編集部が選ぶブログまとめ

みんなが見ている注目記事

  1. らいいかな~~と一悩みつつ・・・書きます。とりあえず・・いろんな意見があるのは百も承知やねんけど、とりあえず・・!!とりあえずまずは聞いてくれる??最初に私達が何故今回直接電話して謝罪するまでには至らなかったのか、その経緯について。まず、私さ、子どもが3人いてさ(知っとるわ)やられる側もやってしまう側も、どっちの立場も分かるねん。長男のちゅんたんは完全にやられる側で、服をビロビロにのばされたことも、おろしたての消しゴムを真っ二つに割られたことも、折り畳み式の定規を折られたことも、皮がめくれるほど噛みつかれたこともあるねん。何か理由があって起った場合もあるし、特に理由もないのに起ったこともある。親から謝罪があったこともあれば何もなかった場合もある。で、いずれの場合にも私がどう思ったかというと、「親が謝りに来いよ」とか「弁償してほしい」とは思わないねん。これはいい人をアピールしたいではなくて、本当に「親の私に」謝罪してほしいとは思わなくて、相手の親が「自分の子供がそういう行動を取った」ということを把握はしていてほしいとは思うけれど、私達に謝ってほしいとは思わなくて、その行動を取ったその子自身が、相手を傷つけたらいけないんだっていうことが分かって、当人同士で納得できる形になればそれでいいと思ってるねん。で、今回のゆいたんの件に関しては、「やる側」の保護者の立場になるわけやけど、どこをどう解釈して喧嘩両成敗と取ったんかっていう話になると、、、。もちろん手を出したゆいたんが悪い。絶対ダメ。それはあかん。私達も厳しく認識してるし当然注意しているし、彼の課題であるとも思ってる。ただ・・・・言い方がめっちゃ難しいんやけど・・・伝わるかな。たださ、コンキチくんがどういう意図があって二回目聞きに行ったのか、それは本人のみぞ知るから分からないんやけど、少なくともゆいたんはその聞き方に「バカにされたような、あざ笑われたような気持ち」になってん。コンキチくんに悪気はなかった。けれど、聞かれたゆいたんは嫌な気持ちになった。これって、何の問題にも共通するけれど、「受け取る側がどのように受け取るか」によって形が変わってくるもので、イジる側はイジってるつもりでも、イジられてる側が悲しい気持ちになればいじめになるし、褒めてるつもりでも、相手が「気持ち悪い」と思えばセクハラになるし、良かれと思って言ったつもりでも、相手が嫌な気持ちになれば余計なおせっかいになると思うねんな。ハーー!書き方難しい!コンキチくんだって悪いやん!って言いたいわけじゃないよ!何回も言うけど手を出したゆいたんが悪い。でも、何かこう・・・物を傷つけるのって目に見えるから分かりやすいんやけど、心を傷つけるのって目に見えにくいから分かりにくいと思うねん。コンキチくんが故意に傷つけたって言いたいわけじゃないよ!ほんまゆいたん何してんねん!とは思うけど、ゆいたんの「言葉に出来ない気持ち」は分かるねん。どう受け取ったか、とか、どう感じたか、は周りが「そんなことで」とか「たいしたことない」とか言う問題ではなくて、「本人がそう感じたのならそう」やと思うねんな。だから担任の先生が「ゆいたんもつかみかかるのはよくなかった」「コンキチくんも同じ事何回も聞きに言ったのはよくなかった」と仲介してくださったように、そこに至るまでの【ゆいたんとコンキチくんにしか分からないその場の空気】とか【お互いの感覚の違い】とか【見えない二人の温度】は私には分かりようがないし、その場にいたゆいたん&コンキチくん両方が授業中に「ごめんなさい」ってしたのならもうそれでいいかと判断してん。いや正直四角から聞いた瞬間は、心の中では「おい四角~~!先生にその話聞いた時にコンキチくんのお母さんどこにいますか?」っちょっと聞いてくれたらよかったのに!とは思ったよ。一応四角の言い分としてはコンキチ君母に謝るよりかはまず最初にゆいたんの言い分を聞こうとしたらしく・・・。決して「私達は謝りたくありません!」っていう事ではないし、お相手に謝りの電話かけたこともあるし、その時のケースによってどう対応しようか判断してるんやけど、でも、結果からして、今回、私と四角の判断は、間違ってました。いやほんとに。自分達の考え方や、スタンスは置いておいて、相手の物を壊してしまったのだから、そのことについては、きちんと謝るべきでした。自分達の考え方がうんたらかんたらぐちゃぐちゃ言ってないでおのれのスタンスなんかとりまお空の彼方にぶっ飛ばして、コンキチくんのご家庭に謝るべきでした。今回、私が発信した意図としては、子育ての正解、不正解ってどこ基準なのかなっていうことを問いたいみたいなところがあって発信したけれど、そんなもん通用する範囲のネタではなく、みんなからのコメントを読んで、自分の価値観で物事を推し量ってはいけない。自分達は謝罪を求めないからといって、相手にもそれを当てはめてしまっていた。自分の考えに固執していたのは私達自身だということに気づきました。正解不正解とか言ってないで、世の中にはバチッ!と「取るべき対応」というものが存在するんだということを分かり、今回夫婦ともども、反省しました!なんか白々しいかな・・・。え、いやでもほんまにそう思ってん。私達夫婦二人ではなかなか考えを変えれなかったはずのことを気づかせてくれて、教えてくれて、ありがとうございました!今回のことで多くの気づきもあり、反省もし、またオギャの事だからそのうち失敗もするだろうけれどその都度教えていただけたらと思います。いや、ほんでこの記事に告知貼んなよって感じやねんけど、それはそれこれはこれでごごごごめんやで。今月のレタスクラブニュースが今日配信になってます。よよよよかったら読んでみてください。後れ毛ってなんですのーーーん!!ゴム一本でいまっぽヘアアレンジにチャレンジ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いつも読んでくださって&コメント・いいねをありがとうございます♥リブログ大歓迎許可不要です^^ご自由にどうぞ~!ストレス解消したいアナタは👇苦手なことは頑張らない・参加しないことにしてる!アンケート結果もよかったら読んでみて。夫に理解してほしいこと、変わってほしいこと私がおススメする育児の神グッズ(前編)【ママの息抜き法④】家族みんなで楽しめるDVD!春バッグ探しに奔走するの巻オススメグッズはこちらで見れます👇

    この記事が話題になっています

    【前回からの】考察について。(タイトル悩みすぎて、、、)
  2. ありがとうございま子どもが三男四女、7児の母のぐりのまです 家族紹介 昨日のブログ【こえのブログ】三女の歌声【何の歌かわかる?】正解は、じゃりン子チエのOP曲[バケツのおひさまつかまえた]でしたこ、これは!!子どもたちが何度か移ったことがあるからもうもらいたくないから“予防”はしてたけど“ソレ”を切らしてたんですよねシマッター急いで沖縄子育て良品(外部サイト)にて注文届くまでの間、なにもしなかったらどんどんシラミは増えていきます300秒(5分)数えてもらいます。※目の細かい専用櫛2日後、“ソレ”が届いたので駆除を続けました“ニットピッカーフリーコーム”で卵も成虫もキャッチ“ノンノン”で卵も成虫も駆除“ナチュラルガード”で予防“ナチュラルガード”は予防にもなるし、髪がさらさらになります  沖縄子育て良品(外部サイト)使ってみて良かったから、モニターでもないのにブログに載せてみた(笑)ちゃんとブログに載せても良いと許可をもらってます今回は三男松だけで済みましたけど、下手したら家族全員に移るからやっぱり予防が大事ですよねシラミを発見した次の日に小学校に連絡してお便りを出して注意換気をしてほしいとお願いしました次女三女には移ってなかったけど念のため保育園にも報告もしましたし。それにしてもどこからヤツらはやってくるんだ ブログスタンプ全獲得おめでとう!▼2月のあなたはスペシャルランクでした今日も明もみんながhappyになりますようにポイントサイト

    シラミ騒動(アタマジラミって嫌だねー)
  3. 話しかけても無視すママさんが1人いるんです今は目も合わせないようにしてます。元々仲がいいわけでもなかったんですが挨拶ぐらいはしてました。事の発端はというと…その日は旦那が仕事だったので次男を義母に預けて長男とプールに行きました。少し早めについて準備体操をする部屋で待機してたら向こうから話しかけてくれました。ママさん「今日は旦那さんいないんですねー」とたわいもない話から始まりました。長男が発達障害グレーゾーンというのはスイミングでは知られている事なので基本的に私からは子供の発達スピードに関しての話はしませんでした。(歩くの早いねーなど)振られたらするくらいでもそのママさんは早速子供の成長の話(というよりママ同士ってとりあえず子供ことしか話題ないよねー)ママ友「うちの子、歩くのがちょっと遅かったんで、まだぎこちない歩き方するんですー」私「そんなことないですよー!上手に歩いてますよー!」ママ友「それにまだ言葉もないし悩んでるんですー」(1才半の子)(その悩みを私に振るのか!私も悩みまくってるよ!)私「あー、悩みますよねー、私も悩んでるんですー、でもまだ1才半でしょ?とりあえず2才まで様子みてもいいと思いますよそれでも気になるんだったら自治体がしてる言葉の教室があるんで行ってみたらいいですよ!結構楽しいんで」ママ友「私さんが行くような教室ですか?」(私が行くような?)私「そ、そうです、昔行ってました。でも結構手軽に行ける感じなんで全然お話できる子も来てましたよ!今は別の療育に行ってますが」ママ友「ん〜…ちょっと一緒にしないでもらえます?別に障害まで疑ってないんで」はい?いきなりケンカ腰!?私「いや、一緒にしたつもりはないです。こんな教室もあるって言っただけです!」と言った所でそのママさんは立ち上がって私から1番離れた所に座りました。私何かいけない事言った?ちょっとアドバイスしただけですやんというより息子が喋れないの知っててこの話題振ったのあなただよ!その日から挨拶しても無視が始まりました。旦那からは挨拶もしなくていいと言われましたが癖でしちゃう…笑あんな人初めてだわまぁいじめに発展しないだけマシかあぁ悲しい気持ちになるよね…やっぱり偏見の目で見られてたんだ…でも長男はとってもプールが好きなんです。そして先生もとっても優しくて理解があって長男をいつも笑顔にしてくれるんです。とりあえず私に対してだけなのでスイミングは辞めませんが…長男に白羽の矢が立ってきたら先生に言うなりして防御していきたいと思います…心の悲鳴と疲労感専用