みんなが見ている注目記事

  1. これからの過ごし方について
  2. 元上司の終活②
  3. 体調・私のことhttps://ameblo.jp/non-aki-hiyo-kono/entry-12441568622.html前回の続きになります。超個人的意見ですので、ご不快に思われた方がいらっしゃいましたら 申し訳ありません。スルーでお願い致します。今回も閲覧注意でお願い致します。==================================先日長男と 次女が通っている小学校の PTA活動があった。長女も通っていた 小学校🏫今でも 行くのに なかなかの勇気がいる。。。長女のことを知っている人はもう ほとんど居ない。。。それでもお母さん同士の悩みの お喋りを聞いていると違う世界に生きている感じがして今でも とても苦手です。。。でも我が子がお世話になっている以上係をしなければならない。今年は ジャンケンで負けて特に苦手な2時間程の作業を年に数回学校🏫でやらなければならなかった。。。先日も仕事があるから早く帰りたい!をアピールして必至にこなしていた。同じテーブルにたまたま同じクラスの 男の子のお母さんがいた。。。知らずに座った私がいけなかった。。。でも もう移動できなかった。。。そのお母さんが周りのお母さんと大きな声で喋っていたのが聞こえてしまった。。。男の子のお母さん「もうさ〜 夕方に 家電が鳴ると 恐怖なんだよね〜」長男も学校🏫の先生からよく電話がかかってきていたので気持ちがよくわかった。。。他のお母さん「どんな事で 電話かかって来るの?」姉妹を育てている お母さんだった。。なるべく聞かないように 務めた。。。が、小さなテーブルで大きな声。。。聞こえてきてしまう。。。男の子のお母さん「息子がさー お友だちと 揉めるとか そんな感じよ〜 でもさ、 友だちに 『死ね!』って言う とか そんな事で 先生から電話来るんだよ! そんな事 普通に言うよね! 『死ね!』って家で 普通に言ってるし、 ある意味 私の方が 子どもに言ってるよ!」驚いた。。。あー あの男の子は 被害者なんだなぁ。。。と男の子が 可愛そうになった。。。だから 先生はわざわざ お母さんに電話を掛けたのだろう。。。お母さんに わかって欲しかったから。。。色々な家庭があり色々な環境で育ち色々な考えの人がいます。だからそれを どうこう言うつもりはないのです。。。わかって欲しい訳ではないんです。。。そのお母さんにどうこう 思った訳ではないのです。。。そのお母さんの側で一緒に「そうだよね〜 『死ね!』ぐらい 普通に言っちゃうよね〜」と 相槌を打っていたお母さんがいました。その人はうちの 長女のことも知っています。そのお母さんのお子さんも難病を持って生まれてきています。。。私はそのお母さんを友だちだと思っていました。。。同じ様に我が子を想う母だと。。。でも違ったんだ。。。と。。。やっぱり相手の立場になって考えることの難しさを痛感しちょうど長女が 体調が悪かった時期をブログに書いてフラッシュバックしていた事もあり、頭痛が酷く久しぶりに 吐いてしまいました。。。心と体は 繋がっています。私の心がまだまだだと 思い知ったのです。。。もしこのブログを見て下さる方で我が子に 言ってしまった事がある方は生きたくても 生きられない子が 沢山いる事心の隅に置いて頂けたら ありがたいです。。。そして“死”という事が どういう事なのか考えて頂けたら ありがたいです。。。最後まで お読み頂き本当にありがとうございました。全てのお子さんが⭐️沢山の愛を感じられますように⭐️昨年 我が家から見えた三重の虹🌈(画像では 二重に見えますが。。)

    コメントが盛り上がっています

    まだまだ・私のこと
  4. まだまだ・私のことhttps://ameblo.jp/non-aki-hiyo-kono/entry-12441621489.html昨日のブログに沢山のコメント メッセージ いいね👍本当にありがとうございます。私が一番ショックだったのはまだまだ自分の心が グラグラして体調を崩してしまう 自分自身にだったのです。。。あの時私が男の子のお母さんなら絶対に 言わないし、周りで 一緒に喋っていた お母さんなら「でもね、それって。。。」ときちんと 言っていたんです。。。私はそのお喋りの輪に入っていない言わば盗み聞き?(聞こえてしまっただけ)の人だったのです。それでもずっとあの時聞こえただけの人でも言えば良かったのか。。。と 悩んだのです。。。でも私が 話した事がある人は友だち と思っていた お母さんだけで、あとの 6人は一度も話した事がない偶然居合わせただけの人。。。友だちだと思っていた お母さんも対角に座っていたのでそのお母さんに 言う感じにも無理だったのです。。。私以外みんな 同じ幼稚園のお母さん同士だったようです。。。コメントで頂いたようになんとなく同意したそうなのだと思います。。。それが無難なのだという事も十分 わかっています。。。私が輪の中に入っていたら私なら 同意しません。。。私は大人の 無難な 対応は出来ないのです。。。もし長女が 元気だったら輪に入ってなかったとしても私は 同意せず私「それは 違うんじゃない!」そう 言っていたと思います。でも長女がいなくなってしまった私はきっとあの場で 口を開いたら泣いていたと思います。。。私「本当の“死”の意味を知らないから 我が子に そんな事 言えるんだよ!」そう言って号泣していたと思います。。。同じ部屋に60人以上のお母さんが居て長女のことを知っていた人は2人ぐらいです。。。きっとあの場で 私が号泣したら小学校のお母さん 全員にあっという間に広まって長女のことを知って我が子への 対応を変えてくれる方も居たかもしれません。。。でもなんとなく伝わって“可愛そうだよね。。。”的に 思われるのが嫌だったのです。。。ワガママで すみません。。。長女が病気になってしまって長女は 辛かったと思います。。。でも私たち家族は出逢えたことをとても幸せに 思っています。長女のおかげでブログを書けて沢山の方に見て頂き沢山の 心温まるメッセージや コメントを頂き沢山のご縁を頂けたことに心から感謝しております。今回も 最後まで読んで頂き 本当にありがとうございます。 のんちゃんママ三女の オラフとらわれの身です。。。

    たくさん共感されています

    大人の対応
  5. 少数派の多数派 = 卵巣がん⁉️