みんなが見ている注目記事

  1. 約2年半前。移転後ラーメンは、山形中華そば大盛 770円。+味玉90円。店前の看板には山形中華そばが掲げられています。この裏側の看板にはもうひとつの看板メニューの鶏豚魚介白湯が掲げられていました。メニューには濃厚とあっさりがあるようですが、限定20食とありました。濃厚だけが限定なのか?確認できませんでした(^_^;)。それにしても美味しそうなビジュアル!あっ、ちなみに今回の訪問は、みとんぱさんのブログがきっかけであります!感想にパクりがありますが、ご了承ください(笑)。まずはスープをひと口。旨いっ!!旨くてひと口で済まない(-_-;)。丁寧な過程で作ってるんでしょうね。鶏油ですかね?丁寧な清湯スープに包み込む風味。そして、自家製の麺をいただきます。店主さんが茹で前に一生懸命手もみした、中太ちぢれ麺。モチモチプリプリの食感は、まさにここ数年、山形に(というか私の周りに)浸透してきたものかなぁと思います。そして、もうひとつ、陽風さんの売りである、鶏肉チャーシューと豚肉チャーシュー。麺もスープも高い水準での旨さであるため、個人的には若干脇役感がでましたが、この鶏のチャーシューは特に、なかなかいただけない逸品ですねー(^-^)。そして味玉。完璧旨し!100円じゃなく90円のところが良いですね(^-^)。最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまでした。明るく新築のオシャレな新店舗。慣れるまでかな?営業時間などは(仮)ですね。自分が座ったカウンターは土足のまま。靴を脱ぐ小上がりにもカウンターがあったようでした‼そして女性専用席。なんと斬新なレイアウトに仕上げていますね。ラーメン激戦区の地にまた新たな人気店が参戦しましたね!ちなみに駐車場は表と裏にあります。2018年7麺め。住所 山形県山形市清住町2丁目37-1営業時間 11:00~14:30(平成30年1月時点では仮営業時間)定休日 日曜(平成30年1月時点では仮定休日)

    麺や  陽風
  2. ラーメン二郎湘南藤沢店に行きました。2017年12月31日のことです。大晦日のこの日、特に予定も無かった僕は朝から小田急線に乗り込んで藤沢までやってきていました。大晦日に営業している二郎はこの湘南藤沢店と川越店。あと新宿2店だったと記憶していますが、何となく気分的に海も見たくて湘南藤沢店を選択しました。お店に到着したのは9時30分くらい。待合室にはすでに7~8人お客さんが座っていました。開店まで1時間30分前でもうこの人数かぁ。なんて思っていたら続々とお客さんがやってきて、開店1時間前には待合室に入りきれないくらいに。それと同時に助手さんから開店します。と。1時間の前倒し開店。素晴らしい対応だと思うし、とてもありがたいことです。結果的に30分の待ち時間で店内へ。この後の行動の時間的効率も良いし、なんだかついてるなぁ。券売機で小豚ラーメンとうずらの食券を購入して、奥から埋まっていっているカウンターの真ん中付近の席に座りました。厨房には店主さんと体育会系の助手さん。この助手さんは確か三田本店でも修行されているハズ。いずれご自身のお店を出すのでしょう。湘南藤沢店はトッピングの説明も懇切丁寧。お店側の接客も良いしラーメン二郎に慣れていない方にも向いているお店なのではないかな。と思います。セカンドロットの麺が茹であがり、トッピングを聞かれた後に僕のラーメンが配膳されました。小豚ラーメン¥830+うずら¥100+野菜+ニンニクです。野菜もりもりのビジュアル。キャベツ含有率も高くて火も通ってシナッとしているので、かなり量があります。ニンニクは刻みのスゴく細かいのがこれくらい。もうちょっと刻みが粗ければ、なお好みです。何となく頼んでみたうずらの玉子。箸休めに良いかなと思ったのと、大晦日だから何となく……という感覚からつけてみました。まぁ、うずらはうずらで想像通りの味なので、時おり口の中の味を変える感じでちょいちょい食べて行くのが良い感じでした。スープは非~微乳化で少し甘くて、豚ダシなどの旨味も感じられる味わいでした。みりん由来で甘すぎるスープはあまり好みでは無いのですが、このくらいの甘さならバランス良いと思います。レンゲでついついチビチビしちゃう感じ。豚はバラ肉でとても柔らかいのが4枚~5枚。湘南藤沢店は¥100で豚が増量になるのでリーズナブルです。ただ、麺もそこそこの量があって野菜も増量をリクエストすると上の写真くらいになるので、豚増量はそのあたりとバランスを取りつつ考えたいところ。正直今回は全体量が多かったな。と思っていたり。天地返しをすると麺が結構盛り上がってきています。麺の下に反転した野菜と豚が多いということもありますが、単純に麺自体も多いな。と。あまり経験が無いので語れませんが、つけ麺を食べた時も小でもスゴく多かったことがあるので、湘南藤沢店自体がデフォルトの麺量が多い店舗なのだろうな。と個人的に認識しています。平打ちの縮れ気味の麺は標準固さでムッチリとした歯応え。若干甘めのスープを纏っていて、ズバズバ食べて行ってもなかなか減って行かない気がします。それでも食べ続けて行けば次第に減って行って(当たり前)やがて完食。食べるスピードはロットでは下位グループ。豚を増量しないか、麺を少なめにするか、野菜を増量しないか。う~ん、「小豚ラーメン麺少なめニンニク少し野菜」が個人的なキャパシティから考えてみるとベストなのかな。野菜の増量はしなくても良いかも。年内の締めとなる1杯を満腹状態で食べ終わり、丼をあげつつ「ご馳走さまでした。」と発して満足してお店を出ました。常連さんらしき方々は来年もよろしくなんて帰り際にサラッと口にしていたり。さて、食べ終わった僕は藤沢駅から小田急に乗って江ノ島へ行きました。おぉ、門松。もう明日は正月なんだなぁ。穏やかな水面と誰もいない砂浜。夏に海水浴客が沢山いて、海の家もズラッと並んでいた賑やかな頃を思うと妙に寂しい。恋人達は夏の夜にこの砂浜で花火をしてたのでしょう。来年の夏は自分を取り巻く環境はどう変化していて、どういう想いでこの海をこの景色を眺めているのだろうなぁ。と何となく年末に感傷的な気持ちに浸りつつ、気が済むまで海風にあたっていたのでした。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 湘南藤沢店 11
  3. ラーメン二郎三田本店に行きました。去年の12月29日、三田本店の年内最後営業日の朝のことです。この営業最終日は相当混むのだろうな。と思いながらも前日まで仕事をしていた(関西日帰り出張でした)為か、そこまで早起きも出来ずに、結局はいつもの土曜日と同じ8時過ぎの到着となってしまいました。行列は裏口付近まで達していて、路上駐車のハイブリッドカーと写真のモーターサイクルに挟まれた位置で並ぶことになりました。8時20分台に開店して列が動き出してからはジワジワ進んで行く感じ。天気は悪くなかったのですが、この写真の空の色はそうとは思えないな……。並んでいる際に慶應大学方面から飲み物がたくさん入った袋を手に持った方がニコニコしながら真っ直ぐ僕に近付いてきて、どなたかと思ったら仙台店の店主さんでした。前の日に仙台店の営業を終えて、朝イチに三田本店にご挨拶にきたそうで。今年1年お疲れ様でした。また来年(もう今年)食べに行きます。さて、テントの辺りだとこの冬らしい空の色。前の写真から15分も経っていません。掌には¥600の小銭が。僅か¥600で最高の朝食を食べることが出来ます。先頭からだいたい5~6番目になった時に1度列から離れて食券を買っておけば恐らく間違いはないと思っています。手にした青色のプラスチック片は最高の朝食の引換券。座ったのはカウンターの真ん中あたりで、身体が大きい人だと少々入るのに苦労する席です。厨房には創始者と久しぶりに見る気がする元湘南藤沢店の長身の男前の助手さん、神保町店の大柄の助手さん、元一之江店の助手さんという布陣。階段からは仙台店の店主さんが「親父さんの勇姿を見ていたい」とずっと調理光景を見学されていました。軽快なトークが飛びかう厨房で、やがてラーメンが出来上がり配膳されました。小ラーメン(麺少なめ固め)¥600+野菜+ニンニクです。三田本店にしては(失礼)きれいなビジュアルで野菜の盛り付けが気持ち多いような気がしたり。ニンニクは少なめに見えますがスープに沈んでいる部分が結構あって、言うならば氷山みたいな感じです。スープは液体油が多めでその下の層は非~微乳化といった具合で、僕の中にある「朝イチの三田本店」というイメージ通りの味わい。豚由来なのか香ばしい感じすらして、とても旨いスープです。引っ張り出してみた豚は大きさも肉質も三田本店標準クオリティ(腕肉を使用している他店と比較するとだいぶハイレベル)。野菜が冷えていて天地返しをするとスープが冷めてしまうのは致し方ないことですが、麺の食べやすさを優先してエイッと。リクエスト通り少なめになっている麺が顔を出しました。若干縮れている麺は固めに茹で上げられていて、グミッとした歯応えで実に旨い。温度も幸か不幸か高くないので、食べるスピードも落ちることが無くひたすら麺をズバズバ野菜をもぐもぐ時おり豚をがぶり。かなり早い時間で完食となりました。食べ終わった僕は丼を上げる際に「(今年も1年)ご馳走さまでした。」と皆さんに伝えて、創始者の「ありがと~」と助手さん達の「ありがとうございました~」の声を背中に受けてお店を出ました。2017年の三田本店の訪問回数は12回。もっと食べに行ったと思い込んでいましたが、ちょうど月に1回という頻度でした。また来年(もう今年)も休日出勤がある限り土曜日の朝に創始者の作る1杯を味わいに通うことになることでしょう。旨いラーメンを1年間ご馳走さまでした。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 三田本店 51
  4. ・・また今年も美味ラーメンつけ麺・僕に食べさせて下さい!!・・からの~券売機でポチッたのは・・2年4ヶ月振り(その間の訪問は33回・・)となる『野菜魚だしつけ麺(900円)』&隠れた人気メニュー『チャーシュー丼・小(300円)』(●´ω`●)ゞ常連様不在の中、お冷&おしぼりを持って最奥席に着席&食券提出~・・そう言えば、お陰様でラーメンの記事も2000件を越えたのですが愛知・岐阜・三重の3カテゴリ分けでは大雑把すぎかな?と思い、現在どのように分けるか考案中です♪ブログを書きながらの気長な作業になりますので、少し見辛い状態になるかと思いますがご了承下さいm(_ _ )m愛知だけでも15に分ける予定ですが、20文字という制限に悩む・・「お待たせいたしました~」∑(゚Д゚)オット!今は目の前の一杯に集中せねば♪お久しぶりの『野菜魚だしつけ麺』具材は、つけ汁を埋め尽くすキャベツ・もやし・チャーシュー・めんま・ナルト・ねぎ・海苔・・麺量はコールしなかったから200gかな?大将にお任せで(笑)嬉しい〆飯付きでは、つけ汁に自家製麺を潜らせいざ実食(*´ω`*)・・スルッ・・スルスルッ・・もっちりとした太麺の食感と風味も然ることながら、魚介感じるスッキリとした味わいの付け汁が秀逸(*´Д`)=з動物出汁の濃度と程よい酸味の絶妙なバランス・・そして魚粉のアクセント♪「たご」の中でも珍しいサッパリとした部類の貴重なメニュー(人´∀`*)具材も箸が進みますね~・・パクリ・・しんなり野菜がGood(。・ω・)ノ゙麺は冷や盛り&つけ汁は丼提供のため非常に冷め易い仕様となってます(`・ω・´)ゞスマホいじってる場合じゃないぞ!食べ始めたらメモも取るべからず!やんわり注意書きプレートに記載されていますΣ\( ̄ー ̄;)大将の教えを守りお熱いうちに無事完食~野菜不足が解消された気がする(笑)からの~ご褒美肉摂取(●´ω`●)ゞ『チャーシュー丼・小』・・通常300円のところ、ランチタイム(11~14時)は半額の150円で頂くことが可能柔らかくてしっかり味の染みた刻み叉焼がゴロゴロ♪マヨネーズとの相性も抜群で癖になる事間違いナッシングヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ美味!!!5分で完食&ごちそうさまでした(。-人-。)・・この後は、同じく中川区にあるWラーメンの目的地「つけ麺 丸和 春田本店」に向かいます(o^-')b過去の記事はこちら→【 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17~19 20&21 22 23&24 25&2627&28 29 3031 32&33 34353637383940 41 42&43 44】こだわり麺工房たご名古屋市中川区新家2-605TEL 052-431-8111 月曜、第1・3火曜休み(祝日は営業)営業時間 火木金 11~14(LO13:45) 水土日祝 11~14(LO13:30)夜営業はオール 18~21(LO20:30前後)「Instagram」はじめました~@bottibochi をポチッとしてください('-^*)/フォロワー募集中です!お気軽にどうぞ♪ 

    こだわり麺工房たご(45回目・名古屋市中川区)
  5. 吉祥寺の辛いラーメン探索女子にも人気のベジポタラーメン元祖人気店のえん寺さんに行ってきました吉祥寺駅の南側の出口を出て10秒くらい食べたのはベジポタ味玉・肉入り辛つけ麺 激辛ベジポタってすごく優しいイメージがあるけどこんなに赤いベジポタもあるんですね豚骨と魚介の旨味はたっぷりありつつ野菜のペーストが入ることによって優しい甘みとぽってり感が足され、香りが整ってなんだか本当に料理としてのスープみたいなほっこりする味そこに柚子の香りを足したら、完璧柚子皮多めなのが結構嬉しい辛さは、ピリ辛以上激辛未満ちゃんと辛いけどベジポタの美味しさを邪魔してない麺は極太胚芽麺、太もちもち麺、国産小麦麺の3種類から選べましたが当店代表麺!と書いてあった極太胚芽麺にしました栄養もありそうコシが強くいい香りのむちむち極太麺はそのまま食べてもおいしいスープがかなり濃厚なので、全部どぶんと沈めるのではなく、適量つけて食べていきます麺多めに見えたけど、丼がザルで底上げされているので、以外と普通だった、、笑最後の和風ダシの割りスープも良かったこの美味しさは行列ができるのも納得そして食後はついつい寄っちゃうセブンイレブンさんのスイーツまたまた、大好きなチョコミントの新商品チョコ掛けのザクザクシューと、ゆるめでミント感の強いクリームの組み合わせが最高大好きなブラックサンダーとこれまた大好きなラムレーズンのコラボちょうどいいラムレーズン感で、ハマりそうたくさん買いたかったけど、残り一個しかなかったまた買いに行かなきゃ!笑ごちそうさまでした

    「ベジポタ味玉・肉入り辛つけめん 激辛」えん寺@吉祥寺