1/17の記事ランキング

  1. らしくて、それ以降ももクロの活動に身が入ってなかったのはなんとなくわかってた。僕はそれを、通常運転に戻っただけと解釈していたのだけれど。つまり、メンバーにも、モノノフにも、世間に対しても、ここまで上り詰めたらもう外面を取り繕わなくていいでしょ、自然体の私でいていいでしょ、っていうメッセージだと勘違いしていました。ま、良い風に取りたいから。「有安杏果は「小さな勇気」を歌うために宗像に来た。(2017/9/3)」これ、宗像フェスに行った後に書いた記事。 だから、絶対に負けないでほしい。有安さんの歌がすべての人に届くようになるまで、絶対に続けてほしい。ももクロとモノノフはそのための礎であって、彼女が彼女の思いを伝えられるようになるための手段ですよ。ももクロは彼女の最大の壁にして、最愛の庇護者。この試練を超えた先にある世界を観たいものです。そう、ももクロは手段。四人は彼女の最愛の庇護者。どれだけ彼女が我が儘を言っても、決して裏切ることなく全肯定してくれる仲間。だった。 (なお、おそらく誤解されると思うので注記しますけれど、これをももクロ側、ももクロの緑側からみたらまったく逆になるので安心してください。有安さんの文字通りのライフワークはももクロだし、彼女の一生のロールはももクロの緑だというところは不変。)って、その後に書いたんだけど、これは前半だけだったら絶対叩かれると思ってとってつけた緩衝材ね。だって、緑推しの皆さん怖いんだもの(冗談)。彼女は絶対にアーティストとして戻ってきます。断言します。間を何年置くかは知らんし好きにしたらいいけど、彼女は必ず戻ってくる。だって、有安杏果にとってももクロは道具だから。道具を手放すときに、同時に目的まで手放しちゃうなんてあり得ない。ただ、今は当然そんなこと言えないから言わないだけだと思うよ。ココロノセンリツと、その後、夏頃からの彼女のももクロに対する熱の冷め様は、もちろん当時は当たらない予感であってくれ!っていう意識も手伝って、あまり気にしないようにしていたけれども、まー今から思えば冷めてたよね。もちろん、仕事だから隠さなきゃなんないし、仕事だから無理に笑顔も作らなきゃならないし。それは彼女プロだから。正直言う。有安さんのソロ活動があまりにも激しすぎて、対するももクロの活動が代わり映えのしない「青春ツアー」と「わちゃわちゃTV」だったから、正直すこし飽きてた。(とか思ってたからRIJを見逃すという大失態をしてしまったわけだが・・・)大切だよ、青春ツアーも、わちゃわちゃTVも。笑顔の天下に繋がる大切な道だし、まだ彼女たちの笑顔が届いていない日本の隅々を照らす大事な仕事です。だから、これは僕の我が儘です。AEイベも興味沸かなかったし、ももクリは外れちゃったけどそんなに痛くなかったし。あのさ、有安が本気で歌ってないももクロを観てもな、あんま刺さらんわけさ。まあでも、そんな時期があってもいいさ、夏にはまた入れるスタジアムがあるわけだし、他界とかそういうんじゃなくて、しばらく自分の気持ちが乗らない時期があってもいいじゃん。ココロノオトがあるんだから。「「ココロノオト」(2017/10/11)」そしたらこれまたぶっ飛んだアルバムを出してきたワケよ。ゾクゾクするじゃん。ヒリヒリするじゃん。こんなの聴かせられたらさ、最近のフォーク村の、ダラダラしたつまんない歌なんて聴いてられないさ。最初の頃は良かったよ、緊張感があって。でも最近は、歌をこなすことが目的になっててさ、お前らベルトコンベアかよって。でも、そんな中でも彼女だけはちゃんと作ってきてたじゃん。だから曲数も少なかったんだろうけれど。案外、フォーク村で未完成なまま歌を歌わさせられるのがこれ以上堪えられなかったのかもよ。 そんな人類の最終兵器を仕込んで、解き放ってしまった、芽吹かせる場所を与えてしまったのはももクロの罪。エネルギーだけあって、でも具体的な武器を何にも持っていなかった彼女に、武器と知恵を与えたのは川上アキラ、宮本純之介、そして武部聡志。あな罪深や。オマエラ、何を作ったかわかってんのか?彼女のエネルギーは地上の業火となって生きとし生けるもの全て溶かし尽くすよ。オレは喜んで一番最初に溶かされるけどな。結局、ももクロに有安杏果のエネルギーは大きすぎたんだよね。入りきらなかった。彼女がももクロの器の中で育てた欲望は、大きくなりすぎてももクロを食い尽くさんばかりになってしまった。だから、彼女は袂を分かったのかも。このままではももクロが死んでしまうと思ったのか。 でも、まだその時じゃない。有安杏果はまだこの世に生まれたばかり。まだ三ヶ月ちょっとのよちよち歩き。今から彼女はこの世の音をすべて吸い尽くして、全てのミュージシャンを喰らい尽くして、いまよりももっと巨大なエネルギーの塊になる。そんな、アイドルオタクの世迷い言だと思うだろ?つまらねぇ偏見で見てると人生損するよ。オレは、オレの耳を信じる。お前は何を信じるんだ?レッテルか?評論家か?お前の耳は本当に脳に繋がってるか?この音を信じろ。彼女の炎で溶かし尽くされる迄の刹那を、一緒に楽しもうぜ。ココロノオトは、有安杏果の物語があるからこそ光る作品。そしてもちろんそれは、ももクロの緑であることが前提であって、ももクロ無しではココロノオトは存在しない。でも、飛び出したい、飛び立ちたいという気持ちがめちゃめちゃ表れているし、ものすごく背伸びしているし、生々しい、荒削りなとげとげがそこら中にはえてるし、だからそのストーリー込みで、ももクロの緑がももクロの緑を断ち切りたいとあがいている姿込みで、これから高く高く飛び立つ期待感との相乗効果で、最高のアルバムになってたわけで。だって、僕ら、そこに未来の有安杏果をみてたろ?それは十分に「アイドル」。アーティストではなくて、アイドルだし、それはももクロという装置があったからこそ。んで、ももクロであったからこそ繋がりをもてたミュージシャンと、ももクロであったからこそ好意的に接してくれたスタッフとに囲まれて、つまり、自分が自分がと思って作った作品が実は最初から十二分にお膳立てされた状態で、やっぱりまだももクロ無しでは成立しなかったということは、彼女が自分の足に絡みついた数々の鎖を断ち切ろうとするのに十分な理由になると思う。よもや、こんな中途半端に放り出していなくなるようなチンケな奴だとは思いもしなかったが。いやいや違うよ。だから、だからこそ、彼女は必ず戻ってくる。こんな中途半端なアルバム一つで消え去るようなタマじゃないし、彼女には世話になった幾多のミュージシャンに対して数々の恩義があって、それを貰うだけ貰って、何にも返さずに(これは、恩返しでなくても、恩送りでもいいのだが)消え去るようでは何がアーティストだ、何がミュージシャンだと。だから、彼女は必ず音楽の世界に戻ってくる。ももクロの緑を捨てて、有安杏果の名を捨てて、全て捨てた状態から、必ず這い上がってくる。確信するわ。ミュージシャンさん達の中には、十年経ってやっとひとつアルバムを出すような方もいらっしゃるわけですから、「この先は白紙」でも何の問題もないんですよ。気が向いたら描けばいいし、気が向いたら歌えばいい。甘え?いやいや、それだけの仕事をこれまでしてきたんでしょ、22年間、彼女は。いいのよ、自分の欲望に忠実で。全然いいと思う。だって、まだ22歳なんだもん。むしろ、百田さんの方が頭おかしい。あそこまで自分を捨てて、完全に他者のために生きられる方がおかしい。だから僕は、彼女は神なんじゃないかと思う。一方で、いつか、彼女が、「やーめた!」って言って全部放り投げたとき、もしそういうときが来たらなんだけれども、そのときは本心から「お疲れさま」と言ってあげたい。誰かがアナタの意思を継ぎますから、今は静かに眠ってくださいと言いたい。対して有安さんは、若い無限のエネルギーで、自分の欲望に忠実に生きているわけで、それはそれで頑張れって思います。本当にそう思います。今ならまだ、無限の彼方まで行ける切符を持っている。それが朽ち果てる前に、自分の目指す方角へ加速してほしい。その一方で、親愛をかけてくれた仲間を裏切って、それまで付き従ってきた忠実で我が儘な民を切り捨てて、ここまで手を掛けて育ててくれた同業者を裏切って、すべての鎖を断ち切って飛ぶのだから、絶対にココには戻ってくるなよ、って思う。モノノフの元には絶対に戻ってきてほしくないし、モノノフのバーゲニングパワーをあてにしたプロモーションとかかっこ悪いから絶対やめてほしい。ハーフトーン所属♡武部聡志プロデュースで再デビュー♡とかでほいほい出てきたらウケるわ。彼女なら意地でもやんないでしょうけど。そのプライドだけは捨てちゃ駄目だ。一度切り捨てた鎖には二度と縋らないでほしいな。ただなぁ、日本にいたら無理だもんな、モノノフに見つからないように音楽活動するなんて。やっぱ海外しか無いよな。ニューヨークかな。そこで何もない所からトップに這い上がって、外タレとして日本にやってきたらホンモノだ。それが、残される四人や、これまで付き従ってきてくれたモモノフさんたちや、今までさんざんお世話になったミュージシャンの皆様達への恩返しだと思うぜ。そうだ、一つだけ、あった。ももクロの緑に会えるところ。「永遠のアイドル 〜 56億光年の彼方へ(2017/6/21)」 彼女がおばあちゃんになったら、たぶん、ももクロミュージアムの館長やってると思う。50歳、60歳、彼女たちはなにをしているだろうか。百田さんや玉さんは女優になってテレビや舞台に立ってるだろうな。有安さんは歌を歌っているだろう。佐々木さんは演出家として舞台を回したり、若いアイドルのプロデュースなどをしているんじゃなかろうか。で、高城さんは、ももクロミュージアムの館長。猫と一緒にね。僕らはそこに行けばいつでも彼女に会えるし、四人もそこに行けばまた昔の仲間に会える。自分たちの出発点に戻れる。館長室のこたつの上でもんじゃ焼ける。その頃、ももクロは存在しているかどうかわからないけれど、彼女たちが灯した「笑顔の天下」の火、その軌跡を、このミュージアムでは見て、触れて、感じることができる。そしてもちろん、本物の「笑顔の天下の火」も、燃え続けている。高城さんの腕の中には過去も、未来も、すべての記憶が存在するの。だから、ももクロミュージアムに行けば、ももクロの緑に会える。高城さんは全ての記憶を背負って、56億年後に全てを掬い上げるから。〜〜〜あ〜、やっと吐き出した。すっきりした。これからは、四人のことだけ考えよう。ももクロの緑のことはもう忘れた。(昨日もそう書いたけど忘れられなかったが、今度こそ・・・。)悪い意味じゃない。彼女が忘れてほしいと思ってる(と僕は思ってる)んだから、忘れる。ももクロの緑の記憶抜きで、遠い将来、また、いつかどこかで、初めて観たミュージシャンとして、その歌う姿に出会えたら嬉しいな。そして、21日のラストライブは行かない。行くもんか。緑推しのみんな、別れを噛みしめてきてくれ。オレは百田夏菜子のために祈る。巨大な十字架を背負って、無言で前に進む彼女を、今支えないで何がモノノフか。そんでもって、実はまったく興味沸いてなかったバレイベが強烈に面白くなりそうだから、LV申し込んだ。当たれ!!!!追記なんかコメ欄に文章の読めない方が来てるけど、これは有安さんに対する最大級の賛辞だからな!むしろ、キミのような、彼女の作品を作品として理解できない人が彼女を追い込んだんじゃないかい?追記2ほら〜!ゴボウさんのインタビュー、卒業であって引退じゃない、距離を置きたくなっただけで表現が嫌いになったわけじゃない、って。やるじゃんゴボウ!GJ!ニューヨーク行こうぜ、しがらみいっぱいのめんどくさい日本の芸能界から離脱して、ニューヨークで、誰からも一目置かれる素晴らしいアーティストになって、いつかまたオレたちの前に降臨してくれ!

  2. 1本の木を毎日のようにじーっと見ているこの時期は、葉がついておらず、今日は雪が積もっていたその木は、春になると鮮やかなピンク色の花を見せてくれるそれが好きなんだ生きる希望なんだ...でも、私はその景色を見ることができるのだろうか?それまでにここにいるのだろうか?生きられる保証なんてないんだから複雑な思いで病室の窓から、その木がある外を眺める「ねぇ。なに見てるの?」急に誰かに声をかけられた知らない、聞いたこともない声「え?誰?」「ん?あっ...俺は愛貴。志田愛貴。」「ふーん。」「君の名前は?」「渡邉理佐。」「かわいい名前だね。」「...別に。」「で?なに見てたの?」第一印象は、騒がしくてうざったくて、めんどくさい人だった「あれ。」指をさして教えた「えーっと...桜の木?」「うん。」「好きなの?」「...桜が見たいなって...」「...そっか。」「ねぇ。なんで、ここにいるの?ここに来たの?」「あっ...えーっと...その...」「なに?」「いま、この通りケガしてて...入院してるんだけどさ、退屈で暇だから、病室飛び出してきた。」「それで、なんでここ?」「んー...理佐ちゃんの横顔がキレイだなっておもって、引き寄せられた。」「は?なにそれ...」(志田さん!なにしてるの?まだ安静にしてて!あっ...ごめんね、理佐ちゃん。)「いえ...」(ほら、病室戻って。)「えーー。はーい...じゃ、理佐ちゃん。またくるねー。」嵐のようにあっという間のできごとだったそれから、毎日、愛貴はここに来るようになったでも、1週間で終わってしまう愛貴が退院するから...愛貴が来るようになっても、何かが変わるわけじゃなかった退屈さは減ったけど、病状はあまり安定していない今日も、ここからあの木を見つめる「あの木から、咲く桜を見れたら、うまくいける気がするのに...」「...俺がなんとかしてみせるよ。」「え?」聞こえないくらい小さい声だったはずなのに...独り言のつもりだったのに...「あの木に桜が咲けば、理佐は笑ってくれるんだろ?」「は?何言ってんの?」「だから、俺が理佐に見せてあげるよ。あの木から咲く桜を...」「できるわけないでしょ?今は冬なんだよ?春にならなきゃ咲かないんだよ。それまで、生きられるか分かんないのに!!」「だから、今の季節でも咲けばいいんだろ!」「1ヶ月後に手術なの知ってるよね?そこで終わるかもしれないの!分かる?変に期待させないでよ!」「1ヶ月...俺が退院して3週間後までになんとかできればいいんだろ!?」「だから!できるわけないって!」「じゃ、できたらどうする?」「え?」「できたら、生きる気持ちを強く持って。俺と付き合ってほしい!」「え?」「俺が、あの木に桜を咲かせたら、俺と付き合って。」「...ムリだと思うけど...いいよ。」愛貴の言うことを承諾した昔、聞いたことがあるんだ...ある人が、冬でも桜が見られるようにと、桜が咲く薬を作ったと...でも、その人は本当に実在するのかは定かではない都市伝説...誰かの作り話かもしれないだけど、そんなの今の俺には関係ない理佐ちゃんの笑顔が見られるようになれば生きるっていう気持ちを強く持ってくれれば...ガムシャラになっていろんな所を探す愛貴だけど、誰も信じておらず、その話を知っているわけでもなかった周りから、いろんな言葉を浴びせられバカにされるが、全く気にしない周囲からバカにされても、様々な場所を巡り、手がかりでもなんでもいいから、その薬に辿り着けるように奔走した...理佐の手術が前日までに迫ったある日...その日も、何か手がかりを得ようと外を歩いていた愛貴(なぁ...そこの少年よ。)は?なに?愛貴は辺りを見渡すが、そこには自分と、怪しげなおじいさんしかいなかった(そこの君じゃ。)「お、おれ?」(君以外に誰がおる?)「確かに誰もいないけど...」(君が求めてるのはこれじゃないか?)そう言って、おじいさんは愛貴に近づきあるものを手に渡してきた「これは?」(...君にこれを託す。)「え?」(それを、桜の木に撒いてみなさい。)それだけ言って、おじいさんは去っていった渡されたものをよく見ると、桜の花びらのような色をした粉が小瓶に詰められているものだったすぐに、病院に向かう理佐がいるところへ...病院の、理佐がいつも見ている木のところへ行き、少し撒いてみると、そこの部分だけ桜が咲いた...「え?まじかよ。」急いで、理佐がいる病室へ向かう呼吸を落ち着かせて、ゆっくり扉を開き、病室に入った「理佐...」「え?...ゴホッ...ゴホッ...」初めて会った時と比べると、さらに弱っているように感じた痩せ細っていて、今にも消えてしまうのではないかと不安になった「理佐。」「......。」「あのな、俺...やっと見つけたんだ!」「...ゴホッ...何を?...ゴホッゴホッ...」「大丈夫?」理佐は、コクっと頷いた愛貴は、理佐の背中を優しく擦りながら、説明した...「ほんとに?」「ほんと。俺も信じられないけど...そこから見てて。今から咲かせてくるから!」愛貴は、理佐に早く見せたい一心だった「おーい!見えるー!?」「見えるよ...」「いくよー。」サーーーーー「すごい...キレイ...」「ハァハァ...だろ?」「え?あれ?さっきまで...あこそにいたのに...ゴホッゴホッ...」「あっ...もう、窓締めよ。ほら、ベッドに入って。」「愛貴...ありがとう...グスッ...嬉しいよ。」「良かった。」「私、明日、頑張るから。」「ん?」「愛貴は、約束を守ってくれた...だから、今度は私が守る番だから...」「おぅ...俺は待ってるから。いつまでも...」もう既に、外は薄暗くなっていた「ねぇ...」「ん?なに?」「明日...ここで待ってて欲しい...手術が終わるまで...ダメ...かな?」「ダメなわけない!言っただろ?待ってるって。」「うん...」「一緒に生きような!」数年後_____君はいつも、この木を見ていたよね生きることに希望を持てず、ただただ桜が咲くことを夢見て...暖かい季節になったよ今年も、この木に桜が咲いたよキレイだよね「愛貴。」「ん?」「また見てるの?」「うん。だって、キレイなんだもん。」「あの時の桜が1番キレイだったよ。」「え?」「冬の桜って1番キレイだと思う。」「...俺は、桜よりも...なによりも...理佐が1番キレイだと思ってる。」今、大切な人とあの時のように、桜を見ることができています...

  3. こんばんワンダフル🐕🌛真白娃花です╰(*´︶`*)╯♡レッスン終わりました✨なんだか、いろいろ焦ってきました(⌒-⌒; )今日は学校であることをしました😎それは…「GWT」なんの略か知ってますか??私は最初これだけを聞いたときなんかの軍団に入らされるかと思いました༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽これはですねグループワークトレーニングの略です⁽⁽ ◝(´꒵ `◍)◟ ₎₎私たちのクラスにも一班から八班まであって、その班の中で協力してゲームをクリアしよう!というものです⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾今回したゲームは…「まちがいさがしゲーム」です🤩残念ながら3DSとかwiiUとかじゃないです😤このゲームの遊び方①AとBがあり、みんなにはAを配られる②Bは廊下に置く③AとBを比較して間違いがあるところにAの紙に赤ペンで丸をつけるこのゲームのやくそくやくそく①みにいくひとはひとりだけやくそく②みにいくときに、ものをもっていかないやくそく③いすをしずかにいれてみにいくやくそく④はしらないやくそく⑤なんどみにいってもいいやくそく⑥やくそくを守らなかったら減点一点🐼「さあ。わかったかな?じゃあおともだちのみんなとまちがいさがしレッツトライ!!!」👨‍🏫「まあこれは低学年向けなので、追加ルールで何個間違いがあるかは教えません」たしかにやくそくはひらがなで書かれていてパンダがなんか言ってる👨‍🏫「制限時間は15分。よーい…スタート❣️」絵を見るとお誕生日おめでとうていうもじがあるから…お誕生日パーティーかな🤔🐸「さっそくみてきたよ!これとこれと…全部で21個!?これ本当に低学年向けなのか??でもノーミスちゃんでクリアすることができました。ちなみに私の班は7班です(*´ω`*)

  4. N内木志さんを猛烈推しているのに、何を間違えたのか休演の公演に当たってしまったブログです。なぁちゃん(岡田奈々)とツーショット♪まゆゆ(渡辺麻友)卒業後のAKBの未来は、なぁちゃんだよね♪そんななぁちゃんに気にかけてもらえてフィーバーだね(*´ω`*)ここちゃんも、チョコミントする?そういえば、横浜でのツアーでは、なるなる(古賀成美)とツーショットを撮っていましたね♪当ブログは、1月15日カトレア組「ここにだって天使はいる」リバイバル公演に行って参りました!ただし、当ブログのヒロインここちゃんが休演だったんですよ(ToT)なんという先見の明の無さ!というのも、1月15日は「目撃者」公演初日から丁度1周年!特別な日になるはず!絶対に1周年記念公演がある!と踏んでこの日に休むために仕事を調整していましたら、目撃者じゃなくて、ここ天Rだと発表されまして………orz①でも、まあ、ここ天Rなら今年1発目だし、ここちゃんは成人式コンサートから帰ってきて出られるだろうと高をくくって出演メンバーが発表前の遠方枠に応募しちゃったら、当選しちゃったりなんかしちゃったりして(広川太一郎風に)。後から休演を知る………orz②さらに、翌日が「目撃者」公演で、ここちゃん出演と知る………orz③それでも、せっかく行くなら楽しまなきゃね♪なんてったって、初日以来のここ天R!入場前にはあんちゅの舞台のチラシやドラフト3期候補生のチラシをゲットできまして、あと、書き初めも、拾い物じゃないやつをゲットしました。ここちゃんとなるなるが隣同士(*´ω`*)影アナは、ももるん(岩田桃夏)。ゆる~い感じの喋りは、ももるん独自のワールド感かな?も「今日はカトレア組今年1回目の公演です。」(的な言葉)ヲ「………………」も「今日はカトレア組今年1回目の公演です。」ヲ「お、お、おーっ!」みたいなやりとりななほっこり。まあ、本題に入るんですが、初日以来のここ天R。以前みたのが初日ですから、日々着実に成長しているとしたら、初日っていうのは………当時は祝賀ムードがあって、あまり大きな声では言えませんでしたが、初日って、言い方を変えると、最低の状態ですわな。クオリティ以前に無事に終われることが大事ですからね。だから、始め4曲ではだいぶ揃っていたし、背の高くないメンバーでも動きが大きくなって、身長以上に大きく見えたり。だいぶ違うね~♪と安心しました。初日には手探り感がありましまが、もう半年も経っているし、そういうのは払拭できていますよね。あーやん(山本彩加)&ここちゃんの唯二のセンター経験者が休演という2枚落ちの状態で、センターには誰がなっても初センター!誰かな?ももっちでしたよ(*´ω`*)(安田桃寧)昨年ラストの「アイドルの夜明け」公演でもセンターを務めていたんですね。安心して任せられるところまでになったんですね。頼もしい限りです。初日、「夢の Dead body」はりかてぃー(清水里香)だろうと言われていた中、たどたどしくも歌い上げたももっち。これも、期待の表れだったのでしょうか。しっかりセンターを務めました。その中で、初日と一番変わっていた曲が、「この世界が雪の中に埋もれる前に」。これも、初日には言えませんでしたが、相当ヤバかったですΣ(゜Д゜)でも、昨日は、みんなしっかり歌い上げていましたよ(^^)ここ天Rの醍醐味は、この「発展途上」感。完成されたものを見たいんじゃないんだよね。そして、りかてぃーのくびれ(*´ω`*)りかてぃーのあばら(*´ω`*)初日には出られなかったももるん。初めて劇場で見ましたが、独特のワールド感を持っていますね。なんか見ちゃいます(;^_^A一応れーちゃん(上西怜)モードで行ったわけですが、れーちゃんも「初めての」ポジションで、「初めての星」。「ドガとバレリーナ」のバレリーナ♪れーちゃん的にも有意義でしたよ♪正面にもよく来てくれたし、フィーバーフィーバー(*´ω`*)だから、いい意味で、まだまだこんなもんじゃない!と思うことができたら、何も言うことはありません。次に観に行く時には、さらに成長してるはず!という期待を持たせてくれます。そういう期待に胸が膨らむ公演が、ここ天R!(`・ω´・)V全くレポになっていない。はい。お見送りは、遠方枠から始まるんですね。すぐ始まるから、メンバーの並びを見てから何て声をかけようかを考える時間が少ないのがネックです。だから今回は、ももっちに、や「センターやん。格好よかったやん。」↑やんやんばかり言って、「やんやんマチコ」かっ!Σ(゜Д゜)も「えっ!?ありがとう!」って感じでした。たぶんなんですが、世界最速でももっちに、「センターよかったよ!」系の声をかけたヲタだったと思います(あくまでも個人の感想です)。そのせいで、れーちゃんと話す内容が飛んでしまい、「ありがとう」しか言えなかった(-_-;)難波解脱後は、いつものように門真のラーメン一作で食べて帰りました。でも本当は、ここちゃんに会いたかったよ~(ToT)予想通り、今日の目撃者公演はセンターでした(-_-;)1日我慢すれば良かった………orzいや、これは運営が、公演日程を小出しにしやがったせいだ!(#`皿´)15日と16日の予定をいっぺんに出してくれたら、当ブログは当然に16日を選んでいた!でも、何はともあれ、祝「目撃者」公演1周年!\(^o^)/やぱにらいねんでした。J(Θ_Θ)Lグラッツェ!チャオ!もちろん、アンケートはももっち尽くし♪河童トークも最高でした(^^)

    初日以来の初日
  5. 思います。 ですが欅坂46を語り続けるにあたって、『避雷針』を読み解くことは、今後の展開にすごく大きな意味を持つのではないかと思い、私自身の考えを今回も主観でつらつら書かせていただきます。 私が考える『避雷針』は、 「平手友梨奈のための、志田愛佳の歌」だと思っています。 もちろん、総合的にはメンバー全員が、平手友梨奈のための「愛の避雷針」になろうとしていることは明らかです。 ですが、私がこう考えるのには理由がいろいろあって、特にそう思うのが、歌詞に出てくる「僕」と「君」と歌詞の内容、そして最終的なダンスポジションから、 「僕」= 志田愛佳 「君」= 平手友梨奈で当てはめると、やっぱりしっくり来るんですね。 というか、 「僕」= メンバー全員 or 他のメンバーになると、歌詞で繋がらないところが出て来ます。 そうなると、歌詞の世界感を深く読み解いて、忠実に再現してくる欅坂46の理念に合わないので、私は、この『避雷針』という曲が、 「平手友梨奈のための、志田愛佳の歌」だと位置付けます。(もちろん異論あるのは織り込み済みで。) そして、それを前提としてお話しさせていただきます。 まず、歌詞の1番、 『遮断機 降りたままの〜から 〜悪意からの避雷針』までは、1人称は全部「志田愛佳」です。 つまり、 「僕」= 志田愛佳 「君」= 平手友梨奈です。 志田愛佳が平手友梨奈を、大人や世間から守る盾になる。という内容になってます。 そして、2番の、 『警報機 鳴りっぱなしで〜から 通り過ぎれば開くんだろう?』までは、志田愛佳が1人称。 自分達が何回助けに行けば、平手は心を開いてくれるのか?という内容。 『ずっと前から知っていたはずさ、電車なんか来ないって・・・』ここは、平手友梨奈が1人称。 ここは、ずっとセンターにいる平手にとって、助けが来ないのなんて前から分かっている、という内容。 ここで、 『一人が楽なのは〜から 〜使い切れず持て余す時間 過保護な夢を殺すだけだ』ここまでも、平手友梨奈が1人称。 雑誌にも載ってましたが、平手友梨奈はあえて自ら孤独を選んでる部分もあり、孤独であることで、この世界の何処かにいる同世代(平手の表現としては10代)の孤独を感じている人達に、欅坂46の歌を届けたいと言っていました。 そういう人達がいるのは自分にとっても心強いと。 そのあえて孤独である様を、表しているのではないかなと。 ここから、 『僕は何に惹かれたの〜から ここにあるのは愛の避雷針』の最後までは、元に戻って志田愛佳が1人称。 この『避雷針』という歌は、 2017年、夏の、 崩れかけて苦しかった欅坂46と平手友梨奈と志田愛佳を、 ある程度の距離から見ていた総合プロデューサー秋元康が書いた歌詞に、 欅坂46とは抜群の相性のナスカ氏の曲が合わさったものです。 私が解説つけたところは、ファンでも知り得る情報で分かる部分。 解説つけなかったところは、正直なところメンバーとスタッフ、内部の人間しか分からないだろうなと思い、考えるところはあるけれどもあえて書かなかった部分です。 例えば、 『毒にも薬にもならない日常はチクタクとただ繰り返す 無駄が僕たちの特権だと主張して・・・ 勿体無い生産性がないとか大人から見れば腹立たしい?』のところとかは、秋元康氏のQJのインタビューから 「欅坂46メンバーがスタッフ達に主張しているものがある」というところは読めますが、内容とかは正直本人達じゃなきゃ分かりませんね。 ですので、そこは各自の想像するところだと思いますんで、あえて私の意見を載せたくはないんです。 2番の 『いくつの扉を閉めたり鍵を掛けて引きこもってじっとして ただ儚すぎるこの若さ萎れるまで 使い切れず持て余す時間 過保護な夢を殺すだけだ』 のところも本人達しか分からないと思います。 ただ、 『僕は何に惹かれたの? 僕は何に期待するの?僕も不幸に見えると言うのか?』の部分は、志田愛佳が平手友梨奈の心配をしている内に、そんな平手に引きずられてしまっている様が書かれている。 これは雑誌等からもそう読むことが出来ます。 最後の、 『僕はどっち側にいるの?』の部分も、平手に引きずられて、平手側にいるのか他のメンバー側にいるのか分からなくなっている志田愛佳の様が書かれていると思います。 …とここまでは、歌詞の内容をつらつら書かせていただきましたが、もう一つ言いたいのが、フォーメーションのことです。 基本的に、欅坂46は「W-KEYAKIZAKAの詩」等の特別な歌を除いて、シングルの全てカップリング曲を表題曲と同じフォーメーションで出してきました。 手を繋いで帰ろうか、キミガイナイ、語るなら未来を、エキセントリックetc ですが、この『避雷針』はセンター平手の両脇に志田愛佳・渡邉理佐を据えています。(小林由依、鈴本美愉以下も表題曲選抜とは少し違いますが、そこは以下と同じ解釈です。) 歌の解釈からすれば、志田愛佳は理解出来ますが、じゃあ渡邉理佐は?ということになります。 渡邉理佐が志田愛佳と対のポジションになったのは、紅白後のモデルプレスの記事から、この二人は普段何もないときは特にベタベタ一緒にしているわけではないのですが、紅白のあの時みたいに緊急事態には(主に志田愛佳が過呼吸等になった場合ですが)、渡邉理佐が志田愛佳を支えているのではないか。 体力的な面もそうですが、志田愛佳が平手に引きずられて、精神的に波があったりしたときも渡邉理佐が支えていたのではないでしょうか。 少なくとも紅白のときはそうだったわけですから、それ以前にもそういった場面があったはずです。 だから、 『平手を支える志田愛佳』を支える渡邉理佐を表すために、志田愛佳の対のポジションが渡邉理佐なのではないかなと思いました。 以上、勝手に書いてきましたが、勢いで書いてきたので多少矛盾点があるかもしれません。 そこはご容赦ください。 今、巷では漢字欅の武道館ライブ中止ですったもんだしていると思いますが、私は今回の件は懸命な判断だったと思います。 私が以前に「代役を立てるべき」と言ったのは、もう漢字欅で出ることが決まっていて、アレンジの暇もなく、ただセンターポジションを空けて、しかも動揺する場面もありつつライブが進んでしまっていたから、「小林由依か渡邉理佐を代役に立てるべき」と主張しました。 ですが、今回は「初の武道館」であること、ここに今、平手以外にもコンディションが良くないメンバーがいることを加えて、ベストではないがグループとして代役を引き受けられる「ひらがなけやき」が非常に力を付けてきていること。(2期生の勢いも凄まじいです。) そして何より、今のこの不安定で負の連鎖真っ只中の漢字欅より、ポジティブオーラ全開・勢い充分なひらがなけやきに頑張ってもらうことの方が、欅坂46自体が好転していく可能性の方が非常に高いことから、私は今回の決断の方が良かったのではないかと思いました。 以前に私が、 「ひらがなけやきがいつか漢字欅を捲るときが来れば、欅坂46は今までの選抜制度を覆す、名実共にアイドルの革命派になる」といったような内容の記事を書いたかと思います。 これはCDの表題曲を漢字欅に代わり、ひらがなけやきが歌う場合を想定していましたが、少し状況は違いますが、ひらがなけやきとしてはこれ以上ないチャンスを得たわけです。 今の46・48グループで武道館3daysを決行出来るのなんて、正直なところ、漢字欅と乃木坂46AKB48本体くらいしかありません。 48グループの姉妹グループがやったことも無いことを、漢字欅の緊急事態に決行することが出来るのですから、上手くいけば、ひらがなけやきは大化けするかもしれません。 これはあくまで私の意見で、武道館の件ではメンバー談で、 ・ メンバーで話し合う機会をもらった ・代役を立てても間に合わない ・ベストパフォーマンスを届けられない ・初めての武道館を21人全員でやりたいという話になったと出ています。 メンバーの言うこれが、今回の全てだと思います。 今回の件で、平手友梨奈が責められるようなことは何もありません。 それは完全にお門違いです。 別に遊んでて怪我したわけじゃないんですから。 命賭けて、命削って、パフォーマンスした結果なんですから。 他のメンバーを責めるのも違いますよね。 逆にどこに責める要素があったのでしょうか。 ここで武道館ライブが出来なければ、欅坂46は一生武道館でライブ出来ないのでしょうか。 そんなことないですよね。 ここで無理して、誰かが再起不能になったら、それこそ一生21人揃わなくなります。 今の現状を、平手友梨奈やメンバーの責任にして責めている人がいるならば、それは絶対に違うとここに書かせていただきます。 私が欅坂46運営を買っているのは、欅坂46運営はメンバーに非難が行くことを極力避け、メンバーをしっかり守っていることです。 今回の件もメンバーが話し合って決めたというのは運営側からは何も発表が無かったことです。 ですが、メンバーが言って判明しました。 運営側から発表しても良かったことですが、最初から運営が言ったら、すぐメンバーに非難が行くでしょう。 あえて漢字欅の公演中止だけ伝え、非難は甘んじて運営が受け、重要な決断はメンバーの意志と決断を尊重する。 なかなか、アイドルグループの運営が取れる選択ではありません。 それをやると、メンバーの多くが未成年である以上いろいろ不都合が生じてくるからです。 ですが、欅坂46運営はそれが出来る。 私はそこに非常に信頼を置いています。 平手友梨奈の怪我の完治とけやき坂46の武道館ライブ成功を願って、記事を締めさせていただきます。

  6. ームページ上で見せ欅坂46のセンター平手友梨奈... 彼女は、昨年末、5thシングル『風に吹かれても』のパフォーマンスに悩んでいたみたいですよね。 実際、昨年のテレビ出演の際に、表現に苦しんでいる様子が何度も放送されており、その後も今だに「これだ!」という手ごたえあるパフォーマンスをつかめていないのだと考えられます。 紅白でケガをしたのも、『風に吹かれても』のパフォーマンスがうまくいかなかったから、それを取り返そうとする心理もあったように思います。私自身の経験から言えば、ゴルフでミスショットした後に取り返そうとしても、麻雀で振り込んだ後に取り返そうとしても、うまくいかないケースが多い...逆に、より傷口が広がったりしてしまいがち... そういうことを考えれば、『風に吹かれても』のパフォーマンスに、紅白のケガの一因が隠れているとも言えます。 というわけで、今日は、この『風に吹かれても』のパフォーマンスをいかにすべきだったか?、について考察し、表現に苦しんだ平手ちゃんの代わりに考えてあげたいと思います。 .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.まずは、これまでのおさらいをしてみましょう...自分が”表現者”だと強く自覚のある彼女は、表現することが自分の仕事だと強く意識しており、表現が出来ていないこと(=表現形式が完成していないこと)は、ステージに上がれる準備が出来てないとまで思っている感じです。 『MARQUEE Vol.122 』(2017年8月10日発売号)の中では、上村莉菜が、「てちは小まめにダンスを工夫している」と語っており、細かいところにまでこだわりをもって自己のパフォーマンス作りをしていることは明らかです。 それが、5th『風に吹かれても』の表現作りで、つまづいてしまった... しかもそれが、昨年の秋からずっと続いていて、いまだに解決していない宿題になっていると思われます... 確かに、5th『風に吹かれても』は、表現が難しいです...大人や社会への反抗を表現する『サイマジョ』や『不協和音』は、ツッぱって、トンガっていれば良かったし...それらとは逆に、世の中や周囲との和解や歩み寄りを示す『せかあい』や『二人セゾン』は、まさにその逆にすれば良かった...1~4thは、いわば、表現がやりやすかった... しかし、5th『風に吹かれても』の世界観は全然違います。それに、「いいんじゃない?(that's the way~)と笑って踊っていればいい」のは、センター以外の他のメンバーだけ。欅坂46のセンターは、他のグループのセンターとは違って、特別な何かを表現しなければならない...周りの他のメンバーに溶け込んでいればいいというものではない...MVで宙に舞ったように、「いいんじゃない?と笑っていればいい」だけの他のメンバーとは区別した、この曲ならではのパフォーマンスが求められる。にもかかわらず、それを見つけられていないという苦悩...それが昨年11,12月でのテレビでのあの冴えない姿になったのだと思われます...で、私なりに、解答を考えてみました...5th『風に吹かれても』のセンターポジでどう振る舞えばいいか、をです。表現方法を考えるには、まずは、曲の世界観の本質を把握せねばなりません。ここでひとつ気づいたのですが、私は、曲の世界観と制服の色とが、見事なまでに一致していることを再発見しました。『サイマジョ』と『不協和音』は青系統の、いわゆる寒色系の色の制服です。大人や社会に食ってかかるという、いっけんカッコイイように思えるが、だからと言って何か目標とか自分のやりたいことを見つけたわけでもない、いまだ非建設的な心の状態,ある意味、心が寒い系の若者の姿を表しているといえるでしょうか...その逆の世界観の『二人セゾン』は暖色系の赤系統の制服です...社会との(世界との)和解を示す”赤”ということでしょうか...そして、『世界には愛しかない』は、”白”...社会に反抗するわけでもなく、とはいえ、社会との和解に至るわけでもない、その一歩手前の状態...社会とは一歩距離を置いて、離れたところから見ているという、まだなにものにも染まらない心の状態を示しているんでしょうか...で、問題の、5th『風に吹かれても』ですが、この曲の色はというと、なんと、”黒”!全員が黒のスーツ姿で踊っているのが、『風に吹かれても』なわけです。”黒”ということの意味は、世界に(=社会に)染まってしまっている、という意味なんでしょうかね、たぶん。ということは、『せかあい』の”白”とは真逆の”黒”、というわけですね...染まる前の『せかあい』に対し、染まってしまった後の『風吹』...清々(すがすが)しい『せかあい』に対し、まがまがしい『風吹』?実は、この5th『風に吹かれても』は、『せかあい』と対になる曲なのでは?、と思います。要するに、かつて、あんなに反抗的で、大人社会と一線を画そうと思っていた若者が、知らぬ間に大人社会にどっぷりとハマリ、若者らしさを失ってしまった...そして、そんな元若者が、自虐的に自分自身をアザ笑う...歌詞から考えれば、そんな感じ...これが、5th『風に吹かれても』という曲の本質なのでは??大人社会にどっぷりと染まっているんだけど、その自分自身をみて、アハハと笑っているという...そのある意味達観というか、自虐というか、それでも僕は僕だという、あきらめ半分、ツッパリ半分の感じが、That's the way...という歌詞で表現されている...そんな感じなんじゃないでしょうか?...よって、その感じを表現しようとするなら、次のようになるんじゃないでしょうか。いつまでも若者のつもりだった人が、知らぬ間に大人社会に染まってしまっていることにふと気づいて笑うんだけど、その笑いは、自虐と、もう元に戻るのは難しいというあきらめと、一瞬の自由を求めるもがきとが入り混じった、複雑で奇妙なパリピ的な笑いであった...そんな一人の元若者の物語を全力で表現しようとしてみればいいのでは?、と私は思いました。どうかな???了P.S.昨晩の『さんま御殿』で、次週の予告が流れましたね...ひだ君/Wワタナベ推し◢͟│⁴⁶/壁紙加工も@keyafan822 1月23日(火)のさんま御殿ではゆっかー登場! 「常に腹...4分目 あまりの腹ペコに一同騒然!?」 #さんま御殿 #菅井友香 #ゆっかー https://t.co/TzXGe4zBnc2018年01月16日 21:41⊿そら⊿まとめ@aaa_46movie ゆっかーの腹ペコ、4分目に一同騒然 菅井友香『踊る!さんま御殿!!』初登場 #欅坂46 #菅井友香 #さんま御殿 https://t.co/9iSTxZ7Orm2018年01月16日 21:21ハンク◢│⁴⁶@aoi_sugai_19902 来週のさんま御殿 ゆっかーcut #踊るさんま御殿 #菅井友香 #欅坂46 https://t.co/dm12HhEHfm2018年01月16日 22:01欅坂46まとめきんぐだむ@kykzk46_matome2 ■記事を更新しました■ 【欅坂46】キャプテン 菅井友香、1/23放送「踊る!さんま御殿!!」初登場!前列で明石家さんまさんら一同騒然の腹ぺこエピソードを語る【踊る!さんま御殿!!】… https://t.co/hF2BMpozDV2018年01月16日 21:39これは思わず笑ってしまいました! (-^□^-) ネガティブなニュースがあったなか、明るい話題を提供してくれるなんて、これぞキャプテンの器だな!来週の『さんま御殿』が楽しみです...

  7. 、今日は漢字欅武道公演をひらがなけやき公演に振り替えた件について考えてみたいと思います。それくらいこの話は平手友梨奈の怪我以上に深刻な問題だと思っているからです。平手友梨奈の怪我は不協和音を紅白でやると知った段階からある程度予見していました。もし私がマネージャーなら衣装に緩衝材を入れる等して衝撃を和らげる工夫をしていたと思います。理由は平手友梨奈は中2病患者なんかじゃなくてロックアーティストだと思っているからです。特に昨年は不本意な1年だったと思っているので、本人も一世一代のパフォーマンスをするだろうと思っていたからです。私は長濱ねる1st写真集の販売部数を発売2ヵ月前から当てています。初動は10万前後、累計は20万を越えて白石麻衣に迫るというものです。私が正確に予想できたのは長濱ねるのことを関係者以外の一般人としてはストーカーレベルで知っていたからです。長濱ねるの魅力は当然として、長崎五島列島でのビキニロケ、講談社発行、細居幸次郎撮影、欅坂46初の写真集、ロングインタビュー、あとがき含めて160ページ等、売れる要素満載だったからです。私が唯一予測できなかったのはTwitterの中の人の有能さです。白石麻衣担当と同一人物だと知って驚いたのですが、この方の熱意が軽く1万部は押し上げていると思います。勿論、前提としてこの写真集に関わったスタッフ全員が長濱ねるの虜にならなければこれほどの成果は出なかったと思います。それを私は長濱ねるの人間力と呼んでいますが、関わる人全てを味方につける力です。長濱ねる自身も言っていますが、最初写真集の話を貰った時に「予算の制約はあるが、世界のどこでもいいよ」と言われたそうです。ビキニになって貰うとも聞いたが、迷わず長崎五島列島と答えたそうです。関係者も驚いたようですが、メンバーはもっと驚いたそうで、「勿体ない」とか、中には「馬鹿じゃないの?」と言ったメンバーもいたそうです。長濱ねる自身は「ビキニだからハワイなの?グアムなの?」と思ったようです。長濱ねるは「それは想像力の欠如というもの」と言い切っています。長濱ねるの真のファンなら誰でも分かると思うのですが、最初の写真集のロケ地は長崎五島列島しか有り得ません。2nd写真集が出せるかどうかも分からないのに一番大切な故郷を選択しないことは有り得ない。恐らく、話を貰った段階で一生の宝物にしようと思っただろうし、18才の自分を記録として残したかったんだと思います。そしてそれを長崎五島列島で撮ることにより、生まれて今まで18年間の記録にもなると思ったと思います。日本は表現の自由がある国で、個人がブログを書く時に予想や推測も入れなければプロの雑誌以上の魅力は出せないと思います。1⃣ 菅井友香のブログ:前に進むために何人かのメンバーが今回の中止について書いていますが、運営やメンバーの意見が集約されたのがキャプテン菅井友香の記事だと思っていますので、重要な記事を抜き出して考えてみたいと思います。「楽しみにしてくださっていた皆様にはこのギリギリのタイミングでの発表となってしまい本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」「正直すごく悔しいです」「色々なことが重なり合って物事は起きていて、様々なことを踏まえた上での苦渋の選択、決断です」「メンバーにも21通りそれぞれの思いや考え方があるはずです」「私も急だったので、最初は混乱してしまって、しばらく色々な思いが心の中で駆け巡っていました」「このままではいつまでも平手ちゃんにばかり負担がかかってしまうし、グループとしても前に進めないのではないか」「夢の武道館出られるみんなで力を合わせて責任感を持って今出来る全てでぶつかってみたい。折角頂けた大きなチャンス」「でも、時間もない」「スタッフさんの冷静な視点での意見を聞いて納得できました」「今の私達は武道館に立つべきではなかったのかもしれません」「そう受け入れなければ。。」「まずは平手ちゃんには、今はゆっくり治療に専念して体も心も本当に大事にして欲しいんです」「私たちの大切な大切な存在です」「ひらがなけやきはもう何度も行っている単独ライブを漢字欅はまだ経験していないので、いつかみんなで叶えたいです」2⃣ この記事について菅井友香が最初に書いていますから本音は中止を非常に悔しがっているのが分かります。最初は混乱したと書いていますが、(平手の欠席がなぜ漢字欅の武道館公演中止になるんだろう?)ということだと思います。暫く色々な思いが心の中で駆け巡ったらしいから(何をどう考えたらそういう話になるんだろう?)と試行錯誤したのでしょう。「このままではいつまでも平手に負担がかかり、グループとして前に進めない」という言葉が一番不可解です。脱平手で武道館公演をすることが、平手の負担を減らし、グループが前に進めるというのに全く真逆のことを書いています。運営上層部が決めた結論を元に現場スタッフがメンバーの説得にあたったのだろうという私の予想通りなのでしょう。「時間が無い」とか様々な説得材料を提示されて不本意ながら渋々受け入れたのでしょう。それは「スタッフさんの冷静な視点での意見を聞いて納得できました。今の私たちは武道館に立つべきではなかったのかもしれません」という文章で分かりますし、「そう受け入れなければ。。」という文章でも分かります。結論ありきの話の様々な理由付けには私はあまり興味はありません。それよりも「スタッフの冷静な視点での意見」で分かりますが、結論が決まっているからスタッフも理路整然と説明できたのでしょうし、メンバーの気持ちを斟酌していたらとても結論は出なかったでしょう。ただ洗脳レベルだなと感じたのは「今の私達は武道館に立つべきではなかった」という部分です。「今の私達は武道館に立つべきではなかった」という言葉は非常に重要ですが、これについては次の項目で説明します。いづれにしても「そう受け入れなければ。。」という文章で無理やり納得しようとしていることが分かります。「平手に体も心も大事にして欲しい」という部分も少し気になるのですが、なぜわざわざ「心も」と書いたのかと思います。最後の「ひらがなけやきはもう何度も行っている単独ライブを漢字欅はまだ経験していない」という言い方も違和感を持ったファンが多いと思います。欅坂46の単独ライブと言えばクリスマスライブ・アニバーサリーライブ・欅共和国・全国ツアー等が頭に浮かびます。確かにひらがなけやきとの合同ライブですが、主体は漢字欅で、殆ど漢字欅単独ライブ並みだと多くの人は思っていると思います。ひらがなけやきは確かに単独での全国ツアーを行っていますが、だからと言って漢字欅が単独ライブを経験していないとは言えないと思います。この場合の経験とは厳密な単独ライブかどうかの問題ではなく、経験値としての単独ライブですから寧ろ漢字欅の方が経験値が高いと考えるのが普通だろう。しかもひらがなけやき2期生9人はまだ素人レベルだ。3⃣ 武道館に立つべきではなかったの意味日本武道館ライブ3daysが発表されたのは元日です。ということは大みそかの段階では日本武道館に立つべきグループだったが、それ以降、昨日までの16日間で立つべきでないグループに成り下がったということです。もう少し絞ればひらがなけやき公演に振り替えられた13日までの13日間で変わったということです。しかも「ギリギリのタイミングでの発表」と言っていますから中止の決断は元日ではないことが分かります。普通に考えて平手友梨奈の怪我が全治1か月だと確定した段階だと思います。昨日の記事で1月9日欅坂46メンバー全員が田無神社に初詣に来ていたと書きました。目撃者も多かったからこの日の段階では医者の診察を受けていないだろうという記事を書きました。元気そうだったとかの目撃例を知ったからそう書いたのですが、平手友梨奈の右手が見えないように長濱ねるがぴったりくっついていたという目撃例もあるようです。もしそれが本当だとすれば1月9日までに治療を受けている可能性もあります。個人的にあれだけの打撲をして初詣の日まで治療をしていなかったというのは信じられませんでした。私がマネージャーなら元日に精密検査を受けさせていたと思います。それでもギリギリのタイミングになったということは1月9日前後だったのだろう。この間に何が起こったのかというと平手友梨奈が紅白の本番で打撲したという事実と、医者に見せたら全治1か月と診断されたことだけだ。つまり、単なる打撲だけだったら自然治癒で治すつもりが全治1か月と診断されたことで日本武道館公演にも平手友梨奈が出演できなくことだけだ。このことを持って平手友梨奈が出演できなくなったから中止になったという解釈をする人がいる。21人揃ってないから止めたと解釈する人もいる。しかし、昨年は今泉佑唯が数か月いなくてもやったし、名古屋公演初日は平手友梨奈がいなくてもやった。そんなことを言っていたらインフルエンザか何かで数人休んだ時はどうするのか?という話になる。BABYMETALが年末に行った広島公演はたった2人でやったし、ももクロも来月からは4人でやる。それでも怪我が平手友梨奈でなければ間違いなくやっただろうから平手友梨奈が特別な存在なのは間違いないだろう。4⃣ 中止になった理由明らかに平手友梨奈の打撲が原因であり、全治1か月と診断されて出演できなくなったことが中止になった理由だろう。ただ平手友梨奈が出演できなくなったことが漢字欅の公演中止にまでなるだろうかという疑問が湧く。巷ではあれこれ類推していますが、私の考えは簡単で、平手友梨奈が紅白で怪我をして武道館公演に間に合わなかったことが原因ではないと思っています。平手友梨奈が痛みを堪えて結果的に診断が遅くなったことが原因だったと思っています。メンバー一人の自己判断のミスが欅坂46全体にまで及ぶということを教えたかったのだと思います。特に平手友梨奈と仲がいいメンバーは平手友梨奈の異変にも気付いていただろうし、欅坂46の絆は連帯責任も伴うということを教えたかったのだろうと思います。それを説得する意味でひらがなけやきは単独公演の経験があるという、どう考えても無理筋の屁理屈等で説き伏せたのだと思います。菅井友香も馬鹿ではないからそんな理由納得している筈はないから言葉の端々に悔しさが滲み出ているのでしょう。あっさりとひらがなけやき公演に振り替えられた訳ですが、同程度のパフォーマンスが可能なのでしょうか?次にひらがなけやきの実力を考えてみます。5⃣ ひらがなけやきの実力私は長濱ねるが1推しですから普通のファンよりはひらがなけやきに詳しいと自負していますが、明らかに比較にもならないと思います。確かに個々の歌唱力やダンス能力は上のメンバーもいるとは思いますが、アイドルとして致命的なのは人気です。握手会の販売数やスピード、SHOWROOMのフォロワー数等、比較にもなりません。確かにひらがなけやきは単独での全国ツアーをやり切りましたが、長濱ねるというスーパーアイドルがいたからであって、長濱ねるがいなかったら全国ツアー自体やらなかった可能性の方が高いでしょう。ひらがなけやきはご存知のように若く、まだ素人同然のメンバーが9人もいます。しかも私が知る限り、まだ地方に住んでおり、都度上京しているようなのだ。例えば濱岸ひより(15)・小坂菜緒(15)・河田陽菜(16)・ 松田好花(18)がそうだ。それだけでなく中学生3人、高校1年生3人、高校2年生2人、高校3年生1人と学生だらけだ。個々のスキルよりは全体のフォーメーションの方が大事だからひらがなけやきこそ時間が無い。持ち歌も殆どなく、2期生の9人に至ってはたった1曲しかないド素人だから漢字欅と比較もできない。ひらがなけやきは初日に予定していたセットリストを3日間繰り返すのではという意見がある。確かに一理はあるが、私はついでに様々な実験をするのではないかと思う。2期生にはセンター候補が数人いるからついでに実践オーディションするのではないかと思う。ただでさえ魅力の少ないセットリストを3日も繰り返すくらいなら今後のひらがなけやき本格化の為の実験的試みをする方がやる方も見る方も有意義だと思う。ひらがなけやきがこの2週間でやるべきことがいかに困難なミッションなのかということがお分かり頂けたと思います。6⃣ 漢字欅がやる場合それでは漢字欅がやったとしたらどうなのかもついでに考えてみます。平手友梨奈が抜けると休止せざるを得ないということはないということは誰でも分かる話です。でもパフォーマンスや魅力が相当落ちるのは事実であり、日ハム戦に大谷翔平が出ないようなものだろう。それでも腐っても日ハムで、ぽっと出の独立リーグや2軍とは比較にもならない。そんなことは多くのファンが分かっていると思うので実際に内容を考えてみます。どちらにしても不協和音は平手友梨奈が元気でもやらなかっただろうから関係ありません。サイレントマジョリティーも無理してやる必要はないが、長濱ねるはひらがなけやきでセンター経験済みです。世界には愛しかないや二人セゾンもすぐに頭に浮かぶメンバーが誰でも1人や2人はいると思います。がしかし、本当に魅力的なメンバーや楽曲がいくらでもあります。それはユニット曲やソロ曲で、平手友梨奈がいなくても腐るほどあります。長濱ねるソロ曲2曲、今泉佑唯ソロ曲2曲、ゆいちゃんず4曲、青空とMARRY4曲、FIVE CARD1曲、ななちゃんず1曲、五人囃子1曲、いちころ1曲等です。それに引き換え、ひらがなけやきはりまちゃんちっく1曲だけです。もう比較するのも馬鹿々々しいので止めますが、漢字欅の実力不足や21人全員でのパフォーマンスなどの理由は無理やりの話で、聞く価値も無いということです。【その他の情報】1⃣ 本日発売の少年マガジンの表紙を欅坂46の渡邉理佐と小林由依が登場しています。2⃣ ラジオ番組GIRLS LOCKSに3週目ガール平手友梨奈が後2日間登校します。我が校の3週目ガールズ平手友梨奈ちゃん、今月の登校3日目です!昨日に引き続き今夜も!友梨奈ちゃんが一番大好きな授業GIRLS掲示板逆電やっちゃいます!今回は冬の北海道(旭川)に関する自分クイズを出題してくれるという生徒に逆電!平手友梨奈、セカアイのMV撮影は旭川だったなぁ・・・と振り返るの巻~☆3⃣ 欅坂46スケジュール01/17(水) GIRLS LOCKS(平手友梨奈)01/18(木) GIRLS LOCKS(平手友梨奈)01/19(金) こちら有楽町星空放送局(長濱ねるがゲストに織田奈那を迎えて送る)01/20(土) インテックス大阪全国握手会&ミニライブ01/20(土) AKB48SHOW!(ひらがなけやき11人が4曲披露)01/21(日) 幕張メッセ全国握手会&ミニライブ01/22(月) 小説BOC8誌上で、小説家誉田哲也と長濱ねるが特別対談01/22(月) はんにゃ金田と欅坂46の夕方パラダイス(織田奈那・鈴本美愉が出演)01/23(火) 踊る!さんま御殿(菅井友香出演)01/26(金) AKB48の私たちの物語(土生瑞穂・小池美波・石森虹花出演)01/26(金) こちら有楽町星空放送局(長濱ねるがゲストに欅メンバーを迎えて送る)01/30(火) 日本武道館公演(けやき坂46)01/31(水) 日本武道館公演(欅坂46初日)02/01(木) 日本武道館公演(欅坂46最終日)02/17(土) ナガシマスパーランドからやってま~す(土生瑞穂・小池美波他出演)4⃣ アメブロランキング昨日はジャンル10/2,505位、記事ランキング最高は平手友梨奈大怪我騒動顛末記の5位でした。公式ハッシュタグのランクインは欅坂46の2位でした。

    欅坂46武道館公演中止問題
  8. て風呂入って飯食っアイドルさんのブログやらtwitterやら見終わったとこです(*´∀`*)twitter見てたら昨日のブログの更新tweetに記事の当事者、アイドリング!!!31号古橋舞悠・・・古ちゃんから「いいね」いただきました!古ちゃん、エゴサするんですねー・・・メッチャ嬉しいです(*´∀`*)また21日も会うことが出来るので楽しみですwwwさて、そんな古ちゃんと関谷に会った後のことです。夕方まです〇る君と渋谷の「さくら亭」で飲んでから伝承ホールに向かいました!初めての現場なので地図を見ながら行くとさくら亭からは歩いて3分くらいのところでした!どうやら渋谷区の公共施設のようでしたね。かなり大きなビルでした!伝承ホールはこの中の6階でした!入ったロビーです。かなりの広さがありました。ホールは椅子席380個からなる大きな箱でしたね。ここでの目的は表題のとおり!ほんとは18:50のハップニングガールズ(仮)から見たかったんだけど、す〇る君とさくら亭で盛り上がっちゃって19:20頃に到着しました。大きなホールだったのでどのくらい人がいるのかなーって中に入っていったらなんのことない20~30人ってとこでしたかねー!まだスプチュの前のアイドルさんがやってたので、スプチュ勢は椅子でまったり(笑)し〇さん、たっ〇ー、な〇さん、あ〇ずみさん達がいたので挨拶してスプチュTシャツに着替えました!ほどなくスプチュのライブがスタート!先週はみくちゃんときゃーちゃんがインフルエンザでお休みでしたが、この日は全員揃ってのライブでした。衣装は和装衣装でした!セトリ恋はジャスティスStay Free虹色ステージサバーイ夏BANG!BANG!BANG!の4曲でした!ステージと椅子席最前の間にみんなで陣取り、俺はお酒も効いてて思いっきり盛り上がりました!たっ〇ーに「酔ってるし!」って突っ込まれる(笑)とにかくステージが近かったのでメンバーとの距離がほんとに近かった!昼間見たBESTIEMとはまた違う、全力で沸ける楽しいライブでした!スプチュのあとは初めて見るNゼロです。Nゼロとのなれそめはメンバーの長谷川プルメリア依莉ちゃんが見習いの頃にこのブログにペタやいいねをしてくれるようになって、それから俺も依莉ちゃんのブログを見るようになったってのがそもそもです。もう3年位になるのかな?この3年の間にNゼロメンバーの何人かがやっぱりブログにペタしてくれたりしてたので、そんな中の橋田ローズ美祐ちゃんのブログも成り行きで見るようになりました。このふたりは毎日更新してるし、内容も面白いwww何度かSNSで絡んだことあったけど、まぁ一般人としてだから(笑)Nゼロのライブ、曲初めて聞いたけど、元気のいい曲でしたね。スプチュの物販が始まるよってし〇さんが呼びに来るまで3曲聴けました!次機会あったときはもうちょっとしっかり見てみたいと思います!ということでスプチュの物販に行きました。先週に続きスプチュ入場するとお楽しみくじが引けました。今回俺が引いたのは「15秒握手」でした!先週は「30秒握手」引いてはるぴーんとこ行ったので、今回はゆみみんをチョイス!春瀬ゆみ俺  「握手久しぶりじゃね?」ゆ  「そうかなー?」俺  「元気?」ゆ  「元気だよ!なんでww」俺  「いや別に(笑)元気かなーって思って(笑)」ゆ  「うんl、元気だから大丈夫だよ!」15秒じゃ内容ある会話はできませんね(笑)それからメンバー全員とチェキを!河村夏愛インフルエンザはもうすっかり回復して今は全然元気だそうです!昼間は元アイドリングのメンバー見てきたって言ったら、きゃーちゃん、リンガーだったそうで!リリイベにも行ったことあるそうです!すーちゃん推しだったそうで(笑)YGAも好きだったんだけど見たことはなかったそうで、そんな元YGAのメンバーと一緒にやるのは嬉しくて仕方ないとのことでした!今度、もう少し掘り下げてこの話したいなって思った!別件だけど、きゃーちゃん、たまにtwitterで変なとこにファボするのはなんでだろ(笑)アイドリング!!!だからなのかな?聞いてみよww夏井みくインフルエンザはきつかったそうですww珍しく熱出して家族に「こっちこないで!」って言われたりしてたらしい(笑)こちらももうすっかり大丈夫だそうでまぁ治って良かったですね!山下春花珍しく「すきすき」って書いてあった!行くなり「遅いよー!」って何故か怒られた(笑)はるぴーとはこの前初めて見たはるぴーのDVDの感想を!腕立て伏せのシーンとか筋トレのシーンとか本気で大変そうだったなんて話。筋肉無いねーなんて言ったら「みくちゃん、筋肉凄い・・・。」らしいです。知らなかった・・・今度見てみよう・・・二の腕を(笑)DVDにイベントもいっぱい来たしよかったねーなんて話!春瀬ゆみ千葉県民のゆみみんに「さっきまで蘇我にいたよ!」って言ったら「蘇我?千葉市かな?・・・・?」あんまり知らないみたいで(笑)「ジェフだから市原なんじゃない?」って俺もよく知らない(笑)ゆみみん、その割に「千葉のことは南房総まで知ってる。」って自慢してたけど・・・・なんか怪しいなwwwそれからseven4の話になったんだけど、まだ見たことないし、これからも機会なさそうだって言ったら「来るときはゆみみん入場でね!」って大きな声で言うもんで、「ほら、はるぴーなんかに聞かれるぞ!」なんて!!!チェキには「ゆみみんだよ!ぜったいネ!」って書いてあった!4人とのお話楽しかった!ってか毎回雑談なんだけど友達と1週間ぶりに会ったみたいな感覚だから緊張もしないし、ただただ楽しかったです!物販最後まで見て仲間たちは帰って行きました。俺は再びホールに戻るとちょうど、Nゼロが去年の総評みたいのやってて、去年の観客動員ランキング発表してた!依莉ちゃんは動員4位で美祐ちゃんが1位でした。会場の一番後ろの列の椅子に座ってみたたらスタッフの女性の人が来て初だって言ったらいろいろくれた(笑)CDとチラシの他に初見さん用の無料30秒握手券もらいました。Nゼロは交流会って言うんですね!交流会が始まって依莉ちゃんとこに行きました。初めまして!から「hiroです」って言うと「ひろ」って人はふたりいるらしいwwwなので「ローマ字の!」って説明した。いつもはブログでお世話になってるって話したり、ペタやいいねありがとうってお礼言ったりしました。当然の初接触だったけど、ブログの中身からわかってたように明るい元気な子(子でいいのかな 笑)でした。話の途中でいろいろくれたスタッフの女性が「チケットもらってないですか?」って聞くのでもらってないって言ったらなんだかホールの外まで走って持ってきてくれて、それに依莉ちゃんがサインして貰いました。2月11日のワンマンライブのチケット!なんとご招待だそうです!一番右に書いてある「エリエリオー!!」は依莉ちゃんのブログにもよく出てくる掛け声です(笑)初対面だったけど、なんだか初対面っぽくなかったな!初めての割には楽しくお喋りできました!次、機会会った時はちゃんとお金払って行こうっと(笑)あっ、なんかNゼロの物販レギュレーションいろいろあるみたいだしそのことも聞いてみないとだな!そして依莉ちゃんとお話終わりで会場を離脱!朝から楽しい1日でした!この日の依莉ちゃんのブログ・・・、私信的なこと書いてあった!間違いなく俺のことだなwwwそして次の日の14日、依莉ちゃんと美祐ちゃんがtwitterでリプ返したので、参加してリプもらえました!毎日23時前後にやってるみたいだけど、当然俺は仕事してるからまず参加できないんだけど、日曜でお休みだったので参加できた!お互いに会うまでが長かったって(笑)書いたとおりに次回行く機会あったらお喋りしたいなーって思っています!そして昨日のブログにちょっとだけこのブログの予告みたいなの書いたんだけど、Nゼロのメンバー依莉ちゃん、美祐ちゃんともうひとり高柳ヴィーナス美咲ちゃんの3人が「いいね」してくれた!みんなありがとうございます!ワンマンのチケットも貰ったことだし、またスプチュがこの「アイドルパレード」に呼んでもらえれば行きやすいしまた機会ありそうですね!以上、1月13日のアイドルパレード参戦日記でした\( ´ω` )/

    1/13 アイドルパレードin渋谷伝承ホール(スプチュ・Nゼロ)参戦!
  9. ももクロ卒業の有安杏果、所属事務所との専属契約終了 グループは4人で活動継続  アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(22)がグループを卒業することが分かった。15日、グループの公式サイトと自身のブログで発表した。21日のライブがラストとなる。  所属事務所のスターダストプロモーションは同日、公式サイトで、有安の卒業を発表し、「本人の“普通の女の子の生活を送りたい”という想いを尊重し、同日、弊社との専属マネジメント契約も終了することといたしました」と報告。ファンや関係者に向けて「日頃より応援してくださるファンの皆様並びにお世話になっております関係者の皆様に対し、このように突然のご報告となりまして誠に申し訳ございません。ご迷惑をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げますとともに、これまで有安杏果を応援してくださいました皆様に心より感謝しております」とメッセージを送った。  また、「2018年1月22日(月)以降、ももいろクローバーZは、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏および高城れにの4名で引き続き芸能活動を行ってまいります」とし、有安卒業後は4人でグループの活動を行っていくことを発表した。 有安は「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と卒業の理由を明かす。  今後に関しては「これから私は何をするか具体的には何も決まってません。逆に何も予定のない日々を人生で一度くらい過ごしてみたいなと思ってます」と、まずは自分を見つめ直す姿勢のようだ。  そしてメンバーやスタッフ、ファンに対して「みなさんにはどれだけ『ありがとう』と言っても、感謝の想いを伝えきれません。今回私のわがままに対してはいろんな意見があると思いますが、8年間一緒に歩いてきたみなさんの中に『お疲れ様』と言ってくれる人が一人でもいたら嬉しく思います。8年間、本当にありがとうございました」と感謝の思いを綴っている。「ももいろクローバーZ」の有安杏果さんが21日のライブを最後に卒業することを発表しました。う~ん、ショックですね。5人でいた時間が長すぎて……いなくなるという実感が沸かない。卒業って聞いた時、たぶんモノノフ全員そんな状態だったんじゃないかと思う。卒業自体に関しては自分で決めた事だし自分の人生だから外野は何も口出ししません。心から卒業おめでとうと言いたいし新しい人生を応援したい。ただ……昨日の発表があってから何か釈然としないものが残った。というのも発表から卒業までの期間が短かすぎること。卒業後何をやるか決まっていないと言っているのにそんな焦る必要があるのだろうか?メンバーには昨年末に卒業の話をしたそうだが突然の報告に「もっと早く言ってほしかった」「何を言っているんだろう。最初は理解できなかった」などメンバーも驚きの色を隠せなかったらしい。発表から6日後に卒業は確かに早いですね。逆にAKBは長すぎてまだ卒業してなかったのかよ!とツッコミたくなることがありますが(笑)なんか一部のネットではメンバーにはぶられて不仲だったとかクソみたいなことで盛りあがっているようだがしょーもな。しょーもなさすぎる。だったらとっくに辞めてるよ。有安のブログも見たけどやたら「普通」という言葉が使われている。そして教養や知識を身につけたいと語る。「遠くの空から」で締めているのは芸能界から距離を置きたがっているようにみえる。こういう言い方はあれだけど恋愛したいのかなーって思った。将来に向けて大人の女性になりたいのかもしれない。今付き合っている人がいて熱愛をスクープされたとかは思ってないけど、気になる人でもいるんじゃないかな?とは思った。あくまでも俺の感想だけど。過去のインタビュー記事に「大学に入って意識が変化した」と語っている。 「こういうお仕事をやらせてもらっていると、電車に長時間乗ったり、景色を楽しみながら歩いたりする生活を失ってしまいがちなんです」 学生生活のなかで、同年代の悩みや恋愛事情を知ったという。修学旅行に行ったこともなかった彼女は、「大学に行かなかったら365日お仕事だったと思います」とも語っている。 「そういう普通の生活を送ることが、私にとって大事でした」修学旅行に行きたかったという気持ち。すごくわかる気がする。アイドルという職業を選んだら普通の生活はできない。みんなが経験している「普通」のことができないのは辛いだろうな。そういうことが積み重なって彼女を苦しめているのなら卒業という道を選んだことは正解だと思う。俺はそこまでももクロにはまっていたわけじゃないけど彼女の歌とダンスと笑顔は大好きでした。今後のことはゆっくり考えて新しい一歩を踏み出して下さい。有安杏果の幸せを「遠くの空から応援しています」ありがとう、お疲れ様!

    【ももクロ】有安杏果の卒業発表。
  10. HOWと、府中のソイベントで披露された曲。映像化が、楽しみです。昨年、エイトのなるちゃんとなぎちゃんのソロコンに参戦しました。その時のブログhttps://ameblo.jp/sanfreccarp/entry-12238253633.htmlhttps://ameblo.jp/sanfreccarp/entry-12238675737.htmlまとめサイトの記事http://netalia-news.com/allakb48/akb48matome/giogio/1766119/#comments関係者席で、ひときわ大きな声援を送っていたなぁちゃんの姿、今でも鮮明に覚えています。他のメンバーも何人か来ていましたが、なぁちゃんとさややだけが、3公演とも通して見ていました。果たして、どんな気持ちでエイトのメンバーたちのソロコンを見ていたのでしょうか!?なぁちゃんからすれば、みーおんだけでなく、エイトの子達にまで先を越されて。それぞれツイートしている内容とは裏腹に、相当悔しかったと察します。ただ、この2人は人柄も良く、頭が良いので、悔しさを押し殺し、大人のツイートをしていますね。それだけに、今回なぁちゃんのソロコンが決まり、嬉しい限りです。実は、TDCホールのソロコンについて、1つの思いが有ります。東京のど真ん中にある、素晴らしい会場。2,000人規模とはいえ、3方をバルコニー席に囲まれた独特な雰囲気。ソロでステージに立ち、そこから目の前に広がる景色を想像しただけで、身ぶるいがします。揺れるペンライトの波、響き渡る怒号のような歓声。この景色、まゆゆに見せてあげたかった。ファンとして、まゆゆと会場の空気を共有したかった。実はまゆゆ、厳密に言うとソロコンやってません。シングルやアルバムの発売時に、特典のイベントは沢山やってます。それでも、有料のきっちりとしたソロコンはやってません。そう考えたら、なぁちゃんやみーおんならまだしも、去年のエイトの3人や、今年のりか姫にとっては、正直身の丈以上のイベント。おそらく、48Gの看板さえあれば、そこそこのメンバーならホールを満杯に出来ます。その辺りの勘違いだけは、くれぐれも気をつけて欲しい。感謝、謙虚さを忘れないで欲しいです。多分大丈夫だとは思いますが。写真集の発売も発表され、まさに全盛期へ疾走している感じのなぁちゃん。そうなれば、やはりSTUの兼任がネックになりますね。なぁちゃんと、AKB48にとって、とても大事な時期です。なぁちゃんも、はたちだし。迫ってきたSTUの単独。公演内容より、船上劇場のことや、なぁちゃんの兼任についての何らかの発表が有りそうで気になりますね。 AKB48ランキングへ

    感謝、謙虚さ
  11. 今日は、2015年2月5日に書いた記事の再アップDEATH‼︎最近はSU-METALとしてカッコいい部分ばかりが注目され、天然な所はあまり表に出なくなりましたよね!なので、天然なすぅさんを忘れかけているメイトの方も多いと思います!そして新規の方は今のSU-METALを見て、天然な部分を知らないかもしれません!私は中元すず香さんの天然な所も含めて大好きですから、皆さんが忘れてしまわないように、この記事を改めて公開しようと思いました!すぅさんにとってはあまり振り返ってほしくない過去かもしれませんけどね(笑)でも、このギャップも中元すず香さんの魅力の一つだと思いますし、メイトの皆さんは、もちろん天然すぅさんも大好きですよね(*≧∀≦*)という事で三年ぐらい前の記事なので、文章の書き方も今とは違いますが、軽い気持ちで見て頂けたらと思います!すぅさんについてブログ等でよく天然だとかポンコツだという記事を見かける‼︎ほんとうにそうなのか⁇ということですぅさんの天然エピソードを見てみよう‼︎CD、DVD、BDのDの意味を「デロリアン」だと思っていた‼︎力うどんは職人が力ずくで練ったうどんだと思っていた‼︎ハタキの事をハリーさんと呼ぶ‼︎運動神経が悪い(自転車に乗れない、縄跳びの二重跳びが一回しかできない)靴を左右間違えて履いていても指摘されるまで気付かない‼︎スカートの下にパジャマを履いたままレッスンに行く‼︎無性に牛乳が飲みたくなり、2リットル以上飲んでお腹を壊し、母親から怒られる‼︎BABYMETALのLIVEでインドネシアに行った時、姉の日芽香さんのお土産にヒマワリの種を買って帰る‼︎部屋でネギを栽培し姉に怒られる‼︎ベルマーク集めに夢中になり、姉のノートの端を切り取りむちゃくちゃ怒られる‼︎ザッと上げてみたが、いかがだろうか?作ったキャラではないことは明らかだが、やっぱり本物の天然キャラなのかな⁇しかしそれだけで片ずけてはすぅさんが可哀想なので少しばかりフォローするこれは、B型の思考パターン(一点集中型)が影響していると思われる所がある要は興味がないこと以外は無関心なのだ‼︎だからレッスンのことで頭がいっぱいで、スカートの下にパジャマを着ているのを忘れるベルマークを集める事に集中しているので「ノートの端を切ったら怒られるかも?」ということすら忘れている自転車に乗れないのも、興味がなかったから練習しなかった為だと思われる私もB型だから分かるが、一度集中してしまうと他の事はどうでもよくなってしまうのだでもすぅさんほど天然ではない……おそらくすぅさんは私のような凡人と違い集中力が桁外れに高いのだろうそのため普通の人ではやらないようなことをやってしまうのかもしれないだが……どう考えても天然であるということは否定できない(~_~;)しかし不思議なことに、さくら学院時代のメンバーは一切すぅさんのことをバカにはしない‼︎(茶化されてはいるけど)それどころかみんな尊敬し慕っている‼︎なぜか⁇それはやはりすぅさんの人柄なのだ‼︎さくら学院時代、すぅさんの歌唱力やダンスの実力、そしてBABYMETALでの実績はほかのメンバーと比べてもズバ抜けていた‼︎にも関わらず、他のメンバーに対して気取ったり、上から目線でものを言ったりしない‼︎それどころか、いつもメンバー1人1人のことを考え、気を配り、フォローしていたそういう所をメンバーはちゃんと見ているのだ‼︎そして一度集中すればBABYMETALの神懸かり的なSU-METALの世界観を作り出す‼︎そして普段は天然キャラ‼︎その全てが中元すず香であり、普通では考えられないそのギャップがさくら学院のメンバー、そしてファンに愛される理由なのだと思う‼︎BABY METALランキングへにほんブログ村

    中元すず香さんは天然‼︎
  12. 高い     運営握手会に参加できるか聞いただろうが、問題ありませんと答えたのだろう01/08 平手友梨奈の個別握手会中止のお知らせを当日発表した     つまり、運営は平手友梨奈の言葉を信じて当日まで問題ないと思っていたのでしょう     幕張メッセで行われた個別握手会自体は平手友梨奈抜きで行われた01/09 欅坂46メンバー・スタッフ一同で田無神社に初詣に行き、平手友梨奈も参加していた     つまり、平手友梨奈はまだ包帯で右腕を吊るしていなかったのでしょう     ※以下は当日の目撃情報     (まぁねるが可愛かったし平手の笑顔見て心救われたなう)     (田無神社にまなかはいなかったなぁ。すずもんはいたし平手もいた)     (欅坂46いた!!恋みくじとかひいてた!全員いた!2期もひらがなも!)     (メンバーが青緑っぽい衣装と黒の編み上げブーツ姿でゾロゾロ歩いて行きました)     (撮影禁止の厳戒態勢、ガードの固かった平手は最後に出てきましたが元気そうでした)01/12 平手友梨奈の個別握手会・全国握手会中止のお知らせを前日発表した     01/13 平手友梨奈が右腕の痛みを訴え、上腕三頭筋損傷で全治1カ月のけがと診断と発表!     同時に運営で協議し、日本武道館ライブ3daysは全てひらがなけやきに振り替えると発表!     ポートメッセなごやで行われた全国握手会は平手友梨奈抜きで行われた01/14 ポートメッセなごやで行われた個別握手会も平手友梨奈抜きで行われた2⃣ 平手友梨奈大怪我騒動顛末記時系列を冷静に見てみると平手友梨奈が紅白のコラボにも出たいが為に痛みを我慢して無理していたのが分かる。怪我に関してだが、本気の転倒をした本人が一番悪いのだが、一世一代のパフォーマンスをしたいと思っている16歳の少女がやったことだからある程度止むを得ない。受け身は当然振付師のTAKAHIROが教えていただろうから振付師の責任とも言い難い。対処するとしたら床にクッションを引くか右腕に緩衝材を仕込むしかない。NHKも紅白の舞台で床に転倒するということは考えていないだろうから平手友梨奈だけの為に細工をするのも難しいだろう。結局、本気の平手友梨奈を想像して服に緩衝材を仕込むしか方法は無かっただろう。つまり主な責任は欅運営にあって、洋服デザイナーに細工をさせるべきだったのだろう。あの映像を見て平手友梨奈の進言を素直に聞いたであろうNHKと運営には責任逃れの姿勢がありありと見える。医者がいたにも拘らず怪我の確認をしっかりしなかったことと、全て過呼吸にしていることで分かる。しかも視聴者に安心して貰うためだろうが、過呼吸メンバーの笑顔の写真を即公開している。それ自体は当然の行動だろうが、後々の対応で胡散臭さが分かる。つまり、全治1か月の大怪我を発表したが、紅白歌合戦が原因だとは言わず、NHKに火の粉がかからぬように忖度したのだろう。私は当然お正月早々に医者に行って治療しているものだと思っていました。ところが1月9日の初詣に平手友梨奈が参加していたことで新たな疑惑が浮かび上がりました。つまり、平手友梨奈は自己判断で医者に行っていなかった可能性が高い。当日参加中止が決まった1月8日から怪我を発表した1月13日の間に医者の正式な診断を受けたようだ。もっと絞れば1月9日に初詣に行っているし、1月12日にポートメッセなごやの握手会参加中止を発表したから1月10日から1月12日に医者に行った可能性が高い。明らかに運営は平手友梨奈の自己申告だけを信じていて振り回された可能性が高い。しかも全治1か月と診断されたことにより、大事な日本武道館ライブ3daysにも出られない。運営は平手友梨奈の自己申告を鵜呑みにしてスケジュールを組んでいただろうからパニック状態になったと思う。当然、平手友梨奈担当のスタッフは叱責されただろうし、知ってて黙っていただろうメンバーにも怒りは向かっただろう。その結果が一蓮托生連帯責任による公演中止だったのだろう。運営は「運営で協議の結果、漢字欅の出演をひらがなけやきに振り替えた」と発表している。一方、佐藤詩織は「スタッフさんとメンバーみんなで話し合って決めました」と書いている。両方が正しいとすれば運営上層部で決めた結論を現場のスタッフがメンバーに丁寧に説明したということでしょう。個人的には結果的に視聴者やファンを欺いていたことに対する自粛だと考えています。もう一つは平手友梨奈やメンバーに対する不信感で、下手に隠し立てするとこうなるぞというペナルティかもしれません。事実、平手友梨奈に近しいメンバーは沈黙だし、そうでないメンバーは悔しいと言っている。一方、ひらがなけやきには一切相談が無くただ告げられたようだ。最初は不安だったが大きなチャンスを貰ったと思って頑張ると書いているメンバーもいる。3⃣ 感想今回の紅白での転倒事故と欅坂46の日本武道館ライブ中止騒動は平手友梨奈1人にとことん振り回された事件だったと思う。平手友梨奈は基本好き放題やっており、出たくない番組は拒否するか、暗い顔で下を向いている。原因は平手友梨奈に甘い秋元康、優し過ぎるTAKAHIRO、平手シンパの一部のメンバーとスタッフ等が甘やかし続けた結果でしょう。お陰でケヤキのキセキはアイコンを平手友梨奈から長濱ねるに差し替えたが、漢字欅の武道館公演中止でユーザーから訴えられかねない状況のようだ。バイトルのCMも関係は定かではないが、乃木坂46に戻った。平手友梨奈の才能は認めるが、素行の悪さとイメージの悪化で最早欅坂46にとってマイナス面が大きくなっている。ソニーミュージック首脳陣の一部も頭を抱えているだろうし、メンバーの中にもいい加減にして欲しいと思っているメンバーもいそうだ。平手友梨奈の厄介な所は表面上は非常識人間なのだが、メンバー内ではみんなの妹というイメージで結構好かれていることだ。一番いい方法は一度センターを外して三列目辺りまで下げることだろうが、一番権限があるのが秋元康なので厄介だ。秋元康自身が今の状況の問題を正確に認識していたら6thシングルでは立て直してくると信じています。個人的にはひらがなけやきの武道館公演3daysが成功すれば6thシングルはひらがなけやきでもいいと思っています。この2週間でひらがなけやきのデビュー曲を用意して武道館で披露すればと思います。【その他の情報】1⃣ ラジオ番組GIRLS LOCKSに3週目ガール平手友梨奈が後3日間登校します。我が校の3週目ガールズ平手友梨ちゃん、今月の登校2日目です!今夜は、友梨奈ちゃんが一番大好きな授業GIRLS掲示板逆電!2018年最初の逆電は、週末にセンター試験を受けたという生徒に逆電!ムーミン大好き平手友梨奈、地理Bのアレが気になって仕方がないの巻~☆2⃣ 欅坂46スケジュール01/16(火) GIRLS LOCKS(平手友梨奈)01/17(水) GIRLS LOCKS(平手友梨奈)01/18(木) GIRLS LOCKS(平手友梨奈)01/19(金) こちら有楽町星空放送局(長濱ねるがゲストに織田奈那を迎えて送る)01/20(土) インテックス大阪全国握手会&ミニライブ01/20(土) AKB48SHOW!(ひらがなけやき11人が4曲披露)01/21(日) 幕張メッセ全国握手会&ミニライブ01/22(月) 小説BOC8誌上で、小説家誉田哲也と長濱ねるが特別対談01/22(月) はんにゃ金田と欅坂46の夕方パラダイス(織田奈那・鈴本美愉が出演)01/23(火) 踊る!さんま御殿(菅井友香出演)01/26(金) AKB48の私たちの物語(土生瑞穂・小池美波・石森虹花出演)01/26(金) こちら有楽町星空放送局(長濱ねるがゲストに欅メンバーを迎えて送る)01/30(火) 日本武道館公演(けやき坂46)01/31(水) 日本武道館公演(欅坂46初日)02/01(木) 日本武道館公演(欅坂46最終日)02/17(土) ナガシマスパーランドからやってま~す(土生瑞穂・小池美波他出演)3⃣ アメブロランキング昨日はジャンル4/2,499位、記事ランキング最高は不協和音とてちとねるとやすすの24位でした。公式ハッシュタグのランクインはありませんでしたが、ジャンル順位が過去最高の4位になり、全体ブログランキングも1,993位と、過去最高になりました。ついでに月間アクセスベスト記事の記録も途中経過ではありますが、書き換えておきました。いくらいい記事を書いたつもりでも多くの人に読まれなかったり、共感を得られないと寂しいものです。そういう意味ではいいね!を私は特に重視しており、過去記事でも自分のお気に入りの記事は何度も再登場させたり、人気ページランキングでお知らせしています。コメントも勝手ながら虚礼廃止でやらせてもらっていますが、本音は感謝しています。これからも皆さんや私の関心が高そうな記事を書いていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。①ジャンルランキング:4位(18/1/15)②デイリー訪問者数:3,253人(9/28)③PCアクセス数:9,861アクセス(12/24)④全体ブログランキング:1,993位(18/1/15)⑤公式ハッシュタグランキング1位:3本(9/15)⑥アクセス数ベスト記録:12,050アクセス(12/24)⑦アクセス数月間ベスト記事:5,109アクセス(18/1)⑧公式ハッシュタグ年間1位:欅坂46の33回(2017)⑨月間ランキング1位:6回(7/4・7/11・7/14・7/15・7/22・7/26)⑩ランキング記録:18本(6/3)、100位5本(7/15,1/5)、10位3本(7/15)⑪公式ハッシュタグ1位:欅坂37・乃木坂12・BM4・STU1・AKB1・少女時代1(1/14)

    平手友梨奈大怪我騒動顛末記
  13. す。去年の全ツ名古公演で、急だったとはいえ、センターをあけて公演をしました。現場にいたから分かることですが、メンバーたちのメンタルは大打撃を受けていたし、パフォーマンスも心もとない感じでした。しかも、センターを空けたことでバッシングを受けています。中には返金要求とか言い出す人たちもいたくらいです。だから武道館では運営もメンバーも、センターを開けたまま公演をする気は最初から無かったと思います。(センターをあけたまま、少し振りを工夫するならなんとか公演できたかもしれませんが、怪我が予め分かっていたのにセンターを埋めないとバッシングを受けることは目に見えています。覚えるには期間が短いとかいう裏事情をほとんどの観客は察してくれません)上村や菅井の話から、予測するに、平手がいなくてもライブができるかどうか試したけど、結果として出来なさそうだった。(メンバーたちがどれぐらい踊れているか、フォーメーションを把握できているか、一定期間をもらい練習した。そしてそれをスタッフが冷静に見ていたのだと思います)→昨日の初詣の記事で書いたのですが、遅くても1月8日には、平手の怪我をメンバーも運営も把握していた可能性があります。スタッフに「他の演出やスタッフさんの都合もあって厳しい面はある。けれど、それとは別で、みんなの様子を見ていると、このままだとボロボロになるよ。」的な……的な…?…ことを……言われたのではないでしょうか?(言葉は私の予想です)普段踊っているダンス以外にも、ライブ限定のパフォーマンスなどもあったと思うし、センターの位置を埋めるにしても、それによってセトリやMCを変える必要がある。全部1から覚え直すには、メンバー側にも余裕がない。Twitterを見ていたら、「センターを代役としてつとめる度胸がない」とか言う人がいて、それは違うと言いたくなりました。第一、ダンス経験がない人たちは「センターは代役を入れればいい」といいますが、そんな簡単な話じゃないんですよ!!ダンスの振りを覚えても、動線はメンバー全員が揃っていないと覚えられないから、全員で全曲をセンターの子が動線と振りを覚えるまで練習しなくちゃいけない。一度センターをやったことがあったとしても、振り付けって案外すぐ忘れるし、夏から半年たったら、1から覚え直すようなものです。そもそも21人(20人)での通常の振りですら、ほとんど忘れてるのが当たり前なんです。それで今からセンターを一人一人が分担したとしても、さっき言ったように動線の練習とか演出の練習とかMCや移動の把握も考えたら、ほぼ不可能なのは分かりきってることなんです。(ダンスが上手い人たちなら話は別です。欅坂全員がダンスが得意だったらいけるんですけど…例えば、ダンス部なら数曲程度はそこそこ早くに変更がききます。でも欅坂はダンスが苦手なメンバーも多いので。)だから、ダンスだけじゃなくて、ライブ全体の演出として「このまま練習して"パフォーマンス"として見せられるものにするには、時間がない」と運営に言われたのだと思います。(これはメンバーのせいというより、握手会のある1月にライブを入れた運営側の責任です。)ライブは特別なダンスや演出も入れているから、スタッフ側も準備やリハが必要。でもその時間もない。運営とメンバー、スタッフ様々な人たちの事情があった。小林と上村が言った"実力不足"菅井の"今の私たちは武道館に立つべきではなかったのかもしれない"という言葉それは、去年の夏に平手がいない公演でボロボロになったのに、そこからきちんと学べず、今年の武道館でも"センターがいない"ときの対応がきちんとできていなかった(運営もメンバーも含めて)という意味です臨機応変に対応できる実力がない…だから"実力不足"と感じたのでしょう。センターをやる度胸とかそういう問題じゃないです。菅井が「このままでは、平手ちゃんにばかり負担がかかってしまうし、グループとしても前に進めないのではないか」と言っています。漢字欅と運営の問題は、①夏でセンター不在を経験したのに、それに対する練習がされていなかったということ。②最低でも、センター不在で、工夫をして披露し、多少のバッシングは耐えるという選択肢がなかったこと。→結果としてひらがなに押しつけたことです。あと、握手会の重なる1月に3daysのライブを入れたことにも問題はあります。そして、自分達の問題は欅坂のメンバーも運営もよくわかっていると思うので、次に同じようなことがあったら、炎上は確実です。ひらがなけやきとの違いも明確に感じたのではないでしょうか。漢字欅の方がまだ経験で勝るとは言えど、ひらがなけやきも漢字欅に負けないくらいのポテンシャルを持っています。正直、ひらがなの方が勝ってる部分も沢山あります。漢字欅メンバー内に、様々な危機感が伝播したのが今回の武道館"中止"事件だったのではないでしょうか。追記:漢字欅については、今回の問題から様々なことを学び、次こそいい公演を見せてくれるのを楽しみにしてますひらがなメンバーたちに関しては、とても大変だしきついとは思うけど、確かにある意味チャンスでもあるので、これを機に立場を逆転させるつもりくらいの意気込みで、この困難を乗り越えてほしいです

  14. Road to BUNKA KAIKAN イオンタウン防府 2部 常岡もい
  15. 祝・あみぽん18歳
  16. の衝撃と同時に、今ももクロは、ずっとこのままやっていくと思っていたので、かなり意外でした。でも、知らなかったのですが、ももクロメンバーも1期から4期までいて、有安さんはただ独りの4期メンバーだそう。ボクは最初からこのメンバー(抜けた早見あかりを含めて)でグループを始めたと思っていたから、これからもずっと続けていくと思っていたのだけど、ももいろクローバーZというグループが先にあって、そこにバラバラに加入していったという経緯があるなら、辞める人が出て来てもおかしくないなぁという結論になりましたが、ただ、一人毛色の違っていた、早見あかりが抜けた時と比べると、何千倍のダメージが有るんだろうなぁ。あ~ちゃんがライブのMCなんかで、「アイドルは腹を括ってやっている」とよく話しますが、有安さんのブログにある、「普通の女の子の生活を送りたい」「今後の事は決めてない」というコメントを読むと、あ~ちゃんの言葉に切実な説得力が出て来ます。アイドルって、毎日相当なプレッシャーの中で闘っているんだなぁと思い知らされますね。一人、また一人と、女性アーティストやアイドルが去っていくのを見ると、恐らく、Perfumeの3人も否応なしに、色んな事を考えさせられているんでしょうね。でも、辞めていく事を決断する方々だけでなく、年を取っても、ずっとアイドルを続けていくと公言している方も、Perfumeの周りにいるのですよ。それは、Negiccoちゃんです。「30歳」を公言できるアイドル ねぎっこ・Nao☆が築いたファンとの絆 「結婚しても続けて」(この見出しの記事はこちらからお読み下さい)この記事の中にある、彼女の言葉、「30歳になってもアイドルってどうなのかな、 と考えたけど、今は自分の中で悪くは受け止めていない。Negiccoだからできるアイドル、Negiccoだからできる人生。それはNegiccoにしかないものだと思っていて、私はNegiccoになれて良かったと思っているし、そう思える人生をこれからも歩きたい」は、これもこれで「腹を括ってやって来た」ことを証明しているし、続けて行くことを決めたのも、一つの結論なんですよね。そして、驚くのが、ファンから「結婚して、出産してもNegiccoを続けて欲しい」と言われること。もちろん、新潟に根付いたご当地アイドルだから、ファン層も他のアイドルとは少し違うからこそ、こんな目線で接してくれるんでしょうし、実際にそんな事が出来るかどうか分からないけど、こういうファンがいるからこそ、ずっと続けていこうと決められるんでしょうね。Perfumeは、どちらの考えに傾くんでしょうね。とりあえず、2020年までは活動してくれるのは間違いないとして、安室ちゃんの一連のニュースからは、この後を考えると悪い予感しかしなかったんだけど、Negiccoちゃんの記事を読むと、辞める人ばかりではないんだと、少しホッとしましたね。周りがみんな辞める人ばかりだと、自分たちも辞めなきゃいけないかと感化されちゃいますからね。でも、今のPerfumeファンは、自分も含めて、Negiccoファンみたいなこと言えるのかな?(笑)あ、男性ファン限定ね。

  17. 工藤が抜けたからっモーニング娘。の屋台骨が揺らぐわけでもないし、人気が急落するわけもない。相変わらず毎日短時間でもライブBDは再生するし、情報は気にかけているんだけど、それ以上に工藤遥とルパンレンジャーが気になって仕方ない。“推し”が辞めるってこういうことなんだと実感しつつも何とも不思議な感じ。12日のキャスト発表時にはやっぱりうれしかったしね。噂が本当になって、この先1年半、何十年かぶりに戦隊にどっぷり浸かれるわけだし。共演の役者から少しずつ情報が出てきてるけど、まずは上手い事いってそうでよかった。この状態がこれから1年以上続かなきゃいけないんだが何となく大丈夫そうな気がするね。キャスト披露イベントでの工藤の受け答えが“上から”みたいな評価もあったけど、慣れの問題だったり、“役”だったりである意味当然って思ったんだけど。(実際、マイクの使い方1つとっても他は不慣れ丸出しだったし)戦隊のレギュラーキャラで女性が2人だが、大きなお友だち担当が“3号”、女性や子供担当は“イエロー”って役割分担になりそうな予感。前作より視聴率やおもちゃの売上がアップしたらいいね。工藤の活躍がモーニング娘。にもいい影響を与えてくれたら最高なんだが…。

    今年に入って、モーニング娘。本体よりOG工藤遥の動向が気になって仕方ない…
  18. Road to BUNKA KAIKAN イオンタウン防府 1部 むぎ
  19. おはようございます!あさみゆなです!!今日は雨が降るらしいよ☔️雨だと、傘を持たなきゃいけないから手がふさがるし、濡れるし、寒いし湿気で髪の毛はふくらむしいいことないけどでもなんとなく雨の日って嫌いじゃないかな💭朝起きて雨だとあぁ。。ってテンション下がって外に出るのが嫌になることはあるけど、例えば学校の帰り道とか仕事の帰り道とかもう家に帰るって時の雨はなんとなく好きたまに黄昏たい時ってあるでしょそう言う時に最適じゃない?私最寄りの駅まで自転車なんだけど雨が降ると乗れないから、歩くかバスでだけどバスっていつでもどんな時でもだいたい遅れてくるからあんま乗らないのだから歩くことがほとんどなんだ🚶で、その歩いてる時に雨の日の曲を聴きながら歩くのが好き!結構リラックスできるよ☔️雨の音ってリラックス効果ほんとにあるらしいし!!!眠くなっちゃって困る時もあるけど。笑だから今日も雨を楽しみながら歩こうと思います💭電車に傘忘れることだけは気をつけてね!その時だけはリラックスしてちゃだめ!!緊張感を持って傘を持ちましょうね!!!それではいってきます👋(わたし、ビニ傘だからシール貼ってるの)

    雨
  20. 正規メンバー 橘愛