みんなが見ている注目記事

  1. じました。私の父も浮気をする男でした。中学生の頃、浮気相手の現場にしかも情事中に母と乗り込んだことがあります。私は割と物心ついた頃から、父の浮気を知ってました。でも私は、物心ついた頃から、人は完璧ではないことも、なんとなく理解していました。金遣いが荒く、よそに女を作り、はたまたDVまがいなことをする父親でしたが、子供の誕生日と運動会など行事の時には、その料理の腕前を振るい、週末にはキャンプに連れて行ってくれ、月に一度は、女の子はテーブルマナーを知っていないとダメだ、とナイフとフォークを使うようなレストランに連れて行ってくれました。早くに父親を亡くした、従兄弟の父親がわりにもなってくれて、その従兄弟は今でも、私の父と釣りに行った思い出のことを話ししてくれます。麻雀と、ボウリングとビリヤードは父から習いました。お父さんに出来ないことはない。と日曜大工もプロ並み。リーダー気質、やんちゃ。ゲームはダメ、嫌いな食材は食べるまで朝までだって正座させるような母とは正反対の人でした。私はどちらの両親も好きです。既に親、というより、ひとりの人間として見ていたから。親でも完璧じゃないそれは、私が色々なことを受け入れられる要素に繋がった。誰かのことを一生恨み、心にヘドロを貯め続けながら生きるのは、私は嫌だと思ってます。他人への批判が、審判を下す人のように、正そうとしているのは人を弱さを受け入れられない弱さなんでしょうか。家族を裏切った父を、私は憎んでもなければ嫌ってもいない。彼がしてくれた多くのことも、それ以上に大事だから。浮気しまくる旦那に傷つきながらも、一生をかけて、すこしずつ受け入れ許していこうと思う。誰かを許せる気持ちが一番強いと、今でも思ってます。心にヘドロを溜め込むよりは、誰かを許せて受け入れられる人になりたい。人を許せることと、誰かに許してもらうことは私は混同してません。私がやってることで傷つくことがある人に、だからあなたも受け入れてとは言いません。批判も、受け入れる。そう思っています。人の心は単純じゃない。でも誰かに、溜め込んだヘドロを投げつけないといけないような生き方はなんとなく。寂しいですね。そんな感想を持ちました。思うことと、人に投げつけることは別です。投げつけないといけない衝動に駆られるのもなんとなくは、理解できますが、、、それはあなたが嫌う理性のない人と自分とそんなに大差ないですよ。自分は正しいから、何をしてもいいと思ってるそのことはどう考えるでしょうか?またコメントが来ても、お応えすることは以上です。

    たくさん共感されています

  2. つい最近、新聞にこんな記事が出ていたので、ちょっとご紹介。ワタシ的には、何を今さらなんですが、新聞記事によると、刑務所で購入できる日用品の価格が高すぎるという事で弁護士会がモノ申しているそうですが、これは、刑務所価格と言います。刑務所で使う日常物品には、官給品と自弁購入品があるのですが、*** 刑務所内では、かんぶつ と言われております。領置金に余裕があって、色々と規制のある官給品が嫌な受刑者は、自分のお金を出してド高い自弁物品を購入します。実は私も、自弁のノートに、各物品の価格を書き記していたのですが、出所の際、そのノートは点検を受けないと持ち帰ることができず、数字は書いてはいけないという決まりがあるので、全部消去させられました。ですから、くわしい金額は覚えていませんが、例えば、普通のポンプ式の500ml シャンプーとトリートメントは、それぞれ、約1000円します。えぇ、薬局で2本ペアセットで498円とかで売られている、普通のラックスとか、そういう類です。それが、1本で1000円。シャンプーとトリートメント両方買うと2000円です。官給品のティッシュの呼び名は、チリ紙  ← ちりがみ、ではなく、ちりしで、1か月の使用枚数が決まっています。基本、それ以上はもらえません。制限なく使いたいなら、自弁でチリ紙を購入するか*** 官給品より紙質が良いですティッシュの箱も購入できます。ティッシュの箱って、普通、薬局で5箱198円くらいだと思いますが、刑務所価格は 1箱 200円です。その他、歯ブラシ198円程度。ノートも1冊200円以上、手紙を書く便せんも一冊200円ちょい、封筒も20枚程度入りが200円ちょい、*** すべて100均で買えるものと同じようなものが下着なんかも買えますが、それこそ、し〇むらで、2枚498円程度で売られているシャツなどが、1枚 5000円 くらい、平気でします。自弁で購入できるものには、多岐にわたり結構な種類があって、例えばシャンプーでもいくつか銘柄が選べるのですが、*** 銘柄によって値段は違うよ。何でもかんでも、市場価格の倍以上します。あと、無制限に購入できるものではなく、優遇区分によって*** またそれは後日記事に書きます。購入できる範囲に差があります。刑務所によって多少の違いはあるようですが、購入は月2回、指定日に、用紙をもらって間違いのないよう記入し、代金は領置金から引き去られ、*** これも刑務所によって運営が違うようですが、私がいた刑務所では一字でも書き間違えると、その回は購入できません。記入はボールペンです。提出して、モノが来る、という感じです。要するに、刑務所内では、官給品以上を求めるのは贅沢なので、それでも使いたいなら高額出しなさい出せないなら官給品で我慢しなさいってコト。実際、官給品でも全く問題なく生活できますし、私はお金はありましたが倹約家なので、シャンプー以外のものは全て官給品で過ごしました。*** 官給品のシャンプーはショートスタイルの髪の長さを想定しており、支給後、官給品にはそれぞれ使用期限があり、ミディアム以上の長さの場合、全く足りないので、私は自弁にしました。ちなみに、自弁には使用期限は制限がありません。例えば、自弁で買っているものなら、シャンプーを毎月買っても問題ありません。*** 収納スペースに収納さえできれば。但し、一回に購入できる数には制限があります。その範囲内で。官給品の使用期限は、生理用ナプキンは1か月に1袋。*** ちなみに私の入っていた刑務所はエリスでした。でも羽根はついていないので、羽根ありナプキンが使いたければ自弁になります。歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー(たぶん250mlくらいのもの)は3か月に1個。石鹸は1か月に1個。えんぴつやボールペンは6か月に1本。 下着は一応、入所時に自分専用のものをシャツ、パンツ、靴下は3枚ずつ支給され、洗濯に出す。そんな感じでしょうか?髪を止める為のゴムもピンも官給品です。自弁も買えます。官給品だと、ピン1本無くしても大変な騒ぎになります。私はホント、自弁はもったいなかったので、ほぼ、官給品で過ごしました。買ったのは便箋と封筒、ボールペンくらいです。節約生活も身につきました刑務所唯一、定価で売っているのは切手と郵便書簡だけです。刑務所生活については、また、追い追い、書いていきますね。

    刑務所価格。
  3. 自分の二重人格に近婚外恋愛の事、性癖の事なんです。私は妻を愛していますし、本当に仲良しなんです。息子2人も社会人になりましたが、4人仲良く、楽しく暮らしています。結婚して今年で24年を迎え、いまでも夫婦でSEXもしています。と同時に今年で付き合って18年目になる彼女がいて、その他にユメさんの仰るセフレ、関係の女性が2人います。辞めよう、妻に申し訳ない、の感覚が麻痺しているのか感じないんです。以前のユメさんの記事に、不倫は手段なのか、目的なのか、の二つだと思う、と書いてあったのを読んで自分はどっちにも当て嵌まらない気がしてしまいまして…というご質問内容でした。いつも質問には私なりに解釈してお答えしているのですが、私の場合は、と毎回前置きさせて下さいね。要約すると、①夫婦間に問題はないのに、他にも長いおつきあいをしている女性がいる。②さらにそれ以外にもセフレがいる。③感覚が麻痺して罪悪感がない④自分がしていることが、目的でも手段にも当てはまらない気がする。そのことをお悩み?なのかな??と受け止めました。まず、目的と手段について、過去の日記にチラリと書きました。私の場合は、不倫は手段であって、目的ではない。そう書いた日記に、自分は何なのだろう?と考えられた、ということだと思います。辛口なコメント、、、に受け止めないで下さいね?不倫をされている方で、それが目的でも手段にもない方は、自分の欲望に忠実に生きてる。それだけだと思うのです。セックスは気持ちいい。隣の芝生は青い。ドキドキしたい。単純にそれを謳歌しているだけです。それが、悪い、と言っている訳ではありません。目的には、何の為に?が伴います。もし仮にこれを目的にするならば、自分の欲望の為に、自己満足感の為に。この言葉以外何が当てはまるのでしょうか?私の場合は手段だと、お答えしました。旦那の浮気に傷ついた自分の心を救う為。です。何度も言いましたが、それがいいか悪いか、ではありません。一番大事なのは自分で選択をした、という事実と何かあった時の自己責任を取る。これに尽きると思います。例えば、不倫相手やセフレの存在を愛する奥様にバレた場合です。離婚されるかもしれません。でも、それを覚悟の上でしているのなら、その人の人生の選択の自由です。後悔するかもしれません。でも、それはしょうがなくないですか?自分が選択した全てが、そこなのだと私は思います。でも愛するご家族を失いたくないのであれば、辞めるか、これまで同様に隠し通して生きるだけだと思うのです。正直18年、バレていないのであれば、今後もバレる確率は余程のヘマをしない限りはないかと、思います。私は鈍感な奥様が少し羨ましくもあります。知らない幸せもきっとあるような気がします。辞めよう、申し訳ないの気持ちが麻痺してないそれもよく、わかります。私は初めて不倫した時に感じたことが、こんなものなのか。でした。きっと体験された方は、感じられたことがあるかと思います。思ったより、何でもなかった。そういう気持ちを味わうと、セックスはたかだか、そんなもの。なのです。人の一番大事な繋がりは、身体の関係では測れません。それを、私自身は不倫という経験を通して感じました。でも、多くの男性に多い、、、何も考えずに快楽を。の考えは、少し改めて頂きたいな、、、というのが希望です。一つ一つの行動に、自覚だけはしっかりと持ちながらそれでも止められない自分の理性の弱さを認めることって大事かと思います。人が弱いのも知っています。そんな自分の弱さ故に、快楽に抗えない自分を認識しながら、行動されるといいのかな?と思います。うちの旦那を見ていて思うんですが、、、男性は欲望を抑えられない人が多いような気もします。頭では分かってる。でもそれに行動が伴わない。私は相談者さんが、真剣に?悩んでるという感じには受け止められなかったのですが、、、ごめんなさい。悩みって苦しすぎるものを私は指しているので、、、。悩みというか、自分自身に対する疑問。だと思います。なので、麻痺している自分の感覚が、どういった状況なのか?っていう位置付けをされたいのだと思いますよ。回答になりましたでしょうか?秘密は墓場まで持っていけるように、祈ってますね‼️

    たくさん共感されています