ変な癖がありますが、普段はおとなしい性格。4人はそれぞれ0.05の濃度を厳守して授業をしてみると全員が効果を確信するようになります。トミーが体育倉庫に隠しておいた酒瓶が見つかって問題になったものの犯人はうやむやになって なんとかセーフ。マーティンはプライベートでも、久しぶりのカヌー下りの家族旅行を計画して妻とも関係修復できました。それぞれの成果は、ニコライがまとめて論文に仕上げていきます。そして、0.05というのは個人差もあるだろうから、少しずつ濃度を上げて、自分にあった数値を見つけよう・・・と次第に数値は上がっていき、ついにはニコライの家で(妻の留守中)「限界に挑戦」すべく酒盛りが始まります。0,18パーセントにまで到達するころにはべろんべろんになります。マーティンも家までたどり着かず、血まみれで道で寝ているところを、息子のヨナスが見つけて家に運び入れます。                               (あらすじ とりあえずここまで)ヴィンターベア監督とマッツ・ミケルセンで、アカデミー国際長編映画賞も受賞!絶対ハズレなしと思うものの、「お酒が人生を好転させる説」には納得できないまま鑑賞。ただ、ここでは「(いやなことがあっても)お酒で憂さを晴らして大逆転を狙う」というのではなく、「血中のアルコール濃度を常に保つ」という実験的要素が大きいです。全員教師なので、一応常識的で、交わされる会話もそこそこ知的、実践報告のそばからパソコン取り出して論文に仕上げちゃうスキルも素敵!全員40歳台くらいの設定なんでしょうが、マーティンがちょっと年上なのかな?彼は若いころみんなの憧れる前途有望な研究者で、教授になれる道もあったのに家庭生活を優先してあきらめてきたような人でした。みんながお酒を飲んでいても、後のことを考えて自分だけ炭酸水とか、けっこう抑制の利く人なんでしょうが、それが今までアダになってたのかも。血中アルコール濃度0.05%は彼には効果的だったようで、いろんなことが好転していきます。ところで、この度数が具体的にどのくらいの量なのか。日本の酒気帯び運転の基準は「呼気1ℓ中に0.15mg、血液中のアルコール濃度0.03%とあるので完全に「酒気帯び」圏内ですね。運転するわけじゃないので、法律違反ではないけれど、酒臭かったりしたら、教師の職は一発アウトじゃないの?あらすじでは省略しましたが、冒頭、学生たちが「湖を1周するたびにビールを1本飲んで吐いたら負け」というほめられないゲームをしていて、帰りの電車のなかでも大盛り上がりでほかの乗客たちも嫌悪感あんまり感じてないようだったので「デンマークは酔っ払いに寛容?」と思ったんですが、さすがに職員会議でとりあげられるくらいだから、少なくとも高校の校内の飲酒は少量でもアウトみたいです。ただ、(デンマークの飲酒年齢は16歳以上だとエンドロールでもいってたので)校内での飲酒は「建前上は禁止だけど、実際はけっこう飲んでる」のか、「マジでアウト」なのかは、日本じゃないのでちょっとよくわかりませんでした。それから、「血中濃度」といいながら、呼気をアルコールチェッカーで測っていたし、%ではなく、1000分の1のパーミル(‰)が使われたりもしていたので途中から濃度がよくわからなくなってしまったのが残念。ともかく、「実験」ではじまったのが、タガが外れて悲劇がおこるという、まあ想定内の展開。続きです(ネタバレ)↓↓↓↓ポールは緊張して面接がうまくいかない教え子に、試験前にこっそり飲酒させるアウトな行為に走りニコライはベッドで盛大におねしょをして妻に出ていかれ、息子に醜態をみられたマーティンは今まで(知ってても)黙っていた妻の浮気を問い詰めて夫婦関係が破綻します。一番深刻なのがトミーで、独身で歯止めのきかない彼はほぼアル中状態。ある日トミーは老犬レーベンを連れてヨットに乗り込みます。ライフジャケットに手を伸ばすも、(酒を飲んで気が大きくなったのか)それは置いていきます。生徒たちの卒業や進級が決まり、よろこびあうマーティンたち。そこへ、トミーが海で亡くなったことが伝えられます。トミーの葬儀。トミーの指導でメンバーにとけこめたサッカー少年の「メガネ坊」も彼に花を手向けます。卒業式のあとの「お祝い会」生徒も教師もアルコール三昧。特技の「ジャズバレエ」を華麗に披露したマーティンはそのまま海にダイブ!                       (あらすじ おしまい)ヴィンターベア監督作品は、すべてを語らず、解釈は観客にゆだねる・・・というものが多いので、受け取り方は人それぞれだと思います。ラストだって、ダイブする瞬間でカットがかかるので、もしかしたら「マーティンはそのまま海に沈み、歓声は悲鳴にかわった」という、トミーと同じことになる可能性だってあるし、そもそも、トミーの死が事故が自殺かもまったく語られません。(私は覚悟の自殺ならレーベンを船に残さないとおもったので、これは事故で、ライフジャケットを置いて行ったのもそれほど意味ないことだとおもったのですが・・・)最後のほうでマーティンの携帯に妻から「私も寂しい」「会いたい」とメールが入り破綻してた夫婦関係に明るい兆し・・・をほのめかしているようにも思えますがいやいや、そんな簡単なものじゃないですよね。映画には全く描かれはしないけれど、マーティンは今までの人生、おそらく「自制」「抑制」の連続だったような。自分の夢や欲よりも夫や父としての責任を優先して、いつもすべてを飲み込んで文句言わないから、だんだんまわりに気を使われなくなってしまう。妻の浮気にしても、本人はめちゃくちゃ傷ついているのに「どうせ、感づいてないよね」と妻は思っていたのかも。(仲間内の会話からも妻の浮気、けっこう公然だったように思えましたけど)マーティンは、妻に不満があっても「忙しくてすれ違いなんだ。息子たちのよき母だし、うちの親の介護もしてくれた」「老後も手をとりあって生きていくと約束した」なんていって、絶対に妻を貶さない。これはこれで立派なことだけれど、そのストレスは確実に蓄積されていくんですよ。マーティンは羽目をはずして酔っぱらってうっぷんを晴らすタイプではなくノンアルコールで我慢できる人ですが、意を決してお酒を口にすると、じっくり味わって、しずかに目に涙を浮かべます。(心配でこっちが泣きそうでした)アニカはけっしてダメ妻ではないけれど、夫の理解者とは言えないんですよね。そういえば、マーティンが家族でカヌー旅行を計画していたのに「本気だと思わなくて(仕事の)シフト入れちゃった」というアニカの言葉には私はブチ切れたけど、マーティン怒らないんですよ。  おこれ! いかれ!(心の声)こういう夫婦の相性の悪さは一朝一夕で解決するものではないから、あんなメールで私は騙されませんよ(笑)結局最後まで見て、「お酒はほどほどなら幸せになるけど、飲まれてはダメ」とか「お酒は量を守って楽しく飲みましょう」なんていう、面白くもない教訓でまとめてはダメなんだけど解釈は人それぞれでいいということで・・・・・チャーチルやグラント将軍にヘミングウェイ・・・名だたる酒豪の酒エピソードや エリツィンやファラージのアホ顔で笑わせるもテンポのいい予告編動画で期待したほどの笑いはなかったです。むしろお酒のもたらすシリアスな面が浮き彫りになってしまって美味しそうにお酒を飲むシーンはたくさんあるのにお酒が飲みたくなる映画ではなかったですね。でも、映画としては楽しめました。全編デンマーク語で、この遠い国のことにちょっとは触れられたし、デンマーク国歌も美しい歌詞と曲で、ちょっと歌ってみたくなりました。マッツ・ミケルセンのキレッキレのダンスまで見せてもらえて大満足でした。来場者特典のコースターいただきました。グランドシネマサンシャインみたいなシネコンでは単館系のプレゼントはないこと多いんですがちゃんと配布があって、ちょっと感激!

    アナザーラウンド
  7. 「チャーリーとチョコレート工場」の作者ロアルド・ダールが脚本を担当し、「アルフィー」のルイス・ギルバートが監督を担当した1967年公開のシリーズ第5作です。米ソの宇宙ロケットが次々と行方不明になる。事件の背後にスペクターを見いだしたMI6はボンドを日本に派遣する。日本の情報局長タナカのサポートでボンドはスペクターの秘密基地に潜入するが…いつものガンバレルなんちゃらのあと、いきなり宇宙で宇宙船が登場する展開でもはやSF映画です。で次に香港でイチャイチャするボンドが襲われた死にます。タイトルバックがナンシー・シナトラの歌声に和傘だったり、マグマだった島田な髪だったり、日本人からすれはかなり奇妙な映像になっています。Mやマネー・ペニーが香港の潜水艦で登場するのがレアです。ボンドが日本へ来て最初に国技館の本場所の支度部屋とか凄すぎ。升席で若林映子と相撲を観るくだりで最初の言葉が「アイラブユー」とか日本人は理解に苦しむ展開。そして、トヨタ2000GTでドライブ。なんとソニーのテレビモニター付き。ロケーションの場面はいいんですが、セットになるとおかしな日本観が炸裂します。大里化学工業の社内の警備員が拳銃を携帯してたり、もはや日本ではありません。大里の手下が「燃えよドラゴン」で力士役をしていた松崎真!「笑点」の座布団運びだった人。タイガー演じる丹波哲郎の吹替が別人で違和感。タイガーもまたボンドに「アイラブユー」なんで?タイガーは地下にプライベートトレインを持っていてすげえ。車内が木造でびっくり。ボンドが追う船の名前がNIN-PO!タイガーの家に呼ばれていきなり、トルコ風呂接待!しかもヤコペッティの「世界残酷物語」スタイルの女性たちがマッサージ嬢たち。ボンドは東京から神戸までトヨタ2000GTで旅して、探していたNIN-PO号を見つけます。神戸でボンドはバカボンパパのコスプレした男に襲われます。Qがオートジャイロのネリーと共に来日するのもレア。阿蘇をネリーで飛ぶボンド。空撮の火口がダイナミック。複数のヘリとドッグファイトは珍しい見せ場です。火山の火口に秘密基地があって宇宙船が帰還する場面とかなかなかの想像力。セット内をモノレールが走るとか凄すぎ。そして、初めてスペクターのボス、ブロフェルドが初顔出し。演じるのは「大脱走」のドナルド・プレザンス。スキンヘッドに大きな傷痕のある顔がインパクトあります。今回もペルシャ猫は変わらないですが、ピラニアも飼っています。ピラニアの池に落とされるNo.11が悲惨。そして、姫路城!なぜか姫路城バックで忍者が訓練。ボンドは日本人になりきって海女と結婚。ボンドの日本人への変装の変さ。大里の手下が屋根裏から毒を垂らすくだりは乱歩の「屋根裏の散歩者」そのものです。海女役が浜美枝。その前にフェイントで出てくる花嫁姿のおばはんが謎。新婚初日のめしが生牡蠣のみ!漁村シーンは鹿児島の坊津で撮影されたそうです。有人衛星を捕獲して帰還出来る大里化学の宇宙船がもはや現代の宇宙技術すら超えています。「ピンクパンサー」シリーズのケイト-役のバート・クウォークも大里の手下役にいます。終盤にはタイガー率いる大忍者軍団!その豪快な犬死にっぷり。「未来世紀ブラジル」ロバート・デ・ニーロはこの忍者がモデルなのかも。日本描写のトンチンカンさはさておき、火口の基地のセットは映画史に残る凄さだと思います。

    新作公開までにシリーズ全作観られるかチャレンジ⑤「007は二度死ぬ」
  8. 長崎県大村市大坂歯科医院院長の大坂です☺️9月5日、「アーヤと魔女」鑑賞後、「シャン・チー テン・リングスの伝説」を鑑賞致しました🤗写真は全て公式サイトから拝借致しました😉犯罪組織を率いる父に幼い頃から後継者としての厳しい訓練を受けて、最強の戦士になったにも関わらず、自ら戦うことを封印し、組織から身を隠し、ショーンと名を変え、ホテルマンとして過ごしてまいりました😆しかし、強引に父から呼び戻され、父の陰謀を知ったシャン・チーは、封印を解き放ち、世界を救うために父の組織と戦う道を選びます😱シャン・チーを演じているのはハルピン出身でカナダ国籍、「パシフィック・リム」にエキストラで出演、カナダのTVドラマ「キムさんのコンビニ」のジョン・キムを演じているシム・リウさん😃シャン・チーの友人ケイティを演じているのは「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ」「ジュマンジ ネクスト・レベル」「フェアウェル」などに出演しているオークワフィナさん☺️シャン・チーの妹シャリーンを演じているのは、中国の南京と上海でミュージカルや舞台に出演して、今作で映画デビューを果たした女優さんですが、受けているオーディションがマーベル映画だとは知らずにいたのだそうで、正に大抜擢された女優さんです😍シャン・チーとシャーリンの母イン・リーを演じているのは「テイル・フロム・ダーク2竒幻夜」「怪盗グルーのミニオン大脱走」などに出演しているファラ・チャンさん😍テン・リングスのボスでシャン・チーとシャーリンの父ウェンウーを演じているのは「大英雄」「非情城市」「ワイルド・ブリット」「ゴージャス」「HERO」「傷だらけの男たち」「ラスト、コーション」「レッドクリフ」シリーズ、「グランド・マスター」「モンスター・ハント 王の末裔」などに出演しているトニー・レオンさん😙隠れ里に住む伯母イン・ナンを演じているのは「ソード・オブ・ディスティニー」「ポリス・ストーリー3」「プロジェクトS」「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」「グリーン・ディスティニー」「バビロンA.D.」「レイン・オブ・アサシン」「クレイジー・リッチ」「ラスト・クリスマス」などに出演しているミシェル・ヨーさん🥰アベンジャーズに登場するウォンを演じているのは「スパイ・ゲーム」「サンシャイン2057」「月に囚われた男」「シャンハイ」「プロメテウス」「オデッセイ」「アベンジャーズ」シリーズ、「ジェミニマン」などに出演しているベネディクト・ウォンさん 😃新人俳優たちをベテラン俳優陣が支えている風な俳優陣の構成ですが、個性の強い俳優たちのガチ勝負になっております😁マーベル映画らしくアクションの連続ですから、是非劇場の大画面でご覧くださいませ🙇🏻注 エンドロールの最後までご覧になることをお勧め致します😅😎

    たくさん共感されています

    シャン・チー!(^^)
  9. 『U-571』(2000年)2000年公開の映画『U-571』…公開当時、製作費120億円をかけたハリウッド版Uボート映画ということもあり…また、ジョン・ボン・ジョヴィが出演しているということもあり、多少話題となり、当時、私も映画館に観に行った映画でもある。ただ戦争映画としては、史実に添う部分もない奇抜なストーリー展開とあまりな御都合主義的な戦闘シーン、ハリウッド的なヒロイズム観、等々賛否のわかれる映画と言えよう。劇中で使用された“U-571”はVII B型(VII C型とほぼ同型)をベースに製作された実物大レプリカ(米軍側のS-33も)…このあたりは、さすがハリウッドなのかもしれない。因みに、U-571艦長ギュンター・バスナー大尉役はトーマス・クレッチマンが演じている。Uボートに関しては、その艦番号によりある程度その艦についての来歴を探ることが出来る。U-571はヘルムート・メールマン海軍大尉(当時)が就役したVII C型の艦である。メールマンは1933年4月1日付で士官候補生として海軍に入隊し、軽巡洋艦ニュルンベルク、魚雷艇ルクスに乗艦し哨戒任務に就いている。1940年4月にUボート潜隊に移動となり、艦長としての予備演習として1940年12月9日付でU-143(IID型)、1941年5月20日付でU-52(VII B型)を就役している。1941年4月1日付で海軍大尉に昇進、5月22日付でU-571を就役し、8回(344日)の出撃で7隻撃沈(計47,169t)、1隻大破(計11,394t)の合計58,563tのスコアをあげている。これらの戦功により、1943年4月16日付で騎士鉄十字章を受章している。1943年5月31日をもって艦を降り、6月1日付で潜水艦隊司令長官(BdU)附幕僚部に転属。1944年9月16日付で海軍少佐に昇進し、12月17日付でノルウェーのナルヴィクで第14潜戦の司令官に任官している。その後のU-571は、U-566の一等運航士として経験を積み、 指揮官(艦長)養成課程を修了したばかりのグスタフ・リュッソー海軍中尉が 1943年5月31日付で就役している。リュッソーは、計3回(110日)の出撃をしているが、残念ながらスコアはあげられなかったようである。1944年1月28日にアイスランド西方の北大西洋上でオーストラリア空軍の飛行艇…“指輪の幽鬼”ことショート サンダーランドにより撃沈され、艦長以下52名が戦死している。(享年26歳)決して、独海軍の駆逐艦に攻撃され、その結果、海底に没したということはなく…ましてや、その駆逐艦を逆に撃沈したなどというような事実はないので、くれぐれも誤解のなきように…ヴェルナー・ハルテンシュタイン海軍少佐は、1928年10月10日付で士官訓練生として海軍に入隊、軽巡洋艦カールスルーエや数艇の魚雷艇に乗艦し65回におよぶ哨戒任務に就くなか、1932年10月1日付で海軍少尉、1934年9月1日付で海軍中尉、そして1937年6月1日付で海軍大尉に昇進。1941年3月にUボート潜隊に移動となり、1941年9月4日付でU-156(IX C型)を就役した。1942年6月1日付で海軍少佐に昇進。5回(294日)の出撃で、19隻撃沈(計97,489t)、4隻大破(計20,001t)の合計117,490tのスコアをあげている。これらの戦功により、1942年2月2日付でドイツ十字章金章、9月17日付で騎士鉄十字章を受章している。ハルテンシュタインが、戦功以上に一躍その名を残すことになったのが“ラコニア号事件”であろう。それはハルテンシュタインにとって四回目の出撃時…1942年9月12日、南大西洋上アセンション島の北北東210km沖に(元)客船ラコニア号(19,695t)を捕捉。午後8時10分、右舷に1本の魚雷を命中させ…9時11分にラコニア号は沈没。英国の海運会社キュナード・ラインの保有する客船ラコニア号は、1939年9月4日に英国海軍に徴用され仮装巡洋艦となって大西洋で船団護衛に従事した。その後、兵員輸送船に改装され、主に兵員輸送任務に従事。当日のラコニア号には、乗員136名、ポーランド兵約160名、婦女子を含む一般乗客約80名、英軍関係者268名とイタリア人捕虜約1800名の計2450名程が乗船していた。ハルテンシュタインは、海上に投げ出された生存者をできる限り自艦に救助(一説では283名)し、それぞれを連結した4艘の救命艇を曳航した。その際、救助したイタリア兵から多数のイタリア兵捕虜が乗船していたことを知り、直ちに潜隊司令部に報告。報告を受けたデーニッツは救助を決定し、これによりU-506、U-507、U-459およびイタリアの潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ、ヴィシー政府の軽巡洋艦グロワール、駆逐艦アンナミト、植民地通報艦デュモン・デュルビユが救助活動、遭難者の捜索に加わった。ハルテンシュタインは、タオルを縫い合わせた急拵えの赤十字旗を甲板に掲げさせ、同時にSOS信号を発信、救助した英国海軍士官には現在の状況と「ラコニア号の乗員・乗客の救助に来援する如何なる船舶に対し、当艦が攻撃された場合を除き、攻撃の意思なし」旨を英語の平文で打電させ、連合国側の救助も要請している。9月17日、米軍爆撃機のB-24が飛来。英国海軍士官により信号を送るも反応無く、一旦、航過したが再来し、2発の爆弾を投下。幸い直撃は免れたものの、至近弾の破片によりU-157の搭乗員2名が負傷している。ハルテンシュタインが、救命艇を繋いでいる曳き縄を解くよう命じているところに再々来し、爆弾1発が投下…此度は、艦橋間近に被弾するもU-156自体の損傷は軽微で済んだものの、救命艇の何艘かは顛覆した。これにより、U-156の搭乗員以外に救命胴衣を着けさせ退鑑を命じ、潜行態勢に入り海域を離脱。その後、洋上に取り残された遭難者たちもヴィシー政府の派遣した艦船によって、その多くが救助。独伊4艦の潜水艦による救出者も合わせると1,083名(1,104名とも)が救助されているが…この一連の事件では推定1,649名が命を落としている。この事件を機に、デーニッツは、いわゆる「ラコニア指令(Laconia-Befehl)」といわれる概ね以下のような文言を発している。1.撃沈した船舶からの救命艇(転覆救命艇の介助行動)、浮き輪、その他による漂流者への一切の救助努力、食料や水の供給は控えなくてはならない。そもそも救助活動自体が、敵船と乗組員を破壊せんとする本来の戦争行動と矛盾するものである。2.敵の艦長もしくは技師長の救助に関しては状況に応じて有効である。3.遭難者救助はその陳述が艦にとって重要な場合に限る。4.敵が、我が国の婦女子も暮らす都市の如何に拘らず爆撃行動を執っていることを忘れてはならない。『The Sinking of the Laconia (Uボート156 海狼たちの決断)』(2011年)このラコニア号の顛末を描いたのが、2011年にBBC Twoで放映された英独合作のTV映画『The Sinking of the Laconia(邦題:Uボート156 海狼たちの決断)』である。ドラマとしての展開上、当然フィクションも盛り込まれてはいるのだが、概ね史実に基づいてのストーリーのためブレもない。このドラマのキーワード「Vergiß nicht, daß du ein Deutscher(常にドイツ人であれ)」の如く…英国向けにも拘らず、連合国側以上にハルテンシュタインおよびU-156の乗組員たちが好意的かつ紳士的に描かれている。“潜水艦モノにハズレ無し”とよく言われるが…勿論、潜水艦モノ特有の手に汗握るシーンも見所ではあるのだが…この映画では、通常は乗り込むことのない部外者…男性は勿論、婦女子たち…その彼ら彼女らとU-156の乗組員との交流、彼ら彼女ら同士の交流という…こうした映画には希なハートフルなストーリー展開も相まって、長尺(171分)さを感じさせることなく最後まで楽しめる映画となっているではないだろうか。劇中の使用言語も、ドイツ側は独語、英米側は英語と、使い分けがされているところが嬉しい。因みに、この作品でもトーマス・クレッチマンが、自身最高位となるデーニッツ提督(海軍大将)役で出演している。デーニッツの描き方も好意的であるのだが…クレッチマンが演じていることで少々格好良過ぎの観も…さて、①で後述するとお約束をした、第7潜隊のマークである“荒ぶる雄牛”…このマークを使用したUボートは、以下の22艦が確認されている。U-46、U-47、U-75、U-98、U-103、U-135、U-213、U-227、U-266、U-358、U-359、U-382、U-390、U-442、U-567、U-578、U-590、U-593、U-607、U-618、U-714、U-976第7潜隊のマークである“荒ぶる雄牛”には基画となる“雄牛”があり…その“雄牛”を個人マークとして使用していたのがギュンター・プリーン海軍少佐である。ただ、第7潜隊のエンブレムでは脇腹に3本の筋が加筆されている。プリーンは、1923年、15歳の夏にヴァイマル共和国海軍の商船員として全装帆船ハンブルクの給仕係として、その船乗り人生を始めている。1932年1月には船長試験に合格したものの、折からの世界恐慌で船舶輸送業界も勿論のこと大打撃を受け、仕事に就くことが出来なかった。そんな先行きの見えないなか、3月にN.S.D.A.P.(国家社会主義ドイツ労働者党=ナチス党)に入党、8月には国家労働奉仕団(RAD)に入団している。1933年1月16日付で士官候補生として海軍に入隊、軽巡洋艦ケルンに乗艦し哨戒任務に就いている。1935年4月1日付で海軍少尉に昇進。同年10月にUボート潜隊に移動となり、ヴェルナー・ハルトマン海軍大尉(当時)の就役するU-26の当直士官として、スペイン内戦に揺れるスペイン海域の哨戒任務などで経験を積む。1937年1月1日付で海軍中尉に昇進。指揮官(艦長)養成課程を修了し、1938年12月17日付でU-47(VII B型)を就役している。1939年2月1日付で海軍大尉に昇進。1939年10月14日、潜水艦隊司令官(FdU)カール・デーニッツ海軍少将(当時)の作戦命令により、プリーンが指揮するU-47は英軍港”スカパ・フロー” の港内深く潜入し、碇泊中の英戦艦ロイヤル・オークを撃沈した。この功績により、1939年10月18日付で、Uボートの艦長として初めて騎士鉄十字章を受章。”スカパ・フロー” は、英国艦隊の拠点であり、またドイツにとっては第一次大戦敗戦後の因縁の場所でもあった。そこに敵戦艦を沈めことでドイツ国民は歓喜した。この作戦成功を喜んだヒトラーは全乗組員をベルリンに招き、一人一人に勲章を授与するほどであった。それに因んで、プリーンは「スカパ・フローの雄牛(Stier von Scapa Flow)」の異名を得る。そのプリーンが愛艦のU-47艦橋側面に個人マークとして描いたのが、この“スカパ・フローの雄牛”で…これが第7潜隊のなかで広まっていったという経緯がある。プリーンは、10回の出撃(計238日)で、31隻撃沈(計191,919t)、8隻大破(計62,751t)の合計254,670tのスコアをあげて…1940年10月20日付で全軍5番目(海軍からは初)となる柏葉章も受章している。1939年10月18日、ベルリンの総統官邸でアドルフ・ヒトラーがギュンター・プリーンとU-47の乗組員たちと接見した際の写真。プリーンがヒトラーの脇に立ち、各乗組員たちの紹介などをしている。(左端はエーリヒ・レーダー大提督)因みに、カール・デーニッツは1936年1月1日付で潜水艦隊司令官(Führer der Unterseeboote:FdU)に任官しているが、この作戦指揮の功により1939年9月19日付で潜水艦隊司令長官(Befehlshaber der Unterseeboote:BdU) に格上げされている。つまり、これはデーニッツ個人のみならず…全軍における潜水艦隊(群)という組織のその後の重要度・優先度が上がったことを意味している。1941年2月20日、出航前のU-47の…プリーン版“荒ぶる雄牛”の描かれた艦橋に立つプリーンを撮らえた写真であるが、これが在りし日のプリーン最後の一枚となってしまった。この半月後の3月6日に、U-47は北大西洋上にOB293船団を発見し、船団を追跡。U-47からの報告を受けた近海を航行中の3艦(U-99、U-70、U-A)が加わり、夜半~翌7日にかけて攻撃を開始した。その最中、公式の記録はないが(英軍側による撃沈の報告もない)…45名の乗組員を乗せたU-47は消息を絶った。※英戦艦ウォルヴァリンに撃沈されたと記載された資料もあるが、英国側の報告によるとU-A(WWI型)を撃沈したものと認識しているようである。プリーンの死は、その後しばらく伏せられていたが、長期不在がいらぬ憶測を招き、5月24日刊の国防軍軍報(Wehrmachtbericht)よって公表されるに至った。 (享年33歳)『U47 – Kapitänleutnant Prien(U47出撃せよ)』(1958年)この“スカパ・フロー”の英雄…プリーンを伝記的に描いたのが1958年製作の映画『U47 – Kapitänleutnant Prien(邦題:U47出撃せよ)』である。‘50年代に製作されたこの手の映画にありがちな、ヒロイックで清廉潔白な人物像を強調した描き方ではあるものの…1951年製作の『砂漠の鬼将軍』でのロンメルの描き方もそうであったように…“反ヒトラー”思想の知人に共感しつつも、“軍人”という立場として苦悩するという体…戦後間もないこの年代の映画は、戦中を知る俳優陣の所作などからも、その名残を垣間見ることもでき、また実物品なども使用可能な時代でもあり、CGやVFXなどといった技工で精巧に描く現代の戦争映画にはない雰囲気を感じることができる。劇中に登場するUボートも、撮影用のセットやミニチュアなどではなく、映画撮影に際し、戦中にスペイン海軍に譲渡された実存艦(U-573:VII C型)を借り受けたのだとか!

    映画になった海狼たち ②
  10. 【Amazon.co.jp限定】スーパーノヴァ(非売品プレス付) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)5,280円スーパーノヴァ [Blu-ray]Amazon(アマゾン)5,280円コンティニュー [Blu-ray]Amazon(アマゾン)5,280円RUN/ラン [Blu-ray]Amazon(アマゾン)5,280円【Amazon.co.jp限定】ルキノ・ヴィスコンティの世界(L判ビジュアルシート2枚セット付) [DVD]Amazon(アマゾン)4,180円ルキノ・ヴィスコンティの世界(特典なし) [DVD]Amazon(アマゾン)4,180円【Amazon.co.jp限定】異邦人 デジタル復元版 Blu-ray(L判ビジュアルシート3枚セット付)Amazon(アマゾン)6,380円異邦人 デジタル復元版 Blu-ray(特典なし)Amazon(アマゾン)6,380円ビッグ・ガン HDリマスター版 ブルーレイ [Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,400円薔薇の貴婦人 【無修正】 HDリマスター版 ブルーレイ [Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,950円5月の花嫁学校 [DVD]Amazon(アマゾン)4,180円ゴヤ・マーダー [DVD]Amazon(アマゾン)4,180円ホルト・アンド・キャッチ・ファイア~制御不能な夢と野心~2 DVD-BOXAmazon(アマゾン)12,980円ホルト・アンド・キャッチ・ファイア~制御不能な夢と野心~3 DVD-BOXAmazon(アマゾン)12,980円フィアー・ザ・ウォーキング・デッド5 DVD-BOXAmazon(アマゾン)16,280円フィアー・ザ・ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン3Amazon(アマゾン)5,500円フィアー・ザ・ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン4Amazon(アマゾン)5,500円POWERS/パワーズ [DVD]Amazon(アマゾン)12,980円

    予約開始!! 『スーパーノヴァ』『コンティニュー』『RUN ラン』『異邦人』『ビッグ・ガン』他
  11. 「御法度」  御法度 予告編1999年12月18日公開。大島渚の遺作。新選組に存在したという衆道のトラブルを描く異色作!第53回カンヌ国際映画祭に出品。興行収入: 10億1000万円。脚本: 大島渚監督: 大島渚 音楽・坂本龍一キャスト:土方歳三:ビートたけし…新撰組副隊長。勘が鋭い男で、筋を通す。しかし荒波は立てたくないため、個人的な意見は沖田以外には言わない。近藤からは仕事以外では「トシ」と呼ばれている。男衆騒ぎに嫌悪している。また、最近の近藤の行動をあまりよく思っていない。隊での仕事は近藤より下である。剣術は加納を片手で倒せるほど強い。加納惣三郎:松田龍平…新造隊士。美男で沖田が手こずるほど剣術に長けている。金持ちの息子。隊に入る理由は「人を斬ってみたいから」と幼稚なところがある。介錯を頼まれた際に初めてにも関わらず綺麗に仕上げていたため、人を斬ったのは初めてではないと土方が気付いた。同期に合格した田代に夜中に襲われそうになるが、田代の首に小刀を当てて拒否した。しかし、田代とは親密な仲になっている噂が流れ出した。美貌からあらゆる隊士に言い寄られるようになる。入隊しても1人だけ前髪があり、土方に注意されると「もう少し待ってください。」と拒否した。沖田総司:武田真治…新選組一番隊組長及び撃剣師範。池田屋事件から体調が優れない。穏やかな性格で喧嘩の仲裁をしたり、上の物と隊士の仲介役をしたり、周囲と談笑したりと人脈が広く人望もある。子供好きでよく遊んでいる。男衆騒ぎには嫌悪感を抱いている。悪い冗談を土方に投げかけるなど肝が座っている。土方と同じく勘が鋭い。田代彪蔵:浅野忠信…加納と共に入隊した男。男衆の気があり、加納に手を出し、男衆を教えた。剣術は加納よりは劣るが、加納と対戦した際に何故か勝っている。その取り組みを見て土方は「加納と田代が出来ている」と確信した。近藤勇:崔洋一…新撰組局長。穏やかに話すが目の力は堅気ではない。何故か加納を気に入っている。最近は周囲に流されるままであり、土方に何がしたいのかわからないと注意される。井上源三郎:坂上二郎…六番隊組長。見た目は老人だが、比較的若い。飄々とした男。近藤や土方と同じ流派であるが、腕前はかなり低く、加納よりも低い。自ら衣類を手洗いするなど、田舎っぽさが抜けない。しかし、隊士という自覚は人一倍で、犯した罪を命で払おうとしていた。土方とは隣村同士だった。山崎烝:トミーズ雅…諸士調役兼監察。土方に加納を祇園に連れて行くよう指示された。女好きでよく祇園に遊びに行くのか、馴染みの店がある。気が弱く真面目な性格だが、隊士なだけあり、腕前は良い。体が大きく男らしい顔立ちをしている。菅野平兵衛:的場浩司…肥後訛りの男の1人。新撰組をバカにした発言をし、逃亡した。宿に仲間と隠れていた。沖田たち隊士に殺害された。伊東甲子太郎:伊武雅刀…新選組参謀及び文学師範。近藤と共に広島へ行った。熱い男で国について誰よりも考えている。土方のやり方に疑問があるらしく、敵対視している。湯沢藤次郎:田口トモロヲ…隊士。加納に気があり、田代と付き合っているのを知りながら加納と寝る。加納にかなり惚れ込んでおり、最初は一晩だけモノに出来れば死んでも良いと語ったが、次第に独占欲に支配され、加納に田代と別れて自分と付き合うように要求したり、加納の首を絞めたりと歪んだ愛情を持ってしまう。錦木太夫:神田うの…輪違屋の一番売れっ子太夫。よほど大金を積まない限り初見で枕を交わすことは出来ない。禿を2人もつけていることや、ゆったりした歩き方から相当高い遊郭の売れっ子。輪違屋:桂ざこば…山崎と加納が立ち寄る茶屋の亭主。山崎とは馴染み。おまつ:吉行和子…輪違屋の女将。山崎と顔見知り。亭主とは違い、とてもお喋りでお節介。祇園の粋を重んじている。密偵の小者:寺島進…肥後訛りの男を探すために頼まれていた。2人の後をつけていたのがバレて、見せしめに斬り殺され、人が沢山通る橋の下に捨てられた。不逞浪人:梅垣義明…肥後訛りの男。武藤誠十郎:田中要次…金を使い込み、お白州の上で首斬りの刑になった。介錯は加納。「楓亭」の女:青山知可子…肥後訛りの男たちが隠れていた宿の女。老婆と共に働いてグルになっている。ナレーター:佐藤慶あらすじ:1865年(慶応元年)夏、京都。「局中法度」「軍中法度」という厳しい戒律によって鉄の結束を誇る新撰組に、剣の立つふたりの若者が入隊した。ひとりは下級武士・田代彪蔵。もうひとりは息を飲むような美貌の少年・加納惣三郎である。入隊早々、惣三郎は総長の近藤勇から御法度を破った隊士の処刑を仰せつかり、みごとその大役を勤めてみせる。だが、副長の土方歳三は近藤の寵愛を受け未だ前髪を切ろうとしないこの若者に、何か釈然としないものを感じていた。そんな中、妙な噂が組中に広まった。惣三郎と田代が衆道の契りを結んだというものだった。しかも、惣三郎は隊士のひとり、湯沢藤次郎とも関係を持ってしまう。ある日、その藤次郎が何者かに殺される事件が起きる。早速監察の山崎が調査にあたるが、犯人は分からずじまい。このままでは隊の規律が乱れると危惧した近藤と土方は、惣三郎に女の味を教えるよう山崎に命じる。だが惣三郎は女と契ることを拒み続け、彼をしつこく遊廓に誘っていた山崎が夜道で何者かに襲われてしまう。現場に残された小柄から、近藤は嫉妬に駆られた田代が犯行に及んだと断定し、惣三郎に田代を始末するよう命じるのであった。しかし、藤次郎殺しや山崎闇討ちはすべて、惣三郎が仕組んだことだった。夜の鴨川・四条中州、介添人の土方と沖田総司が物陰から見守る中、何も知らない田代は惣三郎に斬られる。介添えを終えての帰り、沖田は中州に忘れ物をしたと言って引き返す。その彼の後ろ姿を見て、土方は沖田もまた惣三郎に魅入られていたことを悟る。コメント:映画『戦場のメリークリスマス』 以来となる監督・大島渚、主演・ビートたけし、音楽・坂本龍一のトリオ復活。松田優作の息子・松田龍平の初出演。司馬遼太郎の短編小説集『新選組血風録』収録の「前髪の惣三郎」と「三条磧乱刃」が原作。幕末の京都を舞台に、新選組を男色の視点で描いた時代劇である。厳しい戒律によって結束を固めてきた新撰組に、妖しい美貌の少年が入隊したことから起こる衆道(男色)の騒動を描いた時代絵巻。新選組に存在したといわれる男色の世界を描いている。衆道(ゲイ)という禁忌に触れたがために生じる男たちの嫉妬と疑念。そして、そこから派生する組織内の確執と軋轢。新撰組隊士たちの思惑と愛憎が隠微に絡み合う内部闘争を通して、小さな綻びから徐々にと瓦解しゆく組織の脆弱さや、内なる異分子を排除しようとする権力の閉鎖性を、時にコミカルに、時にシュールに、時に妖しく紡ぎ出した大島渚。その独自のセンスに惹かれ、懐深い語り口に魅せられる異色の時代劇。新入隊士の美男剣士・加納惣三郎(松田龍平)が、同期入隊の田代彪蔵(浅野忠信)に衆道(男色)の世界へ引き込まれ、最初はこれを拒んでいた加納もやがて衆道にのめり込んで、淫乱な妖婦の如くになった。その後、新選組の統制を乱したとして土方歳三(ビートたけし)と沖田総司(武田真治)によって粛清されるまでを描く。神田うのが初の映画出演をはたした作品。神田はセリフこそないものの、モデル出身を生かし、見事な花魁歩きと高級花魁らしい余裕の表情でインパクトを残した。架空のストーリーであるが、近藤勇の元治元年(1864年)5月20日の書簡に、隊内で男色が流行したと記されているという。また衆道の話ではないが、島原通いで粛清された加納惣三郎という隊士の逸話が残っており、司馬遼太郎はこれらの話に着想を得ている。考証面では、新選組物では定番になっている浅葱色のダンダラ模様の隊服を用いず、ワダ・エミがデザイン。この黒の隊服の設定は映画版 『壬生義士伝』(2003年)でも用いられた。実際の新撰組は、浅葱色の隊服ではなく、黒の隊服を使用していたようだが。太夫の衣装も元来太夫でさらに花魁となると細かいデザインで明るい着物を着用するが、夜であるため、灯りが少ないことと、細かいデザインほど高価な着物となるため)黒を基調としており、統一感のある美を演出している。奇抜なホモセクシュアル映画と看做されることもあるが、この作品は司馬の原作を生かしながら、映画としての独創も盛り込み手堅い時代劇になっている。この作品がデビュー作となった松田龍平は、高く評価されてこの年の新人賞を総なめし、以後、映画とテレビドラマで活躍している。大島渚は1995年にこの映画の制作を計画したが、脳溢血で倒れたため延期となり、大島の健康の回復を待って1999年にようやく完成させた。第42回ブルーリボン賞、第42回毎日芸術賞を受賞した。第53回カンヌ国際映画祭に出品したが、時代背景などがヨーロッパ人にはわかりにくく、受賞は逃している。この後、大島の健康状態が再び悪化し、新作のメガホンを執ることなく2013年1月15日に亡くなったため、本作が彼の遺作となった。この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も動画配信も可能:御法度 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『御法度』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。巨匠・大島渚監督が、幕末に生きた新撰組の世界を独自の解釈で綴った異色時代劇。幕末の京都を舞台に、ひとりの妖艶な美少年隊士をめぐって引き起こる愛憎劇を...tsutaya.tsite.jp

    ビートたけしの映画 「御法度」  鬼才・大島渚監督による新選組での衆道を描いた異色作! 
  12. 奇しくもこの夏クールは、火曜の21時と22時枠にヒロインを二人の男が取り合うという恋愛ドラマが並んだわけですが、どうも「彼女はキレイだった」よりこちらが恋愛ドラマとして見劣りするなと私めが思ってしまうのは…「彼女はキレイだった」では、宗介(中島健人)よりむしろ良いのでは?と思わせるほど樋口(赤楚衛二)の存在感が魅力的なのに比べて、こちらは壱成(眞栄田郷敦)がどんどん魅力を増すのに、対抗する成吾(岩田剛典)はイマイチ魅力を感じさせないまま来てしまっていること。それと成吾の存在感をかすませるほど強烈な存在感で、菊乃(松井玲奈)が早梅(二階堂ふみ)と壱成に立ちはだかっていることの2点があるようです。TBS 火曜22時「プロミス・シンデレラ」第9話主演…二階堂ふみ脚本…古家和尚演出…都築淳一それにしても前回のラストでキスしたのにも驚きましたが、今回も壱成の男としての成長のありようが、たっぷりと描かれましたね。壱成というキャラの成長にリンクするように、回を重ねて演じる眞栄田郷敦も演技に磨きがかかり、魅力をどんどん増してきています。尊敬する父、千葉真一の死という悲しみを踏まえて、役者としての自覚が更に強まったのも大きいのではと推測します。いずれにせよ、この役は眞栄田郷敦のターニングポイントになる役になるのではないかと思います。各方面からオファーがすごいことになっているのではないでしょうか?しかし、今回も菊乃のやり口にムカムカしっぱなしの回でしたね。出禁になったからって旅館の客にはたらきかけて宴会をキャンセルさせたり、平気な顔して早梅の前に現れたり…。成吾と早梅が10年前に一緒になれなかったから、二人を結びつけたいって言ってる割に、壱成には早梅を幸せにしたくないって言ったり、支離滅裂で、何がしたいのか?何に恨みがあってこんなことをしているのか?いまだに分かりません。事故にあって整形しなければいけなかったのを恨みに思ってるんですかね? とにかく警察に突き出せば良かったのに、野放しになっているのが、だからこんなことになるんでしょう!ってイライラ、モヤモヤする回でした。今回の評価は…

  13. 「グッバイママ」1991年4月20日公開.秋元康の映画監督デビュー作品。配給収入:4.7億円。脚本:寺田敏雄、秋元康監督:秋元康主題歌:竹内まりや「駅」挿入歌:竹内まりや「OH NO,OH YES!」、「元気を出して」出演者:松坂慶子、山崎裕太、緒形拳、渡辺えり、室井滋、柄本明あらすじ:30代半ばのキャリアウーマンかな子(松坂慶子)は、証券会社の仕事も、愛人の開業医・楠田(緒形拳)との恋も全て順調。ところがそんな快適なライフスタイルを楽しんでいたかな子のもとに突然、昔の恋人・大杉の遺児で、小学生の健(山崎裕太)が転がり込んで来た。代金を返済したはずのかな子のマンションの契約書名義が、不動産会社社長だった大杉の妻の名前のままになっていたのだった。膨大な借金を抱えていた大杉の遺産はマンションだけで、健の引き取り手は誰もいなかった。掃除も料理も得意で、その上生意気な健にイライラするかな子。ある日、同じく独身のキャリアウーマンである親友の美恵子(渡辺えり)があれほど燃えていた仕事を辞め、平凡な男と結婚するとかな子に告げる。それによって心揺れるかな子は、健がバースディパーティに招待した友達をマンションから追い出してしまう。かな子は後悔したが、怒って飛び出していった健はその夜、戻って来なかった。そして両親の墓の前にいた健を見つけて素直に謝るかな子。翌日、風邪で倒れてしまったかな子に困惑した健は以前かな子から聞いていた楠田の事を思い出し、往診を頼む。かな子はそんな健の優しさに涙ぐんでしまう。こうしてやっと健と心が通じ合ったかな子に、かねてから希望していたニューヨーク転勤の辞令が下る。健とも楠田とも離れたくないと思い始めていたかな子はつい「一緒に行って」と楠田に本心をさらけだす。だが、かな子も妻子も両方大切な楠田は何も言えなかった。かな子は転勤のことを隠し、健と楽しい時を過ごす。大杉の弁護士に「健は遠縁の人が面倒をみる」と知らされ安心したかな子は、健がいない間に空港へ向かった。帰宅した健は弁護士からかな子がニューヨークに行くと聞き、楠田と共に空港へと急ぐ。間一髪でかな子を見つけた健の手には、かな子の名義になったマンションの権利書があった。そして抱き合う二人と、それを見つめる楠田。涙ぐんだまま健と別れたかな子は搭乗ゲートの中に消え、ニューヨークへと飛び立っていくのだった。コメント:AKBの生みの親として有名な秋元康の監督・脚本作品。おニャン子を解散して3年後に製作した作品である。秋元は、音楽プロデューサーとしてのみならず、映画監督としても多くの作品を残しているのだ。本作は、都会に住むキャリア・ウーマンが周囲の変化に揺れ動きながらも自立していく姿をユーモラスに描くラブコメディ。そのテーマは、この一言に尽きる。「女はね!男みたいに女々しくないの!」颯爽とした松坂慶子の姿とセリフが楽しめる楽しい映画。竹内まりやの「駅」を主題歌にしており、それが絶妙にマッチした佳作。昔の恋人の遺児・健を当時10才だった山崎裕太が演じていて、可愛い。この俳優はその後も多くのドラマや映画に出演している。あらゆる女性を演じた松坂慶子にとっては、最も明るく清々しい作品である。秋元康が彼女をヒロインに選んだ理由は何だったのか。この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も可能:グッバイ・ママ | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『グッバイ・ママ』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。ヒットメイカーの秋元康が初めて脚本と監督を務めた劇場作品。奥山和由が製作、寺田敏雄が共同脚本、鈴木達夫が撮影を担当した。突然かつての恋人の子...tsutaya.tsite.jp

    松坂慶子の映画 「グッバイママ」 秋元康の監督デビュー作品! 松坂慶子主演のラブコメディ!
  14. 山田洋次監督といえば、長年に渡り『男はつらいよ』シリーズをはじめ、多くの名作を世に送り出している名監督という評価がある。特に、『たそがれ清兵衛』という時代劇映画は、最高の評価を得ている。『たそがれ清兵衛』は、2002年に公開された、藤沢周平原作の映画だ。山田にとって、『運がよけりゃ』に続く2度目の時代劇であり、藤沢作品を初映画化したものである。他の時代劇では無視され続けてきた“位の低い”武士の苦悩を描いた物語である。構想に10年を掛け時代考証に徹底して拘った。登場人物が綺麗な新品の服ではなく、着古した古着を着ていたり、毎日月代を剃るはずが無いから、剃った部分に髪が生えてくる等の実に細かい部分をリアルに丹念に描き、第26回日本アカデミー賞で全部門にて優秀賞を受賞し、助演女優賞を除く全ての部門で最優秀賞を獲得。第76回アカデミー賞でも、外国語映画部門にノミネートされた。以上のような紹介記事が今でも常識化しているのが、『たそがれ清兵衛』という映画なのだ。ところが、この映画を観た人たちの中で、藤沢周平ファンの人たちの多くが、全く別の評価をしているのだ。その抜粋を見てみると:「原作とこの映画は違うんですけど、それぞれ違ったよさがあるでしょうし原作も映画も良かったという方はたくさんいらっしゃるでしょうね。羨ましいです。自分もこの映画を原作(というより藤沢周平作品)と同じように好きになりたかった。藤沢周平にはまっていたときでした。藤沢周平作品の初の映画化しかも山田洋次と聞いて興奮しないわけがないってことで公開初日に観にいきました。まったくだめでした。さっぱりだった。原作との違いが気に障って気に障って腹がたって腹がたって、キチガイになるのかと。」「『たそがれ清兵衛』原作は短編ですし、脚色・エピソードの追加がないわけないし、山田洋次のすることなら間違いないだろうし(『学校』で泣かされた良い思い出もあったし)と思っていましたが単なる思い込みでした。で、藤沢周平の他短編を組み合わせた(エンドクレジットに3つの作品名が載っていたように記憶しています)映画がこの映画『たそがれ清兵衛』ですけども。個人的にこの点に気付いて途中から悲しくなった。」「(『竹光始末』はそれだけでいいんだよ。藤沢周平は短編が良いんだよ!もちろん長編もいいしシリーズ物も良い。青江又八郎シリーズは最高だ~。短編ならではの余韻というかそれぞれの話それぞれがそれぞれとして最高に良いんだよ単品で成立してるんだからさ!下品な言い方だけどパクってんじゃねーよ。だったら一作ずつ映画化してくれー)なんてことばっかり考えてしまって全く集中できなかった。当時の宣伝文句に騙されましたよ。」気になったので、原作を全部読んでみた。この映画は、以下の3つの藤沢周平の短編小説が原作とされている。1.たそがれ清兵衛2.祝い人助八(ほいとすけはち)3.竹光始末では、どうやって映画のストーリーを創り上げたのだろう。どうも、この3つのどれもが映画の筋立てとは異なるのだ。映画の「たそがれ清兵衛のあらすじは以下の通り:幕末、庄内・海坂藩の下級藩士・井口清兵衛は、妻に先立たれた後、幼いふたりの娘と年老いた母の世話、そして借金返済の内職の為に、御蔵役の勤めを終えるとすぐに帰宅することから、仲間から“たそがれ清兵衛”とあだ名されていた。ある日、かつて想いを寄せていた幼なじみで、酒乱の夫・甲田に離縁された朋江の危難を救ったことから、剣の腕が立つことを知られた彼は、藩命により上意討ちの手に選ばれてしまう。秘めていた想いを朋江に打ち明け、一刀流の剣客・余吾の屋敷を訪れた清兵衛は、壮絶な戦いの末に余吾を倒す。その後、朋江と再婚した清兵衛。だが仕合わせも束の間、彼は戊辰戦争で命を落とすのだった。この中で、「妻に先立たれる」、「離縁された女性の危機を救ったことから剣の腕が立つことを知られて、上司からある不届き者の家臣を謀殺せよと指示されて見事に命令通り討ち果たす」、「離縁された女性と再婚(?)」という部分がほぼ共通するが、それは、小説「たそがれ清兵衛」には存在しない。それは、「祝い人助八」に書かれていることだ。映画「たそがれ清兵衛」と小説「たそがれ清兵衛」の共通点は、「内職に忙しく、いつも早く城を下がって家に帰り、家事に精を出す」、「昼間は城の中で居眠りをしている」、「剣の立つことを知られて、政敵を謀殺するために利用される」といいう点だけだ。そして、小説「たそがれ清兵衛」では、「妻は病弱だが、まだ生きていて、家事も出来ない状態」なのだ。「竹光始末」は失業した武士が妻と子を伴って遠くの藩まで求職活動をするが、うまく行かない。だが、最後に「ある武士が上司のいう事を聞かないので殺せ。そうすれば代わりに雇ってやる」という無茶な誘いがある藩からあり、その話に乗って相手を殺すことに成功するという話だ。相手はすでに侍を捨てて農民になろうとしていたので、刀は竹光だったというオチがある。どの作品にも、しっかりしたストーリーがあり、下級武士の悲哀と、剣の腕という特技が際立つ内容だ。やはり藤沢周平の世界は素晴らしい。おそらく、山田洋次という監督は71才になるまで、本格的な時代劇に挑戦したことがなかったため、いろいろな歴史小説や時代小説を読み漁って、使えるネタを藤沢周平の作品からピックアップして、新しい筋立てを考え、『たそがれ清兵衛」というタイトルで制作することにしたのであろう。しかし、これだけ原作と内容が異なれば、藤沢周平の著作である小説名を映画のタイトルにすることには相当無理がある。これは「藤沢周平」と「たそがれ清兵衛」という二つの名前の盗作だと言わざるを得ない。天下の山田洋次がこんな浅ましい手を使うとは、残念至極である。よく藤沢周平の子孫から訴えられなかったものだ。日本の映画の劣化が叫ばれる今日、山田洋次も同罪だ!

    山田洋次監督の映画 「たそがれ清兵衛」に異議有り! 原作とは全くの別物だ!
  15. さて、2021年・夏クールの地上波連続ドラマも、続々と最終回を迎え始めました。ここでは、初回感想ブログで取り上げて、最後まで見続けた、ごく限られた作品のみにはなりますが、全体を通した感想を書いて行きたいと思います。今回は、9/12〜9/18(実質9/15)までに最終回を迎えた、計4本の感想です。地域によっては放送日の異なる作品もあると思いますが、関西での基準になりますこと、ご了承下さい。では、さっそく参りましょう。まずは、9/12(日)。「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」(主演 : 鈴木亮平)このドラマは、最後まで面白かったですね喜多見チーフ(鈴木亮平)の鮮やかな手技も見応えがあったし、メンバー1人1人にきちんとスポットが当たっていて、成長や変化が丁寧に描かれたところも良かった。水戸黄門の印籠のような「死者は…ゼロです!」宣言も、視聴者がちょっと飽きて来ちゃったからか、いつもの危機管理対策室の職員ではなく、赤塚知事(石田ゆり子)に言わせる回があったり、最終回前に訪れた「死者1名」に、改めて命の重みを感じたり…。この手の医療ドラマの定番として、終盤の展開はやっぱりチームの解散危機だったけれど、そこにテロリストの椿(城田優)と喜多見のエピソードを絡めることで、物語がよりシリアスになっていました。途中参戦の城田優さん、すごく良かったですね!最後、うつ伏せに拘束されながら、喜多見をチロッと見上げる目の動き、ゾクゾクしました〜負傷した椿を、例え妹の仇だとしても、喜多見が信念の元に治療するという展開は、結構皆さん予想されていたみたいですが、それでもとても良いシーンになっていたと思います。出来れば、二度も喜多見に命を救われた椿のその後を、最後に少しでも見せてもらいたかったな。医系技官の音羽(賀来賢人)や、白金厚生労働大臣(渡辺真起子)など、官僚側の駆け引きも見応えがあり、本当に面白いドラマでした!お次は、9/13(月)。「ナイト・ドクター」(主演 : 波瑠)このドラマは、毎回、その回のテーマがハッキリとしていて、テーマにちなんだエピソードの絡め方も、非常に上手かったと思います!その反面、キャラクターが少し弱かったかな?でも、総体的には、とても楽しめました「ナイト・ドクター」という制度、個人的にはすごく良いと思いますね。夜間に事故や病気で病院に行っても、「研修医だから」とか「専門外なんで」とか言われたら、「なら、いっそのこと閉めてろ!」と思っちゃいますもん。いつ行ってもちゃんと診てもらえるというのは、安心できますよね。それに、夜間専門の医師がいてくれるおかげで、日中の医師が残業せずに済むのも、本当にいい制度だと思います(私も残業キライ)。このドラマを観て、「いつもと同じ朝を迎えられるのは、何も当たり前のことなんかじゃないんだな〜」と考えさせられました。病院だけでなく、色んなところで、私たちの知らない間に働いていて下さる人がいて、私たちの生活が成り立っているんですよね。確かに、朝、電車が動きませんってなったら、仕事に行けなくて困りますもんね。みんなが支え合って生きているんだということを再確認させてくれた、とても良いドラマでした。あと、このドラマの収穫として、King & Princeの岸優太くんが素晴らしかったですね最初の頃の、自信がなくてふにゃふにゃ頼りない感じと、最終回での事故現場で外野を一喝する鋭い表情の落差が、凄かったですね。チームメンバー5人の中で、最も成長が見られたキャラでした。まだまだ、9/14(火)。「彼女はキレイだった」(主演 : 小芝風花)赤楚衛二くん目当てで見始めたドラマでしたが、メインの2人、愛(小芝風花)と宗介(中島健人)には、あんまり感情移入できませんでしたね〜当て馬キャラの樋口くん(赤楚衛二)と梨沙(佐久間由衣)が、愛と宗介に振り回されるばかりで、見ていて可哀想だったな。特に樋口くんは、愛がどうして好きにならないのか、なんで樋口くんじゃダメなのか、不思議でなりませんでしたね〜。赤楚くんが演じているという贔屓目を抜きにしてもですよ、あんなに優しくしてくれて、ストレートに「好き」って言ってくれてる人、一度も意識しないとかあり得ます?また最終回が、あんなに一大事だった「モスト」の廃刊を冒頭でサラッと回避してしまって、後はもう長〜いエピローグを見せられているよう雑誌の廃刊危機は物語のエッセンス(この場合はスパイスかな?)で、やっぱりこのドラマはベタベタのラブストーリーなんだな〜、と改めて思いました。あと、「最終回は一部生放送!」とか言ってたけど、アレはやる意味あったんですかね?出演者も愛と宗介の2人だけだし、ものすっごく短かったぞわざわざやる意味も意義も、あまり感じませんでした。赤楚衛二くんが、役柄含め、とにかくイイ男だった。これに尽きますね最後は、9/15(水)。「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(主演 : 永野芽郁)これはもう、文句なく面白かったですね!ゴリゴリのコメディなのかな〜、と思ってたら、意外とシリアスな部分もあり。でも、コメディ部分は徹底的に笑えるし。メリハリがありましたね全体を通しての縦のエピソードである、藤(戸田恵梨香)の同期・桜(徳永えり)を巡るドラマも、最終回ではちょっと泣けてしまいました主演の永野芽郁ちゃんを始め、刑事課の面々(三浦翔平さん、山田裕貴さんなど)や、ハコ長のムロツヨシさん等々、キャラクターも本当にみんな良かったし、ハマり役だったと思います!本当に面白かったなあ〜。それだけに、永野芽郁ちゃんが新型コロナに感染して撮影がストップしてしまい、放送できる分がない間を特別編(総集編プラスアルファ)で繋いだ2回、話数が減ってしまったのが残念でしたね!もっと観ていたい、と思わせてくれるドラマでした。そして本作、アニメ化もされるみたいですね原作漫画の絵柄が、アニメ向きの可愛くて綺麗な絵なので、このアニメ化も楽しみです!さて、今週はここまでです。次回は、9/19〜9/25に最終回を迎えるドラマ、3本の感想を書きます

    2021年・夏ドラマ最終回感想(9/12〜9/18放送)
  16. この映画は、1990年3月24日に公開されました。主人公のレイは、36歳。アイオワ州でトウモロコシ畑を持つ農家さん。ある日彼は、トウモロコシ畑で、「それを作れば、彼はやって来る」という声を聞きます。妻のアニーと娘のカリンにその声の話をするレイ。レイの父は、この農場を残して亡くなっていますが、かつてはメジャーリーグを目指した野球選手でした。戦後、一人息子を授かりその夢を託しますが、息子であるレイは反発し、家出をしたまま二度と生きて父に会うことはありませんでした。父のように夢を無くして、ただローンに追われて一生を終わるなんて耐えられない、と考えたレイは、聞こえた来た声に従い、思い切って畑を壊して野球場を作ります。近所には、頭がおかしくなった、と噂されても平気。そんなある夜、野球場に一人の野球選手が現れます。彼は、シューレス.ジョーと言って、1919年野球賭博の無実の罪で球界を去った名選手でした。「金なんか要らない!野球が出来ればそれでいい!」とジョーは言います。ジョーは既に亡くなった野球選手達を連れて来て、野球をするようになります。とっても嬉しいレイでしたが、トウモロコシ畑を失って家計はローンを払えず生活に詰まります。そんなある日、「彼の苦痛を癒せ!」とまたもや声が聞こえてきます。彼とは誰の事なのか?PTAに参加したレイとアニーは、そこで出てきた問題の風刺作家テレンス.マンの事だ!と思い込み、破産寸前という状態にもかかわらず、レイはボストンに飛びます。“これには、自然な大きな力が関わっているんだ。小さな事に拘るのは良くない。”ここでのお導きは直感だけではありませんでした。何と、マンさんとレイが野球観戦をしている夢をレイとアニーが同時に見ていました。しかも、ホットドッグを食べている所まで細かく。野球観戦をする二人に、さらにお導きがあります。「やり遂げるのだ。」と声が聞こえます。電光掲示板には、アーチー.ムーンライト.グラハムという名前が見えます。“これには何か理由がある。僕には確信がある!”レイの情熱に影響を受けたマンさんは、一緒にグラハムさんを尋ねますが、彼は1972年に亡くなっていました。ところがどっこい、レイは上手くタイムスリップし、1972年のある夜に行き、グラハムさんに会えるのです。若き日のグラハムさんは、野球選手でしたが、バッターボックスに立ってウインクしたかった、という果たせなかった夢を語ります。彼は、野球をあきらめ、医者になりました。その若き日のグラハムさんが、こちら!レイさんの作った野球場に来て、バッターボックスに立ち、ピッチャーにウインクします!😉かっ飛ばすグラハム選手!のんびりしているレイの所へ、アニーの兄が「破産してんだぞ!早く、野球場を売り飛ばせ!」と怒鳴り込んで来ます。「売らない!」と頑張るレイ。娘のカリンが、「パパ、売る事ないわ。みんなが方々から来るから。そして、お金を払ってくれるから。みんな、もう一度小さな子供に戻れるの。」と言います。ことの成り行きを見守るかつての名選手たち。マンさんも喋り出します。「みんな、金はあるが心の平和がないのだ。野球は時代を越えて残り、この国の歴史の一部となった。」ここでちょっとしたアクシデントが発生し、今まで義理の兄の目には見えなかった選手たちが見えるようになり、今まで野球場に反対していた兄も売らない事に賛成します!その上、奇跡が起こります!何と、野球選手の中に、若き日のレイのお父様がいるではありませんか!自分よりも若くて未来が輝いている父に、家族を紹介するレイ。「ねえ、お父さん、キャッチボールをしない?」と、ついに素直にお願するレイ。「いいとも!」と若き日のお父さん。「ここは、天国なのか?夢が叶った気分だ!天国は、夢が叶う場所だ。」と、お父さん。「そうだね。ここは、天国かもしれない。」とレイ。カリンとマンさんの予言通り、親子の背後には、沢山の車がこちらにやって来ました。何とも素晴らしい!こんな形で父と子の葛藤が解消するなんて。心の声は無視しちゃいけませんね。その上、無念で亡くなって行った選手達の夢が叶うという何ともロマンチックな物語。お金に負けて、レイが行動しなかったら、レイも選手達もやり遂げることは出来ませんでした。他人の目を気にせず、自分の人生を生きる大切さを教わりました。実はこの映画、『キネマの神様』ー原田マハ著 に出てくるゴウさんのおすすめ作品なんです。ゴウさんとローズバットを結び付けた作品でもある。感動の作品です。🌈

    映画「フィールド.オブ.ドリームス」
  17. 情報過多の時代何を信じて良いやら情報にふりまわされて疲れ切ってる人もいるんじゃないかしらそんな人にお勧めの作品🎥野球少女Netflixにて絶賛配信中レンタルも開始してます野球少女公式HP映画『野球少女』公式サイト「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演最新作。プロになる夢をあきらめない〈天才野球少女〉一人のコーチと出会い、彼女は突き進む────。わたしの未来は誰にもわからない。プロを目指す天才野球少女の終わりなき挑戦。今こそ出逢いたかった情熱エンターテイメント!3月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開longride.jp詳しい俳優さん達の話はカナ+さんにおまかせ『韓国映画「野球少女」』今日 「野球少女」を見ながら食べたアイス!めちゃ 美味~~~アップルパイがそのまま アイスになった感じこれは おススメですーーーーーーーーーーーーー「野…ameblo.jp作品のキャラクター達について今回ふかぼり❓していきます少しネタバレにふれるとこもありますけどこの視点で見てもらえればまた面白いんじゃないかと思うんですけどまずは主役のチュ・スイン(イ・ジュヨン)コーチ役のチェ・ジンテ(イ・ジュニョク)この方はプロ入りを諦めて自暴自棄になり離婚となった様子自分より条件の悪いスインが諦めず挑戦する姿を見て嫉妬心から辛く当たるんだけどやがて心動かされて協力者になっていきますそして氣になる他の人たち左から母、父、幼なじみの野球仲間、女友達野球でプロを目指すスインお金にうるさい母はスインに野球をあきらめて就職してほしいと思ってる父は宅建の資格に挑戦し続けている万年受験生リトルリーグからの幼なじみはプロ入りが決まっている友達はアイドル目指してるがオーディションには落ち続けている…この中で夢に向かっている人が3名いますスイン、父、友達同じように夢に向かっているんですけど中身は全くちがいますスインは野球が好き⚾️なのは当たり前としてプロ入りするのは不可能だろう状況から可能性を見出そうと常に努力しています父が資格試験に挑戦し続けているのは生活のため、家長としての見栄のため…母からもギャーギャー言われて苦しんでいる様子だからあんなことに手を染めてしまいます友達のハン・バングルも元々はギターが好きで作曲とかを楽しんで芸能界を夢見るようにそれがやがてアイドルデビューするためにダンスを熱心にするように希望のためのスイン資格試験に執着の父はじめの思いを忘れてるバングル母はたびたびスインに言います「諦めることは恥ずかしいことじゃない」この言葉、もちろんスインに言ってるんですけど本当は夫に1番言いたかったのでは母は問題を当事者には言わず(またはきづかないようにしていたり)いつも別にすり替えたり他になすりつけたりしてる人我慢してる不満を他者にぶつけることで「自分は悪くない」としてますスイン以外みんなズレまくっている…野球以外全く興味なくテスト配られたら問題も見ずに寝ようとするスインたしなめられると「なんで数学なのに英語ばっかりなんですか❓」と答えるスイン先生は「そんなことを堂々というお前はすごいわ」とあきれてそれを全く意に介さないスインこのやりとりでわかるのはスインの自己肯定感の高さです他と比べず自分は自分自己肯定感が高ければ人生における様々な出来事に対して積極的に取り組んでいくことができます作品観た人ならわかると思うこんなスインですが超人ではないので落ち込んだり喧嘩したりプロ入りやトライアウトに関しては自分が1番冷静に難しいことをわかってるんですよねえそしてもうひとつ感じたのは平等はないということですスインはいつも男じゃないから色んな壁にぶつかります女だから投手なのに球速が出ない…そのため周囲からバカにされるスインそんな彼女には何回も「女子野球」への誘いがありますスインはいいます投手は打たれなければ勝てるんですスインは「野球」からの考え方周りは条件を考えてから「野球」をみています男とか女の条件で語る前にどんな長所があって野球に活かすことができるかもとより平等なものなんてないあるのは個性であるコレまさに目から鱗うわぁ絶対自分にはない発想野球でよく「芯をとらえる」なんて聞いたことありますけどリトルリーグからやってるからですかねぇものごと"真芯"でつかんでますもはや実在の人物にしちゃってるよ…だから友達のバングルにも「ギター弾いてないと指のタコがなくなっちゃうよ…」と押し付けるでもなくサラッと言っちゃうギター楽しくてやってたんでしょ?ってねバングルはその言葉で最初を思い出してギター店のドアを開けます父は事件を起こしたことから「資格取得」という執着を手放しました肩の力が抜けた様子で運転代行のアプリの入れかたをスインに教わる父執着は「怖れ」から始まっているので手放すと安堵するのです苦しいのに手放せないもうダメだとわかっているのに諦められないのはこだわりではなく執着そして母も「自分は被害者である」と責任転嫁していたのを認めて「ごめん」と謝ったのが印象的でしたここに野球仲間のクァク・ドンヨンのほんのり恋心も加わるんですけどスインは全く野球以外興味ないように見えるので友情なのか恋心なのかあいまいなやりとりはありますというわけで最初にも書いた通り見事に自分軸なスイン憧れますわ〜当たり前に思っていたことがどこにフォーカスするかで(何を大切にするか決めることで)当たり前でなくなるそしてものごとの本質をつかむようにしようそんなことをつらつらと考えた作品でした相当真面目に書いたよ…誰がこんな長文読むのやら深く考えたい人もサラッと爽やかに観たい人にもお勧めの作品ですそれではまた👋

    ブレてない生きかた 「野球少女」
  18. さっそくですが今日紹介するのはコチラ【ザ・パージ:魔法少女狩り】魔女が特別な存在ではなくひとつの"人種"として存在するアメリカ魔法を危険視する政府は魔法捜査局により魔女たちを管理抵抗するものは逮捕場合によっては火あぶりの刑に処する魔女狩りが行われていたで、そんな設定をふまえてのこの作品メキシコとの国境近くの町隠し部屋や隠し通路がある古い屋敷でママと弟たちと暮らすクレア実は一家は魔女たちをかくまいメキシコに逃がす手伝いをしていて今回のお客様は二人の少女姉のフィオナと妹のシェイ母を火あぶりで処刑され逃げてきたと(追われる身の少女たち。。。)が、ここで問題発生!"逃がし屋"が魔法捜査局に逮捕されてフィオナたちは同居することに魔女を逃がす連中がいるとの噂に探りを入れてくる近所のババアクレアは疑われるのを恐れ学校で魔女を差別するグループに入りそんな中、家の中で異変が(シェイに迫る青い手!)(クレアを掴む青い女!)非業の死を遂げた魔女たちの怨霊か?または家に取り憑いた何か?ともかく一緒に過ごす中クレアとフィオナは仲良くなって油断して町のバーで飲酒酔って魔法の真似をするクレアが、あれ?もしかして使える?そのうえ"不思議な夢"を見るように。。。(国境の壁に咲いた青いバラ)(何かを示すような青い十字架。。。)で、目撃者の通報を受け魔法捜査局の刑事が聞き込みに来るその訪ねてきた刑事こそソフィアたちの母を処刑した刑事!魔法の痕跡がある場所では気圧が下がるらしく?懐から気圧計を取り出すと。。。急降下ま、そこはママがごまかし後日、事情聴取されたママは魔女の疑いが晴れ釈放されたけれども今度はクレアが疑われ。。。「魔女の何が悪いの!」なんて刑事に逆ギレして状況は悪化!と、その時!クレアのピンチにソフィアが囮となって彼女を追いかけた刑事だったが。。。(グハ!なんだコイツ!)(なんだ今の?死ぬところだぞ!)(ん?肩?なんだよ肩って?)彼が処刑した魔女たちの怨霊なのか?問答無用で襲われて刑事の死と同時に家が炎上!隠し部屋に閉じ込められたソフィアとシェイを助けるためにと自らの力を解放したクレア壁を魔法で破壊して二人を無事に救出クレアと弟たち、ソフィアとシェイはママの運転する車で国境へするとここでママはクレアに真実を話す亡くなったクレアのパパは魔女の家系だとかだからクレアは魔法を使えるとそして国境を越えたメキシコ側の町にはパパの親戚がたくさんいるらしく-ラストシーン-アメリカにいては死を待つだけ国境を越えるようママに促されたクレアソフィア、シェイと車に乗り青いバラと十字架の目印がある国境の壁へと突っ込んで(うわー!と、ここでTHE END)。。。あの夢はこれを暗示してたのか?で、エンドロールへ現代社会の差別問題を"魔女狩り"を通し描いてるこちらの作品マイノリティに対して後味の悪い表現もあるため観ていて楽しくないシーンも多く目立たないためにと差別する側を演じ話を合わせたりそれに苦悩している登場人物たちの心理も描かれ舞台が現代のために"科学的"に魔女なのかを判定するとかアイデアも盛り込まれなかなか魅力的。。。なのですが他の部分がイマイチ魔女を探す刑事の行動も唐突で科学的捜査と言いながら刑事の勘?だけでいきなり主人公を魔女だと決めつけたり家に潜む幽霊たちも理解できないというか意味不明?刑事に恨みがあるならそこだけ狙えばいいはずなのにクレアやシェイも襲うあ、でも二人は驚かされただけですがどこかちぐはぐなシーンもある残念な作品でしたとはいえ暇つぶしにはなると思うので気になった方はぜひ!

    コメントが盛り上がっています

    「ザ・パージ:魔法少女狩り」。。。
  19.  俺たちの世代で「三大ロックギタリスト」と言えばエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ぺイジの事を指した。何れも『ヤードバーズ』というバンドに在籍していた事から比較対象される事は必然だったと思うが、スーパーグループにありがちな確執に疲れて米国音楽に活路を見出していったクラプトン、類まれな発想力で『レッド・ツェッぺリン』をスーパーグループにのし上げたぺイジに比べ、ジェフ・ベックには確たる音楽志向が見えてこなかった感じがする。ギタリストに留まらない才能を発揮した他の二人と違いジェフ・ベックの場合はギタリストへの執着が凄いというか、俗に言う「ギター馬鹿」タイプの人ではないかと俺は思う。 実際ヤードバーズ脱退後ジェフ・ベックが組んだバンドは人間関係の問題で早々に解散する事になっていたし、大体ライブに集まる聴衆も「ジェフ・ベックのバンドが聴いたい」のではなく「ジェフ・ベックのギター」が目的で集まるのだろう。そういう意味からしてジェフ・ベックがギターインストアルバムを発表するのも必然だった…とは言える。 さっき聴いた『ブロウ・バイ・ブロウ』はそんなジェフ・ベックの記念すべき初のインストアルバム。ベックのギターを支えるべく集まったのは第二次ジェフ・ベック・グループのメンバーだったマックス・ミドルトン(キーボード)、元『ゴンザレス』というR&B色強い大世帯ロックバンドのメンバーだったフィリップ・チェン(ベース)とリチャード・ベイリー(ドラムス)。プロデューサーはあのジョージ・マーティン。ジェフ・ベックの為『迷信』という曲をプレゼントする程交友が深かったスティービー・ワンダーもシークレット・ゲストとしレコーディングに参加。 アナログA面1曲目『分かってくれるかい』はベックとミドルトンの共作。ミドルトンの弾くクラヴィネット、ファンク色強いリズムセクションをバックにベックがギターテクニックを駆使して派手に弾きまくる。バンド結成時代は敢えてソロを抑え気味にしていたベックのギター魂全開って感じで掴みはOK? 2曲目『シーズ・ア・ウーマン』はビートルズのシングル曲『アイ・フィール・ファイン』B面曲のインストカバー。前曲とのフェイドアウトと重なる感じでドラムスからイン。オリジナルは聞き覚えがないが、ベックが『ベック、ボガート&アピス』時代も使っていたボイスモジュレイター(ギターのフレーズを管を通して演奏者の口の中に導いて変換させるテクニック)の響きが懐かしい。ベックはそれのみならず一曲の中で様々なギターテクニックを披露しておりさすが…と言うしかない。 3曲目『コンスティペイテッド・ダック』はベックの作曲。早いリズムの曲でディレイエフクターを駆使したベックのプレイが愉しめる。バックの演奏も手抜かりないのだが、三分弱であっという間にフェイド・アウトしてしまう。 4曲目『エアー・ブロワー』は演奏者4人の共作という事になっているから、ジャムセッション風に即興レコーディングしたのかもしれない。ベックがジャズミュージシャンよろしく速弾きを披露しているのが聴きもの。ミドルトンのキーボードソロの後突然曲調が変わり後半はよりクロスオーバー色強い演奏になっていく。 5曲目『スキャッターブレイン』はベックとミドルトンの共作。ドラムスソロから始まり冒頭小刻みなギターソロを披露するベック。あまり器用なギタリストという印象がなかったけれど、三大ロックギタリストだけあって(笑)そんなプレイもお茶の子さいさいといった所ですか。中盤以降はワイルドに弾きまくるベック、ミドルトンのソロも有り。後半挿入されるストリングスがビートルズの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』を彷彿とさせるジョージ・マーティンのアレンジで、ベックのギターとの絡みは異様だ…。 アナログB面1曲目『哀しみの恋人たち』2曲目『セロニアス』がスティービー・ワンダーが提供した曲。『哀しみの~』はベックらしからぬメロウなギターソロが聴きもののバラード風な曲だが、ベックとしてはミュージシャンズ・ミュージシャンとして尊敬を集めていたギタリスト、ロイ・ブキャナンに敬意を捧げるという意図があったらしい。そういう意図を抜きにしてもベックのギターテクニックの真髄が愉しめる名曲ではある。『セロニアス』はクラヴィネットの音色を聴いただけでスティービーが演奏してるやろと分かってしまう程スティービー色が強い曲。この曲でもボイスモジュレイターが活躍する。 3曲目『フリーウェイ・ジャム』はミドルトン作曲。エフェクター効かせたソロを奏でるベックのギターが印象的な結構キャッチ―なメロディーでバックメンも熱演。ベースのフィル・チェンはこのアルバムの後ロッド・スチュアートグループに参加して有名になるが、ドラムスのリチャード、ベイリー共々演奏力は相当に高い。 最後の曲『ダイヤモンド・ダスト』は8分あまりの大作。またまたベックのギターとストリングスが絡み一風変わった音楽空間を作り出す。ここでのベックのギターはワイルドではなく繊細なイメージ。後半はミドルトンのキーボードソロもフィーチャーされて落ち着いた感じのエンディング曲となった。 発売当時は自覚していなかったけど、本アルバムが日本においてはクロスオーバー(後にフュージョンと言い換えられたが)の先駆けになったのは間違いないだろう。バッキングなんかは正にクロスオーバーその物って感じで、70年後半になるとこの手のサウンドは食傷気味になってしまった。でもジェフ・ベック自身は思いっきしギター弾ければそれでいいやって感じで、ギターの音色その物にはロックテイストが溢れ出ているから、ベックのギターに集中して聴けば今でも十分聴くに耐えれるアルバム。それだけベックはこのアルバムに賭けていたのだろうし、米国での売り上げも上々だった。ただ発売時の邦題『ギター殺人者の凱旋』はいただけないな。 本アルバム発売後ジェフ・ベックは2度目の来日を果たす。邦洋のロックアーティストが共演するロックフェス『ワールド・ロック・フェスティバル・イースト・ランド』に出演する為で、日によっては出番が2番目というアンビリーバブルな時もあったという。但し体調を崩して京都と仙台公演はキャンセル。フォ―クシンガーの豊田勇造がその事について唄った『ジェフ・ベックが来なかった雨の円山音楽堂』という曲を聴いた事があるが、ジェフ・ベックに劣らぬ名演でした(笑)。J̤e̤f̤f̤ ̤B̤e̤c̤k̤- Blow By Blow (SACD HD Remastered ltd) Full HQyoutu.be 

    さっき聴いた音楽その371~ジェフ・ベック『ブロウ・バイ・ブロウ』(75年 エピック・レコード)
  20. U-NEXTのリトライキャンペーン(リトライは2回目、計3度目の31日間無料トライアル)で「標的 羊たちの哀しみ」を鑑賞…北方謙三のハードボイルド小説「標的」を映像化したものだそうだが、原作は未読。監督は内田裕也主演の「水のないプール」や寺島しのぶの「キャタピタラー」を撮った若松孝二…佐野史郎が陰謀に巻き込まれるサラリーマン役の主人公を演じ、ヒロインは大沢逸美。過去にアマプラで配信はあったようで、ページは存在するものの、“このビデオは、現在、お住まいの地域では視聴できません”表示…DVDなど映像ソフトは検索できず!平凡なサラリーマンとして、日々をダラダラと過ごすオオツカ…ある朝、会社に出社すると、上司に呼ばれ、出社拒否をし、実家のある郷里に雲隠れしてしまったイモト係長を連れ戻してほしいと命じられる。イモトとは部署も違い、仕事上の接点はなかったのだが…大学時代の先輩後輩であり、オオツカに白羽の矢が立ったようだ。さっそくイモトの実家がある柏崎へ…そこで婚約者である女に話を聞くも居場所はわからないという。上司に連絡すると、諦めずになんとしても探し出すようにという厳命。その後、オオツカは何者かに襲われるなど、話がきな臭い方向へ…。うだつのあがらないサラリーマン・佐野史郎が上司の命令で…音信不通の先輩社員を探しに新潟、柏崎へと向かうも、なかなか手掛かりがつかめない。婚約者だという大沢逸美と会っても居所はつかめず、上司からの追加情報で…友人がやってるスナックへも聞き込みに行くんだけど、そこでも収穫はゼロ。その後、スナックの外で謎の暴漢に襲われる佐野史郎。さすがに何かあると悟り、婚約者に再度アタックするも空振り。そんな時に、今度は謎の人物からタレコミ…スナックをもう一度調べろと。実はスナックのマスターたちが先輩社員の居所を知っていた。マスターらの仲介で、ようやく本人に接触…すると、先輩社員は会社に関わるなんらかの不正を知ってしまったらしく、逃げ回っていたという事情がわかる。先輩社員に味方になって欲しいと懇願されるも、佐野史郎も返事をせず、先輩も情報を隠したまま…両者ともその場では答えを出さず、翌日、もう一度仕切り直しすることにしたんだけど、その間に先輩は殺されてしまった。これは会社の連中にまんまと“囮”に使われた、自分は先輩をおびき寄せる餌だったなと悟り、先輩が何を隠していたのかという真実を突き止め、遺志を継ごうみたいな流れになると…。佐野史郎は一見、ボケっとしてて、何を考えてるのかわからないようなところがあったので…なんとなくいつものキモイ冬彦さんキャラ(これも若い世代には伝わらないかもしれんが、気になったらググってくれ)か、その延長かななんて想像してたんだけど、こいつ、けっこうヤリよるんですよ。最初はさすがにフイをつかれて、暴漢にボコボコにリンチされたんだけど、すぐに襲撃者の正体を突き止め、倍返しでヤリかえしたりするのよ。で、ちゃんと次のステップに進む。さらに、自分たちの利益のためなら“殺し”だって厭わない、銃を持った連中とも対等にヤリあう!“能ある鷹はなんとか~”だった佐野史郎…あんな顔で(それは失礼だろ!)、あっちの方もけっこうイケまして、どさくさにまぎれて、亡き先輩の婚約者・大沢逸美といい関係になっちゃう。大沢逸美は、薬漬けにされて悪党にも犯されちゃう。調べたら大沢逸美姐さん…このアメブロで芸能人オフィシャルブログを書いてて、バンバン更新してるからな、あまりスケベで下品な感想も書けないんだけど(汗)、とにかく“すごい!”とだけ言っておきます。それこそイヤらしい言葉と掛け合わせてググったら、色々と写真なんかも出てくるんじゃない?(←お前ヤっただろ?)。先輩が隠し持っていたのは、企業のとんでもない不正を暴く重要な証拠が入ったフロッピーディスク…これまたフロッピーというのが時代を感じさせるも、想像していた以上にスケールのでっかい話になった。最後まで見終わると、佐野史郎は、冬彦さんどころか、まったく正反対、なかなか男前のキャラであり、そういうギャップも新鮮だったなぁ。劇場公開作品ではなく、どうやらVシネらしいので…全体的に派手さはないものの、新潟の寒々とした空気感とハードな内容がマッチして、なかなかの雰囲気。日本のハードボイルドって、なぜか“北(東北)”が似合う。監督:若松孝二出演:佐野史郎 大沢逸美 石橋蓮司 不破万作 伊藤洋三郎 清水ひとみ 田中要次 山口美也子【Amazonだと現在は視聴不可】標的 羊たちの哀しみU-NEXTでは見放題対象でしたよ♪標的 羊たちの哀しみ U-NEXT人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

    標的 羊たちの哀しみ(1996年)