1/21の記事ランキング

  1. カープファンの皆様、いかがおすごしでしょうか。広島ローカル番組の紹介シリーズです。1/18放送の「フロントドア」パフォーマンスコーディネーター・手塚一志さん(「上達屋」主宰)と、そのサポートを受ける大瀬良のインタビューがありました。手塚さん「身体は繊細な楽器のようなもの。選手は名器、長い間使っていると狂いが生じてくる。それを調律する」大瀬良が初めて指導を受けたのは2016年の大晦日。その後、広島にも拠点を設けて密度の濃いサポートを開始。2017年の12月。ライブ配信、覚えています。手塚さん「来年の大瀬良をお楽しみに」→翌年、最多勝とキャリアハイ。この頃から、雑誌などメディアにも多く取り上げられてきました。独自の体操などを繰り返して、神経伝達をガッと通す→身体が適正に作動する。こんな感じの理論。きっかけは黒田さんの紹介。いたたたた!叫ぶ鬼天竺鼠。手塚さん「100キロ近い体重を足の裏で支えている」ほぼ炎鵬の体重を軸足に乗せて、移動させる。これを1試合で100回以上繰り返す。無理の無い動きを身体に叩き込む重要性、わかります。大瀬良「これまでは休むと不安だったが、投げる感覚を取り戻すのが容易になった」恭平もブレイク。素晴らしい!カープの選手全員「上達屋」へGO!もう、これで、ええんちゃう。と、思ってしまいますが。そう単純ではないよなあ…?と、いう感想も。二段モーションを止めたのは、大瀬良本人の考えでした。手塚さんの〝選手の身体=楽器〟論なら。本来備わっている性能を発揮できる状態にする〝調律〟後、どのように音を引き出すか、旋律を奏でるか。再現性を高めるか。そこは、さらに別の努力が求められるはず。投手なら、肘から指先までのフィニッシュ感覚は、足裏〜下半身〜上半身の神経伝達とは別の気づきが要るんだろうなあ…と(素人考えですが)。特に、カープに多いいきなり発動するノーコン持ちの投手。キミらのことだ(泣)。カープの同僚、岡田や矢崎も「上達屋」に通っていますが、去年はダメダメでした。一軍での結果が全ての世界、試合でのパフォーマンスが向上し、数字に表れてこそ「やって良かった」なのです。手塚さんのメソッドは、1つの例でしょう。何を試すか。取り入れるか、捨てるか。判断は自己責任。厳しい。全てのプロ野球選手が格闘しているはず。自主トレ期間の終了を前に、そんなことを考えました。みんな、頑張れ。それでは、また。byユリお読みいただきありがとうございました。よろしければ、下のバナーをポチッとお願いします。↓にほんブログ村広島東洋カープランキング

    大瀬良と「上達屋」手塚さん。1/18放送・フロントドア
  2. アンテナショップは広島県は北海道の次に売り上げが良いそうです個人的には人気商品ランキングの商品は意外でした生もみじは分かりますがお手伝い率は2006年のモノなので少し古いですが、どうやって調べたのかが気になりました準優勝(2位)の広陵の事もやっていましたどちらの試合もみんなの記憶に残っていると言われ「自分達が考えたミーティングの機会をよく与えていた」中井監督は良い事を話されていました2位も良いかもしれませんが、今年のカープは1位でお願いしますDear ボスよりekieにあるカープグッズSHOPと、隣のカフェを紹介していました左端の方がグッズの開発やカフェを手掛けていますその方はジアウトレット広島でも中四国プラス兵庫県の物を取り扱っているお店も手掛けていました昨年、ジアウトレット広島へ行った時にこのお店にも行きましたが、各県の名産を見るのが楽しかったですお正月の特番より制服が着たいと制服を着て高校に訪問していました2人とも制服が似合っていました自虐(笑)こちらは違う番組象に乗っているイマムーとアドゥワ君プププッ私も象に乗ってみたいゾウ(笑)トラと一緒にが撮れるそうですが、イマムーとアドゥワ君は後ろの金網から見てるだけでしたイマムーとアドゥワ君もに跨がれば、今年の戦は抑えれたかも(笑)

    広島県は(๑・̑◡・̑๑)
  3. る」       阪神、大洋で活躍した加藤博一氏が21日午後零時54分、肺がんのため神奈川県横須賀市内の病院で死去した。56歳。加藤氏は現役引退後も軽妙なトークの野球解説で人気。お茶の間のファンにも慕われていたが、2年前にがんが発覚し、入退院を繰り返していた。突然の訃報(ふほう)に、神戸市内で行われた阪神OBによる親睦会「天地会」に出席した岡田彰布監督も絶句。80年から82年までの3年間、共にタテジマに袖を通す“戦友”としてグラウンドで戦った。「早すぎる」と同氏の急逝を悼んだ。              ・ライバルが手を結ぶ日…1866(慶応2)年、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見、倒幕の為に薩長同盟(薩長連合)を結んだ。    ・聖アグネスの祝日…勇気、貞潔、愛の象徴聖人アグネスに捧げる日。異教の若者の求婚を拒みキリストに我が身を捧げると断言して、火刑に処せられ若くして殉教。 → 聖アグネス教会 - Wikipedia1937(昭和12)年、イギリスで料理番組の元祖といわれる番組が始まった。1963(昭和38)年、日本テレビで「3分クッキング」がスタート。→ キューピー3分クッキング 1月21日生の性格 華やかなことにあこがれ、注目されたいと願っている。といっても何から始めればよいのかよくわかっていません。周囲の人に聞けば、よいアドバイスがもらえるはず。           誕生花     蝋梅(ろうばい)  ; 慈愛 ロウバイ科の落葉低木で、中国の原産。陰暦の蝋月(12月)に咲くことから、蝋梅と命名。高さは約3メートル。冬になると葉に先だって、蝋の様に透き通った香気のある花を開く。            無事故・無違反・安全運転〜!『人に頼り、人に期待するな!変革・創造・躍進!!』   このあたりで(╯•ω•╰) I'm sorry...今日もありがとう(~o~)また遊びに来て下さい〜!! 同じセリフで申し訳ゴザイマセン(笑)自己都合、更新適当      投稿№3188安打    

    今日は料理番組の日【1/21:1面】「内定辞退セット」なるものが?賛否両論・・・
  4. 楽しかったディナーショー
  5. いやいやいやいや、、ビックリしましたね、、休憩中に見つけて、、なんか一言添えて投稿しよーとしたら話しかけられちゃって、、書けねー、、って思ったらそのままポチってしちゃって。もう早速、、「夫」ょ。ゲゲゲの女房に出てたらしいんだけどえ、わかんない、、って思ったらゲゲゲの女房、見てないってゆーね。「あおたにゆい」だと思ったら「あおやゆうい」さんだもの。なにがどーした、ってさ、、この前見たばっかりじゃん。彼も共犯ですね、、鍵谷の彼女「隠避罪」です。この時、顔が浮かんでたんでしょうね。おおぉぉぉぉぉぉぉ〜〜ってゆってた本人が次行っちゃってるから、、プライベート。中島の「そろそろじゃないの」はそーゆー、、「そろそろ」だったのかね。まー、、座談会で発表は叶いませんでしたけどめでたい、ですね。てっきり中島だと思ってたからさ、、そー来たか、、って感じです。まさかの鍵谷が女優さんでしたからね、、巡り巡って、、中島も、、ってゆーのがドキドキします。何はともあれ、、鍵谷結婚おめでとう。🐶ついで感、ハンパないですけどキャンプのメンバーが発表されました。その昔印刷屋さんで文字を打ってた者として「俊健」と「太田」は許されませんけども。一軍キャンプの今井が楽しみです。そしてなぜに石川亮は二軍なのか、と思うと共に、、そこから這い上がる石川亮が楽しみだわ〜〜と、思っております。いや〜鍵谷は、、次は中島だぞ、の思いを込めて「友引」に発表したのかな。

    続・なんだって〜、、の夜。
  6. 今日のニュースより(´・_・`)
  7. 有原航平の進化論③
  8. もうキャンプまで2週間を切りました加えて、開幕が早いわけですからハイペースなキャンプが予想されますその中での1・2軍振り分け発表今日は野手のほうを取り上げます菊池・長野が2軍スタート長野は暖かいところでゆっくり調整でしょうし、菊池はいろいろあったから調整のニュアンスが強いのでしょう1軍組が中村奨、會澤、石原慶、坂倉、石原貴曽根、上本、田中、安部、堂林、三好、小園、西川、メヒア鈴木、ピレラ、野間、宇草、高橋大、松山新外国人のピレラは一軍スタート大卒ルーキーの宇草・石原貴も一軍スタートこのあたりは入れ替えのタイミング次第で日南残留もあり得ますから、沖縄行きをつかんでほしいです若手では中村奨・正隨あたりが注目ですかねそれぞれ石原・宇草と同年代が入ってきて競わされる中で選ばれたチャンス、生かしてほしいです二軍スタート組では磯村が意外でしたまあ二軍組には結構実績ある投手もいます育成の持丸除けば捕手は白濱しかいないわけですし、戦略的に二軍に回されたように思えますある程度石原貴の見極めができたら入れ替えでしょうね羽月あたりは一軍のチャンスもらえるかと思ったんですけどね上本あたりが不甲斐なければ入れ替えの対象でしょう新戦力や若手の入った一軍キャンプチーム内での激しい争いにも注目です

  9. カープの春のキャンプの1軍、2軍の振り分けが決定した。ここからは振り分けと日程の紹介をしていこう。◆カープ春キャンプ※敬称略■1軍(2月1日~11日日南、13日~26日沖縄、休日6、12、17、21)◇投手九里、矢崎、大瀬良、岡田、森下、野村、薮田、床田、ケムナ、一岡、塹江、菊池保、ジョンソン、高橋樹、山口、アドゥワ、DJジョンソン、中村恭、遠藤、スコット、フランスア◇捕手中村奨、會澤、石原慶、坂倉、石原貴◇内野曽根、上本、田中広、安部、堂林、三好、小園、西川、メヒア◇外野鈴木誠、ピレラ、野間、宇草、正隨、高橋大、松山■2軍(2月1日~11日沖縄、13日~29日日南、休日6日、12日、17日、21日、26日)◇投手今村、中﨑、中田、高橋昴、藤井皓、島内、鈴木寛、戸田、田中法、玉村、中村祐、平岡、モンティージャ、畝、藤井黎、佐々木健、メナ◇捕手白浜、磯村、持丸◇内野小窪、菊池涼、林、桒原、韮澤、中神、羽月◇外野長野、大盛、永井、木下※振り分けの感想秋のキャンプも加味しての振り分けという事であるが、期待された林選手も羽月選手も2軍スタートという事で、結果的には前任者の緒方前監督との違いを見受ける事は出来なかった。新人の大卒は1軍スタートという慣例に乗っ取って、3人の大卒選手は揃って1軍キャンプスタートとなった。大学では地方リーグではあるが圧倒的な成績だったドラフト5位の石原貴捕手がどこまで1軍で粘れるかが注目点だろう。危機感を抱いている選手陣でも明暗がすでに分かれた始まりになっている。「鈴木誠選手にも3年で出てくれば良いと思っている選手がいる」という言葉を言われ、危機感を持ってスタートしているかつてのドラフト1位、3年目の中村奨捕手が初めて1軍キャンプスタートとなった。一方で今年ダメならクビかもしれないと取り組み始めている戸田投手は、1次期間でキャンプ強制送還が恒例であったのであるが、今年は2軍スタートで最初から信用を得られなかった。捕手陣が多めに1軍に帯同するという事で、期待値の高い磯村捕手は1塁守備も取り組む為に2軍スタート、菊池選手と長野選手はベテランの特権である本人の希望に準じた調整をさせるという方針で沖縄スタートとなった。移動するより暖かい沖縄で調整した方が良いというのもある。という事は、この3人は順調に行けば1軍が沖縄、2軍が日南と入れ替わるタイミングでそのまま沖縄に合流するという風にみられるので、彼らとの入れ替わりで数人が日南に残留するという形になるだろう。日南スタートからの日南残留なら選手の負担は軽いので、そういう意味で若手を多めに1軍スタートにして競争を促したいという思惑であろう。しかし昨年わざわざ無理に支配下にしたモンティージャ投手は案の定今年も2軍スタート。助っ人なのに既に実力不足という判定をされているわけで、なぜ支配下に焦ってしたのかという思いしかない。もう一人のサンタナ選手に至っては昨年末で3ヶ月で解雇。この2人の支配下の枠を無駄にしたのが昨年のBクラスの1つの原因でもある。フロントには改めて猛省を求めたい所である。投手陣で佐々岡監督が期待していた藤井黎投手は2軍スタートであり、いわゆる野村監督時代の堂林選手や、緒方監督時代の野間選手のような特別贔屓に見えるような采配は今はしていないというのも、この選定から伝わってくる部分で佐々岡監督の人柄が出ているように思える。中﨑投手は首脳陣やフロントは夏場の合流を期待しているが、本人は早めに戻るつもりで取り組んでいるそうであるが、「体重がベストの102キロをキープしている」という記事があった。しかし中﨑投手のベスト体重は「98キロ~100キロ」だったはずであり、明らかに今はオーバーウェイトである。100キロを超えると膝の故障が増えるわけで、昨年は案の定故障した。今年は体重をもう少し絞る事を求めたい。少なくとも102キロでは細かいコントロールで勝負している投手としては厳しい物があるように感じる。ここは強く指摘したい。大幅減額で信用度の低さが出ている薮田投手や矢崎投手は1軍スタートに選ばれている。彼らはマイナスが大きすぎるので、2月11日までに相当なアピールをしないと日南残留となるような気がしている。今年は開幕が早く実戦数が減るので、おそらく21人から18人位に投手は最初に絞られると思うので序盤からのアピールが必要である。また投手が減る=捕手も1人は脱落となるだろう。内野と外野は菊池選手と長野選手が合流と考えると、2名が11日をもって脱落となるはずである。新人、ベテラン、助っ人関係なく、11日までのアピールで第1弾が敢行されるのは確実。その後はオープン戦開幕時に入れ替え、その後は適時入れ替えでソフトバンク戦前には開幕メンバーがほぼ決まるという流れだろう。若手はまずは11日までの紅白戦でしっかりと存在をアピールする必要がある。キャンプまであと10日あまりである。しっかりと整えて来てもらいたいですね。最後に、40代の石原慶捕手ですら1軍スタートなのに、2番目の年齢の捕手である白濱捕手は今年も2軍スタート。アピールして1軍の試合に出たいと言っていたが、2軍スタートのままであった。やはりかなり厳しい状況ですね。

  10. 近藤一樹選手のトークショーに行ってきた
  11. ファイターズだよね巨人だっけ?おバカだけにおバカが加速してる🤭頭の中で選手たちの顔と名前がグチャグチャになってます。ファンフェスで娘が近藤健介と鍵谷陽平に挟まれて写真撮ったのどこにいっちゃっかな機種変しているうちにお蔵入りか🤔鍵谷陽平は結構な、お喋りさんだから∗︎˚(* ˃̤൬˂̤ *)˚∗︎心配🤣 (余計なお世話)お相手の青谷優衣さんのInstagram拝見しましたが数人で写っていた中でどの方がご本人かわからないほどみんな顔が同じにみえたけどこう言う報道があると現在、妊娠はしておらす、、、と最近、よく聞くけどすごい失礼だわ 色々言われると思うけど負けないでね。おしあわせに♡でも彼女のこと全然、わからなかった。(ゲゲゲの女房みてなくて)私が1番失礼でした🙏斎藤佑樹も結婚してキャンプも1軍スタートだって?何が可笑しいんだ👊私の前で笑うな👊まかり間違って、1勝でもしたらまた契約?ぬるま湯に浸かってても鼻血は出んだよ!私が出たんだからあんたも出るよ🩸清宮幸太郎、吉田輝星は2軍スタート万波中正は1軍。何でもいいから活躍しやがれ!清宮幸太郎、怪我してたッけ?本当に、記憶力が低下して自分が心配です物忘れが激しくならないうちに行ってみたいのが!音更町の馬追い運動🐴運動不足解消と妊娠中の馬の難産を防ぐ目的。妊娠中28頭と農業馬60頭が午前9時半から一周800mのコースを3周妊娠中でも走るなんて人間じゃ考えられないですが動物は強い!馬🐎の走る姿はカッコいいし迫力あるでしょ娘、誘ってドライブがてら行きたいな👉👈また、薬局のトイレで自撮りしちゃった次はこのくらいはしないとな。中田翔猫・ねこ・ネコ心が(●´艸`)ムフフゴロゴロして舌をペロッとしたかと思ったら急に真顔でWhat???あなたはCAT ‼︎相変わらず面白くないね 

    幸せな人
  12. 【カープ】春季キャンプのメンバー発表!
  13. カープファンの皆様、いかがおすごしでしょうか。昨日の広テレ「テレビ派」17時台。街かど脳トレに大物ゲストが。あ、街かど脳トレとは〝番組スタッフが通行人に声をかけまくって出演者を集める〟よくあるクイズコーナーです。場所は広島駅北口2階。ちょ、待てよ!ではなく、ちょ、ちょーのさん?RCCの「イマなま」にサプライズ出演したのは契約更改の直前でした。今回は、自主トレ地の奄美大島から戻ったばかりだそうです。なぜ毎回、忙しい時期なのか(笑)!しつこいですが、ここは広島駅前です。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓長野「番組はよく見ています」長野「マッキーを持ってきました!」ノリノリです。笑顔です。隣に並んだ女子高生「(長野さんは)すごく良い匂いがしました」首から画板を下げてスタンバイする現役プロ野球選手。なかなか凄い画です。問題は、こんなの。長野さん…( ̄◇ ̄;)。考えて考えて、マスを埋められず。残念。うどんにご執心だったのでしょうか。駅のエスカレーターを降りてすぐの場所に、むさしがありましたよ。美味しいですよ。下が正解。恥ずかしい!恥ずかしいです!と、素で悔しがっていました。不正解の場合のお土産「テレビ派記念品」は貰えたのか。巨人の選手だったら、こんな形の予告なしテレビ出演は、まず無いのでは。けれど、ここはカープの街・広島。言葉よりも行動で示してはります。昨年の唯一のトークショー出演が「ゆめタウン」だったのも、地元密着球団への気持ちかなあ、と推察します。かっこいい。今年は更なる活躍を(`・ω・´)!ホームテレビとTSSが「次はウチに〜」とジリジリしていそうです。どうなる。それでは、また。byユリお読みいただきありがとうございました。よろしければ、下のバナーをポチッとお願いします。↓にほんブログ村広島東洋カープランキング

    長野さん、今度は広テレにサプライズ出演。
  14. 声援
  15. がんばルンバ!
  16. ってしまいました例プロ野球自体が、1月はそないに目新しい話題もないのでねぇ~今はSNSで、選手ご自身で自主トレの模様を公開したりしていますから、それで我々は知ることができたりしますしね。・・・で、本題。今日(20日)、物凄く久しぶりに新人合同自主トレを見学しに、鳴尾浜球場まで行ってきました(髙山クンがお目当てでもありました~)実に4年ぶりの新人合同自主トレ見学!(髙山クンのルーキーの時以来)なぜ今年は行こうと思ったかというと、西純矢選手や井上広大選手などルーキーたちは2軍スタートということなので、今のうちにフレッシュな姿を見ておこう!と思いまして~・・・それにしても、鳴尾浜球場は死ぬほど寒かったそして、お客さんが多かったわ~今回の「その1」は、ルーキーたちの写真ばかりをアップ。溌剌と練習をしてはりましたね~高校生が5人もいるから、「若いなぁ!」っていう感じがしました井上選手は、一部別メニュー。ルーキーたち8人をキレイに一枚に収めるのは、なかなか一苦労でしたルーキーたちに混じって、髙山&島田選手がベースランニングに参加。ルーキーたちが、髙山&島田選手と言葉を交わしていました。ひときわ元気いっぱいなのが、ドラ5・藤田選手みんな楽しそうに練習していて、何より・・・そのほかの選手の写真は、また次回以降に~

    2020年・新人合同自主トレの写真・・・♪
  17. TBSのグランメゾン東京は木村拓哉主演のドラマで、2019年のドラマの中で最も注目を浴びたドラマと言える。私も毎週楽しみに見ていた。木村拓哉はそれまで「なにをやってもキムタク」とディスられていた。キムタク・ファンの私は忸怩たる思いであった。日本の名優と言われた高倉健さんはどうなんだ?キムタク以上に「なにやっても健さん」じゃないのか?と言いたかった。しかしマスコミは高視聴率に手のひら返し。一転して風向きが変わった。最近では15%も獲ればすごいと言われる時代。そう言えば木村拓哉は視聴率の申し子ともいわれた頃、30%を超えていた。つまり視聴率は昔の数値の半分程度が今の標準の指標ともいえる。※ちょっと乱暴な言い方かもしれないが・・・。ちなみにドラマの視聴率のURLはこちら。https://artv.info/ar1910.html昨年のドラマの中で一つだけ突っ込みたいドラマがある。日本テレビ系の「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」である。このドラマは上司である広末涼子の死からその謎を解くという展開であることから興味を持って第一話を見た。警察内部に犯人がいるかもしれないという味付けはアリがち。さらに主人公が記憶喪失ってのもアリがち。でもなんとかおもしろい展開になるだろう・・・と思って観ていた。しかし、もう我慢できない!と思ったシーンがある。こどもが拳銃を刑事に向かってぶっ放すのだ。もう完全にありえない。・・・・こどもがドラマや映画の中で規制されているシーンはいくつかある。たとえば子どもが惨殺されるシーンはNG。だが、こどもが銃を撃つというのは規制がない。だからと言ってこどもが銃を撃った場合、よほどの訓練をしていない限り肩を脱臼したり何らかのケガをする。こんなことはもう誰でも知っている。それなのに、銃を撃った後も平然と刑事に向かって罵倒するシーン。もう呆れてしまってすぐにチャンネルを変えてしまった。単に「リアリティがない」ということだけではない。こどもが銃を撃つシーンなんておもちゃの鉄砲でもないのに、あまりにも無神経だ。調べてみるとこの脚本を書いたのは武藤将吾という脚本家で、日本シナリオ協会の監事だという。こんなやつが平気な顔で脚本を書いていると思うと恐ろしくなった。さて、私が今ハマってるのはTBSのプレバトである。番組冒頭で必ず浜田雅功の「俳句の才能査定ランキング~!」という一声から始まる。この番組の優れているところはいろいろある。もう完全にやらなくなったお正月の「芸能人かくし芸大会」の進化版であること。俳句、生け花、料理、絵画、・・・芸能人の隠された才能にプロが才能アリ、凡人、才能ナシとランク付けすることが大うけしているのはよくわかる。それともう一つ、いやこれがすごい!と思う部分がある。それは放送の仕方。最近のバラエティ番組の特徴は「小出し+CMまたぎ」。「小出し」とは視聴率を稼げる部分を他のコーナーに”寄り道”しながら後半まで引っ張るやり方。たとえばこのプレバトで言えば、ダントツ人気の俳句がトップコンテンツ。もし他局であれば冒頭で俳句のコーナーをやり、名人の昇格試験は何かほかのものをはさんで番組後半に回すのが普通。そうすれば途中でチャンネルを変えにくいのではないかと考えているようだ。また、俳句のコーナーで浜田が「第1位は!」と言ってドキドキする展開。これも大抵の局は「CMまたぎ」を使う。だがこの番組はそのまま放送する。これが実にすばらしいのだ。CMまたぎというのは実に「興覚め」してしまう。たとえば「引き裂かれた親子が10年ぶりに対面」なんていうシチュエーション。視聴者はMCの「今日はスタジオに来ていただいております。」と言えば身を乗り出す。そこで必ずCMに行ってしまうことで感情移入も何もあったもんじゃない。「泣きたい」と思ってその番組を見てる視聴者は完全に置き去りだ。クイズ番組でも同じ。勝負が決まりそうな展開で必ずCMに入ってしまう。私はこういう番組は100%録画をしてから観ることにしている。視聴率はランダムに選ばれた家に専門の機器をつけてその結果を算出したものである。よって私などがいくらどうやったって影響は何一つないのだ。余談だがずいぶん昔、深夜番組の中で上岡龍太郎が「和歌山県には視聴率を測る機器を置いている世帯はゼロらしい。ほな和歌山県民には一切見んでもよろしい。」と冗談を言ったことがある。もし当時ツイッターがあれば大炎上していただろう。話を戻そう。プレバトのような番組なら、LIVEで必ず観る。しかしCM飛ばしばかりするバラエティはほとんど録画する傾向が高い。数年前と違い、録画はハードディスクで行う。さらに「追っかけ再生」機能もあればREGZAのような機能もある。※私もREGZA。TBSはドラマもバラエティも少しずつ進化しているのかもしれない。

  18. 思いです。これまで野球人生でキャプテンをするのは初めてです。監督からは『今まで通りやってくれたらいい』と言っていただいているので、これからも自分のできることをしっかりやっていきたいと思います。今年は今まで以上に覚悟を持って、チームの優勝に貢献できるよう頑張ります」とコメントした。シャクレGMから、「1年間通してチームの土台になってくれる人」というリクエストを受けていた三木監督は「キャプテンを務めることでいろいろなことを感じ、成長につなげてもらいたい、それと同時に、そのことがチームの将来へ向けての前進となると感じるからです。茂木には1年間チームとして戦っていく中で、さまざまなことがあると思いますが、キャプテンとして中心となり、チームを引っ張っていって欲しいと思います。ただ、背負い過ぎず、茂木らしさを出してやってもらいたいです」と説明し、期待を寄せていた。モバイルニュース引用📸三木監督、銀ちゃんじゃダメなの?1年を通してチームの土台って銀ちゃんじゃダメなの?キャプテンから降りたら銀ちゃんはバッティングに集中出来るって喜んでいる、銀ちゃんのファンもいるけど茂木なんだね😲若いキャプテンが悪いとかではないけど、人生初のキャプテンだよ😱それこそバッティングに集中出来なくなるかもしれないし、頑張り過ぎて空回りするかもしれんよね😔キャプテンは置かないかもしれないと言いながら、茂木なんだね❗イーグルスのキャプテン制度は11年から始まり初代は鉄平(11年)、2代目は松井稼(12~14年)、3代目は嶋(15~18年)、4代目は銀次(19年)で茂木は5代目となる。早稲田アレルギー(白目)

    落胆イーグルス・銀ちゃんから茂木へ
  19. ライオンズに新たな勝利の女神?
  20. カープファンの皆様、いかがおすごしでしょうか。広島ローカルのカープ特番を紹介シリーズです。元旦に放送されたものです。RCC「新井さん家の新年会」ホストが新井さんの「さんまのまんま」方式。かわいい後輩たちを自宅に招いて、トーク。最初のゲストはノマノマ。真剣にプレーしているのに、顔がそう見えない、損だ!と指摘されてしまう。新年会から教育的です。真面目です。カレンダーを「買ったよな??」と威圧。値段にクレームをつける野間。後輩が頑張って買った高級時計を取り上げて視聴者プレゼントしちゃうぞ。正月早々、あからさまにパワハラ(笑)。時代は令和ですよ、新井さん!カピバラが到着。披露宴での新井さん1時間独演会は実現しなかったよ、という話。よかった、よかった。若い投手たちを食事に連れていってます、と聞いて「時が流れてるわー!」と、感慨深げ。新井さんのカープ復帰年、大瀬良はまだプロ2年目でした。時が流れてるわー!!←テレビの前のカープファンも、みんなで同意。キャッチャー2人も到着。色々とカオスな新井さん部屋。いや、このカレンダーはわりと見たいけど。真面目な野球話も。五輪は世間の注目度が全然違うぞ、足震えるぞ!と、経験者としてアドバイス。稲葉監督はカープの選手を頼りにしていたよ、という話。解説の仕事で球場に来た時、アツは新井さんの姿を見つけるなり〝うわあ、来てるわあ…〟という顔をするらしい。新井「選手会長」アツ「もう会長じゃないです」新井「何?お前2年しかやってないの?」石原「新井さんは1年しかやってないです、1年やって、どっかへ行っちゃったから」代表で、酔っ払ったアツが稲葉監督やコーチに〝おい飲め!〟スーパーあっちゃんだった?という話。お前、それはダメだろー!と、新井さん。動揺するアツ。人形でぽかぽか殴りあうゲーム対決。日頃の恨みをぶつけたれ!大地!と煽られる。…大丈夫なのか、大地と翼。アツ完敗。罰ゲームは昔の恥ずかしい映像公開。まあ、高卒ルーキーのキミ、その眉毛は何やねん?=入団会見の風物詩ですから。そして若かりし頃を振り返るアツ。アツ「倉さんと石原さんがめちゃくちゃ怖かった、たまに一軍に呼ばれても怖くて行きたくなかった、ロッカーにいられなかった」衝撃の告白。で、この石原が、また怖い(笑)。昨シーズンの振り返り反省。せっかくいい話をしようとするも、新井さん。巨人戦・熊本の奇跡について新井「(石原に)お前、サヨナラ打って」石原「ビジターなんでサヨナラじゃないです」新井「鹿児島の!」石原「鹿児島じゃなくて熊本です」おもろすぎる(笑)。これはクソボールの外スラにくるっくる空振りする新井さんだわ。他にも、野間が侍ジャパンに選ばれていたことを知らず、出場した親善試合については「その試合、新井さんは解説されていました!」と指摘される。ああ、新井さんだわ。アツ「プレミア12で味わった〝優勝して、もう試合が無い〟という嬉しさ。あれをみんなで味わいたい。そのためには日本一を」最後は、かっこいいセリフで締めてくれました。ありがとう、あっちゃん。ダイジェストですが、面白さが少しでも伝わっていますように。遅れ遅れの特番紹介、まだ続きます(汗)。すみません〜。それでは、また。byユリお読みいただきありがとうございました。よろしければ、下のバナーをポチッとお願いします。↓にほんブログ村広島東洋カープランキング

    カープ特番・新井さん家の新年会〜元日放送分