編集部が選ぶブログまとめ

みんなが見ている注目記事

  1. …疑いでしたゆいと赤ちゃんぽさはそこからかぁ、なんて勝手に思ってしまったため、その後の話しをちゃんと聞いてなかったみたいです(おいっ)と、言う訳で先生より、成長ホルモンを点滴で入れてその推移を見る検査をします。と言われ月火(10、11日)の午前中に検査をする事が決まり、入院は更に長引いております。そして…月曜日は1時間、火曜日は2時間点滴をして、推移をみます。この『推移をみます』を甘く考えていました副作用も少なく、比較的 安全な検査です。自分(先生)もそばに居てみているので大丈夫です。と説明がありました。点滴だけなら、ルートの確保でちょっと痛い思いはするだろうけど、切ったり取ったりするよりはよかったなどと考えていました。が、金曜日から血糖値の検査が始まりました。朝の10じ~夕方4じまでの間、2時間おきに4回指先に針を刺し、血液を試験紙に垂らして、血糖値をみるのです。1日4回も成長ホルモンが少ないと、血糖値が安定しないらしく、それを見るために血糖値の検査が行われました。金土だけのはずが、この検査は12日の水曜日まで行われました。そしていよいよ明日、成長ホルモンの検査という前日の日曜日、ゆいとの病院からの帰り道…寒気がする…いや薄着で寒いのか?やっぱり寒気な気がする。家に帰って熱を測ると36°9正に微熱、でもなんか悪くなりそうな予感がしたので、ネットで効率よく熱を上げる方法を検索し、温めたポカリを飲み、首と名の着くところ全部を温めて寝ると、夜中には38°朝には36°4う〜ん平熱。ですが、小児科に行くには気が引ける。この日は奇跡的に息子が休み。ゆいとの事は全面的に頼んで、私はかかりつけの病院へ『全然、病院に行っても平気だと思いますよ』と半笑いで言われながらも、家で安静にしていました。そこに息子から、検査は無事に終わったけど、50箇所くらい血取られた(原文のまま)と半泣きの電話。50箇所ってちょっと何言ってるか分からない←かなり焦っている事はわかった。(息子からの写メを載せています。痛々しいので嫌な方は飛ばして下さい。)50箇所なんてあるわけないじゃん。なんでも推移をみるために、沢山採血したとのこと。いっぱいなのはわかったけど、話がよくわからず、翌日行った時に先生に聞いてみるという事になりました。息子から送られてきたら写メですこれを見て翌日皮膚に塗る麻酔薬を持参して病院に行きました。長くなるので次に書きます。痛々しい写メばかりなので…向きを変えてもらった時に、変な寝ぐせがついてるゆいとですこれ、向きを変えたあと直してくれないんですよwいや直してよ 看護師さんと、思いながらも、私も写メってから直しました(おいっ)あぁめっちゃぶちゃいくに写ってるしでもかわいい(親バカ通り越してもうバカです)

    たくさん共感されています

    成長ホルモンの検査………結果出ました
  2. 019.5.25修4ヶ月18日。乳児院での、はるとの二回目の面会。前回は寛太と私の二人だけで訪ねたけれど、今回は旦那も一緒に行けるよう土曜日に面会をお願いしていた。NICUに入院していたためにお宮参りもお食い初めもしていないはるのために、乳児院の提案で今日それらを行うことになった。お食い初めをすることは昨日知らされ、お宮参りのことは今朝聞いたばかりだったから何の準備もできずに服装さえも普段着のままだったけれど、まぁ良いかと思い直して乳児院に向かった。今日は、年配の保育士さんが対応してくれた。前回対応してくれた保育士さんははるの主担当で、私にとっては接しやすい人だった。今日の保育士さんは親切にしてくれる点ではありがたかったけれど、少し苦手かもしれないと感じた。乳児院には乳児院のお世話の仕方やルールがあって、訪ねて行く側のこちらがそれに合わせることは当然のことだと思う。けれど、見守ってもらう間が私には必要だった。手出し口出しをされることでペースを簡単に乱されてしまう私にとって、今日の面会はストレスになってしまった。その一方で、はるは終始にこにこしていて機嫌がよく、お宮参りもお食い初めも穏やかに終わったことが何よりだった。お宮参りとお食い初めのあと、保育士さんの勧めではるの沐浴と授乳を私がおこなった。気疲れしていたため旦那に代わってもらおうかと思ったけれど、旦那は施設内を走り回ろうとする寛太を捕まえる係になってしまったので、頼めず仕舞いだった。授乳が終わる頃にはもう16時半をまわっていて、心身ともに私はくたくたになってしまっていた。そして、帰る時間になって、門を出て靴を履いている時に保育士さんに尋ねられた。10日後ぐらいにはるちゃんの健診の予約が入っていると思いますが、お母さんがこちらに来られてからうちの職員とはるちゃんとで一緒に病院に向かう手はずなのでしょうか。そう訊かれて、何の話をされているのか全くわからず動揺してしまった。私は何も聞いていません、児童相談所の職員の方が乳児院の方と一緒にはるの健診に行ってくれると聞いていたように思いますが。私がそう答えると、そうですか、でも、ご自身のお子さんのことですので、基本的に定期健診にはお母さんに行って頂かないと、と返ってきた。はるの定期健診は平日のみ可能で、平日は旦那は仕事でいない。じっとしていられない寛太を連れて静かに過ごさなければならない場所に旦那を伴わずに行くことは私にとっては至難のわざで、でも次の健診日は旦那には仕事を休めない用事があった。寛太を預けられる場所もなくて、その日はどうしても難しいと伝えた。でも、その保育士さんは、ご自身のお子さんのことですので、と再び答えた。最終的には児童相談所の方に相談してみてください、と言われてその話は終わったけれど、もやもやするものが残ってしまっていた。もともと感じていた疲労の上にいらいらと罪悪感がのしかかった。ご自身のお子さんのことですので。その言葉が頭から離れなかった。

  3. 心療内科に行ったらストレスによる不眠】と素人でも解る診断。カウンセリングは『大丈夫、大丈夫。気楽に生きようよぉ~♪』とそこら辺の兄ちゃんでも出来るアドバイス。挙げ句に処方された薬が全く体に合わず職場で意識を失い倒れてしまいました。結局薬は1回しか飲まず、カウンセリングに金を払う価値を感じられなかったので通院は2回で止めて自力で不眠症を治しました。今回も自力で治そう。そう思ってとりあえず規則正しい生活を送り支援センターや子連れで参加出来る講座に積極的に出掛けて人と会話次男坊と一緒に公園や近所を散歩不眠症に効果がある事をやってみました。しかし症状は全く改善されず眠る事が出来ず、日々体が重くなっていく。どうする事も出来なくなってきた私は『次男坊にはひもじい思いをさせたくない!』と体が動く時間は離乳食のストック作りに没頭しました。徐々に体を動かす事が辛くなり、家事をする為に栄養ドリンクを2~3本飲んで体を無理矢理動かしていました。そんな状態でも次男坊の世話や遊んだりする事は全く苦ではありませんでした。ただ夜泣きの時は別です。甲高く奇声に近い泣き声を聞いていると頭が痛くなり、特に後頭部から首にかけてが焼かれているように熱くなります。実母が高血圧でよく『後頭部が熱い』と言っていたので私ももしかして高血圧なのか?しかし血圧を計ってみると上が120元々上が100くらいだったとはいえ高血圧とは言えない状態。だったらこの後頭部の熱さは何なんだろう?泣き声を聞いて痛む頭に鎮痛剤が効かないのは何故なんだろう?何故私は眠れないんだろう?徐々に追い詰められていました。

    たくさん共感されています

  4. 昨日の朝8時に起きミルクいつもの量の160mlを完食🍼11時半に2回目のミルク飲んでこれも160ml飲んで、しっかりゲップもして…夫くんが休みだったので買い出しのため、お出掛けしました🚗 ³₃13時半頃にベビーカーで寝ていたそうちゃんがちょっと苦しそうな顔し出して…喉の奥がぐえぐえなり…咳が出てドバァーっと吐きました(›´ཫ`‹ )少し時間が経っていたからミルクが全部出たって感じではなく…ミルクと混ざった水っぽい嘔吐(›´ཫ`‹ )吐いたあとは苦しそうとかなくてむしろ出してスッキリした様子。そして、にこにこ( ´罒`*)✧"顔色も悪くなかったので様子をみて義実家に行く予定だったので買い物のあとに義実家に行きました。3回目のミルクの時間だったので飲ませようとしたら…あまり飲みたがらず…100mlくらいでもういらないアピール左手をチュパチュパして右手でバシバシ母を叩こうとするのがそうちゃんなりのもういらないよアピール(笑)ミルク飲みながらうんちもしてたので取り替えようとしたら、背中漏れの大量(ノ・ω・)ノ⌒💩綺麗にしてあげたらご機嫌に✨だったのですが…30分くらいしてからグズグズマン抱っこしたりおっぱい吸わせてもダメだったのでベッドでゴロゴロさせてたら、寝返りしてすぐに寝た😴眠かったのか~と思ってほっとしたけど1時間くらいで起きる👀そしてケホケホ咳が出てて…少し吐く…そのあとからはもうグズグズ…ギャーンと泣いておさまって、ふがふが泣く…。ちょっと熱いなと思って熱計ったら38.6°って出て、やばー!熱あるじゃん!!と焦って母子手帳取り出して相談ダイヤルに電話したその時18時半過ぎてて予防接種受けてるクリニックも終了してたのです夜間急患は19時半からしかやってなくて待ってる間少し落ち着いたので再度熱計ったら37.4°泣きすぎて体温上がってたのかな?でも咳は何回か出てて…19時半からの急患に行ってきました。おじいちゃん先生…😅う~ん、風邪だね~1日分のお薬出すから飲んで様子みてダメだったらかかりつけの病院に行ってね~でおわった…(笑)咳が出るのでミルクもうまく飲めず…病院から帰ってきて寝るまでの時間は60ml~100mlとかで飲める量だけ飲んで、寝ながら咳はしているものの吐きはせず朝まで寝てました😴おしっこの量も普段と変わらないので飲む量はいつもより少ないけど脱水の心配はないかな?🤔今日も様子みてて飲まない時は70mlまで🍼お風呂上がりのあとのミルクは160ml飲めました。まだ咳は出るけど頻繁ではなく今日は咳して吐いちゃうこともなかった🥺熱もないです!初めて体調悪くなりかなりソワソワしました(; ꒪ㅿ꒪)急患行ったのに夜にまた相談ダイヤルかけてダウン症の子だから、余計に心配で…と話してるときにちょっと半泣きになってしまった急患にも行ってるから、そうちゃんの体調見てやっぱりおかしいとか酷い咳になるようなら、かかりつけの病院に電話して診てもらえるか聞いてみたらどうでしょう?咳が治まるには加湿が大事だから温かいタオルで顔拭くとか湿度をあげてみてと色々提案してくれました。新米母さんには本当に助かります😭どうか早く治りますように

    たくさん共感されています

    4m22d【咳→嘔吐…】
  5. ちはパリで2歳差姉育児中megの育児日記です桜ちゃん 3歳2ヶ月にこちゃん 0歳6ヶ月パパ多忙につきほぼ週7完全ワンオペ育児。てんやわんやドタバタな毎日を知恵と工夫とガッツでサバイバルしています⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆一時帰国して実家での滞在中、先日、桜ちゃんのナッツアレルギーが発覚しましたしかもいきなり、アナフィラキシーを起こしてしまって、本当に怖い思いをしました何回かに分けて、桜ちゃんのアレルギーのことを書きたいと思います。ナッツは、もともとクルミは怪しいと思っていて、避けるようにいました。1年ほど前、おやつにクルミを4〜5粒あげたところ、目が痒くなったことがあったんですなので、「もしかしたらアレルギーなのかな?」と思ってはいたのですが、特に検査はせず、とりあえず避けるようにしていました。でも、今回の帰省中に、私に隠れてこっそり食べてしまったのです激しい症状がいきなり出て、本当に怖かったのですが、小児科の先生がおっしゃるには、誰にでも起こりうることだとのこと。特に、3〜4歳くらいで、新たに発覚する食物アレルギーって多いみたいです。なのでぜひ、こんなケースもあるんだなぁと思ってご覧いただいて、何かのお役に立てれば幸いです。以下、時系列で、状況や症状を記録します。(*じんましんの症例写真も載せますので、苦手な方ご注意ください)小児科に駆け込んで、点滴をしてもらっている時*◌⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆【アナフィラキシーを起こした日の記録】朝7:45ごろ私が朝食でバタバタしているうちに、隠れてこっそりナッツミックスを食べてしまう食べてしまったのは、小袋を2/3ほど。クルミ、アーモンド、カシューナッツが入っているナッツミックスでした。糖質オフダイエット中の妹が、ダイエットに良いからと食べていた物で、妹の部屋に置いていた物を、甥っ子と2人で隠れてこっそり食べていた様子。朝食後の片付けで、一瞬目を離した隙の出来事でした8:15ナッツの摂取から約20分〜30分後。桜ちゃんが目を痒がり始めました。と、みるみる間に目が腫れてパンパンになり、顔全体も赤くなり、首にもじんましんが首のじんましん(発症後すぐ。この後もっと出ました)フランスのかかりつけドクターに繋ぐためにも症状の写真を撮っていました目の腫れが特にひどくて、まぶたはかなりパンパンになり、目が開かなくなってくるほど。。。肘や膝の裏側にもじんましんが出て、痒がっています。お腹など、全身をチェックしつつ、これは、病院に行かないといけないかも・・と思っていると、コンコンと咳をし始め、「ちょっと苦しい」と訴え始める・・・これはまずい!!!と慌てて近くの小児科に電話をしました。8:20小児科に電話して、「アレルギーで症状が重そうなので緊急です!」と伝えると、すぐに来てくださいと言われ、母に車を出してもらい、向かいました。8:35小児科到着おしゃべりもほとんどしなくなり、応答はなんとかできるものの、元気がなくなりぐったりしてくる駐車場から病院まで歩けないので、抱っこして走る私。(ちなみに背中ににこちゃんおんぶ・・・)8:40受付で名前を告げて、待合室で寝かせていると、すぐに看護師さんが血圧を測りに来てくださり、食べてしまった時の状況などを聞かれました。血圧は異常なくて、ホッとしました・・・いつもすごく混んでいる病院なのですが、このあと、予約の人を飛ばして、診察室に呼ばれました。(それだけ緊急だということ。。。小児科が近くになかったり、開いていない時間であれば、救急車を呼んでも良かったと思いました)診察では、こちらのチェックシートを使って、先生が症状を確認したり、説明したりしてくださいました。このリスト、症状の重さと必要な対応がとてもわかりやすかったので、ぜひ拡大して見てみてください!(ママ友に送ったら、「万が一のために画像保存しとく!!」と言ってくれたので、ここでもシェアします。)桜ちゃんの症状は、画像内でも一部チェックがついていますが、✔️目のかゆみ、充血✔️咳✔️顔全体の腫れ✔️まぶたの腫れ✔️強いかゆみ✔️全身のじんましん✔️全身の赤み✔️ぐったり✔️声がかすれるがありました。症状のレベルとしては、青字の症状が比較的軽度。=薬を内服して家で様子見オレンジ字がやや重度。=すぐに病院。(状況によっては救急車)赤字が重度。=すぐに救急車。ということになるそうです。桜ちゃんは、軽度のアナフィラキシー症状を起こしているとの診断でしたアナフィラキシーについては、こちらのサイトがわかりやすいです。▷アナフィラキシーの症状アナフィラキシーと言ったら、アレルギー反応の中でも重度。私の中では、「ショックを起こして死んでしまう」といういうイメージがあったので、先生の口からその名前が出たのがとても恐怖でしたでも、アナフィラキシーでも軽い方で、ショック症状まではいかなかったので、本当によかった。。。上の写真内の1番左の列の重度の症状が1つでもでたら、エピペンを打たないといけないのだそう。エピペンは、アナフィラキシー症状が起きた時に打つアドレナリン注射で、救急車が来る前にすぐに自己注射できるように、日頃から自分で持つ場合も多いそうです。(エピペンについてはこちら→✩⋆)桜ちゃんは、経過をみながら症状に合わせて治療をするということで、9時ごろから、ベッドで横になり、看護師さんと先生が頻繁に見に来てくださり、経過観察が始まりました。それにしても初めて耳にすることが多くて、本当に日本にいる間でよかった・・・と思いました。フランスだったら、、、こんなにすぐに小児科で診てもらえないかもしれないし、小さなクリニックだとベッドなんてないから、たぶん救急に行くべきだったでしょう。救急外来もいつも混んでいるから、たぶん救急車呼ぶのがベストだっただろうな・・・焦りながらのフランス語で、しかも初めて知る言葉ばかりで、私、理解できただろうか・・・なんて、ぐったりするの横で考えていましたほんと恐ろしい。。。9:15じんましんのお薬(粉薬)を内服引き続き顔はパンパンに腫れて、全身にじんましん。ややぐったり。。。9:20やはり、声が枯れているのが気になるということで、(呼吸器系に症状が出てしまうのは、重いとのこと)エピペンを太ももに打ちました。9:30なんとなくじんましんのかゆみが和らいできたみたい。かゆがらなくなってきたけれど、まだまだ発疹や赤み、腫れは相当ありました9:35まだ声枯れが治って来ないので、点滴をすることに。先生のお話だと、エピペンは即効性があるけれど、効果は15分くらいしか続かないのだそう桜ちゃんの場合、心配なので、点滴で持続的にお薬を入れた方がいいとの判断だったようです。。桜ちゃんは、注射や点滴も全く嫌がらなかったです。。。嫌がる元気もなく、ぐったりしていて本当にかわいそうだった・・・点滴を刺す時には採血もして、簡易なアレルゲンの検査にまわしました。一時帰国中で時間が限られていたので、今回の原因を特定するために、ナッツ系のアレルギーに絞った血液検査をしていただきました。(結果は1週間ほどで出ました)10時くらい点滴が効いているのか、だんだん元気が出てきましたよかった・・・涙おんぶのまま連れてきたにこちゃんがぐずり始めたりして、私はバタバタ引き続き、経過観察のために、しょっちゅう看護師さんが出入りされます。11時半症状が落ち着いて元気もでてきたので、ひとまず大丈夫でしょうとのこと。よかったーーーー本当に、どうなることかと思ったのでひとまずほっとしていましたが、でもアナフィラキシーには、「二層性反応」といって、治療でいったん落ち着いた後に、また症状がぶり返すことがあるそうなんですなので、帰宅後にぶり返すことを防ぐために、ステロイドのお薬(粉薬)が処方され、帰宅後にすぐ服用しました。この頃には、身体のじんましんはほぼ消えていましたが、顔の腫れや赤みは、結局翌日くらいまで続きました✩⋆アナフィラキシーで1番怖いのは、気道がふさがれて呼吸ができなくなったり、意識がなくなってしまったり、不整脈がおきたり、最悪の場合、ショックで命を落とすこともあるということ。これを書いていても震えます。。。桜ちゃんの場合、アナフィラキシーとしては軽めの症状で済んだので本当に良かったですが、今後のために、私もアレルギーっ子の母として勉強を始めました。本当に、私もまさかこんなことが我が子に起こると思わなかったので、恐ろしかったです。。。でも、繰り返しになりますが、小さな子どもは特に、誰でもいきなりこんな症状を起こす可能性があるということ。いきなり重篤な症状が出てしまった時、ママがアナフィラキシーのことを知っているかどうかでは、かなり大きな差が生まれると思います。子どもの身体のことをブログに書くのはちょっと迷ったのですが、大勢のママに知ってほしいなと思ったので、書きました今後、何にどれくらい気をつけていかないといけないのか、小児科の先生からも、後日、血液検査の結果とあわせてアドバイスをいただきました。次の記事でまたまとめたいと思います。meg※小児科の先生のお話や、調べたことをもとに書いています。アレルギーについて、まだ勉強中なので、もし不適切な内容があれば、教えていただけると大変助かります!✧˖°人気記事 Pick up✧˖°ベビーグッズレビュー出産準備~1歳まで。使ってよかった物だけご紹介しています♪楽天購入品子ども用品から我が家の定番お気に入り品まで♪お買い物好きな方よろしければご覧ください♡離乳食・幼児食まとめ手づかみ食べ奮闘記!! 海外転勤✿渡航準備パリでの子育て便利情報人気のベビーグッズ情報はこちらからGET オーガニック母乳育児ハーブティー【AMOMAミルクアップブレンド】 (30ティー... 価格:1999円(税込、送料別) (2019/3/6時点) *◌⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆。˚✩*◌⋆Instagramやっています@meg_paris_maman毎日のごはん&おやつ&時々ハンドメイド日記を更新中フォロー&コメント&いいねいつもありがとうございますAmebaアプリでご覧の方は、下のリンクをクリックしてくださいね

    【ナッツアレルギー】アナフィラキシーを起こした日。