12/11の記事ランキング

  1. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから目が見えない彼の代わりに、私がスマホを操作することになった。前の記事でも書いたけど、私はandroid・るいはiPhone。だから操作がはじめぜんっぜんわからなかった・・・しかもるいは見えないから教えてもらうこともできずあたふたしながら操作していた記憶があります。といっても操作するのは電話とラインくらい。るいは親友とラインでやり取りをしていたので私がるいの言葉を文字で打って送信した。私が打ってるってわかるように一言添えて。電話のときは、通話ボタンを押して私は退室。きっと私がいるとできない話もあるだろうし。るいはそんな感じで連絡を取り合ってました。つづく優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 ≪近日新作福袋発売!メールマガジンにて最新情報配信中!ご登録をお忘れなく!≫この冬の「欲しい!」が揃う。大人気はずれ無しの福袋が今年も登場! 豪華10点入りアウターが選べる福袋 レディース/福袋 ハッピーバッグ[先行予約受注] 楽天で購入 【クーポン利用で2991円】キーネック ニット ケーブル編み セーター プルオーバー レディース 長袖 Vネック ボリュームスリーブ ざっくり 大人 トップス 可愛い ブラック 2019秋冬新作 フリー 【lgww-at2596】【予約販売:12月12日入荷予定順次発送】【送料無料】宅込 楽天で購入 ジョンストンズ JOHNSTONS カシミア大判ストール CASHMERE TARTAN STOLES WA000056 [全19色]【英国】 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    代わりに送信するライン
  2. ✲✲✲✲✲✲✲✲ 注、櫻葉小説です。5月。いつものように、翔くんと、図書館裏の遊歩道を歩く、、、。緑が青々してて、ヒカリが葉に微笑むように照らしてあちこち輝いている気がした。相「きれいだね、、、」「、、、4月は桜もきれいだった。ホント、、、この道、、、、すごくいい場所だよな」相「穴場、だよね、、、。あんまり人、いないもん。なのにすごく四季折々、、、木も草も花も葉も土も、、、全部揃ってる」見渡すと、いつも季節を感じられるような、、、自然を味わえるような、、、そんな場所。「、、、、、」シンと、、、翔くんは静かになる、、、。歩く足音だけが聞こえてきて二人で無言で歩くこのトキも、、、全然イヤじゃなくて、、、僕は、、、いつからこんなに翔くんといることが心地よくなってたんだろう、、、って自分自身で驚いていた、、、匂いが、、、緑に溢れてる、、、それだけじゃない。葉が、青々してる。風が、さわさわしてる。雲が、ふわふわしてる。光が、キラキラしてる。そして、、、僕の、、、心も、、、キラキラしてた。翔「ヒカリキラリ、、、」「、、、え?」翔「、、、ふふふ。何となく、、、ヒカリキラリだな、ってあの葉っぱ、、、ほら。」翔くんが指差す方向を見ると、確かにヒカリに照らされてキラキラしてる葉があった。びっくりした、、、。僕の心の中を、、、言い当てられたのかと思った、、、。「ホント……。ヒカリキラリだね!」いつもと変わらない道を歩きながら特別でもなんでもない会話をして季節によってかわってゆく景色を感じる。翔くん、、、僕は、この時、、、胸の中が、ヒカリでいっぱいだったんだよ。

    ヒカリキラリ 47
  3. 体がフワフワして宙に浮いてるみたい翔さんの横にいるからかなぁ 健太君はお眠になって亀ちゃんが部屋に連れて行った寝かし付けたら戻って来るって耳打ちして行ったけど僕も眠くなってきた「智君 ・・・ 大丈夫?」「らいじょうぶだもん ・・・」翔さんの顔が二重に見えてくる ・・・あれ? ・・・ どうかしちゃった「う~ん ・・・ 眠くなった?」「ねむくないもん」眠いけど ・・・ まだここに居たい ・・・亀ちゃんも戻って来るし ・・・お話少ししかしてない「大ちゃん、お水持ってきたよ」丸ちゃんが慌てた顔でお水を持って来てくれるけどどうして慌ててるんだろう「櫻井さん、もん が発動中ですよね」「もん?」ってなに?翔さんが曖昧な笑みを浮かべて頷いた「まるちゃん ・・・ 『もん』って ・・・な~に?」「何でもないよ まずはお水を飲んで」「おみず ・・・ のみたくないもん」「何が飲みたいの?」翔さんが僕の背中に手を当てて顔を覗き込んでる綺麗なお顔してる(笑)「う~ん ・・・ なに? ・・・」よく分かんなくなってきた「お水じゃないのが良いの?」「う~ろんちゃわり!」「じゃあ持ってきてあげるね 櫻井さん、部屋に連れて行った方が良いかも このまま寝ちゃいますよ」「ねちゃわないもん ・・・」翔さんお泊りって言ってたから ゆっくり飲んでても大丈夫なんだもん ・・・何だか凄く楽しくなってきた翔さんの腕をつかむと僕のブレスレット「ふふ ・・・ これはね ・・・ しょうさんを ・・・ イメージして ・・・」「そうだったの、それは光栄だなあ」「よろこんで ・・・ くれてよかった ・・・」「智、そろそろ部屋に戻ろうか?」師匠まで心配そうな顔をする ・・・ だから大きく頭を振った「まだのみたいもん」丸ちゃんがウーロンハイを持って来てくれたんだ~*~*~*~*~*~智君、こんなにお酒弱かったっけ?顏は真っ赤な上に『もん』を大増産中丸山君が心配してお水を持って来てくれるけどそれには口をつけずにウーロンハイが入ったコップを手に取る新しいのを作ると言って上手に誤魔化してくれたのたでコップをを取り上げることが出来た酔うと可愛くなるのは知っていたが此処まで可愛くなるとは ・・・気が気じゃないからずっと背中に手を回してる「櫻井君、智病み上がりでしょ?」師匠が心配そうな顔をして小さい声で耳打ちをする「ええ、風邪を引いてたみたいです」「お母さんの話だと 昨日ようやく熱が下がったと聞いたから」「昨日までですか?」やっぱりそうだったんだ「ああ、だから酔いが早いんだと思う 早めに寝かせた方が良いと思うから 連れて行ってあげてくれる」「分かりました」「大ちゃん、持ってきたよ」丸ちゃんがウーロン茶が入ったコップを渡すそれを受け取って口に持って行く「あれ? … おさけ?」「お酒だよ、少し薄めにしたよ」「うん ・・・ おいちぃ ・・・」あらら ・・・ この可愛さは犯罪級だわ ・・・無理やりでも連れて行かないと「智君 ・・・ 部屋に戻ろうか?」「ろうして? まだ ・・・ らいじょうぶ ・・・ だもん」余程楽しいのかフニャフニャした顔で嬉しそうに笑う 「俺が大丈夫じゃないの」ポカンとした顔で見あげる「しょうさんが?」「そう、朝早かったから 眠くなって来たみたい 部屋に案内してくれる?」ここは俺が眠いと言うことにしないとこの人動かないと思う「はい! それらな ・・・ へやに ・・・ いきます ・・・」何度も頷いてから立ち上がった支えるのは俺の役目申し訳ないけど誰にも触れて欲しくないかも丸山君が手を伸ばそうとするのを師匠がやんわりと止める「櫻井君に任せておけば大丈夫だよ」「ええ、俺に任せてください」2人に目配せをして智君の脇から手を入れて抱きかかえるようにして歩き始める「いざとなったら、おぶりますので」「それが良いな 手伝ってあげるから おぶってあげてくれる?」「ええ、その方が階段上がりやすいです」「俺が後ろからついて行くから」師匠がそう言って智君を背負わせてくれた「ぼく ・・・ あるけるもん ・・・ 」そう言いながらほっぺを背中にくっ付けるから何だか顔がニヤケてしまった(俺って変態かも)師匠が後ろから智君の背中に手を置いて「櫻井君が居るから安心してるんだな こんな無防備な智は初めてだ」「そうなんですか?」「ああ(笑)」その言葉でまた顔が緩む俺も酔ってるのかもしれない先ずは貴方をゆっくり休ませないとね<続きます>

    たくさん共感されています

  4. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから婚約者のるいは一命をとりとめたが両目の視力を失ってしまった。そうなると、・1人じゃご飯が食べられない・1人じゃトイレに行けない・1人じゃ物が取れないなど、誰かに介助してもらわないと生活できなくなってしまった。私はるいの両親と相談し、るいの両親→私→るいの両親→私→といった感じに、数日ごとに順番に付き添いすることにした。ご飯のときはお皿を持たせてあげればお皿に口をつけて食べてくれた。トイレは車イスで連れて行き、私が支えながら便座に座らせた。(トイレ中は一旦外に出て、呼ばれたら戻った)あと、スマホの操作もるいの代わりに私がやった。私はandroidでるいはiPhoneだったから使うのに手こずりましたどれをしたときも、るいは毎回「ありがとね」と言ってくれた。つづく優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 【クーポン使用で2985円】ニット レディース トップス おしゃれ 可愛い ブラック カラバリ豊富 2019秋冬新作 フリー 【lgww-at2606】【予約販売:12月17日入荷予定順次発送】【送料無料】宅込 楽天で購入 クーポン利用で20%OFF【販売枚数20万枚突破】【売れ続けて5年目】【レビュー2000件越え4点以上】美盛り 極盛り カップ付き キャミソール Vネック Uネック インナー ワイヤー入り ブラトップ ブラキャミ | レディース キャミ カップ付 キ 楽天で購入 ボンディングフーディーコート ボンディング ダイバー素材 フード ポケット付き ロングコート 大きい サイズ オーバーサイズ 防寒 アウター 人気 レディース カジュアル 大人 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    ガラっと変わってしまった生活
  5. 「チェギョン、どうしたの?なんだかぼんやりしてるけど…大丈夫?」「う、うん」大学の講義に身が入らない。チェギョンはため息をついた。講義室の隅で肩を落として座っている。「分かった!チェギョンが元気がないってことは…ご主人様と関係があるわね?」「え?」「喧嘩でもしたの?」「あのDr.シンがチェギョンに怒鳴ったりする?あり得ないわ。きっと…」友人たちがワイワイと勝手な想像を働かせ盛り上がってる中、チェギョンはこっそり盗み撮りしたシンの画像を端末で見つめていた。「ねぇ、チェギョン、誰が正解?」友人たちが目を輝かせて自分を見つめていることに気づき、チェギョンはきょとんと首を傾げた。「シン君が、帰ってこないの…」「えっ」彼女が寂しそうに呟くと、友人たちは一斉に口を開け、それから目くばせをすると「そ、そう…。そう言えば、新しいアイスクリームのお店ができたのよ。一緒にどう?」話題を変えてしまった。恋人同士だった時はいつも別々のベッドで夜を過ごしていた。それなのにシンの妻になり、同じベッドで眠るようになってから彼がいない夜を過ごすことが寂しくて仕方がない。まるで自分の体の一部分が無くなってしまったような喪失感が、全身を襲う。チェギョンは深くため息をつくと、のろのろと椅子から立ち上がり、「私、もう帰るね…」力なく手を振ると友人たちの心配そうな視線を受けながら、講義室を出た。「いつもなら…」この時間なら、シンが迎えに来てくれるはず。チェギョンは夫がいないことを承知しながら、背の高い彼の姿を無意識に探した。*****「チェギョン?講義は終わったのか?」「うん…」電話の向こうの愛妻の声が頼りなげだ。「どうした?」「ううん、なんでもないの」「なんでもないって声じゃないな」体力のない妻を、昨晩は遅くまで寝かせてやらなかった。さらに朝方にも一度起こしてし、体を重ねた。―――僕としたことが。一晩会えない寂しさを紛らわすかのように彼女を抱いてしまったが、妻は脆いガラス細工のような妖精だ。夕方になり疲れてしまったのではないか?「チェギョン、まだ大学にいるのか?」「うん」「じゃあ、リズに連絡するから迎えに来てもらおう。多分まだオフィスにいるはずだ」「大丈夫。リズの家に行こうと思ってるの」大学からは自宅に帰るよりも、兄のアレックスの自宅のほうが近い。「兄さんの家に着いたら、連絡するんだよ」「はい」こんなに心配になるのなら、いっそ連れてきたほうがよかった。シンは苦笑した。実は妻を連れてこようと思っていたのだ。しかし、結婚してからあまりにもべったりと張り付いてる自分のことを、義姉のリズが「たまには、チェギョンに息抜きさせてあげたら?シンが四六時中監視してたら、チェギョンも疲れるわよ」と呆れたように見つめてきた事が、頭にこびりついている。チェギョンに「一人で留守番できる」と言われてしまい、「一緒に行こうか」と言いそびれてしまったのだ。ホテル窓から見える夕日を妻に見せてやりたかった。海岸に近いここは、水平線に沈むオレンジの太陽が幻想的だ。きっと彼女なら目を輝かせて、この風景を楽しむことだろう。そしてそんな妻の様子に自分は満足するのだ。「あと18時間か」チェギョンの顔を見ることが出来るまで、早く見積もってもそれぐらいはかかるだろう。小さな柔らかな体がそばにいないだけで、何かが足りないと心が叫ぶ。「まいったな…」これではどちらが子どもなのか分からない。自分はチェギョンの夫であり、恋人であると同時に保護者でもあるような気がしていたが、どうやらその認識を改めなければならないらしい。彼女を恋焦がれているのは、まぎれもなく自分だ。チェギョンのほうはアッサリと「留守番している」と言い切ったのに。*****「チェギョン、着いたわよ」「シン君…怒らないかな?」「大丈夫よ。ねぇ、アレックスもそう思うでしょ?」リズが運転席に座る夫に声を掛けた。アレックスの愛車の後部座席でチェギョンの手を握り、リズは笑った。「チェギョン、大丈夫だ。シンは怒らないよ。兄の僕が保証する」アレックスはシートベルト外すと、体を後ろに向けてチェギョンに優しく声を掛けた。「本当…?」「本当よ。ほら」「う、うん…あの、ありがとう。リズもアレックスも」チェギョンが申し訳なさそうに―――それでもシンに会える喜びを隠すことなく―――リズたちにお礼をすると「いいのよ、私もここに来てみたかったの!アレックスと旅行ができて嬉しいわ」ウインクをした。その顔見てチェギョンは首を傾げて、微笑んだ。「ほらほら、シンが待ってるわ」「待ってるかな…」「待ってるに決まってるわ!!今頃、チェギョンのことばっかり考えてるわよ、絶対」リズの言葉に背を押され、チェギョンは車を降りた。フロントで夫の部屋を確認しエレベーターに乗る。シンのことばかり考えていた自分の様子を見て、リズ夫妻が「シンのところへ行きましょ」と声を掛けてくれたのだ。戸惑うチェギョンのことなど気にもせず、リズはてきぱきと動き出し、サッサとホテルの宿泊予約まで入れていた。たった一晩夫がいないだけでこの有様。自分が情けなくて落ち込むチェギョンに、リズは明るく笑い飛ばしてくれた。「可愛いわ、チェギョンったら。でも、私だってアレックスと一緒に眠れない夜は嫌いよ」「リズも?」「当り前よ。愛し合う夫婦なら当然」そう言って優しく手の甲を撫でてくれた。ルームミラー越しにアレックスがリズのことを愛おしそうに見つめたのを、チェギョンは目の端に捉えた。アレックス・ジェラードのような『perfect』な男性を夫にしているリズだけど、彼女は彼のことを『欠点だらけの人』だと笑う。きっとリズだから、そう言えるのだろう。―――あのアレックスのことを恐れずに、己と対等な人間として扱える人は、リズぐらいだと思う。弟であるシンでさえ、どこかアレックスに遠慮しているようなところがあると言うのに、リズには全くそんなところが感じられない。オーク材のドアの前で立ち止まり、チェギョンは息を吸った。リズはああいったけれど、シンに怒られるかもしれない。ううん、怒られるならまだいい。もしかして、『たった一晩さえも留守番ができないダメな妻』だと呆れるかもしれない。―――でもぉぉ、例え彼にそう思われても、シン君に会いたいんだもん。チェギョンはドアチャイムを鳴らした。不意にチャイムが鳴り、シンは訝しんだ。ルームサービスを頼んだ覚えはない。だれか知り合いが訪ねてきたのだろうか。今回の仕事は、こちらの病院で診断が難しい患者を診てほしいとの依頼からだった。知り合いと言えば病院のスタッフだろうが、特別に約束をした覚えはない。もう一度チャイムが鳴り、シンはドアに向かった。ドアスコープから訪問者を確かめた彼は、慌ててドアを開けた。「チェギョン」「シン君…!」顔を見たくて仕方なかった妻が、自分の胸に飛び込んできた。

  6. にのあい妄想です。お気をつけて。*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜Side Nすぅすぅと。まぁくんの寝息がすぐそばから聴こえて、やっと目を開ける。「…ふぅ。」ゆらゆらとなにかに運ばれてる感覚で意識が戻る。「くふふ。カズ、やっぱ少し重くなってない?」って言うまぁくんの声が頭の方から降ってきて、完全に覚醒する。え!?もしかしておれ今、まぁくんにお姫様抱っこされてんの!?やばいやばい、お姫様でもなんでもないっつーのに! どうしよう、すげぇ恥ずかしい。今、目を開けるのもなんか気まずい…。こうなりゃ狸寝入りだな。アカデミー賞級の狸寝入り。瞼ひとつ絶対動かさない!そのままベッドに寝かされて、布団に包まれ、子供みたいにポンポンされて、「おやすみ、カズ」なんて言われる。どんな扱いよ。まぁくんが俺の横に横たわり、ベッドがきしむ。「寒っ」って聞こえて、まぁくんが布団に「…お邪魔します…」と入ってきて、別にそんなの普通なのに、どきどきする。おれは寝てるよ?寝てますよ?「あったけぇ」ってまぁくんが言う。 そりゃあね、布団の中はおれがあっためといたからね。「…いい正月になったなぁ」ってまぁくんが呟いて、しばらくしたら気持ちよさそうな寝息が聞こえた。いい正月になった…それほんと?しつこく誘って、無理やり泊まらせて。まぁくんの貴重な正月休み、おれに使わせた。それでも、そんなふうに思ってくれんのか。「…おれも。最高の正月だった。」とちっちゃく呟く。明日また、ちゃんと起きてる時に言おう。きっとまぁくんは、笑って「俺も!」って言ってくれるでしょ?「…またあしたね。おやすみ、まぁくん。」と言って、おれももう一回目を閉じた。まぁくんとは、ずっと一緒にいて。おれが、ほんとに辛い時、一番側にいてほしいのは、やっぱりまぁくんで。何となく、しんどくなった、この正月。おれは、まぁくんの隣にいたかった。そんで、確かめたかった。おれと、まぁくんと、ほんとに同じ気持ちなのか。だから。これから先、おれはこのまま嵐をあきらめたくないと、まぁくんと一緒にメンバーに伝えてもいいんだなって思えた正月だったんだ。

  7. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから目が見えないという婚約者のるい。私はどうしていいかわからず、ただるいのそばにいることしかできなかった。一昨日までは両目見えてたのにこんな数日で何も見えなくなるなんて・・るいには真っ暗な暗闇しか見えてないと思うと悲しくてしかたがなかった。けど異変は目だけじゃなかった・・。るい:ねえ、なのか。私:うん、どうしたの?るい:●ッチしよう・・はい??急に何を言い出すんだ。ここ、大部屋だよ?!大きな声で言うからみんなに聞こえてる。私は冷や汗をかいた。私:な、なにいってるの?しないよ。るい:しようよ私:しないよその後、るいは下ネタを連発(ここには書けません)・・何が起きてるの?突然のことで混乱した。。るいがおかしくなっちゃった・・。恥ずかしいやら、悲しいやらで涙がボロボロ出てきた。どうにかして止めないと・・。そして私は気がついた。(あっ、私がここにいるからいけないんだ)(いなくなれば言うのやめるんじゃない?)私はナースコールを押して「ちょっと行くね」と言ってその場から逃げるように立ち去った。つづく余談。このことは誰にも言えませんでした・・。正直書こうか悩んだんですけど、「こういうこともあるんだよ」って伝えたかったので載せました。優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 【本日限定エントリー3倍!】【カルビとカレーセット1140円相当おまけ!】【期間限定12000円→クーポンで5850円!牛カルビ焼肉とカレーおまけ】新牛めしの具(プレミアム仕様)30食セット【牛丼の具】  時短 レンチン 単身赴任 牛丼 牛めし 松屋 楽天で購入 ほぼ即納<先着100円OFF>【送料無料】トップス 裏起毛 カットソー インナー 暖かい 長袖 累計533万枚販売! 2wayネック Vネック ハイネック 長袖 半袖 防寒 ヒート 大きいサイズ 子供服 M/L/XL/2XL/3XL DarkAngel/ダークエンジェル 楽天で購入 【新色追加】ドロップショルダーUネック七分袖カットソー レディース Fサイズ きれいめ 大人 大人カジュアル トップス 秋 七分袖 カットソー 後ろが長い 重ね着 インナー Tシャツ レイヤード 綿100 コットン ポリエステル ドロップショルダー TEANY ティーニー 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    耐えきれず涙が出た日
  8.  大野という表札がある門の前に立ち、俺は、無言で建物を見上げた。和から聞いていたとはいえ、これは・・・街灯に照らされた建物は、あきらかに最近建築されたもの。しかし、よく似ている。少しだけ見える建物の外観、門から続く庭の木々の感じも。南条家の別荘に瓜二つだ。たしかに、この住宅地の雰囲気にこの家は合ってはいるが、大野啓補は何を考えている?まだ、9時を少し過ぎただけの時間なのに、住宅街の道路は静まり返っていた。通行人も、走り去る車もほとんどない。激情のままにここまできてしまったものの、インターフォンを押して大野啓補に面会を申し込むことは、さすがに躊躇われた。灯りの付いた窓を見上げ、ため息をついてから、やはり帰ろうと敷地を出たところで、俺は、隣家との境、右に折れている角に庭をじっとみつめている黒い人影を見つけた。誰だ?大野家を覗いている?俺は、足音を忍ばせて小走りに近寄った。近づくほどに、その背中に見覚えがあった。会いたくて、会えなかった相手。「智。」なるべくやさしく、小声で呼びかけたが、その肩がビクっと震える「翔くん?なんで・・ここに・・」呼ばれて振り向いた智の顔には、涙の痕がついていた。何故、家に入らないのか?何があったのか?涙を見せるようなことはなんだったのだろう?。ぐるぐると回る思考に、一瞬気が抜けた。その隙に智は、くるっと体を捻って逃げようとする。俺はとっさに智の手を掴んでいた。「待って、待ってくれよ、智。ごめん、本当にごめん。俺が全部悪い。自分の気持ちだけ押し付けて、智のこと全然わかろうとしてなかった。俺が馬鹿だった。智はこんなに辛い思いをしていたのに。本当に大馬鹿者だ。」智の腕を掴んでいる手に無意識に力が入り、感情が高まってきて、涙がこぼれそうになる。俺はそれを必死に押し隠した。「なんでこんなところにいるのかわからないけど、家に入れないなら、俺が一緒にいくよ。俺、大野弁護士に話があって、ここに来たんだ。智のことで、どうしても伝えなければならない大事なことが、あるんだよ。だから、さと・・」「父さんに何をいうつもりなの?まさかあの事件のこと?」いきなり、俯いていた智が俺の言葉を遮るように叫ぶと青ざめた顔で、俺を見た。

  9. ぼのこと女社会2【第1話】
  10. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから翌朝、私はいつもより家を早く出た。課長に話をするためだ。会社はいつも課長が一番早く出社していて朝なら2人でゆっくり話せる。まあ、決していい話ではないんだけど。。会社につくと予想通り課長一人だった。私:課長、おはようございます。課長:おはよう、今日はいつもより早いね~。私は、この数日のるいの容態を話した。そして、私:もっと彼の傍で支えていきたくて・・・今までよりも休ませてもらうことはできますか?課長:うん、構わないよ。それに、介護休暇っていうのがあるからとれるか本部に聞いてみるよ。課長はその後、本部へ電話をしてくれた。そして夕方、課長に呼ばれた。課長:本部に伝えたんだけどね、家族じゃないから介護休暇は厳しいらしいんだ。だから有休を使うことになる、ごめんね。私:いやいや!課長が謝ることないですよ。聞いてくれてありがとうございます。有休はまだ何日か残っていた。この有休が終わってしまうと、欠勤扱いになる・・・。それと申し訳ないなと思ったのが、いつも私の代わりに仕事をやってくれてた先輩。先輩にも事情を説明して、「迷惑かけてごめんなさい」と謝った。先輩は「傍についててあげて。るいくんも喜ぶよ」と笑顔で返してくれた。もう、みんなが優しすぎて今日も泣いてしまった・・・。つづく優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 【期間限定 送料無料】おなまえBOX ★ 安心のレビュー4万! ひらがな・漢字・ローマ字 セット アイロン不要油性スタンプ台2色 クリーナー 超3Dスケール付 選べるフォント お名前スタンプ おなまえ スタンプ セット はんこ 入園準備 入学準備 保育園 小学校 ☆彡 楽天で購入 【送料無料】【mezzo piano】【2020年新春ブランド福袋予約】メゾピアノカジュアルセット 福袋A 130cm メゾピアノカジュアル福袋 130cm 6099991 130cm【ラッピング不可】 楽天で購入 ドッカトット【日本総代理店】デラックス プラス 0-8ヶ月 ホワイト 白 無地 DockATot Deluxe+ ベビーベッド 添い寝 持ち運び ベッドインベッド ベビー 赤ちゃん マットレス クーファン クーハン 出産祝い 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    課長に今後のことを相談した日
  11. 『  零 + α  』
  12. BLです。苦手な方、受け付けない方は、お戻りくださいね。Side-Sやりきれない気持ちを抱えたまま、オレは仕事に出掛けた。雅紀は、オレの声など聞こえないかのように、逃げるように去って行った…。出来ることなら、今すぐこの腕の中に抱き締めて、閉じ込めて…。『誤解だ』と、伝えたい。でも…今は仕事に集中しないと…それは、雅紀も同じ。目の前の仕事を放り出すことなど、出来ない。黙々と、仕事をこなしていくだけ…。昼になって…。雅紀が作ってくれた弁当を広げる。折角、作ってくれたオムライスは、少し潰れてしまってて…。でも……。今まで食べたどのオムライスよりも、美味くて…。オレの気持ちは、揺らぐことなく、雅紀を想っていた。夕方、保育園に雅紀を訪ねた。職員室で、「長瀬設計事務所の櫻井といいます。相葉先生は、今どちらにいらっしゃいますか?」と、聞いてみた。『年少さんのクラスで、延長保育の児童をみておりますが…。中央玄関のすぐ左隣ですよ。』と、教えられた。少し高鳴る胸を押さえて、オレは雅紀のところへ向かった。ドアをノックして、部屋を覗くと…。そこには、保育士の顔をした、オレの知らない雅紀がいた。…つづく。

  13. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから脳腫瘍が再発し、両目が見えなくなってしまった彼。そんなるいが「レストランへ行きたい」と言ってきた。どうやらるいの両親にも同じことを言ったらしいが「大変だからダメ」と断られてしまったらしい・・・。確かに車椅子で連れて行くのも大変だし目が見えないからご飯食べるのだって難しい。けど私は、るいが喜んでくれるのならとレストランへ行くことにした。そもそも、なんていうかな・・・。確かに大変なんだけど、苦ではなかったんだよね。私の記憶では、3,4回くらいは行った気がする。私がメニュー表を読み上げてるいが何を食べるか決めた。食べるものはご飯ものから麺類まで色々。自分でお皿を持って食べられるものは自力で食べる無理なものは私が口まで運んだ。ただ、大抵のものは自分で食べてくれました。病室ばっかりじゃなくてこうやって別のところで食べるるいはとても楽しそうでした。つづく優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 レディース ロングパンツ ストレッチパンツ 【marle】裏起毛ボンディングストレッチシガレットパンツ HAPTIC ハプティック 楽天で購入 予 約 数量限定! 福袋 08Mab 08マブ 2020年 レディース お楽しみ袋 コーディネート4点set 大きいサイズ 送料無料/ニットもワンピースも 08mab福袋 大人 ナチュラル レディース 新春福袋 Ms,Ls,LL,3L, 08+/ 1920AW1201, 楽天で購入 サーモライトフーディージャケット 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    見えない彼とレストランへ
  14. ・・・なんて言わせない。これはBL(和翔)の妄想のお話です。ダーク(不快に思う)部分が含まれるお話ですので、ご理解頂きお進み下さいね。妄想って素晴らしい!シリーズ磁石の恋♡「翔くん、仕事を気にしてんの?」大野さんの優しい声それは心配してることを意味してる。「それが強いとは思います。なので今後の仕事を少しセーブしました。」「うん」皆んなの返事を纏めてリーダーがしてくれた感じがする。「入院しても大丈夫なように。」と、マネージャーが言えば「入院するの?」と、確認してくれるリーダー。いつもとは違う、こうゆう時でも割と黙ってることが多いのに今は皆んなの代表者だ。皆んなが驚きを隠せず受け答えが上手くできないから。それを察したの?察してくれたんだな。「少しの間ですけどね。」「翔ちゃん…のバカ!」やっと吐き出したのは…こんな言葉で、でもこれは本音だった。「にのちゃん?」ォレのことを心配してくれる相葉さんの声が優しい。「メールとか電話とかしかしてないけど…そんな酷くなってるなんて…ォレ…知らなかった。」「それは…ニノだからだろ?」「おおの、さん?」「翔くんは、ニノに心配かけたくなかったんだろ?」「だけど!」「恋をするって…そんなもんだろ?」「何言って…なんでも話せるのがいいに決まってるじゃん!」メールでの会話も…は無理かでも電話も長話は無理だけど、ちゃんと会話をしてた、なのにそんな素振り…声からも感じなかった…「少しずつだけど食べてるよ。」って…ついこの前、翔ちゃんはそう言った。「ほんと?」なんて言いながらもォレは食べてくれたんだぁと安堵した。違ったんだ…翔ちゃんはォレが心配しないようにと嘘をついたんだ!そんなことにも気がつかずに彼氏の…好きな男の言葉をそのまま鵜呑みにしたォレは何やってんだよ!なのに目の前の大野さんは、わけわからないことを口走ってる。「ゆっくり逢えないんだろ?当分!」「うん」「だから余計なんだよ」ーーーーーーーー「うらあらし」読まれましたか?にのちゃんの翔ちゃんを想う気持ちに腐った脳は、一早く反応する。もちろん腐のほうへ。「翔ちゃん」と呼んだかと思えば「翔」だなんて…にのちゃん腐女子のオタヲ煽ってるとしか…おもえん。笑なんてゆーエピソードを置き逃げする作者。あ!あと…会話わかりますかね?わかりにくいですかね?誰の台詞?ってなってたら、それは…あたしの力不足ですので、申し訳ないです。

  15. こちらは、BL妄想話です。苦手な方は、速やかにお帰りください。A地区に戻って来た、智と翔。2人は、いつも通りの日常になるはずだった。けれど、本部から戻って来てから、翔の様子がおかしい。センサー付きカメラが撮ってくる映像がコンピューターのモニターに映し出されているのだが、明らかに集中力がない。智は、そんな翔を見ていて、大丈夫なんだろうか…と心配になっていた。「翔くん?翔くんてば!」「えっ?あ、何、智くん。」翔は笑顔を見せてくれる。いつもの笑顔と同じように見えるが、やっぱり、何かおかしい…と思ってしまうのだ。「翔くん、おいら、現場に行くよ。」「うん、行ってらっしゃい。」翔は、玄関まで来てくれて、わざわざ送り出してくれた。「翔くん、ありがとう。あ、ほら、何かあったら困るから、ちゃんとモニターを見てて?」「わかってるよ、智くん。当然じゃないか。」そう胸を張って答える、翔。「じゃ、頼んだよ?何か、異常があったら、知らせてね?」智は、しっかりと言葉を伝えると、家を後にした。街へ出ると、発生する異物のチェックを行う。今のところ、いつかのような大量発生はしておらず、智はホッとしていた。壁に張り付いている黒い煤のようなモノを軽く削って、透明の小さな丸いケースに入れ、ウエストポーチに仕舞った。インカムを使って、智は翔に呼びかける。「翔くん、異物のサンプルを作ったから、これから帰るよ。」話しかけてから、翔の返事を待つ。しかし、翔からの返事は返ってこない。「翔くん?翔くん、おいらの話、ちゃんと聞いてる?」“え?”翔は、ハッとしてすぐに通信を行った。“何、智くん?”「え、翔くん?」“だから、さっきから何言ってるの?”「えっと…異物のサンプルを作ったから、持ち帰るよ。」“わかった。気を付けて、帰って来て。”「了解」やっと、翔との通信をまともに行うことができた。そして、翔との通信が終わらせ、智は家に帰ることにした。家に急いで帰ってみると、翔は横になっていた。「翔くん、ただいま。」「あ、お帰り。お疲れさん。」翔は、智が帰ってきたのを見て、ゆっくりと起きあがった。「翔くん、体調おかしいの?」「え?そんなことないよ。」「だって、本部から帰って来てから、心、ここにあらず…という感じだし。」「・・・・・・・・・・」「何か、気になることでもある?」翔は、すぐに視線を逸らしてしまった。「あのさ、潤のことだけど。」「潤?」「うん。あ、いや、何でもない。俺、寝てくるよ。」「翔くん?」「おやすみ。」奥の寝室に、翔は入って行ってしまった。智は、コンピューターの前に座る。本当は、苦手だからコンピューターを操作したいとは思っていない。けれど、今の智は、自分で動かないといけない…と考え始め、苦手なコンピューターに向かうのであった。

  16. 櫻葉妄想です。ご注意ください。。* ❤︎… …❤︎*。Side M結局。やっぱ。ちゅーだけなんて無理だった。翔ちゃんのちゅーは気持ちいいもん。もっともっと、って思っちゃうのはしょうがないよね。俺に覆い被さる翔ちゃんの重みが、幸せだなぁ、なんて思う。「…翔ちゃん、シャワー浴びてきたら?」「ん、そうしようかな。…雅紀は?」「そりゃ浴びるけどね、一緒には入んないよ。」「…だよねぇ。」「絶対時間なくなるかんね。」「ははっ、言えてる。」ちょっとだけ、一瞬だけ、1回抜いたし、一緒に入ってもいいかな?って思ったけど、多分心底満足したわけじゃないからさ…。俺だってシャワーで濡れて色気の増した翔ちゃん見たら、なんにもしない自信なんてない。「翔ちゃんケツが決まってんだから先入んなよ。」「じゃあそうさせてもらおうかな。」起き上がってお互いの腹んとこ見たら、なんとも言えなくどろっどろで。Tシャツも、べったべたで。「………とりあえず、脱ごうか。」「………そうだね…。」2人してTシャツを脱いで洗濯機に放り込みに行く。「着替え持って来とくね」「おぉ、さんきゅ」そのまま翔ちゃんを風呂に押し込んで、脱衣場のドアを閉めた。閉めて、ふと思う。…翔ちゃんがせっかくいるのに、別々にシャワー浴びちゃったら一緒にいる時間減っちゃっうなぁ。どうしよう、べたべたのまま、残りの時間を翔ちゃんと過ごすのは、翔ちゃんが嫌かな。…やっぱり一緒に入れば良かったかな…。なんて、もやもや考えてたら、脱衣場のドアが細く開いた。「雅紀?」「! 翔ちゃん。どうした?なんか足らない?」細いドアの隙間から翔ちゃんの手が伸びてきて、俺の腕を掴んだ。「なんにもしないから。やっぱ一緒に入ろ?…3時間しかないのに。」「…俺も、今その事考えてた!せっかく翔ちゃんいるのに。一緒にいらんないの、勿体ないって。」「まじで。じゃあほら。おいでよ。」「うん!」結局2人で風呂場になだれこむ。「はーい、じゃあ翔ちゃん、洗うよー。」と、まだ水のシャワーをかける。「ぶわ!つめてっ!ふざっけんな…見て!鳥肌立った!」「うひゃひゃひゃ、ごめんごめん!」2人で泡泡になって、髪やら体やら洗ってると、翔ちゃんが「泡だらけの雅紀見てると、あれ思い出すな!」なんて言い出す。「わーかった!あれだ!相葉出荷ゲームだ!」「そうそう、それそれ!」「あれ、俺絶対いけるって思ってたんだよ!…って言うか、待って、そもそもそんな名前のゲームじゃないわけよ。」「まぁまぁ。あんとき雅紀、肩にクリーム乗っけててさ。かわいかったよ。」「…よく覚えてんね。」「ふふっ。だからさ、前から言ってんでしょ。釘付けだったって。天使の羽みたく見えた。」「…くふふ。翔ちゃんの目どーなってんのさ。」「………!おぉやべぇやべぇ、あまりの可愛さにまたキスしそうになった!」なんて言って2人で泡だらけで笑い合う。翔ちゃんとくっついてる時間も、俺はほんとに幸せで、とろけちゃいそうに大好きだけど、こんなふうに一緒に笑ってる時間も、ずっとずっと続けばいいなぁって思うくらい、大好きなんだ。「翔ちゃん、大好き!」「!! ちょ…ずりぃ…」風呂場に泡だらけのまま、へなへなとしゃがみこむ翔ちゃんに、俺は笑いながら頭からシャワーをかけた。

  17. 自己紹介ご覧いただきありがとうございます。二児のアラサーママ、『なのか』です。過去の体験を綴ってます。他にも日常などいろいろ。インスタで漫画描いてます。Instagram婚約者のるいが病気とさいごまで戦った軌跡。はじめから読む方はこちらから私は仕事を数日休ませてもらい、るいの病院へ行った。すると、るいが目を覚ましていた!私:るい!起きたんだね!るいの父:目は覚ましたけどね・・。私:?るいの父親から話を聞くと、るいは目を覚ましたけど、ぼーっと上を向いたままなのだという。そしてごくたまに「おやすみ」と一言話す。もちろん昼夜関係なしに。目は開けてるけど、夢の中にでもいるのだろうか?あとはるいは導尿?に繋がれてたんだけどそれが嫌らしく、たまに引き抜こうとする。だから引き抜かないように手を拘束してた。。私はるいのベッドの横に簡易ベッドを置き話しかけたりしながらるいの意識が戻るのを祈って待った。そして数日後、るいの意識が戻った。つづく優しさが身に沁みた【子連れ通院で起きたあるできごと】もはや別人!?【ぽっこりお腹はどこいった!?】躊躇した結婚式【結婚式をするのが怖かった】 ほぼ即納<先着100円OFF>【送料無料】トップス 裏起毛 カットソー インナー 暖かい 長袖 累計533万枚販売! 2wayネック Vネック ハイネック 長袖 半袖 防寒 ヒート 大きいサイズ 子供服 M/L/XL/2XL/3XL DarkAngel/ダークエンジェル 楽天で購入 【送料無料】パンツ 裏起毛 スキニー 裏起毛パンツ 秋冬 厚手 レギパン 暖かい ストレッチ 美脚 大きいサイズ シンプル ベーシック 定番 ブラック ホワイト ボルドー カーキ モカ マスタード デニム 黒 白 無地 S M L LL 3L◆12/05発送予定 楽天で購入 【送料無料】【楽天ランキング1位】レディース ブーツ ショート シューズ ショートブーツ ブーティ フェイクレザー 大きいサイズ 25cm 靴 スクエア BASEMENT online 【宅配便】(一部予約:12月13日〜16日or12月26日〜28日順次発送) 楽天で購入 \ 楽天ROOM始めました /お読みいただきありがとうございました

    たくさん共感されています

    目を覚ました!だけど・・・
  18. みんなの回答を見るかけがえのない、たった一つの命ーーその命を、無惨に奪った者が何故奪われた人よりも、かばい立てをされるのか又、一人だけの殺人には、死刑が科せられないとは何という、感覚なのか人は全てが一人で、その一人の命に変わる者はなく。その一つの命の重さを、他人の勝手で、奪い取ったこと事態がーーなんの罪もない一人が処刑されたことになるのではないかすでに、殺人者の手によって、処刑執行がなされた事をないがしろにしておきながら一人の殺人での、処刑は難しいという、理屈はどこから出てくるのか又、昨今では、死刑廃止論がとりざたされてもいるが無惨に命を奪われた人よりも訳もなく人の命を奪った者の命の方が、大切だと言っているに等しいのではないか被害者と、加害者の、扱いがまるで真逆ではないのかひと昔前には一人であろうが、人殺しは死刑になるという通念があった。だからその事が殺人にセーブを促していた。まして、今の世の、誰でも良かったとか、動機なき殺人のような、無謀なものは少なかったーー殺人を犯しても、死刑にならない事を認識している為に出てくれば、新しい刃物🔪を買い、もっと確実な殺人を施行するなどと殺人者に言わしめるこの現状ーー。又、三人殺せば死刑になるので、二人に留めておき、無期懲役を送りたい。と、耳を疑う発言❗️そんな狂気の殺人者を、生かしておき人を救って殺されたその人を殺された人数の一人として扱うのか〜〜もう、日本、終わってる.......意気消沈となる 限りある命を、一生懸命に生きている人々こそを守るべき主体性へと、網羅すべきだろう(言葉の魔法ーーボイスA i K)voice-akemi777@i.Softbank.jp

    たくさん共感されています