10/14の記事ランキング

  1. <p align="left" style="text-align:left;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">みちを抱く陽一。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">しかし、途中で動きが止まってしまった。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">な、なんでー!?<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">でも、みちは「気にしないで」と許し、その夜はここまで。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">実は最後まで出来なかったのは、これが初めて。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">良い感じだったはずなのに、何がダメだったのか。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">みちは頭をクシャクシャにして悩んでいましたが、<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">陽一の方に問題があるのですから、みちに分かる訳がないですね。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">妻を抱くことにプレッシャー!?<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">その先(子供)の事を考えての事なのかなぁ。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">そして陽一の姉(夫婦)との食事。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">陽一の姉はなかなか自由な人でした。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">アラフォーになっても、可愛い格好しても良いと思います!<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">そして旦那と陽一がタバコで席を外した時に、<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">みちに義母が「孫 孫」と五月蠅いでしょ?と謝っていましたね。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">そういう夫婦の形もあるのだとみちは思ったでしょうね。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">でも自分は子供が欲しい。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">レスを終わらせたい<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">伸ばした手を陽一が掴んでくれた。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">この前は最後まで出来なかったけど、<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">きちんと応えてくれたのだ。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">焦らずいこう<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">きっと次は大丈夫<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">みちは優しいですよね。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">でもその優しさが陽一には重いのか。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">彼の表情は暗い。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">関係が修復したと思いましたが、どうみても表面上だけですよね。<span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">陽一の雰囲気からして、何か無理っぽいなぁ。<span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">ちなみに33話は11月20日に掲載する予定です。

    あなたがしてくれなくても(ハルノ晴) 32話
  2. 【電子限定描き下ろ漫画付き】 (gateauコミックス)Amazon◆夏目イサクコラボカフェ『飴花カフェ2』コミコミスタジオ町田にて10/28~11/16飴色パラドックス(5) (ディアプラス・コミックス)737円Amazon楽しそう\(^^)/でも、私は行けない。さすがに夫と行く勇気はない。←まだ友達にカミングアウトしてないから行ける人いない(T▽T)皆どうやって腐女子の友達作ってんの??(そーいやこないだ、BOOK・OFFにてA子「あたし、BLに目覚めてさ〜」B子「え!?貸そうか!?✧︎」っていう溌剌とした会話を聞いてほのぼのしたよ。BOOK・OFF一緒にくる友達なんて、あたしにはいなかったよ(笑)いいな〜)コラボカフェ行った人、ぜひ感想教えてな(ง •̀ω•́)ง✧〇こうじま奈月先生抽選Webサイン会⇒こちら『秘め事のウラには』秘め事のウラには (花音コミックス)704円Amazon高岡先生のサイン会の広告読んだときに「リアルサイン会」ってなってたけど、「リアル」じゃないサイン会って何?と思ってたけど、Webで...そーなんだ。なるほどにゃあ。Webの方が、遠方の方やらお忙しい方にも安心ですものね。〇秋のリンクスロマンス2019フェア詳細はこちら恋するインテリジェンス (7) (バーズコミックス リンクスコレクション)869円Amazon丹下道さん、香坂透さん、座裏屋蘭丸さんのクリアカードが!特典...これは、いつか売れる!気がする...こら!※漫画は売るけど、特典や同人誌は売ったことないのであしからず。サイン本はまだ持ってないけど、サイン本も売らないと誓います。高月さんのおそらく昔の同人誌が某アプリで売られてて、それでしか見れない表紙だから欲しいんだけど、先生が「悲しい気持ちになるから売るな」と仰ってるから、それなら買わないでおこうと思って我慢してるんだけど。でも、もう正規で手に入らないもので、電子と文庫買ってる場合は、メルカリやオークションで買っても良いでしょうか。え、そういう問題じゃない?それを許すと新刊の同人も売り出す買い出す?うーん...そっか...。_| ̄|○ il||liとりあえず我慢かなぁ...。

    コミコミメルマガより 色々
  3. 前回の妖怪ウォッチ感想はこちらhttps://ameblo.jp/koshiro3194/entry-12533613628.html妖怪ウォッチ!28話感想です!『妖怪ゴメンダコ』何かにつけてごめんと言わせてしまう妖怪 ゴメンダコ。しかもずっと取り憑かれていたらゴメンダコになってしまうなんて恐ろしいケータ君が召喚した妖怪ひっぱりダコ達を食べちゃったり何気に強い!ゲーム『妖怪ウォッチ4』では序盤に出てくる妖怪なのにどういうこと最終的にブラックダイヤニャンノ活躍でゴメンダコを退治しましたが、ケータ君が調子に乗っているところをフミちゃん達に見られてイタタな結果に最近のケータ君は、気を抜き過ぎだよでもフミちゃん達はいつものケータ君という認識でいつも通りに接してくれるのだろうな笑『HIGH&amp;妖 EPISODE6 赤んBOYS』ハイローパロディ6回目今回は、RUDEBOYS→赤んBOYSメインのエピソード。赤んBOYSのメンバーは、激辛ボーイやネコ二世など赤ちゃん系妖怪ばかり。不良ぶっているけど、ベビーカーを単車代わりに乗り回したり、ミルク飲んだりとやっぱり行動は赤ちゃんのまま笑しょっちゅう泣くからウィスパーがママ代わりになってあやしているのが面白かったです!ウィスパー、執事よりベビーシッターのほうがむいてるかも!?次回は、HIGH&amp;妖ファイナルエピソードです!『4コマさん ガシャ』ガシャは狙った物が狙えないですよね300円で諦めて散財しなかったコマさんはエライよ『妖怪三国志 其ノ六』元ネタの『三国志演義』でも曹操が関羽を厚遇しようとしていたエピソードは有名ですが、フユニャン曹操は魏の国土をブリー隊長関羽にあげたりするのはやり過ぎ歴史が変わってしまうからダメだよブリー隊長関羽もフユニャン曹操を捕まえたりしてるし、ちゃっかりなことしてるな笑妖怪ウォッチ!感想は以上です。また月曜にアニメ感想を投稿しますのでよろしくお願いします!

    妖怪ウォッチ!28話感想(HIGH&妖 EPISODE6 赤んBOYS)
  4. 『大家さんと僕』シリーズ入荷しました!
  5. »※コミックス派のネタバレ注意!まだお読みでない方は今すぐコンビニか電子書籍で買ってください昨晩はカゴプリの菊丸に影響されてクマちゃんのぬいぐるみと寝てみるなどしていました。菊丸がなぜあんな大きなぬいぐるみを持っているのか、その理由をテニプリパーティで知ったんですけど、たまらんかわいさですGolden age 277 Quark Puppe (どうでもいい人形)12年前のドイツ。Q・Pの昔話でしょうか。「さっさと退学させなさい!」アオリ:時は…少し遡る12年って少し?下手したらリョーマ産まれてないくらい昔では...「どのコーチにも心を開かんのじゃ使い物にならんよ」おひげを生やした偉そうなおじさんが何か言ってます。GTAの校長的存在でしょうか。扉絵は死んだ目でうつむく男の子の写真。アオリ:笑みのない、その理由は・・・面影あるのでQ・Pの幼少期だとわかりますが、表情が暗すぎるのが気になります。誰にも心を開かないって・・・「オーナー!!ちょっと待って下さいよぉ~っ!!」さきほどの偉そうなおじさん(理事長的存在だった)に詰め寄る若い男。このレンドールという名前のコーチが切り捨てられたという恩師・・・?幼いQ・Pに才能を見出し、退学を考え直してもらうように直談判してます。「では1か月後───彼には中学生と試合をして貰う!!」「そんな無茶な・・・・・・彼はまだ5歳ですよっ!?」幼児と中学生を試合させる????ドイツテニスアカデミーの他のキッズたちはそういうレベルなんでしょうか。でもGTA所属コーチであるレンドールが無茶だと言っているということは・・・標準以上に仕上げてみろと命じられているのかもしれません。「もし結果を出せない様なら・・・・・・」「Quark Puppe(どうでもいい人形)は元いた孤児院に送り返すからな」ひでぇ!子供を何だと思ってるのこの人!?大人たちの間でそんな会話が繰り広げられているとは知らない幼いQ・Pくんが壁打ちの練習をしています。壁にはこどもが描いたようなガタガタした線の的が描かれており、真ん中の丸が『100』、その外側に『50』の丸、さらに外側は『10』の丸。一番小さい『100』の的にひたすらボールを当て続けるQ・P。こわ...こんなこと産まれた時からやらされていたのQ・Pは・・・?そりゃあんな死んだ目になるのも無理はない...そんなQ・Pを怪しい笑顔で観察するレンドール。子供好きのおじさん(オブラートに包んだ表現)みたいな怪しさですが、これってQ・Pの才能を目の当たりにして嬉しくなっちゃってるカオですよね…?「ホント見事なもんだ」思わず拍手してしまうレンドール。5歳の子がこんな芸当をできるようになった背景を考えるとおぞましいですけど、すばらしい才能の持ち主であることは間違いありません。「おっとゴメンゴメン・・・僕はレンドール」「今日からキミのコーチをやらせて貰ってもいいかな?」レンドールさん、あの難しい条件を飲んだんですね。「キミの名前は?」ボールを『100』に当て続けながら答えるQ・P。「みんなはQuark Puppe(どうでもいい人形)・・・・・・」「Q・Pと呼んでるよ」え!?クヴァルクプッペってあのオーナーが勝手にそう呼んでるのかと思ったら通称なの!?Q・PはQuality of Perfectになる前からQ・Pだったんですね…本名不明なんじゃなくて名無しだったとは、想像以上に壮絶な生い立ちです。GTAの最高傑作と呼ばれているくらいですから、蝶よ花よと育てられてきたんだと思ってました。そして、みんなからどうでもいいと思われながら生きてきた・・・ので注目されるのが苦手なんでしょうか。エキシビションの時、Q・Pが「そんなに見られると・・・実力の1/10も発揮出来ないかもしれないね」と言っていたのは面白い冗談だと思ってたんですけど、あれは本気だったのかもしれません。サービス時の応援をやめてほしいと言ったのは冷たいわけではなかったのかも・・・。ボール落としてたし本当に集中できなかったのでは...Q・P......『100』を狙い続けるQ・Pの横で、レンドールコーチが壁に①、②、③と番号を書いていきます。「なら僕は数字の順番に狙ってみるね!」ゲーム感覚で『100』を狙ってると見てこういう指導を始めたんでしょうか…でもたぶん親の愛も知らず友達がいる様子もないこの男の子にそのような"楽しむ"は感覚はなさそう…「興味ナシ・・・か」案の定Q・Pは見向きもしてません…コピペしたかのように寸分たがわぬフォームで打ち続けています。アカデミーの役員に呼び出され、今日のところは引き下がることにしたレンドール。去り際に『青い鳥のシーソー』を近くにあった木の股に設置していきます。「キミがここで挑戦したらシーソーを右側に倒してね 僕は左側に倒すからね♪」なぜか南国仕様なところに笑いそうになりました(私は乾のアロハ写真立てがツボ)右側の鳥さんは体がちいさくて小鳥のよう。Q・Pとレンドールを模しているみたいです。レンドールの言葉に表情を変えるQ・P。このレンドールってコーチめちゃくちゃ良い人そうなんですが、この人がこれから切り捨てられるのかと思うとなんか泣きそうです。「明日も待ってるからね!」明日、要するに次の日、レンドールが例の場所へ行くと…Q・Pの姿がありません。妙な大人に絡まれたので練習場所を変えてしまったんでしょうか。「やっぱり いない…か」ん~、いつもこういう感じで誰にも心を開かないんですかねぇ。「ん?」数字が一つ増えてる!?シーソーの鳥も右側に傾いてる!!アオリ:小さな傾き・・・しかし偉大な命運の始まり・・・うおおおお~っ!!Q・Pが心を開き始めているっ!!!レンドールは見てないんだから無視しようと思えば無視できるのに律儀に倒していくなんて!!いい子じゃないですか!しかしそれと同時に!この超良いコーチのレンドールが切り捨てられる未来が来るのかと思うと!!切ないです!!!!!278話感想に続きます。関連新テニ感想記事まとめ«JUMP SQUARE 2019 NovemberGolden age 276Golden age 277Golden age 278»@import 'https://usrcss.ameblo.jp/skin/templates/4d/11/10017617811_34.css';

    新テニスの王子様 Golden age 277 ※ネタバレ注意 【SQ.感想】
  6. 今週のチェンソーマ感想やりまっせー狙たかどうかは分かれへんけども超大型台風が上陸したタイミングで台風の悪魔襲来の展開、色々持っとるなあ(白目)そして来週は巻頭カラー、周年かどうかは知らんけどもこの新連載が打ち切りの嵐の中唯一の巻頭カラーを貰たのはホンマに素晴らしい事やでー勝ったな、ああ(白目)そしてその記念にどんな話を持ってくんのか、めちゃめちゃ気になるでーワイが好きなのは期待に応えて想像を超えてくれる漫画、なんかやってくれるんやろかせやせっかく普通の感想文やからワイの好みの話をついでにしとこちなみに普通の感想するときに他の漫画あんまり興味ないっちゅーとるけどもそれは決して面白くないとか実力ないとか言う意味やあれへんもちろんどの漫画も実力あるし面白いと思う、ただワイはめちゃ偏食やから読む漫画が偏ってまう普段の感想文はそういうの抜きにしとるから何でも読むんやけどなーそしてある程度読んできとる人には各ジャンルの一番の作品が存在すると思うその作品単体で楽しめたらええんやけども、どうしてもワイは比較をしてまう(白目)せやからその一番の作品と比較して下回ったり新しい点があれへんとどうしても興味が出てけーへん例えばワイが普段の感想文で女の子が可愛いだけの漫画に言う事がないっちゅーてんのはそういう意味もあるそれは面白くないんやのーて興味が無いと言う意味、それは新しい点があれへんからに他ならんただただ女の子が可愛いだけで想像以上の展開とか他の何かが無いそれはエロと同じで可愛いを性的に消費しとるだけで二回目読まれる事がほとんどあれへんとは言えこれはワイの好みのお話、いつも通りそれを否定しとる訳ではあれへんでーワイは今までに見たことあれへん新しい何かが見たいんやーせやからワイはチェンソーマンが好きなんやなー、自分では想像もつけへんような展開にシーンちゅー訳でどうでもええ話はさておき、今週のチェンソーマン感想やでー夜の学校デートで全裸でプールで泳ぐ展開、これなんてエロ漫画このシーンでレゼさんがまともな頭してないっちゅーのはハッキリしたなあこういうので男子に新しい性癖が目覚めてまうんやで(白目)そして事ある毎にキャラクターを全裸にさせるこの手法ワイの感想文的に言うと作者さんは映画と野外露出を愛する人(白目)やっぱり悪魔なんかなあ、考え方的に鮫と同じチェンソー側の悪魔かも知れへんなー出来ない事全部教えてあげるとかこれなんてエロ漫画(二回目)しかしこの展開やったらもっと際どいとこまでいくかと思いきや泳いだだけで終わってもーたデンジさんは女の子に興味あるけど性的な知識は無いと言う事かしら、うふふ(下衆)寓話は何の例えになるんやろなあ、人間と悪魔の関係とかやろかちゅーかそもそも天使の悪魔の捕まったがよー分からんなあ悪魔が住むなら魔界やろけどもそこへ捕まえにいったんかなー、その辺もまだ謎やでーそして台風の悪魔と契約しとる人が襲来した、レゼさん大ピンチしかし変なオジサンと邂逅した時に悲鳴を上げへんのは妙ではあるとか言いながら次回の扉ページで悲鳴上げて逃げるかもしれへんからどうなるやろ、巻頭カラー楽しみ台風の悪魔は強いんやろか自然災害とか概念系は強さがイマイチ分からん(白目)それにインパクトは必要やろけど銃の悪魔をあれだけ強くして戦う方法とかあるんかいなやっぱり感覚で描いとるからそこらへんの設定はないんかなあ悪魔の系統にしても法則性が見当たれへん、爆弾とか毒とかはどういう扱いなんやろホンマに続きが気になる漫画は久しぶりやから楽しみやでー、一週間は長い(白目)それまではGIGA感想に戻ろかなーほなまたー

    週刊少年ジャンプ  チェンソーマン  42話  感想文
  7. 『GATHERER』第137話「グレン一味VS精鋭サイボーグ軍団」前半『⑭ボーグステーション編』
  8. 月10日(木)発売アニメージュ11月号の紹介ツイートです。アニメージュ編集部@animage_tokuma 【アニメージュ11月号/絶賛発売中】『名探偵コナン』特集は、話題の最新ED「Sissy Sky」の解説です。雨の阿笠邸、江戸川コナンとの出会い、押し寄せる不安、青空への叫び……心にしみるEDカットの数々をご紹介。歌を担当した宮川愛… https://t.co/xoBESCj3Du2019年10月10日 15:29アニメージュ11月号のコナン特集は、EDカットなど最新EDについての特集ですホントは今夜はここに行く予定でした【公式】名探偵コナンプラザ@conanplaza 【みなとみらい会場】10月11日(金)~2020年1月19日(日) 本日11時より「名探偵コナンプラザ」みなとみらい会場がオープンいたしました🎊 1月19日(日) までの期間、皆様のお越しをお待ちしております🕊🍀… https://t.co/RpGrkOUqTc2019年10月11日 12:42今日ならまだ雨も大丈夫そうなので、普通に行けたような気もします。大阪のコナンコンサートは無理だけど、地元のコナンプラザなら行けたんですけどね(^-^;ただ時間的にギリギリになりそうだったので、明日以降にすることにしたんですが、【公式】名探偵コナンプラザ@conanplaza 【みなとみらい会場】10月11日(金)~2020年1月19日(日) ☂️営業に関するお知らせ☂️ 台風19号の接近に伴い、以下の通り営業を変更させていただきます。 10月12日(土)…臨時休業 10月13日(日)…13時から… https://t.co/5HS1UDrCiJ2019年10月11日 16:17明日は臨時休業だそうです。まぁ、そりゃあそうですよね(;^_^A 明日オープンする名探偵コナンプラザ 神戸会場は通常通り営業されます。【公式】名探偵コナンプラザ@conanplaza 【神戸会場】10月12日(土)~11月17日(日) ▶︎営業に関するお知らせ◀︎ 神戸会場につきましては、 10月12日(土)、10月13日(日)は通常通り営業(10時オープン)を予定しております。 営業時間が変更となる場合… https://t.co/PEldJ3p0je2019年10月11日 20:05関東地方に台風が最も接近するのが明日の土曜日の午後6時頃だそうですね(;゚Д゚)江戸川コナン@conan_file 米花公園で男性の遺体が発見された! 小五郎のおじさんと捜査に協力することになったけど、情報を集めるうち、被害者の良くないウワサばかりが集まって…。 TVアニメ『名探偵コナン』「謎解き水上バス(前編)」(TVオリジナル) 10月… https://t.co/cm7TDPKsju2019年10月11日 18:00停電したら、コナンも観れないですよね大丈夫かなぁ・・・心配それよりも、今度の台風は地球史上最も大きな台風らしいので、停電とかそんなレベルじゃないくらい大変なことが起きるかもしれないですよねコナンコンサートは約24年間の私のコナン歴の中で開催されたコナンイベントで一番くらいに大好きなイベントです。今日のコンサートは行けなかったので、あくまで3年前ので判断したらの話ですけどね(^-^;心にも体にもズンズン響く迫力あるオーケストラ演奏は生じゃないと伝わらないので、こればかりはこの前のライブ・ビューイングのような形でやっても意味ないんですよね。生だからこそ価値があるんだと思いますDAIGO@Daigo19780408 読売テレビ 開局60年『名探偵コナン スペシャル・コンサート2019』 大阪城ホール! とにかく最高!! コナン曲5曲!! 名探偵コナンを愛する皆さんの前で歌える幸せはやばかった! 俺は怪盗DAIGOとしてのライブ!… https://t.co/oAjzR2HYhV2019年10月11日 21:49これは今日のコンサートのDAIGOさんですかね?怪盗キッドの衣装がよくお似合いですね(*^-^*)あぁ、行きたかったなぁ・・・ガッツリレポを見るのは結構ツライので、見ないように気をつけます(;^_^A コナンフレンドに3年前と比べてどう違ったか、メールで簡単に教えてもらえれば十分です。明日中に帰らないとマズイ遠征組の方はコンサート自体を断念されたみたいですね。これはツライ決断ですよね。明日は新幹線も飛行機も全滅みたいなので、予定を変更してもう一泊できる方じゃないと参加できなくなっちゃいますね。相当深刻な台風みたいなので、可能な方はもう一泊してから帰って来た方が安全のためにもいいような気もします(^-^;60年くらい前?に大勢の犠牲者を出した時と同レベルの台風らしいので、時代が違うとはいえ、深刻な被害が出ることは避けられないんだろうなって思います。東京の23区の一部では、予報通りの雨量だと浸水した時の水深が10mになるそうですね。もう街全体が水没してしまう感じで怖いです。ちゃんと無事に生き延びることができるのか不安になりますが、何ごともなく無事だった時は、明日の夜、ブログを更新します(^-^;それでは皆様、命を大切に、くれぐれもご注意くださいね。では~

    「紅の修学旅行」事後通販&アニメージュ11月号&雑談 etc.
  9. んは高岡の郵便局長漫画を描かせて貰えなかったから安孫子先生のところで描いてた。A先生の父が亡くなった藤本君と出会えた。幸いっていうかF先生のお父さんが亡くなって漫画描き放題になったと笑いを取ってました。文苑堂で手塚先生の『新宝島』との出会い。富山では漫画なんか見ることも許されない時代に1冊だけあって2人で買って古城公園で読む。当時は漫画といえばギャグしかなくて目次に驚き紙の上に描かれた映画と驚かれてました。手塚先生に手塚先生の似顔絵の油絵のファンレターを送ろうとするが油絵描いたことないので油絵の描き方の本を買ったそうですwそのA先生作、F先生作の2枚送ったが送った住所がF先生のだった為『ありがとう藤本君』と書かれてて安孫子の安の字も無いとガッカリしておられました。試験を受けて入った名門校で試験漬けだったが毎日新聞に連載してた手塚先生の漫画がいきなり終わったので天使の玉ちゃんを送ったら連絡もなしに連載されたと。なので試験中だったけど追加を送ったが30日?でピタッと打ち切れられたとか。初めて原稿料を貰ったのでこれをデビュー作にしたそうです。今85歳でそれからを数えると最長の漫画家とプライドを持ってると仰ってました。A先生は伯父つたいで富山新聞社F先生はおばつたいで津田製菓に入社F先生は初日で会社を辞めたと話されてました。ちょうど最後の世界大戦を依頼されてたのでそれを週末手伝ってた。(話が長くなるとかで端折られました)仕事は絵が描かけることから図案部へ当時は写真を使わないからイラストで広告描いてたけどA先生のタッチは漫画だかから向かないと言われて2、3日で学芸部へ。まんが道ではパチンコのイラストが漫画チックで好評だったはずなのに・・・フィクション?あと雪が降る季節まで働いてたんだけどなぁ。毎日映画を見て夕刊に映画感想を書いてたんだけど面白くないって評価してらその下にその映画の広告が載ってと笑い話に。部長に何でも面白いと書くようにと怒られたと。そしてあのラジオ欄の失敗の話その日付の新聞読みたい。誰か知ってる人居ないかしら?映画は観れる、月給はいいと仕事に不満はなかったけど東京行って漫画描くぞとF先生に言われて母に相談して断られたら行かないぞと答え伯父に頼んで入社したのだから断らるとばかり思ってたら『いいよ』と言われたそうでF先生の母もA先生の母も理解あるなと。で送別会が開かれたのですが話せば1時間はかかるのでまんが道読んでくれと(笑)先生のお言葉で聞きたかったなぁ。手塚先生の漫画が大人気で月に何百ページ書いても追いつかない所へ手塚先生のタッチの藤子先生達が来たもんだから注文が殺到。有頂天になって断らず上京した6月から年末まで寝た記憶が無いと。隣同士で漫画描いてて寝そうになるとペンで刺しあう。それでも漫画を描ける嬉しさが勝って嫌だと思った事がないそうで富山の人は地味だけどコツコツ頑張って積み上げる県民性と語ってました。仕事溜まってるけど正月里帰り。出版社も5日まで休みだから催促されない開放感から明日やればいいと怠けて原稿を落とすあの事件に。そこから自分たちのできる範囲でそれ以上の仕事を受けず原稿を落とす事はなくなったそうです。しかしA先生の名文句は『明日にのばせることを今日するな』気楽に生きろという事だそうですが僕は原稿を落とす事件を考えるとやった方がいいと思うのですが(^_^;)そこから原稿を落とした講談社から藤子不二雄を使うなと御触れが回って3年仕事が来なかった。1人だったら富山に帰ってるけど2人だったから気が楽になって我慢できた。その間週3で草野球でエースでキャチャーでショートもこなしてそのあとは監督の奢りで毎晩飲み歩いて毎日が面白かったと。人生の転換期小学館から週刊サンデーの依頼。オーバーワークだったけど日本初の週刊と言うことで仕事を受けた夕方週刊マガジンの依頼が来たがしかも正月に原稿を落とした編集長が。でもこれ以上はと土下座して断ったら『頑張れよ』と激励のお言葉を頂いたそうです。禍福は糾える縄の如し初めに災があって福がくる。失敗を教訓にそれを経験して福にする。ということわざを教えて頂きました。新聞社時代に移動動物園の取材をすることになったがスタッフが強面の人だったので怖くて声が掛けられず半日動物園をぐるぐる回って動物の絵を描いてた。取材する度に人を観察するのが好きになってその経験が笑ゥせぇるすまんに生かされた。手塚先生の漫画は地球の未来とか壮大なストーリーが多くそれを真似してなら追いつけないと手塚先生が描かない日常生活をそれだけでは面白くないから異世界から妙なキャラと活躍させるオバQが誕生。ハットリくんや怪物くんとかそこから藤子不二雄の新しいシリーズを切り開いた。それも歳を重なると児童漫画が苦痛になって来たが時代も青年漫画が出てきて上手く笑ゥせぇるすまんに軌道に乗れたと。この間イタリアから怪物くんを出したいとオファーがあったそうで楽しみですね。手塚先生がストーリー漫画を開発され半世紀と世界では漫画が評価されて日本を代表する文化だけど日本ではまだ認められてなく手塚先生には国民栄誉賞とか文化勲章が贈られてないと嘆いておられました。そして少年時代のお話に。先生も疎開されたそうで校門に入る時竹やりで『米撃滅』と叫びながら100回突かないと入れなかった。子供ながら相手は機関銃なのに意味が無いと思ってたそうです。その経験も踏まえ『長い道』を漫画化したけど連載中はファンレターが一切来なかったが連載が終わったら別れのシーンに感動したとファンレターがどっと来た。藤子不二雄コンビ解消したとき実写化を企画したけど監督と脚本が自分を曲げない人で間に入って宥めたそうです。主題歌を井上陽水に頼んだが歌詞を書いたら曲を作るって言ったのに歌詞を使われなかったとダサい歌詞だったしねと笑い話にしてました。ここでいくつかアニメの主題歌を書いたけどオバQ音頭のサビを少し歌われて400万枚売れたんだよと自慢されてました。今度聞ける機会があれば喪黒福造を歌って欲しいな。色んな挑戦をしたおかげで85歳まで元気でこられたエネルギーになった。元気を自分から作らないとダメ。富山は辛抱強いからそういうのを発信して日本を元気にしたい。と締められたあと誕生日に貰ったしょこたんのイラストをかざしてすごく嬉しそうに自慢されてました。皆に自慢する為にいつも持ち歩いてるそうです。あっという間の1時間のトークショーでした。水を飲まないで1時間喋り通しなのに疲れを見せないバイタリティ溢れるA先生でした。お話されてる中その場面場面でまんが道のコマが頭を過ぎって面白さ倍増。またお顔を拝見できる機会があったら是非とも参加したいです。

    『藤子不二雄A展 -Aの変コレクション-』in富山 藤子不二雄A先生のトークショー
  10. スパグル犬夜叉バッグプレゼント♡
  11. 今、Huluにて実映画のクローズシリーズの特集がされてますね😏そして改めて不良漫画の超超名作!!高橋ヒロシ先生の【クローズ】と【WORST】を読み返したい今日この頃です😊実は実写映画版の小栗旬さんの役も山田孝之さんの役も架空の人物で、原作には登場しません!もちろん黒木メイサさんの役も登場しません!笑2作合わせて、1990年〜2013年まで、、ちなみにこの2作はそのままの続きです!クローズ主人公の坊屋春道が鈴蘭高校に転校してくるところから、春道達が卒業?し、、そしてWORSTでは春道達の後輩達が3年生になり、そしてまたヤバイ新入生達が入学してくる、、、、キャラのカッコ良さだけでなく、キャラの成長も楽しめます!!ちなみにクローズ&amp;WORSTあるあるですが、キャラの見た目が全く高校生に見えません笑そして皆ガタイよすぎです笑色濃いキャラが多く、敵味方関係なく魅力的なキャラしかいないのでわ??と思うほど!!そしてクローズ&amp;WORSTの特徴として、女性キャラがほとんど登場せず、恋愛などの話はほぼありません!!笑他の不良漫画の場合、少なからずヒロインとの恋愛の話などがあるのですが、クローズ&WORSTは喧嘩オンリーです!!笑皆さんはどのキャラが好きですか??この漫画ほど好きなキャラを絞るの難しい作品が他にあるだろうか??笑この作品が好きな方々がいらっしゃったらまたルイーダで熱く話しましょう!!!高橋ヒロシ先生の他の作品も面白いので、また機会に、、、😊さて、、昨日は台風の影響が各地で、、、皆様大丈夫でしたでしょうか??ルイーダはやはり、、、、暇でした笑ですが何組か御来店いただける強者の方もいらっしゃり、私もずっと店にいたので、濃厚なアニメトークができたかと、、、😊福井県のお土産をいただいたり、、美味しかった😊ありがとうございます🙇‍♂️🙇‍♂️その他にも、9年来の後輩の子達が久々に飲みに来てくれたり、、パプワくんの話で盛り上がったり、、、笑やはり営業して良かった😊😊本日もルイーダは元気に営業!!皆様の御来店お待ちしております🙇🍳美味しいフードも多数ありでーす😏😏本日の出勤野村くん 20〜たくとくん 21〜

    10/13 LUID@ クローズ & WORST
  12. <p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">頼むから死んでくれ<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">お前のような者は生まれてさえ来ないでくれ<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">お前が存在していると この世の理が狂うのだ<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">激しい嫉妬で縁壱を憎む厳勝。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">その想いを察したのか、縁壱は寺には行かず、<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">忽然と消息を絶ち、影も形も無くなった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">厳勝にとって安息の日々が訪れましたね。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">もう比較されることもない。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">妻を娶り、子供にも恵まれた。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">しかし退屈な日々、時間の流れが非常に遅く感じた。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">それも鬼の襲撃で刻は動き出す。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">姿を見せた事を謝っているのかと思いましたが、<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">到着が遅れたことで厳勝の配下が死んだ事を詫びていたのか。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">縁壱はさらに強くなっていた。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">厳勝はその強さと剣技を自分のモノにしたかった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">だから家も妻も子供も捨てて鬼狩りになる道を選んだ。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">間もなく厳勝にも痣が発現する。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">痣は寿命の前借りに過ぎず、全盛期はすぐに終わる。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">残された時間が少ない厳勝は絶望しかかったでしょうね。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">その心の隙を無惨がつけ込んだのか。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">こうして鬼となった厳勝。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">これで全てのしがらみから解放されるはずだった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">それでも縁壱を越える事は出来なかった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">手を伸ばしても 手を伸ばしても<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">届くことは無かった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">縁壱は寿命で死亡し、勝ち逃げしたのだ。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">惨めな思いだけが厳勝を覆う。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">縁壱が憎いのに、<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">それでも思い出すのは縁壱の顔だけ。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">親も妻も子供も顔を思い出せないのに、縁壱だけは鮮明に思い出せる。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">ああ・・・ 何も<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">何も手に入れることができなかった<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">家を捨て 妻子を捨て 人間であることを捨て<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">ここで自分はやっと気が付きました。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">時透は厳勝の子孫なのだと。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">縁壱の死後、無惨と共に日の呼吸の使い手は<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">徹底して殺し尽くした。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">それなのに、何故か縁壱の呼吸は残っている。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">何故私は何も残せない<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">何故私は何者にもなれない<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">何故私とお前は これ程違う<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">私は一体何の為に生まれて来たのだ<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">教えてくれ 縁壱<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">あんなに憎んでいた弟にすがる厳勝。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">哀れですね。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">自分で選んで捨ててきたのに、何も残せないって・・・<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">本当は時透を遺せていたのになぁ。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">それも自分の手で摘んでしまった。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span lang="EN-US" style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt"><p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">鬼になる事がいかに愚かな選択なのか。<p align="left" style="text-align:left;mso-outline-level:1;mso-layout-grid-align:none;text-autospace:none"><span style="font-size:12.0pt;font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;mso-bidi-font-family:&quot;MS Pゴシック&quot;;color:black;mso-font-kerning:0pt">鬼の最期を見ていると、それを感じさせます

    鬼滅の刃(吾峠呼世晴) 178話
  13. 漫画ガンニバル第16話のあらすじと感想おいおい、この漫画って人喰いの村の話じゃなかったっけ?!全然違う方向に話が進んでいきます。まあ過去の回想なのでそれもアリかな。ましろにとっては近所のいいお兄ちゃん的存在だった今野翼。近所の評判は上々。そんな彼が10歳以下の女の子にいたずらしまくっていたという事実が明らかに。こういう性癖を持った連中って一定数いるんでしょうね。幼女誘拐とか殺人とかは昔からある訳だし。たまたまその男のタイプが幼い子だったというだけで、それはコントロールできるものではない気がするので責められませんかね。しかしその気持ちを抑えられないとなると、社会的に問題が出てきますよね。この今野もそういったなんともできない感情を持て余している様子が分かります。今野は現在、執行猶予中であることが分かります。小さい女のコにいたずらした罪で。うわー、ひくわー。そしてその感情は恋なんだと心で叫ぶんですよね。純粋な恋なんだ、ただ恋していただけなのになんで、、?!相手が小学生じゃなけりゃ何の問題も無いんだけどね。制御できない感情だからこそ、一度捕まってもまた犯罪を繰り返してしまうんでしょうね。理屈でこれは犯罪だからやっちゃダメなことだ、と分かっても衝動というのは抑えられないものですからね。あ、いや一般論ですよ(汗)いやいや、それにしてもナイフで脅して体中触る、強制わいせつはマトモな恋じゃないよね。ああ、もうこいつの命も長く無いのかあ、、どんな最後を遂げることになるんでしょうか。大悟にどうやって殺されるんだろう?まるで同情できないんですよね。警官が犯人を殺すことはダメですけど、やっぱり感情的にはねえ。。漫画ガンニバル第16話のネタバレ今回は、ましろのセクシーショットありです。大悟の娘のましろの!、、小学生ですけどね。今野がごくりと唾を飲むシーンが最高に気持ち悪い!!でもこれがロリコンのリアルな心理なのかもしれません。僕らが大人の異性に対して抱く感情を幼女に抱いてします。ある意味可哀そうなのかなあ。それにしても執行猶予中に戻ってきちゃいけない町に足を踏み入れたのはまずかったですね。ストーカー犯罪とかでも、被害者の半径何メートル以内に近づいちゃいけない、とか措置が取られるみたいですしね。今回は何とか生き延びた今野翼。次回はそろそろ最期の時ですかね。。漫画ガンニバルは無料試し読みできます漫画ガンニバルは、コチラのサイトで試し読みできますよ♪僕もいつもお世話になっているサイトです♪⇒漫画ガンニバルを試し読み*こちらでガンニバルで検索してくださいね♪

    漫画ガンニバル第16話のあらすじとネタバレ感想【ロリコン性犯罪者の心理がリアルに描かれる!】
  14. ラブハンド / ぴい 感想
  15. った。・ 池野先生映画「ドラキュラ都へ行く」を見て、いつかこういうドラキュラものを描きたいと思っていた。・ 「ポーの一族」は、「コスチュームの歴史」という資料用の本を眺めていたらキャラクター達の映像が浮かんでいった。・ ↑の本を見ながらキャラ(エドガー)の顔をスケッチしていると、キャラ自身が喋り始めて色々なフィルムが落ちてきた。その中から使えそうなフィルムを使って物語に仕立てた。全体構成は3日くらいで終わり、あとは遊んでいた。・ 萩尾先生、池野先生も元々ファンタジー&不思議な世界が好き。萩尾先生いわく「現実に存在するものだけでは私には少し窮屈なのかも。幻想のふりかけをエッセンスとして少しかけてしまう」・ 「ときめきトゥナイト」は連載前からアニメ化が決まっていたので、てんやわんやのスタートだった。放映が終了するとすごい解放感があり、描きたいだけ描こうとスケール大きな話になった。・ 池野先生は第1部蘭世編が終わりスッキリしたが、編集部の「大人の事情」もあり続編が決まった。賛否あったが、第2部が好きと言ってくれる方もいる。・「ポーの一族」は「エディス」でアランを消した事が気にかかっていたので、「春の夢」で復活させた。40年前に消えたアランを復活させる良い時代が見つからず、全ての小道具が揃えられる現代にした。・ 萩尾先生いわく「キャラクターが生きていると時を経ても立ち上がってくる。池田理代子さんもベルばらの続編を描いている」・ 復活させて変わったことは、ポーもときめきも「キャラの顔」・ 萩尾先生は衣装に対する憧れが強く、今は「王妃マルゴ」の衣装を描くのが楽しい。・ 両先生とも、長く続けていると漫画を描くのは肉体的にも大変。萩尾先生のアシスタントは優秀で小物も緻密に仕上げてくれる。・ 萩尾先生にとって漫画はイメージのもの。四年に一回くらいスランプが来て何も浮かばなくなる。しかし休むと腕が錆つき戻すのが大変なので、休まず描くようにしている。因みに私が読んだことのある両先生の作品は、萩尾望都…イグアナの娘、残酷な神が支配する、AWAY、ポーの一族(復活後)池野恋…ときめきトゥナイト、ヒロインになりたい、おしえて菜花、ナースエンジェルりりかSOS少女漫画が大好きと言いながら、ポーの一族(元祖)やトーマの心臓を読んでいないという…読みたい!と思うことも無かったんですよね。いま連載してる方のポーさんは雑誌で読んでますが、お話が良く分かってないのでいつか読んでみたいです。萩尾先生の美しい絵はとても好みで、特に扉絵はスクラップしてファイリングしたいくらい大好き。読んでいて辛い描写もありますが、「残酷な神が支配する」にはハマりました。BLが得意じゃない私でもこの漫画のBL描写にはグッと来た!読み出すと世界にどっぷり浸ってしまいます。池野先生はやはり「ときめきトゥナイト」第1部が最高に好きすぎて…今まで色んな漫画を読んで夢中になってきましたが、ときめきは別格だと感じてます。今後も末永く、素晴らしい漫画を描き続けて頂きたいです。特別展 りぼん@ribon_ten【#特別展りぼん 京都会場展示原画大公開!】『ときめきトゥナイト』 池野 恋※展示するカラー原画は会場ごとに入れ替えます。 #りぼん展 #ときめきトゥナイト https://t.co/p6eWBKgy8D2019年10月04日 12:00∴M4 (エムフォー)@mandom_m4\町田駅でも蘭世に会える!/池野恋先生デビュー40周年、そしてエムフォーが応援しているのもアラフォー女性、ということで、40という数字にちなんで「40歳の蘭世」を池野先生に描き下していただきました…!!(あまりの美しさに私た… https://t.co/5IN6jCsh6e2019年10月04日 19:22佐久間真理子🌧️@sakumariko異端者に寄り添い50年「少女漫画の神様」萩尾望都: 日本経済新聞 https://t.co/KbDp1oovKq2019年10月06日 09:04名古屋PARCO@parco_nagoya本日より南館9階特設会場で「ポーの一族展」が始まりました!貴重な原画や資料が約300点!お時間に余裕を持ってごゆっくりご覧ください!宝塚歌劇公演の衣装や小道具も一部ご覧頂けます!グッズもたくさん☺️ #萩尾望都 https://t.co/nJfgsu2PTA2019年09月30日 11:34

    萩尾望都×池野恋 レジェンド対談(Cookie 2019年11月号)
  16. ファーストガンダムでの最終決戦ア・バオア・クーでの戦いの直前に行われた局地戦的な艦隊戦です。ア・バオア・クーに進軍する地球連邦軍艦隊左翼のWBが所属する小艦隊(第13独立戦隊?)とキシリアの指揮する同程度の規模の艦隊の戦いです。予期せぬ遭遇戦的なものでなく、ニュータイプのララァの操るエルメスを有しているので、これを積極的に使って連邦軍の戦力を事前に削ぐような目的であったと思われます。このストーリーのメインはアムロとララァのニュータイプ同士の語り合い、そこにシャアが、そしてセイラが絡んできて、最後はシャアをかばったララァがアムロの剣を受けて散り、アムロとシャアが涙する。というところですが、その辺りをバッサリ切って、本ブログの主旨である艦隊戦のみにクローズアップして見ていきます!ファーストガンダムではTV版第41話「光る宇宙」となりますが、使用するのは劇場版「めぐりあい宇宙(そら)」での該当パートの画像です♪月を背に合流したキシリアのグワジンとシャアのザンジバルMSを甲板上に並べたマゼラン級の横を、いち早く発進したWBの艦載機が進んでいく遠距離での支援砲撃を行うキシリアのグワジンと随伴艦こちらは距離を保っての支援部隊グワジン級1隻とムサイ級3隻程度?と思われますそのビームが連邦軍艦隊をかすめる連邦軍艦隊はマゼラン級1隻、WB、サラミス級3隻程度と思われますそこに月を背に迫るシャアのザンジバルとムサイ級3隻から成る突撃部隊旗艦を真っ先に狙うのは定石被弾するマゼラン級撃沈したマゼラン級が火球に変わるザンジバルの猛攻ジオン艦隊の砲撃が、さらにサラミス級に突き刺さっていく連邦軍艦隊の反撃!WBの主砲が火を噴きザンジバルの右舷にヒット!その衝撃で体制を崩すシャアジオン艦隊が連邦軍艦隊の側面から接近、交差する最接近では対空火器も動員して火花を散らす!いい艦隊戦です!ザンジバルの後には随伴艦のムサイ級が続く稀に見る艦隊の交錯近接戦闘シーンです!行き過ぎるきわぎわでWBの主砲がムサイ級のエンジンを捉える機関部を撃ち抜かれ撃沈するムサイ級通り過ぎるザンジバルの姿は後ろ姿へとそこに生き残ったムサイ級が続く「双方2隻ずつ撃沈!」「次はMS戦だ!」この後、MS戦や、MSで出たシャアと、エルメスのララァ、ガンダムのアムロとのニュータイプ同士のファンタジーな物語があるのですが、割愛します突撃部隊はザンジバルも撃沈し全滅させられ、シャアを回収して戦場を離れるグワジン「後ろのサラミス着いて来れるかな?」「無理ね先行しましょう」損傷したサラミス級を残し戦場を移動するWB後方にはWB以外で唯一生き残ったサラミス級が灯火を瞬かせているここで今回のサービスカット?出撃前に交わされたシャアとララァの◯◯シーンです♪連邦軍のソロモン侵攻時には、ソロモンを連邦軍戦力を削ぐ捨て石と考え、援軍せず、自身の支配する拠点、月面グラナダの戦力を温存したジオン軍少将のキシリアでしたが、今回はア・バオア・クーへ向かう連邦軍艦隊に積極的に遊撃戦を仕掛けています。さすがにそろそろ本腰を入れないと後がない状況まで来ていて自分にとっても利がない。というところだったのでしょうか。しかし、正確にはわかりませんが、今回の艦隊戦はジオン艦隊は8隻程度、連邦軍艦隊は5隻程度だったはずです。総数に勝るジオン艦隊は艦隊を二分せずに総力戦で臨めば結果は変わっていたと思われます…。

    第127艦 名艦隊戦29 ガンダム「光る宇宙」
  17. は簡単ですけど個人感想をば・・・・進撃の巨人 第122話 「二千年前の君から」 感想vタイトルからうぉおおおおおって思ってしまいましたねぇ~1話「二千年後の君へ」の伏線回収回?!@@感動します~!(1)大地の悪魔との契約時は初代フリッツ王の時代・・・ユミルの生い立ちと、巨人の起源が明かされましたねー!!奴隷として王に仕えるユミルですが、豚を逃がした罪を着せられるユミル・・・・逃げた豚=家畜からの自由を求める象徴なのかなとか思いましたOPにも豚出てくるよな~と・・始祖ユミル・・・これはやっぱりあの104期ユミルとかぶるんですねぇ~あの時は、少しはユミル様とあがめられる存在(の役を演じていた)みたいだったけど、始祖ユミルは本当に迫害され自由を奪われる奴隷そのものだったんですね(´;ω;`)みんなの犠牲になってしまい(さしてる指が13)、逃がしてやると言われたものの狩りの獲物扱い・・・・初代フリッツ王まじゲス野郎だったよ森に逃げ込んだところで出会った1本の巨大樹がユミルの運命を変えます。(いい方向ではなかったような・・・><そして水の中で「有機生物の起源(?)」との融合・・・(キモチワルイ~~んんん??これなに?いわゆるこれが大地の悪魔なんかな??脊髄になったんだよね?巨人の元??ネットで古代生物のハルキゲニアだとかいうのがツイートが流れてきましたけど不気味~~寄生虫みたいな感じなんか昔、ライナーが脳幹から神経を移動させる的なこと言ってた時に見たような気が・・・・・でね、ハルキゲニアってなんだ?って思って調べてみたら、ウィキペディアに古代生物・・みたいな説明があってね、最後のほうにこんなことが描いてありました。↓なーんと!スミス先生調査してたー!!!!!!!!wwwwwwすごいなーよく似ていました(何なのかは不明wwwそして始祖ユミル誕生~!この生物が待ってましたって感じなんだよね初代王はこのユミルをさんざん利用したあげく、「わしの子種を授けよう」とか気持ちわるー!と言ってる自分も王の前に座っているユミルのお尻が立体感あって凄くうまいなあとなんか思ってしまったwwどこまでユミルを奴隷としてつないでおくのかと、すごく悲しくなりましたユミル辛かったねぇ~><そんな王だから、反乱おこって当然だったんでしょうけど、ユミルが守っちゃったよー(´;ω;`)これはアッカーマン気質ぽかったなあ~身体が動いちゃったの??せっかく自分を犠牲にして助けた王から「何をしておる 起きよ  起きて働け わが奴隷ユミルよ」とか言われたら、もう、生きる気力もなくなっちゃうよね・・・・・ほんと、奥さんが風邪ひいたときに 「お腹空いた、ご飯まだ?」とかいうどっかの旦那みたいでヤダなあって思ったわ知性巨人なのだから、傷は治そうと思えば治るはずなのに、その意思も消えちゃったっていう事なんでしょうか娘がいるけど死を選んじゃうほどに、もう死んだ方がいいや~その方が自由だし・・・って思っちゃったのかなそして3人の娘に母親を食べさせるとかゲス王恐ろしすぎ><マリアのほうが大きかったんだね 逆かと思ってましたそして一本の道は3人の娘に受け継がれ、そしてまた孫に・・・・・道がだんだん木の枝みたいになってるのも納得~~ユミルの民とは、この枝分かれした子孫であって、巨人化できるということ?でも王家の血はもともとみんなに入ってるんでは?とも思ったけど「王家の血」と言われるのは、いわゆる直系の王となった人の血が入ってる血筋ってことなのかなで、エルディアの貴族とかは王家の血は入ってないからその一族は記憶の改ざんとか始祖の命令とかは効かないのかなユミルは死んじゃった後も道の中で、ひたすら巨人をコネコネしていたんだね・・・2000年も死んでも自由にはなれなかった死んでも奴隷のままだった大地の悪魔と契約したことで、ユミルは何を得たのでしょうね巨人化できる永遠の命?でもそれは永遠の呪縛になってしまったように思います(2)二千年前からカッと目を見開いたエレンのお顔アップ!「終わりだ!」あ~~~もうこれ、エルヴィンさんに見えましたよう(´;ω;`)「俺がこの世を終わらせてやる」この世っていうのは世界破滅ではなく、ユミルが永遠にコネコネし続ける巨人が君臨する悪魔の契約の世界・・・っていうことでしょうか無理やり従わせようとするジーク(「王家の血をひくものだ!」はもはやユミルの心を動かさないよねぇ・・・ゲス王のせいで・・・)囁くようにユミルに後ろから抱きしめて気持ちに寄りそうエレン「待っていたんだろ・・・?二千年前から   誰かを」そりゃエレンにコロッとイくわなーvvユミルさん初めて瞳が見えて二千年分の思いが一気にあふれちゃいました先生ほんと表情上手すぎますよ その瞬間エレンからとげとげ(脊髄?)生えちゃったよー!!!!めっちゃグロいーーーーそしてついに来ましたね!地ならし発動!!!!!!どういうシステムなんでしょうかユミルがエレンに共鳴して地ならし発動???ジークは…??ああ・・道に来るにはジークが必要だったのか・・・・触媒のようなものという・・・てか、マガト隊長生きてたー!(元帥だこれやばいよね・・・@@;104期の命もどうなるのか保証できないガビはライナァアアアアが助けるとして、ミカサやアルミンは???ニコロさんやブラウス家たちは・・・???無垢巨人になっちゃったピクシスさんやナイルさんはー????エレンの狙いはなんなんだ~やっぱり一度全部ぶっ潰しちゃうの??キヨミ様が飛行船でミカサ達を助けに来ちゃう?エレンは???エレン巨人はどんなヴィジュアル?今までと同じ進撃エレンゲ?それとも始祖っぽいかんじ??戦鎚じゃないよな~で、二期アニメのエンディングを思い出しちゃったんだけど、このシーン壁巨人が一斉に出てきたとして、海に向かう?マーレとかほかの知性巨人とかも踏みつぶしながら前進していって、エレンも一緒に海に沈んじゃうとか??それをアルミンが「エレーン!」・・・・例の音声ラストのシーンな感じなのかなあ・・・とか思ってみたりまだまだ全然分かりませんが、物語が収束に向かっていることは確かですよね・・・・でね・・・兵長は???????猿は・・??兵長は猿を切り刻める?誓いを果たせる???もうジークは復活する力あるのかなあユミル消えたらコネコネしてくれないし兵長にはエルヴィンさんとの誓いを果たさせてあげたい(´;ω;`)ウゥゥTwitterでどなたかが、兵長はもうカッパになってるのでは?とか言ってましたけど、もうカッパでもいいから生きててほしいとか真剣に思ってますよ・・・・木箱の誓いはもとより、巨人科学の副産物のアッカーマンの秘密とか、ミカサの頭痛の秘密とか、まだまだ回収してほしいことはたくさんあるので、先生どうぞよろしくお願いします。感想はこんな感じです^-^;あ~~また一か月待つのかー 辛いなあ(毎月言ってるwwさて!!!エンスカイさんから、来年度のカレンダー情報が来てますね!ちょ!!!!団長兵長シリーズ!!うひょー!!えっとこれが・・・あれですか???あの3期で団長の私室にあった二冊の重なる本ですか?(;゚∀゚)=3ハァハァ去年・・・ていうか、今年のカレンダーはこれで盛り上がったよねvvこれから飾るんだけどvv毎年この二人が一緒なのは嬉しいvそしてこのお二人も!!公式のグッズとして出ると嬉しいねぇ~!公式様といえば、エルヴィン誕グッズが登場ですよー!!なんかFree!noバースデーシリーズみたいvvv取っ手が素敵!!これリヴァイさんも出たら持ち手部分がLで持ちにくいねってお友達と話してたんだけど、兵長もちをすればいいってことね!そして、なんと発売後即完売になったアクスタ!20センチですってv0時きっかりに予約に行って正解だったよ・・・・・12月までの予約だし、そんなにすぐなくなるなんて思わないよねぇ~個数制限なかったからきっとバイヤーさんが仕入れちゃったかな><私は一つしか予約してないので、買えなかったお友達のためにも是非再販していただきたいと思います。団長は人気あるんだよう!これ絶対兵長も出そうな予感!そしてこれも予約完了~~vチャーム素敵色が綺麗ー!これも今は完売になってました。そういえば、進撃10周年アニバーサリーのプレゼント応募を済ませました。値上がり前だったので兵長切手が使えました💕当たりますように💕ではでは今日はこの辺でvv河川の氾濫が報道されていますが、大変ですー!台風被害がこれ以上ひどくなりませんように><皆様お気をつけてー!!

    別マガ11月号「進撃の巨人」第122話 感想とかエルヴィン誕グッズとか【追記あり】
  18. けど迫力】今回、本アニメの背景を再現していて感じたのですが、初代の変身シーンは今のもの(スター☆トゥインクルプリキュア)に比べると非常にシンプルです背景もグラデーションだけが多く、特殊効果もひかえめで、再現しやすかったですスタプリだと背景は宇宙空間だったり、変身の歌と変身ダンスがあったり、キラッキラの特殊効果が満載(なので再現するのに時間がかかります)初代プリキュアの変身シーンはシンプルですが、とても迫力がありますやはりそれぞれのセリフがカッコイイな〜と思いますシンプルな背景に力強いセリフが映え、とても素敵な変身シーンです・・・・・・・・・・・・・・・・〜登場玩具紹介〜今回は当時モノの玩具がたくさん登場しています我が家のものはいずれもメルカリさんで購入した中古品を使用していますが、どれもちゃんと作動します ふたりはプリキュアMaxHeart ハートフルコミューン 10,920円 Amazon ふたりはプリキュアMaxHeart ハートフルコミューンキャリー 3,800円 Amazon ハーティエルバトン 5,990円 Amazon ふたりはプリキュアMax Heart ハーティエルブローチェ 2,736円 Amazon ふたりはプリキュアMax Heart ミラクルコミューン 3,298円 Amazon 今回のなりきり攻撃動画にもBANDAIの公式衣装「なりきりキャラリートキッズ」を着用しています BANDAI キャラリートキッズふたりはプリキュア Max Heart ~キュアブラック Ne... Amazon 🔼このBANDAIの「玩具としての衣装」の大ファンです歴代全員分コレクションしています^^(現在は「変身プリチューム」という商品名に変わっています)🔼歴代の公式衣装を詳しく紹介・解説するシリーズ動画も、作り始めましたお読み下さりありがとうございました・・・・・・・・HUGっと!プリキュア番組あらすじと感想一覧「プリキュア補完計画」とはYouTubeチャンネル「ToyJoyTV」へ★人気ブログランキングへ 

    初代プリキュアになりきり変身!
  19. その前に新連載とか感想やっとこそして基本的にワイの感想文は連載作品の感想はやれへんのやけどもせっかく毎週読んどるからチェンソーマンの感想だけはやろうかと思うでーこれまた普段の感想文とはちゃうよってに、ホンマにワイの脊髄反射の感想やから先言うとくけどいつも以上に中身は無いで(白目)ただの味の感想やからなー、これええやんこんなんちゃうかなーだけのお話せやから変な予想含むよってにあんまり想定して楽しみたくない人は読めへん方がええかもしれへんでーちゅーかワイの感想文の方式では感想のやりようがあれへんよってにただただ楽しむのみやからなーホンマに感覚で描いとるやろから話の流れの読みようが無いなあ(白目)例えばジャンルに関しても同じ、色々カテゴリーは存在するんやけども何の漫画かがよー分からんジャンルを少年漫画とした時にこれだけ女性キャラクターがメインで活躍する漫画はまずあれへんそれを考慮すると作者さんは噂もあるけども女性なんかなー、しかしそれにしては女性特有の少年漫画的特徴が無い女性やと仮定したとするとブサイクな男を平気で登場させられるのはワイの感想文的にはちと異常な感じそして男性が女性キャラクター描いたら基本的に性癖の詰め合わせみたいになるんやけどそれも無い漫画における性別的な特徴もあれへんしセオリーからはほとんど逸脱しとるんやけども何か成立しとる、相変わらず理論では解かれへん漫画そもそも特殊な漫画でもないのにゲロ食わすっちゅー発想自体意味が分からん、しかしそれでキャラクターの品が落ちる訳でもないしかもそれをウケ狙いやのーて自然にやっとるところがまさしく狂気(白目)ワイは女神転生とかデビルサマナーシリーズ大好きっ子やからチェンソーマンの世界観が好き過ぎて普段の感想と違て公平性を欠きまくるその退廃的な世界観とキャラクターの狂気が絶妙にマッチしとるよってに余計褒めすぎてまうかもしれへん酒は飲むわ煙草は吸うわ首飛ばすわバンバン人も死ぬ、昔ならともかく今のジャンプではありえへん漫画これはジャンルをカテゴライズ出来へん、藤本タツキ漫画っちゅー新ジャンル毎週感想やるよってにこの漫画の何がおかしいのかはその都度やるとして先々週から謎のラブコメが始まった、そして映画デートのくだりファイアパンチの時にもあったけども映画が好きな藤本センセ一本の映画で人生が変わる、これだけ映画を推しとるよってにマキマさんの言葉っちゅーよりは藤本センセ自身の言葉やなかろーかほとんど作者さんの姿が見えてけーへん漫画の中で唯一垣間見えた人間らしい作者さんの言葉(白目)映画を見なさいは林編集さんがよー言うてるらしいから本人にしたらホンマにそういう映画があったんやと思われるしかし感動したシーンが同じっちゅーことは感性が合うっちゅー事、やっぱりマキマさんルートなんかなあ展開的にはこのまま真っ直ぐマキマさんへ進んでも面白ないから寄り道させるのはセオリーではあるよってにレゼさんっちゅー恋のライバルが登場した、このくだりだけやのーて後半までそれ引っ張んのかなあただ多分名前からして悪魔か魔人で敵側やろから可能性は低そうな感じではあるデンジは好きな人おるのに寄り道すなよっちゅー感じではあるけども男はそんなもんよ(白目)日常パートをどう潰すかと思いきやええ感じの敵が出てきたよってに楽しみやでー、夜の学校デートしとる所を強襲やろかタイミング的にレゼさんと敵が繋がっとるもありえるんやけど、それよりは別の使い方の方がええんかなーワイ的には死んだ飼い犬の話がポチタの事とかやったらええなあ、何の魔人なんかが気になるでーデンジが新しい敵からレゼさんを守った後にレゼさんが正体現すとかやろかしかし前回のデートシーンで鮫が付いてきとる伏線があるからなあ、それをどう使うんやろちゅーかこのイチャイチャしとる間も鮫おんねやろか(白目)なんで鮫がそこまでチェンソーに心酔しとるかとか、敵が心臓が欲しいかとかも謎がいっぱいで楽しみやでー奪い合いっちゅーことは悪魔同士でも敵対関係になりえるっちゅーことやからなーあとワイ的に気になるのは天使の悪魔の発言、人間は苦しんで死ぬべきらしんやけどその理由が気になる悪魔的にはそれが当たり前の価値観らしんやけど何故そうなんかが問題やでー構図が人間対悪魔になるんなら、最終的にはデビルマンみたいにアーマゲドンになるんやろか(白目)あんまりあれこれ考察するよりは考えず楽しみたい漫画ではあるけども実に興味深いただそれ以上に大問題なんが掲載の順位(白目)あんまり前に来られても困るんやけども後ろの方やとやっぱり心配さすがに後ろの方の作品がある内は大丈夫やろけども万一を考えるとなあ悪魔の漫画の連載を継続するには早く新連載の贄っちゅー代償が必要(白目)新連載とかの感想言いながらチェンソーマン感想だけで長くなってもーた話題のサムライ8のゴリ押し記事でも書いたら伸びるやろけどどないしょ、けどあんまり流行にのってもなあ次回は今回出来へんかった新連載とかの与太話でもしょほなまたー

    週刊少年ジャンプ  チェンソーマンの普通の感想文