5/25の記事ランキング

  1. 待ってました!トム・クルーズが『レイトレイトショー』出演!ジェームズを無理やり戦闘機に!
  2. 知名度を急上昇させ映画。前作「リング」の内容を受けた続編。配給収入:10億円。原作:鈴木光司監督・脚本:飯田譲治キャスト: 安藤満男 -佐藤浩市 高野舞 -中谷美紀 山村貞子 -佐伯日菜子 伊熊平八郎 -伴大介 安藤利恵子 -加倉井えり 安藤孝則 -菅原隆一 宮下 -鶴見辰吾 小林 -真鍋尚晃 舟越 -安達直人 前川警部補 -小木茂光 解剖助手 -岡田智宏、上沖俊 警官 -丹野由之、清水宏 吉野賢三 -松重豊 浅川玲子 -松嶋菜々子 高山竜司 -真田広之 デパートの父親 -鈴木光司(特別出演)あらすじ:幼い息子を死なせて以来、自殺ばかりを考えている解剖医・安藤(佐藤浩市)。ある日、彼は謎の死を遂げた高山竜司(真田広之)の解剖を担当することになった。安藤と竜司は学生時代の同級生だった。竜司の体を解剖した安藤は彼の胃の中から暗号の書かれた紙片を見つける。それは安藤たちが学生時代に流行った遊びで、彼は「DNA PRESENT」という言葉を読み取るのだった。そんな折、玲子(松嶋菜々子)が車の事故で息子の陽一と共に死んだという情報が安藤に入ってきた。だが、不思議なことに陽一は事故が原因で死亡したのではなく、事故の起こる前に既に死亡していたらしいのだ。玲子の死を不審に思った彼女の上司・吉野(松重豊)から、安藤にコンタクトが取られた。彼は、玲子が取材していた呪いのビデオについて、科学的な見地から意見が聞きたいと、安藤にビデオと玲子の取材手帳を渡す。半信半疑の安藤。しかし、ビデオを見た彼はその中に呪いが宿っていることを確信。そして、竜司の暗号が死ねずにいる安藤に死をもたらしてやる代わりに、ビデオをこの世から消滅させて欲しいというメッセージだととらえ、吉野からビデオのマザーテープを奪い取ると、それを破棄するのであった。ところが、ビデオを見ていない筈の吉野が安藤の前で死んでしまった。竜司の教え子で恋人でもあった、やはり不思議な力を持っている舞(中谷美紀)と共に謎を追究する安藤。そんな彼に、同僚の宮下(鶴見辰吾)から竜司の遺体から新種のウイルスが発見されたとの報告が入った。宮下は一連の事件がこのウイルスの感染によって引き起こされたという見解を示すが、安藤はそれがビデオや手帳を見た人物の網膜を通して体の組織へ入り込んだのだと気づく。そして更に、彼女の怨念=ウイルスを広めることに手を貸した人物は死なないのだということ、しかもビデオを見てから一週間が経過したにもかかわらず自分が生きながらえたのは、舞と寝た為なのだということにも! 舞の死体が発見された。遺体には出産の形跡があった。安藤は、舞の体を利用して蘇った貞子(佐伯日菜子)と対峙する。彼女の真の目的は、生きながら井戸に突き落とされた恐怖を皆に伝え、自分のような力を持つ新しい人類を地球上に生み出すことだった。貞子は、安藤に自分の子宮の受精卵に竜司のDNAを組み込み、竜司の再生を要求した。その代わり、安藤の死んだ子供も蘇らせてやると約束して。竜司のプレゼントとはこのことだったのだ。息子を取り戻すか、人類を裏切るか、選択を迫られる安藤。だが彼は要求通り、手帳を読んでしまっていた宮下を引き込んで、竜司と息子を蘇らせた。そんな安藤に、貞子と竜司は玲子の手記を小説として出版するのだと言い残し、去っていくのであった…。ネタバレ:安藤満男(佐藤浩市)は東京都監察医をする男。2年前に海難事故で幼い息子・孝則を亡くして以来、人生に対してやる気を失い、毎日死ぬことばかりを考えていた。孝則を救えなかった時に結婚指輪についた息子・孝則の頭髪と、息子の写真を眺めて毎日暮らしている。ある日安藤は、大学時代の同級生で、かつ友人であった高山竜司(真田広之)が死んだ知らせを受ける。変死なので、安藤の勤務する東京都監察医務院に高山の遺体は運ばれました。安藤が解剖を担当する。高山の遺体は特に外傷もなく、原因不明なので行政解剖になった。同僚の宮下と一緒に解剖を始めた安藤は、高山の心臓左側に壊死の痕を見つけ、左冠動脈閉塞による心筋梗塞とみなした。高山の喉に小さな潰瘍ができているのを宮下が見つけ、取っておく。高山の胃の中から「4141 74262918」と書かれた小さな紙片を見つけた安藤は、生前の学生時代に暗号作りが流行し、高山が「俺の作った暗号を解けたのは、安藤だけ」と言っていたことを思い出した。高山の、人とは違う能力を知る安藤は、高山の遺体が安藤に解剖されることまで予知して残した、自分宛の高山の最期のメッセージだと感じた。安藤は暗号解読に着手する。安藤は高山の恋人・高野舞と会った。死ぬ直前の高山の健康状態について質問するが、特に変わったところはないと舞は言う。舞は「死因はビデオテープ。ビデオを見たら死ぬ」と言い、安藤はそれが気になった。高山の死因は血管にできる腫瘍によるもので、喉の潰瘍は天然痘に似ていると同僚の宮下(鶴見辰吾)が言う。そんな折、高山の元妻・浅川玲子と息子・陽一が自動車事故で見つかったという知らせが入った。陽一は事故の前に死んでいた可能性があり、玲子は運転途中で後部座席の息子が死んでいるのを見つけて振り返ったことによって運転を誤ったのではないかと考えられた。玲子の上司のTVディレクター・吉野(松重豊)は安藤を訪ね、聞きこみをした。安藤は「自分の遺伝子をこの世界に残したことを後悔している」と高山が言ったことを思い出す。吉野は「ぜひ見てもらいたいものがある」と言い、玲子が残した手帳とビデオを安藤に渡した。手帳を読んだ吉野は、そのビデオは「母・志津子が自殺し、実の父に殺された山村貞子の怨念が宿り念写された」もので、貞子には人を呪い殺す力があったと告げる。科学的な見地から裏付けが欲しいので、ぜひ安藤に協力してもらいたいと言うが、吉野は咳をしながら去る。高山のメモから導き出された暗号は「DNA PRESENT」だった。ばかばかしい…と思いながらも、安藤は気になって仕方ない。吉野刑事から託されたビデオテープを視聴した安藤は、ビデオ視聴の後もさらに、南伊豆診療所で縁が1か所欠けた井戸と、ナタを持つ父に襲われて井戸に落ちる貞子と「生まれてくるべきじゃなかった」と父に言われる幻影を見た。すると、貞子がテレビから出てくる。ビデオテープに呪いが本当にこもっていると感じた安藤は、ビデオテープを何度も打ちつけて壊す。そして吉野に連絡を取り、「この事件は報道してはならない」と進言した。貞子の怨念がこもっている、本物の呪いだとも告げる。しかし吉野は放送する気満々だ。すでに貞子の出生についてもあれこれ調べていた。吉野が持っているマスターテープを渡せと安藤は詰め寄るが、取っ組み合いをしても吉野は渡さなかった。同僚の宮下が、同じ症状で死んだ人間が4人いることをつきとめ、喉にあった潰瘍は一種のウイルスかもしれないと安藤に言う。舞が訪れ、最後に高山が残した分厚い封書を安藤に見せる。大量の数式の後、最後の一枚は海辺で手を繋ぐ父子のイラストだった。安藤は「自殺しても死にきれない自分に死をもたらす代わりに、ビデオテープをこの世から消滅させてほしいというのが高山の願いだ」と思う。安藤は吉野から電話をもらい、訪問する。ビデオを見ていない吉野は「貞子の井戸は、1か所フチが欠けていないか」と聞いた。安藤がその通りだと答えると、吉野はマスターテープを渡す。吉野は「誓ってテープは見ていない」と言う。しかしそれでも夢に貞子が出てくるのだとも言う。吉野は、それはビデオテープがそばにあるからだと思った。その後、吉野は死に、安藤の元に手帳とビデオが残った。ビデオを破棄した安藤は「これで終わりだ」と思う。ビデオを見たのは自分が最後で、これで呪いは終わると考えた。しかし一方で、なぜビデオを見ていない吉野が貞子のことを夢に見たのかという疑問が残る。舞にすがった安藤は、舞と肉体関係を持つ。舞も高山と同じ能力があると聞かされた。吉野の死因が窒息死と判明した。天然痘のウイルスは見つかったものの、今までのものと死因が異なる。安藤は同僚・宮下に玲子の手帳を見せ「光通信で、体内でウイルスを再構築したのではないか」と言う。目で見ることにより、感染させるという意味だ。貞子の生きた時代が30年ほど前で、結核と天然痘が流行していることも併せて考える。その頃、舞は自室で吐き、鏡に白い女性・貞子を見て謎の失踪を遂げたが、安藤は知らない。安藤は舞に連絡を取るが、電話を何度かけても繋がらなかった。安藤の死ぬ1週間目、思い余った安藤は舞の自宅を訪問するが、ドアチャイムを鳴らしても誰も出てこない。落胆してドアにしゃがみこんだ安藤は、舞の部屋の扉から水があふれるのを見て、窓を割って突入する。部屋は無人で、浴槽にあふれた水が玄関まで流れ出ていた。1週間を過ぎても安藤は死ななかった。同僚の宮下に検査してもらっても、体内にウイルスは発見されない。一方、玲子の上司・吉野の方には、今までのと形状が異なるウイルスが混じっていた。死因が異なっていたのはそのせいだった。舞と何かあったのかと宮下は聞きますが、安藤ははぐらかした。宮下は咳をしながら研究室を出ていく。安藤の職場に舞が戻ってきたが、服装や化粧が変わっていた。派手になった舞は今度は積極的に安藤に迫る。その後、港の近くの廃ビル屋上にある通風口で、舞の死体が見つかる。通風口は井戸に似た形状で、舞の身体には出産した形跡が見られた。事件を担当した前川警部補は「呪われている」と感じた。前川警部補の話を聞き、安藤はにわかには信じられなかった。つい先日舞に会って抱いたばかりだ。そこへ同僚・宮下も来て「貞子の井戸はフチが1か所欠けていないか」と聞いた。宮下の首には赤い発疹ができている。吉野はビデオを見ていないのに感染し、今また宮下も感染していると気づいた安藤は「ビデオではなく手帳で感染した」と結論づけた。貞子の呪いから助かったのは玲子と安藤自身ということを考え、助かる方法は「貞子の呪いのウイルスの増殖に手を貸す」「貞子の協力者になる」ことだと気づく。派手になった舞は貞子だとも気づいた。安藤と舞が関係を持ったことで、貞子が生まれて蘇ったのである。貞子の本当の目的は、生きたまま井戸に突き落とされて殺された恐怖を、世間の皆に伝えることだった。貞子は安藤に、自分の受精卵を取り出して高山のDNAデータを組みこみ、子宮に戻すことを要求する。細胞分裂を早めるホルモンを使えば、2~3週間で死んだ時の年齢まで戻るそうだ。「そうすればあなたの願いも叶えられる(息子・孝則を蘇らせる)」と言われた安藤は、宮下に協力させて、計画を実行する。宮下に手伝わせることで、貞子の協力者になるから、宮下も死を免れるのだ。「裏切った相手は、この世界か、それとも神か」と宮下は言う。そして、蘇った高山竜司と貞子(見た目は高野舞)は、玲子の手帳を出版してさらに広めると言い残して去って行く。これからまた、人類には次の真価が始まるとも言う。安藤は高山に、「自分の子・陽一を蘇らせなくてよいのか」と問うが、高山は「残酷だから引き戻したくない。安息が訪れるのは、もっとずっと先なんだよ」と答える。立ち去る高山と舞を見送った安藤は、それでも息子・孝則が蘇ったことを喜んだ。海辺で手を繋ぐ父子の姿は、高山が残した封書の最後のイラストと同じだった。コメント:大ヒットした『リング』の続編で、ストーリーも継続しているホラー映画。前作『リング』ではちょい役だった中谷美紀だが、本作ではヒロインとして熱演している。『リング』シリーズの第2弾であり続編となっている。『リング』がシリアスなホラーであるのに対し、『らせん』は医学的見地なる新たな要素が加わっている。理論的に原因を究明しようという学者風な展開になっている。但し、見終わっても、なんだかすっきりしない。人類が新たに進化するらしいんだが…どう「進化する」のかが判らない。怖いという感じとも異なる。天然痘やら結核やら次々に出されるから、焦点がぼやけてしまった感もある。高野舞演じる中谷美紀の妖艶さはよく出ていた。中谷美紀という女優が、美しいだけでなく、妖艶さも持ち合わせていることがはっきり見える作品だ。これが重要で、映画界でトップクラスに昇りつめた女優は皆そうだ。若尾文子、京マチ子、岩下志麻など。この映画は、TSUTAYAで動画配信可能:らせん | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[ホラー]『らせん』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャスト・怪談のおすすめ情報。息子を海の事故で亡くした医師・安藤は、自身も死ぬことを考えていた。そんなとき、死んだ友人を司法解剖したことから、謎のウイルスを巡る事件に巻き...tsutaya.tsite.jp

  3. なら共鳴、そうでな映画ファンもきっと涙するに違いありません!前作の主人公イーサンと、愛犬ベイリーの後日談を物語の導入部としつつも、今回ベイリーが寄り添うのはイーサンの孫娘CJです。様々な犬種に転生を繰り返しながら、CJの恋と夢、そして成長を見守るべく、ベイリーは寄り添い続けます。そして、本作はベイリーとCJのドラマを主軸にしたドラマでありながら、イーサンとベイリーの物語の完結編でもあります。CJの家族とイーサンの家族がひとつになり、始まる物語と終わる物語が交錯する時、受け継がれていく大きな愛を、我々観客は見届ける事になるのです。【この映画の好きなとこ】◾︎イーサン (デニス・クエイド)前作に続くデニス・クエイドの続投に歓喜。今回のクエイドは、初老から晩年までを演じているが、その演技力にも脱帽。ベイリーと強く結ばれた絆は、もはや全人類のお手本。この人の顔が好きです◾︎ベイリー転生を繰り返す愛に溢れたワンコ。今回ベイリーは、モリー、ビッグ・ドッグ、マックスへと3度の転生を繰り返す。ベイリー(グレートピレニーズとバーニーズマウンテン・ドッグのミックス犬)モリー(キャバグル)ビッグ・ドッグ(アフリカン・ボーアボール)マックス(ヨークシャーテリア)◾︎ファーストシーンイーサンが運転するトラクターの荷台に乗ったベイリーの独白と、素晴らしいカットに本編開始早々に心鷲掴み!ザ・幸せの画。ベイリー曰く世界一幸せなワンコだと感じる瞬間こんな広い農場で放し飼い出来たら最高だよね◾︎イーサンとの再会孫娘CJに飼われている犬のモリーが、転生したベイリーである事に気づくイーサン。モリーに「CJを頼んだぞ」と、人知れずやり取りをする様がファンの心を擽る。まさか…ベイリー??そうだワン!「CJを頼んだぞ」世界一強い絆が再び◾︎アニマルシェルター保護動物譲渡会に出されたマックスが、来場したCJに気づく。自分に関心を示す他の飼い主候補に気に入られないよう、噛みつき作戦を決行するマックス。犬が噛み付くのは、他ならぬ理由があるんだなと妙に納得。CJ僕を選んでくれ!僕は君のモノじゃない!ガブー!◾︎追い出し作戦同棲中の恋人バリーに愛想を尽かしたCJが、荷物を纏め出て行く。マックスとバリーの飼い犬デュークからも「僕たちは君が好きじゃない」と睨まれる。犬心わかってるなあ。バリーに愛想を尽かし出て行くCJバリーの愛犬デュークにまで唸り立てられる。ワンコは繊細で敏感。嫌な人間はすぐにわかるのだ。◾︎グロリア絶縁状態だったCJの母グロリアを見たマックスが「犬が欲しいのはグロリアだ。愛が欲しいんだね」と悟す場面に、慈しみ深き心の広さを感じずにいられない。グロリアに歩み寄るマックス助けが必要と思う人には分け隔てなく寄り添う優しさ◾︎CJの初ステージ舞台恐怖症のCJが、母グロリアの「やってみなければ何も分からない」という言葉に奮い立たされ、曲を書きステージに立つ。ここから運命の歯車が音を立てて回り始める!歌詞をチェックするマックス(うそ)自身のドラマを歌うCJ舞台の成功を祝う幼馴染みのトレント◾︎守られていたCJイーサンの告白で、これまでベイリーに守られていた事を知るCJ。トレントの癌を探知し、宝くじを当て、CJとトレントを再会させ、イーサンの農場に連れて来たのはベイリーなのだ。ずっと側で見守っていたんだ!ジャンピングノック!ココめっちゃかわいいから!ベイリー引き寄せの法則こういうのホントにあると思うな。多分誰もが気づいていないだけで、きっと愛する誰かに守られている◾︎マックスの独白"僕はいとしい人たちにずっと大好きだよって伝えてきた" "僕の究極の目的は人を愛すること。いま僕がここで、彼らを永遠に愛せることが自分へのご褒美だ"CJが"いい群れ"の中にいられるように見守って来たお別れの時いつも側にいてくれたね。今度は僕がいるよ老衰したマックスに歌を聴かせながら見送るCJ◾︎虹の橋天命を全うしたマックスが雲の上を駆ける。そして、虹の橋の先に見たものは…。ワンコ好きが夢見る究極の理想に涙腺は完全崩壊!ありがとうマックス、ビッグドッグ、モリー、ベイリー君たちの愛を決して忘れないよ!人に足りないものは全て君たちが教えてくれたね世のすべてのワンコが幸せでありますように◾︎エンドロール一般公募と思しきたくさんのワンコ写真が映し出される。"ずっと友達だよ"のメッセージと共に映し出されるエンドロールは、本編同様にドラマティック!ここでまた涙のおかわりをします。゚(゚´Д`゚)゚。どのワンコもかわいいなどのワンコにもきっと愛のドラマがある『僕のワンダフル・ライフ』と『僕のワンダフル・ジャーニー』は、もはや聖書の上下巻であり愛の名言集です!『僕のワンダフル・ジャーニー』は、前作の監督ラッセ・ハルストレムが製作総指揮を務め、ゲイル・マンキューソが映画監督デビュー作品として手がけた作品です。愛に包まれた完璧な世界観を築いた女性監督マンキューソも、ハルストレム同様に愛犬家のようです。本編にCJがマックスを歌で見送るシーンがありますが、なんとこれは監督のマンキューソが愛犬を看取る時に行っている儀式なんですって!本物の愛犬家たちによって作られた、本物のワンコ映画なんですね!ワンコは慈しみ深き愛に溢れた生き物です。人間と違い、私利私欲で人を裏切ったり、騙したりする事が無い生き方には、本当に見習うべきところが多いと思います。今回ネット検索で、"犬の十戒"と呼ばれる愛犬家なら誰でも知っているワンコを飼うにあたっての10か条がある事を知りました。これは、ワンコから飼い主になる人への10のお願いです。その愛の言葉の数々にも、本編同様に涙が止まりませんでしたので紹介したいと思います。ご存じない方は是非読んでみてください!犬の十戒※独自の解釈で一部要約・意訳してあります1. 私の生涯は10〜15年です。だから、あなたと離れる時間が何より辛いのです。私を飼う前に、どうかその事を覚えておいてください。2. 私はあなたが何を求めているのか、理解するまでに少し時間がかかります。だから理解するまで待ってほしいのです。3. 私を信頼してください。それが私にとって、あなたと生きる幸せなのですから。4. 長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには他に仕事や趣味もあり、友達もいるかもしれない。でも、私には、あなたしかいないのです。5. 時々私に話しかけてください。言葉の意味は分からなくても、私はあなたの言葉を聞けば、あなたが何を思っているのか分かるのです。6. あなたがいつも私にどんな風に接しているか、思い起こしてみてください。あなたがくれた愛を、私は決して忘れません。7. 私を叩いたり、いじめたりする前に知って欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることも出来ますが、決してそれをしないようにしていることを。8. 私がいう事を聞かない時は、何か理由があります。食事や環境かもしれないし、体が老いて弱って来ているのかもしれません。9. 年が老いても、どうか世話をしてください。誰もが平等に、同じように年を取るのですから。10. お別れのその時まで側にいてください。「つらくて見ていられない」などと言わないでください。あなたが側にいてくれることで、私は安らかに逝けるのですから。そして、どうか忘れないでください。私がいつまでもあなたを愛していることを。どうですか、この愛に溢れた言葉の数々。飼い主へのお願いでありながら、人の生き方を説いた言葉にすら思えます。そう考えると、やっぱりワンコに学ぶことは多いなと思わずにはいられないのです。そんな尊敬の念と、ありったけの愛を、今日で3歳になる大好きなボクのワンコに捧げます。たくさん食べて、たくさん遊んで長生きしてね!そして、世のワンコがみな同様に幸せでありますように!前作はこちら僕のワンダフル・ライフ『僕のワンダフル・ライフ』犬ゴコロわかってるなあ…2017年 監督/ラッセ・ハルストレム犬好きなボクが大満足の作品です!!動物映画って泣かせようとして作っている作品が多いと思うんです…ameblo.jp

    この記事が話題になっています

    僕のワンダフル・ジャーニー
  4. 舘ひろし(特別出演映画会社のゲーム開発室室長。大衆娯楽の王様である映画製作に憧れて働いてきたが、ゲーム開発の部署に配属されたことを嘆いている。「Q-ZAR」ではレッドチームとなる。奈美に一目惚れし、それ以降一人で時々遊びに行くようになる。ゲームは苦手で、冒頭のゲームセンター内のガンシューティングゲームでは、短時間でゲームオーバーになっている。大島演 -深江卓次柳田の部下。柳田、沢田と3人で遊園地のゲームコーナーに遊びに行き、柳田とガンシューティングゲームの協力プレイをする。ゲームを毛嫌いしている柳田に体験させる。「Q-ZAR」ではグリーンチームとなる。沢田演 -三橋貴志柳田の部下。柳田と大島が2人で協力プレイヴァーチャルリアリティやインタラクティブなど日常会話でカタカナ語を使う。先述のガンシューティングゲーム中は後ろで2人を見守るが、柳田の下手っぷりにニヤニヤする。「Q-ZAR」ではグリーンチームとなる。奈美演 -水野美紀遊園地職員で光線銃を使った体験型アトラクション「Q-ZAR」(キューザー)の進行役を務める。手のひらサイズに収まった秘密情報を地球に届ける設定で、参加者たちに護衛してもらう。最高得点者が隊長の称号とバッヂを与える。後日柳田に高得点者が集う「Q-ZAR」の大会(今回だけはチーム戦ではなく個人戦で最後の1人になるまで戦う)への参加に誘う。丸山演 -イジリー岡田「Q-ZAR」の常連客。これまでに何度も最高得点者となっている強者で、その証であるバッヂを約20個ほど獲得していることを鼻にかけている。グリーンチームの一員として柳田たちレッドチームの参加者と戦う。奈美から営業スマイルで讃えられており、内心好かれていないが自身は気づいていない。「観覧車の女」典子演 -瀬戸朝香作中では、登場人物の中でも特に観覧車に乗っている回数が多い人物。スポーツしている男性が好きだが、サッカーより野球が好き。あまり物事を知らないような発言をしている。素敵な恋愛に憧れているが、さり気なくボディタッチをしてきたりすぐにHに持っていこうとする男たちに落胆し、いい出会いを求めている状態。松村演 -清水圭JFL(ジャパンフットボールリーグか日本フットボールリーグのどちらかは不明)に所属するサッカー選手。典子といまいち会話が噛み合わないことを頭を抱える。倉本演 -羽賀研二敏腕CMプランナー風の男。典子と遊園地の観覧車に乗って、モデルのオーディションへの参加を勧める形で口説こうとする。川合演 -松岡俊介2月の日曜日に典子と観覧車に乗る。女性とHすることをいつも考えている。趣味は、ハーモニカで即興で曲を奏でることもできる。洋介演 -西島秀俊遊園地の観覧車担当のバイト。来園者が観覧車のゴンドラに乗り降りする時の扉の開閉作業をしている。観覧車に乗る恋人たちの様子を目の当たりにしながら、密かに彼らを羨ましく思っている。あらすじ:「ダブルデートの話」佳江は、ライヴ活動に夢中のドラマー・浩二と恋愛中だが、気持ちが離れつつあるような感触を持っていた。ある日、佳江はバイト先の友人・恵美に、彼女の年上の彼氏・達也とのダブルデートを提案する。アミューズメントパークでのデートの間、オトナの達也に一目惚れした佳江は、彼を独り占めにしてしまう。残された恵美は、達也との仲がギクシャクし始めていたこともあり、浩二とホテルで結ばれてしまった。そうとは知らない佳江は恵美にもう一度ダブルデートを提案するが、当日、達也と別れてしまったらしい恵美は一人で現れた。楽しそうに遊ぶ恵美と浩二を横目で見ながら、いっぺんにブルーになってしまった佳江は、恵美のバッグから恵美と浩二の仲睦まじいホテルでの写真を見つけてしまった。だがバレンタインの夜、2周年を迎えたアミューズメントパークのオールナイト・フェスティバルの花火を見ながら、佳江と浩二は自分たちの子供っぽい関係を反省して仲直りするのだった。「お見合いの話」アミューズメントパークの企画管理部に勤める真由美は、妻子持ちの藤川という男と不倫の関係にあった。藤川は離婚寸前だが、次の日曜日には妻の杏子と娘の綾が彼に会いに来るという。真由美は見合いの相手・村山に自分の仕事場を見せると偽って、妻子を連れてパークに遊びにやって来た藤川の親子水入らずの様子を伺っていた。ところが、突然藤川がめまいを訴えて倒れてしまい、医者である村山は藤川の様子を診て自分の病院へ運ぶ。村山に今度は自分の仕事場を見て欲しいと連れて来られた真由美は、藤川が進行の早い悪性癌に冒されていると聞いてショックを受けた。真由美は藤川との関係を村山に告白して、自分の勝手さを詫びる。村山はそんな真由美も受け入れ、真由美も藤川に自分の幸せな結婚を見てもらいたいと村山に交際を申し込むが、そんな矢先の藤川の死のショックで村山との結婚を断念。村山もそれを受け入れることにした。「典子と男たちの話」典子はいろんな男性とアミューズメントパークにデートにやって来るのだが、相手の男と上手くかみ合った試しがない。サッカー青年の松村とは典子の運動音痴が祟った。ヤンエグCMディレクターの倉本やミュージシャン青年の川合は体だけが目的の男だった。大観覧車の係員・洋介は、そんな典子の決して幸せとは思えない様子を見つめていた。バレンタインの夜、一人でやって来た典子に洋介は声をかける。意外な展開に動揺する典子だが、初めて本当の愛を掴めそうな予感に胸が震えるのだった。「結婚詐欺の話」美智子は、アミューズメントパークでのデート中に、君彦から突然のプロポーズを受け、ビックリしてしまった。二人は早速ホテルの式場を予約するが、実は君彦の正体は結婚詐欺師だった。女性側に式場の予約金を言葉巧みに払わせ、後日破談になったからと言って一人でキャンセルしに行き、その金を頂戴してしまうとういう手口で、これまでも何人もの女性を騙してきたのだ。しかし、今回は幸せそうな美智子の表情を見て、君彦も心の奥底で気持ちが揺らぎつつあった。実は美智子は君彦を逮捕するために囮捜査をしていた女刑事だった。まんまと罠に嵌まって連行される君彦の後ろ姿を見ながら、美智子も胸の痛みを感じている自分に気づいていた。「誘拐の話」ストップウォッチを片手に熱心に観覧車の時間を計っている純は、恋人を車の事故で失ったという暗い過去を持っている。事件は犯人が議員秘書であったことから揉み消されてしまっていた。犯人の野々村に復讐を誓った純は、野々村の愛娘・絵里の誘拐を画策し、完全犯罪遂行のためにアミューズメントパークに下見に来ていたのだ。いよいよ計画実行の日、絵里をナンパして連れ出した純は、乗り物に弱かったためにフラフラになり計画がバレてしまうが、意外なことに絵里が純の計画に協力すると言い出し、二人は計画を実行する。野々村や警察とカー・チェイスを繰り広げた末、二人は大金をせしめることに成功するのだった。「ゲームの話」京都映画のゲーム開発部に異動になった柳田は、部下と一緒にアミューズメントパーク内にあるゲームセンターでシューティング・ゲームを体験する。初めは小馬鹿にしていた柳田だがコンパニオンの奈美の演技にもつられ、どんどんのめり込んでいくのだった。チャンピオン大会で宿敵・丸山を倒して優勝した柳田は、奈美をデートに誘う。いい雰囲気になった柳田は愛を告白しようとするが、奈美はゲームに熱中する人って苦手と相手にしてくれなかった。「待ち合わせの話」恋人に待ちぼうけを食らわされた麻美は、アミューズメントパークで明夫にナンパされた。強引な彼の行動に最初は素直になれなかった麻美も、次第に打ち解け合い、もしバレンタインデーまでに恋人が出来なかったらもう一度ここで会おうという約束をして別れた。やがてバレンタインの夜、二人は互いの存在に気づいたものの、既に明夫の乗った遊覧船が港を離れてしまって、ちゃんとした再会を果たすことは適わなかった。しかし二人の胸中にはまた会えるという確信があった。「占い師の話」アミューズメントパークの占いコーナーで仕事の採用が決まった芳明は、帰り道に擦れ違いざまぶつかった真紀から痴漢呼ばわりされる。ムッとする芳明だったが、内心では真紀に魅かれていた。後日、その真紀が客として芳明の所へやって来る。コスチュームを纏った芳明のことに気づかないのにつけこみ、芳明は真紀に道で体が触れ合った男こそが運命の男だと占い、彼女の身辺をわざとウロウロしてみせるのだった。真紀もだんだんと芳明に心を開いていくが、彼女の本当の気持ちは“占い師”に傾いていた。占い師に愛を告げようと占いコーナーを訪れた真紀は、彼がそこをやめてしまったことを知って愕然とする。傷心の思いで帰る彼女に、似顔絵コーナーの絵描き・瀬川が占い師の似顔絵を渡してきた。その紙の裏面には芳明の顔が描かれており、真紀は占い師が誰だったのか初めて気づくのだった。コメント:遊園地という固定された場所で起こる個々のストーリーと、それが交差し展開されてゆくストーリーが心地いい。中谷美紀、菅野美穂、加藤雅也、舘ひろし、山口智子とキャストも豪華。当時まだSMAPに居た森且行が印象に残ってるが・・・西島秀俊も出てる。中谷美紀の映画デビュー作。やはり子供の頃から多くのエンターテインメントの経験をしてきているだけに、全く他の俳優に負けていない。そして、美しい!スタートからこんなに出来る女優は珍しい!この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も可能:大失恋。 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[恋愛]『大失恋。』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。アミューズメント・パークを舞台に、8組のカップルの恋愛模様(ダブル・デート、結婚詐欺、ゲーム中年、占い師の恋)を同時進行で描く。豪華演技陣が揃う、笑え...tsutaya.tsite.jp

  5. 」「リング 」 レビュー「リング 」 プレビュー原作:鈴木光司『リング』脚本:高橋洋監督:中田秀夫キャスト:浅川 玲子演 -松嶋菜々子主人公。一人息子の陽一と暮らすシングルマザー。姪である智子の不審な死に興味を持ったことがきっかけで息子ともども「呪いのビデオ」を見てしまい、息子と自分の呪いを解くために呪いのビデオの真実へと迫っていく。原作の浅川和行に相当するが、性別が女性と変更されており、職業もテレビ局のディレクターという肩書きに変更されている。また原作の近視という設定もなくメガネを掛けてはいない。高山 竜司演 -真田広之もう一人の主人公。大学で非常勤講師をしている。主人公の協力者として終盤まで行動を共にするが、物語の終盤で貞子に呪い殺されて死ぬ。映画版独自の設定として、玲子の元夫であり陽一の父親で、超能力者であるという設定が与えられている。また原作では楽観的で冗談を言う事が多い軽率な面が目立つが、映画版では終始シリアスで物事を深刻に考える人物となっている。高野 舞演 -中谷美紀竜司の勤める大学の教え子であり恋人で、映画版の結末では竜司の遺体の第一発見者となる。本作では顔見せ程度の登場だが、続編『らせん』と『リング2』では主要登場人物となり、それぞれ異なる運命を辿る。大石 智子演 -竹内結子玲子の姪で、陽一のいとこ。原作同様に物語冒頭において「呪いのビデオ」の最初の犠牲者として登場し、その後口を大きく開き白目を剥いた苦悶の表情で死んでいるところを発見される。倉橋 雅美演 -佐藤仁美智子の友人。物語冒頭で「呪いのビデオ」の都市伝説を智子に語るが、その際に智子からビデオを見たことを打ち明けられ、その直後に智子の最期を目撃してしまう。大石 良美演 -しみず霧子智子の母で、玲子の姉。智子の死に大きなショックを受けており、遺体を目撃した時の様子を玲子に話す。玲子の叔母演 -大島蓉子智子の葬儀の参列者。棺の中を見せようとしない葬儀に不信感を抱く。浅川 陽一演 -大高力也玲子と竜司の間に生まれた子供で、小学生。親権は玲子の側にある。智子の霊を目撃し、誘われるままに「呪いのビデオ」を見てしまう。浅川 浩一演 -村松克己玲子の父で、陽一の母方の祖父。遊びに来た陽一を預かり遊び相手をする。ラストシーンでは陽一の死を回避するため、玲子から「呪いのビデオ」を見せられることになる。吉野 賢三演 -松重豊玲子が務めるテレビ局の報道局に勤める人物。物語冒頭で玲子の調査に協力する。岡崎演 -柳ユーレイ玲子の同僚であるアシスタントディレクター。物語冒頭で玲子の調査に協力するほか、伊豆大島へと出立した玲子に代わって東京で貞子について調べるなど、原作小説における吉野の役割を一部引き継ぐ。小宮演 -李鐘浩玲子の同僚であるカメラマン。物語冒頭において、「呪いのビデオ」にまつわる都市伝説の取材で玲子に同行する。映画版オリジナルの登場人物。早津演 -田辺博之原作小説と同様、伊豆大島を訪れた玲子と竜司を出迎え、山村家が運営する旅館を手配する。玲子と竜司が伊豆に戻ろうとした際には、嵐で海が荒れていることを説明して2人を制止しようとした。辻瑤子演 -池田真紀能美武彦演 - 高山隆志山村 貞子演 -白井ちひろ(少女期)、伊野尾理枝(成人期)、宮崎紀彦(目のアップ)「呪いのビデオ」を生み出した、リングシリーズを通してのすべての元凶。故人。強力な超能力を持つ女性であったが、殺害され井戸に遺棄され怨霊と化す。映画版では長い前髪で顔を隠し割れた爪を持つ、白い服の女性として幾度か映像に登場し、クライマックスではテレビの映像の中から這い出て竜司の元に現れる。本作中では素顔をはっきりと見せない描写がされており、クライマックスでも片目のみを大写しにして顔全体を描写しないという演出がなされた。山村 志津子演 -雅子貞子の母親。故人。原作同様に三原山の火口に身を投げて自殺したとされる。映画版では過去に伊豆大島の噴火を千里眼により的中させたことが新聞に紹介されており、そのことが「呪いのビデオ」の来歴を玲子や竜司が調べる上でのヒントとなる。また原作と異なり衆目の前での超能力公開実験を成功させるが、それを手品であると非難され、その際に彼女を批判した記者を幼少期の貞子が呪い殺してしまうという経緯が描かれている。伊熊 平八郎演 -伴大介妻子を持ちながら志津子と不倫し貞子の父親でもあるとされる人物で、超能力の研究者として山村志津子の実験に立ち会うのは原作と同様。映画版では生前の貞子を井戸に突き落として殺害する。山村 敬演 -沼田曜一、武田敏彦(青年時代)志津子のいとこ。伊豆大島の差木地で漁師の仕事をしており、息子夫婦が経営する旅館の宿泊客として山村家を訪れた玲子や竜司と遭遇する。山村 和枝演 -梶三和子山村家が伊豆大島の差木地で営んでいる旅館の女将。あらすじ:「見ると一週間後に死ぬ」──子供たちの間で噂の広まる呪いのビデオの取材をしていたTVディレクター・玲子(松嶋菜々子)の親戚の娘・智子(竹内結子)が、そのビデオを見て死んだ。しかも、一緒にビデオを見た3人のクラスメイトも、同日の同時刻に死んでいたのだ。真相を探るべく、智子たちがビデオを見た伊豆の貸別荘へ赴いた玲子は、そこでビデオを発見。自らもそのビデオを見て、死の予告を受けてしまう。呪いを解く方法はないのか。玲子は、大学で講師をしている離婚した夫・竜司(真田広之)に助けを求めた。彼は、人や物から記憶を読み取る不思議な力を持っているのだ。玲子の持ち帰ったビデオを見た竜司は、ビデオの映像から三原山の噴火に関係があることを掴み、玲子と共に大島へ飛ぶ。そこで彼らは、そのビデオの映像が、千里眼という不思議な力を持っていた為に人々から恐れられ、気がふれて噴火口へ身を投げて死んだ山村志津子(雅子)という女性の娘・貞子(伊野尾理枝)の怨念が念写されたものであることを突き止める。貞子もまた母の力を受け継いでいたせいで、千里眼を研究していた伊熊博士によって井戸に突き落とされ殺されていたのだ。呪いを解くには、貞子の遺体をビデオに映る井戸からあげてやることだ。その井戸は伊豆の貸別荘の下にあった。蓋をされた井戸に潜り、貞子の死体を探す玲子と竜司。予告された玲子の死まで時間がない。果たして、玲子たちは貞子の亡骸を探しだし、死を免れることに成功する。ところが、東京へ戻った竜司が謎の死を遂げてしまう。呪いはまだ解けていなかったのだ。では何故自分は死ななかったのだろう。呪いを解くには、ビデオを見てから一週間以内に別の誰かに見せることだと気づいた玲子は、ビデオを見てしまっていた息子の陽一を助ける為、ビデオを持って実父の元へ車を走らせるのであった…。ネタバレ:〔9月5日 日曜日〕「お前は1週間後に死ぬ」女子高校生の大石智子(竹内結子)と雅美(佐藤仁美)は、智子の家でおしゃべりしていた。智子は雅美に、岩田君たちと一緒に遊びに行った先で、変なビデオを見たと言う。ビデオを見た直後に、無言電話がかかってきたとも言った。雅美は「私を脅かそうとしてるんでしょ」と茶化すが、智子の怯えようは本物で、電話が鳴るとびくっとする。ちょうどその時かかってきた電話は、智子の母からで「帰りが遅くなる」というものだった。しかし雅美がトイレを借りている間に、智子は死んでしまう。時刻は21時40分過ぎで、その死に顔は「すごく怖いものを見たような表情」だった。…テレビ局のディレクター・浅川玲子(松嶋菜々子)は、今子どもたちの間で噂になっている「呪いのビデオテープ」という取材をしていた。呪いのビデオとは、見ると1週間後に死ぬと女性に言われるという噂で、皆「友だちに聞いた」という伝聞だったが、「見ると1週間後に死ぬ」「伊豆の方」という情報は共通している。取材をした後、新聞記事を見た玲子は、アシスタントディレクターの若者・岡崎に、横浜市の「車中より変死体」「私立女子高生(17)、予備校生(19)」という記事の詳細を調べるよう頼む。その日の夜、玲子は親戚の娘・智子の通夜に行く。岡崎から電話が入り、変死体の女子高校生は智子と同じ、横浜の聖啓女子学院高校に通っていたことが分かった。智子の同級生に聞いた玲子は、智子が1週間ほど前に友人3人と伊豆に泊まりで遊びに行き、その仲間全員が同じ日の同じ時間に亡くなったと知り、呪いのビデオの噂と関係があるのではないかと考える。亡くなった子たちは皆恐怖の表情を浮かべており、死因は突然の心臓停止で、薬物の摂取はないとのことだった。そこには何とも言えない不気味な映像が映っていた。・井戸の中から見える、空の映像(人影らしきものあり)・髪の長い女性が櫛を使う鏡を見る映像、女性が振り返る、右側に一瞬、長い髪の少女が映る・文字が踊る新聞記事(噴火の記事内容)・這って進む男たち・白い布を被った男性が、右手で画面左の方を指さす・左目のアップ、目の中に「貞」という文字が反転・井戸を映した映像…さほど長くない映像を見終わった瞬間、玲子のコテージの部屋の電話が鳴る。取ると、無言だ。咄嗟に玲子が時計を見ると、時刻は19時7分だった。これが呪いのビデオだと確信した玲子は急いでビデオを持ち帰る。あと1週間、と思いながら。〔9月14日 火曜日〕離婚した玲子の元夫・高山竜司(真田広之)は、超能力を持っていた。人間や物体から記憶を読みとる能力だ。玲子は、現在は大学講師をしている竜司を家に呼び、相談する。話を信じようとしない竜司にポラロイドカメラを渡すと、玲子は自分を撮れと言う。竜司が玲子を撮ると、玲子の顔部分は歪んで写っている。玲子が持ち帰ったビデオを見た竜司は、呪いは本物だと感じた。玲子にビデオのダビングを指示する。〔9月15日 水曜日〕玲子は勤務後に、竜司宅に行く。竜司はビデオの解析をしていたが、専門の機材が必要だと言い、明日以降テレビ局の機材で細かい分析をすることにする。玲子は宿泊客のリストを調べたが、テープを持ちこんだ人物はいなかった。櫛を使う女性の映像で「この角度から撮ればカメラマンが鏡に映るはず」と指摘する。竜司の家に、教え子兼助手兼恋人の高野舞(中谷美紀)が来て、玲子と竜司の仲に嫉妬する。玲子と竜司は、男が指をさすシーンで「しょうもんばかりすると、もうこんがくるぞ」という言葉を聞き取る。〔9月16日 木曜日〕この日、玲子が取材した内容がテレビで放送される。玲子に竜司から電話があり、「しょうもん」=「水遊び」、「もうこん」=「化け物」という方言だと伝える。「水遊びばかりしていると、化け物が来るぞ」という意味だ。伊豆大島の方言で、噴火は三原山だと判明した。図書館で新聞記事を探した2人は、該当する記事を見つける。その下に小さく「差木地の女性 噴火を予知」という記事がありました。竜司は玲子に、伊豆大島の局員を紹介してくれと頼み、残りあと4日は陽一の傍で過ごせと言う。智子の自室にあった写真を現像した玲子は、智子ら4人が「伊豆パシフィックランド」に宿泊していたことを知る。現像した4人の顔部分は、なぜかすべて歪んで写っていた。その日の夜、玲子の小学低学年の息子・陽一が「智ちゃん、呪いのビデオ見たんだよ」と言う。玲子は伊豆パシフィックランドに行った。現像された写真の通りB4のコテージに宿泊予約を取り、部屋を物色するが、特におかしな点はない。フロントに問い合わせに行った時、玲子はフロントの貸しビデオの棚に、1つだけラベルのないテープを見つけ、借りて視聴した。〔9月17日 金曜日〕息子・陽一を連れて、玲子は父親のところへ行く。孫の陽一と父は川で魚捕りに興じ、陽一は夜、ぐっすり眠った。夜になって玲子は竜司と連絡を取る。三原山の噴火を予知した女性の名は「山村志津子」と言い、40年前に三原山に身を投げて自殺していると竜司は伝え、「明日、大島へ行ってみる」と言う。深夜、「おばさん」という智子の声が聞こえたような気がして目を覚ました玲子は、息子・陽一が呪いのビデオを見ているのを発見して愕然とした。最後の井戸の映像では、玲子が最初に見た時には井戸だけでしたが、今回は井戸から髪の長い女性が這い出ていたのだ。「智ちゃんが、見ろって」と陽一は言った。〔9月18日 土曜日〕息子・陽一を父に預け、玲子は竜司と共に大島にフェリーで渡った。その時に竜司に問い合わせて知ったのだが、実は竜司も14日に玲子宅を訪問した時に、智子の霊が見えていたという。そして竜司の血を引く陽一も、智子の霊が見えていたのだ。志津子のいとこに当たる人物が旅館を経営しているとのことで、そこを訪ねる予定だった。その後の竜司の調査で、山村志津子は当時「千里眼がある」として超能力の研究者・伊熊平八郎に見出されてマスコミに注目されるが、実験中に騒動が起きて1人死者を出し、それがきっかけで自殺したことが判明する。死んだ志津子には娘・貞子がおり、伊熊平八郎との子だろうと目された。志津子のいとこが経営する山村荘に宿泊した2人は、旅館の一室がビデオの櫛を使う女性の部屋と同じだと気づく。志津子のいとこ・山村敬に話を聞こうとするが、拒否された。〔9月19日 日曜日〕朝、海辺にいる山村敬に対し、自分の持つ能力(千里眼があること)を告白した上で、竜司が話を聞く。山村敬は半信半疑だったが、竜司が敬の手を取って読み取った。玲子も同調して同じ映像を脳内で見た。山村志津子の能力は本物だったが、超能力実験をしている最中、的中率の高さに「イカサマだ」と発した記者の1人が、その場で苦しんで死ぬ。志津子は動揺した。というのも、人を殺すほどの強い能力を持つのは、娘・貞子の方だったからだ。貞子が記者を殺したのだ。志津子はそれを憂えて自殺し、貞子はマスコミはじめ世間を強く憎んでいた。生きていたとしても貞子は現在40代。さだ子もすでに死んでいて、呪いの現象を引き起こしているのだろうと、竜司と玲子はビデオの内容から想像する。幻影を見た直後に、玲子の左手首に指でつかまれたような痣(あざ)ができていた。伊豆パシフィックランドの下に貞子の死体があるだろうと推測した2人は、一刻も早く本島に戻ろうとするが、台風が近づいていて無理だ。船を出そうと言ってくれたのは、山村敬でした。敬の漁船に乗り、2人は東京を目指す。ふと玲子は、「息子・陽一と竜司の時には、ビデオを見終わった後に電話が鳴らなかった」と気づいた。〔9月20日 月曜日〕呪いのビデオを玲子が見た日から、ちょうど1週間。この日の19時7分が、玲子のタイムリミットだ。早朝に東京に着いた玲子と竜司はレンタカーを借り、バケツとシャベルを購入すると伊豆パシフィックランドへ急ぐ。コテージの下の木枠を破壊して入ると、部屋の真下に井戸があった。井戸はコンクリートの蓋で覆われている。井戸の蓋を触った途端、幻影が見えた。伊熊平八郎が貞子を殴り、井戸に落とす映像だ。蓋を外してロープを伝って竜司が井戸の底に降りるが、井戸の壁に爪が刺さっているのを見た。貞子は井戸に落とされた時には生きていて、壁を登ろうとしていたのだと知った竜司は戦慄する。井戸の底にたまった水を竜司がバケツですくい、玲子がそれを引き上げて捨てる作業をするが、時間がかかる。疲れて絶望した玲子はくじけそうになるが、竜司と交代して井戸の底に降り、水をくみ出す役目をした。そしてタイムリミットぎりぎりに貞子の遺体を見つけた。骸骨と化した遺体を抱きしめた玲子に、竜司はもう19時10分を過ぎていることを告げた。玲子は助かったのだ。玲子と竜司は、貞子の死体を見つけたから呪いが解けたのだと思った。貞子の父親は伊熊ではなく、何かこの世の者ではないのかもしれない…竜司はそう言う。〔9月21日 火曜日〕すべては終わったと思っていたのだが、玲子はふと嫌な予感がする。それは竜司も同じだった。点く竜司が自宅でひとりでいる時、不意にテレビが点く。テレビには井戸の映像が映し出されており、そこから髪の長い女性が這って出てきた。驚く竜司をよそに、映像の女性はテレビ画面に近づいてくると、画面を出て実体化してゆく。白目を剥いた貞子に睨まれて、竜司は死んだ。その頃、嫌な予感がした玲子は竜司宅に急ぐが、そこには警察と、放心した竜司の恋人・高野舞がいた。舞は竜司の死体第一発見者だった。竜司の死を知った玲子は、呪いが解けていないと気づいた。車を運転しながら「どうして私は助かったのか」「私がして、竜司がしなかったこと」を考える。自宅に戻ると、玲子のバッグを指さす竜司の幻影が見えた。玲子は気づいた。「ダビングして、他人に見せる」…これが、救いの道だと。玲子はビデオを竜司に見せたから、助かったのだ。ビデオデッキとビデオテープを持った玲子は、父の元へ車を走らせた。道中「陽一のためだから、お願い」と電話をかけながら。〔9月22日 水曜日〕…「呪いのビデオテープ」の噂話に、追加情報が寄せられていた。呪いを解くためには「ダビングして、他人に見せればいいんだって」と。コメント:ジャパニーズ・ホラーとして世界的に名を知らしめた「リング」シリーズの1998年制作の第1作である。とにかく怖い!これまで日本でホラーといえば、「四谷怪談」の「お岩」がトップだっただろう。しかし、この映画の恐ろしさはその比ではない。呪いのビデオを巡って展開する恐怖を描いたモダン・ホラーと言われており、死者が伝染病にかかったようにどんどん連鎖して行くのだ。しかも、呪いの根源であるビデオを観たら1週間以内に確実に死ぬという、時限爆弾付きのホラーなのだ。松嶋菜々子、真田広之、中谷美紀、竹下結子、佐藤仁美、松重豊といった俳優たちの若かりし頃の姿が見れる。彼らは「リング」でほぼ全員死亡したが、映画界では全員がその後大活躍しているという結果になっている。中谷美紀は、舞という女性を演じている。竜司の勤める大学の教え子であり恋人で、映画版の結末では竜司の遺体の第一発見者となる。本作では顔見せ程度の登場で、ちょい役ながら存在感を見せている。続編『らせん』と『リング2』では主要登場人物となり、それぞれ異なる運命を辿る。中谷美紀にとって出世の糸口となった貴重な作品だ。ホラーを科学した初めての映画である。貞子のビジュアルに於いては、やはりこの映画は日本映画史に残るエポックメイキングであった事は間違いない。この映画は、ホラーの根源である、「霊」というものの正体を科学しようとした初の作品と言って良い。この映画は、TSUTAYAで動画配信可能:リング | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[ホラー]『リング』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャスト・怪談のおすすめ情報。鈴木光司の人気ホラー小説を「女優霊」の中田秀夫監督が映画化。見ると死んでしまうという謎のビデオテープを巡って繰り広げられるホラー・サスペンス...tsutaya.tsite.jp

  6. いたドキュメンタリ映画『オードリー・ヘプバーン AUDREY MORE THAN AN ICON』を観て、焦がれるように愛を求め、惜しみなく愛を与えたひたむきな生き方に胸が打たれる思いがしました。<『オードリー・ヘプバーン AUDREY MORE THAN AN ICON』> この映画は、オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn 1929-1993)の生誕90年にあたる2019年に、長男のショーン・ヘプバーン・ファーラーが、一人の女性としての母親を知ってもらいたいと企画しました。63年の生涯を、出演した映画やニュース映像、それに写真でたどり、生前の本人のインタビューに加え、関係者の証言をふんだんに使って、女優、ファッションアイコン、妻、母親、そしてユニセフの親善大使としての彼女を多角的に描いています。2020年のイギリスのドキュメンタリー映画ヘレナ・コーン監督(Helena Coan 1994-)<素顔のオードリー・ヘプバーン> 女優やファッションアイコンとしてのオードリー・ヘプバーンの活躍はご存知の方が多いと思いますので、ここでは、娘として、妻として、母親として、そしてユニセフの親善大使としての彼女をご紹介します。 まずは、娘としてのオードリーです。 オードリーは、1929年にイギリス人の父親とオランダ人の母親の間に生まれました。生まれたのはベルギーのブリュッセルで、幼いころは父親の仕事の関係でヨーロッパの都市を転々としました。 両親は不仲で、父親はオードリーが6歳の時に家を出て、その3年後に正式に離婚します。 オードリーは、父親に捨てられたという思いがトラウマとして残ります。それを克服するためにも父親と会うことを願い、1960年代半ばに赤十字社を通して所在を確認し、アイルランドで再会を果たします。しかし父親は、実の娘に会ってもさほど喜ばなかったということで、子どもの時に受けた心の傷が完全に癒えることはありませんでした。 オードリーの少女時代は、ナチスの台頭の時期と重なります。映画では、両親はナチスの信奉者だったことを明らかにしています。その一方で、ナチスに抵抗して処刑される親戚もいたということです。時代は混迷し、彼女の日常にも、しだいに戦争の影が忍び寄ってきます。 父親が家族の元を去った後、オードリーは母親と一緒にオランダで暮らしていましたが、住んでいた街がナチスに占領されてしまいます。戦火が激しくなる中、不自由な生活を強いられ、食料も不足がちだったということです。 次に妻として、母親としてのオードリーです。 バレリーナを目指したオードリーでしたが女優に転身し、1953年に公開された『ローマの休日 Roman Holiday』(去年2/20投稿)の大ヒットでスターになりました。舞台で共演したメル・ファーラーとその翌年に結婚し、長男のショーンが生まれます。オードリーは家族、とりわけ子どもを大切にし、映画のロケもショーンのスケジュールに合わせようとしたということです。しかしそうした努力にもかかわらず夫との仲はしだいに冷えていき、1968年に離婚します。 その後、イタリア人の精神科医アンドレア・ドッティと知り合い、結婚します。オードリーはイタリアで暮らし、二番目の男の子のルカが生まれます。しかし、度重なる夫の女性問題が原因で、およそ10年後に離婚します。 二人の息子を引き取ったオードリーは、静かな暮らしを求めてスイスに移り、やがて友人の紹介でロバート・ウォルダースと知り合い、交際するようになります。ウォルダースとは結婚しませんでしたが、彼女にとっては心から信頼できる良きパートナーでした。  最後にユニセフの親善大使としてのオードリーです。 いとこでオランダのポルトガル駐在大使が、ポルトガル領マカオでのユニセフ募金コンサートにオードリーを招待してスピーチしてもらいました。その中で彼女は戦時中の少女時代の思い出を語ったということで、それを聞いたユニセフの理事が報酬1ドルで親善大使を依頼しました。 戦後の混乱期にユニセフの前身の組織に支援してもらったことのあるオードリーは、この申し出を快諾します。そして、かつての自分と同じように飢えと恐怖に苦しむ世界中の子どもたちを救うのは自らの使命と考え、紛争地や貧しい国々を回って子どもたちに惜しみない愛を注ぎました。 ユニセフの親善大使と聞くと功成り名を遂げた人のための名誉職というイメージがありますが、オードリーはそうではありませんでした。仕事を通じて彼女と親しくなったCMコーディネーターの加藤タキさんによりますと、オードリーは、バングラデッシュで1個ずつしか配布されないコッペパンを現地の子どもたちが半分ちぎってくれたことに感動し、できることは何でもしようと思ったといいます。 彼女は1988年から4年の間に、エチオピアやトルコなどを精力的に回り、親善大使の務めを果たしてきました。しかし1992年にソマリアから帰国後に癌に侵されていることが分かり、翌年の1月にスイスの自宅で家族に見守られながら63年の生涯を閉じました。<愛を求め> 私は、中学校二年生の時に『ローマの休日』を初めて観て、オードリー・ヘプバーンのファンになりました。この映画の中でグレゴリー・ペック(Gregory Peck 1916-2003)と一緒に乗ったベスパのスクーターなど、ゆかりの品々を集めた展示会にも行ったことがあります。彼女のことはある程度知っているつもりでしたが、『オードリー・ヘプバーン』を観て、一人の女性として、一人の人間としての彼女を改めて知ることができました。 『ローマの休日』のアン王女役でアカデミー主演女優賞を受賞して以来、彼女は世界中の人々から愛されてきました。しかし、父親に捨てられたという思いがトラウマとして残っていました。幸せな家庭を望みましたが、二人の夫との結婚生活はいずれも失敗に終わりました。女優やファッションアイコンとして華やかな生活を送りながらも、焦がれるように愛を求め続けました。<愛を与え> 一方で、ゆかりの人たちはオードリーのことを「心の傷を愛に変えられる人」と口を揃えます。愛の大切さを知っているからこそ、彼女は、救いを求める人たちに、ありったけの愛を与えました。 映画の中でも、やせ細った子どもたちを抱きかかえたり、テレビ番組に出演して寄付を募ったりするシーンが繰り返し登場します。時に慈愛にあふれ、時に凛としたその表情は、天命ともいえる役割に一身を捧げようと決意した高貴な美しさに満ちていました。 映画を観ているうちに涙が頬を伝わりました。それは一瞬のうちにあふれ出る涙ではなく、じっくりとにじみ出る涙でした。愛を求めた末に愛を与える生き方を選び取った彼女の姿に、自己犠牲の精神の乏しい私の心でさえもが静かに反応したのだと思います。 紛争地や貧しい国の子どもたちに惜しみない愛情を注ぎ、二人の息子とパートナーに支えられて過ごした晩年の日々。それは、人生をひたむきに生きて来てようやくたどり着くことができた、やすらぎの時間だったのかもしれません。  最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    『オードリー・ヘプバーン』 ~人生をひたむきに生きて~
  7. アナザーラウンドっ映画」「ああ!ちょうど昨日見たところだよマスター!」「アカデミー賞の国際長編映画賞取ってるんすね」「高校教師のマーティンと同僚3人がノルウェー人哲学者の血中アルコール濃度を0.05%に保つと仕事もプライベートもうまくいくという理論を、実践して論文にまとめるっていう、、、」「最初はすごくうまくいくっすよね!授業にも活気が出てくるし」「惰性でやってた授業への取り組みも変わって、生徒との関係も改善されますよね!」「奥さんとの関係も、だんだん改善されていくっす!」「お酒はちょっとだったら楽しい気分になりますもんね!」「おごりなら、さらに楽しい気分になるっす!」「私もどんどん飲んでもらったら楽しい気分になります!」「いろんなことがいい方向に向かってたけど、徐々にアルコールが増えていって、みんな破綻するっすよね!」「せっかくいい感じだったのにな。徐々にアルコール濃度が増えてグズグズに!おごってもらってどんどん図々しくなるミケットみたいだよな!」「ああ~うるせ~うるせ~っす!」「わはははは~」「うるせ~ってなんだよ!」「わはははは~」次の日は、二日酔いで使い物にならないマズル刑事と、ミケット刑事であった、、、.................. マズル刑事のオススメ映画..................「アナザーラウンド」冴えない高校教師マーティンとその同僚3人は、ノルウェー人哲学者の「血中アルコール濃度を0.05%に保つと仕事もプライベートもうまくいく」という理論を証明し論文にするべく仕事中に一定量の酒を飲み実験に取り組む。するとこれまで惰性でやり過ごしていた授業も活気に満ち生徒たちとの関係性も良好になっていく。同僚たちもゆっくりと確実に人生が良い方向に向かっていくのだが、実験が進むにつれ徐々に酒量が増え制御不能になっていくのだが…。マッツ・ミケルソン主演のヒューマンドラマにマズル刑事もハートじーん!予告編・公式サイトはこちら映画『アナザーラウンド』オフィシャルサイト2021年9月3日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国ロードショー|マッツ・ミケルセン主演 本年度アカデミー賞監督賞受賞・国際長編映画賞ノミネート!「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事もプライベートもうまくいく」4人の男たちが仮説の証明に挑む――anotherround-movie.comアナザーラウンド(字幕版)Amazon(アマゾン)2,500円アナザーラウンド(Blu-ray+DVDセット)Amazon(アマゾン)4,118〜7,792円みんな!手洗いでコロナ予防だよ!「あ!お知らせがあるっす!マズル刑事のツイッターが始まったす!https://twitter.com/mazuru299keijiついに新しいスタンプ登場!マズル刑事のラインスタンプ第4弾!https://store.line.me/stickershop/product/5229010/ja第4弾に好きなのがなくても安心!ここで見つかるかも!第3弾も好評発売中!https://store.line.me/stickershop/product/1642685/ja第2弾も試してみてねhttps://store.line.me/stickershop/product/1457663/ja第一弾も、まだまだ売り出してます!https://store.line.me/stickershop/product/1448152/ja

    ちょっと前の映画見ちゃお!「アナザーラウンド」みたいに、微アルコール濃度が最強?!
  8. 。我はこれまでもゴ映画を観て、点数を付けて来た。そんなゴミ映画でも、大抵は低いながらも点数は付いていた。そんな評価の中で、0点になっている映画は、熱意を感じられないというものなのだよ。予算がない、小道具がゴミ、演技が最低、などなど。これは解った上で観ている。なので、仕方がないことだと思っている。それでも、頑張って撮っているんだろうな~と思うから、点数を付けているわけですよ。んでも、この映画は冒頭からやる気なし。やる気がないというか、ダメなものを開き直ってしまっているんですわ・・・あらすじにもあった「自動車の爆発事故で両親を失い」という場面。両親のそばで車が爆発するのだが、爆発しない(´・ω・`)爆発している体で、文字だけで処理!( ゚Д゚)こっちのセリフだ馬鹿野郎!( ゚Д゚)こういうのがイカンのだよ!これを、斬新な手法!だとか、新しい見せ方!とか言っている方もおるが、こんなもん認められるか!これが許されるなら、我等も映画を作れるだろ?全て頭の中の想像で組み立てられるのだから、予算も要らん。極端な話、そこらへんのおっちゃんを捕まえて来て、「特殊効果 トムクルーズ」でも良いわけだろ?「傷心の旅で中国を訪れる」ここ、中国ね?そこらへんの裏山だろって?違うよ!中国だよ!だって、でっかい字幕で、china!って書いてあるもの!( ゚Д゚)もう、言ったもん勝ち。主人公に花が無くても、頑張っているのならばそれで良かった。同僚神父に花が無くても、頑張っているのならばそれで良かった。不思議な力を持つ高田純次風のお友達を何とか色付けしようとしたのも良いだろう。まったく関係のないサイドストーリーを入れたのも良いだろう。恐竜手袋をはめてガオーーーッ!うん、良いよ良いよ。チャイニーズニンジャ軍団の頭領。さぁ、頑張れ。良いですね~男前ですね~ヌンチャクの意味は何なんですかね~突然、チャイニーズニンジャ軍団の手下が、驚きのネタバレカミングアウト!( ゚Д゚)そりゃ驚くわな!(゚∀゚)しかも、まったくストーリーに関係のない、一切触れられてもいなかった、先祖代々伝わる伝説の剣を使うまでもない!的なことを言いだしおる・・・急に何を言い出すのかね?(´・ω・`)はい、面倒臭いから恐竜に変身。・・・良いよ・・・ガオーッ!この着ぐるみを作った者よ、褒美を取らす故一歩前へ。んで、ラストはボスの頭を引っこ抜くんだが、完全にマネキン。ここは隠す気すらない。ただ、一応マネキンは使っているのよ。なので、これよりは、まだまし。この映画で一番頑張っていたのは、娼婦の女。セイッ!( ゚Д゚)お前ら、パン1で何やってるの?おい、神父。純白のブリーフを穿くでない。この性植者め!( ゚Д゚)いや~、酷し・・・んでも、例のシーンがなければ、まだ観られた映画だった(だからそれはお前が病気だからだって)あれは映画への侮辱、他の映画を作っている者への侮辱、観る者への侮辱だわ。人の懺悔を聞いていないでお前が悔い改めよ(´・ω・`)なんか、思い出したらまた腹が立って来たわ・・・大切な時間を無駄にさせやがって(お前が悪いんだろ)なんか変身しそうだわ・・・点数!0点!( ゚Д゚)前述通り。いや、本当にお前さん、試験大丈夫なのか・・・?仕事、間に合うのか・・・?だと?ちょっとB級映画探しているんだから邪魔すんな(´・ω・`)

    たくさん共感されています

    映画への侮辱 必殺!恐竜神父
  9. : 第33回ヨコハ映画祭(2012年) 2011年日本映画個人賞 作品賞 2011年日本映画ベストテン 第1位 ヨコハマ映画祭最優秀男優賞 - 原田芳雄 第85回キネマ旬報ベスト・テン(2011年) 個人賞・日本映画脚本賞 - 荒井晴彦、阪本順治 同・主演男優賞 - 原田芳雄 日本映画ベスト・テン 第2位 2012年エランドール賞プロデューサー賞奨励賞 - 椎井有紀子 第35回日本アカデミー賞(2012年発表) 優秀作品賞 優秀監督賞 優秀脚本賞 最優秀主演男優賞、会長特別賞 - 原田芳雄 優秀助演男優賞 - 岸部一徳 優秀撮影賞 - 笠松則通 優秀照明賞 - 岩下和裕 優秀録音賞 - 照井康政 第21回日本映画批評家大賞・作品賞(2011年)脚本:荒井晴彦、阪本順治監督:阪本順治キャスト: 風祭善(かざまつり ぜん、食堂「ディア・イーター」店主:景清) -原田芳雄 風祭貴子(善の妻) -大楠道代 能村治(善の幼なじみ) -岸部一徳 越田一平(バス運転手) -佐藤浩市 織井美江(村役場総務課) -松たか子 大地雷音(だいち らいおん、「ディア・イーター」アルバイト) -冨浦智嗣 柴山寛治(郵便局員:黒衣) -瑛太 馬くん(中国人農家) -姜洪軍 重田権三(土木業:畠山重忠) -石橋蓮司 柴山満(白菜農家:三保谷四郎国俊) -小倉一郎 朝川玄一郎(食料品店店主:源頼朝) -でんでん 平岡健太(村役場職員:大鹿軍内) -加藤虎ノ介 診療所の医師 -中沢青六 山谷一夫(旅館主人) -小野武彦 津田義一(歌舞伎保存会会長、貴子の父) -三國連太郎あらすじ:雄大な南アルプスの麓にある長野県大鹿村でシカ料理店を営む初老の男・風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。ひとたび舞台に立てば、見物の声援を一身にあびる存在である。だが実生活では女房に逃げられ、あわれ独り身をかこっていた。そんなある日、公演を5日後に控えた折も折、18年前に駆け落ちした妻・貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳)が帰ってくる。脳の疾患で記憶をなくしつつある貴子をいきなり返され、途方に暮れる善。強がりながらも心は千々に乱れ、ついには芝居を投げ出してしまう。仲間や村人たちが固唾を呑んで見守るなか、刻々と近づく公演日。そこに大型台風まで加わって……。ハテ300年の伝統は途切れてしまうのか、小さな村を巻き込んだ大騒動の行方やいかに……。完全ネタバレ:1.プロローグ:長野県無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」とは舞台は南アルプスを望む美しい光景に囲まれた長野県下伊那郡の大鹿村、そこでは300年以上伝承されている地芝居「大鹿歌舞伎」があった。役者はそこの村民たちで、秋の定期公演は毎年10月第3日曜日、鹿塩の市場神社の舞台で行われていた。この大鹿歌舞伎は長野県無形民俗文化財に指定されており、公演には毎年、大勢の客が詰めかけ、好きな役者が登場すると、かけ声をあげ、お捻りを投げたりして、庶民の娯楽として根付いていた。2.帰って来た治と貴子季節は秋、大鹿歌舞伎も間近に迫っていた頃、大鹿村に乗り合いバスが到着した。若い茶髪の若者に続き、既に老年に達した男と女がサングラスをかけ、顔を隠すように降りてきた。バスの運転手・越田一平(佐藤浩市)は、その二人連れに見覚えがあり、「この村の人ですよね」と声をかける。すると、男はそうでないという仕草をして、村の方に女を連れて歩いて行った。その姿を見て、一平は「貴子さん?治さん?」と呟いた。二人は何年かぶりにこの村に帰って来たようで、ある川の橋の上で「子供の頃、よく遊んだな」と男・能村治(岸部一徳)が女・風祭貴子(大楠道代)に声をかけると、貴子は「分かってるよ。善さん」と言う。治は「俺、治だって」と言い、彼女の後について行った。3.アルバイトに来た大地雷音「ディアイーター」とでっかい看板の鹿肉料理の食堂の店主・風祭善(原田芳雄)の所に、あの茶髪の若者がやって来た。善は子鹿に餌をやりながら、歌舞伎の練習をしていた。その姿を見た若者は「バカじゃないの」と言うと、善は「バカじゃねえよ。鹿だよ」と言い返した。若者は善が店主であると知り、「♪テレビもねえ、ラジオもねえ、オラこんな村イヤだ~♪」と鼻歌を歌う善に、「こんな村がいいんです」と言い、住み込みで働かせて欲しいと云う。その若者の名はその華奢で風貌と繊細そうな物腰とは違い、大地雷音(冨浦智嗣)という凄みのある名だった。善は大鹿歌舞伎の演目「景清」の主役・影清役で、歌舞伎大好き男だった。その公演のため、「10月23日から29日までは昼のみ営業、30、31日は臨時休業」と看板を出していた。善は雷音に歌舞伎の魅力を説明した。目をキラキラさせて聞き入る雷音を、善はバイトで雇うことにした。4.「来ちゃった」その日の午後5時半から、リニアモーター中央新幹線の建設意見交換会を役場で開くことになり、村役場総務課・織井美江(松たか子)は、放送で関係者に集合を呼びかけた。治と貴子は子供の頃から入っている山谷一夫(小野武彦)が経営する旅館の温泉に入った。その姿を見た小野は、役場での意見交換会に来た善に告げようとしたが、傍にいた越田に止められた。意見交換会では、土木業の重田権三(石橋蓮司)は賛成の意を説いたが、白菜農家の柴山満(小倉一郎)は反対の意を唱えた。重田は満に歌舞伎の役柄と強引に関連付けて、彼を批判した。山谷は「全線開業は2045年だろ。生きてねえよ」と茶化した。村長は「民間のやることなので、環境に配慮してくれれば、皆さんの意見を聞いて、じっくりじっくりと考えます」と宣言した。早く歌舞伎の稽古に行きたい善は、村長のその言葉に拍手し、さっさと稽古に行き、交換会は何の進展もなく終わる。歌舞伎の舞台稽古が始まり、皆、真剣に稽古に励んだ。重田は源頼朝役の朝川玄一郎(でんでん)が台詞をとちった事や、三保ノ谷役の満の演技に腰がきまってない事に憤り、善が間に入り宥めようとしたが、稽古をやめて帰ろうとする。その時、景清の妻・阿古屋役の越田が「来ちゃった」と呟く。5.「返す」と言う治に怒る善舞台上の皆の視線は、二人の男女に向き、驚いた。一番驚いたのは、善だった。そこにはなんと、18年前に東京へ駆け落ちした善の幼馴染みの親友・治と善の妻・貴子がいたのだ。治は貴子を置いて、逃げようとする。善は怒り「おい!どういうことだ!」と治に駆け寄る。治は善に「ごめん。どうしようもなくて。返す。駆け落ちしたことも忘れてんだ。俺のこと“善さん”って呼ぶんだ。だから、返す」と言う。善は泊まる所もない二人を、家に連れて帰った。貴子は家に入ると懐かしむように、家中を歩き回った。その頃、家の外では善は治の胸ぐらをつかみ、「18年も過ぎて、今さら何を返すだ!返すのなら、元のまんまの貴子にして返してくれ!」と治を押し倒して、言い放った。治は「死にたい」と言い始め、それを聞いた善は「死にたいのは俺の方だ!いっぺんに二人もいなくなったんだぞ。俺とあいつ(貴子)が喧嘩したとき、間に入ってたのお前じゃないかよ!…愚痴でもこぼそうと思ったら、お前はいない」と涙ながらに言うと、また治に飛びかかっていった。善は、妻の貴子と治と3人でディアイーターを営業しようとしたときに、二人は駆け落ちしたので、なおさら悔しくて悲しかったのだ。そこに貴子が現れ、二人にバケツで水をぶっかけ、二人の取っ組み合いを止めさせた。貴子が二階で布団を敷いている間、善は治と一階の店で酒を飲みながら、貴子の状態を聞く。貴子は認知症で、粗暴になったり、何でも口に入れたりするようになっていたのだ。治は一杯酒を飲むと帰ると言い出した。善は「貴子は状況をわかってないんだから、治がいないと困るよ」と言い、治を家に泊めた。6.リニアと芝居治が二階に寝に上がると、織井がやって来た。彼女の用件は、満が重田と芝居はできないと言っているという事だった。善はそれを聞いて、自分が満を説得して芝居に出させると約束した。それを聞いて安心し帰ろうとした織井に、善は「木綿のハンカチーフ」の一節を歌い、織井の東京に行った彼氏が新しい彼女を作って帰ってこないと茶化すと、織井は怒って出ていってしまう。翌朝、満は三保ノ谷役の台詞稽古をしながら、白菜畑で中国人農家の馬くんと仕事をしていると、善がやって来た。善は「満の三保ノ谷があっての、俺の影清じゃねえか」と言い、満を褒めるが、彼は「重田が芝居中にリニアの話をすることはなし」という条件を出した。それを聞いた善は、重田の所に直ぐ向かい、説得したが、重田は「芝居とリニアは間接的には大いに関係あるんだよ」と言う。善は重田の頑固さに呆れながらも、なんとかなるだろうと思い、帰った。その頃、大鹿歌舞伎保存会会長の津田義一(貴子の父)の家に、電器屋がテレビのチューナーを取り付けに来た。津田は昔、大鹿歌舞伎の千両役者だったが、今は隠居し、縁側で木を削り小さな木像を作るのが趣味だった。電器屋は津田に、駆け落ちした治と娘・貴子が帰って来たことを知らせた。7.逃げる治と雷音の一目惚れ昼時、治は急に「俺、帰るわ」と言い出ていこうとした。善は「歌舞伎、観て行かないのか?あと4日だぞ。待てないのか?」と言い残し、店の中に入って行く。すると治のところに、山谷が宿代の請求に来ました。治は「金がない」と暗に逆に借りようとする。しかし、そこに村役場職員・平岡健太が来て、駆け落ちしていた18年間分の住民税と延滞金を払うように告げに来た。切羽詰まった治は、二人の隙をついて、走って逃げようとした。山谷と平岡は治を追う。そこに郵便局員の柴山寛治(瑛)がバイクで来た。店の直ぐ前で柴山はバイクを転がしてみせる。それを偶然、タバコを吸いに出た雷音が彼の姿を見て、一目惚れした。雷音は柴山が舞台の下で黒衣として回す役と聞いて、手伝うことに決めた。その頃、貴子はお腹がすいたのか、台所にある何でも口に入れようとしていた。善は驚き、貴子を取り押さえ、「落ち着きなさい」と言い、椅子に座らせる。貴子は「晩ご飯、何します?」と善に聞いてきた。善は「稽古が終わってから、俺が作るから」と言うと、貴子は「あなたが最後に目を振り向くところ、私、好きです」と呟く。8.貴子に戸惑う善治は金がないため、山谷の旅館で働くことになり、風呂掃除をしていた。その時、食料品店店主の朝川が風呂に入りに来た。治は朝川に貴子との駆け落ち生活の愚痴をこぼしだし、素っ裸になって、風呂に飛び込み自殺しようとした。びっくりした朝川は治を助ける。ディアイーターではお昼のお客を捌き終え、善、貴子、雷音で遅い昼食を食べていた。「治ちゃんの味だ」と言い、貴子に醤油を要求したが、貴子には醤油が通じない。貴子はもう物の名前まで忘れていたのだ。善が夜、トイレから出ると洗濯機が回っていた。「誰だよ、こんな時間に」と呟き、中の物を出すとそれは女物の下着だった。飛んできたのは雷音だった。雷音は「心は女、体は男」の性同一性障害を煩っていましたのだ。雷音は「心を体に合わせるのか、体を心に合わせるのか」自分を見直すべく、何もない大鹿村にやってきたのだった。善は驚き、どう言えばいいか分かりなかった。織井が車で村を回って連絡放送していると、貴子が一人で歩いていた。車を止め、織井が貴子に声をかけると、いきなり貴子が織井の頬をビンタした。貴子は「恐かったの。何か浮かんだの。恐いことが」と呟き、去って行った。貴子はその足で朝川の食料品店に行き、イカの塩辛のビン詰めを万引きして帰ってきた。善は朝川に謝り、貴子にも謝るように言うが、貴子は「私、何もしていません」と言い張り、挙げ句に善が私を追い出そうとしていると言い始めた。こんな状態の妻・貴子に困った善は、今回の歌舞伎には出演しないと言い出した。朝川は必死で説得した。その時、貴子は過去自分が歌舞伎で演じていた景清の妻・阿古屋の台詞を呟き出した。それを見た善は、貴子を連れて、歌舞伎保存会会長で貴子の父・義一(三國連太郎)の家に行った。9.善、舞台への決意善が貴子を連れて父・義一の家に行くと、治が義一に頭を下げて謝っていた。貴子は認知症から戻ったように振る舞った。善は義一に、貴子のことを考えると今回は出演できないと伝える。義一は歌舞伎が終わるまで、娘・貴子を預かると言った。義一は昔の自分の話をし、ずっと下を向いている善に、顔を上げてこっちを向けと言う。善の父と親しかった義一は、善の父が「村の舞台で歌舞伎をやりたい」と言い残して息をひきとったことを、目に涙を浮かべて語った。善は父の遺言を聞き、男泣きする。貴子を義一の家に預け、善は治と帰った。その途中、治は貴子が何を万引きしたのかと善に訊く。善はイカの塩辛だと言うと、治は「それ、善ちゃんの好物じゃないか。で、俺の一番嫌いな食べ物だ」と言い、善に「歌舞伎、やったほうがいいよ」と言う。善はもう舞台に上がる決意はしていたので、治に「お前に言われることはねえ」と答えた。10.妙案台風23号が接近してきた。織井は村中の人に放送で避難場所の案内をした。台風接近に伴い、雨、風が強くなってきた。不運なことに、阿古屋役の越田が土砂崩れに遭い、ケガをしてしまった。それを聞いた善と織井は、入院している越田に見舞いに行った。立ち上がることもできない越田に、善は「痛み止め100本打っても出ろよ」と無茶苦茶なことを言う。越田は、自分の代役は貴子しかできないと言い出した。善と貴子が結婚したのも、元々は貴子が景清の妻・阿古屋を演じ、二人が共演したのがきっかけだった。善は認知症の貴子にはできないと言うが、越田と織井は、貴子が阿子屋を演じるのは妙案だと、善を説得にかかった。織井は、この芝居がきっかけで「今の貴子さんが元の貴子さんに戻るかもしれない」と善に言った。善は「それはない」と呟く。11.罪悪感から失踪した貴子その頃、暴風雨で何か崩れるような音を耳にした貴子は、治と駆け落ちした時のことを思い出したのか、罪悪感に陥り、台所で泣き崩れた。病院にいた善の携帯電話に、義一から貴子がいなくなったという知らせが入った。善は治の所にいるのではないかと、直ぐに、治に連絡したが、治も知らない。善は雷音に電話をして、車で貴子を探すように伝えた。暴風雨の中、善と治は貴子を村中、探し回った。その頃、貴子は自殺しようとしていた。偶然、雷音が見つけ、貴子を引き止めました。「私はひどいことをしたの。…こんな天気の日に」と呟く貴子に、雷音は近くの小屋に貴子を入れて、「だったら、謝りましょう。遅くないです」と説得する。貴子はひどい罪悪感に駆られていた。そこに善が来ました。善は泣き叫ぶ貴子を抱きしめ、慰めた。12.阿子屋を演じる貴子善は貴子を舞台に上げる決意をした。雷音と共に貴子を舞台に連れて行った。貴子に阿子屋役の着物を着せ、善は「明日、ここに一緒に立つぞ」と言うと、貴子は「自分に何が起きるかわからない」「自信ないです」と言い返す。善は貴子に「何が起きるかわからないのが大鹿歌舞伎のおもしろいところじゃないか」と励ました。貴子が阿子屋役をやると聞いた仲間たちが、稽古にやってきた。重田も貴子を励まし、舞台に上げ、稽古を始めました。すると、貴子は阿子屋を演じ始めた。貴子は台詞を一言一句間違えずに覚えていた。それを舞台裏で聞いていた善は、越田と織井が言っていたような奇跡が起こるかもしれないと、淡い期待を抱いた。13.大鹿歌舞伎の奇跡台風が過ぎ去った晴天の下での大鹿歌舞伎の公演日、村中の人々が総出で応援に駆けつけた。演目は歌舞伎十八番之内「影清」だ。善は主演の景清を、貴子がその妻の阿子屋を、朝川が源頼朝を、重田が畠山重忠を、柴山が三保ノ谷を、平岡が大鹿軍内を演じた。奈落で柴山は雷音に演目の簡単な説明をしながら、裏方に徹し、合図の音に合わせて廻り舞台を回した。柴山は演目で「目をくりぬく」場面の説明を雷音にすると、雷音は「イヤなものは見たくないけど、…いいもの、好きなものも見えなくなる」と言った。柴山は「何、好きなものって」と雷音に言うと、雷音は「恥ずかしい」「好き」と言って、柴山に飛びついた。影清が目をくりぬく場面を、舞台袖から見ていた貴子は、善に「私、許してもらわなくていいよ」と呟いた。影清になりきっていた善は、一瞬、戸惑うが、演じ切った。観客は応援する役者が出てくると声援を送り、お捻りを舞台に投げた。貴子は見事に阿子屋役を演じきり、舞台は観客の盛大な拍手のもと、無事、幕を下ろした。貴子は舞台が終わり、着替えるとき、手伝ってくれた織井に「ありがとう」と言った。この共演で善は奇跡的に貴子の認知症も直り、彼女との仲も元に戻ったように思え、善は「やっぱり、歌舞伎はおもしろいな」と言った。その夜、善は貴子と家に帰り、隣で寝ている貴子の手を握りしめて眠った。結末:「善さんは俺だ!」「あれ~?」歌舞伎公演終了の翌日、織井は「東京か私かどっちかはっきりさせてくる」と善に言って、東京の彼氏の所に行こうとし、バスに乗り込んだ。ケガも治った越田が運転席にいた。越田は、織井が東京に行くと聞き、「行かせない」と言い、「なぜ?」と問う織井に、歌舞伎調の台詞回しで「好きだからよ~」と告白し、バスをバックさせた。バス停にいた善に、妻の貴子が笑顔で駆けて来た。「善さん、塩辛~!」と塩辛のビンを手に持って高く振りながら、善のところに駆け寄って行った。善は貴子を抱きしめようとした。しかし、貴子は善をすり抜け、後ろにいた治に駆け寄って行った。治は「違う、違う。俺は治だよ~」と言いながら、貴子から逃げた。善は「善さんは俺だ!」と大声で叫び、二人が逃げる後ろ姿を見て「あれ~?」と呟き、空を見上げたのであった。コメント:美しき日本の山村で“芸能の原点”を守ってきた人々の姿を描く群像劇。舞台となっている大鹿村は、長野県下伊那郡の北部に位置する実在の村である。映画のテーマである「大鹿歌舞伎」も、実際に毎年行われてきた、国の重要無形民俗文化財行事だ。18年前に幼馴染と駆け落ちしてしった妻が帰ってきた。しかし、彼女は記憶を失う病気にかかっていて、どうも自分が夫を裏切ってしまったことすら覚えていないようなのだ。風祭善(原田芳雄)が捨てられた夫で、風祭貴子(大楠道代)が幼馴染の能村治(岸部一徳)と駆け落ちしてしまったのだ。この事件に、古くから伝わる村歌舞伎、それを演じる村人達のそれぞれの物語。そしてリニア問題と台風まで村を襲い、てんやわんやの大騒動が巻き起こる。大勢の芸達者達の肩の力を抜いたような演技が心地良く、描かれている内容は深刻な筈なのに、笑いながら楽しんで観ることができる。演技陣が本当に贅沢だ。トライアングル・ラブを奏でる主役の三人はもとより、佐藤浩市・三國連太郎の親子、松たか子、瑛太、石橋蓮司、でんでんと、主役級のこの豪華な脇役の面々が凄い。みんな達者だからこそ、大袈裟な芝居などしなくても、登場人物達の心境が、ほのぼのと伝わってくる。貴子は記憶を失っていても、時折見せる習慣で無意識にとる行動が嬉しくもあり、切なくもある。それは善の好みの食べ物であったり、布団の敷き方であったりする。作品中で演じられている歌舞伎は「六千両後日文章重忠館の段」といい、大鹿歌舞伎のみに残る外題である。原田芳雄は、敗者(平家)のヒーローである悪七兵衛景清を演じている。作品中では、景清の台詞である「仇も恨みも、是まで、是まで」が効果的に使われている。「一度目は悲劇、二度目は喜劇」というセリフに、人生の達観が感じられる。どうしようもなく哀しい出来ごとも、長い年月という篩にかけられると、残るのは懐かしい思い出だったりする。恨みも憎しみも全て乗り越えて紡がれる新しい人間関係を、ユーモアという調味料を振りかけて、残り少ない人生の中で楽しんだ方が利巧ということか。登場人物それぞれの物語は、はっきりとした結末が出ている訳ではない。映画は、これからもずっと続いていく人生の、切り取られた一時に過ぎないのだ。それでもみんな、新たな一歩を踏み出していると感じられるエンディングが好ましい。来年も再来年も、ずっと村歌舞伎は続いていくことだろう。様々な人間模様を紡ぎながら…。原田芳雄が劇中で演じる「悪七兵衛景清」は実在の人物。平家に仕えて戦い、都落ちに従ったため、俗に平姓で平景清とも呼ばれている。「悪七兵衛」(あくしちびょうえ)の異名を持つほど勇猛であったという。この人物は、平安末期における治承・寿永の乱(源平合戦)において活躍した。『平家物語』巻十一「弓流」において、源氏方の美尾屋十郎の錣(しころ)を素手で引きちぎったという「錣引き」が特に有名である。壇ノ浦の戦いで敗れた後に捕られ、一説には預けられた八田知家の邸で絶食し果てたといわれる。「悪七兵衛」の「悪」は悪人という意味ではなく、「悪党」と同様に勇猛さを指すものとされるが、壇ノ浦の敗戦後に自分を匿った叔父の大日房能忍を疑心暗鬼にかられて殺害してしまったためにそう呼ばれるようになったとの伝承もある。ただし近年は能忍の死因は病死または事故死とする説が有力。実在したとはいえ生涯に謎の多い人物であるため、いわゆる平家の落人として扱われる事は少ないが、各地に様々な伝説が残されている。このためか各種の創作において主人公としてよく取り上げられている。佐藤浩市は、主人公たちの幼馴染のバスの運転手・越田一平を演じている。松たか子が演じる村役場総務課の織井美江という女性に恋していて、エンドで遂に告白する。偶然にもこの映画の封切と同時期に亡くなってしまった原田芳雄。こんな意味深な感動ドラマの主役を演じて、もう役者としても本望だったのかもしれない。この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も可能:大鹿村騒動記 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『大鹿村騒動記』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。300年ものあいだ守り継がれてきた“村歌舞伎”が存在する長野県の小さな村“大鹿村”を舞台に、公演を5日後に控えた村で巻き起こる悲喜こもごもの騒動を原田...tsutaya.tsite.jp

  10.      1985邦画     見なけりゃ良かったわん。                  監督:浦山桐郎出演:吉永小百合  北大路欣也  樹木希林  名取裕子  田中好子                                         広島で胎内被爆し、余命いくばくもない芸者のもっと生きたいという願いと、彼女と殺人犯の愛を山陰の温泉町を舞台に描く。脚本は早坂暁、監督は浦山桐郎、撮影は安藤庄平がそれぞれ担当。(映画.comより抜粋)                                                                  日活映画も数多く見たが、私の中では健気な美少女と言うイメージで、何処か幸薄い印象がある小百合様。そんな彼女に「何とピッタリな」と思う役が「夢千代」だった。TVドラマ版の大ファンだったし、本作も見ているのに記憶から消していた。古い作品が続いたので、この際見て記事にしてしまおうと思った次第。U-NEXT。                                                      山陰の温泉町で芸者置屋を営む女性・夢千代。広島在住の母親の胎内にいた頃に被爆して原爆症を患っていた。「大きな病院に…」と主治医に言われ、神戸の病院に子供の頃から面倒を見てくれているタマエに同行して貰う。だが、医師からは「後、半年の命」を宣告される。入院を勧められるも、皆と一緒に「家」で過ごしたいと…。                                                         病院から帰る道中、夢千代は列車の窓から1人の女性が投身自殺を図るのを偶然、目撃する。しかし同じ光景を目撃した旅芸人・宗方勝は、何故か警察への証言を拒む。                                                          何度か証言してくれる様に宗方を説得する夢千代だったが。その後、実は宗方には、決して人に言えない過去を抱える事を知る。そうしているうちに、彼への愛情が芽生え始める夢千代だったのだが…。<こげな内容ですわ>                                         樹木希林氏以外のドラマ版のメンバーは、一新されている。           勿論、「夢千代」役の小百合様と「菊奴」役の樹木希林氏は、絶対に居なくてならないバディ。↑お約束の鬘が取れるのも、着物の上からモンペを履いて、スキーバージョンで始まる。             「紅」役の田中好子氏が好きになる、スキーコーチ役は先日亡くなった渡辺裕之氏。 本作は37年前の作品なので、勿論皆様若いけれども、良~く考えてみれば故人が多し。                温泉町なので、芸者の置屋やストリップ劇場とか、時代を感じさせる部分もあるけれどストリップ劇場のシーン等は、必要なのかな?                                浜坂から西宮までって、メッサ時間掛かるよねぇ~とか。              そもそも、どう考えても同じ電車に乗っている乗客が電車の先頭車両の部分から飛び降りたとしても、電車の窓から人が降って来る様に見える筈がない…。(余部鉄橋の絵がどうしても欲しかったのかな?)                       等々…、全てにおいて、中途半端で、オマケにどうしてもドラマ版と比べてしまうので余計に何もかもが薄い。                                    その中で、「兎」役の名取裕子氏のエピソードは、いかにもだけれど、唯一納得のいく「らしい」エピソードだったのに、他の芸者さん達のエピソードもと言う事でサラっと描かれているだけで…、勿体ないなぁ~。              前田吟氏との混浴シーンとか、メッチャ可愛かったのに。前田吟氏の正妻役が「左時枝」氏っていうのも、はまり役すぎるかな?でも、良い感じだったな。                                        余命幾ばくもない夢千代さんなのに「恋愛」する力が残っているのね。(何かね、私はヤダ)                            しかも、ドラマ版ではプラトニックな彼女の恋心にキュンとなったりしていたけれど本作では、熱も出て息も絶え絶えなのに…、やっちまうのか?                病院から帰って来て、皆が「大丈夫?」と聞く中、お座敷に出ている方が気が張ってと言うのは分かるし、「貝殻節」を踊る夢千代さんは美しい。(貝殻節も好きなんだよね)               オープニングから、其処までの15分程だけは、どうなって行くのかな?とちょっと期待したけれど、それ以降は「記憶から消した」のも大納得の出来具合。                                映画化で、夢千代さんの最後を看取る本作なのだが、全くドラマティックでもないしもう苦笑しかないし。               豪華出演陣なのだが、集大成だからか、エピソードを繋げただけで、ホンマに薄いし勿体ない。             まるで金田一モノの様に刑事役の「加藤武」氏が妙に明るいのもなぁ~。                                     しょうがないので、これを嫌々書き終えたら、再びこの映画化作の事は記憶から消そう。そして、私の記憶の中に居る「夢千代」さんだけでいいや。             ファンのお方も多いのに、こんな記事で申し訳ないけれど。許しておくれやす。                                      因みに、小百合様の作品では夢千代(ドラマ版)と「愛と死を見つめて」が好きだ。                 <マコとミコ>涙なしでは見れないよね~。(再見はするまい。私の中では美しいお話)                            こんな記事ばかり書くと、歳がバレるといけないので…、またの機会にお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら。                                          ←このバナーより、順位は落ちちゃったがポチットなが頂きたいお年頃。にほんブログ村夢千代日記 [DVD]Amazon(アマゾン)2,396〜2,855円

    夢千代日記
  11. イケル・ウォルドロ原作:スタン・リー、スティーヴ・ディッコ製作:ケヴィン・ファイギ製作総指揮:スコット・デリクソン撮影:ジョン・マシソン編集:ボブ・ムラウスキー音楽:ダニー・エルフマン出演:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメス、レイチェル・マクアダムス①そろそろ付いてけない…MCUに関しては、僕は「とりあえず映画は全部観てる」けれど、「原作アメコミは全然知らない」「映画以外のドラマ版や、Disney+の配信作品もまったく観ていない」という程度の、決して熱くはないファンです。で、今回。「ドクター・ストレンジ」の2作目…だけど、出演作としては実質的にはもう5作目か6作目くらい?という気がする作品ですが。正直、もういいかな…という気がしちゃったんですよね。観る前に。MCUは「エンドゲーム」をクライマックスとして、既に有終の美を飾っていて。「エンドゲーム」のエピローグになっていたのが「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で、その流れも「ノー・ウェイ・ホーム」で大団円を迎えた感があります。「エンドゲーム」以降の「ブラック・ウィドウ」「シャン・チー」「エターナルズ」などでは、本編の面白さはともかくとして、ポストクレジットなどの「ユニバースのつながり」部分がことごとく、あんまり楽しめなくて。ドラマなどの知識も前提とされて、どんどんマニアックな世界になっていく。なんかもう、ついていくのもしんどいし、もういいかな…っていう気分になってました。なんだけど、今回は監督がサム・ライミなんですよね!サム・ライミ監督のヒーロー映画は、純粋に観たい。というわけで、観てきました。②遂に映画以外も必修科目に…ドクター・スティーブン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、かつての恋人クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)の結婚式に出席します。その時巨大な怪物が出現し、ストレンジはマルチバースからやって来た少女アメリカ(ソーチー・ゴメス)を助けます。アメリカの持つ、マルチバースを自由に行き来する能力が狙われていると知ったストレンジは、ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)に協力を求めますが…。で、ストーリーなんですが。Disney+の配信ドラマ「ワンダヴィジョン」を視聴済みであることが大前提の作品だったようです。なので、ワンダの行動の理由となる背景の部分は、僕にはまるっきり分かりませんでした。どうして平行世界のワンダには子供がいて、この世界のワンダだけいないのか…。ワンダは本作のメインヴィランなのでね。その行動の背景が分からないのは、観ていて結構しんどいものがありました。過去の映画の知識が前提になることは、これまでも普通にあったんですが。有料チャンネルの連続ドラマが前提になるのは今回が初めてですよね。これは結構大きな転換じゃないのかな…。映画だけ観てると、ワンダが前に活躍したのは「エンドゲーム」ですからね。そこでは味方側ヒーローの一員だったわけで。それが闇落ちして完全なヴィランに回るのであれば、できればきちんと背景を分かりたかったな。…って、分かりたければ配信ドラマを観ろ!ってことなんですが。あと、マルチバースで出会う「ちょっと違うヒーローたち」アベンジャーズならぬイルミナティにしても、ところどころ分かるところはあったけど、全体の難易度は高めでしたね。かなり脇の方にいるキャラクターとか、「ノー・ウェイ・ホーム」的な別ユニバース(別シリーズ作品)の知識も必要だったりするので…。まあ、「シン・ウルトラマン」における初代ウルトラマンの知識のような、分かって観れば大いにニヤニヤできるところではあると思うのだけど。頑張って隅々まで追いかけるつもりかどうかで、評価は分かれるでしょうね。③サム・ライミ監督らしいホラー作品!というわけで、ストーリーは知識不足により評価不能なのですが。それでも映画感想としては、とても楽しかった!となるのが面白いところです。MCUの求める理想のお客さんではなかった自分のような者でも、きっちり楽しめるポイントを作ってあるのがマーベルの懐深いところですね。個人的に非常に楽しかったのは、サム・ライミ監督のらしさが思う存分に発揮されているところ。本作はMCU史上初のホラーヒーロー映画です。冒頭のタコ怪物のストレートなキモさを助走として。ワンダ/スカーレット・ウィッチがヴィランとして開き直って以降は、ひたすら容赦ない殺戮を繰り広げます。あ、これ、ワンダが更生して味方に戻る線はもうないな…と早々に思える、カマー・タージの人々への確信的な殺人描写。本作のスカーレット・ウィッチは怖い。容赦なくグングン突き進んで、邪魔するものは迷いなく殺意を持って殺す。殺戮描写もエスカレートしていくのが、サム・ライミらしくて笑えます。せっかく出てきたイルミナティも、惜しげもなく惨殺。一人一人の殺され方のバリエーションで見せ場を作るのは、これもう完全にホラー映画の作り方ですね。④高ぶる狂気のドライブ感タイトル「マルチバース・オブ・マッドネス」の通り、だんだん狂気が高じてくるのも見どころです。本作の構成は「不思議の国のアリス」に近い。世界の壊れ方が進むほどに豪快になっていって、シュールな世界に突入していきます。観てて思ったのは、決め事が多いMCU世界の不自由さを、あまり気にせずに壊しにかかってる。ワンダが取り返しのつかないヴィラン化するのもそうですけどね。世界がまるごと消滅するとか、世界と世界が衝突するとか、かなり奔放にぶっ壊していきます。「ドクター・ストレンジ」の1作目からあったサイケデリックなトリップ感を、ナンセンスな狂気の方向に増幅していて、これは好みが別れるかもしれないですけどね。僕は非常に好みでした! 後半になるほどにマッドがエスカレートしていく感があって、気持ちのいいドライブ感があります。そしてクライマックス、劇中の設定を上手いこと生かして、ゾンビ戦士の登場につなげてるのが最高!でしたね。自分の死体に乗り移るという、ヒーローとしてはあるまじき気持ち悪い奥の手。こういうぶっ飛んだ「反則」ができるのも、長く続いてるMCUなればこそかもしれない。そういう意味では、MCUであることを上手く利用していたと思います。というわけで、結果的にはとても満足度の高かった作品でした。楽しかった!ただまあ、ワンダの事情がよく分からないままである気持ち悪さはずっと残りますけどね。今さら「ワンダヴィジョン」を観る気にもならないので、ずっとこのまま気持ち悪いままなんだろうなあ…これが今後のマーベル映画か。うーん…『「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」 少年は自己犠牲を受け入れて大人になる。ネタバレあり』Spider-Man: No Way Home(2021 アメリカ)監督:ジョン・ワッツ脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ原作:スタン・リー、スティー…ameblo.jpドクター・ストレンジ (字幕版)Amazon(アマゾン)2,546円ドクター・ストレンジ 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]Amazon(アマゾン)3,855〜12,121円

    「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」 ライミ印のホラー映画! ネタバレあり
  12. 配給収入:21億円原作:鈴木光司脚本:高橋洋監督:中田秀夫キャスト: 高野舞:中谷美紀 倉橋雅美:佐藤仁美 沢口香苗:深田恭子 浅川玲子:松嶋菜々子(特別出演) 高山竜司:真田広之(特別出演) 山村貞子:土田芽吹(少女期)、伊野尾理枝(成人期) 山村敬:沼田曜一 山村志津子:雅子 山村和枝:梶三和子 伊熊平八郎:伴大介 浅川浩一:村松克己 浅川陽一:大高力也 角倉刑事:諏訪太朗 鵜飼:長曽我部蓉子 佐久間:芹沢礼多 林看護師:由良宜子 初老の男:田村錦人 技師:並樹史朗 助手:仁科貴 タクシー運転手:谷津勲 大牟田刑事:石丸謙二郎 岡崎:柳ユーレイ 川尻医師:小日向文世あらすじ:事件から一週間、井戸の中から発見された貞子の死体が解剖された。ところが、30年前に殺された筈の彼女の遺体は、解剖の結果、少なくとも死後1年ないし2年しか経っていないことが判明する。すると、貞子は30年近く井戸の中で生きていたことになる。 岡崎(柳ユーレイ)は「呪いのビデオ」調査の前任者で、現在は失踪してしまった浅川玲子(松嶋菜々子)の仕事を引き継いでいたが、ようやく「ビデオ」を現在も持っているが見たことはないという高校生・沢口香苗(深田恭子)を探し出した。岡崎は香苗からビデオを借り受ける約束をするが、その直前、香苗は誘惑に負けてビデオを見てしまう。香苗は岡崎にビデオを見るよう懇願するが、岡崎は結局恐怖に負けて見ることが出来ず、香苗は1週間後に死亡してしまった。岡崎と舞(中谷美紀)は、呪いのビデオによる最初の犠牲者である大石智子の死亡現場に居合わせ、現在は精神病院に入院している少女・倉橋雅美(佐藤仁美)の存在を知り、彼女の担当医師で高山(真田広之)の大学同期・川尻医師(小日向文世)と出会った。川尻は超常現象の研究をしており、倉橋の中に、呪いのビデオを生み出した山村貞子(伊野尾理枝)の怨念がとり憑いていることを知る。川尻は自分の理論に従って倉橋の中から貞子の怨霊を除去しようとするが、それは被験者を廃人にしかねない非常に危険な実験だった。その後、舞は、偶然にも息子の陽一(大高力也)と共に身を隠していた浅川玲子と出会うが、すでに陽一の中にも貞子の怨念がとり憑いていることを知る。やがて川尻から事態を聞いた大牟田刑事(石丸謙二郎)は浅川親子を確保し、川尻は陽一を除去実験にかけようとするが、陽一は突如暴走、大牟田を呪殺出来うるほどの強力な超能力を発動させる。さらにその力の巻き添えを受けた玲子はトラックに轢かれて死亡してしまう。混乱の中、陽一を連れ出すことに成功した舞は、陽一を救う手がかりを求めて貞子の故郷・大島に渡る。やがて後を追ってきた川尻は、陽一が怒りにまかせて貞子の力を呼び起こす最強の霊媒であることを危惧し、舞を説得して山村敬(沼田曜一)と共に、貞子の怨念をプールの水に溶かし出す計画を立てる。だが、貞子の力は強く、プールの中に全員が吸い込まれてしまった。舞は無我夢中で浮上し、傍らに陽一がいることを確認する。だが、2人が気がついた瞬間に90度傾き壁にしがみつく状態になる。そこは先程のプールではなく、貞子が30年間閉じ込められていた井戸の中だったのだ。陽一は舞に「お姉さん、もういい」と言って井戸の底へ身を落とす。だが、舞は陽一を探すために自分も井戸の底へ落ちる。井戸の底には竜司の霊がおり、舞と陽一を助ける。だが、そこに貞子の死霊も出現し、舞は陽一を連れて井戸から這い上がろうと試みるが貞子に追いつかれ、「なんで、あなただけ助かるの?」と非難の言葉を投げかけられる。しかし舞と陽一は無事、現実世界へと生還する。だが、川尻と山村敬はプールで溺死した。これで事件は一段落する。しかし、ビデオの呪いはまだ終わっておらず、岡崎は生前の香苗の姿を収めた取材テープを編集している最中、映像の中の香苗が機器の操作に反して不自然な動きでこちらを振り向き、顔を覆う前髪の合間から怨嗟の表情でこちらを睨みつけているのを目にする。後日、岡崎も廃人のようになって精神病院に入院する。看護婦が岡崎の状態をポラロイドで撮ると、写真に香苗の姿が現れていた。コメント:映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作映画版ともに正規の続編『らせん』が存在するが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品である。この脚本を一般公募で募集したが、決定されず、脚本家の高橋洋が書き下ろした。不遇の死を遂げた少女・貞子の怨念が乗り移った呪いのビデオが巻き起こす恐怖を描き、前年大ヒットを記録したモダン・ホラー「リング」の続編。本作では、いよいよ中谷美紀が主役となって舞を熱演している。舞が、井戸の中で陽一少年を助けようと、貞子の霊と死に物狂いの戦いを展開するシーンは凄まじい!このシーンは怖い!深田恭子扮する香苗が、突然死するシーンもゾッとする!エンドで、香苗の顔が前髪に覆われて行き、こちらを振り向き、顔を覆う前髪の合間から怨嗟の表情でこちらを睨みつけるシーン。これも恐ろしい!リング2中田秀夫 深田恭子 柳ユーレイ 柳 憂怜www.youtube.comもうこの映画は観たくないと思わせるほど、怖い。やはりこの映画は、子供に見せてはいけない。役者の演技力を評価すると、中谷美紀は主演女優賞に値するだろう。そして、深キョンは、助演女優賞だ。このシリーズは、今後まだ続く!次は、1年後公開の「リング0 バースデイ」だ!この映画は、TSUTAYAで動画配信可能:リング 2 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[ホラー]『リング 2』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャスト・怪談のおすすめ情報。tsutaya.tsite.jp

  13. 「呪術召喚/カンディシャ」。。。
  14. 昨年ちょっと話題になってた作品、Amazonプライムに登場していたのでチェックしてみました。モノクロって部分がちょっとな~なんて思っていたんですが効果音と画面の暗さが不穏な雰囲気をバンバン醸し出して息苦しくなる感じが半端なかったです♪灯台守の職を得たウィンズロー(ロバート・パティンソン)はベテランの灯台守のウェイク(ウィレム・デフォー)と共に孤島の灯台に赴いた。勤務は4週間、ベテランのウェイクは早速ウィンズローを奴隷のようにこき使う。またウェイクはウィンズローに盗られたくないかのように灯室への立ち入りを禁じるのだが・・・あの「汽笛」?が普通の汽笛じゃなくて「サイレントヒル」のサイレンの様でザワザワさせてくれます♪ウィンズローが狂っていくお話なのかと思ったらベテランなウェイクも狂っていく展開。てか、ウェイクはそもそも狂っていたのか、、ロブスターの件もあるし( ̄▽ ̄)すとーんと急降下的に狂気に陥るものだと考えていたので、2人が罵り合い敵意を剥き出し、でも酒を呑んでうやむやにする展開がリアルに感じました。2人とも頭の片隅には相手を殺せば1人になってしまうことを恐れている様にも感じました。ウェイクが灯室に何を囲っているのか?「ポゼッション」的な期待を持ったのですが、そんな安直なお話ではなくネットでギリシャ神話をなぞっているお話だそうで自分には理解できなかったのが残念。2人ともトムってのも謂れがあるのかな?ビジュアル的に衝撃だったのはカモメのくだり位でしたがラストを含め悪夢を見せられた感が強く残って見応えありました。そして老いてもまだまだ現役バリバリで狂気を演じたウィレム・デフォーが圧巻でした♪「ライトハウス」 オススメ度 ★★★ライトハウス(デラックス版) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,581〜8,808円ライトハウス(コレクターズ・エディション) [Blu-ray]Amazon(アマゾン)8,950〜16,940円にほんブログ村

    ライトハウス
  15. 、梶山孝之の代表作映画化。原作:梶山孝之「赤いダイヤ」脚本:柳沢類寿、池田雄一監督:小西通雄キャスト: 藤田まこと:木塚慶太 三田佳子:井戸美子 曾我廼家明蝶:森玄一郎 田中邦衛:ジョージ 松本染升:売りの松崎あらすじ:朝鮮動乱の終わった年、母を置いて単身上京した木塚憲太(藤田まこと)は駐留軍の放出物資のブローカーで失敗し、六百万円の穴を開けて千葉海岸で入水自殺を計った。基地のバーの井戸美子(三田佳子)への遺言状をもったまま。だが、あずき相場師・森玄一郎(曾我廼家明蝶)は彼を助け、憲太に五千円をあたえて、再出発をうながした。遊廓へ行った憲太は、女からリンテンションカードを買うことをすすめられた。これは、一定の輸出額に5%の輸入が許されるという権利書だ。この買収で、五千円の金を百八五万四千円にした。早速美子を訪れた憲太を、美子は二世ブローカー・ジョージ(田中邦衛)の六百万をふみ倒したと怒ったが、美子も二人の会社を持つことには同意した。一方森玄は、あずき相場の下落でピンチに立っていた森玄の宿敵でもある、売りの松崎(松本染升)が丸田商事社長と組んで、森玄のあずきを預るいろは倉庫の田丸社長を買収し、あずきを大豆にすりかえていたのだ。一方慶太にも悩みはあった。美子が積極的で金のあるジョージに傾いていることだ。納会までが勝負だと、松崎らは北海道へ新あずきの買付けに発った。新聞の松崎派の非難で、相場は買人気となり、ジョージの口車にのった美子ら素人の投資家は、打撃を受けた。一方慶太は、松崎との決戦に勝った時結婚するという美子の言葉を胸に、森玄と自分の金一億円をもって北海道に飛んだ。人生を賭けた慶太の百姓抱きこみは功を奏した。売りの松崎に、買いの慶太が、あずきを独占したのだ。約束通り美子と定山渓温泉へとしゃれこんだ慶太は、ジョージに通じた美子に裏切られて、あずきをのせた船をジョージらのもとに運ばれてしまった。だが、その船は、銚子沖で沈没した。船を当てこんで売りまくった松崎は完敗し、ジョージは詐欺で検挙された。涙ながらに詑びる美子に、慶太は再び求婚した。慶太の財産は船にかけた保険金五千万円と相場の四千万円、しめて九千万円だ。だが元貴族院議長を父にもつ美子の自己嫌悪は消えず、慶太のもとから去っていった。あとを、慶太はいつまでも追いつづけていた。コメント:原作は、梶山季之の人気小説。スポーツ紙「スポーツニッポン」に連載し、1962年に集英社より刊行された。文庫版は1975年に角川文庫、1994年に集英文庫より刊行された。本作は天候に左右されて価格が上下する商品先物取引であるアズキ市場を舞台に、政財界・マスコミを巻き込んだ壮絶な仕手戦に発展する様子を描いている。1963年にTBSによってテレビドラマ化され、1964年に東映によって映画化された。「赤いダイヤ」とは、小豆(あずき)のこと。当時大人気だった小豆相場の先物取引で一発あてようとする男の物語である。テレビドラマでは、野際陽子が美子を演じて、人気を得た。映画では、三田佳子が熱演している。藤田まこと主演のコメディ。化けに化ける赤いダイヤ・小豆の相場。人生を狂わすダイヤの浮沈が面白くもあり、怖くもある。三田佳子は男を惑わす役どころ。田中邦衛の口から英語が出て来る。あり得ない役どころだけに、観るだけで可笑しい。都合良く船が沈没したり終盤のとんでもな展開はうまく行きすぎなような感もある。この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も可能:赤いダイヤ | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『赤いダイヤ』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。tsutaya.tsite.jp

  16. 月27日(金)公開映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)Amazon(アマゾン)1,500円トップガン マーヴェリック:オリジナル・サウンドトラック (デラックス・エディション)(限定盤)(特典:なし)Amazon(アマゾン)3,300円トップガン マーヴェリック:オリジナル・サウンドトラック (通常盤)(特典:なし)Amazon(アマゾン)2,750円●関連記事5月27日公開!『トップガン マーヴェリック』キャラクタープロモ・クリップ集!!!5月27日公開!『トップガン マーヴェリック』ミュージックビデオ&TVスポット!!!!5月27日公開!『トップガン マーヴェリック』フィーチャレット&米プレミア&TVショー映像!!!『トップガン マーヴェリック』レディー・ガガのミュージックビデオ&主題歌予告編!!!!『トップガン マーヴェリック』新ポスター&特別上映バージョンポスター&レッドカーペット映像!!!『トップガン マーヴェリック』トレーニングのフィーチャレット!!!!『トップガン マーヴェリック』ドルビーシネマ版ポスター&キャラクターフォト!!!!『トップガン マーヴェリック』日本版最終予告編&ポスター&TOTAL FILM表紙&画像!!!!5月27日日米同時公開!『トップガン マーヴェリック』最新予告編&ポスター!!!!待ってたぜ!『トップガン マーヴェリック』が11月19日公開!!!!ハリウッド映画、公開延期だらけ! 今年は目玉大作の公開は壊滅状態か? 来年も影響必至『トップガン マーヴェリック』の日本公開は12月25日に決定!『トップガン マーヴェリック』ビッグゲームスポット!!!!『トップガン』『007』『ワイルド・スピード9』『ムーラン』話題作のスーパーボウルCM&予告編!『トップガン マーヴェリック』メイキング・クリップ!!!!2020年夏公開!『トップガン マーヴェリック』日本版特報&ポスター!!!!34年ぶりにマーベリック is BACK!『トップガン:マーベリック』予告編&ポスター!!!!トム・クルーズとジェームズ・コーデンと一緒にスカイダイビングぅ~~!!!!32年ぶりに始動!! 『トップガン:マーヴェリック』ついに撮影スタート!!!!“死んだはずの”アンソニー・エドワーズ、『トップガン』続編に出させて!トム・クルーズの“クルーズ”が出航!? 『トップガン』続編をPR!?ジェリー・ブラッカイマーとトム・クルーズ、『トップガン』2ショット!トップガン (字幕版)Amazon(アマゾン)299円トップガン(吹替版)Amazon(アマゾン)1,500円トップガン TV吹替初収録特別版 4K Ultra HD+ブルーレイ (初回限定生産)[4K ULTRA HD + Blu-ray]Amazon(アマゾン)4,480〜17,844円トップガン パラマウント 思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]Amazon(アマゾン)3,004〜9,779円トップガン 3D&2Dブルーレイセット【2枚組】 [Blu-ray]Amazon(アマゾン)2,273〜7,400円トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]Amazon(アマゾン)1,500円【Amazon.co.jp限定】トップガン TV吹替初収録特別版 4K Ultra HD+ブルーレイ (初回限定生産) スチールブック仕様[4K ULTRA HD + Blu-ray]Amazon(アマゾン)6,111〜8,500円

    5月27日テイクオフ!『トップガン マーヴェリック』来日会見映像&コメント映像&吹替版予告編
  17. の悲恋と成長を描い名作。脚本:菊島隆三監督:成瀬巳喜男出演者:高峰秀子、森雅之、団令子、仲代達矢、加東大介、中村鴈治郎、小沢栄太郎、淡路恵子、山茶花究、多々良純、藤木悠、三津田健、沢村貞子、細川ちか子あらすじ:圭子(高峰秀子)はバー“ライラック”の雇われマダムである。ある日、外国人のマスターに呼ばれ、売上げの減ったことを責められた。経済研究所長という肩書を持つ高級利権屋の美濃部(小沢栄太郎)が最近店に寄りつかなくなったこと、その美濃部が以前圭子の下で働いていたユリ(淡路恵子)に店を持たせていること、圭子はすべてを知っていた。マスターから暗にユリのように体を張れと言われた。夫に死なれて、女手一つで生きていかなければならなくなった圭子が、マネジャーの小松(仲代達矢)の口ききでこの道に入ったのは五年前であった。圭子は、バーの階段を上る時が一番悲しかった。しかし、上ってしまえばその日その日の風が吹いた。美濃部が現われ、ユリの店へ案内した。店は繁昌していた。ユリが席をはずした隙に、美濃部は圭子をゴルフに誘った。--圭子は店を変えた。小松と、女給の純子(団令子)がいっしょについて来た。関西実業家の郷田(中村鴈治郎)が、店を持たせるからと圭子に迫った。彼女は上客に奉賀帳を回して十万、二十万と借りて店を持つことを決心した。小松もいっしょに貸店を探して歩いた。--ユリが狂言自殺をするつもりで誤って本当に死んでしまった。葬儀の席で、美濃部が貸金の返済を執拗に迫っていた。圭子はそ知らぬ顔で現れた美濃部にくってかかった。圭子は酒と興奮のためか血を吐いて倒れた。胃潰瘍だった。佃島の実家で、クリスマスと正月を過したが、七草が過ぎるともう寝てもいられなかった。おかみのまつ子(細川ちか子)が集金の催促に現われ、兄からは息子の小児マヒを手術する金を無心されたのだ。圭子はまた階段を上った。プレス工場主の関根(加東大介)の誠意だけが身にしみた。いつか奉賀帳を回した時も、気持よく十万円出すことを約束してくれた。圭子はプレス工場のおかみさんにでも喜んでなろうと、関根に抱かれた。やっと幸せが来たのだと思った。しかし、関根は二度と現われなかった。圭子は酒におぼれた。銀行支店長の藤崎(森雅之)と一夜を過してしまった。だが、藤崎は翌日大阪の支店へ転勤になると言いながら、十万円の株券を置いて去った。小松が入れちがいに入って来て、圭子の頬を打った。彼女は小松の一緒になってくれという言葉を空虚な思いで聞いた。--圭子は試練に耐えて生きていかなければならない。新しい明日をめざして、今日もバーの階段を上って行った。コメント:名匠・成瀬巳喜男監督が残した名作の一つであり、高峰秀子の代表作でもある。タイトルの「女が階段を上る時」は、主人公の銀座のバーの雇われママ・圭子(高峰秀子)の店が2階にあり、その出勤を指している。圭子はいつも重い気分で階段を上がることから水商売には不向きの女性として描かれるが、ラストでは明るい気分で階段を上がる立派なママに成長するというストーリー。ママ仲間や店の客との遍歴を経ての成長で、銀座のママになり切れなかった圭子が体を張って生きるようになるという、女の自立とも精神の堕落ともいえる物語になっている。主人公・圭子の周りに現れる多くの男たちの姿が興味深い。まず、圭子を冷静な目で見つめるのが、喫茶店のレジ係からスカウトして雇われママに育て上げたマネージャーの小松(仲代達矢)で、死んだ夫に操を立てて客と寝ない圭子を愛しながらも手を出さない。最も純愛のパートナーだ。関西実業家の郷田(中村鴈治郎)が、店を持たせるからと圭子に迫る。次は、圭子は兄の苦境を助けるために、町工場を経営しているという誠実そうな関根(加東大介)と婚約するが、これが全くの食わせ者であった。加藤大介の狸オヤジぶりがウケる。その悔恨から、彼女は前から好きだった妻子持ちの藤崎(森雅之)に体を許してしまう。やはり戦後の人気ランキングでトップ3に入っている森雅之のハンサムで渋い紳士姿は、高峰秀子が惚れるのも分かる。これを知った小松から一緒に店を持とうと求婚されるが断り、店を辞めてしまう。そして、圭子は想いを断ち切るために藤崎が転勤のために妻子と乗る汽車に見送りに行き、一夜の思い出を胸に銀座のママとして生きる決意をするのであった。ハッピーエンドには終わらない現実の中に生きる女を描く成瀬らしい作品である。銀座の夜のママの悲哀を描いている作品である。しかし、常に先進的で明るく皆を引っ張って行くような役柄が多い高峰秀子らしく、ラストでは、銀座のママとして独り立ちしようと決心して、階段を上がるのである。こういう夜の世界に生きる雇われマダムという存在を描いた作品は数多くあるが、当時松竹のトップ女優だった高峰秀子ならではの男勝りの気の強い美人ママの存在感が際立っている。この映画は、TSUTAYAでレンタルも購入も可能:女が階段を上る時 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『女が階段を上る時』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。菊島隆三のオリジナル脚本を成瀬巳喜男が監督した。主演の高峰秀子が衣装を担当。菊島は本作で初めて製作も務めた。1970年にはテレビドラマ化された...tsutaya.tsite.jp

    仲代達矢の映画 「女が階段を上る時」 銀座のバーのママを陰で支える仲代達矢!
  18. 幸喜による清須会議映画化。興行収入:29.6億円。原作:三谷幸喜脚本:三谷幸喜監督:三谷幸喜キャスト: 柴田勝家:役所広司 羽柴秀吉:大泉洋 丹羽長秀:小日向文世 池田恒興:佐藤浩市 織田信雄:妻夫木聡 前田利家:浅野忠信 黒田官兵衛:寺島進 前田玄以:でんでん 堀秀政:松山ケンイチ 織田三十郎信包:伊勢谷友介 お市様:鈴木京香 寧:中谷美紀 松姫:剛力彩芽 三法師:津島美羽 織田信孝:坂東巳之助 滝川一益:阿南健治 佐々成政:市川しんぺー 金森長近:清末裕之 稲葉一鉄:久世浩 蜂屋頼隆:迫田孝也 長束正家:望月章男 佐久間盛政:松永一太 弥助:ショー片島 森蘭丸:染谷将太 織田信長:篠井英介 なか:戸田恵子 小一郎:梶原善 小袖:瀬戸カトリーヌ 義兵衛:近藤芳正 明智光秀:浅野和之 織田信忠:中村勘九郎 枝毛:天海祐希 更科六兵衛:西田敏行あらすじ:天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐのは誰か……。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)であった。勝家は、武勇に秀で聡明で勇敢な信長の三男・信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、信長の次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、最愛の息子を死なせた秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、秀吉の妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいくのだった。そんな中、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に“清須会議”が開かれる。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友で参謀的存在の丹波長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)の4人の間で、様々な駆け引きが繰り広げられる一進一退の頭脳戦となる。騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合っていく……。コメント:1582年に実際に行われた「清須会議」を映画化した三谷ワールド。日本史上、初めて“会議の席上で歴史が動いた”といわれる清須会議での人間模様を描く。本格的な時代劇に初挑戦した三谷幸喜作品。相変わらずの豪華オールキャストが楽しいが、時代劇と言っても合戦場面や大掛かりなロケはなく、ほとんどのシーンがお城の中の政治的駆け引きを描いた台詞劇という、変わった作品になっている。戦国時代映画でこれだけ製作費が安く上がった作品はないだろう。おそらく俳優のギャラと衣装と舞台となった城のレンタル代だけだろうから。本能寺前後の時代背景は、日本人ならも誰でも知っている事柄なので改めて説明する必要もない。とは言っても、お話の取っ掛かりというものがやっぱり欲しいところ。そうした部分を、絵巻物になぞらえて説明するユーモアたっぷりのオープニングが大変面白く、一気に物語に引き込まれてしまいました。この辺りの作り方はやはり三谷幸喜ならではだ。たくさんの武将たちが集まり、柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)、丹波長秀(小日向文世)、池田恒興(佐藤浩市)の4人の武将を中心に跡目を争う会議が開かれる。今回はいつもの三谷コメディの特色である崖っぷちのドタバタ色はなりを潜め、爆笑シーンはほとんどない。だが、俳優の好演によって登場人物それぞれの持ち味が良く出ている。彼らの騙し合いとか腹芸の応酬が人間味たっぷりに描かれていて十分楽しめる。歴史オタクを自認する三谷だけあって、カツラやメイクなど、細かいところまで神経が行き届いていて、時代考証を無視したお笑いになっていないところに歴史に対する彼ならではの思い入れが感じられる。ただ、いつものお笑いを期待する向きにはちょっと物足りなさが残るかも知れないが、そのマジメな歴史観を堅持した姿勢を大いに評価すべきだろう。今年のNHK大河『鎌倉殿の13人』は、コミカルな部分があるが、全体の時代考証はしっかり考慮されているのだ。これぞ三谷流だ。秀吉を演じた大泉洋。拝金主義だけど、目下の者にまで気配りが行き届き、陽気で、まるで太陽の様な人物だ。太眉の中谷美紀は、寧(ねね)を演じているが、夫の後押しの為、ラテンダンスの様な早いテンポの踊りを踊りまくり、演技の新境地を見せてくれている。日和見主義の池田恒興を佐藤浩市が演じている。敵を作らないように気を配る小心者という、これまでの佐藤浩市の役柄とは真逆の人物だ。お市さまを演じる鈴木京香はお歯黒で登場していて、美しい。「羅生門」の京マチ子そっくりだ。寺島進の黒田官兵衛は絶品だ。この映画は、TSUTAYAで動画配信可能:清須会議 | 映画の動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ[映画]『清須会議』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」の三谷幸喜監督が、役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市はじめ豪華オールスターキャストで贈る歴史群像エンタ...tsutaya.tsite.jp

  19. が選んだ最も好きなランキングをご覧ください」→「日本が好きな国はなんでこんなに多いのか・・・」「正直日本が好きじゃない国は探すのが難しい。彼らの文化影響力があまりにも強大だから。」|海外の反応 お隣速報Image:cafe daum (参考に8ヶ月前の調査) 1位 www.otonarisoku.com1位 日本2位 ロシア3位 米国越えられない壁4位 韓国5位 中国6位 インド韓国人「アジアでの大衆文化は大韓民国が最強だよな?日本は負かしたよな?」|海外の反応 お隣速報 映画:ポン・ジュノ アカデミー制覇 大衆歌謡:防弾少年団 ビルボード1位 日本は負かしたよな?www.otonarisoku.com映画:ポン・ジュノ アカデミー制覇大衆歌謡:防弾少年団 ビルボード1位日本は負かしたよな?韓国人「日本の韓国化が止まらない件」「両国の親和性は高いですからね(笑)」 | ニチカン!韓国のネット掲示板MLBPARKから「韓国人が絶賛する日本料理、いざ日本人の食卓を見てみるとますます韓国料理化しつつあります。」という記事をご紹介します。 引用・翻訳元: &nbs...betweenjpandkr.blog 政治的偏向を指摘の生徒に「おい、この××、親を連れてこい」   「おい、この××、親を連れてこい」 「生徒に対してなんて言い方をするんですか!」   これは、6日に卒業式が行われた仁憲高校(ソウル市冠岳区)の校庭に響いた叫び声だ。卒業生のチェ・インホ君(19)は持っていた花束を置いて、ある生徒の保護者と大声で言い合っていた。記念撮影に余念がなかったほかの生徒や保護者たちの視線が注がれた。教師と警察が止めに入り、卒業式会場を訪れていた市民団体のメンバーたちも集まってきた。そして、ある市民団体メンバーが教師に「仁憲高校は間違っているのではないか」と問い詰めた。だが、教師は「部外者とは話したくない」と無視した。地面に座り込んで涙をこぼす女子生徒もいた。   同校では昨年10月、政治偏向教育騒動が起こっている。この日の言い争いの当事者であるチェ・インホ君は学校側の行動を外部に初めて告発した生徒だ。それ以降、同校の生徒たちはチェ・インホ君を支持する生徒と、学校側を支持する生徒に分裂し、確執を深めている。   卒業式の日、チェ・インホ君をののしったのは、こうした校内確執の過程でチェ・インホ君に対して言葉の暴力を行使した女子生徒Aさんの母親だ。Aさんは先月行われた学校暴力対策自治委員会で、「言葉の暴力についてチェ・インホ君に謝罪せよ」という処分を受けながら履行しておらず、この日、チェ・インホ君から謝罪を要求されて言い争いになった。Aさんの母親は「卒業式の日に市民団体などの外部の人物までやって来て謝罪を要求するのは暴力ではないか」と言った。こうした状況は、警察が仲介した末、Aさんが謝罪の手紙を書くことで収まった。   偏向教育を告発したチェ・インホ君とキム・ファラン君(19)は同日卒業した。2人とも大学に合格しており、3月から大学生になる。ttps://00m.in/jDmg5韓国人の反応とある韓国人チェ・インホ君とキム・ファラン君は本当に凄いです。大人として本当に申し訳ありません・・・。 とある韓国人先生なんかよりも遥かに優秀な学生だね。 とある韓国人左偏向された学校の圧制や暴力に屈せず、所信を堂々と明らかにし、後輩たちの今後の良い基礎になってくれたチェ・インホ、ギムファラン学生の卒業と大学入学を心からお祝いします。孤独で厳しい戦いであり、抵抗もあったが、よく耐えくれて、本当にありがとうございます。大人が誤ってしまい、良い国を作ることが出来ず、申し訳ありません。私たちは、先祖が血の汗を流して立てた自由民主主義大韓民国をより健康で富強にし、次の世代に渡す責任と権利があります。お互いがそれぞれの席で自分の責任と義務を誠実に履行したならば、より良い国を作っていくことができるでしょう。申し訳ないという気持ちと共に、感謝しています。 とある韓国人なぜチェ・インホ君とキム・ファラン君は実名が公開されているのに、相手はAさんなの?正々堂々と実名を公表しろ!!! とある韓国人不当な圧力に屈することなく、ここまで本当によく乗り越えてきたと思います。これからも自分の思想に自由な青年として生きてください! とある韓国人私たちの子供に一方的に偏った政治性向教育を行った人権侵害の教師ならびに全教組の教師に対して、強力な処罰を望む。 とある韓国人卒業おめでとうございます、大人が大人の役割が正しくしなかったからこのような事態を招いた。全教組はすぐに解体しろ。もう子供を傷つけることをしてはいけない。 とある韓国人本当に勇敢でありがたい学生だ。様々な苦労の中、努力を続けてきた姿は尊敬に値します。 とある韓国人学校は教育の現場であって、洗脳教育機関ではない。 とある韓国人チェ・インホ君とキム・ファラン君、一連の出来事があって学校内で耐え続けていたことに本当に感心しています。いよいよ卒業式を迎えましたね。本当に苦労が多かったと思います。あなたのような素晴らしい青年が大学へ進学したことをお祝いします。この国にもまだ希望がありますね。 ﹂とある韓国人この子を見ていると本当に希望が感じられる。韓国の民主主義はまだ生きている! とある韓国人この子たちは自分達の権利の正当性を主張しただけであり、他の売国奴とは違う。真の愛国者とはこの子たちのような人間のことなんだろうね。 とある韓国人もしも彼らの暴露がなければ、全教祖の実像を知ることも無く、私たちの子供達が政治的偏向教育を強制されることも世の中に出回ることが無かったでしょう。二人の勇気ある行動に心から感謝します。卒業おめでとう! とある韓国人仁憲高校は全教祖のチンピラ教師たちが教鞭を執っている情けない学校。子供達が本当に可哀そうだ。 とある韓国人二人の勇気に称賛を送ります。大人も彼らを見習って、勇気を少しはもちましょう。とある韓国人全教組の教師は教師ではなく…社会主義革命戦士だ。 とある韓国人この子たちが大学卒業後に担ぎ上げられて、政治利用されることだけが恐ろしい。どうか利用されるのではなく、自分達の意志を貫いて、これからも自由に生きて欲しい。 とある韓国人これからの韓国を導いていくのにふさわしい人材だね。どうか自由大韓民国を守るためのリーダーになってほしい。 とある韓国人チェ・インホ君とキム・ファラン君は正義の学生ですね!むしろ大人や教師よりも勇敢で賢明な学生です!これからも頑張れ! とある韓国人共産主義に傾いていく国を民主主義に戻すために、大人たちも立ち上がろう。 【韓国の反応】日本人55%「韓日関係改善が期待」…最近の調査より肯定回答高い|2ろぐちゃんねる-5chまとめブログ1:韓国の反応@2ろぐちゃんねる ユンソクヨル政府が発足してから、韓日関係が改善されるという日本人の期待感がかなり高い状2logch.com毎日新聞ねwwwねーよ韓国には強固な反日勢力が国民の半分程度いるからね。それに今後中国の韓国に対する影響力も強まりそうだしさ。そう遠くない未来に韓国は西側から離脱していくと思う。

    日本のルーツは韓国にだ!いや中国アル! うぜぇ
  20. 。これまでたくさん映画、テレビドラマ、舞台に出演している現役バリバリの美人女優です。この人の出自と経歴をたどります。 なかたに みき 中谷 美紀 生年月日 1976年1月12日(46歳) 出生地 日本東京都 身長 160cm 血液型 A型 ジャンル 女優、歌手 活動内容 1991年:歌手デビュー 1993年:女優デビュー 配偶者 ティロ・フェヒナー(2018年- ) 事務所 ジーアールプロモーション 女優デビュー前はテレビ朝日『桜っ子クラブ』内のアイドルグループ・桜っ子クラブさくら組の一員として、1991年から1993年まで音楽活動をしていた。KEY WEST CLUBというアイドル・デュオの作品がこちら:中谷美紀 16歳中谷美紀さん(当時16歳)「桜っ子クラブ」のKEY WEST CULB時代の映像。(1992年(平成4年)8月8日放送分より)司会は、日本テレビ(当時)永井美奈子アナウンサーと伊藤洋介さんwww.youtube.comまた、1993年にはビーイングの長戸大幸プロデュースで「あなたがわからない」をシングル発売する。当時人気かつブームを起こしていた大黒摩季路線の楽曲だった。1993年、テレビドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)で女優デビュー。その後は、多くのテレビドラマや映画、さらに日本石油のCM出演で知られるようになった。[CM] 中谷美紀 日本石油 入った篇 1994[CM] 中谷美紀 日本石油 入った篇 1994TvCm2013www.youtube.com1996年、ミュージシャン・坂本龍一のプロデュースによるシングルCD「MIND CIRCUS」をリリースし、音楽活動を再開。翌1997年3月には、“中谷美紀 with 坂本龍一”名義で発売した「砂の果実」が初のオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、33万枚を売り上げた。当時21歳だったが、大人の色香が感じられる映像だ。中谷美紀/砂の果実流れ着いた皆さん、こんにちは。開設日から↑↓チャンネル全て、◆インタレストベース広告を無効にしています。◆チャンネルの収益化していません。動画うp後に、広告が貼られた動画を確認しました。〝著作権者に広告収入が支払われています〟※ YouTubeの仕様だそうです。うp主の自己満と、YouTubeオトナの事情に左右さ...www.youtube.com1998年と1999年に、映画『リング』、『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年、自身初の主演テレビドラマ『ケイゾク』が放送された。以降、『壬生義士伝』『約三十の嘘』『電車男』『嫌われ松子の一生』『ゼロの焦点』などに出演する。2004年から翌年にかけては、女性雑誌 『anan』(マガジンハウス)に初の連載エッセイ 『男子禁制!?』を執筆した。また、インド一人旅の旅行記、『インド旅行記』(幻冬舎文庫)も2006年から出版している。2005年には、映画 『電車男』に出演し、ヒロイン「エルメス」役を演じた。この映画原作となった小説 『電車男』には、「エルメスは中谷美紀に似ている」という記述があることにより、実写化においても中谷がエルメス役を演じることになったという経緯があり、中谷の出演歴中でも珍しい純愛物といえる本作は、当初の予想を上回るロングヒットとなった。2011年、舞台『猟銃』で初舞台にして1人3役に挑んだ。オーディションでは全く受かると思っていなかったため、ノーメイクとラフなパンツスタイルで挑んだが、合格する。その演技は「初舞台と思えないほどの台詞のクリアさにまず驚かされた」とフレッシュさが称賛され、第46回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』では黒田光を、30代で10代の役から演じた。2018年11月26日、ドイツ出身でウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるティロ・フェヒナーと国際結婚したことを明らかにしている。正統派和風美人と称されるなど、着物姿の凛とした美しさに定評があり、CM・ドラマ・映画・雑誌と着物姿を披露する機会が多い。本人も着物が好きで、「着物を着ると背筋が伸びて身が引き締まりますね」と語っている。着物を選ぶポイントとして、「あえてシンプルな着物を着るようにしている」と話している。能筆であることでも有名であり、結婚発表の直筆コメントなどでもその達筆ぶりを披露している。また、英語、フランス語を流暢に話すことでも知られている。中谷美紀、流ちょうなフランス語でスピーチ★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv 女優の中谷美紀さんが5月28日、フランス大使館(東京都港区)で行われた「フランス映画祭2019横浜」ラインナップ発表...www.youtube.comドイツ人の夫フェヒナーとの馴れそめは、レストランでの偶然だった。あるしゃぶしゃぶ店で、フェヒナーを含む3人の外国人が中谷の隣の席で食事をしていた際、中谷の携帯電話が鳴ったことで、中谷はフェヒナーらへ謝罪した。そこからたまたま会話が弾み、彼らと相席したことがきっかけで結婚に到ったという。その時の彼女の強みは、英会話力、美貌、度胸だったのかも。2018年11月に8歳上のフェヒナー氏と16年にオーストリアで同居し、結婚した。現在は、1年の半分を現地で過ごしているという。海外生活のため運転免許取得、ヨーロッパの速度制限ないところで100キロくらいまで出せるようになった。一年の半分をオーストリア・ザルツブルクでの田舎暮らし。朝から、掃除、洗濯、料理、買い物、ドイツ語の学習、自宅の庭仕事、草むしり。 自身は夫婦別姓を貫き、「漢字の名前と日本人のアイデンティティーを守りたい。現地の銀行で漢字のサインを『なんてきれいなの』と褒められた」と日本の美を大切にしている。これまで、アイドル、歌手、俳優と、芸能人としてしっかり実績を積み重ね、ドイツ人の世界的音楽家との国際結婚をした後も、日本の映画界、テレビドラマ界で活躍を続けている、凄い日本女性である。これまでの受賞歴は以下の通り:映画 2003年度 第27回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(『壬生義士伝』) 2005年度 第19回高崎映画祭最優秀主演女優賞(『約三十の嘘』) 2006年度 第30回 日本アカデミー賞最優秀主演女優賞(『嫌われ松子の一生』) 第31回報知映画賞主演女優賞(『嫌われ松子の一生』『LOFT ロフト』) 第80回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(『嫌われ松子の一生』『LOFT ロフト』『7月24日通りのクリスマス』) 第61回毎日映画コンクール女優主演賞(『嫌われ松子の一生』) 第11回日本インターネット映画大賞主演女優賞(『嫌われ松子の一生』『LOFT ロフト』) 第1回アジア・フィルム・アワード主演女優賞(『嫌われ松子の一生』) 第24回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞(『嫌われ松子の一生』『LOFT ロフト』) 2007年度 第31回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(『自虐の詩』) 2009年度 第33回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(『ゼロの焦点』) 第14回日本インターネット映画大賞助演女優賞(『ゼロの焦点』) 第1回日本シアタースタッフ映画祭 助演女優賞(『ゼロの焦点』) 2011年度 第35回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(『阪急電車〜片道15分の奇跡〜』) 2013年度 第37回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(『利休にたずねよ』) 2014年度 第9回アジア・フィルム・アワードExcellence in Asian Cinema Award 舞台 2011年度 第46回紀伊國屋演劇賞個人賞(『猟銃』) 第19回読売演劇大賞優秀女優賞(『猟銃』) 2013年度 第21回読売演劇大賞 最優秀女優賞(『ロスト・イン・ヨンカーズ』) テレビドラマ 1998年度 第18回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞(『ハルモニア この愛の涯て』) 第20回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞(『ケイゾク』) 1999年度 第37回ギャラクシー賞テレビ部門個人賞(『ケイゾク』『ゲームの達人』『女医』) 2001年度 第32回ザテレビジョンドラマアカデミー賞ベストドレッサー賞(『恋するトップレディ』) その他 2000年度 第24回エランドール賞新人賞 出演映画作品は以下の通り: 大失恋。(1995年1月21日、東映) - 麻美 役 BeRLiN(1995年12月23日、KSS) -キョーコ役 リングシリーズ(東宝) リング(1998年1月31日) - 高野舞 役 らせん(1998年1月31日) - 高野舞 役 リング2(1999年1月23日) -高野舞役 ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer(2000年3月4日、東宝) -柴田純役 カオス(2000年10月21日、タキコーポレーション) -津島さと美役 壬生義士伝(2003年1月18日、松竹) - ぬい 役 ※日本アカデミー賞助演女優賞ノミネート ホテルビーナス(2004年3月6日、アスミック・エース/ 松竹) - ヒロイン・ワイフ 役 雨鱒の川(2004年11月13日、ミコット&バサラ) - 加藤沙月 役 約三十の嘘(2004年12月18日、アスミック・エース) - ヒロイン・宝田真智子 役 電車男(2005年6月4日、東宝) - ヒロイン・エルメス 役 疾走(2005年12月17日、角川映画) - アカネ 役 力道山(2006年3月4日、SPE) - 綾 役 嫌われ松子の一生(2006年5月27日、東宝) -川尻松子役 ※日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞 LOFT ロフト(2006年、ファントム・フィルム) -春名礼子役 7月24日通りのクリスマス(2006年11月3日、東宝) - 本田サユリ 役 あかね空(2007年3月31日、角川ヘラルド) - おふみ 役 ストリングス〜愛と絆の旅路(2007年4月28日、エイベックス・エンタテインメント) -ジータ役(声の出演) 自虐の詩(2007年10月27日、松竹) -森田幸江役 シルク(2008年1月19日、アスミック・エース) - マダム・ブランシェ 役 しあわせのかおり(2008年10月12日、東映) -山下貴子役 ゼロの焦点(2009年11月14日、東宝) - 室田佐知子 役 スイートリトルライズ(2010年3月13日、ブロードメディア・スタジオ) -岩本瑠璃子役 それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌(2010年7月10日、東京テアトル/ メディアボックス) - カーナ 役(声の主演) 阪急電車 片道15分の奇跡(2011年4月29日、東宝) -高瀬翔子役 源氏物語 千年の謎(2011年12月10日、東宝) -紫式部役 ひまわりと子犬の7日間(2013年3月16日、松竹) -五十嵐美久役 リアル〜完全なる首長竜の日〜(2013年6月1日、東宝) - 相原栄子 役 清須会議(2013年11月9日、東宝) -寧役 利休にたずねよ(2013年12月7日、東映) - 宗恩 役 渇き。(2014年6月27日、ギャガ) - 東里恵 役 繕い裁つ人(2015年1月31日、ギャガ) -南市江役 FOUJITA(2015年11月14日、KADOKAWA) - 藤田君代 役 ボヤージュ・オブ・タイム(2017年3月10日、ギャガ) - 日本語版語り 総理の夫(2021年9月23日) -相馬凛子役(田中圭とのダブル主演)これから、中谷美紀の出演映画作品をひとつずつレビューして行きます。お楽しみに。