11/19の記事ランキング

  1. 不慣れなブログですうつ病パニックは日常茶飯事で特にパニックは息ができないくらいに動悸が起こります。夫とは今年に入ってからたったの一度しか会っていません(七夕のような乙女チックではない)七夕だったらロマンチックですよね一年に一度なんて実は離婚して欲しいと何度かLINEしました。会うとパニックに陥るからです。返事は好きだから結婚(正しくは再婚同士)実はお互いバツイチでした。子供は、私の連れ子です。好きだから??思わず、愕然あり!!確かに嫌いな人とは結婚なり再婚しないですよねもう私には愛情とか全くなく。かと言って離婚後の引っ越し先は無いし。お金も貯めてへそくりしてますが実家もなくブログに綴るのは勇気がありましたが私のように同じ経験されている方々も沢山いらっしゃるかと思います。今はまだ離婚に向けてです。見守っていただきたく思っております。うつ病とも、パニックともお別れしたいです。こんなブログでも私にとって読者様から励みをいただき感謝致しております。これからも宜しくお願い申し上げます。追記です。誤字ばかりで申し訳ありません。離婚して欲しいとLINEで伝えてはいます。夫は私が好きだから離婚は勘弁して欲しいと返事がきてました。わかりにくいブログになってしまい誠に申し訳ございませんでした。追記ですがブログを見ていただきありがとうございます😊

  2. オットが痩せた❗️
  3. 主人はうつのリハビリも兼ねて社会復帰する時はまずやりたくない仕事も我慢してやってみること。その前に育児やわ、あと家事。ってずーっと言ってて夏休みに育児ですっかり自信を無くした私は主人の言う事が正しいのかな、ってどんどん自分の目指す方向がわからなくなってました。やりたくない仕事でも我慢してやってみる?育児?家事?これ以上、どう頑張るの?いや、十分頑張ってきたじゃない、って。仕事だって頑張って我慢してやってきた。我慢して我慢して鬱になったのに、って。ずーっと訴えてきた。時に泣きながら。笑ところが。私が最近、自分の進退を問い過ぎて調子悪くなった経緯をずーっと見てきた主人がここへきて、まさかの発言。「あんたは自分がやりたい事やったほうがええな。」「貯金は自分の為に使ってええんやで。自分のやりたい事に使い。」趣味じゃなくてね、将来的な話しです。やりたいって思った事を自己投資してやってみたらいいって。「趣味の延長やと思ったらええねん、金はかかっても損にはならん。」嬉しい、有難いって思った。私はやりたくないことは頑張れない、って私の気持ちが届いたっ。思い立ったら我慢できない私は早速珍しく本を数冊取り寄せて一気に読破。ネットでもリサーチ。色々考えてたら翌日、落っこちた。爆あぁ、わたしまた自分の進退について考えちゃったんだな、って気が付いて。笑これは考えたらダメ、ぐるぐるするやつ。実際に動き出す直前に考えよう!って、気持ちを切り替えて日曜日、子供たち連れてカラオケ行って来ました。笑※鋼…母親です。引き寄せの法則ってさ、未来の自分を漠然と思い描くだけでいいんだよね。そうなるまでの過程を事細かく考えるのはNGなんだって。続く。

    たくさん共感されています

    我慢して我慢してうつ病になったのに。
  4. これについては次回カウンセリングでマイクに聞いてみました。すると彼は2枚のプリントを渡してくれた。「中枢神経系の回復中に発生する不定愁訴」というものです。認知問題、感情コントロールの問題、記憶に関する問題、細かい作業ができない、睡眠困難、および緊張コントロールの問題、以上6つです。これらについては覚悟していました。でも実際は断薬して1ヶ月後にものすごい症状が一度現れた以外は、軽めのものが2〜3ヶ月に一度訪れるだけでした。またジアゼパム断薬後は自分の気分を把握できるようにもなりました。マイクが言ったようにジアゼパム服薬中、私は片手でバレーボールをしているように生きていたのです。なんとかやっていましたがまったく本調子ではなかったということです。3週目。離脱症状でかなり消耗。でも最悪の事態はまだ先でした。不安感は我慢できず、吐き気がしてとても疲れました。それに体が揺れている感じもしました。犬はなんとか獣医のところに連れていき、その日少しだけ泳ぎました。とにかくやり遂げようという信念がありました。4週目。体の揺れ、不安、抑うつ、吐き気、嗜眠および倦怠感の増加、恐怖感。何か間違ったことをしているのではないか…と感じ始めます。何年もの間この薬の服用を黙認されていたと思うと怒りがこみ上げてきます。どうしてこんなことが起こったのでしょうか?ええ、おそらく処方箋を受け取るときは薬局の書類をもっと注意深く読んでおくべきだったかもしれません。しかし20年以上飲んでいたので何も疑わなかった。同じ週、精神科医への通院はもう必要ないとのことでした。かかりつけ医の祝福を受けながら精神科医への診察予約をキャンセルしました。二度とその門を叩きたくありませんでした。皮肉なことですが、精神科医はとても良いドクターだったので別の形で出会っていたなら彼女とは素晴らしい友達になれただろうにと思います。つづくわかると思いますが1週間で10%の減薬は急減薬です。ぜったいにマネしないでくださいChristy Huff, MDさん(クリスティ・ハーフ医師)のツイート「Day 15: Thankful I’m looking better. People that know me routinely stop me to tell me how much better I look. I had one mom at school text me the other day asking for my beauty secretsWell I painstakingly and methodically tapered off the drug that was poisoning me.(11月15日、断薬から8か月。回復に感謝です。周りからものすごく良くなったねっていちいち言われます。あるママ友にわたしの美肌の秘訣はなに?とか聞かれちゃってw。苦しみながらも方法論的手法(methodically)で減薬していったおかげよ)」現在                 減薬中」※ 減薬手法はアシュトンマニュアルを読んで基礎知識をつけたのち、米国NPO団体BICのメディカルボード医師達監修のもとに作られたベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューションを参考にしてください。それと、専門医を探そうとしている方はベンゾ専門医の見つけ方:ベンゾ断薬10のヒントを読んでみてください。自称”専門家”や"カウンセラー”が減薬バブルに乗って乱立してきてるのですぐに飛びつかないように!!『ベンゾの減薬は年単位で』『ベンゾ依存は依存(addiction)ではなく薬剤性神経障害(injury)』はじめましての方はこちら

    たくさん共感されています

    ジャーニーイントゥダークネス⑭
  5. だと思ってます。母自殺未遂を起こして、寝たきりになったのは、私が中学3年生、妹が小学4年生。ちなみに弟は中学1年生。児童相談所の方から施設に行くよう言われましたが、私と妹と弟は別々の施設に行くことになったので、土下座をして「離れ離れにはなりたくない」と3人でお願いしました。児童相談所の方が折れてくれて、週1で民生委員の方が訪問することを承諾したらいいとのことでした。それから、私3人だけの生活が始まりました。でも、上手く行くはずもなく弟が妹に暴力を振るうし、私は私でひきこもりから外に出るのが、怖くて泣いてばかりでした。それから、暴力を振るう弟だけ施設に行きました。2人の生活が始まりますが、順調ではありません。生活保護の方から、学校に行くことを進められ定時制に1年遅れで入学しました。それからが、大変でした。バイトに学校、家事。自分のことで、いっぱいいっぱいで妹がいじめにあってる事も、リスカしたことも気づくのが遅すぎました。妹は一切、甘えたことをしませんでした。赤ちゃん返りした時も、怒ってばっかで…。私がちゃんと甘え方を教えてたら今、妹が苦しむこともなかったと思います。私は、姉失格です。最低な姉です。ご飯やお弁当を作ってあげれなかったことが、多々ありました。もっと、抱きしめてあげればよかった。もっと、妹のこと見てあげればよかった。後悔ばかりです。施設に行けばよかったんでしょうか?分からなくて、涙しかでません。これからを大切に。とある人から言われました。私は、離婚していいと思ってます。そして、私が支えます。妹がかつて私を支えてくれたように。後悔なんてしたくない。帰り際、抱きしめてこう言ってきました。「妹は1人じゃないよ。私がついてる。」今は、唯一の家族です。応援してあげたい。支えてあげたい。妹が好きだから。来月、ハーモニーランドに妹と子供私と旦那様で行ってきます。妹にもいい息抜きになったらいいなと思います。楽しめたら嬉しいです。長文ですみませんでした。

    たくさん共感されています

  6. 時テレビに出ていた心理カウンセラーさんが、自分のクライアントに向かって、「子供の頃に言えなかったことを親に言ったらいい」と言っているのを聞いて、私も母親にこの事実を伝えてみよう、と思ったのです。ただ私が、母親にこの事実を伝えようと思ったのは、決して母親を責めようと思った訳ではなく、兄よりも軽い症状だからと言って、私に痛いという言葉を口にさせてくれなかった、私に我慢をさせたその行為に対して、「ごめんね」という、謝罪の言葉を聞きたいと思ったからでした。だから私は、実家に里帰りした時に、なるべく母親の気持ちを刺激しないよう、気を遣いながら切り出したのです。「子供の頃に病院で治療を受けなかったために、私の両膝は剥離骨折していたよ」って。医師の診断と、実際に変形している脛骨。この2つの客観的事実があれば、私の他の子供の頃のエピソードとは違い、さすがに私自身が変わった子供だったから、(母親は私が自分を発達障害ではないかと疑って精神科を受診し、ASD(自閉症スペクトラム障害)の可能性が高いという診断を受けたことは一切知りません)こんなことになったのだとは言われないだろう、私に対する対応が間違っていたと、思ってくれるだろうと、そんな期待を込めて母親に話したのですが。結果は、私の期待通りにはなりませんでした。「病院には連れていったでしょ」それが、母親の第一声でした。私は母親のその言葉では満足出来なくて、さらに母親に、整形外科の医師から言われた内容を伝えました。「ちゃんと治療をしてもらっていたら、治っていたと言われたよ」私のこの言葉は、母親の機嫌を損ねてしまったようでした。「医者が治療は要らないって言ったんだよ」不機嫌な母親の言葉に、私は悲しくなりました。私も母親が連れていった病院の医師が、私の症状は兄より軽いから、放っておけば治ると言っていたのは覚えていました。でも、その医師の言葉があったために、私が膝が痛いというたびに、「お前はお兄ちゃんより症状が軽いだろう」と、痛みを訴える私の言葉を奪ってしまったのは、母親だと私は思っていました。私も本当に膝が痛かったんだよ。私はただ、そんな子供の頃の私の気持ちを、母親に認めて欲しかっただけなのです。けれど私のそんな思いは、母親に届くことはありませんでした。「私の両膝は、もう剥離骨折したまま治らないんだよ」私の子供の頃の、辛かった気持ちを伝えたくて、勇気を出して始めたこの会話は。「悪かったよ!」私から顔を背けながら、吐き捨てるように母親から言われたこの言葉で、終わりとなりました。言わなければ良かった、、、後味が悪く、更に自分の心の傷を抉ったような形になった、母親とのこの会話に、私はとても後悔し、この出来事を母親の前で口にすることは、2度とありませんでした。けれど、この出来事から7年後の、亡くなった父の初盆の時に。実家にお坊さんを招いて、お経を上げてもらった後に、親戚一同で会食をしたのですが。その会食の時に、お経を上げてもらっている間、仏間で正座をしているのが辛かったと、伯母さんが私に言ってきたので、「私も成長期に膝が痛くなる病気になって、両膝の骨が剥離骨折しているので正座は辛いです」と返したところ、伯母さんは私より自分の方が、正座が大変だと主張したかったのか、「お前のお父さんも伯父さん達も、みんなそうだった。それはうちの家系では当たり前のことだ」と、全く出たら目なことを言い出しました。もちろん、親戚皆んな、両膝が剥離骨折しているなどという、そんな事実は無かったため、伯母さんの娘さんは、「またいい加減なこと言って」といった表情で顔をしかめていて、私は伯母さんの戯言だと思って、「そうですね〜」などと言いながら、その言葉を軽く受け流していました。私は言葉の正確さに拘る、ASD(自閉症スペクトラム)ではありましたが、20年以上に及ぶ社会人経験から、このような事実無根な戯言に、以前のように、正面から反論したりすることなく、受け流すスキルを体得していたのでした。ただ、その時に。伯母さんと伯母さんの娘さんの間に、座っていた私の母が、立って忙しく給仕をしていた私を、上目遣いに見ながら、「もう治らないのか?」と、ボソッと聞いてきたのです。私は母の、その突然の質問に動揺しながら、決してその動揺を悟られないように、「そうだよ〜もう治らないよ〜」と明るく軽く、何でもないことのように言いました。私の返事を聞いた母は、それ以上何も言わず、私から目を背けただけだったのですが。私は母のその姿を見て、やはり涙がこみ上げてきてしまいました。7年前に同じ会話をした時も、母は私から目を背けていたけれど。今の伯母さんとの会話には、一切でてこなかった、「もう治らない」という以前の会話で私が告げた内容を、母が私に質問してきたことで、あの時の会話から、母がずっと心の片隅で、私の膝のことを、気に病んでくれていたのだと、察することが出来たからでした。私の望んだ、母からの謝罪の言葉は聞けなかったけれど。母が私に悪いことをしたと思ってくれているのは、私の顔から目を背けた時の、母のやるせなさそうな顔で分かりました。母のこの言葉と表情で、私の心の中に蟠っていたしこりはスッと、消えていきました。7年越しで、いえ、中学生の頃からカウントしたら、20年越しで、私は母から、オスグッド・シュラッター病になった、自分の膝を心配してもらうという、願いを叶えることが出来たのでした。

    たくさん共感されています

  7. 月曜日あるある
  8. 夫からの手紙にパニック( ̄^ ̄)ゞ
  9. 歳の真冬の深夜祖母うつ病により自宅の裏の物置小屋で一人ひっそり首を吊って自殺したこと*15歳で私もうつ病と診断されたこと*22歳以降様々な精神疾患に苦しんだこと*34歳の秋初めて授かった命を初期流産したこと*35歳の秋授かった命の後からうつ病が悪化の一途を辿ったこと*せっかく誕生してくれた娘が3歳のお誕生日を迎える日までたったの一度も一秒もかわいいと思えなかったこと以上の思いが重すぎて胸が一杯過去を引きずりながら歩く私の足はもうすぐ止まってしまいそう。二年前の私はリアルの世界に明確な思いを吐ける相手がいないしそんな場所はどこにもありませんでした(友達には明るい私を見せていた)そんな私が唯一私らしくいられる家に辿り着いたのがこのAmebaと言う場所でした。思えば私の心の拠り所(よりどころ)であるAmebaで決して楽しい思い出ばかりじゃなかったし沢山のブロ友さんも失いました。また中には一緒にいるのがツラくなって距離を置いた人もいたかな……………そんな中ブログを描く季節は巡り日々のそれぞれと奮闘していたある日のこと。会社で他部署のマネージャーが同期の女性にパワハラがあることを知りふとリアルの世界を見渡せば辺りは皆が敵としか見えなくなって時にスマホで吐こうと文字の羅列を刻む時間まで苦しくなった時期がありました。全ての事から逃げたくなり自分の社会での肩書きのエトセトラなんて捨てたくなって仕事から帰路についた車内でパニック発作を起こしてみたり泣いてみたり消えてしまおうと思ったり。けれどやっぱりどれだけ気持ちが落ちた日もAmebaというスマホの中に広がる世界は私の心の居心地が良いあたたかい。時にいいねのビタミンCコメントからは鉄分やナイアシン。元気を貰えるまた歩こうとそう思える。時に夜になっても灯(あか)りのつかない私の部屋に暖を取るためのストーブの電源を押してくれるあなたやあなたやあなたとあなた。いつも私を支えて下さり本当にありがとうございます私の今後にまた急な坂道が見えたとしてもどんな困難があったとしても負けませんし諦めませんし逃げませんし祖母のようには消えません(祖母は自死により命を断ち私に計り知れない深い悲しみを与えたけれど………………「これほど遺族を悲しませるなら自殺してはいけないんだ」と教えてくれたのも祖母でした)私は今後も仕事家事育児自分の闘病娘を苦しめる小児喘息自分磨き家族の今日を守ること周囲の人に対する感謝と優しさ思いやり以上のことを念頭に掲げつつまたAmebaと共に日々の自分を歩んで行きたいと思いますので私AYAをどうか宜しくお願い致します私のブログをご覧の全ての皆さんいいねを下さる全てのあなた姉ブロ友さんアメンバーになってくれたあなたAll for youSpecia thank's読んでくれてありがとう2019/11/19AYA

    コメントが盛り上がっています

    Ameba開設2周年
  10. 前回の精神科診察で、ベンザリンをリボトリールに置き換えて。ベンザリンは、ずっと処方されていたものだったから、正直、眠れるか怖かった。でも、そこまでの悪夢はなくなり、眠ることはできている。さらに、自分でも眠れるように。ヨガをしてみたり。公園で子どもたちと、自転車乗って、日光浴したり。リボトリールにプラスして、眠るための、無理ない範囲でできる工夫。してみているあとは睡眠とは関係ないけれど、色々を。コストコのショートブレッド、購入したショートブレッド、大好き。これは毎年買うか悩むんだけれど、冷凍保存もできると聞き、購入。Walkersのショートブレッドが大好きだから、似たような味で、嬉しいあとは最近読んだ本。東野圭吾さん、やっぱり引き込まれるこれはドラマ化もされたみたいだけれど、ドラマは知らず。うつ病になり、長らく読書や、ましてドラマとか、見られてなかったから。読めるときに、楽しんでいきたいと思う。「使命と魂のリミット」は病院が舞台なこともあり、引き込まれました今日は外科外来でお仕事。無理なくいつもありがとう(途中貼らせて頂いた写真のうちの何枚かは、お借りしました。)

    コメントが盛り上がっています

    リボトリールにプラスして
  11. 生活保護支給日
  12. おバカな夫と頑固義父
  13. ーさんが紹介していヒーリング・バックペインという本のことを知りました。こちら サーノ博士のヒーリング・バックペイン: 腰痛・肩こりの原因と治療 3,980円 Amazon この本を読むだけで98%の人の痛みが治ってしまう。という触れ込みのすごい本らしい。というのだけは知っていました。実際に痛みがあったわけではなかったので購入はしなかったのですがケシーさんがここのところ何をやっても治らなかった腰痛がこの本を読んだら 一晩でほぼ痛みがなくなった!と動画の中で言われていたのでホントにそうだったんですねーこの本のなかでサーノ博士は腰痛などの痛みの原因は抑圧された感情なのだと言っています。抑圧された感情は人によっては悲しみだったり淋しさだったり怒りだったり喜びだったりとさまざまでしょうがそれらの感情がたまりにたまって限界値を迎えると溢れ出してしまうからそこに意識が行かないように体に3次元的な痛みを作って意識を痛みに集中させて抑圧された感情から意識をそらさせるというメカニズムが人間にはあるのだそうです。抑圧された感情に 氣付かないようにさせるために痛みを引き起こすんだってもう どんだけ~だから自分がどんな感情を抑えているのかがわかれば痛みが消えるという原理なんですって。この動画見て その説にめちゃくちゃ納得しまくり感謝行とかありがとうのワークって氣持ちを穏やかにするんだけど波立ってた感情も同時にどこかへ封印してしまうきらいがあるんだよね。ありがたいなぁって言ってるうちにネガティブだと思っている感情をなんとなく忘れてしまうようななかったことにしてしまうような。意識してなかったことにしようとしてるわけではないので氣付きにくかったわ!!なので 昨日の夜はありがたいことを書きだすことと嫌だと思ったことや悔しかったことカッコつけてた感情をもうほんと洗いざらいカッコ悪く無様に書き出してみたYo。そしたらなんやら今朝はすっきりさーそうそうこの本もおすすめです 未来人に教えてもらった病気の秘密  人類に病気がなくなる世界 バシャール✕おのころ心平 1,760円 Amazon 病気になる意味が宇宙視点で書かれているので世間一般の常識を破りたい方におすすめですそんな体の不思議なお話もしなながらスタイルアップしちゃいませんかお問い合わせはこちらからお申込みはこちらからCafe Reunion毎週月曜日(祭日はお休み)10時半から14時まで毎回共通のテーマは日々の暮らしに心の余裕としあわせを皆様のこれまでの人生物語を聞かせてください10分ほどのボディリーディングやカードリーディングなどもできますので当日リクエストくださいませ。28日(木)13:00~にはゲストの天然チャネラー カードリーダーにこさんが来てくださいますーカードリーディングのコツも聞けるしリーディングもしてもらえますよ参加費(カフェオレ・初女さんのおむすび付き) 3500円お問い合わせはこちらからお申込みはこちらから自分を生きるステップを綴ったテキストもございますのでお問い合わせくださいリーディングメニュー モニター様募集5000年の歴史を持つ易占い物事の吉凶を占います。範囲は狭いですが その分 的を得た結果が出ます。ギャラクティック ルーツ カードリーディング現在のあなたに影響を及ぼしている過去生や未来の自分から今のあなたへのメッセージなどをお届けいたします。手相鑑定ご自身の性質や持って生まれた才能(ギフト)などを再発見再認識する機会となれば幸いです。自分の真ん中で生きられるようにお届けいたします。ボディリーディング痛みや癖が語る体からのメッセージや セルフケアの仕方など今のあなたの体に必要なことをお届けいたします。易、カード、手相ともリーディングの他に未来へつながるメッセージ付きボディリーディングのみ対面でのセッションになります。全てモニター価格 1000円(募集期間 12月20日まで)*Cafe Reunionでは ご希望の方にこちらのリーディング致しますお問い合わせはこちらからお申込みはこちらからReunion MenuインスピレーションYogaインスピレーションボディワーク美しさが溢れ出すフォトセッション佐藤初女さんのおむすびの会Cafe Reunion占い メール便ボディリーディングご予約・お問い合わせお問い合わせはこちらからお申込みはこちらから*クリックすると詳細ページに飛びますインスピレーション*ボディワーク綺麗な姿勢と しなやかな心の作り方毎週水曜日 10:00~11:3013:00~14:30各90分 午前午後の2回自宅にての開催になります。ご友人様ともご一緒に受けられるパーソナルワークです。 猫と犬がおります。アレルギーのある方はご遠慮ください。  参加費 お一人様 10000円(お二人で受けられる場合は お一人様 8000円)お問い合わせはこちらからお申込みはこちらから物語を紡ぐnoteというアプリにて「かみさまへ」という長編小説と  「星野玉子さん」という短編小説を書いてます。 10月より毎日連載始めました~ちいさいまつりプレイヤー大募集!!~ちいさいまつりとは、場所も日時も宇宙オーダーのまつり!!あなたもちいさいまつりのプレイヤーになりませんか??ちいさいまつりブログプレイヤー参加はこちらFacebookの参加ボタンをポチッとお願いしますお待ちしてまーす輝く、セルフブランディング~まつり流、100人の仲間を作る方法~これからの働き方は横のつながりが大事!!横のつながり仲間のとの仕事の仕方をレクチャーします!!【日付】 2019年11月23日(土)【場所】 横浜【時間】 11:00~16:00【講座費】 15000円【募集人数】 30名お申込みはこちら

    痛みがある理由と 痛みが消える理由
  14. 事について、これは摂食障害の私が、「食べることに前向きになるため」に、私個人が調べて、解釈しているものですので、決して、万人向けのものでは、ありません。私に限っての、戯言に過ぎず、、ただ、食べることへの罪悪感や、吐きたい気持ちを軽くするために、栄養を摂って、元気になるために、記録しているものです。これを、予めご理解いただきたく、ご指摘があればご教示くださいますと、大変幸甚に存じます。また、私は、万人に効く薬や、治療方法は、(ひとつでは)ない。と思っています。それぞれが、自身に合ったもの(※)を、探して、見つけて、選んで、、身体と心の様子を伺いながら「元気になる」ことを目指していくことが、一番の治療である。と思いますし、、また、そうなるために、私のような、重度の摂食障害を、長年、放ったらかしにしてしまっても、、どうか、諦めないでほしい、という希望を込めて、綴っています。※ベジタリアンでも、肉食でも、砂糖を一切とらずとも、炭水化物を良しとしても、サプリメントを飲んでも、プロテインが合わなくても、、ひとそれぞれなので、同じだから、良いとか、違うからダメ、ではありません。私が、恐れている、「食べたら、(すっごく)太る」という強迫観念を緩めるために、、どれくらい食べたら、エネルギー消費されずに、脂肪細胞となって、体内に蓄積されてしまうのか、。もし、、食べ過ぎてしまって、太る恐怖に襲われたとき、吐くこと以外に、、どうやって、太ることを回避したら、いいんだろう、、?ということで。前回の記事より、重複しますが、、(拙い落書きと一緒にお楽しみくださいませ)炭水化物は、消化された後、肝臓を通ることで、グルコース(ブドウ糖)になり、脳のご飯(栄養)になります。筋肉を使うためには、グルコース(ブドウ糖)から、グリコーゲンに変換して、必要になるまで、筋肉に貯蓄されますが、肝臓と、筋肉に貯蓄できる、グリコーゲンの容量は、1,350kcal(約おにぎり8個分)で、それ以上になると、脂肪となって、脂肪細胞へ蓄積されます。また、肝臓で消化しきれなかった、脂肪酸とグリセロールが合体をすると、「中性脂肪」となって、血液内を流れます。この「中性脂肪」には、「核」と「脂肪滴(中性脂肪を貯める袋)」があり、血液内を流れる中性脂肪が、脂肪細胞の脂肪滴に溜まり続けて、3倍の大きさまで膨らむと、分裂。これを繰り返すことによって、脂肪細胞が肥大=太る現象が起こります。太らないためには、食事によって、過剰な炭水化物(糖質)や、中性脂肪になる要素を、摂りすぎないこと、血糖値の乱高下に注意すること、も重要ですが、いかに、体脂肪(体内に余っているエネルギー)を、無理せずに、効率よく、消費させるのか、日課のトレーニングを、楽しく続けるために、調べてみました。脂肪を燃焼、させるには、まず、筋肉や肝臓に貯蓄されている、グリコーゲンが、エネルギーとして優先的に使われ、、その後、脂肪の分解がはじまり、エネルギーとなって消費されます。蓄積された脂肪を、エネルギーとして消費するためには、「大量の酸素」が必要なため、長時間継続して行う、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が有効のようです。(私は、トレーニングをしていると、つい頑張らなければ!と力んでしまい、体力以上のことを求めてしまいがちですが、、それよりも、たくさん、「呼吸」をしながら、「長い時間」をかけて、気持ち良く歩いたほうが、効率がよく、脂肪の燃焼ができて、疲労も軽減できる、、と、無理をしない理由、を覚えることが出来ます。)ですから、「低糖質ダイエット」とは、脂肪よりも、先にエネルギーとして使われる、グリコーゲンの生成を減らして、より、早く、脂肪がエネルギーとして燃焼するように、という考えが含まれているようです。一日の中で、500g〜1kg以上の体重が増えることがありますが、これは、体脂肪の増減ではなく、大半が「水分」によるものです。通常であれば、摂取した水分は、体内の水分調節機能によって、代謝され、排泄したり、発汗したり、、自然と、元の体重に戻っていきます。一日の摂取量から、基礎代謝量と、その他(運動など)による消費量を差し引いて、余ったエネルギーが、体脂肪となっていくわけですが、、もし、300kcal分のエネルギーが、体内で余ってしまった場合、体脂肪換算すると、約40gです。※1kg(1,000g)=7,200kcal※脂肪の重さあたりのエネルギー量(g)は、9.3kcal。ですが、2割ほどは水分量なので80%換算します。これを毎日、繰り返したとして、体脂肪で1kg太るためには、単純計算しても、1ヶ月近くが必要です。ですから、もし、食べ過ぎてしまっても、次の日に、体脂肪、として「10kg」太ることは、不可能です。もし、食べ過ぎてしまって、翌日、体重が増えていたら、この場合の正しくは、「水太り」「浮腫」です。水分は、筋肉にも、脂肪にも、内臓にも、骨にも、身体中に存在していて、一番、溜め込みやすく、排出しやすいもの、です。私が、下剤や利尿剤依存になったのも、大量の水分を排泄することで、簡単に、体重を落とすことができるから。しかし、それは「痩せた」のではなく、体内の水分が、一時的に減っただけで、危機的状況(脱水)になってしまった身体は、少しでも、身体を潤すために、水分を溜め込んで、逃がさないように、死なないように、、浮腫みやすい身体になろうとします。ですから、下剤を使って、体内の水分が抜けきった体重は、、、「大嘘」です。その数字にしがみつくと、私のように、毎日、毎日、何度も体重を気にして、水分補給もできなくなって、下剤の使用量が増えて、、地獄の溝に落ちてしまいます。そうならないために、、下剤で、下してしまった後は、体重計に乗らない。下剤を使った日は、体重計に乗らない。過食嘔吐後、体重計に乗らない。毎日、毎日、、何度も体重計に、乗らない。いくら、気になっても、1週間に一度、体重の増減は、1ヶ月を通して、平均を保つように。心掛けるくらいが、ちょうどよい、のかもしれません。私は、、50gでも、体重が増えると、爆発したかのような、怒りと、悲しみと、絶望感から、やけくそになって。痩せたいのに、過食が酷くなってしまったり、、数字に縛られて、とても、苦しみました。そんな、、苦しみを、もう、繰り返さないように、食べることも。飲むことも。恐くないように、辛くないように、。吐かなくても、大丈夫なんだよ、、と、私が、わたしに、ちゃんと説明できるように。私の身体で、なにが起こっているのか、、これからも、知っていきたいです。何卒。

    たくさん共感されています

    体脂肪がエネルギー消費されるまで
  15. ~その後のプロセスヒーリング体験~アバンダンティア・アバンダンス・レイ伝授 <感想とその後>アバンダンティア・アバンダンス・レイ伝授感想 <嬉しい報告>アバンダンティア・アバンダンス・レイ伝授 感想 ~その裏にある豊かさに出会う~アバンダンティア・アバンダンス・レイ伝授感想 そうしているうちに確信へとセッション・ワークメニューOSHO禅タロットリーディングセッション…潜在意識にアクセス分離データアクセスセラピー・・・見つけられるのを待っているデータに会いにいきます意識の架け替えワーク・・・古いパターンを架け替え自ら望む生き方を創るフリースタイルセッション☆・・・自由にお話しながらその時必要だと感じることをしますOSHO禅タロットリーディング講座・・・禅のカードを使い自ら自分に繋がり読んでいく多次元データアクセス講座&総合セラピスト養成講座・・・自分を知り、自分を活かしていく光の柱が立った生き方へサイキックプロテクション®(新)・・・サイキックプロテクション®(新)感想アートワーク・・・ステップワーク  次元アクセスワーク  オリジナル連続ワーク  模写お問い合わせ、お申し込みは パソコン用メールフォーム 携帯用メールフォームお申し込みフォームからアクセスできない方は、tpotatos☆gmail.com の ☆を@に変えて送って下さい。

    体感アスペクトとホロスコープ~人生の深遠さと輝きを知る~
  16. の後はマイクと隔週カウンセリングを受けていました。彼は私をじっと見つめて言います。「あなたの不安について考えてきました。実はジアゼパムがあなたを壊している可能性があります。」 ・・・・ジアゼパムがわたしを壊す? そんなことは聞いたことがなく、長年ジアゼパムを飲んできてるしそれがいままでの悪夢の原因だとは露とも思わなかった。私は非常に興味をそそられました。マイクは離脱症状のサイクルを説明してくれました。簡単に言うと離脱症状とは薬の効能と反対のことが起きる現象だそうです。私の場合ジアゼパムを就寝前に飲むので、薬効が切れかかる朝に離脱症状が発生しているのではないかと彼は仮説づけました。起床時はジアゼパムの血中濃度が下がっているせいで離脱症状が発生しているのだと。たしかにジアゼパムが処方されたのは不安にも対処するためでした(アム注: 主症状は脚の痙縮だったようです)。したがって離脱症状には不安が含まれる。どんな薬物療法もカウンセリングも効果がなかった“不安”。私は非常に興味をそそられました。これは理にかなっています。ついに腑に落ちました。調査しよう!その日の午後、すぐに自宅で電話帳を手にし町内のさまざまな薬局に電話をかけました。ぜんぶで6人の薬剤師と話をし、全員わたしのホラーストーリーの犯人はたしかにジアゼパムかもしれないと話してくれました。ある薬剤師は、この薬をやめるための減薬スケジュールの説明までしてくれ「テーパー(先細り)」という言葉がでてきました。さらに恐ろしいことにジアゼパムはなんと2週間以上服用すべきでないことも知りました。私は26才~27才の時から20年以上服用しています!あまりに昔なので何歳だったのか正確に覚えてません。いまは53歳です。これまで以上に決意を固め、私はかかりつけ医のオフィスに電話し学んだことについてすべて話すために診察予定をいれました。その日はメモを忘れずに持ってきました。ジアゼパムが本当に犯人であるならすぐにやめたい!そして診察。かかりつけ医はジアゼパムが原因である可能性が非常に高いと同意しました。テーパリング減薬も同様に賛同しました。テーパリングを始められるように新しいジアゼパムを処方してくれ準備完了。私はこの戦争にもちろん勝つつもりです。ついに核心へ。ここからがまた長いんです州によって、ドクターによってまだ違うかもしれないけれど、米国でもベンゾの離脱症状を否定する医療者はだいぶ少なくなってきてるようですつづくNO-BDZさんのツイート「某自助グループでよく耳にしますね。 薬飲んだ患者が悪いだの、麻薬やアルコールと同じ抜き方。速い減薬を奨める。 そして水溶液減薬やテーパリング減薬を否定する。 それなのにあるSNSの水溶液減薬グループに代表者達が潜伏していたのを知らない人も多いでしょう。」毒きのこ摂食・キンツウさんのツイート「“減断薬に成功しても後遺症が残ることがある”とのことですので後遺症が残っても成功したという認識っぽいです。」NO-BDZさんのツイート「水溶液減薬で最後は慎重にソフトランディングして断薬成功したワイパックスさんのような方が自助会代表者にはまずいないですね。」※ 減薬手法はアシュトンマニュアルを読んで基礎知識をつけたのち、米国NPO団体BICのメディカルボード医師達監修のもとに作られたベンゾジアゼピンテーパリング戦略とソリューションを参考にしてください。それと、専門医を探そうとしている方はベンゾ専門医の見つけ方:ベンゾ断薬10のヒントを読んでみてください。自称”専門家”や"カウンセラー”が減薬バブルに乗って乱立してきてるのですぐに飛びつかないように!!『ベンゾの減薬は年単位で』『ベンゾ依存は依存(addiction)ではなく薬剤性神経障害(injury)』はじめましての方はこちら

    たくさん共感されています

    ジャーニーイントゥダークネス⑬
  17. こんにちわ薄毛に悩む 30代半ば女子アプリコットココナッツことアプコと申します。ここでは、私の薄毛についてとこれからの改善についてのブログになっています。少しでも誰かのお役に立てればと思います。アプコの簡易プロフィール✴︎15歳で縮毛矯正により薄毛 発覚✴︎17-30歳代(前半)見て見ぬ振りをして ここまできて薄毛も徐々に進行✴︎現在 2018.6 より薄毛治療開始✴︎父は30歳代から薄毛傾向、母は髪の毛に悩まないほどの剛毛♡いつも見に来てくれてありがとうございます!♡読者登録ありがとうございます!♡リブログも大歓迎!♡薄毛治療がメジャーになることを目指して奮闘中!!!♡皆様の観覧件数やコメントにより、アプコはブログを続けられております!最近 PayPayにハマってるアプコです!キャッシュレスって凄いですよね!Yahooカードと併用してるので、ポイントつきまくってますそして、つい最近Yahoo!ショッピングで購入したものを紹介しますこちらフローレスと言うシェーバーです!多毛症の影響で顔や指毛がひどく、いつもカミソリで剃ってましたその際の悩みが顔の目の下の生毛が剃れない手首の部分を剃ると毎回出血(たぶん刃の向きの剃り方が悪い)剃っても2日後には立派な毛が生えるそして見つけたのがフローレスどうやら、肌が敏感な方でも安心して出来るそうで。アプコの肌は強いのでカミソリ負けはしないのですが、さすがに2日に1回剃ってたら 肌も悪くなるんじゃないか、、と考えて、肌に優しいシェーバーを購入してみました中身はこんな感じ。コスメポーチにも入れれる小ささこれが刃の部分。電池は単三電池1本。初のシェーバーを使用した感想は、全く痛みが無いって事でした。あと、びっくりしたのが、目の下の生毛が綺麗に剃れてるのに感動しました!カミソリだとなかなか剃れなかった部分なので値段は確か(忘れたんかい)4300円でしたどうやら、ケーズデンキにも売ってるようです。ただ、偽物や類似品も出回ってるようなので、気をつけてください類似品は使い勝手が悪いみたいです。それでわ

    多毛症、剃るの大変です!
  18. たり、私のような鬱パニックの精神的な障害知的や発達障害など、私の知らない障害者様も沢山頑張って生きてます。スワンは知らなかったのですが、障害者の雇用についてネットですが、書かれていたのでスクショしました。障害者様の賃金は、安く私も障害者枠の仕事を探してました。鬱が悪化してしまい仕事はまだ早いと主治医に言われています。鬱になると引きこもりになったり誰にも会いたくなかったり寝たきりが殆どでした。ブログを始めたことで自信が持てるようになってきました。皆様のおかげですありがとうございます。クリスマスケーキは有名なパティシエやホテル、街のケーキ屋さんのイメージだけどスワンでは障害者様が、心を込めてパンやケーキも作っていることを知りました。障害者と言うデメリットも沢山あり偏見で見られていたりしますが、私はズボラだけど障害者枠で仕事されている方々は繊細で誠実で私みたいに愚痴ったりはしません。今年のクリスマスケーキはスワンにすることにしました。種類があるのでゆっくり決めたいと思っています。私のようなブログにアクセスしていただき本当に感謝しております。ありがとうございます。明日は友達に誘われてますランチです。パニックにならないように早めに頓服飲んで楽しめたらと思っています。私の好きな言葉必要とされない人はいないです。長々とお読みくださりありがとうございました。

    障害者雇用
  19. 今日はうつ病になってもうすぐ1年になるためちょっと書いてみます。おそらく今頃がうつ病になり始めた時期です。まだ仕事をしていました。普段泣かない、笑って誤魔化すわたしが職場で泣くことが増えた時期です。人員が足りず残業も増え、出勤日数も増えていました。苦手な事務とレジを行き来する毎日。苦手なお歳暮、クリスマスの予約の時期に入りてんてこ舞いな毎日でした。いつもなら笑って誤魔化せたのが何故か涙が出てしまう。職場で泣くなとも言われました。でも涙が出てくるのです。ちょうど幼稚園の謝恩会練習も始まり休みは休みじゃなくなっていました。そしてうつ病だと知り、12月休職。1月に退社しました。退社した始めは記憶がありません。ただずっと朝からベッドにいるだけの生活。テレビはBGMでしかなく頭に入らない。謝恩会練習とお迎えは行けました。幼稚園が大好きだったから。それ以外は何も出来ない日々が2ヶ月ほど続きました。春になり、次女が入学して少しずつ日常生活のリズムが付いてきました。けど誰もいない家でなにをしていいかわかりませんでした。苦手な家事をしなくては。働いていないんだからやらなければ。けど動かない。ADHDの先延ばしも関連しているのかもしれませんがただ家で何をしていいかわかりませんでした。親友ママから嫁ちゃんは家に居たらダメ。外に出た方が絶対いい、人と触れ合う方がいい!と言われました。デイケアの存在を知り、デイケアに行きたいと主治医に相談すると就労移行支援のパンフレットをもらいました。わたしは失業保険をいただいているため、こっちのほうがいいだろうとの話では話しでした。就労移行支援所は1件しか見ませんでしたが職員の方が温かく迎えてくれて、家からも近かったため通うことになりました。始めは毎日泣いていました。たくさんの人が怖かったんです。だれも知らない場所にいてただ泣く毎日。でも必ずスタッフさんの誰かがそばにいてくれて温かく見守ってくれて少しずつ授業にも参加できて仲間と話せるようになったのは約2ヶ月後くらいでした。 最近は仲の良い方も増え話せる人も増えました。授業にも参加できています。ただ、行くだけで体力が無くなり帰宅したら寝てしまいます。コンサータを飲み始め少しは楽になってきましたがまだまだ眠たいです。一番の悩みは昔ならできていた料理がなかなか作れません。献立も相変わらず浮かびません。家事もほとんどできていません。洗濯を干すくらいしか出来ません。調子がいいと出来ますが、それでも多分必要最低限の事だけです。家族のサポートもありなんとか生活ができている状態。家事に関しては俺から言わせたら昔と変わらないと言われますが…今は料理が出来ないのが辛いです。昔は手際よく作れていたのが作れない。お菓子やパン、気になった料理も作ってた。献立もバランスよく考えていた。作りたいのに作れない。なんで説明していいかわかりませんがそんな気持ちです。あとは外出があまり出来ません。昔はよく大型商業施設へ仕事終わりでも行けていたのに行けません。人の多さ、ザワザワとした音などで疲れてしまいます。子供のゲームの待ち時間すら待てません。1人でなら行けます。多分…けど家族で行くとなると疲れて座ってしまったり一緒に見て周れないのが悲しくなります。短時間なら大丈夫ですが、あまり行かなくなりました。物欲もあまりなくなりました。服に興味が無くなりました。冬服はまだ買ってないなぁ。欲しい気持ちもあるんですけどね。自分の体型がとにかく嫌です。お洒落するの好きだったのにお化粧すらしたくありません。寝たきりだった時期に比べ活動することも増えましたがまだまだ元気だった頃には戻れていないなぁ。なんて思います。でも確実に少しずつだけどできていることも増えている。本当に少しずつだけど。きっと良くなる。そう信じて。今日は髪をバッサリ切って心機一転してきました。10cmくらいは切ったかな。髪も暗めのアッシュにしました。幼くなりましたが、気分転換にもなりました。さて、寝まするるる。明日は支援所で母も一緒に面談してきまする。おやすみなさい。