7/16の記事ランキング

  1. へ。茨城県つくば市ラーメンショップ】つくば店初訪問です。12:15頃に現着、ほぼ満席に近い状態。人気なんですねここ。メニューはこんな感じ。ここは食券制ではなく口頭オーダー後払い制。卓上アイテムはこんな感じ。20分弱で着丼『ネギラーメン』初訪なので迷わずネギラーメンを。和えネギは多めでシャキシャキ。ほぐしチャーシューも適量入ってます。脂多めでお願いしたが、コテコテになるわけではないのね。メニュー良く見たら、コテコテは別料金で+150円。そこまでしてコテコテにはしたくないよね(笑)麺はカタメコールした。プリっとした食感のいつもの麺。スープはゲンコツ主体で、ちょっとライト。旨味はあるが、ちょっと臭みが気になった。その匂いが先行して旨味が追い付かないのよね・・・なので、卓上のにんにくとらあじゃんを投下した。ネギラーメンとしては安めの690円だが、トッピ的に寂しいかな。700円台前半でもいいので、メンマか青菜が欲しいところ。今思うと『ハーフネギチャーシューメン』で良かったかな?それならトッピの寂しさも感じないだろう。チャーシュー3枚付いたネギラーメンで790円は安いしね!それとこれ。『半ライス』となれば当然こうなりますね。ネギ量も多いのでセルフネギ丼も余裕です。ラーショはここまでがワンセットよね。でわ(^_^)/~

    ラーメンショップ つくば店
  2. ラーメン二郎三田本店に行きました。2019年5月1日水曜日、「令和」の記念すべき最初の日の朝のことです。今年のゴールデンウィークは10連休でした。特にこれといって予定も立てていなかったので、何となく気の赴くまま過ごそうと。そんなゴールデンウィークの中にあった令和元年初日の朝ごはんはやはり三田本店だろと思いついたワケです。新時代に初めて口にする食べ物がラーメン二郎。それも三田本店で。うん。悪くないな。券売機では個人的定番の小ラーメンの食券を購入しました。やがて着席。御年77歳になる創始者が普段と変わらない感じで厨房の中で調理しています。徐々に創始者が麺上げする時間が少なくなってきていますが、令和の時代でも創始者には出来る限り最前線に居て欲しいな。と思います。麺半分と麺固めをリクエストしていたので、ロット内で1番早くラーメンが提供されました。小ラーメン(麺半分固め)+ニンニク少し+野菜です。適度に太陽の光が店内に射し込んでいて、モヤシがキラキラと輝いて見えます。創始者が手首のスナップを効かせて投げ入れた生の刻みニンニクはこんな感じ。モヤシの色が透き通る1歩手前くらいでシャキシャキした食感を残しつつもクタクタにも近い。という絶妙な茹で加減です。少し野菜が冷えてしまっているのも三田本店スタンダードなので特に気になりません。そしてスープは割と乳化傾向にあって、醤油も脂も豚ダシもガツンと攻撃的に主張するタイプで旨い。三田本店はスープの寸胴が1つしかなくて、そこに豚肉や水等を継ぎ足し継ぎ足しでスープを作って行く為、味のブレ幅は半端ではありません。二郎各店ではスープにサブ寸胴を採用していて、1つの寸胴で勝負しているのは三田本店と以前の2代目松戸(現新潟・・・3代目松戸はサブ寸胴あり)ぐらいじゃなかったのかな。と。記憶違いだったらすみません。豚は大判で厚みもしっかりとある柔らかさと噛みごたえが同居したモノで、脂身も適度に付いているし醤油ダレの染み込みも良くて満足度が高かったです。スープが旨くてそこそこ飲んだ後に天地返しを試みました。あまり上手く伝わらないかもしれませんが、麺半分なので量的にはかなり余裕そう。少し脂でツヤツヤした麺は程よい縮れ具合と固めのグミっとした食感でとても旨い。色んな助手さんが早朝に麺打ちしていると思いますが、それでも創始者が麺上げしてこのスープと合わせられるとやっぱり「三田の麺」なんだなぁ。と。結構なハイペースで麺をズバズバと啜り上げて、豚と野菜を楽しみ、ニンニクのアクセントを感じつつ完食となりました。食べ終わって丼をカウンター高台に上げつつ、創始者と助手さん達にご馳走様でした。と伝えて満足して退店。お店を出ると行列は裏口を越えて3重の折返しになっていて、ゴールデンウィークとは言え皆さん考える事は同じなんだなぁ。と何となく親近感を覚えて都営三田線に乗る為に三田駅方面に向かったのでした。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 三田本店 57
  3. タイ出張3日目。この日は朝8時出勤。タイの朝8時ってことは、日本で10時。身体はまだ日本時間なので...普通に日本の6時(現地朝4時)には目覚める...朝6時くらいからやってる屋台で朝メシを買おう♪↑タイのスイカ、ハズレなし!!ガチで甘くて瑞々しい(^^)1玉20~40バーツ(70~140円)と爆安!!↑初めて見た謎の竹筒。笛ですか?↑ガン見してたらおじちゃんが勝手に袋に包み始めたので購入(^^;) カオニャオ(もち米)だって♪この時間帯だと空いてていいね♪7時くらいになると通勤途中の人達で溢れかえるからねー。↑お、このレッドカレーはココナッツミルクたっぷりで美味しそう!買おう♪↑いつものガイヤーン♪ハズレのない美味しさ保証付き(^^)↑真ん中の謎の黒い汁モノが気になったけど、レッドカレー買っちゃったから、、、↑ウロウロしてたら、、、やせ細った野良犬が、、、タイの野良犬は怖いのよ(^。^;)「にげる」を選択。ボミオスを唱えられなくて良かった(笑)通り沿いにコンビニが出来てたのを発見!!↑タイではお馴染みのmini Big C。ミニなのにビッグ。↑プチなのにビッグ、、、タイのコンビニはセブン、ファミマ、このmini Big C、Jiffyなどがあるっす。↑うおっ!これは初めて見た辛そうなヤツ!!うん、お土産にしよう♪コンビニで野菜ジュースを買ってホテルへ戻る。↑現地仕様の朝メシ( ̄∇ ̄)↑部屋にある食器を活用♪電子レンジもあるのよね(^^)レッドカレー、たったの20バーツ(約70円)なのに、ボリュームあってウマそう!!↑これ、わかりますか!?豚の血を固めたやつなんです。タイではポピュラーなモノで、プリンとしてて面白い食感。全然クセがなくて、ほぼ無味(笑)↑こちら焼き鳥3種盛り。計100円くらい。鶏もも、鶏レバー、豚バラ。無難過ぎて言葉にならない安定感(^^)↑最も謎めいた竹筒。分かりやすい20バーツ(笑)どうやって食べるのか分からず、、、↑力任せに強引に裂いてみた(^^;)↑メリっと剥いだ竹の中からもち米が♪↑小豆っぽいものも入ってて、全体的に超甘い味付け。北海道の甘納豆仕様の赤飯っぽいかも!?これぞタイ!!って感じがして朝メシに大満足♪さて、仕事仕事。

    たくさん共感されています

    【タイ出張】屋台メシで朝食を
  4. タイ出張2日目。朝4時45分より仕事スタート。順調に始まり、10時くらいに一服。↑ タイ人の方がくれた(^^)ナニコレ?①ドライフラワー②ろうそく ③せっけん正解は~④マンゴーのドライフルーツでした。通常黄色くてグラニュー糖がまぶされたヤツはよく見かけるけど、この褐色のマンゴーver.は初めて♪自然な甘みが凝縮してて美味しかった(^^)↑それといつものガイヤーン(やきとり)。with カオニャオ(もち米)&唐辛子3本。仕事しながら頂きモノを食べてると、、、昼飯タイム(笑)食べてばっかやん(^^;)↑カオ パット ガパオ ムー カイダオ。豚肉のバジル炒めご飯と目玉焼き。合ってますか!?この日はいつもの如く早朝から仕事してたんで、夕方6時には解放。市場に連れて行ってもらった♪↑ 目的はタピオカ。タピオカミルクティーじゃなくて~タピオカの原料自体を買いたくて(^^) 原価を知ってる分、日本で個人で買うには高いだろうからタイなら安いんじゃね?と思い、市場のドリンク屋で聞いてもらったら、、、↑市場の外の店で売ってるらしい( ̄∇ ̄)ドリンク屋の仕入れ先を教えてもらい~↑お!これだ!!色んな種類あるね♪おばちゃんにオススメを聞いたら、一番グレード高いやつがコチラ!!↑みっちり詰まった1kg袋の乾物。「黒珍珠」だって(笑)Made in Thailand。これでたったの36バーツ(約130円)!!↑これは即食出来るシロップ漬けのタイプ。乾物2kgと、シロップ漬け1kg購入( ̄∇ ̄)これで日本でタピオカ食べ放題や(笑)お会計しようとしたら~↑猫の存在感(笑)そこ、落ち着くんですか!?少し市場も眺めつつ~↑興味津々のものも多々あるけど、この日の夕飯はベトナム料理に誘われてた(^^;) タイ初日はコンビニのカップ麺。タイ2日目はベトナム料理。 初めて来たっす。自分好みの庶民派な店だね(・∀・)↑オーダーは紙に書くシステム。小学生の女の子がウエイトレス役(^^)タイ料理とベトナム料理の境目がよく分かんないけど、いただきます!!↑謎の葉っぱ盛り合わせ。タイ料理やん(笑)↑豚のつみれ、唐辛子、パイナップル、きゅうり、青バナナ、生ニンニク、レタス、米の皮。これ、セルフ式の生春巻き(@_@)そういや、だいぶ前に仕事先の食堂で現地のおばちゃんがパーティーみたく食べてたな~。↑前回も書いたけど、レタスが最外層。米のモチモチした皮は具なのです。。。生ニンニクが全然辛くなくて、青バナナ&パイナップルなどのトリッキーな具材達が見事に調和。全ての具材が必然に感じる♪↑ソーセージのサラダ的なやつ。こう見えて激辛。爆辛。これ、タイ料理じゃない?↑謎過ぎる食べ物。↑ 中には春雨と豚肉、キクラゲの炒め物。小麦粉のパリパリ皮で覆われてたけど、やや油っぽくて存在意義を見出せず、中身のみ食べる...↑コチラは日本人がイメージする生春巻。タイ人の方が美味しくないからオススメしない!って言ってたが、自分は食べたくてオーダー...ホントに美味しくなかった(^^;)自分で包むタイプのが大正解でしたね。。。すみません。↑ ラストはエビ炒飯。 無難無難。↑estの甘~いコーラが合う!! 満腹満腹~( ̄∇ ̄)ベトナム料理と言えばベトナム料理。タイ料理と言えばタイ料理。ありがとうございましたm(_ _)m

    たくさん共感されています

    【タイ出張】タピオカ&ベトナム料理
  5. 今日は海の日
  6. 頑張った、鬼嫁 (^o^;)
  7. しまや 別邸さん @中央区
  8. 回目の訪問。1回目チャーシューワンタンメン、半チャーハン、春巻き2回目 ニイハオかたやきそば3回目 ラーメン、半チャーハン、餃子4回目 天津麺、酢豚、餃子さて今日は何を食べましょ・・・辛いラーメンだとせっかくのスープがもったいないし乗せもの系はニイハオカタヤキソバ(醤油餡)を食ったし・・・うん、味の餡がかかったやつにしよう。セット物はダブル炭水化物w結局、連れは食べたことがなかったチャーシュー麺(830円)スープ味見しましたが、しみこむ感じ。チャーシューは見ての通り極上もの餃子は皮もっちりhttps://ameblo.jp/kouhei-d/entry-12421113369.htmlエビ入りヤキソバ(910円)味の餡がかかっています。うはぁ・・・なんて優しい味なんだろう。それでいて物足りなさはまったくなく。麺はカタヤキではなく、中華鍋で炒めたもの。ちなみに海老さんは、やや小ぶりのものが6尾。★★★(82)これは、永久に食べ続けられそうなくらいにおいしかった。印旛の名店っすね。ごちそうさまでした。你好(ニイハオ)TEL 0476-26-2180住所 千葉県成田市北須賀1667-1成田湯川駅から約4.1km営業時間 11:00頃~中休みなし定休日 木曜日

    你好(ニイハオ)★★★エビ入りヤキソバ~印旛の名店~
  9. ラーメン二郎神田神保町店に行きました。令和元年初日2019年5月1日の午前中のことです。朝の早い時間にラーメン二郎三田本店で創始者の作る旨いラーメンを完食した僕は、三田駅から都営三田線に乗り込んで神保町駅までやってきました。三田本店で朝ごはんを食べたならば昼ごはんは神保町だろうと。量的な問題はありますが、三田本店では「麺半分」を頼んでいたのできっと大丈夫だろう。とあてにならない予想をしつつ第2コーナーから並び始めます。天気も回復して新時代の幕開けに相応しい空模様だなぁ。なんてのんびり考えながら開店を待ちます。開店時刻を迎えて「営業中」に札が切り替わり、新時代になっても普段と変わらぬ営業が始まりました。ちなみに今年のゴールデンウィークはこんな感じの営業状態でした。たくさん臨時営業してくれたので、どこかでゴールデンウィークの分までゆっくり休んでくれれば良いと思います。令和を迎えても購入する食券は小ラーメンと(蔵)千切生姜の2枚です。2枚の食券をカウンターに出しつつ店主さんに「麺3分の1で」とリクエストしたら店主さんが「麺3分の1!?」とおっしゃられたので、ついその勢いにのまれて「半分で…」と言い直すことになりました。ちなみに麺半分も少なめも3分の1も全て店主さんの匙加減なので、個人的には「麺を減らして欲しい」という意思をいつもの少なめや半分よりも明確に示した。ということになります。麺打ちの助手さんから生姜と飲み物を頂き、ポリポリと生姜をつまみながらラーメンを待ちます。この時間が何となく好きだったり。やがて麺が上がり、トッピングを聞かれた後に僕のラーメンが配膳されました。小ラーメン700円(麺半分)+ニンニク少し+野菜+生姜100円です。スープのラインからちゃんと麺が少なくなっているのが分かってホッとひと安心。そしてコールした野菜は良く火が通っていてクタクタ寄りの茹で加減で。目黒店や仙川店のように思いっきりクタクタなのもこの日の神保町くらいの茹で加減も・・・どちらかと言えばシャキシャキした食感の野菜よりもクタクタ、シナシナが非乳化のラーメンには合ってるような気がしています。ニンニクはリクエスト通り少しだけ。良いことです。細かい脂が浮いたスープは表層ある程度乳化気味ですが、下の層はしっかりコクと旨味を感じる非乳化〜微乳化のソレでこれぞ神保町。という感じの出来映えでした。 豚は大判で厚切りのモノが2枚。しっとりとした肉質で歯がスッと入っていく秀逸な食感が実に良い。神保町店の豚のレベルは高値安定だと思っています。そして天地返しを試みますが、箸を通じて右手に感じる重さ、質量は記憶の中のソレよりも今回は軽いので何となく安心感があったりして。助手さんが魂を込めて打った麺と対峙します。茹で加減の指定はしませんでしたが、啜った時に唇に触れる麺は固めで、奥歯で噛むとグミっとした食感がある所謂「低加水の麺」です。何度も神保町の麺を意識しながら食べていると、色んな要素があると思いますが恐らく麺に含まれる水分量が高い順に表面が割とプリッとした感じの麺表面がしなやかでグミグミした感じの麺ボソッ、ブツっとした感じの麺となっているような気がします。もちろんここにはその日の気候や湿度や茹で時間なんかも多大な影響を与えるのだと思いますが、個人的には麺の横がギザギザになってしまうくらいの低加水の麺で固めに茹で上げられたのが好きだなぁ。と。もちろんただ食べるだけの素人があーだこーだ書いているだけで、間違いだらけでしょうから適当に「何か言ってるぞ」程度に読み飛ばして頂ければ幸甚です。そんなこんなでコクと旨味のあるスープと絶妙に絡む麺をズバズバ啜っていつの間にか完食となりました。とても旨かったのでもう少し食べられるような気もしないでもないのですが、それは多分きっと錯覚で、店主さんの「足りた?」の問いかけには「十二分に満足しました」としっかりと返答。丼をカウンター上部にあげて目の前のパーソナルスペースをダスターで拭き上げて、店主さんと助手さんに新時代でも変わらず旨いラーメンを提供してくれる事に感謝しつつ、とても清々しい気分でお店を後にしたのでした。・・・お茶の水駅に向かう間に「コレかなり食べ過ぎたな。」なんて思ったのはわずか5分後の話です。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 神田神保町店 30
  10. ?!「のぼりざか」ラーメンってあったよ!という訳で今日のお店は西区山の手2条11丁目「ラーメン ノボリザカ」さんで、今年173杯目の拉麺。今日は「コジツケ・・」です!すいません!「濃厚鯛だしラーメン」や「鯛だしラーメン」で人気のお店です。「のび太君」似のご亭主とお母さんでしょうか?お二人で切り盛り。開店前に5名の行列が出来ています。爺ィの背後にも一名・・随分繁盛しているようでなにより!!シャッターが開くと同時に店内に・・カウンターの奥から順番に詰めていきます。お母さんが端から順番に注文を取ります。殆どの方が「鯛だしラーメン」と「鯛めし」・・爺ィは・・「中華そば・醤油」690円を注文。。。アウェイ。。。丼の湯煎とタレと出汁、麺茹ではご亭主が担当、盛り付けはお母さん。バットの上に乗せたチャーシューをお母さんに手渡し。炙った気配はないのですが・・一度に二杯ずつの調理。もうすぐ爺ィの順番と思ったら・・アララッ? 順番を飛ばして爺ィのラーメンが・・「中華そば・醤油」登場!!ドロっとしたスープの上には低温調理のチャーシュー2枚・メンマ・海苔・丁寧に切られた刻み葱・三つ葉、梅鉢紋のニンジン。矢張りどこか「ほっ○屋」さんを思い出す姿。。。先ずはスープを一口!!アレレッ!以前お邪魔した時とは、何かが違う味わい。スープが変わりました?何故か漢っぽいスープです!!脂多めで、結構パンチがありますよ。濃厚というより、出汁・醤油分を程よくバランスを取り風味・旨味を上手く引き出したと感じます。アッサリ中華そばと言うより、コレは「コッサリ」中華!豚骨醤油と所謂中華そばの中間よりチョット豚骨よりの味わい。以前彼から「豚・鶏・野菜以外にカツオ節、牡蠣・・ッと・・色々入っています!」と出汁の秘密を聞かせてもらいました。旨いッ!旨いヨ!のび太君!麺は「小林製麺」の中細ストレート麺。矢張りこのスープには、このストレート麺!!バッチリな相性で中々良い梅。チャーシューはチョット変わったかなぁ?コレは他の方も指摘されてましたが、ご亭主は「以前と一緒ですが・・」でも味が・・肉が薄く・・残念!材木メンマは一際太く、噛むとグニュとしたのですが、メンマの味が口いっぱいに広がって・・コレはコレでありかな?梅鉢模様の人参は・・アクセサリー?スープの最後の一滴まで頂きました。「美味しかったです。また来ます」「ありがとうございます!」気持ちの良い接客態度!頑張ってネ!のび太君!1994年フジテレビ系列で放送された子供番組「ポンキッキーズ」にレギュラー出演していた鈴木蘭々さんと、今は引退してしまった安室奈美恵さんによって結成された女性ユニット「シスターラビッツ」!!懐かしいと思われる方が多いでしょうね!1997年に安室さんの番組降板により事実上解散しましたが、蘭々(鈴木蘭々」さんの衣装は「灰色」。アムロ(安室奈美恵)さんの衣装は「ピンク」で子供達に大人気の番組でした。「シスターラビッツ」も「汽車ポッポ」を歌っています。この曲を改めて聴くと二つの既存楽曲の要素を取り出して組み合わせ、一つの新しい楽曲を作り上げるリミックス手法「マッシュアップス」に近いもののように思います。爺ィが子供の時に聴いた「汽車ぽっぽ」とは随分違いますネ!音楽も進化するのですね。。。コチラのラーメンも・・進化しています・・・店舗情報店名ラーメン ノボリザカ電話番号070-5285-4977住所札幌市西区山の手2条11-1-10 営業時間11:30~15:00/17:00~20:00日曜営業定休日木曜日駐車場 有(店舗左側の細い通りの奥に 契約駐車場が4台あり)ご馳走様です。今回の「ラーメン ノボリザカ」さんは☆☆☆☆☆☆とさせて頂きます。いつも最後まで読んでくださって本当に有難うございます。 ポチッと押してネ!

    たくさん共感されています

    灰色とピンクが可愛いの!!
  11. ラーメン二郎桜台駅前店に行きました。2019年4月30日平成最後の日のことです。この日は特に桜台駅前店に行こう。とは決めていなかったのですが、つけ麺を限定でやる。とのアナウンスに思いっきり釣られてやって参りました。店頭には長い行列が出来ていて、結構並んでこの位置まで。麺の茹で加減の指定・あつもり・スープ割等の対応は無くて、冷たいつけ麺1本での営業となっていました。今日1日の為にマスキングされた券売機。残念ながらあぶらごはんは品切れになっていたので、小つけ麺、ネギ、玉子の食券を購入します。良く考えると汁なしには玉子が付き物だと思っていたりしますが、つけ麺に生玉子って個人的にはあまり必要無かったな。ついつい舞い上がってしまいました。やがて券売機前の席が空いて、あまり好きな席がではありませんが、順番なのでもちろんそこに座ります。ハキハキしゃべるメガネの助手さんより生玉子がサーブされて、店主さんより「令和でもよろしく」と大人のエナジードリンクを頂戴しました。ありがたやありがたや。今日で30年続いた平成も終わりかぁ。なんてちょっと感慨に耽りながら頂いた飲み物で喉を潤します。厨房内では流れるようなオペレーションが進んでいて、麺上げの後に水で丁寧に〆られ、その間につけダレが用意されて麺が丼に盛られた後にトッピングを聞いて行きます。ロット最後にトッピングを聞かれて店主さんの盛り付けによってつけ麺が配膳されました。小つけ麺(麺少なめ)800円+ネギ100円+生玉子50円+ニンニク少しです。桜台駅前店でつけ麺を食べるのはどのくらいぶりなのか・・・もう忘れてしまいました。コチラの丼にはつけダレ以外の構成パーツが全て入っています。上にふりかけられたフライドガーリックは、油そば単一メニューの昼営業時に卓上に置かれているモノで、今回はご厚意で頂きました。カリカリしていて香ばしいニンニクの香りが付与されて嬉しい。ありがとうございます。ニンニクはリクエスト通り少なめで。どのタイミングでつけダレに投入するかがポイントになってきます。ネギは味付けされておらず細切りにされています。シャキッとした食感と清涼感がラーメンつけ麺油そば・・・なんでも合う万能トッピングだと思います。豚はバラ肉約3枚分で端部分も入っています。  適度な噛みごたえと脂の甘さと柔らかさが同居した、平均クオリティが高いバラ肉の中でも相当ハイレベルの肉質でした。豚増量したらスゴいことになりそうですが、残念ながら胃にそこまでのキャパシティを持ち合わせていないのです。そしてつけダレ。ラーメンスープをより濃厚にして、少しだけ甘さを足した感じですが、甘過ぎることも無くてとても良い乳化具合。それよりもこの器が・・・僕の記憶が確かならばこの器は閉店した高田馬場べんてんで使われていたモノと同一。譲り受けたのかな。高田馬場べんてんは20年前くらいに初めて行ってから定期的に訪問したお店でしたが、5年前くらい閉店がアナウンスされ大混雑していた時期と板橋に移転開店してからは行っていません。としおかと合わせてそろそろ行こうかな。なんて考えています。さて、次は麺です。水で〆られた麺は表面はプリッとした弾力を持っていて、噛むとグミっとした食感があってすこぶる旨い。桜台駅前店は比較的麺が柔らかめ傾向の店舗だと思っていますが、水で〆た麺がはホントに個人的ストライクゾーンの真ん中にバッチリ入ります。年末の生麺販売時にも購入しましたが、ここまで絶妙な茹で加減にはならなかったな。さすがプロです。まずは麺だけ啜って素の麺をあじわって、その後につけダレにつけてズバズバと。エナジードリンクともバッチリ合ってひたすら至福の時間を過ごしました。後半になって、やはり生玉子の使いみちが分からなかったなぁ。とつけダレに割り入れてみましたが、これは卓上醤油と玉子と麺を絡めて「ぶっかけ」みたいにして食べるのが正解だったかも。なんて思ったり。そんなこんなで完食して、丼を上げつつ店主さんと助手さんに「新時代でもよろしくお願いします」なんて事を伝えて非常に満足してお店を出たのでした。・・・これでやっとラーメン二郎の訪問記事は平成時代が終わりました。(他の記事はまだまだたくさん平成が残っています。)次回から二郎に関しては令和の記事になりますので引き続きよろしくお願い致しますです。はい。

    たくさん共感されています

    ラーメン二郎 桜台駅前店 78
  12. 合いください。喜多ラーメンとは違うのを提供。しかも・・・喜多方で元気に頑張っているお店。喜多方では珍しいことです。昨年暮れにOPENした・・・『源絆家美豚』最近は、ちょっと変わった喜多方ラーメンも提供していて、朝ラーも開始したとか。このとき知ったのですけど・・・。朝ラーでもお世話になりそう。笑コチラの推しは・・・「豚骨つけめん」メニューです。思いが書いてあります。九州出身で、東京で修行。喜多方に辿り着いたとのこと。上記の「宇江野」が喜多方ラーメン。未だ未食なのですが、朝ラーで頂くこととして・・・推しで・・・。ランチタイムだったので・・・サービスも・・・「豚骨 つけめん」 (中盛・味玉・温盛)ストレート太麺。多加水ではありません。そこに豚骨の濃ゆいつけ汁。柔らかチャーシュー・・・喜多方では珍しいレアチャーシューも。材木メンマに味玉。整いました。いざ本格的ですとろみまではいきませんが・・・濃ゆいスープと麺が・・・バチコン具材と一緒に・・・ズズズズズ・・・モグモグモグ・・・美味い喜多方にあってもいいじゃないの。味変は・・・魚粉麺にふりかけ・・・。つけ汁には刻み玉ねぎを・・・。ひゃっほい豚骨魚粉・・・たまらんですたい。玉ねぎがね。この味。喜多方で戦える理由十分です。割りスープで全て空。大満足でした喜多方で戦える理由喜多方にあってもいいじゃないの。次回、近日中に朝ラーで喜多方ラーメンを頂こうと思います。個性的らしい。笑『源絆家 美豚』喜多方市小田付道下7122-17:00~ 9:0011:00~14:0015:00~24:00(L.O.23:00)木曜定休喜多方から元気を

    たくさん共感されています

    喜多方で戦える理由!『源絆家 美豚』
  13. 東区民が中央区に向かう時にお世話になる道、その名はファイターズ通り(・∀・)な〜んて、かっちょいいネーミングで呼ばないグリ〜コは「斜めの道」と呼んでるこの道にここ最近とっても気になるお店があるんです。そこはそるぞんてぃ……?一体何のお店なのかしら(・∀・)しかも気になりだしてから目を凝らして見ますと「都合により暫くお休みします」の張り紙があったりして全く確認できずに居たのだ。んで、ある日通ってみますと営業してる!!てか、何の店なの?韓国料理?掲げられてるメニューを見るとな、メニュー見えます?沖縄そばって書いてるじゃないですか。ナヌーーーー!!これはもう今すぐ真相を確かめたいんだけど、今から友達とランチなのだ。さすがにランチの前に沖縄そばはベビー級チャンピオン。仕方がないけど諦められない。急ブレーキをかけて車を停め、食べもしないのに店に入り「お、沖縄そばやってるんですか!?ここは沖縄料理のお店なのでしょうか!?それともこの沖縄そばは本日だけのシェフの気まぐれメニュー!?(・∀・)」矢継ぎ早に店主であろう女性に話しかけてみると、「沖縄そば毎日やってますよ。」ナイス!沖縄そば(・∀・)「あ、じゃあ今日は無理だけど、近い未来絶対来ます!!(・∀・)」「お待ちしてます〜」沖縄そば専門店をこの地味な斜め通りで営むなんて、この人はウチナーンチュに違いない。なんとなく顔も濃いし、雰囲気も。「もしかしてウチナーンチュですよね!?(・∀・)」「…違います」ズコーーーッ「あ、そうなんですねとにもかくにもまた来ます(・∀・)」そんなわけで、もう沖縄そば食べたくて仕方ないグリ〜コはそるぞんてぃ(・∀・)だよんこの日のメヌーはもずくそば。なんとも通好みなラインナップで益々いいね(・∀・)店に入ると先客が2人おりズルズルそばを嗜んでおります。てか、メニューが1種類しかないのでそば択一なのだ(・∀・)と言うわけで、もずくそばのセット(・∀・)だよん一口啜りますと…うん(・∀・)メメメメメーーーなんか優しいお味でいいよね。モリモリ食べてごちそうさまでした〜食後に冷たいさんぴん茶が出てきます。ウチナーンチュではない女性店主と沖縄そばの話で盛り上がってお店を出ました。実は最近沖縄そば食べたくて食べたくて、白石のなんくる食堂行こうかなーって思ってた矢先だったから超満たされてました(・∀・)そばの内容は日替わりみたいなので、今度はゆし豆腐そば食べたいなーってアピールしておいたよ〜てか、ご飯物と小鉢付いてて700円て安くない!?またすぐ行きたいぐらい(・∀・)ちなみに、店名の由来はソル=スペイン語の太陽ゾン=オランダ語の太陽ティ=沖縄の方言の太陽この言葉を3つ合わせた造語なんだってさ。沖縄そば好きな方行ってみてね。おちまい(・∀・)

    そるぞんてぃ
  14. ゴールデンタイガー@熊谷
  15. 大南軒
  16. 【タイ出張】カップ麺&カップ麺
  17. らへ。栃木県佐野市ラーメンショップ】佐野店【大和】からの連食です。ホントは、大和→岳乃屋を予定してたんだけどね・・・目の前にラーショあったら寄っちゃうよね(笑)【大和】の記事でチラッと見えるので、気づいた人もいるでしょうか?11:25頃に現着、空席多数。こちらは券売機ではなく、口頭オーダー後払い制。卓上アイテムはラーショ定番のものから、あまり見かけないものまで。ラーショでは珍しい対面式カウンター。といっても、向かいのお客さんの顔は見えませんがね。お盆が用意されてるのも珍しい。10分程度で着丼『ネギラーメン』こってり初訪問なのでネギですね。いい感じのビジュアル。ごま油で和えたネギ。シャキッと美味いです。量もそれなりに多いのでセルフネギ丼もしやすい。2杯目なのでしませんが。このチャーシューには驚いた。肉厚でトロっとやわらかく、味も抜群にいい!これ知ってたらチャーシューメンにしたな。店が目の前じゃ調べる時間もなかったし・・・まぁしゃーない。他にトッピは、メンマ、わかめ、海苔2枚。北関東なら「生きてる麺」カタメコール忘れたらデロデロ。ビックリするくらいのデロ。今までのラーショで一番デロってたかも。着丼までに10分かかったのもわかる気がした(笑)ゆ で す ぎ !これは麺カタコールでカバー出来るので今回は目をつぶろう。麺量はラーショでは多い部類の175gとのこと。2杯目で175gは多い(^^;ライス付けなくて良かったよ。スープはゲンコツ主体ですかね?豚の旨みは出てますが、どちらかといえばライト。それでも背脂も手伝って、旨味とコクは感じます。カエシは適度。麺だけが残念だったが、わりと好きなラーメンだった。特にチャーシューが美味いです。次回は間違いなくチャーシューメン。通常の5枚を3枚に減らすチャーシューメンもあるみたい。ネギも乗せるし、それがいいな。でわ(^_^)/~

    たくさん共感されています

    ラーメンショップ 佐野店
  18. 10分ほどで着席でつけ麺辛化 4倍 大盛り をオーダー座ってからは、ほどなく出来上がります 真っ赤なつけダレ さっそくいただきましょう 鶏の旨み満載のスープに、醤油が合わせられたつけダレ 油加減もよく、麺が持ち上げてジャストな梅です粗挽き唐辛子、ラー油などによる辛みづけは、私的にこのくらいがちょうどいいかな独特のコクと甘み、僅かに酸味を帯びてすっきり旨辛です麺をつけダレにくぐらせるほどに昆布の旨みが加わり、ばっちり旨味増し麺は細めのストレートに近い緩ウェーブツルツルと啜り心地がよく、喉越しも滑らかです細麺ゆえにつけダレ、油、粗挽き唐辛子の絡みも十分 途中でゆずごしょうを麺に絡めて、味の変化が楽しめるのも魅力の一つですね 青唐辛子のシャリシャリ感に、ピリッとした辛み柚子の爽やかな風味が広がります 具には葱、小口葱、輪唐辛子、三つ葉、海苔、メンマ、チャーシュー、茹で玉子、鶏だんごなど三つ葉の風味がよく、爽快感アップに貢献メンマはポリポリっとした歯切れで、しっかりめの味わいです低温調理の豚ロースチャーシューは、もっちり美味しい 鶏だんごは、旨み凝縮の逸品です 海苔の風味もいいですよ油多めの中で、茹で玉子がリセット効果を発揮します麺を食べ終えたら、丼に残った昆布出汁をつけダレに投入底に残った辛み成分が撹拌されるのか、より辛くなるというマジックを味わいます あといれ、さらさらご飯 で〆るのもいいのですが、今日はつけ麺をじっくり楽しみたかった満足ですご馳走様でした 札幌市北区太平4条3丁目3-3 ノースリバービル1F ラァメン センモンコクミン ショクドウK-shock !TEL 090-2053-9510営業時間 11:00 - 14:30定休日 水曜日 駐車場 約10台・ 正油 かとうラーメン・ 味噌らーめん・ ネオ正油らーめん(試食)・ 潮(しお)らーめん・ ネオ正油らーめん・ つけ麺 大盛・ ごまから麺 大辛 レベル1・ ネオ正油らーめん (加藤ラーメン製麺)・ 素らーめん 正油 (加藤ラーメン製麺)・ひまつぶし・ 味噌らーめん・ひまつぶし・ ネオ正油らーめん・サイチー水餃子・ 市内某店 鶏素麺 (トリス麺) 具なし味らーめん・ つけ麺 大盛 2玉・ カレー南蛮らーめん・ 鶏素麺 (トリス麺) 具なし味らーめん・ 正油らーめん・ G麺 (平日限定)・ 素らーめん  ・ 0麺(れーめん) - 冷製ごまから麺 -・ 0麺(れーめん) - 冷製ごまから麺 -・ 特製 冷やし中華 ・ ネオ正油らーめん・ 辛そうで、やっぱり辛い すこし辛い(つらい) 味噌らーめん ・ 冷やし納豆たぬきラーメン ・ 潮(しお)らーめん ~ 加藤ラーメン製麺 ~ ・ みのやさんちのマー坊 (麻婆) 麺 (味噌ベース) 中辛 ・ 正油らーめん・ ヤング麺・ 辛味噌らーめん (中辛)・ MIB (麺 イン ブラック) 平日限定・ つけ麺 大盛 2玉・ ごまから麺 中辛・ クラシック ラァメン (正油味) 国民食堂的昔風ラァメン (数量限定)・ クラシック ラァメン (正油味) 国民食堂的昔風ラァメン (数量限定)・ 辛味噌らーめん (中辛)・ みのやさんちのマー坊 (麻婆) 麺 (味噌ベース) 中辛 (ら~めん喰えすと参加メニュー)・ 正油らーめん・ つけ麺 普通 1.5玉・ AKR 65 旭川(風)ラーメン (本日の限定ラーメン)・ ネオ正油らーめん・ しょうゆ 黒・ 夏期限定メニュー ごまから冷麺 (中辛)・ 潮 (しお) らーめん・ AKR 65 旭川(風)ラーメン (本日の限定ラーメン)・ 辛味噌らーめん (大辛)・ しょうゆ らーめん 白・ KRR 65 しょうゆ味 (本日のメルマガ会員限定)・ ごまから麺 中辛・ 魚介パンチAKR・ つけ麺辛化 (小辛)・ ネオ正油らーめん・ つけ麺辛化 (辛さ2倍)・ メルマガ限定 100年前の脂そば・ T1-R 太吉 (数量限定)・ 潮 (しお) らーめん・ 本日の限定メニュー 汁なし坦々麺・ メルマガのみの気まぐれ限定 PZR-750・ 夏麺 第1試合 ひやかし ~本枯鰹節を添えて~ (冷やしかしわラァメン)・ 本日だけの限定 トマトの冷たいつけ麺 ~ カレー風味 ~・ 夏麺 第3試合 汁なしイタリアン マゼレッテ・ 夏の限定メニュー ごまからひやし (キムチ入り) 中辛・ マサルちゃん正麺 味 北海道マラソン仕様・ しょうゆラーメン 白・ 当分の限定メニュー 汁なし坦々麺・ 辛味噌らーめん 中辛・ 潮(しお)らーめん・ 魚介パンチAKR・ ネオ正油らーめん・ 赤い魚介パンチAKR・ 幸せの黄色いパンチ (きいパン) 中辛・ ごまから麺 中辛・ つけ麺 辛化 4倍・ しょうゆ らーめん 白・ らの道 達成者限定 比内地鶏のつくねそば・ ごまからひやし(キムチ入り) 中辛・ 私のカレ、冷たいんです。 中辛・ 大人のラーメン・ メルマガ限定 R20・ なま味正油 (なましょう)・ つけ麺 辛化 4倍・ なまの味 正油ラーメン (なましょう)・ fb友達限定1日15食 焰 (ほむら) 味噌・ 白しょうゆらーめん 大盛・ SOBBA 大盛・ FB友達先行提供 限定 汁なし担々麺・ ウィング麺 濃厚担々麺・ つけ麺 辛化 4倍・ 魚介パンチAKR 中辛 大盛り・ しょうゆらーめん (なましょう) (札幌すすきのラーメン館)・ 潮らーめん・ しょうゆらーめん (なましょう) (札幌すすきのラーメン館)・ SOBBA (そっば)・ 辛味噌らーめん 中辛・ つけ麺 辛化 4倍・ 白しょうゆらーめん 大盛り・ SOBBA 大盛り・ なま味しょうゆらーめん・ 魚介パンチAKR 赤パン・ なま味しょうゆらーめん・ セアブラノ民 鶏白湯背脂アタック しょうゆ味・ なま味しょうゆらーめん (冷たく〆た麺ver.)・ つけ麺辛化 4倍・ 白しょうゆ らーめん 大盛り・ ごまから麺 中辛・ 魚介パンチAKR 赤パン 大盛り

    ラァメン センモン コクミンショクドウ K-shock(北区) つけ麺辛化 4倍 大盛り
  19. 麺料理があって所謂ご当地ラーメン」になっています。僕は都内出身なのでサンマーメンには全然馴染みが無くて、多分今まで似たようなラーメンは食べたことあれど「サンマーメン」という商品名を頼んで食べたことも無かったのですが、なぜかここ最近フツフツと興味がわいて来て、それならば本場に食べに行ってみようと。降り立ったのはJR関内駅。コンビニでお買い物しようと思って元サンクスのファミリーマートに立ち寄りましたが、知ってる方の姿は見えず。お休みなのでしょう。横浜のこのあたりの地名とか駅名とかは位置関係もあまり分からないのですが、この「〜〜町」「〜〜橋」とかの語感は好きだったり。伊勢佐木町ブルースの石碑。確か「ゆず」も伊勢佐木町関連の歌があって、青江三奈の看板と似たような絵面の看板を見た記憶があります。 その伊勢佐木町ブルースの看板のすぐそばに玉泉亭があって、その創業は1918年。100年の歴史があって、サンマーメン発祥のお店と言われています(諸説あり)。店頭には食品サンプルのディスプレイがキレイに並んでいました。店内は昭和の中華調理屋さんといった雰囲気ですが、意外と清潔感があります。メニューその①。メニューその②。お酒が呑みたくなる一品料理も豊富にラインナップされていて、一瞬心揺さぶられますが初志貫徹でサンマーメンのみをオーダー。回りのお客さんは比較的高齢のいかにも地元の方という雰囲気の方が多くて、休日ということもあるのか半数ぐらいの方がお酒(ビール)を楽しんでいました。そんなに時間はかからずに僕のサンマーメンが到着。サンマーメン650円です。サンマーメンとは生馬麺(生碼麺、三碼麺)と書いて「生」はシャキシャキ、「馬」は上に乗せるなんて意味があるそうで、ニシンそばのようにサンマが入っているワケでは無いのです。具材は炒められた豚肉・モヤシ・ニンジン・白菜が餡で絡められていて、それが醤油ベースのラーメンの上に乗せられてます。野菜餡掛け部分はシャキシャキの食感を絶妙に残していて、そのあたりに中華料理店の腕を見せてくれているような。醤油&鶏ガラのスープは比較的優しい味で、じんわり旨味が後から追いかけてくるイメージで旨い。麺類の上に何か具材があると自然と手が動いて気付いたら天地返しをしてしまっています。誇張表現です。麺は写真の通り細麺で柔らかめの茹で加減。スープと餡の持ち上げも良くて麺とスープのコンビネーションを十分楽しめます。量はさほどでも無くて(普段二郎とか食べているからマヒしてる)腹7分目以下でサッとご馳走様でした。と。100年の歴史があるお店で旨いサンマーメンが食べられて良かった。お店を出てラーメン二郎横浜関内店の行列を軽く眺めて(偶然たくさん食べる方が並んでいて挨拶だけさせて頂きました)関内駅方面に歩いて行きます。横浜スタジアムを越えて中華街方面へ。中華街も久しぶりに来ました。次なるお店は清風楼。サンマーメンも旨いと有名なのですが、それ以上に文豪池波正太郎も愛した中華街の名店として、また、中華街で屈指の炒飯、シウマイの旨いお店として知られています。休日の昼時だったので行列は長く、逆にこれぐらい待ち時間があった方がお腹の中のサンマーメンが雲散霧消されるのに都合が良い感じだなぁ。 1945年創業の歴史ある店内(建て替え等の歴史は全く知らないので適当に書いています)は比較的狭く、テーブル席のみなので相席必至で、1人だった僕は食事中の4人家族が待ち受けるテーブルに案内されました。しばらく肩身の狭い思いをしていたら食べ終わった家族が席を立ったので、お、シャッターチャンスだと。すでにサンマーメンと炒飯とシウマイを頼んでいたのでタレの小皿や漬物が用意されています。メニューも再び開いてパチリと。写真を取り終えたぐらいで若者3人組が通されて再び相席になりました。しばらく所在無さげに待っていたら僕のオーダーが到着。ちなみにこのお店はオーダーは最初の1回だけで追加注文はNGというルールがあります。なので最初にビールとシウマイを頼んで、時間差で炒飯や麺類で〆るなんて事も出来ないと想像します。サンマーメン880円と炒飯880円です。隣の人の前にせり出し過ぎの割り箸をどけたかったなぁ。早速サンマーメンから頂きます。モヤシ・豚肉・筍・絹さや・タマネギといった具材で、絹さや以外の色目は地味なのですが、独特の歯応えと食感を主張する具材が多くチョイスされている感じです。餡もスープもシンプルで優しいホッとするような味わい。逆を言えば少々インパクト不足な気がしないでもないですが、きっとこれで良いのだと思います。天地返しをしてみると想像していたよりも太めの麺が顔を出しました。茹で加減は若干柔らかめですが、結構存在感のある麺で個人的には細麺よりもこのくらいボリュームがある麺の方がサンマーメンにはあっているような印象を抱きました。ふんふん。なるほどなぁ。なんて感じでサンマーメンを食べつつ横の炒飯に視線を移します。炒飯は想像していたよりもかなり量が多くて、炒飯の盛り付けには適さないと思われる丼で出てきました。割とピンク色がかったご飯はしっとりとパラパラの中間を行くような炒め具合で、具材はエビ、チャーシュー、ナルト、ネギ、玉子・・・。味付けはと旨味(化学調味料的な感もある)がなかなか強くてジャンク寄りという感じで、優しい味わいのサンマーメンのスープとバランスが取れています。たまたま一緒に頼んだだけですが、コレは良い組合せだなぁ。と。そして名物のシウマイ。ミッチリした肉と魚介(ホタテの貝柱だそう)の味わいが詰まっている肉肉しい焼売で、確かに名物と言うだけあって旨いと思いますが、期待したほど突き抜けた感じはありません。「お、評判通り旨いな。」ぐらいの感覚でした。サンマーメンとチャーハンとシウマイを食べてお腹いっぱい。特に予想外に多かったチャーハンがしっかりお腹に居るのが認識できます。でも、まぁあと1杯ぐらい食べられるだろう。と軽いノリとちょっと重い身体で今回のメインイベントに置いていた聘珍樓に向かいます。世間一般には昭和5年(1930年)に聘珍樓で賄いメニューでサンマーメンが生まれ、それがサンマーメンの元祖とされています(諸説あり)。聘珍樓は横浜中華街の中でもトップクラスの知名度と格式を持つお店で、値段も僕から見るとそれなりにするので、サンマーメン1杯だけだとちょっと気が引けてしまいます。今まで1軒家レストランとは違いビルのような立派な店構えです。ちょっと躊躇して店前で5秒くらい逡巡しましたが、意を決して店内へ。オールバックにした男性従業員に「独りサンマーメンOK?」という内容を丁寧な言葉遣いで聞いて快諾されて整理券を引くことに。サンマーメンはカジュアルな飲茶席と食事席両方にあるのですが、飲茶席は小振りな丼で提供され味も少しライト寄りアレンジされているので、伝統的なサンマーメンを食べたければ食事席で食べるのが吉だそう(事前調査の成果)。45分くらい待ち時間があったので、中華街をブラブラ観光してから指定時間にお店に戻りました。再び受付で名前を告げると店員さんに先導されて店内奥に通されました。4人がけテーブルに一人用のセットが用意されていて、座る時にはちゃんと椅子を引いてくれました。薄いガラスのグラスに烏龍茶が注がれ、荷物にはナプキンをかけてくれました。サンマーメンの値段は1000円。税・サービス料は別です。サービス料10%で100円。100円で他の高級なコース料理を頼むお客さんと分け隔てない「もてなし」を受けられるのはとても嬉しいのですが、なんだかスゴく肩身が狭いです。背筋を伸ばして優雅に烏龍茶を飲みながら待っているとサンマーメンが配膳されました。サンマーメン1180円です。餡に絡められた具材は細長く切られた豚肉(青椒肉絲に入る豚肉に似ている)・モヤシ・キクラゲ・小松菜・パプリカでモヤシは大豆と緑豆の2種類入っています。スープはあっさりめの醤油+鶏ガラをベースに、複雑なダシを感じる滋味深いモノで単純に旨い。食べ進めて行くと野菜を炒めた油と餡がスープに混ざり合って味にさらなる奥行きを与えて行くので物足りなさは感じません。 麺はわりと細めで天地返しをする右手にもそこそこの荷重と負荷を感じたので、麺量も165グラムくらいありそうです(適当です)。少し柔らかめではありますがこのスープ、具材と相性が良いと思います。そして小皿で付いてきた辛味噌。コレを食べてる途中で適量スープに溶かすと味のイメージが一変します。もちろん入れ過ぎ注意だしあまり序盤で投入するのもあまりオススメしません。どうでも良い話ですがこの長めの箸が重量も質感もとても手にフィットして良かったなぁ。上の金属部分もなんだかカッコよいし。そんなこんなでかなり満足して完食。3杯のサンマーメンを食べてみてそれぞれ良い面がありましたが、やはり全方位的に聘珍樓が1番印象に残りました。なかなか横浜サンマーメン巡りも楽しかったなぁ。と満足して帰ろうかと思いましたが、折角横浜まで来たし天気も持ちそうなので散歩がてら山下公園に向かってみます。どんよりした空ですが、やっぱり横浜って海があって良い街だな。適当に海風に吹かれて時間を過ごしてから帰路についたのでした。

    たくさん共感されています

    玉泉亭・清風楼・聘珍樓(横浜)
  20. みなさんこんにちわ久々の映画にワクワクが止まらなくて、普段食べないポップコーンたくさん買ってしまったあつしでございますよ。昨日は今日も嫌がらせ弁当を見たのですが、この映画の4DXとかあんのかなぁ?なんて思ったりしてました!アメリカ人みたいに映画見ながらポップコーン投げてみてぇそんな昨日は完全オフ!ダラダラ過ごそうとしてましたが、お昼になるに連れ、なんだかもったいなくなってきて、なぁなぁ!映画でも見に行かない?って果樹を誘ってみました!何見るの?ってきかれたので、パパは嫌がらせ弁当見たいんだよねーっていったらいいよって!キターーーーー!果樹と久々の映画デート!一応うちのママさんも誘ってあげましたが、アラジンなら見たいけど…との事そらそーだ、こんな映画見たらあんたの立場ないもんね!うちのママさん親子の愛情ものは絶対見ませんね!ママさんが、アラジンと嫌がらせ弁当どっちがイイ?と果樹に聞きますが、果樹はうーん、嫌がらせ弁当かなぁーはいアウトーあんた1人で見てくれば?つーことで、果樹と2人で今日も嫌がらせ弁当見てきましたー笑いあり涙あり!母の愛情がたくさん詰まった物語いい映画でしたが、これ果樹に見せたら押し付けがましいかなーなんて思ったりして笑またシングルマザーの大変さ、シングルファーザーの苦悩!僕的には共感できるところがたくさんあって、よかったなぁ果樹も楽しかったって!そんな今日は果樹のコンクール!朝の4時からおべんと作り!そして6時前には家を出て、小雨の降る中流山で早朝フットサルを!終わってすぐに君津へ向かう!そして、発表みたら世田谷で仕事!そんなドタバタで作ったキャラ弁このタコさんウインナー!嫌がらせ弁当の篠原涼子さんがブログで知り合ったシングルファーザーに教えてあげてたやつです!果樹お弁当開けたら気づいてくれるかな?僕のタコさんは目がハートになってますけどねーそして、なんとか間に合ったコンクール!椅子に座ってビデオの支度もバッチリてしたが、なんと入ってきた瞬間指揮者の先生と丸かぶり!慌てて移動して事なきを得ました!演奏したのはえいさのなんとかすごい難しそうな曲!中学からはクラリネットです!さすが中学生!素敵な発表でしたーさ、頑張って仕事しよ!それでは午後もエイエイオー

    コメントが盛り上がっています

    今日も嫌がらせ弁当!