スーパーに行く回数を減らすためにも、いまや食材の冷凍保存は必須! 今回はコストコで購入した食材を効率よく冷凍保存する方法をご紹介します。

大容量のコストコ食材は「冷凍保存」で賢く常備

アメリカ生まれの会員制スーパーマーケット「コストコ」。アメリカンサイズの大きなカートを押しながら店内をまわり、ほかのスーパーでは見かけないめずらしい商品がズラリと並ぶコストコは、訪れるだけでテンションが上がりますよね。

しかし、コストコで売られている食材はどれも大容量のため、「消費期限内に食べきれるか不安」「2人暮らしだから使いきれない」なんて声も。

そこで役立つのが冷凍保存です。上手に使えば節約や時短にもなり、まさに家計の味方。

冷凍で香りやうまみも増す!コストコファンおすすめの大容量きのこ

冷凍することで、きのこの細胞が壊れ、旨みも栄養価も高まるので一石二鳥。

解凍が不要で、冷凍したまま調理できるのもうれしいポイントです。パスタや煮物にきのこが入るだけでおいしさが増すので、たっぷりまとめ買いして冷凍保存しておくと便利です。

コストコと言えばこれ!巨大ピザを冷凍する方法

コストコの売り場ではじめて見たときは誰もが驚くであろう直径40センチの大きなピザ。「こんなに食べきれない!」と買うのをためっている方も多いのではないでしょうか。

カットして冷凍保存することで、小腹が減ったときや子供のおやつにもピッタリ。普通にピザ切りすると大きくなってしまいかさばるので、小さめにカットするのがポイントです。

種類豊富でコスパが良い!コストコのパンを冷凍保存

種類豊富でコスパの良さからもコストコファンの間で人気の高いパン

数日かけてたのしもうとしても、飽きてしまったり、乾燥して固くパサパサになってしまいますが、1つずつラップにくるんで冷凍保存することで、購入から日が経ってからもおいしく食べることができます。

コストコの定番!大容量のティラミスも冷凍保存可能

そのおいしさとコスパの良さが大人気のコストコティラミス。こちらも超大容量ですが、賞味期限は購入日を含めて4日と設定されているため、よほどの大人数でない限り食べきるのは困難。

実はティラミスも冷凍保存が可能なことをご存知でしたか? カットして1つずつラップにくるめばOK。凍ったままでもアイスのような食感をたのしむことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

冷凍前に塩を振っておくと便利!鮭を冷凍保存するコツ

お値打ち価格な商品がそろうコストコの魚コーナーで存在感を放っている鮭の切身。スーパーで売られている1切れの倍以上の厚みとサイズ!脂がのっていておいしいと、ファンが多い商品です。

冷凍前に塩を振ることでさらに時短の効果があり、時間のない時にもさっと冷凍庫から取りだして焼けるのは便利ですね。

コストコの定番!プルコギビーフなど肉を冷凍保存する方法

コストコに行ったら必ず買う!という人が多いコストコ通の間で人気の定番商品のプルコギビーフ。冷凍しない場合の消費期限は加工日から3日後。1500~2000グラムほどの大容量で販売されているため、冷凍保存が必須となります。

お肉はお弁当用、夕飯のおかず…など、使用用途によって小分けにして冷凍すると、使うときに便利です。
こちらもプルコギビーフと同じく大人気の商品、豚のにんにく味噌漬け

すでに味がついているため、1枚ずつラップにくるんで冷凍保存しておけば、フライパンで焼くだけで、すぐにメイン料理が完成するという便利な食材。

コストコの人気商品「GLAD」を活用して便利に冷凍

コストコで売られている「GLAD Press’n Seal(グラッド プレスンシール)」をご存知ですか?

日本ではあまり見かけることがありませんが、片面が粘着状になっているシートで、高い密着性からお肉、お魚の冷凍保存用のラップとして重宝するアイテム。このGLADを使えば、小分け作業もより簡単に便利になります。

コストコでの買い物がもっと楽しくなる

大容量の商品に圧倒され、「コストコは人数が多い家庭じゃないと上手く使いこなせないのでは?」と思っていた方も多いのではないでしょうか。せっかく安く購入しても、余らせたり、腐らせてしまってはコスパがいいとは言えないので要注意。

冷凍保存のテクニックを知っておくだけで、コストコでの買い物の幅もぐっと広がりそうですね。

冷凍保存することで、節約や調理時間の短縮、買い物回数の減少にもつながります。ぜひ試してみてくださいね。