2/27の記事ランキング

  1. 東門院から守駅に向かう途中にある勝部神社へ寄り道やぁ〰️勝部神社 【かつべじんじゃ】大化五年(649年)に物部氏の物部宿彌広国が祖先の物部經津主之神を祀るために物部郷に創建したという伝承の神社。鳥居少し大きめの鳥居白くて綺麗やぁ手水舎カッコいい龍やねぇしっぽは井戸へと…今でも井戸水を使ってるんかな拝殿本殿は明応6年(1497)六角高頼が造営した当時のもので三間社流造、檜皮葺、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板、室町時代中期の大型神社本殿建築の遺構として大変貴重なことから大正2年(1913)に国指定重要文化財に指定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行3間、張間2間、外壁は真壁造り板。主祭神物部布津神 (もののべふつのかみ)宇麻志間知命 (うましまぢのみこ)天火明命 (あめのほあかりのみこと)布津主神 (ふつぬしのかみ)御利益開運厄除、病気平癒、交通安全、学業成就起源は649年!大化の改新の五年後まで遡る、すごく歴史あるよなぁ蘇我氏物部氏の時代やね伝統の「火まつり」の古社豊かな鎮守の森と風格ある社殿が厳かな雰囲気を漂わせる勝部神社は大化5年(西暦649年)物部宿禰広国が祖神を奉祀し創建中世武家時代には近江守護職佐々木六角・高頼、豊臣秀次、織田信長らの信仰を受けました約800年もの伝統をもつ「火まつり」は、大蛇に見立てた松明に一斉に火を放ち、燃え盛る炎の前で無病息災を願って褌姿の若者が乱舞します守の新年の風物詩となっており、滋賀県の三大火祭のひとつに数えられるんですよぉ約800年前,第83代土御門(つちみかど)天皇(1199~1210)のご病気が重く,占師によれば「近江国栗太,野洲両郡の堺に大沼があり,ここに数千年を経た「おろち」がいて,天皇に危害を加えている」とのことさっそく,宮中から「おろち」退治の兵を現地に派遣したが,「おろち」はなかなか姿を現しません射手一同は,神社に参詣すること50日の祈願をこめたところ,その満願の日,どこからともなく「おろち」が出現これを退治し,焼き払ったところ,天皇のご病気は間もなく快癒したそうです狛犬めちゃ細いかもぉバランス悪いよね顕彰殿郷土出身の戦没者慰霊のために戦前に建てられたものだとか忠魂碑ん?奥になぜか鐘楼が元はお寺なんかな…祓所祓のことを掌る神祓は罪や穢れを除き払う儀礼で,大祓の祝詞に登場する瀬織つひめ,速開つひめ,気吹戸主,速さすらひめの4神を指すんです大祓によって,人々の犯した罪は,人形や木綿などの祓具に移されて川から海に流されるが,その祓具は,まず瀬織つひめが川の瀬で受け取り海原まで運び,次に海原の潮路にいる速開つひめが,それを呑み込んで気吹戸主に渡し,そして,気吹戸主が根の国に送り遣ると,根の国にいる速さすらひめが海の底に捨て去るとか平安時代には宮中でこの大祓が盛んに行われ,『紫式部集』にも「はらへとの神の飾りのみてぐらにうたてもまがふ耳はさみかな」と歌われたりしているんやって産土社産土様とは、その地域を守護し、その地に生まれた人の守護神となって、一生を常に見守って下さる神様のことを言います産土という言葉は、古くから使われてきた歴史的な言葉なんよねぇ古代においては、氏(うじ)を名乗る氏族がまつった神を氏神(うじがみ)といい、その氏族の構成員を氏子(うじこ)と呼んでいました中世においては、武士が在地性を強め、氏族という血縁社会から地縁社会へと変化する中で、その土地の神である産土神(うぶすながみ)を氏神としてまつるようになったんです近世には氏神と氏子の関係に倣って産土神を奉じる産子(うぶこ)という呼び名が使われるようになったんやぁ現在では、神社の氏子区域に居住する者を氏子とし、その神社を産土神社あるいは氏神様といっていますよね氏子区域は旧村程度の地域区分のこともありますが、もっと広い範囲からもっと狭い範囲まで多種多様同時に複数の階層(旧郷、旧村、旧字、近隣数家など)の産土神社の氏子であることもあります全国津々浦々には何れかの産土神が坐し、人はその産土神社の氏子になるんよぉこの区域の範囲は、古来からの伝統に基づくもので、明文でない事が往々にしてあります地元の伝承により区域が定められているからなんよぉ転勤者など住所が固定していない人は、生誕地の産土神社が産土様となるのですが、本籍地が別にあって生誕地の住所が一時的なものであれば、その本籍地の産土神社を氏神とし、生誕地の産土神社は産土様に準じた崇敬神社(すうけいじんじゃ)となるんでしょうね現代社会では、仕事や婚姻など色々な事由により、生誕地を離れて生活する人が多くいます何処にいても常に自分を見守って下さる産土様の御神徳を有り難く受けとめたいものやね蔵かな…お宝入ってるかなぁ〰️社務所拝殿みたいな社務所やね滋賀県守市勝部1-8-8今回のランチ〰️鶏のひつまぶしが頂けるお店旧中道守宿にある門前茶屋かたたやさんです江戸時代後期の天保年間(1830年)の頃、中道守宿の東門院の門前に「堅田屋」という一軒の茶屋があったんです当時の茶屋は、旅人の休憩の場であり、お茶や食事、お酒などを出していたそうまた、「堅田屋」は、一部旅籠の機能もあり、「京発ち守泊り」と言われた守宿にあって、多くの旅人が旅の疲れを癒していたとかそして180年余りが経った平成の時代に、その「堅田屋」と同じ場所、同じ建物で「門前茶屋かたたや」が誕生〰️当時の梁や柱、土壁、格子、虫籠窓、階段箪笥などを残しながら、最新の技術で耐震性、機能性を高めたんやって鶏ひつまぶし   1500円ここは、鶏料理に、めちゃこだわってるみたいなんよぉ幻の最高級鶏「シャポーン鹿児島鶏」らしいです幻…幻って簡単食べれるの?って…疑問はありますが…注文時に鶏の部位、食べ方など細かく決めることができますまず…炙り焼きかたたきを選びます僕はたたきを次に鶏の部位をもも肉かむね肉両方ってもありますから…両方をご飯大盛、普通、少なめから普通を薬味のネギ普通、多め、無しからで多めを薬味にニンニク追加か無しか…で追加を最後に生卵をありか無しがでありを料理が到着するまではセットのドリンクバーで間を持たせますドリンクバーはオレンジ、リンゴ、烏龍茶温かいのはほうじ茶と珈琲ですまずはおひつに入った鶏ひつまぶしに生卵をかけて、混ぜて、茶碗によそっていただきます鶏のタタキめちゃコリコリしてて美味しいぞぉ〰️生卵と絡めたら超美味やぁネギたっぷりにニンニク…最高食べ進めて茶碗のご飯が少なくなったら付属の出汁をかけてサラサラっとお茶漬けに〰️そしてご飯がなくなったら、おひつからよそって、食べて、少なくなったら出汁かけての繰り返し…鶏のひつまぶし…ホンマ美味しいですJR守駅徒歩10分滋賀県守市守2-2-55

    たくさん共感されています

    滋賀県   (守山市)    勝部神社
  2. と言ってよいだろう写真は再掲載)前回の記事の最後に掲載した、ほとんど剥げてしまった「やぶそば」と記された看板が出ているこの古民家の右側(写真で言うと)を通っているのが、今回のメインテーマの房総往還であるが……こちらの通りも、予想どおり完全に終わった商店街といった雰囲気が濃厚に漂っていたしかし「やぶそば」は、店先もきれいに整えられていることから、廃業したのではなく単純に定休日だと思われるこちらの建物がまた微妙な物件で、破風を見ると簡素な造りなのだが、全体的なバランスは戦前型のそれで、しかも棟には戦前物件によく見られる装飾があり、いつの時代のものか判別がつかなかった房総往還は商店街としては終わった感じであるが、現役で頑張っている物件も見られた戦後型と思われる看板建築が並んでいたが、鍵屋は営業しているが、白い建物のほうは、すでに住居仕様に改装されていたこの白い建物の奥に見えているK'sデンキの前が、千葉県の湾岸部の動脈である国道357号線で、こちらの通り沿いには、K'sデンキのような大型量販店から、ユニクロ、ファミレスや大型ショッピングモールなどが軒を連ねているこんな状況では車社会の千葉の特性を考慮すると、房総往還が寂れてしまったのも頷けるそのかわり千葉の大きな道路は、とんでもなく頭の悪い造りで、大通り同士が交差しているところも、たいてい都内のようなアンダーパスやオーバーパスがなく、少ない信号のたびに渋滞に巻き込まれる明らかにモータリゼーション発展以前の古い道路ではないのに、車がたくさん通ることを計算していなかったとしか思えず、道路計画を作ったやつは、よほど知能が低いのだろう千葉や埼玉における農家のステータスシンボルになっている豪華入母屋建築の建物があった商家でもないのに、うだつが上がっているところが、デラックスを好む千葉県民の真骨頂と言える物件だ。ところで、前にも書いたが埼玉の高麗には、さらに凄まじい物件がある(2017年撮影)なんと、豪華入母屋どころか、畑の真ん中を開発した住宅街に、天守閣が威風堂々と聳えているのだ。周囲に並んでいるのは、いたって普通の住宅ばかりで、この物件だけが猛烈に悪目立ちしていた。ほとんどラブホ顔負けのセンスと言えよう念のため言っておくが、批判しているのではなく、こういうのは大好きで、むしろ、ある種の尊敬すら覚えさせる潔さである天守閣のわりには、洗濯物が干されていたりして、妙に生活感があり、そのあまりのシュールな風景に、しばらく呆然としてしまった記憶がある千葉も負けてはおらず、つい先日、アクアラインを抜けて木更津に出ると、一面の畑のなかに、豪華入母屋建築の農家が点在していて度肝を抜かれた話が逸れたので戻す房総往還のすぐ横を平行する国道357号線をテキトーに撮影しただけで、びっくりドンキーやユニクロからリサイクルショップ、蕎麦屋、ラーメン屋、ステーキハウスなど、ほとんどの用事が済んでしまいそうな数々の店が並んでいることがわかるこれでは駐車場もない個人経営の店舗が並んだ昔ながらの商店街では、太刀打ちするのは困難だと思われる国道の撮影をしたあと脇道から房総往還に向かうと、廃業してしまった看板建築の写真館を見つけた「ゴコー写真スタジオ」と記された店名よりも「スペインビィエンナーレ銅賞」という文字のほうが、圧倒的に大きく表示されているが、いったい何の銅賞なのか、さっぱりわからなかった(まあ、おそらく一種の写真コンテストなのだろう)どうでもいいことだが「ゴコー」というのは、後光が射すの後光だろうか?この「ルナ薬局」の平屋看板建築も渋い。こちらも現役で営業しているけれど、隣にあったとおぼしき一軒屋は解体されて、門だけが残る悲惨な状況になっていた奥には、なんだかやたらと古そうな平屋が見えるので、近くに見にゆきたかったが、どう見ても私有地なので遠慮せざるを得なかったこうして見ると、駅前付近は再開発、もしくは建て替えのための更地が多かったが、房総往還のほうは後継者がいないため、ゆるやかに更地が増えているような印象を受けた角地にあったこちらの看板建築も廃業して久しいようで、荒廃した気配が漂う。2階の部分がショールームのような窓の造りになっていることから、おそらくバイク屋だったのではないだろうかそれにしてもスカスカな町並みで、この街道が賑わっていた頃の姿を想像するのが困難な風景が続いているなどと思っていたら、絵に描いたような房総スタイルの古民家を見つけてテンションが上がる房総スタイルについては以前も説明したが、要するに関東圏では一般的な長方形の平入の造りではなく、方形屋根に代表される真上から見ると正方形に近い棟を持たない建物を、僕が勝手に命名したものだこちらの物件、街道に直に面していることから、かつては一般的な住宅ではなく、商家だったように思えるが、塀と植木のおかげでよくわからなかった角度を変えて撮影しようにも、この見事な植栽と塀のおかげで、似たようなアングルからしか撮影できず、見事な建物なのに撮れ高が稼げない困った物件であるその先にあった古民家は、出桁造りの建物の普通の屋根の上に、無理やり方形屋根を乗せたような強引な造りに驚くこんなデザインの古民家は、初めて見たけれど方形屋根はどう見てもつけ足しとしか思えず、房総半島の住民の方形屋根に対する執着の強さを見る思いがするそのすぐ先に、正統派の方形屋根(に近い)古民家があったが、注目すべきは、その隣にある先ほど話に出た関東圏ではポピュラーな平入の出桁造りの物件であろうということで、次回はこの素敵な出桁造り商家を紹介しよう続く†PIAS†💊💊💊💊💊💊💊💊💊💊💊💊💊💊

    続々出現する房総スタイルの古民家《房総往還の残照》②
  3. てました熊本の旅阿にお別れを伝えてちょっと遠回りだけど久々に立ち寄ってみました。大分県日田市林業が盛んな町ですが西日本豪雨では福岡県の久留米朝倉甘木なんかの裏手になる北部九州の岳部を横断する処で至る所に西日本豪雨の残骸はまだまだ残ってます。今から約1200年前、高層の行基(ぎょうき)が巡礼中、霊気高い日田(高塚)の地にとどまり、ここで一体の地蔵菩薩を彫りました。行基亡き後、地元の人がこの地蔵菩薩を祀ったのが、高塚地蔵尊の始まりとされてます。お地蔵さん、いわゆる地蔵菩薩は、悩み苦しむ人々を慈悲の心で包み込み、救うとされ、また一方では子供の守り神として昔から身近な存在でもあります。ここ高塚さんの地蔵も、本来は乳の出をよくする地蔵として知られていましたが、次第に病気平癒をはじめ、学業成就、商売繁盛などの諸願成就にご利益があると評判となり、現在では、年間200万人を越す参拝客が訪れるまでに。その願いごとは一生に一度は叶えてくれるという評判で、全国からも参拝客が絶えないそうです。今から千二百年余年前の天平十二年、行基という偉い僧が聖武天皇の命を承けて、筑紫の国を巡られました。帰路、豊後の国日田郡を経て求来里村杉原にいたり、みどり深い東西の地形を眺めたとき、行基は身の引きしまるような霊気と、言いようのない有り難さに心を打たれ『この地こそ、国や人々の悩みを救う大権現様の出現される霊地に違いない』と予言されたのでした。行基はそれから岩松ヶ鼻(現在の天瀬町馬原の鞍形尾)を通って、この高塚の里に着かれました。いちょうの中に金色の光中で一心に地蔵菩薩を念じていた或る晩のこと、東南方にそびえる大きな公孫樹(いちょう)の中辺に、突然、金色の光を放つ三個の玉を見たのです。行基はおどろき、我が祈りが地蔵菩薩に届いたおしるしであろうと、なお一心に祈り続けました。夜が白みかけても玉の光はおとろえません。行基は従者をしりぞけ、ひとり、いちょうの大木に登ってみると、三個のうち、ひときわ光る一個は乳房の形をした宝珠でした。行基菩薩が自ら刻まれた宝珠を捧げて地に降り立った行基は早速、みずからのノミをにぎって一体の地蔵菩薩を彫り、里人たちに『まことの心をもって宝珠、地蔵菩薩に祈願するなら広く万物は産み栄え、一切のご利益を与えられよう』と説かれたのでした。その後、いちょうの大木は『乳銀杏』(ちちいちょう)と呼ばれ、永い歴史の間、子宝を恵む霊樹、母乳をさずける霊樹、子供のすこやかな成長をかなえてくださる霊樹として、人々の崇敬を集めてきました。行基菩薩の遺徳を偲び御堂を建立行基は天平二十一年二月二日、八十二才で亡くなりました。その後天暦六年二月、行基の御遺徳を偲んだ里人たちが、大いちょうのかたわらに小さな御堂を建立し、行基のきざんだ地蔵菩薩を祀ったのが『高塚愛宕地蔵尊』の始まりです。ろうそくと線香を購入して清め浅草寺でも同じように自分の悪い処患部へ煙を一生に1度願い事が叶うと言われており全国から毎年参拝者が堪えません。神仏混淆の形式をそのまま残している珍しい地蔵尊最初はお乳の出が良くなるようにお願いする人から水子供養であったり口コミも広がり願いが叶えば御礼詣りに訪れる人もお地蔵さんの数はわかりませんが圧巻です。願い事をしてこの玉を持ち上げ祈願するでも、今はCOVID-19・コロナ禍で触ることは禁止されてました。何処を見てもお地蔵さんです。此処へ参拝する時は兎に角一円だまから小銭を準備してきて私はお供えする場所全てにお詣りして歩きます。多分10円玉でも100枚は準備しておいた方が良いかも。。。こんな感じです。願い事は様々・病が良くなります様に・商売繁盛・歌がヒットしますように・受験合格・就職祈願・全国大会出場できます様にとか。、。凄い数です。絵馬に書く方も半紙に書いてきてる方もポスター貼ってる方も大分県日田市来るまで来るのは高速道路が真横にあるので利便性よいですが遠方の方には不便な処ですが大分県に来たときには是非1つの候補へそれでは久々御朱印紀行も終わります次は何処行こうかな。。。最後までありがとうございますお先におやすみなさい

    たくさん共感されています

    高塚愛宕地蔵尊・・・
  4. た滝レポでは下から写真だったよな・・・という事はどこかから下りられるはずおなん淵を見てみると階段梯子が見えたので、そちらに移動案内板から戻るように歩くと、フェンスで囲まれたこの写真の場所があり・・・こんな出入り口があります釣り人用の出入り口でした失礼させていただきます下りて・・・下りていきますハンパないゴミの量おなん淵の滝ですかなり強めの逆光照り返す水面おなん淵の滝をズームアップ落差は4mだそうですおなん淵はかなり広いですちょいズームおなん淵の滝・・・周囲にはゴミが大量にあり、環境としてはよろしくないです淵は広く、多少ジャブジャブ進みましたが、水質もイマイチかな滝の正面に来るとモロ逆光になってしまい、上手く撮れませんでした近づけないこともあって短めの滞在であとにしました次は蒼竜峡です先ほどの地図でも分かるようにさほど離れていませんが車で移動蒼竜峡もグーグルマップでヒットします蒼竜峡とは・・・『富士から流れ出て固まった溶岩を、桂川が長い年月をかけて削り取り作りだした両岸に魚のウロコのような奇岩が続く秘境』・・・だそうです(ネットの受け売り)駐車場はないとの事でしたが、偶然、それっぽいところを見つけ、車を止めました赤○で囲ったところに案内板もあったから、多分大丈夫かと思うんですけど・・・蒼竜峡のログ途中からログを取り出したので、最初に辿ったルートは自分が青で書き入れています団地を通り過ぎて橋を渡りますこの写真は振り返って撮っていますすると左手の奥に出入り口が実は手前の下側にもあったのですが、獣避けに電流が流れているとの注意書きがあったのでビビッてスルーしてしまいましたで、こっちに来たわけですが、こっちも電流が流れているとの注意書きでも『開けたら閉めて』とのト書きもあったので、周囲の鉄柵に流れていると解釈恐る恐る開けました進みます進んで・・・踏み跡を辿ります河原が見えました河原に下り立ちましたそこには石碑に俳句が綴られてましたここが蒼竜峡のログの俳句の石碑下流へ向けて歩きますここを渡渉しました渡渉後は小石のゴーロ帯を団地方向に進みます奥側が蒼竜峡っぽいな蒼竜峡です見下ろしてパチリ確かにウロコっぽいの岩場です独特~下へ下りてパチリう~ん、でも写真で見た雰囲気とはちょっと違うような気がするなぁそこで上流側へ行ってみました来たルートの方で渡渉して樹の根っこを使って登りましたそして、岩場を進んだのですが・・・ここもゴミが多かったですね独特な岩場の間を勢いよく水が流れています峡といったら、こんな感じですよね長い年月でえぐられた岩場振り返ってパチリむふふウロコっぽい蒼竜峡・・・独特な岩場、奇岩が並ぶ渓谷美こじんまりとした感じですが、見て周っても損はないと思いますですが、悲しいかな、上流の右岸側にゴミが溜まっています団地の裏側という場所柄なのか、なにか忘れられた景勝地という雰囲気もなくはないちょっぴり寂しい感じがしましたちなみに帰りは来たルートを辿らず、この右岸側の斜面を強引に登って出入り口手前に復帰登った斜面には枝や蔦っぽいのが絡まってなかなか大変でしたそれでは、ラストの田原の滝に向かいますこちらもグーグルマップでヒットしますが「田原の滝展望台」で検索してください「田原の滝」で検索して経路開始すると滝の裏側の住宅地に連れてこられますここが田原の滝展望台の駐車場きれいに整備されています田原の滝の位置まずは展望台に行きました展望台からの田原の滝木々が邪魔ちょっと移動してパチリ展望台からだとすっきりとは撮れませんでした橋の方へ移動ウォーキングマップに・・・案内板そして・・・田原の滝です松尾芭蕉が「勢あり 氷柱消えては 滝津魚」と詠んだ滝 だそうですですが見ての通りで、滝本来の姿ではなくなっています度重なる崩壊や浸食、それに伴い行われた護岸工事や砂防堰堤工事などで往時の姿は失われました・・・ネットではこう書かれています今では滝っぽい姿は上部の一部だけここも逆光で撮影が難しい角度を変えてスローで田原の滝・・・正直な所、これを滝と言われてもねぇ、といった感想です自分としては魅力はまったく感じなかった訪れるのもどうしようかと悩んだくらいなので、特にどうとかいうのはありませんとりあえず訪れたというだけで珍しく予定していた通りに終われました水ぶくれ部分は痛かったけど、無事に終われて一安堵さ~て、温泉、温泉近場にあった所は現在、休業中との事だったので、ちょいと走りましたが・・・道志の湯にて温泉タイムリフレッシュさせて頂きましたこのブログを見て行ったとして事故やトラブル等を起こしても当方では一切責任を持ちませんので、全て自己責任で行動してくださいソニー ミラーレス一眼 α6300 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6300L Bアマゾンジャパン合同会社59,800〜110,000円ソニー 広角ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1018アマゾンジャパン合同会社51,999〜96,086円OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 REDアマゾンジャパン合同会社27,500〜59,799円

    都留市のおなん淵の滝、蒼竜峡、田原の滝
  5. 困難な事は誰もが起きています!貴方だけではない
  6. 珍鳥ハント
  7. 里山ぶらぶら
  8. 半はこのエリアから状況は、どうなんだろ咲いてる木もあれば、咲いてない木もある5分までいってないかな 多分風ニモマケズはワンコたちみんな元気黄門さまを撮るをトル<img alt="" class="PhotoSwipeImage" data-entry-id="12635954063" data-image-id="14542751592" data-image-order="44" height="16" src="https://stat.ameba.jp/user_images/20190819/09/at91033/a7/ca/g/o0016001614542751592.gif?caw=800" style="aspect-ratio: 16 /16;" width="16">ギューッとしてて、かわいいんだけどお願いだーじっとしててくれー水戸の梅まつり 中止かと思ってたけど令和3年2月13日から3月21日駐車場は無料でしたやさしく儚げな 馥郁たる梅の香が辺り一面に漂っているはずなんだけど風で流され消えてゆくまてい 梅の香偕楽園 潜入いつもだったら 真っ直ぐ歩いてグラデーションの梅を愛でるルートなんだけど今年は南門は閉鎖のため 一方通行そこで入園料300円お支払い感染拡大防止のため3月1日からの開催に延期されたチームラボ 偕楽園 光の祭竹林 Daytime竹林 NightTime大杉森 Daytime日中のたまごも愛らしいけどやっぱり夜 見たいかも出来たら、無風の時恐竜のたまご あたため中チームラボ 偕楽園 光の祭「チケットは事前購入がオススメです」と、スタッフおじちゃんが申しておりました偕楽園 梅まつり 後半へ足利の火事が心配です早く鎮火しますように<img alt="ペコリー" class="emoji" draggable="false" height="16" src="https://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/871757.gif" width="16"><img alt="ペコリー" class="emoji" draggable="false" height="16" src="https://emoji.ameba.jp/img/user/na/nandm0404/871757.gif" width="16"><img alt="ぱちぱち" class="emoji" data-ameba-id="kans-cafe" data-id="2733461" draggable="false" height="16" src="https://emoji.ameba.jp/img/user/ka/kans-cafe/2733461.gif" width="16">お願いしますブログ主からのご挨拶です『あらためまして 自己紹介〜♪』いつもご訪問ありがとうございます2017年9月1日からトップブロガーなるご指名を運営さまから賜りマイペースで書き続けてきたものの全然 変わらないアクセス数に…ameblo.jp

    たくさん共感されています

    偕楽園 梅まつり「開花状況とチームラボ 光の祭」
  9. 連日ニュースで足利の火事の事を伝えてますがどうも他人事のように思えなくて(T_T)というのも自分、中学時代栃木の足利に住んでいたのですが今燃えている両崖の東側に家があったんです。(ストリートビューで見たら今もその家健在でした)このはハイキングコースになっていて当時織姫神社から両崖までよく歩いたものでした。通っていた中学の校歌にも「両崖」の名前が出てきて。こんなことで全国的に名前が知られるなんて・・今日で火災発生から6日目になりますがまだ延焼しているらしく。何とか早く鎮火してほしいです!さて今日は前回の「常立寺の枝垂れ梅」の続きですあの後江ノ島方面から一気に鎌倉の大町へ。たしか妙本寺にも梅が咲いてたなと思い寄ってみました。日蓮聖人像と白梅。日蓮聖人像は鎌倉に何体かありますが自分はここのが一番凛々しい顔をしてると思います(^^)手水舎に近づくと竜の口から水が流れます。いつもの場所に腰を下ろして瞑想タイムいつ来ても落ち着くお寺です♪祖師堂横の梅はこの時点で7分咲きくらいかな。(2/18現在)次に向かったのは浄妙寺。門手前にミモザが咲いてました。門浄妙寺は鎌倉五の第五位です。今はこじんまりとしたお寺ですがかつては仏殿、法堂、方丈、経堂など多くの伽藍が並び塔頭も23を数えるほどの大寺でした。境内の参道はすっかり整備されました。以前はこんな感じでした。(過去ブログより)キレイになったのはいいのだけどこんな注意書きがされて梅を間近で見ることが出来ず本堂寄りからズームで撮る感じ・・自分は自由に中に入れた前の方がよかったな~。肝心の梅もまだ咲き始めでした。(今頃ちょうど見頃かも)サンシュユ開です。黄色いがどんどん咲いていきます。こちらは今年初タンポポ。丸みを帯びた銅板葺きの屋根が美しい本堂。喜泉庵の近くに咲くセツブンソウ。ちょうど見頃かと思ったらけっこう終盤でした(^_^;)奥にあるのが石窯ガーデンテラス。オープン前で人影なし・・咲いていたのは日本水仙。木瓜マンサク衣張と河津桜トイフォトでちょっと加工してみました(^.^)次に大塔宮へ行きます。こちらは鎌倉宮の河津桜。両端はすでに終わって真ん中が7分咲きでした。ここから荏柄天神社は歩いてすぐです。階段途中のミツマタが開しました。本殿学問の神様というだけあって受験生の親御さんが最後の神頼みです。絵馬も前回来た時より明らかに多く溢れんばかり!境内に咲いていた梅馬酔木が色づき始めました。最後に寄ったのは東慶寺。梅はまだ咲き始め・・(ここも今見頃になってきたかも~)青に白梅がマッチします。マンサクここは福寿草と苔のコラボ写真がキレイに撮れるのですが福寿草は顔出したばかりでした開直前の沈丁。もうあの香りは漂ってました。クリスマスローズは下向いたり後ろ向いたりでなかなか正面から写真撮らせてくれません(^_^;)東慶寺から見た円覚寺の弁天堂方面。鎌倉の梅、場所によって違いはありますが全体的に3/上旬までは楽しめると思いますねたついでに旬な写真を(^.^)会社近くの川沿いに咲いていた昨日撮りたての河津桜の写真です。(スマホ撮影)まさに見頃!っていうか木によってはもう葉っぱが出て来てるし!遊歩道になっていて桜並木が続きますボリュームある~。菜のとのコラボ♪今年も三浦海岸行けないのでここで見れて満足です(^.^)こちらは河津桜ではなくおかめ桜です。毎年河津桜がピーク過ぎた頃に咲き始めるのですが今年はもうこんなに咲いてます。河津より若干ピンクが濃くびらも小さいです。寒緋桜や大寒桜も咲き始めて桜オンパレードですね(^.^)あとは本命のソメイヨシノを待つばかりです

    コメントが盛り上がっています

    鎌倉サクッと梅巡り
  10. 朝10時→西今日の写真:伊勢 月読宮より☆2月17日☆浴油祈祷効果強化の為に☆☆現地巡礼浄化地☆更新しました☆お願い:ご新規での受付は中止しておりますのでご了承ください。詳細はこちらから☆2月の電話鑑定追加☆令和3年度の運勢鑑定☆貴方の守護神と、令和3年度守護神開運法伝授☆2019年12月以降で守護神鑑定をご依頼の方へ☆再鑑定の場合は50%OFF☆詳細はこちらから☆2021年度☆一般参加初公開☆3月1日(月)伊勢六大聖地☆半日完全巡礼コース☆3月1日限定☆立春伏見開眼☆青龍ブレスレット付き☆時勢を考慮して、お守りだけのご依頼も可能です☆詳細はこちらから☆3月6日(土)~7日(日)☆一泊二日☆本年度一般参加初公開☆美保巡礼完全巡礼コース☆良縁成就の最高峰の聖地へ☆詳細はこちらから☆月間方位情報☆発売開始☆2月6日(土)~3月16日(火)迄の37日間公開☆今月号の開運待ち受けは孔雀明王&弁財天宝珠壇☆詳細はこちらから☆2月のデジタルカレンダー☆配信開始♪実物カレンダー21年度版をお買い上げの方は0円☆お買い上げで無い方は500円での送信へ☆詳細はこちらから☆ご注文集中☆早期終了可能性大☆数量限定☆龍神福袋公開します☆縁結御礼☆7年加持版は完売となりました!招福☆龍神鳳凰皿セット7年加持☆那智龍王×龍神鳳凰皿セット遂に完成☆2021年度版カレンダー☆12月13日金剛峯日より発売開始☆詳細はこちらから☆☆お願い事のフォームが再開しました☆全ての商品に対して、貴方からの願意をお待ちしております。お願い事のフォームはこちらから☆2021年度版☆白龍財布☆販売再開☆美穂津比売様の奉納米がなくなり次第終了します☆詳細はこちらから☆八百万大神様へ最良最高のおもてなしを☆石笛開運法☆令和二年度版☆公開開始☆詳細はこちらから☆日々の食生活で、神の氣を吸収する神縁塩(じんえんじお)発売開始☆毎日の飲食で、心と体と運氣を、正常な状態に戻してみませんか?氣合いや根性論が不要で、人生の流れを変える事が出来る神の塩☆200種類の天日塩から選び抜いた黄金ブレンド☆お得な漬け物用ブレンド1kgが誕生しました☆詳細はこちらから☆神仏が宿る木☆緑壇(りょくだん)☆耐久性の検証価格にて公開開始☆選べる3サイズ☆3本セットもあり☆詳細はこちらから☆サイト理念更新しました☆各巡礼地の詳細も追記させて頂きました。各商品の浄化巡礼先や、祈祷方法を知りたい方はこちらから。詳細はこちらから☆修験道108連☆五大力明王念珠完成☆現在のロットは八大龍王聖地現地巡礼版念珠の正しい使い方も学べます☆詳細はこちらから☆2月27日の五行開運フォト更新☆満月!方位情報無料公開☆詳細はこちらから☆

    27日 満月開運法へ
  11. 末石天満宮すえいしてんまんぐう福岡県うきは市吉井町新治1341最寄り駅 JR久大本線 筑後吉井駅◆御祭神◆ 菅原道真公(すがわらのみちざねこう)◆一の鳥居◆昭和30年(1955年)建立。◆注連柱◆注連柱には「梅鉢紋」◆狛犬◆昭和7年(1932年)建立。境内の公園工事中でしたので、阿形は多角度からの撮影は控えました。◆燈籠◆明治32年(1899年)建立。燈籠の上には構え型の狛犬。◆二の鳥居◆天保10年(1839年)建立。鳥居扁額にも「梅鉢紋」◆拝殿前の狛犬◆平らな頭の上には窪み。明治年間(1868年~1912年)建立、年判読不能。◆手水舎◆◆牛像◆◆社殿◆案内板がなく、創建年代・御由緒等は不詳。鳥居扁額及びグーグルマップでも、天満宮と表記。うきは市には天満宮の表記の神社が数多く鎮座します。旧住所の字が末石ですので、ブログタイトルは末石天満宮としています。境内には、末石農村研修集会所があります。新治は「にいはる」と読みます。尚、御朱印情報はないようです。本殿後ろにはかりん。「吉井町木かりん」とあります。令和2年12月10日参拝時撮影神社検定公式テキスト1『神社のいろは』アマゾンジャパン合同会社378〜5,343円千糸繍院 御朱印帳ケース / 御朱印帳保管用 高級ロッキング組仕様 総桐箱 20冊用アマゾンジャパン合同会社4,980円千糸繍院 御朱印帳ケース / 御朱印帳保管用 総桐箱 12冊用Amazon(アマゾン)2,980円

    末石天満宮 (福岡県うきは市吉井町) ◇
  12. ) ↓★ 最後は、を た~くさん売っていて、農産物直売所でもある[パンジーハウス]へ。人形の街 鴻巣市は、おの生産も盛んな所で[の街]でもあります。大きな温室の中には、大きな  “おのお雛様” があって、人と同じくらいの大きさです!! ↓※ 不手際で、お写真を消してしまいました。( ̄□ ̄;)/  ↑  昨年の “おのお雛様” の写真です。 m(_ _)mガーデニングの 色々なアクセサリーもあります♪ ↓すぐ隣にも、大きな ビニールハウスがあって、おがたくさんあります♪ ↓その 外にも、寒さに強い苗が たくさん並んでいます♪こういう、た~くさんの おを見るだけでも と~~~っても楽しい所で、いつしか陽も傾いて来ます。(笑)《鴻巣びっくりひな祭り》に飾られている雛人形は、たくさんの方からの寄贈によるものです♪※ 《鴻巣びっくりひな祭り》2021  ★鴻巣市観光協会・Tel、048-540-3333★ 2/19 ~ 3/6 ◎ エルミ鴻巣ショッピングモール(JR鴻巣駅直結) 10:00 ~ 21:00(最終日は15:30まで)◎ 産業観光館[ひなの里] Tel、048-540-3333 (9:00 ~ 17:00 入場は終了時間の30分前まで)◎ 鴻巣農産物直売所[パンジーハウス] Tel、048-596-8122 (9:00 ~ 17:00 入場は終了時間の30分前まで)◎[コスモスアリーナ ふきあげ] Tel、048-548-3112 (2/24・3/2は休館)(9:00 ~ 17:00 入場は終了時間の30分前まで)

    埼玉:《鴻巣びっくり ひな祭り》2021・No.2・・♪
  13. 上高地 春の足音
  14. 軽井沢プリンス パラレルコース
  15. さて、先日ですが、のみち」を歩きながら、お写真を撮っていました。長閑な日差しを感じる日でしたので、いつもよりゆっくりと歩いていました。宝塚パンセフルール店(宝塚ホテル1F)前で、母の日のパンフレットを見つけました。まだ早い感じですが、その日はすぐにやって来るんでしょうね。今年は2021年5月9日だそうです。下のお写真は、こちらの店舗の母の日のパンフレットの表紙です。このお色がとっても宝塚っぽいですね。ただ、takarazukastreetの母も義母もおの人となってしまいましたので、直接おを渡すことはできなくなってしまいました。子供の頃から色んな母の日がありましたが、二人とも優しい母親でした。今生で、このような母親に恵まれましたことを心から感謝しています。この日は仏壇に新しいおをお供えしましょう・・・パンフレットを見ながらそんな気持ちになりました。話しを戻します。下のお写真は、「のみち」で咲き始めていたユキヤナギです。お写真撮ってから、約1週間が過ぎましたので、ユキヤナギはもっと咲いているかもしれないです。そのまま、楽屋口まで歩きましたら、このようなお知らせがありました。あのウッドデッキを張り替えるようです。どんな風に変身するのか楽しみですね。その先を左折しましたら、何だか新しい工事が始まっていました。以前は大劇場のためのバスの駐車場だった場所です。白いフェンスで覆われていました。そして、開発構想のお知らせが貼ってありました。3F建ての物販店舗棟などが建築されるそうです。宝塚も徐々にですが、変化してきました。特にこの周辺は、takarazukastreetが引っ越してきてからも大きく変化しました。これからどんな風に街が変わって行くのかはわかりませんが、自然と文化と田園が上手に融合した宝塚は変わらないように思いますもしかしてtakarazukastreetの祈りかもしれないですが・・・。いつも心温かいイイネ・コメントを下さってありがとうございます沢の励みを頂いて心から感謝しています。明日も皆様が笑顔いっぱいで幸せな日でありますように。心を込めて。無人島に持っていくなら何?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

    たくさん共感されています

    「花のみち」界隈にて
  16. TV放送決定!本日一粒万倍日 銀座のママの幸せ習慣♡食べて応援!山形県
  17. 東武鉄道の熊谷線は群馬県の小泉町と繋ぐ予定で工事が始まり、戦中に開通した熊谷駅から妻沼駅までの10Kmの非電化線だったが、昭和58年に廃止された。秩父鉄道の上熊谷駅で下車します。構内踏切がある風景は最近では珍しくなりました。この上熊谷駅は当時東武と共用使用されていた駅でした。現在は1線分いているところに熊谷線の線路があったのです。左の複線はJR高崎線。妻沼方向です。秩父鉄道もここを複線として使えばよかったのに。。向こうの高架は国道407号線です。この駅を出ると上には上越新幹線の高架橋が。。秩父鉄道沿いに西に向かって新幹線の下を進みます。1つ目の踏切です。秩父線と高崎線の間に線路が残されています。踏切から見た妻沼方向です。高崎線は右の方に離れていきます。次の踏切までは歩行者専用の道が出来ています。廃線跡の線路が残っているので複線の秩父鉄道みたいです。次の踏切で線路を渡って右側に出ます。踏切から見た廃線跡です。ここで廃線跡は秩父鉄道と別れて右にカーブするのです。で、この遊歩道になるのです。かめの道という名が付いています。百米塚。100mごとに立っているのでしょうか。。途中、工事のために迂回します。遊歩道の舗装工事のようです。結構このみちは廃線跡にしては横幅が広いのです。そう、この先は複線化を考慮して用地買収されていたのです。コンクリート製の車両型休憩所。車道を横切ります。広場のような広い廃線跡です。高崎線と交差する部分のみ築堤が残されていて小さな丘になっています。その下には水路トンネルもあります。この水路は大里幹線用水路です。荒川から水を引いているのです。廃線跡には踏切が無いので、回り道して高崎線の反対側に出ました。振り返って見ます。さらに公園になったカメの道を進みます。それにしても幅が広いです。ちゝぶ道の石柱(道しるべ)があります。そう、秩父往還が横切っているのです。すぐ先で国道17号線を横断します。その2に続きます。

    東武熊谷線の廃線跡を行く・・その1(上熊谷~17号線)
  18. 真の理解は貴方の歩んだ変容のプロセスだけ
  19. 市長専用シャワー室
  20. 明日はいつも現場に戻りラストスパート( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )⁾⁾