最近では、朝食はごはんよりパン派という方も多いのではないでしょうか。 スーパーで100円台で買うことができる安価な食パンはまさに朝食の定番です。
そんな食パンに変化が訪れたのは2013年。大阪に食パン専門店「乃が美」がオープンし、1000円前後という価格設定と、これまでにない上品な味と食感がたちまち話題となり、高級食パンブームに火が付きました。

現在は、日本全国に数多くの高級食パン専門店が存在していますが、今回はアメブロ内に書かれた記事数よる人気の高級食パンランキングを紹介します。

【7位】昭和17年から続く老舗「パンのペリカン」

東京の元祖高級食パンとして知られるのは、浅草・田原町で昭和17年から続く老舗「パンのペリカン」
扱う商品は、食パンとロールパンのたった2種類のみ。トーストするとふわっとした食感で、耳までおいしく食べられる食パンは1斤(430円税込)、1.5 斤(650円税込)。

「毎日食べられる、飽きの来ない味」をコンセプトに、創業以来あえて商品数を少なくし、時代が変わっても変わらない味を提供し続けているのだそう。

芸能界屈指のパン好きで有名な女優の木南晴夏さんが『人生最高レストラン』(TBS系列)に出演した際、ナンバー1食パンとして「パンのペリカン」を紹介したことも話題となりました。

浅草観光の帰りに東京土産として買い求める観光客も多く、売り切れてしまうこともあるため、電話で予約していくことをおすすめします。

【6位】湯種製法でうまみ凝縮!大阪発の食パン専門店「高匠」

大阪発の食パン専門店「高匠」が6位にランクイン。
特徴的なのは、小麦粉を熱湯で捏ねて低温で熟成させる湯種製法。HPでは「この製法によりもちもちした食感と旨味が凝縮され、小麦粉本来の自然な甘みと厳選された素材が調和した食パンが生まれます」と紹介。

「湯種食パン」は2斤(800円税込)、1斤(450円税込)。東京限定の最上級の素材をふんだんに使ったリッチな「湯種食パンTokyo Rich」2斤(850円税込)で販売中。

「バターの香りがやみつきに」「トーストするとおいしさアップ」という声も多数。

【5位】ラインナップが豊富でたのしい「嵜本(さきもと)」

タレントのAKINAさんがブログで「私の食パンランキング1位」と絶賛しているのは、アレルギーのある娘さんのために「卵・乳不使用」でも風味豊かでコクのあるヘルシーな食パンを目指したという高級食パン「嵜本(さきもと)」
看板商品の食パン「極美”ナチュラル”」「極生”ミルクバター”」は、2斤サイズ、厚さ28mmスタイル(4枚切り1枚)の2種類のサイズを展開。

「極美”ナチュラル”食パン」2斤サイズ (900円税込)、28mmスタイル(280円税込)は、どんな食べ方にも相性のいい、毎日食べたくなるような一品です。

自然な甘さを引き出したリッチな味わい「極生”ミルクバター”食パン」2斤サイズ(950円税込)、28mmスタイル(300円税込)は、何もしなくでもおいしいそのまま食べたい一品。

また、曜日限定の「極葡萄食パン」、「黒糖山型食パン」や「嵜本のラスク」、「ジュエルジャム」など、ラインナップが豊富なのも特徴。スタイリッシュなデザインもおしゃれで、女性人気が高いようです。

【4位】パン好きもうなるおいしさ「俺のBakery」

「俺のイタリアン」でおなじみの俺の株式会社から、2016年に誕生した「俺のBakery」
幻の北海道産小麦や非常に貴重な岩手県「なかほら牧場」の自然放牧乳を使用、食材にも強いこだわりが感じられます。

ふわふわもちもち、耳まで美味しい究極のミルク食パン「銀座の食パン~香~」(1000円税込)は、パン好きもうなるおいしさ。「パン・オブ・ザ・イヤー2017」食パン部門で金賞に選ばれています。

また「パン・オブ・ザ・イヤー2018」クロワッサン部門で金賞を受賞したクロワッサンと食パンのハイブリッド「クロワッサン食パン」(1200円税込)も人気。

パンの焼き上がり時間には行列ができ、すぐに売り切れになることもあるため、事前に予約するのがおすすめ。ベーシックな食パンのほかに、店舗限定の食パンも用意されています。カフェが併設されている店舗もあり、とくに「厚焼きたまごのサンドイッチ」が評判です。
タレントの川崎麻世さんもブログで「厚焼きたまごのサンドイッチ」を食べたことを報告していました。

【3位】リーズナブルで飽きのこないおいしさ!焼きたて食パン専門店「一本堂」

2013年に大阪・都島に1号店をオープン。フランチャイズを出店し、いまや全国に135店舗以上となる焼きたて食パン専門店「一本堂」
「昭和の時代、町中にお米屋さんがあったように、焼き立ての美味しい食パンを提供する店がもっと身近に」。そんな想いから、ほかの食パン専門店の中ではリーズナブルな価格設定。

耳はパリッと香ばしく、中はふんわりモチモチの食パン「一本堂」(280円税込)をはじめ、「生クリーム食パン」(420円税込)、「れーずん」(390円税込)、「ちーず」(500円税込)など種類豊富です。新宿本店にはイートインもあり、できたての食パンをたのしむことができます。
女優の細川直美さんも「一本堂」の食パンをリピートしていることをブログで公言。友人への差し入れや実家への手土産として購入して持って行ったところ喜ばれたのだそう。

【2位】水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」

2018年9月に東京銀座に食パン専門店銀座に志かわ」本店のオープンを皮切りに、全国的に店舗を展開。

「水にこだわる高級食パン」という名のとおり、独自のアルカリイオン水、小麦粉、生クリーム、バターなど、食材の持つ旨味を絶妙に引き出した唯一無二の食パンが誕生しました。価格は、1本(800円税抜)。

HPやInstagramでは「次世代食パン」「夜の食パン」と称して、きんぴらなど和の食材やチーズ、フルーツなどと合わせて楽しめるアレンジも紹介。
また、手ぬぐいの専門メーカー「かまわぬ」と共同した食パン専用風呂敷も販売しており、手土産にも人気です。
タレントの薬丸裕英さんは「銀座に志かわ」の食パンを奥様へのお土産にしたところ「今までに一番喜んでくれたお土産」だったとブログにつづっていました。

【1位】高級食パンブームの火付け役!「乃が美」

断トツの1位だったは高級食パンブームの先駆けと言われる、食パン専門店「乃が美」

2013年に大阪でオープンし、口コミで話題となり、行列が絶えない店となりました。メディアなどでたびたび紹介されるも、東京に初出店となったのは、オープンから5年後の2018年11月。全国47都道府県の中で46番目の出店となり、「ようやく乃が美のパンを東京で買うことができる」と東京のパン好きの間で歓喜の声があがりました。
HPには「シンプルにそのまま食べて一番美味しいことが、乃が美が目指した食パンの理想形」とつづられており、徹底して吟味した素材で、職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げています。

耳までおいしい食パン誕生のきっかけは、老人ホームで耳にした「朝食に出るパンは耳が固くて食べられない」というお年寄りからの言葉と、卵アレルギーの子どもが卵不使用のパサパサのパンを食べれていたこと。2年もの年月をかけて、耳までやわらかい「生」食パンを完成させました。

人気の「生」食パンは、ハーフ(432円税込)、レギュラー(864円税込)。「何度食べても飽きない」「耳までおいしい」と子どもからお年寄りまで幅広いファンに愛されています。食パン以外にも、クルトンがおいしいと評判なので、ぜひ試してみてくださいね。
芸能界でもファンが多い「乃が美」の食パンは差し入れにも人気。お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子さんが自身のアメブロで、お笑いコンビ・TKOの木本武宏さんから高級食パンをもらったことを報告していました。

どこの高級食パンがお好みですか?

【アメブロで話題になった「高級食パン」ランキング】

1位 乃が美 4842記事
2位 に志かわ 2284記事
3位 一本堂 962記事
4位 俺のBakery 710記事
5位 嵜本 648記事
6位 高匠 453記事
7位 パンのペリカン 403記事

(2020年5月27日現在)
アメブロで一番話題に挙がっていたのは「乃が美」の高級食パンという結果に。これまで行列必至だった高級食パン専門店も、お取り寄せ可能なお店や店舗数が増えたことで、手が届きやすくなりました。

自宅で過ごす時間が増えている中、食べることはたのしみのひとつになっているという方も多いのではないでしょうか。スーパーに売られている食パンと比べると、1000円前後と少し高めのお値段ですが、高級食パンがあれば、普段の朝食がたちまち優雅な時間に。

ぜひ食べ比べて、お気に入りの高級食パンを見つけてみてくださいね。