7/26の記事ランキング

  1. で、僕たちの恋の予公演が、昼夜2公演開催‼️ちほちゃんの復帰公演。でーぶも、夜公演に参戦しました😊メンバーたちが、ちほちゃんとのツーショットをツイートに載せてくれています😁STU48@STU48_official_この後14:00〜STU48 「僕たちの恋の予感」公演が開演です📣本日は昼夜2公演お送りします!STU48 LIVE!! ON DEMAND LIVEでは生配信も行われます!生配信はこちらをチェック🔽… https://t.co/DS0MiHWwRF2021年07月24日 13:00沖 侑果@okipo_STU48親知らず抜歯のため、本日の公演ダンスがあまり激しく動けないです( ; ; )ごめんなさい顔も少し腫れてるんですけど気持ちだけは誰にも負けず頑張るので宜しくお願いします。#僕たちの恋の予感公演2021年07月24日 11:20福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48お昼公演終わりました😄うちわやペンライトもありがとう。夜公演は18時からスタートです。DMM配信もあるよ〜!!#僕恋公演 #STU48 https://t.co/vlJys3Ls3B2021年07月24日 17:24STU48@STU48_official_本日のSTU48「僕たちの恋の予感」夜公演ですが、岩田陽菜の体調がすぐれないため、一部出演になります。直前の変更となり恐れ入りますが、何卒ご容赦くださいませ。2021年07月24日 18:05STU48@STU48_official_体調が万全でないため、大事をとり岩田陽菜は本日の「僕たちの恋の予感」夜公演を休演とさせて頂きます。直前のご連絡となり申し訳ありませんが、以上ご理解のほど、よろしくお願い致します。2021年07月24日 18:37榊 美優@CUCA_cheese0428僕恋公演、昼夜ありがとうございました!千穂ちゃんとユニットでした✨#榊美優 #STU48 https://t.co/p4BfJ6S0ha2021年07月24日 20:43甲斐 心愛@k_cocoa1128石田千穂さん復帰おめでとう✨✌️キャッチフレーズ忘れちゃってる感じちほだったね🍀#僕恋公演 https://t.co/uQz4TQp1lz2021年07月24日 20:44瀧野 由美子@stu48_yumianko#僕恋公演 昼夜公演ありがとうございました 🙂ちほちゃんおかえり〜!そして!サングラスデイズのMVが出来ました!https://t.co/WPe9KQ7L1m https://t.co/UpKNM6aq3O2021年07月24日 20:53矢野 帆夏 (STU48)@STU48y_honoka#僕たちの恋の予感公演 抜歯のせいでセリフ噛んではぶててる沖ちゃん(とあと一人)と山口に続いてカレーパンの差し入れ(ありがとうございます)と円陣のとき靴履き間違えてるキャプテン(寝てる?)と普通に葵ちゃんとのツーショットです… https://t.co/ugx3PDpP6v2021年07月24日 20:55沖 侑果@okipo_STU48サングラスデイズのリップシーン2番ふざけまくりです🕶YouTubeにて公開中😎🌺 https://t.co/UzRyIh2jki2021年07月24日 20:55石田 みなみ@ishida_minami僕恋公演昼夜2公演ありがとうございました🌸✨今日もたくさん笑顔になれました☺️そして改めてちーちゃんおかえり✌️W石田だねえええ💓#STU48 #石田千穂 #石田みなみ https://t.co/aiOr2RnGnH2021年07月24日 20:57信濃 宙花@soraha_stu48僕たちの恋の予感公演ありがとうございました!夜公演の前に伸ばしていた前髪を切ったんですが、みなさん気づいたかな?明日はお話し会😶💬よろしくお願いします!#STU48 #僕恋公演 #信濃宙花 https://t.co/twPHOUpLRg2021年07月24日 21:06門脇 実優菜@Iloveyou_onion#僕たちの恋の予感公演 昼夜ありがとうございました~😚2公演はやっぱり疲れるね〜でもやった楽しいねぇ〜👍🏻✨ #STU48 #門脇実優菜 https://t.co/bnDlulqRQA2021年07月24日 21:07中村舞@stu48_question#僕たちの恋の予感公演 有難うございました❣️昼夜公演共にとてもアツアツの公演でした!!!楽しかった!ちほさん久しぶりで嬉しかった✌️ https://t.co/CC3ZIIYYG42021年07月24日 21:22今村 美月@michu219_stu48僕恋公演、昼夜ありがとうございました!楽しかった〜💃🕺💃🕺💃🕺今日の夜公演はたぶんSTUに入ってから4回目くらいの公演でおでこ出しをしました実は涙の表面張力メンバーみんな前髪をあげてたの少しずつか全部かは自由で… https://t.co/8mZY6u6RHZ2021年07月24日 21:25福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48夜公演ありがとう!楽しかった!前回までよりもお客さんの入れる人数が増えてて嬉しかったなぁ。ひなちゃんお大事に…🐣💦#僕恋公演 #信濃宙花 #福田朱里 #STU48 https://t.co/oWV5sNMUFn2021年07月24日 21:26沖 侑果@okipo_STU48となりのバナナの台詞毎回ゴーストライターなんですけどどうですか!!!🍌2021年07月24日 21:36兵頭 葵@blue_Aoi118公演ありがとう🌼STU48の公式YouTubeチャンネルでサングラスデイズのPV公開されたよ🌙https://t.co/pGip4W2Xbn#僕恋公演 #STU48 #サングラスデイズ https://t.co/aYST8kAPCl2021年07月24日 22:02矢野 帆夏 (STU48)@STU48y_honokaおやすみ 🍌#となりのバナナ https://t.co/vWiRRgqAXG2021年07月24日 22:28峯吉愛梨沙@arinko_stu48僕恋公演ありがとうございましたっちぽんぬおかえりーうれしぃ✌ここあ👶🏻かあいいぃ https://t.co/tZfHn9r6Am2021年07月25日 09:20ちほちゃんから、レスもゲット出来ました。パフォーマンスについては、問題なく踊れていましたね。運営側のご好意でしょうか、会場にはいつも以上にちほちゃん推しが集結していた感じでした。いよいよ、アイドル田村菜月の大団円が迫っています😭😭😭STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_こんにちは🕊#田村菜月 です!昨日の公演ありがとうございました( ¨̮ )本当に本当に楽しくて、幸せでした𓂃 𓈒𓏸今日の夜もSHOWROOMするので良かったら来てください〜◎#miniSTUDIO#池田裕楽… https://t.co/q7NJ4ThaaF2021年07月24日 12:44STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_こんにちはʚ♥ɞ #迫姫華 です!昨日は、昇格への道特別編、ありがとうございます!!もう私は号泣しました((😭アーカイブもあるので、是非見てくださいな!!ᕕ😄ᕗ#STU48昇格への道#クラブクアトロ… https://t.co/5h15RXfgGf2021年07月24日 15:01STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_#miniSTUDIO#大好き #ありがとう #忘れない #はぐくま2021年07月24日 15:02STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_こんばんは︎𓂃 𓈒𓏸#田村菜月 です!ブログが更新されています☺︎☺︎☺︎皆さんへの気持ちや今後のことなど今の正直な気持ちを書いたので読んでくださると嬉しいです…!https://t.co/K9t5bV5oxt… https://t.co/3ovPOXbAcP2021年07月24日 20:36素敵なブログでした。まゆゆ神推しDave@DaveYoshishi@stu_2nd_member_ 読んだよ!そして、泣いた😭😭😭たむきちは、本当に想像していた通りの人だったと感じました。昨日、幸運に恵まれ、最前で最後のパフォーマンスを見届けました。そして、みちゅや、ちほちゃんに負けない… https://t.co/rj3CxVQus12021年07月24日 20:55ふうちゃんは、渋谷で写真集の発売記念イベント‼️薮下楓(STU48)@FUU_Y_stu48SHIBUYA TSUTAYA さんにて写真集発売記念イベントをしてきました!めっちゃ楽しかった〜☺️手に取ってくださりありがとうございますした!たくさん見てください…!衣装もメイクも可愛くしてもらっちゃった🍊… https://t.co/LJ5AiipA5r2021年07月24日 18:36😳😳😳😳😳薮下柊@Shu__1202おそろいお気に入りTシャツwith妹💕買い物する時は楓ちゃんとするのが1番楽しい😂🤣✨ゲラゲラ笑って楽しかったのを、この写真を見るたびに思い出せる! https://t.co/xc9XC69ZBR2021年07月24日 21:28かつて、しゅうちゃんも推しメンでしたね😅告知、メンバーのツイート等々。沖 侑果@okipo_STU48おはようございます。これは健全すぎるスカートめくりしたらドン引きされた写真です今日も生きよう💃 https://t.co/Ouc1Bs8wM32021年07月24日 06:24中村舞@stu48_questionお早う!!土曜日の朝をお知らせします📢頑張ろ~😾⚐ https://t.co/1XqcW5sc5I2021年07月24日 07:32甲斐 心愛@k_cocoa1128おはようございます☀#毎日古葉監督 https://t.co/F1Zy3NGRyF2021年07月24日 07:44今村 美月@michu219_stu48おはよう🍨 https://t.co/qiIFGIqhHz2021年07月24日 08:24峯吉愛梨沙@arinko_stu48ほのたん撮ったのちゃっかりのせましたっっっ🤟みてぇーーhttps://t.co/4WPxMItyVn2021年07月24日 09:07STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_エールエール地下2F#瀬戸内TRIP で購入したよ〜広島バスセンターでも見かけました🧊お話し会やツアーで広島に来られる際にぜひ食べてみてください!ネットでも買えます✧みりあちゃんにはコーラ味おすすめ🥤🐧2021年07月24日 10:00福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48Здравствуйте!🇷🇺🤍https://t.co/rNCliBCfJJ#中国新聞 #STU48わたし時間 #福田朱里 https://t.co/hLXGwrEVbC2021年07月24日 11:29福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48訳:山口のカレーパンうま!!!!2021年07月24日 11:30谷口茉妃菜@Mahina_tksmこの2チームの戦いは熱い、、、鳴門😮‍💨 https://t.co/gjkj6vTsEE2021年07月24日 12:04森下舞羽〈STU48〉@maiha_48zZあーりんさんとっても心配だけど、ゆっくり休んで、ゆっくり治療頑張ってください😭また元気なあーりんさんを見れるの楽しみにしています!#佐々木彩夏 さん #ももいろクローバーZ さん2021年07月24日 13:10甲斐 心愛@k_cocoa1128舞台袖で単語帳 https://t.co/ljHAdOhTkQ2021年07月24日 13:10福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48微笑みポップコーンの衣装かわいっ#HKTリクアワ2021年07月24日 16:26STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_#吉崎凜子🐶のお友達のリンちゃんです🇻🇳今日からクアトロさんの公演チケット発売されてます!#勝手に!四国観光ガイド最高との噂なので見に来てね😘リンちゃんからのお願いでした♥️#STU48#アオザイ#民族衣装 https://t.co/bZDzWOjvGg2021年07月24日 17:59STU48 2期研究生メンバーツイッター@stu_2nd_member_#田中美帆 だよ🌛#広島クラブクアトロ さんで「ララバイの8月」公演チケット発売が始まったよ🙆‍♀✨୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧✔8/10(火)pinMiKER!✔8/26(木)勝手に!四国観光ガイド୨୧… https://t.co/XfLu45DFRU2021年07月24日 18:36STU48@STU48_official_先程の公演内で発表した通り『サングラスデイズ 』のプロモーションビデオが本日公開になりました!!!!🕶️🍹夏のツアーもまだまだ始まったばかり..ぜひたくさん見ていただけると嬉しいです☺️(このPVを使った新企画も始まりますので続報… https://t.co/XnilUccOCr2021年07月24日 20:04矢野 帆夏 (STU48)@STU48y_honokaえっ『はぶてる』って広島以外で通じないの....... 拗ねるって意味です。 https://t.co/7zRejxm0Li2021年07月24日 21:01石田 みなみ@ishida_minami「サングラスデイズ」のプロモーション動画が公開されてます🌻さっきから繰り返し繰り返しでずっとみてる👀💖https://t.co/vc19eK7RcC#STU48 #サングラスデイズ https://t.co/apIkiAXiJq2021年07月24日 21:23今村 美月@michu219_stu48昔バレエ習ってたから基本姿勢がつま先開いちゃいがち https://t.co/uViTZQX5hR2021年07月24日 21:26今村 美月@michu219_stu48ご覧ください!!!🕶🗓 https://t.co/lZAeKx7T1f2021年07月24日 21:27今村 美月@michu219_stu48@STU48y_honoka 率直に単純に間違えましタァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!2021年07月24日 21:33谷口茉妃菜@Mahina_tksmこの歌ほんとにいいから100回は聴いてほしい!🕶普通にこれだけでいい夏過ごした気持ちになる!よ! https://t.co/V0oDVCajs22021年07月24日 22:41福田 朱里 🍎@FUKUAKARI_STU48STU48「サングラスデイズ」のPVが公開されました🌴https://t.co/hEp64uQUVlメンバーの可愛い表情がたっぷり見れますよ🕶💕作成に当たり、夏らしい動画などの提供を呼びけられたんですが、折角なのでTwit… https://t.co/pvsucrg7vV2021年07月24日 22:59今村 美月@michu219_stu48UNISON SQUARE GARDEN さん17周年おめでとうございます!✌️😎✌️🍞🍞🍞🐇🐇🐇Crazy Birthdayを聴きたいけど今日の気分はMR.アンディ-party style- https://t.co/4Tp2sN1BMG2021年07月24日 23:07今村 美月@michu219_stu48君が残像にっちゅっちゅっちゅ〜2021年07月24日 23:07今村 美月@michu219_stu48結局聴きます🦔ツアー行きたい、、 https://t.co/z1hfllAgdk2021年07月24日 23:13おしまい AKB48ランキング

    STU48さまらいず  20210724
  2. は同一人の購入枚数握手会など)を補正集計するので、数字はビルボードの方が多くなり、実売数に近いとされます。※下記の数字はデータに基づいていますが、完全なものではなく個人的な控えなので多少の違いもあります。より正確な数字をご存知の方はお教えください。累計は初期は4,5週程度(数字が出なくなるまで)で、その後も細かくは増えています。※「CAMEO」はコロナのため4/29から発売延期、ただし個別握手会は販売済み。「青サブ」以降オンラインお話し会に移行、それ以前と単純比較はできません(同じ条件だったらもっと多くなったはず)。CDタイトル  リリース日  初日売上/初週売上/累計売上(ビルボード累計売上)=LOVE(1st) 2017/9/6  11,017/18,746/26,640枚僕らの制服クリスマス(2nd)17/12/6 31,969/40,255/50,342枚(54,234枚/初週)手遅れcaution(3rd)18/5/16 52,930/62,930/83,606枚(100,182枚/8週)Want you! Want you!(4th)18/10/17 69,385/80,558/109,470枚(123,760枚/8週)探せ ダイヤモンドリリー(5th)19/4/24 85,788/99,578/133,030枚(150,819枚/7週)ズルいよ ズルいね(6th)19/10/30 126,687/143,000/167,000枚<7週>(210,241枚/7週)イコラブSGオリコン売上ranking2位CAMEO(7th)20/7/8 136,466/155,081/161,383枚<4週>(200,221枚/16週)同ranking1位 青春"サブリミナル"(8th)20/11/15 59,771/100,000/163,120枚<16週>(213,396枚/16週)同ranking3位なお、1stアルバム「全部、内緒。」は7月初めまででオリコン54,280枚、ビルボード59,544枚ぐらいのはず(TypeAは税込6,380円、TypeBは5,500円)。

    イコラブCD総売上100万枚突破
  3. 今日は「HKT48リクエストアワーセットリストベスト50 2021」の本番。50位~26位の昼公演は12時から、25位~1位の夜公演は18時からです。自分は昼公演は会場の福岡国際センターで見て、帰宅して夜公演をLINELIVE配信で見ましたよ。昼公演は若干の空席はあるもののほぼ満席でしたね。30列目とかなり後ろの方のアリーナ席だったけど、ステージが高いのと、着席のため視界良好でした。遠いのでさすがにはるたんからは見えなかったと思うけど。なんだか女性が多いような気がしますね。それに劇場ではあまり見ないような若い世代も。奈子ちゃん効果なのか、新しいファン層が拡大しているような感じもしました。これを機にもっとたくさんの人にHKT48のことを知ってほしいですね。前置きが長くなりましたが、はるたんが出演した曲をインスタのコメントと共に47位 天文部の事情 ランクイン。これはいろんな意味で奇跡ですね。46位 恋の指先 実はオリメンっ。でも人数が少なくなって歌割初めてのとこでした。43位 図々しさを貸してちょうだい ピンクな制服でした~39位 キスが遠すぎるよ38位 ぐにゃっと曲がった なんと連続でてました~特別枠 水色アルタイル なんと番外編でなんとなんとしゅがーすたー 水色アルタイルを現実で初披露 ちょっと懐かしくてまた5人で集まれて嬉しかった 33位 君とどこかへ行きたい 同期のためなら めるのためなら なんだってします29位 大人列車はどこを走っているのか? この写真オシャレ~25位 僕らのStand By Me にこにこ二期 252523位 恋するRibbon 実は振り付けをさせていただいた曲で、自分が踊るのは初でした。21位 僕だけの白日夢 この曲のただのファンなんです。19位 Just a moment 私切れてるけど さやかが可愛いのでOK 18位 How about you? ダンスユニットのオリジナル楽曲です!嬉しい7位 Chain of love センター楽曲です。改めてありがとうございます。5位 おしゃべりジュークボックス ファンの皆様からはもちろんですが メンバー人気も高いです。4位 Buddy 今のチームHで披露できたのが嬉しかった3位 UFO募集中 full尺でした!! 新規振り入れ!! やっぱり振り付け好きすぎる わーいひとつひとつに書きたいことがあるけど、キリがないので特に印象に残ったことだけ書きますね。まずは「天文部の事情」。ランクインしたこともスゴいですが、歌唱メンバーがチームオレンジというのがいいですよね。MVもなく披露する機会もなかった曲を博多リフレッシュ公演で、はるたんが復活させて、振りまでつけて。そんな思い入れの強い楽曲をオレンジで歌えるなんて素敵すぎませんか。ちなみに自分はリフレッシュ公演はコロナ禍で劇場で見れていないので、初めて生で自分の目で見ることができました。衣装も可愛くて、メガネも良く似合ってましたね。次は番外編の「水色アルタイル」。劇はじのなかのしゅがーすたーがあの衣装で。はるたんではなく「小野舞夏」が国際センターに降臨ですね。みくりん作詞の歌詞も素晴らしいし、はるたんの振り付けもいい感じですね。リクアワで見れるなんて思ってもいませんでした。「君とどこかへ行きたい(つばめ選抜)」に、はるたんが出てきたときはびっくりしましたね。まどかさんが卒業したので、1人空いているけどゆかちゃんを先に見つけて、なぜはるたんがと思ったらめるちゃんのポジションだったんですね。西スポさんの記事にもあったけど、同期の絆を感じたし、さすがはるたんです。「恋するRibbon」は、振り付けを担当したはるたんですが、歌唱メンバーではなかったけど、今回歌うことができたんですね。まいこむさんが卒業したので、ランクインするなんてスゴイです。村重さんのところかな?そして「Chian of love」。上位とは思っていたけど、7位は予想以上でした。熊本でも披露したけど、やっぱりセンターははるたんですね。ソロダンスもしなやかでいつも以上にキレイに見えましたよ。はるたんファンとして誇らしい1曲です。「おしゃべりジュークボックス」は、人気高いですね。自分もかなり好きな曲です。見ててホント楽しい、可愛らしい感じもあってCM選抜ガンバって良かったなって改めて思います。「UFO募集中」は3位。秋吉さんファンがメインで投票したんでしょうけど、スゴイですね。あの中毒性のある振り付けは何度見ても最高です。この前YouTubeで動画も公開されてたから、そのスゴさと素晴らしさ感じることができました。他にもたくさん書きたいこともあるけど、こんくらいでやめときましょうね。はるたんは番外も含めて17曲にも出演しました。メンバーの中で最多だったようです。オリメンの曲も多いけど、そうじゃない曲も出ることができて、覚えるのも大変だったでしょう。ひな壇には最後の方にちょこっと出れただけで、歌って着替えての連続だったのかもですね。実は今回、出演曲数が最多だったんだとか...自分が振り付けした楽曲が3曲も披露されたのもすごく嬉しかったです。リクアワは経験年数が多いメンバーが参加曲が多くなるのが必然ではあるけど、5期生とかもいろんな曲に出ていましたね。特にかえちゃんとかは昔のシングル曲にもたくさん出てて、若いメンバーにとっても多くの経験を詰めたリクアワになったのかもしれません。同期への絆もそうだし、後輩メンバーに対しても、このリクアワを通していい関係性が築くことができたと思います。かえちゃんと相思相愛ではなかったようだけど、それ以上の関係なのかもしれないし。星空、見えたね可愛い可愛い後輩ちゃんと久しぶりにまた集まったよやっぱりこのメンバーに振り作ってよかった。受け取ってくれて踊ってくれてありがとう。お陰て歌えたよ写真の立ち位置は、上から見ると北斗七星になってるのこだわりです。シンプルだけど、はるたんの言葉をもう本当に楽し過ぎてHKTのことまたさらに好きになった自分もHKT48のこと。はるたんのことをさらに好きになりましたよ。1日で6時間近くのステージだったけど、お疲れさまでした。すごく楽しかったです。また来年もきっとあることを楽しみにしています。その時は昼夜両方当選しますように。最後に西スポさんの素敵な記事をHKT「劇場の女神」が初のリクアワ救う 急きょ代役「これが私の仕事」2021/7/24 14:15 (2021/7/24 14:15 更新)西日本新聞HKT48の「女神」が、記念すべき初イベントの救世主となった。福岡市の福岡国際センターで24日に開催された「HKT48リクエストアワー セットリストベスト50」(以下リクアワ)で33位に入った「つばめ選抜」の「君とどこかへ行きたい」。最新の14枚目シングルである同曲の選抜メンバー・田島芽瑠は両膝を負傷。7月は劇場公演でも休演や部分的な出演が続いていた。この日もステージで最終的な確認などをしていたが、痛みが悪化し、急きょ同曲への出演を見送った。田島を欠いた11人で披露する可能性もあったが、上野遥が「1時間あれば誰のポジションでも覚えられる」と代役を買って出た。その宣言通りに覚えきり、見事にステージで代役を果たした。昨年12月21日に劇場公演出演1000回という金字塔を達成した上野。数々のポジションを覚え、体調不良などのメンバーの代演を数多く担い、ステージを支えてきたことから「劇場の女神」と呼ばれる。初の単独リクアワでもその本領を発揮したが、本人は「これが私の仕事ですから」ときっぱり。運営スタッフも「本当にすごいね」と称賛を惜しまなかった。 (古川泰裕)

    【7月24日】HKT48リクアワ2021 ~COL7位・最多出演~
  4. ブログに書いてあっハロプロ愛にもビックリしちゃいましたブログを読むと昔からハロープロジェクトが好きだったみたいですよ一華ちゃん昨日から引き続き今日もHello! Project 2021Summer Sapphire & Rubyのコンサートがありましたずっと夢見てた大舞台です!一昨年まではオリックス劇場はもちろん客席からサイリウムを持ってタオルを首にかけて最初から最後まで号泣しての鑑賞です帰り道ではスキップするぐらい気持ちが晴れ晴れとしました!そして次の日にはちょっと落ち込んでたコトもすぐに忘れてしまうっていう魔法にかかっていました私はハロー!プロジェクトが大好きでハロプロがどれだけ凄いかを世界中の方に知ってもらいたいという気持ちをずっと持っていましたこんな熱いハートを持ってるJuice=Juiceの有澤一華ちゃんですけど昨日たまたまハロプロ研修生日記を読んでたんですよねそうしたら研修生時代の有澤一華ちゃんが登場するハロプロ研修生日記があってどんなコトが書いてあるのか読んでみたら今と変わらない有澤ちゃんのキャラが出てきて笑っちゃいましたそのハロプロ研修生日記はハロプロ研修生の同期の石山咲良ちゃんが書いてた日記なんですけどこんなコトが書いてありましたよこんにちは!石山咲良です今回からリハーサル日記に参加させて頂くことになりました!よろしくお願いします(_ _*))今日は6月の研修生発表会のリハーサルがありました!跳ねながら歌うと声がぶれてしまったりマイクに上手に乗らなかったりしましたたくさん踊っていてもぶれずに声が出るように頑張ります。初めてのお写真は同期の有澤一華ちゃんです❁一華ちゃんはいろんなものオススメしてくれます!食べ物・飲み物・メイク道具とかたくさん良い物を教えてくれます!今日はクリーム?オイル?をオススメしてくれたんですこれ めっちゃええで!って手に塗ったらとってもツヤツヤでキラキラしてましたでも それが何用の物なのか。。。手に1滴垂らしてどこかに行ってしまいました笑最後まで読んでくださりありがとうございました皆さんの幸せの花が良く咲きますように🌸今日の咲良のヒトリゴト🌸ホットココアが飲みたい…以上 石山咲良でした(^^)/さくらちゃんの手に1滴垂らしてどこかに行ってしまう有澤ちゃん…アリo^u^)さくらちゃんこれ美味しいで从サクラ ‘_ゝ‘)ほんとアリo^u^)さくらちゃんこれ飲んでみぃ从サクラ ‘_ゝ‘)うんアリo^u^)さくらちゃん手だしてみぃアリo^u^)コレめっちゃええで!从サクラ ‘_ゝ‘)こおアリo^u^)1滴ね…从サクラ ‘_ゝ‘)手にクリームをなじませてと…从サクラ ‘_ゝ‘)これでイイの?いちかちゃん从サクラ ‘_ゝ‘)ねえいちかちゃんてば…从サクラ ‘_ゝ‘)あれどこ行った一華ちゃん…ε= アリo^u^)وえばちゃま~!从サクラ ゚_ゝ゚)もうあんなトコロに…そういえば有澤一華ちゃんと石山咲良ちゃん2人で楽しげにじゃれ合ってるって植村葉純ちゃんが研修生日記に書いてましたけどこの2人が同じグループに加入できなかったのがホント残念ですよね有澤一華ちゃんのコトを困らせられるのは石山咲良ちゃんだけでしたからね…同じグループに入って石山咲良ちゃんの破天荒ツッコミに困り顔をしてる一華ちゃんを見てみたかったですね

    Juice*有澤一華ちゃんと相方のハロプロ研修生*石山咲良ちゃん ¨̮ )
  5. 乃木坂46の卒業を発表した高山一実さん女性アイドルグループ乃木坂46の高山一実さんが9月22日に発売される28枚目のシングルをもちましてグループを卒業する事を発表しました。かずみんの愛称で親しまれた高山さんの卒業に対してSNSでは『 かずみん、マジか 』『 待って! 』『 悲しいいいい!! 』『 もうショック過ぎる......寝込みます 』等様々なファンの声が上がりました。高山さんは7月22日グループの公式YouTubeチャンネル『 乃木坂配信中 』で配信された特別番組『 乃木坂46分TV 』で卒業を発表しました。高山さんは『 次の28枚目のシングルをもちまして私は乃木坂46を卒業します。10年間支えて下さった皆様本当にありがとうございました 』とコメント。『 私はこの10年間で本当にたくさんの幸せを頂いて10年前の夏休みに【 オーディションに 】応募して人生が変わり生まれ変わってもこの人生でいたいなと思うぐらい幸せでした 』と笑顔で語りました。高山さんは1994年2月8日生まれの27歳で2011年にグループの1期生オーディションに合格しデビューシングル『 ぐるぐるカーテン 』から最新曲『 ごめんねFingers crossed 』まで全27曲で選抜入りを果たしたメンバーの1人であります。大の本好きとしても知られ2016年には初の短編小説『 キャリーオーバー 』を執筆し雑誌『 ダ・ヴィンチ 』【 KADOKAWA 】のオフィシャルサイトに掲載され更に同年に『 ダ・ヴィンチ 』で長編小説『 トラペジウム 』の連載にも挑戦し2018年には文庫化もされました。高山さんが卒業するとグループに在籍する1期生は秋元真夏さん✨生田絵梨花さん✨齋藤飛鳥さん✨樋口日奈さん✨星野みなみさん✨和田まあやさんの6人だけになる事からSNSでは『 1期生がまた一人.... 』『 かずみんが卒業しちゃったら1期生残り6人しかいないのか 』『 寂しいなあ 』『 1期生がどんどん卒業していっちゃうの悲しすぎる〜 』といった感想も書き込まれました。→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→ついに私の乃木坂ちゃんの推しの1人が卒業する時がきましたか ✨只一実ちゃんはもう個人で活動しても大丈夫なぐらいバラエティーとかで活躍してるので個人で活動してバラドルとして更に活躍する事を楽しみにしたいなという気持ちの方が強いですね (*^▽^)/★*☆♪さてさて、最近また女性アイドルグループのメンバーの卒業が増えてきてますがついにという形で私の坂道グループの好きなメンバーの卒業が発表されましたのでお伝えします ✨今年の9月でグループを卒業する事になりましたのは人気女性アイドルグループ乃木坂46の高山一実ちゃんです ✨高山一実ちゃんと言えば乃木坂46のメンバーとしては2011年のグループ結成当時からいる1期生メンバーとしてこれまで乃木坂46のシングル全27作全てで選抜入りを果たした1期生の人気メンバーの1人で個人ではテレ朝で月曜夜9時に放送している人気クイズ番組『 Qさま 』やTBSの春秋放送の人気特番『 オールスター感謝祭 』の延長戦番組『 オールスター後夜祭 』等でMCを務めたりテレ朝の人気バラエティー番組『 しくじり先生 』に準レギュラーで出演する等個人でもバラエティーやMC業で活躍を続け2018年には小説『 トラペジウム 』を発売し25万部を突破する大ヒットとなる等小説家としての才能もある事を証明させる等多才な才能を持つアイドルとしても有名ですがその一実ちゃんの魅力と言えばやはり、太陽の様に晴れやかで可愛い笑顔とこの笑顔が表してる人柄の良さですよね (*^▽^)/★*☆♪一実ちゃんはこれまで乃木坂46のシングル表題曲でセンターを務めた事はなくグループでトップに立つメンバーではないけど持ち前の明るさと人柄の良さで27作全てで選抜入りを果たしグループを支えたメンバーの1人ですし個人的に乃木坂46が今の女性アイドルグループのトップに立つぐらいの有名女性アイドルグループになりましたのは一実ちゃんとかの様に後ろでグループを支える初期メンの存在もあると思うし今は女優として活躍してる元乃木坂46のなぁちゃんこと西野七瀬ちゃんがグループ時代センターでグループを引っ張る存在になれたのも仲良しの一実ちゃんの存在があったからだと思うし間違いなく高山一実ちゃんは乃木坂46の功労者の1人だし私自身も乃木坂46の熱烈ファンになれたのは一実ちゃんみたいな明るくて笑顔が可愛く優しさ溢れる人がいたからだと思うので今は10年間もの間乃木坂46にいてくれてありがとうと言いたいですね (*^▽^)/★*☆♪そして、卒業発表のコメントで生まれ変わってもこの人生でいたいと言ってくれる所がまた一実ちゃんの人柄の良さが表れてるしこういう事を言ってくれると乃木坂46ファンからしたら嬉しい気持ちになりますよね (*^▽^)/★*☆♪私自身もこういう事を言ってくれるとこの人を推しの1人として推してて良かったなという気持ちになりますね (*^▽^)/★*☆♪その乃木坂46推しの1人の高山一実ちゃんが卒業という事で勿論もう乃木坂46のメンバーとして一実ちゃんを見る事が出来なくなるのは寂しい気持ちはあるけど今年で一実ちゃんは27歳になると考えるといつ卒業を発表してもおかしくないという気はしてたし10年間乃木坂46にいてくれた感謝の気持ちの方が強いですね (*^▽^)/★*☆♪そもそも、一実ちゃんは先程話した様に既にバラドルとして活躍していて乃木坂46メンバーの中で個人でもTVでよく見るメンバーの1人だししくじり先生とか見てたら本当一実ちゃんはトークとか面白いので一実ちゃんみたいな可愛くて面白い娘はバラエティーで重宝されると思うので卒業後バラエティーで今以上に見る様になればと期待してます (*^▽^)/★*☆♪この様に乃木坂46の1期生の人気メンバーの1人の高山一実ちゃんの卒業でまた乃木坂46の1期生が1人少なくなりこの前は3期生のセンター経験者の大園桃子ちゃんが突然の卒業発表と最近乃木坂46メンバーも卒業メンバーが増えてきてるのが気になりますが乃木坂46も逸材が多い4期生メンバーを中心に世代交代を図り5期生メンバーのオーディションを始める等新しい乃木坂46を作り始めているのでこれからも一実ちゃんは一実ちゃんでこれからも応援していきますし乃木坂46も個人的にも推してる4期生メンバーを中心に応援し続けていこうと思うので高山一実ちゃんには乃木坂46を卒業しても持ち前の明るさと笑顔の可愛さと人柄の良さでバラエティー等で活躍してもらいたいと思います (*^▽^)/★*☆♪そして、一実ちゃんは9月発売の乃木坂46のNEWシングルで卒業となるので是非卒業シングルではカップリングでも良いので一実ちゃんセンターの曲が収録される事を願いたいと思うので運営の方宜しくお願いします (*^▽^)/★*☆♪

    たくさん共感されています

    乃木坂46の高山一実さんが9月でグループ卒業全シングル選抜入りでバラエティーで活躍中の1期生
  6. のハロコン今日の大公演で開幕しましたが、今日は<team Ruby>が2公演昼夜は、ほぼほぼ同じセトリだったようで<team Ruby>のメンツはこちら ハロプロ研修生ユニットの8人とハロプロ研修生は、ルビーとサファイア両公演に参加それでは、さっそくセトリを見たくない方はひき返してね【セットリスト】01.恋ならとっくに始まってる[アンジュルム]/全員 MC 金澤02.きみの登場/ハロプロ研修生(小野田・橋田・平山・村越・植村・石山)(昼)03.念には念[こぶしファクトリー]/ハロプロ研修生ユニット(夜)03.ミステイク/ハロプロ研修生ユニット04.LOVEペディア[モーニング娘。'20]/竹内・川村・笠原・為永・段原・井上・松永・新沼・谷本・秋山・一岡・江口・平井・小林05.就活センセーション[つばきファクトリー]/生田・加賀・北川・山﨑愛・竹内・金澤・松永・島倉・江口06.禁断少女[Juice=Juice]/小田・牧野・北川・川村・伊勢・高瀬・小林07.恋愛奉行[BEYOOOOONDS]/小田・牧野・加賀・笠原・伊勢・為永・金澤・井上・新沼・岸本08.夏将軍[アンジュルム]/生田・山﨑愛・段原・谷本・岸本・秋山・一岡・島倉・高瀬・平井 MC 金澤・ハロプロ研修生ユニット09.メドレーSummer Wind[℃-ute]/笠原・井上~ヒロインになろうか![Berryz工房]/加賀・川村・江口~初めてを経験中[Juice=Juice]/山﨑愛・伊勢・谷本~夏ダカラ![Buono!]/小田・新沼・平井~MC 新沼~恋はマグネット[カントリー・ガールズ]/金澤・高瀬~ショートカット[スマイレージ]/北川・為永・島倉~明日テンキになあれ[こぶしファクトリー]/生田・段原・岸本~まじですかスカ![モーニング娘。]/松永・秋山・一岡~ナインティーンの蜃気楼[つばきファクトリー]/牧野・竹内・小林 MC 金澤・Juice=Juiceとつばきファクトリーの新メンバー10.ダンス部/加賀・牧野・竹内・段原・秋山・平井11.五線譜のたすき[モーニング娘。'17]/生田・小田・山﨑愛・川村・笠原・伊勢・為永・金澤・井上・松永・新沼・谷本・岸本・一岡・島倉・江口・高瀬・小林12.マサユメ[つばきファクトリー]/新沼・谷本・岸本・秋山[BD:ハロプロ研修生]13.フレフレ・エブリデイ[BEYOOOOONDS]/一岡・島倉・江口・高瀬・平井・小林[BD:ハロプロ研修生ユニット]14.DOWN TOWN[Juice=Juice]/金澤・井上・段原・松永[BD:生田・小田・牧野・加賀・北川・山﨑]15.愛されルート A or B?[アンジュルム]/竹内・川村・笠原・伊勢・為永16.Hey! Unfair Baby[モーニング娘。'21]/生田・小田・牧野・加賀・北川・山﨑愛MC 金澤17.Good bye & Good luck![Juice=Juice]/全員前半は、自分の所属グループトの曲以外で2曲ずつ中盤は、少人数のシャッフルユニット後半は、所属グループの持ち歌を(いつもとは半分の人数編成で)明日のサファイアもセトリは違っても同じ構成でしょうかね『禁断少女』はサビの歌割りがどうなっているのか、非常に気になります!れらたんは、良いところもらってるかなあメドレーだと、北川・為永・島倉の『ショートカット』は必見でしょう笠原・井上の『Summer Wind』、大人ムードむんむんの予感ダンス部はやり続けますねえ正直、ファンの評判は今一つだとは思うのですが金澤・井上・段原・松永というお強い4人での『DOWN TOWN』はどんな仕上がりなのか皆さんは、気になった曲はありましたか?

    【セトリ】<team Ruby> ハロプロ 2021 Summer  Ruby
  7. (以降ASH)主催イベント現場は、2020年1月25日の「岩田ちひろ卒業公演」以来ではないかな。SPL∞ASHとお目にかかるのも同年9月22日に国営備北丘陵公園で開催されたサンフレッチェ広島関連イベント以来なのだから、コロナ騒動以来、ASHの皆さんとは結構御無沙汰であった。幼少期からASHスクール生として長らく在籍してきて、後輩達に対する面倒見が良くて人望が厚かったという、スプラの初代ライム担当のかにょんのラストステージ。卒業発表後、コロナ騒動の影響から延期が重なったようだが、今回会場となった巨大モニターがバックのエールエールのステージ。ひろしまフラワーフェスティバル等といった様々なイベントの形でASHの皆さんが昔からお世話になった場所だ。ラストステージの会場として相応しいと思う。高竹香夢オープニングMCは、主役のかにょん自ら担当。勿論、主に注意事項の説明。MCを締める筈が土壇場で噛んでしまい、笑うしかなかった。SPL∞ASHトップバッターは、いきなりスプラから。新研修生3人が加入し、10人になっていた。畝本心音永尾梨央畝本香音柳本愛室井萌々梶田和子中嶋朝香岡田あずみ高竹香夢高田萌子スプラステージは後半もある。peony島根PRユニット、peony。お目にかかるのは、2020年1月の島根ふるさとフェアのステージ以来。1年半の間に顔触れが大幅に変わった。以前のメンバー達は卒業或いは移籍で殆どいなくなり、今年2月に新体制になったようだ。岡村梨央象徴的存在だった平内真矢卒業後に加入したりおちゃん。新体制で唯一の続投。リーダーに任命されていた。菅杏奈久留島優果MAX♡GIRLSから移籍。スクール生仲間の升本咲良とはStar☆Rabbitというユニットも組んでいる。しばらく見ない内に別嬪になった。前髪パッツンのせいか、清原果耶によく似ている。ASH43期生。初めて見る顔だ。14歳のJC3。コロナ騒動間でも新しいスクール生達は入ってきている。小川久遠佐竹田珠弓(みく)ASH44期生。彼女も初めて見る顔。peony初期メンバーだった奥原妃奈子(現AKB48チーム8)以来のリアル島根県人。ASH43期生。JK1。メンバーで一番和風の顔立ち。若かりし頃の乙羽信子(新藤兼人監督『原爆の子』に主演していた女優)に似ているかも。MAX♡GIRLSMAX♡GIRLS。お目にかかるのは、2019年12月15日の基町クレドASHクリスマスライブ以来だ。peonyと同じく、今年2月から5人続投、新メンバー2人加入の新体制になっている。吉松優衣奈岡本愛花坂井姫乃松本流歌小林凛音尾茂井奏良新メンバー、りんねちゃん。衣裳の制帽が大き過ぎるのか、頭が小さ過ぎるのか、若干「がきデカ」感。そらちゃん、気がついたらJCか。ゆいなちゃんは女優としてもCM、TVドラマでも活動していて、来月の8月14日西区民文化センターにて上映予定の吉松幸四郎監督最新作『木魅』で映画初出演。現在撮影中の吉松監督の次回作『アネモネ』にも既に起用されている。るいかちゃん、また背が伸びたような。西村紫媛新メンバーのしえんちゃん。JC1。今月5日に13歳になったばかり。気がつけば、ゆいなちゃん共々MAX♡GIRLS在籍期間が長くなっている。あいかちゃん、顔立ちがちょっと大人っぽくなったか。mofmof最強双子ユニット、mofmof。仲良くスプラ研修生になって、益々息ピッタリに。現在ひろしま県民だよりのCMに出演中で、ステージ上でCMソングを見事なハモリによるアカペラで披露。畝本心音畝本香音後篇に続く。

    SPL∞ASH 高竹香夢卒業ステージ 前篇
  8. 小さい頃から、人の些細な変化やクセによく気がつく方だったとはいえ、それを本人に伝えようとすることはなかった本人からしてみれば触れられたくない部分かもしれないと思ったからでも、気づきたくない部分まで気づいてしまうことで、人との関わりが嫌になってしまったこともあるいまは、それを乗り越えて気楽に人間関係を築いていると思っている「おはようございます。」朝、会社に着いて自分のデスクに行く近くにいた先輩が挨拶を返してくれた「あ、平手。聞いた?」「ん?なにをですか?」「朝、打ち合わせがあるから、9時頃はデスクで待機っていう話。」「いや、聞いてないです。」「じゃ、そういうことだからよろしく。」「なんの打ち合わせですか?」「あー、分からない。でも、悪い話ではないみたいだよ。」「そうですか。承知しました。」「ん。」「あ、小林先輩。」「なに?」「今度のプレゼン資料、作成してみたので添削お願いします。」「もうできたの?」「まぁ...はい。」「分かった。今日中に見て返せるようにするから。」「ありがとうございます。」大学を卒業して入った会社は、海外進出し始めている右肩上がりのところで、福利厚生がしっかりとしていて、新人の指導も丁寧にしてくれる程、超ホワイトな環境で不満は特にない本当に恵まれた環境で仕事できて良かったなぁと数ヶ月しか経っていないけれど、最近思うことが多いそんな状況で、新しい風が急に入ってきた...「アメリカ支社から戻って参りました渡邉です。ほとんど知っている顔ぶれで安心感がありますが、また新たな気持ちで自分の力を最大限に発揮していきたいと思います。よろしくお願いいたします。」部長の隣に、シュッとした顔立ち整っているモデルのような男性が立って挨拶をした「小林先輩、あの人は?」小声でどんな人か尋ねた「私の一個上の先輩。超優秀で約1年前にアメリカ支社を立ち上げるからって引き抜かれた人。」「すごい方なんですね...」「なんで、この会社にいるのか不思議なくらい。もっと稼げる仕事にも就けたと思うよ。」「そうなんですね...」「まぁ、本人はこの仕事が自分には合ってるって言ってるけどね。」「へぇ...」「あ、でも気をつけた方がいいよ。」「え?なんでですか?」「それはね...」先輩が理由を話そうとした時、渡邉さんが先輩の近くまで歩み寄ってきた「こば!久しぶり。元気だった?」「おかげさまで。」「なんか冷たくない?」「いつも通りですが?」「えー。こばに会いたくて本社に戻ってきたのに。」「殴りましょうか?」「仕事終わりにもらおうかな?」「気持ち悪いのでやめてください。」「あいかわらずの冷たさ!悪くはないけど。」「アメリカ支社にあと10年いてくれれば良かったのに。」「つれないなぁ。」「社長直々に呼び戻されたくせに。」「さすが、こば。そういうことまで知ってるんだ。」「風の噂で。」「ふーん。あ、それより、こばの隣にいるカワウソみたいな子は?」「4月に入社した平手友梨奈さん。優秀で即戦力としてやってくれてるよ。」「そうなんだ。平手さん、よろしくね。」「よろしく...お願いいたします。」「ふふっ。こばが言うってことは相当優秀みたいだから期待してるよ。」「ありがとうございます。」「あ、俺は渡邉理佐。なにかあったら声掛けて。よろしくね!」「はい。」渡邉さんは優しく笑って自分のデスクに戻って行った「珍しい...」「え?」「いつも期待してる子とか可愛い子には、すぐナンパみたいなことするのに、平手にはしないから。」「そういう対象じゃないってことなんじゃないですか?」「そういうわけじゃないと思う。そういう対象として見てない子に対しては、名前を聞いてこなかったり優しく声をかけたりしなかった気がするから。」「そうなんですね...」「新しいパターンだわ。あ、それより、話してみて分かったでしょ?」「え?」「気をつけた方がいいって言った理由。」「ははっ...まぁ...」用事がなければ話すこともないだろうと思った渡邉さんが本社に戻ってきてから1ヶ月が経ったが、渡邉さんとは仕事以上の会話はしていなかったでも、この1ヶ月で渡邉さんのクセを見つけてしまった...本心ではないことを言う時、他の人には気づかない程度に表情が固くなるということだつくづく自分のこの特性が嫌になるけれど、渡邉さんにクセについては話すつもりはないそんな時、部長から飲み会の開催の話があった強制ではないものの、社長が参加するということから、参加できる人は是非してほしいとのことだった「平手ー?」「はーい!」「飲み会参加できる?」「特に予定はないのでできます。」「お酒は飲んでも飲まなくてもいいからね。」「はい。」「じゃあ、参加ということでOK?」「はい。」「こばー。」「なんすか?」「怖いって。」「飲み会参加する?」「しますけど?」「カワウソちゃんは?」「平手ね?するよ。」「ふーん。」「参加するんですか?」「こばが参加するならしようかな。」「じゃあ、私は不参加に変更します。」「冗談だって。」「......。」「平手。こいつから離れな。」「...え、あ...」「おい、後輩に変なこと教えんなって。」「変なことじゃないし。変態から離れろって言っただけですが?」「誰が変態だよ。」「え?渡邉理佐。」「俺?」「あんた以外誰がいんのよ。」「俺のどこが変態なんだよ。」「超がつくほどのドSっていうところ。」「褒めんなよ。」「褒めてねーよ。そういうところが変態だって言ってんだよ。ばーか。」「おい、先輩に対してばーかはねーだろ。」「はいはい、すみませんでした。早く仕事に戻ってください。」「分かったよ。あ、平手ちゃん、邪魔してごめんね。」渡邉さんに頭を1回ぽんっと撫でられた不覚にも初めて胸がとくんと音が鳴った気がした飲み会の日になり、仕事が終わって飲み会の会場へ先輩と一緒に向かった「あ!こばと平手ちゃーん!」別部署の長濱さんに声をかけられる「ねる、もう飲んでる?」「まだ飲んでないよ。あ、平手ちゃん久しぶり!」「お久しぶりです。」「あっちに志田くんとか守屋先輩、菅井先輩も来てるよ。」「ほんとだ。」「私、挨拶行ってきます。」長濱さんと小林先輩に一礼して挨拶に向かう挨拶して終わって小林先輩のところへ戻ろうとした時、誰かが入ってきた「お疲れ様でーす。」「あ!渡邉くんだ。」「ねるさん、お久しぶりです。」「アメリカ支社行く前まで、さん付けしてなかったのに、よそよそしくしないでよ。」「くん付けするからじゃん。元気だった?」「うん。元気だったよ。理佐は?」「うん。そこそこ。」「好きな人はできた?」「その話かよ。んー、こばかな?」「殴るよ?」「ごめんって。」「本当は?」「んー、いまはいないかな。」その会話を近くで見ていたけれど、渡邉さんは本心を言っていなかったそれは、表情を見てすぐに分かったおそらく、気になる程度の人はいると思う誰かは知らないけれど...知ろうとも思わないけれど...でも、なんだか心の中がザワついていたしばらくすると、部長をはじめ上層部の方々も来店して飲み会が始まった私は程々にお酒を飲みつつ、騒がしい雰囲気に飲まれないように隅の方に避難していた「平手ちゃん、仕事慣れた?」「長濱さん...」「どう?この会社は。」「恵まれた環境で仕事させていただいて、もっと貢献できるようになりたいなって思ってます。」「この会社、素敵でしょ?」「はい。」「この会社を立ち上げた人達ってね、ブラックって言われていた会社で辛い思いをしてきて、ホワイトな会社を目指した素敵な人達なんだよ。」「そうなんですか...」「だから、その気持ちを忘れずに、後輩ができた時は優しく教えてあげてね。」「はい。」そんな優しい話をされて、また仕事を頑張ろうと思えたところで、飲み会はお開きの時間になったようだった今日はこのまま帰って休もうと思っていた時、部長から声をかけられた「平手さん、二次会行ってみる?」「えっと...」「部長。平手さん、明日、朝早くから用事があるみたいで今日はもう帰らないといけないみたいなんです。」「あ、そうなの?」「もう結構遅い時間ですし、1人で帰らせるの不安なので、俺が駅まで送って行ってもいいですか?」「じゃあ、渡邉くんにお願いしてもいい?」「はい。今度、飲み会ある時は最後までお付き合いするので、俺も今日はそのまま帰ります。」「よろしくなー!」「お疲れ様です!じゃあ、平手さん行こっか!」「え?あ、はい。」促されるまま歩き出したが、話題もなく無言のまま時間だけが流れる「ごめん。二次会になると、多分もっと騒がしくなるから...帰すことにした。」「いえ、ありがとうございます。」「騒がしいところ苦手でしょ?」「なんで分かったんですか?」「なんとなく。」「渡邉さんも苦手なんですか?」「俺は別に。でも、今日は帰りたい気分で。」「......。」「平手ちゃん?」「嘘ついてますよね?」「え?」「表情が固くなったから...」「え?」「言うつもりなかったんですけど......渡邉さん、本心ではないことを言う時、表情が固くなるので...」「え...俺、表情固くなってる?」「他の人は多分分からないと思いますけど...」「平手ちゃん、洞察力とか分析力とか高いでしょ。」「まぁ......」「そっか。」「本当はなんで二次会に参加しなかったんですか?」「それは......」「ん?」「酔い覚まししたくて...」「......嘘つき...」「......もう......」「ん?」「かわいすぎんだよ。」「え?」「本社に戻ってきたら、見たことのない後輩がいて、その子は素直で純粋な感じで...いままでのようにナンパみたいな軽い気持ちで声なんてかけちゃいけないって思ったんだ。」「......。」「でも、それから仕事以上の会話はできなくて、このままだと距離を縮めることなんてできないって思ったから、飲み会をきっかけに縮めたかったんだ。」「...渡邉さん...」「周りから優秀とかイケメンとか言われてる奴とは思えないでしょ。こんな奥手みたいなところ見たら...」「そうですか?」「え?」「私のことを傷つけないようにしてくれたんですよね?軽々しく声をかけたら傷つけかねないと思って...」「それは......」「それに、渡邉さんが本社に戻ってきて1ヶ月の間に、私は何度も助けられました。気にかけてくれなかったら助けられませんよ?」「......」「渡邉さん。」「ん?」「私のこと、どう思ってるんですか?」自分でも驚く程、強気な質問をしてしまったでも、後悔はしない...「先輩後輩として良い関係を築きたいと思ってる...」「嘘つき。本当は?」「プライベートで特別な関係を築きたい。」「それはつまり?」「俺と...付き合ってくれませんか?」「よろしくお願いします。」「ありがとう。」「私は、渡邉さんのこと特に気にしていませんでしたけどね。」「嘘つけ。」「ふふっ...おかえし。」これから、渡邉さんとどんな関係を築けて行けるのか楽しみで仕方ない...タイミングを見て、小林先輩とかに伝えないといけないなぁ...なんて渡邉さんと駅に向かいながら考えていた

    たくさん共感されています

  9. 好きな人の誕生日ってやっぱり盛大に祝いたいなって思うわけででも、、この世の中で最も難易度が高いとされている「誘う」って言葉に今私小林由依は本人を目の前にしてかたまっております。「ゆい??大丈夫?笑笑笑」「……」「ゆい!!」「は、はい!!」「話ってなに??」そんな子犬みたいな顔で微笑まないで欲しい。心臓に悪いからなんて思っていると目の前にいる好きな人から思いもよらない言葉を私に浴びせてきた。「なら私が話すよ??」「う、ううん」「明日一緒に遊ばない??」「え??」なんてことだ。この人はこんなにも簡単に人を誘えるんだ。あ、、友達だからか。そうだよね。りさは私の事友達としか思ってないからね。うんうん。「ねー?大丈夫?ずっと上の空だけど笑笑明日空いてない??、、」明らかに落ち込んでいる。「か、かわぃ、、」「ん??」「あ、いや、そのー、、…明日、りさの誕生日なのに、私でいいのかなって、」「んー?私てっきりゆいが誘ってくれるんだと期待して今いるんだけど笑」「っーー/////」なんでバレている。そんなにわかりやすいのか小林。で、でもさ?結果オーライだからいいよね、、、「私も、誘おうと。おもってた、、でも、勇気出なくて、」「なんで?笑笑」なんだあの笑顔。まるで私の心を読んでいるみたいに。なんてことがあった帰り道。りさと途中まで帰って家に着いた頃。明日のプランを考えるべく友達のあかねとゆうかに相談をしようと連絡をした。🎸あかね、ゆうか相談🐴💄なに?🎸あのさ、、🐴まって、この時期のこの感じ💄ゆうかあれだよ🐴💄りさの誕生日のプラン考えてのLINEでしょ!🎸2人して同時に送らなくていいから!🐴だって隣にいるし笑笑🎸だったら片方だけでいいから笑笑🐴なら私が。で、どうしたの?🎸今日りさに明日のこと誘おうとしたら勇気出なくて。🐴うん🎸でも相手からの一緒に遊ばないかって誘われたんだよね…本人の誕生日なのに、🐴まー笑笑りさが笑笑誘いたかったんだよ笑笑ねーあかね笑笑💄そうだよそうだよ笑🎸なんで2人してそんな笑ってんの。特にゆうか!こんなにも悩んでいるのに!🐴いやーごめんごめん笑そんなに悩んでるなら明日告白したら??遊園地とか水族館いってさぁー🎸な、難易度が。🐴りさなら大丈夫だと思うけどなぁねーあかね?💄そうだよ!大丈夫大丈夫笑🎸うーーん、一応水族館いこうかなって、、、りさ大丈夫かな、、🐴ゆいぽんの誘いならりさ大歓迎だと思うよ?笑🎸え?どうゆうこと?🐴鈍感なゆいぽんには分からないことだよ😉明日成功するといいね!🎸相談する人間違えた、、とりあえず頑張ってみるよ、、🐴いい結果になるといいね!!LINEまたして!🎸う、うん。ほんとに他人事だなぁあの2人。あの二人は付き合っているからなんかいいアドバイス貰えるかなとか思ってたけど、、告白しなよって、、りさはモテるんだから、、、あーでもさ、あの二人とたしかりさは小さい頃からずっと一緒って言ってたから、、、色々聞いているのかな、、とりあえずりさにLINELINE。🎸夜遅くにごめん、明日水族館でもいいかな?、🦔お疲れ様!!(◜𖥦◝)全然大丈夫だよ!むしろゆいと水族館行きたかったから!!🎸よかった、、明日楽しみ…でも、ほんとに私でよかったの??ゆうかとかあかねがいるのに、、🦔私はゆいがよかったって言ってるでしょ??明日楽しみにしてるね( ◜▿◝ )いちいちかわい絵文字と、この人ほんとに凄いよねぇ、人の気持ちも知らずに、ゆいがよかったとか言っちゃって、、ばか、、夜1番にバースデーLINEして、、いや、緊張しすぎて寝れないわ!!!次の日。待ち合わせの場所に2時間も前からいる私やばくない?私から誘ったからって理由にならないし、、とりあえず待つか、、え、、前から、前から、、「り、りさ?早くない?」「あ、いや、楽しみで、早く、来すぎちゃった笑」「そ、そうだったんだ、い、いこ?」「うん」「あ、誕生日、おめでとう、」「ありがとう笑」そうゆうと視線を逸らして顔を紅くしたゆいがいた。かわい、、今日もつかな、、そんな心配をしながら隣を歩く彼女の手を握った、な、何だこの状況。手を握られている、というよりか恋人ツナギ?、ずっとこのままでいるつもりなのかな、、心臓がはち切れそうだ。目的地まであと少し、、乗り切るんだ小林。「わぁぁでっかいね」「でしょ!」「回ろっか、」ほんと、りさってかっこいいなぁ、、、付き合えたらいいのに、、、「ゆい。」「どうしたの?」「好きだよ」「え??」「ゆいと付き合いたい。」「私も、、りさのこと好きだよ。お、お願いします、」「やった笑最高の誕生日だ!!」「うぅ゛」「な、なんで泣くの、」「嬉しくて、今日私も告白しゃうかなって、おもってて、、、でもりさめのまえにしたら、き、緊張して、」「だからだったのか笑かわいい、、」「うるさぃ、、ほら行こ?」「積極的なゆいも私は好きだよ」「私も好きだよ。りさ、23歳の誕生日おめでと。」

  10. さて、と。理佐が子供になったというのは分かったとして。どうしたものか。これはつまり、元の理佐としての記憶は残ってるってことなのかな。体だけ小さくなって、まあ、精神状態も幼くなっているみたいだけど、記憶はそのまま?「ゆいちゃん、あーそーぼっ」“ゆいちゃん”って呼んでるし、それに、“およめさん”って。んふ、お嫁さんかあ。これが理佐の本心なのかどうかは分かんないけど、言われて嬉しくないわけがない。マズイな、どうしたってニヤニヤが抑えきれない、と慌てて口元に手を添えたが、今は自分の家なんだから隠す必要もないかって開き直って、そのニヤニヤを曝け出したまま、不思議そうに私を見つめている理佐(5歳)の姿に目を通す。体が小さくなっているからね。必然的に、それまで着ていたショートパンツや下着がずれ落ちていて、唯一Tシャツだけが肩に引っかかって彼女の肢体を纏っている状態。ふふ、Tシャツがワンピースになっちゃってる。可愛い。とりあえず、Tシャツ以外のものは部屋の隅に固めて、そこでようやく理佐の足元に落ちてるペットボトルに気付いた。なんだこれ……黒い……ん、増本より?そこに書かれている文言を読んで、なんとなくだけど、今の事態に至った理由が分かった気がした。私としては、早くこの可愛い女の子と戯れたいところだけど、原因が誰にあるか分かったからには、一応話を聞いておかないといけない。「ゆいちゃん、ゆいちゃーん、ゆーいーちゃーん」「あっ、ごめんね理佐、ちょっとだけ待っててね」早く構ってほしいのだろうか。私の脚をニギニギする理佐の頭を軽く撫でてあげる。構ってあげたいのは山々だ。でもやっぱりこの状況に説明が欲しいから。頭を撫でられて目を細めてる理佐を横目(下目)に、「増本綺良」に電話をかけた。          「もしもし」『あ、お疲れ様です。理佐さんどうなってますか?』「え、どうって……これさあ、綺良ちゃん何したのよ」『その感じだと成功みたいですね。増本天才ですね!』「ちょいちょいちょい。理佐はちゃんと元に戻るのー?」『一回寝たら、たぶん。えーっと、確か効果はですね……』綺良ちゃんが説明するにはこうだ。理佐に飲ませたのは、増本特製の幼児化ドリンク。おおよそ5歳児にまで体を戻らせる効果があるらしいが、その副産物として、その人の素直な気持ちを引き出すことができる、とのこと。『じゃ、素直な理佐さんを堪能してください!では!』「あ、ちょっと!……切れたし。ホントあの子何者なの」「おでんわおわったー?きらちゃんとおはなししてたの?」「そうそう。よーし、これで理佐と遊べるぞ〜」「ほんとに!?やったー!ゆいちゃんとあそぶ〜」私の見立て通り、22歳の理佐としての記憶はある。つまりは、今までの自分のツンデレ具合も把握している。だけど、ご覧の通り、恐ろしく素直になってる。よしよし、だいぶ理解できた。ようするに、この可愛い理佐ちゃんを独り占めできるってことでしょ?見た目だけでも反則級に可愛いのに、さらには、こんなに甘々ときた。ジュルリ……おっと、ヨダレが。落ち着け小林。幼女相手にテンション上げるなんて、それこそ変質者の極みだろ。とはいえ……この理佐。この5歳児理佐ちゃんを前にして自制しろと言う方が酷でしょう。どんなに頑張ってもニヤニヤは抑えきれないし、もちろん、幼女相手にやましいことを考えるほど見失ってはいないが、それでも高揚感とやらはある。        まあ……なるようになるか。考えることを諦めた私は、とりあえず、その小さな体を力いっぱい抱きしめることから、今日の始まりに思いを馳せた。           リビングに戻ってソファに腰掛ける。私に手を引かれてトコトコとついてきた理佐にも隣に座るよう促したが、どうやら彼女の望みはそうじゃないらしい。「おひざのうえはだめ?」って上目遣いでおねだりされて、そんなの断れるわけない。いいよ、と微笑みかけてあげると、パアッと顔を明るくして膝の上にダイブしてくれる。OH……まさかの向い合せ。こんな近くでその綺麗なお目々に見つめられるなんて…………うん、悪くない。悪くないどころか、眼福まである。でも、このままだと何もできないよな。うーん、そもそも何をすればいいのかも分かんないけど……どうしよう。あっ、ご飯!そうだ、まだ朝ご飯食べてないや。「理佐?朝ご飯作るからちょっと降りてくれる?」 「えええ、もっとぎゅってしてたいのにぃ」「ご飯終わったらまた抱っこしてあげるから、ね?」「んんんん」「私はお利口な理佐が好きだなー」「……わかったあ。ごはんおわったらぜったいだからね!」「うんうん。理佐は良い子だねえ。ちょっと待ってて〜」なんとか宥めることに成功して、とは言っても、普段は理佐がご飯作ってくれるんだ。私あんまり料理しないし。いつもツンツンしながら美味しいご飯を用意してくれるんだよな。どんな褒め称えても「別に、普通じゃん」しか返してくれないけど、ちゃんと耳を赤くしてるのを私は知ってる。っと、違う違う。今は私が何作るかって話だ。まあ、朝だし、簡単なものでいっか。パンと、あとスープ。お、これ、理佐が昨日手作りしてたジャムだ。美味しそう……勝手には駄目かな……いいや、使っちゃえ。パパっと準備を済ませて、理佐の元に戻る。幼児向けテレビを眺めていた彼女に声をかけて、いつもの定位置へ。理佐の部屋から持ってきたローテーブル。本来なら私の斜め前に座る理佐だけど今日は甘えただから。当然というように、私の隣に腰を降ろす。「んふ、じゃあ、いただきますしよっか」「わあ、おいしそう!いただきますっ」「ふふ、どうぞ召し上がれ〜。あ、ほら、詰め込まないの」小さなお口に目一杯詰め込む理佐。あ、これ、『無口』で見たことあるぞ。まさかリアルで見れることになるとは。モグモグ理佐ちゃん……ああああ、尊い。ほらほら、ほっぺにジャムついてるよ。普段なら絶対こんなアザトイことしないのに。これはつまり、アレだよね?ラブラブカップルがよくやる、アレだよね?誘っているってことで……よろしいんですね?   「ほら、ココついてるよー。……よっし、取れた」言いながら、ほっぺに指を添える。そのままペロッと口に含むと、理佐は、目をパチクリさせてこちらを凝視している。やばいな、これが本来の理佐だったら手叩かれてそう。そんな心配をしてみるけど目の前の理佐はどうだ。ニンマリと嬉しそうに微笑み、照れくさそうに脚をパタパタしてる。初めて思った。今日、死んでもいいな──って、本気で。        ご飯を食べたあとは、それはもう、幸せなひとときだった。一緒に歯磨きして、なんなら理佐の歯磨きも手伝って。それからテレビを見たり、トランプをしたり、まあ、色々。彼女に笑顔でいてもらうために私にできることは何でもした。今はというと、「抱っこしてー」とねだる彼女を抱き抱えてユラユラしている。私の肩にしがみついて小さな足で脇腹を挟み込み、満足げに微笑んでいる彼女はさながら天使だ。     実を言うと、理佐を笑顔にしたいという点においては、別に今回に限ったことじゃない。22歳の理佐に対しても同じように試みてきたつもりだ。その日にあった出来事を面白おかしく話すこともあれば、前触れもなく甘えてみたりもした。でも、そのどれもが空振りに終わるのが毎度のことで。だから今、私の一挙手一投足に笑顔を浮かべる理佐を見れるのが何よりも嬉しい。素直になってるってことはだ。本来の理佐も心の中では笑ってくれてたってことなのかな。願望でしかない憶測だけど、きっとそうだと信じたい。恥ずかしくて?不器用だから?だからそっぽを向いてたの?理佐が元に戻ったら聞いてみよう。あ、でも、ちゃんと正直に答えてくれないか。「なに……急に」とか何とか言って、またそっぽを向く姿が想像できちゃう。でもでも、やっぱり。一つだけ聞きたいことがある。正直な、今の理佐に。“私といて嫌じゃない?”これだけは聞いてみたい。怖い。だけど聞きたい。今まで色々と彼女にドキドキしてもらうためにアクションを起こしてきた。それもすべて、私を好きでいてほしいから。彼女が嫌がらないラインを考えて慎重に作戦を練ってきたつもりだけど、それも嫌と言うなら控えないといけないから。逆に言うと、嫌でさえなければどんどんアプローチしていくという意味でもあるが……まあ、それはさておいて。   「ねえ、理佐ー?」「んー?なにー?」「理佐はさ、私といて面倒臭いって思ったことある?」「えっ」「あ、怒ってるとかじゃなくてね。なんかさ、私がベタベタしても冷たいじゃん?もしかしたら嫌なのかなーって」自分でも引くくらい早口になってしまった。それは、彼女の瞳に涙か浮かんだから。あと、あまりの重たい女発言が言うのに恥ずかしかったから。たぶん、両方が同じくらいだ。怒んないから正直に言いなさい、なんて、母親に言われて正直に答えたことあるわけないのに。それでも、私が怒っているわけではないということだけは分かって欲しかった。理佐が俯く。言葉選び間違えたかな……と、自分の発言を後悔する。だけど理佐は口を開いてくれた。か細い声で、答えてくれた。「あのね、いっつも……その、つめたくしてごめんなさぃ」「……え」違う違う、ごめんなさいして欲しいわけじゃないよ。そうあやそうとしたが、彼女は、勢いよく顔を上げてこう続けた。      「でもでも!ほんとーはゆいちゃんのことだいすきなの!だからね、りしゃのこときらいになってほしくなくて……」「っっ……理佐」「ゆいちゃんにきらわれたら……やだ」そしてまた俯く理佐。消え入りそうな声で、私の肩を掴む指に力が込められるのが分かって、ふっと力が抜けた。なんだ……そんなこと思ってたんだ。大丈夫、それだけ聞ければ十分だよ。「ふふ、嫌いになんかならないよ」「ほ、ほんと?」「本当。理佐のこと、世界で一番愛してるからっ」「えへへ、りしゃもせかいでいちばんあいしてる!」私は知らなかったんだ。今はこの無邪気な理佐にニヤつきを隠せない私だけど……無邪気というものが、如何程までに恐ろしいものなのか。このあと、私の心拍数が限界突破するということを──まだ抱っこは継続中。そろそろおやつでも食べさせようかと思っていた矢先。ふいに、理佐が私の胸元に顔を埋めた。グリグリと、私の存在を確かめるように顔を押し付ける。擽ったい。そういえばノーブラということもあって、理佐の鼻先が押し付けられる度に、幼女相手には抱いちゃイケナイような感覚が込み上げるのを感じる。何か注意した方がいいのかな。いや、でも、子供相手にそれもおかしい気がする。うーん、どうしたものか。んっ、なんか今ホント変な声出そうになった。ヤバ……恥ずかしい。 謎の葛藤を強いられているうちに、顔だけならず、小さなおててまでもが私の胸を苛める。苛めるとは言っても、表面をサワサワ撫でるだけ。しかし、子供の姿をしているとはいえ、好きな人にそんなところを触られるとなると、私だって。その柔らかい指先が先端を掠めるたびに身体が震えて、なんとも言い難い恥辱に塗れていく。幼女相手に、こんな。「ゆいちゃんのおっぱいおっきいね。やわらかあ〜」しまいには、無邪気な声でそんなことを言うものだから、流石の私も、彼女の戯れに対してストップをかけた。「もう、撫でちゃダメ!子供がそんなこと言わないのっ」私の声が大きかったからか、楽しそうに私の胸で遊んでいた理佐の肩がビクッと跳ねた。でも、恐る恐る私を見上げた顔に反省の色は映っていない。一度キョトンとして、それから、不機嫌そうに、少し元の理佐を彷彿とさせるように──その綺麗で純粋無垢な瞳を、ジトッと細めて、こう言う。「……いつも……りしゃのことゆーわくしてくるじゃん」「へ!?」なんでだめなの……って、それだけ言って。理佐は再び私の胸に顔を埋めてしまった。ヒシッと私の肩を掴んだまま、その姿には「絶対にやめない」という強い意思が感じられる。     対する私は、唐突な爆弾発言に動揺を禁じえない。カァっと顔が熱くなるのが分かる。待って待って、理佐ってそんなこと考えてたの!?そりゃ誘惑したのは事実だけど!でも、こんなド直球に「あなた誘惑してましたよね」なんて指摘されるとは思ってないじゃん!もっと……ほら、理佐のことだからさ?やっぱりそっけないままクールな狼になってくれるって予想するじゃんか。    「り、理佐?あんまりそういうこと言っちゃダメだよ?」とりあえずしどろもどろに言い説いてみる。しかし、当の本人は意に介さない様子で、くぐもった溜息を漏らす始末で。    「ゆーわくするってことはさわっていいんでしょー?」「いや、だからっ……誘惑とかそういう……!」「してるもん。さっきもおようふくきてなかったじゃん」「うう……いや、あれは!」「いまはきてるけどさー」子供ながらの純粋な眼差しで私を圧倒し続ける理佐。それに対して大人に立ち回れない自分に泣きそうになっていたそのとき、以前として私の胸を堪能していた彼女が、首を伸ばして私のTシャツの襟口からその中身を覗き込んできた。ヤバっ……今はたしか──朝、鏡の前で実行した自分の閃きを思い出して、慌てて止めようとしたところでもう遅かった。理佐が「あれれ?」と首を傾げてから私の顔をまじまじと見つめてくる。「あれ?さっきのくろいやつはー?」「あ……あっ」「おっぱいにつけてたやつ。なんでいまはつけてないの?」「っっ……!」「ねえ、なんでなんで?なんではずしちゃってるの?」5歳といえば、「なんで」が口癖のお年頃。あまりの恥ずかしさから言葉を詰まらせる私に構わず、理佐は、ねえねえと私の肩をユサユサ揺する。この子は本当に……単純に疑問で聞いてるんだよね?実は私が恥ずかしがってるのを見て楽しんでるとかじゃないんだよね?そうじゃないと信じたいけど。んんん!これは……正直に言うしかないのか?理佐を誘うためにって、そこまで馬鹿正直に言う必要はないだろうけど、なんでこんなことをしたか、それくらいは。元はと言えば、理佐に喜んでもらうためだったわけだし。……ええい、ままよ!ここまできたら全部言ってやる!「そ、その……理佐が……喜んでくれるかなって、それで」「それで?」「それで……ちょっとだけ、勇気出してみたんだよね……」「ゆうきー?」「理佐が……理佐が、私を意識してくれますようにって」そこまで言って、私は堪らず理佐を降ろそうとした。これ以上は心臓が止まりかねない。冷や水でも浴びてとにかくこの熱を冷ましたい。そう、いつもの理佐のように退散しようと思ったのだ。しかし、理佐はそれを許してくれなかった。イヤイヤと私の肩にしがみついたまま、こう言った。        「あのね、りしゃ、ちゃんとどきどきしてるんだよ?」「え」一瞬、耳を疑った。どきどき、土器土器、ドキドキ?開いた口が塞がらない。見開いた目が閉じてくれない。「さっきもね、ほんとーはどきどきしたし、むらむらしたの。さわりたいし、たべたいけど、なんかはずかしくて」「食べっ……ちょっとストップストップ!」さっきもね……って、あの、下着姿のときのこと!?嘘だ、だってそんな素振り一つも……いや、でも理佐がこう言ってるし、本当なのかな。そうだとすれば、私としては感極まりないが、けど、やっぱり面と向かって言われると。食べたい、なんて……そんな、そんなの……!「おっぱいだけじゃないの。ゆいちゃんのこと、ぜんぶりしゃのものにしたいんだよ。ぜんぶ、ぜーーんぶっ」「〜〜〜!!」「ゆいちゃん、おかおまっかだよ?」「い……や、ちょ、あんま見ないでっ」「なんでー?すっごいかわいいのにぃ」ぐぬ……可愛いとか普段あんまり言ってくれないのに!なんでこんな余裕ないときに……もう、もう!「ダメ!もう!あんまり大人を誂ったら──」怒るぞ──そう、続けようとした、刹那──「んっ」唇に、柔らかい感触が触れた。目の前には理佐の顔がいっぱいで、ゆっくりと離されたことで視界に捉えたその瞳には、緩やかな熱が籠もっていて。そこまできてようやく、私は状況を理解した。「へ……あ、今、キス……した?」確かに今、チュッてリップ音がして……それに、まだ唇に残ってる熱い、この余韻。半ばポカンとしながら、間抜けな声で疑問を口にすると、理佐は相変わらずのキョトン顔。「うん?したけど……だめなの?」「駄目っていうかさ……その、理佐はまだ……んん!」また!今度はさっきよりも力強い、押し付けるようなキス。「すきなひととちゅーするの、だめなの?なんで?」小さなおててが私の顔を掴む。その問いに私が答え終わらぬうちに、またしても、キスの雨が降り注ぐ。ゆいちやん、すき、だいすき、ゆいちゃん──節々にそんな甘言を挟みつつ、理佐からのキスは止まない。「はっ……ぇはっ……んうぅ、はっ……ぁあ」下唇を甘噛みされて、変な声が出る。理佐の指になぞられたそこが、異常なまでの熱を帯びる。もはや、今の私には、彼女が子供であるという観点は頭になかった。ただ、好きな人からのキスがこんなに気持ち良いものだなんて知らなくて……抱っこのために彼女の背中に回されていた両腕はやがて、彼女を受け入れるように力が入っていた。理佐からのキスはとめどなく続く。子供なんだから、そこまで淫媚なものではない。しかし、我武者羅に私の唇を食べんとするそれに、思考能力が奪わる。──このまま、食べられちゃうのも……それは、それで。理佐がどこまでするのかは分からない。例えば、夜の営みのような行為まで及ぶつもりか、いやしかし、子供の理佐にそんな考えはないのか、それすらも分からないけど。そんな邪な考えが頭をよぎった。しかし、徐々に受け入れようとしていた私の期待は裏切られることになった。「……理佐?」突然、理佐からのキスが止んだかと思うと、そのまま流れるように彼女の体から力が抜けていく。抱っこをしたまま、何度か呼びかけてみるけど、一つも返事は返ってこない。その代わりと言ってはなんだが、耳元に静かな寝息が。「スゥー……スゥー……」「嘘……えええ……なにそれ」とんだ肩透かしを食らった気分だ。えっと、つまり、タイムリミットってこと……だよね。綺良ちゃんは寝たら治るって言ってたから、5歳児理佐ちゃんはここまでってこと……か。ハァ、とりあえず、ベッドに運ばなきゃだ。言いたいことは山程あるが、まずはこの世話の焼ける恋人に気持ち良い睡眠をプレゼントしよう。話はそれから。このままだと叩き起こしてでも続きをしたい衝動を抑えるためにも、この欲求不満を鎮めるのも、まずはそれからだ。寝室まで運び、ベッドに寝かせて、タオルケットを被せてあげてから、先程までの熱を全身から吐き出していく。はあああ……ホンットーにこの子は……なんてヤツなんだ。ここまで私を弄んでおいて、我知らずな顔で寝ちゃって。ん……そういえば、元に戻った理佐は、今あった出来事を覚えているのだろうか。綺良ちゃんに聞くの忘れてたけど。もし覚えてるとしたら理佐はどんな顔するんだろ。ふふ、そうなったらもう遠慮しないけどね。貴方の本心を知ってしまったんだから、思う存分アピールさせてもらいますよ?覚えてないとしたら……そのときはいつも通りだよな。変にガツガツいっても怪しまれるだけだし、私だけあのことを知って行動するのはフェアじゃない気がするから。まあ……どっちでもいっか。どうも理佐と一緒にいると「まあいっか」が口癖になる。可愛いから「まあいっか」、好きだから「まあいっか」。今回に関しても例外に漏れず、ニヘラと笑って頭を撫でる。おやすみ、理佐。指を咥えて気持ちよさそうに眠る彼女。本人に見せたら怒られるけど、一枚だけ写真を撮ったのはここだけの話だ。    結論から言うと、理佐は、何も覚えていないようだった。今は二人で晩御飯を食べているわけだけど、彼女のそっけなさは健在で、いつも通り、私が話しかけてそれに理佐が相槌を打つだけの静かで穏やかな時間が流れている。一応、彼女が起きたときに聞いてみたんだ。「さっきまでのこと覚えてる?」って。でも理佐は「なにが?」って不思議そうに聞き返すだけで……安心したような、落胆したような、のっぴきならない思いに駆られたことを覚えている。まあいっか。理佐がちゃんと戻ったならそれでいっか。あんなに幼理佐ちゃんに感じていた愛おしさも、寝室で目を覚ました理佐を見たときには、遠く彼方に霞んでしまった。やっぱり……こっちの理佐が好きなんだよなあ。目の前でオムライスを頬張る彼女を見つめて、そんな当たり前のことを再確認する。そのオムライスだって起き抜けの貴方が作ってくれたものだし。私の大好物、オーソドックスでシンプルなそれは、今の私には胃もたれするくらいだ。それにしても……この人、あんなこと考えてたんだよね。素知らぬ顔でモグモグしてるけど、どうせ今も私のこと考えてるんでしょ?「由依、好きだな」とかなんとかさ。もー、ちょっとくらい表に出してくれていいのに。恥ずかしいのは分かるけどよう。あんなこと言われたら私、どんどん欲しがりになっちゃうじゃん。どうしてくれんの。 このやろ、このやろ、と頭の中で理佐を小突いていると……カシャン。理佐が突然スプーンを置いた。気持ち雑に、まるで何か言いたいことがあるみたいに。ヤベ。もしかして、心の声漏れてた?理佐に「このやろ」ってしてたのバレた?彼女の神妙な面持ちに、私も思わず手を止めてしまう。だけど、理佐は、半分オムライスが残ったお皿をジッと見つめるだけで。その様子を不思議に思っていると、おもむろに理佐の左手が動いた。ゆっくりと、戸惑いながら動いた。どうするんだろう、何がしたいんだろう。戸惑いを隠せない私を前にして、理佐は、なんと────べちゃ。ケチャップの溜まり場に指をなぞらせた。まだ上手く状況が飲み込めていない私。しかし、理佐の左手が彼女自身の右頬へと持ち上げられたとき、その意味を半分だけ理解した。      似たような光景を、つい数時間前にも見たから。あのときの彼女は子供で、それにケチャップじゃなくてジャムだったけど。もっと言えば、もうちょっと右だったけど。        そんな違いは些細なことで、今考えるべきはそれじゃない。今朝と違うのは、それを彼女自身がつけたということ。その行為が意味するところとは。もう半分を理解するとともに、心臓がドクンと跳ねる。紅く染まったその頬に、いじらしく揺れるその瞳に──「また……由依の指で取ってくんないの?」いつも通りの日常に変化が訪れる──そんな予感がした。お読みいただきありがとうございました。初めての幼児化……いかがだったでしょうか。幼理佐ちゃんの台詞を全部平仮名にしちゃったので読み辛かったかも。楽しんでいただけたら嬉しいです。バイバイ しーつー

    たくさん共感されています

  11. メンバー目線ーーーーーーーーーーーーー我々akbには公式カップルって言っても過言じゃないペアがいるそう、みんな大好きゆうなぁカップルそんなゆうなぁさんの様子が今日はおかしいんです!いつもは奈々さんが彩希さんにくっついて彩希さんがなんやかんや嬉しそうにやめて〜って言ってるが主なんですが今日は、な「ゆうちゃんそろそろ、、」ゆ「やだ」な「死んじゃいます、、」ゆ「だーめ」スリスリな「ヴー」プルプル奈々さん耐えてる笑そう!彩希さんがベタベタしてて奈々さんが理性を失わないように頑張ってる「やばい、彩希さん可愛すぎる、、」「私もあんな感じで甘えられたら死んじゃうわ」「それそれ!ツンデレさんだからこそ、急なデレにキュンとしちゃうよね!」彩希さんのファンが徐々に増えてきたまぁ、あんな風な彩希さん見たらそうなるか、目を肥すためにゆうなぁさんの方をみるとな「ジー」めっちゃこっち見てるってか、もしかして怒ってる?ゆ「なんで他の子見てるの?」な「え、!あ、違うんですよ!」ゆ「また浮気するんだ」な「だから違くて!みんなゆうちゃんに惚れててなんか嫌です!」ゆ「浮気するなぁちゃんより、私のこと好きな人の方がいいもん!あっち行く!!」 え?待って待って、喧嘩してるなぁーぐらいで見てたけど彩希さんこっち来るの?え?うちら奈々さんに殺されない?ゆ「ねぇ、かまって?」バタッ、バタッちょっと!?上目遣いにかまって?なんて死ぬってこんなの!!現に5.6人倒れたしあ、奈々さん来たなんて言って仲直りするんだ?あれ?ちょっと目潤んで可愛いな「ゆうちゃん、もう絶対過度なスキンシップはしないって約束するので、他の人を堕とすのはやめて下さい、、」グスッゆ「え、なぁちゃん、泣かないで意地悪し過ぎちゃったねごめんね」な「許してくれますか?」ゆ「うん、でも約束ね」な「うん!」仲直りして良かった、んだけど、「泣いてる奈々さん萌える」「可愛い奈々さん」なんて、みんな言っちゃうから次は彩希さが、不満そうな「私はゆうちゃんしか見えてないので大丈夫ですよ」ゆ「うん!!」やっぱりゆうなぁペアは本当にお似合いです!ーーーーーーーーーーーーお「あのさ?2人とも?」な、ゆ「はい、、」お「総監督としても友達としても言うけど楽屋って知ってますか?」な「はい、すみません、度が過ぎました」あの後、仲直りしたはいいんだけど楽屋ってことを忘れていちゃいちゃしてた所美音さんの耳に入ったらしく珍しく怒られてるお「ゆうちゃんも何人か倒れさせたんでしょ?鼻血出てて凄いことなってたらしいよ」ゆ「、、、」な「まぁまぁそんなに怒ることないじゃないですか、あと、ゆうちゃんも謝ろうね、」ゆ「ゴメンナサイ」な「ほら、ゆうちゃんも謝ってるんで」お「まぁ、今回は許してあげるけど今後こう言う事ないように!分かった?」な、ゆ「以後気をつけます、」お「よろしい!はい、説教終わり!帰ってから楽しみなね」ニヤニヤお「あと、ずっと手繋いでるのバレてるよ笑」な、ゆ「////」お「じゃあ、また明日!」な「あのさ、ゆうちゃん今日こそは」ゆ「うん、」帰ったらなにするんでしょうねー笑ーーーーーーーーーーー何書いてるのでしょうか私は取り敢えずマンネリなんて終わりです方向性がずれちゃうのどうにかしたい過去最高に話の核がズレたんですけどまぁ気にせず、流しながら呼んでください🙇‍♀️いいねや、フォロー、最後まで読んでくれた方いつもありがとうございます!!🥰🥰🥰

  12. であり、変化なのだ女性アイドルグループの世界でいうなら、平成生まれではあるけれどAKBとは”昭和カラー”のアイドルであった...それが主として昭和世代にウケ、大ブームとなった理由だったのだろう努力や汗💦をやたらと強調するAKBの世界観は、まさに昭和生まれの漫画「巨人の星」の世界そのものであるから。しかし、平成世代の若者は、昭和漫画「巨人の星」の世界観などは好まず、スポーツというより青春に打ち込む美男美女の若者をメルヘン風に描いたアニメ「タッチ」のような世界観の坂道シリーズに魅せられて、そっちへ行ったのだそう...乃木坂46とは、「タッチ」のことだったんだよ...タッチ 完全復刻版(1) (少年サンデーコミックス)Amazon(アマゾン)462円つまり、AKB → 坂道シリーズへの女性アイドル界の覇権の移行は、昭和の漫画「巨人の星」がすたれ、平成のアニメ「タッチ」が流行るようになったということだったのだ。だから、AKBの新冠番組のあの名前は、わかりやすく言えばこうだ。「タッチに越されました。~「巨人の星」、いろいろあってテレ東からの大逆襲~」しかし、時計の針は逆向きには進まないもの...「巨人の星」がそのままのカラー(色)で「タッチ」の人気を追い抜きかえすなんてことはない...”思いこんでも試練の道”などゆかないのだよ、平成生まれの若者たちは。「巨人の星」の主人公である星飛雄馬が血の汗と努力の末に編み出した大リーグボール1号、2号、3号など必要とせずに、オオタニは大リーグで堂々とやってるじゃないですか。つまり、星飛雄馬のようなキャラクターは、今の社会にはいらないタイプのキャラクターである...個人として星飛雄馬のような生き方をするのは個人の自由だが、みんなの注目を集めるキャラクターとしてはあんなのは不要だということ。これが厳しい世の現実というわけだ。したがって、AKBがもしも本気で乃木坂を抜きかえしたいと思うのなら、「巨人の星」であることを捨て去らなければならないんです。捨てて、今の時代において評価される新しいカラーでグループ全体を塗りなおさなければならない...そこんところが、メンバーも、運営も、ファンもいまひとつわかってない、というところかな。令和になってはや3年...「巨人の星」という昭和漫画をふたたび流行らせようといくら努力したって、少なくとも若者たちはまったくついてこないに決まっているんです。時代はさらに移行しようとしていて、これからは「タッチ」の世界観さえも時代遅れになっていくはず...これからは、パワー、スマート、クール、そしてポケモンといった諸要素をそなえた女性アイドルの時代なんじゃないかそう思うわけですよスマートさとクールさをすでにそなえたイコラブ&ノイミ―が、さらにパワーとポケモンをかねそなえれば頂点に立つだろうし...坂道シリーズがこの4つをそなえるように進化・変化していけば、坂道シリーズの覇権は維持されるだろう...この先おこなわれる乃木坂の新人オーディションも、そういう線で新人を取っていかなければならない...でないと、乃木坂46もゆくゆくは危うくなるかも以上が、オリンピックを昨日のお昼まで見ていて感じたことから導き出した将来の女性アイドル界の予測です。なんちゃってそれでは本日の坂道関連の配信&番組情報です。夜7時~の『有吉ゼミ』2時間スペシャルに乃木坂46山下美月ちゃん出演。有吉ゼミ【日本テレビ公式】毎週月曜よる7時!@ariyoshiseminar \有吉ゼミ 今夜7時/ 真夏のチャレンジグルメSP! ▽ギャル曽根VS大食い猛者 現役力士💪大栄翔&翔猿&明瀬山 野球・サッカー⚾⚽名手参戦 有吉の壁芸人&渡辺正行も奮闘 ▽激辛VS美男美女祭り 山田孝之・Snow Man宮舘… https://t.co/JpD40Cf0zj2021年07月26日 08:0019:15~、『乃木坂スター誕生』SHOWROOM配信。乃木坂46@nogizaka46 明日7月26日(月)19:15頃〜、「#乃木坂スター誕生!」スペシャルSHOWROOM配信に、 #掛橋沙耶香 #北川悠理 #林瑠奈 #弓木奈於 が出演いたします!✨ ぜひご覧ください☺️ #乃木坂46… https://t.co/4EHW4tGYUU2021年07月25日 19:3024:15~、日テレ系『しくじり先生』...【速報】渡邉美穂、次回『しくじり学園 お笑い研究部』出演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【しくじり先生】 : 日向坂46まとめもり~46matome.net日向坂46渡邉美穂ちゃんが出演です。25:29~、『乃木坂スター誕生』があります。乃木坂スター誕生!【公式】@nogista_ntv 次回の #乃木坂スター誕生!は 掛橋沙耶香が大塚愛「さくらんぼ」熱唱🍒 ダンス選抜!金川紗耶・遠藤さくら・田村真佑・松尾美佑が「もう1回!」🎶 北川悠理が松任谷由実「守ってあげたい」披露🕊 早川聖来がCHEMISTRY・川畑… https://t.co/t6GBVfbwzo2021年07月24日 12:00乃木坂スター誕生!【公式】@nogista_ntv 明日の #乃木坂スター誕生!は #掛橋沙耶香 が大塚愛の「さくらんぼ」を熱唱!🍒歌うのが難しい曲を元気良く楽しく歌えた理由は?☺️ #乃木坂46 #ぺこぱ https://t.co/r540sEHBum2021年07月25日 12:00大塚愛さんの「さくらんぼ」、松任谷由実さんの「守ってあげたい」などをカヴァー...深夜なので、録画して翌日見るパターンですけど、楽しみです了

    女性アイドル界の過去を振り返り、未来を予言してみる...
  13. 🐬目線目が覚めちゃって寝れません。今日疲れたから早い時間に寝落ちしちゃったんだけどそしたらこんな時間に目が覚めちゃった。みんな寝てる。寂しい。またなぁちゃん起きてくれないかな。でも、なぁちゃんも疲れてるから起こしたら可愛そうかな。うーん、でもなぁちゃんのどうしよう。なぁちゃんのお布団いこうかな。昨日は『何も言わずに来て良かったのに。』って言ってたからいいよね?って事で潜り込みました。すやすや寝てて可愛い。ちょっとだけ目はあいてるけどね笑あー、なぁちゃんはだけてるじゃん。ゆうには着替えさせたのにー。もう、ゆうだって2人に見せたくないのに。『あれぇ…ゆうちゃんいる。』あ、浴衣整えてたら起こしちゃった。「ごめんね、起こしちゃったね。」『んー、なんでー?』「寝れなくて。」『なぁとだったら寝れる?』「うん、寝れる。」『そっかー、じゃあ一緒に寝ようね。』眠くて目が開いてないままゆうのことぎゅーしてくれる。「なぁちゃん。」『すーすー』あれぇ?もう寝ちゃってる笑ゆうも寝よー。─ ─ ─ ─ ─🦁目線ピピピピッピピピピッんーもう朝か。まだ、ねむたいー。って、え!?なんで!?なんかゆうちゃんが布団の中にいる。「ゆうちゃん、起きて。」『んー、あと5分。』「ダメ。起きて?」『起きてる、起きてるよー。』可愛いけど起きてないんだよねぇ笑てか、そうだ「なんでゆうちゃんいるの?」『えー、昨日その話したじゃん。』「いつ?」『んー、ゆうがお布団入った時。』「え!?全然知らないんだけど、」『なぁちゃん眠そうだったもんね。』「ほんと覚えてない。」『なぁちゃんが何も言わずにお布団入っていいって言ってたから今日も一緒に寝たんだよ。』それは確かに昨日言ったけど、今日に関しては全然知らない。「私喋ってた?」『喋ってたしゆうのことぎゅーってしてくれたよ。』それもほんとに覚えてない。  「それ寝ながらしてたみたい。」『あれー、寝てる人と喋ってたのー?』「多分そうだね。」『寝ててぎゅーしてくれるのはいつもだけど、喋ったのは初めてかも。』「私はいつも寝てるゆうちゃんと喋ってるけどね。」『えー、嘘だぁ。』「ほんとだよ、今も半分寝てるじゃん。」『寝てないよー。』その言い方がもう寝てるんだよね笑「ほら、起きて準備して。」『分かったー。』「うん、いいこ。」『いいこ?じゃあ本当に起きる。』何この可愛さ。朝から可愛すぎるよ。昨日寝てる間の私喋ったりぎゅーしてくれてありがとう。よくやった。朝から可愛いゆうちゃん見れたから今日も頑張れそう。終

  14. 菅井side今日はそこさくの収録だけだったから、いつもより早く家に帰る事が出来た家に帰ったら先ず何をしようかと思っていたら、茜からご飯に行こうと誘われた「ねぇ、今日ご飯一緒に行こうよ」「珍しいね、いつも一人で食べてるくせに」「いいじゃん…別に。有香と食べたい気分なの」「良いよ、私の家で食べる?」「うん!」「了解」最近メンバーとご飯を食べることが少なくなったから嬉しい気持ちでいっぱい。ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいから始めは普通にご飯を食べていたはず……なのに 「ねぇねぇ〜」「ちょ…ホントに酔いすぎ、1缶だけって言ったよね?」「えへへっ…いいじゃん、有香いるし」「はぁ…てか2缶で酔うなんてよっぽど疲れてたんだね」顔が真っ赤…肌が白いから余計目立つ茜から出る吐息が絶妙に心地よくて、ひと度私の肌に触れるだけで体がゾクゾクする「有香……」「ん?」「まだ櫻坂のキャプテンで居てくれる?」私は櫻坂のメンバーの最年長だから、そう思ってるのかな…「まだここにいるよ。だから、泣かないで?」「…コクッ」 メンバーと居るときはお姉さんだけど、私の前だけはこんなにも甘えてくるもんだからたまったもんじゃないよね〜「こら、ちゃんとティッシュでかみなさい」「あい…」メンバーの前だとキリッとしてるくせに私の前だと甘々な姿を見せつけてくる「ちょっと水飲んで酔いを覚まして」コップに水を入れようとすると、袖を掴まれて動けない「茜…離して?」「…いかないで…」「すぐそこだから」「…だめ。私の隣にいて?」「ワガママ言わないの」 「ん〜ん…寂しいもん」「すぐ戻ってくるから…ねっ?」「約束だからね?」「うん」何とか駄々をこねる茜を置いてリビングに向かうと丁度賞味期限か切れそうなおつまみがあったから食べながら私の部屋に入ると既に私のソファーで寝ていた「寝てるんかい…」こんな所で寝てたら風邪引いちゃうから何とか起こしてベットに向かわせたい「起きて、風邪引くよ?」「う~ん……」「ほら、目開けてこっち来なさい」「……ぁぃ」目が半目状態で虚ろ虚ろ歩いてるから何とも可愛いという気持ちで、見てしまう自分に嫌気が刺してしまいそうだけど……「ねぇ…有香……キス、、して」「もぉ…しょうがないなぁ…」おでこに軽くキスをすると「えへへ…好き、」「私も好きだよ」暑苦しいくらい抱きつかれたけど、負けじと抱き締める…茜の規則正しい寝息が絶妙に心地良すぎて段々と眠たくなってくる最近あまり眠れなくて困っていたけど……暫く茜と一緒に寝よっかな何週間か振りにいい夢を見れそうな気がする茜side蝉の音が煩くて起きる…隣に有香が居て軽く驚くがゆっくりと記憶が戻ってきた「私結構酔っ払ったんだな…」有香を起こさないようにベットから起き上がるとカーテンを開けた…「いい天気」今日は休み。有香とデートでもしようかと思うけど、今日はお家デートかもなぁ〜「流石有香だ…結構いい食材あるじゃん」昨日私が迷惑を掛けたから朝食を作ってあげようか…簡単な物を作っていると背中に軽い衝撃がやってきた「…はよ、茜」「おはよ、」「ご飯ありがと…」「うん。それよりごめんね、昨日私めっちゃ酔ってたでしょ?」「うん…可愛かったよ」「ちょっと恥ずかしいな」有香に結構恥ずかしい私を見せてしまった、黒歴史に近い…「私手伝う」「ううん、昨日私が迷惑を掛けたからそのお礼。だからソファーにでも座ってて」「……分かった」「今日、休みだけど……どうする?」「どう…って?」「デート……する?」「いいの?」 「もちろん」顔が一気に明るくなってニコニコの笑顔100%になった。「いっぱい行きたい所あるけど茜と一緒なら何処でもいい」そんな顔で言われたら嬉しくて堪らないよ「ねぇ…有香」「何…っ!」腰に手を添えて軽く唇にキスを落とすと直ぐに顔が真っ赤になって俯いた「茜の…バカ」「有香があまりにも可愛すぎたのが悪いんだよ、責任取ってよね」「んっ…ちょ、、と」「好きだよ、有香」この後みっちりと有香を堪能した後、体力が戻った有香にこってりと怒られてデートが無くなった&1週間接触禁止令が出たのは言うまでもない、、、終わり

  15. 投稿遅れてすみません🙇‍♀️なぁ目線ーーーーーーーーーーーーーやっと1週間終わったー!!!家に帰ったらあんなことや、こんなことはぁー!!楽しみだなーな「ゆうちゃんー帰るよー」ゆ「ん、」え、なにやってるんですか、ゆいりさん手差し伸ばしちゃって、これは手繋いで良いってことですか!?ゆ「手繋ぐのいや?」な「つなぎます!繋がせてもらいます!!」手ギュッて握ってくる、この一瞬で心まで握られちゃった元々握られてますけどね笑ーーーーーーーーーーーーーーーあの、、家に帰ってきたのは良いですけどすぐにいちゃいちゃ出来ると思ってたんですけど、、なんか拗ねてるっていうか、怒ってるっていうか、、な「あの、ゆうちゃん?」ゆ「ムー、フンッ」ああ、拗ねてる表情も可愛いな取り敢えずなぜ拗ねてるのか知らなちゃな「拗ねてる表情も可愛いですけどなんで拗ねてるのか教えてくれませんか?」ゆ「だって、、、」な「えっ、ゆうちゃん!?」泣き出してしまったゆうちゃんこれは相当な理由があるはずだまず私に出来ることは謝ろう、うん、それが良いな「私またなんかしちゃいましたか?」ゆ「1週間キツかったの私だけ?」な「え?!なに言ってるですか!ゆうちゃんだけな訳ないじゃないですか!」ゆ「だってなぁちゃんいろんな女の子といっぱい写真撮ったりしてた」あぁ、、思い当たる節は沢山ありますゆうちゃんと触れ合えない分、他の子に費やす時間が増えるのは当然なんだけど、、まぁこんなこと言ったら仲直りが遠のくだけなんで言わないんですけどねゆ「なんか変な事考えてる?」な「え、?いや、、別に、考えてません!」ゆ「ゆうが嘘つかれるの嫌いって知ってるよね?」な「はい、」ゆ「じゃあなに考えてたの?」 な「それは、、」ゆ「グスッ」やっぱり泣いちゃった言わなきゃよかった、いずれかバレるんだろうけど、ゆ「もう、明日から本気出しちゃうから」な「またお触り禁止ですか、、」ゆ「逆!ずっとなぁちゃんにくっついとく」な「なにそれ!ご褒美じゃないですか!!」ゆ「そしたら他の子といちゃいちゃできないもんね」な「そうですねー!」なんて、喜んでたけどまさかもっとキツイことが待ってたなんてことの気は思いもよらなかったーーーーーーーーーーーーいいねや、フォロー、最後まで読んでくれた方いつもありがとうございます!!🥰🥰🥰

  16. 16
    非公開または削除されました
  17. 17
    非公開または削除されました
  18. 謎作品。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーひかるside移動教室。それがある度に私は夏鈴ちゃんの袖をつかみながら移動をする。休み時間になると人通りの多い廊下を歩くのが苦手でそんなの時に夏鈴ちゃんが"手を握るか袖をひかるが掴むか"と選択を出してきた。好きな人の手は握れないから"袖掴む"と返した。ひかる「うぅ、人…」夏鈴「ひかる、もう少しやから頑張って」ひかる「…うん」今日の三限目の終わりの休み時間は人通りが多くて通り抜けるのも嫌なぐらいだ。夏鈴「ほら、着いたよ」ひかる「ありがとう」下を向きながら歩いてるから着いたら教えてくれる。??「お前ら、付き合ってんの?」夏鈴「は?何言ってんの?」??「レズじゃん〜面白ろ」夏鈴「勝手に言っとけ」夏鈴「ひかる、大丈夫やから」ひかる「う、うん」クラスの男子から言われた。私は何も言い返せずにただ下を向いていた。だけど、夏鈴ちゃんは違かった。ちゃんと返してた。かっこよかった。誰かに言われるのが嫌になり、移動教室を授業が始まってから行くようになった。夏鈴ちゃんからは、"行かなくていいん?"って言われるけど、"少し遅れていく"と返してた。授業が始まった瞬間に教室を出た。ひかる「なんで?」夏鈴「なんでって、ひかるが遅れていくなら私も遅れよっかななんて思って」ひかる「先に行ってよかったのに」夏鈴「うーん、けどね〜1人は嫌だな」夏鈴「ひかる」私の目線に合わせて言ってきた。夏鈴「この授業時間だけ私にくれない?」ひかる「いいけど、何するの?」夏鈴「さっ、廊下じゃ暑いから教室入ろ」ひかる「あ、うん」教室に入って自分の席に座った。その横に床に座って壁に寄りかかりながら夏鈴ちゃんが言った。夏鈴「夏鈴さ、ひかるが袖掴んで移動教室を行ってくれるの嬉しかったんだよね」ひかる「うん」夏鈴「ひかるはさ、私のことどう思ってるかわかんないけど、私はひかるのことが恋愛感情として好き。こないだ、クラス男子から言われたからじゃないよ。その前からずっと好きなの。」ひかる「…ほんとに?」夏鈴「1時間時間を貰ってるのに冗談言わないよ」ひかる「夏鈴ちゃんといると落ち着くし、ずっといたいよ。けど、こないだ言われた時にキモいよねとか思ってしまって夏鈴ちゃんはをこれ以上傷つけたくなかったから移動教室も行かないようにしたの」夏鈴「ひかるは、優しいね」ひかる「ううん」夏鈴「あのさ、私と付き合ってくれませんか?」ひかる「いいの?」夏鈴「夏鈴は、ひかるじゃなきゃ嫌だよ」ひかる「よろしくお願いします」夏鈴「ひかる、おいで」床に座ってる夏鈴ちゃんに抱きついた。ひかる「夏鈴ちゃんの匂い好き」夏鈴「匂いだけ?」ひかる「ううん。全部好き」夏鈴「夏鈴もひかるの全部好き」ひかる「嬉しい」夏鈴「ひかる、クラスの男子のことは無視してね。夏鈴が、ひかるのことを絶対に守るから。」ひかる「うん!」強く抱きしめられて幸せを感じた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーうーん、書くのは難しいですね〜笑こないだ、校外学習?的なのがあって施設が近かったから歩いて行ったんですよ。で、女友達が手を繋いできたりしてきて、私もその子の指で遊んだりしてて、その子が疲れたって言うから頑張ってもうすぐだからとか言って話してたんです。そしたら後ろからクラスの男子にお前ら百合かよって言われたんですよ笑 その子の方を見て私は放ったらかし時なって言ったのは正解だったのか、分からないんですよね〜では(^_^)/~~

  19. 朝はあんなにも幸せな気持ちでいっぱいだったのに…今は心を黒いモヤが覆っている。なぜ私はこんなにもネガティブになってしまうのだろうか。ほんと、こんな自分が嫌いになりそう。私達はいつも由依さんが自主練をするからという理由で、みんなより少し早めに来る。しかし今日は先に誰かが来ているみたいだった。珍しいなと思い、ドアを開ける。すると、そこにいたのは理佐さんだった。「え、理佐?」「あ…ゆ、こば………とひかるちゃん」部屋中に微妙な空気が流れる。それもそのはず、由依さんと理佐さんは元恋人同士なのだ。菅井さんから聞いた話によると、別れた原因はお互いが忙しかったことによるすれ違いらしい。なんでも、理佐さんはまだ未練があるらしく、由依さんも「もう理佐なんてなんとも思ってないよ」と口では言っていたが、その目は寂しそうだった。今も、切ない目で理佐さんのことを見ている。なんとも思ってないなら、そんな目で理佐さんのこと見ないでよ…なんて私の中の黒い部分が顔を出す。これ以上2人に一緒にいてほしくなくて、由依さんの手をとり部屋を出る。「あ、ちょっ、ひかる?」理佐さんも何か言いたげな様子だったが、そんなこと気にせず廊下を歩く。由依さんも、最初は「ひかる?」「大丈夫?」と不安そうに私に話しかけていたが、私が反応しないと分かると大人しくなった。そして、由依を誰もいない階段の踊り場に連れていく。「ひかる、どうしたの?」由依さんが優しく私に話しかける。優しい口調なのに、それすらも今の私は不安に思ってしまう。本当はもっと理佐さんと居たかったのではないか、私が勝手に由依さんをここに連れてきて、怒っているのではないか…と。2人の間に沈黙が流れる…本当につくづく自分が嫌になる。こんな私よりも理佐さんの方が由依さんにお似合いだ。由依さんもきっと私なんかじゃなくて、理佐さんとの方が良いんだ。そんな考えばっかり思い浮かぶ。朝はあんなに幸せだったのになぁ………………よし。『由依さん、私と別れてください__________』

  20. なんでそんなことするかなぁ.確かに私は楽屋では離れていようって決めたよ?でもさ流石にそれはひどくない?家でもそんな甘えん坊にならないのになんでみんなの膝の上を往復してるの?確かに私の上にはおぜが乗ってるけどさ彼女なんだからどかしてもいいんだよ?「ほのー。すきー!」イラッだから私にそんなふうに愛情表現してくれたことないんだけど。てかそもそも最近冷たくない?「ほのー!今度ご飯行かない?」「いいんですか!?友梨奈ちゃん好き!」イラッイラッ私の友梨奈…今日家帰ったら覚えとけよ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー友梨奈side「ほのー、、、、、本当にこれでいいの?」「友梨奈ちゃんベタベタし過ぎるとほんま理佐はさんから嫌われるよ?」「でも冷たくするのはなんか違う気がする、、、、ほのだって夏鈴ちゃんに冷たくしすぎじゃ、」「友梨奈ちゃん!」「はいっ!」「家帰ったら覚悟しといた方がええで?」急に言われた言葉で意味がわからなかった。そのあとすぐにほのに家に帰れと命令され、私は結構な勇足で家路についた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー「た、ただいまー.」家の中はどす黒い空気に満ち溢れていた。「、、、、」これ理佐、結構怒ってる。だから言ったじゃんほの!そのどす黒い状態の主はキッチンにいた。「あっ、おかえりー.」笑ってるけど目の奥にあるのは怒りだ。「、、、ごめんなさい。」私は少し頭を下げて謝った。「えっ?なにが?全然怒ってないよ?てか怒らせるようなことしたの?」「あの、その、」「はっきり言いなよ.」そこで一気に理佐の顔つきが変わった。もう女優みたいだ、、、感心してる場合じゃなくて.「最近冷たくしてたこと、、、ほのと企んで冷たくしようって、、、」「へー。」「ごめん.」「じゃあお仕置きは半分こね?」「えっ?」「友梨奈が悪いのは半分でしょ?」「うん。」「じゃあ、1週間、私から離れないこと。他の誰とも。スタッフさんはいいけど他の人とは喋らないで.」リサの声が鋭く突き刺さった「わかった、、、」私はやったことが間違いで自分が悪いってわかっているのに涙が出てきた。理佐のこと本気で好きなのに「ふふふふ。泣かないでよ。そんなの嘘に決まってんじゃん。」「、、、、、え?」「夏鈴ちゃんから全部聞いてたから。ほのちゃん、最近夏鈴ちゃんに冷たくしてるらしくてで、ほのちゃんのスマホに書いてあったらしいから。全部聞いてるよ。」「りさぁぁぁぁぁぁ。」私は安心して思いっきり理佐に抱きついた。「他の人のとこ行くなよばーか.」最後に理佐がこう言ってキスの嵐が降ってきた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー保乃side「あのあの、え?」私は今どういうことか夏鈴ちゃんに馬乗りされている。「喋るなって言ったの聞こえてへんの?」「んんんん!ッッッー!」口にガムテープ貼られた。両手もベッドの柵に固定されてて身動きが取れない。そして夏鈴ちゃんは、私をみてケラケラ笑っていた。友梨奈ちゃん、、、、、、保乃、多分明日練習行けへんわ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー裏入りますか?二つ分の。、コメントください