みんなが見ている注目記事

  1. おはようございますヽ(*´∀`)ノ┏●さすがに疲れました。BBQ自然すぎる↓↓↓↓本題末娘と以前プールにいった高機能自閉症息子そう。末娘を抱っこしたりおんぶしたりで日焼けが「まだら」やった訳や笑「今日のBBQで 僕の肌を統一します」カレー食べたり☆☆我が家のみやなく 様々家族いてました♡川で涼んだり………☆☆写真は 誰かは言えません笑┏●←ずっと日焼けしていた息子帰宅すると「お母さん‼‼‼‼‼‼」「なんや…?」「あまりの暑さで 川に手を入れてしまってました……」←息子の手を見る私あんたそれ。「手袋やん笑」うける笑←「今度いつ行きますか?」「こんな手袋に見える手が嫌なんですが」息子…。もう行かへんよ。今年は 年中「手袋」的な手で乗り越えなさい笑君 前も失敗したでほんま ナチュラルにそないな事あんのん爆笑←ベランダに手だけ出すと言ってます笑ほんま疲れたけど思い出沢山感謝です┏●←どないするんやろ?笑ヾ(`・ω´・)ゞ┏●☆温かいコメント貴重なコメントを毎度ほんまにありがとうございます┏●ゆっくりですが メッセージにてお返事させて頂いております┏●ほんまに励まされております┏●そして見たよ☆といいねボタンほんまにありがとうございます┏●いつも同じ言葉ですがblogで繋がってるんや。と嬉しく思います!┏●さあ今日は お墓参り行って来ます!待っててやお父さん‼‼‼‼我が子連れて行くさかい‼今日も もう始まってる~乗り切るで~‼ヽ(*´∀`)ノ┏●

    たくさん共感されています

    ナチュラリスト~高機能自閉症息子の日焼け笑
  2. 〜シングル母さんのシングルマザー)の古野崎ちち子ですみなさん、いつも「いいね」やコメントありがとうございます!ご自身で数々の困難を乗り越えたり悩みを抱えるご両親やご親戚ご友人の姿をみてきた読者さんのコメントはものすごい説得力がありますね!私が「離婚で悩んでいる」当時にこの言葉を受け取ることができたらどんなにか心強く、揺るぎない気持ちでいられたか。。。みなさんのお言葉、頼もしいなぁ〜といつも思いながら拝見しています今、離婚の渦中にある方ブログコメント欄もぜひご覧下さいねきっと、心に刺さる一節に巡り会えるかと思います!*はじめての方はぜひ! →登場人物紹介  離婚宣言してからの記事をまとめて読めます ↓離婚宣言!のあとで前回の記事↓やっと気づいたほんとうの幸せはじめて読む方へ〜「おまえなんか生理的にきらいだ」と言われた記事はコチラです→★これまで「もっと話がしたい」と伝えても貝のように心を閉ざしてしまう夫→★いつも思いを突っぱねられてきた19年の結婚生活やっと、ここまできてお互いの心の内を、話すことができた私たち夫婦これは、ごく当たり前に良いご夫婦の関係を築いてらっしゃる方からは理解しづらいことでしょうだけど、私の記憶にある中ではこれが最初で最後はじめてお互いの気持ちを見せあうことができた瞬間だったように思いますやっと、今になって少しだけ本当の夫婦に近づけた私たちの会話は続きます。。。まだの方はぜひ!↓すっぽん小町を飲んだ「私のセキララ告白します!」猛暑の冷蔵庫買い替え大作戦!  インスタグラムです→★お気軽にフォローしてくださいね♪本の宣伝本は、まだ完結していませんちち子はまだ離婚できていません深刻な話なのに、読後はなぜだか元気になれるコミックエッセイです弁護士さん監修の離婚に関する法律を解説したコラムつきの本です!ブログにないエピソードも盛りだくさんぜひ、ご覧くださいませ〜↓「りこんみち母さんは覚悟をきめたよ」(双葉社)Amazon在庫薄となっていて、手に入りにくい場合は ↓コチラでも購入できるようです〜https://honto.jp/となりの夫婦シリーズ*山口さんのドケチ夫→★ 関連記事!*「お別れへの旅ー1~17話」すべて→★* 私が離婚決意したきっかけ→★おススメ記事*最果ての町にて〜→★*霊柩車に乗った話→★*この人とはやって行けないと思った日→★*あのとき自分の観た風景が忠実に再現できた記事→★*コマまわりが映画のようにドラマチックな記事→★*ダークファンタジーと超現実の間の記事→★にほんブログ村みなさまのポチっ♪が、更新の励みになります応援よろしくお願いします!!★ 更新情報が〜受け取れます ★いつも「いいね」やコメントありがとうございます!ブログを描く私の原動力となっております!!!みなさまと交流を深めたいのですが、しばらく返信おやすみいたします。ごめんなさい 〜ちち子(ノ_-。)

    たくさん共感されています

    貝のような夫が、口をひらいた
  3. の家族のように笑顔生活できるのかな?仮に私が自分を殺して、なんとかして和解に進んでも、もぅうまくいかないんだろうな、あんなキラキラの笑顔じゃなくって、引きつった仮面をつけて生きていくしかないんだろうなとそんなことを考えてました。トイレに行ったら、洗面で出会った同じ歳くらいのママさんが、私を見て「え!?双子ちゃんですか!?」って明るく声をかけてくれた。切迫早産になってから塞ぎこんで、なんとなく友だちの誰とも連絡取らなくなってたし、誰かと気軽に会話したのは本当に久々だった。「ううん、1人ですよ。そんなに大きいです?笑。今、36週なんですけど、もう3000越えてるからかなー?」もう慣れてて自分では思っていなかったけど、そういえば前から看護師さんにも『大きいよねー』って言われたし、どうやらだいぶ目立つお腹をしているようでした。「あ、違うのか!すごい大きいねー!(自然分娩の場合)臨月なったとこだよね?3000あるの?私、なんか産むまでずーっと妊婦扱いしてもらえないくらいお腹目立たなかったんですよー!あ、私は5日前に産んだんですけどねー。きっと立派な子が出てくるね!でもそれだけお腹大きいと余計に、動くのも大変だし、寝てるのだって辛いよねー。可愛い赤ちゃんが出てくるから、もうちょっとの我慢!頑張ってくださいね✨あ、触らせてもらっていいですか?おーい、元気に出てくるんだよー?がんばれー!」入院して、出産目前、何気ない声かけだったけど、私この方との会話がとっても嬉しくて印象に残ってます。その頃には旦那にも、お腹さわられたこともなかったし。自分も色々あって赤ちゃんに対しての話しかけが疎かになっていて、それも気づかされて反省もしました。それから寝てるのだって辛いそんな風に言って貰ったことがわりと衝撃的でした。寝て過ごせるのは母ちゃんのはおかげは、何度も言って貰ったけれど。笑そして、ついに次の電話で私は旦那に伝えます。私 「○○(旦那)の言うとおり、私、義ご両親にちゃんと謝るね。」旦那「うん、そっか。わかった!」私「………でも。………でもね。……謝ったとしても………もう一緒にはどうしても住めない 。 もう○○市(義実家)に戻りたくない。離婚になっても……かまわない……。私。。。………○○(実家)に帰りたい。泣私、もうお母さんのところに帰りたい。泣」そう。ついに言ってしまいました。限界なんてすでに通り越してた私。ギブアップ。。。5年も結婚してて。もう30歳で。自分も母親になるのに。お母さんのとこに帰りたいなんて。そんなこと口走るなんて思ってなかったけど、素直に辛すぎて言ってしまってました。このとき、来週には子どもを産むのに、これを言ってどういうことになるのか、深いことは考えていませんでした。専業主婦の私がこれを口にだすこと。シングルマザーってどういうことなのか。産まれてくる子どもから父親を取り上げることも含めてです。母親失格って言われるかもしれない。でも負けるかー!とは思えなかった。もう全部から逃げたい。旦那 「……………………………。ほんまにそれでええんやな?知らんで!それでええんやな?俺もう知らんで?」私「…………うん。あなたの両親にはお世話になったのは本当にわかってるから。ちゃんとそれは電話で謝るから。」もちろん義両親に謝りたくないけど。もう正直、全部どうでもよかった。この先、どう転ぶにしても、今 私が謝って全てのことが済むなら、もうそうしようと思ったから。『もうそれは謝ったこと』って、この話を早く終わらせて心を休めたかったんです。旦那「ふーん、わかった」それで旦那との電話を切ったと同時に、囲を決して義両親に謝罪の電話をかけました。でも電話は結局全部無視された。→家にも携帯にもかけてるので気づかないじゃなく、絶対無視でした。そして旦那の差しがねでもなく、これは義両親の意思での無視です。ここで旦那への気持ちを絶ちきって、自分の意思で離婚を決意できていたら、どれだけよかったか。実家に帰りたい、そう旦那には、はっきり言いましたが…。私はまだ旦那が好きでした。そして帝王切開の手術も目前で、私の心は不安でもうパニック寸前。このあと、やっぱり2回ほど旦那にすがることになります。そして旦那の言葉に傷つき、自分を見失っていく…。バカだな~私。続きます

    コメントが盛り上がっています

  4. たんですよね。全然出産に集中できてない。笑そしてメールです↓↓↓【朝早くすみません。おはようございます。 (→朝5時とかやったと思います。)今日、今から診察を受けて、リカバリー室にうつることになりました。昨日の夜に ○○さん(旦那)から聞かれてるかとは思いますが、手術の時間は15時からになりました。自分1人の力で今日までこれたと思っていません。色々ありがとうございました。私切迫早産になってから、ずっと怖かったです。病院に入院してから今度は産むのも怖くなりました。私、義ママに、母親失格あんたは我が身が可愛いんやと言われましたが、本当にそうかもと思っています。欲しい欲しいって言ってやっとできた子どもやのに、こんなに我慢ができず色んなことが怖いのは、自分の心のどこかでペット感覚で欲しいみたいな軽はずみに子どものことを考えていたんやろうか?覚悟が足りてなかったからなんやろうか?だからこんなにも弱気で母親になりきれてないんじゃないか?とか、色んなことをずっと考えていました。情けないことだと思います。でも今日起きたら頭がスッキリしてて、私ただ息子に会いたいです。だめな母親かもですが頑張って産んできます。私のこともう顔も見たくないと思ってはるかもしれはませんが、よかったら子どもの顔見てあげてください。1日保育器に入る予定ですが、4階の新生児室からいつでも見れるそうです。 】多分なんですけど、そんな内容だったと思います。はい、そしてまぁ…。もちろん無視ですよね。まぁそんなもんですよね。それはいいのですが。そうなんです。このとき、私もう気づいたら、最初は絶対許さない!同居は解消だー!って、思ってた義ママに言われた母親失格勧告。いつの間にか完全に受け入れてたんです。あんたなんか母親じゃない(義ママ)母親としての覚悟がないから(旦那)あんたが息子から幸せを奪う(旦那)もうずっとそれが頭をまわってて。そうなんだ。ごめんなさい。私、母親失格なんだ。切迫早産になって赤ちゃんを苦しめてごめんなさい。わがまま言って家族みんなを怒らせてごめんなさい。産まれる前から息子に辛い思いをさせるようにしてしまった。こんなママでごめんなさい。でも私、息子に会いたい。私が生んだ赤ちゃん取りあげないで。もういつの間にか気持ちが 、そればかりになってました。ほんと しつこくそればかり。笑そして手術なので朝から絶食です!7時頃、主治医である院長先生の内診がありました。2.6センチで入院した子宮けい管は、もう1.3センチまで短くなっていました。※絶対 病院でも泣きじゃくったせいで、お腹はったんだと思います。息子ごめんよ。主治医「わー、ギリギリやな!危なかったねー!何とか、もったねー。Makeyさんほんとに今日までよく頑張ったね~。Makeyさんは、予定日を決めたときも早くして欲しいって言いはったし、今回の入院のこともやし…。(※予定日の決定は、切迫早産になる前でしたが、友だちに早産の人が多くて、本当になんとなく…なるべく早い日にちを予定日にして欲しいってお願いして、言われた日の1週間早い日に手術を無理くりねじ込んでもらってました。)あのね、母親の勘ていうのはね、時に医者の判断なんかよりよっぽど当てになるんですよ。笑だからMakeyさんが予定日早めたいって言った時に、僕も じゃぁそうしないと駄目やなって思ったんだよね。笑赤ちゃんは お母さんにテレパシー送れるから。そしたら、や~っぱり赤ちゃんの声、しっかり聞こえてたんやね~。さすがお母さんですね。年末も病院に来てくれてよかった。それで、もう今日、赤ちゃんに会えるんやけどね。手術時間まで まだ7時間くらいあるからね。やっぱり直前まで点滴抜くのやめましょう。笑危ないから。傷も水着着れるくらい綺麗に縫ってあげるから、一緒に頑張りましょうね!」なんか呆然としてしまいました。私が?赤ちゃんの声が聞こえた??先生そんなわけないです…。切迫早産になってるんだから、もうそこで母親失格なんです。私、母親として出来損ないなんです。せっかく来てくれる赤ちゃんに申し訳ない…。このとき、この言葉ですぐに浮上することはできなかったのですが…。それでも…。後に、この院長先生にかけて貰った言葉ひとつひとつが、どれだけ私の心の支えになったことか。そして、お腹の中で最後の方、永遠と私の弱音を聞かされ続けた息子『うん、もうわかったから!それ何度も聞いた!ママしつこいから!』さぞ迷惑だったかと思います……笑もうすぐ産まれまーす

    コメントが盛り上がっています

  5. て、もう一度始まっ離婚届の話そして、もう一度すがる私です。なんでこんなに旦那にすがってしまったんだろうって、後になると思うんですけどね諦めきれなかったんですね。妊娠したときに思い描いた幸せな家族と、大好きな旦那のことを。息子に会って余計に!!元々ずっとバランスはもうおかしかったんでしょうけど、私にしたら自分が切迫早産になってしまってから突然全てが変わってしまったと思ってましたつづきです!旦那「さっきの話やけど。とにかく離婚届け早いほうがいいから。持ってくるから早く書いてほしい。」私「………待って。…待って…ごめんなさい。出産前いろいろ言ってしまってごめんなさい。離婚で構わないから実家に帰りたいって言ってしまって …。」旦那「遅いで。もう無理。」私「…………。ごめんなさい 、許して…。」旦那「もう無理やから。」私「……もう嫌いでどうしても無理になったってこと?」旦那「そっちが離婚で構わんって言い出したんやろうが!!」私「……それはごめんなさい。ほんとにごめんなさい。色々私がいけなかったのはわかってるの。私がワガママで同居ちゃんとできなかったけど。私はまだあなたと家族でいたい。赤ちゃんと3人で暮らしたい。」旦那「何度も言ってるけど、3人で暮らすんは無理やでって。なんであの時、子どもの為にうちの親に頭下げようと思われへんかったわけ?それができんかったわけ?離婚はあんたが望んだことやろ。こっちは望み通りにしてやってるんや。俺は捨てられたと思ってるから…。」私「そんな私が捨てるやなんて…。ごめんなさい。泣…あ、あの。ちょっとごめんなさい。横にならせて。話中に態度悪いけど、痛くて…。」向こうには同情引こうと言ったと思われたかもしれんけど、、、ほんとに痛いから!!!今になって思う。あれ病院。帝王切開2日目。なんで横になるのに旦那に謝って断りを入れないとアカンの労って欲しいとかじゃなく。私は夫やと思って必死になってたんですが、もう夫じゃないんですよね…この時にはすでに。そんなことにも気づいてなかったです。傷も心もダブルで痛くて最悪です脱線しました私がリクライニングにもたれ掛かって半分身体を倒したけど、旦那気にせず続ける。旦那「とにかく終わりやから。もちろん情はあるし、俺は別に嫌いになったわけではないけど。」俺が捨てられた。俺は嫌いになったわけじゃない。子どもの為に頭下げられへんかったわけ?この時、その言葉に私が全て悪かったんやと、これは自分で招いた結末やったんやって思いました。わがままやったんや。こんなに一生懸命働いてくれた旦那さんに寄り添って欲しいって文句を言ったから。※切迫早産なってから帰りにパチンコ寄らないで早く帰ってほしいと言いました。笑この人以外、私には誰もいないのに!!この人は赤ちゃんのパパなのに!私が自分勝手な言動をしたせいで全てを失ってしまった。赤ちゃんの安定した将来も奪ってしまった。※旦那に言われた言葉なのに、いつのまにか自分の思いにすり変わってました。笑なんか悲劇のヒロインっぽく聞こえたらすみません。笑前にコメントで、切迫早産の妊婦をたてにして甘えてると、そうご指摘受けたりしたので…。ほんまに実際、私が甘えすぎてて全て悪かったかもしれませんし。こんな自分可哀想みたいな文章で不快に聞こえたりしたらすみません。笑ただ、産前産後で頭ほんまにパニックでしたし、大袈裟でなく素直にこの時感じてる気持ちですから。あの時の気持ちをちゃんと忠実に書いてますすると、その時、出てった義パパが一瞬、病室のドアを開けて顔だします。義パパ「まだか?もう帰ろうや。」旦那「あ!うん!ごめんな!待たせて。すぐ行くわ!(義パパがドアを閉めた後、私を見て)……もう帰るわ。もう2度と来ない。もう会うことはないから。出るつもりないから電話もかけてくるな。離婚に関することで用事あるならメールしてくれ。離婚のことなら返事返す。帰るわ。じゃぁね。 」私「待って!!!」病室に来てから淡々と冷酷に話してた旦那の顔つきが変わり声を荒げだす。旦那「待たへんわ!!まだ俺を自分の思い通りにしようとする気なんか!まだうちの親に迷惑かけようとするんか!ずっと車で待ってくれてるんや!どこまで自分の思い通りにしないと気がすまへんねん。あんたが引っ掻き回したせいでうちの家はめちゃくちゃや!!もういい加減にしてくれ。俺はもう行くから!!」いまになると、うちの家がめちゃくちゃは何を意味してたか気になって仕方ないです。笑親に精神的に負担をかけた?引っ越しのせいで家具配置とか今までの暮らしが変わった?私が引っ掻き回したって…なんか知りませんけど、もしそうだとしても…あんたが選んだ嫁を、あんたが連れて帰って、放置したから招いた結果でしょ。知りませんがな書ききれません、続きます

    コメントが盛り上がっています