みんなが見ている注目記事

  1. 【ご報告】無事生まれました!!
  2. マだけの漫画、中心赤ちゃんが涙をポロポロと零し宙に手を伸ばしている。その上から赤ちゃんを抱きあげようとする小さな手が伸びていた。白い光の中、数人の子供が赤ちゃんを迎え入れるようなイメージが膨らんだ。顔はふっくらとして似ていないけど、赤ちゃんはよしきだと思った。よしきをお迎えに来てくれた子たち。とても温かい気持ちになった。私「フフ…。」自分の笑う声で目が覚めた。お腹を触り、よしきがいないことを確かめた。本当に失ったんだ。辛すぎる現実に涙が溢れた。絵に描いたような夢、こんなに都合の良いものを見てしまった自分を激しく嫌悪した。自分で殺したんじゃないか…。罪悪感の声がして、胸が抉れたように痛んだ。そういえば体中が痛い。筋肉痛のような痛みを全身に感じた。よしきを握りしめた左手、点滴が刺さっていたせいもあってか、簡単に持ち上がらなくなっていた。入院着から私服に着替え、荷物の整理をした。昨日手続きで見せられた死産証明。何も残っていないことを思い出し、事務の方にお願いしてコピーを貰った。「経済的理由」と記載が無いことに、妙に安心した。母子手帳の記入欄をお願いすると、また次の診察で頼むように言われた。診察があるのかと思っていたけど、昨日もう1度見られたナプキンの出血量で大丈夫だと判断された。朝食後、そのまま退院となった。夫は近くのホテルに泊まっていたため、お迎えに来てもらった。4日ぶりとは思えない程久しぶりに感じた夫。夫「お疲れ。」荷物を持ってくれる目の前にいる夫に安心し、街中にも関わらず泣きながら歩いた。帰り道、コンビニに寄ってエクレアを食べた。妊娠中食べられなかったものを、これから沢山食べよう。車内では入院中のことや、夫が自分でも驚く程ショックを受けたこと、よしきの体重がサヨナラ(347)gだったこと、NIPTの結果でよしきが男の子だと知った時、長男よりも運動神経が良いかもしれないと思ったこと、よしきの話題で持ちきりだった。私にとって、とても癒される時間だった。自宅に着いて、また悲しみが蘇った。このソファに座る時、よしきが無事に産まれてくることを信じていた。このテーブルで食事する時、よしきに少しでも良い栄養を取りたいと思っていた。このベッドで眠る時、よしきが明日も生きているように願っていた。よしきと生きていた時間が遠くて夢のようで、もう届かなくなってしまったことを実感し、家中で号泣した。夜、義実家から夫が長男を連れ帰ってきた。長男は嬉しそうに、はにかんでいた。長男「ママ、大丈夫?」心配そうに抱き着いてきた。私「大丈夫だよ。ママがいない間よく頑張ったね。」ダメだ。泣けてくる。涙ぐみながら長男の頬を撫でた。温かい。柔らかい。長「泣いてるの?」私の顔をじっとのぞき込む。私「泣いちゃった。会えて嬉しい。病院で寂しかったんだもん。長男君も寂しかった?」少し茶化した。長「すこーしだけね。」いつもお腹を撫でて「おやすみ」を言っていた長男。ついお腹を触ろうとして、手を引っ込めた。もう、いないんだ。胸が痛くて、喪失感で壊れそうだった。

    退院
  3. 年生。44歳8カ月妊娠発覚、コロナで会社はほぼ休業中。今日は2回目の産科。スクスク育ってます。イクラちゃんだったけど、今日は心臓確認、17mmちゃん。12年前は無痛分娩なかったけど、今はあるのねー。大々的にポスター貼ってた。友人は昔、無痛分娩の為に外国で出産してたな。やりたいやりたいやりたいよー膣の痛みは耐えられるの。ただの外傷の痛み。陣痛が耐えられませーん。小人達に大きな、錆びた、鋭利じゃない、木のでかいクイを何本も何本も背骨にゆ〜くりゆ〜くり少しずつ時には激しくサイコパスな小人達に打たれる感じ…ぎぇー思い出すと恐ろしやーお腹切って下さい❗️って頼んだもん。頑張んなさい!って断られたけど。 でもお値段10万円年収160万減の家庭には厳しいわ。どーせ私さえ24時間位ガマンすればいいんでしょ。でも産後の回復早いのも魅力。3人目は育休取らず、産休のみで仕事復帰しないと、でも金がなーい!金、金、金、全く思ってなかったけど、今まで家族4人で裕福な暮らしだったわ。海外旅行や、外食や、好きな物も買えたし、今初めて思ったけど。失うと気付くね。学費予算計画、子供2人分だったからなーもう1人分、捻出しないと。母子手帳入手前だから、今日の検診6,110円たっかーい! (>人<;)こんな事なら、母子手帳余裕で貰える時期に病院行けば良かったわ。でもNIPT検査の予約で焦ってたし。来年5月予定日なのに、もう入院説明長々とされるし。60-70万ですって?12年前より高くね?補助金42万じゃ足りないねー(前よりは上がってけど)政治家さん、出産費用何とかしてー

  4. 婚活連載記事はこち妊娠が分かってからほどなくして最寄りの区役所に母子手帳を受け取りに行ったのですがそこでマタニティマークのストラップをもらいました。ついに私もこれをもらう日が来たのか‥と思うと、なんだか不思議な気持ちでした。このマタニティマーク。そもそもいつ出来たんだろう?と素朴な疑問が湧き調べてみたところ‥厚生労働省が商登録を行っていて、妊婦さんにも優しい環境づくりを目指して2006年に作られたのだとか。厚生労働省のHPでは、マタニティマークは以下のように定義されています。・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。・さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。で、ここにきて素朴すぎる疑問。マタニティマークいつからつけよう??‥というか、そもそもこれつける必要あるのかな?というのも、このマタニティマーク。電車やバスで席を譲ってもらったり周りに配慮してもらえることがあると聞く一方で「席を譲れと強要されているようで嫌だ」「他にも気分が優れない人や病気の人は たくさんいるのに、なぜ妊婦だけ 優遇されるのか‥妊娠は病気じゃない」なんて意見も目にしますし マタニティマークをつけていたら、お腹を蹴られた、身体を押されたなんて怖すぎる話も聞きます‥もちろんそんな人僅かなんでしょうけどそう考えると、マタニティマークをつける意味があるのか疑問に思ってしまいます。私のように悪阻もなくこれまでと変わらない日常生活を送っている妊娠初期の妊婦の場合、少なくとも現段階では特別な配慮は必要じゃありませんし。とゆーか、今の状況で周りに気を遣わせてしまうとむしろ申し訳なく感じてしまう。。それに、マタニティマークをつけてて嫌な目に合ったりしたら余計につけなきゃよかったと思いそうそんなわけで、今のところ使いどころがよく分からないのでつけてません。まぁ、急に気持ち悪くなったりして周りの助けが必要になるかもしれないからいざという時に使えるように持ち歩いていてもいいのかもしれませんが。個人的には、お腹が大きくなってきたら誰の目にも妊娠していることは明らかなわけだし妊娠後期に入ったとしても、つける意味はあまりないのかなーと思ってます。ちなみに、マタニティマークについて調べてみたら、こんなマークを発見スマート・マタニティマーク(写真はお借りしています)電車で立っているのが辛い妊婦さんと、席を譲りたいと思っているサポーターをマッチングするサービスで妊婦さんがキーホルダーに内蔵してあるスイッチをを押すと、アプリをインストールしている周囲のサポーターのスマホに通知が届き、サポーターが席を譲りたい意志を表示すると、妊婦さんのキーホルダーが光る、という仕組みになんだとか。そういや、少し前に話題になってましたねほんと、色んなサービス・仕組みがありますね〜理想的には、こんな仕組みなどなくても自然と譲り合い、助け合いが生まれる世の中だといいと思いますが混み合った電車で毎日通勤しなきゃいけない妊婦さんなんかの場合は、こんな仕組みがあれば助かるんでしょうね。最近やたらとグレープフルーツを食べているのですが、ついに食べるだけでは飽き足らず‥アロマオイルも買っちゃいました。爽やかな香りに癒されます。※妊娠中のアロマは医師に確認の上、 使用して下さいね。(私も確認済です)無印良品 エッセンシャルオイル グレープフルーツ 10mlAmazon(アマゾン)990円私はアロマディフューザーも持ってますが管理が面倒なので、最近はもっぱらこちらを使ってます。ただオイルを垂らすだけw私のようなズボラ人間にはおすすめです一時期品薄だったようですが今は買えます!!無印良品 アロマストーン 皿付・白 02868284Amazon(アマゾン)1,740円無印では、マタニティ用のパンツも買いました。お腹部分がゆったりしていて、ひとつあると安心です無印良品 カジュアルパンツ オーガニックコットンスーパーストレッチデニムスキニー ボタン外付 マタニティ レディース ネイビー SAmazon(アマゾン)3,990円ついでにフォローもして頂けると喜びます( *´艸`)

    コメントが盛り上がっています

    マタニティマーク、いつから使う?
  5. 辛く、そして感動的息子の誕生からまもなく1か月が経ちますまあ…お話したいことは沢山ありますよね少し慣れてきたのでブログを書くことができています笑笑先週末あたりまでは夜中しんどくて息子の前で泣いてましたでも少しずつ慣れて余裕が出てきたと同時に、息子の急成長も見られて、日に日に愛しさが増してきています多分かなりウザいぐらいホッペにチューしたり、顔スリスリしたり、、自分がこんなになるとは思いませんでした再来週には旦那も来て息子とやっと初対面をし、お宮参りを終え、4か月近くに渡る里帰りが終了して東京へ戻り、3人での生活が始まります高齢の両親とも久しぶりに生活できて良かったな〜、なんて考えたら泣きそうになってきましたということで、、余裕があればブログも続けたいと思います妊娠出産されたタレントさん達の産前産後の様子のブログも毎日見ては参考にしていますが、、色々ベビーグッズも出てくるので欲しくなってネットでポチポチしてたら支払いが大変な事に…友達にも言われましたが、"産前に買いすぎない方がいいよ"その通りです必要になればネットで翌日には届く時代…皆様も買いすぎにはお気をつけ下さいブログに関して、元々は、こんな言い方すると何様だと思われるかもしれませんが、、★超高齢(44歳)★肥満★元 喫煙者★AMH0.55(41歳当時)★子宮筋腫あり★高血圧★人間ドックで血糖値とコレステロールを指摘されるetcこんな私と50代半ばになる旦那との間に子供ができた、という奇跡…こんな私達でも授かることができたので、もし同じような境遇の方がいて、参考にしていただけたら幸いだと思い、ブログ始めましたその奇跡をもう一度、息子に兄弟を作ってあげられたら、と来年の今頃には痛みも忘れて45歳で2人妊活を目指しているかもしれません