みんなが見ている注目記事

  1. 月曜日、私は自分宅の買い物と義母用の為の買い出しに行った。夫は仕事、本当は子供を連れてスーパーに行くと白い目で見られるのは分っているが、預けられない現状、仕方がない。出来るだけ人混みを避けるため、開店前に並んで買い物に行く。それでも入店するまでには15分ほど並ぶ。義母には「週1しか買い物に行きたくありませんから、そのつもりで要るものを多めに言って下さい。若い私達でも感染悪化リスクはあるとニュースで見たでしょう?多めに買って冷凍するなりを考慮してリストを作って下さいね」と言っておいた。がしかし・・頼んで来るのは板チョコやポテトチップスで、野菜も何も無く、肉は「肉屋からラムチョップをお願い。パック詰めは嫌なのよ」とこの時期、スーパー内の肉屋カウンターさえ閉まっている現状を知らない義母の注文があった。タバコも1日置きに「買って来て」と言うので、200本入りの1カートンを買っておいた。「こんなに吸わないわ!!」と言うが、20本を2日で吸ってしまうから1日置きに「買って来い」というわけで、ならば200本あっても良いはず。こっちだって1日置きにたった1パックのタバコを買いに行きたくない。私は牛乳4リットル、パンも倍量、板チョコ(1枚300g)は1枚と言っていたが10枚買った。他にもソーセージを4倍量、鶏肉も丸ごと1羽買って義母宅に届けた。唯一、義母が自分で料理するものが鶏の丸焼きとソーセージだからである。その買い物量を見た義母は「あなたじゃあるまいし、こんなに食べないわ。後半年間は行けそうよ」と言ったが、あっという間にそれを食べたのか、水曜の夜に「タバコも無いし牛乳も無い」と言って来た。「あなたじゃあるまいし・・」といつも食い意地を張っている女代表みたいに私の事を言うが、牛乳4リットルもう飲んだんかい!!・・・喰うとるやないかい・・木曜の朝、私は鼻水が出ていたので外出は出来ず、休みであった夫が代わりに買い物に行った。リストを見ると板チョコと牛乳、煙草と鶏1羽が再び書いてあった。夫に「煙草はカートンで買いや。でないと200本、あっという間に吸うからなアンタのオカン。ほんで牛乳も4リットルを3日以内で飲んだから、今回6リットル買ってもエエかもよ」と言っておいた。夫は「そんなに飲んだんかな?」と首をかしげていたが、そもそも何を食べて生きているのか謎なほどの量しか肉類と野菜類を頼んでこない義母である。私が思うに、パンと牛乳ばかり飲んでいるのではないだろうか・・またお腹が空いたらポテトチップスと板チョコをかじっているのではないかと考える。がしかし、再び鶏1羽を言って来たところを見ると、あれば自分で料理して食べていると考えられる。義母宅には2つのファミリーサイズ冷蔵庫と1つの巨大冷凍庫(8段ある)があり、入れる空間は沢山あるが、さてそれを食べているのかどうかである。冷凍庫の中身は、ほぼアイスクリームである。私は喫煙経験が無いのでよく分からんが、2日で20本も吸うと空腹感がないのだろうか・・しかしながら、今日は3週間ぶりに小麦粉が手に入った。こんなに小麦粉が入手困難な体験をするとは思わなかったが、大事に大事に使うからこそ、当たり前に買えるという事が有難いと思える。安易に粉が手に入らないからケーキも焼けない。ただ、来週の息子の誕生日だけはせめて大きなケーキを焼いてあげたい。これで思い切ってケーキが焼ける。今まで当たり前に買えていた小麦粉が手に入っただけで、気持ちに余裕が生まれたのが自分で分かる。

    コメントが盛り上がっています

  2. 宣言が出された本日パリにも追加の規制がかかりました。それは…屋外での軽い運動は午前10時〜午後7時まで禁止やっぱり出た…何か出ると思ったんだよなー。そろそろ気も緩んでくる頃だし天気はいいし暖かいしー←落ち着かないと規制強くなるよーと、週末にうちで話していたんです。私は先週金曜に買い出しへ出てから外出していないのですが先週末に外出した人が多かったらしくそれが引き金になったとか…今までは外出許可証があれば1日1回1時間1km以内の軽い運動はOK時間帯の規制もなかっのですが規制強化ということは外出許可証不携帯の人が多かったのかな?とにかく、ダメと言われたらダメなのでもし運動に出たければ午前10時までということですストイックに1人でジョギングする人にはじゃ、早めに行こうとなるだけだから問題ないし冬が終わって朝も十分明るいからウォーキングだって散歩だってOK運動したけりゃ早く起きてやれって話です。←でもみんな早起き苦手だもんね…ということはつまり運動に関係なくみんなで一斉にわー!と外出しそうだと予想されているはず。というのも、今週の予報では超ポカポカ陽気金曜なんて、快晴の26℃!(予報)ぜーったいみんなみんな出歩いちゃう今日も気持ちいい天気だったもんねー。今週フランスはこれまでの規制の成果が出るかどうかの重要なとき。従わねば←大して出ていないけどでもそろそろ野菜を買いに行かねば…よし、明日は買う物をリストアップだ!ついでに運動する気持ちでスタスタ歩こう!ちなみに、聞いた話では外出規制の罰金総額は既に億越えらしい…なんで許可証不携帯なんだろう?と思ってきましたがそれだけじゃなく時間超過 距離超過とかあるんでしょうね。↓ランキングに参加中↑クリックよろしくお願いしますパリの「そとめし日記」→「パリでこんなの、食べてます

    パリの外出規制、一部強まる。
  3. 告白します。昨晩、午後8時過ぎ、英国のボリス・ジョンソン首相が「集中治療室に入った」というニュースを聞いて、私は大きな衝撃を受けました・・・!何だろう、それだけはきっと起きないだろう、と思っていた事態が到来してしまったというか。ボリス・ジョンソンという政治家を好きか嫌いかでいえば『嫌いではない』程度、むしろあの道化師的な魅力で周囲を煙に巻き問題解決を図る姿勢は一国の指導者として危険、くらいに認識していたのが・・・ボリスのような人は世に憚らないと駄目でしょう!世に憚ってこそのボリス・ジョンソンでしょう!いや、私はそもその根っこのところが甘いので誰かをどれだけ嫌いになっても「あんなやつ不幸になれ」と心の底から願っても洒落にならない傷病苦はその望んだところの『不幸』の範疇を超えておりまして。でもこれは私に限ってのことではないと思うんですよね。ボリスのICU入りを受けて各国首脳、英国内の党派を超えた政治家、そして玄人・素人政治評論家が「ボリス、早く元気になれ」な姿勢を明確に提示。(スコットランドも一丸となってボリスの健康を祈っている、とスタージョン首相が明言)わかる、私がたとえばガチガチの反ボリスを売りにしている超絶毒舌政治評論家だとしてもこんな事態でコメントを求められたら「ボリスに対する悪口雑言をこっちは向こう3か月分準備してある。これを無駄にするのは腹立たしい。あと病人を批判するのは私のイメージ的に非常にまずい。故にボリスにはさっさと元気になってもらわないと困る。私の悲願はボリスの失脚だが体調不良による引退とかそんな引き際、許してたまるか!あいつは政治的失策を理由に首相の座から引きずり降ろされるべき男なんだよ!だからさっさと復帰してくれ!」としか言えないと思う。(・・・書いていて思ったんですけど結局ジョンソン首相のことが好きなんですかね?私は)勿論こういう状況で「自業自得」とか「罰が当たったんだ」とか言っちゃう人も一部には存在するようなのですが私はそういう人たちは己の品性についてもう一度考えてみるべきだと思います。英国の某町長はボリスICU入りの報を受けて「当然の報い」とかSNSに書いちゃって当然のごとく謝罪に追い込まれ所属党(労働党)からも批判を受けこれから査問が入るそうです。・・・当り前じゃないですか、それ以外のどんな展開がその発言の後にあるというのか。とりあえずボリスおじさんの一日も早い退院を祈る私です。ただ夫(英国人)とも話し合ったんですけど『集中治療室入り』って響きは恐ろしいですけど「妻ちゃん、君はICUにたぶんもう2回は入っていますよね?」「・・・うむ、術後にな。2回は確実に・・・もしかすると3回ほどお世話になっているかも・・・君も1回は入っているよな」「ええ、南米で」『集中治療室では秒単位で脈拍や血中酸素濃度を計測され・・・』って、うん、それ私も夫もやったやった!ボリス氏は現時点では人工呼吸器を使用してはおらず酸素供給を受けているだけって話なんですが「あれだろ?マスクで酸素をシュー、だよな?」「それですそれです。僕も君も経験者ですよね」よしボリス、そのままさっさと回復するんだ!そして我々とともに『酸素をマスクでシュー』経験者友の会を結成しよう!マスクでシューを体験したことのあるあなたも健康一路でそんな機器とは無縁の生活を送ってこられたあなたもお帰りの前に1クリックを↓人気ブログランキングへ

    コメントが盛り上がっています

  4. 昨日の朝、義母と自宅用の食料品を買う為、朝一番でスーパーに出かけた。義母から頼まれたものは義母お気に入りスーパーで買わねば義母が嫌がる為、まずは開店と同時に列に並び、そこへ行く。そうして自分達の食料品は別のスーパーへ行く。1日2か所行かねばならないのである。こうして毎度2か所のスーパーで必ずチェックするのが小麦粉などの粉類であるが、小麦粉や強力粉がとにかく無い。先日、3週間ぶりに小麦粉は手に入ったが、強力粉は無いままである。張り切ってリンゴ酵母を作ろうかと思ったが、問題は粉が無いので何も作れない事である。パン屋に行けばあんなにパンがズラリと並んでいるのに、強力粉が無い以上、酵母だけ作ってもさすがに自分で強力粉や薄力粉は作れない。そんな中、義母お気に入りスーパーで小麦粉を見つけた。2つだけ残っていた。買おうかと思ったが、家に2つ半残っている。至急で必要な人の為、買わずに通り越した。その後、私がいつも行くスーパーに移動して買い物をしていたら、60代くらいの女性が店員に「小麦粉はいつ入るのか?」と聞いていた。店員は「今日の12時~2時の間に来る予定です」と言った。女性は「どうしても明日ケーキを焼かねばならず、必要。孫の誕生日なのよ」と言っていたが「またここに12時から2時に戻って来るのは嫌だ」と言った。私は思わず「さっき、〇〇に2つだけですがありましたよ」と声をかけた。女性は私をジロリと見、「たった2つなら、今行ったってもう無いでしょうよ!!」と怒った。男性店員が「親切で言ってくれてるんですよ」とその女性に言ってくれたが、女性は「そんな使えない情報なら言ってほしくなかった」と言った。男性店員は私に両手を上げて見せた。私もレジへと進んだ。スーパーの店員だって限られた人数でやっているのである。店内に商品を出すのだって、すぐにはできない。しかも感染リスクが高い環境の中、仕事とは言え頑張ってくれている事に感謝せねばならない。もうババアに何も教えへん・・

    コメントが盛り上がっています