1/18の記事ランキング

  1. やっぱりハーレーで世界一周にこだわりたかったってこともあって必要な金額はゆうにん百万円になる。 諦めるか?? いや、諦めるにはまだ早い。 方法はいくらでもある!少なくても試しもしないで旅を終わらす気は全くなかった。 「事故ったから旅は終わりです。」ってやっぱりどこか切ないし、「もう一回くらいは挑戦すべきだよなー。」って思ってた。 うん。 金がない。 ないものはない。 こればっかりはどうしようもない。 ロンドンで療養中に旅の断念を決めて、ロンドンの療養中に再出発することを決めた。 クラウドファンディングでお金を集めることを決めた。 その時は詳しくは分からなかったけど「なんとかなる」ってどっかでは思ってたし、仮にお金が集まらなければ誰かからハーレーを貰ってそれで行けば良いか、くらいに思ってた。 クラウドファンディングについて色々調べて、再出発のプロジェクトを始動させたのが1週間前。 2月14日の締切日まではまだだいぶ期間はある中で269万4000円が集まりました! 1週間前に再出発のプロジェクトをブログ上で発表して、すぐに対応して頂いた方々。 期間がまだあるってこともあってそのうち支援しようと思ってくれてる方々。 応援はするけどお金をあげるとかはやっぱり違うよね!と思っている方々。 どんな方でも全然良くて、僕のブログを読んでくれてる方全てに感謝です!! そして、皆さまに発表です! 『269万4,000円!!!!』 どうやら「ギター1本世界一周ハーレーの旅」は再出発出来そうです!! 今の時点で支援頂けた方も、支援頂けていない方も!そんな僕のことを応援してくれてる皆さまのお陰で実現出来たと思っています!! いや、、。まだ目標金額まで30万6,000円足りてないので引き続きブログ内でも告知していこうと思っています! この度は僕の事をブログで知って頂いたある方から大きな金額を支援していただいたこともあって目標額にだいぶ近付きました! 期間はまだまだあるのでなんとかして目標額の300万円に達せればと思っております! 是非、力になって頂けたら嬉しいです! 旅に出てから不可能と思っていたような事柄がどんどん実現しています! これも全て、応援してくれてる方々のお陰だと思ってます!いや、そう思えてきました!(笑) 何人かの方から「クラウドファンディングで資金を募るのは分かったけどやり方が分からない」というメッセージを頂いたので簡単にやり方を説明させて頂きます! ↓ 下記のURLをクリックして「ギター1本世界一周ハーレーの旅」のクラウドファンディングのページに飛ぶ。https://camp-fire.jp/projects/view/119109 ↑ こういったクラウドファンディングのページに飛びます! 下の方に支援のプランが何個か並んでます。 3000円からご支援して頂けます。 プランを選んでいただいて「このリターンを選択する」をクリックします。 金額を10000円にして頂いて、メールアドレスを入力します。 「ログインせずに支援する」が分かりやすくて良いと思います! 続いて『クレジットカード』やその他の支払い方が出てきます。最適な支払い方法を選んで下さい。 名前や住所を入力していただいて確認画面をクリックすると、 手続き完了ですm(_ _)m 是非、宜しくお願いします! まだまだこれから先も、もちろん日本を出発してからも。 これからも何度も旅を断念させるような壁は現れると思ってます! それでもなんとか前を向いて一生懸命にやり抜きたいと思ってます。 本当にありがとうございます! 全ての人に感謝です!! 何かを始めようと思ってる方、何かに動き出そうと思ってる方。 一生懸命に足掻きながら頑張っていたら何かが起こります!起こるみたいです! 見てくれてる人は見てくれています! 勇気を出して一緒にチャレンジしましょう! 世の中は、ちゃんと回っているみたいです! 「感謝」 感謝が地球を回っています! P.S. 今の時点でご支援して頂いた方々、本当に本当にありがとうございます! 応援の意味とか、お金の意味とか、旅の意味とか。 そんな沢山の意味を知ることが出来ました!! 僕も応援します! きっと、何かの時には全力で応援しますので今後もお付き合いのほど、宜しくお願いします☆

    たくさん共感されています

    再出発準備編  再出発まで残り17週
  2. 2019年1月17日(木)ヒーターがあるって有難い(´▽`*)クスコで有名な日本人宿 Casa del Inka/カサ デル インカには1泊だけお世話になることにし(記事はこちら)、カサ デル インカの前に滞在していたKurumiに戻ることにしました。10:00チェックアウトとのことで、その前に朝食!宿泊料金に朝食は含まれているのですが、想像していたより質素な朝食でした。ジュース、インスタントコーヒー、バター、そして、パン。すぐそばにコンロがあって、パンケーキも作れるみたい。スタッフがいれば作ってくれるけど、スタッフがその場にいなければ(食べたい人は)自分で作る必要があるとのこと。カットフルーツやヨーグルト、オムレツなどはありません。ちなみに、今日移動したKurumiにはあります。オレンジジュースとパン確かに3階のテラスで食べられる朝食は気持ちが良かったです。でもね、それ以上に部屋にヒーターが欲しかった💦昨晩部屋でパソコンをカタカタしたかったけれど指がかじかむし、諦めてさっさとベッドに移動したけど寒さで寝付けずって状況。朝も寒さで起きたくらいです。いやー、確かに部屋にトイレ&シャワーが付いていたのはありがたかったけれど、US$25.00払って朝食がこのクオリティーで部屋にヒーターはなくてネットもつながらなかったらこれはもう、1泊にしといて良かったと心の底から思いました。10:00にチェックアウト。キャリーを引いてまたまたKurumiへ。ドミトリーもありますが、女性専用ドミトリーがないため前回と全く同じ部屋、216号室のシングルルームを手配しました。※おそらくシングルルームは一部屋しかありません(^_^;)クスコに着いた日の記事にもKurumiについてちらっと書きましたが(記事はこちら)、My roomである216号室のシングルルームについてもう少し紹介したいと思います。※何度も言いますが、決してKurumiを全力で推しているわけではありません。216号室のシングルルームは、レセプションから少し離れています。階段を降りて、さらに登った2階にあります。青〇=216号室黄〇=共用トイレ・シャワー216号室の目の前に共用トイレ・シャワーがあります。お湯もしっかり出るシャワーです♪共用トイレ・シャワーなのでもちろん誰が使っても良いはずなのですが、位置的に216号室の滞在者と、216号室の隣の部屋(214号室)の滞在者が使うようです。写真手前が216号室(私の部屋)、奥が214号室カサ デル インカに宿泊する前にこの216号室に3泊したのですが、214号室には誰も滞在者がいなかったため、先ほどのトイレ・シャワーは私しか使っていなかったことになります。216号室の目の前に階段があって、その階段を降りるとドミトリーがあるのですが…ドミトリーの側にもトイレ・シャワーがあるためか、この階段を上がってまでこのトイレ・シャワーを利用している人は見かけません。それではお部屋を紹介します。216号室 シングルルーム♪広々とした部屋ではありませんが、これくらいの空間の方が落ち着きます。何より部屋でネットがさくさくつながるし、ヒーターを借りられるのは本当にありがたいです。カサ デル インカのように「電気代が高くつくからそんなものはない」なんてことは言わず、「寒いならこれ使って!」とヒーターを用意してくれる宿を探しましょう◎カサ デル インカは水道水やシャワーで洗濯をしないでください!という張り紙があちこちに貼られているのですが、Kurumiは特にそういった張り紙はありません。下着なんかは毎日手洗いしたい私。ヒーターがあると部屋も乾燥するのであっという間に乾きます。部屋に机はありませんが、ベッドの上で壁にもたれてパソコンをカタカタするので問題なし。コンセントの差込口もベッドの枕元付近にあるので助かります。ヘッドランプもあります。ちなみにカサ デル インカはコンセントの差込口が机の側にもベッドの枕元の側にもなくて困りました。ハンガーラックがあるのも助かります。ちなみにカサ デル インカはハンガーが2つありましたが、この部屋のハンガーは5つ。カサ デル インカの滞在者で自分の部屋にはハンガーがないとスタッフに文句を言っていた人もいました。部屋にゴミ箱と全身鏡があるのも有難いです。ちなみにカサ デル インカの部屋には全身鏡もなければ部屋にゴミ箱もありませんでした。全てのゴミはトイレの汚物入れに~といった感じです。シングルルームなのになぜだかタオル、固形石鹸、使い切りのシャンプーが2つずつ用意されています。前回もそうでした。共用トイレ・シャワーは1日1回とかではなく、定期的にそうじに来てくれるのか、いつも清潔です。Kurumiのドミトリーについてはよく分かりませんが、シングルルームはこんな感じです。1泊 US$17.65→US$15.00に値下げしてもらって、計4泊しますが、こっちに移動して本当に正解でした。カサ デル インカで泊まった部屋はUS$25.90/泊でネット不安定、ヒーターなし、朝食は質素…でしたから💦さらにさらに、マチュピチュの入場チケット、クスコ→次の目的地へのバスチケット、新たに加入する海外保険の契約書をプリントアウトをしたかったのでカサ デル インカにお願いしたところ、「アルマス広場のネットカフェでできるからそっちでやってちょうだい」と言われたのですが、KurumiはレセプションにあるEPSONのプリンターで快く(無料で)プリントアウトをしてくれました!(今の楽天プレミアムカードに付いている海外保険は90日しかカバーしないため)新たに海外保険に加入する必要があるのですが、契約書をプリントアウトするだけでなく、自筆署名を書いてさらにPDF化し、保険会社に送る必要がありました。PDF化するのもKurumiのレセプションが快く手伝ってくれました。カサ デル インカですが、これまでに多くの日本人が泊まったことは確かです。テラスから眺める景色は素晴らしいし、スタッフが優しいのも認めます。でも、テラスから眺める景色よりも絶対にヒーターがあってかつネットが部屋でつながる部屋を手配することをオススメします。スタッフが優しいなんてのは他も一緒だと思いますよ⁉って話です。Kurumiの紹介と、カサ デル インカとの比較でした。私は良いことも悪いことも隠さず記録します。あたたかい部屋でパソコンとしばらく向き合い、お昼はまたまた韓国料理へ。前に載せた記事(こちら)にも紹介した③BUTUMAK。ビビンバ 30ソル=約980円野菜も摂れて大満足~♪そしてスーパーに立ち寄り買い食い(´▽`*)㊧から・本日の夜ご飯 辛ラーメン・ペルーチョコ・ペルーポテチ(Laysのペルー限定品かと…)・水部屋に引きこもって今からまたパソコンと向き合あいます(;'∀')そして明日(18日)は…ペルーに来た最大の目的マチュピチュへ!!ではなく、マチュピチュのふもとのマチュピチュ村まで移動します。村で1泊して、19日にマチュピチュに行きます★ではではレポをお楽しみに♪Chao✌('ω'✌ )

    【⑭ペルー】移動して良かった◎クスコでまたまたお世話になる宿「Kurumi」
  3. 毎度お馴染み、ユルユル国境越えへ
  4. タイ・バンコクで叙々苑?!叙々苑で修行したオーナーさんの日本式焼肉♡
  5. 本人宿・ロングラッゲストハウスに来ました♡女子ドミで280バーツ!(2019年1月1日から300バーツになったらしいです。)なんだか行ったり来たりの私ですが、またすぐに先程まで居た方面へ向かいます先程バスに乗った時にかなり時間がかかったのです。今は夕方だからもっと渋滞してるはず!!って事で船で向かうので船着場まで歩き…船乗りました!!船は渋滞知らず✨船を降りて少し歩き、待ち合わせをしている日本食レストランへ✨え?!また日本食??!はい…そうなんです。。実はエジプト・ダハブのダイビングインストラクターのケンジさんが、タイ→カンボジア→フィリピンと旅行をするタイミングとドンピシャでぶつかり、またタイで再会しました〜🇹🇭普段エジプトに居るケンジさんは日本食をずっと食べれてないので、タイに日本食を食べに来たらしいです。。笑って事で、私の日本食オンパレードがまた続くのです!!!笑まずはアサヒスーパードライ生牡蠣もオーダー♡はい、ここはタイです🇹🇭お刺身♡ナスの煮浸し、豆腐♡♡豚しゃぶ♡だし巻き卵♡いも焼酎♡そして、鯛?なんだっけ??お頭の煮付け…すっごいボリューム最後にステーキまで…またまたお腹がはち切れるくらい食べてしまいました…ご馳走様でした✨そして宿に戻ると、宿泊している日本人旅人達が飲んでいて…私も一緒に飲んだんだよねぇ既にかなり飲んでるのに…💰 2018年11月13日バス代 6.5バーツ船代 13バーツビール×3 65バーツ×3宿代 280バーツトータル 1,731円1バーツ3.5円で計算ありがとうございます♡皆様のおかげでブログ村の女性世界一周ランキングでまた1位になりました〜♡♡♡登録者の多い、世界一周ランキングも10位以内になっている!!!引き続き下の土下座写真を1日1回ポチっとお願いします♡にほんブログ村https://www.instagram.com/aki_roundtheworldtrip/インスタ初心者でよくわかっていませんが、よろしければフォローして下さい

    バンコク居候生活終了☆日本人宿ロングラックゲストハウスへ!しかしまた日本食のオンパレード!!?
  6. 気付いた時には、そ一人旅同士の全員で、チベットに鳥葬を見に行くことになっていたのでした。無論それは、ただ鳥葬を見たいだけ、などではなく。鳥葬をはじめとした、チベットの特異な物を見たいだけであり。インドの暑さ、インド人のウザさに辟易していた私達にとって、ネパールの次の目的地としては、北方のチベットは、悪くない選択肢に思えました。しかし。ネパールからチベットに行くには、自由旅行は許されていません。現地のツアー会社を通し、そこそこの料金を支払わねばならず。かつ、ある程度の人数が集まらなければならない。そこそこ高い障壁に思えたのですが。全ての問題は簡単にクリアされ、あっという間に手配が済んでしまったのです。私は、当初戸惑っていました。もう旅を終えるつもりだったのです。それなのに、今からツアーに参加するなんて、しかも、よりによって、あのチベットに行くなんて。チベットは数年前に行ったばかりだ、ということはさて置くにしても。その不便な土地に行った場合、日本はまた遠くなってしまう。帰るのがまた遅れてしまう。バンコクで帰るつもりだった。ニューデリーで帰るつもりだった。バラナシで帰るつもりだった。ポカラで帰るつもりだった。全部の「つもり」を通り過ぎて、このまで引っ張ってしまった旅。これをさらに引っ張ってしまうと。もう、今の仕事の契約更新は無理だろうし、帰ってからまた仕事を探すのも、より大変になるだろう。どう考えても、行くべきではない。そう思いながらも。結局私は、そのツアーに参加することにしたのです。理由は、単純です。その仲間と一緒にいるのが、とても楽しかったから。

    旅は終わらない
  7. 韓国のスタバ新作
  8. バックパッカーの街!!?やっとカオサンロードへ♫
  9. 機内編です。ビジネスクラスの後方側に指定したのですがこの後方では4人しか居ませんでした。11Aが私のお席。他の赤丸には座ってました。プレミアムクラスにも何人か居たように思ったけどアップグレードするステイタスの人が少なかったのか??それともエコノミーからビジネスクラスのインボラというのはほとんど無くなったということでしょうか?寂しげな機内。いつもはスルーの機内安全ビデオもつい!見ちゃいました。歌舞伎バージョン。オリンピックに向けて外国人アピールですかね?CAさんも余裕でのサービス。色々お話ししたりメキシコの話をしたりと飲み物もガンガン持ってきてくれました。何となくですが今日はもうさっさとサービスして早く終わらしてゆっくりしたい!みたいな雰囲気が漂う感じ。どんどん注いでくれちゃいます!お飲物メニュー飲み放題食べ放題12時間!!といってもやはり3時間が限界なんですね。居酒屋の飲み放題の制限時間、的を得てるなと思いました。ビール飲んでシャンパン飲んで食べてメインのお魚がくるけどすでにお腹もいっぱい。チーズプレートとワインでダラダラ飲んでオーシャンズ8とキムタクとニノの検察官の映画を見おわったらウトウト。寝てました!起きたらあと3時間ほど(笑)えっ??もうそんなに??機内では咳が止まらなくなり(風邪か乾燥か??)マスクしてたけど人が少なくてよかったと思いました。ごほごほしていたので眠りは浅かったのですが。食事は(お好きなときに)のパニーニにしました、フルーツを添えて。メキシコシティ便はやはりビジネスクラスをゆったり過ごせて、ANAならではのサービスで堪能出来る路線だと思います。帰りも楽しみだなぁとこれから5年ぶりメキシコシティに到着です。

    ANA最長路線のメキシコシティへ②
  10. 称ビジネスウーマンバックパッカーにはありがたい部屋でもさくさくつながるwifiもとんでいます。クスコはやはり高地だからか、結構寒くて💦スタッフさんに相談したら、すぐにヒーターと予備の毛布を持ってきてくれました◎ヒーターと予備の毛布。可愛いアルパカの毛布も素敵です☆いやー快適です。共用シャワーはお湯もちゃんと出て、ヒーターも使えてぬくぬく。部屋にひきこもってパソコンで作業をする前に寝てしまいそうです←あかんやつ。昨日のリマの空港隣接ホテルがUS$176.00/泊で今日の宿がUS$17.70/泊。約10分の1です。これで十分。むしろ、ドミトリーじゃなくシングルルームを手配しているだけ奮発している方です!!部屋でちょっとゆっくりしてから、夜ご飯を食べに出かけました。赤〇=滞在先(Kurumi)青〇=アルマス広場黄〇=慕情さん(BOJOSAN) ※うどん屋さん滞在先からはひたすら坂道を下って行きます。石畳の坂道滞在先→アルマス広場までは歩いてすぐです◎アルマス広場アルマス広場→慕情さん(BOJOSAN) ※うどん屋さん までも歩いて行けます。青〇=アルマス広場黒〇=スターバックス黄〇=慕情さん(BOJOSAN) ※うどん屋さん今日の夜ご飯はうどん屋さんで☆⋆慕情さん(BOJOSAN)日本人がオーナーだそうです。今日働いていたキッチンスタッフはペルー人でした。店内の様子↑壁にメニューが書かれていましたが、うどんだけで勝負しているようです◎本日の夜ご飯★カレーうどん!23ソル=約740円作っているところを見ていたのですが、カレーだしのスープではなく、だしのスープにカレーパウダーを混ぜ、(片栗粉が混ざっているのかな?)とろみのある液体を加えてスープにしておりました(;'∀')まぁ、でも寒いクスコに温かいおうどん。久しぶりに食べたからかおいしかったです。※うどんはおそらく手打ちうどんです!帰りはスーパーに立ち寄りました。水2.5ℓ3.80ソル=約125円ペルー産板チョコ 12ソル=約390円水が安いのかチョコが高いのか…帰りは坂道を登ったわけですが、少し息が切れました。高山病の症状は夜になっても特に出ていないので、薬はストップしました。さらなる高地に行く時のためにとっておこうと思います。←こういう飲み方、Okですかね?今日は、この辺で!

    【⑭ペルー】リマ→クスコへ!快適な宿とうどんの話。
  11. かつて、農村部で過ごした時のことです。私は、そこの貧困層の人々に、ひどく驚かされました。まるで働かない。全員が、ではありません。良く働きます。女性は。早朝に起き出し、川まで水を汲みに行き、洗濯をし、農作業をし、朝食を作り、農作業をし、夕食を作る。そんな毎日でした。しかし、それに対して、男性達は。昼前まで眠り。起き出すと、男同士で集まり。終日、賭けトランプに興じる。それだけなのです。女性の労働が過剰である、歴然たる証拠があり。当時、ネパールは世界で唯一、「男性より女性の方が平均寿命が短い」国だったのです。ただ私は、これに対して、一概に、「男尊女卑がひどい」と断定しようとは思いません。男は、いざという時には戦争に行かねばなりません。そのためには、男が戦に行っている間、女だけでも家を守れるようにしなければならない。特に紛争の多い場所では、女が中心になって働くという文化は、ある種合理的だと思います。ただ。それにしても、ネパールはひどい。戦争は減り。子供が増え。貧困は、加速しているのに。男たちは、まるで働かないのです。そして、富裕層にしても。カトマンドゥや、ポカラや。或いは、エベレストトレッキングに行く人が、ほぼ確実に通過する、ルクラという街など。観光客が非常に多くやって来て、非常に多くのお金をばらまく土地は。何年経っても、まるで発展しません。重要な窓口であり、巨大な金が動く筈の空港までもが、全く整備されず、未だに飛行機事故が後を絶たない。そのくせ。そこの裕福なネパール人と話すと、「冬はアメリカで過ごす」「日本に10回遊びに行った」など、非常に大量の金銭を海外で使った話を、次々聞かされる。つまり。援助や観光客のおかげで豊かになる富裕層も、それをネパール国内で消費せず、国外の遊興に用いてばかりで、国内の発展には、ほとんど寄与しない。貧困層も、富裕層も、この有様。勿論。全く発展をしない、という生き方も、否定はしません。特に、輪廻転生のあるヒンドゥー教のシステム下では、「今世がダメでも来世があるからいいや」と、「無理して働く」という考え方は、持ちにくいかも知れません。しかし。現実問題。ネパールの人口は、急増しているのです。二十年間で二倍近くになっている。この状況下で発展しないとすれば、それはただ、貧困に苦しむ人間を増やすだけのこと。今、二倍働かねばならないのです。でも、それをしようとせず。ただただ遊興に耽る人々。そんな人々を、数多く目撃してきた。だからこそ、私は。Mの作った学校を奪い取り、そこから何かを作り出そうとした、アグニを。嫌いになれないのです。

    だからネパールは貧しい
  12. マッサージをしながら、ユーラシア大陸を横断中!ボディセラピストのまるちゃんです。前回の記事で書きましたが、Instagramにコソボの写真をアップさせたら、セルビア人からお怒りのコメントがきてしまった件。あれからコメントに返信をしていないのに、一方的にコメントがきて、ちょっと困ってます…彼の言いたい事も分かりますが、私はコソボの味方にも、セルビアの味方にもなるつもりはありません。これは、日本と北朝鮮問題に関しても似たような事を、私は言ってます。ちなみに、現在コソボを国として認めているのは、日本を含めた111ヶ国。濃い青に塗られている所は、独立認識済みです。オレンジは反対している国。となると、そういう国の人は、コソボには行く事はないのかなぁ(もしくは、行ってはいけない)インドネシア人や、ボリビア人の友達もいるから聞いてみよう。話は変わりますが、コソボは紛争後に作られた建物が多いので、思っていた以上に近代的!なんとなく、セルビアより洗練されている感もあり。あ、焼き栗の屋台は、やっぱりどこの世界でもあるみたい↓こちらのお兄さんも、バックピースをしてくれてます。しかし、みんな撮られるのが好きだねー。そうそう!これ、何の建物だと思います??実は国立図書館なんですよ。結構、洒落たデザインだなー。これもアメリカの影響なのかしら?館内も、洒落たデザインでした。やはりアメリカは英雄。アメリカの資料が大量に置かれている、立派なお部屋が作られてましたね。中に入ったら、みんなにガン見されたので、即退出しましたが(^◇^;)あと、意外や意外!マッサージ屋さんもあった。私が見かけたのは、この1店舗だけですが。多分、この国もマッサージの文化はそこまで浸透していないだろうな。あとは、モスクも街中で沢山見かけましたね。コソボ人の9割型は、イスラム教です。こちらは中に入れそうなので、一応入ってみました(^^)基本的に、教会よりモスクが好きなんですが、ヨーロッパを渡り歩いていると、色んな所で見すぎて、正直飽きてきている私。いやー、本当素晴らしい作りなんですけどね…もう、感覚が麻痺しちゃってるんですよ。感動もしなくなってるなんて、勿体ない事をしてるな(*_*)珍しかったのは、この電光掲示板(?)色んな国の時間を載せてるのかしらー?と思ったら、日の出や日の入りの時間を載せていたんですね。デジタルにしているなんて、なかなか画期的ですな。紛争、独立、若い国。色んなイメージがあるコソボですが、やっぱり行ってみないと分からないもの。アメリカの力もあるのでしょうけど、想像以上に発展している国だし、これからさらに発展していく国だと思います。時間があればプリィシュティナ以外の都市も見たかった。この国は、興味深い。Instagramも更新中!Instagramの主役はバリネコくん(・∀・)彼も一緒に世界を旅しています。フォローすると、バリネコくんが大喜び! ↓@balinek_mutter

    たくさん共感されています

    コソボは想像以上に発達しているのかも
  13. 。コタキナバル行き航空券が安かった(4人で20万ちょい)ので、そこから内陸部のスカウやダナンバレーのロッジに泊まって、リバークルーズやジャングル探検で野生動物を見に行こうと思ったのです。で、途中まではかなりその気になっていたのですが、スカウやダナンバレーの最寄りの空港付近に外務省の渡航中止勧告が発令されていることを知ったのですさすがにそんな場所を通過する旅に子供たちは連れていけませんのでやめました。でもとても楽しそうなので、いつか渡航中止勧告が解けたら行きたいです!次に目を付けたのはハワイ。それもホノルルじゃなくてハワイ島。火山や大自然を巡りたいなと思い、色々調べたのですが、、、星空観察などは標高の関係で子供は無理だったり、やりたかったことができない可能性がポツポツ出てきました。ホノルルやハワイ島の映像を見てイメージを膨らませたのですが、私も主人もこれだ!とピンとくるものがなかったのでひとまず保留。もう国内でいいんじゃない?となり沖縄を調べたのですが、これが案外航空券が高いそして日本なのでホテル代もいいお値段。マイルを使う案も考えたのですが、そこまでお金かけるのならばやっぱり海外にしようとなり、ドバイは?と、ドバイ案が舞い込んできました。航空券を調べてみると、エミレーツの直行便を使っても手が届くお値段。時期的にも旅行するのにちょうど良い季節だし、子連れで楽しめそうな要素が満載!子供たちにとっては初めての中東文化圏だし、足を延ばせば砂漠にだって行けちゃう調べていくうちに私も主人もワクワクしてきましたそう、このワクワクを感じられるかどうかってとっても大事ですよね、、、と言うわけで、2019年の旅行はドバイに決定しましたこれからホテルなど旅行の計画を組み立てていくのがとても楽しみです

  14. 【⑭ペルー】自力でマチュピチュに行く準備
  15. 2019年1月14日(月)まさかクスコで手に入るとは!朝はゆっくり8時起き。滞在先(Kurumi)は朝食付き。パンやら目玉焼きやらオムレツやらも別の机にありました!朝食を食べてしばし二度寝←おいっこれはいかん!とむくっと起き上がりパソコンとしばらく向き合い資料の読み込み。そうそう、このためにナスカを諦めてクスコに来たのです(;'∀')しばらく部屋にこもっていたのですが、昼前に部屋から出てみると青空が見えました!昨日は曇りで小雨も降っていて、この時期はいつもこんな天気と言われたくらいです。青空を見た瞬間、これは今すぐ外に出てちょろっと散歩しなさいって神様が言ってるのかも◎と都合よく解釈。まぁ気分転換も必要ですからね(^_^;)坂道を下ってまずはアルマス広場へ。少しでも青空が見えると気持ちが良いです!アルマス広場から少し歩いて、クスコで行ってみたかったところに向かいます。向かった先はこちら↓ここはある通りの一画なのですが、通りの壁は石で敷き詰められています。そして私が指さしているこの大きな石。12もの石に囲まれていて、隙間なく敷き詰められているのです。すごいなぁ、ペルーの先人たちは。この一画だけえっらい人が群がっているので、どこにこの大きな石があるかはすぐに分かるかと思います。【地図はこちら】青〇=アルマス広場黄〇=スターバックス赤〇=12の石に囲まれた石が見られる通りそしてこの12の石に囲まれた石を見た後に奇跡が起こります✨アルマス広場に戻ろうと歩いていたのですが、ふと左手側を見ると、カメラのアクセサリー販売店があったのです。FOTO CENTRO NISHIYAMA( ,,`・ω・´)ンンン?もしやこれは…と思い、店内へ。店員さんにレンズプロテクターは売っているか聞いてみたら「ある」と言うのです。キターーーーーー!!ザンビア→南アのヨハネスブルグに移動する時にレンズプロテクターが壊れてしまい(記事はこちら)、マダガスカル→ブラジル→エクアドル、と探したのですが見つかりませんでした(涙)ブラジルは探せばあったのだろうけど、年末年始に行ってしまったが故にお店が閉まっていたのです💦カメラ屋さんはどこにでもあるだろうと思いながら旅をしていましたが、なかなか遭遇できず。見つけてもレンズプロテクターは売ってなかったり。。。唯一1軒だけ見つけたカメラ屋さんは私のレンズに合う大きさのレンズプロテクターは販売していなかったのです。これはもう日本に帰るまで手に入らないかなぁ…なんて半分くらい諦めていたのですが、まさかのクスコで手に入るとは!!だけど問題が1つあって、前回壊れてしまったレンズプロテクターのフレームがどうしても取れなくて、Técnico(技術者)に出さないといけないというのです。お店のスタッフがフレームを取ろうと試みるも取れず…↑1時間くらいカメラを預けるとフレームを取ってもらえるとのことだったのでカメラを預けることにしました。別途料がかかるとのことでしたが、このままレンズプロテクターなしで写真を撮り続けるよりずっと良いです。カメラを預ける間、お昼ご飯を食べに行くことに。またまた歩きます。可愛いクリスマスツリーを発見!店内にあったものなのでガラス越しですが…ペルー風雪だるま⁉ めちゃくちゃ可愛いです☆向かった先は韓国料理屋さん。私の中では世界3大料理の1つです。SA RANG CHE ※通りに面したこの入り口から奥に進む必要があります。場所がよく分からず迷ってしまい、アルマス広場にいた韓国人旅行者に場所を聞きました。むっちゃ良い人で、お店まで案内してくれました。青〇=アルマス広場黄〇=スターバックス①=SA RANG CHE ※韓国料理②=もう1つの韓国料理屋さんProcuradores通りにあります。つまり、この通りに2軒韓国料理屋さんがあることになります。Procuradores通り大好きなビビンバを注文!35ソル=約1130円現地の物価からするとなかなか良いお値段のランチですが、温かいお茶、お味噌汁、そして韓国料理ならではのたくさんの小皿に入ったおかず(野菜とかキムチとか)が付いてきたので大満足です。せっかくだから現地のものを~なんて考えは全然なくて、ここぞとばかりに韓国料理を食べたいと思っています。違う通りにも最近新しく韓国料理屋さんができたとかで、少なくともクスコには3軒韓国料理屋さんがあることになります。たぶん、クスコ滞在中に全部行ってしまう気がします(笑)またレポします。韓国料理を食べて、あのカメラ屋さんに戻りました!問題だったフレームは取り外されていて、新しいレンズプロテクターを購入し取り付けてもらいました。Técnico(技術者) 55ソル=約1780円レンズプロテクター 65ソル=約2100円嬉しいーー(´▽`*)イェーイ!!!って心の中で一人で叫んでました(笑)絶対にこのレンズプロテクターは大事にしよう!!Kenko Japanって書いてあるから、これが本当なら日本製をゲットしたことになります☆明日もパソコンでカタカタするべきところ、実はどうしても行ってみたいところがあって、ナスカ同様諦めることも考えたのですが、今回は行くことにしました。明日行ってきます!!標高5000mのとこらしいです。朝4:30~4:50 ピックアップだそうです。今からまたパソコンに向かって、夜はこの辛カップヌードルを食べ、さっさと寝ることにします。明日のレポもお楽しみに!

    【⑭ペルー】クスコでまさかのアレをGet!
  16. と言うか激混み旅行準備で大忙しなのは、凄く関心しました最近、海外へ渡航しても”日本人が減ったな〜”と、感じていたので、私的にはすごく嬉しい海外旅行へ行く際、多少なりとも現金は、持っていくと思うのですが、外貨を用意するなら、今がいいのでは?と思ったのです。なぜかと言うと、2019年1月18日時点で、1ドル=109円1ユーロ=124円1オーストリアドル=78円以前両替した時よりも金額が増える??なんと、以前よりも安く購入出来るのです。と、言うことは、戻ってくるお金が多いと言うこと。これは、両替する手はない【なぜ、今なの】確実に海外へ行く事が決まっていて、両替は後でいいや〜。なんて、言っていたら、(1)空港に行ってからだと劇混みする(2)レートの値段が高くなる可能性ありこれは、私の経験ですが、日本を出発する前に両替したほうが安心感があります。現地到着してから、すぐに行動できるから現地到着してからだと、到着時間により両替所がしまっていたり、両替所が混んでいたり、と、なんだか時間がもったいないような気がするのですなので、ゴールデンウィークだけでなく、海外渡航する予定がある人は、両替をオススメします。※私個人の意見です。冬休みの長期連休が終わったばかりですが、次の旅行に向けた準備も始まってますよ

    【旅スキル:今がお得?海外旅行するなら今すぐやっておきたい事】
  17. 一昨日は夜中まで旅先の検討をしていて寝不足だったので、昨日は子供たちと早々に寝落ちてしまった私今朝起きたら、ダイニングテーブルにこんなものが置かれていました。主人が早速ガイドブックを買ってきたようですガイドブックが手元に来るとますますワクワク度が上がりますね*******************************さて、次の旅先も決まったところなのですが、そう言えばWDWのまとめを書いていないことに今更ながら気付きましたというわけでまとめます。子連れWDWの感想!一言で言うと、最高でした!親子共々本当に楽しめた旅行になりました。間違いなく今までで最高の家族旅行だったよね!と、夫婦で実感しています。フロリダは確かに遠いです。でも、ある程度海外旅行や飛行機経験を積んだお子様ならそれ程問題なくオーランドまでたどり着けると思います。ただ、我が家の次男(4才)くらいの年齢で、尚且海外旅行や飛行機経験がない場合はまず近場のフライトを経験しておくことをオススメします。我が家の場合、短めのアジア路線で旅行慣れさせていたお陰で、長時間の飛行機自体が旅の一部として楽しむことができました。この最初の関門が親子ともにWDWを楽しむためのポイントかなと思いました。オーランドまでのフライトさえなんとかなれば、WDW自体は子供からお年寄りまでみんなで楽しめる素晴らしい場所だと思います。日本のディズニー程の混雑はありませんし、足腰に不安があれば気軽に電動車いすも使えるので、3世代旅行の行き先としてもおすすめだと思います夏に行くならやはりウォーターパークを組み込むことをお勧めします。我が家はブリザードビーチに行きましたが、文句なしの楽しさでした昔のトラベラーズチェックが手元に残って困っている我が家のような方は、是非WDWで換金しちゃってくださいホテルはもちろん、パークのチケット売場でもショップでも問題なく使えました。ただ、最近は使う人が滅多にいないのか、処理に手間取ってしまうキャストの方も多かったので、時間節約のためにもできればホテルでまとめて現金に換金してしまうのがベターかなと思います。食事は我が家はどこでも美味しくいただけました。特に日本食なども持ち込みませんでしたが、どうしても食べ慣れた味がないと無理そうな人は何か持って行くのも有りだと思います。あと、我が家はフリーダイニング期間中でポイントも余るほどあったのでお水も何のためらいもなく買っていましたが、普通に買うと結構お高いです。それから折角はるばるフロリダまで行くので、ケネディスペースセンターにも是非足を運んでみてください。男の子は特に喜ぶと思いますと言うわけで、ディズニー好きはもちろん、そうでなくても誰でも間違いなく楽しめる素敵な場所でした

    WDW子連れ旅行記★総評
  18. オークランド国際空港で無事にニュージーランドに入国👏携帯電話をWi-Fiにつないだら、Airbnbのホストファミリーからメールが届いてた。「Skybusでオークランド市内に出て、バス停がいくつかあるんだけど、バス停名が分かったら教えてください。Skybusの中はWi-Fiがあるからそれで連絡ください」って書いてあった👍って事でSkybusに乗ります🎵でも、乗り場がわからない…。こういう時は適当にinformationって書いてある所で聞いてみよう‼って事でinformationで聞いたら、「外に出て道を渡った所に乗り場があるから、そこでチケット買ったらいいよ」って教えてくれた外に出たら道を渡った所に乗り場があってチケットも買えました‼片道だったら19ドルなんだけど、往復は36ドル(片道18ドル)だし、帰りもSkybusに乗るから往復を買いました👍(クレジットカードでだけ支払えるって言われた)この乗り場といいこのチケットといい2年前に行ったメルボルンの市内までのバスに似てる🚌(2年前は飛行機で隣の席だったポーランド人にホテルまですごいお世話になったなぁ)バスは10分ごとに出てるみたいで待つことなくすぐに来たから良かった〜‼乗る時にAirbnbのホストに言われたとおりにバス停名を確認して、すぐにメールをして迎えに来てもらいます🎵いざ出発‼バスでオークランド市内に向かってる途中にバンザイという店を発見‼日本と関係あるの⁉そして、スカイタワーが見えた‼‼‼これ、南半球で一番高いタワーだよね⁉オークランドにいる間に昇ろーっとこの後、バスは市内のクイーンズストリートに入っていって、私も降りる時間となりました🎵降りたらホストが来てるか分からなかったけど、すぐにおじちゃんが「アキコ❓」って言って来てくれたから、AirbnbのホストのPeteだってすぐに分かったε-(´∀`*)ホッここからはPeteの車で今日から3泊お世話になるPeteとその奥さんNilaのお家へ向かいます🎵って言ってもそんなに遠くないマンション‼駐車場は地下にあってエレベーターでお家まで上がります廊下はまるでホテルみたい家につくと奥さんのNilaが待っててくれていましたPeteもNilaも私のニュージーランドの両親みたいな二人でとても好き💕案内された部屋もキレイな部屋でステキここで3泊とは正解な選択🎵(後に滞在するホテルより落ち着くし、きれいだし、何でも揃ってたのでした)荷物も置いたところでお腹が減ってきただから、サンドイッチみたいなのを食べたいってPeteとNilaに相談したら、スタバがあるよ‼って事で治安は良いらしいからスタバに行きます💨スタバに歩いていってたら、スカイタワーが見えたえっ⁉えっ⁉えっ⁉ここからスカイタワーが見れるの⁉スカイタワーは少し遠くにあると思ってたのに❓近いの⁉やっぱり近いらしいスタバに歩いていく途中の公園からもスカイタワーが見える‼道を渡ったらスタバって所でもスカイタワーが見える‼しかも近い‼どうやら、この道を真っ直ぐ行ったらスカイタワーみたいこんなに近かったとは…。スタバに到着‼素敵な外観でビックリしかも、本当に安全そう🎵中も素敵ここでジンジャーブレッドラテとプレッツェルサンドイッチを頼みました🎵ジンジャーブレッドラテはアメリカで飲むよりも味が薄くて残念だったけど、ニュージーランドのスタバを思う存分味わえたから良かった👍食べ終わったら、オークランド巡りは明日からにするとして、家に戻ります‼スタバを出てすぐもスカイタワーが見えるやっぱり近いんだ家に戻る途中に一瞬ゴミ箱かと思って見たら、なんと、ポストじゃん‼今までいろんな国でポストを見てきたけど、ここまでゴミ箱と思うポストは初めて公園から見えるキレイな夜景を見ながら、家に戻ります🎵(早くベットで寝たいよー💤)さっきは地下の駐車場からだったから見なかったけど、このマンションのロビーはこれまたホテルのようにステキでクリスマスツリーが飾ってありました部屋に戻るとリビングからの夜景がこれまたキレイ(後に泊まったホテルからよりも何倍もキレイ)よく見たら部屋からもスカイタワーが見えたこんなキレイで安全でステキな立地はオークランドではここ以外無いんじゃないかと思うぐらいステキな場所でした今日はこのまま寝ます‼おやすみなさい。次に続く。

    オークランドでAirbnbの家に到着‼
  19. 貯め、ポカラに戻っゲストハウスを開く。そんな夢を楽しげに語ります。日本人旅行者とも語り合います。世界一周だったり、アジア横断だったり、色々な目標を持つ、非常に個性的な人が多いのですが。中には、自分はインドで逮捕された、とニコニコ語る人もいます。コカインを吸っていたところを逮捕され、数日留置され。その後釈放されたものの、月に一度の公判に出廷するために、街から出ることを禁じられ。半年後、実刑は下されなかったものの、ビザは取り消され、インドから追い出された。そんな話を穏やかに、むしろ楽しげに語る。世界は広いし、日本人も色々いる、と痛感します。そして私は。ポカラ滞在の最後の日、Mがかつて建てた、フリースクールのあった場所に足を運びました。看板は取り外され、空き家になっていました。そのフリースクールを乗っ取ったアグニは、ここを高額な授業料を取る私立学校に作り変えようとし。どういう経緯でかは分かりませんが、失敗し。ついには、その土地と建物を売り払って、田舎の村に帰った。そう、聞かされていました。私は、無人の建物に近付きます。南京錠が掛かっていて、勿論中には入れない。騒がしかった学校が、無人になる。それは少し不気味なことの筈ですが。この学校の生徒達の多くは、新しいMのフリースクールに移っており。その騒がしさを、私はその日も体感していて。遊び回っていた子供達への、懐かしさを覚えることはありません。その代わりに。私は、思い出すのです。数年前、Mからの伝言を携えてやってきた私に、大きく笑い、そして夢を語った、アグニのことを。この、怠惰な男の多い国の中で。あざとい、卑怯な手段であるとはいえ、知恵を絞って資産を手に入れ、そして、夢に向かって突き進もうとしていた、同世代の青年のことを。人気のない、学校の跡。アグニの夢の残滓の中に、暫く佇んでいた私は、やがて。日本に帰ろう、と決めたのでした。

    アグニの夢を逐う
  20. ーるーにほんブログ世界一周までもう少しで1カ月を切ろうとしている今現在。周りから「どこの国行くの?」っとよく聞かれます。どこの国行く?そんなの分かるわけねーだろ❤️ただ言えるのわのは約10年温めた目標の1つをやり抜くだけ\\\\٩( 'ω' )و ////※約10年前カナダでワーキングホリデーライフをしに行ったラクダですがその時世界一周バックパッカーの存在を知りいつかやってやろうと決めました。⇦あ、歳バレる行きたいところはその時その地で決める。なんて言ってはみるが絶対行きたい場所、体験してみたい事はある。なのでご紹介します行きたい国アメリカ🇺🇸 フィンランド🇫🇮 タイ🇹🇭 ボリビア🇧🇴この国は是非行っておきたいと思ってまします。意外に少ないな(-.-;)y-~~~体験してみたい事アメリカ 🇺🇸→ 世界の中心、タイムズスクエアに行ってニューヨーカー気取りフィンランド🇫🇮→サンタクロース村に行きサンタは実在するとケンケンに言いたいタイ 🇹🇭 →カオサンに行ってみたいボリビア 🇧🇴 →やっぱウユニ塩湖っしょ!あとオーロラも見たいな❤️きっと旅をしていたらどんどん欲求が出てくるに違いない今日も読んでくれてありがとう