11/20の記事ランキング

  1. 昨日書き切れなかっアニメディア12月号に掲載されているインタビュー記事や対談などの感想part2です毎度こればっか、しつこくてすみませんやっぱり、このプレゼントの中身、気になりますよね?安室さんの飲んでるのは、やっぱりバーボンでしょうか?では、今日はこちらの御二方の対談です。劇場版の内容は2年前に決まる。今年の「原点回帰」は2年前から、新一と蘭のエピソードは難しいので、久々に平次と和葉で行こうと決めていた。打ち合わせの段階で和葉にライバルを作りたいと青山先生から話があった。昨年の「純黒の悪夢」が大ヒットしたからって2年連続で黒の組織の映画にすることはない。なぜなら、20弾公開前に21弾は「原点回帰」と決めていたから。だから今年がラブコメで大ヒットしたからって、来年もラブコメにするかと言われたらそれもない。コナンは新しいキャラクターが続々登場するけど、そのキャラたちがエピソードのメインを張れるくらい「強い」。「から紅」では大岡紅葉がその立ち位置。原作の話のアニメ化は、基本的にそのままアニメにするのが最も重要なことだと考えている。原作のエピソードは原作通りに描かないと大変なことになってしまう場合もある。ラストにチラッと出て来たキャラが実はもの凄く重要な役目を担ってることもあるから。「さざ波の魔法使い」は重要人物たちの家族構成や関係性が今のところ唯一見える話なので、とても価値のあるエピソードだと思う。でも、謎はあまり回収されないけど。謎を深めるために描かれたんじゃないかと疑うレベル。アニオリのタイトルの8割は諏訪さんが決めている。ライターさんが仮で書いてるけど、「諏訪節」に変わることも多い。「から紅の恋歌」のタイトルも諏訪さんが考えた。ここまで長く続くとファン層の変化は感じられるか?コナンのファンは卒業しないので、ファン層が変わるというより、広がるという印象。卒業しない空気はどんなところで感じるか?グッズの種類かな?コナンが始まった頃は映像パッケージ以外は全然売れなかった。コナンで売れないなら、他のキャラなんて作ること自体なかった。それが今は色んなキャラがグッズになった。ファンが年齢を重ねて、自由に使えるお金を手に入れたのではないかと思っている。映画も、上映開始時間が遅くなって、夜11時からの回が満席って言われるとアニメ映画なのに?って思われるけど、青山先生に「子供向けに作らなくていい」と言われて、第17弾の「絶海の探偵」から年齢層を上げて大人にも見応えのある内容を作れるようになった。現在のEDに「から紅の恋歌」の主題歌を起用したのは、やっと劇場版と同じ季節になったから。春に観た時とは違った印象があるんじゃないか。2017年の「コナン」の主役は誰ですか?これは平次と和葉しかいないでしょう。2018年の「コナン」はどうなっていくのか?上半期の目玉の劇場版は、今年とガラッと印象が変わるようなことがある。新しい「コナン」が観られる。下半期は原作にあったあの話が来るんじゃないかな~という感じで、こちらの対談も3ページに渡りビッチリで読み応えがありました。ほんの一部ですが、気になったところを書いてみました。縮めて書いてるので原文のままではありません。以下、感想です2年前から劇場版の構想は決められているらしいですが、昔は1年半前って聞いてたけど、早くなったんですね。それだけ念入りになったんでしょうかね?ヒットしたからって組織編が続いたり、ラブコメが続いたりしない方がいいですよね。ガラッと変わる方がファンも飽きないし、名探偵コナンの世界観の幅広さもコナンの魅力の一つだと思うので、色んなコナンが観たいです。来年は新しい「コナン」が観られるとか。どう新しいのか気になりますね。組織は全然関係なさそうですよね。ラブコメも皆無な感じだし。安室さんオンリー?&コナンくんって感じでしょうかね?原作は先がわからないだけに、昨日の声優さんの対談にもあったけど、作る側の皆さんは大変だなって思います。大事なシーンを入れないでアニメ化しちゃったら、後で辻褄が合わなくなったりするし、大事かと思って念入りに描いたら、別に大事じゃなかったり昔は、言っちゃならないセリフをアニメで言ってしまったりして、後でまずいことになったりしたから、今は原作にホント忠実に作られてるなって感じます。ピスコの話でしたっけね?コナンくんのセリフに原作にないのがあって、それは言っちゃダメだったんですよね?コナンはファンが卒業しないって書いてあったのが嬉しいです私がまさにそれですもん私の場合はコナンが始まった時はもう大人だったから、気持ちや考え方が変化しないんですよね。好みとかも変わらないから、好きなものはずっと好きなままなんだと思うんです。凄いと思うのは、幼稚園の頃から20年ずっとファンですっていう方。幼児から小中高と経て、社会人になっても同じものを好きでいるって凄いと思いますね。同じ20年でも私の変化のない20年とは全然違うと思うんです大人向けに作られてるっていうのも大きいですよね?アニメってどうしても子供向けって思われがちだから、成長と共に卒業してっちゃうわけだけど、大人向けだから離れる理由がないわけですよね。OPやEDの影響も大きいと思うんですアニメの歌ってお子様向けな歌が多いけど、コナンは全然そうじゃない、大人の恋愛を歌った曲ばっかりだから、大人が観ることに抵抗がないんですよね。アニオリとか、恋愛要素ゼロの話ばっかりなのに、OPとEDでは切ない恋心を歌ってて、そういうギャップも私は好きです今年の「コナン」の主役は平次と和葉これは何より嬉しいです今年も後少しで終わりなのが寂しいけど、この一年ホントに平次一筋で過ごせた感じです。まぁ、私は毎年平次一筋なんですが、平次ってあまり出番がないから、いつもはコナンブログ書いてても大好きな平次のことがあまり書けないんですよねでも、今年は思う存分書けた気がします。まだ「から紅の恋歌」の感想は書いてないけど来年になったら、あまり平次のこと書く機会がなくなっちゃうので、ブログを始めて7年間の中で今年が一番幸せでした来年はアニメの方で平次の出番がいつもよりあるので、それが何より楽しみです。下半期はあの話(修学旅行編)が来るかも~って書いてありますしね。もちろん、来年の映画も楽しみですよ。平次が出なくても、毎年何回も観に行くし、何より名探偵コナンの世界観が大好きなので。後は、倉木麻衣さんと大黒摩季さんのインタビューが載ってました。こちらは1ページ半くらいですかね?それと、堀川りょうさんと山口勝平さんのインタビューが載ってます。これは凄く短いです感想記事は今回でおしまいなので、もっとじっくり内容を知りたい方はアニメディア12月号を買って読んでくださいませということで、2回に分かれて長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございましたでは

  2. 後半月もしたら来年映画のタイトル発表で、「から紅」から来年の映画にバトンタッチだから、来年の映画はとても楽しみなんだけど何とも言えない寂しさもあったりしますでも、2017年の締めくくりの大晦日に「渡月橋 ~君 想ふ~」が聴けたら凄く嬉しいなって思うので、今年のラストは是非「から紅の恋歌」でお願いしたいです。古谷徹さんがTwitterで火曜日にアフレコがあったようなつぶやきをされていましたねコナンのアフレコは火曜日ですし、内容からも「ポアロ」の話ではないかと思うので、やっぱり12月の後半にOAになりそうですね。そうなると、「爆弾魔」のアニオリには平次は出ませんねミステリーツアー以来のアニオリ登場かとちょっと期待してましたが、やっぱり無理でしたね。まぁ、ポアロの話はホントに楽しみなので嬉しいですけどねただ、原作をいくつか飛ばしてアニメ化となると、あの話は独立してなくて前の原作の話と繋がってる部分があるので、その辺はどうするのかなって思います。どうでもいいんですが、ブログを書いてる途中で下書き保存すると、その都度会員ログインしないとならないの、何とかならないんですかね?めちゃくちゃ面倒くさいアメンバーには沢山の方に申請をいただきまして、本当にありがとうございましたお礼ばっかり言ってて、全然記事は書いてないんですが、サンデーでコナンの連載が始まったら限定記事を書きますので。どうぶつの森を書いて欲しいという要望をいただいています。毎回でなくても、興味深い内容の時など、書かせていただくかもしれません。どうぶつの森は必ずアメンバー限定記事でUPします。ただ、前回初めて書いたどうぶつの森のアメンバー限定記事ですが、記事別のアクセス数が1万回を超えてるんです。アメンバー限定で出しても、アクセスはできるんですよね。アクセスはできるけど、アメンバー以外の方は記事を読めないという状態なので、大変心苦しいです。読めない方は本当にごめんなさいどうぶつの森は他の方も大勢ブログに書いてますので、そちらで確認をしてください。それと、アメンバーの話ばかりで申し訳ないのですが、申請いただいたら無条件で承認しているように見えるかもしれませんが、全然そんなことはなく、ごく一部ではありますがお断りしてる方もいます。アメンバーを募集して今日で20日くらい経ちますが、お断りしてもお断りしてもお断りしても、ほとんど毎日、日に数回、申請をし続けて来られる方がいてストーカーみたいで怖いです何十回申請していただいても、承認するつもりはありませんので、諦めてください。そこまでして私のアメンバーになりたい理由って何ですかね?アメンバー記事のネタをご自身のブログで使いたいからでしょうか?それくらいしか思いつかないんですが、ブログのネタは1から全部自分で考えるものなので、真似ばかりしないでご自分で考えた方がいいと思いますよ。私のブログはお手本になるようなブログではないですからねどちらかと言えば、書いてはいけない見本のようなブログだと思います。清く正しく、何一つ違反のないブログとはほど遠いブログです。それに、私と全く同じことを書けばアクセスが上がるわけじゃないですしね。そこを勘違いされてる方結構いますけど、私は逆だと思います。本日、ボジョレー・ヌーヴォー解禁ですね毎年11月の半ば頃解禁ですが、皆様、ボジョレー・ヌーヴォーはもうお手元にありますか?私はまだなんですが、今年もしっかり味わいたいと思っています。それと、おつまみは大好きなチーズづくしでいきたいと思いますそれから、かなりどうでもいい話なんですが、明日、私の誕生日なんですけど、SHOWROOMでりょうさんの生配信があるんですよ来週のイベントの宣伝のための生配信なんですが、お誕生日に今のりょうさんの姿を拝見できるなんて、何て幸せなんだろうって思います。まぁ、私が勝手に幸せなだけなんですが、勝手ついでに、生配信がりょうさんからのバースデープレゼントだって思って喜んでます2017年 日めくりカレンダーより、今日のじゃないけど、いつかの木曜日のです。ということで、何だかとことん統一性のない記事ですが、「思うこと色々」なので、いいですよね?それでは、最後まで閲覧ありがとうございました。では~

  3. 、11月10日発売アニメディア12月号に掲載されているインタビュー記事や対談などの感想を書こうと思います最近の私は、付録のピンナップポスターにうっとり見惚れる日々を送っています前回名探偵コナンが表紙になったのは、もう1年以上前だったと思いますが、あの時はイケメンキャラたちの和服姿だった気がしますコナンが表紙を飾ることは滅多にないので、今回の表紙も貴重ですね。次はいつかわからないし・・・今回は対談がとても充実しています。こちらの御三方の対談も3ページに渡りビッチリ載っています。今週と来週アニメで放送予定の「さざ波の魔法使い(前後編)」のアフレコが終わった後に行われた対談です。アフレコが終わって、3人の関係性にどんな印象があるか?高山 「新一はこの頃は既に蘭のことが好き」日高 「世良ちゃんはこの時が新一や蘭とは初対面で、新一に対しては尊敬の念を持ってると思うけど、蘭ちゃんに対してはどう思ってるかまだわからない」日高 「世良ちゃんはアニメ登場から約5年が経つけど、今までは新一との関係性がわからなかったから、このさざ波はとても大切な回になった」一番最初にさざ波の音を思い出したのは蘭だった。その時キャストの間で、「じゃあ子供の頃に会っているんだね」っていう話になった。普通は遊んだ時のことやあの時に起きた事件の方が印象に残ってそうだけど、さざ波の音だったのは不思議。日高 「以前、コナンカフェにみんなで行った時に青山先生に『さざ波の子供の世良ちゃんをどんな声でやるのか今やってみて』って言われたことがあって、コナンの世界って厳しいんだって思った」日高 「『真純だよって言ってごらん』って言われたけど、その時失敗した記憶しかなくて、それ以来ファンから「さざ波シリーズ」楽しみにしていますって言われると凄くドキドキだった」高山 「過去の話があると、現在の状態をさかのぼってキャラクターを形成していくことになる。だから過去の話の中で何かが明らかになると現在のキャラクターの記憶を修正する必要が出て来たりする」日高 「最初に世良が出て来た時は黒の組織の一員だと思った。だから最初は怪しげな雰囲気に力を入れていたけど、今回のエピソードでは「新一くんが好き好き大好き」みたいな感じになってる。これからは蘭の恋のライバルだと思って演じた方がいいのかな?」ファンの中には、キャストは色々事情を知ってるって思ってる方もいるかもしれないけど、全く何も知らない。「さざ波」のアフレコの時、世良、赤井、秀吉が本当に家族なのかって話題になった。2017年は過去が色々わかった年(サクラ組の思い出等)2017年は「もろたで工藤」にやられた。日高 「世良ちゃんは他人にパンツを見せても平気なタイプだけど、露出することに何の抵抗もない人というのは理解できないので演じるのが難しい」山崎 「女の子の恥じらいはないけど、「ボンキュッボン」は夢見てる」日高 「夢見てるっていうか、そうなる自信がある」2018年のコナンに期待したいことは?山崎 「少年サンデーの蘭の紹介文が変わってたのが気になる」高山 「蘭が危ない目に遭わないでいてくれたらいい」日高 「メアリーの前髪が新一のお母さんと似てるのがずっと気になってる」日高 「さざ波の最後の方で言うセリフの意味が気になる」高山 「うんうん、他にどんな理由が?って考えちゃう」という感じでほんの一部ですが、書いてみましたφ(.. ) 対談のセリフは縮めて書いてるので本誌掲載のままではありません。以下、感想ですこの対談を読んで、声優の皆様も私たちファンと同じように、今後の展開を色々予想してるんだなって思ったら、何だか身近に感じてしまいました。私たちは観てるだけだけど、声優さんは責任もあるし、後でとんでもない人物だったって場合もあるわけだから大変だなって思います。世良ちゃんもまだまだ謎だらけですしね。真相を知らないまま演じるのってやっぱり大変ですよねこれからだって、思わぬキャラがボスだったとかラムだったとか事実が判明した時に、そのキャラを演じてる声優さんが、「何だって~~!?」ってビックリするかもしれないですよね最後の方に言うあのセリフが気になるって言われてますが、私も凄く気になります。サンデー掲載当時も皆さんのコメントと色々意見が分かれた気がします。感じ方も受け止め方も様々なので、久々にアニメで観て、あのセリフをアニメで聞いたら、また感じ方も変わって来るかもしれないので、その辺も楽しみなんです。今年の春のコナンカフェで子供の世良ちゃんの声をやってみてっていう、そんなエピソードがあったんですね私は青山先生や声優さんたちが行かれた後にコナンカフェに行ったので、皆様のサインを生で見て来たんですが、その時のお話も知ることができてちょっと嬉しかったです。前にも載せてますが、コナンカフェで撮って来たサインの写真です一部だけですが、もう一回載せますね。後は、諏訪さんとトムスの石山さんの対談も内容が濃くてとても楽しめましたこの記事に一緒に書こうと思ってたけど、長くなりそうなので、別記事にします。明日書けたらUPしますね。下の画像は「さざ波の魔法使い」の最新カットですいっぱい載ってましたが、全部は載せられないので、ちょっとだけ・・・OAが楽しみですねでは

  4. うたプリ夢小説☆BL腐向け新作が完成しましたー!!瑛×大ですHE★VENS 鳳瑛一×日向大和のかなり大人な夢小説です。二次創作ご理解あるかたはどうぞ!『火の中の虫螻』瑛一は休憩の間ずっと窓から外を見ることはなく、ただひたすら仕事のことを考えていた。本当はあいつのことで胸がしめつけられ、切なさで溢れていたのだった。日向大和。口は悪いが あの瞳、口の動き、手の速さ、そして抱き方が忘れられずいた。瑛一はずっと側にいたのに 大和の愛に気づかなく ようやく最近、恋人として二人の愛は育っていっているように見えたのだが……―――――――――――――――――――――ここからは内容配慮の為 掲載はできません!ここからかなり長編で 二人の愛の行方が続いていく作品になっているのですが…載せられない内容なので、あとはご想像におまかせしますうたプリ夢小説やイラストはもう毎日のように書き続けているのでかなりの新作が生まれてます!たまにブログにて更新したり、(天草シオンお誕生日夢小説など公開中★)お知らせしたりしていきますので良かったらチェックしてくださいね(*^^*)公式は勿論大好きだけど、二次創作のうたプリBLなんかも大好き(笑)NLも書きます♪あと 一人ずつの想いを短編に書くのも得意です。春歌ちゃんみたいに、それぞれの皆さんのイメージがわいてきて止まらないです♪また瑛一×大和の続き書こうかな?黒崎まこりん姫*。・+(人*´∀`)+・。*

  5. ガルパのイベント「イヴのホームパーティへようこそ」お疲れ様でした。昨日が最終日だと勘違いして、結果発表とか書いちゃいましたが、今日が本当の最終日でした。すっかり安心しきっちゃったせいで、最終目標の20000位内にはランクインできませんでした。無念です思い込んじゃうと疑わなくなっちゃうのが自分の悪い癖ですイベントページにもちゃんと載ってるんですけどね報酬のスター250個はお預けです50個減らされ200個ですこの50個の差が地味に響きそうですね。またPoppin'PartyとRoseliaのキャラリウムアクリルストラップが11月20日、Pastel Palettes&Afterglowは12月12日まで予約受付中です。Poppin'Party&Roseliaの予約はhttps://ameblo.jp/yohanelove/entry-12325672827.htmlPastel Palettes&Afterglowの予約はhttps://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329146596.htmlBD2巻は今日が予約締切↓https://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329722052.htmlヤドキングに進化↓https://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329685075.htmlスクフェス ガチャ運試し↓https://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329659619.htmlNINTENDO SWITCH 選べるオリジナルセット↓https://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329615836.htmlAqours2年生メンバー 練習着のメガジャンボ寝そべり↓https://ameblo.jp/yohanelove/entry-12329531556.html

  6. 7話「三国志さん」感想です。「げんし松さん3」の感想を上げようとした時に、「三国志さん」の感想も書き終えて保存していたんですが間違って削除してしまい…絶望過ぎてなかなか書き始められませんでした。。で、はじめに言っておきます、わたし歴史的な話が苦手なので、物語の内容については一切踏み込みませんwではいきます。初っ端のナレーションは超大御所の矢島正明さん!「松」の国があるとしたら「四」国志…?w「御意ー!御意御意ー!!!」やっぱり同テレビ局の超大ヒットドラマネタはぱくっとかないとね☆帝・文官・軍師・猛将・野蛮王・若き才能のみなさん猛将の持ってる武器っぽいやつの先端www猛り狂う猛将、カラ松の要素が微塵もないwww(すぐ死んじゃうのはカラ松っぽいけどw)野蛮王はこの↑最初に出た横顔が「反逆心」があって何かに憎しみを持って生きていてそうでカッコいい感じに見えたけど、やっぱりそこは野蛮王だったw(憎しみの表情じゃなくて力んでる表情だったwww)軍師は頭のお団子とヒゲの生え方が 十四松太子に似てるよねw野蛮王は またネコ 頭につけてるwこれ「赤い十四松」みたいに、もしもシリーズでイッチの定番になりそうwパンダの敷物可愛いw「魏」と「蜀」は字に『鬼』と『虫』がついてるから怖いし苦手だから避けて、とりま消去法で「くれ(呉)」を倒す事に。広島かな?w「くれ」に向かう道中、天下をとりたい帝と、ノリで天下とりたいって言ってみたものの途中で面倒臭くなった他5人とで揉める様子です何故かハートが飛び出る謎の取っ組み合いw取っ組み合いの最中、矢に撃たれた一人の男が瀕死の状態で倒れ込んできたのを目撃。介抱し回復したのちに名前を聞くと、男はなんと、大国 魏の丞相、曹操であった…!「曹操殿はまずお礼を言うべきだな。」夏回に続き、またお礼の言葉を要求するカラ…じゃなくて猛将。。大国の丞相を「おっさん」呼ばわりする松国民w「赤壁の戦い」の真っ只中だと言う曹操。傷を負った身体で戦に戻ろうとする曹操を「おっさん(曹操)の身体が心配」だと引き止めようとする6人。態度デカい、と文句を言いつつ松国民、優しいですw駆け引き無しで「赤の他人」である自分の身体を気遣う6人に、驚きの表情を浮かべつつも人間としての器の大きさを感じる曹操。こんな言葉を残して去って行きます。「もしかしたら…貴様らのように素直で敵意無く、真っ直ぐな志を持った男達が…この乱世を泰平へと導くのかもしれぬ…。」そ、曹操殿…カッコいい!!!そして曹操が戻ったであろう孫権・劉備連合軍との戦の地である「赤壁」に辿り着いた6人。改めて天下取りの決意を固めます「我らもやれば出来るはずだ!」「やってやる!」「我らだって!」「アー。」「趣味では終わらせぬ!」「勝つぞー!」「御意ー!御意御意ー!」wwwwwwwwwwwwwwwちょっと待って野蛮王wwwwwwせめて単語喋ってwwwwww周りもスルーかよwwwwwwそして血気盛んに突撃するも、無知、無計画、少人数、武器ほとんど無しで挑んだ結果はこちら↓・美に執着心が人一倍あるであろう「若き才能」が よりによって顔面崩壊wwwwww・軍師の目がぁあぁあぁぁああ!!!!!!・野蛮王 カブトムシ食ってたのwwwwww 虫苦手なんじゃなかったのかよwwwwww 昆虫ならいいのねwwwwww・文官w 顔赤らめんなwwwwww・猛将、一人だけなんかイケメンなんですがwww・帝wwwwww またやられたwwwwww千切られる直前の恍惚の表情とデカい乳首www「大敗を喫した」と言うよりは「(個々が)それぞれ死亡した」って言ったほうがしっくりくるw6人の行く末を見誤った曹操さん…wこの後の戦の勝敗に影響しませんようにwww

  7. ネタバレ注意秋アニメのきらら枠は、倒錯的ワーキングコメディ!アニメ公式HP第1話感想 第2話感想第3話感想 第4話感想第5話感想 第6話感想夏帆編(アメ限)苺香・麻冬・美雨編(アメ限)放送前期待度S□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■7話短評●こげ夏帆ぉぉぉ!●ジャングル(エロ)喫茶ぁぁぁ!●弾力(意味深)●バナナはやっぱりバナナだった!□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■こげ夏帆こげかほたそ~~ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。褐色、日焼けは余裕のストライクなので、可愛すぎるぅぅぅ♪黒ギャル好きってわけじゃないけど、作品によっては※※※したい子もいる(笑)日焼けは元に戻ってしまうから、一時的なレア度も感じるかな。日焼けキャラにも、体質の子(あずにゃん)と、ズボラ(夏帆)のタイプがいるかも。赤くなる、真っ黒こげ、はキャラの特徴だけど、真っ黒こげの方が絵になる(笑)夏帆のタイプ…良い意味で女子力が低いタイプは、活発とか元気って属性が、自然とついて回る気がするから大好き(●´ω`●)日焼け気にしてる子より、真っ黒こげになるまで遊んでる子のほうが、無邪気で可愛いと思うんや!THE・個人の感想だけどねww理想は日焼け跡が見えること!!今回は見えなくて残念だけど、美雨さんが(*´Д`)ハァハァしてて共感したわww剥がす趣味は無いけどな(笑)生焼け苺香(コゲ苺香・妄想)日焼けで赤くなるタイプの、さらに厄介な日焼けするタイプだった苺香;;;ヒリヒリするし、見た目的にも中途半端なww熱で赤くなってるみたい(ノ´∀`*)逆に、こげまいかたそは……ふぅ(意味深)黒髪+褐色は王道だな!チューブトップのエロさは異常(●´ω`●)陰影もGOOD、鎖骨も肋骨もGOOD、あの生地の上からもう……はぁぁぁぁぁん(笑)通常苺香も可愛いけど、褐色になると、これはこれで可愛いな(ノ´∀`*)コレでも良いと思うのデスヨ♪褐色…南国娘…黒髪…○っぱい………これでアノ作品を想像した人は同志(笑)アノ作品=バ○ンス(な○た)ジャングル喫茶もはや理由はいらない!好きだ!活発さUPでより好みに近い!ホットパンツ、太もも、ふぉぉぉぉ!シ○リティMAXやでヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。日焼け跡だけが惜しいが、こうなるとどこが焼けてないのか確かめたくなるな…。まさか全身真っ黒だったり…ふぉぉぉぉ(笑)苺香は南国娘というより、漂流したサバイバーだと思うんだww普段が清楚な感じだから、良い意味でギャップあって良いな(ノ´∀`*)ジャングルのセットはどこから…とかツッコミたいけど、可愛いから許そう!美雨さんは、ぶれないエロ姉さん♪首のところの結び目を解いたら、桃源郷が見えるんじゃないかな…(゚A゚;)ゴクリ布地フェチとしては、この格好、この薄手の生地…たまらん!健全なバナナうめぇ(違ww□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■苺の代わりに親子どn(言わねぇよ?)どんだけ苺売れてるんだよ…もはや入荷してるか疑うレベルww唯一見つけた苺を巡って一悶着があるも、店長のオーラで母娘陥落(笑)モブにするには惜しい母娘だな…何とも言えないお母さんの表情がジワる。親子ドゥーン食べたくなってきた♪接客は柔軟に苺香は演じなくても、さほど変わらな…(ryむしろ天然ドSの方がニヤッと出来て良いね♪真面目にやろうとすればするほど、ミスるタイプなのも愛らしい!ツンデレを活かした誘導は見事!そっけくしてるんだけど、気になっちゃう感じがツンデレって感じ♪忙しくてキャラを忘れても、普通の明るい元気娘って……文句ないやろぉぉぉ( ゚д゚)もはや、何をやっても可愛く見える”ゾーン”に入ってる感じやな。お姉さんはブレないので良いっすね(笑)別の店一歩手前だけど…良いっすね(意味深)そういえば、閉店後のシーンで、手にモザイク入ったのはMXだけで、BS11は普通に見えてたそうな(ノ´∀`*)手をグーにして、中指と人差し指の間から親指の先を出すアレ…要は♀握り。男装喫茶よし!まずは男かどうか確認し……え?あ、はい、すみません。男装も悪くないよね(ノ´∀`*)全く隠しきれてないけど、夏帆っぱいのバーンって感じは悪くない(笑)こうなると麻冬さんが男の娘のようだwwついに登場銀髪ちゃんアイドル属性 『も』 ついてます。なるほどね(●´ω`●)次回も楽しみになる要素が増えたな♪□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■7話の要点太もも!(7回目)太ももは生脚が最高だな!もちろん食い込みを楽しむために、ニーハイとかソックス系もOKよん♪健全なバナナの剥き方も、美雨さんらしいですなぁ(ノ´∀`*)口の表現アップになった時、丁寧に描いてるのが印象的だなぁ。下唇と薄めのリップ…艶めかしさUP♪全体的に口が小さめではあるけど、先生方…これは合格点ですか?□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■アイキャッチ発射しま~す(意味深)ダメだ…美雨さんが何を言っても下ネタに聞こえる(ノ´∀`*)(……恐るべし種崎ボイスww)□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■Q 7話の感想は?A 日焼け跡を見せてくれたら神だったな…十分神だが…。触れてなくね…って思われるであろう問題のシーン(π)は、アメ限でUPしやす♪●夏帆編(アメ限)●苺香・麻冬・美雨編(アメ限)秋アニメ前半評価ヒロインランキング予選会いいね、コメントありがとうございます~♪

  8. で連載されていた育漫画。実は桜沢エリカさんの漫画はそんなに読んだ事がなく、でもオシャレなイメージはあったのでどんな子育てをしてるのか興味ありました。お子さんは上が男の子で、下が3歳違いの女の子。先生は仕事のため家事育児は主にご主人が担当。恵まれた環境ながら、なかなか独創的な子育てをされているようで、読みながら驚いたり共感したり…漫画のイメージで勝手にクールなお人柄を想像していましたが、意外と人間味があって日常の現実的なところまで描かれていました。お話は第一子を自宅出産をする場面から始まり。外での授乳は、知人の好意で有名ブランド店やデパートの更衣室やVIPルーム。授乳服にはグッチやエルメスなどの前開きワンピース。基本的に病院には行かず、漢方やホメオパシーや自然療法などで治す。…などなど予想通りのセレブな子育て!かと思いきや、↑お散歩中の公園で授乳してたり。子供が嫌がる事は極力させず、お稽古も特に強制させなかったり。渋谷区在住ながらお受験はさせず公立の小学校に入れたり。子供の成績が悪いのも笑いに変えてたり。大らかな所も多く、自然で型にはまらない子育てをしているのが好印象でした。テレビを見て良い日を週に何日までと決めたり、出来るだけ任天堂DSを買い与えるのを遅くしたり、親として細かい努力はしつつ…基本的に子供の個性を大事にし楽しくのびのび育つように心掛けていて、時には喧嘩もしつつ家族4人の仲良い様子が良く伝わってきました。ただ、お二人とも自然療法や健康に対しての熱意が強く、病院嫌いなため様々な方法で自己流の治療や予防を試しているのですが、その度にウンチクが出て来るのでそこは少し目が疲れました(笑)特にホメオパシーの話題になるとオススメです〜って感じがすごく伝わってきて。理由や経緯もしっかり描かれているので、説得力はかなりありましたが。予防接種を全部受けなかったのはビックリ。そういう方針の親もいる事は知っていましたが、桜沢先生はその理由も細かく描かれていました。それでもちゃんと元気に育っている子供達を見て、同じ親として色々と考えさせられるものはありました。熱が下がらない時は、大根の先のすり下ろしを混ぜたリンゴジュースをあげるだけ。それで見事に発汗しすぐ熱が下がっている桜沢家。こういうおばあちゃんの知恵袋みたいな情報は参考にしたくなりますね。先生本人は子供の遊び相手があまり好きじゃないようで、でもゲームなどをさせたくはないからブロックやクッキー作りを嫌々ながらも頑張ってみたら意外と楽しかった〜。と、ご本人も子育てで新たな自分を発見している様子でホンワカしました。こういう方の育児を見ていると育児に決まった形はないんだなーと、妙に安心してしまいます。36歳で出産されて、一巻が発売してから18年近く経つので、今はご本人もお子さん達もだいぶ印象が変わっているのかも…と思い先生のブログを覗いてみたら、つい先月この作品の原画展を開催されていたようで!先生は今も凄くお綺麗だしご主人はイケメンだし息子さんは高3になっているし…皆さんとても良い表情をされていて、毎日の生活の充実ぶりが伺えました。

  9. 本日19日はブルマ役の声優鶴ひろみさんの訃報後の最初のDB超の放映でした。力の大会真っ最中なので、ブルマの出番は特にあるわけではなく、しばらく猶予期間があるわけですが、先に公式のDB超のHPではスタッフ一同で鶴ひろみさんのお悔みがこの画像と共に載せられて公式が選んだ画は、ブルマ一人のアップの画ではなく、CCのテラスでベジータがトランクスを相手にしてやっているのを見守ってる 前のDB超OPのブルマだったのは感慨深いものがあった。そして・・・116話放映後のラストにDBのTV放映が始まって1話から登場していたヒロインブルマ。その声を担当された鶴ひろみさん最初、ブルマが孫悟空と出合ったからこそ続いたドラゴンボールの旅は歳月を経て・・・いろんなドラマを生み出した。ベジータとの初顔合わせはナメック星。ベジータを自宅へ招くブルマ。そして馴れ初め無印・Z・改・GTを経て・・・再び、放映中の超約30年の歳月。16歳の少女だったブルマも2児の母に移り変わり・・・一緒に歳月を重ねていた。そして・・・ラストシーンはDB超96話・・・みんなを見送るブルマ。力の大会へ向かうメンバーこの最後にベジータがブルマを振り返るシーンがなんとも言えなかった。このブルマがDB超の最後の鶴ひろみさんの声。本当に長い間、ブルマとしてドラゴンボールを支えてくれたヒロインでした。続けて3日間、声優鶴ひろみさんについて綴りましたが、これで追悼ブログはラストにします。みんなの心に鶴ひろみさんのブルマはいつまでも輝き続けていくはず。そしてこれからもドラゴンボールのファンです。

  10. またも・・・遅れましたね。敢えて反省はしない・・・というよりプレッシャーをかけないように、マイペースに続けようと思います。そのうち戻るでしょう、多分。そして、前回取り上げましたTBSのカイジ特番について、駄目元で応募を済ませました。借金はありませんが、折角の機会なので記念ですね。※年表&ワン・ポーカー戦歴http://ameblo.jp/fake-or-bluff/entry-12293133639.html前回、黒服による追手を振り切ったカイジたちは、レンタカーを借りる前に、ひとまず練馬の坂崎家へ向かう事にしました。その道中、コインパーキングで軽い祝勝会を開いていると・・・チャンがワン・ポーカー最終戦(24回戦)の謎を回顧しました。あの場面・・・カイジは何故、命懸けの場面で3を出すことができたのか。イコール何故、和也の手を2と読み切ることができたのか。遂に真相が語られます・・・!チャンはカイジによる種明かしを前に、あの場面で理論的に明らかだった前提を確認。まず、和也は20・21・22回戦までW・UPを続けていました。そしてUP・DOWNに変わった23回戦での提出はA。つまり、24回戦のランプがUP・DOWNを灯していた以上、2が渡ったのは23回戦と考えられます。どのタイミングで、DOWNカードを2と断定できたのか・・・。チャンは疑問を口にしますが、マリオには想像が付いていたようです。隠しBOXを発見していた以上、それを察知する仕組みがあり2で裏を取っている・・・理に適った想像ですね。レイズが積み重なっていた光景だけを思い返せば、マリオの解説は間違っていないでしょう。しかし、問題はどのようにしてレイズが膨らんだのか。そのキッカケは、そう・・・↓のように、最弱の3を出していながら、先に動いたのはカイジ。24回戦U・D U・DA・3○ A・5(2○※出所不明) 14勝/2分/8勝 LIFE(12+4・0)[A・A・8] [A・8・4]Bet1→カイジBet2→和也Bet3→カイジコール→和也Bet4→カイジコール→和也Bet5→カイジコール→和也Bet6→カイジコール(5+1)→和也Bet7→カイジBet8(5+3)→和也コール(7+1)決着唯一2にしか勝てない3の使用法として、定石と言えるのはAにぶつけて消耗させるコマとしての役割。3を提出する際は、何を差し置いてもこの役割を最優先に考えるべきですね。それも隠しBOXによってAの確保が容易であると分かっている状況ですから、Aの提出される確率は高く、3を捨て駒に使いやすい場面。それを和也が先にレイズ=恐らく2を提出している、という推測が立ってから受けて立つならまだしも、こちらから先にレイズを仕掛けるのは、ハナから対Aの消耗という定石を放棄すること。ここぞで2を引いてくるだろう・・・という和也の強運を考慮してのレイズだとしても、それは根拠のない直感。少なくとも読みではなく、命を張るにはあまりに一か八かすぎる選択ですね。・・・当然、カイジはその一か八かに張ったのではありません。そこに、目の前に・・・根拠はあったのです。遂に来ましたね・・・!全ての鍵を握っていた∴穴です!カイジは第219話で∴穴を発見していますが、その際・・・やはり開けようと試みていました。しかし、それはカイジの持っていた1本の爪楊枝では不可能・・・。つまり、同時に三つの穴のスイッチを押さなければなるほど・・・まだ予想の範疇ではありますが、核心に迫ってきましたね。順調順調。真の争点はカイジとしては和也から爪楊枝を渡されたのが作為的に映っても仕方ない以上、∴穴が2のBOXであると思い込ませるための罠であるとは思わなかったのか、如何に断ち切ったのかという部分。ですが、今回で強調されたようにカイジは敢えて定石を外し、レイズを先に仕掛けました。DOWNカードであれば愚行、つまりAと思い込ませることで、和也がレイズに乗った場合の理由は2の提出しかない・・・と考えたのかな。カイジはレイズの途中で勝負を引き出す語りかけもしているので、和也の提出がAであればまず引き分けと想定しているはず。ライフ数関係なくドローの見込みが高いのであれば、双方の命懸けまで突入させる必要はありません。提出時点では不確定だったものの、和也の反応による兼ね合いで2の確信を深めていった・・・という事か。とはいえカイジの意図を承知の上で、和也が敢えてその通りにレイズした可能性は捨てきれなかったはずなので、カイジが度々行った手打ちの提案は本心でもあっただろうね・・。当然ですが、理詰めでは必勝が確定しない所がギャンブルのギャンブルたる所以・・・。オープンの瞬間まで、破滅を背に感じていたことでしょう。詳細は次回語られるはず・・・注目ですね。そして・・・解説している間に黒服たちが坂崎家に先回りしていないことを祈ります・・・。逃走情報は恐らく村岡のカジノにも伝わるでしょうし、三好と前田はカイジの居候を知っている訳ですからね・・・。ここまで事が上手く運びすぎているだけにちょっと怖い。※単行本情報アカギ35巻&HERO11巻・11/1ワン・ポーカー編15巻&トネガワ6巻・11/6ワン・ポーカー編16巻・12/6新黒沢12巻・12/27

  11. プリパラ!タイム4弾ドリシア物語4日目です。共演しながらゆる~くコンプを目指しています。今日はサプライズバースデー縛りです。旧SCRガァルマゲ合わせ!後ろ2人がかなでさんのマイキャラちゃんです。しばいぬこ★とトモチケボードから呼んだ子も一緒です(*´∀`)♪排出はダブりのノワールドット。うーむ。なかなかうまくいきませんね!続けます。手早く終わらせたくてぷちたぬこ★にそのまま頑張ってもらいました。前衛2人はリアナさんちのはるかちゃん&そるとちゃん(*´∇`*)サマードリーム合わせです。マックカラーは鮮やかなピンクなんですね~綺麗★後衛左は夫の(あざとい)きぬごし、右はトモチケボードからです。排出は~はつねミクファルルカラー…。2つとも過去コーデに逃げ道なかったです。3つ目の逃げ道欲しいよね…。3DSでつくったコーデをフルコーデでチケ化で良くないですか?そしたらダブり回避の為にみんな3DSやりまくるでしょ?で、ダブる位ならマイデザ大量に作って刷るわって思うんじゃないかな~。ドリシアをダブりが大量に出るまでブン回すのなんてコアユーザーしかいないんだから、みんな3DSソフト買ってますって。ねぇ?話を戻しまして。この並び、モーリーチャレンジ1日目で見ましたね。あの日、次に出たのはナイトメアでした。…というわけで、あと1回プレイを予定していましたがこの日は終了。悪い流れを断ち切りたいので後日仕切り直します(^◇^)おっとっと勘違い!この並びはラストでした。じゃあやってもよかったかも?!

  12. 週刊少年ジャンプ49号銀魂ネタバレ感想です*□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■♥【アニメ銀魂公式サイト】http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/gintama/index2.html第335話『ドSとドS』★【映画 銀魂 公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/sp/★【映画 銀魂 公式Twitter】https://mobile.twitter.com/gintama_film?p=s☆映画 銀魂ビジュアルブック☆【SILVER Memories】空知先生描き下ろし!!スペシャルメッセージも収録!!♥♥♥♥♥★B5判:136P定価:本体1750円+税★【ジャンプ流】♥♡♥♡♥Vol,23...空知英秋好評発売中!! 定価:1393円(税込)■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□◆アニメ『ポロリ篇』テレビ東京にて毎週日曜深夜1時35分~絶賛放送中!!※テレビ大阪は毎週月曜深夜1時05分~!!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■奈落三羽の一角・柩の凶刃を砕く────!!第658訓『吠えるだけの生き物』前号の続き…柩の腕を斬り落とす銀さん…銀さん『オイ…俺の犬に何してんだ てめェ』銀さんの攻撃を防御する柩…そのスキをつき、銀さんは斬り落とした柩の腕を腹部に突き刺し、柩を地面に叩き付けます…怒り顕に柩に迫る銀さんの背後を狙う虚…其れを瞬時に躱す銀さん…間合いを取り、見合う二人…虚「来ましたか…どうやら間一髪間に合ったようですね」奈落を倒し、定春へと駆け出す新八・神楽ですが、突如龍脈の噴出により、道を阻まれます…虚「その目で世界の終焉を目の当たりにする瞬間に…」地面が砕け、落ちてゆく定春に神楽が腕を伸ばすも、掴む事が出来ずに落下してゆく定春…神楽「定春ぅぅぅぅ!!」身動きが取れない状況の中、定春に追いつく銀さんですが、龍脈の噴出から銀さんを護る為に、定春は銀さんの身体を押し返します。\ドド/協力なエネルギーの中へと消えて行く定春…吹き飛ばされる銀さんの背後に立つ虚の描写…虚「最後の希望は潰えた…」場面変わり─────────天鳥船から退避している船員達…船員①「急げェェ!!自壊が進んでいる..時間はないぞ」船員②「早く避難艇へ!!必ず生きて地球に帰るのだ!!」場面変わり────────再び地球…虚「龍脈を止められる者はもういない…」───────────(シールドを破られ天鳥船に破壊される戦艦の描写…)長谷川「踏ん張れェェ!!まだだ!!まだ地球に落ちるワケにはいかねェ!!万事屋(やつら)が必ず地球を元に戻す…だからあと少しだけ踏ん張ってくれェ!!」──────────────虚「この地球(ほし)に降る破滅を止められる者はもういない…」─────────────避難艇へと急ぐ桂・坂本達…桂「・・・銀時 今帰るぞ待っていろ…きっと地球(そこ)で待っていろ───」─────────────背後から、銀さんに剣を突き立てる虚…虚「君達の護れるものはもう何もない…坂田銀時…それが君にとっての終わりである事は解っていますよ…ここに君の松陽(し)がいたなら..きっとこう言ったでしょう…君はよくやった..よく戦った…だからもう苦しまなくていい楽になりなさいと─────」銀さん『・・・・・・・・』『最後の希望?龍脈を止める者?それがどうした…そんなもん何匹くたばったってかまやしねェよ…』『俺達ァただ…』項垂れる新八・地面に大粒の涙を落とす神楽の描写…銀さん『隣で【わん】と吠えるだけのただの犬がいりゃそれでよかったんだ…ただそんだけで充分だったんだ』洞爺湖を握る手を震わせながら、思いを口にする銀さんに「十二分にただの犬でしたよ」と返す虚…虚「何の役にも立たずただ無意味に死んでいった───」\ゴゴ/ \ゴゴ/\ゴゴゴ/虚「!」「これは・・・」噴き上がる龍脈が鎮まってゆく描写…\ガキィイン/その光景を見やる虚に洞爺湖を投げつけ距離を取る銀さん…───────────央国星ハタ皇子艦隊…部下「皇子!!地球のアルタナに異変が!!」モニターを見るハタ皇子・長谷川…ハタ皇子「こっこれはっ」─────────────虚「龍脈が静まり始めている?」銀さん『・・・アイツが食いかけたエサ残して皿下げるタマかよ…』虚「!!アルタナに飲み込まれたのではない…あえて飲まれた…その奔流から龍穴に侵入し内部から龍脈そのものに干渉するために…」虚「あの犬はアルタナの激流の中で未だ龍脈(りゅう)を鎮めようとしているというのか…」星海坊主から受け取った結晶石の剣を抜く銀さん…銀さん『何だろうと関係ねェ…アイツが最後の希望と崇められようと…龍脈(りゅう)を鎮めるための生贄にされようと…』『俺ァアイツのただの飼い主様だアイツがただの犬に還るまで隣で吠え続けるだけだ…』衝突の時────────!!次号に続きます!!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★感想★前号、定春が柩から、腹部に攻撃を受けて、今号、銀さんが、同じ様に柩にやり返しました!!!!!!怒りで、目が据る銀さんに鳥肌立った!!!!とんでもなくカッコよい~Σ(///□///)銀さんの怒りでロックオンされた柩さん、相手が悪かったですなあ~(*`3´)ノ!!!!お次は、定春・虚──────!!『龍を屠るにはその懐近くに入り急所を突くしかない──────』前号の、自らを龍に重ねる虚の台詞は、それだけの意味ではなかったのですね…。定春ぅぅぅ…(;_;)皆を護る為に、外部から内部へと、龍穴に侵入することを実行しました…(´;ω;`)一人、落下してゆく定春が、銀さんを巻き込まない様に、押し返した描写には、『空知先生の鬼ィィィィ――――。゚∵( TДT)∵゚』と、頭が爆発しそうになったデス…(´pωq` )グスン…先生は、キャラ達に、いつだって試練をお与えになりますもんね(;´༎ຶٹ༎ຶ`)皆を信じて、未来を信じるしかないのだけども、心臓いくつあっても足りんぜ…=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )そして、虚さん…『ここに君の松陽(し)がいたならきっとこう言ったでしょう───君はよくやった…よく戦っただからもう苦しまなくていい…楽になりなさいと───────』この台詞は、虚自身が望んでいる事というか、これまで犠牲になってきた、無数の自分の命への救済の言葉でもあるように思います。松陽先生は、これまで、救うことが出来なかった、無数の虚の命や、犯してきた罪と向き合い、背負う事で苦しみを受け入れながら、自分自身と戦ってきたのに、そんな松陽先生が、楽になりたいなんて思うだろうか…???そんな気持ちを抱く心を、生み出してしまったなら、逃げずに向き合ってきたんじゃないだろうか…( ´-`).。oOちと脱線しますが、松陽先生がお師匠様だったら、日々、物事に対しての気付きだったり、様々な目線と角度で、あらゆるモノを柔軟な思考で捉えながら、知識と経験を積んでいけそう…だと想像する…(*¯︶¯♥)フフフ…wラスト───────!!アルタナの内部から、龍脈を鎮めようとしている定春…『アイツが食いかけたエサ残して皿下げるタマかよ……』最後まで諦めない定春の強さを、坂田家の主、銀さんはよくわかってる!!どんなに貧しくても、苦しくても、万事屋の皆で分け与える事を、家族みんなで学んだ日常の、定春回が思い返されます。飼い主は、最後まで責任持って、ペットの命を護るんですよね、銀さんッッ!!!!!!心配なのが、龍脈を鎮めるにあたって、このまま験力が失われれば、定春や狗子ちゃんの存在は、消滅してしまうかもしれない事…(´;ω;`)地上で、あんなに一回りも二回りも小さくなっていったのに、地中で直に龍脈を鎮めるって、受けるダメージの大きさが違うと思うし、巫女姉妹から与えられた力も、あとどれくらいもつのか解らないですし、定春をどうやって地中から助けだすのかも、今の段階では、方法はまだわからないし、何もかも不安だらけで辛いです。銀ッッさん――――――ッッ(༎ຶ⌑༎ຶ)どうしたら、どうしたら定春助かる(泣)!?!?来週の月曜日まで、どーにか心を持たせて待ちたいと思います(ง°`ロ°)ง★巻末コメント★【たまたまいった電気屋で、ベイブレードで白熱する子供達が、見てるだけで面白かった】ベイブレードって何ぞ…( ¨̮ )??キッズ達に、流行りの玩具ですかい(!?)そしたらまた( *˙︶˙*)ノ"∅・*:。✡*:゚

  13. カンから大変やわな漫画界は年末年始や冬コミに向けての進行で大忙し新人さんの読切は新年にまわされるから暫く読切はあれへんやろか本誌でやってた読切感想もええんやけど、いくら天下の少年ジャンプとは言え今や紙媒体は購入して保管しとる人があんまりおれへんからなーちゅーわけで、いつも通りプラスにある読切の感想やな今回のはわりと珍しい失敗の仕方になっとるタイトル 日陰者の空作者   梶川岳三人称の漫画前置きとして漫画とはちゃうんやけど、小説を書く際に気をつけなアカン点として誰の目線で話が進むのかっちゅーのがある一般的には主人公の視点で物語が進行して、読者はそれを追いかける形が普通しかし作品によっては視点が主人公から別のキャラクターへ移るものもあるそれが三人称で書かれとるパターンやなこの方法を使うと、かなり文章力が無いと途中で一体誰の話なんかがよーわからん事になって読者が迷子になる事が結構多い(白目)これは文字しかあれへん小説のよくある失敗パターン今回の作品はそのパターンに近い形になっとる漫画には絵がある、三人称で描かれても誰がどこで何をどうしとるのかは一目瞭然誰の視点で何をしてんのかよーわからんっちゅー事は無いそして今回の話は主人公がはっきりしとるし、主人公視点で話がすすんどるせやのに何故、読者が迷子になってまうのか?それはテーマが三人称になってもうてるから(白目)読切ちゅーのは短いページで一つのテーマを表現するのが普通今回の読切は、主人公とヒロインと二人のそれぞれのテーマが噛み合ってない正直、ラストが尻切れトンボ状態やなーヒロインは主人公のお陰で成長し何かに立ち向かう強さを手に入れたこれならメッチャ明確なテーマやし読者も納得の物語の終わりそれに対して主人公はどうか?特に何もなってへん(白目)ヒロインを助ける役割は果たしとるけど、それは主人公が主人公たる役割ではない物語の主人公っちゅーのは読者にものすごい期待をかけられるそれを越えるくらいの何かを物語で成し遂げなアカンのやそれが結果的に大人に上手く立ち回られ悔しい思いをしたけどヒロインは気づいてくれて救われた?物語の主人公の結末がこれでええんやろか?読者的にはモヤモヤ感MAXやと思うでー簡単に言うと、え?これで終わり?(白目)テーマが成長なんやったら主人公とヒロイン二人の成長を描くべきヒロインだけ成長して主人公はそのヒロインに救われただけこれでは情けないし、エンターテイメントとしての爽快感がない解ってくれる人は解ってくれるっちゅーゴーストライターの葛藤を言いたいんはわかるんやけどなー誰に理解されなくてもヒロインだけでも認めてくれたらそれだけでええっちゅー感じがイマイチ表現しきれてない、それがあれば全く印象が変わってくる今回のやと苛められたけどヒロインが慰めてくれて良かったっちゅー何とも後味の悪い終わり方に見えてまうからなー勝たれへんまでもオッサンに引導の一つでも渡すのがエンターテイメントやで結果、読者からしたらヒロインの成長がテーマの話なのか主人公の救済がテーマの話なんかが最終的によーわからへん最初に言うた途中から三人称の話になってもーて読者が迷子になっとるわけやこれ誰の話なん?っちゅーことやな作者的にはもっとちゃう感じなんやろけど、ワイはそう読めてもうたで主人公が主人公足りえてないとは言え、絵的にも画面構成的にも読みやすいしのはえー感じストーリーもベタなもののちゃんと出来とるし、かなり漫画慣れはしとるでーテーマを主人公かヒロインのどちらかに絞るか、両方成長させるかにしたらもっと面白くなると思うんやけどなーさてさて、次回作はどうなるんやろか?期待しとくで!!わりと珍しい失敗やから真面目に感想してもーたわ(白目)ま、解る人だけ解ってもーたらえーわーい(テーマ)ほなまたー

  14. ※年表&ワン・ポーカー戦歴http://ameblo.jp/fake-or-bluff/entry-12293133639.html前回、ワン・ポーカー最終戦について、チャンは3での先行レイズという戦略の謎を語りだしました。一見して定石にそぐわない選択でしたが、それでもカイジには確固たる根拠があったようで、∴穴についても言及。しかし、やはり開けるには至らず、万事休すと言っても過言ではありませんでした。24回戦開始時、二人の陣容は↓の通り。カイジ/和也 []=隠しBOXカードU・D U・DA・3 A・5 LIFE(5+3・7)[A・A・8] [A・8・4]正規ライフの数では2つ劣るものの、隠しBOXに残るAの数はカイジが上回る状況。二人の戦力は拮抗していました。ただ・・・それは∴穴に気付くまでの認識。和也だけが有する第2の矢、更なるBOXの発覚により状況は一変。実は計り知れない大差が開いていたのです。もしも∴穴に気が付かなかったなら、カイジは入れ替えたAを素直に提出していたことでしょう。どうせ相手もA、それなら僅かな2の可能性に臆してはいられない・・・降りられない・・・下手をすれば命まで注ぎ込み、結果∴穴はまさに値千金の発見でしたね・・・。しかし回避したとはいえ、カイジに第二の隠しBOXは使えません。和也が援軍を得たことで、カードのぶつかり合いでは勝機がないと分かっただけです。この発見で利するのは、唯一その「気づき」の認識。何故なら和也が把握しているのは、カイジが一つ目の隠しBOXを開けて3枚のAを手にした事までです。事実・・・カイジも隠しBOXを開けたことで、和也は自らのイカサマをも正当化。後ろめたさが無くなったことで表情にも余裕を見せました。その証拠が2つ目のBOXの存在ですね。やはり∴穴による隠しBOXでも、手元に対応するライトは存在したのですね。これはカイジの憶測についての描写ではありますが、まず間違いない解説の中で描かれているので真実と捉えていいはず。そして和也の気配は、カイジの隠しBOX使用を受けて弛緩しました・・・。並ばれたという焦りが見えないのは、つまりある程度それを望んでいたからに他なりません。∴穴による隠しBOXが絶対的であり、如何なる場合にも対応できるという証拠ですね。カイジが最強布陣を考えると、まず必要なのは・・・もちろんA。そしてKやQも必要です。これは一つ目の隠しBOXに続いてのA連打ではあまりに味気なく、出来る限り真剣勝負の体を保ちたい為。ただ、真剣勝負の為のK・Qなら、もう一つ理由は考えられそう。24回戦での隠しBOXを含めた二人の所持するAは5枚ですが、それまでの23戦で5枚が提出済み。Aは都合10枚見えています。設定上の最大許容枚数は12枚なので、Aばかりを隠し持っているとその後の引き次第では13枚を越えてしまいます。20回戦までのボードは消去済みなので、対戦相手が記憶しているかにも依りますが、これはバレてしまえば明らかなイカサマ。もっとも、既にお互いにイカサマをしているのは承知の上ですが、あくまでも相手にはイカサマしていない体で戦っている訳ですから、言及されれば言い逃れが出来ません。かといって全ての審判はマザー・ソフィー頼みですから、不正が露呈してもペナルティは望めません。とはいえ和也はあくまでも真剣勝負を望んでいますし、そういったいざこざ自体を避けたいでしょう。せっかくのAが提出できない紙屑と化す可能性もあるので、K・Qは保険としての備蓄なのかも。まあ長々と書いておきながら、大したことではありませんけれど・・・。そして最も重要なのが、カイジが開けた一つ目の隠しBOX対策。和也の受けて立った態度からしても、その存在は明らかです。つまり、隠しAを殺す2!この切り札を仕込んでいる事でしょう。何だコレ・・・!?(°д°;)容赦無いな。これもあくまでカイジの想像図ですが、先述の理由もありますし、流れからして信憑性は高そう。Aを食うための2が3枚ほどかな・・・推測していましたが、完全に想像を超えていた。まあ、そもそもカイジがイカサマ合戦に受けて立った場合の対策なので、もう出し惜しみはしないという事か。問題は、この隠しBOXの要である2の出しどころ。チャンは当然、カイジが隠しBOXを開けてA3枚を入手した24回戦だと気付きました。実際に和也は出したのでそれで正解ですが、逆に言えばタイミングが明白だからこそ、逆にAで来る可能性もありました。私としても散々危惧していた部分です。ただ、フィフティーフィフティーでも勝機が見えたのは事実。カイジは二つ目の隠しBOXが使えなかった訳なので、蹂躙されるだけではないと気付いただけでも僥倖ですよね。なるほど。懇切丁寧に、一つずつ解説が成されていますね。単にフィフティーフィフティーの確率に賭けたのか、それとも更なる気付きや考察によって2であると断定するに至ったのか・・・。その再注目される部分は、次回に明かされるようです。いよいよ核心に迫ってきたようで、続きが気になりますね。ただ、余談ですがタイトルはワン・ポーカー種明かし編ではなく24億脱出編ですから、まだまだ逃走成功への障壁はあるはず。正直なところ・・・種明かしはレンタカーを借りた後でもいいから、早いとこ坂崎家に寄って最低限約束を果たしてほしいという気もします。野暮すぎますが、モタモタして無一文エンドだけは避けてほしいので・・・。・週刊ヤングマガジン№49より※単行本情報ワン・ポーカー編15巻&トネガワ6巻・11/6ワン・ポーカー編16巻・12/6新黒沢12巻・12/27