みんなが見ている注目記事

  1. 電動自転車のバッテリーが0になる時
  2. このブログでは5歳・もちこと2歳の息子・もちたろの子育てを中心に、おもちファミリーの日常を描いています。家族紹介はこちらから。***※またまたコメント返信が滞っております汗。過去記事から順番に少しずつ返していますので気長にお待ち頂けたらありがたいです^_^いつもコメントは嬉しく楽しく読んでます♡普段の夕食風景。もちたろは好き嫌いと食べムラがあるので、いつも食事は苦労します( ̄▽ ̄;)ただ、魚は焼き魚も煮魚もフライも好きなので、食いついてくれます!(Corp.のサンマの蒲焼や白身魚フライは常備)よく食べてくれるのは良いのですが、好物の魚だけをバーっと食べて、おかわりを欲しがる事が多いです…対策として予めおかわり分を少し分けておいて、ご飯や野菜も食べたらおかわりを出す、と言う事にしているのですが、数に限りがある場合はそれが出来ない事もあって。するともちこが『もちこのお魚少しあげるよ!』と申し出てくれました。もちたろ、大喜び!!優しいなぁ、さすがお姉ちゃんだなぁと思っていたら…魚ごっそりあげてた。さては、苦手だね?もちこは優しいので自分の好物でも少し分けてあげる事は多々あるのですが、これだけごっそりあげるという事は苦手と言う事ですね!!好き嫌いなく何でも食べられるもちこですが、食べられる=好きと言う訳ではないんだなぁ。わたしは小さい頃苦手な食べ物が多かったので、もちこは凄い!と思っていたけど、ちゃんと食べたくないものもあって逆にホッとしました( ´∀`)もちたろ的にも嬉しそうだし、WIN-WINで良かったね♡でも残さず食べてね!(笑)***幼かったもちこも成長したもんだ…→★成長しないネーミングセンス★***今は好き嫌いのないお母ちゃんにフォローお願いします♡

    ふと気づく真実
  3. 妻に今後のプランを話したら呆れられた
  4. です。このブログはイチコ(5歳)と息子二太郎(2歳)をはじめ家族のアレコレを4コマでつづったブログです。はじめましての方はこちらをどうぞ↓家族紹介・・・・・・・・・・いつもコメントありがとうございます!「サイレントう○ち」、なるほど!笑そっちの方が「スーンと出しスタイル」よりわかりやすい!笑そんでトイトレ、大の方が難しいんですね…!イチコは先に大をマスターしたし、なんとなく私も大の方が感覚つかめそうなきがしてましたがそうじゃないのか!どっちにしろがんばらねば…4コマでーす!ひとり遊び、おもろかわいい…!!!この後も、パーツ探しに行って見つけてかわいいポーズしてみたり、上手に作れて跳ねてみたり、もう…かわいいの権化。ここ数日でひとり遊びがグッと増えたので嬉しいです。おもろいしかわいいし…ほんで楽やし…。笑・・・・・・・・・・・フォローはこちらからお願いします!・離乳食本、9/28発売です!マンガでわかる! 離乳食はじめてBOOK1,404円Amazon・育児漫画本、重版しました!「育児ってこんなに笑えるんや!」・イラスト担当した本です!こちらも重版しました!そのほか漫画やイラスト掲載誌はこちらにまとめてます・LINEスタンプあり〼

    2歳児のひとり遊び。ずっと見てられる…
  5. ・犬みたいな猫2匹男の子組と元保育士はぁなの*育児絵日記*詳しい家族紹介は→こちら♪ご訪問ありがとうございます♡このブログが皆さんの憩いの場所になれますように☕♪*インスタグラム・Twitter【日常編】更新中**子育てに関わる皆さんからの相談シリーズ*※はぁなによる相談者さんへのご回答です💠 そちらを踏まえてぜひお楽しみください♪【お約束】はこちらからご覧になる方はこちらから🐣🌠保育園に入園する方へ元保育士からのアドバイス&エールご覧になる方はこちらから🐣🌠*子ども部屋に関するインテリアやおもちゃの記事*ご覧になる方はこちらから🐣🌠*保育園でも大人気のおすすめ絵本の記事*ご覧になる方はこちらから🐣🌠*長男あっくんを授かるまで【子どもはできると思ってた】完結*ご覧になる方はこちらから🐣🌠*旦那さんとの結婚までの馴れ初め【男嫌いの私が旦那さんと結婚するまでのお話】連載中*ご覧になる方はこちらから🐣🌠*年子との保活・就活【保育士だけど保育園難民になったお話】ご覧になる方はこちらから🐣🌠発達相談に行ってきたよ~ひーくん編~③ | おとこのこ組っ! ~年子のまいにち保育園~https://ameblo.jp/haruchan-hoiku/entry-12524561077.html🌟つづきです🌟※一応これから書くことは、今回『発達相談』を受けてみて、私個人としてこうなっていったらもっといいのになぁと思うものです✨例えると私があるおまわりさんに何か言われたとしても、他のおまわりさんが皆そうするとは思ってないし、他のおまわりさん皆をバッシングするような気持ちじゃない感じです。世の中の全部の保健センターの方を批判しているわけでも、利用している人をバッシングしているわけでは全然ないです。それぞれの親子や家庭で方法は違ったり変わってもいいと思います🌠とりあえず『とある保健センターさんたちと私のお話』みたいに見てほしいなと思いますφ(..)「お前保健センターの人間じゃなくてただの保育士だろ❗️黙っとけ❗️」という方は回れ右~をお願いします(笑)ちょっといきなり本の紹介していいでしょうか❔(急)今までこれを書いてきたのは『このお話をしたかったから💡』と言って過言ではないのですが🌠心屋先生のお母さんが幸せになる子育て 〈子育ての呪い〉が解ける魔法の本/心屋仁之助【1000円以上送料無料】1,404円楽天心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本1,296円Amazon最近やっと読めたのですが、心屋さんの『お母さんが幸せになる子育て』これすごく面白かったんで、ぜひ読んでほしいな~と思うのですが🌠ここに出てくる『お花畑タイプ』の子と『ちゃきちゃきタイプ』の子💡(簡単に言うと『お花畑タイプ』は年齢より幼さを感じさせる無邪気な子。『ちゃきちゃきタイプ』は比較的要領がよく年齢のわりに知的な子)実は言葉が遅い『発達相談』を受けている子はほとんどが【お花畑タイプ】だと私は思っていますだから「これだ~❗️」と思って書きました✨✨✨✨こんな感じで今まではそれを『感覚』で見ていたけど、確かにカテゴリーで基礎を分けるとまた分かりやすいかもしれない💡こちらの記事後程書き直します🎵話は戻って、私たちが受けた『発達相談』保健センターで臨床心理士さんが、色々なチェックをやってる間も、勿論ひーくんを誉めてもらえることもありましたが、「これは出来ないか~」とか、「あとこれだけ出来るのがほしいなぁ~」という言葉が多かったなぁ~と個人的には感じました(笑)書類を書く上ではどれだけ出来て、どれだけ出来てないかは把握することは勿論大切です🌠でも、『これが出来ません』みたいなことはやっぱり保護者さんが悩んで落ち込むだけじゃないかなぁと思う↓私も保育士のときは、もしどうしてもそういうことを伝える必要があってお話するとしても、それは必ず『+アルファ』で伝えます✨例えばひーくんこの面談のときに『両足ジャンプが出来るか』を聞かれて、ひーくん体重がかなりどすこいなのもあり(笑)まだジャンプは出来ず「出来ませんね~(笑)」と答えたのですが、そのときも、「出来ないか~」とだけで、おしまい🔚もし私だったら、「でもこういう子は『体幹』がしっかりしていて、こけたり倒れたりすることがないんですよ~。お子さんはどうですか❔」「あ、そうなんです。確かにこの子はこけたことはほとんど無いし、滑り台も両手付かないで登れます❗️」「それはいいですね✨きっとそんな感じで体の『基礎』はしっかりしているので、今度からはジャンプも出来るように片足上げの運動たくさんしていくと良いですね~」とか更にそこから先への導き出せる『アドバイス』をしていくと思います🌠あと他の子との『比較』もあったけどこれもしないほうが良んじゃないかな~という気持ち。(「ひーくんのようなのんびりな子でも出来る子もいますよ」と言われた(笑))他の子が出来て、他の子が出来るっていうのはじゃあ、小学生みんなテストの勉強で『100点』取るべきで、かけっこも皆一番以上取るべきか、それ以外の子は違うのか❔という話に近いと思っていて👑そうでない子も、絵を描くのが上手かったり、歌を歌うのが上手だったり、すごく虫に詳しかったり、力持ちだったり、相手の心が分かるとても優しい子だったりする✨✨✨✨勿論、保健センターの方たちはいじわるとかでなく、とても親切で優しかったし、任されたお仕事をしっかりしようとしているだけで子どものためにと一生懸命なのだろうけど、やっぱり元保育士としては『お母さんへの配慮』がもう少しほしいなぁと個人的に感じました✨✨✨ただでさえ子育てが『閉鎖的』になりつつあるこの日本で、お母さんがマイナスになる『言葉』ばかりでは楽しいはずの子育て不安で苦しくなるし『自己肯定感』が低いとされる日本ではそのお母さんの不安がまた『自己肯定感の低い子ども』を生み出すのではないのかなと杞憂ですが感じました💧勿論「『発達相談』に行って良かった❗️✨✨✨」と思う人はそれで良いと思うし、コメントでそういうお話を聞くと「それは良かったなぁ」と思います🌠やっぱり専門家ではないと分からないとこがいっぱいあるからそういう場合は頼っていくべきだと思います✨ただ、私は(笑)というお話でした(笑)コメントでもたくさんの方とお話して出たことのように、『参加するのであれば子どもの幸せであり、母親の幸せになるようにならなくてはいけない』と思います✨✨✨「あぁ、また出来ないって注意された」「疑問に思って聞いてもモヤモヤする」「何度通ってもこの子の将来が不安で仕方ない」わたし「いや、今のところ気にしてないし。教室なら行きたい←」そんな感じならばそれは『行かない選択・他の選択』もありだと思います。『発達相談』に行くごとに、「うちの子はここが良いところだな✨✨✨」「短所もあるけど、私に似てここが長所なのか✨✨✨」「じゃあここを伸ばしていくのを少しずつ頑張ろう✨✨✨」「困ったときはまた頼ろう✨✨✨✨」とお母さんが思える、寄り添える言葉掛けが必要だし『発達相談』はもっとそうなる場所になっていってほしいな~と思いました✨一番最初に書いた通り、この【言葉がゆっくり】なお子さんは『お花畑タイプ』が多く、周りと比べると、子育てに焦ったり、やきもきすることが多いと思いますでも『お花畑タイプ』は本当に【そこにいるだけで周りを優しく笑顔にしてくれる】のが『長所』ですあっくんも、ひーくんもそこにいるだけで、今までいじわるして来た子も『ハッ』となって優しくしてくれるような、他の人をぽかぽかとした笑顔があります✨✨✨もし『発達相談』通っている方がいたら、あなたのお子さんを思い出してみてください。きっとお子さんの笑顔はニコニコ素敵なはずです✨✨✨【お花畑タイプ】の子はそこが『長所』なのに、大人がザクザクと無理矢理『盆栽』にしてしまったらもったいないんです❌『発達相談』に関わる人はまずそこを大切に理解し、そのお子さんの『笑顔』を一番大切にしていってほしい✨✨「あなたのお子さんは成長はゆっくりだけど素晴らしいですよ✨✨✨」と子育てが初めてなお母さんたちには特にそうサポートしながら伝えていってほしいと思いました🌠勿論私が【発達相談】『初回』ではなかったし、そこまで濃くいかなかったのかもしれませんが(笑)なので2回目は断ってきてただ今『教室待ち』ですもし本当に『成長の遅れ』ばかり指摘されるとことがある人はあまり気にしないでください。『長所』と『短所』が紙一重なのと同じように『成長』も紙一重です✨ある時からぐーんと伸びたり、先を行っていた他の子よりびっくりするほど急に成長するものです💡いい環境や人に恵まれて『発達相談』に通っている人もいない人も、今の時期にとても大切な『自己肯定感』を大切にし、お子さんをたっぷり愛して培ってあげてくださいそれが長い目で見たらお子さんの、お母さんの、家族のためにきっとなります🌠あ、後保健センターの職員さんに一個だけ聞けたことがあるんですが「発達相談に来ている子で支援がこれからも先も必要となる子の割合はどれくらいですか❔」という質問には、「年にもよるし、皆大丈夫となったら出ていくのではっきりとは言えないのですが、、、3割くらいですかね」という感じでした💡そういうのも数値でほしいなぁ~と個人的に思いました🌠(不妊治療していた産婦人科ではそういう統計をまとめていたのでそう思うのかも)私のことを心配してくださった方もいますが、とりあえず私はまた『教室』のお誘いがあったときはもっと色々お話して記事を書けたらいいなぁ~と思うのと、また何かきっかけがあれば色々アプローチもしていきたいですが💡ひーくんの言葉もまた少しずつ増えてきましたし、時代と共に『子育てのやり方』が変わっていく中、今は私のやり方で、ゆっくりありのままを見守れたらなぁ~と思うのでよろしくお願いします✨✨✨あとシリーズ物は最後に『コメントを開ける』ということも勉強になりました(笑)もう皆せっかちさん❗️←でも分かります、話題が話題だと突っ込みたくなりますよね。こうなるかなぁとは思ってたけどまさかまさかの賛否両論の盛り上がりでした❗️私も自身も勿論勉強になりました🌠たくさんコメントありがとうございます✨✨✨✨今度からは最後にまとめた後、皆さんとコメントやり取り出来るよう、シリーズのコメント閉めもやってみたいと思いますそしてこのシリーズは【おしまい】になりますが、次回は今回出てこなかった、『ちゃきちゃきタイプ』の子のお話をして、それでぷち完結と致します♪ぜひご覧くださ~いではでは~こちら 8番 『おとこのこぐみっ!~年子のまいにち保育園~』で只今登録中です☺投票はこちらから🌠投票してくださったらはぁなが喜びます🙌🎵よろしくお願いします✨✨✨✨♡閲覧ありがとうございました♡1000フォロワー\♪THANK YOU♪/イイネ・コメント・リブログ・クリックいつもありがとうございます✨✨とても励みになります♪※相談記事にはコメント返しはしておりませんのでご了承くださいまたのお越しをお待ちしています♪『*ちゃいろのクレヨン*』『だいすきパパすたんぷ』

    発達相談に行ってきたよ~ひーくん編~【おしまい】