みんなが見ている注目記事

  1. 福島市 手打ち中華そば和屋
  2. 入ったことがありまラーメン好きな方なら田中玄さんの名前を知らない人はまずいないでしょうね2000年初頭には食のカリスマ的な存在で多数のお店のプロデュースもされていた方※今でもプロデュース業はされているようですまさか三ノ輪にお店を出すとは驚きでした それもトイ・ボックスの近く。。。。店内のカウンターは居酒屋時代から変わりませんがテーブル席ができて家族連れなどにも対応できる造りになっていましたメニューを見るとラーメン以外にもカレーライスや餃子やキムチにモツ煮込みと何でもござれ英語表記のメニューもありインバウンド需要も狙っているのか?いわゆるラーメン専門店とは違うコンセプトなので敷居は低いと思います定食類も豊富でとんかつ定食・あじフライ定食などイロイロありますこの日のサービス定食は「豚キムチ定食 600円」何と!田中玄さん自ら作ってました!ヽ(゚Д゚;)ノ!! 化調を使用しない食材のこだわり書きはさすが玄スタイル本日のサービスで「玄醤御飯 150円」てのがあったのでこれも注文しちゃう玄ラーメン680円&玄醤御飯 150円大陸系の女性が運んできてくれました♪ラーメンの具はチャーシュー2枚にメンマ、青菜、白髪ねぎに焦がしネギなど680円のラーメンとしては充実のラインナップスープはカドのない醤油清湯で甘目のシフト特徴が無いのが特徴ともいえる無化調スープの典型的な味それでも物足りなさは感じませんね麺は多加水でやや平打ちの縮れ麺この麺は4年前に砂町銀座で食べたラーメン処 玄庵で食べた麺と同じです当時はまったく美味いと思いませんでしたが(笑)今はそれほどでも無いですメンマやチャーシューも昔ながらの雰囲気でこれはこれでアリなのかも万人受けするラーメンとはこんな味なのかも知れないなぁ玄醤御飯は濃いめの醤油ダレで味付けされた鶏そぼろに茹でキャベツがのってます白髪ねぎは良いけど茹でキャベツは御飯が水っぽくなるのでいまひとつ焦がしネギはスープを汚染するほどではなく適度な香ばしさでした玄の人気メニューも復活のようですでも2002年とか2011年とか往年のラーメンなので特に食べてみたいとは思えずw日曜は通し営業のようです三ノ輪は昼飲みする人が多いエリアなのでかなり重宝されるかも?ご馳走様でした<(_ _)>チェの好み度( ..)φメモ★★★★★★★☆☆☆美味創房 玄 三ノ輪本店の食べログ

    ラーメンと定食と酒~美味創房 玄 三ノ輪本店@三ノ輪
  3. 麺王みらい 宮店 (宮城県蔵王町)
  4. (えび炒飯)、豚軟スープ、チョンプー(ローズアップル)。チョンプーは日本では見たことない果物。梨とリンゴを足して2で割ったようなモノかな~今まで何度となく食べてきたけど、当たり外れがあって、当たると適度な甘みと酸味、シャキッとした食感が楽しめるんだよねー♪ハズレだと身がフワフワで無味...この日は夕方には会議を終え、翌日の仕事に備えてバンコク市内へ再び3時間の旅。夕方の移動は渋滞との勝負だが、運良くほぼ順調に車は流れて21時くらいにはトンロー駅周辺へ到着。翌日の仕事先の偉い人が食事に誘ってくれて向かったのは~博多ラーメンの「一幸舎」。元祖泡系!?豚骨ラーメン界には疎いので初めて聞いた...同行して下さった方はタイ在住2年目で、この界隈のラーメン屋をかなり開拓されてる御方♪「イラシャイマセー!!」と愛くるしいニホンゴで迎えてくれたタイ人のお姉さん。朝4時起きで眠いし疲れてるけど、めっちゃ腹減っててテンションMAX!!↑自分は緑茶で乾杯!!↑博多名物の一口餃子も推してたんでオーダー。 え!?↑思ったよりかなりデッカい!!!これで299バーツ(約1,000円)。↑たしかに幾分小ぶりだが...とにかく量が多いゾ(・∀・)何人前なん!?んで、ラーメンが到着~一幸舎ラーメン @200B(約700円)麺の硬さ → 普通バンコクにいるのを忘れ、ここは博多なんじゃないかと錯覚しつつ、いただきまーす!!↑青ネギもキレイで、豚骨臭ムンムン♪美味しそう!!スープ。↑「元祖泡系」と名乗るスープ。豚骨をギャンギャンに焚いてるんだろうね♪美味しい!!麺。↑細麺に豚骨スープがねっとりまとわりついて、ジュルジュルと一気にかっこむ(^O^)二郎ばかり食べてると太麺慣れしちゃってるけど、たまには細麺も旨いね♪豚。↑うん、ギュッとした豚。餃子。↑あっさりしてるかと思いきや、肉がしっかりと詰まってて1個1個食べ応えあるゾ!!唐揚げ。↑餃子に付属してきた唐揚げ♪餃子も唐揚げも大好物なんで嬉しい(^^)替え玉①↑1玉45バーツ(約160円)。「バリカタ」でお願いしたけど...↑表面がヌメヌメしてて冷めたスープには合わなくて失敗(^_^;)替え玉②↑というわけで、2玉目の替え玉は「普通」で。こっちのが明らかにボリュームもあるね♪↑うん、替え玉は個人的には「普通」の硬さのがちょうどいいかな。↑卓上にあった辛子高菜。これ旨い!!博多ラーメン食べ慣れてないから、どれだけ食べればいいのか感覚が分からない。。。同行の方、お酒は進んでおられたが、餃子は3、4個しか食べず、自分がひたすら餃子を食べることになり...結果、麺3玉、餃子30個、唐揚げ3個。トリプルスリー達成♪かなりお腹い~っぱい(*´▽`*)博多を味わえて大満足!!ん、ここはどこだっけ(笑)↑現地に暮らす日本人向けの情報誌。バンコクの飲食店などの最新情報が載ってる。これ、某ラーメン屋の店主にあげよう。今回の出張、バンコクでは2泊。やっぱりいつもの田舎ホテルとは比較にならんくらい快適(^_^)↑こちらのホテルもドリアンは持ち込み禁止。罰金1,000バーツ(約3,500円)。さて、翌日も頑張ろう(^_^)ノ

    たくさん共感されています

    【タイ出張】博多ラーメン一幸舎 @バンコク
  5. ラーメン二郎中山駅前店に行きました。2018年12月の休日のお昼のことです。この日は中山駅前店の8周年記念の期間にあたり、感謝を込めた特別無料トッピングの案内がありました。かなり混むんだろうな。と予想して割りと早めの時間帯に到着したのですが、列びは店外に10名未満と少なくてラッキーでした。じりじりと列は進んで店内へ入ります。特別トッピングも然りですが、この日はラーメンに加えて「ねぎ汁なし」も販売されていたので、その食券も合わせて購入します。券売機の横に給水機があって、その上には8周年をお祝いする花が飾られていました。中山駅前店のオープンは2010年12月で、店主さんの事はその前の三田本店で最終修行をされている時に、創始者と軽い感じで冗談を言い合いながら和気藹々と働いていたのを良く覚えています。あれから8年。この中山駅前店の後にオープンしたお店も数多く、逆に無くなったお店もあったりして(赤羽店.や新橋店はこの後に出来て今はもう閉店してるとか……)色々と二郎の店舗も移り変わりました。さて、そんな8周年の中山駅前店の特別トッピングはピザ、カレー、バターの3種類。ピザとカレーは以前食べた事があるので、今回はバター1択です。超大型巨人2体が上半身を覗かせている社訓を何となく眺めながらカウンターに空きが出るのを待ちます。券売機そばの角の席に座り、まずは生卵を受け取りました。やがて麺が上がって、トッピングを聞かれた際にはきちんと「バター」と伝えて問題なく僕のラーメンが到着。小ラーメン740円+ネギ汁なし100円+生卵50円+野菜+ニンニク+脂+バター風焼きチーズです。丼に顔を近づけると香ばしいチーズが少し焦げた香りとバターの若干甘い香りがして実に食欲をそそります。中山駅前店のトッピングでは脂をたくさん入れてもらうことを常としているのですが、今回はチーズ+バターという脂系統のモノがすでにトッピングされているので、脂コールのみにしておきました。ニンニクはこのくらいで、ネギ汁なしなのでシャキシャキの刻みネギがたくさん入ります。ネギと一緒にフライドオニオンも添えられていて、ラーメンに+100円という価格設定はお得だなぁ。と。(ラーメンと比較して一番コストがかかるであろうスープがありませんが、後からスープ割りできる)特別トッピングのバターはボトルに入った液体状のモノを一回し程度してからとろけるチーズを乗せてハンドバーナーで炙っていました。バターはもちろん常温では固体なので、バターソースを使っているみたいです。バターが持つ濃厚なコクとチーズの香ばしい感じが相まって野菜等と一緒に食べると旨いのですが、バターの分濃度が当たり前の如くだいぶ高くて全体的にはかなりしょっぱくなってしまっていました。なので丼内をまんべんなく混ぜ合わせて食べるのが正解なんだろうな。と悟りつつ豚を眼前に。見た目は脂身少なめで歯応えありそうに思えますが、スゴく柔らかい肉質でボリュームもあってかなり良い豚で嬉しくなりました。食欲を抑えきれず豚を1枚食べてしまってから、丼内をまんべんなく均一になるよう混ぜ合わせて行きます。完全に混ぜ合わせた写真は食べ終わりの写真くらい見た目がちょっとアレなので、天地返しの時点で一時フリーズ。よく二郎を食べた方(大食いの方含む)がTwitter等で完食後の丼の写真を「ちゃんと食べました」的にあげていたりしますが、特に二郎の脂等が残った丼はあまり見た目が良いとは思えず、個人的にはちょっと絵面的なセンスを鑑みても載せる必要と需要があるのかな。と思ったりしています。さて、混ぜ合わせる前ですが中山のストレート形状の麺は二郎にしては割りと細めで、中心付近に僅かに芯を感じる茹で加減。醤油ダレとバターが絡むとだいぶしょっぱくなりますが、甘い脂や清涼感を与える刻んだネギ、香ばしくカリッとした食感のフライドオニオン、ニンニクのアクセント等がおり混ざって渾然一体とした旨さを感じて特別な日に来られて良かったな。と。量も確かに多いのですが苦しくなる一歩手前で完食となり、満足した気分でご馳走さまでした。となりました。丼をあげつつ店主さんと助手さんに謝意を伝えてお店を出た僕は、長くなりつつある行列を横目にJR横浜線に乗るために中山駅に向かって歩き出しました。8周年おめでとうございます。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 中山駅前店 23