8/17の記事ランキング

  1. 立ち合う、というのプロ野球の大きな魅力ですわな。小生はそう思います。おめでとう、大瀬良大地クンや。マエケンと黒田にすぐ電話して、きちんと感謝の意を伝えときんさいよ(笑)。もとい。前節ジャイに負け越して意気消沈して迎えたハマスタでのDeNA戦でございましたが、見事に初戦勝利でございます。これで鯉は久々に2位に浮上、しかしジャイも勝ったのでゲーム差は縮まらず4.5ゲームのまま、ということでございます。まぁ今日はね、緒方のコメントじゃないですが、大地の投球に尽きると言う感じでしょうかね、9回119球2失点で堂々の完投勝利でございます。失点したのは4回に戸柱クンにセンターフェンス直撃のタイムリー三塁打を打たれたかたちですが、あの打球も普通なら平凡なセンターフライでしたよね、そんな角度でしたわ。が、台風の影響で本日のハマスタは恐ろしい強風でしたのでまさに風にのって打球が伸びた感じでしたな。ま、序盤から制球には苦しんだ大地クンでしたが、まさに貫禄の9イニング、自分でもヒット打って出塁してホームに生還しゲームに入り込んでの活躍ぶり、あっぱれでございました。その強風の恩恵は鯉打線でも確り享受させてもらいましたよね、西川クンと安部ちゃんにホームラン炸裂。高く舞い上がりながらまさに風にのってライトスタンドの中段奥まで運ぶ特大弾でした。2回表の先制点はこのところめっきり打撃好調になってきた松山クンとアツが連打で1.3塁作り、安部ちゃんの併殺崩れの間に1点先制。同点に追いつかれた直後は、大地がヒットで出塁して西川クンがしぶとくタイムリー。まぁ少ないチャンスを上手く活かして4点積み上げた感じですかね。連敗中だったDeNAさんは元気なかったですね。宮崎クンが居ないのは結構大きいですわな、打線の厚みが一気に薄れた感じです。更に今日は失策オンパレード。まぁ風が強くて集中力を保つのも結構大変だったかと思いますが、それでもレフト佐野クン、ショート大和クンの記録に残る失策に加え、西川のタイムリーはセカンド伊藤クンのグラブの真下を通過、実質的にはエラーでしたし、井納クンはワイルドピッチ2つですからね、5失策で、みたいなもんですからね。鯉の方はいい守備が目立ちましたな、野間や西川の外野陣、それからいつもながらのエリア33、素晴らしいプレーが多かったです。ま、失策祭りのDeNAさんの方も、ロペスの1塁守備はほんまにさすが!と言う感じで上手でしたな、小園クンも、ロペスの美技でヒット2本分を損した感じでしたもんね。あっぱれでございました。とにかくハマスタ初戦を取ることができました。まぁこの時期のハマスタってここ数年はほんとにいい思い出がありませんからね、今年こそは「鯉の最後の逆襲」の出発点にしたいところですな。もうこうなったら3タテしましょうぜ。一気にいきたい感じです。おっと、明日の先発はモンティージャですか!見えましたぞ!6回2失点で投げ抜く彼の姿が見えましたぞ。ま、前回登板時にはエラーで足を引っ張られましたので、明日はバックで盛りたててやって欲しいですな。そして打つ方も、今日はさっぱりだった2番3番4番が働いてくれることでしょう(笑)。DeNAの先発はサウスポーの石田クンですからね、誠也さんもバティスタさんも遠慮せずにレフトスタンドにぶち込んで頂ければと思います。で、もうひとつ大事なこと。虎さん、東京ドームでしっかり頼みます(泣)。今日もね、終盤にジャイを逆転するチャンスがあったんですよね、1.3塁でマウンドには大竹寛、打者は大山クンですよ。鯉の試合ではサヨナラ3ランをぶちかましてくれた大山クンですよ。が、結果はお決まりのようにダブルプレー併殺で終了(泣)、なぜジャイ戦で打たんかいな大山クンよ、忖度してんじゃねぇぞ(笑)。ともかく虎さんに頑張ってらって、ジャイに土をつけて欲しいですな。応戦します(笑)。モンティージャさんや、モンさんや。とにかく腕を振って憶することなく、5回2失点を目指していきましょう。ハマスタ3タテしましょうぞ!↓クリックお願いします。にほんブログ村

  2. カープファンの皆様、いかがおすごしでしょうか。ウエスタンリーグ中日戦の放送がありました。超ざっくり紹介します。カープが山口〜戸田〜中田廉の完封リレーで勝ちました。先発の山口は2週続けての好投&勝利。8回途中まで無失点・被安打2・与四球3。スタメン。西日本の交通機関、昨日はあちこち止まっていました。中日の選手たちは筑後からの移動。試合開催されて良かったねえ。夏休みの由宇を楽しみにしていたお客さん、多かったです。4回裏。長野が左中間を割るツーベース。余裕たっぷりに捉える。ああ、チョーさん。YOUは由宇よりズムスタ巨人戦にいてほしかった。今日は3打数2安打。まだ呼ばれないのでしょうか?1軍の外野手編成が難しくなるのはわかりますが。打ってますよ。夏男ですよ。サンタナのセンター前ヒット、ワンナウト一・三塁。正随3ランホームラン( ̄▽ ̄)!よう飛びました。1軍ローテ級の松葉から打ったのは、いいねえ正随くん。実況席は「どんなに練習しても怪我しない身体の強さがある」と強調・称賛。バッティング、ツボで捉えたときのパワーは素晴らしい。しかし見極める・合わせる技術が、ああああ!という感じ。やっぱり新井さんなのかー(笑)。山口vs根尾。熊工vs大阪桐蔭。熱いぜ!3打席とも抑えました。根尾くんは打率よりも、大回りで軌道が変な空振りが気になります。頑張ってほしいのです。6回裏。追加点は、堂林の走る走る走るスリーベースから。達川さんから〝生活感が出てますわ〟と褒められそうなスライディングよ。サンタナのタイムリーで4点目。立ち上がりはストレートが高めにポンポン浮いて、大丈夫かい〜?という山口くんでしたが。球のノビがありました。徐々に整って、6回からはノーヒットに抑えました。昇格GO判定は?…どうでしょう。序盤で、1軍なら四球四球→球数増える→ぱっかーん!と打たれていたかも?微妙です。8回は田島・大野バッテリー。ここにいてもいいんですかい〜?という豪華な2人からは点を取れませんでした。山口くんヒーローインタビュー。ちゅぴCOM放送試合2週連続ヒロイン。・今日は身体の状態があまり良くなくて真っ直ぐが思ったところに投げ切れなかった。・それでも何とか粘れたので良かった。・甲子園で後輩たちが頑張っていて、自分も頑張れました。・また1軍で投げたいです。応援よろしくお願いします。以上、イレブンスポーツ配信無しをお嘆きの方へ、短めハイライト速報でした。それでは、また。byユリお読みいただきありがとうございました。よろしければ、下のバナーをポチッとお願いします。↓にほんブログ村広島東洋カープランキング

    8/16由宇ウエスタンリーグ中日戦。
  3. いない。デーゲームジャイアンツが勝っていたのでもう負けられない試合なんですが見ての通り先発モンティージャが序盤で試合を壊したので今日はもう無理かなって感じになってしまった。それでも島内1イニング塹江は3イニングゼロに抑えた、しかしレグナルトが左バッターの柴田、筒香に被弾してしまうという、ちょっとレグナルトもいい時の出来にはなくなっているかなと。打線は今日3番に入った誠也が8回表にバックスクリーン直撃弾を9回表に西川が山崎からライトへツーランを打ち込んだのがカープの意地だったでしょうか。しかし反撃はそこまで、ちょっとこのバティスタショックがどこまで尾を引くか、なんとも言えませんがみんなでカバーしていくしかないでしょう。西川、誠也の同級生コンビが意地をみせてくれた、数字的にはもう厳しいのはわかっているが優勝だけがペナントではない、可能性があろうがなかろうが応援を続けるのは当たり前のこと、打順をいじったのは3番がいないからなのかわからんが誠也4番からずらすなら西川3番でもいいと思うけど1番に小園でも置いて。とにかくチーム状態が崩れてきて首位を追随するどころじゃなくなってきた、素直にAクラスを死守する事に専念すべきなのか、あくまでジャイアンツを目標にすべきなのか。チーム状態が万全ならまだまだ優勝目指すべきだと思います、ただ今の現状ではどうするのがベストなのか私にも分からなくなってきた。まあとにかくショッキングなニュースで試合もあまり気が入らず見ていた、そして完敗だから引きずりそうな感もある、諦めたくないがジャイアンツも負けない、貯金も再び15まで伸ばしてきた。カープが貯金4ってこと考えるとすでにもう優勝は厳しい数字となってる。試合数も減っていくだけだしちょっとネガティヴになっとるなぁ。まあとにかく勝つしかないよね、頑張ろうそれしか言えない。それでは。押していただけるとブログ書くはげみになります。にほんブログ村広島東洋カープ ブログランキングへ押していただいた方ありがとうございます!

  4.  横浜DeNA2-広島東洋@ハマスタ■ポジ戸柱が一時、同点となるタイムリースリーベース。ホントによく打ってくれたと思う。テレビで見ていて思わず叫んだよ。風もあったと思うが、大瀬良の外側低めのストレートを見事に打ち返した。佐野のツーベースで1アウト2、3塁としながら、伊藤裕が内野フライで2アウトとなってしまった後だっただけに、非常に価値のある同点打だった。一時期、打点を荒稼ぎしていることがあったが、その時の戸柱になってくれれば。暴投を防ぎ切れない場面はあったが、投手陣を必死にリードしていた。まだしばらく、嶺井と協力して頑張ってもらうしかない。柴田のバッティングが非常にいい状態。伊藤裕が守備で精彩を欠いたため、途中で交代したが、守備ではなくバッティングで目立った。チームが苦労している大瀬良から2安打。いずれも変化球だが、甘く来たところを力強く弾き返してのクリーンヒット。ヤクルト戦でも打っていたし、伊藤裕には負けていられないと気合も入っているだろう。相手が右の先発ならショートでのスタメンもありそうだし、伊藤裕の調子によっては再びセカンドに入ることになりそう。■ヤジ井納については、ラミレス監督はよく投げたという評価だが、4回までなら同意だ。昨日も書いた通り、ピシャリと行くとは思っていないので、4回2失点というのは最低ラインをクリアしていたと思う。ただ、同点に追いついた後の投球と交代の仕方が残念だった。同点となった5回、1アウトを取ってから大瀬良にヒットを打たれた。ストレート2球で1-1となってから、スライダーが真ん中高めに浮き、甘すぎるボールになった。若手じゃないんだし、点を取ってもらった後はよりきっちり投げないとダメだし、意識しすぎてコントロールミスとかでは話にならない。33歳のベテランがこの程度かと呆れる。このレベルを先発させなければならないチーム状況はホントに苦しいね。ホームランを打たれている西川に対して慎重になり、フォークを叩きつけて難なく得点圏へランナーを進めてしまい、西川のゴロはセカンドゴロかと思ったが捕れず。まあ、エラーに近いヒットだとは思うが、結局、西川に対して最後に投げたフォークが一番甘く、いい当たりをされたのは事実。言い訳にならないし、バティスタと鈴木には勝負できず歩かせてしまった。菊池涼の見逃し三振も、ストライクかどうか微妙な球だった。まともに勝負できず、満塁のピンチを残して、5回を投げ切れずに降板するという最悪な登板になった。武藤がここは抑えてくれたが、この時点でゲームが壊れてもおかしくない場面だった。その5回の勝ち越し打は、伊藤裕の横を抜けていくタイムリーヒットだった。少し甘い球を打ち返した打球は強かったが、コースとしてはセカンドが捕ってもおかしくない位置。ファーストをアウトにできないとしても、止めていればホームインはなかった。6回から柴田と交代。懲罰的な意味もあったと思う。この反省を今後に生かして欲しい。打線は途中出場の柴田が2安打したが、それ以外は機能せず。大瀬良の調子からして、やむを得ないところもあるが、手も足も出ないというほどではなかった。もう少し工夫が欲しかったが、タイミングをずらされてポップフライが多かった。期待した乙坂、佐野に長打は出たが、繋がりがなかった。■キジ5連敗で7/8以来の3位に転落。連敗も4月の10、5月の5に次ぐ今季3番目に大きな連敗になった。8月頭に読売を3タテして大接近したが、その時から書いていた通り、悪くなった時にどう止めるかが重要。ヤクルトのところで止められなければ、こうなるのは必然。チームが乗っている時は、離脱の影響を受けないが、状態が落ちてくると途端に重くのしかかってくる。一度、近づき過ぎただけに離されたことに絶望を感じるが、また3位からやり直せるだろうか。状況は悪すぎるが、チャレンジャーとして開き直った気持ちで戦ってほしい。さて、明日は初対戦のモンティージャとの対戦。DeNAが苦手としそうなタイプではある。筒香がストレートを空振り三振するのが今から見えるようだが、どっちに転ぶか読めない試合になりそうだ。↓クリックお願いします!にほんブログ村

  5. 日(金) DeNA広島 19回戦 10勝8敗1分 広島  011 011 000 4DeNA 000 200 000 2勝 大瀬良 10勝6敗S敗 井納 3勝5敗 2回の先制点は併殺崩れからの得点に、3回は西川の一発で2点目。幸先よく先制するも4回裏に戸柱の2点適時3塁打で同点とされるも、5回には大瀬良のヒットから西川の中前打で追加点をあげると、6回には安部の一発で貴重な追加点をあげる。今日は本当に効率よく小刻みな得点を積み重ねるいい攻撃を見せてくれました。 投げては大瀬良が今季6度目となる完投勝利。1番から4番までを1四球でノーヒットに抑え込める素晴らしい投球を見せてくれました。8回のチャンスに打席が回ればひょっとすると代打を送られた可能性もありましたが、この辺の巡り合わせも良かったのかな。 昨日は安部の抹消して一軍枠を空けることを考えてましたが、安部は本当に期待している場面では結果が出ないが、今日のように想定していない、意外性のある場面で一発が出る不思議な選手でもある。メヒアに遅れることなく、レギュラーを奪い取る「覇気」をもう一度、思い起こして貰いたい。 今日はいい場面で得点は入りましたが、しっかり打ったと言うよりは、相手のミスに助けられた場面も多かった。先制点も井納の一塁へベースカバーが遅れなければ無得点だったし、5回の勝ち越しとなる西川の中前の適時打も、二塁・伊藤が間に合う範囲内のようにも見えた。他にもバッテリーミスなど、2失策を犯すなどDeNAの守備も乱れも勝敗に左右したか。 まあ、今日はともかく大瀬良の好投に尽きる。同点となる戸柱の適時3塁打後も、冷静に乙坂を歩かせ、投手・井納を抑えて傷口を広げなかった。今季勝ち星がなかったDeNA戦でしたが、苦手の筒香も抑えきったことで風向きも変わったか。投げるだけでなく、打って、走っての大活躍、最後までマウンドを守ったエースの奮闘ぶりに最大限の賞賛を送りたい。 勝ちパの継投に不安があるなら、先発が最後まで投げ切ればいい。この単純明快な解答を導けるのは大瀬良しかいない。今日勝って、明日に繋げたいところだが、明日の先発はモンティージャとなると不安しかない。でも今日の大瀬良完投で中継ぎは多少は無理を出来るはず。今日の勝利を無駄にしない為にも、是非とも連勝を狙って欲しい場末書店の店長でした。 Number(ナンバー)982号「カープに学べ。」 (Sports Graphic Numbe... 620円 Amazon ↓クリックして頂ければ、幸いです。

  6. たとおり伊藤裕季也ユニフォームを着用しました!久しぶりに選手の背番号入りユニフォームを買ったのですが、まだまだこなれませんね。しばらくはコレで通そうと思います。ただ、少しキツいのでダイエットを頑張ろうと思ったのはここだけの話でございます。大体どうでもいい出だしから始まる時は、試合に負けてる時なのでそこはお察しください。DeNA 2-4 広島勝 大瀬良 10勝6敗負 井納 3勝5敗本塁打(広)西川12号ソロ、安部6号ソロベイスターズに限ってエラー連発の締まらない試合になってしまいました。以前にも書いたかもしれませんが、超満員のハマスタでやってはいけないことですね。井納も久々のハマスタで、結果を出せないどころかワイルドピッチ連発はいただけません。打線は5安打2得点4回、戸柱の2点タイムリー3ベースの頃は楽しかったなぁ。広島の先発だった大瀬良の出来はそれほどでもなかったと思いますが、結果的に完投されてしまいましたね。3回裏は先頭の乙坂が2ベースで出塁したので、ノーアウト2塁から得点できていたら流れも変わっていたかもしれません。1番大和から4番ロペスまでを、ほぼ抑えられてしまっては厳しいということでしょうか。台風10号の影響でスタージェットタイムも中止になりましたが、結構フライアウトが多かった気がします。その強風を活かしたのは広島の方でしたが。ただ、8回の筒香のレフトフライは惜しかったですけどね。あそこからホームラン3連発が始まると思っていたのは私だけじゃないでしょう。ベイスターズはこれで5連敗で3位転落でございます。ベイスターズの底力が試されているのです。最後に勝ちたい、優勝したい!という思いが強いチームに勝利の女神が微笑んでくれるのでしょう。次戦の予告先発ですがDeNAは石田、広島はモンティージャです。正直「???」って感じですが、どんな結果になるのでしょうね。左腕ということで、右をズラリと並べてくるのでしょうか?とにかく、まずは連敗を止めなければ話になりませんね。それではまた🖐\I☆YOKOHAMA/にほんブログ村↑↑良かったらボクをクリックしてたぬ応援ヨ・ロ・シ・ク!!

    ベイスターズ5連敗で3位転落!でもそんなの関係ねえ!!
  7. きれなければ、ポスシーズンを戦いぬくことなどできないのだ。気合入れてみてたら、5回、大瀬良がヒットで、ワイルドピッチもあり2塁へ、西川の当たりはセカンドが取り切れず、タイムリーになり3-2大瀬良も良く走った。ここで菊池三振バティスタよく外の球を見極め四球誠也も四球。ここで、今日当たっている松山に、継投に入られ、凡退。うーーーーーエラーをこんなに頂いていたら、絶対、こんな点数で済まないはずなのに、これが今のカープなんだな。でも負ける香がしないわ。と思っていたら、「さっき打てや」安部ちゃんの延命ソロHRで4-2こういうことするから緒方が使うわけだ・・・でもエスコバーのときにさくっと代打、小園は勉強のためそのまま打席へ、いいんじゃないですかNHKで行ってましたが、大瀬良君が筒香とソトに仕事をさせなかったのがポイント。5回以降はピンチらしいピンチも出さず、9回自ら四球を選び出塁、西川ヒットで続くも、菊池・バティ・鈴木と凡退。塁上にずっと立っていたというのに、9回裏もマウンドへ立ち、完投。大瀬良完投で中継ぎを助けた。西川4安打。2打点。この2人が素晴らしい働きでした。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E 広島 0 1 1 0 1 1 0 0 0 4 9 0 DeNA 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 5 2 勝 大瀬良 10勝6敗敗 井納3勝5敗西川⑫ 安部⑥大瀬良ー會澤井納→武藤→三嶋→エスコバーー戸柱西川 菊池 バティスタ 鈴木 松山 會澤 安部 小園 大瀬良森 牧田 川口 石山にほんブログ村だけどね、菊池、バティスタ、特に誠也!!!得点圏での凡退、首位打者もいいけど、出塁率もいいけど、打点が欲しいんだけど。HRも観てないし。久しぶりに東京での休みのはずが移動日試合になり気分損ねた?知らんよ。あと、小窪が一軍帯同だって?モンティの代わりにメヒアを落とす?バカなの?今更小窪かい。調子が良いと言われる外野手長野は?ただ、二軍の昨日の中継見てると2軍の子がおかげさまですくすく育ちそうなのでいいかもしれない、とも思います。〇大瀬良 27 森 3/31 巨人 5/22 中日 5/29 ヤクルト 森さんは人間らしいというか、判定もスピーディですが、ストライクボールを帳尻合わせする感じがある。菊池がちょいと被害甚大でしたかね。あれでやる気なくしたっぽい?モンティージャ 28 牧田 6/16 楽天 ストライクゾーンが意のままな。楽天と横浜の1回表裏に大量得点入った試合、試合を演出しまくってたもんな・・・モンティがんば?九里 39 川口 4/2 中日 7/2 ヤクルト 7/23 中日 感想に特に何も書いていないのでおぼえがないです。普通なんでしょうかね

    〇8月16日 DeNA 大瀬良さま、西川さまのおかげ
  8. 横浜 2 - 4 広島5連敗でついに3位に転落。残念ながら踏ん張ることが出来なかった。これで首位とは5ゲーム差、4位とは4.5ゲーム差と、4位の方が近くなってしまった。たった5試合で優勝争いから3位争いに後退。下位から取りこぼし、しかも勝てる試合に勝てなかった影響は想像以上に大きそうだ。まずは連敗を早く止めないといけないが、負け試合でエスコバーを買い跨ぎさせるなど、傷口を自ら広げてしまったのはいただけない。勝ってる時はあまり感じなかった疲労感も、負ける度に強くなっていっていると思う。優勝争いの高揚感も、3位に落ちたことで完全に失われてしまったことだろう。肉体的にも精神的にも、そして戦力的にも厳しいが、明日になったら試合は始まってしまう。これ以上連敗が伸びないことを祈るばかりだ。以下今日の印象1(遊)大和 守備の負担が大きい大和を、        右のエース相手にわざわざ1番に起用した意味がわからない。        珍しくエラーもしてしまったし、これ以上負担をかけると潰れてしまう。(-1)2(三)筒香 自分で何とかしようとする意識が強いのは、悪いことで無いのだけど、        結果として力んでしまいひどい内容の打席が多かった。(-2)3(右)ソト 外野に飛ばないくらい絶不調になってしまった。        4番にしたのが主原因とは言えないが、少なからず影響はあったと思う。(-2)4(一)ロペス 1~4番がノーヒットじゃ、得点力不足になって当たり前。(-1)5(左)佐野 あの守備で長打1本打では物足りない。(±0)6(二)伊藤裕 セカンドで使うのは無理がある。打球に合わせるのがとにかく下手。          しかしそれを承知で使っているのだから、          2打席で交代させるべきでは無い。(-1)7(捕)戸柱 嶺井と同レベルのキャッチング。あれでは落ちる球を投げることが出来なくなる。        ルーキー時代はこんなに下手では無かったのだが。(±0)8(中)乙坂 状態は悪く無いので、大和では無く乙坂を1番にするべきだった。(+1)9(投)井納 あれだけエラーをされた割によく粘ったと言えるが、         自身のベースカバーの遅れでも1失点してしまった。(+1)     柴田 途中出場だったが、よく頑張った。(+2)   代打  神里 調子が悪いというより、気持ちが切れているように見える。(-1)リリーフ 武藤 火消しには成功したが、また失点してしまった。(±0)リリーフ 三嶋 ピンチを招いたが踏ん張った。(+1)リリーフ エスコバー 回跨ぎで32球も投げてしまったのは痛い。(+1)

  9. 二位浮上とお好み焼き (#^.^#)
  10. 償とは呼ばせない。阪神とか元虎戦士とか、そんなんもうええねん!うちの竹安やねん!オリックス・バファローズの竹安投手。プロ初完投初完封ほんまにおめでとうございました!8月になって打線絶好調のオリックス打線。実況の方に、こんなフレーズを喋ってもらえる日が来るなんて思ってもいませんでしたが、そんな絶好調打線の中でも絶好調のロメロ選手がきょうも1回2死2塁から、レフトへの痛烈な先制タイムリー2塁打!吉田正尚選手、ロメロ選手、モヤ選手のクリーンナップが固定され、チーム状態は一気に急上昇です。2回は2死からセンターへ3塁打を放った西浦選手を、若月選手がレフト線へのタイムリー2塁打で追加点。そして3回も、四球の西野選手をこちらも絶好調の吉田正尚選手が右中間へタイムリー3塁打!続くロメロ選手がまたレフトオーバーのタイムリー2塁打。そのあと後藤選手にも犠牲フライが出て、この回3点を追加して5-0と快勝ペース。6回にはキャプテン福田選手にもセンター前タイムリーが出て6-0。きょうもロメロ選手は3安打、吉田正尚選手は2安打。頼れる主砲の揃い踏みです。8番、9番で点を取れたり、2死からタイムリーが出たり、8月15試合中10試合が2ケタ安打。張投手や竹安投手がローテーションに入る投球を見せ、投打が噛み合いだしてCSも夢でなくなってきました。そのためにも苦手な日曜日を勝利で飾ってロッテ3タテで4連勝を飾りましょう。頼むで!K-鈴木投手!疲労の蓄積による体調不良で交代の安達選手、右足のハムストリングスを痛めて交代した西野選手が心配ですが、上が少し見えてきましたから、何としてもみんなで頑張ってください。ファンは少しその気になってきましたからね。竹安投手プロ初完封おめでとう!きょうの勝利の美スイーツは「イタリアンマロンのシュークリーム」です。よかったらポチっとお願いしますね。   ↓にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

    もう人的補償とは言わせない!オリックスの竹安プロ初完封!
  11. 今日の試合、100人の鯉党に聞けば100人全員が野村クンを6回で降板させて7回から継投に入るべきだったと答えるでしょうね。6回109球の1失点ピッチングですよ、野村クンはよく投げてくれたと思います。6回に阿部クンにヒット打たれゲレーロにストレートの四球で無死1.2塁になったあたりで100球ですからね、すでにウォーニングは出てました、小林くんのライトフライも菅野坊ちゃんのファーストゴロもともに真っ芯で捉えられていた打球でしたよね。松山クンが弾いたファーストゴロが幸運にも菊池クンの前に転がって、なんとかスリーアウトで6イニング投げきったところ、ここが明らかに今日の野村クンの「終着点」だった筈です。テレビで見ている我々がそう思うくらいですから、そんなことはベンチだって緒方監督殿だって、百も承知だったと思います。なぜ替えない(泣)。で、7回表も野村クンが続投。先頭の亀井クンにライト前ヒット打たれてもまだ替えません。坂本クンに左中間真っ二つのタイムリー打たれ、更に無死2塁で丸を迎えてもまだ替えません。こりゃ丸にスタンドにぶち込まれるわと思いましたよ。結果的に丸はセカンドゴロでしたが、高く抜けたチェンジアップ、まさにホームランボールでした(泣)。で、ここまで引っ張った挙句、今日野村クンに3三振していた岡本クンのところで交代、レグナルトです。そりゃ打たれますよ。ヘタクソな継投(泣)。百歩譲って、7回続投させたのは、現場でしかわからない何か理由があったのかもしれません、が、7回に坂本クンに打たれたところで交代の判断ができないベンチワークの後手後手感は極めて疑問符でしたわ。で、もっと皆さんがゲンナリしたのは9回表。1対4になって1軍登録された岡田クンが4月以来の復活登板でしたよね。こりゃもう試合を諦めたのかね、見てる側は皆そう感じましたわな。で、悲しいかな、これまた岡田クンがストライクの入らない酷い投球を繰り広げ(泣)。1死満塁にして降板(怒)。で、次にマウンドに上がったのがなんと遠藤くんですわ。絶句ですよ。正気かよ(怒)。投手陣をボロボロにする気なんですかね。いやほんとにボロボロになっちゃいましたよ。どうしてくれるんかいな。1対1で野村と菅野が投げ合った息詰まる投手戦が終わってみれば7失点のワンサイドゲーム。鯉の自力優勝は消滅しました。ベンチがアホでは選手もファンもやっとられんわ(泣)。・・・と、まぁ、今日は珍しく、ちょいとストレス解消目的で、ネガティブモードの優しい優しい「罵詈雑言」を書いておきました(苦笑)。まぁとはいえね、結局のところの敗因は菅野坊っちゃんを打てなかったンですよ。悲しいかなそれは事実。チャレンジングな坂倉クン起用も裏目、菅野に相性の良かった西川・安部もイマイチ。誠也も一本だけ。このニヤケお坊ちゃんに完敗したのです、それはしかと受け止めましょう。3タテを目論んでいたマツダスタジアムでのジャイ戦、負け越してしまいました、で、4.5ゲーム差ですか。うーむ。でもね。3タテされて6.5ゲーム差になった訳ではありません。一時期は12ゲーム差もあったのが、今や5ゲームを切ってるんですからね。大躍進なんですよ。でた!スーパーポジティブ思考(笑)、これぞお花畑在住鯉ファン代表(笑)。いえいえ、いいんですよ。で、自力優勝の可能性が消滅したですって?それがどうした。今年の鯉は、「優勝可能性はゼロパーセント」と、何度マスコミの皆さんに書かれたと思ってんですか。自力優勝の可能性は再び復活させればいいだけの話です。ええ、きっとそうです(笑)。まだまだ終わりませんぞ。8月下旬のハマスタは、ここんとこ数年は「惨劇」ばかりでしたが、今年は「鯉の最後の逆襲2019」に向けた出発点とさせて頂きます。皆のもの用意はよいか。鯉諸君よ前を向け!↓クリックお願いします。にほんブログ村

    コメントが盛り上がっています

  12. アルバース復活!きょうは投手と守りで連勝!
  13. 完投(*`▼´*)b
  14. 8/17 本日其の壱!『久々・・』
  15. カープファンの皆様、いかがおすごしでしょうか。昨日の試合の1〜7回。録画したのを見ました。まず、おことわりを。私、カープファンの中では、巨人に対する如何ともしがたい悪感情は、かなり薄いほうです。冷静に、首位のチームに〝負けたら終わりの一戦〟を挑む上で、どこがアカンかったのか?を振り返ります。スタメン発表速報。3番レフト坂倉くん。見間違いかと思ったよ。オープン戦か?消化試合か?直近の登板で菅野は左打者に打たれていたから、というような?ベンチレポートがありました。菅野レベルの投手に、そんなん通用するかよ!負けられないモードの菅野に、一軍スタメン経験の少ない打者はカモでしかない。左右関係ない。今、セリーグ1怖い、常軌を逸した成績の4番打者。唯一、惜しいのは打点。1〜3番が壊滅していた時期が響いているだけ。今の誠也の前に、究極ギャンブルの3番打者を置く。愚策を超えて敗退行為だ。坂倉くんのせいじゃない。ベンチがアホ。失礼いたしました。いきなり取り乱しました。試合に戻ります。ちょっと、いいとこの画像をば。小園が菅野から内野安打!ノムスケ送りバント成功。上手い。投手も野手も、よく見ていましたかー?しかし菅野に相性の良い龍馬が打てない。…このあたりから嫌な予感だなあ。4回表。阿部とゲレーロが連続ヒット。鯉殺しゲレーロ。元・女房の小林にレフト前タイムリーを打たれるノムスケー!しかし、最後は鯉殺し亀井を見逃し三振。踏ん張ったわノムスケ。序盤、ノムスケらしい絶対に間違わないコントロールでした。1ー0。巨人先制。4回裏。誠也がセンターへのツーベース。松山、セカンドのグラブを弾くタイムリー。松山は5試合連続タイムリーですって。エース打ちのマツコ!菅野から1人だけマルチヒット。松山の前に何が何でもランナーをためる、が活路を開く方法でしたね。1ー1。すぐに追いつきました。ノムスケは粘られた。1、2戦から粘って、先発に球数を投げさせてバテさせて、疲弊しているリリーフ陣のどこかを突く。この戦い方でしたよ巨人は。直前に、見てまえ打線の阪神カープに勝ち越した&カープのブルペンは配置シャッフルで隙がある→見てまえ粘ってまえ!当然の策。私が原でも、こうするわ(笑)。6回表。阿部ヒット、ゲレーロ四球。ノーアウト一・二塁。このあたりで既に制球が甘くなっているノムスケ。若林の送りバント失敗があり、結果抑えたから7回は続投だったの??投げている球は見ていないの?7回表。先頭の亀井ライト前ヒット。あああ亀井が打ってしまった(=警戒レベル4発令)。坂本の左中間タイムリーツーベース、勝ち越し。ああああ。丸セカンドゴロ。ワンナウト三塁。ここで、ようやく投手交替→レグナルト。いや無理だわ。ノムスケのコントロールで抑えてたんだよ岡本を。ノーコン出してどうするよ。結果。ノムスケには3三振だった岡本、タイムリー。3点目。中5日のノムスケを同点で引っ張って、交替は裏目に(´・ω・`)。裏目どころじゃない、理解不能。首位にいる・負けても痛くないチームが全力で決めにかかったイニングでした。7回アタマから継投、一人一殺くらいの準備をしておくべきでしたね。7回裏。松山サードゴロ、アツ四球、安部ファーストゴロゲッツー。菅野は〝何球でも投げてやる〟という顔。優勝したいチームのエース、中5日?関係ない。凄い球を投げていた。山口どすこいなんぞとはハナから格が違う。好投手スキーなわたくし、菅野を嫌いではありません。叔父さんと違って品性下劣じゃないし。もちろんカープファンとしては、ブチのめしたいですよハイ。8回表。投手は島内。えっ。まだ2点ビハインドですが?プレッシャーかかるマウンド、メンタルが課題の彼には無理。普通じゃない究極の一戦で、普通のビハインド継投か。3番坂倉のギャンブルとの矛盾を、誰か説明してくれ。鯉喰いゲレーロに四球。若林レフト前ヒット。あーあ、一気に行かれるわ。ワンナウト二・三塁から菅野ショートゴロ、ゴロゴーで追加点。究極の一戦で、エースが打点も上げる。巨人ファンは歓喜でしょ。8回裏、菅野は続投。ほぼ負けの予感。しかし、投手の打順で代打メヒアって。3点ビハインドで降参かー。メヒアが1打席で菅野を打てると思った人、ズムスタのカープファンの中に、いらっしゃいますかー。ぼてぼてゴロを捕りにいった菅野がペタンとコケて内野安打に。しかし龍馬と菊池が凡退。結局、8回まで投げて1〜3番=誠也松山の前を完璧に封じた菅野。敵ながら、凄いと思います。ズムスタの芝にも負けずコケても負けず。五七調。9回表の〝岡田、やっぱりアカン〟の尻拭い係は、誰でも良いけど先輩にお願いしたかったなあ。来年の先発ローテ・遠藤くんを潰すのだけはやめてほしい。振り返りは以上です。他にも書き漏れがありそうですが、もういいや。投げやり槍投げ。何だかねー。心はかなり平静に戻っていますが。不可解で無様で強烈な試合がなぜ発現したのか?もちろん敗因の大半は、ベンチがアホ。勝つための執念で負けた。これですが。何だかねー、他のところに押し付けたい気分も。他のところ?=ふざけたキャッチフレーズ、調子に乗った球団営業部、調子に乗った地元メディア忖度集団、聴く者を苛つかせる坂上俊次、調子に乗った一部のゴミクズカープファン、観戦自慢SNSクソ女カープファン。って、どんだけカープファン嫌いやねんワシ(笑)?あ、ムカつかれた方は、今後お読みにならないでくださいねー。こういうスタンスのブログですから常時。勝ちたかったなあ。やっぱり悔しいぜ。広島の交通網が機能停止中です。台風の影響を受けている、これから受ける地域の皆様、どうかご無事で、安全第一におすごしください。それでは、また。byユリお読みいただきありがとうございました。よろしければ、下のバナーをポチッとお願いします。↓にほんブログ村広島東洋カープランキング

    カープが不可解な采配で終戦したので振り返ってみる。終戦の日に。
  16. 憩。どれどれ、今日神宮はどうかなーと思って、スポナビをチェックしたら……ら、ら、ら、らいあん、どどどどうしたのー???打撃陣も、反撃の狼煙があがる気配なさそうだし、うーん。あ、そうだ。序盤大負けで、終盤でぐんぐん追いあげて、最後にスワローズファンを喜ばせようっていうシナリオなんですね?ですよね、小川監督。ですよね、燕打線のみなみなさん。そう思って、劇場に入り、スマホの電源を切って、二時間ちょっと。すばらしく面白い舞台に大満足してスマホの電源を入れたら……ちーん、負けてた。劇場は下北沢だったのですが、小田急戦のなかで経緯をチェックしていたら、乗り過ごしてしまったばかりか、乗り換える電車を間違え、また下北沢に戻ってしまうというラビリンス状態に。とほほ~んと思っていたら、同じ車両に、スワローズの帽子をかぶった小学生ぐらいのかわいらしい姉妹が。パパママも一緒だったので、家族で神宮観戦だったのでしょうね。心の中でそっと『応燕お疲れさまでした』と声をかけておきました。おとといは、スカパーの再放送や皆さんのブログ、Twitterをめぐって、あらためて石川投手率いるベイスターズ戦を振り返りました。石川投手を中心に、チームもファンも一体になったような一夜。後々も、語り継がれていくよなうな名試合のひとつになりそうですね。現地にいた方がうらやましい!ライアンも、そんな試合をつくれる可能性を持っているはず。一点の曇りもないライアンの試合を見てみたいです。次はなんとしても頼む!!

  17. 今更なんですが巨人三連戦やってた12日から14日まで広島に帰省していました、まあどうでもいい事なんですが。チケットなかったのでせっかく広島に帰ってもマツダスタジアム行くこともなく、テレビ観戦してました。親父が急に帰ってきて欲しいと言うものなので姉弟共々東京から合わせて帰省したんですけどね(俺の兄弟みんな東京に住んでる)別に親父もお袋も元気でして誰かが他界したとかでもないのでご心配なく(誰が心配すんねん)まあうちの両親もいい歳なのでちょっとしたことの相談とか打ち合わせですね、と言うのも親父の兄貴が令和になる直前で他界しまして(親父の一番上の兄貴なので90歳超えてたと思う。)それもあって自分も突然何かあった時の事をスムーズに進めるために色々話したってとこですね、まあどこもこれからやっていかないといけない事だとは思います、私だっていつ何があるかわからないのでそういった準備は早いに越したことはないのかもしれません。正直言うとあまり考えたくない事ですが、年齢はあっという間に重なっていくので子供になるべく迷惑かけないためには仕方ないことではあります。久しぶりの家族5人での団欒でしたね(子供とカミさんは連れてきてないので)、もう爺さん婆さんとおじさん、おばさんですがいつまでたっても親は親で子は子なんだなと改めて思いました。と言っても特にそれ以外話す事もなく、実家に保管してある漫画をひたすら読むという49のオヤジのやる事かと思いつつ魁‼︎男塾を最初から読み直しましたよ(やっぱ富樫最高やな)ちなみに弟はずっと任天堂スイッチやっとった、47のオヤジのやることかよ。まあそれはいいとして、全然野球に関係ないことですいません、明日からはもう1試合1試合大事にやっていくしかないですね、もうジャイアンツ有利なのは仕方ないのでとりあえず明日大瀬良で勝つだけです。頑張って応援続けていきたいと思います、心折れそうになっても可能性がなくなっても応援を続けるそれがファンの基本じゃないですかね、どのチームも必死なので負ける事もありまさーな。頑張っていきましょう。それでは。押していただけるとブログ書くはげみになります。にほんブログ村広島東洋カープ ブログランキングへ押していただいた方ありがとうございます!

  18. 広島 0 0 0 0 0 1 0 1 2 3 8 0 DeNA 3 2 0 0 0 0 2 1 0 8 11 2 勝 石田3勝敗 モンティージャ2敗鈴木㉓ 西川⑬ 筒香24,25 柴田2モンティージャ 島内 塹江 レグナルトー會澤 坂倉石田→国吉→三嶋→山崎ー戸柱西川 菊池 鈴木 松山 會澤 メヒア 小園 三好 モンティージャ牧田 川口 石山 秋村にほんブログ村モンティージャの軽く5点取られる1,2回のおかげですっかり見る気をなくし、ちょいちょい、高校野球の第4戦を見てました。明日なき戦いっていうのはいいわね~おっ、球審杉永、千賀炎上させてる、9点とか、ありえないでしょう・・・他の試合を浮気しつつ。DeNAも巨人と9つ直接対決するから、どうせそこで何とかしようと思ってるでしょう、という相手に、わけわからんピッチャーを当てる敗戦行為。アドゥワのままでええじゃん。。。。西川のヒットからの連打で、満塁になったっていうのに、松山初球アウトで終了。しかし、西川は山崎康晃からきっちりHRを打ちました。すごいなあ、規定打席おめでとう、3割目指して、できれば15号まで。バティスタ抹消のおかげで、かねがね、熱望されていた鈴木三番となりましたが、でも、ソロ。でも、8月になって初めてのHR。しれっと内野安打もあったので、打率はなかなか下がりません。あとは打点と、チームバッティングもそこそこに、去年の丸みたいにHR狙いで行くか?こっから30本量産でも。野手は坂倉を終盤キャッチャーにし會澤をやすませ、三好をセカンドに回し菊池を休ませる。三好は西川の前に塁に出て西川の2HRにつながったわけで、良き働き。小園は疲れ?勉強、育成、ですね。田中広輔は一時期の上本か曽根のような最後の一人要員でしかないようなのですが、小園の故障なんかにつながらないようにしてほしいです。どっかで状態上げて。野間の代打はいらんよ。外野手は長野上げましょう。個人成績を楽しみ、来期を楽しむ、この感じ、大昔に帰ったような。あとは大瀬良には勝たせてやって、ジョンソンの防御率を下げてみよう。ピッチャーは島内の先頭四球にはいらっとしますが、抑えた。塹江もなかなかこの点差だと岡ちゃんよりはましな投球で。レグナルト、このポンコツなんとかならんか!しれっとHR打たれて試合を壊す。モンティージャどうするの、ローレンスも今日2軍で大炎上。外国人枠スカスカ。西川と誠也のおかげで完封ではなかったけれども。もう私の気分も消化試合なんですが・・・明日からの試合、文句を書きたくなる試合をしないで、と思っていましたがこっちが文句を書く気力も奪われた、そんな感じです。

    ●8月17日 DeNA 今日は試合前に、、終わった…気分