1/26の記事ランキング

  1. 「ううっ…よりによって最後の会話が夕飯食べたか?だなんて…こんなことならもっとたくさん話しておくんだった。父さん…」上空から襲いかかってくるアリたちに立ち向かう術もなく、覚悟を決めてキツく目を瞑る。しかしその瞬間は来ず、顔を上げると目前まで迫ったアリたちは巨大な剣に貫かれていた。紅く閃く兜の尾。本国のテレビ局は混乱を極めていた。「あり1匹のせいで、Sランクハンターたちがあんなことに…?一体なんなんだ…」「コミッショナー!視聴者からの抗議で回線がパンクしますよ!」局内の電話は鳴り続け、電話対応していた社員が悲鳴のように訴える。「だからなんだ!ハンターたちが敗れるシーンを全国に生中継しろとでもいうのか!?」「終わった…何もかもが終わった…」力なく頭を抱えるプロデューサー。「コミッショナー!今現場に誰か現れました!」「…?なんだって!?」「こ…これを見てください」「ああ神よ…なんてことだ。早く放送を再開させろ!」「今から再開すると完全生中継になります!緊急事態が起きても収集がつかなくなりますよ!?」「どうせ既に一度放送停止している時点でこれ以上悪くなりようがない!こうなったら捨て身だ!放送を開始するぞ!」(今私たちの運命は…彼らと共に。)【スキル:影交換LV1職業専用スキル必要マナなし指定された影の兵士と使用者の位置を再び元に戻すことができます。一度詠唱したあとは3時間の待機時間が経過したのちに再利用することができます。待機時間はスキルレベルに依存します。2時間59分47秒後なスキル使用が可能です】「アイアン。」呼ばれたアイアンが叫ぶ【アイアンがスキル:挑発の叫び声を使用します】アリたちが旬を目掛けて襲いかかってくる。「よくやった。」一言声をかけて武器を呼び出す【アイテム:魔王の短剣入手難易度:S種類:ダガー攻撃力+220悪魔王バランから得た短剣です。悪魔王の短剣二つを使用するとセット効果が適用されます。セット効果:2人1つ筋力ステータスの数値の分だけの攻撃力か、それぞれの短剣に追加されます。】「一体何が起こっているんだ?今誰が戦っている?」「マサボムニム…もう大丈夫。大丈夫なんです…」「速度をちょっとあげてみようか?」「起きろ」「何!?何が起きてるんだ!?アリが復活した!?」『おい!何が起こってるのか中継しろ!全国民が見ているぞ!』「お…おお…こ…こんな状況は私にもよく…よくわかりませんが、アリ同士で殺し合ってるんです!!」「みんなこちらに集まってください」アリ退治の目処が立つと旬は全員を一か所に集めた。(仕方ない…背に腹は変えられないか…)ポーションの存在を知られるわけにはいかなかったが、そうも言ってられないと判断すると全員に配る。「説明は後でさせていただくので、とりあえずこれを飲んでください」「傷が回復していく…」傷も体力も魔力も回復することに驚くメンバーたち。だが向坂雫だけは土気色の顔で意識を失ったまま回復する兆しがない。「深刻な重症で俺の能力では回復させられません」(ますます気配が弱くなっている)「大方のアリは倒しました。他のアリが押し寄せてくる前にここを抜け出しましょう」「よしわかった!」そう言った瞬間、洞窟の入り口から強烈なオーラが近づいてきた「外に王はいなかった。いなかった。王と呼ばれる者は他にいるのか?」静かにアリが近づいてくる「奴が戻ってきたということは…」(まさか後藤竜二がやられたのか!?)「くそっこんな時に…」「マサボムニム、向坂ハンターをお願いします」「水篠ハンター!」(後藤竜二の影との信号が切れたと思ったら、アイツにやられてたのか)「あなたがニンゲンの王か?」「わぉ…虫が話しかけてるよ」※65話から先が長すぎて逆に最新話から翻訳始めちゃいました。バラバラでごめんなさい。マサボムニムの日本名は一体なんなんだろう…あくまで外国語版の翻訳なので会話メインです。情景は捕捉程度にしか入れてません。※画像差し込んでみました

    【101話】【ネタバレ】俺だけレベルアップな件【韓国語版】を翻訳してみた件
  2. 「ハァッ!」気合の声でハイオークを斬りつける隊長「なんだ?何故かいきなり…戦うのが楽になった」ハイオークに次々と小さな傷が出現する。(可能な限りバレない範囲で弱体化させてやる)隠密スキルを使用した旬。(何匹か臭いを嗅ぎつけたな)「余計なことされると困るんだよ」ハイオークの顎に短剣を突き立てる。「はぁぁ!!」女戦士が旬に深傷を負わされたハイオークの胴体を拳で貫く。「よし!1匹倒した!」(…返り血が。)(ソンギフンを含めて全員が国内最強と呼ばれるハンターズギルドの精鋭たち。彼らを信じられないわけじゃないがハイオークの相手は一筋縄じゃいかない。既に女性ヒーラーも死ぬところだったしな。殺されるところを見てるわけにもいかないだろ!)そう考えている間にも隠密スキルでハイオークを切りつけていく。【レベルが上がりました】システムが告げた(パーティーをサポートするだけてもレベルが上がるのか。それは知らなかった。1人で戦ってたらもう一つくらいレベルが上がっただろうが、ここはハンターズが大金を出して買い上げて許可を受けたダンジョンだ。部外者が出る幕じゃない。この程度の助けが最善だろうな。)「これは…勝ったのか?」「終わった?」戦士たちは口々に呟く。「怪我をした奴はいないか?息があればA級ヒーラーの力で生かすことができる!」「それにしてもハイオークで構成された軍隊なんて…」「死者が出なかったのが奇跡だな」素直にそう語り合うメンバーを横に、旬に疑念の視線を送るのはゴスロリファッションの魔法士。(あのポーター、私たちの攻撃隊を完全に馬鹿にしてる。マジックキャスターが隠密程度のスキルを見破れないわけないじゃん)「ねぇギフン兄」「ん?」「さっきハイオークと戦うときにさ…」「突然空中でハイオークが真っ二つに?誰かこっそり魔法を使ったのか?」「そうだよね!」「ジーナ、きみかい?」「私のスキルじゃそんなことできない」ジーナと呼ばれた赤いローブの女はキッパリと答えた「私の念動魔法ではほんの数秒動きを止めるのが限界。呪い系の魔法士は私たちの中にはいないし。私たちの攻撃隊は火力中心のメンバーばかり集めてるから暗殺系はいない。」「姉さんの言う通りだよ。そんな人がいるとしたら部外者でしょ。」ゴスロリ魔法士の言葉に目を逸らして汗を掻く旬。(正体を隠す理由があるようだから今は追求しない)「けどよかった。戦闘が長引いて召喚獣もう1匹呼び出してたらマナ不足で倒れてたよ」「君たちの言う通りだ。確かに後半からハイオークの包囲が崩れたおかげで、ヤツら相手に死者を出さずに済んだ」「隊長、このまま進むか?」剣士の男が聞く。「ここはちょっと危険すぎませんか?「入口付近でハイオークの軍隊なら…この先は何が出るのかわからないですよ」「ハイオークが出た以上、代表や副代表を連れてこなければ俺たちの攻撃隊だけじゃ危険だ。」メンバーは口々に不安を口にして、タンカーの鎧の男がいたわるようにソンギフンの方に手を置く。「一度撤退したらどうだ?ヒーラーを数名増やして広域魔法士3人くらい加えて魔法貫通力を上げればいけるだろうが。お前は今回初めて攻撃隊長を務めるから無念だろうが、今回は諦めよう」(今回のレイドが成功した場合、正式に攻撃隊長になれる。もうチャンスは来ないかもしれない。)震えるほど拳を握りしめる隊長。その隊長を冷静に見る旬。(諦めるのも容易じゃない。誰しも欲が出るからな。しかし、賢明な隊長なら…)「そうだな…一度撤退しよう」メンバーの顔には残念と言うより、ホッとした表情が強く出ている「俺も息子のソンヒョンが大人になるまで見届けたいしな」ギルドメンバーの冗談まじりの言葉に「僕もそう無謀じゃないよ」と悔しさを隠して笑って見せる。「知ってるよ。俺がブルブル震えてるの見えたからだろ?」「大袈裟に言うなよ。さぁ、みんな移動しよう。」ゲートまで引き返すメンバーたち。「みんな止まれ!」「どうしたんだ?」「何かあったのか?」「結界だ。しかもハイレベルな魔法式の。」「なんでこんな結界が張られてるの?来るときはなかったじゃない」「解けそうか?」「時間かければなんとかなるんじゃないかな」(それよりも問題は、ダンジョンの中なのにこんな上位魔法が使える奴がいるってこと…やっぱり撤退は正解ね。私たち攻撃隊じゃ攻略不可レベルってことだわ)次の瞬間、その場にいた全員が圧倒的な魔力を感じて旋律が走った。「こんなことが!」「これがこのダンジョンのボスの!」「そんなまさか!」「ジーナ姉さん急ごう!」「ええ!」2人が結界に向かって手をかざす。「簡単には解けないぞ!」ランプの魔法士も同調する。(普段魔力を感じる力の弱いハンターでさえ感じるほどの魔力の波動。スケールが違う!でもどうしてゲートの外ではこの魔力が計測されなかったんだ?まさか…自分の魔力を隠すことができるボス!?)魔法士3人が突然血を吐いで倒れた。「まさか呪い魔法!?」「早く神聖魔法を!」「なぁギフン…」振り向いて背中にいる隊長に声をかけるタンカーの男。しかし呼ばれた本人はさらにこちらに背中を向けてダンジョンの奥を向いている。視線の先には無数に光る赤い光り。「クッ…」※ジーナは名前が出てきたけどゴスロリ魔法士の名前がわからず苦戦しました…

    【70話】【ネタバレ】俺だけレベルアップな件【韓国語版】を翻訳してみた件
  3. (彼女がハンターズギルドサブマスターであり、Sランクハンター向坂雫!)ミディアム丈の金髪女性が出てきた。細身の身体は、凄まじいオーラにつつまれていた。(これほどのオーラを女性が持てるものなのか?少なくとも最上真と同レベルかそれ以上。ゴンフィ会長とも似たレベルだ)向坂が何かに気付いて採掘チームをじっと見つめる(何?さっき強いオーラを感じた気がする。勘違いかしら?ゴンフィ会長が現場の視察に来たのかと思ったけど…今では嘘のように完全に消えたわ。まぁ会長のようにお忙しい方が予告もなしに視察に来るはずもないわね。)「うっ!」ハンカチで鼻を抑える向坂(思ったより間隔が鋭敏な女性なんだな)「さて、俺たちのターンだ!みんな気合い入れていくぞ!」「水篠何やってる?俺たちも行こう!」髭面の男性が促す。「はい!」A級ゲート内部は広い。ゲートの評価は魔獣の評価ではなくゲートから漏れる魔力波動を測定して集計したものである。魔力波動数値が高く測定されただけ、その規模も大きくなるといえる。ゲート評価の要素がダンジョンの規模と魔力の量とすれば、魔獣のレベルが低くても相当な数が揃っていればそれなりに高い魔力波動を検出することになる。だがそこらへんにいるモンスターがいくら大群で存在してもA級レベルの魔力を噴出することはない。B級なら分からないが、A級には強いモンスターが揃っている。(ダンジョンの中で風が?魔力の波動。ボスから吹き出す魔力だ)ダンジョンの中に踏み込んで驚いた旬。そんな旬を他のチームメンバーが見ていた「聞いたか?今日来たメンバーEランクだってよ」「何?Eランク連れてきたのか?」「そうらしい」「いや、チーム長は何を考えてEランクなんか引っ張ってきたんだ?Eランクまで募集かけてたのか?」「そうなんだよ」「そんなんがいちゃ今日の仕事は時間内に終わらねぇかもなー」陰口を隠しもしないチームメンバー。(Eランクはどこに行っても冷遇されるな。まぁどうせ長い付き合いになるわけじゃないしな…)「おい、何してんだ早く仕事しろ!」たらこ唇の大男がわざと肩をぶつけて怒鳴り散らしてきた「道も狭いのに突っ立ってんじゃねぇ!」思わずギロリと睨み上げてしまった旬。「ああ…いや…そんなこともない…かな…」想像しなかった圧力に冷や汗をかいて後ずさる男。背を向けて歩いていく旬を見ながら呟いた。「あいつ本当にEランクか?」巨大な台車に縛り付けられた丸焦げのモンスターを二人がかりで声をかけながら引いていく男たち。「一、二!」採掘チームより一足先にダンジョンに入った回収チームは既に作業中である。一度攻略チームが入ってボス以外の全てのモンスターを倒す。その後回収チームがモンスターの遺体を外へ出して、最後に採掘チームが鉱石を運び出す。利益を最大化するにはいずれの工程も欠かせない。ルーン石と魔石はもちろん、様々な用途に使われる上級魔獣の死骸も大金になるからだ。骨、皮、鱗など上級魔獣の死骸は何一つ捨てるものはない。それは下級ダンジョンの魔獣と上級ダンジョンの魔獣のわかりやすい違いである。(魔獣の死体さえ金になるなんて)ダンジョンの中で金になるものを全て出し終えたら、ボスを倒してゲートを閉める。それらが全て何事もなく終われば上級ダンジョンを完全にクリアしたといえる。「A級ゲートに入ってきたのは初めてだって聞いたけど?」「はい、魔獣が思ったよりも大きいですね。他の魔獣は全て倒したとしてもボスはまだ生きてるんじゃないですか?」「そう、ボスを倒すとゲートが閉まっちまうからな。回収と採掘作業が全て終わるまではボスを倒すことはできないんだよ」「もしボスがボス部屋を飛び出してきたらどうするんですか?」「そんな場合はほとんどないけどよ…もしそうなれば中に入ってる全員が生きては出られねぇだろうな。」「そんな強いやつが奥にいるのにみんな怖くないんですか?」「全く。俺は3年間ハンターズで働いてるが、そんな事故は一度もないからな。」(知らない方が幸せなこともあるよな。ジッとしていても魔力の波動に体が震えてくるレベルなのに。ボルカンやメトスより高い魔力を感じる。そんなところを攻略しようとしている最上真と向坂雫はやはり凄いが、攻略の構成を完全に備えたA級レイドチーム全体が凄い。だから事故が発生せずに安全な攻略ができるんだろうな。武力だけを前面に出した単純な力じゃない。技術とノウハウを生かした経験の力だな)ツルハシを無心に振り続ける旬と、その旬を驚きの表情で見るメンバーたち「チーム長…彼、今日が初めてだって言ってませんでした?」「…そのはずなんだが」「あの人本当にE級ですか?働き方が尋常じゃないですよ」「資格は当然確認したぞ。初対面のハンターを身分証もなくチームに入れたりしないからな」「だったらアレはどういうことですか?」「…」「もしかしたら…神様が鉱山労働ってマイナーな才能を与えたんでしょうかね」「俺の見る目があったってことだ」「昼休憩だ!」「みんな飯食べるぞ!」「おう!」「水篠はいかないのか?」「僕はいらないです。ここにくる前に食べてきましたから」「そうか?ほどほどにな。」メンバー全員が昼食のためダンジョンを出た。(やっと一人になれるんだ、こんなチャンス逃せるわけないだろ。これから約1時間の自由。ちょっと見てくるか)ツルハシを捨て置くやいなや、奥に向かって疾走する。(巨人型の魔獣か?強いな。メトスより確実に強い)無意識に手元に武器を召喚する。(今の俺なら十分倒せるが…ボスを倒したらマズイと理性では分かってる)「引き返さなきゃな…」そう言いつつ口元は楽しそうに歪み体は戦闘態勢に入る。(ボスを倒した瞬間にゲートは閉じてハンターズに膨大な被害を被らせることになるんだろうな)「そこで何をしているんですか?」※話数がタイトルの後になってると後から読みたいときに探しづらいと今になって気づく。

    【66話】【ネタバレ】俺だけレベルアップな件【韓国語版】を翻訳してみた件
  4. 日、小学生の時以来アニメイト往訪を果たしたモモコ。です🍑わたしの中のアニメイトといえば、地方の駅近だったのに“ど”がつく方向音痴なイトコのせいであり得ないほど到着までに時間を要したことと、たまたま手にとった本の中で(今思えば、同人誌だね)ピッコロと悟飯がヤッてたのにビックリし過ぎて慌てて本を閉じたため、逆にその絵ヅラが大人になった今でも頭にこびりついていること、(ピッコロが受でした。笑)そんな思い出しかない場所でした。で、先日池袋でお昼ごはんを食べようと散策してたら、人だかりができてるアニメイト池袋本店を発見。なぜかドキドキしながら入ったアニメイト池袋本店4階は、入り口からたくさんのBL新刊が平積みされていてまさにパラダイス!我ら腐女子たちのサンクチュアリ!テンションだだ上がりのわたしはアニメイトに来た記念(?)に、なにか1冊紙本をお持ち帰りしようと、まさにその日発売だったこちらを購入。↓にゑ先生の『イけないボクは上手に鳴きたい』まろんちゃーーーん❤️(攻の方)単行本出ましたね。電子で分冊版を読んでました。不感症が悩みで美形を持て余す・夢仁(ゆに)。ある日電車で痴漢に遭遇し、目の前にいた男に助けられるが…痴漢に反応するかの実験をしていた夢仁。笑爆笑するも、夢仁に提案をするその男。名刺を渡され、後日バーで落ち合うふたり。まろんと名乗るその男に夢仁は見覚えがあった。夢仁が中学生の頃に、双子の兄、唯一(ゆいち)と家で抱き合っているのを一度見たことがある。唯一にあんな顔をさせた まろんさんなら、不感症をどうにかしてくれるんじゃないかとまろんに体を預けることにした夢仁。さっそくレッスン開始。しかし…予想以上の不感症っぷり。こんなことじゃ諦めないまろんは指で攻めるが…笑。さすがのまろんもお手上げでカウンセリングを受けた方がいいと言うが、今度は夢仁が諦めない。勃◯を強いられる まろん。(屈辱)もちろん、そのワンチャンさえも潰した夢仁。きゅーん❤️優しさとドS感が絶妙なまろんと、天然で行動力がえげつない夢仁の感度開発レッスンから始まるラブストーリー❤️お道具レッスンや、双子の兄を呼んでのレッスンとエロとちょっと笑いを含んだ展開ですが、まろんにはずっと本命がいるというシリアス設定も相まって、軽さと重さのバランスがわたし好みのBLなんですにゑ先生の前作品『あなた、わたしの業なので』で、存在感があり過ぎたサブキャラのまろん。遊び人感全開だったまろんが、思い通りにならない相手にヤキモキする姿がもう、どうにもたまりません❤️そして単行本と言えば、描き下ろし!ギャーーーーー❤️❤️❤️まさかの…まさかの…まろんの赤面❤️眼福でございますぅぅ…秒で素に戻ったけど。はぁ、心臓イタイ…分冊版で完結したとき、え…これ、ここで終わり!?と思ったんですが、描き下ろしがあって大満足でした〜❤️しかーも!アニメイトで偶然買ってよかった!描き下ろしの後日談〜見開き2ページだけれど、さらに満たされた。夢仁くんいいキャラしてるわ〜❤️しかーし!※コミックシーモアのページから↓うん。いや、わかってたけど。電子限定描き下ろし漫画付きもちろんアニメイト限定特典の内容とは違うであろうこれねー。たった1ページなんだけど、この1ページのパンチ力を知ってる身としてはされど1ページなんですよぉーーもぉーー!!うむー。うむー。買っちゃおうかなー。ちょっと脳内会議中なので、この辺で失礼いたします。モモコ。でした🍑

    アニメイトへ行った記念に買ったBL紙本。
  5. ビルの中をふらふらアニメイトやさん駿河屋さん、らしんばんさんなどヲタッキー垂涎のお店がたくさんあるので楽しめましたv時間になったのでお店へ~~藤の花が飾ってましたv素敵vメニューは期間で入れ替わるようでした。行った日は、メニューやランチョンマットなど、炭治郎・不死川さん・ねずこ・無一郎君が特化されてましたお昼はメニューがクリームパスタ系が多く、ちょっと苦手なこともあって今回はデザートとドリンク4種にしましたv(一人だけどねvまずはねずこちゃんのザクロシロップ×牛乳×ヨーグルトドリンクこれは普通に美味しかった~vストローのねずこリボンが可愛いvそして、不死川さんの「鬼を抹殺してこその抹茶ムース」綺麗でしたーvこれ実弥さんの羽織を表してるんですねvメニューにめくってみてって書いてあるのに気づかず美味しくパクパク食べてたら、中に「滅」の文字が出てきて、はじめて隊服だと気づく我(遅wスミマセヌ・・・・中の抹茶ケーキ凄くおいしかったですA3サイズのランチョンマットをいただきましたvランダムで実弥さんとねずこだったよvあ、これさかさになったそれから、無一郎の「何だっけ あの雲の形パフェ」上が綿菓子になってます。中にはチョコミントアイスとガトーショコラのパフェvこれもおいしかったーv(ボキャ貧お口が甘くなってきたので、追加で炭治郎のほうじ茶とお菓子をオーダーvシンプルだけどあったかくて凄くおいしかったです。炭治郎らしい優しいお味でしたvそのあとは広々とした店内を散策ランダムのバッジとアクスタを5つ購入したら、なーんと推しの善逸君がたくさんでめっちゃ嬉しかったですv^^あともう一こアクスタ追加したら、炭治郎くんでしたvするとこんなお知らせが・・・・・・なに?ポイントカード??(この義勇さん可愛いv)どんどん完売していってたので、宇髄さんをオーダーゲットぉおおおお!お店に行くたびに階級が上がるらしいです。あとはアニメイトをうろうろvエレベーターも可愛いvお土産はめんべえ!そんなこんなで、小倉を後にし、新幹線に乗って帰宅いたしましたー!ぼっち参加だったけどもう幸せいっぱいな空間で行って良かったですー!帰ってきてから、2月に地元で行われるスイパラ鬼滅コラボも休日に予約できましたvよかったーv帰宅したら素敵お品がvターザニアのクリアファイルv可愛いーvそしてそして、BOOTHでオーダーさせてもらった、らいぱんださんのまこラッコちゃんシリーズvもうもう癒されましたvご縁頂きありがとうございましたvではではホワホワした気持ちになったところで、今日はこの辺でv皆様読んでくださりありがとうございましたv お休みなさ~~~いv追記千値練さんの兵長をお迎えしましたー!ヤバーイ!カッコイイ!箱の兵長は更に素晴らしい・・・色っぽい・・詳細は次回ご紹介しまーす\(//∇//)\ではでは。

    【追記あり・福岡遠征②】鬼滅の刃カフェレポとかたっつん&LiSAさんおめでとう~!とか
  6. 26歳になりました!
  7. 事ゲット!マガポケ発売日きっかりには読めていたので安心して買えましたよ~~だって!(눈_눈)兵長ォオオオオオオ!!というわけで、本誌感想いってみたいと思います。進撃の巨人 125話 「夕焼け」 好き勝手な感想~~v(1)ストヘス区王都近くのストヘス区でも壁は崩壊、巨人が徘徊・・・救出活動を続けるヒッチが気づいたのは濡れた跡・・・・きっとドロッとしてると思うけどパラディの3つの壁と各地区の壁もすべて崩壊・・・壁巨人はエレンの意思の元に動くけど、踏みつぶされない保証はないのよね「私の家が・・イェーガーのせいで・・・」 はブラックギャグ?ぶっこんできた?以前、ザックレー総統が殺されたときにも民衆が「心臓を捧げよ!」って言ってて怖いっていう話が話題になってたけど、今回もエルヴィンさんでなく、一般人が言うと意味が変わってくる感じするよね かつてリコさんが「死んだかいがあったな・・・」といった時は本当に泣けたんだけどねてか、リコさんってどうなったの???その後登場してたっけ・・・・??からの・・・アニ!!これ、まだ15歳のままの体形だよね??ヒッチとの身長差と力の差そして、前号で強調されていた指輪で巨人化準備ねヒッチの言うように体力ないような気もするけど、びっくりしたのは、ちゃんと4年間意識があった、ってことだよー!きゃーアルミンもヒッチもいろいろアニの前で話したんでしょうけど恥ずかしい~~でも、目覚めたアニとヒッチがゆっくり話すシーンはとてもよかったです。二人とも何か相手の冷めた部分を認め合ってたようなとこあったからねそこでアニの過去キターなんかここでもまた、すごい家族関係だな・・・・・エレン・・・前の奥さんと子供がいて奥さん巨人化した父親と前妻に食われた実母ジーク・・・王家の母と復権派の父愛情不足で両親を告発し母は巨人化・父も後妻もらって巨人化リヴァイ・・・お母さん娼婦、父親わからない オジサン殺人鬼切り裂きケニーライナー・・・父親マーレ人で、母親浮気相手のエルディア人で父親にいらない子扱いヒストリア・・・父親王家母親使用人の愛人でいらない子扱いアニ・・・父親マーレ人母親浮気相手のエルディア人で捨てられ、養父金のためアニを戦士にパラディ側がわりと愛情受けて育ってきてる(ヒスは例外だけど)感じがするけど、マーレの子たちはなんかすさまじいよね・・・・収容区や差別があるということは生きづらい・・・・そうなると王が作った楽園の中で暮らしてきたエレンたちはそういう点では恵まれてたんだなあ自分的に、愛人とか不倫とか育児放棄とか女性蔑視とかいう言葉苦手で聞くと凄く苦しくなるので、またかっていうかんじでなんかもうそういうとこ辛いですよ・・・・><諌山先生ほんと色々仕込んでくるな・・・・回想で出てきた父親は養父だったんだね(別れるときは「父だった」っていうのは「本当の父親と同じ感情だった」ととらえてるんだけど違う?)けれど戦士になって島に渡ることになった最後のときに、帰ってきてほしいとアニに伝えた父の本心を信じて、それだけを支えにしてここまできたということで、アニの苦しさとか涙とかいろいろ考えてしまったよ「父のもとに帰るためならまた同じことをやる」というアニに、自分の大切な人を守るためなら何でもやる的なエレンと同じ気がしたよ「聞けて良かった」というヒッチの脳裏には、マルロの死の意味が欲しかったのかなと思いました。そしてレベリオ収容区でもエレンの脳内放送は聞いたエルディア人の暴動が・・・・アニ父もアニに会いたいという思いが強いんだろうなと思いました。(2)アルミンキースさんに助けてもらった訓練兵は自分たちのしたことを反省しつつ教官の元に戻ってきたんだけど、やはりキースさんがフルボッコされたのは抵抗せずに、訓練兵たちを助けようとしていたんだなとわかりました「ただし・・・いつか立ち上がるべき日が来る。それまで決して自分を見失うな」まだ希望を捨てていないということにやっぱり元団長だなあと思いました。そしてルヴィンさんの王政奪還時の時のことをぼんやり思い出しました。さて、アルミンとミカサですけど、ガビを使ってライナーやピークと繋がることを考えたら、ファルコをコニーの母ちゃんに食わせるわけにはいかないという事ですねなんかミカサもとても弱ってきてる気がして辛い以前はエレンとともに生きる強い思いがあったし、エレンが喰われたと思っていた時もみんなを鼓舞して突入する意思があったけど、今とても自信喪失なかんじで見ていてつらい・・・・(´;ω;`)これまでのいきさつを考えたら無理もないよね・・でもやっぱり強いミカサであってほしいのよねマフラーはルイーゼが持って行ったの??><なんか嫌な感じアルミンも4年間ずっと、「なぜ自分が生き返ったんだ、団長じゃなかったんだ」って自問し続けてきたのが爆発ー!みたいで辛い><で、やっぱり「世界を救うのはアルミンだ!!」と言ったエレンにはどんなアルミンの未来が見えていたんだろうと思うんですよねこうなったらほんとアルミンに世界を救ってほしいよ※ただし、自分は兵長がアルミンを選んだんじゃなく、私情で団長を休ませることを選んだ、という認識なので、アルミンにしては気の毒でしかないんですけどね・・・・・アルミンとともにファルコを取り戻しに行くガビですが、ほんとブラウス一家って仏様のようなね・・・・私だったら、娘殺した子供を助けるとかできないよブラウス一家は上で書いた親子関係の理想のような描かれ方、というか、敵味方、それぞれの思いがあるし善悪の裏返しという先生の思いを伝える役割なんでしょうねこの漫画はいろいろな対比があるなあと思います「ガビって変」はちょっとわらったwコニーにファルコを母ちゃんに食わせるのは今はやめるように説得しようというアルミンだけど、一瞬、「いずれ僕を母ちゃんに食わせていいから」みたいな提案もしたりして・・・とかちらっと思いました。(3)フロックさて、お山の大将フロックやってきましたねこの人ホントぶれないねていうか・・・10か月前から知っていた…だと・・・・時間の流れの感覚がマヒしてるんでどのくらい前なのかちょっとよくわからないけど、1年近く同僚を巨人にして殺す計画たてて黙ってたのすごいな・・・・フロックがいなければ、リヴァイさんはエルヴィンさんの最期を看取ることはできなかったから、90キロの巨体を抱えてきた根性があるので薄っぺらい奴ではないと思うんだけど、ヒールっぷりがきつくなってきたなあでも、「自由だよ もうお前たちは戦わなくていい」っていってる顔も本気だし、凄く怖い。ハンジさんと兵長にとどめを刺そうとしたくせに、ハンジさんまでジークのせいにしてるし。あとから生きてましたー!ってかっこよく復活してくるシーンが見えたけどねファルコと一緒のコニーファルコは軽く記憶喪失になってるので、本当のことは伝えてないのね・・・・顎のユミルの記憶とも繋がってるのかもしれないね・・・からの!!!からの!!ピークちゃんとマガトさん生きてたてか、車力って、半分巨人化してる状態で上半身出して乗り物な感じにもできるのね 凄い!・・・・からの!!!!!!!!ハンジさぁ~~~~~ん!!!! 生きてたぁあああ!!!!!!「あのー」とか言いながら巨人に近づいてくるとかもうもうもうハンジさんだ!フロックが川の中にバンバン撃ってたから重症かもって心配してたら「あの~~」ってほぼ無傷で歩いてきたから泣けたよぅ・・・・そしてそして!!!! 兵長ォオオオオオオオ!!!!!!!!!生きてたーーーーー!!!!長かった!!!衝撃の115話から10か月!!!!どんだけみんな心配したことか・・・・(´;ω;`)ウゥゥ可愛い・・・・・・(えそうなんですよねミノムシ状態ですやすや眠ってる姿とか読者は初めて見ちゃったから、生きててよかった、の前に 「可愛い・・・・」って思っちゃったんだよぅいやぁ・・・・・ほんと・・・・興奮して寝られなかったよ・・・・・よかった・・・ほんとよかった・・・・朝もう一度読み直して泣いたわきっと意識を失ってるお正月の間、彼岸のエルヴィンさんと会ってたと思うよ「リヴァイ・・・そろそろだ」 「しょうがねぇなあ・・・・それじゃ行ってくる・・・」「ああ 無事を祈る」「いつになるかわからねえが・・・・まってろ」人畜無害の死にぞこない・・・・・・これでもしかしたら、巨人化注射液かなんかで、巨人にはならないけどもともとちっこい巨人なわけだからシュゥウウウって傷とか完全復活してたら凄いな空白の時間の間どうなったのか気になるところですね川からなんとか上がって、リヴァイさんに包帯巻いて手当したり馬とかつぎはぎの車作ったリ毛布?にくるんだりしてるのだから、だれか手助けをした人物がいるか、もしくはキャンプ地(木のホテル)か、どこかの建物とかに入り込んでいろいろ調達して暖を取ってたってことかなそして、ここでピーク&マガトさんに、自分から声をかけたってことは、きっとハンジさんになんらかの策があるという事だろうから、気になるとこですねハンジさんじゃなきゃこんなことできないよねで、交渉の中身は、いったんエレンを止めようと手を組むつもりなのかなそういえばジークはどうなっているのでしょうかさすがに復活できそうにはなかったけど、リヴァイさんの約束を果たすためには猿復活してくるだろうし・・・・ピーク&マガトは猿を狙ってたから、敵の敵は味方というとこでしょうかそして最後のアオリ文!!「生者は死なない  あの兵士に意味を与えるまで」「リヴァイは死なない エルヴィン(加えるとすれば犠牲になった兵団の面々)に意味を与えるまで」であってますか??^0^エルヴィンさんの言ったことがここでまた見られるとはほんとにもうね・・・・・今回は最高に滾る回でした。来月はこの4人の場面続くと思うし、あとはコニー&ファルコねアルミンとガビの会話も観てみたいです。エレンサイドはしばらくお預けかな・・・・・・タイトルの「夕焼け」はどういう意味なのかな「白夜」は沈まない太陽・・・・・「夕焼け」は太陽が沈む・・・・・終焉に近くなってきた・・・・みたいな寂しい印象・・・?収束に向けてどう回収していくのか怖いけど頑張って見届けたいです。包帯ぐるぐる 兵長に萌えてNo Name のMMD観まくりました。尊い・・さて!昨日届いたお疲れ様本!!凄くよいですよ!キャストさんや、スタッフさんのメッセージがイラスト入りでたくさん紹介されています。こういうスタッフさん紹介本・・・京アニさんのを数冊持ってて・・・・ちょっとそれ思い出してしまって、途中で読めなくなっちゃって、また時間たってからじっくり読もうと思います。薄いけど凄く読み応えある本なので是非是非vあとなんか予約開始wwハムスター?後から欲しくなるといけないので、いちお予約しました。そしてこれも届いたよvラバースタンドううううう第一弾はこれでしたそして、ゲキタク!めでたく初めてレベル MAXになりました!ミカサ!毎日ゲットできるガチャ一枚やったらリヴァイさんいらしてびっくり!!そしてなんと翌日一枚やったらエルヴィンさんだった!おりしも本誌の発売日でリヴァイさん復活した日だったので、神の啓示だったんだなと・・・・・・・ホーム画面はこちら💕カッコイイー!そしてネットで完売になってるこの雑誌v本屋さんで予約して、無事今日入荷しましたという電話をいただきました。よかった~~~v来週は舞台の福岡公演を観に行くよ!鬼滅の刃のこともいろいろありますが、今日はこの辺でv(ポンタカードはゲットできましたv^0^ノ)ではでは、さようならとは言いませんお帰り兵長!といいますv

    (追記あり)進撃の巨人125話感想とかお疲れ様本とか
  8. ※最新話とこの辺りを行き来しながら翻訳してるので順番がかなりごちゃごちゃになってると思いますがご容赦ください『これは向坂ハンター、この時間に何かご用ですか?』「水篠旬というハンターについて少し調べていただけますか?」(あの広いダンジョンで道に迷い、よりによってボス部屋にたどり着いた?何かあるはず。他のギルドのスパイなのかしら…)『え?まさか…協会所属のEランクハンターのことですか?』「ご存知なんですか?」『ああ、それは…実は昨日最上代表にも同じことを聞かれたんですよ』「最上代表がですか?」『はい、そのことがあって私も知っていたんですよ』「何があったかご存知ですか?」『残念ながらそこまでは…私も調べてみようと苦労をしたんですが、協会からの情報制限がかかってるんです。最上級ハンターでもない一般ハンターの情報にロックがかかってるなんて私も初めて見ましたよ』(ハンターズ代表が情報を知りたくて、教会側が情報を隠したいEランクハンター)「明らかに何かある」通話を切ってそう呟くとそのままベッドにダイブした。(なぜ彼は違ったのかしら。数多くいるハンターの中で…)「良い匂いがしたのは彼が初めてだわ」旬が目を見張る。そこには馬淵、観月、亡くなった真島といったD級ゲート常連メンバーたち「水篠くん、今日は昼飯食べてきたのか?」「一緒に行こう」「水篠さん今日は怪我しないでくださいね」旬が見た一瞬の幻の理由は分かっていた。「おっ、来たな?」「今日もよろしくな。」ハンターズギルドの採掘チームのメンバーが旬を迎え入れる雰囲気がよく似ていたからだ。旬は寂しそうに笑う。「今日はランチ一緒に食べようぜ」「食べてきてないだろ?」しばらくの間忘れていたこの感じ。ここの空気はいくつもの記憶を呼び起こす。…悪くない。「採掘チームは午前中の作業お疲れ!しばらく休んで午後の作業にとりかかろう!」「もしよろしければ採掘チームのメンバーをお借りできますか?僕らの方で荷物を持ってくれる方が来なくて」立派な装備をつけた戦士がそう言って近づいてきた。「採掘チームでポーターを選ぶのか?」「力のある回収チームがあるのになぜ俺たちのチームで…?」「昨日うちのチームは夜も食べられなくて3時間にわたって残業してやっと作業を終えてクタクタだ。 ところが、今日はポーターまで引っ張っていこうってか?回収チームにはそんな余裕はねぇよ。採掘チームワークは早く終わったんだろ?」「確かに俺らは水篠のお陰で2時間早く終わって帰れたが…」「攻撃隊と行っても良い方はいませんか?危険手当はレイドが終わればすぐにお支払いします」「…」手を挙げるものはおらず、全員が目を逸らす。(危険手当って命をかけるほどのことか?)(俺は死んでもごめんだね)「ソンギフン隊長」見かねて声を上げたのはリーダーだ「B級ダンジョンだって行こうか迷うのに、A級ダンジョンだなんて。下級ハンターが行ける場所じゃないよ。ポーターは攻撃隊の荷物持ちだけでで戦闘に参加しないとは言っても、採掘作業にくらべたら格段に危険だ。採掘チームの大半はDランクだし中にはEランクもいる。俺たちみたいなのは攻撃がかすっただけでも死ぬんだ。危険手当をいくらもらおうと、そんなところに行く奴がいると思うか?」それでも諦めきれない様子で「誰も…いませんか?」と訴えるソンギフン。そこに1人の手が挙がった「俺が行きます」手をあげたのは旬だった。「何!?」採掘チームのメンバーはギョッとして「EランクがA級ゲートにいくだって!?」「水篠もっとよく考えろ!?」「ダンジョンには強い魔獣がいるんだぞ。なんでそんなとこ行きたいんだよ!?」口々に旬を引き留めようと大慌てで訴え始めた「大丈夫ですよ。度胸があるとかないとかじゃないです。」(例えポーターでも他の攻撃隊のレイドを見守るのはいい勉強になるだろう。A級ダンジョンのレイドなら尚更!)「ああ、彼は昨日初めて働き始めたので何もわからないだけなんです」止めようとするメンバーがソンギフンにそう言う。「彼のランクは?」「彼はEランクです。いくらなんでもランクが低すぎるので他をあたってください。」「いえ、彼に頼みましょう」「よろしくお願いします。今回の攻撃隊の隊長を務めますソンギフンと言います」「水篠旬です」2人は握手を交わした。「重くはありませんか?」「大丈夫です」(無理してるようには見えないな)頭の先からお尻あたりまである巨大なリュックを軽々と背負いゲートに向かう旬を気遣う隊長。(昨日見たゲートも大きかったがこっちはもっと大きいな)「巨大なサイズですね」「採掘は昨日が初めてだったのでしょう?A級ゲートを見るのは今日が2度目ですよね。、ゲート自体は大きいですが魔力量は昨日のゲートの方が大きかったです。危険度が高買った場合、私たち2軍攻撃隊が出る幕はなかったでしょうね。」ハンターズの2軍だ…Sランクが不在というだけで実力は昨日の攻撃隊と大差ないはず。Aランク11人Bランク6人。ハンターズ以外のギルドならば絶対に2軍に分類されないメンバーだ。「潜りましょう」体調の一言でゲートに潜っていく。(確かに漏れ出る魔力は昨日より弱い。協会の測定結果が間違ってるとは思わないけど…)しかしなぜだろうか…レッドゲートの前に立った時のように妙に不吉な感じがする。(杞憂…だよな?攻撃隊員でもないのにあまり気にしても仕方ない)ゲートに足を踏み入れる旬。【ダンジョンに入場しました】システムが告げた。ダンジョンの中で柔和な印象の髪の長い女性ヒーラーが声をかけてくる。「緊張しないでくださいね。ギフン兄…じゃなくて、リーダーをはじめとするここにいる人たちはそうそうたる顔ぶれなんですよ。」「よし行こう」先頭で隊長から全体に声がかかり「行きましょう」女性ヒーラーが旬を促す(Aランクヒーラーか?観月さんもBランクだったからトラウマさえ克服できていればこれくらいマトモな攻撃隊に入って活躍する人だったんだろうな。攻撃隊に混ざったBランクはほとんどAランクに近いレベルだ。ハンターズはこんなレベルの攻撃隊を複数持ってるのか…)「戦いは私たち攻撃隊が完全に担うので、導線さえ合わせてくれれば攻撃が飛んでいくことはないと思います。こんな言葉があります。魔法士が攻撃されるとタンカーの責任ヒーラーが攻撃されると攻撃隊の責任ポーターが攻撃されたらギルドの責任と言われる。それだけポーターが標的になるような状況は起こらないってことです。攻撃隊が失敗しない限り」"ポーターが攻撃される"それは攻撃隊が全滅した時だけ。旬は女性の安心させようと放った一言に何故かヒヤリとしたものを感じた。リーダーは考える(ハンターズで攻撃隊隊長を任されるのは初めてだが、今回のレイドを成功させれば正式にBチーム攻撃隊の隊長に任命される。最上代表や高坂雫ハンターには及ばないが、俺もAランクの中では最上級だ。できないことを任せるはずがない!)前方からモンスターの近づいてくる音。誰も声を発していないのに、全員が弾かれたように一瞬で戦闘態勢になった。(何の指示もなくすぐに戦闘態勢に入った…これがAランク攻撃隊!)旬が目を見張る。暗いダンジョンの奥からモンスターの迫りくる音がする「何…こいつらは!?」

    【68話】【ネタバレ】俺だけレベルアップな件【韓国語版】を翻訳してみた件
  9. 960年代シリーズアニメゲゲゲの鬼太郎の原点にして、唯一の白黒版(モノクロ版)!ちゃんいしママが観てた頃の鬼太郎。このシリーズが無ければちゃんいしも鬼太郎と出会ってない!!この鬼太郎たちが現代風のグッズになるとは感無量何気に1期の鬼太郎も可愛いねこ娘はリボン無し、しかも1話限定のゲスト妖怪でした。第2期(1970年代シリーズ)1期の続編として作られた第2期。ねこ娘がレギュラー入りし、他のファミリーのキャラクターデザインや声優さんも安定化しました。他の水木作品と融合された回が多く、公害問題などの社会問題に切り込んでいったシリーズとしても知られてますね!第3期(1980年代シリーズ)2期の放送終了から13年してテレビに帰ってきた鬼太郎たち!キャラクターデザイン、田の中さん以外の声優さんを一新した新たな鬼太郎!3期からこのやり方が取られるようになりました。鬼太郎のキャラクターもヒーロー色が強いものになりました!人間サイドから天童夢子ちゃんが初のレギュラー入りしたことでも知られる3期は、コミカルなキャラクターたちがストーリーを紡ぎながら人間と妖怪の共存共栄が謳われましたどこか憎めないぬらりひょんと朱の盆も、このシリーズからライバルポジションとなり今に続いています!第4期(1990年代シリーズ)さぁ、我らが4期の鬼太郎たちですよ時代が昭和から平成に変わり、平成第1号の鬼太郎がこの子たちです。原点回帰をテーマに、鬼太郎のキャラクターはどこかクールな感じになりました。和田薫さんによるBGMは作品のおどろおどろしさを更に際立たせました!レクイエムは名曲として今も語り継がれてますね各話は原作を大幅にアレンジしたものが多く、4期の魅力の1つと言えるでしょう。4期は涙なしには観れない話が多くて、ちゃんいしの涙腺はいつも崩壊笑笑 佐野史郎さんや京極夏彦さんがゲスト出演した点も忘れちゃいけない!!シリーズの途中からデジタル制作に変わりまして、東映アニメーションで最初のデジタル制作アニメだそうです。映像は綺麗になりましたが、アナログ技術で作ってた時の方がちゃんいしは好きです。レギュラー放送で114話は歴代鬼太郎で最長(3期の地獄編はレギュラー放送終了後に作られました)第5期(2000年代シリーズ)21世紀に復活を果たした鬼太郎!妖怪横丁という新たな世界観で物語が紡がれました。前作までの妖怪ポストに代わり、ねこ娘が人間界とのパイプ役になり出番が格段に増えていきました。出番はやや減ったものの、鬼太郎とねずみ男の男同士の友情がフューチャーされる回も多く描かれました。鬼太郎たち正義の妖怪だけでなく、ぬらりひょん一家やベアード率いる西洋妖怪軍団など悪役も集団化してバトル要素を盛り上げました!地獄の鍵や妖怪四十七士といった新要素、蒼坊主、ココン、バケローなどといったオリジナルキャラクターの多用などの大胆なアレンジへの挑戦は6期における名無しやアニエスをはじめとするキャラクターの登場や西洋妖怪軍団の新デザインに対する我々の免疫形成に一役買っているのではないでしょうか??実写版映画の公開もあり人気はうなぎ上りで、2年目はアニメ化40周年を迎え、鬼太郎史上初の単独長編アニメ映画化を果たしましたシリーズ初の3年目、115話を超えるストーリーが期待されていましたが諸般の事情で打ち切りに未だに5期の続編を望む声がありますね。6期(2010年代シリーズ)アニメ化50周年を記念し蘇った6期鬼太郎!ただいま絶賛放送中ですが、3年目に行ってれば間違いなくシリーズ最高傑作の名を欲しいままにしたでしょう、、、。今でもシリーズ最高傑作と言っていいと思いますが、いかんせん話数が、、。まだまだ観たいんだもん、出てない妖怪まだまだいるんだもん、、。6代鬼太郎年々、若干身長が伸びてスタイリッシュになってますね笑笑6代ねずみ男並べてみると黄色マントの少ないことよ笑笑ねずみ男って黄色のイメージが強いですが、実は青が多いんです!6代ねこ娘3人の中で1番変化が著しいのはやっぱりねこ娘笑4期以降は完全に可愛い路線❤️あとは着る用にTシャツを1枚購入しました!これ着て今年もゲゲゲ忌行くつもりだったのに、、今年は上映会あるかなはい、というわけでゲゲゲ忌グッズはこれにて無事にコンプいたしました今年はこれ以上のグッズはないと思いますが、何かイベントとかグッズがあったら買っていきたいなあと、文句じゃないけどダブった5期ねこ娘の台座が4期のロゴなんですけど😡これだけじゃなく、キャラクターと台座のシリーズがバラバラに入ってるのも何個かあって、細かいとこまでちゃんとやってくださいって感じです😡

    待ちに待った‼️1ヵ月遅れのクリスマスプレゼント
  10. プレゼントbyアッシュ
  11. 20年・冬アニメ雑記(防振り 1~2話)
  12. ~ユリとレフェリスタのエピソード~ユリとレフェリスタの交わした約束の話(※およそ2年前の話)※名前の表記が変わっているので、本記事では下記のように統一します●ラッフェリスタ→レフェリスタ ●アールルミーク→アルミック塔123階 中間エリアザハード家 浮遊船内 レフェリスタ・ザハードの別荘ピンク色の髪をしたレフェリスタ・ザハードは相変わらず布団の中でゲームに熱中していたそこへ、レフェルリスタ・ザハードの道案内 兼 執事のアルミック・エドロックが就寝の時間だと声をかけるレフェリスタは今日は休暇だから夜更かしをすると窓を開けてゲームをしているアルミックは今日は森の動物たちが鳴かずにやけに静かだし、誰かお客様でもくるのだろうかと問いかけて去るレフェリスタはやっぱりゲームはたまんないねと呟くレフェリスタの別荘前の門にはユリ・ザハードと道案内のエヴァン・エドロックが立っていたユリはレフェリスタに呼び出されてやってきたのだが、目の前にはザハード家の近衛兵がずらりと並んでいたユリはレフェリスタのいたずらだと呆れ、エヴァンはレフェリスタが簡単に情報を教えてくれるわけがないから遊ばれているだけだと言うエヴァンはレフェリスタのおふざけは今に始まったことではないけど、階級で言えばユリは近衛兵より上だから命じれば規律上は拒めないから引くはずだと言ったしかし、近衛兵はそんなユリの命令には従わず剣をむけるさすがのエヴァンも目が真剣になり、ユリはプライドが許さないと戦う気になるそしてその戦いの轟音を耳にしながら、アルミックは優雅にお茶をするのだったユリは近衛兵を倒して、窓からレフェリスタの部屋へ入るそしてレフェリスタの悪ふざけは行きすぎだと言ったかつて、試験の階で消えた少年(=夜)を探して欲しいとユリはレフェリスタに頼んだそしてそれと引き換えに「チゲナの子を助ける」というのがレフェリスタの条件だったチゲナの子供は今、月下翼松のアジトにいるマジノは気にしていないようだが蓮家の恨みを買うようなことではあり、いったいなんの狙いがあるのかとユリは問いかけるが、レフェリスタは後々全部わかると答えるだけだったそしてチゲナの子供を助けてくれたお礼だと言って、レフェリスタはユリに超入手困難な地獄列車のチケットを渡したユリは選別者時代も面倒臭くて地獄列車には乗っていなかったそもそもD級選別者以外がチケットを手に入れるのは違法であり、乗ることはできないしかし、レフェリスタはユリの探している少年が1年後にその列車に乗ると言うユリは夜が本当に生きていたのかと驚いて思わず立ち上がるレフェリスタは本当かどうかは列車に乗って自分の目で確かめたら良いと言って、列車に乗る方法を教えると言ったエヴァンはアルミックの元へ行き、死んだ少年をダシにしてユリをどこへ連れて行くつもりなのかと問い詰めていたエヴァンはアルミックの思い通りにはさせないと言うしかし、アルミックはなぜ夜が死んだと決めつけるのかと反論した彼は普通の少年ではなく「非選別者」である塔は誰にでも扉を開けるわけではない安定、平和、革命、自由・・・・・・「何か」に必要なものを呼び寄せる非選別者にはその力があり、少年が塔になにをもたらすのかは直接その目で確かめろと言うエヴァンがアルミックの言葉を訊き返すと同時に、ユリがやってきてエヴァンを連れて立ち去ったユリはエヴァンに二十五日の夜は生きていたのだと言ったエヴァンは死んだはずだと主張するが、ユリは非選別者である夜の存在をザハード家から隠すために試験の階がグルになり全てをでっちあげたのではないかという可能性にたどり着いていたエヴァンはもしそうであれば管理人の許可が必要であり、管理人がそんなことを認めるわけがないと言う(※試験の階の管理人は、夜のことを美味しそうだといった魚みたいなヤツです)ユリはハイランカーのポストを捨ててまで試験の階にいるユハンがなにかを知っているとにらんでいたそして試験の階の調査は他に任せ、自分たちは地獄列車に乗るのだと言ったユリは夜に直接会ってすべてを聞きだすのが目標だと言ったエヴァンはレフェリスタ・ザハードが嘘をつくはずがないと考えたと言うことは、夜が塔を上り続ければ、いつかはユリと再会することになるその運命には逆らうことはできないのかと感じていた(※エヴァン、行きは浮遊船に乗って門まで来てたのに、帰りはユリに引きずられて徒歩で帰ってる。浮遊船忘れてるのではwww) スイスミス ココア 『◆スイスミスマシュマロ 入り』 ミルクチョコレート 1680g 28g×60袋 SWISSMISS ココア ホットチョコレート ドリンク 粉末 通販 業務用 コストコ  スイスミス ココア マシュマロ入り 60袋 ホット ミルク ココアパウダー ココア飲料 食品 楽天で購入 アルミックはマシュマロココアを飲んでいたと思われる。そして、エヴァンの道案内としての能力はどんなもんなんだと若干疑問に・・・・w

  13. 1月号の定番付録といえば、カレンダーと共に忘れちゃならぬ手帳型のダイアリー。今回は年代バラバラですがちゃおの歴代ダイアリーをご紹介。まずは83年1月号付録、三浦浩子の'83占いダイアリー。80'sテイストな表紙がカワイイ。背景のアドレス帳?に紐でエンピツがぶら下がってるのが何とも昭和テイストで泣けますな。裏表紙。夜空の窓に腰掛けるポーズもキュート。三浦せんせのイラストは今見ても古びないですね。中身は日記帳になるフリースペース。右下には血液型やらホクロの位置やらのMINI占いが記載されてます。更に巻末には結城モイラ先生による83年度の星占いも。続いて90年2月号付録、佐柄きょうこの1990 DOKIDOKIダイアリー。表紙は連載中の「TONBI!ジェネレーション」かな?1月号の定番付録、と書いたのにコレだけ2月号でギャフン。発売は1月始め・・・いや早売りだから年末ですけども。裏表紙。表紙の柊子の視線の先がここに(゚∀゚)青春やのー。中身は日記というか普通に手帳ですね。毎月お花と花言葉も載ってて乙女ちっく。巻末には気になるカレとの相性が分かる'90星座別相性早見表も。お次は93年1月号付録、1993ちゃおダイアリー。やぶうち優の「水色時代」ですね。恋愛に関してはまだまだ生まれたて、ヒヨっ子の二人・・・という意味合いでヒヨコ柄なのかと思いきや、93年は酉年でしたねそういえば。干支柄や。裏表紙も布亀の救急箱状態。いっぱいヒヨコ作ろうね!的なアレもあるのだろうか。(水色時代への偏見)中身は原点回帰の日記帳。左ページのねぼけ優ちゃんがカワイイ。時代に合わせてアップデートされるやぶうち先生の絵柄ですが、個人的にはこの辺りが一番好みです。最後に95年1月号付録、清水真澄「ちゃーみんぐ」茶美ちゃん1995 CIAOダイアリーです。DIARYの字体がスイカみたいで可愛い。やまだかつてなく90年代感。裏表紙。猫化しても二足歩行でトライアングル持てる器用さ。こちらも中身は日記帳。二色カラーになってちょっと豪華に。この程度のスペースなら毎日埋められそう。日記って一日忘れるともう続ける意欲が消滅しますよね。マメにつける習慣が無いままの人生でした(諦め)。

    ちゃお付録★ダイアリーいろいろ
  14. 何処にでも現れる奴ら…
  15. 【鬼滅の刃】コラボカフェ情報(^^)
  16. はかなり高く、実際原作を読んだ、アニメを見たという人も私より少し上の世代では多いだろう。だが、アニメ北斗の拳2を見ていない、もしくは覚えていないという人も意外と多いことにびっくりした。ラオウまでが北斗の拳などと言う人もいた。確かにラオウまでの北斗の拳は話もわかりやすい。なぜなら、壮大な兄弟喧嘩だからだ。その大喧嘩にモヒカン雑魚初め、南斗を巻き込み、北斗神拳伝承者であるケンシロウが勝ったという話。簡単に言えばね。だが北斗の拳2、つまりラオウ死後からカイオウまでの物語は、天帝守護という北斗の運命、北斗神拳の創始となる北斗宗家の物語が描かれている。何故、どうやって北斗神拳が生まれたのか、北斗神拳と北斗琉拳の派生、北斗宗家にまつわる秘話など、少し話は複雑にはなってはいるがその分奥深く、濃い内容となっている。だから私から言わせてもらえばラオウまでが北斗の拳というのはおかしな話で、北斗の拳2を見てこそラオウという人物が完成されていると思う。それに、続編ならではのみどころが沢山ある。ケンシロウと出会いケンシロウの闘いを近くで見てきた、少年バットと少女リンの成長ぶりだ。特にバットの成長には驚いた。ジュウザにも負けず劣らずのハンサムボーイになっていたのだ。そして、待ち続けたケンシロウとの再会で、「男の顔になったな」と言われ号泣するシーンも感動的である。シンとの闘いから始まり、ラオウ戦に至るまでケンシロウの背中を見て育った2人は、ケンシロウのように救世主となるべく、戦士となり闘っていたのである。ほとんど死んでしまったので後はマミヤとアイリ、リハクぐらいだが、戦闘服を着ていないマミヤを見て、「あぁ、レイの想いが報われたんだなぁ…」と嬉しくなったりする。リハクさんはリハクさんでした。そして、ケンシロウの宿命というものが明確になるのが、ケンシロウを修羅の国へ導くきっかけとなった、帝都編。これまでケンシロウは、何も知らなかった。本当に何も知らなかった。伝承者となり、シン様がユリアを奪ったから、ユリアが自殺(仮)をしたから、流れるままに救世主となっていったが、うまいこと救世主となっていった理由がハッキリとしたのだ。リンである。リンとバットをほったらかして、ユリアと残る余生、安住の地を求め旅に出られたのは、天帝軍が暫く動いていなかった、つまり、実は天帝の子というリンに身の危険が起きなかったから。それが北斗の軍がいよいよ危ない、という所でやっぱり、導かれた。体が勝手に動くようにいつも、リンの危機には反応してしまう。それはリンが天帝の宿命として北斗(ケンシロウ)を導いていたからということが、判明したのである。思い返せば納得がいく。ケンシロウではなく、レイが救出に行った時も、そこそこ成長したケンシロウとラオウが闘うよう、導かれたからだ。あと、これはかなり個人的な意見だが、羅将ハンという濃いキャラを知らないのは損である。リンを取り戻すという目的だけのケンシロウと、肌が粟立つハンの闘いはなかなか面白い。もうこれこそ、百聞は一見にしかず。なんならそこだけでもいいから見て頂きたいものだ。

    北斗の拳2の魅力
  17. 面ヤイバー(急)」感想です。今日は一段と寒い一日でしたね冬だから当たり前だけど、結構雪も降ったので凍えそうでした:;(∩´﹏`∩);:今日帰って来てからTwitter見たら、りょうさんのテレビ出演の告知のツイートがあったので、嬉しくて喜んで時間見たら、もう終わってました当日の直前告知だと録画する暇もなかったです。コナン関係でくじ運ないのは20年以上前からだけど、りょうさん関係だけはちゃんと全部行けてたのに、今年に入ってから不運続きで全滅なんですよね(´;ω;`)何だか嫌な予感しかしなくて、今年一回も逢えなかったらどうしようって不安になりますでも、今日のアニメでは平次に逢えたので、何とか心のバランスを保ててる感じです。では、今日のアニメ感想です。アニメオリジナル、4週連続放送「序・破・急・結」の第3話「急」です。感想にはネタバレが含まれますので、まだ観てない方はご注意ください。※公式Twitterよりhttps://twitter.com/conan_file/status/1218456743841107968だんだん事件の全貌が見えて来た感じですね。登場人物も多いし、事件も複雑だし、細切れじゃなくて2時間スペシャルで観たかったです。それにしても、ダンシングコナンくんのOPカッコイイですよね(#^^#)何度観ても飽きないし、吸い込まれそうな不思議な魅力があると思います。「真っ赤なLip」のCDに封入されているQRコードとパスワードでジャケット写真をスマホにかざすと踊るコナンくんが登場するらしいですよヽ(^。^)ノWANDS_INFO@WANDS_INFO 【いつでも!どこでも! コナン君が「真っ赤な Lip」で踊る!】 アニメ「 #名探偵コナン 」×WANDS「真っ赤なLip」AR企画決定! https://t.co/aBuhJdtUpM https://t.co/quzZreZkYm2020年01月18日 16:01https://wands-official.jp/news.htmlこの企画凄いですよね(*^。^*)でも、私の場合、スマホ持ってないからなぁだんだん事件が見えて来ると、最初に殺害された米倉さんの悪人っぷりもだんだん明らかになって来ましたね(笑)結局、米倉さんは今成功してるから、昔の悪事を知られて人生棒に振りたくない一心で、昔の仲間を始末しようとしてたわけですよね?それがたまたま別件で恨まれてたのがきっかけで殺されてしまった。とことん悪い奴じゃないですか?今回珍しく哀ちゃんは、コナンくんに食べ物を交換条件にして調べ物をしてあげてましたね。しかも、「お好み焼き」が食べたかったとか( *´艸`)でも、「お好み焼き」が「たこ焼き」に変わったことでちょっと文句を言いながらも、「はふはふ」と美味しそうに食べてる姿が可愛かったです(*^-^*)コナンくんに「10年経てば人生何があるかわからない」みたいなこと言われた時に、「確かに10年前はこんな姿になるなんて思ってなかった」って感じのこと言ってたけど、「いやいや、20年前からもうその姿だったでしょう」って思ったファンは大勢いたはず(笑)哀ちゃんの言葉から事件を解くヒントをもらったコナンくんが、自分の分のたこ焼きを勧めたり、追加のたこ焼きまで勧めたり、たこ焼きまみれになった哀ちゃんを想像してしまいました映画「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー」の撮影風景を見学していた子どもたち元太くんがまさかの俳優になりたい発言しかも、タイガードラマ?って言ったんですよね?「大河ドラマ」に絡ませたんだろうけど、既に高木さんは大河ドラマの俳優さんですもんねこういうセリフって、最初から台本に書いてあるのか、演出家さんがアレンジしたのか、それか声優さんのアドリブなのか、色々想像してしまいますやっぱり恩田さんの赤と青の車のことは大事なヒントになりましたね。犯人は恩田さんが赤い車に乗ってる時に事故に見せかけて殺害したかった。でも、青い車が故障してたため、本来乗るはずじゃなかった奇数日に赤い車に乗ってしまい、予定より一日早く事故を起こしてしまったたまたま偶然が重なって予定通りに事が進まなかっただけなのに、そのニュースをスマホで見ていて上から落ちてきた怪獣に気づかなかったとか、米倉さんも哀れな人だなって思います。あれだけ凄腕の刑事さんたちの前で「プシュ」っと小五郎さんを眠らせて推理ショーを始めるコナンくんも凄いですよね?(^-^;でも、あのメンバーでも見抜けないんですね。まぁ、見抜かれたらこの先困るけど平次はドアの前でタイミングを計っていたんでしょうかね?部屋に入ってくるの、めちゃくちゃグッドタイミングでしたよね( *´艸`)「工藤」と言いかけて、「毛利ハン」って言い直した平次だけど、おじゃる警部にはしっかり聞かれていたみたいですね「く、毛利ハン?」って(笑)でも、「く」と「毛利ハン」の間って、結構間があったんですよね。平次のダッフルコートが高校生らしいなって、ずっと思いながら観てたんですが、EDの蘭ちゃんのダッフルコートとお揃いみたいで、昔の和葉ちゃんの、「お揃いや!」を思い出しました(^-^;今週は「小五郎編」らしけど、先週に続き、「オッサン編」でもありましたよね?結構オッサン大活躍の話だなって思います。でも、個人的には今週の一番の名シーンは、平蔵さんの前で机の上に証拠のCD-ROM?を「ドンッ!」と置いた時の平次ですね(*^-^*)もう、何度も何度も、再生しては一時停止して、再生しては一時停止してって観てました。100万回でも観続けられます・・・私ホント平次って平蔵さん似じゃなくて、静華さん似で良かったなって思うけど何て言うのかな?顔とかじゃなく、平蔵さんってカッコイイんですよね。やっぱりあの凄みって、大阪人特有のものなんですかね?警視庁の刑事さんたちって、みんな優しい感じの人ばっかりで、たまに目暮警部の喝が聞けるけど、平蔵さんの凄みには敵わないような気がします。同じ親子の関係でも、優作さんと新一とは全然違いますね。優作さんと新一は言葉で信頼関係を築いてる感じだけど、平蔵さんと平次の場合はまず力で来る気がします。平蔵さんは人前でも平気で息子を張り倒しますからねまぁ、あれは平次をけしかけるためにわざとだったんだけど・・・(^-^;せっかく親子で出てるから、親子ならではの絡みも観たいなって思うけど、時間的に多分無理ですね。ところで、平次と和葉のドキドキシーンは最終話までおあずけなんですね。実はこれが一番観たいんですけどねここまで来ると、どんなシーンか色々想像(妄想)できたりしますよね?もう1人共犯者がいたことがわかった今週の第3話。多分もう1人って小杉さんでしょうかね?最終話で新しい人物は出ないと思うので、他に該当者がいないような気がします。小杉さんはチーム米倉ですし、年齢がちょっと若い気もするけど、10年前の1憶2千万円強奪事件のメンバーだったのかなって思います。爆弾を仕掛けたのは全部米倉さんなので、もう1人のメンバーも何も知らないんですよね。爆弾がどこに仕掛けられているかが大事なポイントだと思うけど、多分、和葉ちゃんが巻き込まれそうになるのかなって思います。で、平次が助けに行くのかなぁ・・・というか、そういう展開だといいなぁヒントの「仮面ヤイバーのヘアピン」は何だろう?まさか、あれに発信機は付いてないだろうし後1回で終わりとか、寂しくてたまりませんが、全身全霊をかけて観たいと思っていますラスト第4話は来週1月25日です。968話 「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー(結)」YTVアニメ部【公式】@anime_ytv 今週も「#名探偵コナン」ご視聴ありがとうございました✨4週に渡る新春SPもいよいよクライマックス‼️浮かび上がる5人目の犯人…💦コナン達は無事に事件を解決することができるのでしょうか…‼️😣 次週は「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー(… https://t.co/QWKM5JZWza2020年01月18日 18:30もう、このヘルメット平次も大好きなんですよね(*^-^*)カッコイイですよねまず「迷宮」を思い出すし、「から紅」でもこのコンビでバイクに乗ってましたしね。今回のアニオリでも颯爽と走る平次が観られるのかなって思うとドキドキします来週も楽しみです。では~

    第967話「大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー(急)」
  18. 先程は20匹を超えるハイオークを相手にギリギリ勝利を収めた攻撃隊。ところが今では…「これどうみても…50匹は超えてるだろ…」そのうちの1匹が隊長の間合いまでドスドスと入ってきたと思ったら、身をかがめて隊長の顔を覗き込む。「ギフン!」「ストップ。ここで戦うのは犬死だ」メンバーからはその背中しか見えず、表情は窺い知れない。隊長は努めて冷静な声でそういった。(こんなときに最上代表や向坂ハンター、どちらか1人だけでもいたら…)震える拳を握りしめる。「クレルクフシナウィグニアラシャ!!」唾を飛ばしながら意味のわからない言葉を隊長に向かって叫ぶ。後ろにいる50匹も同じ言葉を叫ぶ。ダンジョン全体が揺れるほどの声。次の瞬間、隊長を覗き込んでいた1匹の様子が突然変わった。「ニンゲン…ニンゲンタチヨ…ワタシハ…カーガルガン…オマエ…ニンゲン二…アイタイ…」「オークが人間の言葉を話すなんて!」「魔法か?魔法なのか?」「操り人形です。声を発しているヤツは別にいます」「モンスターが人と会話したいと!?」「隊長、まさかモンスターの言葉を信じるわけじゃないよな!?」「ギフンこれはトラップだ!犬死になったとしてもここで戦おう!」その顔を恐怖で引きつらせている隊長は、声だけは冷静に聞く「カーガルガン、洞窟に結界を張ったのはあなたですか?」「ソウ…ワタシハ…ホコリダカイ…オークノ…ダイマジュツシ…ソノマホウ…オマエタチ…ニンゲンノ…チカラデ…ハズセ…ナイ…」「この洞窟の中であなたより強い存在がいるのか?」「ダレガ…ワタシニ…シツモンシロト…イッタ!」「エラベ…」「ヘイシタチに…コロサレルカ…ヘイシタチ二…シタガウカ…」「…」狂える唇をかみしめる隊長。「行く」「隊長!」「ギフンさん!」「コイ…ニンゲン…」ボス部屋にほボスをはじめ、こいつらより多くのハイオークがいるだろうし、戦って勝つ確率は当然低くなる。(ボスと交渉を試すのか?生きて戻るために?)隊長は青ざめた顔をしながらも考えていた。(どうせ選択肢はない。僕が賭けることができる可能性はただ一つ。)「水篠ハンター」「はい」「ボスに会ったら私たちはヤツを急襲します。成功するかは分かりませんが、もし結界が解除されたら、奴らの視線が僕たちに向いているうちにあなたは外に出てメイン攻撃隊に連絡してください」「メイン攻撃隊が到着する頃には全てが終わっていると思いますが。ボスを倒して自分たちも死ぬと言うのですか?」「私たちの目的はゲートから生きて帰ることではなくゲートを閉じることです。そのために多くの人たちが私たちに大金を支払っています。」背中を向けたままはっきりと言い切る隊長。ヒーラーの女性がメモ帳を渡してくる。「水篠さん、私もお願いしますね。短いですが遺言です。脱出に成功したら私の家族に伝えてください。」「私たちはこれまで学んだ通りに役割をこなします。しかしあなたは違う。どうか生きてここを出てください。」受け取ってしまった遺言書を突っ返すわけにもいかず、ひとまずポケットに入れながら旬は答えた。「…一応預かりはしますが、これを僕が渡すこときは来ないと思います。」(ボスから吹き出す魔力波動。この程度のオーラを持つボスなら…まだ結果は分からない)ゲートの外では作業員たちが待機している場に混じって、私服姿の向坂雫が現場に来ていた。(あの人は?)「向坂ハンターは今日は休みじゃなかったですか?」「こんにちは」誰にでも気さくな採掘チームのチームリーダーが話しかける。「もしかしたらここに水篠旬というハンターが来ていませんか?」「水篠ならさっき代打のポーターとして潜りましたよ」「ポーター!?ゲートに入ったってことですか!?」(EランクハンターがA級ダンジョンに志願してポーターとして入ったと?命が幾つもあるわけじゃないのに、何を考えてるのかしら?そういえば昨日もあの人はボス部屋で武器を持って立っていた。やっぱり間違いない。何かある。)「私もゲートに入ってみてきます」「事故でもあったんですか?ギルドに増員要請でもあったんでしょうか?」「あの、個人的なことですので心配しないでください。」(おっと…私の武器が…)ゲートに潜るつもりなどなかったため、完全なる私服で、腰の剣も装備していない。(非番の日にゲートに潜ることになるなんて)「チーム長さん、もしよければ武器を何かお借りできませんか?」「おい、道具一つ持ってきてくれ!」渡されたのは採掘用のツルハシ。「あの、他にありませんか?」「他って?」「剣とか、槍とか」「俺たちにそんなもん必要だと思うか…」「…」「ありがとうございます。そのまま行きます」ツルハシを両手で丁寧に返してゲートに向かう向坂。だがゲートに入る直前で足を止めてしまう「……」「……」「向坂ハンター、本当に手ぶらで行くんですか?」見かねて声をかけたチーム長。プライドと現実の間で苦しんでいるのだろうか、プルプル震えながらゲートを向いていた向坂が、意を決したようにクルリと踵を返して戻ってきた。一度返したツルハシをむんずと掴む。「よく考えました。素手よりマシでしょう?」「ですね…」まるで小学生を教える先生のように見守るチーム長。巨大な斧や刀を持ったハイオークたち。石造り宮殿の謁見の間を彷彿とさせる荘厳な天井高い広間。無数のオークたち。壇上には4匹の幹部と王座に座るオーク。「よく来たなニンゲンよ。歓迎するぞ」※カーガルガンのセリフを普通の言葉にするかカタカナにするかですごい迷いました。ハイオークって角さえあれば完全に鬼ですよね。めちゃんこカッコよくてオシャンな感じの鬼。さてここから戦闘シーン増えますね。

    【71話】【ネタバレ】俺だけレベルアップな件【韓国語版】を翻訳してみた件
  19. 『イナズマイレブンアレスの天秤』舞台化!?
  20. 諸君、ご壮健かな。私は。西荻窪にいた。誰もがやらないわけないとたかをくくっていたガンダムスタンプラリー。その声に負けまいと。したが、やはりやるのだ。なんと自虐的、しかも西日暮里と組んでいる!これは西日暮里にもいかなければならないではないか!この屈折した感情、まさにレコア・ロンドだ。む?むむむ!赤い彗星かき揚げそば!これは気になるが。迂闊にも昼飯後。ぬう!で、座標は。あった!ティターンズマークも勇ましい、力の入り具合がたまらない。行列の哀戦士たちも、心なしか弾んで見える。そしてここ、西荻窪のキャラクターは。パラス・アテネ。もはやモビルスーツというより、レコアの文章だらけだ。パプテマス・シロッコに惹かれた女の哀愁が漂う!さて、おもむろに。バチーン!さあ、恐るべき長い道のりの第一歩は、前回同様、西荻窪からはじまった!どこまでいけるか!さて、ここからは駅員の哀がほとばしる。自作のパラス・アテネ。なぜだろう、泣ける!手袋も泣ける!さあ、行こう!西荻窪はゴール店舗のひとつ。アイシャルリターン!参考記事2018年ガンダムスタンプラリー[西荻窪]四国八十八ヶ所用白衣(背文字入り)<袖無し>簡易ポケット付き笈摺(おいづる)とも呼ばれる袖の無い白衣[お遍路グッズ][お遍路用品]1,980円楽天四国八十八ヶ所用竹笠(たけがさ)・遍路笠三角型 (ナイロンカバー、五徳付き)[お遍路グッズ][お遍路用品]1,980円楽天四国八十八ヶ所用納札(白)1冊100枚綴り☆四国八十八ヶ所霊場巡礼で使用する納札です ※全国の八十八ヶ所霊場でも使用可能です[お遍路グッズ][お遍路用品] 42円楽天

    ガンダムスタンプラリー!「西荻窪」 はじまりはじまり!