編集部が選ぶブログまとめ

みんなが見ている注目記事

  1. との初旅行♡初めての家族旅行は、新幹線の旅にしました。わたしは、昨日は、睡魔に負けてしまい、何も準備しないまま、寝てしまい、朝起きて、大後悔!(笑)優しい母が、(わたし)のバタバタを察して、(わかってしまうあたりが、さすが、母親ですよね♡)早朝から来てくれたので、準備も間に合い、予定通りの新幹線に乗れました。しかも、のボディソープを買い忘れていて、買いに、ジョンマスターへ寄る余裕があったほど!今回は、駅まではタクシー移動で、ベビーカーなしの、抱っこ紐だけにしました。荷物は、スーツケース1つと、いつものマザーズバッグをやめて、主人のリュックに荷物をいれることに。ベビーカーがないときは、リュックが便利ですよね。スーツケースにいれる、の荷物は、2泊3日で、このくらいです。スーツケースも、大きいサイズのにしましたが、半分は、のものでいっぱいです。(の旅行用ポーチを、まだ用意していないので、今回は、IKEAのジッパー付プラスチック袋に、全部いれています。)もう半分は、わたしと主人のものを。むしろ、私たちの方は、まだ余裕があります(笑)以前なら、考えられなかった、荷物量です。わたしも、主人も、基本的には荷物がすごく多く(笑)、服や靴も、多めに持っていき、現地で選ぶ派。(↑滞在して数日目で、かなり、もうごちゃごちゃになっていますが、数年前のバリ旅行の時です。)あれ持ってくればよかった〜と思ったり、やっぱり、あっち着たかった〜とか、その日の気分で変わったりしますしね。でも、が生まれて、のことが最優先!自分たちの持ち物は後回し!むしろ、自分たちのものは最低限で良いよね〜と。抱っこしていて、吐き戻しとかで、一緒に服が汚れてしまったときの着替えがあれば〜くらいの感覚で、準備をしました。子どもが生まれると、こうも、変わるものなんですね♡新幹線は、今回は、のぞみに乗車していますが、スーツケースは、ちょうど、わたしと主人の間におさまりました。ご参考までに。↑グリーン車の最前列に座っていて、フットレストとフットレストの間におさまっている感じです。サイドにも、収納されているテーブルはありますが、前のテーブルも、片方は、ぎりぎりだせます。最前列は、テーブルも奥行きがあるので、荷物やドリンクも置けて助かります。(テーブルにバッグを置いてしまい、失礼します。。)ですが、早々に、係員の方が声をかけてくださり、通路挟んで反対側も、今現在は、終点まで予約が入っていないとのことで、どなたか乗車されるまでは、お使いくださいと、仰ってくださり、スーツケースも移動し、足元も、広々になりました♡ちなみに、スーツケースのサイズは、うる覚えですが、大体の航空会社で、無料で預けられるギリギリのサイズの大きさです。そして…肝心のですが…♡席を堪能したあとは、(を座らせても、わたしや、主人が、前に立つくらいのスペースはあります)わたしに抱っこされ、抱っこ紐で、早々に、スヤスヤ…♡眠り始めました。ではでは、いってきます(^-^)/▶︎>赤ちゃんとの旅行時に便利そうなグッズ記事

    荷物量!初の娘との家族旅行♡
  2. メッセージのお礼
  3. 日こそ、やっとにこ抱っこ出来るやっとにこのストレスが少し減るそう思ったら嬉しすぎて、いつもより一時間早く目が覚めて、ルンルンで病院へ着いてすぐににこの所へ⊂('ω'⊂ )))Σ≡にこの姿を見た途端、開いた口が塞がらなかった。。。まだうつ伏せ拘束されてる。え!?ちょっと..明日抜糸して、おしっこの管も抜くって言ってたじゃん(あくまでも、抜く予定です。)傷口も順調だし、きっと今日から拘束は無くなるんだろうとばかり思ってた..私「大至急先生を呼んで下さい!!」しばらくして先生が来て、説明を受ける。·今日まで様子を見て、明日抜糸する。·抜糸したら、仰向けになれる。抱っこもOK。·退院予定は明後日。·なので、明日まで頑張りましょう。...って慎重に見てくれてるから、抜糸を明日にしたんだろうけど(>_<)また今日もにこに我慢させるのかでも..明後日退院出来るかもしれない退院という言葉を聞いて、私の気持ちは一気に落ち着きましたにこ~もう少しだよっ頑張ろうね頑張ってとか、頑張ろうも本当は言いたくない..頑張らせたくないし、もう充分すぎるくらい頑張ってるからそして、明日抜糸が終わったらABR検査をします。明日検査をすると言われて、胸がドキドキしています。一気に不安になりました...ABR検査とは、聴力検査の一種で、眠くなるお薬を使って眠らせ、音を出して脳波の反応を見ながらにこがどのくらいの音が聴こえてるのか調べる検査です。音の聴こえる子は、脳波のグラフが音に反応すると波を描いたような線になります。聴こえない子は、グラフがまっすぐのままです。にこは、生後一ヶ月の時にABR検査をして一番大きい音もまっすぐでした。ジェット機が飛ぶ音も聞こえてないとゆう判断です。でも成長と共に、聴力が上がる事もあるようで..なので、明日の検査で少しでも反応が見られたらいいなと思ってます..少しでも聞こえるようになっていて欲しい..それを願うばかりですこの検査結果を今度、筑波大学病院に持っていき、筑波大学中心で難聴の事は診ていくつもりです。4オピニオンももちろん頭には入れてます!退院しても、耳や腕の事、経過観察やリハビリなどで病院三昧です来月には、お尻の穴を作る手術でまた入院です一歳くらいには、腕の手術です。いつになったら落ち着くのだろうか

    たくさん共感されています

    色んな不安
  4. 8日から普通サイズベビーベッドに変わりました。NICUは特に小さい赤ちゃんが多いなかゆいとのジャイアン感が半端なくてちょっと笑ってしまいましたがそうやって改めて回りを見るとみんなは大きくなって退院していくんだなぁと、うらやましくなったりまた、こういう時に先生の言葉を思い出して、悲しいような、虚しいような気持ちが湧き上がって来たのを覚えています。そしてNICU、GCUを良く知るようになると小さく産まれただけじゃなくいろんな子がいるんだということを知りました。4月1日初オムツ替えです。あれ?2月の中頃から来始めてこの日が初オムツ替え?と自分でもそうだったかなぁ?と思いましたが完全にこの日でした。以前、看護師さんにオムツとか変えてもいいですよと、言われ ましたが、オムツを取り替える自体が20年以上ぶりでビビってなかなか出来なかったのにそんな時、お浣腸されて大量ウンチのオムツを、なぜかそのタイミングでおばあちゃんやってみます?と聞かれこれは絶対、肌着だのシーツだの汚してしまう、絶対汚しちゃう←とちょっとだけ悩んだ結果超ひさしぶりなので、最初はオシッコのオムツからお願いします!!と言いました。それからこの日まで、やりますか?という看護師さんがいなかったので初オムツ替えとなりました。初オムツ替えにして初部分洗いということで担当の看護師さんと一緒にゆいとのおまたを、防水シートを敷いて洗いました。ふにゃふにゃでした(こらっ!!)そして今まさに 真横で不穏な音をさせるゆいとどうか漏れていませんように(>人<;)

    コットからベビーベッドへ