6/22の記事ランキング

  1. い再び眠ってしまっ旦那。SCU(脳卒中ケアユニット)を出ると、たくさん並んだ椅子の一つに義妹が神妙な顔をして、座って待っていてくれました。「〇〇(義妹)ちゃん・・・ごめんね・・・。」「お義姉さん、ごめんなさい!!兄が・・・本当にごめんなさい!!」深々と頭を下げて謝ってくれる義妹。「やめて!〇〇(義妹)ちゃんは何も悪くない!謝らんといて!」「ううん。妹として家族として謝らせて欲しい。ごめんなさい。」義妹の優しい言葉に、それまで我慢していた涙が一気に溢れました。私は今朝社長さんから聞いた話しと、LINEの内容を話しました。「信じてたのに・・・仕事だと思ってたのに・・・」義妹が、泣いている私の背中をさすりながら、ゆっくり話し始めました。「男の人は家庭が一番に決まってる。家族が一番大事なんだけどついつい仕事の愚痴とか弱い所は、嫁には見せたくなくてちょっと話を聞いてくれそうな、別に情も何もない話しやすそうな女に話しを聞いてもらったり、軽い気持ちで遊んだりしたくなるものだと思う。」私は泣きながらも「うん・・・うん・・・」と頷きながら聞きました。「私も独身だから・・・会社の既婚男性に声を掛けられたこと、正直ある。仕事の内容が分かるから、会社の愚痴もこぼしやすいんだと思う。私は他人の家庭を壊すつもりなんてないし、丁重に断ってるよ。私に声を掛けてくる人も、結局は自分の家庭が一番大事で、私のことなんて大事になんて全く思ってない。気軽に付き合えるって思われてる。」義妹は言いたくもなかっただろう話を、私に話してくれました。「お義姉さん。兄はお義姉さんの事が一番大切なのに決まってるよ。子供たちの事も可愛がってるし。絶対に家族が一番大事なはず!」そう前置きをして、私の目をじっと見ながら話し続けました。「アカンで。絶対にアカンのやけど、兄も他の男と同じで、軽い気持ちでちょっと会社の愚痴とか聞いてもらう、そういう人を作ってしまったんやと思う。アホやな。傷付く家族がいるの分かるやろうに。ほんまにアホやと思う。こんなアホな兄やけど、厚かましいお願いやけど・・・どうか兄を見捨てないでやって下さい!!お願いします!!」そう言って、再び深く頭を下げてくれました。日曜の病院、ICUの入口前の椅子には私たちだけでした。私が泣いて義妹が話している所に、お見舞いだろう人が来ました。私たちから離れた所に腰かけたその人はきっと、私が身内を亡くして泣いていると思ってるのかな・・・。旦那には女がいた。どこの誰だか分からない女の存在。旦那が元気な時に気づいていたら、泳がせて証拠集めも出来たのに。こうなっては過去のLINEから洗い出すしかない。泣いてばかりいてはダメだ。まずは女の身元を洗い出してみよう。旦那のスマホは私の手中にある。証拠隠滅される心配もない。じっくり読んでやる。旦那はもちろん、その女にも大人として、キッチリ責任を取ってもらおう!離婚するかどうかは、それからゆっくり考えればいい。待ってろスカポンタンども!!

  2. ました。スカポンタ旦那のスマホチェーーーック!!!どうやら女とは1ヶ月に2~3回会っているようです。多い時で月に4回。少ない時は0~1回。そしてLINEより電話を主な連絡手段にしていることも分かりました。着信に気付かなかっただの、今日は電話は出来ないだの今なら少し話せるだの書いてあります。けっ。スカポンタン。肉体関係を証明できるような内容はありませんでした。あからさまなエロいやり取りはありませんが「こしょこしょこしょ~~うりゃうりゃうりゃ~~」などと、お互い体をくすぐる言葉のやり取りを何度もしています。それと「あいしてるよ」も。あーーーー気持ちわるっっ!!ほんとに、サイテー。ゲス野郎め。(こうやって書いてても動悸がしてきます。)そして、女から旦那へのLINEに「今朝は寝ぼけてメールを消してしまったよ。もう1回送って」などと書いてあります。は???メール???LINEしてるのに?スカポンタン達のする事は理解不能。そして私は、ノーマークだったメールをチェックしてみました。メールはご丁寧にいくつかフォルダが作ってあります。特に名前がついてる訳ではありません。フォルダ1・2・3は?フォルダが3つ???なんじゃこりゃ?開こうと思うと、それぞれにロックがかかってます。バカじゃないの???スカポンタンめ。いくつか思いつくパスワードを入れて全部解除です。スカポンタンが考えるパスワードなんてバレバレなんだよ。ふん。バカめ。フォルダ1。どうやらこれが女とのメールです。どーでもいい内容ばかりです。「おはよう。朝ですよ。起きたかな?今日も1日ぼちぼち頑張りましょう。運転気を付けて行ってらっしゃい」まぁ、こんな感じの内容です。これテンプレート?って思うくらい、毎日毎日同じような内容。旦那も義務で送ってんじゃないの?って思うような感じです。しかも、女からのメールはなく、旦那からのテンプレートメールのみ。くっだらねーーーー!!消したからって再送させるほどの内容じゃないけど???スカポンタンの考えることって、本当に理解不能。で、フォルダ2ってなんだよ。・・・・・!!!!絶句・・・え?待って!はぁ!?!?!?!?LINEのローマ字表記の女とは別の名前の女です。LINEには無かった名前です。え?なに?どういうこと??ちょっと全然意味が分からない・・・。「〇〇(旦那の下の名前)おはよ今日はどこ行くのかな?運転気を付けてね今日も一日ぼちぼち頑張ろうね」おえーーーーーー。気持ちわる。吐きそう。なんだコイツ。明らかにローマ字表記の女とは口調が違います。確実に別の女です。でも、この女からのメールもほぼテンプレート(笑)アホみたいにハートいっぱい付けてるけど、毎日毎日同じ、どこ行くの?気を付けて。ぼちぼち頑張ろう。旦那からコイツへの返信も、ローマ字表記の女と同じ感じ。こっちもテンプレートメール状態。「おはよう。今日は寒いね。今日は〇〇へ行きますよ。××(女の名前)も運転気を付けてな」くだらない。実にくだらない。フォルダ3。もう覚悟は出来ました。まさか・・・。いや、もう絶対そうでしょ。やっぱり。フォルダ1,2とは別の名前の女です。これもLINEにはありません。こっちのメールの女はかなりイタイ頭の持ち主のようです。書いていることが相当イタイです。「〇〇(旦那の下の名前)おはよ。ずっとずっとそばにいてな××(女の名前)はここにいるよ(← 自分のことを名前で呼ぶイタイ女)繋がってるからね!!もしも、迷惑ならいってな!もうメールしないから・・・。いつ会えるの!!さみしいて言うてるでしょ!!」THE・支離滅裂!!アホ丸出し(笑)小学生の娘でも、もっとマシな手紙書くわ。支離滅裂ちゃんへの旦那の返事・・・最初は「迷惑じゃないよ」だの「彼女だよ」などと女の神経を逆なでしないように書いてましたがどうやら、だんだん面倒くさくなってきた感じの返事です。「まだ仕事中です。最近は忙しいです。」「今日は頭が痛いです」「今日は町内の行事です」いやいや、町内行事の仕事は私がしましたけど???まぁそんな訳で、脳出血で倒れたうちのスカポンタン旦那にはスカポンタン女が3人おりました。どれも肉体関係を証明できる内容はありませんでした。旦那と愉快なスカポンタン女達。4人のスカポンタンが勢ぞろいしました。もう消えてしまいたい・・・私は絶賛サレラリになりました。

  3. にくきゅん
  4. 『実はね…僕、ココちゃんと会うのって今日が初めてじゃないんだよ。』『え?私○○←(Tのバンド)観たことないよ。』『うん。僕のライブで会うのは初めてかも。』話をして行くうちに共通の知り合いが居ることに繋がった。『ココちゃんてKくんのお友達でしょ?』『うん。高校の頃からの友達。』Kと言う友人もTと同じジャンルの音楽をやっていまして私は時折、Kのライブに遊びに行っていました。(そんなKとは今でも仲良しです)『僕ね、Kくんたちと対バンしたこと何度もあるんだ。プライベートでも結構仲良くさせてもらっててKくんのライブには個人的に何度もお邪魔させてもらってるんだよ。』『そうなんだー!んじゃ今まで会ってるかもね!!』←(ちゃんと人の話を聞け)『うん…会ってたんだよ…(笑)』『あ。そっか(笑)』『Kくんの所でココちゃんのこと何度か見かけているうちに気になっちゃって…Kくんには申し訳ないんだけど…ココちゃんに会えるかも?ってKくんのライブ行ってた(笑)そしたら今日僕のライブに来てくれたから…びっくりして嬉しくて…だから一人で舞い上がって変なこと言っちゃってごめんね。』『うん。今日ね最初はTのこと『変なひと』だと思ってた。』『だよね…(苦笑)』『でもね、Tのステージ観て…すっごくすっごくかっこよくて!大好きになっちゃったよ!!』興奮気味に話す私のことをTは真っ直ぐに見つめながら『僕はね…ココちゃんを初めて見た時からずっと好きだったよ。』『……………』はい!ズッキューンねぇ…これで落ちない女子っていますか?!しかーも!←(クレアラシル)長身、細身でスタイル抜群!顔良し!優しい!才能アリ!当時の私にはですね…ハイスペック極まりない人物でしたよ!!(興奮)突然の展開にとても動揺を隠せないココ(とても純粋でした♡)一方、Tも何故か水を飲みまくると言う奇行(笑)ふわふわとした気持ちのまま何となく公園の時計に目をやると…とっくに終電の時間は過ぎていた。『あ。終電行っちゃった…』『ほんとだ。もうこんな時間…僕のせいだね…ごめんね。』『ううん。いいの。明日は学校お休みだし。』『じゃあ、一緒に始発で帰ろっか。』『うん。』『じゃあ…ココちゃんのこと教えてよ。』『何を?』『うーん…赤ちゃんの時のことから。』『長いよ(笑)じゃあ、Tのことも教えて。』『いいよ。』どちらからと言う訳でもなく自然と手を繋ぎ…その日は朝までずっと話していました。そしてその日から『いつも一緒』の二人が始まったのです。続く

  5. すが間違いなく・・です。大した驚きはなく「顔かくして変なの」って思いました。彼女の歩みはソロリソロリ遅く、ドアを出たところでキョロキョロと左右を見まわしています。3ヶ月前の探偵の証拠では堂々とホテルを出入りしている映像でしたが、今回はかなり警戒しています。やはり、一度撮られているからでしょうか。そういう点は学習するんですね(笑)そして、こちらの車の方を見たの視線が止まりました。まずい!気づかれたか!?私の車は自家用車ではなかったのですが見た事ある車だと思ったのか・・・違和感ある前進駐車が気になったのか・・・外からiPhoneが見えるのか・・・いやそもそも私の頭が丸見えなのか(笑)しかし、一瞬視線を止めたはそのまま男性の車へ向かって歩き始めました。私はすぐにiPhoneを片付け後部座席に全身を隠しました。後は2人が乗った車が私の車の前を通り過ぎるのを待つだけです。ところが、何と男の車が私の車の前を通り過ぎる時にこちらを確認するようにスピートを究極に緩めたのです。ヤバい、やはり気付かれているのか!?まぁ、仮に気付かれたところで映像はもう撮れているわけだし・・・と後から思いましたが、この時はかなりドキドキものでした。その後、スピードを緩めた男の車は停車することなくそのまま走り去っていきました。

  6. かくれんぼ♪のはずが…
  7. も埒が明かないので旦那の現状とまず何をすれば良いかを話し合いました。まず、社用車が病院の駐車場に置いたままなので会社に運ぶ。旦那の自家用車は会社の駐車場に置いたままなので、これは自宅に運ぶ。社用のガラケーを会社に預かってもらい、これからの仕事やアポについて対処していただく。私と同年代の社長さんはとても紳士的な方で、落ち着いた口調で話してくださいました。「奥さん、僕いまからそちらに伺います。都合は大丈ですか?待っていてくださいね。」程なくして社長さんが迎えに来て下さいました。まず、会社に行き事務所の机の中に、旦那の荷物で必要な物がないか確認させてもらえることになりました。自宅から会社までの道のり、社長さんが申し訳なさそうに話し始めます。社:「奥さん・・・。あちこち確認してみたんですけどね・・・  〇〇(旦那)さんの午後からの足取りが掴めんのですよ。」私:「えっ??どういうことですか?仕事に行ってたんじゃないんですか?」社:「いや・・・午前中は確かに出勤して仕事してもらってるんです。でも昼過ぎに1件取引先に寄った後からは仕事をしてる形跡がないんです。」私:「えぇ!!でも、私には夜7時にもう少しかかるってLineが来てたんですよ。だから現場で手こずってるか緊急でもあったかと思ってたんですけど」社:「いや・・・緊急の現場はあったはあったんですけどね、そこは〇〇(旦那)さんの担当じゃないし顔を出した形跡もない。他の現場もお客さんも、心当たりは全部確認したんですけどね・・・。どこにも行ってないんです。」私:「・・・・・・・・・・・」社:「奥さん、〇〇(旦那)さん誰かと飲みに行くとか、食事に行くとか言ってませんでした?」私:「いいえ。そんな話は聞いてません。もう少しかかる8時過ぎになるって連絡が来ただけです」社:「うーーん。会社の子たちが飲み会はしてたらしいんですけど、〇〇(旦那)さんそこには来てなかったそうですし。病院に会社の者が一緒に行ったなら、必ず私に連絡が入るはずなんです。午後から〇〇(旦那)さんと同行した者はいませんし・・・。」私:「・・・・・・・・」は?何言ってるの?意味が分からない。どういうこと?まさか、女???まさか・・・。そんな訳ないよね。だって・・・。でも・・・。私の頭の中は目まぐるしく色んな考えが巡ります。「あー。最悪。女だ。絶対に女だ。浮気してたんだ。不倫してたんだ。」「いや、まさか。あんなに子煩悩で優しくて家の事も何でもやってくれるのに」「いや、だけど・・・。じゃあ、なぜ足取りがつかめない?女といたなら説明がつく」「でも、違うよね?だって、私の事をいつも大好きだって言ってたのに・・・」そうこうしているうちに会社に着きました。昨日、午前中に旦那と一緒に事務所で仕事をしていたと言う人が待っていてくれました。

  8. です。では「病院で旦那の様子④」本編、行きまっす!゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚旦那はこの後も「女・・・の人・・・男・・・の人」「よく分からない。覚えていない」とモゴモゴと繰り返していました。どうしようもなくて、聞かずにはいられなかった自分。「昨日、脳出血したばかりで、まだ朦朧としているのにこんな状態の人に何を言っているんだ!!もっと落ち着いてからでいいでしょうに!!」冷静に俯瞰しているもう一人の自分が言っている。でも、この時はどうしようもない自分が勝っていました。「会社の人とは一緒じゃなかったよね??」旦那の耳元で言っている自分がいました。「午後からは仕事してないよね??社長があちこち確認してくれたんやで!午後で帰ってる、誰とも仕事してないって!午後から一緒にいた人が、病院に連れてきてくれたん??なんて言う人かな??お礼したいから教えてくれる??女の人やろ??名前教えて。命助けてもらってお礼しなきゃ!」隣に義妹がいたのに、思わず言ってしまいました。「しまった・・・」と思っても、もう後の祭り。「お義姉さん・・・私、外のベンチで待ってるね。兄と二人でゆっくり話してて」「〇〇(義妹)ちゃん・・・ごめん・・・本当にごめんなさい。」義妹と言葉を交わしていると、旦那はまた眠っていました。後で医師に聞いたのですが、脳内出血の発症後は自分の置かれている状況や、他人からの言葉をうまく理解出来ない状態なんだそうです。そりゃそうですよね。夕べ出血して倒れて、まだ脳が腫れているんですもの・・・。後に旦那に聞いてみたのですがこの時の会話は全く覚えていないようです。しばらくは、何がどうなっているのか理解出来なかったと言っていました。眠った旦那の顔を眺めながら、情けない気持ちでいっぱいでした。こんな状態の旦那に、詰め寄って質問してしまった。隣に義妹がいたのに、兄のイヤな話を聞かせてしまった。もう罪悪感でいっぱいです。一体私は何をやっているんだ・・・。信頼していた旦那から、裏切られていた怒りと悲しさ。私だけじゃなく、子供たちを騙していたのが許せない。昨日の朝見送るまでは、元気いっぱいだったのに突然、自力で立つことも、うまく喋ることも出来ないすっかり病人になってしまった旦那を見る切なさ。旦那の今後の状態次第では、もしかしたら介護が必要になるかも知れない。自分を裏切っていた人を介護なんて出来る??このまま離婚するか・・・。それとも離婚せずにいるか・・・。離婚するなら、子供にはどう説明したらいいだろう・・・。いや、あの子達にそんな負担を背負わせるなんて出来ない。お父さんっ子の娘。お父さんが大好き。週末、お父さんと過ごせることを心待ちにしている。土曜の夜は、「お父さん帰ってくるって!」の一言で「イエーイо(ж>▽<)y ☆」って大喜びしてるのに。息子は自他ともに認めるお母さんっ子。だからと言って、お父さんがいなくなるなんて彼には到底受け入れられない事だと思う。どうしよう・・・。どうしたらいいんだろう・・・。色んな感情が私の中で渦巻いています。「今日はもう、これ以上問い詰めるのはやめよう。意識がしっかりしてから、ゆっくり聞き出せばいい」冷静な自分が、どうしようもない私に言い聞かせました。「今日はもう帰るね!明日また来るから」眠っている旦那にそう声を掛けるとゆっくりと目を開けて、うつらうつらしながら「あり・・・がとう・・・」と言って、また眠ってしまいました。

  9. り弁当を作っていた旦那突然 パシャ‼️携帯の撮影音寝返りをうって 背中が丸見えになっていた私の後ろ姿を 撮っていました。今週になって朝の 汚い 部屋を何枚も撮っていたのを携帯チェックの時に 疑問に思っていた…二、三枚とかの量ではなく時計が写り込むように 何枚も撮り直していたなんか おかしい…息子のおにぎりを握る為に 起きた私私 「 なんで 撮ったの?」旦 「 何を? 」しらばっくれる旦那イライラしてくる私おにぎり作りながら異常に 話しかけてくる旦那ますます 怪しい( ̄^ ̄)息子を駅まで送って 戻ってきながら私の頭の中は 旦那の行動!私が 動けないのを撮ってオンナとバカにしてるんじゃないのか?散らかってる部屋を写真に撮って私が不能だと言うことを 証拠にするつもり?これまで うやむやにして我慢してきた 私は話し合ってきてからまた 旦那とやり直そうと決めていました。帰宅してから私 「 ねぇ!あなた 毎朝 パシャパシャ 写真撮ってるけどどういうつもり?💢」旦 「 はぁ?」私 「 まぁ いいけど💢それを 誰に送るか 知らないけどさその行動 怪しいから!💢何?なんか しようとしてる?」旦 「 はぁ?なんで そんなこと言って疑って頭 おかしいんやない?💢」多分 結婚してから こんなに向き合って 口喧嘩したのは 初めての勢い💢💢💢💢話し合いの時でさえここまで 旦那が反抗してくることがなかった私 「 お前が そうさせたんだろう?💢不信感はそう簡単に拭えないんだよ💢お前は それだけ 私を傷つけたんだよ💢💢💢」なんのために 撮ってたのか 説明しろよ💢」旦 「そんなに 疑う お前は頭おかし過ぎる💢そこまでいうなら 俺は出て行く💢」出ましたー俺は被害者である 発言ほんと自分のしてきたこと棚に上げて傷つけたことが いつも間にか チャラになってるこっちは これからも 苦しいのに💢もう 元には戻れないのに私 「 じゃあ お前の両親にも きちんと話ししてケジメつけないとね💢 そして オンナにも 慰謝料請求させてもらうからな💢旦 「はぁ?お前 バカ? 慰謝料請求しても 300万は全部とれないんだよ💢この家も 全部 やるから 俺は出て行く💢」私 「 慰謝料請求しても 全額もらえるとは思ってねーよ💢 だけど お前達には きちんと責任とって社会的制裁受けてもらうからな💢」旦那の頭の中では 私が まさか ここまでいうとは思ってなかったみたい前の私なら 喧嘩になる前に ぐっと堪えて我慢してたはず!でも もう 私の中には ここ半年で 信用できない信用させようとも思ってない 旦那といつまで暮らせるか 半ば諦めのような 感情が強くなって行ってました!お酒を毎日飲む旦那話し合いの時に 休刊日を作ることを約束させてました。守ったのは 一度だけ趣味の活動も 今年1年間は自粛するように言ってました。でも すぐに 年間の活動に参加する応募用紙を持ってきて 私にそれを提出させました。約束が違うというと 俺だけの事情で簡単に抜けられないとか ほざく💢結局 守られた約束は皆無。私への信頼を取り戻そうとする行動はこの半年でほとんどなくなりました。それが簡単にできる男です悲しいかな それが 現実です。もう 私の気持ちは変わらない…私 「 わかったよ!結局は それだけの夫婦だったんだねお前は努力出来ず 結局 離婚に向けて 進めるしかないんだろうね!了解」びっくりするくらい 冷静に返事してました。泣きもせず 旦那離婚の話を言えました。そして 旦那に私 「 お前は ここにいていい私達が 出て行くから お前の親戚に囲まれて生活 できるわけないじゃん!」旦 「 …」それから旦那の言い訳がまた 始まりました旦 「写真は別に嫌味で撮ってた訳ではないしお前の寝姿を 趣味で撮ってただけ普通に 撮ったら ダメ? 」絶対に嫌!気分悪!💢旦 「オンナとは あれから連絡とらないし二度とあんなことはしない」お前が きちんとオンナと私を話させなかったのがいけない!どうしても 信用できない!旦 「向こうも慰謝料とか怖いから 連絡とかしてこないよー」それをどうやって信用すれば良い?お前は その信用なくしたんだよ?💢オンナと話そうと電話して オンナが着信拒否した時点でお前らが繋がってる証拠じゃん!わからない方は このブログの話し合いを読んでくださいませ旦 「それはありえない!アプリ 消す時に お前から疑われてるかもって連絡とったから」それをするってことは連絡まだ取ってるかもしれないって 証拠じゃん!こうやって 疑われる覚悟しなくちゃいけないってことだよ💢お前は あの時点で 私じゃなく オンナをとったんだよ💢もう まーったく信用なくした上に私との話し合いの前にオンナと打ち合わせしたと白状しました💢バーカ バーカ 馬鹿旦那💢嘘つき旦那それから私は 一緒の空間にいることも辛くなったので多分 また これから 心が落ちる日々になる前に子供達の為に 白髪染に行ってきまーす実は 1月の話し合いから びっくりするくらい白髪が増えて 隠せなくなりました。下の子から とても 心配されるので美容院に行ってきまーす

  10. しちゃいました今日、地雷踏み続けたんです「ねえ、携帯変えたの誰か(職場で)気付いた?」うん「なんか言ってた?」パートさんになんでスマホにしなかったの?って言われたよニコニコ「で、なんて言ったの?」うちの嫁さんヤキモチ妬きだからスマホはダメって言っといたわニコニコプッチーン!はぁーーー?誰がヤキモチ妬きですか?ヤキモチじゃなくて不倫して信用無くした結果ですごめんごめん、そんなつもりないからパートさんもまた冗談言ってーって思ってるって不倫してない夫婦なら普通で終わることが普通でなくなるのわからないの?「去年の今頃は大変だったね不倫でおかしくなってあなた娘の誕生日も忘れてたねー」とわたしがチクリ。。ホントごめんなさいその時の事、全く覚えてないんだよ何してたかも思い出せないプッチーーーーン!おめでたい人ですねわたし達は毎日地獄だったのに。。そこから火が付き止まらない止まらない。。わかってるホントおかしかった悪い事して来たまちこには申し訳ない気持ちでいっぱいだよ「そんな事思ってないでしょよくもあんな酷いこと出来たねまだわかってないでしょ。。」止まらない止まらない。。なんでわかってくれないの。。まちこにわかってもらえないのが辛くてもどかしいどうしたら伝わる?いままでは調子に乗って悪い事してしまったけどもうわかったからもうないから!それだけは信じて!どうしたら信じて貰える?遠いところまでふたりで買い物行ってたんですなのに「わかったまちこに伝わらないならここから歩いて帰るから」ムキになって本気で車降りようとするですったく、子供か!!!「そんな事して伝わると思うの?後味悪いわこっちの気持ち考えないの?あなたが降りたらどんな気持ちでわたしが帰ると思ってるの?」なんで。。?わかって貰えないからわかるように歩いて帰るって言ってるだけなのに。。なんでまちこ怒るの?バカなの?よく考えて。。「じゃあ喧嘩してわたしがもういいわ!(歩いたら何時間も掛かる)ここから歩いて帰るわ!って車から降りたらあなたどう思うの?平気なの?」考え込むですそうだね、ゴメン俺が悪かった。。子供に道徳教えるようにひとつずつ教えて行かないといけないなんて。。手のかかるです

  11. い書こうと思います旦那とは、別居解消して一緒に暮らしだしてただいま2ヶ月目ほどです。この2ヶ月間もいろいろありました笑いやー、やり直すって大変っすね笑もともと期待はしてなかったけど!別居解消後、旦那をGPSで監視したり、金銭的に困窮させたりはしてません。いままでどおり、割と自由にさせてました。いちいち監視するの、こっちが疲れますからね。携帯だけは任意取り調べしてました笑プリ子と連絡を取ってる様子は特になく、仕事が終わればまっすぐ家に帰ってくるようになりました。※まあ連絡とっていたとしても履歴は消すでしょうし、あんまり意味はないんですけどねしかしながら、旦那は依然としてシタラリモードを引きずったままでした。私は何事もなかったかのように家事をし、食事の用意をし、明るく話しかけてましたが旦那のテンションはドン底。毎日お通夜みたいな顔してんのよ。あーやだやだ。旦那のスーツが喪服に見える。線香でもたいてやろうかと思う程なんでシタ方が病んでるアピールしてんだアホかと心の中で思いつつ、様子をうかがってました。旦那の脳内なんて手に取るようにわかる。「あぁ…つらい。不倫がバレて俺は針のむしろだ。このまま職場と家を往復するだけの一生なんだ。プリ子とも引き離されてもう会えないし、この状況じゃ新たに不倫もできない。俺はこれからどうなってしまうんだ。嫁は何企ててるか分からないし、家じゃ安らげない…病んでる俺…かわいそ…」バカですよねー笑全部自分のせいじゃねーか笑家庭にあぐらをかいて、自分が不倫なんかして、この状況をつくったんですよ。自業自得だし、同情の余地なしですよね。ま!ゆっくりでも元の生活に戻ればいいかーと思いつつ、そんな感じが1ヶ月ほどつづきました。しかしながら…ある日、私やっちゃいました笑はい、すみません。ブチ切れました笑ごめんなさい短気で…仕事から帰ってきた旦那が、いつものように葬式ムードで食卓につきました。ムシャムシャご飯を食べだす旦那。テレビを見ながら食事をすませました。旦那が食べ終わった食器を、私がさげました。何も言わず、テレビを見続ける旦那。プッツーーン表面上おだやかに過ごしていた私の中のヤル気スイッチが1ヶ月ぶりに完全にオンになりました♪「おい」旦那「えっ…?」「いつまでそのエア葬式続けんだよ」旦那「えっ…?そ、そうしき?」「いつまでその悲壮感バリバリの態度で、私への当てつけを続けんのかって聞いてんだよ」旦那「えっ…ちゃんと毎日家に帰ってきてるじゃん」まじうぜーー!!当たり前じゃろー!!なんで上から目線なんだよ!!これが再構築??噂の再構築なの?お互い納得した上で別居を解消したはずなのに、お前はいつまでシタモードを引きずってんだよ。私だけが普通に生活する努力してんじゃねーか。旦那のために家事して、顔色うかがって、これが世にいう、「やり直す」ってならこんな生活いらねー!( ゚д゚)、ペッ「あ?いい加減にしろよ。なんだ?その態度はよ。不倫した奴の態度か?なめてんのか?」旦那「」(久々に不倫というワードが飛びだし動揺する旦那)「あんたの行動は全部矛盾してんだよ。不倫は許してほしい、離婚はしたくない、家庭は手放したくない、でもには優しくできない、つらい。は??中二病かよ。不倫されてから、私がどんな気持ちで飯を作って家事してると思ってんだよ。あーよかった、不倫許してもらえた。俺がどんな態度とっても、家庭はゆるがない〜♪とでも思ってんの?私を傷つけてマウント取った気になってんのか?勘違いすんのも程々にしろよ。」旦那「…え…?ど、どういういみ…」「許してねぇから。てか許すつもりねぇし。自分の精神衛生上、一旦過去にしてやってるだけで、忘れてねぇから。その上で笑顔で接してんだよ。それなのに、なんだよお前は」旦那「…離婚されるの…?」「不倫なんかする男を、が再び笑顔で家庭に迎え入れようとしてんのに、そういう横暴な態度とる奴なんかもういらねーよ。プリ子にでももらってもらえや。」旦那「ごめんなさい…違う、プリ子とはもう何もない…」「知るか。勝手にしろや。あとな、飯を食べる前にいただきます、食べたらごちそうさまだろうが。そんな事もできないなら誰かの旦那なんて一生やるな。ひとりで勝手に生きていけよ。プリ子すら幸せにできねーよ。お前が仕事で疲れて帰ってきて、お疲れ様!大変だねって声かけるだろ。あたたかい風呂がわいてるだろ。メシがあるだろ。つか、私も働いてるんだけど。共働きですけど。それなのになんなんだお前は王様かよ。」旦那「ごめん、ほんとにごめん。どうかしてた…ごめん。どう接すればいいかわからなくて…ちゃんとやり直したいと思ってる」「だったら自分がどう振る舞うべきかもう一度よく考えな。誓約書にサインして終わりじゃねーんだよ。私が「旦那くんと離婚したくない!プリ子に取られちゃうよ〜!」ってすがりつくと思ってんの?違うからな。こっちが見定めてんだよ。今後一緒に過ごす価値あんのか、ドブに捨ててもいい旦那なのか、こっちが見定めてんだよ。おめーがいつまでたってもそんな調子ならいつでも見限るからな。」旦那「ごめんなさい…あんなによつばに怒られて、バツが悪かった…態度が悪かった。ごめんなさい。改めます。」「怒られた時だけ調子いい事言っても意味ねーからな。重要なのは日常なんだよ。夫婦でこれから楽しい日常を取り戻すんじゃねーの?だったら態度で示せや。」旦那「そうだね…わかった。ほんとにごめん。ごめん。」「次はねぇぞ。もうオッサン相手に説教なんてしたくねぇんだよ。以上!!!終わり!!!解散!!!」旦那「はい!!!!すみませんでした!!」その日を堺に、いよいよ目が覚めた??みたいです。家事を積極的に手伝い、挨拶もちゃんとするようになりました。不倫する前の、元の旦那に戻った感じ。必要以上に私に優しくするでもなく、自然な元の関係に近い感じです。しかし、何だったんだあのイジケモード期間。今思い出しても腹立つまぁ、いつまで続くのかなー?という感じですが。不倫できるような男ですからねぇ。2度目がないとも限らないし。もはや知らんがなって感じですし、信頼はゼロです。この状況でもやるようならいよいよ病気だとおもいますその時は再起不能なまでに叩いて離婚するだけです何も期待せずに生温かい目で見守ってます。期待するからつらいのであって、最初から鼻で笑う感じで構えていたら割と心がおだやかです。毎日楽しく過ごしてます!そして、私としてはいつでも離婚できる準備はしておこうと思ってます。実際に離婚するかしないかは別として、準備をする事により、具体的に何をすべきかがハッキリ見えて、漠然とした不安が払拭される気がします。備えあれば憂いなし!!これ以上、自分の精神をすり減らしてまで、再構築にこだわる必要ないとも思ってます。自分の心の健康が1番大事です。それにしても、他のサレ妻さんのブログを拝見して思ったんですが、サレ妻さんたちって皆頑張りすぎじゃない!?シタ、まじでしっかりしろよ!と思います。泣いて謝るもいれば、逆ギレしてを責めるもいるようで…まじで何様だ!?とびっくりしちゃいます。不倫したのは旦那なのに、傷ついたに更にマウンティングしてキレる旦那。「お前なんかとは離婚だ」とぬかし、をさらに泣かすシタの気持ちを取り戻そうと笑顔でがんばるたち。なぜかの方が立場が下になっちゃってる。まじで意味不明…これが不倫脳。私も数ヶ月前まで泣いて暮らしてたけど、今の私がその場にいたらシメたい。何調子乗ってんだよオッサン、アホかと言ってやりたい。お前はなんで一人で生きてきたみたいにふるまってんだよ。ちょっと女と遊んで、王様にでもなったつもりか?バカか。ひとり幸せにできないようなクソッタレが、これまで尽してくれたになんでそんなデカい顔できんの?不倫相手なら俺の事を幸せにしてくれる、なんて思ってんの?新鮮な恋愛が未来永劫いつまでも続くなんて思ってんの?え、脳みそ大丈?いいオッサンがみっともないよ!てか普通に痛い目を見るべきだと思う。毎日う●こ踏めばいいのに。あ、その靴を洗うのは結局だからダメか…毎日下痢になればいいのに!!!あ、トイレ掃除もパンツの洗濯もがやるのか…まったく。毛根死滅しろ!ハゲ散らかせばいいのに!!笑不倫を経験して、口調がすっかりゴロツキになりました笑前はこんなんじゃなかったのに…笑もっとおしとやかだったのに

  12. 終わりごろ)ついに婚活パーティー』当日になりましたタイトルなどに『婚活パーティー』と書いてはいますが実際に行ってみると『パーティー』という程の規模ではありませんでしたネットで申し込めたのですが早期予約すると女性は参加費ワンコインという安さで(通常の参加費は1000円なのに)その安さから大丈かな?と少し不安にもなったものでした私が申し込んだ『婚活パーティー』は主に30代の男女向けでした。再婚希望者向けの方にしようか迷ったのですが…私の休みである日には再婚希望者向けの婚活パーティーがありませんでした再婚希望者向けだったら最初からバツイチであることが明らかに出来るけど30代向けの方は最初からバツイチであることを明らかに出来るのだろうか?と、悩みネット検索してみるとたいていの婚活パーティーでは最初に書く自己紹介のプロフィールカードという物があるそうでそのプロフィールカードには『離婚歴』という欄もあることを知りましたそいつは助かるさすが婚活パーティーなんて安心して当日を迎えました会場付近に着くと私と同じく婚活パーティーに参加するのかな?という雰囲気の女性が居ました。話しかけてみるとやっぱり同じ参加者で「場所ってここで合ってますよね?」と一緒に会場へ入りました。受け付けのために数人が並んでいました。その女性と列に並びながら少し会話を続けました。「こういうの初めて参加するんです」とその女性も『婚活パーティー』初めての方で、年齢は私の1つ下の30歳(当時)でした。その女性(朗らかで好印象でした)と話せたこともあり初めての婚活パーティーという緊張はほぐれワクワク感の方が勝ってきました会場は小さめで長テーブルが並べられていて男女が向かい合うように座るスタイルでした。受付で番号札を渡されて自己紹介用のプロフィールカードも渡されました。開始までに書くようにとのことで席について、いざ書こうとすると…『離婚歴』を書く欄なんて無い最初からバツイチであることをプロフィールカードで明らかにすることが出来ないことに気づきどうしようかと内心慌てましたが…書く欄が無いのは仕方ない!とにかく、せっかく初めて婚活パーティーに来たんだから色んな男性との出逢いに集中しようそう思えました。開始時間までプロフィールカードを書きながら隣りの席に座った先ほどの女性や向かいに座る男性とも少し会話していました。隣りの女性「こういうの書くんですね」私「ですね!ちょっと楽しいですね!」向かいの男性「初めてこういうのに参加ですか?お2人は一緒に(参加)ですか?」私「いえ、会場前で会ったばかりでそのまま一緒に入ってきたんですよね」隣りの女性「そうなんです」私「そちらも初めてご参加ですか?」向かいの男性「いや、僕はけっこう何度か参加してるんですよ」隣りの女性「そうなんですね!」なんてちょっとワイワイしていました開始時間になったと先ほど受け付けをしていた係りの人が司会もし始めました。1人で受け付けも司会もするのかどこも人手不足や人件費削減なのかな…なんて思いつついよいよ私の初めての婚活パーティーが始まるのでした

  13. ------匿名さ喧嘩になると「別れたいのか」と煽る彼氏。私30歳、彼氏42歳、交際9カ月。3ヶ月目くらいから、月1ペースで喧嘩をしてきました。今までの例を出すと、彼「別れたいのか!!」私「そうじゃないよ、この先長く続けていきたいからこうして話し合ってるんだよ。」→修復彼「もう別れよう!性格が合わなすぎる!」私「………わかった。」彼「あ?わかったって言うの早いな!別れたかったのか!?」私「そこまで言われると受け入れるしかないよ。」彼「俺はお前の事真剣だったんだけどな!」私「………。」彼「で、お前はどうしたいの?」私「喧嘩したくないよ…。」彼「俺だってしたくないよ。」私「性格や価値観が合わないのは当然で、それでも一緒にいたいからお互い歩みよって妥協点を見つけて合わせてくんでしょ?」→修復という感じで、私が引きとめる形で関係を保ってきました。しかしこう何度も「別れ」という言葉を出されると、流石に私も自信を失くし、仲直りをしても毎回の喧嘩で受けた傷は積み重なっていき、「貴方には、貴方の全てを受け入れてくれるもっと器の大きな女性がいいよ…。」と、初めて消極的なセリフを吐いてしまいました。彼「別れたいのか!!」(この時の喧嘩の原因は彼)私「そのくらい追い詰められた…。」彼「だから謝ったじゃねーか!別れたいのか別れたくないのか聞いてんだよ!!」この時本当は今後の為に、彼のした事を謝ればOKで許すのではなく、繰り返さない為にはどうしたら良いのか?きちんと話し合いをしたかったのです。しかし今まで私が何か要望を伝えたり、考えを語ろうとすると、彼は自分が責められていると誤解して更に怒りが増し、私の話は最後まで聞かずに「お前もこの前こうだったじゃねーか!」「性格だから仕方ない、合わない!」と発言を遮られ終了してしまうのです。今まではそれでも、「そういう事を言いたいんじゃなくて!」と一生懸命理解してもらえるまで伝え続け、私の伝え方が悪いのかも、彼の怒りのスイッチを入れるような言葉を使ってるのかもと、慎重に言葉を選んだり、彼の機嫌の良い時に話を持ちかける等、色々試してきました。けれど今回はそのエネルギーが湧かず、「別れよう。」しか言葉が出ませんでした。すると彼は「別れるか!お互い良い事ないな!じゃあな!」とあっさり。今まで何度も別れを煽られてきましたが、それはきっと彼の本心でなく、不安や不器用さ故に、そういう事しか言えないのだと解釈していました。なので今回は、本当は別れたくないのであれば、簡単にその言葉は使ってはいけないのだと、冷静になった時気付いてくれれば。本気で私を必要としてくれていれば、後から反省して謝ってくれるはずだと、最後の望みをかけ彼を突き放しました。しかしそれから3週間、彼から連絡はありません。18/06/06 17:31 追記・やはり彼は強がりでなく、私といつ別れても良いと思っていたのでしょうか?・私から別れを告げたが為に、自分は愛されていないと諦めたのでしょうか?・彼はよく私の伝えたい事を全く別の意味で受け取り怒りますが、その原因を「お前の説明がわかりづらい。相性が悪い。」と言いますが、本当にそうですか?彼と同じ様に私の説明を見てわかりづらい、またご自身と相性が悪いと感じる方がいらっしゃれば教えて下さい。18/06/06 17:32 追記・相性が本当に悪いのであれば、どのような女性であれば彼と合うのでしょう?・ご自身が彼の性格と似てる、という男性がいらっしゃれば、私はどのように彼に接すれば良かったのか教えて下さい。長文になりましたが、よろしくお願い致します。-------------------------------病んどるねー(;^_^Aこういう男性いますよね。けっこうリアル。さて、あなたはこれ、どう解決すべきだと思いますか?ちなみにこのタイプの人って、女性でもいますよね。何かというとすぐ「別れる!!!」って言って(別れる気もないのに)相手から、「別れたくない」って言葉を引き出そうとするの。とりあえず気に入らないことがあるとすぐ「別れる!」で脅しをかけて、相手から愛情を引き出そうとするわけ。相手の愛を試すような感じですね。「あなたって、結局私のことなんて好きなんじゃないんでしょ!!!」って心にもないことを言ったりもよくしていて、んで、この脅しから何を引き出したいかというと「そんなことないよ。愛してるよ」という愛の言葉を引き出そうとしているわけ。脅す⇒愛情を引き出す、という心の誤作動をやってるんだよね。これやったら、相手は嫌気がさして去っていくのに、無理やり相手の愛を、脅して搾り取ろうとするという手口(笑)大抵の場合、本人はそんな風に脅して愛を絞り取ってるなんてことを、気づいてすらいないんだよね。みんな自分の心の中放置してみないからねー。見ないから気づかないだけなんだけど、見るのが怖いとか面倒だから見ない。でも、見ないと何も解決しないから、何度も何度も同じ失敗を繰り返している。男も女も、幼少期に親から見放されたと感じる体験をしている人がこのパターンになってることが多いです。たとえばこの男性だったら、母親が男を作って逃げたとか。母親が育児放棄状態だったとか。つまり、「自分は親に捨てられた子」と感じる体験ですね。この体験をしていると、自分の愛する人はいつか、必ず自分を捨てる・・・という気持ちが根底にあるんで、何かあるとすぐ、「ほら!ほらほらほらね!結局、おまえも俺から去るんだろ?」「ほーら。みんなそうだ(母親もそうだった)やっぱりね。やっぱりみんなそうなんだ」と、自分の思い(捨てられるという思い)が正しかったことを証明して生きていくことになりがちです。不幸な状態がふさわしいという信念が、すでに自分の中にあるわけですから、どんな女性と出会っても、結局、女性はみんな去っていって、自分は不幸になるだろうなるだろうと信じて生きてるんです。「大事な人はみんな自分から去ってく教」の信者みたいな感じです。信じているのですよ、そうなることを。そりゃ去っていくことになるよね。信じているからこそ、そうなったら、ほらなった!!と、どこかでその不幸な状態に納得してる感情があったりするのですね。他の方のコメントでは、これをモラハラと書いてましたが、私の判定ではこれは、モラハラじゃなくて、メンヘラ男子です。この手の男性はややこしいですよ。(はっきりいって面倒くさいです)赤ちゃんを面倒みるみたいな作業が、付き合いの中で必要だからです。まずは、この女性が、彼を突き放したのは正解だと思います。初期段階においては、彼には、自分のやったことが間違いだった、とわからせないといけません。別れるというと、彼はあっさり別れたと、書いていますが、おそらく、この男性は、いま、めちゃめちゃ落ち込んでると思います。自分がやってしまったことに、後悔しているだろうと思います。「またやってもーた」と思ってるんじゃないかな。この後悔は、年数が立てば立つほど、深くなっていくと思います。まぁ、ほっといたら、おそらく連絡はしてくると私は思いますけどね。なんといってもメンタル弱男なので。今はキレた手前、プライドもあるし連絡できないだけじゃないかな。この男性とずっと付き合うのなら、彼のメンタルカウンセラー的役割をしていかないと付き合いは続けられないと思うんですよね。病んでるわけだから、その病んでるのをある種の治療(カウンセリング)をしてあげないとまともな付き合いができないわけです。しかも、男性はプライドが高いので、カウンセリングしてる風をわからせるとダメで、なにげない普通の会話の中から、カウンセリングをしてあげないといけない。ね?まるで赤ちゃんのご機嫌を取るみたいな、めっちゃ面倒くさい付き合いでしょ。彼が謝ってきたらそこから、彼がこうなった要因を一緒に探してあげて、そこを一緒に見ていく(認めていく)んです。たぶんこれって、素人さんにはなかなか難しいだろうなと思います。一般的にみなさん、自分の心の面倒すらも自分で見れていない人も多いので、他人の面倒まで見られるはずもなく、ほとんどの人はできないと思います。私は技術的にはできますけど、面倒くさい男は嫌いなんで、ゼッタイやりたくない(笑)有料ならやってあげてもいいけど、ボランティアでは絶対やりません。それくらい、超絶面倒くさい作業になりますからね。母親役と恋人役とカウンセラー役を同時につとめなきゃ成り立たないの。うわーーー!やだやだ!!(笑)といってもカウンセリングの知識と経験がないと、この人をすくいあげることは難しいでしょうね。かといって、「カウンセリングを受けて」とか言っても、男性は絶対受けないでしょうしね。この人だったら、俺はどこも悪くない!!!とか言って発狂しそう(笑)カウンセリングを受けるとか、男としては恥だとか思う人多いから、男性は、まず受けませんね。文章を読むかぎり、この女性は頭の良い人のように思うので、この女性には問題はないように感じます。彼の問題でこうなってると思いますね。この女性はメンタルも病んでなさそうで、安定してそうですからね。結論、今回はたまたま事故にでもあったと思って仕切り治して、もっと病んでいない普通の男性を探すほうが、幸せになれるように思います。~~~~~~~とここまで書いて、念のためコメント欄も確認したら、トピ主さんがこう書いておられました。----------------実は彼、母子家庭で弟が1人いたのですが、母親が弟だけ可愛がり、自分には暴力を振るう、非行に走れば施設に入れられる、というような子供時代だったようです。---------------ねーーーーー?親と子って、愛情問題に深く関係してるんですよねぇ。気の毒ですね。そりゃ、こうなっちゃうよね。まぁ、この彼と続けるなら、この彼女がどれだけ深く彼を愛せるか(面倒をどこまで見られるか)ですね。この暴力母の代わりをしてあげられる覚悟があるか、ということですね。彼は母への恨みと愛情の渇望という、相反する2つの感情を抱いて生きていて、その母への思い(恨み&どんな自分も受け入れて愛してほしい思い)をこの女性を通じて、代替え行動しているわけです。母からもらえなかったもの(何をしても愛してほしかった思い)をもらおうとしたり、母にぶつけられなかった思い(恨み)をぶつけたりして、この彼女からそれをもらおうと、彼女に母親を投影してやっているわけです。ここまで病んでると、中途半端は通用しないです。人を救うって、覚悟が必要なんですよね。だからこの関係は、ただ恋人として付き合うだけじゃなく、彼を更生させる覚悟があるのか?という決断になります。彼、今もまだ、心は非行少年のままだからね。非行少年を更生させるプロジェクトですよ。それ、もう、恋愛ちゃうやん(笑)だから、普通の人にはかなりハードなことなので、新しい人(病んでいない普通の男性)を探す方向でおススメする、という結論になるかなって思います。ご予約フォームはこちら→★★★恋愛スキルがアップする男性心理のお勉強♪↓メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら 大阪・堺市の占い 幸粋事務所→★★★恋愛結婚ランキングにほんブログ村●恋愛記事まとめ(学習用)最近の人気記事リンク・あなたは姫だから、大切にされるべきなのです。・あきらめないで!・男性の愛ってこういうコト・女性はいるだけでいい。・別れて困るのは彼ですから!・男性に大切に扱われるとこんなに幸せです。

    喧嘩になると「別れたいのか」と煽る彼
  14. 夢が広がる。今まで旦那さんのいる旅行しか行ったことがないので、私にとっては、大冒険。まずは、車で行けるところから。毎年、足を伸ばして、より遠くに出かけられるように頑張ろうと思う。電車、飛行機、最終目的地は海外か?セラピストの仕事も、形にしていかなくちゃね。パンフレット貰った時点では、都会のホテルでリッチな気分を味わおうとおもってたんだけど。だんだん、海をみたくなり、何より、娘ちゃんがお友達が家族で旅行に行く中、寂しい思いをしなくていいように、海をみながら、温泉浸かって、ご馳走食べる旅がいいかなぁ。って思いだした。引越しもあるので、贅沢ばかりはできないけど。頑張って稼ごう。って、働く意欲も湧くしね。去年の今頃は、最悪だった。夏なのに、娘ちゃんはどこにも行けず旦那さんは不倫旅行。っていう中、旅行に行くなんて、とても思いつく状況ではなかった。悲惨だった。普通の暮らしが戻ってる。しかも、お父さんいなくても、自分で車運転して、旅に行こうって気持ちが芽生えるなんて。ブラボー!私、やるじゃない。^_^あとは、吹奏楽で忙しい娘ちゃんと、仕事で忙しい私の予定を調整するだけだ。果たして、素敵な旅館は空いているのだろうか?これも、楽しむためのお金を渡してくれている彼のお陰だね。頑張ってお仕事してくれてありがとね。

  15. 義妹と待ち合わせて旦那の病室へ行きました。SCU(脳卒中ケアユニット)はICUと隣り合わせの部屋です。手の消毒とマスクをしてから中に入ります。看護師さんが案内してくれた部屋に旦那は眠っていました。その部屋は、とにかくだだっ広い部屋でした。窓もない。テレビもない。冷蔵庫もない。ベッドとテーブル、旦那に繫がっている機器類や点滴来客用の椅子があるだけでした。「〇〇(旦那)さーん、起きてくださーーーい!奥さん来られましたよ!」何度も看護師さんが声を掛けて、ようやく旦那は目を開けました。虚ろな目の旦那が、ようやく私と義妹の存在に気が付きました。「あぁ・・・。なんか・・・。医者が・・・頭ん中・・・出血したとか・・・言うて・・・」主人の脳内出血は右側でしたので、左側に片麻痺が出ています。顔の左側が明らかに垂れ下がっていて、口も左側がうまく動かずゴニョニョと話すことしか出来ない様子でした。旦那の口元に耳を近付けて聞かないと、うまく聞き取れない状態でした。「脳から出血したんだよ。緊急入院したの。私の事が分かる??」「わかる・・・ごめん・・・おれが・・・こんな・・・ことに・・・なるなんて・・・」話していても、うつらうつらとしていて、油断をすると眠ってしまう感じでした。「お兄ちゃん!!私もいるで!!わかる??」「わかる・・・あり・・がとう・・・はやく・・・かえりたい」耳元で話しかけると、目を開けてゆっくり話すことが出来る状態でした。これから、私の病院通いが始まるのでした。

  16. バス停をざわつかせた朝
  17. (←娘)は?」勝手旦那の代わりに、娘の付き添いをお願いしていたので、なぜ、ここにいるのかと驚きました。母「(病室に)行ったら、いたのよ。」ん??誰が?母「◯◯(←旦那)のお母さんがいるの」へ??なんで義母が?実母の話だと、どうやら、旦那が病室を出る時、義母に病院に来るよう連絡したらしく、小一時間かけて来てくれていたようなのです。(のちに、この事がちょっとした騒動?を起こします。笑)なんなのー?そうならそうと言ってよー!来てくれたのはありがたかったけど、一言伝えて欲しかった。(←旦那が)実母も、一日付き添う気で来ていたので、拍子抜けしていたようでした。でも、とりあえずは、娘の付き添い問題は解決されたので、あとは、ソラの転院問題を解決するのみ。処置室で、今の状況を実母に話をし、今度は二人で悶々と考えていました。「どこの病院に移らなければならないんだろう…」「◯◯(←娘)の付き添いと、ソラの付き添いをどうすればいい?」あらゆる不安が頭を巡りに巡っている時。処置室の扉がガラッと開きました。そこにいたのは、A先生でした。(A先生は、ソラの主治医です。)「お母さん!ソラくんは転院させません!!」救世主がやってきました。

  18. が100あるから大」「でんちゃん(彼は自分をそう呼ぶ)幼稚園行く」って言うから、苦しい方の無理をしていないか、様子確認しつつ、とりあえず登園させることにした。園バスはとっくに出た後だったから車に乗せて向かう道中、息子は「でんちゃん勇気出てきた」「でんちゃんママがいないからちょっと涙がでちゃうけど、幼稚園は楽しい」とか言ってきて「泣いて少しすっきりしたのかな」と思ったら「がんばったのうたにして」って息子からリクエストされた。で、「もう(泣くの)大丈?」って聞いたら、「うん!」って言うので流してみた。ら。速攻でこうなった。息子は「幼稚園怖い」って泣いた。運転しながら手を伸ばして膝をさすってそうか、怖かったんだね、そうだよね、ごめんね、怖かったよね、嫌だったよね、って声をかけてたら息子は私にむかって「でんちゃん、がんばれてる?」って、強く、はっきりとした声で泣きながら尋ねた。突き刺さった。事故りそうになったけど息子の膝掴んで、「頑張れてる!!」「でんちゃん、頑張れてるよ!!」「ママ、毎日すごいなって思ってるよ!!」「ママはでんちゃん誇りに思ってるんだよ!」って、息子の目を見て無我夢中で何度も言った。何回も何回も言った。いろんなこと言った。息子は泣いてたけど、私の言葉を聞いて、また「幼稚園、行く」って涙を自分で拭いた。私は何度も「行かなくてもいいんだよ」って言ったけど、彼は「大丈、行く」と繰り返し別れ際、少し口元をへの字にして涙をこらえてたけど、涙落とさず、しがみついても来ず、そのまま投げキッスして、教室に入っていった。ーーーーーーーーーーーぢんさんの歌。息子は多分、歌詞なんて一部分しか理解できてない。なのに何故か、”がんばったね”は息子が小さな小さなその胸にぎゅっと閉じ込めた、ママに言えずにいた気持ちを出させてくれた。息子が園に行くことにストレスを感じていたことはもちろんわかっていたし、日々の中で、頑張らなくてもいい、休んでもいい、泣いても、上手く出来なくても、何があっても全部、大丈。そう伝えてた。転園も視野に入れて、どうすることが、彼のチカラになるのか毎日考えてた。頑張ったね、って毎日言ってたし、最高だよ、素晴らしいよ、って毎日伝えてた。でも今日わかったことは息子は、頑張りたいんだ、ということ。この園がどうとかでなく、息子は頑張りたい。私を喜ばせたい。自分にはその力があるしそれができるそう信じて生まれてきた。なのに、思うように頑張れない時があって頑張ってるのにうまく出来なかったり、悲しくなることもあってがっかりしたり、悔しかったり、悲しくなったり、そのやりきれない複雑な気持ちが静かにずっと彼の心に溜まっていたんだと知った。そしてその頑張りたいって気持ちは彼に備わった無条件の愛なんだと思った。お母さんを喜ばせたい。その気持ちは育つ中でも強化されるんだろうけれど多分きっと、元々持って生まれてくるのだと思った。今日、彼から聞いたいろんな話、気持ちと、これまでに聞かせてくれた色々な話が繋がって、私はそう思った。自分にはできる。自分はママのスーパーヒーロー。彼はそう知って、そう思って、私を喜ばせたくて生まれてきてる。だからあの子は、幼稚園で悲しくなってしまうことや、うまく出来ないこと、自分が自分の思うスーパーヒーローみたいにいられなかった時に、小さく何度も傷ついていたんだなと初めて知った。最高の自分が最高でいられない時に人は傷つく。それはこんな小さな頃から始まってたんだね。…あぁ、人という生き物の切なさよ、美しさよ、力強さよ!!!!(叫はーーーーーーー朝から揺さぶられた。ほんと、ぢんさんの歌。まじで聴いてね。斜に構えてる場合じゃないよ。ほんと。…はぁ(泣き疲れた*** 募集中一覧***”愛させ力養成プログラム”【クイーンズ ゲート】Premium Season1日時:全10日間 13:00〜17:007月10日(火):前提7月24日(火):女王の掟8月10日(金):女王の掟8月24日(金):掟/悪の教典9月04日(火):悪の教典9月21日(金):悪の教典10月05日(金):自分を知る10月16日(火):魅力学11月02日(金):ファッション11月13日(火):修了式場所:京都 四条烏丸付近定員:最大10名▶︎お申込みコチラhttps://ws.formzu.net/fgen/S82267129/▶︎講座詳細コチラ【ご案内】クイーンズゲートプレミアム#1特典:1、期間中、facebookグループでサポート2、修了後はクイーンズアカデミー主催講座等に  優待価格でご参加いただけます。3、講義は撮影し、グループ内で閲覧可能。その他:欠席の場合は動画対応となります。座学の部分で、振替可能な内容の場合は当該講座に振替て頂くことも可能です。*****二条まりあ オンラインサロン【club MARIA】二条まりあファンクラブ。何でも話して頂ける心強い場所です。二条まりあに興味がある、共感できる、気になる、応援している…何より、自分も女王でありたい!という方はぜひご入会を♡会員様にはサロンドマリア(お話会)2000円OFFなど、各種優待や、優先案内、また動画の配信なども準備中。※女性のみご入会いただけます。■お申込み、詳細はコチラhttps://lounge.dmm.com/detail/597/*****♡大好評いただいております!宮川綾ちゃんとのトークライブ動画【恋と男と結婚と♡】何度も繰り返し見て、現実を変えた方、続出♡私がオカマみたいに映っている事以外は本当にオススメの動画です!□動画 お申し込みフォームhttps://ws.formzu.net/fgen/S38830315/□ダイジェスト動画https://youtu.be/eej6z1XT0xI*****♡ご相談/ご質問、受付けております【ブログde相談コーナー】ブログにて回答させていただきます。(出来る限りとなります、ご了承ください)*****【お問合せ窓口】お仕事のご依頼、問合せ、メッセージなど

    この記事が話題になっています

    ”がんばったね” 
  19. だ続いているはずだ浮気の水面下を疑えば疑うほど、あやしいと感じてしまう。なかには浮気相手(だった?)人の所在を知っている。連絡しようとすればできる方もいます。意外や近くに潜んでいる女もいるんです(失礼、住んでいるか)。過去、女を突っついた。問い詰めた方はけっこういます。が、いかがでしょうか。やたらと、無駄に強気な反論ではないですか!「もう連絡もとっていないし、会ってもいない。そこまで言うなら名誉棄損で訴えます!」だと。水面下は奥さんの妄想だ。濡れ衣を着せられただと、、、。また別のは、「信じられないわ。だから一筆書いてちょうだい」と女に言った。簡単に言えばです、私はおたくの旦那さんと浮気していたことを認める。ごめんなさい。もう二度としません。そんな感じの誓約書っていうか、謝罪的な文。ばれて修羅場になったとき、言葉では受けていたけど、それだけだった。書かせても信じられるかどうかはわからない。でもこのまま何もしなかったら、水面下の疑惑はくすぶり続けるだろうから。すると女はこう答えた。「嫌です!奥さん怖い!それを証拠に慰謝料とか請求したりして、何をするかわからないじゃないですか!」だと。言葉では、水面下を大否定。じゃあ、書いてくれれば私も信じることにしたいという提案に”怖いんですけど、、、”と、抵抗した女でした。浮気がばれて、もうちゃんと終わると約束したから。女にも旦那さんがいて、家庭を壊すつもりなんてないと。も認め、反省の態度だったから、信用しただった。が、どうしても疑ってしまう。ちょっとしたことで、「あれっ!」、「えっ!」「もしかして、、、」どうしても浮気と結び付けてしまう自分がいる。だからに問い詰める。けど、まだそんなこと言っているのか、、、まだこだわっているのか!もう終わったことだ。また違うはこうも言う。俺はいったいどうしたらいいんだ!?と。そしてもっと酷くなると、疑ってやまない、問い詰めてくるに対して、もうやめてくれ!近寄らないでくれ!まるで迫ってくる魔物から逃げるように振り払ったすらいた始末です。浮気の水面下、、、確かに多いものです。よく相談者、依頼人には言っておりますが、一度終わらせたつもりでももう一回覚悟したほうがいい、浮気に関してはと。夫婦です、信じない、疑ってばっかなんて寂しいこと。残念なことです。だから信じてみよう、信頼してみよう その気持ちはわかります。でも、しばらく信じないこと、、、その決断も必要です。でも、信じていなく、さらに疑心暗鬼でい続けて、アンテナをぴんと立たせていれば、水面下かどうかわかるのか、、、っていう問題でもありません。信じていた、まさか続いているとは思ってもいなかった って後々になって言われる方よりは見抜けるはずです。でも、もっと現実的なことを言えば、水面下だ!って、本当にわかる確信が持てること水面下ではなくて、本当に終わっていたって確信が持てることつまりそんな方法はありません。わかった方!?そんなは、緩い)だったし、さらに水面下だな!って確信できるだけのことが起きた、見た、知っちゃったからです。探偵さんが言うのは、様子とか雰囲気とか、空気の世界。はっきりしたことは出てこなくても、水面下な気がする、、、そっちです。その勘は、当たっているかもですが、外れているかもです。水面下でなかったなら、あっちにとっては、確かに「俺はどうしたらいいんだ!?」です。女も、訴えますよ、濡れ衣です、そして奥さん本当に怖い! 確かにです(汗)水面下か水面下じゃないのか、、、じゃあ、調査を入れればいいのか!な!探偵さん。そうは言っておりません。だって水面下かもしれないし、そうじゃないかもしれない。探偵も確信できないケースはあります。いったい本日、何が言いたいのか。ではまとめます、言えないことはブログではお伝えできません。まず、一度や二度、終わらせたつもりでも、水面下になる場合は多いものです。これって、そのとき慰謝料とっても、誓約書を書かせたとしても水面下になる人はなる。だから、金とった、書かせたは、絶対的な解決ではないんです。そして被害者ののほうを言うならば、どんなにお利口さんになった旦那でも、きっと疑ってしまう疑い続ける心情になるでしょう。だから、まだ続いているのか、水面下だ!って思ってしまう。そういう思いになればなるほど、さらにを追い詰めるし、また女にも連絡とろうとしたり、接触を試みようとしたりする。疑えば疑うほど、辛い。苦しい。本当に終わったかもしれないのに、堂々巡りです。でもわからない、本当のことはわからない。だから余計苦しい、、、これを阻止するのは、もっと前だったのです。その今疑っている浮気、それが発覚して、どう対処したかはそれぞれです。慰謝料とった人、誓約書を書かせた人もいます。でも肝心なことが抜けています。慰謝料とれない(たいした額でなかった)方もいるなか、とれてよかったじゃありません。慰謝料で、水面下は阻止できない(できない二人がいる)その誓約書の内容でも、水面下は阻止できない(できない二人がいる)ことも事実だからです。だからもう一つのもっと先を見据えての対処をプラス必要だとの考えなのです。三か月後、半年後、1年後?その時期での確認ということなのですが、水面下を阻止というか、水面下かどうか疑うような生活を阻止するといったほうが的確ですが、の将来的に起こりえる心理的なその危惧をおさえるためには、安心材料として、ひとつプラスすることを指南してる次第です。その時やらねば無理です。後になってどうこう言っても、無理っていうもの。相手も人間ですから。だからよく言うのです、やるときやる。後になって小出しに、あれもこれもしない。ってこと。でも不貞は認めない、逃げる、また慰謝料も払わねえ、誓約だと!?そんなの書けない。そんな次元であれば無理です。それって、ぜんぜん同じ土俵にあげてない状態じゃないですか。そうであれば、まず土俵にあげましょうって話です。そこまでやったのにあそこまでしたのに、でも、、水面下なのか?いや、水面下じゃないかもしれない、考え過ぎなのかもしれない、、、そうならないため、この先背負うだろうそんな気苦労を抑え込むのはその時の浮気問題に真っ向から向かって対処した時だったのです。水面下を疑ってやまないそれを気が狂ってる、気ちがい扱いまでする堂々巡りにならないためにです。