8/20の記事ランキング

  1. たった今東京の知人の男性(爆)にユニバのエクスプレスパスとフリーパス振込みしといたとお知らせが❤️だって自分で買うつもりやったけどエクスプレスパス私が行く日四つで12300円!息子ちゃんと二人やと24600円やで!てっきり7000円くらいやと思ってたのに((((;゜Д゜)))いつのまに値上がり!フリーパスと合わせたら41400円!でも人の金は安い!41400円なんて、なんて激安なエクスプレスパスとフリーパスなんでしょう(笑)今考えたら7つを頼めばよかったと後悔((((;゜Д゜)))批判する人いますけど男に金振り込んでもらえない魅力のない女が僻むな。当事者同士が納得している問題です。ハノイの主要な観光スポットといえばホアンキエム湖です。ホアンキエム湖周辺は週末、歩行者天国になっていて車が通らないので路上でいろいろお店が出ています。ドリンクやおもちゃのお店が多かったかな?これはハノイに行ってきました系のマグネットやキーホルダーナイトマーケットの方が安いので買ってはいけません。チキンやウインナーがまるで花火のように華やかに飾られています。このようなお店が多数そしてこちらでは何か音楽がかかっていました。催し物が始まるのかな?ホアンキエム湖は湖だけでなく周りもいろいろあるのでお祭りです。こちらがホアンキエム湖です。ホアンキエム湖はインドシナ半島北東部を流れる紅河が何度も氾濫を繰り返して出来た湖です。かつては紅河と繋がっていて緑水湖と言われていましたがその後、2つに別れてそのうち1つがホアンキエム湖です。湖自体は汚そうですが、ホアンキエム湖の眺めがよく輝いています(笑)こちら、散歩道があるのでホアンキエム湖に癒されながらのんびりお散歩、ベンチに座りながら湖を眺めてゆっくりするのもいいですよ❤️緑に囲まれ独特の雰囲気のある湖はなんか日本と違う感じがします近くには独立戦争の戦没者記念像もありますよでお忘れなく❤️ホアンキエム湖を歩いていると赤い橋があります。あれは何だろう?行ってみることにします

    たくさん共感されています

    ハノイだぜ! とりあえず ホアンキエム湖周辺散策
  2. 皆様はブログを書き溜めたりする習慣はございますでしょうか?2019年の旅は2月中旬に韓国をスタートしましたが、記事の公開は3月1日と15日分の記事を書き溜め余裕を持って開始致しましたそれが何ということでしょう、ここ最近投稿しない日も有るというのにストックが底をついております。仕事でもブログでも夢の中でも"何かに追われる"という事にストレスを感じやすい性格ですのでなるべく避けたかったんですがね見事に追いつかれてしまいました日本に帰国後と言いますか、北海道に帰宅後に何を書けば良いか分からないのが"ここ最近の悩み"でもございます。それでも何かは書いていこうと思ってますブログは義務でも仕事でもございませんので、のんびり書いていきますそれでは引き続き、まじょブロのまじょさん巡る"いとこ旅ミャンマー編"それでは本日も張り切って参りましょう!おはようございます!流離です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーDAY162ヤンゴン市内(ミャンマー)100チャット=7円前回の記事ではアウン=サンマーケットでミャンマーの民族衣装"ロンジー"を購入し、ヤンゴンの有名な寺院"スーレーパゴダ"を見学次に向かいますはヤンゴンで有名な"おしゃれカフェ"でございます。有名というのは私が勝手にココに書いた事ですが、引っ切り無しに外国人観光客が訪れておりましたので、恐らく有名なんでしょう"Rangoon Tea House"店名に"Tea"とあります様にミャンマーティー(ラペイエ)も楽しむ事が出来ますし、ミャンマー料理の品揃えを中々でございます。こちらのお店は"まじょさん"が見つけてきてくれたのですが、雰囲気が良く大変お洒落でございます。夜メニューも有ったので、是非次回は夜に訪れたいなと思います物価の安いミャンマーではお高めの部類に入るかと思いますが、それ相応の料理やサービスを受けれるかと思います。と言いましても1人1500円有ればお釣りが返ってくる程度です『カフェ巡りが趣味です』と言っておきながら"喫茶店比率が高い"私には1人だと入る勇気が出ないかもしれません『ラペイエ』というミャンマースタイルの紅茶なのですが"煮出した紅茶にコンデンスミルク"を入れた甘い飲み物でございますこちらのお店では観光客に分かりやすい様にメニューに上記の様な図が書いてあるので"指差し注文"出来るので楽です。この『ラペイエ』。言葉が通じないままローカル店で注文してしまうと相当甘い物が来る場合がありますコンデンスミルクは大好物で"コンデンスミルクを食べる為に苺が存在している"と痛い事を言っていた事もございました。子供の頃、コンデンスミルクを直飲みして時々怒られていましたね(そりゃ太る)メニューの図の様に"分離して出てくるのかな?"と思いきや、混ざった状態で出てくるものだから、どっちがどっちか分からなくなります甘さ控え目&結構甘めを注文したのですが、店員さんも間違えてしまっておりました午後ティーミルクティより紅茶花伝が好みの私はラペイエが好物でございます紅茶花伝と言ったら物凄く失礼な表現かもしれませんが、紅茶花伝です。はい、紅茶花伝ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーミャンマー料理あんまり"ミャンマー料理"と言われてもピンとこない方が多いと思います。出逢った旅人はミャンマー料理を『ミャンマーは最高な国だけど料理が美味しくない』という確率が80%ぐらいある様な気が致します。完全に否定は出来ませんが、私は美味しい物も沢山あると思っております(※要 油っこい食事が割と好き能力)こちらは"モヒンガー"というミャンマー料理の代表格でございます。スープが鯰(ナマズ)などの魚で取られているので、食べる店を間違えると生臭くて食べられたものじゃございません。それに加え、現在は鯰が高騰していると理由で名前も分からない魚でスープを作っているお店が多いとの事ですここはお洒落なお店ですので、麺が別々にされておりますがローカルなお店では日本のラーメンスタイルで提供されます。こちらのモヒンガーは生臭さも無く食べやすいモヒンガーでした。これが食べれなかったら他のお店のモヒンガーも駄目だと思います。⬆︎お肉は羊肉をオーダーこちらは"ミャンマーカレー"でございますカレーと書いてありますが実際にはカレーとは異なっており"油戻し煮"という調理法になります①大量の油に玉ねぎとスパイスを炒めて肉などの具材を入れる②水分が無くなって油に具材が覆われたら出来上がり③召し上がれこれが、最初は美味しいのですが……最期の瞬間に食べたい物が唐揚げの私でも3日目でお腹を下します。3日目でも味は美味しいと感じるのですが、体が拒否反応を示してしまいますただ、ミャンマーに行かれた際は絶対に食べるべき料理だと思うので是非ともチャレンジしてみて下さいね。お会計が2人で3万チャットでした。こちらはまじょさんにご馳走になってしまいました。ご馳走さまでした♫ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー街ぶらミャンマー料理に満足した所で、川を目指してヤンゴンの街を散歩致します。小さな市場なんかを横目に川が見える場所で歩いて行きます。ヤンゴン川にやって来ました。フェリーで対岸に渡る事も出来るのですが"対岸はスラム街でして治安が悪い地区"となっておりますので、行かれる際はご注意下さい(私はミャンマーの人々の暮らしをガッツリ見ることがが出来る面白い場所だと思っておりますが外務省的にはアウト)決して綺麗な川じゃないのは一目瞭然で来る前から分かっていた事でございます"東南アジアの川はこの色"でございます。この色が良いんですこの色を見ると旅情が掻き立てられる感じを得ることが出来るんです。不思議ですよね時間とお腹の余裕さえあれば"ふらっと"立ち寄りたくなる様な屋台街を抜けて歩いていきますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー夜行バスで"バガン"にホテルからタクシー(市内バスなら36番)に乗りヤンゴンのバスターミナルにやって参りました本日は夜行バスに乗って"バガン"というミャンマーが誇る絶景都市へ移動致します今回使用したバスはJJライナーという会社でございますが非常にクオリティの高い会社でございました。(こちらも"まじょさん"が見つけて来てくれました。ヤンゴン→バガン19ドル)⬆︎お菓子も配られました。バスには客室乗務員の様な係員さんもいらっしゃってミャンマーとは思えないほどでした乗車している方はやはり観光客が多かったですが、ブランケットも有るので寒さ対策を過剰にしなくても良いバスでございます(でも多少は寒い)夜20時に出発して朝6時到着予定でございますバガンと言えば"朝日&夕陽"です。雨季のミャンマーですが、どちらかでも見れると良いなと願い眠りに就きましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー今日も読んでくれてありがとうございます明日は早朝からチャンスがあれば朝日も狙いに行きたいと思っておりますが、まぁ雨季なので……笑ミャンマー料理に関しては意外と日本にもミャンマー料理専門店が有りますので近くにある方はランチタイムにでも行ってみて下さい当然、好みが別れるのが料理でございますが、私はヨルダン料理よりはミャンマー料理の方が好きかなと思います。明日からはバガンを駆け巡りたいと思いますではまた!See you!

    コメントが盛り上がっています

    DAY162 ② ヤンゴン人気のお洒落カフェでミャンマー料理とバガンに向けて
  3. これから書くブログ闘病ブログしてる人批判してるんで不快ならここから先見ないでください。コメント解放してみた応援は必要ないのでいりません。恐らく愉快犯と批判、嫌味コメントが予想されます。愉快犯承認しませんが何書いてくるのか久しぶりに見ようかと(笑)インスタチームアリスで投稿した内容気に入ったのでブログにも書くことに私はかつて闘病の前向きってやたら書いてるブログが嫌いだった。癌で前向きになれるかよ( ̄□ ̄;)!!治療つらい、でも前向きってどう見ても負け犬の遠吠えやんけ( ̄□ ̄;)!!みたいな癌患者=健気、前向きなんて思われたら困るわ!後向きな癌患者もいることをアピろう!そう思って私は闘病時代、タイトルにも超絶後向きブログと書いて徹底的に癌患者、みんなが思ってても言えない負の気持ちや、恨み、癌患者は不幸だ!かわいそうだ!と書きまくって注目を集めた。でもあれだけ不幸だと書いておいて、一通り書ききったらすっきりしたのと、時間の解決もあって完全に吹っ切れてしまったのだ(笑)でも私は闘病ブログの病気の内容、症状をメインに書いておいて、幸せ、前向きが健康な人間からしたら病気しか書くことのない負け犬の遠吠え、自分より不幸な人間を探して闘病読んでる人間の喜ぶネタになっているという気持ちは変わらなかった。本当に癌でも人生を謳歌する、癌に支配されないとはこういうことだと見せてやろうと思い、癌以外の記事をメインに書く癌患者になった。癌に支配されない患者だと見せつけるために決めていること1%の弱さも見せないだって私、癌だから普通の人でも100%いつも明るいわけじゃないよね?普通の人が落ち込んでたらそういうときもあるよねって思ってもらえる。でも癌患者は違う普段99%楽しそうにしていても、1%落ち込んだ姿を見せたら「癌だからやっぱりつらいのね」って思われる。マイナスは全て癌に結びつけられる。99%の私の姿がたった1%によって崩されてしまうのだ。99%の明るい私がいつもの私なのに、1%の落ち込んだ姿が本来の姿だと思われる。今まで作り上げてきた私が台無しだ。「病気なんだからたまには弱音はいてね」違うわ( ̄□ ̄;)!!病気だから弱音ははかないんだ1%の弱いところを私だと思われないように病気に支配された人間にならないように常に100%の私。だって私、癌だから。だって私はアリス様。癌画像見てない人にのせとこう

    コメントが盛り上がっています

    1%の弱さも見せないの だって私、癌だから
  4. ワルシャワからFLIXBUSに乗って21:35出発して9:00に到着。いやぁ・・・長かった。というか、よく乗り過ごさずに乗り換えた自分を褒めてあげたい。(そんなことはみんな普通にやってます。)バスで睡眠時間は確保できたもののさすがに寝た気がしない・・・。バスターミナルからはメトロで宿に移動したんだけど券売機が古くて現金しか使えず(新しい券売機はカード利用可)ATMでおろしても良かったんだけどふと思った・・・。チェコの通貨(コルナ)、なくても行けるかも!?ポーランドのATMで桁を間違えて出金してしまったので同じ間違いはしたくない。更に言ってみたら割とカードで何でも行ける。てゆーか、カードの方がレートが良い気がする。そんなわけでメトロの切符は窓口でカードで購入。荷物があったらプラス16コルナと聞いていたけど、請求されなかったので30分有効24コルナ(約111円)の切符で乗車。乗車の手順はヨーロッパでありがちな切符を打刻機に挿入するシステム。スムーズに宿のあるムゼウム(Muzeym)駅に辿り着いたしGoogleマップのお陰で駅から宿までも迷わず行けた・・・。が、しかし宿のチャイムを鳴らしても反応なし。ドア、開かねーです。早く荷物降ろしたいんだけどーーーーかなり焦った。まぁ、レセプションが10:00~私が訪れたのは10:00ジャスト程なくしてレセプションの従業員と思われる男性が走ってやってきたので単なる遅刻・・・だったわけだけどマジで勘弁してほしいと思ったわ。bookingの評価が良くてもこれだけでかなりのマイナス評価を入れたくなるわ。さすがに入れないけどさ。ま、待たずにチェックインさせてくれたから良しとします。寝た気がしてない私はしばらくベッドに横になってしばし休憩。Capsule Hostel Pragueカーテンがあるかないかって結構重要。新しめのホステルらしく、きれいで快適です。一泊15ユーロハイシーズンだからかな?ちょっとお高い気がするけど・・・。お昼過ぎに街に繰り出してみる。あいにくの曇天から雨が少し降ったり後に晴れてくれた。プラハから次の移動がプラハ本駅のバスターミナルからなので場所を確認がてら来てみたらステキな駅だった。Municipal Houseシャボン玉パフォーマンスはよく見かけるけどみんな楽しそう。何の行進だ?これ、乗りたい・・・。カタリィに教えてもらったチェコで人気のクルテク!これ、モグラのキャラクターなんだって!またまたシャボン玉に遭遇!子ども達の笑顔がたまらなくカワイイ。聞いていた通りプラハもステキな街。ここにもクルテク!上野かと思ったわ・・・。ビール博物館・・・気になるけど入らなかった。更に気になるシリーズ(下ネタごめんなさい)普通に女性客もたくさん入場していたし群馬の珍宝館と同じくらい興味深かったけど入らなかった・・・ボードに乗るのもありかな?とりあえず初日なのでほどほどにして・・・宿に向かうことに。しかし、まだ明るいのに酔っ払いに追いかけられる・・・結構な勢いでかなりビビる初老の日本人・・・ああ・・・・怖かったツイてないときってとことんツイてないのかこの後、急にネットがダウンし出す。若干パニックで電車を見つめながら途方に暮れる・・・。近隣のスーパーを検索しようとしたらまったくダメで。食料調達もショボめのスーパーで我慢。諦めて宿に戻る。ここから約5,000円も払った2ヶ月分のsimと格闘。ホステルのwifiを使って色々調べたり最終的に容量の問題かと思いチャージすれば良いのか?はたまた単なる電波の問題かもしれないし、翌日まで様子を見よう。しかしこの使えないという状況が私のメンタルを刺激して大した話ではないかもしれないけど地味に凹みだす・・・。ま、翌日になり様子を見たところで使えないことに変わりはありませんでした。ただ、通知だけは入る。やはり、容量の問題が濃厚。私、情けない話ですがネットが繋がらない環境はかなり不安です。Googleマップはオフラインで使えるにしても翻訳アプリや調べ物なくてもきっと大丈夫なのかもしれないけどないと不安。というわけで翌日プラハのT-mobileへ相談しに行ってみた。あまり良い評判は聞かないけど、何もせずにはいられず。日本の携帯ショップと同様ここで発券して順番を待ちます。(てゆーか、読めないw)当然のことながらポーランドのT-mobileとは別会社なのでサポートは出来ないとのこと。これ、想定内の回答。では、改めてヨーロッパ全土で使用可能な30日有効のSIMはおいくらでしょう。 2GB 200コルナ 4GB 400コルナ 10GB 600コルナ妥当な料金設定です。もうね、2か月分とか払って失敗するのはごめんなのでとりあえず、1か月分を新たに契約し直しました。データ不足とかまた同じトラブルを引きたくないからここは10GBで600コルナ(約2,880円)まったくもって高くついてしまった。引きずるタイプなのでしばらく引きずりそうだけど気を取り直して快適ネット環境で旅続行します。にほんブログ村にほんブログ村

    世界一周*チェコ(プラハ)到着編~ツイてないときはツイてない買ったばかりのSIMが使えなくなる*
  5. 59.html密かバックパッカーのジャンルにきました(笑)めんどくさいのでブログは基本的に2日に一回です。明日は書きます。ご挨拶はじめまして気分でジャンルをコロコロする国内外の気分屋旅ブロガー34歳、シングルマザーです。一応ステージ4の腎臓癌で去年腎臓摘出手術➕重度の貧血で輸血繰り返してます。癌だけど病気の内容は書かずに旅行に特化したブログを書くブロガーです。私が書くブログは他の旅行ブログと違ってマニアックなものではなく、はじめてその土地に行った人でも私のブログを見れば一番の不安要素の料金、入り口、入り方がわかり簡単に効率よく回れる。旅初心者お手本ブログそんなブログを目指してます小学校2年生の息子ちゃんと二人でバックパックより小さいトートバッグ1つで海外旅行に行きます。人の金では安い、自分の金では高い精神でブログを書いております。なので自分のお金の時は基本的にコスパのいいレストランや旅行を書きますが、人の金の時は値段を気にしません。高い店に行きます。なので完全なるバックパッカーではありません。ハノイは自分の金なのでコスパいいです。飽きたらまたジャンル去るので少しの間だけお付き合いお願いします。入院、治療病気に関することは基本的に書きません。

    たくさん共感されています

    バックパッカージャンルご挨拶
  6. 決めつけていた。心準備ができてないのに、いきなり話せないよぉぉぉぉ(´Д`)でも、少しなりとも成長はしている私。以前なら、こんな状況になったら、即切っていただろうけど(笑)逃げずに、ちゃんと質問をしました。今、思い返すと、文法、単語もめちゃくちゃな事を言っていたけど、通じたから良しとする!!残念ながら、ここでは赤道ギニアのビザは発行できないと。やはり、中国にある大使館に行くか、もしくはガボンにある大使館に行くかがベストみたい。問題の値段も聞いたけど、それは分からないと。高い値段と聞いてるから、不安がっていたのですが、そんなことはないと。いや、でもな…人によって値段の基準は違うから、油断できない。80000円と高く見積もっておいた方が無難だな。ちなみに赤道ギニアという国は、ガボンとカメルーンに挟まれている国です。で、ちょっと変わっていて、首都マラボが離れた島国にあるんですよね。日本で例えるなら、小笠原諸島に首都がある感じかな。で、ここはガボンから国境超えをするより、首都マラボに行く事を考えるか。その為には飛行機を使ったほうがいいかも。ガボン~赤道ギニアと国境超えの情報も少なすぎるし。一応、ガボンからの飛行機の値段もチェック。よっ…40000円越え???ただでさえビザ代も高いのに(多分)さらにむしり取るのか!こんな小さい国なのに、なんなんだ??でも、余計にどんな国か気になってきた。さらに、この周辺の小国は『賄賂王国』とも呼ばれているし。そんな国、行かなきゃいいじゃんと言われたらそれまでだけど…でも気になるの!ここは、もう少し下調べが必要そうですね(´-ω-`)Instagramも更新中!Instagramの主役はバリネコくん(=^・^=)彼も一緒に世界を旅しています。フォローをすると、バリネコくんが大喜び!!@balineko_mutter

    たくさん共感されています

    アフリカ縦断に向けて ⑦
  7. メッセージ荒れてるので閉鎖します( ̄□ ̄;)!!追記あれ?私に支援者って言ってた人はいったい??ハノイの旧市街地をとりあえず適当です。たいして遊んでいないからです。ハノイはかつてタンロンという名前でその中心はホーチミン廟のあるエリアでリータイトーを中心とする歴代の皇帝の居城していたところです。旧市街地はその時代の一大商業地で未だに古きよき街並みが残っています。ドンスアン市場を中心として、ハノイ旧市街地36通りとも言われて、通りごとに同じ業種の店が連なっています。買い物はナイトマーケット以外していないので後で一本だけ紹介します。ちなみにこちらは飲み屋通りの入り口で割りと中心地です。ハノイはまだバイク社会なのでバンコクに比べてバイクがめちゃくちゃ走っています。隙がないところを無理矢理強引に渡ります。始めは怖いけどなれます。強引に渡れば止まってくれます(笑)こちらはターヒエン通りですかね飲み屋さんの通りです昼間から営業して飲んでいる人多数なんでも激安で30円以下のビアホイというビールがあるとか雨季のためか野外にも屋根完備(笑)その他です。かごバッグの店や雑貨が並びます。あとブレましたが宝石店もターヒエン通り入り口前より東に進みます。宝石店は深夜でも両替してくれるところ多いのでお金なくなったら駆け込みましょう(笑)レートもいいです。あとはアートスパなんかもめちゃくちゃ充実感600円くらいからと激安店とか多数あります。服屋や雑貨全部揃いますこちらはビアホイと呼ばれる飲み屋街です。ビール25円の激安もあり昼から盛り上がり何でも揃う旧市街地是非

    たくさん共感されています

    ハノイだぜ! つまらないです。旧市街地
  8. も。ひとまず、彼女一人旅かな?お互い楽しいバガンになるといいね。再び馬車が走り出すと、御者の男の子達から営業が始まりました。「まだ朝早いから、オールドバガンに寄って、朝日を見に行かない?いい場所知ってるんだよ。」そう言って、写真を見せてくれました。そりゃもう、バガンにいる間は、もちろん見るつもりでいるけれど。「いくら?」「200,000K」おい!!どう考えたって高すぎるじゃんか。いいよ。自力で観に行くから。しかし、断っても断ってもしつこく営業してくる。これちょっと、そのうち辺鄙な場所とかに連れてかれたらどうしようってちょっと怖かったです。「私、ネパールからずっとベッドで寝ないで移動して来たの。疲れてるから、早く宿に行きたい。」「じゃあ、キミは観光はどうするつもり?」「レンタルサイクリングで回ろうと思ってるよ。」「バイクがあるから、そっちの方がいいよ。」一応、下調べして来たからその情報知ってるし、そうしようかと思ってたけど、意外とすんなりそういう情報ちゃんと言ってくれるのね。バラナシの嘘つきインド人みたいに、完全嘘つきじゃなくて助かる。そうこうしているうちに、宿に到着しました。ほっ。しかも、こんな朝早く着いて、アーリーチェックインの予約もしてないのに、宿の人が出迎えてくれて、サイカのおっちゃんが言ってたように、もうちゃんと開いていました。ここまで連れて来てくれた馬くんと御者の男の子達にお礼を言って降ります。おばちゃん「とても早く着いたのねー。」「ごめんなさい。どうしようかと思ったんだけど、バスターミナルでもう開いてるって言われたから来ちゃった。」でも、おばちゃん、笑いながらチェックインさせてくれました。気付いたら、あれだけ感じまくってた寂しいって感情がすっかり消えていて、ミャンマーと言うより、バガンが、私はもう好きな町だなと感じていました。しかし、日中は、ヤンゴン同様暑そうだけど、朝はすっごい冷え込む。とは言え、あっという間に日が登りそう。もう外は明るくなり始めていました。バガンでの思い出の旅が幕を開けました!!↓ こちらも更新中。 旅情報&旅日記 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている ☆新しい記事は、食のコレクション、旅先でのビールとコーヒーについて  です。過去の旅日記はこちらから、お好きな国へ旅に出てみてください! → 旅日記 ↓あなたにも、行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします! にほんブログ村 一人旅 ブログランキングへ 旅情報&旅日記、別サイトはこちら → 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている インスタはこちら → https://www.instagram.com/sayonew_jorney/ ※インスタにてサイトの更新情報アップしてます。お気軽にフォローしてくださいー。

    たくさん共感されています

    バガン 好きな町ってすぐにわかる
  9. 内である程度の金額準備する時の福岡空港の得策出国した後のトラベレックスはレートが悪いので、この2つの銀行にない通貨のみにしておくと良いです👍)両替しても、まだ時間の余裕がある‼って言ってもゲートまで行かないと落ち着けないのが、私の旅セキュリティに引っかかったり、その他、色んな理由で乗れなかった事もあるから、さっさと出国します今回も自動認証の出国手続きだから、スタンプもなく、人とも話さず楽に出国完了‼ゲートへ‼普通にボーディングブリッジのゲートでした後1時間もある…。空港って同じぐらいの余裕を見てきても、余裕がある時やダッシュしないといけないときとか色々で全然時間が読めない何もする事なく、時間通りに機内へ✈外も暗くなってきた🌃機内は韓国人が多めのほぼ満席昨今の日韓関係はやっぱり一部なんだろうなって思わせるぐらい、家族連れの韓国人がたくさんいらっしゃいましたそして、3ヶ月前にもアシアナ航空に乗ったはずなのに、非常用設備のビデオを覚えてない英語で言って日本語の字幕と、韓国語で言って韓国語の字幕と2回流れてた可愛かったり、目を引いたりって言うのも特にないから、覚えてないのかもなぁ。さて、いよいよ離陸✈離陸は一気に上がるから、すぐにこんな夜景が広がってきたさすが都市の真ん中にある空港‼きれいな夜景がすぐに見えるすぐにUターンして仁川国際空港へ向かいますアシアナ航空はフラッグキャリアだから、機内食が出ますこの模様好き本日の機内食=私の夕食はチキン🍗とご飯🍚なかなか美味しい😋夕食を食べてたら、今度は韓国の夜景🌉ずーーっと外を見てたら、空港が見えるこの形は…仁川国際空港に見えるんだけどなぁ。って思ってたら、やっぱり空港だったらしいだって、空港の周りをぐるーーーって回ってるもん空港のライト、キレイだったなぁ✨あっという間に仁川国際空港に到着‼やっぱり、日本語で『ようこそ』がなくなってるのが、寂しい仁川国際空港からイスタンブール空港への飛行機は明日(8/11)の10:25amだから、今日はトランジットホテルに泊まりますまずはセキュリティチェックを通り、いつもの乗り継ぎの様にエスカレーターで出発フロアに行きます今まで仁川国際空港で乗り継ぎしまくってて、このエスカレーターはたくさん思い出があるそして、ゲート11の前ぐらいにあるトランジットホテルのエスカレーターを昇って、ホテルへ向かいますエスカレーターを上がってUの字に曲がるとホテルの受付があるから、ここでチェックイン4人だから2部屋取ってるから、二人分のパスポートがいるって言われた。チェックアウトは9:30amだってそして、男性部屋、女性部屋に別れて、本日は終わり明日は朝食をそれぞれ食べて、9:30amにロビー集合‼って、勝手に私が決めたらそれで決定👍私達のホテルの入口はこんな感じ今回の部屋はベットが2つ男性部屋がベットが1つじゃないかと焦って聞きに行ったら、2つあったから安心したε-(´∀`*)ホッ2018/7に仁川国際空港の第2ターミナルのトランジットホテルに泊まった時は、窓がなかったんだけど、今日のお部屋は窓があるやっぱり窓がある部屋はイイね8/10の夜はここでゆっくりと寝ます💤8/11朝、日が昇ると夜とは違った景色が見えたバスがたくさん到着してて、今からたくさんの韓国の人たちが出国してどこかにいくんだろうなぁ。朝食をホテルの横にあるラウンジで食べようと思ったのに…すごい人がいっぱい並んでたから諦めて、ホテルの正面のロッテリアに行こう👊って思ったのに、ロッテリアは量が多そうって事で空港内のAngel-in-us Coffeeで買って、部屋で食べる事にしました母と二人でこれを部屋で食べます(´~`)モグモグこんな感じでのんびり食べれるのもトランジットホテルに泊まってるから今日はこれから12時間のフライトだから、ゆっくり出来る限りゆっくりして、ゲートに向かいます💨次に続く。

    お盆の休みは家族でトルコへ‼その前に仁川のトランジットホテル(^_-)-☆
  10. ナシ、京都、大阪にゲストハウスが出来てるみたい。インドが初めてで色々不安、って人にはお勧めの宿だと思う。サンタナロッジ今朝、アキちゃんがサンタナロッジに到着した~~~~~~一年四カ月振りの再会!!アキちゃんとはイエメンで知り合って、一緒に遊園地に行ったりハンマームに行ったり、(イエメン女性のすいかおっぱいにびっくり)いっぱい遊んだんだよね~。旅先での再会、めっちゃ嬉しいとにかく喋って喋って喋って、フォクナがお昼のオーダーを取りに来て、また喋って喋って、お昼のナポリタンが来て、また喋って喋って喋って・・・・あー、話は尽きないね。また数日間一緒に遊べるから嬉しい夕方ちらっと買い物に出た。プリーはの~んびりした静かな田舎町。今回五回目だから宿の写真とか町の様子の写真を撮ってなくて全然雰囲気が伝わらないかもサイクルリキシャでお昼寝暑いもんね~。映画のポスター。これどんな映画か気になる~。この子の前髪と眉毛がかわいくってどうしてペットボトルで道が出来てるんだろう?おばちゃんたち何してるのかな?自転車に三人乗り~。インドのこういう小さな商店大好き壺に飴とかクッキーが入ってて、色んな種類を一個ずつ買えるのがいい。以前は飴一個50パイサ(1ルピーの半分)で買えたけど、今パイサ流通してるのかな?店番は子供だった。ベビーパウダー(6RS=約12円)を買ってもうあまりの暑さにすぐ宿に帰った夜ご飯はチャーハン、オムライスなど数種類の日本食か、カレーかを選べるんだけど(現在は違うみたい)カレーだけおかわり自由だから私は迷わずカレー!!量が多いのが一番!!!プリーは暑過ぎて本当に何もする気にならない。暑い~~~暑い~~~~<本日の出費>宿 130ヨーグルト 10ペプシ 20ベビーパウダー 6ネット 25プリン 20昼食 45計 256RS=約512円

    たくさん共感されています

    再びインド・一泊二食チャイ二杯付260円の宿
  11. に鳥取県境港をDBクルーズフェリーにて出発し、2019年7月8日にロシアのウラジオストクに着きました。ミホキン、オカキンの二人旅ですモンゴルのウランバイシントを国境越えし、ロシアの国境タシャンタ→コシュ・アガチ→オングダイ→スロストキ→バルナウル→ガリブシュタドト→カラスク→エフゲニエフカへ進んで来ました。本日はエフゲニエフカ→クラースニ・ヤルへ進みます《海外ツーリングの準備記事はこちら》今回の旅のルート(予定)①ロシア→ ②モンゴル→ ③ロシア(現在)→ ④カザフスタン→ (船)→ ⑤アゼルバイジャン→ ⑥ジョージア→ ⑦アルメニア→  ⑧ジョージア→ (船)→ ⑨ウクライナ→ (飛行機)→ ⑩モロッコ※⑨ウクライナに一時的にバイクを置いて、後日ロシア経由で日本まで自走予定です。出発日と旅の期間(予定)2019年7月6日より4~5カ月【レート/RUB1=1.70円(2019年7月8日時点)】《旅のルートマップ》ケータイからアクセスすると、Googleマップが非表示になっている事がございます。Googleマップが見れない方はこちらをクリック。Googleマップをクリックするとポイントやラインの詳細が見れます。エフゲニエフカ→クラースニ・ヤルの場所。クラースニ・ヤルはの場所。エフゲニエフカの宿→クラースニ・ヤルの宿まで211km。お昼休憩と時差を考慮すると4時間30分の移動です。10時15分、宿を出発。宿の『モテリ』。2人部屋で1泊RUB1,500(2,550円)と駐車場RUB50(85円)とお値打ちでしたが、サービスのレベルが低すぎてガッカリでした。ハエが多すぎるのも辛かった。今日の天気。今日は絶好調の快晴!!西ロシアに入ってから基本的に天気がいい!!だから、本当にこの前のピンクレイクの曇り空は残念過ぎる。今後の予定など。今日はオムスクをすっ飛ばしてただの移動になります。ロシアの幹線道路って殆ど見所がなくて、今後も暫くはただの移動になる可能性があります。✡カザフスタン入国について。まだ、行くか決めていませんが、ダートを避けるために(ロシア)サマラ→(カザフスタン)オラルで入国する可能性があります。カザフスタンに行かない場合は、ブラジカフカスからジョージア(グルジア)のトリビシへ行く予定です。9時45分、ガソリンスタンドで給油。ここでレギュラー相当の92を3リットル給油。そして、オムスク州から1時間の時差が発生します。宿から30分走行したここで1時間戻りました。11時25分、ガソリンスタンドで給油。ここで本日2回目の給油。3リットル給油しました。本日は合計6リットル給油。AZS オソイルの地図このガソリンスタンドの前にたまたまカフェがあったので、そこでお昼休憩を取ることに。11時30分、お昼ごはん。カフェの『デカ=トラクチル』。Googleマップの評価が高いお店です。メニューはロシア語で書いているだけ。そして、ショーケースより選ぶ形式だったので、1つ1つの値段は分かりません。《ブリヌイ》ロシア語の綴りが分からないから、メニュー名と一緒に写真を撮りました。(今後、ロシア語のメニューだけで選ぶ時の参考になるように。)《オクローシカ》これはサラダかと思ったら、後から冷たいスープを掛けてくれました。頼んだメニューはこちら。これだけ頼んでRUB379.80(645.66円)。真ん中の手前がオクローシカ。ご飯はどれも美味しかったんですが、このオクローシカだけは別。スープがお酢を発酵して腐らせたような、どぎつい酸味でダメでした。以前食べたオクローシカはこんなクリームのような冷静スープでした。オクローシカはサワークリームやマヨネーズが入っている事が多いみたいです。こっちは凄い美味しかったのにー。笑デカ=トラクチルの地図宿に向かうまでの道中。本当に見所がなさすぎて写真があまりないので、幹線道路の雰囲気でも写真を上げておきます。笑以上。笑13時45分、宿に到着。宿の『クリロトランサフト』。2人部屋で1泊RUB1,850(3,145円)。クレジットカード払い可能。広々快適なお部屋。アメニティー、バスタオルの貸出あり、キャビネット、紙スリッパ、コップ、ユニットバス付きでホットシャワーあり。昨日の宿と異なり清潔感あり◎Wi-Fiは弱いけど、1階の受付なら入ります。SIMカードのMTC(MTS)の電波が殆ど入らないので助かりました。クリロトランサフトの地図17時、晩ごはん。ボルシチ、グヤーシュ、マカロニ、豚肉の何か、カルトーシュカ(じゃがいも=ここではマッシュポテトの意)、缶ジュース。全部でRUB470(799円)。ロシアではメインのご飯を選んだら、付け合せとして『マカロニ、カルトーシュカ、そばの実のカーシャ(お粥)など』を聞かれます。あと、最後に『クレープはどう?』って聞かれますが、これは日本のクレープではありません。美味しくないパンが出てきます!!笑日本のパンのようにふわっとしていなく、水を含んだようなもっちり加減なんです。ロシア版のクレープを頼みたい場合は『ブリヌイ』です。薄い生地でももっちりして、超美味しい!!これにコンデンスミルクがすっごく合う!!たまーにサワークリームがつくけど、コンデンスミルクの方が合います。アンケートにご協力下さい!!最近、移動ばかりで少々つまらない内容になっていないかな?と言う気持ちもあり、当ブログについての『アンケート』を作成致しました。1人1回答と言う制限を設けた為、Googleへのログインが必要となります。『アンケートに答えてもいいよ。』と言う優しい方、ご協力のほどよろしくお願いします。尚、回答期限は本日から9月20日までの約1ヶ月です。そんなに来ないと思いますが、回答があまりにも多い場合は、早々に切り上げます。アンケート内容は一部、ブログで公開する可能性がございます。ご了承下さい。アンケートの回答はこちら。当ブログのアンケートまとめ明日も西へ西へ進めれる所まで進みます。その他、出発するまでの準備記事をまとめてご覧になられたい方はこちら【インデックス】ユーラシア大陸バイク旅の準備(まとめ記事)ご質問のある方は、以下までご連絡下さいhttps://www.instagram.com/trip_spice/https://twitter.com/TRIPSPICE1https://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=irako123クリックすると【キーワード】検索できますブログ内検索にほんブログ村の旅行ブログに参加しています。ポチしてもらえると励みになりますにほんブログ村にほんブログ村別ブログにて関西の美味しいスパイスカレーのお店を多数紹介しています。よろしければお立ち寄り下さいカレー好きアラサーOLの華麗なる日々他の記事も併せて読まれる場合、目次はこちらになります【インデックス】国別まとめ記事(旅ブログの各旅インデックス)【検索用ワード】世界、バックパッカー、ユーラシア大陸横断、ヨーロッパ、カブ、スーパーカブ、Super Cub、海外ツーリング、海外旅行、輸送、海外輸出、運転、オフロード、モトブログ、スーパーカブプロ、ホンダ、バイク女子、中央アジア、世界一周【KeyWord】Travel、Trip、Journey、World、Backpacker、Eurasia、Europe、Asia、Motercyle、Riding Motorcycle、Motorcycle touring、HONDA【Travel Route】①Russia→②Mongolia→③Russia

    【ロシア】エフゲニエフカ→クラースニ・ヤル(ユーラシア大陸バイク旅 2019)
  12. ハノイだぜ!コンビニによりました。なんと懐かしのサークルKロゴは違いますが店内です。見た感じ普通のコンビニです。プリングルス発見お菓子コーナーです。なんかタイやバリでみたパッケージ東南アジアにはこれが浸透しているのか?他にもベトナムのインスタと即席麺や調味料なんかもドリンクです日本でもお馴染みUCCのコーヒーやコーラ、ファンタと日本とおなじこちらのドリンクは日本にはないですね甘い系かな?基本東南アジアはお茶に砂糖が入っているのでのめません。水嫌いですけど水で妥協ですこんなカラフルなドリンクバーにMiloのドリンクバーハノイのコンビニはドリンクに力を入れているみたいです。こちらはフードメニューも日本でお馴染みのおにぎりあります。サンドイッチの色が不健康そうついでにココナッツもあるやないかそしてレジ横には謎の肉まん擬き25円しない、激安!とりあえず購入安いのに丁寧にこんな袋に紫あんまんでしょうかひと口なんかあんことも白餡ともいえない甘いものが謎です。以上変わったコンビニ特集でしたちなみにホームページもきちんとあります

    たくさん共感されています

    ハノイだぜ! まさかのコンビニサークルK?
  13. マーヤさんの、おばあちゃん👵の家は、たしかに、座敷わらしが存在していた!雨が☔️かなり、降っていて、雨音が家の中に響きわたっていた、、、↑座敷わらしの神棚ふふふ、ふふふ、お腹空いちゃったあ〜座敷わらしふふふっお菓子たべたいなあ〜座敷わらし、、、マーヤさん、、、座敷わらし。、もしかしたら、2人いるのかも、、、なりなり←声がら聞こえてくるマリアンヌ2人⁉️2人もいるんですか??⁉️びつくりマーヤさんんーーん、、、座敷わらしに、もっと話しを聞かないとわからない、、けれんちょ、、座敷わらしは、双子の家に住み着きやすく、、寝る前が一番神様と通信しやすいから、、、マーヤさんのご飯が🍚美味しいからもう一泊、、、話かけマリアンヌ?!?!⁉️い、い、今なんと??↑マーヤマーヤさんのご飯が🍚美味しいからもう一泊、、、↑密かに甘えるマリアンヌいや、、、そこじゃない双子がなんたらと、、、↑つっこむマーヤさん座敷わらしは、双子の家に、なぜか、住み着きやすいなーりなり↑マリアンヌわ、わ、わたし、双子なんです‼️↑マーヤ、、、な、な、なんですとー?!!↑かなりびつくりマリアンヌなんと、マーヤさんは、双子の 姉妹!!!と、いうことがこの時わかった←かなりビックリマリアンヌそして、わたしは座敷わらしの正体を検証するため、もう一泊とまることになったのだった。。〜座敷わらし物語〜櫻井 まりあ⛩座敷わらしホームページ↑あなたも、座敷わらしに会えるかも〜🤩✨⛩座敷わらしスマホケースはこちら↑小学生ここみがデザインしたスマホケース座敷わらし✨つかうといい情報がきて、金運アップするだよ💓

    座敷わらし物語第一幕⑤座敷わらしの正体
  14. 自分のことなのに生きているのに自分の悩みもわからないなんて人間は本当に不思議な生き物だ〜イラム🐘〜ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーガネーシャ物語 第二層⑥悪魔の層夢、、夢、、、ゆめ、、、一度でいい!!夢をゆめをオレはみてみたいーー↑さけぶガネーシャポンッ↑首がぬける音うっわあ、、、、また、ヨダレが、、、、これ、毎回どうにかならないのか↑嫌がるガネーシャならない。↑イラム🐘ナラナイ。↑まねするバロンお前がいうな、、、↑呆れガネーシャガウガウ↑なぜかるんるんの、悪魔ガルーダ次の森の悪魔、ガルーダに、オレは、首を食べられかけたがヤラーチャの光の魔法?記憶のフラッシュバックのおかげでどうやら、内側に秘めた悩みを表にだせたらしいかった、、、ヤラーチャ、ありがとう助かったよ。↑ガネーシャ自分の悩みもわからないなんて人間は本当に不思議な生き物だ↑イラム🐘別に悩みと思ってなかったから、、、↑ガネーシャ、、、、たしかにな。だから、悪魔や妖精いる。↑イラム🐘???どういうことだ?↑ガネーシャ人の脳はこの悪魔の層と同じように七階層でわかれている。↑イラム🐘、、ということは、もしかして、、、?!!人の脳と悪魔の層は、リンクしている?!?!↑ガネーシャ笑!そういうこと!↑ヤラーチャな、な、なんですとーーー!!!↑びつくりガネーシャ〜ガネーシャ物語 第二層 悪魔の層〜櫻井 まりあ↑櫻井まりあ聖地のトリセツ!バリ撮影❣️悪魔の正体とは??⛩櫻井まりあメルマガ↑見えない世界の仕組みをお伝えしています(o^^o)

    ガネーシャ物語第二層⑥悪魔の層
  15. に鳥取県境港をDBクルーズフェリーにて出発し、2019年7月8日にロシアのウラジオストクに着きました。ミホキン、オカキンの二人旅ですモンゴルのウランバイシントを国境越えし、ロシアの国境タシャンタ→コシュ・アガチ→オングダイ→スロストキ→バルナウル→ガリブシュタドト→カラスクへ進んで来ました。本日はカラスク→エフゲニエフカへ進みます《海外ツーリングの準備記事はこちら》今回の旅のルート(予定)①ロシア→ ②モンゴル→ ③ロシア(現在)→ ④カザフスタン→ (船)→ ⑤アゼルバイジャン→ ⑥ジョージア→ ⑦アルメニア→  ⑧ジョージア→ (船)→ ⑨ウクライナ→ (飛行機)→ ⑩モロッコ※⑨ウクライナに一時的にバイクを置いて、後日ロシア経由で日本まで自走予定です。出発日と旅の期間(予定)2019年7月6日より4~5カ月【レート/RUB1=1.70円(2019年7月8日時点)】《旅のルートマップ》ケータイからアクセスすると、Googleマップが非表示になっている事がございます。Googleマップが見れない方はこちらをクリック。Googleマップをクリックするとポイントやラインの詳細が見れます。一昨日外れたリアショック。ボルトが外れて装着出来なかったのですが、昨日車修理店に頼み込んでなんとかボルトを差し込んでもらいました。ロシアはバイク修理店が少なくて、車修理店でも対応してくれる所を探すのに苦労しました。カラスク→エフゲニエフカの場所。エフゲニエフカの場所はのとこ。カラスクの宿→エフゲニエフカの宿まで269km。この間のダートが合計117.4kmもあり約8時間も掛かってしまいました。9時20分、宿を出発。ホテルの『Luxury Hotel』。ホテル自体も綺麗だったし朝食付きでした。受付のお姉さんの中にすごく丁寧で愛想の良い人(黒髪の女性)がいて、良かったです。今日の天気。今日はありがたいことにいい天気。ライ麦畑が黄金色に輝いてうっとりするような天気でした。9時30分、ガソリンスタンドで給油。ホテルのすぐ近くのガソリンスタンドにて給油。『また、窓口までお金払いに行くのめんどいなぁ〜』なんて思っていると、なんかいつものガソリンスタンドとちょっと違う。なんと、自販機でお金を払うシステムでした!!『これは便利』と思っていたのですが、なんと小銭を入れる所が無いお札だけ入れれるシステムでした。レギュラー相当の92を2.45リットル給油。過酷なダード地獄。合計117.4km。出たよ、またダート地獄。幹線道路は基本舗装路ですが、幹線道路から外れた田舎町はダートが多いんです。カラスク→エフゲニエフカまでは269kmなんですが、その半分近い117.4kmもダートどこまで続くか分からないダートにミホキン、オカキン共にイライラ①→② ダート8.6km。1つ目のダートは8.6km。こんな砂利道だったり、土混じりの道だったりします。8.6km走行してやっと舗装路に!!30分で抜けれました。①ダートの始まり。②ダートの終わり。③→④ ダート29km。2つ目のダートはちょっと長くて29km。今までのロシアのダートは割とすぐに終わっていましたが、こんなに長いダートが続くとは。ここでやっとダートが終了。たった29kmを1時間15分も掛かってしまった。③ダートの始まり。④ダートの終わり。⑤→⑥ ダート3.8km。ここからまたダートに。距離は短くて3.8km。道を曲がってすぐに舗装路に。10分で抜けれました。そして、ガソリンスタンドが見えてきました。Googleマップには載っていないけど、ここで給油する事に。⑤ダートの始まり。⑥ダートの終わり。14時20分、ガソリンスタンドで給油。先のダートが終わった所で見えたガソリンスタンド。ここで2回目の給油です。3リットル給油しました。本日は合計5.45リットル給油。ガソリンスタンドの地図。⑦→⑧ 最後のダート76km。最後のダートはなんと難関の76km。通常の速度でも1時間は掛かるのにダートなんて辛すぎる。そして、まさかの幹線道路の手前までダートでした。先のガソリンスタンドを抜けて割とすぐ、地獄のダートが始まりました。いつもなら大体街が見えたらその手前から舗装路なのに、今日のダートは街中でもダートだったりするので気が抜けない。砂利道は急に砂が深くなるパターンがあり、特に慎重に進みました。ここはまだ平らだからマシな方。そうそう。ロシアの田舎でよく見かける草を纏めた樽の様な物。これは一体何なんでしょうか??最後のダートは2時間50分掛けてやっと脱出。もう、歓喜の瞬間朝、9時20分に出発して幹線道路に出たのは17時15分。カラスクの宿から幹線道路に出るまでの246kmで約8時間も掛かってしまいました。タタルスクの幹線道路に出る。カラスクから幹線道路に出るとタタルスクの街が近いです。方角を示す看板も『ТАТАРСК』と書いていました。幹線道路は安心の舗装路。17時35分、宿に到着。タタルスクの幹線道路から23km走行したエフゲニエフカにある宿の『モテリ』。ここで、モンゴルのウランバートルの宿『FORTEC GARAGE with Relax House』でお会いした宮崎さんが私達に気づいて声を掛けてくれました!!私達がウランバートルを出たのは8月2日。宮崎さんがウランバートルを出たのは8月9日。1週間も時間が空いたのに、こんな所で遭遇するとは。他にも、モンゴルのバヤンホンゴルでは、同じくウランバートルの宿で一緒になった韓国人ライダーと遭遇したり、意外とバイク旅は思わぬ場所で再会がありそう。最初に案内された部屋はこちら。ユニットバス付きです。一見小綺麗に見えたんだけど、結構な残念ポイントが。2階の【3】の部屋。●トイレが汚くて○がへばりついていた。●トイレのゴミ箱にゴミがそこそこ入っていた。●鍵がない。(部屋貸すな!!)と言う事で、流石に鍵がないのはまずいので、こっちの部屋に変更。1階の部屋で日差しが入らないのでちょ暗いのですが、お部屋は十分広いです。アメニティーやタオルの貸出、テレビはありませんが、椅子や服を掛けるポールはありました。ユニットバス付きでホットシャワーが出ます。ここでも残念ポイントが。。。またしても、トイレが汚くて『いつから掃除してないの??』って言うぐらい、便器が汚く、更にトイレのゴミ箱にゴミが・・・ここは、ゴミが満タンにならない限り捨てないのかな??2人部屋で1泊RUB1,500(2,550円)と駐車場RUB50(85円)ですが、ちょっとサービスレベルが低すぎてドン引き。ただ、MTC(MTS)のSIMカードの電波が入らないので、弱いけどWi-Fiがあるのは有難かったな。クレジットカード使用可能。宿のモテリの地図。18時45分、晩ごはん。頼んだのはボルシチ1つ。フライドポテト?1つ。ブリヌイ2つ。茹でソーセージ2本。あとは1リットルのジュース。全部でRUB430(731円)。この茹でソーセージ、魚肉ソーセージをふやかして更に柔らかくしたような食感でしたが、味も食感も美味しくなかったです。他のご飯は全て美味しかったです!!まとめ明日はオムスク方面へ向かいます。そして、まだカザフスタンはどこから入るか決めていません。その他、出発するまでの準備記事をまとめてご覧になられたい方はこちら【インデックス】ユーラシア大陸バイク旅の準備(まとめ記事)ご質問のある方は、以下までご連絡下さいhttps://www.instagram.com/trip_spice/https://twitter.com/TRIPSPICE1https://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=irako123クリックすると【キーワード】検索できますブログ内検索にほんブログ村の旅行ブログに参加しています。ポチしてもらえると励みになりますにほんブログ村にほんブログ村別ブログにて関西の美味しいスパイスカレーのお店を多数紹介しています。よろしければお立ち寄り下さいカレー好きアラサーOLの華麗なる日々他の記事も併せて読まれる場合、目次はこちらになります【インデックス】国別まとめ記事(旅ブログの各旅インデックス)【検索用ワード】世界、バックパッカー、ユーラシア大陸横断、ヨーロッパ、カブ、スーパーカブ、Super Cub、海外ツーリング、海外旅行、輸送、海外輸出、運転、オフロード、モトブログ、スーパーカブプロ、ホンダ、バイク女子、中央アジア、世界一周【KeyWord】Travel、Trip、Journey、World、Backpacker、Eurasia、Europe、Asia、Motercyle、Riding Motorcycle、Motorcycle touring、HONDA【Travel Route】①Russia→②Mongolia→③Russia

    【ロシア】カラスク→エフゲニエフカ(ユーラシア大陸バイク旅 2019)
  16. この日は、パレルモからシチリア南部の街アグリジェントへ。パレルモから早朝のバスに乗り、朝10時半ごろにアグリジェントのバスターミナルに到着。バスターミナルで、ネットで下調べしておいた昼と夜がセットになった観光バスのチケットを買おうとするが、夜の観光バスは無いと言われる。近くの観光案内所で聞いてみても、夜の観光バスはなく、代わりに普通のバスが走っているが遅くまではないので、夜遅いならタクシーを使え、いっぱいいるし安く乗れるから、とのこと。仕方ないので昼間の観光バスのチケットだけを買って、ひとまず宿に向かう。宿でチェックインして、宿のおねえさんに夜のタクシーの話をしたら、タクシーはいるかどうかわからないし、結構高くつくので気をつけた方がいいとのアドバイス。もー、どーなってんねん…と思いつつ、これがイタリアなのだと言い聞かせる。宿に荷物をおいて、観光バス乗り場へ。観光バスは、屋根がないタイプで、もちろんエアコンもない。そんなバスに揺られること、およそ小一時間…ランペドゥーザ島で出会った多くのシチリア人から、この時期のアグリジェントはめちゃくちゃ暑いよーと聞いてはいたが、直射日光をビシビシ浴びていることもあり、想像していた以上の暑さ…さらに渋滞で、バスがなかなか動かず、風もない。2人ともぐったり…もうちょっとで熱中症になりそうだった。ちなみにスカラデイトゥルキでは、アグリジェントの祖父母の家にバカンスで来ているという妻の友人と、現地で待ち合わせて、一緒にご飯を食べる約束をしていたのだけれど、彼女もその渋滞と暑さで、家に引き返すとのこと(苦笑ひとまず、スカラデイトゥルキのバス停近くのカフェで、水とジェラートを摂取して、体を冷やして一息。スカラデイトゥルキへは、崖を降り、ビーチを歩いて20〜30分ほど。ビーチには人がたくさん。てくてくビーチを歩いてしばらく、真っ白な岩が段々になっている、スカラデイトゥルキが見えてきた。ここだけ、石灰岩の地層がむき出しになっている不思議な場所。大昔にトルコ人がシチリアを攻めた時に、ここから上陸した、というのが、名前の由来なのだそう。白い岩の上に座って、バス停のカフェで買っておいたアランチーナで、昼ごはん。スカラデイトゥルキの上からは、海が一望できた。海水浴客がたくさんいて、みんな写真を撮りまくっていた。めちゃくちゃ暑いし、人が多いし、ビーチの海もそんなに綺麗でもないので、早々に引き上げることに。また混み合ったビーチを歩いて、崖を登ってバス停へ。そして再び、暑いバスに乗って、宿に戻ると、もうクタクタ。シャワーを浴びて、クーラーをガンガンにかけてしばらく休む。夕方になって、夜の部を開始。夜は、ギリシャ神殿が立ち並ぶ、神殿の谷という場所がライトアップされて綺麗だとのことで、そこに行くことにしていた。ひとまずバス停に行って、バスの運転手さんに聞いてみると、夜遅くまで30分おきにバスがあるという。ただ正確な時刻表はわからず。そしてタクシーはいるかどうかはなんとも言えないとのことだった。ま、でも夜遅くまでバスがあるなら、タクシーに乗る必要はなさそうだということで、一安心。先に腹ごしらえをしに、昼間に目を付けておいた、宿の近くのレストランへ。ところが、オープンは18時半なのに、人が居ない。おーい、おーいと声をかけてみたら、店の奥からお兄ちゃんが出てきて曰く、オープンは18時半なんだけど、見ての通りまだ支度が全然出来てないから19時半頃にきてよ^_^とのこと。。これまた、イタリアらしい(苦笑仕方ないので、バスターミナル近くに戻り、ピザ屋に入る。注文したのは、サラダと、イカとアサリのピッツァ、ナスと生ハムとバジルにブラータチーズを乗せたピッツァ。イタリアの良いところは、だいたいどの店に入っても、美味いものが食えるところ^_^北部のよりボリューム感があって美味しかった。お腹いっぱいになって再びバスターミナルへ。バスの運転手さんに、改めて夜のバスを聞いてみたら、帰りのバスの時間まで丁寧に教えてくれた(あとでそのバスの時間もデタラメだったと分かったのだけど苦笑)。イタリアの良いところのもう一つは、聞けばその人達なりに親切に教えてくれるところ^_^神殿の谷では、チケット売り場に長い行列が。夕焼けを観れるかと思っていたのだけど、入場したらすっかり夜になってしまっていた。でもその分、とても涼しくなっていて、ライトアップされた遺跡も、とても美しい。この神殿は、ギリシャのパルテノン神殿と肩を並べる保存状態の良さ。めちゃくちゃ綺麗だった。歩く道々、綺麗に見えた。この神殿跡も美しかった。紀元前5〜6世紀頃のものだと思うのだけど、大きな荷車に乗せて石を運んだ轍の跡も残っていた。これは復元されたものだけど、こういうクレーンを使って、石を吊り上げていたのだろう。出口近くのゼウス神殿は、昔の地震で崩れ去ったままなのだろうか、廃墟のような状態だった。出口近くで、バス停の場所を人に教えてもらい、無事に帰りのバス停に到着。行きのバスの運転手さんに聞いていた時間までまだずいぶん時間があると思ってのんびりしていたら、すぐにバスが来た^_^まあ、ラッキーなんだけど、やはりイタリアの公共交通機関は難しい…。この日は、アグリジェントに到着してから、相当な数の人達に、移動の仕方を尋ね、それぞれ親切に教えてくれたものの、みんな言うことが少しずつ違い、ネットやグーグルに書いてある情報とも違い、相当に混乱しつつも、なんとか行きたいところに行けて、そして無事に宿に帰り着いたという一日。これで、社会がそれなりにちゃんと回っているのだから、イタリア人の臨機応変さは、きっとすごいのだろう。誰も社会的なシステムを信用していなくて、全体像や個別の詳細はだれも把握しようともしておらず、その瞬間、この場にいる人達の親切心と大まかな経験値に頼って問題を解決していっている様な感じ。あらためてイタリア語を話せる妻が居て良かった。あと、真夏のイタリアの街歩きは、やっぱり無理だと悟った。

    Italy day34 アグリジェントへ。スカラデイトゥルキと、夜の神殿の谷へ
  17. エルフ♀️さんの麻シリーズ✨
  18. を置きに予約していゲストハウスに向かいました。雷雨に見舞われたので最悪でした。今回予約したのは一泊二人で1400円のゲストハウスに泊まりました。日本人宿です。ここにした理由、激安ハロン湾ツアー迎えに来てくれるクラブがめちゃくちゃ近いから、徒歩2分!旧市街地にあります。ビアホイの通りの近くです。見落としがちですがそんな小さい通りではないので大丈夫でしょう中へ入りますいやいや、めちゃくちゃ狭い汚い、水がたまっている怪しい通路大丈夫かよ?なんか階段発見ちょっと明るい空気に日本人宿なので靴を脱いでから上がります。2階に行くとカウンターはありません。机のところに日本人のアラカンと思われる男性が座っていて当然、日本語で迎え入れてくれます。周りに二人ベトナム人のスタッフの女の子この子たちも普通に日本語ペラペラです。でもこちらは日本語ですがハロン湾のツアーは英語なのでご注意を受付で先払いで現金でお金を渡します。宿の説明22時に受付のスタッフがいなくなり、1時に鍵がしまり入れなくなるとのことまーハノイは夜遊びも早い時間から盛り上がるので問題ありません。その後、スタッフの女の子がお部屋を案内してくれ宿の説明をしてくれます。こちら4階のお部屋で個室です。エレベーターはありません。ふろ、トイレなしエアコンはありきちんとききます。バスタオルもついています。見えませんが小さなテーブルとイスがあり、コンセントは4つあります。部屋は古いですがきちんと清掃されているのでいうことありません。快適でした。

    たくさん共感されています

    ハノイだぜ! 二人で1400円の激安 日本人宿
  19. さていよいよポーランドから出国します。夜行なので宿をチェックアウトしてから荷物を預け少し外出したり宿のフリースペースで写真の整理をしたり、ブログを更新したりして過ごし頃合いをみてバスに乗りワルシャワウエストまで。例によってポーランド ワルシャワからチェコ プラハまではFLIX BUSを利用。途中、ブルノで乗り換えが一度。めちゃめちゃ長い・・・。でもこれで23ユーロって安い飛行機で手っ取り早く移動していた私としてはこの変わりよう・・・インドのバラナシからアグラまでの13時間の列車移動に次ぐ11時間かけてのバス移動。バスターミナルって広くて場所によってはとても分かりづらい。ワルシャワのバスターミナルにおいてもそうだった。インフォメーションもなければ掲示板もない。英語が通じそうな人に聞こうとしても『解らない・・』と言われてしまうともうどうしようもない。別の行き先の同じバス会社の人に聞いてどうにか乗り場だけ教えてもらう。(乗り場多過ぎ)こういうこと、よくあるけど荷物を担いでるから結構しんどい。いつか乗り遅れそうで怖い・・・。まぁ、途中トイレ休憩などもはさんでくれてなんだかんだと無事に到着することが出来たのでホッとしましたがみんなが普通にやり過ごしているこの一連の流れを達成する度に毎度毎度、いちいち達成感を得ているあたり私はまだまだ・・・と思いつつ多分、いつまでもこんな感じでハラハラドキドキしているんだろうな・・・。にほんブログ村にほんブログ村

    世界一周*ポーランド(ワルシャワ)チェコへ移動~FLIX BUSの乗り場案内が雑過ぎる*
  20. 1回も見なかった。南米でもボゴタ以外で見てない気がする!!確か900ペソくらいだったんだよ〜安い宿の近くの旧市街をお散歩します♫教会がたくさんありました✨ミュージシャンもたくさんいたよ!!暗くなる前に昼間も行ったスーパーに行き、ビールやその他の食材を購入✨もやしを見つけたので、ネギもやしメンマ♫ネギ入りだし巻き卵とアボカドのお刺身全くコロンビアと無関係な、私が食べたい私が好きなおつまみです♡笑男の子が帰ってきたのでまた話しました!実は昼間話した時も、どこかで会った事あるなぁ〜と思っていたのです!!しかし彼は今までオーストラリアでワーホリをしていて、南米はコロンビアが初めてみたい!コロンビアから南下するんだって!だったらルート的に会ってないよなぁ…?と思っていたら、彼からどこかで会ってません?!と言ってきました!!私もそう思ってたの!!!旅長いですか?ん〜1年3ヶ月くらい!…ネパール行きました?ネパール行った!!旅始まってすぐに行きました??4月くらいじゃないですか?そう、4月だ!!ポカラで会ってません??ポカラ…ポカラ?!ポカラは確か最初はちょっとメインから離れた宿に泊まっていて、その後日本人宿に移ったんだ!でも日本人宿にいたかなぁ…?あー!!!思い出した!!!レストランで会った!!!そうそう、レストラン!!!あの小さいレストランで相席したよね?!確か私が湖でナンパした日本人男子と入って行ったらお店が混んでて、日本人男子2人の席に相席したの!!確か2人も友達じゃなくて、1人だけど相席してただけなんだよね?!そうですよー!完全に思い出しました!!あれ?大学生だったよね?!休学してなかった…??と話が続きましたびっくり!!!3ヶ国目のネパールで30分だけ相席した子と大陸を超えて1年3ヶ月ぶりに会えるなんてお互いにインパクトがあったのか覚えていました今昔のポカラでの記事を見返したら、レストランではなくレストランに行く途中で会っていました♫笑他の2人とはその後連絡先を交換したのですが、彼だけ連絡先を知りませんでした。結局今回も連絡先を交換しなかったし、名前の許可取りをしていないから男の子と書いています。世界は広いのに旅人とは会うなぁ✨久しぶりにネパールやインドの事を思い出しましたまた行きたいなぁ♡💰 2019年5月28日バスターミナルのコーヒー 2,500ペソトイレ 1,000ペソバスカードチャージ 2,400ペソ昼のスーパー買い物代 16,000ペソ夜のスーパー買い物代 20,000ペソ宿代 25,000ペソトータル 2,141円1コロンビアペソ0.032円で計算ありがとうございます♡皆様のおかげでブログ村の女性世界一周ランキングで1位を取らせて頂いておりましたが最近はランキングダウン。。登録者の多い、世界一周ランキングにもチャレンジ中!!引き続き下の土下座写真を1日1回ポチっとお願いします♡にほんブログ村https://www.instagram.com/aki_roundtheworldtrip/インスタ初心者でよくわかっていませんが、よろしければフォローして下さい

    コロンビア☆メデジンからボゴタに到着!!日本人宿ただいまホステルで1年3ヶ月ぶりに旅人と再会!?