みんなが見ている注目記事

  1. 4連休。みんな出かけるだろうなぁとは思っていましたが、各行楽地、すごい人出ですね。田舎にいると、ピンときませんが、ニュースを見てびっくりです。中国でも自粛開けは、すごいことになっていました。抑圧された後の反動の大きさを実感しています。う~ん、旅行の計画を立てている所なので、悩ましい。4連休の後、絶対に患者数は増えますよね。マスクの着用、各施設の努力で、どの程度抑えられるのか。2週間後、3週間後の患者数の推移が気になります。患者数が急増したら、中止になっちゃうかも…予定しているお友達と、様子を見ながら相談しなきゃ。学校も対面授業や、縮小した行事で新しい形。スポーツや音楽イベントも再開されていったとき、どうコロナと向き合っていくのか。本当の意味でのwithコロナの新しい生活のあり方が、これからの半年、試されるのかもしれません。この連休で、ちょっと思ったこと。海外の観光客がいなくても、国内旅行者が動くと、こんなに混雑するんだぁ…と思ったんです。反動ですからね、一時的なものかもしれませんが…。観光地が少しは経済が潤ったことは良かったんだろうな。あとは、あまり感染が広がりませんように。アメリカ・ブラジル・インド…ものすごい感染者数です。欧州の第二波で、感染者が増えているし。海外からの観光客は、もうしばらく来てほしくないかも。

    たくさん共感されています

  2. 昨日ある程度いろい準備は終わっていたので、ゆっくりと住職さんと食べるお弁当を買いに行きました。ここはどこでしょう?草加駅前ですいろいろ美味しそうな物がいっぱいあったので、住職さんが喜んでくれそうな物を心を込めて探しました。今はまだ外食に抵抗があるかもしれないので、今回も自宅で一緒にお弁当やお惣菜を食べる事にしました。今回の法要も、当然ながら住職さん専用の台と15種類?20種類?詳しくは分かりませんが、沢山の道具と葉などを持ち込み、本格的な法要をして頂きました。そして、法要の始まりには本来無くてはならない部分、ここが今省略されている法要が多いこと、そして、この始まりの部分がどれだけ大切かを、一つ一つ意味を教えて頂きながら学びました。これからあと2件回らなくてはならないというのに、3時間も僕の為に費やして頂きました。「詳しく教えますので、おそらく覚えられないと思いますから、ボイスレコーダーなどで録音していいですよ」と言ってくださり、録音しながら一つ一つ丁寧に教えてくださいました。本当に感謝です。また一つ、智恵に深く供養をしていける事になりました。そして、住職さんにこう言われました。「法要中に奥様が、まだ出会ったばかりの頃なのかな、公園かどこかのベンチのようなところに二人で座っている映像を私に送ってきました。おそらくそこに行ってほしいんだと思いますよ。」あっ、あそこだ。すぐに浮かびました。出会ってまだそんなに経ってない頃に言った公園。僕が18歳、智恵が17歳。初めてキスをした思い出の場所。この日からもっともっと2人の距離が縮まっていきました。法要が終わって住職さんがお帰りになって、いてもたってもいられず、車で50分ぐらいかけてその公園に行きました。上のロケットの形のような部分は無くなっていましたが、今もしっかりと存在していました。21年の時を越えて再び訪れたその場所は、家族連れで賑わう、なんとも優しい時間が流れていました。21年前、誰もいないこの公園で、二人でベンチに座ってくっついて、いろんな事話して、どんどん距離が近くなった。戻りたい。ベンチに座って涙が出ました。21年前の自分達にこう言いたい。「21年後はこんなに可愛い存在が家族になってるんだよ。でも、そこには智恵がいないんだよ」って…だからもっともっと一緒にいられる時間を大切にしなきゃダメだよって。言いたいですね。この頃の自分達はまだ、これからこの愛がとんでもない大恋愛になって、考えもしないタイミングで終わりを迎えるなんて思ってもいない訳ですからね。この一年を総括するとダメダメな1年だったと思います。情けない1年だったと思います。言い訳ばかりの一年だったと思います。とても智恵に喜んでもらえる1年ではなかったと思います。まあ仕方ないねと言われる程度の1年だったと思います。明日からは智恵とお別れして2年目に入ります。一周忌を終えたからといって、別に今日と明日では1日変わっただけでなんら変わりはないのかもしれない。いきなり自分自身の中身が変わるわけじゃないのだから。でも、何かの節目と共に気持ちを大きく切り替えることはできるのかもしれない。だから、この一周忌までの1年間が自分の中で情けない1年だったと思うのならば、今日という日を区切りとして明日からまた新たな目標を持って、一つまた人として成長して「今年は頑張ったじゃん!」って、智恵に褒めてもらえるような1年にできたらと思います。そして、僕は自分が死ぬまでに見届けたい事があります。それは、癌が怖くない、治療によってかなりの確率で癌が完治する世の中になっている事を見届けて旅立ちたいです。来世では、もう癌は怖くないよ来世こそは、おじいちゃんおばあちゃんになるまで、元気に仲良く一緒に暮らそうね、智恵。そう思って、智恵の元へ旅立ちたいです。最後に…思い出の公園の写真を探していたら、DOCOMOショップの赤いパーカーを着ている智恵の写真があって、やっぱり可愛いなぁって思いました2年目も胸いっぱいに智恵を想い続けながら、そして何より、モコ&ぷぅを愛して。そこだけはブレずに生きていきます。長くなりましたが、今日はこれで終わりですそれでは皆さん、おやすみなさい。

    コメントが盛り上がっています

    一周忌
  3. 闘病273日目 部屋から出た来望に驚き! 190921