総合ブログランキング

みんなが見ている注目記事

  1. 母のDNA
  2. ここのところ、姉と連絡を密に取るようになって姉の苦労を知った。母の財力にたかるパラサイトだと思っていたら、姉は姉で母の呪縛に苦しんでいた。先程、母の人間ドックが終わり、姉のマンションに連れ帰った。検査は重篤な病状は見られず、母の乳房や子宮は私より健常だった。泣き喚き騒いで嫌がった人間ドックの結果に「80歳にしては上出来でしょう?」と母は開き直り。次女からのプレゼントも、母はころころと声を立てて笑い喜んでいた。姉も急遽、休みを取り人間ドックに同行してくれた。病院を出てマンションに着くと、朝、目が覚めなかった事を母が話し出した。母「この目覚し時計は小さな音しか鳴らないの。もっと大きな音が出るようにして。」音量はMAX。これ以上は大きくならず電池交換をして鳴らしてみると、十分けたたましく鳴リ響いた。姉「これより大きく鳴ったら、近所迷惑だから補聴器を買って。」と言った。すると母は顔を曇らせ「私、家(自宅)に帰りたい。もう80歳にもなって我慢して生きるのはイヤ」と泣き出した。横目で見ると、姉の手はカタカタと震え天井を見上げ動かない。母は捲し立てるように姉の悪口を並べ立てた。今日、姉が付き添ってやる事は無かったけれど、休みは取りづらかっただろうに。まりも「お母さんが不満を持つように、お姉ちゃんだって不満はある筈だよ。一人になりたくて、家を出たのだから。」母「私は出資してやって、自由にさせてるじゃないの。」まりも「ここにいるとお姉ちゃんとお母さんはずっと親と子供で、お母さんの言う事を聞かなきゃならないのわかる?お姉ちゃんだって53歳の一人の大人なの。それなのに何時までに帰れとか、お母さんが縛り付けてるのわからないの?」姉の手はずっと膝の上に置かれ、震えていた。母「ああ、私が全部悪いんでしょ?海に飛び込んで死んでやるから!」まりも「それが周りに迷惑を掛けているとわからないの!?」私は怒鳴っていた。母「怖い人!!早くガンで死ね!!帰って!!」母はベッドに横たわり泣き潰れた。姉は挙動不審になり、過呼吸を起こし始めた。姉の母への恐怖心が起きた時の、昔から変わらない症状を久しぶりに見た。タオルを口に当て、応急処置をしても暫くたっても震えが止まらない。姉が「まりもは帰りな。私は大丈夫だから。」と苦しそうに声を出した。母は「そうやって、私を悪者にすれば良いのよ!」と泣き喚いていた。検査結果が良くて、こんなに残念だと思った事は無い。母の首元に手が延び、引っ叩きたかった。母に絶望と殺意を感じた。姉と母をこのままにしておいたら、姉はいつか死んでしまう。母なんか、いなくなってしまえ。母が生きているだけで、父も姉も不幸になっている。

    たくさん共感されています

    毒母から生まれ堕ちて
  3. ご訪問ありがとうございます。昨日は、どうも朝からなんとな~く体調が良くなくて……だのにさ。夫が「プール行くべ!プールが一番!なっ?次女。んだべ?三女。」と、けしかけるもんだから。二人とも、その気になって、三女は「プール!プールー!」と、行く気満々。次女なんか、あっという間に水着を着て、その上に服着てるし……言えない。「なんとなく体調が……」なんて、言えないよ。(〃´o`)=3そんな感じで、やってきたプール。頑張らなきゃ!💦と、意気込む私。なんだか楽しくない……小一時間で、プールから上がりホッとしたところに来た。パニック発作ヤバい。息が苦しくなってきた……落ち着いて。落ち着いて。吐く方を長くして。ヒッ、フーフー(ラマーズ法か)だめだ。立ってられない。プールサイドのチェアに座り少し休憩……子供たち、戸惑ってるよ。いつもの私じゃないから。(そりゃそうだ)夫も心配そうに?チェアに座る。なんとしても、更衣室にこの子たちを連れていって、着替えさせないと永遠に帰れない!!もう、気力をふりしぼってゼーハーゼーハーよ。やっとこさ帰宅して、そこからは、布団でバタンキューまぁ、でも良かったよ。なんとかプールをこなした後でさ。少し寝たら復活よ!!復活の意志表示に、最近流行りのハンドクラップダンスをやってみたりしたら夫が、「やめて~!頼むから。少しは自分を省みることもしてっ」……と、止められました。ちぇっ(確かに 苦しかったけど。笑)↑2週間で10kg痩せる?スゴいね。そんなに?一日の中、どんだけやれば その通りになるんだろう……(遠い目)そう言えば長女は1ヶ月で6kgやせたって。あ、このダンスではなくて。プチ断食と、糖質カットとか?なんでも、婦人科で「妊娠したいのならもう少し体重を落とした方がいい。」って言われたそう。それで6kg痩せるって、スゲー今回は、かなりの意志ですな。まぁ、長女もね。年だし。笑アラサーも、終盤の年。本気になって、体質改善?していわゆる 妊活だね~。ワタシ的にはさ。もう、孫ちゃんが一人いるし。しかも、長女は前回のときツワリがきつい上に、早産で入院して大変なお産だったから……(正直、私も大変だったし。)もう、いいんじゃない?なんて思ってもいるんだけど。やっぱ、旦那さんのほうはそうではないよね~ねぇ、ツワリって相手が変わると、様子も違うの?なるべく楽な妊婦ライフを送って欲しいからね……ツワリ、軽いといいな。ちなみに、義母はツワリはまったくなかったって。「ツワリなんて病気じゃない。要は、気持ちの問題。具合悪いと思うから、そうなるんだ。気をしっかり持ちなさい!」と、典型的な意地悪姑のセリフ。パニック発作も、そうだけど……自分で自分の体調不良をコントロールできたら世の中に、病気なんてひとつもなくなるわっ!てかさ。義母って丈夫すぎ。ホント、病気知らず。そこだけは、スゴい!!義母の兄妹みんな、長生き。はあ~~……………この調子だと、まだ30年生きるな。きっとさ。義母は今の一人暮らし生活に満足してる。こんな本もあるけどさ。↓老後はひとり暮らしが幸せ1,540円Amazonこの本のレビューを読むと、そうか……対人関係が最大のストレス。自由きままに、一人で暮らすのが一番ラクな生き方、ねぇ……でもね。それってさ。あくまでも、本人は幸せ。それを支える周囲の人間のストレスは?アゴで使われる周囲の人間のストレスは?ねぇ!いったり来たりに時間かかって大変なんすけど。ねぇ!作者っ!💭まぁ、でもやっぱり同居よりはまだマシか。笑(さんざん言っといて)ダラダラと長くなっちゃってスミマセン!!それでは皆さま素敵な日曜日をお過ごし下さいね♥️にほんブログ村

    たくさん共感されています

    パニック発作 &「老後は一人暮らしが幸せ」って
  4. 母が亡くなってから3日後ありがたく雨が止んでいました夕方葬儀屋さんが母を迎えに来ました実家には叔母達が集まっていました叔母が父にハモニカが上手いんやってね私らも聞いてみたいわ最後に◯ちゃんに聴かせてあげてと言うと、言い訳をしながらも早速ハモニカを出してきて父が吹き始めました   サービス精神などほぼ無いに等しい不器用な父が人前でハモニカを披露しました母へのセレナーデ?しばし単独ライブに葬儀屋の方々も静かに耳を傾けてくれました私達が悩んだ末選んだのは、家族葬でした。一般には知らせずその名の通り親族のみでしめやかに行います   せめて親族の中では制限せず会いたい人に会わせてやってほしいという、叔母の意見を尊重して人数は制限せず。父方の親戚は高齢で体調が悪かったり連絡が取れなかった人もいて通夜に参列してくれたのはたった二人だけでしたが母方の親戚は沢山来てくれました 全員で40人以上になるので一般葬の会場を使ったのもありイメージより十分立派なものになりました祭壇の可愛い花々に囲まれた母とピンクの熊がみんな来てくれてありがとうと言っているようで‥まずは会場の雰囲気にホッとした私達です通夜に来てくれた小学三年生になる従姉妹の子供が来るなり泣いていました小学校の入学式に母がお祝いをあげたいからと私の家に来てもらった事がありますがこの子とは母はもっと小さい頃からよく会っていた様で亡くなった母がかわいそうだと言って泣いてくれました2017.4月お経を聴きながら私はずっと元気だった頃の遺影の母を見ていました姉が気丈に喪主の挨拶をして締めくくり通夜は無事終わりました部屋を変えて軽食を取ってもらいましたが若い子が沢山いて物足りなさそう私も旦那も買い出しに行ってテーブルはピザや買い足した料理でパーティの様に‥母は賑やかなのが好き。ワイワイガヤガヤと遠慮せず飲んで食べてくれる方が供養になりますみんなが一旦帰って行き今夜は会場の隣の控え室に父と姉と三人で泊まる事に。勿論母も一緒。久しぶりに親子四人同じ部屋で寝ます小学生以来だな‥父が疲れたのか畳の上で横になりました布団の上で寝るよう促しても頑なに拒む頑固ジジィ父さん夜中の3時姉が明日の分の挨拶の練習をしていますそれまで二人で挨拶文を考えていましたもうそろそろ寝んと明日に響くでそう言って横になっている私もあまり寝付けず‥姉と私の布団の間にスマホを置いてYouTubeで眠れそうな音楽を鳴らしました姉も父も喪服のまま横になっています静かな癒しの曲を流していると少しウトウト‥へぇこれってスコットランドの民謡なんだ隣を見ると姉が喪服のまま眠ったようです姉の寝顔が母に似ていてハッとしましたやっぱり血を分けた娘なんだなじっと見ていると泣けてくるので次々流れる歌を消して寝る事にしました明日で母ともお別れ。ゆっくり一緒にいる事ができたけど目が丸く落ち窪んできて母ではないみたい。本当に死んでしまったんだなこれは抜け殻なんだと思いましたあと一日。姉ちゃん、父さん、がんばろ。令和二年一月十五日 母の通夜にて読んでいただきありがとうございますにほんブログ村

    たくさん共感されています

    家族葬の通夜