みんなが見ている注目記事

  1. る事になった。肝心認知症の話は、どうやら自分からはしないで終わらせたよう。「コレステロールに思い当たる事は?」と聞かれ、義母はこう答えたそう。義母「寝る前にチューハイとスルメとか塩辛食べて寝るとね、良く眠れるのよ。イカならカロリー低いでしょ?」医師「イカはカロリーは低いですが、コレステロールも高いですし塩辛は塩分も多いので、血圧が上がりますから避けて下さい。」「先生、私はもう80歳よ。もういつ逝っても良いのよ。」「いつ逝っても良いなら、病院に来る意味が無いですね。」義母は先生を怒らせてしまったと笑っていた。日々、緊急のオペばかり執刀する医師として、いつ逝っても良いなんて聞かされたら腹が立ったのだろう。ましてや、自分の手で救った命。コレステロールが、カロリーがと言われた直後に病院のコンビニで、サラダチキンを三つ買って帰ったと。意味がわかっていないのかも。「お父さんの仏壇にね、良い時に逝ったわねって話してるねよ。今年だったら、まりもちゃんたち来れなかったし、最期の入院も出来なかったでしょ?私じゃベッド借りたり、酸素ボンベも借りられなかったもの。まりもちゃんには、感謝しているのよ。」義父が間質性肺炎で亡くなって、間もなく一年。義母の初めての御礼の言葉だった。確かに今年だったら、呼吸器内科は義父を拒否していたかも。酸素発生装置も貸して貰えなかったかもしれない。主人とも義父の看取り介護が今年だったら、手も足も出なかったと話していた。 あれから一年、やっと御礼の言葉を貰った。義母は、その一言の使い方がおかしい。

    たくさん共感されています

    その一言が
  2. ふだん実母の病気や入院生活、自宅介護などについてつづっております。ただいま母はリハビリ病院に入院、面会禁止中です↓脳出血の母 日々のキロク↓←救急搬送&急性期病院の話 最初から←リハビリ病院の話 最初から  ↓脳梗塞編 日々のキロク↓←救急搬送・急性期病院にて 最初から←脳梗塞で再びリハビリ病院へ←前の話回復期リハビリテーション病棟にて、脳梗塞後のリハビリをしている母。先月上旬に、いちど心不全のために転院し、下旬から再入院しています。本日も病院は感染症対策のため、面会禁止。午後から洗濯物を取りに行ってきます病棟への連絡ついでに、母の様子について訊ねてみました。担当の看護師さんが不在だったので足のむくみの状態などはわかりませんでしたが……懸念されていた心不全の方も問題なし。食事は自分で食べられている。よかったよかった詳しくはまた見計らって連絡してみたいと思います。「忙しいかな」と思うと、なかなか電話をかけづらいですよね親切&丁寧に応対してくれるのですけど。それと、母の退院日はゴールデンウィーク明けにしてもらいたいという要望も伝えました。今回の再入院の際に、主治医から「ひと月くらいで退院」と話があったので。先日、ケアマネさんとは日程の相談済。後日、担当者からご連絡をいただけるとのことでした面会できないので、いまどういう状態なのかが実感できず歯がゆい部分もありますが。まあ、しゃーないですね。そういえば。このたびの再入院時にあの書類の再提出は言われてないなあ……これもまたあとで確認しておいた方がいいかな?「急変時・終末期の同意書」ね。急性期病院入院時にも同様の確認をされました。「もし容体が急変したら、人工呼吸器等の延命措置をしますか?」という問い。父の意向は「延命措置はしなくていいだろ……」ということ。わたしも同意です。いまのリハビリ病院の同意書では点滴など最低限のことはするが人工呼吸器はしない、という項目にチェックを入れておきました。この同意書を渡されたとき、看護師さんはカーテンの外にわたしを呼び、母に聞こえないように声を潜めて配慮してくれたのですが……用紙を持って母の方へ向くと、「なに?」と聞いてきました。母は失語症でほとんど話せませんが、こちらの言っていることはだいたい理解できるようなので、母にも確認をしました。「この書類は、お母さんの心臓がとまりそうになったとき、延命しますか?って確認するものだよ。意識がなくなったとき、管を入れたりしても生かしてほしい?」脳疾患を患う前。母は「そういう状態」になったら無理に生きたくないと話していました。「あ~(はいはい)」母はわたしの質問の意味が分かったようで、うなずいた後「しなくていい」という風に、動く方の手を左右に振りました。「まあ、まだお母さんはそうなったりはしないだろうけどね」と軽口をたたくわたし。でもなんとなく。母はもうそれほど長生きはしないかもなあ、と思っています。母のいちばん上の姉は(母は4人姉妹の末っ子)、91歳で亡くなりましたが、それに近づくことは難しいかも……といっても今年81歳ですからねいくつかの病気を抱えているわりにはすでに長生きかも。ちなみに、女性の平均寿命は87歳。男性は81歳。願わくば。母には、ごはんを食べた後、おなかいっぱいになって居眠りでもしている最中に老衰で……のようなふだんの暮らしの中でおわりを迎えて欲しいかな。↑わたしが考える最高のぽっくり。満腹&昼寝。それまで、もっともっと美味しいものを食べさせてあげたいものです自宅に帰れば父のかぼちゃ攻撃も始まるけど……人気ブログランキング

    たくさん共感されています

    リハビリ病院の母。急変時の同意書 の巻
  3. あーちゃんの住むホームでは、週に2回の入浴日があり、入浴している間にその人の部屋にある洗濯物が回収されるというシステムになっている。だから、お風呂で着替えた洗濯物は空っぽになった洗濯カゴに入れることになる。つまり、お風呂は午前中に入るので午後にはお風呂で着替えた洗濯物だけが部屋の洗濯カゴに入っているはずである。しかし、入浴日の午後、なーにゃんがあーちゃんに電話をするとと言われた。まあ凄い!乾燥機の使い方覚えたのね!…ではなくて。と、なーにゃんが言うと、「でも1枚しか洗濯物がなかったから!」と言うあーちゃん。いや待てよ、カットソー1枚しかないのは変じゃない⁉︎じゃあ、その洗濯物はどこへ行ったというのだ?しかし着替えたと言い張るあーちゃん。百歩譲って1日くらい着替えてなくったって、まあ良い。だけど…お風呂の時ですら着替えないのに、いつもちゃんと着替えているとはとても思えない…。以前に着替えの手伝いをホームにお願いしたのだけれど、あーちゃんの抵抗が激しくてしてもらえていないみたいなの。だから、面会禁止前はなーにゃんとワフウフが行くたびに着替えを用意して置いておくようにしていた。それでも着替えていない事がしょっちゅうあったんだよね。今はそれが出来ないし、ホームはおそらく着替え補助拒否のあーちゃんには何もしてくれていないと思う。…てことはさ、やっぱりさ…………面会禁止になってから、何回着替えたんだろうな…通院の日はなーにゃんの家でお風呂に入ったから、2回は着替えたよな。でも他の日はきっと…お願いだから大のお漏らししたままのおパンツをずーっと履いていたりしませんように。あーちゃんの汚パンツ姿をせめて芸術的な感じで描いてみたよ。にほんブログ村

    たくさん共感されています

    想像したくない
  4. ご訪問ありがとうございます。昨日の安倍首相の会見だと老人などの福祉施設は感染防止に気をつけつつ、そのまま継続して良い、とのことで。おそらく 障害者施設も大丈夫よね?とりあえずはホッとしました……💭ただ、朝の登所の時点で必ず検温をしてくるようにと、次女・三女それぞれの施設から伝えられましたので、はりきって検温させて頂きます!……ただ。我が家の体温計、本当に正しく計れてる?と疑惑がわき起こる。コイツで計るとよく出る体温が35.6℃。次女を計っても35.6℃。三女を計っても35.6℃。で、夫が自分で計っても35.6℃……これ、ダメじゃね?あー、新しい体温計、欲しいな。どうせなら、おでこにピッとやってすぐに計れるヤツ。便利そう。↓送料無料 在庫豊富 短納期 高精度 非接触式 赤外線センサー 非接触型体温計 1秒で測定 体温計 学校、企業、商店、地下鉄、バスなど 赤外線温度計7,200円楽天うーん…値段も良いね…💧これでも、安いほう。や、やっぱり、脇で計るタイプでもいいかな~?笑思えば、昔の水銀式?の体温計は計るのに時間がかかったよね~あれに比べりゃ、なんでもマシ。あー、でもさ。夫の学校でも毎朝、生徒の体温を計ることになって。それに伴って、やっぱりこの、オデコにピッの体温計を買ったんだって。でも、どうやら このタイプ。外の、風の吹くような状況下だときちんと計れないらしい。ピューと風吹くと、一気に温度が下がるんだってよ?だから、いったん教室に戻ってから計ることになりそうなんだけど……なんか、それだと万が一、感染していて熱が出ている生徒がいたとして…その子を校内に入れてしまったらヤバいのでは?な~んて、余計な御世話か。それにしても、どこでも検温検温って……そればっか。でもさ。感染しても無症状の人もいるって話だけど…あっ 考えると キリがないね!笑まあ、お互いに手洗い、うがい、三密ダメ、に気をつけるしか ないかな?それでは皆さまそれでも明るく過ごしましょうね! うん。デカイね。笑にほんブログ村

    たくさん共感されています

    オデコでピッ の体温計の弱点