みんなが見ている注目記事

  1. りで当店店頭まで販輌扱いの「カーセンサー掲載輌をご覧に」お見えになられる方がお陰様で日に日に増えております・・・!(多分今度のGWは今まで以上に突然見に来て頂けるお客様が増えそう・・・増えてくれると嬉しいのですが・・・苦笑)基本的に「店舗と別保管場所」に有る事の方が多いので(今後は出来る限り店舗にて展示予定)「出来る限り事前のご一報」を店舗まで頂けますと(もしくはLINE)助かります!↓ ↓ ↓ ↓ ↓・店舗・086-441-4148・LINE@・nizo-low@・LINE・nizo-low-26*申し訳有りませんが基本的にメールでのやりとりは行っておりません*例でいえばカリフォルニアTは近くの保管場所ですので当日OK!458スパイダーは保管場所が少し離れておりますので予め事前のご連絡をお願い致します!(出来れば1週間程度)それからデモカー展示もG63は今月末から常時展示予定!(非掲載案件ですがご希望の方は…(笑))また掲載中のM3も今月末より再び常時店頭展示予定!*現在既にご商談を数件頂戴しております*そして先日も告知しました様にカーセンサーやネット掲載前物件もまた委託両の方も458イタリア現在とある案件でお預かり中のアヴェンタドールSV(コチラの2台は県外の顧客様の為に事前にご相談願います)それから近日掲載予定のF430スパイダーやラングラーなど等!もちろんまだまだ上記両や掲載物件以外にも!!近日掲載開始予定両や当店顧客様より委託での販売お預かり中の案件も!国産・外・スーパーカー等隔たりなくノーマルからガッツリなカスタム両まで!実は既に結構な台数を抱えております・・・!が実は全然掲載や告知が追い付いておりません・・・苦笑ですので上記掲載輌その他両を現確認ご希望の方は!もしくは気になる方は!予め・店舗・086-441-4148・LINE@・@nizo-low・LINE・nizo-low-26まで大変お手数ですがご一報の程入れて頂けますと助かります・・・!宜しくお願い致します!

    掲載車輌をご検討の方へ。
  2. 今日は、検が2台僕は検には行かないので作業ですで、今日の作業はコチラの↓ど新車です 天井を降ろして、フェリソニ施工ですピッチリ貼り込みますタイヤハウスやクォーターパネル内も貼り込みます  いつもは書いていないかも知れませんが、スライドドア内にもフェリソニ施工してます 茶色の部分は何もないような気がしますが、ゴム質な物がちゃんとあります本日のおは、パワスラ付きのだったのでこんな感じですが、パワスラ無しのは茶色の部分もしっかりスポンジ室の防音材が貼り付けされておりますよんエンジン周りの画像はありませんが、施工しておりますフェリソニの次は、ベット取り付け で、これまた画像がありませんがリアスタビリアスタビの補足は昨日のブログを読んで良いねしてね ⇒ やっぱり必要なんですねぇ~♪ リアスタビあと~話題のアクセルペダル&ブレーキペダルで、今回はフットレストバーも取り付け  いつ見ても綺麗な切削面このような所を見ていただけるのであれば、18,500円(税別)ですが、安く思えてくるはずなんです…はずですよ…はずで、コチラのお客様から帰られた後に電話があり感謝のお言葉をもらいました「リアスタビってこんなにも違うんだねぇ~今日風が吹いてないと思ったら、高速道路の吹き流しが真横を向いていたからビックリしたそれくらい横風の影響を受けづらくなったんだねあと、このペダルアルミだから滑ると思っていたけどやたら吸い付くで、それよりも何よりもフットレストバーが調子良いすごく楽」だってさフットレストバーは、バーだから足が置きづらいような気がしますが、バーだからいいんですよねぇ~面で捉える方が良いですが、個人の好みがありますし、何しろ脚の長さは人それぞれ違いますからねバーだったら角度が変われば、足が置けますからねやっぱり理にかなっている商品なんですねこういったお客様の声があるからオススメできるんですよん別にネオプロト(ペダル)の商品なんて売らなくても社長に怒られる訳じゃありませんからね売っても褒められる訳でも無いしサラリーマンですからもう少し書きたいですが、時間が定時を過ぎているので帰りますでは、また名古屋店より かみむら

    暑くなってきたら…  フェリソニ
  3. 長野県)ナンバーのその時のブログがこちら ⇒ 昨日の作業!2019/4/194月18日(木)にご来店いただきトーションバー交換作業したおですもしやトラブルと思いましたかまぁそんな感じなのかも知れませんねオーナーさんにとっては…トーションバー交換作業後に試走に行ってもらい、トーションバーの効果を体感してもらって、いつもの談話僕の無駄話です色々な話をして、まだリアスタビやショックは交換されていないおでしたし、遠くからみえたのであれば当社の乗り心地体感デモカーに乗りますかてな会話になりましたで、試乗してもらうと…「確かに全然段差でのの”揺れ”の収束が早い全然違うのね」という話となりますよねトーションバー交換で入力は、適正値に近づいてもノーマルショックの減衰力(揺れを止める力)じゃ少なすぎる「やっぱりショックっていいなぁ~」と帰路につかれた訳ですで、昨日電話が入ってですね「やっぱりショックが欲しいです明日元気なら買いにお店に行きます」とラブコールで、ご来店となった訳ですねで、電話をもらった時は「お持ち帰りはできるけど作業はできないかもよぉ~」と言っていたのですがちょうど1件作業のキャンセルが入った事もあり作業までさせてもらいました  フロントショックの下部ボルトは、作業後に1G掛けて、トルク管理で締め付けますこれ、0設定って言って大切なことなのよフロント10 リア9で試走に行ってもらいましたが、「やっぱり全然違うんですねぇ~次はリアスタビをオイル交換に来た時に取り付けします」と言って帰路につかれましたとさ乗り心地体験デモカー乗らなきゃ良かったかもですねでもショックでこれだけ変化するって事もわかってもらたのであれば良しとしましょう毎日のように乗り心地に関する質問や”リアスタビ”の相談がありますまぁ「トヨタさんが付けて無いのに取り付けする意味なんてない」という意見がありますが、僕は完全にコストダウンの結果だと思っておりますコレをご覧になって下さい ↓ レクサスRX450のリア周りですアップすると…リアスタビライザーですが真ん中に何か付いているでしょ ちなみにフロントもね以前もブログに書きましたが、レクサスRX450これくらいの格になってくるとただのカタカナの”コ”の字型のスタビじゃありませんぜと、言ってもFスポーツと呼ばれているグレードだけなんですけど、リアスタビライザーなのですが電動アクティブスタビライザーたるモノが装備されておりますここでの説明を少ししてみたいと思いますって言ってもどこかのページの抜粋です電動アクティブスタビライザーは、コーナーでの旋回時に不安定になりがちなの挙動を抑え、両を安定にさせる役割を果たします。は旋回時に横加速度(横G)を受けてロール(傾く)するため、非常に不安定な姿勢になります。これを低減させるため、前・後輪のそれぞれにアクティブスタビライザーを設置、アクティブスタビライザーは、コンピューター制御によって、ロール剛性配分を最適に制御し、アクチュエーターでトルクを制御することで体を水平に保ちます。コーナリング時の速度、横加速度、荷重、ステアリングの切れ角などを瞬時に検知して、全輪に対して最適なトルク配分を行い、スタビライザーの剛性を可変させ、姿勢をコントロール!これが、レクサスのプレミアムミドルサイズセダン「GS430」の、乗り心地や走行性能を大きく向上させ、レクサスブランドの技術力の高さを世界に発信するきっかけにもなったようです。※2005年にGS430に世界で初めて装着されました電動アクティブスタビライザーの効果世界でも画期的な電動アクティブスタビライザーは、スポーツ走行で無くてもデイリーユースでを運転する際にもさまざまな効果があります。コーナーを攻めるようなスポーツ走行以外にも、交差点を曲がる際や旋回時においても、誰が運転しても安定した安心感の高い走行を実現しました。コーナリング時の姿勢を水平に保つために足回りを必要以上に硬くする必要もなく、乗り心地の向上にも大きく寄与します。誰もが恩恵を受けられる革新的な技術と言えるでしょう。・旋回時のロール角が半減し、コーナーをより安全に安定して走行できる・足回りを強化せず旋回時のロール角が半減し、乗り心地も快適性が増す・凸凹のある悪路でもアクチュエーターによって走行安定性が増す・タイヤの性能を最大限に発揮、タイヤの寿命を延ばすコーナーでロール(体の傾き)が大きいと、タイヤの接地面が少なくなって走行が不安定になります。スポーツ走行ではこの結果、グリップ力を失って、最悪の場合はコースアウトに繋がります。電動アクティブスタビライザーは、ロールを抑えてダイヤと路面の接地面を安定確保することで、タイヤのグリップ性能を最大限に得ることができ、偏摩耗を防ぐ上でも重要な技術です。また、自然な両姿勢を保ち、ドライバーの疲れを軽減させるメリットも兼ね備えています。通常なら両を大きく傾けながら走行していた曲がり角を、何ごともなかったかのようにスムーズに旋回し、ドライバーの揺れや視線の変化を少なくすることができました。ドライバーに特別なことを感じさせない、させないのが、究極の革新的な制御技術です。「電動アクティブスタビライザー」は、コーナリングで姿勢変化の大きな背の高いプレミアムSUVや、高い快適性や乗り心地を求められる高級セダンに搭載される、高い将来性と可能性を秘めた体・足回り制御技術です。との事です他力本願ですでも長々と難しかったでしょ僕の言葉で簡単に書くなら電動アクティブスタビライザーとは、スタビライザーの真ん中にモーター(アクチュエータ)が設置されていて、の情報(傾きなど)を感知して体を水平に保つって事です簡単さすがは、800万円くらいするですよねぇ~って言ってもスポーツモデルにしか取り付けされていないですが上記は、電動アクティブスタビライザーの事について書かれておりますが、ハイエースのリアには、スタビライザーすら装備されていないんですよリアスタビにデメリットなんかある理由が無いんですもしあるのであれば、クロカン(クロスカントリー)などの悪路を走るようななら、取り付けしてあると邪魔そもそもこんな所をハイエースで走らないでしょ走れませんねこういった使用をするなら、リアスタビはもちろんフロントスタビはも邪魔になります物理的に引っかかるから邪魔と言っている訳ではありません地面を捉える為に左右が違う動きをしたいのにスタビがあることによって追従してしまいますからねタイヤを左右とも接地させたいのに接地しにくくなってしまうので邪魔になるって訳ですよって、一般的な公道を走るハイエースならスタビライザーは必要あるんですよフロントもリアもF1カーだって、ラリーカーだって、リアスタビライザーがついて無いなんかレースで走ってないですからね貴方は、どう思いますか色々と意見はあると思いますが、リアスタビライザーはお客様の反応を見てもマストアイテムだと僕は思いますよリアスタビは、やっぱり必要なんですねぇ~ここでタイトルに繋がる訳です特にキャンピングカーなどの背が高くて架装されてあるようなの効果なんてビックリするくらいですよ運転の疲労も抑えられますし、格が2ランクくらい上がりますリアスタビの在庫ありますから、お気軽にご相談下さいでは、また名古屋店より かみむら

    やっぱり必要なんですよねぇ~ リアスタビ♪
  4. 平成最後の合宿
  5. 火曜日。