9/21の記事ランキング

  1. かだか3時間のためデートを早めに切り上げるのもなぁ…で、もっと稼ぎたいオバさまに出てもらうことにしたのだがその流れでその若主婦に実はデートなんだよと教えた20歳で授かり婚して24年間、自宅の5キロ圏内のみで生きてきた子なんだろう他の世界を知らないから、特に不満もないのかもしれない刺激を求めてるようなので安定のサイトを教えておいた!!!ひと回りも歳下の可愛い主婦を悪の道に誘導するクズがここにいる不倫まではいって欲しくないけどときにダンナ以外の男とデートでもして日常に彩りをプラス出来たらいいのでは私は今、キャパオーバーなので新規は必要としていないけれど市場調査のために話題のアシュレイマディソンを冷やかし運用このサイトはすごい!!!高スペック既婚者が恋活されている本人の同意があればプライベートな写真を閲覧出来る50過ぎても現役なんだぜ!!!アピールなのか性的な写真オンパレード自分のギンギンのナニを載せまくっているただの露出狂としか思えない!!!笑怖いもの見たさでフツーに見てる私も変態なのかもしれないがある意味どエロいサイトだと思うそりゃ好きになったらイチャつきたいけども、最初からナニを見せられても引くわ!!!気になる方はアクセスしてみては?笑

    たくさん共感されています

  2. こんなんでも一応悩みながらパンツに手をかけた。脱がせてしまえば相変わらず立派なモノに最近ゲス活もしていないし……(欲求不満)ためらいつつも、口にする。あぁまたしちゃったなぁって思うわけで。しなきゃいいのに、ここまで来たらやめられない流れに身を任せるタイプ…いや、自分で流れに乗りに行くタイプか。久しぶりだからか口がすぐに疲れる上に、錦織圭似に対してはいつも自分のテクニックのなさを感じるくらい、ワンパターンになっているような気がしてくる。サイトで相談していた人とパイ〇リの話をしていたので、こうなったら挟むしかない、とそそくさと自分で服を脱いで挟む。なんでしょうね…この向上心?サービス精神?こんなんだから簡単に都合の良い女に成り下がるんですよね。錦織圭似にもパ〇ズリは好評で、「こんなに気持ち良いと思わなかった」「なんか擦れて痛いイメージあったのに…」「すごい…もっと挟んでー」いやいや、擦れて痛いってなによ?「かさかさな…」はい!?おっぱいカサカサだと!?「いや、普通に肌に擦り続けたら痛そうだから」それはちょいちょい口でしてるからじゃない?「おぉー」「じゃあもっと舐めて?」なるほど……そう来ますよねー。で、口ですると「あぁーやばい。出ちゃいそう」ぱっと離してやめる。ダメじゃん!「なんで?ダメじゃないよ」「〇かせて?」やだー!「入れたいの?」……入れてくれないの?「入れる…」「一旦出したい」一旦とかないじゃん!だったらもう終わり!しない!「じゃあ一旦終わらせて?」…………。結局そのまま口でして出して、おしまい。あぁとうとうこの日が来たんだなと。「さて、テスト勉強しなきゃ」あぁ、そうですか。分かったよ。もういいよ。プンプンしながら錦織圭似に背を向けて服を着始めるわたし。錦織圭似はわたしの背中を触り、「なんかツヤツヤキラキラしてる」汗かいたからでしょっ。(プイ)「汗かー!なんかオイル的なのかと思って!」知らない!もういいもん!泣き寝入りしてやるーそう言って立ち上がり、荷物をまとめると「どうしてー?」知らないっ。自分の胸に手を当てて聞いてみたら?わたしの胸に手を当てる錦織圭似。いやいや、こっちだから。と、手を錦織圭似の胸に持っていく。「あぁ、こっちか笑」わざとらしい。プンプンしたまま玄関へ行く。「あ、ねぇねぇガスのやつが変わってさー」「基本料金がさー?」知らない。わたし都市ガスやもん。(錦織圭似のお家はプロパン?)「笛ありがとう?」「大事にするよ」「吹かないけどね?」うん。じゃあね、テスト頑張ってね。「気をつけて帰るんだよ?」うん。ふくれっ面のプンプンした態度のまま家を出た。もう知らない。錦織圭似なんて…口だけなんてひどい。タバコに火をつけて早歩きでプリプリ怒りながら歩く。………またねって言われなかった。あぁ、もう終わりだ。急に寂しさにおそわれる。そして色々振り返りながら車を走らせる。錦織圭似は来てーって誘う時しか会えないわけじゃないことに気づく。わたしが会いたいって言った時も会ってくれた。ここ2日は来る?って言われたけどわたしは行かなかった。(台風の時は仕方ないけど)で、錦織圭似が忙しい昨日わたしは自分が行きたいから来た。もしかしたらわたしが会いたいと言って会った日。別にえっちしたくなかったのかも。都合の良い関係にしているのはわたしも一緒。お互い様なんだって気づいた。だから口だけで終わったって仕方ないのかもしれない。だってこの前、体調悪くて眠たそうな錦織圭似を無理やりしたくなるように仕向けたのはわたし。お互い様どころかわたしは大概ワガママにしているのにこんなことでプンプンしてもう知らないって怒ってバイバイするときもムスッとした顔して。全然可愛くない。ただの自分勝手なわがまま。自分の事を棚に上げて人のせいにしてばっかり。察してほしいって言ってくれなきゃ分からない!っていうわたしは未だに好きの二文字も言えてない。なんなら名前すら呼べずにいる。自分の気持ちも伝えてないのに錦織圭似の気持ちを探るようなことばかり。本当に最低だと思う。帰り道の信号待ちで早急に反省した。またね、がない。謝りつつ、またね、がないと頑張れないって言いに引き返そうか悩んだ。けど引き返す勇気もなく、すぐにLINEした。家に帰ってもLINEは未読のまま。このまま連絡はないのかもしれない。またねって言わなかったから次はないのかもしれない。LINEブロックされてたらどうしよう。ウジウジしながらベランダに出て一服していると、錦織圭似からLINEが来た。※スクショは消しました。LINEの、文字のまたね、を見て涙が溢れた。嬉しかった。うん。またね。の短い文字を何度も見返した。将来が、未来が見えないからとか付き合う気があるとかないとか身体の関係とか、都合の良い関係とかもうどうでもいい。だって、またね、がこんなにも嬉しい。またね、って言われるだけで胸がいっぱいになる。なんでもっと素直になれないんだろう。自分の気持ちに正直に、素直な気持ちを表すことが出来たらせめて少しは可愛く見えるかもしれないのに。またね。のLINEで嬉しくなって、胸がいっぱいで苦しくなって、好き、また会いたいと思う今の気持ちが全て。それ以上でもそれ以下でもない。今は。ごちゃごちゃ考えるのはやめた。好きだからいいの。わがままは、都合が良いのはお互い様だからいいの。もっと素直に気持ちを伝えていけるようにだけしていこう、って思った。

    コメントが盛り上がっています

  3. 目に見える。しかし不倫相手にに与えているものは極めて「プライベート」なものだけに見えづらいから、様々な憶測や誤解が生じて「苦しい恋」になってしまう。でも、妻のいる男が、その女性に捧げている精神的・肉体的な献身は、決していい加減がものではないことだけはわかって欲しい。だから僕は、己の妻の悪口を言いながら「他の女」を口説く男は嫌いだ。「離婚」をチラつかせながら不倫を続ける男はもっと嫌いだ。そして、己の欲望のまま「愛してる」と軽々しく口にする男は許せない。前に書いたことがあるが、不倫には美しい「情景」が不可欠なのだ。いくら男として不埒ものでも、女好きでも、妻に対して「礼儀」と「マナー」は守り続けたい。妻をないがしろにして遊ぶような男は、どんな女に対しても極めて不誠実に違いない。そういう輩(やから)を、「女にだらしない奴」と呼ぶ。そんな男と不倫をしてもなんら得るものがないはずだ。夜の銀座で、一番嫌われる「客」は、自分の妻の悪口を言う輩だそうだ。さすが、夜の銀座は「男と女のこと」をよく観ている。夫婦生活で「妻」に求められるものは、時の流れとともに様々に変化する。男性は普段あまり口にはしないが、それなりに評価し、感謝している。新婚の頃は、新妻としての新鮮さ、若さ溢れる健康的でぎごちない「性生活」そしてその恥じらいに魅了される。子供ができれば、妻として母親としての家事能力や子供の教育上必要な教養、さらに夫の限られた収入の中で、しっかりと家庭を守るマネイジメント能力を発揮する。やがて、家庭の中も落ち着き、夫と子供は、ほとんど定時に、勤め先や学校へ出ていく日々が20年近く続くことになる。平凡な日々だけが続くけばいいが、人生とはなかなかそうはいかないもので、家庭の中では予想もつかなかった問題が、次々起きることになる。これらへの的確な対応で妻の育ちの良さや、女だけが持つ賢さ、経済的センスにあたらめて驚かされる。多くの男性は、仕事面では、いわゆる働きざかりで、中間管理職になって責任も重くなる。一方、妻のほうも、家事と子育てに追われ、更に勤めを持っている女性は毎日の仕事に、子育てが加わり心身ともに疲れ始める。この辺りで、夫が「妻」に求めるものは、心身ともに健康で前向きな姿勢と、将来を見通す女の勘と、夫と共有できる人生観みたいなものになる。誤解を恐れず言わせて頂くなら、女性のチェック項目が10あったとすると、妻には8項目くらいは求めて、それが OK なら概ね満足する。この時点で、残りの2項目、つまり「淫靡さ」と「女として新鮮さ」は、諦めるかチャンスがあれば、どこかで「おこぼれ」にでも与かりたい程度のものになる。一般的に、真っ当な男たちにとっては「妻のあり方」とは、概ね、このようなものだと思っている。だから「妻」の存在は重いし、その愛には歴史と実績、そして信頼の裏付けあるので誰にはばかることなく「愛してる」と言えるのである。結果、女性誌等の不倫の記事で、よく言われる「「家庭を持つ男は、決して離婚しない」となってしまう。中高年の男たちのなかでも、冗談まじりによく言われる言葉がある。それは「仕事とセックスは家庭に持ち込まない」だ。この場合、口調は「冗談めかし」にしていてもここはかなりの「真実」というか、奥深い意味が含まれている。「仕事は家庭に持ち込まない」というのは、仕事上の不快なことやイライラなどは家では触れたくないという面では合理的な考えで、妻も同意するだろう。問題は「セックスは家庭に持ち込まない」だ。これは「妻」の存在を無視すると伴に妻に「性的魅力」がなくなったことを暗に言っているようなものだ。新婚時代は、夫は妻をそれこそ欲しくて欲しくてたまらなかった「玩具」をようやく手に入れて、やたらいじりまわす男の子ように、うるさいほど、まとわりつき求めたものだ。しかし、共有する夫婦としての時間の移ろいのなかで、「その」新鮮さも、珍しさもそして、淫靡さえも「慣れ親しむうち」に日常化して、飽きてくる。往々にして、夫はそのような年代になっても、容貌もさほど衰えず、むしろ、仕事における自信とともにに、男らしい逞(たくま)しさを備え、魅力的になる。そんな時、くすぶり続けた女性のチェック項目の残りの2項目、つまり、どんなに感謝し、愛してやまない「妻」からはもう、得られなくなってしまった「淫靡さ」と「女として新鮮さ」が、無性に恋しくなる。男同士の間では、「浮気は悪」といった感覚はあまりなく、友人が不倫をしていると聞くと羨ましくなり嫉妬することはあっても、不倫をしていない自分は「立派な男」だ、などと思う男は、極めて少ない。つまり、夫というものは、どんに妻を愛しても「雄の本能」は、別なところにあって浮気に憧れ、「その夢を追い求める生き物だ」ということだ。妻以外の、「未知」或いは「新鮮なるもの」と接する時、男の欲求がもっとも高まりその快感も大きくなるという「性的特性」が古代に於いては、人類の子孫繁栄に有効に機能したものだが、近代に入って、それは「浮気」や「不倫」という言葉で、世間の「憂さ晴らし糾弾」の格好な的になってしまっている。しかし、「妻への性的好奇心を失うこと」と「妻を愛すること」は、まったく違う。むしろ、性的関係がなくなってからの方が「妻への感謝、思いやり」は、積み重ねた夫婦の歴史とともに一層増していくものであって、他の女性と比較されるべきものではない。元来、男の性は「女の徐々に成熟して行く性」と違い、かなり衝動的な一面がある。不倫相手の女性との出会いは、天災みたいなものだ。別な言い方をすれば、どこでどんな女と、どのような形で接してしまうかで、アッと言う間に股間に「火」がつき大火になり得る。ことの善悪を超えて「出会ってしまった女」を好きになってしまうことは、誰にでもあり得る。そして、男は、己の妻のように「具体的な保障と愛」は与えられないが代わりに、妻の何十倍にもおよぶ、優しさや親切、寛大さ、そして情緒的な慈しみを捧げているつもりだ。ここには、男の妻との比較の余地など全くない。男の恋愛感というのは、すべて純粋で美しいものばかりではない。ある種の嫉妬や憎しみがエネルギーとなって燃え上がり、それが意外な結果を引き出すこともある。男は、単に美しいものより、生々しくどろどろしたものの方が、恋の起爆剤になる。従って、男の妻と、自分の存在を比較してもなんの意味も持たないのである。比較して苦しむくらいなら、不倫など、そもそもすべきではない。もし、続けるなら自分と一緒に居るときに、抱かれるときに、「男の精魂」を吸い尽くし、男の姿形があったとしても、中身を失った「抜け殻」にして、男を妻の元へ返すくらいの気概と根性をもって、開き直るべきではないのか。自分にもっと自信をもち、男の妻と「無意味な比較」などせず、男の精魂を吸い取り男を抜け殻にするところが、既存の倫理や道徳に抗いながら不倫をする女の「意地」と「業」ではなかったのか。にほんブログ村

    コメントが盛り上がっています

  4. を取っているらしい離婚も考えているそうです。ごめんなさい。ちょっと静かにしていないと、りんちゃんにも迷惑が掛かってしまう可能性があるので、少しの間、時間を開けましょう。H家、大ピンチです。申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。突然ですみません。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞これって・・・。超マズくない?絶対にマズいよね・・・やっぱり奥さまがお姉さまのところに行った(※8/20)のは、彼の浮気を話しに行ったってこと。何でこのタイミングだったのかは分からない。今週末に帰省するから、その間、お姉さまに見張ってろってこと?いや・・・。そんなことないよね。こんなふうに考える私って、サイテーなオンナだよね。分かってる、分かっているよ、そんなこと。彼に即レス。落ち着いて、落ち着いて。。。分かりました。LINEの履歴、全部消してくださいね。連絡先も削除して良いですよ。お姉さまにメールした内容に私の住所とか連絡先も書いてありましたよね。それ、お姉さま、私だと分かっていらっしゃいませんか。ここまで書いて、送信した。これ以上、続けて文字入力ができなかった。指が震えていたし、考えもまったくまとまらなかった。私の中の『彼と別れるシュミレーション』 。これはもう出来上がっていたよね。まずはスマホの内容。少し前に彼にLINEのトーク履歴の消去方法は伝えていた。(※ 7/31)私の連絡先も削除を依頼した。それから、彼への気持ち。彼のことは本気で好きなんかじゃない。そう思っていつでも吹っ切れるようにしていた。大丈夫、きっと大丈夫。彼がいなくたって大丈夫だから・・・。( ※ 7/3)そう覚悟してたし、できるって思っていたけど。それなのに・・!!こればっかりはなかなか難しい。なんでか分かんないけど、別れようと思っていたこの気持ちがコントロールできない。どうしても心の整理がつかない。こんなふうになるなんて・・・。もっと簡単に終わらせるんじゃなかったっけ。数分後にもう一度LINEをする。12時57分。落ち着いたら、状況だけ教えてください。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。これだけ書いてスマホを置いた。私、意外と往生際が悪いな😵午後、ほとんど仕事が手につかなかった。うっすら涙が滲む。私が彼に告げる前に、ことが進んでしまった。なんか。。。おかしくない?おかしいよ。下を向くと涙がこぼれそう。この日の午後、何の仕事をしていたのか覚えがない。心ここにあらず。もう・・・彼とはダメなのかな・・・。詰んだ・・・のかな

  5. 注)エロい内容ではございませんスーさんに貸しっぱなしになってた本を返してもらうために、待ち合わせの場所へ。同じ会社なのだから、返却方法なんていくらでもあると思うけどね。この場所まで来る必要があるのかと…スーさんの車を見つけたので少し離れた所に停車。(いつもは真横に停めるんだけど)スーさんの車まで歩いて行き、ガラスをコンコン、スーさん降りてきて、本を返却…ス『今、読み始めたところ…』私「これから面白くなるのに…」ス『だって…(´・_・`)』と言うので、「読んでいいよ!貸しとくわ!」と本を戻す。「じゃあね」と車に戻る。…私はこんな遠方まで何をしに来たんやろ?と思いながら…。少し車を走らせたところで、スーさんからショートメール。『もうお帰りになるんですか?少し位お話はないんですかー?』「帰りますよ。」『そうですか…。少し位居ってくれても…。いいのに』返事はしなかった。運転してたから。そしたら…今度はLINE。ショートメールめんどくさくなった模様(笑)引き止めようとしてしまいました。俺も帰宅します。本は当分レンタルさせてください。時間つくって読むようにします。「本はいつでもいいですよ」と送る。すると…今からでも戻れる?さっきの場所に「もう無理です」うわ~、この感じ…またズルズル続くのか…今が、終われるチャンスなのに…今、終われないと、7年前みたいな修羅場にならないと終われなくなるよ…と思いながらも、帰宅したので返事を送る。何回かやり取りがあって、結局、来週逢うことになった…いつものただの痴話喧嘩として処理がなされたまあ、いっか!深く考えてもしゃーないよねなるようになれ!

  6. さて、ここまで、龍平氏の悪口ばかり言ってきたが可もなく不可もなく、の不可でない、最大ポイントはやさしい、とにかくやさしいということヽ(*´∀`)終始、気づかってくれてほんとにやさしくてかわいい、キレイと何回も何回も言ってくれて東出くんに、やり逃げされて私も、私のHも、全否定された気がして完全に、自信喪失していたからかわいいって言ってくれて本当に本当に、心底嬉しくて泣きそうになった情緒不安定ヽ(*´∀`)龍平くん、H後も、ちゃんと腕枕してくれて家の話とか、仕事の話とか将来の話とかいっぱいお話ししてくれてそして、ここでもまた名器だねと言われ吸いつくねと、いつかの青木隆二とまったく同じことを言われたヽ(*´∀`)名器って言われると純粋に嬉しいよねヽ(*´∀`)そして、私のペロペロもすごくすごーくほめてくれて奥行きがすごいと大絶賛ヽ(*´∀`)私、奥行きには自信があるんだよねヽ(*´∀`)顔がデカイからねヽ(*´∀`)こんなめっちゃほめてくれてかわいい、かわいい言ってくれたらちょっと、調子乗っちゃうよねちょっとだけ、自信つくよねもしかしたら、東出くん他に女がいただけで私自身が原因ではないのでは?だとしたら、私が今あーすればよかった、こーしなければよかった、タラレバタラレバ言ってるのは完全に、時間のムダなのでは?と、思えたヽ(*´∀`)そして、帰り道純粋にセ◯クスっていいね!などと、清々しい笑顔で龍平氏に言っていたかわいいっていっぱい言ってくれてありがとうちょっと自信ついたと言うとうん、自信持って!と、穏やかな笑顔で言ってくれた龍平氏あなたにも本当に救われましたありがとうただ、Hに関しては本当に、本当に、申し訳ないんだけど正直、東出くんと比べてしまって東出くんを思い出して逆にちょっと、切なくなってしまったりしちゃったりなんかして…ああ、私、本当に東出くんの顔とHが大好きだった!もう二度と、彼とHできないかと思うと寂しくて仕方ない東出くんに匹敵するHと言えば岩ちゃんか、溶接くんか…岩ちゃんに、やり逃げされたとは言いにくい不思議系美少年の現代っ子に三十路のやり逃げ事情などきっと分かりっこない対人関係において何かしら面倒なことが起こるとLINEブロックが当たり前の昨今現代っ子にとってはやり逃げなんて、日常茶飯事で被害者の会なんてそんなバカな会到底理解できないだろうまさか私が会長だなんて口が裂けても言えないよねヽ(*´∀`)そー言えば岩ちゃん、ギャル男くんとタメだね(゚∀゚)なんか全然、タイプ違うなー(゚∀゚)ああ、話がそれたとにもかくにも溶接くんですよ!この私のくだらないやり逃げ被害の会をオッサンパワーで笑い飛ばしてほしい!オッサンて言っても34だし見た目めちゃくちゃ気つかってるし若くてカッコイイんだけどね!てか、34って私の実年齢とタメだったりするヽ(*´∀`)テッパンの30歳独身設定ヽ(*´∀`)何が何でも崩さないヽ(*´∀`)よし、溶接くんだ!LINEだLINE!会ってセ◯クスしてもらおう!溶接くんに抱いてもらうんだ!…続きます

  7. さて、ギャル男くんのやさしさに癒されすっかり心が軽くなり傷も癒えてきた頃ジョジョから、こんなLINEが来ましたよ字読みづらー(゚∀゚)ごめんねごめんねー(゚∀゚)まあ、そんな感じでその日の夜中出し要員とご対面♡イカツイ四駆で近くまで迎え来てくれてとりあえず車に乗り車内でオシャベリオシャブリではないヽ(*´∀`)そらそーだヽ(*´∀`)中出しくん、イケメンではないけれどシュッとしてて、182cmあるらしい営業マンだし、スーツだし、身だしなみは問題ない黒髪短髪、松田龍平似本人曰く、最近よく言われるのは浅利陽介らしいコードブルーのねヽ(*´∀`)あーねヽ(*´∀`)こっちもアルネヽ(*´∀`)私的に、龍平寄りだったので龍平くん、ということでヽ(*´∀`)ファンの皆さん、ごめんねごめんねーヽ(*´∀`)龍平くん、とっても性欲が強いらしく昨日もセフレと、2〜3回Hして今日の昼も、1人で抜いたらしいドンダケヽ(*´∀`)変態プレーがお好きらしくジョジョと女の子と3Pとかしてるらしいヤベーナヽ(*´∀`)ジョジョもヤベーヽ(*´∀`)龍平くんにも、もちろん、やり逃げ被害についてだいたいお話しまあ、要するにただの愚痴ですわなヽ(*´∀`)龍平くん、そんな私の愚痴を親身に聞いてるフリしてテキトーにかわしそんなことより俺は今はるちゃんの裸を想像してムラムラしてる的なヘンタイ発言をしさらに、傷ついた心を癒してあげたい的なことをテイ良く言いやがってただやりたいだけのウヌボレ勘違いクソヤローめヽ(*´∀`)テメーのセ◯クスはいかほどかヽ(*´∀`)と、言いたいところをグッとこらえいやいや、心の傷は、体では癒されないんだよと、正論を言うヽ(*´∀`)どの口が言ってるヽ(*´∀`)すると龍平くん、残念そうに、そうかーと、うなだれておりますたしかしこの子、なかなか口がお上手でこんなキレイな人とHできたら最高だなとかキレイな人っては聞いてたけど本当にキレイで、すごく嬉しいスタイルいい、細い、背高いのいい、好き等々、おだててくれましてやり逃げされて、女として、すっかり自信をなくしていたスッカスカの心にスイスイーっと入って来たんだな、コレがヽ(*´∀`)チョレーオンナヽ(*´∀`)まあいいだろうそこまで言うなら、テメーのセ◯クスはいかほどかいっちょ抱かれてみよーじゃねーかヽ(*´∀`)…続きます

  8. 旦那さん体調大丈夫?膝、ちゃんと診てもらったほうがいいよその後旦那さんどう?これは去年旦那がバイクでこけて右鎖骨骨折と膝の打撲をした時に彼がかけてくれた言葉私も状況を彼にメールで伝えていた。旦那の膝の具合があまり良くなかったので彼に相談したりもした。彼は何せサッカーをずっとしてる人だから膝などの怪我には詳しいから。それもあって時々旦那のその後を聞いてくれた私が忘れた頃にも聞いてくれて…状態が良くなったと伝えると良かったネと、言ってくれた。旦那を気遣う彼…旦那に対しては罪悪感が常にある申し訳なく思うといつも言っていた当初からヤキモチはあまりなかったらしいヤキモチやく立場じゃないと思っていたみたいつくしが旦那さんとどこへ行こうが何をしようが俺は何も言えない↑こうも言ってたしネ私は当初奥さんにヤキモチやいたし奥さんが風邪をひいたとか言われても「お大事にね…」と言うのがせいぜいだったでも…彼のこういう態度を見ていて自分の感情だけを全面に出したらダメだなと思うようになっていっただから奥さんへのヤキモチは薄くなっていったし逆に旦那さんをお借りしてます…って気持ちが強くなった私が彼からたしなめられる時もよくある旦那さんの膝は?その後どうなの?つくしは旦那さんをお世話しなきゃでしょ?メールはできる時で構わないから…そう言う彼だった数年前に旦那が事故にあった時もそうだった自分より旦那さんや家族を最優先してというスタンス彼は知り合った頃からずっと変わらない私は当初彼を最優先してしまう事が多かったでも、それじゃいけないんだと思うようになりまずは守らなきゃいけないものがあるそれを守るから彼との関係も続けていけるんだとわかった。。そうは言っても今でも突っ走りたい感情はあるけどネ彼が好き!って駆け出したい気持ちはある奥さんに対してももし自分の目で彼とのツーショットを見てしまったら…そりゃ心がザワザワすると思うでも普段の生活の中ではそれはないから大丈夫彼との恋はいろいろ学ぶ彼のこういう部分はすごいと思う私は自分の感情が最優先になってしまうから…彼からも学ばせてもらってる

  9. 今からもう10年以上も前。ず~っと遠距離が続いていた元彼といた頃。遠距離のまま行くのか。別れて次に進むのか。結婚して仕事を辞めて彼の元に引っ越すのか。そんな3択状態が何年も続いていました。仕事はすごくやりがいがあって楽しかったし、成績もよかった。小さな会社だったけどかなりのポジションにいた…のは確か。だからそれを全部捨てて彼のもとへ走る…って覚悟がなかなか決まらなかった。それでも彼にしようと思ったのは。ワガママで子供でダメダメだった私 を見て。「それでもそれもひじりちゃんなんだからしょうがないよね」って言ってくれた時。自己嫌悪で、でも素直に謝れなくて…そんな自分を認められなくてブス~っとしてたのに。元彼はそう言ってくれたのです。私、受け入れられたんだ…ってすんなりストンと腑に落ちた時。ただただひたすら嬉しかった。ほっとした。こんな私でもいいんだって。気付いたら「ありがとう」って素直に口に出せた。でも同じように彼を受け入れることが私にはできなかった。彼のダメな部分も全部まるごと愛することができなかった。挙句…逃げた。社長さんにも元彼と同じことしてないか?誰かをまるっと受け止める。それが肝なのかもしれない。そういうことができる自分になるために、包容力がキーワードなのではなかろうか。(えぇ、この頃あちこちで「包容力」押しなんですよ…)まずは私が私を受け入れないとだね。そうしないと社長さんを受け止めるなんてムリ。受け止める覚悟もできないよね。私は…ただ帰りを待ってるタイプではないそんなことするくらいなら一緒に戦いに出る現場で一緒に動くそういうタイプの女だった言ってなかったありがとうと言ってなかったごめんなさいちゃんと伝えようスーパーカー、否定してゴメンねいろいろ考えて生活環境整えてくれてありがとうカワイコちゃん、買ってくれてありがとう練習連れてって思い付いた時点でどんどん足して行こう(とある雨の日の殴り書きより)もしよろしければ… あなたのパワーを私にも人気ブログランキングへにほんブログ村ありがとぅ

  10. はろー!めりーです!気まぐれで始めたこのブログ、たくさんの方に見ていただけてるようで嬉し恥ずかしですよ!ども、ありがとうございます!実は相方ツインが最近忙しく、このブログについても先日やっと話すことができたんですが『実はブログ書き始めてさ!おぬしとの事でツインソウルについてさ!一応、大丈夫かな?ヽ(゜▽、゜)ノ』と聞いたところ、『メリーの書きたいことを書きたいように書いていいよ。俺は書いてくれて嬉しいし✨』と言ってもらえました!うん、そう言ってくれるとわかってたYO!で、あまりにもあっさり了解してくれたのでちょっと意地悪に『でも、もしかしたら(こんなの俺思ってないし!)みたいな事が書かれてるかもよw』と言うと『いや、メリーは俺のこと、わかってるでしょ✨』と言われました…わかってることがわかられとる!?( ;´Д`)(負けた…)で、次の日、私のブログを見たらしい彼から一言…『あの…メリー、SMについて書いてるのはどういうこと…』それ、私のブログじゃないYO!!( ;´Д`)(間違えとる)というわけで、相方ツイン公認になってますのでちょっと恥ずかしいですがもう少し書きたいテーマもあるのでお付き合い頂けたら幸いです✨

  11. いいえ、私は太りたい....ついに体重が昨日47kgに突入していました長女を妊娠する前は52kgあったんです私の身長では平均体重でしたが、しかし!続けざまに下の子も妊娠、出産...なかなか増えない体重は、授乳してるからだ、と止めれば体重は元に戻ると思っていましたですが、戻らないなんなら、また減ってる....原因は分かっています歳重ねる毎に余り食べられなくなったそれが、1番の理由です胃が痛くなるし、脂っこいもの食べられなくなったしなんなら肉余り食べないで野菜ばっかり食べてるそりゃ、太るものも太らないですよね今日計ったら48kgになってました私は48kg〜50kgの間で体重が変動している感じです太るためには食べないといけないだけど食べれない下の子も産んでからの下降は酷いものでした髪は抜けるしなんなら出産後位の勢いで今も抜けてますそして肌はボロボロ今までなかったシミも出てきてあっという間に老け込んだんですよね一番受け入れられなかったのは歯茎です痩せて歯間にものは挟まる歯並び良かったのにすごいショックであぁ、もう老いていくだけなんだな次世代の子に橋渡しする歳なんだな自分を犠牲にして次の子を産み落とす運命なんだなと、一応抗ってはいますけど、少し遅らせる程度で下降していく現実は変えられないですものね話逸れましたが目指せ!50kg!!です。