10/15の記事ランキング

  1. であっさりと終わっ神宮球場とは大違いです。バカにしているわけではなく、真剣にスワローズの応援をしておりましたので残念な結果です。真剣だからこそ2日連続で神宮球場に出かけています。現地観戦の詳細は別館のスワローズブログに書いています。http://hirondelle2018.blog.fc2.com/blog-entry-200.htmlスワローズは3月のオープン戦から菅野対策として早打ちを実践してきましたが、今日の菅野はストライクゾーンでボールを動かし続けてスワローズ打線を翻弄しました。抜群の球威があったのでボールの下を叩くしかなく、ファールの山で追い込まれました。また、9月22日に東京ドームで菅野に完封されているスワローズですが、その試合で多投したシュートを警戒しすぎていましたが、シュートは少なく狙いもはずれていました。今季、3度前の菅野に完封負けですが締めくくりがノーヒットノーランという残念な結果になりました。パ・リーグCSを見ると、お互いに持てる投手力を投入しまくっていますので、ライオンズには好都合な展開です。また、先発されると厄介だった投手が中継ぎで投球数を増やしており、先発の心配がなくなった、または、先発して無理をしても万全のパフォーマンスを発揮できそうもない状態に持って行けました。そんな中、我がライオンズは万全の調整を行って、特に平井、野田両投手は十分な休養が取れて状態が上がっていそうで何よりです。そんなよい状態で1勝のアドバンテージを持って挑戦者を本拠地で迎え撃ちます。【H8-3F CSファーストステージ第1戦】ファイターズは想定通り上沢が先発します。ホークスは当初は千賀と首脳陣が明言していましたが、結局はもっとも後半戦安定していたミランダとなりました。両投手とも立ち上がりがよくありません。ただ、ミランダはソロ一発で済みましたが、上沢はグランドスラムやツーランと走者を置いて手痛いホームランを浴びてしまいました。ミランダは痛打を食らわなかった代わりに制球を乱して投球数が増えて、途中降板となりました。また、武田を中継ぎ起用して投球数を多く投げてくれたので、先発からは外れます。ファーストステージはブルペン待機するのでファイナルでも登板は中継ぎに限られることが決定的です。つまり、森を最後に登板させるとして、逆算すると、それまでを石川、武田で繋ぎ、加治屋、嘉弥真で凌ぐ起用だと教えてくれました。他方、ファイターズは上沢は誤算ですが、投手起用はオーソドックスでホークスのようにぶれてはいません。また、先発想定であった加藤、堀ですが、両者ともライオンズ戦で先発して手痛い反撃を受けて撃沈されていることを受けて中継ぎ起用になります。特に堀はファーストステージはブルペン待機となっていますので、ファイナルでの先発はないと思います。打撃陣に目を向けましょう。序盤に上沢の乱調を突いて大量点を挙げたホークスですが、グラシアルは要注意です。シーズン中は外角攻めで四苦八苦していましたが、徐々に修正されており外角でも打てるようになっています。狙い球云々と言うよりボールの見極めを慎重に行っています。盗塁は自重して、バントはシーズン同様に多用しています。たぶんエンドランも控えることが伺えた試合でした。ファイターズですが、寿司屋の不在が大きく打線の迫力がありません。近藤が先制ホームランを放ちますが、その後は落ちるボールに対応し切れません。また、中島卓也には球数をかさませてくれることを期待しましたが、バットにあたらない状態です。また、先発捕手は鶴岡にすべきでしたが、清水を起用したことが裏目に出ました。アルシアは2安打していますが、パワーだけで運んだ感が否めません。第1戦は消耗戦になってくれたことはライオンズには行幸です。【H2-4F CSファーストステージ第2戦】ファイターズが逆王手をかけて、さらなる消耗戦にもつれ込みました。特にファイターズの打者陣に当たりが戻ってきたことは光明です。ホークス投手陣で特筆されるのは大竹のリリーフ起用です。シーズン終盤に打ち込まれるケースが増えて中継ぎに降格状態でしたが、CSでも先発には戻さないようです。また、9月から制球が乱れ気味だった加治屋が登板過多による疲労からか制球を乱したままです。さらに先発した千賀は制球が定まらずに初回などはお化けフォークが浮きまくりました。投球数も111球とホークスベンチの中4日起用ができるか不透明となってきました。ファイターズは第2戦に関しては投手起用は思い通りの起用でした。先発のマルティネスが揺れるボールでホークス打線を翻弄し続けました。宮西、石川の登板は盤石の証です。ホークスの打撃陣に目を向けると中村晃は第1戦の猛打賞に続いて反撃のソロを放ち要警戒です。ようやくギータの調子が下降線に入り、熱男のお目覚めもないのでこれはライオンズにもファイターズにも望ましい傾向です。ファイターズ打線は第2戦にしてホークス戦の連敗を止めて、打線が機能しました。得点した3イニングの他にヒットが出たのは7回だけと効率のよい攻撃です。シーズン終盤に調子を落としていた西川が復調していたら厄介です。不調のままなら、栗山監督はトップを外さないのでライオンズと対戦する場合、有利になります。我がライオンズはリーグチャンピオンチームとして先発3本柱と強力打線でどこが相手でも迎え撃つだけです。にほんブログ村

    CSファーストステージは第3戦に突入!ホークスvsファイターズの2試合を振り返ります。
  2. 神宮球場から、なにも考えずに帰ってきました。速くもなく、遅くもない速度で、無心になって歩いてきました。ずっとずっと、ひたすら、地面と自分の足を交互に見ながら歩いていました。打率リーグトップのわれらがヤクルトスワローズが、昨日はヒット4本、今日は0本でした。昨日も今日も、2試合とも勝つことはできず、CSファーストステージは幕を下ろしました。巨人はここ数年勝つことができなかったライアンを攻略し、今季完封されたこともある樹理も攻略しました。一方ヤクルトは、チーム防御率トップである巨人の投手陣にほぼ完ぺきに抑えこまれ、流れを引き寄せることができないままでした。口惜しさを忘れないために書いておきますと、2戦目の今日は菅野にノーヒットノーランを達成されるという屈辱も味わいました。どうか明日につないでほしい。その思いははかなくも消えました。昨日は明日があったのに、今日はもう明日がない。家に着くと、我慢しないと泣いてしまいそうでした。それでも、ここまで連れてきてくれた燕戦士たちには、やはり感謝しかありません。-51から+9へ。そんな嘘みたいな本当をやってくれるチームなど、ヤクルト以外どこにあるというのでしょう。最下位とか交流戦優勝とか、連敗とか連勝とか、チーム打率1位とかノーヒットノーランされちゃうとか、ヤクルトスワローズはアップダウンが激しすぎて、まるでジェットコースターに乗っているようでした。CS2試合は辛かったけれど、今季はたくさんの夢を見せてもらいました。楽しかったです。嬉しかったです。ほんとうにしあわせでした。ありがとう、ありがとう。われらが東京ヤクルトスワローズ、今季もたくさんの夢をほんとうにありがとうございました。いつもお読みくださりありがとうございます今日もポチっとしてくださいねにほんブログ村

    コメントが盛り上がっています

    CS突破ならず!それでもやはり出てくる言葉は「ありがとう」だ!
  3. などで揺さぶるとかカープファンだったら恐らく文句だらけだったでしょうツィッターで。まあ指示はいっていたとは思いますがそれ以上に菅野が良すぎた、というかもうメジャーにいかないといけないピッチャーなんじゃないの?今の菅野はそれぐらいのレベルまできてるかも、まあヤクルト打線が昨日から元気ないってのもありますがね。青木がいないってのはさすがにキツかったかな、菅野は球数投げさせて早く交代させないとどうしようもない、粘れるバッターがいないんだからスイスイとノーヒットノーランですよね。初回だけ見てると原も良かったと思ったんですよ、これは菅野と投手戦になりそうな感じだったんですが長野の一発ですよね、ツーアウトだっただけに長野も狙っていたんではないか、不用意でした。さらに4回表先頭のマギーの初球スライダーをレフトスタンドへホームラン、これも外国人への初球としては不用意、ソロ二発では交代もさせづらいとこで阿部にフォアボール出して二死まできたのに亀井に痛すぎるツーランホームラン。これで実質勝負ありでした、結局一発攻勢でやられた感じですね、次が小林だっただけに最悪亀井は歩かせても良かったんじゃないかなぁ、阿部をセカンドに進めたってワンヒットじゃ還ってこれないし。まあ全て結果論になりますがゼロに抑えられなおかつ1本もヒットが出ていないのでどうしようもありません、繰り返しになるけど。これでカープの相手も決まりましたし後はやるだけですね、横浜みたいに何やってくるか分からない相手よりはやりやすいんじゃないですか?匕首もいいわけですし。逆にジャイアンツは菅野をどう使うのかですよ、すでにサムライの選出を辞退してる菅野ですからフル回転は必至、中3日で2戦目先発もあるのか、私は中4日ならあるとは思いますが無理させて負けるのが一番怖いので思い切って抑えという可能性もあるかもしれません。3位から日本シリーズいくにはシーズンと同じことをしては無理だということは去年の横浜を参考にすればわかること、そしてカープは左ピッチャーに苦戦することを考えるとメルセデス、今村、田口、吉川、ここら辺りを先発させ菅野をリリーフで全試合いけるようにさせる奇襲も考えておいた方がいいと思います。カープセリーグチャンピオンなのでシーズンとさほど変わったことは出来ません、確かにシーズンと短期決戦は違うけど結局勝たなきゃいけないことに変わりはないので打線は点を取る、投手陣は抑える、シンプルにいくしかないでしょう。まあ、前にも言いましたが初戦を取れるかでしょう、大瀬良だと思いますが最後の4登板勝てなかった事が気にはなります、しかし安定度では一番なのでここは崩す事はないでしょう。2戦目はジョンソン、ジャイアンツの坂本、マギー、長野あたりの右バッターが調子良さげなのでここを抑える事が出来れば案外スイスイかも。まあこの2人で2連勝、最低でも1勝1敗です、これができなければ苦しくなるでしょう、去年のことがあるだけに球場が不安な空気になるのが一番怖い。そういう意味ではカープファンがいい空気を作れば勝つことは難しいことではない、日本シリーズ進出へのキーポイントはカープファンのみんななんですよ。去年のことなど忘れてしっかり応援すれば大丈夫だと私は思っておりますので、変な空気にしないことだけです、信じていれば選手はやってくれますので信じましょう。初戦はおそらくメルセデスでしょう、右バッターを並べたいとこですがいきなりファースト新井、レフトバティスタとかやりますかね?メヒア、下水流なども初戦は上げておいた方がいいかな。まあとにかく始まります、素直にようやくカープの試合が観れる事たのしみにしましょう。それでは。押していただけるとブログ書くはげみになります。にほんブログ村広島東洋カープ ブログランキングへ押していただいた方ありがとうございます!

  4. された格好となった神宮球場で開催されたCSファーストステージ第2戦は、0-4でスワローズが敗戦。スワローズは連敗で、今季の戦いが終了した。今日の試合で首脳陣はスタメンを組み替え、2番に川端選手を起用して、前日の2番以降を1つずつ下げるとともに、上田選手を7番センターで起用した。小川監督は2011年のCSで、ペナントレースで未起用だった山田哲選手をスタメンに抜擢。2012年のCSでは、シーズン中にもなかった宮本選手(現一軍ヘッドコーチ)の3番起用といった布陣で戦っており、何も変えずに戦うタイプの指揮官ではない。だが、今日の試合ではスワローズのスタメン変更は、ジャイアンツ菅野投手に対してノーヒットノーランに封じ込まれ、全く機能しなかった。打線の得点力で勝利を重ねてきたスワローズが、CSファーストステージでは2試合で僅か1点しか奪えなかったのだから、文字通りの完敗である。青木選手はシーズン最終盤に肉離れで離脱して、CSではベンチ入り登録こそされたものの出場機会はなかった。これ自体は予想通りである。だが、CSでこうした負け方をすれば、青木選手の不在が痛かったという見方をされても致し方がない。青木選手が離脱したら、チームが機能しないという状況から脱却を図ることも、来季に向けての大きなテーマとなるかもしれない。リーグ優勝したカープは丸選手、鈴木選手が離脱しても強さを示している。スワローズ先発の原樹理投手は、調子自体は悪いとは思わなかったが、4回までに3本のホームランを被弾して4失点で降板。2番手以降の各投手は無失点に封じて、持ち味を発揮したものの、シーズンを通じて先発投手に苦しみ抜いた戦いぶりの一端を感じさせる試合となった。球団・ファンは今季のスワローズの成績に対して、達成感や満足感に浸れるかもしれない。だが、首脳陣・選手にとっては、最終戦の負け方は達成感や満足感以上に、屈辱感を感じてもおかしくないように思う。今日の敗戦はある意味では来季の挽回に向けて、強烈な後押しとなるかもしれない。大舞台で為す術なく敗れた悔しさを来季への糧にできれば、今日の敗戦も意味を為すように思う。当ブログでは今季のスワローズに関して、ペナントレースの143試合に加え、CSファーストステージの2試合を合わせると全145試合について私感を記載し続けた。何らかのきっかけで当ブログを目にして頂いたスワローズファン、プロ野球ファンの方には、全日程終了にあたり感謝する次第です。当ブログは全日程終了後も、スワローズを中心にプロ野球に関して記していく予定です。宜しければ引き続き目を留めて頂ければ幸いです。読者の皆さま、ありがとうございました。にほんブログ村

    CS史上初のノーヒットノーランの屈辱をスワローズは来季への糧にして欲しいと思う
  5. ヤクルト0vs4巨人短期決戦とは実にわからないものだ。菅野は勝つとは思っていたけど大記録のオマケつきだ。さてヤクルトは昨日のスタメンから2番に川端をはさんできた。巨人は陽岱鋼と亀井をチェンジ。原樹理と菅野の先発で始まった第2戦。原は先頭の坂本を三球三振に仕留めるとガッツポーズで2番3番も落ち着いて打ち取る。少なくとも初回の原は恐らく菅野と同じくらい絶好調な立ち上がり。と言うよりも行けるところまで全力で投げるような気迫を感じた。菅野も初回を3人で処理。序盤から投手戦の様相を呈してきた。2回表、岡本、阿部が打ち取られた後、長野への投げそこないを思い切りよく振り抜いた打球はバックスクリーンに飛び込む先制ソロ。昨日もそうだったが、長野ってこんなに振れる打者だったか?由伸退陣で何かエンジンがかかったような・・・。待望の先制点にも動じることなく、菅野は2回もパーフェクト。3回裏、二死。打者原樹理の放った打球はいい角度で上がったがレフトフライ。球場は一瞬おおっと沸いたが、私は違うことを考えていた。あの打球はどん詰まり。ひょっとしたら手に衝撃が残っているかもしれない。投手の手は実に繊細である。よく有名人が始球式をやった後、投手がその人と握手しないのはそういうことなのだ。だが、例外もあるけど(笑)4回表、先頭のマギーに投げた初球のスライダーはど真ん中に入り、35℃の角度できれいに弧を描き、G党の待つレフトスタンドへ吸い込まれていった。不調の岡本は倒れたが阿部には四球。長野は「今日はいけるぞ」とばかりにボール球を振り回して三振。2点ならまだわからない。原樹理は亀井に対し、外角に構えたミットが大きく内に入った半速球。決して甘いコースではなかったが高さがベルト。亀井は見逃してくれず、由伸歓喜の2ランで4点目。これにはさすがにガックリの原樹理だった。私はこれまでホームランに頼る野球は監督いらずと貶してきた。しかし、今日のホームランはベンチから「積極的にファーストストライクを狙え」という指示があったからこそ。それも「待ってないボールなら見送り、待ってるボールだけを狙う。」これなら打者にプレッシャーはかからない。いやぁ、由伸さん、素晴らしい!!!(笑)菅野は気づけば6回までパーフェクト。7回表、菅野が打席に入る。絶好調なのはわかるがここはじっとしていてほしい。4球目のファールなどはどきっとした。今季から「申告敬遠」が導入された。来季DH制度の導入はどうかまだわからないセリーグだが、もしDHを導入しないのなら、「申告三振」という提案をしたい。つまり、こういう菅野のような打席のシチュエーションではベンチは「振るな」と指示したりする。こんなときこそ「申告三振」としてはどうだろう。・・・・・つまんないかな(笑)・・・・。完全試合が朧げに見えてきた7回裏。二死。山田に対して初めて四球を出した。ここまでちょっと気になったのがストレートが少ないことだった。するとクレバーな菅野は山田に対し、ストレートを多めに使ったのだが渾身の7球目のスライダーをカットされたことで勝負あり。8球目は根負けして四球。さすが山田である。菅野はバレンティンにボールを2球先行するも最後は7球目のボール球を空振り三振に斬ってとり、マウンドで雄たけびを上げる。8回裏、ここからは神宮のお客さんはCSで初めての大記録達成にドキドキ、ザワザワ。先頭の雄平にボール球を降らせ0-2と有利なカウント。ここで投げたストレートが甘く入り、ヒット性の打球。レフト亀井のグラブに収まるとヤクルトファンが「ああぁ、・・・」巨人ファンが「おおおぉぉぉ・・・。」と歓声とため息に分かれた。二死で代打大引。後半戦から調子をあげてきたベテランはいかにも不気味であった。2-0とボール先行したが、逆に大引のほうが意識して3球目のボール球を空振り。最後も低めに制球されたシュートは見送るしかなかった。ついに大記録まで後3人。その前に9回表。二死から田中俊がヒットで出塁。打者はマギーではなく守備固めの吉川大。全然打てる気がしない。であれば田中俊に走ってほしかったなぁ。アウトになってもいいからさぁ。9回裏、先頭の荒木をレフトフライに仕留め、あと2人。9番西田。代打青木ではない。なぜ?そんなに悪いのか?ではなぜベンチに入れたのか?西田はあっという間に追い込まれ、3球目のボール球に手を出し長野のグラブへ。最後の打者・坂口もなすすべなく2球目のストレートは陽岱鋼のグラブへ。113球。省エネ投球で打者28人をお手軽調理。今季2度目のノーヒッターの女房役を演じた小林は陰のヒーローだ。正直言って、変化球に頼りすぎて終盤握力がなくなってポシャると思っていた。ところが打者は最後まで的を絞ることができず、淡泊な打撃を繰り返すだけ。ヤクルトファンからするとたまったもんじゃないだろう。昨日の巨人のように小川に対してセーフティバントを振りをしてマウンドからダッシュさせるとか、そういった謙虚さもなく、そのうち打てると高をくくってるうちにゲームセットになった印象。そしていつか出てくれるだろうと思っていた青木はとうとう出番無し。唯一出塁した山田もバレンティンの打席では走る素振りもない。CS放送でしきりに江本氏が言っていたが菅野にわざと四球を出して走者で疲れさせるくらいせんとダメ。確かに今日の菅野は完全無双だった。しかし・・・なんでやねん!!!と怒り狂ってるファンもいると思う。もし私がヤクルトファンならもうボロクソだったかもしれない。・・・(笑)ちゃんと貯金をしてシーズン終了したのに借金のチームが2連勝。なんだかやりきれない。そうそれがCSなのだ。巨人は勢いはついたが岡本、阿部は音無し。中軸が機能してないのに連勝。何か最後の最後で由伸に追い風がふいてきているのは間違いない。パリーグは日本ハムが雪辱を果たし1勝1敗。セリーグ巨人がいよいよ広島に乗り込む。初戦は恐らくメルセデス。もしカープがメルセデスで落とすようなら早くもアドバンテージが消えるばかりか「カープの沽券にかかわる」敗戦となる。カープアカデミー出身のCCが恩返し?で広島に勝てばえらいことだ。ただ、そうはいかないのが野球。最後は緻密な計算のカープがあっさり3連勝しそうな気もするのだが・・・・。とにかく今日の菅野はかっこよかった。何だかもうお腹いっぱいです(笑)

    コメントが盛り上がっています

    菅野、恐怖の燕打線をノーヒットノーランでCS1st突破! すげぇ。・・もうお腹いっぱい(^^)
  6.  : 2  ヤフオドーム 13:01~ 3時間35分 38,125人  シリーズ通算:1勝1敗0分 vs ホークス:1勝1敗0分  勝:マルティネス(1勝0敗0S) S:石川直(0勝0敗1S) 敗:加治屋(0勝1敗0S) 投手:マルティネス→宮西→石川直 捕手:鶴岡 HR:横尾1号ソロ(3回・千賀) ※中村晃1号ソロ(4回・マルティネス) 決勝打:大田(8回・左2による3点目)  出場選手 1 西川(中) 2 大田(右) 3 近藤(左) 4 中田(一) 5 アルシア(指) 6 田中賢(二) 7 鶴岡(捕) 8 横尾(三) 9 中島卓(遊)  7HITS   西川(8回・中2)   大田(8回・左2①)   近藤(1回・右2①)   中田(4回・左安)   アルシア(4回・右安①)   田中賢(7回・中安)   横尾(3回・左本①)  その他   四球…西川、中田   死球…   犠打…   犠飛…   盗塁…大田   その他…  投手成績(H…被安打、HR…被本塁打、K…奪三振、BH…与四死球、L…失点、ER…自責点)   マルティネス 7回107球 H5 HR1 K2 BH1 L2 ER2   宮西      1回 13球 H1 HR0 K0 BH0 L0 ER0   石川直     1回 12球 H0 HR0 K2 BH0 L0 ER0  今日(10月14日)のイッツゴーンヌ。 テレッテッテー。 横ちゃんシリーズ第1号ソロ。  アキラシリーズ第1号ソロ。  以上、2本、でした。 気持ち的な何か、が福岡まで届いたってことでいいですかね?  マルちゃん、7回2失点はシーズン中同様の安定感。あとは追いつかれた後、打線までシュンとしちゃわないか…ってことだけが心配でしたけど、ここからが昨日とは違いましたね。  先発が千ちゃんだったので…。「千ちゃんが打たれないで、ファイターズが勝てる方法はないもんかしら」とか、とち狂ったことを考えちゃいました。だって、千ちゃんが打たれるところは見たくないけど、打たなきゃ勝てないし。姉「アクシデントで降板するしかないんじゃない?」 それも困る。 やっぱり打ってくんないと勝てないから打つしかないし、実際打ったし。 安定の(?)せんたく。 精神集中の横顔…画になるばーいぃぃぃ(//∇//)。 この直後、アルシアに打たれます。  結局、7回にマウンドを降りた後、同点にされたことで千ちゃんの敗けはなくなった、ということで~。 存分に、やっておしまいなさい!  てなことを含んでの、おさらいです。 先発…F:マルちゃん、H:千ちゃん。 1回表、ピッチャー千ちゃん。 ・先頭バッターフォアボールで遥輝が出塁するも、牽制死。 今季のキングが何してんの? 行こうとして行けないと思って戻ろうと思ったら、1塁に送球されてた、みたいなことだったのかな?ここは甲斐ちゃんの判断力と反応の勝ち。  1回裏、ピッチャーマルちゃん。 ・ウエバヤーシの打球が翔さんを襲い、懸命の送球でアウトに。 男性にしかわからない痛み…危険なのは、キャッチャーだけじゃないのね。 だけどナインもベンチも、こっそりニヤニヤ(見つかったらシメられそう)。 次にウエバヤーシが出塁した時に、いつも以上にペコペコしてるように見えたのは、気のせいじゃないと思う(^^;)。  3回表、ピッチャー千ちゃん。 ・1アウトから横ちゃん。レフトスタンド、ポール直撃の先制ソロホームラン。0-1。 うわーもう、めんこいめんこいめんこい。 あれ、おにぎり握ってたかしら?  4回表、ピッチャー千ちゃん。 ・先頭泰ちゃん、ショート高田の悪送球で出塁。盗塁成功で2塁へ。 からの。 タイミングは完全にアウトだったけど、落球。グラブに肘があたって弾かれるという不運なんだけど、自らのエラーで出したランナーだし、これはきつい。甲斐ちゃん怖い顔したし。  ・翔さんがレフトへのヒットで1・3塁とし、続くアルシアがライトへタイムリー。0-2。 「ヨコチャン、ミテルー!?」て言ってますか(言ってません)。  4回裏、ピッチャーマルちゃん。 ・先頭打者アキラにソロホームランを打たれる。1-2。 なんかみんなしてフェイスガードしてるのね。うちはイケメン多いからサービス上使用禁止なのかしら?(←んなわけない)  7回表、ピッチャー嘉弥真。 ・賢介さんヒットの後、ピッチャースアレスに交代。盗塁を試みるが失敗。 7回裏、ピッチャーマルちゃん。 ・デスパイネにツーベース。1アウトからマッチのセカンドゴロの間に3塁へ進塁。 ・高田がレフトへ同点タイムリー。2-2。 守備のミスをバットで取り返すことができる、これが野球よね。 これで千ちゃんの負けはなくなったからもう遠慮はいらなくてよ(最初からしてないわ)。  8回表、ピッチャー加治屋。 ・2アウトから、遥輝のもうちょっとでホームラン、というセンターフェンス直撃のツーベース。 むちゃくちゃ悔しそう。 スタンドに入ったか入らなかったか、というよりは、自分の中で何かが違って納得いってないんでしょうな。  ・泰ちゃん、高めのストレートをレフトへの頭を越す勝ち越しのタイムリー。2-3。 カッコいい以外に、言葉が見つからない。 こちらは、めんこい族の2人。  ・近ちゃんはライトへ、カーブをとらえてのタイムリー。2-4。 それまでの3打席ノーヒットでも、さすが決めるとこで決めるよね~。  ・翔さん四球で1・2塁とし、ピッチャー大竹に交代。 8回裏、ピッチャー宮兄。 ・明石にヒットを許し、ランナーを2塁まで進めるもアキラ、ギータと打ち取り無失点ホールド。 9回裏、ピッチャー直きゅん。 ・フォークとストレートを駆使し、デスパイネ、グラシアルを三振にとる。 ・2アウトからマッチのファウルフライを近ちゃんがつかみ、ワンツースリーフィニッシュ。試合終了。  明日へと望みをつなぎました。 引き分けでもダメ、勝利しかファイナルステージへの進出はありません。繰り返しになりますが、「負けたら終わり」じゃなくって、「勝ったらまだ試合できるぞ!」の気持ちで戦ってほしいです。 杉っちに巨さんか。キャリアと経験の違いがあるのは事実、胸を借りるつもりでドカンとぶつかっていってください。打線の援護も信じましょう! もいっかい、送っとく。 ヒーローインタビューは、8回勝ち越しのタイムリーの泰ちゃん。 引きの映像から映ったの見た時にあ「あれ?37に見えるんだけど?」って思ったら、ほんとにヤノケンさんのユニフォーム着てた。 テキストは、後ほど…これは先延ばしにしたらダメですよね。 そして。 とりあえず福岡には呼ばれないかな…? な、ピンちゃんは、宮崎にいますよ。  みやざきフェニックス・リーグ。 こちらもホークス戦。第6戦終えて、3勝1敗2分となりました。 10月14日(土) 対ホークス戦  F 200 000 000 2 H2 E1 H 000 000 200 2 H8 E1  勝利投手: ホームラン:なし 投手:西村→高梨→立田 捕手:黒羽根  スターティングメンバー 1 石井一(三) 2 高濱(一) 3 姫野(右) 4 森山(左) 5 森本(指) 6 平沼(遊) 7 大累(中) 8 黒羽根(捕) 9 難波(二) 投 西村  1番サードでスタメン。 前日はDHでしっかり結果を残せたようですが、果たしてサードの守備をしながらの打席は…? 初回にサリーの2点タイムリーってことなんで、ピンちゃんが出塁してる可能性は高いと思うんだけど(希望的観測に基づく予想)。 ピンちゃん個人の成績ももちろん気になるんですが、毎試合必ずエラーが記録されてるのが気になるんだけども。  球団の公式サイトもだけど、NPBの公式サイトも詳細な情報出してくれんもんかねえ。 ↑今年の5月。セカンドでスタメンでしたし。 そろそろ新しい写真を撮りたいですし(訳:日本シリーズ出てテレビに映ってほしい)。 ハロウィンキャンペーン。今年の冬に欲しいアイテムを教えて!みんなの回答を見るキャンペーン詳細 冬と関係ないんですけど。 ハズキルーペがほしいです~(´艸`)。スマホで遊ぶ時も、仕事する時も、取扱説明書読む時とかね、ほんとに「世の中の文字は小さすぎて読めない!!」んですよ。 ザコシショウの誇張したバージョンでお届けするくらい読めないんですよ。 来月お誕生日月で、多分旦那さんに「何ほしい?」って聞かれるので、おねだりしようかと思ってます(嫁の老眼という事実を受け入れられるかどうか、だが(笑))。

    10月14日・CS1ホークス戦(結果)と今日はきのこの日
  7. りますので2試合多野球が見られて有難かったなぁ~・・です!もう少し面白い試合なら もっとよかったけれど・・ねっ(笑)この際なので 借金のあるジャイアンツが日本一になって由伸監督胴上げ~CSの必要性について騒ぎだしてくれないかなぁ~・・なーんてCSがあると 今シーズン1軍で活躍出来なかった選手が最後に見られるまったりとした消化試合観られないんだものー(笑)でも・・ここで負けてくれたおかげで 少し調子乗り過ぎていた一部のファン・・(ファンと呼んでいいのか?)の方々におきましては~いい薬になったかな~(苦笑)一気に上がった異常な熱冷めてくれると有難いこのまま行くと どこかのファンのように成り兼ねないと危惧していましたので・・謙虚であれまた ここに来て寂しいニュース・・武内くん引退お疲れ様でしたこの先 進む道が輝くものでありますように!さぁ もう次に向けて!来月にはまたここで地獄のキャンプ~練習 練習~シーズン始まってすぐに♂つばPから今年は仕事で休めないのでキャンプ見学行けないと言われていたのだけれどやっぱり 行きたい・・「どーせ土・日仕事じゃ あたし家にいなくてもいいんじゃない? 一泊で行ってくるかな~」・・で 返って来た言葉!ぶっとばーす~思わず笑っちゃた~ そんな言葉久し振りに聞いたわ小学生の男子かい!(苦笑) まったくぅー いい年のおっちゃんが言う言葉かーそして その後・・「あの やらかした仕事はどうなったのー」・・だと~くぅー・・イタい所をーはいはい!諦めます 一人では行きませんよファン感まで我慢しますよーだっ!ちぇっ!野球でドキドキして仕事が手に付かなーい!・・の言い訳もう出来ないので仕事します

    コメントが盛り上がっています

    さぁ 次に向かって!
  8. 喜べる可能性がある野球界はそれを良しとしたんですから、文句を言われる筋合いはありません。昨日に続いてゲン担ぎ。ミルミルとヤクルトで出陣ですw8/16の巨人戦完封は神宮で見てました。♪く○ばれ讀賣 く○ばれ讀賣~ と何度も何度も傘を掲げられる屈辱・・・。しかし、昨日のライアンに続き、短期決戦に過去のデータは一切通用しません。寧ろ、こういうテロップは自軍の選手にプレッシャーになるのですよね。同じ相手に何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度もやられるのが、由伸ジャイアンツの特徴だった筈なのに、一体どうしたことかw原樹理から放った安打は「3」でしたが、それがいずれもホームラン!初完封勝利のテロップも虚しく、4回4得点で原をKO!今までとは違う所を見せ付けてくれました。ただ、岡本や阿部にまだヒットが出ておらず、この辺が少し心配されます。マツダでの復調を期待したいものです。原さん風に言えば、短期決戦と言えど、ファイナルステージは試合数も多いため、それなりに長い戦いになります。調子の見極めがより重要になってきます。去年の公式戦最終戦の挨拶とは全く違いますねw今回はまだ次のステージが残されている。そして何より、東京ドームで由伸と共に戦うという大きな目標がある。楽しみです。ノーヒットノーランは出木杉君ですwしかし、これもまた短期決戦にデータが関係無い話に繋がるんですよね。菅野は神宮が鬼門でした。ところが、その菅野がノーヒットノーランで応えてみせた。これ以上のことは無いです。しかも、四死球はヤマダ電機の四球のみ!素晴らしい!あとは、もっと捕手としての小林を評価して欲しいですね。小林より打てる選手はたくさん居ますよ。でも、小林より守れる捕手がさてどれだけ居るのか?WBCの正捕手を舐めたらダメです。この2試合、ヤクルト打線をほぼ完璧に封じた裏には、小林の頑張りが非常に大きかったと思います。というわけで、明日のチケットはめでたく払い戻しにw本当に良かった。昨日も書きましたけど、冷静に見れば、やはり青木の不在が大きかったですね。ベンチに居るだけでは意味はありません。試合に出てナンボです。試合に出られる状態に無い選手を、貴重な1枠を使って置いても、結局こうなるのですよね。ヤクルトのチーム事情は分かりませんが、対戦相手からすると、今回は非常にラクでしたもん。小川さんが嫌らしいことを全然やってこなかったから。***まず神宮でヤクルトへの借りは返せた。次はマツダで広島ですね。本当に楽しみです。広島からすれば、巨人戦は思い切り相性が良いワケでしょう?首脳陣や選手たちは元より、ファンも油断し捲っててくれないかなあw「巨人なら余裕余裕」と思ってて欲しい。首洗って待っててくれないでいいですwゆっくり寝ててください。Zzz...

    由伸革命 2勝目
  9. ルです。鯉は三連覇セリーグ王者の静かなるプライドでしっかりとした野球をするに尽きますかね。去年と違って今年はシーズンで活躍した選手が怪我で抜けているというツラい状態ではありません。自信を持って臨めばよいと思います。確かに菅野は打てないかもしれません。それでも、ジャイに今日みたいな菅野が4人いる訳ではありませんからね。これだけの大投手がエースとして存在していながらも、シーズントータルの成績では鯉に大敗を喫してきているジャイです。そこをしっかり踏まえて、憶することなくクライマックスシリーズを戦って欲しいと切に願っております。これまでも何度も同じことを書いてますが、クライマックス・日本一はシーズンペナントレース優勝とは別物です。CSで敗退したからといってリーグ優勝の価値が損なわれることは全くないと思ってます。また、年間シーズン優勝こそが一番価値が高いものだとも思ってます。ただし、鯉は、定められたルールで行われるCS、日本一の戦いに参戦するのですから、そこは必死になって日本一を目指して欲しい。CS・日本一は別物だから全然興味がない、まったく無価値だと仰る方もいると思いますが、それはそれ、その人の考え方であり否定するものではありませんが、小生はやはり、必死のパッチでCS突破、日本一を目指して欲しいと思ってます。そして必死のパッチでその鯉を応援しようと思ってます。がんばれ鯉諸君!負けんさんな広島!↓クリックお願いします。にほんブログ村

  10. 大田V打 逆王手追いつかれた直後でホークスサイドに風向きが変わりかけた時だっただけに8回二死から3連続2塁打で勝ち越し 更には追加点は大きかった。マルティネスもよく投げてくれました。宮西も石川もしっかり調整済。最高の勝ち方でした。昨日はゲン担ぎもあってお昼に(試合が始まる前に)福岡の美味い『長浜ラーメン』を食べてきました。しっかり福岡を食い尽くしてきましたよ!はっはっはっはっはwwwうわっちが初回に捕まってしまった一昨日は今年の夏にオープンしたばかりの道の駅パレットピアおおの(岐阜県)に行っていました。観光案内のチラシで見つけたのが『聲の形』のスタンプラリー。先日、NHKでも放送されたけど何度見ても泣ける映画。『君の名は』と同時期に上映されていたので陰に隠れちゃったけどとても現実的で、子供の「無知」故の残酷さとか・・・胸が痛くなる。そしてどちらも舞台は岐阜県。「君の名は」は飛騨古川。「聲の形」は大垣市。大垣へはお城めぐりのスタンプラリーで訪れた事があったけど相方と大垣で聖地を見てみたいね。なんて行ってたらスタンプラリーとして行われていました。(夏休みからやってたんだね)とりあえず来月下旬までやっているようだから11月に入ったら行ってみよう。さて今週末は応募していたキャノンボールレース。レース詳細やスタート時の停車位置。スタート列によって第一チェックポイントが異なるなどルールが書かれていました。とても気持ちが昂ります。今日はきのこの日きのこ狩り、したことある?ありません。食べられるのと毒きのこを見分けられないしあれは素人には無理です。▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

    大田V打 逆王手/聲の形スタンプラリー
  11.  巨人・菅野が、クライマックス史上初となるノーヒットノーランを達成して、2位ヤクルトを撃破し、マツダに乗り組んでくる。昨年のDeNAの泥んこ甲子園で勝ち上がったような勢いと同じく、いやそれ以上の勢いでしょう。昨年の屈辱は繰り返して欲しくないだけに、迎え撃つというよりもこちらが挑戦者の気概でぶつかっていく必要がありそうです。 それにしても昨日は継投をつぎ込んで、上原が明日は菅野完投などと言っていたら、それ以上のノーヒットノーラン達成とは、もはやマンガの世界でしょう。正直、入団の経緯から言って好きな選手ではありませんが、その実力は素直に認めざるを得ない。 もう1年でも早くNPBは卒業して、脂が乗切った年齢でMLBに挑戦して欲しいとすら思うほど、実力が完全に抜け出ている。それを原監督再登板で残留交渉させる算段とは、あまりにスケールが小さすぎる。侍JAPANは体調不良で休養らしいですが、これだけの投球をされると今回のMLBの打者相手に投げる姿が見たかったかね。 さてカープとしては、出来ることならどちらが勝ち上がるにしても3戦目までもつれて体力を消耗した状態で戦うのがベストなシナリオでしたが、あっさりと巨人が最高の形で2戦で終了させた。救いとしては菅野の登板が取りあえず、3、4戦目までないことでしょうか。終盤までもつれると巨人優勢になりかねないので、一気に3連勝で決めるぐらいの前のめりで勝ちに行く姿勢が必要でしょう。 だが、カープはペナント終盤は打線の元気の無さが非常に目立った。CSのヤクルトもシーズン終盤は打線は絶好調だったはずが、2戦とも沈黙。主軸の山田、バレンティンもノーヒットでは勝ち目はなかったが、それはカープで言うと丸、誠也であり、彼らが機能しないとかなり厳しいでしょう。この短期間でしっかり調整してくれることを願うのみ。今はそれしかない。 とりあえず水曜からまたカープの試合が始まる。そこでペナントの集大成としての戦いが見れることを楽しみにしたい場末書店の店長でした。 Number(ナンバー)962号 V3から日本一へ カープの花道。 (Sports Graph... 600円 Amazon ↓クリックして頂ければ、幸いです。にほん

  12. プロ野球ファンの皆さんこんちは。「また1点取られた…」という寝言を、嫁に聞かれたすいかです(爆)いやあ凄いの一言!G菅野ですよ。ここ一番でノーノー。これ、Gが広島も喰って日本シリーズ行きますねえ(^_^)と、早くも言い切ってみます。(爆)でも、この強さはGの本気、高橋由伸監督のラストを飾ろうと、Gが一丸になってます。広島は、シーズン終了後フェニックス等で調整中。1勝のアドバンテージはありますが、間延びした分の試合勘と、セ3連覇の油断が心配。そこに菅野が2試合来ると(2戦と6戦?)、これは解りません。打線もですが、長野、マギー、亀井の一発は全てファーストストライク。厳しい戦いの中、油断した投球でスッと取りに行った球を狙い、一発で仕留める勝負強さ。各選手が持っています。セは17日から2ndステージ、マツダスタジアムです。パ・リーグは日本ハムが一矢報いました。同点から終盤に見せた大田のタイムリー。2死走者なしからの得点。同じくGからハムへ移籍、今季引退した矢野謙次選手にもらったアドバイスが生きました。今日の試合、気になる点は両チームの野手温存。どちらもスタメン9人で交代なく戦いました。つまり3戦目は総力戦覚悟。鷹と五分の状態にはなりましたが、ホーム鷹有利は変わりません。今日は18時~、東浜=杉浦の予告先発が発表されています。キーになるのは鷹・長谷川、ハム・清宮の代打での使いどころ。シンプルに野球を楽しみたいと思います。

  13. ジ第2戦。ヤクルト巨人ともにベテラン勢がカギを握るスタメンでしたね。坂口川端の1・2番vs阿部長野亀井。必勝の一戦、経験値は重要。勝った巨人の得点は長野マギー亀井HR。またもや由伸オーダーが的中でした(呆)。その頃、ズムスタの照明も点灯中でした。ナイター練習。決戦に向けて秘密の特訓中ですよ。夕方に外出していて、テレビ中継は6回からしか見ていませんが。スポナビアプリで経過チェック→3安打4得点?そして菅野パーフェクト継続中…?∑(゚Д゚)!本来9月以降に強かった、あの!やればできる!読売様が戻ってきた。魔法の合言葉は?「良いことのなかった由伸さんの監督生活の最後を笑って送り出そう」やな、うん。屈辱にまみれたかつての王が、下克上を狙ってやってくる。物語ならカッチョええけど。嫌。そしてガチの菅野。戦慄の菅野。わたし、こんなおっそろしい投手(褒め言葉です)に3ヶ月前に握手してもらったのか…。あ、西日本豪雨の募金活動@ズムスタ試合前ですよ。8回裏、あの球数でも変化キレッキレて。↓画面を見た第3戦チケットを持っているヤクルトファンの気持は。鬼かスポナビ!※鬼はスガノです。わかった。よくわかりました。CSファイナルステージの戦法は。1ラウンドのゴングから全力ラッシュで殴り倒して、倒せても殴り続けて、スガノが現れる前にシリーズの行方を決めよう。ノーノーの次の登板は得てして、ね。…なんて言えない。現時点スガノは歩き回り投げまくる不退転の災厄だ。@平野耕太「ドリフターズ」継投が〜、継投は〜!とディフェンス面を心配していましたが、お願いします僕らのカープ。(カルピオでトロフィーを見てきたよ)第1戦&第2戦、ガツガツ攻撃的にいっちゃってください。♫お前が打たなきゃ誰が打つんだ、の精神で。あ、ビシエド残留宣言おめでとうございます中日さん。シート打撃でノムスケが抑えた、というニュースを見ても抑えられた選手が気になります。正直、試合待ち期間10日は長い…。この2人が打てば、きっと大丈夫。3日後には始まります。もう一つの旗に挑む、その場所に立つ闘いが。がんばれカープ!では、また。にほんブログ村広島東洋カープランキング

    菅野ノーヒットノーランで巨人がCSファイナルへ
  14. ステージ第2戦を見神宮球場へ!朝から緊張してしまい、時間まで落ち着かず過ごしました。ナイターって自宅から行く場合、その時間までのモチベーションを保つのとコンディション調整が大変です、ファンもレフトビジター応援席なんですがネットの上のほうが視界に入り、写真も撮りずらかった。先発メンバー!フォーカスできずにピンボケですさらにぼやけた写真ですが・・・初回から安定していました。昨日は相手の攻撃が短く感じました。ホームランを打った長野。好調ですね。4回の亀井のツーランホームランも貴重な1本でしたね。さすが亀サマ。亀井コールに応えて・・・試合は8回へ。まだスワローズはノーヒットです。このころから回りもそわそわしてきました。すいませんが私も菅野のノーノーが気になってCSファイナル進出大手のことすっかり忘れてました。さあ菅野頑張れ!守る野手も緊張でしょうね。最後の打者、坂口選手を打ち取り、4-0でジャイアンツが勝利!0が並んだ!菅野ノーヒットノーラン達成です試合終了後、選手がレフトスタンドへ挨拶に来てくれました。ヒロインは大・大ヒーロー、菅野です。しかし菅野がノーノー初めてって意外な気がしないでもない。最後のスワローズ監督・選手・コーチもスワローズファンへご挨拶。レフト側にもご挨拶の律儀なつば九郎君。試合前のつば九郎のお言葉は、「ジャイアンツファンのみなさん、たかはしかんとくと、すこしでもながくしあいしたいですよね」「つばくろうもおなじきもちです」「だい3せんをやりましょう!」ってそれはそうですかという訳にはいきません!スワローズは最後の試合となったので最後のお礼の挨拶がビジョンへ。今季は2位以下はそんなに大きな差はなかったし、ジャイアンツはCSに出れてラッキーでした。スワローズは青木さんがベンチだったのが痛かったですね。ジャイアンツの投手は青木さんに結構やられてますから。昨日私が座った席は通路挟んですぐとなりがスワローズファンという席で・・・なんか険悪なムード漂うのかな?とか心配しましたが全然そんなことないですね。ただ私のすぐ後ろに、スワローズのユニ着た2人の外国人 (アメリカ人だと思います) を含むスワローズファンのグループがいて (私がいたののはビジター応援席です)・・・ユニは脱ぐようにスタッフから注意を受けたけど・・流暢な日本語で「この席しか取れなかった」「神宮なのにヤクルトを応援して何が悪い」と・・・結局その場ではスワローズのユニは脱いだけど途中からまた着ていました。大きな声で、ジャイアンツの攻撃中にレッツゴーCOCOとか言ってましたけど・・・スワローズファンも冷ややかな目で見てました。そんなにマナーが悪かったわけでもないし、試合終了後には、周囲のジャイアンツファンに、「おめでとうございます」「広島は強いけどがんばって」と握手して去っていきましたが・・・本当はいけないよね。今回チケ取れなかったジャイアンツファンも大勢いたわけだし。皆マナーを守って応援しようさて菅野の話に戻るけど素晴らしかったですね。まあ通常運転と言えばそれまでですけど。マギーのホームランもよかった俊太の好プレーもノーノーの立役者ですよね。内野の守備本当に皆、うまいです。陽、長野、亀井の守備もよかった。最後いかれたか?と思うあたりもあったけど皆難なく処理しました。1年の間に二度もノーノーが現地で見れるなんて私もラッキーです。皆で勝ちとったCSファイナル進出ですよね!テレビの前で応援してくれたジャイアンツファンもありがとうファイナルも勝ち取ろう!

    ノーノー菅野!CSファイナル広島へ!
  15. 来年は負けない!スワローズ!
  16. 試合は由伸監督率い巨人野球が楽しめます!!****何と言っても菅野でしたね。初回から危なげないピッチングでコントロールも良く、ヤクルト打線に的を絞らせませんでした。多分ですが、この試合に向けて相当キャッチャーの小林と配球を考えたはずです。結実しましたね。この試合はヤクルトはフライアウトが多かった印象です。菅野は良い時は三振を狙おうと球数が多くなり、終盤に向かうにつれ徐々に打ち込まれることが多かったんですが、この試合においては味方の守備を信頼し、打たせて取ることも頭に入れて投球したように見えました。これまでの菅野には見られない傾向でした。その結果が、わずか113球、7三振、1四球のノーヒットノーランです。素晴らしい、実に素晴らしい!!また一皮むけたね、菅野。素晴らしい進化です。****打撃面では先制パンチの長野さん。1~5番が相手先発の原に完璧に抑えられ、これは苦しい試合になると覚悟していた矢先のホームランでした。これは相手からしても予想外だろうし、巨人に勢いをもたらす一打でした。長野さん、あんた本当に長野さん?村田の引退セレモニーのサヨナラ弾といい、昨日の1塁からの激走ホームインといい、別人のように躍動しています。魔法が最後まで解けないことを祈ります。そして亀井さん。4回のマギーソロの後の2ランホームランで4-0、これで完全に流れは巨人でした。亀井さんのスタメン起用が当たりましたね。****由伸も完全に別人のように采配が冴えています。シーズン中の、無気力お祈り地蔵無能監督の姿はそこにありませんでした。いまベンチにいるのは、巨人ファンが大好きな高橋由伸その人です!勝利後、レフトの巨人ファンに向かって監督選手一同が挨拶に向かった際の、ファンからの天が割れんばかりのヨシノブコールに、テレビ画面を通して胸が熱くなりました。さあ、次は死の大地・マツダでの戦いです。神宮のように巨人ファンを迎え入れてくれない、完全アウェーの雰囲気を醸し出す死地での決戦です。しかしその場にいなくても、全国の巨人ファンは全力でマツダにいるジャイアツンを応援するはず。最後まで頑張れ!!巨人魂を見せてくれ!!

  17. 信頼厚い新選手会長。
  18. 10月7・8日、神宮。
  19. 2018-10-13 神宮 CS1st ★⑤ 近藤くん
  20. それぞれのスタンス応援すればいいと思う」的なことを書きました。その後、好きなブロガーさんのところに似たようなコメントをさせていただいたら、とても嬉しいコメ返をいただいたり。 ちょっといい気分でTwitter覗いてたら、こんなの貼られてて一気に落ち込みました。 ファイターズファンの話ではなくて(ここ重要)、パ・リーグの話でもないんですけど。  CS1stステージ、ヤクルト×巨人の試合後、一部の巨人ファンの人達が指笛吹きながら大声で歌ってる動画。投稿したのはヤクルトファンの人で、内容があまりに不愉快だったので思わず撮影してあげたようです。 何言ってるのかよく聞き取れないし画面も暗いし「???」だったんですが、どうも「東京には巨人だけ(でいい、ヤクルトはいらねー)」的なことを歌ってたみたい。 で、これ、埼玉県にあるサッカーチームの煽り応援の替え歌だそうで。  まあ…ファイナルステージ進出が決まって?菅野がノーヒットノーラン達成で?お酒も入ってると思われるし、浮かれちゃったのかなって思わなくもないし。 そもそも、こういう輩を「ファン」と一括りにしていいのかって話でもあるし(というか、球団の品位を下げる行為をおこなう輩は「ファン」と呼ぶべきなのか?)。  投稿者も「巨人ファン全員がこうだとは思わないけど」って言ってますしね。 しかし、こういうのはヤクルト×巨人のファンによる場外乱闘、炎上案件になるわけで。 概ねは「自分は巨人ファンですがこれはひどい」「巨人ファンとして恥ずかしい」という意見が目立っていてまだ良心を感じましたが。 中には巨人ファンのからの反論(反撃?)も当然あるわけです。言い分があるのは当然だと思います。 「お前ら(他球団ファン)だって“くたばれ”とかひどい応援してるだろ」「盗撮やめろや」「盗撮して晒す前に口で注意すればいいのに」「盗撮は犯罪ですよ」  論点がズレていってるような気がするんだけど…。その前に、応援で「くたばれ」とかそんなこと言うんだ!?ってのにビックリしちゃった。 交流戦の時に聞いたっけ?巨人相手の時だけ言うの?((((゚Д゚)))) 普段からそんな風に言われてたら、それはそれでいい気はしないでしょうね。だからといってこの仕返し(?)が正当化されるわけではないけど。  あー、違うの違うの。 一部のファンの行動がどうのこうの言いたいわけじゃないの。「こんなのはファンではない」って言いたいけど、こんなのもファンの一部であることは事実なの。それはどこの球団にも言えることで、ヤクルトファンにもファイターズファンにも、マナーの悪い人や人を不愉快にさせる言動をする人は、一定数いるの、必ず。 だからそういうことを言いたいんじゃなくてね。  自ら論点をズラしますよ。 私が疑問に思ったのは「迷惑行為をしてる人を撮影するのは、果たして“盗撮”として責められることなのか」ってことなんです。 球場内ならともかく、夜間に球場の外で指笛吹いて大声で歌って騒いでるわけですから、迷惑行為には間違いありませんよね。ただ、それを勝手に撮影してネットにあげる行為はどうなのか?個人的心情としては「迷惑行為を告発する側が責められるのは変だなあ」とは思うんですが。 画面暗かったけど、確かに顔はわかるっちゃーわかるんでいわゆる「晒し行為」ではあるんですよね…。当然声かけて「撮影してアップするけどいいですか?」って了承得たわけではないと思うんで。 「盗撮」という言葉はちょっとまた法的にニュアンスが違ってくるんですが、「肖像権の侵害だ!」って訴えられる可能性はあるんですよ。  方法として、動画貼らずに「こんな人がいて嫌な思いをしました(T_T)」っていうツイートだけだったら良かったのかな。説得力とインパクトは多少落ちるけど、目撃者は多数いたはずだから、それなりの共感は得られたと思う。  無断撮影(盗撮という言葉は使いません)されないように、ふるまいには気をつけようと思った件でした。その上で、万が一こういう輩に遭遇しても、「お気の毒に」って思って華麗にスルーしようと思いました。 そして、こういう輩=巨人ファンだとは思っていませんから、そこは心配しないでください。 私はゴリッゴリのアンチGですけど。  巨人が負けると露骨に機嫌が悪くて生徒に八つ当たりする教師がいたり 職場で、巨人×ヤクルト戦の結果でマウントとってくるおっさんがいたり(←当時ヤクルトファン) 円山球場でヤクルトファンにタバコを投げつける巨人ファンを目撃したり(←当時ヤクルトファン) ナベ○ネの発言がいちいち気持ち悪かったり  そういうことの積み重ねがあってのことです。 ですが、上記のような人達がファンのすべてだとは思ってませんし、球団の姿勢はともかく、選手に対して「ジャイアンツの選手だから嫌い!」とかいうこともないのです。 だから「くたばれ」とかは、絶対言えないな…。 なんというか…球場内で試合中は相手チームに対してヤジも言うだろうし、時には罵ったりすることもあるでしょうけど、ゲームセットして球場を出たらもうやめません? いわゆるノーサイド(違うスポーツの用語で例えるかw)。同じ「野球ファン」として、相手チームには敬意を表する気持ちでいてもいいんじゃないかな…。 東京に、同一リーグに2チームあることが問題ってことではないと思うよ。パ・リーグの、北海道のチーム(それも東京から移ってきた)のファンに言われたくないかな?(^^;)  いろいろ根深いものがあるのかもしれないしなあ。 結局言いたいことがどっちだったのかブレブレ。まとまらなくてスミマセン。 聞き流していただいて結構ですので。ハッシュタグにジャイアンツとかつけたら、閲覧数は増えそうだけど、なんか大変なことになりそうな気がするからやめとこ(←ビビリ)。  前振りが長くて気の悪い話になりましたが、本題はこちらです。 10月14日、クライマックスシリーズファーストステージ第2戦、ホークス戦のヒーローインタビューです。スコアなどコチラ「10月14日・CS1ホークス戦(結果)と今日はきのこの日」にございますので、合わせてご覧いただくとよろしいかもです。 あんな話してからのこれでなんなんですが、ヒーローは、ジャイアンツからトレードで移籍しいろんな意味で花開いた泰ちゃん。CSも日本シリーズも前チームで経験してると思うけど、実際に自分が中心メンバーとして貢献できるというのは初めてなんじゃないかしら。 あれ…背番号が?ってね。 粋なことしますな。「ヤフオクドームにお集まりのファイターズファンの皆さん、そしてテレビ・ラジオでお楽しみの全国のプロ野球ファンの皆さん、今日のヒーローは8回、見事な勝ち越しタイムリーツーベースヒット、大田泰示選手です。ナイスバッティングでした」「ありがとうございます」 「まず大田さん、負ければ終わりという崖っぷちの中で迎えた今日のゲームですが、どういった思いで試合に入っていったんでしょうか」「あの、ほんと、気持ちだけです。はい。勝つだけ考えて、全員準備しましたし。ほんとにいい結果になって良かったです」 「同点に追いつかれた後のすぐの攻撃、2アウトからチャンスを作って、あの場面返しましたね。感触などいかがでした」「いやもうほんとに、追い込まれるまで、ボール球手出して追い込まれて、ほんともう食らいつくだけで、ほんとに、いいとこ飛んでくれて良かったです」 「そしてご自身、このヒットがこのシリーズ初めてのヒットになりましたけれども、どうでしょう。ホッとした部分もあるんじゃないですか」「まあホッとしましたけど、今日勝って明日もあるので、しっかり準備して、明日もっと打てるように頑張りたいと思います」 「試合前栗山監督は、この2戦目を取れば流れは変わるということを話していましたが、その流れ、大田選手はどのように見てますか」「昨日、圧倒的な打力で負けてしまったので、今日はもうマルちゃんがしっかり抑えてくれて、いい流れで打撃もできましたし、このまま勢いに乗って、明日いければと思います」 「さあ、そしてちょこっと、体を回転させてもらえますでしょうか。あちらのカメラにお願いします」「今シーズン限りで現役引退を表明している矢野選手のユニフォームを身にまとってのヒーローインタビューですが、様々な思いがあると思います。お願いします」「昨日電話しました。あの、アドバイスもらったので、ヒット打てたと思いますし、何より兄貴分の矢野さんが引退して、矢野さんの分まで、頑張りたいと思います」 「さあこれで1勝1敗、明日はファーストステージ突破をかけての大一番となりますが、ファンの皆さんも勝利を期待していると思います。どんな戦いを見せてくれますか」「勝つしかないんで、貪欲に、必死になって一生懸命頑張るので、明日も応援、よろしくお願いします」 「そして今日最後まで諦めない姿勢に、北海道をはじめとした多くの全国の皆さんが、勇気や元気もらったと思います。最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします」「先ほども言いましたけど、一生懸命やるだけです。必死になって、泥だらけになって、必死にボールを追いかけて、一生懸命打つので、明日も応援よろしくお願いします」「以上、今日のヒーローは、大田泰示選手でした。ありがとうございました」 いろんな思いが強すぎて、うまい言葉が見つからないんですが。カッコイイ以外に思いつかないわ。 ヤノケンさんに電話したということですが、「方向性を出していったらいいんじゃない?」みたいなアドバイスをされたそうですよ(イチモニ情報)。 それを聞いた上でもまだ、勝ち越しタイムリーのあの打席では迷いがあるように見えましたけれども。高めのストレートがきた瞬間、ビシっと考えが決まったんでしょうね。いや、野生の反応かもしれんけど(笑)。  あと、バットを変えたとか。これもイチモニで言ってた。 「目に見えるところで変化を付けたのが功を奏した」って、言ってたけど、もっと目に見えるところでの変化があったでしょうよ。 ヒゲ、剃ってますし。 験担ぎ的なもので伸ばしてるのかなって思ってたから、第1戦で負けちゃった後に剃るかなと。まんまと剃ってますし。 あってもそこまで嫌じゃないけど、絶対にこっちのほうがいい。 髪はずいぶん伸びたね。 ワイルド&セクスィがすぎる。もはや閲覧注意、R15指定。  ギャー(//∇//)。  とはいうものの、15歳以下の方も含めて年齢制限なく応援していただきたい本日のゲーム。お子様にも安心な杉っちですし(意味不明)。 ここで北海道出身のニューフェイスを出してくるあたり、さんらしい。 地上波放送は18時15分からになってしまいますが、HTBで。 NHK-BS1で18時から。 FOXスポーツエンタでは、直前情報を含め17時45分からの放送です。 私は病院なので、HTB録画しながら、ベッドのちっさいテレビでBSを見ることになりますね。大きな声で応援はできない(のとお酒飲みながら見られない)のが残念です。  ファイナルステージでのお楽しみにするさ~。 そのために、とにかく送り続けますよ。 ピンちゃんにはこちらを。 こわ…。  オマケじゃないけど、やっつけっぽくなってゴメンナサイ。 おめでとうございます! 獲るべくして獲った、って感じですね~。 NPBアワード(表彰式)は11月27日だって。今年も放送あると思うんだけど、遥輝、キメッキメのおスーツ仕立ててくるかな?(´∀`*)ウフフ。 いつかアワードに出られる日がきますように(^-人-^)。 ハロウィンキャンペーン、やっと追いついた。秋に一番食べたいものは?みんなの回答を見るキャンペーン詳細 現実的にはムリなんだけど、柿、梨、ブドウを思う存分食べたいです。

    10月14日(CS1第2戦)ヒーローインタビュー(大田)と「ファン」?