1/28の記事ランキング

  1. 。ただ、以前のよう不倫ブログではない。工場には、ホントに色んな人がいて、、とにかく今まで接したことのないタイプの人満載すぎて。その人たちの日常の観察日記みたいなものを書いていた。新しい友人も増え、それなりに楽しくやっていた。しかし、やはり、見に行ってしまうのは……不倫離婚方面の記事。その中で、ひとりの女性に目がとまった。彼女は私よりかなり若い。まぁ、いわゆるお花畑期の真っ最中。ただ、他の不倫おのろけブログと違うのは、彼女は本気だということ。彼女の目には、彼氏も自分に本気らしい。もう今にも駆け落ちしそうな雰囲気。あまりののめり込みようが危なっかしすぎて、読んでいてイライラする。あまりにも暴走してるので、私まで思わずコメントしてしまったほど。盲目中の彼女には、何ひとつ伝わらなかったけど。案の定、みるみるうちに、旦那さんにバレた。ほらね。他人のことはよく分かる。彼女が恋にのめり込んでいく過程。同じ不倫でも私達は違うと、必死で主張してる感じ。うん。それもよく分かる。1年前の自分を見ているようだ。ホント痛いな……私含め。バレたことで、彼女は更に自分を見失ったようだ。『世界中、敵にまわしても構わない。彼さえいればそれでいい。一緒に、地獄におちます。』おいおいおい。思わず、笑ってしまった。それは、違う。はっきりと、『違う』と思った。世界中敵にまわして、幸せになれるはずがない。地獄になんか、堕ちなくていい。堕ちてはいけない。まぁ、例えば私の夫とか、彼の奥さんは思ってるかもしれない。地獄に堕ちればいい、堕としてやるって。でも、私は絶対に堕ちない。子供達がいるから。子供達を道連れにはできない。そもそも、幸せになりたいから離婚するのに。地獄に堕ちる為じゃない。人のこと地獄に突き落としといて、よく言うよ。と、思われるだろう。ムカつくなら尚更、私以上に幸せになってほしいと思う。本当の復讐は自分が幸せになることだと、私は、教わってきた。欲望に負けて、蓮に走ってしまった私。ブログに綴っていくことで、答えを探してた。そこで見つけた自分は、残念ながらで、自分勝手で卑怯者で、人に迷惑ばかりかけて、夫がいなければなんにもできない自分だった。結局は心が弱かった。誰かを好きになることは止められない。でも、やり方としてはやっぱ間違っていた。一見、純粋なように見せかけて、自分さえ良ければそれで良かったんだ。今にも心中しそうな勢いの彼女。地獄におちる発言で、批判コメントが殺到した。そして、彼女のブログは、なくなった。他人のことはよく分かる。その他人を通して、自分が見える。もう一度ゆっくり考える。このまま蓮といたら、どうなるだろう。何が起こるだろう。子ども達は、どうなる?それに、私は、逃げたんじゃなかったはず。幸せになりたくて、離婚したいと思ったんだ。そのこと、忘れそうになってた。ゆっくりと確実に日にちだけが過ぎていった。

    たくさん共感されています

  2. 「ずっといて下さい。あなたが必要です」「あなた以上の人は現れない」「俺のことを理解してくれるのは、あなただけ」「俺たち前世で会ってますよね。特別な関係だったのでは?」「あなたを離しません。というか俺が離れられない」今思い出すと笑えるのに当時は真剣に受け止めて、一喜一憂していた言葉たち。大切な彼女がいるはずなのに、何も見えなくなっていた。多分、私だけが。「明日引っ越しだよね。最後に顔を見たかったな」そうLINEをすると、「今日は引っ越しの荷物をまとめるのでバタバタしていますが、良かったら家に来ますか?もし抵抗がなければ、少し話しましょう」会いたくて、夫には友達の相談に乗ってくると嘘をついてしまった。夫よ、ほんとうにごめん!!年下君のマンションはうちから30分。行く!といったものの、初めてのお家にドキドキしていた。ついたらルームウェアの年下君が立っていました。ふわふわしていて可愛い。いつもカチっとした格好をしているのでギャップにやられてしまった。座ったとたん思いっきりハグをされてビックリしたので離れようとすると「このままでいてください」ドラマかと思った…自分のお家だから積極的になったのかな?でも心地よいので、そのまま。引っ越しの片付けはせず、抱き合ったままずっと話していた。あっという間に帰る予定の12時。「帰る意味がわかりません」「離したくない」駄々をこねる年下君は可愛かったけど次の日は始発で県外へ行かないと行けなかったので、仕方なく帰ることに。年下君も寝ないとね。帰り道にきた年下君からのLINE「今日は幸せな時間をありがとう。運転絶対気をつけて下さいね!帰ったら連絡してください」たった一つのLINEだけで、幸せな気分で帰ることができた。大好きだった元彼も、はじめの頃は言ってくれた幸せな時間という言葉。懐かしいな。

    たくさん共感されています

  3. 社内で新入社員だった嫁をストーカーから助けたのがきっかけ。嫁はまぁ美人新入社員というやつで、入社したときから若手からオッサンまで噂を聞きつけ会いにくる社員が多かったらしい。嫁の部署は別ビルにあったにも関わらず、わざわざ用事を作って会いに行ってたそうだ。(当時嫁は仕事ぶりをチェックされ成績付けされてるかとビビってたらしい)だが嫁には入社前から付き合ってる彼氏がいたそうで、早々に皆撃沈。噂でしか知らなかった俺も密かに撃沈。しかし、嫁の係には俺が仲良くしてた先輩Tがいたので会う機会ごとに「今日嫁ちゃんと社用車でドライブだったわw」「嫁ちゃん今日メガネだったけど似合うわー」などと自慢されて、嫁のことをちゃんと会ったこともないのに意識していた。ある日、帰りにある百貨店で嫁を見かけた。椅子に座ってたんだが、よく見ると泣いている。思いきって「あの、○○課の嫁山さんだよね?」と声をかけてみると、案の定怪訝な顔。慌てて「××課の俺崎です。突然ごめん。顔知ってたもんだから。大丈夫?」と自己紹介すると「帰れないんです」と泣きながら話し始めた。・昨日、帰宅する電車の中で会社の人を見かけた。・声をかけようとすると、慌てて顔を背けられた。・都合が悪かったのかな、と思い放置したら遠くからちらちら見てくる。・自分と同じ駅で降りたが、その後も後を付いてくる。・帰るまでいろいろ寄り道したが、どの店にも全部付いてくる。・怖くなって走って撒いたのでその日はなんともなかった。・翌日、何事もなかったかのように接してくるので昨日のことを聞けず・なのに今日もまた同じ電車に乗っている・その人、会社近くで徒歩で通ってるのに何故?・怖くなって途中下車、百貨店に駆け込むその時彼氏に助けを請う電話をしたそうだが、「お前が思わせ振りな態度取ったんじゃね?」と怒って切られたらしい。えらい場面に声をかけてしまったが、とにかく落ち着かせて帰りも駅で見張ってるかもしれないと怖がる嫁を最寄り駅まで送ることにした。(駅からはタクシーに押し込んだ、そこまで俺は一緒に)念のためってことで連絡先も交換した。その時に「言いたくないかもしれないけど、俺が知ってる人なら一緒に警戒することができる、何て名前の人?」と聞くと、「同じ係の…Tさんって人なんですが…」T先輩ーー!!!何やってんだアンタァー!その夜、T先輩に電話。詳しい会話内容は覚えてないけど・T先輩、認める。というか俺が非難される。・「嫁ちゃんと話すことなんて認めてないぞ!」・「変な虫が付かないように見張ってただけ」・「別に嫁ちゃんに言い寄ったりしてないしストーカーじゃない」・盗聴してんじゃね?と俺疑惑を抱く→後日会社の女子更衣室で盗聴したことが発覚・あくまでも嫁ちゃんを見守る俺というスタンス・俺氏あきれて絶縁宣言翌日、嫁と連絡を取り、録音していた電話のデータを渡した。どうするかは嫁次第だが、これは社内の重大な規則違反に当たるので厳罰に処することができるはず何かあれば俺も証言する、と伝えておいた。結局、盗聴も発覚したこともあり、部署内の女性全員を巻き込んだ訴えとなりT先輩はクビに。その後は知らない。しかし、T先輩の足取りが分からなくなってしまったので、嫁の怯える日は続いた。警察に相談したが、解雇された日以降ストーカーはなくなり警察からは被害なしと見なされ特に対処はなかったらしい。嫁からT先輩解雇の際お礼として食事に行った時、「彼氏と別れた今、全てを知って頼れるのはこの男しかいない」と認定され、その後もボディーガードみたいなことをお願いされていたらいつの間にか付き合ってることになり、今に至る。

    たくさん共感されています

  4. は、沢村さんとの映デートについてもともと、この映画デートは初めて一線を越えたデートの後にきまっていて2週間とすこしぶりになる予定でした。それが、その間に突発的なデートが2回も入り短時間とはいえ、1週間で3回も逢えることになるラッキーウィークでした仕事おわりに待ち合わせ。待ち合わせ場所は、映画館のあるビルの前かと思いきやその近くの某超老舗ホテルのロビーにしよう。ロビーはあたたかいし椅子もあるからそこで待ち合わせをしよう、と。わたしは日々ギリギリ、バタバタ生きているのに反して沢村さんはゆったりとした時間を大切にする人。案の定、沢村さんはわたしを待ってくれていて息を切らして合流したわたしをとりあえず座って、ゆっくり息をしなさい(笑)このホテルのロビーは有名なんだよ、とわたしが落ち着くまでニコニコ、まったり・・・少しだけお喋りを楽しみました。この落ち着き、ゆとりに心底いやされる・・1週間、仕事がんばったね、と優しく声をかけてくれて落ち着いた頃を見計らい映画まで時間があるからお茶でもいこう、と。カフェではこれから観る映画についての予備知識を授けられ僕が好きなものを、みかと一緒に観ることができて嬉しいこの話を人とするのもはじめて、と嬉しそうな沢村さんを目の前にするとわたしまで嬉しくなる。いつもご馳走になってしまうので映画は、あらかじめ予約係として名乗り上げていたので映画代はわたしが払うことに成功。そして、肝心の映画はとてもよかった。想像していたより、ずっとよかった。正直、観る前はついていけるかかなり不安な映画だったのですが沢村さんのレクチャーのおかげで迷子にならず、最後までむしろ、とても楽しめたのでした。素直に誘ってくれてよかった、という気持ちが沸き上がり上映後に伝えると沢村さんもとても嬉しそうでした。終電までもう少しあるから1杯だけ飲んでかえろう、と。適当な居酒屋に入り日本酒を飲みながら映画の感想を言い合い、他愛もない話をする時間はすごく幸せでした次の日、わたしは早朝から仕事で沢村さんは、凄く心配をしてくれましたが心地よいつかれと幸福感で苦にならず。アドレナリンがでていたのだろうか。こうして、時々、映画にもいきたいみかと一緒にいるのはとても楽しいそう言ってくれる沢村さん。こうして、映画デートは無事楽しく終わったのでした

    たくさん共感されています

  5. 太一さんと繋 がった。ゆっくりゆっくり動 く…またゆっくりゆっくり登 りつ める…あ ぁ…ぃ…く…いいよ…行って…たくさん行って…太一さんが耳元で囁 く…また行く…太一さんが体を起 こして、枕に手を伸 ばす。私の腰を持 ち上 げて、枕を入 れる。足首を太一さんの肩にか ける格 好にさ れて、カレが奥まで入 ってくる…あ っ…ぃ や ぁ…だ め ぇ…私の中の気 持ちい いところを、カレが抉 るように擦 る。だんだん何も考 えられなくなる…真 っ白…快 感で体がガ ク ガ クする…頭が真 っ白でまたもや記 憶喪 失(笑)太一さんがゆっくり動 いたり、激しく動 いたり…キ スしたり、胸を掴 まれたり…たくさん行って、繋 がったままSIOも出 ちゃった気がする…最後は太一さんに耳元で、睦月さん…気 持ちい いよ…行っていい?行くよ?って囁 かれながら、私も一緒に行く🚀💥太一さんが私の中で、ドク ンド クンしてるのを感 じて、また行っちゃう…繋 がったまま、しばらく抱 き合 ったままでいる。太一さんが体を離 してカレを抜 こうとする…離 れたくなくてイ ヤ イ ヤする。やだ…そのままでいて…でも…いいの…離 れないで…太一さんにギ ュ ーって抱 きつ いて、足を絡 めて離 れない。もぉ…しようがないな…観念したみたいで(笑)、私に覆 いか ぶさって体重をか ける。太一さんの頭をナ デ ナ デする太一さんが顔を起 こしてキ スしてくれる。繋 がったままイチ ャイ チャしてたら、太一さんのカレ復 活🚀また太一さんが動 き出 す。ん…ぁ…は ぁは ぁ…繋 がったところから、ヌチ ャヌ チャや ら しい音がする…睦月さん…後ろからいい?うん…カレが抜 かれて、体を反 転さ せられてう つ 伏 せになる。お 尻を高 く上 げさせられて、カレが入 口を擦 る…またゆっくりゆっくり入 ってくる…カレが全部入 って、寝バ。クの体 勢になる…太一さんとはバ。クの相性が悪い(笑)抜 けやすい(>_<)でも、私の腰と太一さんの腰が重 なって、や ら しく動くのを見るのはドキドキする…横 目でこっそりベッドの横の鏡を盗 み見 る。太一さんの腰がや ら しく動 いてる…ド キ ド キして、気 持ちよ くなる…

  6. 鏡から目が離 せない…太一さんの腰が私の上でや らしく動 く。優 しくゆ っくり…その度に全 身に快 感の波が走 る。太一さんのやが髪の毛や首 筋や背 中に触 れると、そこにビ リッと電 流が流 れたみたいで、体がビ クッとする。そして、ゆっくりゆっく登 りつめて行く…ぐったりした私の腰を持 ち上 げて、お尻を高 く上 げて、太一さんが腰を打 ちつ ける。パ ンッ パ ンッ肌と肌がぶ つかる音がす る…ん っ…ん…う ぅ ぅ…はっ…はっ…もう声も上 手く出 ない…枕を掴 んで、顔を押 し付 ける…太一さんの腰がス ピ ードup🚀💥太一さんが倒 れ込 んできて、背中に太一さんの重 さを感 じる…繋 がったまま、重 なり合 う。背中に感 じる太一さんの重 みと体 温と汗が心 地い い。カレが抜 けてしまわないよう、離 さないよう、中に力を入 れる。その度に、うっ!ん ぐっ!って声が漏 れちゃう太一さんがカワイイ♡そんなことをしていたら、また太一さんが動 き出 す。カレが抜 けないようにゆっくりゆっくり…ヌ チ ャ…ヌ チ ャ…出 し入 れする度に音がする…またカレが復 活してきた…太一さんのが🍑に触 れる…繋 がったところから溢 れ出 た液 体をつけて、holeを優 しくマッ サージする。あ…ぁ ん…は ぁ は ぁ…睦月さん…いい?ここ…うん…いいよ…来 て?太一さんの体が離 れる…カレが中からいなくると、少し寂 しい気 持ちになる。ワ セ リ ンを持 ってき た太一さんが、カレと🍑にたっぷり塗 りつける。holeにカレが当 てられて、ゆっくりゆっくりゆっくり入 ってくる…背中がゾ ワ ゾ ワする感 覚…久 しぶり…カレが全部入 った…太一さんがゆっくりholeからカレを出し入れする。ゔ っ…ん ぐっ…ゔ ゔ ゔ…太一さんいわく、🍑で繋 がってる時の私の声は違 うらしい。低 い声で、動物のように呻 いているそう。久しぶりの🍑なのに、すごく気 持 ちい い…中から蜜が溢 れてるのがわ かる…恥 ずかしい(/-\*)背中がまたゾ ワ ゾ ワして…行く…体が小 さくビクンって跳 ねた。

  7. おはよ火曜日Mさん、夜勤から帰ってるな。息子、寝坊。ちと遊びすぎかな。もう少し自制させよかな。でも、僕の事は全て後回し。朝食もなんも、寝坊した息子の後回し。仕事に出られる状態で20分ほどの食卓でボーッと待つ。お願いだ、厨房に立つ許可がほしい。自分で済ませば数分で終わる。結局、弁当も無しと言われて出勤。そんないじめが延々続く。仕事は午前中通常業務。午後から外部の取引先の人と、ネットとメールでひたすら打ち合わせ。結局20時近くまでやり取りしてた。最終的に、お互いの上層部に確認しないと進まなくなり、そこで終了。また明日に持ち越し。帰宅する。帰ると、いつも通りの生活。Mさんとの会話は無し。でも、子供達は「おかえりー!」と嬉しそう。そう、この子供達が寝るギリギリの時間までには帰らないと。毎日子供達の顔は見たい。娘も、息子もかわいい。息子なんかは、微妙に反抗期に入ってきてなかなか楽しい。でも、彼が小さい頃から山やなんやと一緒に過ごした時間が長かったおかげか、友達のように過ごせる。僕にしてみれば、プチ反抗期的な感じ。だんだん子供から「男」に変わりつつある。いいね、大きくなって色々と僕を越えて行け。子供達が寝た後、テレビを少し見て、僕も自室に入る。Mさん、寝たんだろうな。知らない。なんか、色々どうでも良くなってきた。自分の事を一生懸命やっていれば、なんだかどうでもいいや。自分に投資しよう。

    たくさん共感されています

  8. 題が解決するまでは別居する。で、その費用を捻出するためにも、マンションは売却。その後、蓮も奥さんの実家に住むこと。その条件は、変わらなかったらしい。ところが、その条件。蓮のご両親が待ったをかけたらしい。それはおかしいと。悪いのは蓮、つまり、息子だけじゃないのでは?と。ご両親は、蓮のその前の20代独身女との2年にわたる不倫も知っていた。その時は、平謝りしたらしいが、舌の根も乾かないうちに、今度は年上子持ち、つまり私と付き合いだした。結局は、うちの息子は、家でくつろげなかったのでは?と、あたかも、奥さんにも、原因があるような発言をしたらしく。そこから、とんでもない、両家の言い争い?が始まり、最悪な状況になったと…。『そら…全部何もかもオレが悪いねんけどな…。けど………。』………。やはり、ため息しか出ない。『けど…』という言葉がでる時点でアウトだ。どっかで、責任逃れしてる。なんでオレがこんな目に合わされなあかんねんと思うてる。………まぁ、私の責任でもあるわけで。とにかく、男やねんから、父親やねんから、仕事探して。それだけ、強く言って、その夜は別れた。そして、その翌週のこと。今度は、久しぶりに、夫から電話がかかってきた。

    たくさん共感されています

  9. ら何とかしようとし離婚できない理由があるならせめて、お金の事だけでもちゃんとしたら?何もできやん言うてるだけでしようとしないやん私とは離れたくないでも離婚もしない自分勝手やんね?そやなごめん私は次の人を探そうとかは思ってないただ、ちゃんとした道を歩きたいその中で新しい出逢いがあったらそれはそれでいいと思うし私がいなくなってもあなたなら次見つけるでしょ?りんこみたいな人は他にはおらん一人になって写真撮りにいっても楽しくない見せる人がおらんからりんこはいつも俺の写真に文句言うたり誉めたりしてくれた一緒におってめちゃくちゃ楽しい一緒におって落ち着くそんな人、他にはおらん俺には、りんこしかおらんでも、離婚はしないんやろ?・・・・結局、これの繰り返しです。何故、離婚しないのか離婚できないのかそこまで聞く気にもなりませんでした。聞いても言わないだろうしね(笑)コメント欄閉じてます。ごめんなさい。色んな意見があると思うのですがそれを今、聞き入れる事が出来ない状態です。子供の、受験でも神経やられてます。仕事でも、神経やられてます。ずーっと精神的な下痢、不眠に悩ませれてます。メッセージくれてる人には、感謝です😌💓励まさせれてますありがとう~♪♪

    たくさん共感されています

  10. 彼の退社に合わせて 待ち合わせをして途中 食料品を買い込み ホテルにチェックインしたのは 19時を回ってからお腹 空いた〜っていつもはお風呂が先だけどまずは かんぱ〜い今じゃ 奥さんの手料理は一切食べることが無くなった彼は私が作ってきたお惣菜をとっても喜んで食べてくれましたお箸もお酒もすすみ 話も弾んで 宴もたけなわではありますが途中 お風呂タイムにして お風呂で洗いっこもしたのにお風呂から上がると 宴会リスタートお互い裸になったというのに 部屋着を着てしまうことに どちらも何も思わないのは如何なものか・・・またしても お酒を飲みながら 話す 話す楽しくて止まらない早寝の彼にしては 奇跡としか言えない程の時間まで はしゃいでさー寝ようかってなったら彼が 迫ってキターーん〜 今じゃなくてもいいんだけどなモードの私と2週間待ち続けたのにモードの彼で、結局 何だか訳わからんうちに さっさと済ませてしまったのでしたぜんぜん 感じなかったけど こんな時もあるかそして 翌朝ちょっとだけ 二日酔いっぽい感じで お目覚めしてでも 朝食だけは しーっかり食べて・・・二度寝次に目覚めた時には スッキリしたのは どうやら私だけだったみたいお出かけしてもイマイチ冴えない感満載の彼早々にホテルに戻ろうとあたし エッチしたいな・・・って 目を潤ませて言えたかどうかは知らんけど 誘ってみたじゃ 早くホテルに戻ろうかって お買い物だけ さっさと済ませてホテルに戻ることになりました誘惑 成功〜って その時は思ってたけどホテルに戻った彼は ベッドにゴロンとして テレビ見始めちゃったその後 2人でお風呂に入っても アクション無し確かに お腹の具合 あんまり良くないみたいだし疲れも残ってるみたいだけどどう見ても 病人には見えないそして 晩ごはん食べようってなってさすがに お酒は進まないもののちゃんと 食欲だってあるのに食べたら またベッドでゴロンってしてテレビ見始めちゃったここら辺に来て私は彼の態度にイライラし始めます何?何? 昼間 目を潤ませてたかどうかは知らんけど エッチしたいって ゆったやんかほんとに この男 あたしの彼氏なの?そう思いながらも まだ 不満は口に出していませんそして彼の寝息が聞こえてきました体調不良だったら 何でもあり?怒りMAX状態で 私も寝ることにしました覚悟しておくが良いふっ・・・

    たくさん共感されています

  11. ご訪問、誠にありがとうございます。初めましての方はこちらから…☆自己紹介☆当ブログの補足です…☆読者様へ☆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ご無沙汰しています出張ホストの嫁、リコです。皆さま、お元気ですか?まず、最初に前回のブログへのお祝いコメント・いいね誠にありがとうございます。大変嬉しく産後の回復の励みとなっております。返信はしばしお待ちください。次に先日誕生致しました長男の名前と似顔絵を……大きく切れ長な目や、キリッとした眉が(夫・私)どちらにも似ておらず夫婦の会話に一悶着ございましたがそれは、また別の機会に。そして、現在(の私)前回の出産から年齢も上がってしまっている為産後の回復に時間を要しており夫がお仕事を制限して家の事、子どもたちの事、私の事をサポートしてくださっています。そのような状態の夫が先日、呟きました事が……色々思う所があるようで最近、時折「奥様口調」になります夫が少し気掛かりです。長くなりましたが、最後に自己紹介ブログも、一部修正しております。要員増えました、我が家の日常を今後も変わらず温かな目で見守ってくださると幸いです。リコTwitterしています。何気ない日常を呟いておりますので宜しければ、覗いてください。リコ @出張ホストの嫁@Ly5_hosyome現在、三食とも夫が作ってくださるのですが、どちらも美味し過ぎて、引き篭もり生活の唯一の楽しみとなっております。#昼食 #菜の花のペペロンチーノ #蒸し野菜 #タジン鍋 https://t.co/tGjN7zSV7B2020年01月24日 14:10◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    たくさん共感されています

    家族が増えまして
  12. どこかのブログを読んでいてピンときて購入した、この本。 お金儲けは「インド式」に学べ! 1,540円 Amazon お金もうけはもちろん笑だけどそれよりまだ行ったことのない「インド」に引っかかるものがあった。「物質化される現象を、この目ではっきりと見たんだ」って語っていたのは以前のセフレJさん。彼は20年近く前、インドに滞在しある切なる願いごとがありサイババの元に通っていた、という。毎日大勢の人が集まる中、通いだして数日めにサイババに呼ばれて彼の部屋まで通された、という。「こんなこと言っても信じられないかと思うけど。本当に目の前で、なにもない空間からモノが出てきたんだ」当時の「物質化」を思いだし興奮状態で話していたJさん。けっきょく「願いごと」はかなわなかったけどその後の彼の人生にこのときのできごとは、大きく影響している、って語ってた。彼は、アーユルベーダにもくわしくてそれ式?の瞑想もやっていた。そう、わたしは彼から初めて男女のエネルギー交換であるセックスのことあれこれ教えてもらったりしていたんだよね。タントラもそうだし、人間の性のこと、生のこと、インドにはいろんな原点がいっぱいありそう。そんなJさんの話やらインドの神様、青色のガネーシャがわたしの周りに見えるってPercyになんどか言われていたこともあって(どうして青のガネーシャなんだ?って疑問なんだけど笑)(Webから画像お借りしてます)「インド」に惹かれてこの本をポチっと買った。(ネット通販ってほんと便利よね~)それで。少し読み進めるとインドとはまたぜんぜんちがうところで思いっきり引っかかった。「日本人って、完ぺきな英語じゃないダメだと思って英語なかなか話さないんだよね」っていつも言ってたPercyが思い浮かんだ。「それはわたしへの皮肉かい」とも思ってたんだけどたしかに彼の日本語も、完ぺきからはほど遠い。それはどのくらいかというと、「行きたい」を「行く、したい」っていうくらいのレベル。それでも、わたしの中では自動的に「フツウな日本語」に組み立てなおされる。完ぺきにしゃべる必要はないのだ。コトバにこめられた「気持ち」が、いちばん。ってわかってはいるものの。どうしてもきちんとしゃべりたいって思っちゃう。この辺は、「わかっちゃいるけどやめられない」習慣よね。。。 お金儲けは「インド式」に学べ! 1,540円 Amazon この本、まだ半分くらいしか読み進めてないけど気づきがいっぱいありそう。ページのあちこち、そして裏表紙にもガネーシャがいるし♪はぁ、やっぱりインド行きたいなぁってこの本の趣旨とは別のことをしみじみと考え始めたわたしだった。インスタ始めました→こちら

    たくさん共感されています

    遥かなるインド~タントラ、ガネーシャ、話せない英語