1/24の記事ランキング

  1. 1/24(月)大井
  2. ドレフォン 芝勝利1カ月以上なし!ダートで活躍
  3. 東京チェック芝[1,400m]好枠:1、3、5騎手:C.ルメ、戸崎、武豊、田辺血統:ノヴェリスト、ディープインパクトハーツクライ、ロードカナロア[1,600m]好枠:8、5、3騎手:C.ルメ、川田、福永、戸崎、田辺血統:キングカメハメハ、リアルインパクト[1,800m]好枠:6、3、8騎手:C.ルメ、武豊、戸崎血統:ディープインパクト、キズナ、ハーツクライ、キングカメハメハ、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ[2,000m]好枠:5、1、3騎手:石橋、C.ルメ、M.デム、三浦、津村血統:ロードカナロア、ディープインパクト、オルフェーブル、エピファネイア、スクリーンヒーロー[2,300m]好枠:8、3、2騎手:C.ルメ血統:ディープインパクト[2,400m]好枠:8、1、3騎手:C.ルメ、戸崎、M.デム血統:エピファネイア、ジャングルポケット、ディープインパクト[2,500m]好枠:3、2、1騎手:横山典血統:ステイゴールドダート[1,300m]好枠:4、7、5騎手:C.ルメ、横山典、田中勝、内田博血統:サウスヴィグラス、ヘニーヒューズ[1,400m]好枠:6、2、4騎手:C.ルメ、三浦、田辺血統:スズカコーズウェイ、シニスターミニスター、ヘニーヒューズ、ロードカナロア[1,600m]好枠:8、6、3騎手:C.ルメ、福永、戸崎、M.デム、横山典血統:ヘニーヒューズ[2,100m]好枠:8、3、5騎手:C.ルメ、石橋、川田血統:ゴールドアリュール、クロフネ[2,400m]好枠:7、6、8騎手:内田博、川田血統:キングカメハメハ

  4. 去年はこのBコース変更あたりから一気に外差しに移行した感じでしたが、去年は東海Sの週が不良馬場だった影響が大きかったですよね。 さすがに今年は内側ガバッと空けるほどの荒れ方ではないか、どこまで前年のレースを参考にすべきかちょっと難しい部分はあります。目の上のたんこぶだったモズスーパーフレアがいなくなったと思ったら、今年はもっとめんどくさそうなメイケイエールが当面の相手となるビアンフェねぇさん。 ヤンキー上がりの小娘なんざ貫禄のスピードで突き放してもらいたいもんですけど、そのモズは去年のこのレースで内ラチを頼れず失速。 やはり馬場の内側の状態が最大のポイントになると思われますな。まあメイケイエール自体はスプリンターというほどスピードに満ちた馬ではないし、それ以外で先行志向となるとレジェーロやサヴォワールエメぐらいしか見当たらない。 普通の馬場ならビアンフェやカレンモエとしては与し易い相手関係には見えますねぇ。もちろん差し決まる想定も必須、ならやはりジャンダルム、ナランフラグの名前が真っ先に上がる所。 ジャンダルムはスプリンターズでは一応ゲート出てました、荻野戻りも前向きに捉えたい感じ。 ただ高速得意なイメージなので馬場がどうかってのと、前哨戦だけに仕上がり具合ってことになりますかね。逆にナランフラグはタフな馬場の方が良さそうだし、この時期は毎年よく走ってますわな。 本番よりむしろここなのかも、人気の一角占めることになるでしょうが普通に侮れないと思われます。不気味なのは今週もまたノリさん。 1200m2戦目のマイスタイル、前走よりも前か後ろかなにかしら違うことしてきそうな雰囲気。 実質的な関西移籍で完全に若返ってますよね、ホント彼が元気だとめんどくさいわ(^^; でもなんとなくそれが嬉しい部分もある、この調子でまだまだ楽しませてもらいたいものです。

  5. ァブション以来7勝中山競馬場の重賞制覇は20年G2ステイヤーズSオセアグレイト以来アメリカジョッキークラブカップ7勝は現役・歴代騎手最多勝記録を更新・東海S 松田騎手(22年1勝 通算4勝)スワーヴアラミスで勝った松田騎手は本年重賞初制覇重賞制覇は21年G3エルムSスワーヴアラミス以来東海Sは初制覇中京競馬場の重賞制覇は15年G3ファルコンSタガノアザガル以来G2重賞初制覇、2年連続重賞制覇などは初めて●川田将雅騎手が通算1700勝達成16年日本ダービー マカヒキなどG1レース18勝、重賞通算109勝◆調教師部門●重賞勝利調教師・アメリカジョッキークラブC 安田翔調教師(22年1勝 通算5勝)キングオブコージで勝った安田翔伍調教師は本年重賞初制覇重賞制覇は20年G2目黒記念キングオブコージ以来中山競馬場の重賞およびアメリカジョッキークラブCは初制覇今回の勝利で中央主場の京都・阪神・東京・中山の重賞制覇(他6場は重賞未勝利)・東海S 須貝調教師(22年2勝 通算44勝)スワーヴアラミスで勝った須貝調教師はG3愛知杯ルビーカサブランカから2週連続重賞制覇重賞制覇および中京競馬場の重賞制覇はG3愛知杯ルビーカサブランカ以来東海Sは初制覇2週連続重賞制覇は13年G1天皇賞(秋)ジャスタウェイ・G2アルゼンチン共和国杯アスカクリチャン以来●達成記録・斎藤誠調教師が通算400勝達成14年G1オークス ヌーヴォレコルトなどG1レース2勝、重賞通算9勝

  6. 社台ファームのセレクトセール当歳上場馬オニャンコポン (2019年)ラブリイユアアイズ (2019年)トーセンカンビーナ (2016年)モンテディオ (2018年)※現役の主な活躍馬先日の京成杯(G3)でオニャンコポンが優勝。この馬は2019年のセレクトセール当歳に上場して864万円で取引された馬です。昨年の阪神JF(G1)ではラブリイユアアイズが2着。この馬も2019年のセレクトセール当歳に上場して1080万円で取引された馬です。2頭とも社台ファームの生産馬です。オニャンコポン当歳時https://www.jrha.or.jp/select/2019/486.htmlオニャンコポンもラブリイユアアイズもセレクトセールにしてはかなり安い取引価格です。一声で落ちたんじゃないかな。それがこれほど活躍してるのですから凄いです!でも、社台ファームの血統だと考えると走っても何らおかしくはありません。皆がノーザンファームに目を向けてる中で、社台ファーム(特に当歳馬)が盲点になってるではないかと思うんですよね。最近のセレクトセールは過熱しすぎて買いづらくなってきてます。毎年参加している私も競り負けることが多くなり焦りを感じてます。安い価格で落とせるのなら社台ファームの当歳馬を狙ってみるのもいいかもしれません。上手くいけば重賞戦線に乗せることができます。オニャンコポンのような馬は奇跡みたいだと思うのですが、今後もこういう重賞級が出てくる可能性は少なからずあります。今日はちょっと夢のある話をしてみました(´∀`)笑

    社台ファーム当歳馬(セレクトセール上場)狙いか
  7. たりました。全レー競馬予想のヒット作です。(ヒット作は、推奨馬の単勝、複勝、また穴馬軸馬の組み合わせのツルマツワイド、馬連で10倍以上をさします)(また某所でやっている参考の買い目で万馬券が的中した場合も紹介しています)土曜日は3本小倉2R軸ルクスレジーナ(4番人気2着)穴カルチェリノイオリ(7番人気3着)ワイド1740小倉5R軸シャイニーゲール(1番人気1着)穴アイタイ(8番人気3着)ワイド1140中山11R初富士ステークス軸ロードトゥフェイム(5番人気3着)穴レッドライデン(6番人気1着)単勝1470 ワイド2170日曜日は3本小倉9R八幡特別穴スズノヤマト(16番人気1着)穴ニシノリース(12番人気2着)単勝11440 複勝2990馬連65140 ワイド20430中山9R若竹賞軸ディンティハート(4番人気2着)穴シンティレーション(2番人気1着)馬連1880小倉11R豊前ステークス穴スズカデレヤ(6番人気2着)穴タイセイアゲイン(5番人気3着)ワイド2030ツルマツワイド2万馬券&ツルマツ馬連6万馬券!銭司聖天でいただいたエネルギーで金運アップできました。1月23日(日)の軸馬穴馬ピックアップのサンプルです。復習の参考に、次回ご購入の参考になればと思います。>>>>>>>>>>>>>>まずツルマツワイドコーナー推奨馬が2頭の時は「2頭のワイド」と「穴」馬の複勝1点がオススメ。推奨馬が3頭の時は「3頭のワイドボックス」と「穴」馬の複勝(2点)がオススメ。*「穴」馬の単勝や、ツルマツワイドを馬連や馬単で買うと破壊力は増します。◎は「ツルマツロール単勝馬」◎◎は2回転目、◎◎◎は3回転目。◎→◎◎→◎◎◎の順に転がします。▲は「ツルマツロール複勝馬」▲▲は2回転目、▲▲▲は3回転目。▲→▲▲→▲▲▲の順に転がします。♥は「ツルマツワイドロール(♥のついた2頭のワイド)」♥♥は2回転目。♥→♥♥の順に転がします。*単勝複勝は3回、ワイドは2回転がれば成功です。(ころがし馬券は50~100倍を目標。年間2回当たればプラスになると思います)なお「メインレース名」、「障害」、「勝負」の表記があるレースは、自信度を☆の数(最大5個)で示しています。ツルマツワイド中京1R☆☆☆☆勝負軸シュプリンガー穴プラチナドリーム(中京ダート1800mの走破タイム的にはこの2頭が一歩リード)2R軸マノンルージュ穴シンギングロ-ド(19日の坂路が一変の動き。土曜の小倉で2着した年長馬に1秒先着の好調教だった)3R軸カネコメシスター穴マテンロウハッピー(ゲートが速いだけに、逃げが得意の太宰騎手にフィットしそうな馬)4R軸カフジオクタゴン穴シルヴァンエルフ(前回は勝ったが気の悪さを見せていた、まだまだ上積みある)5R軸ホウオウフウジン穴ジェンヌ穴ヴァーグエスタード(ハイレベルだったアーティットが勝った未勝利組3頭)6R軸マッドクール穴アールフォルス(メイクデビュー成績が良い松山騎手&橋口厩舎のタッグ)7R軸フィロス穴シゲルメダリスト(前回大幅に走破タイムを短縮。ブリンカー効果とともに体調も良くなってきた)8R軸ショウナンアーチー穴ワイドレッジャドロ(スレイマンが勝った1勝クラス組上位2頭)9R軸ミスフィガロ穴フローズンスタイル(内枠の先行馬での成績が良い坂井騎手への乗り替わり)10R軸アールバロン穴アルディテッツア(中京芝1400m走るオルフェーヴル産駒。持ちタイムもメンバー1位)11R☆☆☆東海ステークス軸オーヴェルニュ(中京ダートの走破タイム比較ではダントツ)穴デュードヴァン(去年の東海ステークス4着。転厩緒戦だが調教の動きは以前より良いくらい)12R☆☆☆☆勝負軸♥♥ミラクル(前回は太目、出遅れ、直線で進路が塞がる不利の三重苦だった)穴♥♥スズカユース(前回は積極的なレースだったが伸びず。ためれば終いひと脚を必ず使う)ツルマツワイド中山1R軸ゲキザル穴トラストパッキャオ(前走の中山ダート1200mの走破タイム的にはこの2頭)2R軸ネイリッカ穴シュレム(母系から中山ダート1800mはベスト。条件替わりで一変する)3R軸レッドラパルマ穴ヤサカシュエット(前回はハイペースを勝ちに行く競馬で失速。平均ペースで先行できれば)4R軸ホテルカリホルニア穴サンフィニティ(前回終いちょろっと良い脚。脚質転換2回目で)5R軸キントリヒ穴◎ロジマンボ(ディンティハートが勝った未勝利組はハイレベル)6R軸アップストローク穴フミローグ(せん馬だが気の悪さが少なく仕上がりの良い2頭)7R軸カフェプリンセス穴ピクシーカット(藤田騎手から丸田騎手への乗り替わり)8R☆☆☆☆勝負軸♥ノーベルプライズ穴♥マイステージ(ハコダテブショウが勝った2勝クラス組がハイレベル)9R軸ディンティハート穴シンティレーション(2走前と3走前の芝1800mの走破タイムが洋芝にしては破格)穴オンリーオピニオン(札幌2歳ステークスは勝ちに行く競馬で4着。2週連続好調教で仕上がり万全)10R軸ミエノワールド穴ナイトブリーズ(1週前追い切りが一変の動き。超太目を叩き2走目で激変する)11R☆☆☆アメリカジョッキークラブカップ軸オーソクレース穴ダンビュライト穴ラストドラフト(このレースは芝2200mの重賞で好戦歴がある5歳以上の馬が毎年のように馬券対象になっている。今年の該当馬はダンビュライトとラストドラフト)12R☆☆☆☆勝負軸ジュンブルースカイ穴◎◎◎リーガルバトル(休養で気難しさが解消。能力全開なら2勝クラスはすぐに勝てる)ツルマツワイド小倉1R軸レガーミ穴ヴァランシエンヌ穴スーサンユッセ(シンプルに調教の動きが良い3頭)2R☆☆☆☆勝負軸シタゴコロ穴▲アスターデカゴン(兄は道悪のアーリントンカップで3着のレイモンドバローズ。馬場が悪化すればするほど怖い)3R軸デアリングウーマン穴ミューティー(小倉ダート1000mの脚抜きの良い馬場状態時は0-2-1-0と馬券対象内率パーフェクト)穴スズカサウスソング(メイショウカイトが勝った1勝クラス組はハイレベル。1000mでもスピード負けしない)4R☆☆☆障害軸タイセイトレイル穴▲▲ピュアヒカリ(去年の冬の障害未勝利で7着時のメンバーレベルが高く2~6着馬がその後勝ち上がっている)5R軸ルクスクリスティー穴エコロデュエル(道悪も芝1800mも得意なキタサンブラック産駒2頭)6R軸ダテボレアス穴ミズノコキュウ(小倉芝1200m得意のミッキーアイル産駒)穴ディガスト(イスラボニータ×スペシャルウィークの血統から道悪巧者のはず)7R☆☆☆☆勝負軸イズジョーアーサー穴▲▲▲レッドファーロ(ルミネイトが勝った未勝利組がハイレベル。ソフトな馬場が得意なハーツクライ産駒だけに馬場悪化予報は歓迎)8R軸テーオーバフェット穴◎◎トーセンインディゴ(小倉滞在の2週のダート調教が抜群。休み明けも万全の仕上り)9R軸ファタリテ穴ニシノリース(ここ5戦は洋芝が合わなかった。得意の小倉芝1200mを照準を合わせて万全の仕上り)穴スズノヤマト(道悪得意のキングズベスト産駒。調教の動きは最近一番)10R軸ナックイルーシブ穴サンサルドス(小倉芝2600mは1-2-0-1の巧者)11R☆☆☆豊前ステークス軸ペイシャキュウ(前回中山で好戦したが坂のあるコースは苦手。小倉1700mダートはピッタリのコースのはず)穴スズカデレヤ(ハイレベルメンバーの雅ステークスで4着。ペースが流れれば突き抜けるシーンも)穴タイセイアゲイン(中間この馬にしては調教で動いた。2-0-0-1と得意な脚抜きの良いダートになりそうなのも良い)12R軸シーニックウェイ穴メイプルリズム(13日の坂路調教が抜群の動きだった)>>>>>>>>>>>>>>次に自信の勝負レース今週のサンプル。今週は4レース的中。うち障害レースが2つ。その中から土曜小倉12Rで14番人気2着◎マイネルチューダのレースを。買い方がへたくそで馬連8860しか的中できませんでしたが予想は良かったので紹介させてもらいます。出来れば単勝も当てたかったですが(~_~;)>>>>>>>>>>>>>>>小倉12R ◎マイネルチューダハイレベルメンバーだった6走前の小倉芝1200m大牟田特別2着に注目。同タイムだった上位3頭の叩き合いは見所たっぷりでした。1着ロードベイリーフ(現オープン)首差2着マイネルチューダ頭差3着グレイトゲイナー(現3勝クラス)調教の動きは当時よりむしろ良いくらい。先週の美浦坂路は50.5-37.2-24.6-12.6と自己ベストをマーク。小倉入厩後も水曜日にダート調教で一杯に追い切ってきました。今の出来なら1勝クラスはすぐ勝てるはずです。三連複の2頭目の軸には〇テイエムフローラ。これまで坂路でしか追えなかった馬がここ2週CWコースでしっかり負荷をかけてきました。力む面があるだけに距離短縮もプラスに作用すると思います。参考の買い目はこんな感じで。2022年01月22日 小倉 12R 16時00分 4歳以上1勝クラス◎:1枠 2番 マイネルチューダ◯:7枠 13番 テイエムフローラ-----------------------------------馬券  :単勝買い方 :通常指定方式:馬番組合わせ:1点購入金額:300円馬/組番:22300円----------------------------------------------------------------------馬券  :3連複買い方 :軸2頭ながし指定方式:馬番組合わせ:16点購入金額:1,600円馬/組番:2ー13ー**軸:2, 13相手:1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 14, 15, 16, 17, 18各100円(合計 1,600円)----------------------------------------------------------------------馬券  :馬連買い方 :ながし指定方式:馬番組合わせ:17点購入金額:1,700円馬/組番:2ー**軸:2相手:1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18各100円(合計 1,700円)----------------------------------->>>>>>>>>>>>>>サンプルは以上です。来週もよろしくお願いいたします。*日記中のイラストを描いて下さったのはKateさんです。なお、イラストや文章の無断転載はないようにお願いいたします。

    たくさん共感されています

    今週の結果
  8. 広尾サラブレッド俱楽部に出資した2歳馬は次のとおり① アスカレビン’20② キョウエイカルラ’20③ ミンティエアー’20④ ステラリード’20➄ ハイアーラヴ’20⑥ エンパイアブルー’20⑦ レトロクラシック’20⑧ クエストフォーワンダー’20⑨ ルックオブラヴ’20今日はこの中から①~③を① アスカレビン’20(エピファネイア産駒) 牝馬 池江厩舎馬体重434㎏吉澤ステーブルにて調整坂路を中心に調整中既に15秒前後で乗り込まれており順調な調整スッキリとした腹回りも、手足が長くなるとエピファネイア産駒らしくなるとのことクラシックに出走し、オープン特別を制した母アスカレビンと実績を残している父エピファネイアの産駒で、募集ではなかなか満口にならなかったが、それは募集価格のせいかなとはいいながら、エピファネイア産駒だけにクラシックを目指せる可能性は十分にあるこの分だと早い段階でのデビューも可能だけに順調に成長して欲しいのひと言② キョウエイカルラ’20(ロードカナロア産駒) 牝馬 矢作厩舎馬体重438㎏シュウジデイファームにて調整中現在はハッキングで2,000~3,000mを消化中まだ小柄で成長中とのこと母キョウエイカルラはダート1本でオープンと特別を制した穴党の馬、父ロードカナロアとの産駒であれば短距離のダートが主戦場かもし芝をこなせれば選択肢も広がるが、ダート一辺倒だと母のようになりそう遅生まれなので、これからの成長力に期待母も年明けデビューだったので、この馬も年明けデビューかな広尾サラブレッド俱楽部×矢作厩舎で期待値は高い③ ミンティエアー’20(マジェスティックウォリアー産駒) 牡馬 須貝厩舎馬体重467㎏三嶋牧場・西舎共同育成場にて調整中坂路でラスト1ハロン15秒まで進めているとのこと今後調整を強化予定で、どこまで体調を維持できるかとのこと母ミンティエアーは、オークスで4着ながら現在の2勝クラスに勝利するにとどまったがダートもこなした母と、マジェスティックウォリアーとの産駒なのでこの馬も芝とダートの二刀流か母は年明けデビューながら、4戦目のオークスで4着をしたように早熟の傾向か現在の調整過程を見ると、秋口にデビュー出来れば上々かな筆者的には、ダートの交流重賞で活躍を期待

    たくさん共感されています

  9. 0m戦では忙しすぎ競馬ができませんでした。上がってきて息がすぐに入っていたように、本気で走れなかったのだと思います」(矢作調教師)◆シャドーロールを着用しての出走。少しでも推進力が前に行ってくれるよう、今回はダートに新味を求めましたが、芝同様に頭の高さが目立つ走りでスピードに乗ることができませんでした。なお、このあとは、「引き続き騎手や厩舎スタッフ達とも色々と意見交換を行いながら」(師)、活路を見出せるような方策を検討していく予定になっています。(HTC)天候も味方せず、残念な結果となりました。短期の放牧を入れてリフレッシュしてから、調教に臨んで欲しいですね。何かしらの兆しが見えてくるのはいつになるのでしょうか・・・元気な姿だけが救いかも。もう少し暖かくなってきたら活躍の兆しが見えてくるかもですね。鞍上を乗り換えるのも気分転換になって効果があるかもですね。中京11Rの東海Sでのスワーヴリチャードの1着にはビックリでした。調教動画を見た時には調子良さそうに見えたので「オッサンになっても頑張っているなぁ」と思っていましたが上がりタイムは最速でしたね。オーヴェルニュとサンライズホープの2頭軸三連単マルチのヒモとして勝ってはいましたが、軸が2着、4着で残念な結果となりました。AJCCでもキングオブコージがヒモですので、こちらも見事に大外れでした。次回からは出資馬たちの馬券しか買いません。

  10. ☆本日の的中画面と池添クン、流石に疲れが・・・☆
  11. 週末は、出資者として結構ストレスが溜まる展開に陥ってしまった。まず日曜の若竹賞では、Wバグースの+18kgの馬体に、「してやられたな・・・」という印象だった。5Fで61.7秒のスローを2番手で追走しながら、あの失速は「何なんだよ」という感じ。デビュー戦の中山では、上り33.8秒の脚を使っている馬である。一週間前にはウインエクレールの快勝で、結構ウインに好感を持ったが、また一旦普通の感情に戻っている (波が大きいのも、ウイン流なのかもしれない。徐々に慣れていきたい)。(ブログ内写真は、クラブHPより)次に、シルクHCの各馬の中山参戦では、ルメール騎手で微妙に勝ち切れなかった。パラダイスリーフ2着、イルチルコ5着、ドゥラモンド2着パラダイスリーフもイルチルコも、最終週の①番枠というのが内心微妙ではあったが、前者は後方過ぎた。あれだけ鬼脚を使っても残られてしまい、後遺症は心配している。イルチルコは、「距離が短かかったかも・・」とのレース後コメント。同じ勝負服の馬に颯爽と勝たれてしまい、これはこれで、イルチルコ側としては結構疲れる敗戦となった。(シンティレーションの出資者の方は、おめでとうございました)ドゥラモンドは、まだ仕上がり途上だった気がしている。位置取りは悪くなかった。各馬とも、次走また頑張って欲しい。============================================================== そんなシルクとウインだが、今週再度、出資馬リターンマッチがある。クロッカスS 東京芝1,400mフリートオブフット(キンシャサ産駒) vsウインモナーク(ビックアーサー産駒)高松宮記念を勝った、2頭の種牡馬の産駒が対峙する。リステッド競争だから全然楽ではないが、ここ3年はディキシーナイト、ラウダシオン、レガトゥスと、個人的には3年連続で連対中の縁起が良いレース。2着を確保して欲しい気がするので、両厩舎にはまた、何とか頑張って頂きたい。

    シルクとウイン第2戦 クロッカスS
  12. 競馬ブック読者が選んだ昨年のベストレース&年度代表馬が発表されました。(2021年12月29日発行号で募集)ベストレース1位 天皇賞(秋) 191票2位 ジャパンカップ 123票3位 有馬記念 77票4位 日本ダービー 68票5位 桜花賞 40票※6位以下は今週の競馬ブック参照天皇賞秋が200票近く集めて1位でした。たしかに皐月賞馬エフフォーリア、三冠馬コントレイル、マイル女王グランアレグリアの対決は見応えありましたよね!昨年の年度代表馬エフフォーリア絡みのレースが上位を占めています。個人的な昨年のベストレースは1位 日本ダービー2位 マイルCS3位 大阪杯4位 ヴィクトリアマイル5位 香港ヴァーズ、スプリンターズSどうしても出資馬のレースばかりなのですが…笑あとGIではないですが・イクイノックスの東スポ2歳S・パンサラッサの福島記念も印象に残ってます。ちなみに競馬ブック読者の2020年ベストレースは1位 ジャパンカップ 432票2位 菊花賞 53票3位 有馬記念 38票4位 安田記念 23票5位 阪神ジュベナイルフィリーズ 22票でした。今年はどのレースがベストレースになるのか注目ですね関連記事競馬ブック読者が選ぶ2020年ベストレースhttps://ameblo.jp/gurigurikun1/entry-12652464772.html

    競馬ブック読者が選ぶ2021年ベストレース
  13. 社台SS種牡馬展示会 2部招待制で開催
  14. から捲り上げる大味競馬内容でしたが、1戦ごとにレースぶりが上達していますね。これならチャンスはすぐそこと言ってもいいでしょう。大きなダメージさえなければ続戦する予定で、次も小倉の同じ条件でと考えています」ファーロ君は…惜しい2着でした…!今回はプラス4kgの510kg。小倉には前日入りだったとはいえ、輸送があったのにプラス体重で出て来るとは…。GCのパドック解説では『欲を言えばもうひと絞り出来そう』と…(;´▽`A``馬っぷりは褒められるんですけどねえ…。今回もゲートではおとなしく。おとなしくというか、毎回ゲートの中ではまったりぽや~んとしているように見えるんですよねこの仔(;´▽`A``今回は、坂が駄目なので平坦の小倉で…という事だったので、本当ならば良馬場で走らせてあげたかったのですが、朝から降り続く雨で馬場は重馬場…。緩い仔には向いた条件ではない筈なのですが、どうなりますか…。レース出走も3回目で慣れて来たのか、スタートは互角に出ました。もう少しはっきり前に押して行くのかなと思いましたが、藤岡佑Jは促しはしていましたが、そこまで前に行こうと主張はせず。馬場が悪いから無理はしなかったのですかね…。定位置になりつつある中段後ろ目のポジションから。それでも今回は、馬場が悪いという事もあるのでしょうが、内に拘る事はしなかったですね。前も開いているし、悪くない位置かなと思っていたのですが。あ、やばいな横を塞がれた…。これだとどこにも行けないですね(T▽T;)ちょっと~。あっという間に何でこんなことになってるのよ…。藤岡佑J、一度ファーロ君を下げて…あの横にいたピンク帽の後ろから外に出るつもりなのだなあと思って、それならそこまでのロスでは無いかなと見ていました。ファーロ君が下がったら、後ろの仔達が上がって来て切れ目が無くなって…。……結局ほぼ最後方まで下がんないと外に出れないのかっ!ここから捲って上がって行きますが…先頭まで遠い(T▽T;)それでも4コーナーを回る頃にはここまで来ました。むー…せめて掲示板まで来てくれると嬉しいのですが、厳しいかなあ…。それでも少しずつ上がって行って…がんばれ~!!!がんば……あれ??速…?えええええええええ~~~~!!!!!!二着でゴール…って、なんか今ファーロ君で見た事無いような凄い脚使わなかった?!そして毎度恒例のゴール後に勢い余って先頭に立つの図(;´▽`A``もしかするともうちょっと長い距離でも(というか長い距離のほうが)いいのかなとも思ってしまいますが、2月までの小倉での未勝利戦は、最長で2000mまでなんですよね…。初掲示板。そして今までの最高着順である2着でのゴールではありましたが、考え直してみると、なんだか物凄く惜しかった…のかな?あんな末脚を隠し持っていたなんて知らなかった…!レース上がりが38.5で、ファーロ君が今回使った上がりが37.6。レース上がりよりも0.9秒速く、メンバーの中でも勿論ダントツに速かったです。勿論、重馬場という事もあって、タイムだけ見たらそこまで飛びぬけている訳でもなんでもないのですが…。それでも松永幹先生が仰るように、1戦ごとにレース振りが良くなっていますし、レース数を重ねて来てもテンションが上がる訳でも無く操縦性も悪くないですし…。今日も、道中進路が無くなって後方2番手まで下げる不運が無かったら、もしかすると差し切っていたかも知れません。現状は坂が無いコースが合っているようですので、何とか小倉開催があるうちに勝ち上がりたいですね。良馬場でもあの脚が使えるかどうか…という心配はありますが、前走の阪神は坂で止まったとはいえそこまで恥ずかしくはない上がりタイムが出ているので、大丈夫かな……。ファーロ君、お疲れ様でした。本当に頑張ってくれました。このまま痛い所が出ずに続戦する事が出来ますように。

    レース後コメント…レッドファーロ(1/23)
  15. いた馬でしたので前競馬をしたオーソクレースには厳しかったと思います。ただそれでもこのメンバーなら突き抜けて欲しかったですね。おそらく今回のこの敗戦で中距離路線では無く長距離路線を進まざるを得なくなったと思います。春は天皇賞で大きな勲章が獲れたらと思います。セダブリランテス妻の愛馬↓2022.01.21 所有馬情報在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整次走予定:未定天栄担当者「今週から坂路コースのペースをハロン14秒に上げています。全体的な負荷を強めてからも、馬体はキープしながら進めることが出来ています。ペースアップ自体にはしっかりと対応できているものの、身のこなしにはややモタモタした感じがあるので、徐々に上向かせていきたいですね。馬体重は556㎏です」◎完調にはまだまだですね。次は引退を懸けたレースになりそうですのでじっくり進めてもらえればと思います。ブランノワール私と妻の愛馬↓2022.01.21 所有馬情報在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき調教内容:トレッドミル次走予定:2月19日の阪神・京都牝馬ステークス(GⅢ)調教主任「左前蹄の状態には注意しながらトレッドミルで軽めの運動を継続していますが、まだ少し気にする素振りを見せていますね。先週の段階では乗り運動へ移行していけると思ったものの、獣医師から『乗り運動はもう少し控えた方が良いでしょう』とのことでした。京都牝馬ステークスを目標にしていますが、今の感じだと予定を延ばしてあげる方が馬の為には良いかもしれません。もう少し経過観察しながら須貝尚介調教師と相談したいと思います。馬体重は503kgです」◎ちょっと京都牝馬ステークスは難しそうですね。何とか出走して欲しかったですが仕方ありません。ただもう1回走ってる姿が見たいので何とかタイムリミットまでに良くなって欲しいです。ありがとうございました。(シルク・ホースクラブより転載の許可を頂いています。)★ブログランキング★ 応援クリックお願いします。↓ ↓ ↓ ↓ ↓  にほんブログ村 ★いつもありがとうございます!

    オーソクレースまで!とセダブリランテス・ブランノワール近況!