11/13の記事ランキング

  1. こんばんはフォロワー様方いつもありがとうございます今回のブログは私の自己満足になりますので気兼ねなくフォロワー解除して頂いても大丈夫です本題に戻ります私は5ちゃんの2スレを見ていますその中で3人お気に入りを見つけましたみんな名無しさんといつまでも一緒の名前なので性別などわかりませんが【Aさん】私に良く話しかけてくれますよねドンキの下りは最高でした!笑いのツボをおさえてらっしゃる【Bさん】スネークさんですかね…?私の旦那は医者だとネタを流された方ブログやコメント返しにも旦那は医者とは1ミリも公表してませんでしたが…スネークさんじゃ無ければすみません【Cさん】一番好きな人です私のブログを読み込みオカンスペックを考察した人その観察力と洞察力に関して凄い頭脳の持ち主だと思いました!まぁ、前から注目はしてましたが…掲示板での私への誹謗中傷…私がダメージを受けるであろうオアシス批判気にはなるけどそんなにダメージ受けません育ちが悪い元ヤンやらメンヘラやらエアな妄想やらセフレと自覚してないやら同じ関西人として恥ずかしいやら憐れや可哀想や肉便器などお里が知れてますよ!ってのは面白かったです定期的に同じ様な事を言われますがまたか…って感じです私はメンタル強いので大丈夫ですがブロガーに攻撃し過ぎるとアメ限になったり、辞められたりで自ら楽しみを奪う事になるってスレ主さんが言ってましたよね私も同意します私の独り言…いや、話しかけでした前ブログのコメント返しせずに更新してしまいすみません…

    たくさん共感されています

  2. ※公開バージョンは、LINEのやり取りを載せていません前回の続き私、キャサリン、やっくんとの3人同窓会二軒目を出たところで、キャサリンの帰りの新幹線の時間駅まで一緒に歩く。キャねー、本当に気になって、帰れないんだけどみーちゃんの彼氏って誰よ私え、無理無理教えられないよだってね、、……一人じゃないしキャえ、、うそ、、私もな、なぬを〜〜ここまでの話をまとめると、、キャサリンの彼氏は、、①同級生②私の知ってる人③2人同じやんかぁ嫌な予感後味マックスで、、キャサリンと別れることにキャとりあえず、新幹線乗ったら、LINEするから私うん、わかったそこから、家に着くまでLINEのやり取り、、。お互い、なんとなく、けん制しながら、探り合いそして、ついに、、発覚悪い予感的中お互いの、、1人目彼氏は、そう、Bくんはい、まさかの、どかぶりまじかぁそして、彼の本性が徐々に、明らかになるのですつづく……もうすぐクリスマスだねグッチ GUCCI 二つ折り財布 GGナイロン レザー 本革 ウォレット ブラック メンズ ブランド 292534-g1xwn-8615 【Luxury Brand Selection】あす楽対応【はこぽす対応商品】【コンビニ受取対応商品】 クリスマス 未使用品 新品 新作

    たくさん共感されています

  3. 会って1ヶ月半余りW不倫、一週間ぶりに逢えた。 町の観覧車に乗ろうと、彼女が言い出したので二人で乗った。お互い五十路だけど、学生のカップルみたいだと観覧車の中で二人とも笑う。逢うだけで胸が高まるのに、高い所は更にドキドキする。夜景が綺麗と彼女は微笑む。夜風に少し揺られながらの空中散歩は、ロマンチックだ。降りた後、和食屋で夕食を共にする。今宵はお泊りデートできるから、あれこれ楽しくゆったり食べた♪食後はホテルのダブルルームに入る。抱き合い口づけを交わす。会いたかった大好き唇は胸へ、指は下まで及ぶ。二人ともたぎってくる。たまらない脱衣するのももどかしく、そのまま行為に及んだ。俺がゆっくり彼女を貫く。グッと彼女が俺を包み込む。体をぶつけ合ううちに、彼女が何度か感極まる。頬が、胸が染まり汗が吹き出す。貴方を口にちょうだい彼女がうなされたように繰り返す。もう一度、彼女がのけ反ったら俺は動いた。彼女は俺を咥える。周りには俺が飛び散っている。何てエロティックなんだ…しばらく抱き合い口づけ合ってから、それぞれお風呂に入った。それからもう一度、ベッドで抱き合う。二人で密着して、押し寄せ続ける快楽に溺れ合う。とことん昇りつめて、溶けてしまいそうだ…果てて彼女の奥でビク ビク する。彼女も余震のように揺れ返す。抱き合ってそのまま、まどろんだ。夢の中で俺たちは観覧車に乗っている。星空に、二人でフワフワ浮いていた… 

    たくさん共感されています

    夜の観覧車
  4. 路人妻さんとのお泊デート2日目。朝に軽く愛を交わした後、ホテルをチェックアウトして日本庭園へ向かう。古い町並みに入り、町家カフェでランチを頂いた。風情のある街で、ゆったりランチする。二人とも多忙な日常から束の間、離れる。午後は日本庭園を、二人で歩く。近接した美術館まで見て回り、途中で茶屋に立ち寄る。悠久の時を感じながら、茶を頂く。「貴方とは、こういう趣味の波長も合っちゃうから、ますますいいのよね」と、横で彼女が笑う。「だね」と、俺も笑う。やさしい風に包まれる。夕方、庭園を出た。駅で別れる前に、もう一度繋がりたくてラブホに入った。シャワー後に抱き合う。彼女は激しく燃えた。嵐のような口づけ、前から後ろから愛し合う。もっともっとよ…こういう波長も凄く合っちゃう…溢れる出る出ちゃうぅ二人で思いの丈を吐き切る。汗と体液が飛び散り、意識も霞みそうになる。時間ぎりぎりまで愛し合った。凄かった。ラブホの方が声もあれも思い切り出せるのかなと、彼女が笑う。「じゃあ、また」ホテルを出て、中央駅で別れた。夢の国から日常に戻るけど、明日からまた頑張れるよ。身も心も満たしてくれる君。ありがとう… やさしさに包まれたなら大人になっても奇蹟はおこるよ(byユーミン)

    たくさん共感されています

    大人になっても♪
  5. 少し前のことだけど……元カレから、数か月ぶりに突然LINEがきた。おどろいた!! (  Д ) ⊙ ⊙毎日たくさんのメッセージをやりとりしていた彼の名前とアイコン。どうして今また!!画面を凝視。この名前この名前このなまえ……彼の名前を見ることで私の頭の中は一瞬のうちに数か月前の彼との熱愛の日々の記憶をたどっていた。たぶんほんの数秒間だったと思うけど走馬燈のように数か月の記憶が頭の中をまわる。時間の感覚がなくなる。画面を見つめる目になみだ、涙泣けて泣けてしかたない(T_T)(T_T)彼から届いていたのは月の絵のスタンプ。わけわからないけど。彼はもともとよくわからない人だったから(笑)ある意味、通常どおり。「木星が射手座に入った新月だから?」「どうして?」自分の返信も星読みモードになってて、さらにわけわからず。「月っていうインスピレーション」会話になってないそれでも私、彼と会話してることがうれしくてうれしくて涙が止まらない。「私、静かに泣いてる」とメッセしたけど……それ以降、彼からはなにも来なかったふつうのヒトならいったいなんなん???ってなるけど元カレはとにかくインスピレーションで動く人なのでこういうのもある。そういう人。でもとにかくカレは熱愛中だったときのカレとはもう完全に別人。「泣いてる」ってメッセしたのに返事なしなんて。ありえない。私にしては珍しく激おこぷんぷん丸でもよかったこれで知らず知らずまだ残ってた未練に気づき、泣いて昇華させることができた。そのためにカレは私に意味不明のメッセージをしたのかもしれない。ありがとうそして、本当の本当にさようなら。

    たくさん共感されています

    元カレからの、突然のLINE。そして…
  6. オアシスとデート午前中に最寄りの駅近くに車で迎えに来てくれたオアシス約1週間ぶりですお友達オススメの焼肉屋さんに行きましたが1時間待ちにて車内でNOイチャイチャ1時間ずーっと喋って笑いましたまたまた素晴らしい焼き加減でお肉を焼いてくれましたお肉はやわらかくてスープにお肉もお野菜も入っていて美味しかったですお肉は少なめだったためハラミとロースは追加しました「ここ美味しいな!また来よな」「(´ー`*)ウンウン」「俺が友達と良く行く焼肉屋も今度連れて行ったるわな」「うん!行きたーい」お店を出て🏨でラブラブTimeエレベーター内で(*´³`*) ㄘゅ💕すぐにお風呂場に隠れて前回のエロ下着を着込みました何も無かった様に出てきましたが「あの下着着てたんやろ?」「あっ!バレたか」「俺の為にありがとう早速押し倒すで」すぐに上下の服は脱がされ下着のみに…「綺麗やで…エロいし」「(*/ω\*)恥ずかしい~」オアシスの少しS的な責めを受けお布団「お風呂行くで、おいで!」お風呂に行き、かけ湯をすると背中にヒンヤリした感覚が「ローションプレイするぞ」何!初めての経験!ヌルヌルやーん(*/▽\*)ヌルヌルしただけでそんなに…マットも無かった為10分で終了〜ヌルヌルは洗い流したベッドに戻りオアシスは激しかった…まるでスポーツの様にオアシスも果て私も果てた(中イキはまだ)ピロートーク中のオアシスは私を離さない腕枕をした手で私の頭を撫で続ける「嬉しいけど髪の毛ぐちゃってなるやん」「あっ!ごめん!」反対の手で整えてくれるオアシスギューって抱きしめながら「ん~!持って帰っていい?」「アハハ!無理かな〜❤」喋るダッチワイフちゃうで…オアシスはスマホを持ちキーケースを検索していた「これどう?」2人でこれにしよう!って決まった「手に取って感触を確かめたいなー」「店舗見よか。梅田と難波にあるで」「今日は無理やけど、今度一緒に行く?それとも俺だけ見てきて感触をLINEで送ろか?」「(;-ω-)私のタイムリミットまで後2時間あるなー…今から梅田行こか?」「ホントに!?行こう行こう!」2人は急いで着替え🏨を出たオアシスは車より電車の方が早いと判断し駅前駐車場に車を停めて電車に乗った「初めて2人での買い物やなー!めっちゃ嬉しいわ」「私も嬉しい」オアシスは耳元で囁いた「手、繋いでいい?」「だぁーめ」だって電車内だもん次は初めてのお買い物とタピオカ

    コメントが盛り上がっています

  7. これはmixi強制退会前の遊び散らかしヤリ時代のお話。。。。私は仕事が長続きしない&男も長続きしない&住んでいる家もコロコロ変わる女でした。見栄をはってデザイナーズマンションに住むときもあれば隣の部屋のあえぎ声が丸聞こえのおんぼろアパートに住むときもあれば金銭的に一人暮らしをするのが困難になったときは渋々実家へ帰ることもありました。(借金してまで一人暮らしをしようという気合はなかった)実家に帰ると母親と仲が悪いので毎日のように喧嘩ですそんなときにふとある考えが浮かびました。あ、出会い系(mixi)で家泊めてくれる男探そう手当たり次第にいろんな男性に業者ばりにメールを送りつけましたいきなり部屋に泊めてなんて言う女相当ヤバイですヤリ男からも断られまくります家出少女?何か怖いんですけど無理無理、俺実家やん(これが8割ですね)いいけど俺●●に住んでるよ(電車で2時間。クソ遠い。)そんな中一人だけ条件に合う男性が現れましたmixiのプロフィール画像は何故か蛭子能収泊めてもいいけど狭いよ?男の住んでいる場所はギリバイト先に通える距離でした。

    たくさん共感されています

  8. 少し前に彼と会った際ちょっとした誤解というか気持ちのすれ違いがあり初めて「帰りたい...」と言った私。別れ際のキスもせず車を降りてから彼の方を振り返りもせずその場を離れたのです。「出来る事なら一緒に生活したい。会いたい時に会うんじゃなくてずっと隣にいてほしい。俺にはカオルしかいないから。」直後の彼からのライン。私は何を不安に...私は何を不満に...少し前の自分を理解できなくなる事があります。恋愛のハンドル操作を謝りそうになってヒヤッとしちゃう瞬間があります。この出来事の数日後彼とほんの1時間ほど会える事になりました。仕事終わりのわずかな密会時間。この季節、外は充分に暗く...。1時間弱...。ずっとほんとにずっとキスしていました。片時も離れていたくない。お互いの気持ちが重なっているひと時でした。キスをすると幸せホルモンが分泌されて心が安定するエビデンスがあるのか無いのか分かりませんがこの説を実証できるのは自分だけなんですよね。ドラマ「黄昏流星群」で「最後にキスしたのいつ?」というセリフがありました。中山美穂の大根すぎる演技についてはここでは割愛(笑)10代終わりから20代はたくさんキスしてましたが30代から彼に会う2年前までキュンとなるキス幸せを感じるキスそういや私もしてませんでした。キス。魔法の薬。

    たくさん共感されています

  9. たのだが、そのとき告白された。もう一人は、役員の秘書の女性。バレンタインデーにチョコレートをもらってから、メッセージのやりとりをしていた。とてもお淑やかで綺麗目のMな感じの女性だった。残りの一人は、同じ部署の年上の女性。俺のチューター役みたいな存在の気が強いS派の女性だった。当然ながら、俺は幸代を女としては見ていなかったのだが、幸代の方が徐々に俺のことを意識しているのを感じていた。また、俺が同期の女性と仲良さそうに話していると、嫉妬心からから急に不機嫌になるようになっていた。正直、俺は、Mな女性が好きなので、3人の中では一番ルックスが綺麗でMっぽい役員秘書と付き合いたいと思っていた。ところが、結果的に、俺は先輩の幸代とヤッてしまうことになる。そのとき、俺は幸代と国内出張に行っていた。幸代と出張に行くのは初めてで、若い男女二人で泊まりの出張ということで、部署内で「変なことするなよー」と冷やかされたぐらいだ。俺は、そんなことにはならないとは思っていたが、幸代とかどうかは別としてワンナイトラブの可能性もあると思って、下着は新調したものを履いて、コンドームも忘れずに持って行った。最後の訪問打ち合わせが終わったあと、19時を回っていたので、俺たちは地元の居酒屋っぽいところに入ってご飯を食べながら軽く飲んだ。幸代は、あまりお酒が強くないはずなのに、この時はアルコールが進んだ。お店を出る頃には足元がふらつくほどになっていたので、俺は肩を貸しながらタクシーに乗りホテルに帰った。幸代の部屋に入り、彼女をベッドに寝かせて帰ろうとすると、幸代が「着替えさせてー」と言った。俺は、部屋のあちこちを探してみたが、ビジネスホテルなので、ガウンやバスローブなどは用意されていなかった。「着替えるものがないから、我慢して寝てください」というと、幸代は自分のバッグを指差し「あの中にネグリジェがあるの」ネグリジェという言葉を聞かなくなって久しいが、昔は女性の色っぽい寝巻きとして、ワンピース型のネグリジェというのが流行っていた。もちろん、この時にはすでに死語になりつつあったが、幸代はそう言ったのだ。俺は、幸代のカバンの中からピンクのネグリジェを取り出すと、幸代の横においた。すると、幸代は「早く、脱がせてよー」と言い出した。俺は、仕方なく幸代のビジネススーツを脱がすと、Gカップはあるであろう、胸が目に飛び込んできた。できるだけ目を逸らしながら、下の方も脱がせると、なんと真っ赤な「紐パン」だった。実は、俺は紐パンが大好きだった。足の先までパンティを下げる必要がないし、更にいえば、パンティを履いたまま嵌めることもできるからだ。胸にはひるまなかった俺であったが、紐パンにはノックアウトされそうになった。更にそこに畳み掛けるように、幸代は「○○くんに、抱かれたい」と言ってきたのだ。フルバージョンは、こちらから。

  10. こんにちは!!不倫復縁専門カウンセラーの伊藤 愛華ですいつもブログみていただきありがとうございます^^彼に毎日メール、LINE、電話いずれかをしている。どんなときも、彼にメールしてね、LINEしてね、電話してね。最初は良くても、だんだん義務化してくる。義務ではなく、彼がしたくてするにしなくちゃいけませんね。義務ではいつか、返信こなくなる、電話こなくなる。義務だから、疲れてくるんです。義務にならないためにも「毎日メールして、LINEして、電話して」ではなく「メール、LINE、電話してくれて嬉しい、ありがとう」が大切です。彼が連絡するのが嫌いな男性でなければ、してくれるようになります。してくれるようになっても・何度もメール・LINEする・長い時間話す・面白くない内容ばかり・悪口、愚痴・しつこい、暗い、重いこれではそのうち嫌になる。彼が飲み会、家族とお出かけ、その時でも「メールしてね、LINEしてね、電話してね」はいりません。あなたも、あなたのことをする。1日、2日、お休みの時連絡なくても、平気、彼の気持ちを疑わない心、彼の楽しみをわかってあげれる大人の心必要ですね。すこし連絡がないだけで騒ぐのが、おかしいと気づいてください。彼が家族とお出かけ。「明日は連絡できないかも?」と彼から言われて「わかった・・・」と淋し気に言う不倫女性。彼からは連絡ない。わかってはいても、モヤモヤする。そうじゃなくて「うん、お出かけだから大丈夫だよ、楽しんできて」と言える不倫女性は、彼はタイミングがあれば連絡してくる。何してるかな?と気になるもんです。してしてと義務のように言えば、してこない。したくなくなる。してこなくても平気にすれば、彼はしてきます。そして、メール・LINE・電話に必要以上に依存しないことです。携帯依存彼依存どちらも、幸せにはなれないですね。この違いがわかる女性、依存のない女性が愛されます。追われますね♡彼のオンリーワンになり劇的に           愛される女性になるカウンセリングは こちらあなたの潜在意識を毎日綺麗にして愛される女性になる ミラブレ養成講座は こちら

    たくさん共感されています

  11. このブログは、当初、ヒロさんとのアレコレを記憶、そして記録するべくスタートして結局は、もうダメになってしまってその後は、ご存知のように日々の暴走、迷走を綴っていています。だから、ブログのタイトルも紹介文もいまとなっては見当違いになっていてそろそろ見直す時がきたのかな、ともおもう。***その後、ヒロさんとは何もないのかいまはどう思っているのかそう、メッセージやコメントを寄せていただく方も多く個別にお答えしていて、あらためてブログに書くことでもないのかもしれない。でも、あえて書いてみる。ヒロさんから、サヨナラを告げられて早4か月。この間、あっという間・・・だったようにも思うけれどあの最後のやり取りを思い出すと依然、胸が苦しくなる。今でも、時々ヒロさんとの記憶を引っ張りだしては懐かしんだり、切なくなったり元気かな、どうしているのかなと、気になっています。ヒロさんと逢瀬を重ねた場所へ出向くとどこかですれ違わないかな、とドキドキする。探してしまう。約1年半という短い間だったけれどわたしにとって、ヒロさんは間違いなく愛おしくて大切な人だったわけでそう簡単に割り切れるものではない。それでも、同じところにいたところでどうしようもない、ということももちろんわかっている。わたしの迷走っぷりからはい、次の人!!、とそう見えるのかもしれないけれどそんな簡単なことではない。人の気持ちはそう簡単に片づけられるほど単純なものでもない。でも、それでいいのだと思う。いつかは乗り越えていかねばらなくてその時がくるまでうだうだ、うじうじ、メソメソしても別にいいのではないか。未練がましくても、ぐずぐず、メソメソしたって人様に迷惑をかけなければ全く問題はない、とわたしは思います。ヒロさんと過ごした時間をなつかしみ、心があたたかくなる。静かに、そっと、自分だけの楽しみとしてこの時間を大切にしたいと思います。どうか、ヒロさんが幸せでありますように。

    たくさん共感されています