5/25の記事ランキング

  1. 時間のある方は以下文章を読む必要はありません。月の写真ですが、性能のいいカメラで月を写すと、向こう側が透けて見え後ろの星々が写ります、もうこれだけで月は岩石の塊ではないと証明が済んでいます、では実態は何なのかこれから説明して行きます。遠藤さんのフラットアースのナンバー13見ていただけたと思いますが、北極には「巨大な渦巻き」があり、その中心に「生命の樹」が立っています、その樹からは強力な磁力が放出され地球の磁場が形成され、その電磁気力で地球をエネルギーフィールドと化し、フリーエネルギーを作り出し太陽を運動させるエネルギーとなっています。また同時に、強力な放射線が放出され宇宙空間に放たれています、この X 線がフラットアースの天空のドームで反射され電離層のある高度で焦点を結びそこに映像として映し出されたのが月の正体です、上の図を参照。更にその丸い月の映像の上から別の映像を投写して模様を描いています、もし月がボウリングのボールのような玉であれば、光が当たると必ず一点に光のハイライト部分ができる(下の写真)のが当たり前でこのような映像になります、絶対に今の月のような平面にはなりません、これを見ても月がボールではなく平面だということがわかります。更にその丸い月の映像の上から別の映像を投写して模様を描いています、月の上部にある白っぽい丸い円はティコと呼ばれるクレーターと言われていますが、実はここから光を放射し映画を映すように月の表面に映像を投影しています、その映写機の光の出ているところです。スターウォーズに出てくる、デススターもこれを分かっているDS が模擬して作ったものです。そして何を投射しているかと言うと、これが面白い、フラットアースの地図なのです、遠藤さんの動画ではこれを詳しく解説しています、今まで何故これに気づかなかったと言うか言えば、大きな理由は現在の地球の地図だけでなく、過去の地球大変革前のレムリア大陸などが投影されていたので、一見地球の地図と違っているので、なかなか気づけなかったらしい、しかし現在の地球の地図部分は大変正確に縮尺もしっかり投影されているということを証明しています。月を見上げたらそこに自分たちの足元の地図が書かれていたなんて、全くぶったまげゲーーション!ご覧ください地球の地図を反映しています。ここがレムリア大陸飛行ルートを地球と比較する地図の縮尺を地球と比較する月の全体図とレムリアの位置このように、今まで絶対に明らかにされて来なかった秘密の出来事が次から次に暴露され始めているということは、今あらゆる面で時代の大変革を迎えているということに他なりません、全く新しい時代が到来しているのです、それは人類史始まって以来と言って良いでしょう。因みにですがこの空のドームの外側には本物の物質の月が存在しています、そしてそこが地球を裏から支配しているレプティリアンなどの基地になっているのです。更に言えば、いちべえさん曰く、今その「本物の、ドームの外側にある月」では基地の増改築作業が行われていて、その作業を受注し実際に建築に携わっているのは日本の「清水建設」だとおっしゃっていました、そんなとこまでどうやって重機を運んだ?ぶったまげた!そのことを隠すために、ドーム内に、立体映像の偽の月を演出して私たちを目眩し、騙しているというのが真相だそうです!   一日一食 OMAD エンドゥ 【マトリックス突破編】大学時代の65kg→43歳の90kgに体重増。ロシア・北米の断食療法・ダイエットに感動。カロリー制限でリバウンドを繰り返していたのが、67kgまでの減量に成功。でも食事好きは治らず最近体重戻し気味。断食で血液検査の結果が健康値になり、今も絶好調です!皆様のダイエット・健康お手伝いします。☆一日一食 断続的断食☆糖質制限 ケトジェニックダイエッ…youtube.com

    再送 月は存在しません エンドゥ劇場
  2. ある日もうすぐ5000記事に到達すると気付いたridiaだった…が……自分ひとりでやれることなどたかがしれている… つまり…せっぱつまったら元気玉! (みんなの“パワー“をちょっとずつ分けてくれよな作戦)単刀直入に言うと祝ってほしい!わたしの5000記事到達記念図々しいお願いだとはわかってる…自分で自分のお誕生日会を企画して、あまつさえ誕生日プレゼント持参でよろしく!!と言いはるが如き、厚顔無恥。でもね、はっきり言わせてください。  祝って!(心臓を捧げよ!)5000記事は…みんなのお祝い記事を紹介したい。リンク貼りまくって、人気者の気分を味わいたいんだ……よろしくお願いします!追記です説明不足すぎて混乱させてしまいました。ごめんねごめんねー・お祝いはご自分のブログ記事としてアップしてください・アップするタイミングはいつでもオッケー・コメントかリブログで「かいたよ!」と報告お願いします・文字だけでもイラストや写真でもなんでもオッケー・参加資格はありません・読み専だったけど…勇気出しちゃう!って人も参加してね!・こんなブログ知らなかったけど楽しそうだから参加してみるか!ridia?知らんけど!って人もオッケー・必死すぎて我ながらこわい・5000記事に当該記事をリンクします・リンクされたくないな〜って人はいないよね?・いないって信じてる・だから貼るね・たくさんの参加お待ちしております応援記事・宣伝記事かいてくれたみんな、ありがとう!おかげでパーティー会場にとんがり帽子と鼻眼鏡のわたしだけ、って事態にはならなさそうです。熱い友情に男泣き!(女だけど)お祝い記事の例お祝い記事をソッコーで出してくれた方たちの記事です⤵️『✨祝✨ridiaさんブログ5000回記念。』祭りを所望されているので…心臓💗捧げます私がアメブロ始めて再開するまで間が在りましたが…ridiaさんは私のブロ友さんで(勝手にブロ友名乗るファン)かなり昔…ameblo.jpありがとう〜『ridiaさんアメブロ記事5000回記念 おめでとう! ①』すっかり夏の装い、いかがお過ごしですか圧いですねあっ、いえ、圧ではありませんridiaさんのアメブロ記事、5000回記念ということで、わっしょいわ…ameblo.jpナンバリングしてあるw(複数アップしてくれるっぽい。サンキュー)おひとりで複数記事アップしてくれた場合はぜんぶリンク貼ります。こんな感じで5000記事にリンク貼りますのでよろしくね〜人気ブログランキング にほんブログ村

    この記事が話題になっています

    [追記]もうすぐ5000記事だから…祝福しろ…くれ!……くださいっ!!
  3. えよ地に満てよ、こ文章から男と女が同時に創造されたことが分かります。創世記1-2-7「主なる神は土の塵でアダムを形作り」その鼻に命の息を吹き入れられた、その後アダムの肋骨の一部を切り取り女を作り上げられた。その後有名な、蛇が二人をそそのかせ禁断の木の実を食べさせるシーンへと続き、神からエデンの園の追放、となるわけですが、私たちは今まで最初にできた男と女、それと、アダムとイブの話を混同して錯覚させられていたということ、遠藤さんの言うのはこの二つの物語はまったく別の物語だということ、ここがポイントです。元々神は男と女を自分に似せて創造し、全てを与えた。ですから私たち人間は神から祝福され最初から全てを与えられた存在。この二つの物語を悪意を持ち混同して教えられてきたということ。イブという女性はアダムの肋骨を取り遺伝子操作で作られた、人以下の存在、本来は人に奉仕するための地位の低い存在、人間とは別物なのです、そして子供には女性がいないはずなのに、遺伝子操作と近親交配により増殖した、化け物たち、これが悪魔である「蛇」を崇拝する、悪魔主義者、レプティリアンのこと、それがちゃんと聖書の創世記に書いてあるということ、そしてその悪魔主義者たちが本来人間の奉仕者であるのに、真の歴史を隠し、だまし、逆に人類から全てを奪い取っていたということ、聖書の解釈においても全てが嘘。答えが最初から聖書に書いてある。アダムとイブは元々は、神が作った全ての動植物や人が使うための全ての資源を管理するために、後から別に神が創造した、人間に奉仕するための単なる「庭師」であると聖書には書かれているということ、その内容を嘘と欺瞞ですり替え、神の子である人から逆に奴隷として搾取し、殲滅させようとしている。ですから本来私たち人間が明確に「従いませんと拒絶」すれば彼らには何の権限もない、私たちには拒絶が必要なのです。そこが一番大事な結論、私たちの周りに起こっていること、すべてはこの聖書の最初の解釈の取り違えから起こっているということが述べられているのです。今日はかなりハードな内容でした、少しは分かっていただけたでしょうか、また動画を見られた方々、解釈に異議があれば是非突っ込みをお願いします。かなり内容を端折っていますので、分かりにくいのは重々承知しております、何かの機会にまたゆっくり話ししてみたいと思います、とにかく難解。  続き「エンドゥさんは   ビッグになる」!!非常に面白い動画です、最初は少し退屈ですが後半になると手に汗握るな展開になってきます、一言一句聞き漏らさないように聞き入ってしまいました、少し長いですが是非最後まで聞いてみてください、世界観が変わります。 さすが エンドゥさん、目の付け所が素晴らしい、最近ユーチューブ界隈では評価がうなぎのぼり、これからきっと大きな存在になっていかれる予感がします。【聖書から読み解く支配者層の姿】異形の存在 なぜ人類は負け滅亡するのか?さて、少し想像してみましょう。旧約聖書、新約聖書が、この地上に存在する最も誠意にあふれ、最も真実に近い書籍だと考えたとします。そうすることで、ついに私たちが、なぜ、このような生活を送っているのか?なぜこの世界でこのようなことが起こっているのか、という事がわかってきて、そして、また、なぜ、私たちに対してこのような対...youtu.be最近この遠藤さんの語り口がとても好きになり、癖になってしまいました、特徴のある力強い話し方が好きです、時々噛んでしまうところも愛嬌ですね。

    再送 聖書の闇 「神」と「主なる神」は別のもの エンドゥ劇場
  4. 木村耕一(こういち)氏の心に響く言葉より…【他人より優れていることは、 大きな欠点である】(吉田兼好/徒然草)《他人より優れていることは、むしろ大きな欠点である。身分や家柄が高いとか、他人よりも才能があると思っている人は、外見では分からなくても、心の中に「自惚れ」という悪が潜んでいる。人から「バカじゃないか」と見られたり、ひどく非難されたり、災いをも呼び寄せる原因は、ひとえに、この慢心なのだ。だから、「自分は優れている」ということを忘れるように戒めたほう がよい。》 (徒然草/第百六十七段)意外な指摘である。他人よりも優れているのは長所ではないのか。それが、なぜ、欠点になるのだろうか。確かに優秀な人は仕事ができるかもしれない。しかし兼好が「心の中に自惚れという悪が潜んでいる」と断言しているように、危険な要素を持っているのだ。まず自信過剰だから、先輩のアドバイスや周囲の声を聞かなくなる。そんな人には、今以上の向上は望めない。自分の意見が通らないと怒ってしまい、かってな振る舞いが多くなる。慢心の塊だから、他人を見下し、バカにし、人間関係のトラブルも多く発生するだろう。実例を多く見てきた兼好が「自惚(うぬぼ)れは、恐ろしいぞ」と警告しているのである。『新装版 思いやりのこころ』1万年堂出版昨今、自己肯定感が大事だと言われますが、自分で、私は自己肯定感がメチャクチャ高いなどという人がいます。「俺は自分に自信を持っている。人より優れている。負ける気がしない」と。これは単なる、自惚れであって、自己肯定感ではありません。実は、自惚れという「強がり」をいうのは、自信のなさの裏返しなのです。本当に、自己肯定感がある人は、あえてそんなことを強調する必要はないからです。「自惚(うぬぼ)れ」とは、実際の能力や姿以上に、自分を優れていると勘違いして、おごり高ぶることです。自惚れは、他者との比較です。「他人より優れていることは、むしろ大きな欠点である」本当なら、他人より優れていることは、大きな利点のはずです。ただ、問題なのは、そのことを「笠(かさ)に着る」ことです。笠に着るとは、人や自分の権威や地位を利用して、他人に圧力をかけたり威張ることです。自分の役職や肩書、年収、地位、財産あるいは、知り合いや親戚が有名人であるとかを笠に着て、偉そうにすることは本当に見苦しいものです。「秘すれば花」という世阿弥の言葉もあります。秘めるからこそ、そこに価値や感動があるのです。「他人より優れていることは、むしろ大きな欠点である」という言葉を胸に刻みたいと思います。新装版 思いやりのこころ■メルマガの登録と解除はこちらからhttp://hitonokokoro.com/■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪http://www.facebook.com/hitonokokoro■【人の心に灯をともす】のブログはこちらhttp://ameblo.jp/hiroo117/■Twitterはこちらからhttps://twitter.com/hiroo117

    たくさん共感されています

    他人より優れていることは、むしろ大きな欠点である
  5. よく「自分の思いを相手にわかってもらうにはどう伝えたらいいですか?」と聞かれるんです。これね、まず根本的に多くの人が間違っているのは、相手に伝わったかどうかを「相手を自分の思い通りにする」という基準で考えているところなの。相手には相手の考えがあるし、相手の都合もある。だから強制的にあなたの思いと同じようにさせることはできません。相手を自分の思い通りに動かすことも無理なの。ただし、あなたの思いが相手にうまく伝われば、相手はあなたを「理解」してくれます。あなたの思い通りにはならないけど、自分と違う意見でも「そういう考え方もあるよね」と肯定してくれるんだよね。大事なのは、うまく伝えて理解してもらうことなの。自分の思いをわかって欲しいときには、まず、感じよく伝えること。自分の要求を是が非でも通そうとするのではなく、楽しく、感じのいい話し方をするといいよ。それで相手が話を聞いてくれないときは、何か聞きたくない理由があるんだよね。で、あなたも「聞きたくない人には聞いてもらえなくていい」というくらいの、軽い気持ちでいること。軽い気持ちじゃなきゃ、相手は負担に感じるから、ますますこちらの話に耳を貸してくれなくなるんです。ひとりさんはいつも一生懸命しゃべるけど、だからって、聞きたくなさそうな人に無理に聞かせようとは思わないよ。私の話に興味がなければ聞かなくていいし、聞きたい人は、聞きたい部分だけ聞いてくれたらいい。私のお弟子さんですら、私がしゃべってるときに隣でご飯を食べたり、なかには寝てる人もいる(笑)だけど私はそんなこと全然気にしないの。みんな自由でいいんだ。だって、もし私が「俺の話を真面目に聞け!」なんて言えば、お弟子さんは苦しくなっちゃうでしょ?そんなお師匠さん、すごく感じ悪いよね(笑)じゃあ、「これは大事な話だからみんなに聞いてほしい」というときはどうするのかと言うと、みんなが聴きたくなるくらいおもしろく話すの。そこが力の見せどころなんだ。人に話を聞いてほしかったら、話を聞くよう強制するのではなく、相手が聞きたくなるようにおもしろく話さなきゃダメだよ。斎藤一人著『斎藤一人一人道』より斎藤一人 一人道 [ 斎藤 一人 ]楽天市場1,540円ひとりさんファンが集まるお店♪☆まるかんのお店四条店☆こんなお店です京都市中京区新町通り四条上るヴォール・ヴォラン301阪急烏丸駅、地下鉄四条駅から徒歩3分地図はコチラ【TEL】075-257-2099【営業時間】 10:00~19:00日曜・祝日休み

    たくさん共感されています

    自分の思いを相手にわかってもらうにはどう伝えたらいいですか?
  6. 満足するから満足する現実が訪れる
  7. おはようございます。今日は、今日とて、Aさんのブログ記事から書きたいのですが、別に咎めだてするような内容ではありません。ただ共感できないな~程度のことですが、まあ、書いていきたいと思います。書きたいのは、Aさんが昨晩深夜に書かれた「灼熱のマグマうんぬん、、、」の記事についてです。まずは、簡単に抜粋して引用します。*****まるで、やけどギリギリまで近くに行って、灼熱のマグマを感じる。あなたには出来ないでしょ?わたしにはわかる。だってあなたは逃げてるもの。あなたの中から沸き起こる直列すぎる感情から。でもそれだと生きている意味が半減するの。そしてそんな人ってもれなくびっくりするほど魅力がない。せっかく生まれて来たなら思い切って外に飛び出してもう死ぬ気でこれ以上ないほど自分を生きてみる。灼熱のマグマのような感情のギリギリまで寄る。本当に勇気ある大人というのはそういうことが出来る人のことだと思うの。*******要するに、とにかく「動き回って感情的に生きろ」と、こういうわけです。①じっとするな。とにかく動き回れ。②起った出来事にいちいち感情的になれ。とまあこれが、Aさんの主張です。さて。ここからが私の個人的意見になります。感情的になる事を、私はあまり好ましいとは思いません。何故かというと、意味がないから、です。感情って、結局、煩悩(エゴ)なんですよね。自分にとって良い事を嬉しく感じ、喜ぶ。自分にとって良くない事を悲しく感じ、怒る。ただそれだけです。喜んだり、怒ったりしても、現実は変わりません。ただただ、自分の大事な「心」が疲弊するだけです。疲弊し、摩耗していくだけです。感情にふけるのは、麻薬と同じで、中毒性があり、かつ、耐性を持ちます。今までは我慢できた事にも、段々と我慢できなくなり、ほんの少しの不愉快ごとにも強い怒りを感じるようになります。今までは少しの嬉しい出来事に、強い喜びを感じていたのに、段々感じられなくなり、もっと強い刺激を求めていきます。人間の感情は、使えば使うほどエスカレートしていく、という傾向があるからです。だから私は、感情に翻弄されるのは、私個人としては、避けるようにしています。ちょっと腹立ちそうになってるぞ私、と感じたら、すぐにその事から気持ちをそらして怒りを逃しますし、自分にとってメリットのある事が起こった時も、不必要に舞い上がらず、淡々と嬉しく思う、程度におさめます。小池龍之介さんというお坊さん兼作家さんがおられまして、私はわりと好きで、よく著書を読むのですが。「考えない練習」という本の中で、彼はこういう風に言っています。******** 私達は、常に、意識を通じで、様々な刺激を受け取っています。そうした刺激に反応すると、心に衝動が起こります。この心の衝動エネルギーのうち、大きなものが『心の3毒』です。つまり、『欲』『怒り』『迷い』です。こういう心の衝動が暴走すると、自分がしっかりと生きているという充足感が欠落してしまいます。 心の衝動が暴走する人は、自分では見たり聞いたり触れたりしているつもりでも、実際にはノイズに心を奪われてる為に、フレッシュな情報が入ってきません。過去のノイズが残響していて、五感が鈍り、ぼんやりとしているのです。現実そのものではなく、感情に耽った報いとして、人生に対する実感がスカスカになり、幸福感が損なわれるのです。 目の前のことに飽きて、別の刺激を求めるようになる心の衝動エネルギーを『迷い』と言い、迷いの煩悩は、無知の煩悩でもあります。 激しい感情ではなく、深い慈悲をそだてる。例えば、亡くなった方の供養に際して大切な事は、いつまでも嘆き悲しみ泣き続ける事ではなく、『亡くなった方が穏やかでありますように』と念じる事です。  自分では、亡くなった方のことを思っているからこそ、嘆き悲しんでいるのだと認識していても。実際は自分にダメージを与えつつ怒りの波を発していますから、もし亡くなった方にエネルギーが届くとしたら、それは怒りの波でしかありません。その方の為を思うというエネルギーは一切ないと申せましょう。 お互いが心を律していくことによって、親子であれ、師弟関係であれ、恋人であれ、同僚だであれ、真の善友になれるかどうかが決まります。 降伏する勇気を持つ事です。誰もが負けたくない、張り合いたいと思っていますから、降伏すると負けるような気がします。でも、実際には、先に降伏できる人のほうが、鍵を握る事になります。まずは、人に負けたくない、自分の歪みを見たくない、見せたくない、という慢のプライドを捨てる事です。*******この考え方に、私はとても共感しますし、こうやって生きていきたいと思っています。出来るだけ心を静かに、むやみに波だてず、整えて過ごしたいと思っています。そうなりますと、どうしても、Aさんの主張する「感情的になれ」という主張には、背を向ける事になりますね。ま、人それぞれ、という事で 笑。今日はこのへんで終わります。

  8. (ひとしずく・種まきパート3 石地に落ちた種)山の紫陽花 |からの続き~友人からのメール~種まき パート4 茨の地に落ちた種 近所に住んでいる叔母が、もう畑仕事ができないということで、私たちがやりたいなら自由に畑を使ってもいいと言ってくれました。息子や私は畑仕事はいつも母の指示に従ってやっていますが、母が、息子に自分はもう体力もないから、叔母から貸してもらった畑は好きなようにしたらいいと言いました。息子は半分嬉しそうに、また半分緊張気味に、そのチャレンジを受け取りました。翌日早速、息子と私は、叔母の畑に行きました。畑は、これから息子が主導権をとって取り組みます。私は、秋田にいる時はできるだけ畑仕事を助けますが、秋田にいない時も多いので、最終責任者にはなれません。息子は、どこに何を植えるかということについて、母や私に相談もしますが、最終的には彼が決断します。 息子は、カボチャを今耕している畑の端のところに植えることに決めました。畝になっている場所の一番外側のところです。その畝のところをさらに深く掘って、そこに肥やしを入れます。しかし、鍬がかなり沢山の紐のようなものに引っ掛かります。良く見ると、スギナの根でした。柔らかいのですが簡単に切れません。太い根が畑の中にしっかりと這っているのです。叔母が体力が衰えて、もう作物を作らなくなってしまった場所から、どんどんと作物を栽培している箇所に侵入して来ていたのです。 私は鍬で掘り起こしては、土からその根を引き抜きました。時間のかかる作業です。しかし、もしこれを取り除かないなら、せっかく種を植えても、この強いスギナが作物に行くべき栄養を吸い取ってしまい、その成長をふさいでしまうでしょう。まさしく茨に落ちた種のたとえ話のようです。 イエス様は言われました。 「ほかの種はいばらの地に落ちた。 すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。 ・・・いばらの中にまかれたものとは、御言を聞くが、 世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、 実を結ばなくなる人のことである。」                  (マタイ13:7,22)このイエス様のお話から、神様が私たちの人生において計画され、望んでおられる実を結ぶために、私たちは自分の優先順序を正さなければならないのだと思います。 私たちはこの世にまだいるので、世から完全に隔絶されることはできず、ついこの世の心づかいに惑わされてしまいます。しかし、そのまま流されてしまうなら、イエス様が言われているように、実を結ばなくなってしまうのです。したがって私たちは、常にこの世にあって神様の御心を行うために、私は神様の思いを第一にして、主のために時間や、関心、注意を捧げているかと自問して行かなければならないのだと思います。私も昨日はそのことを自問してみました。自分は主の思いを第一にしているだろうか?主が今私にするように望んでおられることは何だろう?と。そして、すべき仕事は山積みありましたが、主は母親と妻と子供たちを裏山に連れ出すよう示されました。一昨日は雨だったので、昨日は畑が濡れていてあまり良い畑仕事はできません。きれいに晴れていて、すぐ近くの山に行くには最高の日でした。 主は、私たちによく達成やゴールに捕われるのではなく、周りの人の心の状態に関心を払い、それを優先すべきだということをいつも思い起こさせてくれます。 主は、「まず」神の国と神の義を「求めなさい」と言われました。主は、私たちが誰かに愛や励ましを示したりすることを喜ばれ、また望んでおられます。聖霊が、今、家族を連れ出す時だとささやかれるなら、それは、私が今、優先すべきことなのです。 しかし、主が聖霊を通してささやいて下さっているのに、自分の思いが強くて、自分の達成事項、要求事項に夢中になったり、また人にどう見られるか、というプレッシャーに影響されているなら、それこそ、伸びた茨にふさがれ、実を結ばなくなってしまうことでしょう。「まず神の国と神の義を求めるなら、必要なものは全て添えて与えて下さる」という神様の約束をじっと思い、今、何が神様の望んでおられることか、神の国と義を求めることは何なのか、神の国の芽を塞ぎ、妨げとなる雑草とは、自分にとって何なのかということをしっかり見極める必要があると思います。 心に蒔かれた主の種を、大切に忠実に世話し、豊かな実を結びますように。「兄弟たちよ。 そういうわけで、神のあわれみによってあなたがたに勧める。 あなたがたのからだを、神に喜ばれる、 生きた、聖なる供え物としてささげなさい。 それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。 あなたがたは、この世と妥協してはならない。 むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、 何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、 かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。」                          (ローマ12:1,2)過去記事(hitoshizuku 1176)パート①から読まれたい方は(ひとしずく・種まき) 一粒の麦が地に落ちなければ |ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆はじめての方へ | 休息と癒し(kyusokutoiyashi.jp)心の友イエスホームページを開設しました。https://kyusokutoiyashi.jp/www.youtube.com 「ダーク・トゥ・ライト」https://darktolight.jp私達が主の御声を聞くことにおいても成長できますように。「ひとしずく」の感想、関心のある方は、dorcas12@gmail.comへご連絡ください。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○長女さんが見た夢の話なのですが私の友人に関する夢を3日連続で見たのです全く何も考えていなかったのに、何でだろう?って感じでしたしかも長女さんが「そこの家で柴犬飼ってる?」「その家に○○ちゃんという名前の子いる?」って私に聞いたくらいなので、友人のことを詳しくは知らない状況でしたでも内容があまり良いものでなかったので、これをわざわざ話すのはやめておこう・・・気分を害するかもしれないから・・・しかも私が見た夢じゃないし・・と思ったのですでも、それから2週間後に、なんとその友人に会う機会がありました他にも数人いたので、やはり夢のことを話すのはやめておこうと思ったのですが何かの折に少し気になって(聖霊が導いて)「最近、娘があなたの夢を見たのですが・・・」と話しかけると食事の前だった事もあり、「後から聞こうかな?」と言ったので、再び、やはり話すのはやめよう・・・と思いましたもうそのことはすっかり忘れていた時に、友人が「あの~・・、夢の話だけど聞かせてもらえないかな?」と切り出したので今度ばかりは話すべきだと思い、3日連続で見た娘の夢を話しました友人は思いもしないことだったようで、最初は「う~ん」と考えていましたが「きっと主が警告して下さったんだね、実は思い当たることがあるんですもっと、そこにフォーカスしないといけないんだね。私の為に祈ってもらえますか?」と言うので、その場で一緒に手を繋いで祈りましたそして私も、聖霊が導いたことよりも、人からどう思われるか?とか人への気遣いを優先してしまったことを悔い改めましたそして友人も、何も知らない長女さんの夢を通して主が与えて下さった警告と受け止め、感謝して祈りました私も、友人のような茨の根もサッサと取り除くことをいとわない柔らかい(謙遜な)土になりたいと思いました友人のように喜んでいろんな所で種まきをする農夫のようにもなれたらいいなと思いましたほかの種は良い地に落ちて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。(マタイ13:8)感謝します*:..。o○☆゚・:,。*:.                             (2019年5月ももちゃん)*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆          カルミアの蕾はコンペイトウみたいだね今日もありがとう~

    たくさん共感されています

    (ひとしずく・種まき パート4 茨の地に落ちた種)3日連続の夢
  9. 年頃) という画家作品を中心に、前文明、あるいは前々文明にどのような大災害が起き、いったいどのような存在が我々の世界を侵略していったのかを考察します。参照https://youtu.be/pm62nVUa_QMエンディングの歌 Avemaria 宮澤さんhtt...youtu.be以前一度見てもらいましたが、この動画の6分30秒あたり、ずっと天国のような生活を続けていた人の文明に、天空からポータルのようなものを通じて悪魔なる勢力が侵入し全てを破壊し、文明をリセットして行くシーン、絵の中ではありますが凄まじい破壊が起こる、これがマッドフラッド、そうするとこの聖書のシーンとこの創世記の物語とこの話が全てリンクしてくるのです、問題は年代です、人類はこのようなことをたぶん今まで6回繰り返している、それは人類そのものの罪穢でもある、そして一番最近が180年から200年前に同じことが起こっているのではないか、ここ数日考えに考え抜いて色々なインスピレーションをいただきました、いかがでしょうか皆さんの感想を聞かせてください。金の子牛 - Wikipediaja.m.wikipedia.org蛇は悪魔なる崇拝の対象として、例えばモーゼの前に現れ黄金の牝牛を作らせ偶像を崇拝させ、モーゼの怒りを買う、また、金と嘘と憎しみ、欺瞞により人類の奴隷化が推進していく、ウォール街にある黄金雌牛の像

    再送 しつこく「主なる神」の考察 エンドゥ劇場
  10. 《ランチ探偵》水生  大海
  11. バシャール:”普通でいる事”に執着。自分らしくいる事に対して決して恐れてはいけない。
  12. 昨日の続きです。以ネタバレ「鎌倉への憎しみが抑えきれぬところまで膨らんでおります」そう泰衡に伝え、義経が戦を引き起こす危険性があることを示す義時。父・秀衡の遺言では、義経を大将軍にして鎌倉方から奥州を守るよう言われているのに、泰衡はどうも戦を避けたかった様子。そこを見抜かれて、義時につけこまれた形。武人として名高かった、異母兄で義父の、国衡の勢力が大きくなることを警戒したのか。外交でこの難局を切り抜けられる見込みがあったのか。史実含めてよく知りませんが。新しい御館(みたち)となった泰衡のこの弱腰が滅びの道への発端かのように描かれていました。ちょっと平宗盛を思わせる、貴公子風な泰衡の性格が記録上はどうだったのか、気になる~なんせまだ35とも25ともいわれる、新・御館。親族やら有力豪族やら、周囲に体制を支える人々は大勢いたはずですが。出てこなかったね~「戦など、誰がするか。わたしは鎌倉殿に盾突くつもりはない」「あのお方がどこまで信じてくださるか」「どうすればよい」聞く?普通?鎌倉方に?「手はひとつ」振り返った義時の顔!憂いを秘めながらも~ワルの顔「九郎殿の首を取り鎌倉殿へ送り届ける。それより道はありません」頼朝の指示通り泰衡を焚きつける義時。それを聞いている人がいた~泰衡の弟・頼衡。「兄上! なりません。亡き父のお言葉をお忘れですか?九郎殿を総大将とし、鎌倉方から奥州を守れ、と」「平泉の行く末は、わたしが決める!!」兄の言い放った言葉を聞いてピンときたらしい頼衡「なにをしに平泉に来た」背中を向けて座っている義時に呟き、刀を抜いた「おまえの魂胆はなんだ!!」向き合って、おのれも刀を抜こうとした義時より早く、庭から駈け込んで来たのは~善児今回は義時を守るのがお役目でした。義時を斬ろうとする頼衡を背後から押さえ、小刀で首筋をひと突き宗時のときと同じ?呆然とする泰衡に、義時、叫ぶ「泰衡殿!!」今度は憂いを秘めず恐ろしい顔で泰衡につめ寄る。「もう、後には引けませぬ」弟を殺されてしまったことを周囲にどう説明するか。鎌倉方の使者である義時の首を取るべきなのか。取れば鎌倉方を完全に敵に回すことになる。先に刀を抜いたのは頼衡。泰衡の頭の中ではいろんなことがグルグルしたでしょうが。結果的には頼朝の思惑どおり。「種はまいた」そう言って義時は、文を託して善児を先に鎌倉へ帰してしまいます。え~危ないよ~大丈夫?自身も馬で即日、鎌倉へ立ったようで。なぜ別行動の必要があったか。よほど急いだ文だったのか。わかりませんでした。わからなかったといえば。義経の前に秀衡の亡霊が現れて耕した土をすくって撒いて義経に手をかざし、天に向けても手をかざした。・・・・どうゆう意味があったのか。わかりませんでした。けど、義経にはわかったようで。おだやかなスゴく良い表情死期を悟ったということか。「ここらが潮時のようだ」妻の里にむかって言う義経。目の前では娘が眠っている。「わたしはこんなところで死にたくありませんから」「これも運命(さだめ)だ。 諦めろ」「付いてきたくなかった。畑仕事だってしたくなかった。でも、ひとつだけ嬉しいことが。聞いていましたよ。静のこと。いい気味だわ」「そんなに静が憎いか」「京にいた時。刺客に襲われたでしょ。あの者たちを手引きしたのは私。あの女を殺すつもりだった」「おまえが? 呼んだのか?兄の策では・・なかったのか?!」お~こうきたか。なんで土佐坊昌俊を、あんなふうに描いたのか。気になっていましたが。こうゆう結論に結び付けたかったのね。里、どこまでも夫に恋をし、嫉妬する身勝手な妻でした。「おまえか・・呼んだのか。おまえが~!!」あの時はまだ兄を信じたい気持ちがあった。けど。あの刺客が来て。俺は兄を信じられなくなった。兄からの刺客だと、信じた。他の者の手引きだと、考える余地などなかった。では、兄は?義時を通して、俺を鎌倉へ呼んだ兄の真意は?父の供養へ行けばよかったのか?静が嫌がっても。しゃれこうべが本物でなくても。兄と膝を突き合わせて話せばよかったのか?(以上、わたしの勝手な想像です)もう終わりだ、となったこの時に真実を知った義経は激情に駆られて、里を刺してしまいます。「すまぬ。里・・・すまぬ。すまぬ」おのれを愛し続けてくれた妻を愛せなかったことへの、すまぬ・・なのか。なかなか泣けるシーンでしたこの後、義経は弁慶に命じて鎌倉へ向かっていた義時を連れてこさせます。「こんな時に申し訳ない。まぁ、入ってくれ」床下から通じているらしい、抜け道を通ってやって来た義時に、義経は話しかけます。弁慶は最後の抵抗のために準備。泰衡の手勢が、義経の館を囲んでいるのです。そんな時にいくら抜け道を使っているとはいえ義時を招き入れるなんて~現実味はありませんが。なぜかそんなにイヤじゃなかったです。日の本一の英雄、義経の最後ですからね。やっぱりなんか、判官贔屓なのか?引き伸ばしたい~少しでも長く菅田将暉・義経を観ていたい気持ちがあった危険なのに素直に招き入れられた義時。「泰衡の手勢が来ている。おまえが一枚かんでることはわかっている。わたしは人を信じすぎる。そう言ったのはおまえだ。あれからわたしも賢くなった。どうしておまえが静の話をしたのか、不思議だった。つい口にしてしまった様子・・だったが、あれは芝居だ。あえてわたしにそれを伝え、兄上に対する憎しみを募らせる。わたしに鎌倉憎しの思いがなければ、泰衡も兵を出すわけにはいかないからなぁ」途中、弁慶の武装披露&別れの挨拶が入りました。ふたりとも明るくて。そこが泣ける~さすがの演出ですよ!三谷さん。「自分の手は汚さず、泰衡にわたしを討たせる。兄上の考えそうなことだ」「それがわかって・・何故」「そこまで兄上にとってわたしは邪魔なのか?そう思うと、どうでもよくなった。この首で、平泉が守れるなら、本望だ」守れないんですけどね~「見せたいものがある」そう言って義経はなにか持ってきます。「ここに来てからいかに鎌倉を攻めるか。いろいろ考えた」さすが戦バカやはり危険分子じゃない!!頼朝の判断は正しい。義経は絵地図を広げてあれやこれや、鎌倉攻略について語りだします。「三浦を味方に付けておく。親父でなく息子のほうだ。あいつは損得がわかる奴だからな」ここだけ笑えたので書き記しておきます。戦のこととなると生き生きしてしまって。もうすぐ死せる人だと思うと・・・ここも泣ける、尾を引くシーンでした。静も、里も、義経も。不器用だけれどおのれに正直でおのれらしく生きたのかもしれません。”打入鎌倉目安條々”と題された、作戦をまとめた書を義経は義時に託します。頼朝に見せてどうしたいのか。鎌倉を守るための参考にしてほしいのか。「梶原景時。あの者ならきっとこの策の見事さをわかってくれるはずだ」義経はそう言いましたが。景時をうならせたいだけではないと思いました。頼朝の名を出さなくとも義経はこれを兄に見せたいのだと感じました。おのれの価値を最後まで認めてほしかったのかな~「行っていいぞ。来た道を通って行け」弁慶の戦いぶりをおもしろがって覗いている義経を置いて、去る義時。帰り着いた鎌倉で、義時の報告を頼朝は仏壇の前で~背中で聞きました。「このとおり攻められていたら鎌倉は間違いなく滅びていたことだろう」義経の策の書を読んだ景時は唸る頼朝は読まなかったのかな?なんかスゴく見事な筆で。以前の義経の書(義仲を討ち取った時の)とはずいぶん違う祐筆にでも書かせた?なんていらんことも考えちゃいました泰衡から義経の首が届いたようで。頼朝がひとり向かい合っていました。史実では鎌倉には入っておらず、腰越で、梶原景時・和田義盛らに首実検され、その後片瀬の浜に打ち捨てられたとされます。けど、この大河では頼朝は首に話しかけ首桶にすがりついて泣いていました。「九郎。よう頑張ったな。さぁ、話してくれ。一ノ谷、屋島、壇ノ浦。どのようにして平家を討ち果たしたのか。おまえの口から聞きたいのだ。さぁ・・九郎・・・九郎・・話してくれ・・・九郎」小さく”すまぬ”とも言っていました。歴史上の頼朝が決して口にはしなかったけど心には思っていた?その気持ちを代弁したかのようでした。これが日本人が望む定番の頼朝と義経だ~菅田将暉の義経はいろいろ破天荒で、かなり新しかったですが、ここは定番どおりで。引き裂かれた兄弟。兄を思い、弟を思う。なのに、生きて手を取り合えない。日本人好みの悲劇の形は変えず三谷さんは見事に新しい義経像を構築してくれたと思います。菅田将暉さん、お疲れさまでしたいきなり野武士を殺しちゃったときは、どうしようかと思っちゃしましたが。生涯心に残るスバらしい義経でしたしばらく義経ロス確実だわ。浩市さまの上総介ロス、超えるかもけど、けど!予告によると~とうとう瀬戸康史さまの登場わたしの愛する、五郎時房さまの初出演だ~時房は改名後の名で。最初は時連(ときつら)なのですが。大河ではきっと最初から時房だろうな。彼が登場するということはいよいよ比企の乱が近いということです。記録上も美形と伝わる。大姫より3歳年上。りくが、のちの正範を産むようですし金剛こと泰時も、ひょっとして成人姿になってくるかな~来週は北条の家が中心に事が運ぶかもしれません。とうとう頼朝上洛のようですし。時政パパの活躍、楽しみ次週も期待〔紀行〕岩手県平泉町中尊寺・金色堂毛越寺・浄土庭園柳之御所遺跡衣川接待館遺跡高館義経堂お読みいただき、ありがとうございました。

    大河ドラマ「鎌倉殿の13人〈20〉帰ってきた義経」②
  13. 日本の美学者として戦前から戦後にかけて活躍した中井正一。京都学派の流れを汲みつつ、中井美学と呼ばれる独自の美学理論を展開した彼は、実践家として様々な形で生涯にわたり美を追究し啓蒙して来た。その強い意志は、戦前より蔓延したファシズムに対しても真っ向から勝負を挑み、結果的に治安維持法違反で検挙されるのであるが、その不屈の闘志が冷める事は遂に無かったのである。戦後は、出身地広島にある尾道市立図書館の館長を経て、初代の国立国会図書館副館長に就任し、戦後の混乱期によって散逸した図書類の結集と図書館法の制定に心血を注いだが、胃癌のため52歳の若さでこの世を去ったのである。近年では中井のメディア論が再注目されているが、美学に関する数々の評論など、時代を経ても朽ちる事のない普遍性をそこに見出す事ができる。中井の「過剰の意識」は、『シナリオ』という雑誌の一九五一年七月号に掲載された随想である。実は、せんだって紹介した綿矢りさの「ひらいて」の作中に中井の「過剰の意識」が登場するのである。高校の現代文の授業中に、主人公木村愛が恋をしている相手、西村たとえが「過剰の意識」を朗読する場面がある。そして、この「過剰の意識」の内容が主人公の心情と密接に結びついている所にも注目したい。さて、「過剰の意識」の本題に入ろう。作者の旅の目的は分からないが、新泻糸魚川の名勝として知られている「親不知子不知」へバスで向かっている時の様子が冒頭に描かれている。ご存知のとおり、親不知子不知は、日本海に面した断崖絶壁が長く続く海岸で、古来より交通の難所として知られた場所である。断崖と海との間に残されたわずかな岸辺を通行するのは困難を極め、「たとえ親子でも、お互いを気遣う余裕がない」ことから「親不知」等と呼ばれるようになったとされる。この自然の雄大さを満喫できる名所に向かうバスの車内で、ひとりの青年が感動のあまり思わず声を上げるのである。「ああ海はいい、海はいいなあ……」といって、一直線にのびている黒い日本海の水平を、むさぼるように凝視しつついうのであった。その青年は、肺を病んでいるようで、温泉療養のために新泻までやって来たのである。青年は隣の席に座っている中井に対して、興奮冷めやらぬ様子で、自然の美しさについて熱く語り続けた。「単純な、静かな、この一直線はどうです好いですなあ。私は東京から体を悪くして故郷の山奥の温泉にいくんですが、東京にはこの単純な美しさがありません。男の子と女の子が、山の奥でただ愛しあうというような単純な美しさがありません。……」その話を聞きながら、中井自身、三年にも及ぶ東京生活をかえりみて、青年と同じ感覚を共有しながら、都会生活の重苦しさについて、あらためて考えてみるのである。朝の満員の省線電車の中にラグビーのごとく突入して、ひしめくおたがいの中にわきいでる無意味な憎しみ、肌と肌をこんなに密着しながら、顔と顔を、こんなに寄せあいながら、おたがいに理由なく、水のようにみなぎっている憎悪の中に沈みゆられているのである。都会に住んだ経験が無くとも、ラッシュ時の電車に乗り込んだことがあるなら、誰しもが経験する満員電車のあの熱れるような苦しさ。あらゆる人間集合の中でも最も濃密で、それでいながら誰もが望みもしない、あの生き地獄のような空間について、中井は独自の視点で掘り下げてみる。なぜ、あれだけ不自由なのか、あれだけ無感情なのか、人間文明の弛まない発展という栄光の中で、あのような苦行の空間を生み出さずにはいられなかったのはなぜか。のみならず、科学技術の発展によって絶えず獲得されてきた多種多様な利便性にもかかわらず、現代人の内面は憎しみや悲しみに覆われて、神に付与されたはずの万能な精神領域が跡形もなく崩壊するという危機に瀕している。中井はそれを過剰な意識による弊害であると捉えた。現代人の欲望は、文明や科学の発展によって十分に絶えず満たされてきた。もはや充足を超越して受容過多となり、謂わばその過剰さによって、新たな精神的問題に直面しているのである。なにが過剰といって、情報ほど過剰なものは無いほどに、我々は日々、時事刻々と膨大な情報に埋め尽くされている。それを捉えようとすればする程に、小さな事に囚われては神経を無駄に酷使する。私たちは常に口を開けば「現実」といっている。しかし、この現実について、私たちが何を知っているだろう。いわゆるサマツ主義といわれるトリビアルな眼前に見ている以外のほんとうの現実の何を知っているといえるだろう。我々の現実とは、瑣末なモノの集積の上に築かれた世界の中を漂泊しているようなものなのかも知れない。瑣末主義に陥れば陥るほど、忘我となり己自身が何であるかさえ失いかねない恐ろしさを感じてしまう。それは人間に備わる最も基礎的な動作である、手足の動きでさえも、知っているようで実は知らないのである。私たちはただ受身で立ったり歩いたりしているだけである。知っているという以上、この手の骨格が、足の骨格から変わってきた何万年かの百年ごとの変革ぐらい知っていてよいのである。だのに何も知らない。人類が二足歩行を始めてから二十万年の歳月が経っているという。初めて立てた時の喜び、初めて手で物を投げた時の驚き、そして、初めて言語を用いた時の愉快さ。いずれも我々の遠い祖先がきっと感じたであろう原初的な感情の数々。知識と呼ぶべきものが、現代の我々のそれに比して殆ど存在しなかったからこそ、逆にその感受性はどこまでも純粋無垢で、無限の想像性を秘めていたと言える。彼等の驚喜というものは、たどたどしく、奇声を交えたヘンテコな声を伴うものであったかも知れないが、誰に衒うわけでもなく、何の予備知識からも邪魔されることのない、嘘偽りのない純正の喜びであったに違いない。たとえ五千年の歴史が、どんな誤りを犯していても、この二十万年の驚くべき現実に比べれば、四十日のすばらしい旅行の最後の一日に風邪をひいているようなものである。人類初の文明が誕生してから凡そ五千年前。この五千年のあいだに人類は急速に発展し、科学や芸術、そして経済といった人類独自のシステムを矢継ぎ早に構築し、その変動の速さは年々スピードアップしているような気がする。しかし、その急速な進化の陰で、我々は原初の感情を失いつつある事もまた事実である。中井にとって、こうした原初の感情こそがもっとも大切な精神を支える支柱であり、芸術の源泉でもあり、二十万年の人類の歴史の中で勝ち取ってきたかけがえのない勝利であると考えていた。二十万年の勝利の跡が、今の、どの街のどんな隅にもころがっているのである。私たちの肉体のどの隅ににも。 嘘だと思うなら、立ちあがって歩いてみろ、嘘だと思うなら独言いってみろ、その簡単な事実こそが、二十万年の勝利のしるしである。ありふれた日常の中にこそ、真に大切なものが潜んでいる。当たり前の中に、人類の壮大な歴史の中で少しずつ醸成されてきた真実が隠されている。情報が右から左へと絶えず目の前を掠めて通りすぎると、目の前のものに心が奪われがちになる。そして、様々なものを圧殺されながら、感情が疲弊して心に余裕がなくなり、精神が亡霊のようになっていく。我々に今必要なのは、当たり前の事象に目を向けて、物の価値を再発見していく事ではないだろうか。その営為の中で、これまで思いもしなかった新たな発見にとつぜん出くわして、驚嘆し喜びを感じる。冒頭のシーンで、バスの中の青年が、自然の絶景を眺めて歓喜の声を上げる姿に、作者は人の本来のあるべき姿を重ね合わせたに違いない。肺を患っているその青年にとって、その旅は、もしかしたら人生最後の体験だったのかもしれない。しかし、親不知子不知の絶景を眺めては、我を忘れてはしゃいでいる彼の発見は、彼の人生を荘厳し、今生の忘れ難い思い出となるに違いない。ありのままの世界をありのままの心で受容できることの大切さ。それこそが真実に近づき、美しいものを美しいと当たり前に感じられる感性を育むためにも、今もっとも必要なことなのかもしれない。評点★★★☆☆

    たくさん共感されています

    中井正一「過剰の意識」
  14.  もう、何度も言ってますが、コロナ禍は、メディアと専門家のタッグが一番の諸悪の根源だと考えています。こないだは、このタッグの様を往年の女子プロレスのタッグコンビのビューティーペアにしてみました。今度は、特撮物で二人が合体して変身するもので替え歌を考えてみます。コロナ利得者の立場からの歌になります。 私の知る限りウルトラマンシリーズで二人で変身する唯一のウルトラマンの「ウルトラマンエース」の替え歌で「シンコロゴミエース」です。トオルとシゲルは、もちろんメディアと専門家を象徴する人物名です。思えば、エースに変身する片割れの南夕子隊員がすごく美人だったのが子供ながらに印象に残っていますね。遠くシナの 武漢の町にコロナの 流行が始まって東シナ海 遥かに超えてお船とともに やってきた今だ結託 トオルとシゲル煽れ煽れ シンコロゴミエース利権のエースPCR使って すばやい増やしトオルのキレ芸が 恐怖呼ぶ保健所の手入れが 施設にのびて知事がせまる クラスター今だ結託 騒ぎをよんで いざゆけ いざゆけ シンコロゴミエースぼくらのエース煽れ煽れ シンコロゴミエース利権のエースデータを隠し 素早いPR二人の言葉を みな信じ僕らの町が 宣言に揺れて愚民が迫る 怖い注射今だ結託 騒がせヒーローいざゆけ いざゆけ シンコロゴミエースぼくらのエース煽れ煽れ シンコロゴミエース利権のエース

  15. 日が訪れるとは『源物語』紫式部いつかは読んでみたいと思っていた古典に、遂に手を伸ばしてみました古典は難しい読みづらい私には無理だなどのネガティブなイメージを覆してくれた角川ソフィア文庫から出ているビギナーズ・クラシックスシリーズに出会ったのですこちらのシリーズは、たくさんの古典作品がとっても読みやすい文章で書かれておりますおかげさまで、古典にめちゃくちゃ苦手意識があった私でもスラスラ読めました♡そして、まず初めに読んでみようと思ったのは『源氏物語』恐らくタイトルを知らない人はいないであろう世界最古の長編小説とも言われております。とても高貴な印象ですが、私がこのビギナーズ・クラシックスで読んだ率直な感想は...いやいや、光源氏はっちゃけすぎやろ!!!です。笑 本当にたーーーくさーーーんの女性との色恋沙汰を繰り広げております。笑私の感じ方が稚拙なのかもしれませんが、海外ドラマ『ゴシップガール』の、更に何倍もはっちゃけてるような感じ(例え下手)とは言ってもさすが千年も語り継がれる最古の小説です面白くてどんどん読み進められたし、平安時代の華やかな文化や王朝ロマンを感じたり千年前でも、やはり人は同じように恋をして温かく幸せな気持ちになったり、悩んで、嫉妬して、失敗したり...みんな変わらないんだなーと思うと、とっても不思議で、ほんの少し千年前と繋がれたような気分にもなりましたそうそう、とっても読みやすいこの本ですが、ひとつおすすめなのは相関図を書くこと!!登場人物が多すぎて、名前の呼び方も昔なので馴染みがないし、誰が誰の娘で誰と誰が兄弟でとか分からなくなってそうなると一気に「わからーん」って拒否反応が出ると思うので私は相関図を書きながら読んでいったのですが、これがとっても役に立ちました!(ちなみにA4でも収まらないくらい出てきます)長くなったのでこの辺にしておこうと思いますが、本当にこのシリーズと出会えて良かったです私のような古典苦手意識ありな初心者でも敬遠しないような工夫が随所に見られて、出版に携わった方々に本当に感謝です˚✧₊⁎このシリーズは既に3冊目を読んでます少しずつ読み進めて、いつかこの和風の可愛い表紙をずらーっと並べた写真をお見せしたいです最後に、帯に書いてあった素敵なキャッチコピーのご紹介ですいつか読もうを、いま読もう。うーん、なんて響く言葉♡改めて、何百年、何千年も前の人が書いた文章を読めるなんて、とても尊く有り難いことだなと感じました*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*最後までお読み頂きありがとうございました☆ちなみに、2024年の大河ドラマが紫式部の『光る君へ』に決まりましたね!ちょうど源氏物語を読んだ矢先のニュースだったので、とっても嬉しかったし驚きました♡ そして主演は吉高由里子さん˚✧₊⁎ 吉高さんのドラマは面白くて好きなものが多いので、今から楽しみです(*´꒳`*)♪

    たくさん共感されています

    『源氏物語』 紫式部
  16. 令和4年5月24日(火)午前5時~午前5時40分朝起会リモート参加日本時間午前7時24分長男から「スタバの一号店」と一言ラインどの地域での1号店なん?○○も並んでるん?そんなに人気があるんところでスタバってもともとどこの国のカフェなん?「全世界のスタバの一号店元々はシアトルのカフェやから一号店やからめっちゃ人来るとりあえずコップとか買うといた」今までもスタバのカップ長男からもらってきていますここにまた増えますへぇ~~ということはシアトルに出張中??シアトルってどこだ??ここか「この後マリナーズの試合観戦に行く」楽しんでね写真下さい銀行の先輩方とのグループラインは試合の話でいつも盛り上がっています私にはさっぱりわからないけどみんなに画像を送りたいですそこで先輩方から息子さんの推しの球団はどこですか?と聞かれ「強いて言うならスポンサーしてるし大谷がおるしエンジェルス」・・・・・スポンサー??○○の会社が???「ぬいぐるみなかったっけ???」あ・・・・これか??あらほんとだエンジェルスって書いてある球場から画像が届きました「イチローのユニフォーム着てる人まだまだめっちゃいる」と言うことはイチローがいたのがマリナーズというチームってことやね??先輩方からはマリナーズの試合は午前10時40分からですとラインが来ましたがわたしはランチに行きます息子にはテレビカメラに手を振って下さいと伝えて午前9時53分午前10時37分神戸クックワールドビュッフェ開店は午前11時です今月から値上がりしたのですがショップカードが集まったので今日は無料です次のショップカードにもまた1個スタンプをもらえました今日令和4年5月25日(水)両母への葉書午前5時~午前5時40分朝起会リモート参加3月末から母がお世話になっている老人ホームへの書類そして3月末までお世話になっていたヘルパーさんへお電話しましたその後のご報告を兼ねてヘルパーさんの事務所の正式解約ですホームにスムーズに溶け込めたのともう一人暮らしに戻ることはないと思うからです一人暮らしを支えて下さったヘルパーさんにお礼を申し上げながら感謝で胸がいっぱいになりました午前10時半主人は図書館へわたしは昨日の暑さがこたえてて疲れが残っているのとコープの配達日なのでお留守番です2月の母の緊急入院の時にたくさんの配達品をキャンセルしてご迷惑をおかけしましたあれから様子を見ていたのですがホームにも溶け込んで母本人の口からももうマンションには戻らないという言葉も出ているようなので13年間続いていた突然の呼び出しという事態ももうきっと起きないだろうと思いコープを再開しました3年間配達をしてくれていた担当のお兄ちゃんは今日が最後で別地域の担当に変わるとのこと今日注文していて良かったです名残惜しい気持ちですがご挨拶できて良かったです一時腰痛で動けなくなってお休みしたこともありました今は気を付けてコルセットを付けているとのことさわやかで真面目な好青年ですこれからも頑張って下さいねとお伝えしました今日はゴロゴロ映画を2本観ました「食べて、祈って、恋をして(2010年・アメリカ)」「星屑の町(2020年)」3本の記事にお付き合いをありがとうございました

    長男からの画像とやり取り・月一ランチ無料・ヘルパーさんへ電話・コープ再開担当者最後
  17.   コレがキャラクターは笑えますあと少し面白かったところを追記しておきます。新しい政党について、今日本でワクチンに打ってない人が約3000万人います、DS にすれば今後この階層の人達の動向が非常に気になるわけです、それで今回新しい政党をプロデュースして、その階層にアプローチして動向を探り、上手くいけば住所や名前などもトレースすることが出来る。そのための仕掛けではないか。私の考察~このような政党を立ち上げる人の中には大変立派な方もいらっしゃいます、そのまま放っておいたらDSたちに都合の悪い存在になるかも知れない、それではどうするのか?もちろんその人達を地下施設に連れて行って儀式をさせる(まぁ最近はこう言うことも段々とやり難くはなって来ているとは思いますが)あるいはハニートラップ、あるいはその子供の周辺を使って脅す、家族などにも暗黙の脅しをかける。過去の個人情報を使って(公安や警察の極秘情報を使用する、そのために公安などを自分たちの支配下に置いている)脅しをかける、例えば子供の頃に万引きをしたとか、不倫をしたとか、そう言うことがどこを叩いても全く何も無い完全な清廉潔癖という人が世の中に一体何人いるでしょうか?しかし世の中の人は政治家に対して清廉潔癖、聖人君子を求める、だから子供の頃のちょっとした万引きをばらすといえば、もしかしたらDS に操られるかもしれない、絶対そういうことがないとは言い切れるでしょうか、それは政治家に対してそういう清廉潔癖を求める国民の思いの中にそういうものがあるからです、自分たちが国を悪くしていると言う深い洞察が無いのです。こういう考え方は一歩踏み込んで考える、と言うところが全く不足している、ちょっとした自分の嫉妬心や猜疑心などが世の中を悪くしているということに気がつかない、結局頭が悪いということです。これでは世の中は変わっていきません。テレビのワイドショーや暴露ものの話に興味を持ち、世の中を悪くしているのが「自分の心の中にある思い」であると言う事に微塵も気づけない人達の群れ、こういう方々にマスクやワクチンを止めなさい、と言ってもやっぱり無理です。結局自分がそのために不幸になっていくということがわからない。やっぱり結論は、世の中を変えていくという事は、自分の心を変えていくということ、それ以外にない。ですから色々な政治運動とか、署名活動とかいくらやってもあまり意味はないということです。全ては自分の心の奥の在り方から発生しているものなので、怒りや憎しみなどで対立した心で反対運動をしたとしても、絶対にプラスにはならない、むしろそういう事を、そういう現実を創り出しているのが自分の心の底にある心の歪みであると言うことに気づいて、あらゆることに感謝をして明るく、楽しく、波動を上げて生きる以外に現実を変える方法は絶対にありえないというのが結論です。40さんは無言の圧力が一番強い、と言っておられますが、やっぱりこれは全てを自分で決定し、何が正しいかを模索して自分が八百萬の神々に近づいて行く、それが一番大切と言っておられるのだと私は解釈しました。第3次世界対戦は起こるのですか?という質問に対して。緊急事態条項は成立しますか、という質問に対して。40)まず金がないので世界戦争などはもう起こすことができない。今の6・3・3制度の元では人間が  「やわ」なので戦争をすることが出来ない、そういう教育をして来ていない、戦前のように子供の頃から天皇陛下を神の様に崇めさせ、軍国主義の洗脳をしておかないと戦争など出来ない。警察や自衛隊などは思ったほど力がないし、気付いている人が沢山いるので緊急事態条項なども成立しない。今から軍国主義など創り上げていく金も人材もありません。~後半の質問部分から。もしかしたら今年中に空中から水を作り出す機会が発売されるかもしれない、家庭用だったら200万円ぐらい。そうすれば水道の中に入っている毒物ももう気にしなくてもよくなる。水素はもう充分に体の中にあるので取り過ぎても返って良くない、やっぱり酸素。今から一番良いお金の使い方は、手元に残さずどんどん使っていくということ。現金で持っているのが一番良い、日本円で。そして18のゴールドが放出されたら買えば良い。これからの技術には全てにおいて磁石、磁力がとても重要な役割を果たす、フリーエネルギー、空中から何もないところから物を作り出す、全てのところに磁力が関係している。大阪万博のあの変なキャラクターはワクチンの毒物を投影したもの。お金がないので結局万博を実行したとしても良くも悪くも何の影響も及ぼさない。今回はこれくらいにしておきます、やはりご自分の耳で何回も音声ファイルを聞いていただくのが一番良いかと思います。

    たくさん共感されています

    2040さん5月7日大坂かめちゃん 新しい政党の裏
  18. このひと月、ツラい。訃報がたくさんあって、もう気が滅入っている。かつての日本での同僚だとか、若いときの友人の家族とか、それから移住仲間だった方。いずれも予期せぬ人たちのいきなりの訃報。ワタシなんかは部外者の何ものでのなく、ただの情報のレシーバーであって何かできることもあるわけでなく、当然のことながらいきさつなんかも聞けないワケで。以前、ガンを患ったテーマの説を読み、症状が進行し再入院となった本人の見舞いと称して訪れた関係者が根掘り葉掘り聞いてくることのツラさを書いていたシーンがあったから、何も聞いちゃいけないと思って遠慮し、一方でその人との交流を思い出して、ただ一人孤独に弔うことの苦しさを誰にも言えずにいる。それも立て続けにつながりのあるゆかりのある人の死を受け入れねばいけないという。その背景にはその家族のいろんな葛藤があったと思うとまたいたたまれなくなって、異国の地で自分で気持ちを圧し殺すしか手立てがなくて、悲しくてもどうしようもない。時期を同じくしてテレビで活躍されている人の訃報も知る。なんだかな。予期せぬ人の訃報はもうなんていうか言葉にならない。すでに人生の折返しを終え、ワタシはあとこんな悲しいニュースを何回聞くんだろうと思うとまた気が滅入って仕方がない。そういうときは人に気持ちを話すようにと聞いた。その人も選ばないと逆効果というのも知った。仕事も行けるし、テキトーに食事もできれば睡眠だって取れてるしたぶん大丈夫だとは思う。なので、今ある状況に感謝をしつつ大事に時間を過ごしたいなと切に毎日思っている。ではまた。

  19. ・若者の現実 (中新書)Amazon(アマゾン)836円https://www.mhlw.go.jp/young-carer/著者(厚生労働省のヤングケアラーホームページより)現在「ヤングケアラー」と呼ばれる子供の割合は中学生の17人に1人、高校生の24人に1人と言われています。参考「ヤングケアラー」・・ 本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話などを日常的に行っている子供のこと。( 上記の YouTube よりもとヤングケアラーの方のコメントより)「 ヤングケアラーって子供だから、自分から相談ができないんですよね。相談ができないと発見ができないんです。ではどうしたらいいかと言うと、子供の小さな変化を捉える為にも、我々はヤングケアラーという言葉を知ることから始めていくべきだと思うのです」「本当に助けが必要な人ほど、自分から助けを求められない」様々な 諸問題に関する本を読むときに必ず出てくるフレーズです。大人であれば、自分が抱える困難を言葉にすることができ、自分の置かれた環境に対しての改善を要求することができます。しかし、ヤングケアラーは18歳以下の子供です。自分が毎日何時間も介護や家事をしていることを 辛いと認識できなかったり、たとえ辛いと思っても それを誰かに相談することも出来ずにいます。それにより、家で勉強する時間がとれなかったり、夜間の介護により学校では眠ってしまったり、遅刻や不登校気味になってしまい、最終的に学校からドロップアウトしてしまうケースが見られます。ひとり親世帯ひとり親世帯は 全児童の7.6%。今、ひとり親世帯や共働き世帯がとても増えています。「母親が働くということ」は、そのぶんの家事労働を子供が担うということになります。私の母もワーキングマザーだったので(帰宅はいつも20時過ぎ)、妹の保育園へのお迎えや洗濯物、流しの洗い物、夕飯の買い出しや夕飯作りに至るまで 私がこなしてきました。(これらを子供が全てこなせば4時間はかかります)このような家事を子供ながらに日々こなすことは、段取りの良さや忍耐力・生活力や自立心などが身につく利点はありますが、そのような家事に加えて 介護の時間までとなれば、学校との両立は大変に難しいと思います。また日本は長寿の国であり、今後はさらにヤングケアラー人口が増える可能性があります。厚生労働省も、自宅での介護を望む国民の希望と医療費削減のために、在宅介護推進の動きをとっています。例えばシングルマザーのご家庭においては、母親は働きに出なければならず、そこに年老いた両親の介護が加われば、家事やその介護までもが子供に降りかかります。P39引用医療ソーシャルワーカーの人々は仕事の中で、未成年の子供が家族のケアをしていると感じることはあっても、専門職としてヤングケアラーをどうサポートすべきなのかに関する方向性や基準はなく、それぞれに、各自の経験や価値観に基づいて試行錯誤していることが伺えた。P49学校現場でヤングケアラーの存在は少しずつ認識されてきているものの、不登校や問題行動などが生じてからでないと支援に繋がりにくいという状況もある。本当はヤングケアラーに対するカウンセリングや支援手配は、各学校のスクールソーシャルワーカーさんのお仕事になるとは思うけれども、カバーしきれていない状況があると思います。(元ヤングケアラーの方々のお話によると)https://www.mhlw.go.jp/young-carer/子どもが子どもでいられる街に。~ヤングケアラーを支える社会を目指して~ 【厚生労働省】子どもが子どもでいられる街に。ヤングケアラーが「自分は一人じゃない」「誰かに頼ってもいいんだ」と思える、「子どもが子どもでいられる街」を、みんなでつくっていきませんか。www.mhlw.go.jp例えば 子供が支援を求めた際に、シングルマザーのうつ状態で寝込みがちなお母さんに代わって、誰が幼い子供の保育園の送迎をしてくれるのか。部屋を片付けて洗濯物をして、買い物をしてご飯を作ってくれるのは誰なのか。それらの経費のお金はどこから出てくるのか。その線引きって難しくないですか?共働きの両親に代わって家事労働をする子供もいるわけですし、どの子供に支援をして、どのようなパターンなら支援をしないのかの判断をどうしたらよいのか。今の日本においてヤングケアラーの支援はあるのか、それともないのか。どのような状況なら支援してもらえるのか、支援のお金はどうしたらいいのか。無料なのか有料なのか。「 ヤングケアラーに対する情報が、我々市民には全く届いていない」 ということが一番の問題点なのではないかと思います。大人ですらどう解決すればよいのか分からない ヤングケアラー問題が、うやむやなままに見過ごされ放置されている現状があると思います。実は、ヤングケアラーの問題が表面化し認識をされるようになったのは本当にここ最近のお話です。国も2021年3月に ヤングケアラーに対するプロジェクトチームを発足しました。https://kaigo.ten-navi.com/article/152P191教育とか福祉の人達は、「学校を休むことは、どんな理由があっても許されません。あなたはヘルパーを必要としています」と 言うだけだった。でも、言うのはするのより簡単。その人たちは、お金があるから、それができる。 でも、私たちのようにお金に困っていると、介護の人に来てもらうのはとても高かった。だから、そう言われてもただ無視していた。学校には行けなかった。お母さんの方が大事だった。「ヤングケアラー問題」については、 各家庭の問題に対して、誰がどれぐらいの援助を必要としているのか、その援助は認められるべきなのか、どう支援するべきなのか等の判断は、本当に難しいとは思いますが( 明確な判断基準がないため)、 我々大人が目を逸らすことなく、考えていくべき問題なのだろうなと思います。

    たくさん共感されています

    ヤングケアラーをどう支援するべきなのか