みんなが見ている注目記事

  1. 月27日から週1回抗がん剤を始めて、気づけば半年あっという間の半年抗がん剤から2週間後以降に脱毛が始まると言われ、キッチリ2週間後から脱毛開始当時は顔色もどす黒く、やつれてました体重は10kg落ちました10kg落ちたおかげで、太りすぎて着れなくなってた服が着れるようになりましたどんだけ太っててんって話ですが、今回ばかりは脂肪に助けられた気がしてますこんだけ落ちても、見た目的には普通にスッキリなくらいでしたからねー笑最初に大学病院に行った時に、このままいけば来年もたないと言われましたえーーっ!困るっまだやりたいことも、行きたい場所もあんねん元気になったるからなワタシの負けず嫌いが発動しました元々なんでもやってみたがりなので、今も懲りずにいろいろやってますさすがに波動療法と高濃度ビタミンや血液クレンジングなどの代替療法はやめました★笑今でも血液クレンジングだけはやりたいかもー☆って思いますが、もう金欠です!笑今やってるのは鍼灸自律神経専門の整体漢方診療血液検査から読み取る栄養指導鍼灸はずっと続けてますが、抗がん剤始めてからは、それまでと違う先生に診てもらってますほかの3つは抗がん剤を始めてからお世話になってます抗がん剤はマスタードガスと呼ばれる毒薬が使われてるという話は有名でも、今のワタシはガンをやっつけるために使わなあかんらしいなら、抗がん剤さんにはガン細胞だけ襲撃してもらって、元気な細胞の被害が最小限で済むように、早く排泄できる身体にしよう肝臓の負担を減らすためのお手当てもしようで、そんなこんなの半年あっという間の半年おかげさまで、今、かなり回復してきてます脱毛も抗がん剤始めてから12週目頃にピタッと止まり、今は黒々した髪の毛が生えてます丸坊主にした日それから1ヶ月後の11月29日残った髪は伸びてましたが、丸坊主直後より前頭部とサイドがかなり減り、自慢の富士額が無くなりました眉毛が薄くなって、まつ毛は無くなりました2019年にはいってから、脱毛した場所から髪が生え始めました途中、たこ八郎を経て現在、富士額も復活です笑けるくらい黒々してて、西尾一男って言われてます笑メインでみてる腫瘍マーカーも370やったのが、今は6.0まで下がってます赤血球、ヘモグロビン、も徐々にですが増えてます体重も半分以上戻りました体重は戻らんでもよかったんやけどなー笑しっかり食べて!と言われてたので、しっかり食べてたら、ある時一気に増えました骨転移による腰痛と仙骨痛もなくなり、死ぬかと思うほど咳き込んでたのが嘘のようになくなりました先日のCT検査では肝臓の腫瘍がほとんど消え、肺の腫瘍も半分ほど減りました右胸の腫瘍は少し小さくなった程度ですが、左胸の腫瘍は4分の1ほどに小さくなりました骨転移は前回はかなり良くなってましたが、今回はほとんど変わってませんでしたでも、悪くなってないのでワタシ的には全然OKです悪くさえならなければ良いんですうまく付き合っていきたいなー副作用は生理を止めてるので、更年期症状がホットフラッシュがまぁまぁありますなぜか、胸が衝撃的なほど小さくなってしまいました体重が減った時も、胸だけは落ちなかったんですけどねジワジワと小さくなり、今は以前の面影すらありません笑良くなってきてる今が正念場油断せずに《営養と休養と自分ファースト》を心がけて過ごします皆さまも、《営養と休養》をたっぷりとって、《自分ファースト》で過ごせますよう

    たくさん共感されています

    今日の左胸のニコちゃん
  2. 入院前。お腹が痛かったので自宅でロキソニンやバファリン等の痛み止めを毎日飲んでいた。その期間約1ヶ月。入院後。やっぱりお腹と胸腔ドレーン挿管後の傷口が痛むのでロキソニンを1日2回飲む。そしたら、肝臓の数値が悪いということで痛み止め飲むなと主治医に言われる主な理由は後に化学療法やる時に肝臓の数値が悪いとできないからということで。っていうか、化学療法やりたくない手術前の診断名は“卵巣癌疑い”PET検査では転移なし造影剤CTでは腹膜播種疑いだけど転移してないんだったら(多分)化学療法やりたくないんだよっていうワタシの思惑とは反対に、できるだけ早く化学療法に踏み切りたいと思っている主治医。そして手術時の術中迅速診断では、なんと悪性なのか良性なのかわからなかったらしいのです。主治医が目で見ても腫瘍は右の卵巣内にとどまっていたのでわからない。左の卵巣は綺麗子宮も綺麗よって、最終診断は病理検査待ちということになった。ただし。胸水と腹水が大量に溜まりまくるという経過が悪い経過がステージⅣ並よって、化学療法をやる気満々の主治医vs絶対やりたくないと思っているワタシとの表面に出ない攻防が繰り広げられる勝手にー1人でー戦ってますー的な術後、お腹が痛かったけど、痛み止め飲むなって言われてたから我慢していたら薬剤師さんが別の痛み止め、カロナールなら肝機能に影響しないからと処方してくれた。​​そしてカロナールを飲むすると数日後、主治医が来て、また肝機能の数値が悪いとかで再び痛み止め禁止令をだす。理由は化学療法が出来なくなるから。だから。化学療法なんてやらないわよっだってまだ病理検査の結果でてないんだからっっていう無言の反抗小心者かとにかく、1日でも早く化学療法に踏み切りたい主治医と1日でも遅く、いや、できれば、いや、絶対に化学療法をやりたくないと思っているワタシと痛み止めを通して表面上は穏やかに、でも心の中で🔥の戦いが繰り広げられていた。

    たくさん共感されています

    化学療法やりたい主治医と絶対やりたくないワタシとの攻防
  3. でしたが、夜の検温看護師さんに頭が痛いと答えていました。頭に腫瘍があるんだもの、痛みがあって当然だよね。今日は同じ病気の子とお母さんと初めてゆっくりお話ししました。あまり深くは聞いたり話したりも出来ませんが腫瘍が消えた、消えてない、進行が早い、遅い、再発、初発。それぞれ悩んでるところは色々だけど、同じ思いである事は確かでした。会話の中で、「娘ちゃんもママもいつも明るくて 入院中ネガティブになるのも 少し前向きになれた。」と言ってくれました。「うるさくて本当にすみません」「私じゃなく、娘のおかげです。」と付け加えました。やっぱり娘の力ってすごいなって改めて思いました。わがままで大変だけど私も入院中は娘の性格に何度も助けられました。その他にも娘がみんなを笑顔にしていたり、和ませてたりしてるのを何度も見てきました。特に家族は、娘の明るさ天真爛漫さに救われているんですよね。本当に子供ってすごいです。明日も一日中何もないし二人で何して遊ぼうか?ママ、遊ぶの下手だからなぁ。保育士さんと楽しく遊んでほしいなぁ。明後日からは検査や手術の準備で忙しくなるし、ババとパパも来ます。うん。楽しく過ごそう明日も痙攣なく、楽しく笑って過ごせますように…《いないいないばぁっ!》のワンツーパンツーって歌に合わせおしりフリフリしてます

    たくさん共感されています

    娘の力
  4. か胃の調子が悪くて病院着くなりトイレで嘔吐。ゼリー飲料やらアイスばっかりで、胃も拒絶してるのかな?吐いてスッキリ。放射線治療の会計について、まとめて支払い後できる病院もあるとのことで、会計の窓口で相談してみました。息子と母子家庭なので、母子家庭の医療証を持っているので外来での限度額を前払いして、月末に精算するという形であればとOKしてもらいました。余れば返金、ということですね。毎日会計で待つのしんどいなーと思ってたので、良かったです。病院から帰ってきて、お昼寝。浅い眠りで疲れも取れず…眠りが浅いと余計疲れますよね夕方、息子を迎えに行くため、久しぶりに一緒に行ったのですが、車乗るだけで疲れますね。夜ごはんまでの間、ぐったりしてしまいました。息子とお風呂に入って、そのまま布団へ…みんなでテレビ見ながら9時過ぎに寝ました。今日も午後から照射です。今日は書類受付があるので、少し待つかな…保険屋さんに提出する診断書、早めに手続きしておかないと、どんどん後回しになっちゃいますね。寝起きスッキリではなかったので、今日もあまり体調は良くなさそうですが。今日も1日がんばまります!

    たくさん共感されています