8/17の記事ランキング

  1. Nへの想い同じ音楽ミュージシャンとしての尊敬の想い息子からパパへの想い  etc・・・いっぱいいっぱい詰まっている 新曲のプレゼントジョンも、きっと じ~んときてしまうだろう・・・と思います。「Corkscrew 」 の 曲を、笑顔で聴いている場面や、ルーク君が曲の感想を、ジョンに聞いている場面などいろいろと、思い浮かべてしまいました。ルーク君 たち kid Jupiter は,映画ボヘミアンラプソディの前には、すでに活動されていて、動画アップもされていました。LAURE-Brain Training (2018、1月)Grey Skirt (2018、7月)映画ボヘミアンラプソディの周辺では、いろいろなことが伝わってきたけれど、ジョンの周りでは、すでに心地良い音楽の風が、優しく流れていたんですね・・・♡♡My Life Has Been Sevedそして今年の、ジョンの誕生日には、 音楽 という 最高のプレゼントが、届けられるんですね。    ジョン、よかったね息子のミュージシャンが、同じミュージシャンの父の誕生日に、♡新曲の音楽をプレゼント♡最高の親孝行 でもあると思いました。それでは、またね。♡今日も、良い日でありますように♡

    たくさん共感されています

    最高の 誕生日プレゼント
  2. レ(当たり前)でも洋楽はチョイスしましたよ洋楽、考えてみればなるほど~ですね。そして、NHKBSプレミアムで早朝に放送された「J-MELO」もちろん、録画で観ました(笑)NHKワールドJAPANのそれと違って英語のナレーションは、全て日本語のテロップに変わっていました。歌詞も全て。日本のトップボーカリストの一人だというところが嬉しいです。しかし、NHKワールドJAPANの英語のナレーションでは“自らトップボーカリストに上りつめた”のような表現をされていたのでそこんとろこが日本語表記では省略されていて、ちと不満が日本語⇔英語だと、少し表現が変わってきますね。仕方ないけどそして~「思い出のメロディー」を観ていたら、坂本さんが大竹しのぶさんの「ヨイトマケの唄」でピアノを。あっ、これ、事前収録ですよそれにしても坂本さん、どんな曲でもアレンジされて、素晴らしいです。今度は是非、徳ちゃんの伴奏でテレビに出てくださいねそして、今日の高校野球智辯和歌山 VS 星稜タイブレークで勝敗が決まったけど、球史に残る素晴らしい試合だった奥川くん、炎天下で一人で、回が進んでも球威が衰えることなく一人で投げ切った根性は素晴らしいです。そして、朝日放送の解説は星稜の元監督山下さんと、智辯和歌山の元監督高嶋さん。試合も面白かったけど、解説も面白すぎたよさぁ、どこが優勝するのでしょうか。それも楽しみです

    太陽がいっぱい Plein Soleil Tour 初日スタートです
  3. いのか?!(@_@洋楽好きだから、洋楽のブログを書いてるけど… 盆踊りは … 盆踊り…日本の伝統なんだし… そこで洋楽をかけるのがいいのか…(*_*)いつもの盆踊りの曲だと人の集まりが良くないからと言って… それじゃ~あんまりよ?(^o^;)何百年と続いた伝統をたった一人の陳腐なアイデアで変えてしまっていいものか…どうか…皆さんはどう思われますか?(*_*)さて… 盆・ジョビのニュースで軽い衝撃を受けたので…(*_*)今日はそのボン・ジョビでも…今日の曲、ボン・ジョビの中では あまり取り上げられないんですが…初期の彼らのナンバーでは…まあ悪くないと思うし、何でなんだろう…ちょっと悪のイメージのPV…こんな所からもジョン・ボン・ジョビのアイドル的イメージで売り出したいレコード会社の企みが見てとれるもんですね…このPV… オリジナルよりギターソロが短い (*_*)反復したメロディーをカットした物だけど… やっぱりオリジナルに慣れていると、カットされると違和感は感じるね?(*_*)TOTO の「 99 」もそうだけど僅かな時間を短縮させるために大事なソロを短くするのは やめてもらいたいな~…Bon Jovi / only lonely

    たくさん共感されています

    ボン・ジョビ / Only Lonely
  4. 香港のデモが加熱してる…この件に関して、香港民を応援したくなるし、何とか世界を味方につけて頑張って欲しい。そもそも、イギリスの植民地だった香港が20年前に中国へ返還された際、今後 50年間は香港の民主主義、自治を認める筈であったが、中国共産党が、香港をより管理し出して香港で捕まえた犯罪者 ( 政治犯 と言われる政府を批判するだけの人)を中国へ送還できる法律を作ろうとしたことがデモの発端。共産主義下の自由な思想、発言も許されない事への危機感が、これほど大規模なデモに発展してるのだろう…香港や台湾というのは、イギリスやアメリカの西側の民主主義が根づいているので、言論の自由も許されない共産主義の管理下に陥ることは今後、香港も思想、言論の自由が脅かされることになるだけに香港民も簡単には引き下がれないだろうと思う…ちなみに… お隣の日本嫌いの国… 同様中国も反日教育が行われた国であるが、香港はつい20年前まで中国とは違う国だったので香港民の多くは親日的だ。話は変わって…自分は70年代香港映画が大好きだ。今の香港映画にはないパワー、コメディ要素のある映画ならくだらなさ満載で、世界のどこを探してもあの時代の香港映画パワーには敵わないとさえ思うくらい…ハリウッド映画などはお金もかけているし、高度な撮影技術で安全に撮影しさも危険なシーンを撮ったかのように見せることも可能だが… 何しろあの当時の香港映画には金が無い…(*_*)無い金は体を張って撮影する訳で…そこに香港映画のパワーがあるんだと思う70年代の香港映画と言えば 言わずと知れたカンフー映画。音楽よりも好きな武道の世界…十代の頃は将来は武道家で生計を立てたい等と… 実力もないくせにアホな夢を見ていたくらいそんな… 武道好きから見た視点で香港映画を今一度、振り返ってみたいと以前から常々、考えていました(^o^;)ブログという表現方法を手にしても書くまで7年もかかってしまった音楽よりも専門的… 言い換えれば「退屈」でも、出来るだけ分かりやすく書きたいと思います。今日は前振りが長くなったので本格的に書くのは次回から(^-^)今日は初回だし、まずは笑って頂いて1979年 「少林寺 VS 忍者」ちょっと動画は長めですが、後半最高に笑えると思うので(笑)辛抱強く後半までご覧下さい (笑)リュー・チアフィー主演現在はリュー・チャーフィーという表記に変わったようですが日本の俳優、倉田保昭氏との格闘シーン…倉田氏が日本の忍術を使う設定らしく 僕も聞いたことのない日本の拳法…「蟹拳」を披露されてます蟹 (カニ) だけに 蟹歩き(^o^;)まあ、とにかく見て頂ければ…そのバカバカしさがお分かりになるかと…もちろん… 日本に「蟹拳」なる物が存在した史実はありません(^o^;)しかも何故か忍者が修得してる…(^o^;)下は…若き日のブルース・リー後の総合格闘技を作る前の伝統的なクンフーの頃。日系人の弟子ターキー木村氏とここで、ちょっと中国拳法について簡単に説明しますと…一般的に「カンフー」と呼ばれる呼称も北京語読みのkung-fu ( クンフー )広東語読みのgung-fu ( グンフー )とあり…ブルース・リーは、グンフーを使っていた。カンフーとは元々、流派や技術の呼び名ではなく技術、技の修得度、技量に対しての名称。あの人は功夫 (クンフー) がある…というような使われ方が本来の使われ方…リュー・チャーフィー中国の真ん中を流れる大河「揚子江」その揚子江を挟んで北側を「北派」 …南側を「南派」と言い、一般的には、北派は足技南派は手技がメインと言われているが必ずしもそうではなく、北派でも八卦掌や、形意拳、翻子拳、八極拳など手技が多い流派 ( 中国では門派と呼ぶ )もあるので、一概に北派と南派はこうだ、とは言えない。一説には北は馬を移動に使うため、伸びやかな大きい動きを主とし一方で舟を移動に使う南部地域では揺れる舟の上で、足を地面に安定させ手技を主にするようになった…との説があるが、前述したように例外も多い下は若き日のジェット・リー。デビュー時は、リー・リンチェイの名。香港出身ではなく中国本土出身だ。彼は典型的な北派の動きだ。北派… 南派… などと言うとマンガ「北斗の拳」あたりを思い起こす方もいるでしょうか?実際、あのマンガ ( アニメ ) は映画「マッド・マックス」の世界観に主役をブルース・リーから…それ以外の知識は… 日本人の中国武術研究家 故「松田隆智」氏の書「謎の拳法を求めて」あたりからの引用と推測される。実際、この本は自分も持っていたが、北斗の拳との類似性、それまでなかった知識との一致はまず間違いなく、この本からの引用と言っていいだろうと思う。この描写など… ブルース・リーの「怒りの鉄拳」そのものちなみに、松田隆智氏とは日本で数多くの日本武道… 多くは古武道を修練された後、台湾に渡り主に北派拳法の修練をされた武術家。ブルース・リー以後のカンフーブームの頃ミステリアスな存在の中国武術を著書で解説した功績は小さくないだろう…さて… 先ほどの動画「少林寺VS 忍者」は… 北派か… 南派か…?地理的に香港は中国の南部なので、香港映画の多くは南派の武術が多い。リュー・チャーフィーもジャッキー・チェンも南派洪家拳と言う流派がベースになっている。南派洪家拳の特徴は歩幅は大きく、突き、蹴りとも動作が大きく伸びやかで、初期のジャッキー・チェン映画の動きをイメージしてもらえば分かりやすい。構えた拳は…腰 (へその横)でブルース・リーの修得した詠春拳の肋骨の下に拳を構えるスタイルとは違い、空手の多くの流派とも 洪家拳の動きは共通する点がある。さて… 第1回はいかがでしたか?(^o^;)前振りが長いので短めにするつもりが長くなってしまいました…(^o^;)音楽目当てに見て頂いてる方にとってさらに、どうでもいい話だったのでは(笑)しかし、書いてる方としては、映画の情報以外はウィキペディア等を見る必要もないのである意味、楽かも第2回は… いつかは未定です

    たくさん共感されています

    70年代香港カンフー映画 その1
  5. に、ポリエチレンのロックを何度も何度も壊しては組み直し・・を繰り返していたんですよね暑い中だったようだから大変でも列車の上で感じる風は爽快で、とても楽しかったようです。「フレディは色んなアイディアを出して、デビーと細かな打ち合わせをしていたよ」とロジャーが言っていたり、メイキングの映像を見てもみんなにこやかでとてもリラックスしていて、楽しく撮影をできたよ!と満足気に話していました冒頭から出てくるとびきり綺麗な女性は、ロジャーの彼女デビーレングさんですロジャーがコメンタリーで「俺の彼女だ」とさらりと言っていました。笑この頃はブライアンはスキャンダルで、フレディは病状のことで、マスコミから追い回されていたような時だったのでこの撮影は良い気分転換にもなったのでは、と思います。⬇︎メイキングやインタビューよくよく考えると列車は割と速い速度で走っていて、その上で動き回るフレディたち、すごいです。時速は30マイル〜60マイル(時速約50キロ〜95キロほど?!)そして、(やはり?)保険がかけられていたということで・・・その額200万ポンド(・・当時1989年の為替が1ポンド=225円とすると・・4.5億円?!)また、この撮影だけで30万ポンド(6750万円程)を使っていたそうです。この数字合ってる??と少し不安にもなるくらい・・。動くお金の桁が違いますある意味命がけの上、ものすごく大掛かりなPVだったということですね。(情報はwikipediaから)この曲、2つの曲を1つにしたものだとご存知でしたか?私は最近まで知りませんでした・・ムーディなイントロ部分はフレディの作った曲。曲が切り替わる"I wake up "からはロジャーの作った曲。全く違う曲が合体されています。フレディは約30あったトラックの中から選び出したとインタビューで話していたそうです。この曲、聴く限りは別に他でもありそうな普通の曲かな??と思っていたのですが、、好きな曲 と言われる方が多い気がしていて、よくよく知っていったり歌詞をみると、いい歌詞だなぁー!!!と思うようになりました。イントロ部分とそれ以降の歌詞、どちらも良いです。まずイントロ部分のフレディの曲デモテープが残っていました。A New Life is Born という曲です。(一部メロディにラブオブマイライフやマーチオブブラッククイーンのメロディに似た箇所があると感じました。それは全く意図されてもないと思いますが同じコードやメロディを使いやすいというのもあるのかもしれないとも思いました。)歌詞を引用します。”When love breaks upWhen the dawn lights wakes upA new life is born恋に破れ夜明けの光で目覚めた時新しい生活が始まる〜ここまでがブレイクスルーのイントロ〜There's no waters blowing downThere's no rain (ad-libbed) to the seaGet lonely水の湧き出す水源もなく海へ流れる雨も降らないひとりぼっちの気分だDee-dee-deeDah, day, dahDee-dee-dee, by the seaThere's muddy watersIn my handsAcross the (ad-libbed)Dah, dah, dah濁った水がただ手の中に残っているだけ”(すみません、、全然うまく訳せません・・難しくて・・詩的な表現な気がします。)waterを複数形で使っているのもきっと意味のあること。また、"muddy waters"という後半にある歌詞。関連があるかはわかりませんが "muddy the waters" というフレーズがあるようで、それには「事態を混乱させる」という意味があるようです。私の和訳は酷すぎますが、、元々の英語の歌詞だけをご覧いただくと、なんとなく全体の曲の意味はわかる気はします。自分の解釈やイメージだと・・・・失恋、悲恋の歌。新たな気持ちで前を向かなきゃと思いつつも乾いた心を歌っていて、少しまだ心は晴れない様子なのだろうかと感じさせられます。・・ここにきて、フレディ作のNevermoreの詩も思い出されました。"The seas have gone dry and the rain stopped falling海は干上がり雨も枯れ果てて"という歌詞がありましたよね。こちらもファルセットで歌う短い曲ながら詩的で好きな曲です。その頃の心を表現している様子が、この曲の表現と似ていてダブります。Nevermoreは『QueenⅡ』に収録されていて1974年に作られています。そして、"March of the Black Queen"へと続いていくのです。この曲"A New Life is Born"は1989年に作られたものだとすれば、フレディは曲の感じといい歌詞といい、そんな昔のものに(意図的にか無意識的にか)回帰している様な、辿っている様な・・そんな気もしてしまいました。それに、フレディの感性、感じるものというのはきっと当時からぶれずに変わらないものなんだろうな、とも感じました。さらに考えを進めていくと、、この曲の冒頭しかアルバムには採用せず、その後は全く違うロジャーの曲を繋げていったことにも何かフレディの考えがあったのだろうか?と思わされます…続くロジャーの作った曲は、フレディの作った曲の後半の雰囲気とは全く違って、希望に満ちていて明るいんです。“I wake up, feel just fineYour face fills my mindI get religion quick'Cos you're looking divineHoney you're touching somethingYou're touchin' meI'm under your thumb, under your spell目覚めたら気分がいいんだ君の顔が心を満たすすぐに入信したくなってしまうよだって君は神々しいんだ君は何かに触れている僕の心に触れたんだもう僕は君のいいなり君の魔法にかかってしまった“この歌詞の続きにはさらに甘い言葉が続きます。ロジャーがこんな言葉の並べられたラブソング的な歌詞を書くのって珍しい気がします。照れが出て書かなそうなのに!!恋人のデビーさんにそこまで熱をあげていたということ?!でもでも、ロジャーがこの曲を書いたのがいつだったかはハッキリ分からないのでデビーさんが実際に関係しているのかもわかりません。そして“If I could only reach youIf I could make you smileIf I could only reach youThat would really be a breakthru君にただ近づけたら君が笑ってくれたら君にただ近づけたら本当に突破口になる“と歌っています。ここ、【仮定法】を使ってるんです。文法的に仮定法を使う時は【事実には起こりにくいこと、起こり得ないこと】という意味合いも混じっているんではなかったでしょうか?なので、彼女にお近づきになれる可能性はほぼないんだけど、、と作り手は思っている、と想定します。でも、彼女がそばにいてくれたら、絶対に切り抜けられるのになぁ〜!!という強い希望。…ということは、、ロジャーにしてもちょっぴり悲恋の歌。。…だとしてもフレディの「分かってるんだけど暗闇からまだ抜け出せないよ、、」のような雰囲気の曲よりは、断然希望に満ちている感じがします。難しいけど、今は突破しなきゃいけないんだ!と強い気持ちを持って、もう前を向いている感じがします。(彼女は手に入らないかもしれないけれど)彼女を思う心が自分を強くして突破口へと導いてくれるんだ!!というような感じにも聞こえます。フレディは自身の曲にロジャーの曲を使ってそのような繋げ方をするなんて当時とは変わった部分なんじゃないか⁇と思えてきました。それとも、自分の思考をそんなふうに変えたいフレディがいたのか。ロジャーの力を借りて。。当初フレディは、QueenⅡのサイドブラック、ボヘミアンラプソディ…などのように自分で作った曲を組み合わせて作っていくことが多くありましたが、自分とは違った性質の誰かの曲と組み合わせることで、フレディの心の中の突破口自体が開く手助けにもなったのではないかな?とさえ思えてきました。1つの曲として、フレディ自身だけで作る曲とは全然違う曲に良い意味で変わっているものだと思いましたフレディのもともと持っている世界観だけでも相当素晴らしいですが、反面悩んだり葛藤する部分でもあったものが、メンバーの力を借りて今まであった自分の中にも取り込んでいくことでフレディの世界も広がっていったのかなぁ…なんて気もしてきました。もちろんフレディ自身の内側のことだけでなく、仕事として、音楽としても、広がりを見せていているという意味です。ミラクルってそんなアルバムでもあるかもしれません。歌詞のこちらをお借りし、ご参照ください。https://www.google.co.jp/amp/s/sentimentalblvd.exblog.jp/amp/238902743/

    たくさん共感されています

    Breakthru ブレイクスルー [追記]
  6. Jae Joong sings "Beautiful woman" A short novel " JaeJoong met a beautiful maiden practically”  (短編小説:実際,ジェジュンは、美しい乙女に出会ってしまった)美しい乙女:ナンシージョンズさん         ジェジュンさんTwo years before, Nancy Jones came to Tokyo University in order to research "The tale of Genji " as a foreign student.(2年前、ナンシージョーンズさんは、源氏物語を本格的に研究するため、東京大学に留学生として来ました。One day, she happened to watch Jae Joong's concert with her classmate . As soon as, one handsome boy and one beautiful maiden encountered , they fell in love each other like lightning.(ある日、息抜きにと、クラスメートと一緒にたまたまジェジュンさんのコンサートに行きました。ハンサムな青年と、美しく、控えめな乙女が遭遇するや否や、二人は稲妻に打たれたごとく、恋に陥ってしまったのです。)We, enthusiastic Jae Joong fans, are awfully anxious about this sudden love.(無理からぬ事なのかもしれませんが、私たち熱心なジェジュンファンは、この突然の恋の行方が心配で心配で、ろくに大好きなご飯も喉に通りません。)

    Jae Joong sings "Beautiful woman” so emotionally
  7. 昼どき合唱団演奏会チラシです。こんにちは。15日は昼どき合唱団の定期練習。お盆休みで参加者が少なかった。しかも指揮者先生は所用でお休み。声楽の先生が指導された。定期演奏会は11月18日(月)。まだ3か月あるが、余裕は感じない。今まで歌ってきた曲を4曲練習した。1、All things bright and beautiful  (J・ラター)2、ゆかいに歩けば3、わらべ歌  (指揮者先生オリジナル曲)4、歌の殿堂をたたえよう(タンホイザー)  (ワグナー)上の1、2番は6月のジョイントコンサートで歌った曲、ほぼ暗譜しているつもりだった。でも忘れている!!ときどき引っ張りだして歌わねば。「タンホイザー」は汗をかいた。特に後半が疲れる。出だし快調だったが。途中でかなり音がとれない。やはり時々引っ張りだして歌うことしかない。覚えてしまおう。今回は原語でなく日本語で歌う。これが意外に歌いにくいのだが。かといって原語では慣れないと難しいし。さて、この曲には見慣れぬ「ターン」という音楽符号がでてくる。装飾音である。Sを逆さにして横にした感じ。ラについている。2度上の音と下の音をぐるりと回るとある。「ラ・シラソラ」かな。装飾音だから素早く歌わなければならないのはいうまでもない。下手をすると見逃がす。一人だけ出来ても皆ができないと綺麗に聞こえない。よく練習しておかなければならない。それと98小節のソプラノ、Aの4拍伸ばし。跳躍はEからで4度と大きくはないが。なにせ高い音。事前に準備してないと出せない。今日の練習では良く出ていたと思う。ただ、2か所も出てくる。しかも、2回目は6拍伸ばし。フォルテシモだしこれはきつい。音程が下がらぬよう注意しながらだからね。98小節からはテノールも高音が続く。フォルテシモだから地声ではきつい時もある。無理はしてはいけないので、ファルセットOKの指示が出た。私は今のところ地声でいけると思う。わが合唱団はオケとのジョイントなので譜面もちOKである。だからこそ、出来れば暗譜をしておきたいのだ。それに引き出しに入れたままだと忘れる、練習がなくても取りだしていつも歌っておくことが暗譜につながる。演奏会のチケットとチラシが配布された。みなとみらい小ホールだから430席か。もう残り僅かという。どうしよう、5枚しか確保してないのだが。

    ソプラノお疲れ!!(昼どき合唱団練習風景)
  8. P PAGE NFアーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE NFNEW・松山千春 2019年上半期スケジュール&2019年上半期活動トピックス・松山千春 2019年下半期スケジュール&2019年下半期活動トピックス  NEW・松山千春ツアー2019秋「かたすみで」コンサートリポート NEW◇更新履歴V1.0:2014.3.30 初稿V1.1:2019.8.17最新エディタにて記事を作成、旧記事と差し替えおよび歌詞の掲載、所有CD画像を掲載■ 「淡々と・・・」 編曲者:笛吹利明1994年11月21日発売のアルバム『24時間』の11曲目(全11曲)◇松山千春選曲ベストアルバム『松山千春の世界』 DISC-3の4曲目◆所有CD画像◆レコーディングミュージシャン:後日、追記01. ドラム:02. ギター(AG):03. ギター(EG):04. ベース:05. キーボード:06. パーカッション:07. サックス:08. ストリングス:◆2014.3.30 夢野旅人昨夜は、ベストアルバム『35th Anniversary 松山千春の世界 Chiharu Matsuyama Selection』を聴いた。 デビュー35周年を記念して松山千春自身が全63曲を選曲した4枚組のベストアルバム。実際、千春がセレクトしたのは120数曲だという。それをスタッフ、レコード会社で絞り込み最終的に63曲になったという。同年春のツアーの曲目は全曲、このアルバムから選曲すると千春は公言した。それを聞いて、友人のひとりは「恐怖のDISC-3」とジョークをいった。「時計」、「淡々と…」、「ジュテーム」 、「生命(いのち)」、「ひとりの部屋」、「ひまわり」、「ガリレオ」、「egoist:エゴイスト[自己中心主義者] 」。大作を声の限り歌う、絞り出すよな歌唱、歌が大好物の彼にとって、それらの曲はあまり琴線に響かないのでしょう。自分も彼ほどではないが、このDISC-3の収録曲に魅力をあまり感じない。この時期あたりからだろう。年季の入ったファンが求める千春の作品の世界観と、千春の描きたい、伝えたい世界観にズレが生じたしたのは。でも思うのだ。それは、ファン自体が千春の進化、成長に追いつけていないだけではないのかと。ま、この話はおいおいと。松山千春の「淡々と・・・」。初めてきいたとき、今でも思うが、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」を読んだ気になった。~雨にも負けず 風にも負けず雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫なからだをもち慾はなく 決して怒らずいつも静かに笑っている一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べあらゆることを自分を勘定に入れずによく見聞きし分かり そして忘れず野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて東に病気の子供あれば 行って看病してやり西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい日照りの時は涙を流し寒さの夏はおろおろ歩きみんなにでくのぼーと呼ばれ 褒められもせず苦にもされずそういうものにわたしはなりたい~悟りの境地である。当時、若い自分は「淡々と・・・」を聴いて正直、眠たいと思った。リリース時のツアーではめったに歌われることがなく、安心した。1997年春。比叡山延暦寺、阿闍梨・酒井雄哉さんに会いコンサートの成功や健康を願い祈祷をしてもらったという。「70歳を過ぎても修行が続けられる秘訣はなんですか」千春は、雄哉さんに訊いたという。すると、「自分のペースを守ってこつこつとただ歩いていくだけ。無理せず、急がず、はみ出さない。 力まず、僻まず、威張らない」という答えに自分の人生を言われているようだと感銘をうけたという。千春は、ライブでそんなエピソードとともに、「果たしてみんな、自分のペースを守っているか。悩みとか、何をやっていいのかわからない壁にぶつかるときもあるだろう。そんな時でも自分のペースを守ろう。他人を羨ましいと思っても、自分のペースを、こつこつと守りながら歩いて行ってほしい。そんな境地に似た曲を何年か前に自分も書いていた。『淡々と・・・』。この曲で一番歌いたかったところは最後の部分だと思う。~きっと誰も いつの日にか 老いて この世界と別れがくる~誰だっていつかは死ぬ。~そんな時も 自分らしく 決して 取り乱したりせぬように~是非、自分も取り乱すことなく、もしあの世に召されるなら、『十分に(この世で)やりたいことはやらさしてもらいました。ありがとうございます』と言ってくたばっていけるような毎日を歩いてきたいと思う」と、語った。そんな思いが詰まっている「淡々と・・・」。~十分にやりたいことはやらさしてもらいました。ありがとうございます~いまだ自分は、後悔や反省の毎日で、この境地に達していません。◆歌詞どんな時も 自分らしく 別に 背伸びをする事もなく むやみやたら 威張りちらす 人に こびる様な事もなく 淡々と 淡々と 毎日を 淡々と 淡々と 生きている そんな私でありたいと いつも思っているのです 悩む事も 哀しむ事も 涙 笑いそして怒りさえも 心に嘘はついちゃいけない 何も 恥じる事はないのだから 淡々と 淡々と 何もかも 淡々と 淡々と 受け止める そんな私でありたいと いつも思っているのです 淡々と 淡々と 毎日を 淡々と 淡々と 生きている そんな私でありたいと いつも思っているのです きっと誰も いつの日にか 老いて この世界と別れが来る そんな時も 自分らしく 決して とり乱したりせぬ様に 淡々と 淡々と 穏やかに 淡々と 淡々と 死んで行く そんな私でありたいと いつも思っているのです そんな私でありたいと いつも思っているのです◆松山千春全作品に思うこと~松山千春全作品解説4A~1992-1999■N↓現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。一日一回、ライキングポイントが加算されます。よろしくお願いいたします。にほんブログ村 アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ ---------------------YUMENO BLOG ~愛のうた:愛した季節の薫り  From the 1960s to 2020s Music Diary notebook~ 夢野旅人

    「松山千春 『淡々と・・・』に思うこと~松山千春 全作品解説79~V1.1」S2242NF
  9. P PAGE NFアーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE NFNEW・松山千春 2019年上半期スケジュール&2019年上半期活動トピックス・松山千春 2019年下半期スケジュール&2019年下半期活動トピックス  NEW・松山千春ツアー2019秋「かたすみで」コンサートリポート NEW◇更新履歴V1.0:2015.1.29 初稿V1.1:2019.8.16 最新エディタにて記事を作成、旧記事と差し替えおよび歌詞の掲載、所有CD画像を掲載■ 「24時間」 編曲者:土方隆行1994年11月21日リリースのアルバム『24時間』の10曲目(CD10曲目/全11曲)◆所有CD画像◆レコーディングミュージシャン:後日、追記01. ドラム:02. ギター(AG):03. ギター(EG):04. ベース:05. キーボード:06. パーカッション:07. サックス:08. ストリングス:◆2015.1.29 夢野旅人今朝、ふと過った。この曲を、あの日、一曲目に持ってきたのは、そういうことか。1996年春。デビュー20周年記念ツアーの初日、よこすか。この日の、一曲目は「24時間」だった。その後、「長い夜」と入れ替わり、「大空と大地の中で」に定着するが、アーティストが伝えようとしたイメージのヒントが、色濃く残るのは初日である。ステージを重ね、細かな修正や曲の入れ替えなどで、完成度が向上しようとも、伝える側のイメージの原形は、初日にある。この曲を一曲目に置いたのは、アマチュア時代の想いが詰まっている、情景がみえる曲でスタートさせたかったからだろう。易々たる推測であるが、当時は考えようともしなかった。松山千春の初期の作品は足寄で作られたものが多いのだろう。そんな中で、札幌の篤さんの部屋で作られた歌が「ためらい」 など、いくつかある。篤さんとは、ご存じのとおり、著書「足寄より」にも語られている故・山岡篤さんのことである。ラジオ(千春のひとりうた)出演のため、週に一度、足寄から札幌に通っていたアマチュア時代。前日に泊まっていたのが、彼の部屋だった。彼とは気が合い、一緒に遊び歩き、千春の人気が過熱して、ホテル暮らしとなるまで彼の部屋に泊めてもらっていたという。彼に、彼女ができたときに、二人のために書いたのが、「雪化粧」 である。~24時間 生きていた  気の合う奴等と 楽しく愉快に24時間 生きていた  心も体も 傷つきながら~「24時間」は、そんな篤さんや周囲の仲間達と、愉しく過ごしていた時代を描いた歌。この曲を書き上げ、秋のツアーがスタートする直前。千春は、篤さんの訃報を知る。1996年秋。「俺は曲を作っている姿を誰にも見せない。 スタッフであっても、俺が曲作りをし始めたら部屋を出ていく。 でも篤だけには見せられた。残念ながら他界した。 あいつのためなら、なんでもした。 もしも、あいつが金に困って、『千春、都合してくれよ』と言われたら、どんなことをしても俺は用意した(要約)」と語り、「雪化粧」を歌った。「あんただ~れ」の中ちゃんの日記には、篤さんが他界して、20年後の2014年5月3日。娘さんの結婚式に、千春が来賓代表で挨拶したと記されている。~戻る事など出来るはずない いっそ後ろはふり返らずに けれどもあの日が 頭を離れない~今、改めて、この曲を確かめると、アマチュア時代の1976年から数えて、39年という時間の流れを切と感じるのです。◆歌詞路地をうらつく野良犬の様な 手さぐりだけの毎日だった もちろんあてなど なかった それなのに あの頃がとても自分らしく 自慢の瞳も輝いてた 懐しさじゃなく 不思議と そう思う 24時間 生きていた なりふりかまわず結果を恐れず 24時間 生きていた 失うものなど 何にもないと 誰でもいくつもの思い出を 心の奥にしまい込んでる 愛とか夢とか 微笑 涙も 戻る事など出来るはずない いっそ後ろはふり返らずに けれどもあの日が 頭を離れない 24時間 生きていた 気の合う奴等と 楽しく愉快に 24時間 生きていた 心も体も 傷つきながら 24時間 生きていた 気の合う奴等と 楽しく愉快に 24時間 生きていた 心も体も 傷つきながら◆松山千春全作品に思うこと~松山千春全作品解説4A~1992-1999■N↓現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。一日一回、ライキングポイントが加算されます。よろしくお願いいたします。にほんブログ村 アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ ---------------------YUMENO BLOG ~愛のうた:愛した季節の薫り  From the 1960s to 2020s Music Diary notebook~ 夢野旅人

    「松山千春 『24時間』に思うこと~松山千春 全作品解説192~V1.1」S2810NF
  10. ンで結成された4人ロック・バンドである。 もともとブライアン・メイとロジャー・テイラーがスマイルというバンドを組んでおり、1969年にシングル「Earth」でデビュー!しかしまったく売れずに、ボーカリストが脱退。その後釜として加入したのがフレディ・マーキュリーであった。クイーンと名乗り活動を始めた彼らだったが、ベーシストだけは固定することができず・・・1971年に最終的にオーディションでジョン・ディーコンが加入し、ポピュラーなメンバーのクイーンが結成されるのである。 ライブ活動で人気を得た彼らは1973年にEMIと契約。アルバム「Queen」でデビューするのだった。評論家やメディアには酷評されるも、1974年にリリースしたセカンド・アルバム「QueenII」からはシングル「Seven seas of rhye」が全英チャート10位のヒットを記録。アルバムは全英チャート5位まで上昇して評価を得たのだった1974年にはサード・アルバム「Sheer heart attack」をリリース!シングル「Killer queen」が全英チャート2位の大ヒットとなり、アルバムも全英チャート2位、全米チャート12位を記録して世界的バンドとして認知されたのだった 日本でも東方仗助の宿敵・吉良吉影のスタンドとして現代までも影響を与えているのである(←唐突なジョジョ情報ぶっこみ)その後も1975年の「A night at the opera」、1976年の「A day at the races」といった傑作アルバムを全英チャート1位に送り込み・・・1978年にリリースした7枚目のアルバムが「Jazz」であった「Fat bottomed girls」は、アルバムから「Bicycle Race」と両A面シングルとしてリリースされた曲であるブライアン・メイが曲を書き、全英チャート11位、全米チャート24位を記録したヒットである。おお~!ハードロッカーとしてのクイーンの面目躍如、といったところであろうか?痛快なロックを響かせてくれる、豪快で楽しさのある1曲だ!ライブでも大人気で、クイーンの皆さんも好んで演奏したのであるさて、そんなわけでガールの魅力を最大限にアップさせたむしゅめちゃん(←最大限のフォロー)まぁ、相変わらず可愛いからその調子でいいか!(←親バカ)

    たくさん共感されています

    QUEEN「FAT BOTTOMED GIRLS」
  11. P PAGE NFアーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE NFNEW・松山千春 2019年上半期スケジュール&2019年上半期活動トピックス・松山千春 2019年下半期スケジュール&2019年下半期活動トピックス  NEW・松山千春ツアー2019秋「かたすみで」コンサートリポート NEW◇更新履歴V1.0:2014.2.07 初稿V1.1:2019.8.17 最新エディタにて記事を作成、旧記事と差し替えおよび歌詞の掲載、所有CD画像を掲載■ 「雪」 編曲者:飛澤宏元1990年11月10日リリースのアルバム 『男達の唄』の9曲目に収録。◆所有CD画像初回生産パッケージアドレス帳封入◆レコーディングミュージシャン:後日、追記01. ドラム:02. ギター(AG):03. ギター(EG):04. ベース:05. キーボード:06. パーカッション:07. サックス:08. ストリングス:◆2014.2.7 夢野旅人明日、東京都心でも8日未明から雪が降り出し日中にかけて雪が降り続く見通しだという。去年、2013年1月14日の雪にはひどい目にあった。 一時間以上、自転車押して靴はびちょびちょ。 喜び勇んで、静まる住宅地で大声を上げていた子供たちを、本気で怒鳴りつけようとさえ思った。帰宅して風呂に直行、靴下を脱ぐと足が赤く染まっていた。 冷えて気がつかなかったのだろう、爪をはがしたと思ったら、なんのことない赤の革靴の色が落ちただけだった。雪といえば、高校のとき。 馬場さんと校舎の屋上から幹線道路に向かって丸めた雪を投げていたら、車のボンネットにボーンと。 車の持ち主が怒鳴り込んできたらしく、担任にこっぴどくやられた思い出がある。子供のときはうれしかった雪も、大人になると交通渋滞だとか不便なことばかり。ホワイトクリスマス、雪祭り。たまに北海道に雪を見に行くらいがちょうどいい。東京に住む人間の雪に対する思いはその程度でしょう。半年近く雪の中で生活している北国の人とは雪に対する考え方に大きな隔たりがあるのでしょう。松山千春 「雪」。自分は、アルバム『男達の唄』のなかで一番好きな楽曲。~いやなことも 楽しいことも 何もかもが埋もれていく~~遠い昔 幼い頃の 忘れかけてた 夢に出逢える~~白い雪が降る夜に 僕は 僕は 生まれるね~この歌詞は、雪の中で育った、生活している人の感覚でないと書けない、理解できないのでしょう。 でも好きなんだよな。 懐かしい風景を見て、思い出が蘇る。松山千春にとって、雪はそんな意味があるのだろう。そう思いながら聴いていました。1990年秋の「男達の唄」ツアーで、「雪」を歌う前にこう語っている。「雪とは生まれてから、ずっと付き合っているが、正直、雪に対していい思いではない。いい思い出はないんだけど、いつが一番好きかと訊かれたら、雪降っているときと言ってしまう」とと前置きして、幼いとき雪の日に牛乳配達のアルバイトの話をした。「雪の日は寒いしやっかいだろ。 そんな中で一本一本各家庭に配る。 煙突に煙が出ているのを見ると、ここの母さんが飯の支度をしているのかと思う。 そうすると居た堪れない気持ちになる。『悔しいな、なんで俺だけこんな雪の降る時に牛乳一本一本運んでなきゃならないんだべ。 今に見てろよ』~俺は雪の中でな、ずーっと育ってきて、悔しいな、こんな生活からいつか抜け出してやるってな、そうやって考えているときに、フォークソングに出会った」(詳細なものは「らいぶ」の87~93ページに掲載されています)松山千春にとって雪は原点なんだと思う。秋のツアーのアンコールラストで、毎年、毎年、「雪化粧(V97)」 で、締めくくろうとするのも、そう解釈すると納得できるのです。2012年11月11日のNACK5「松山千春 ON THE RADIO」の放送で、「雪」をかける前に、被災者に向かってこう語りかけていた。「被災されたみんなは、これから雪が降ってくるしよ。みんな、必死だよ。俺は北海道を離れないのは、なんだかんだいっても、やっぱり雪だろな。この雪の中から俺は生まれてきたんだからな。半年の間、雪の中ですよ、これから。頑張れよ。俺も頑張るから。この雪がとけたら必ず暖かい春がやってくる。そう信じて頑張ります」それを聞いて泣いた。そして、思ったのです。やっぱり天才だなと、生まれながらのフォークシンガーだと。◆歌詞白い雪が降る夜は 部屋の灯り消しとくれ 窓にもたれ 降り続く 白い雪を追いかける いやなことも 楽しいことも 何もかもが埋もれていく 白い雪が降る夜に 僕は 僕は 生まれるね 白い雪が降る夜は ひとりきりにしておくれ くわえ煙草 火を灯す せめて 心暖める 遠い昔 幼い頃の 忘れかけてた 夢に出逢える 白い雪が降る夜に 僕は 僕は 生まれるね 白い雪が降る夜に 僕は 僕は 生まれるね◆松山千春全作品に思うこと~松山千春全作品解説3B~1988-1991■N↓現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。一日一回、ライキングポイントが加算されます。よろしくお願いいたします。にほんブログ村 アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ ---------------------YUMENO BLOG ~愛のうた:愛した季節の薫り  From the 1960s to 2020s Music Diary notebook~ 夢野旅人

    「松山千春 『雪』に思うこと~松山千春 全作品解説4~ V1.1」S2119NF
  12. そしてソロと15年歌手生活を送ってきた沢田だが、ここに至るまでには様々な紆余曲折があった。「タイガース解散以降、しばらくは大人の歌手としては一人前と見てくれへんかった。でも同じこと10年続けてれば認めてくれるやろ、と思ってやってきた」と彼は10年間を振り返る。ハデなコスチューム、化粧のパターンも、もう6年になる。あと4年これを続けるのだろうか。いや一連の流れの中に、あの手この手を使ってきている。「見る人に『妖しげな毒気のある』と言われると『平凡な男』に挑戦したくなる。それがボクの生き延びる道やろうし、だから『もういいんじゃないの、あの人アホとちゃうか?』と言われるまでやってみるつもりや」約38年前のジュリ様はこんな感じでインタビューを受けていましたこの当時は、当然今の事は想像もつかないでしょうが、当時も今もスタンスは変わってないですね~走っています老いて益々盛んなどと揶揄する人もいてるけどジュリーは委細気にしてない感じだし、毎年のように何かをやらかしてくれますファンの方が付いて行くのが大変なぐらい(笑)ステージでは70歳まで頑張るそう言ってくれてますから、みんなも頑張ろうね~~37歳ぐらいのコンサートで、ジュリーは「70になっても危険なふたりの歌の時は足を高く上げるでぇ~」と話してました。上げてもらおうではありませんか!今年もまたエンジン全開?バリバリのジュリーを応援しましょうということを書いてましたが、毎年何かをやらかしてくれます…まさにその通りになってますね~現在は究極系としてギターのみで全国を回るという想像だにしなかったコンサートを挙行しておりますが、そんなこと当時で考えもしませんよねバンドありきで音にこだわりを持っていたジュリーがですよ、まさかのちゃぶ台返し多くのファンが残念がっているのを早く気付いてほしいな~いや、自分が1番残念なのかも知れないけどねしかも今は危険なふたりで足は上がってないしスマイルでした

    沢田研二33歳でも愛称で呼ばれる男♪
  13. P PAGE NFアーティスト別 LIVE DATA BESE 総合TOP PAGE NFNEW・松山千春 2019年上半期スケジュール&2019年上半期活動トピックス・松山千春 2019年下半期スケジュール&2019年下半期活動トピックス  NEW・松山千春ツアー2019秋「かたすみで」コンサートリポート NEW◇更新履歴V1.0:2015.01.14初稿V1.1:2019.8.17 最新エディタにて記事を作成、旧記事と差し替えおよび歌詞の掲載、所有CD画像を掲載■ 「KISS」 編曲者:飛澤宏元1994年11月21日リリースのアルバム『24時間』の7曲目(全11曲)◆所有CD画像◆レコーディングミュージシャン:後日、追記01. ドラム:02. ギター(AG):03. ギター(EG):04. ベース:05. キーボード:06. パーカッション:07. サックス:08. ストリングス:◆2015.1.14 夢野旅人「自分が付き合ってきた女、全部、皆さんに見られても恥ずかしい女はひとりもおりません」と、明言する千春。 そんな女性たちによって生まれてきたラブソング。歌詞にキスという言葉が綴られいる「愛を確かめる」 と、「KISS」。アルバム『24時間』には、そんな2曲と、~お前だけ愛してる、今二人だけの世界へと飛び込んでみようか~と歌う「お前だけ」も収録されている。このころ。千春の身体中に彼女への愛しさと、ときめきが溢れていたのでしょう。~自分の力が 足りないばかりに お前を守ってやれなかったね「泣いてしまいたい」~~どうか貴方は 前を見つめて 歩いて下さい 思いのままに 「それも愛」~~ゴメンよ お前はいつでもひとりだったんだね 「ひとり」 ~一年後に書かれたラブソングとは対照的である。つまりその彼女と別れたのだろう。よく千春が、「俺の曲を一から順に聞けば、どんな恋愛をしてどんな終わりを遂げたかわかる(要約)」というが、この頃、ようやく少しだけ紐とけるようになった気がする。そういった観点から曲を聴いてみるのも面白いなと思った「KISS」と、「お前だけ」。この2曲は、理性を失うほど身体中に、愛が溢れていないと日の目を見なかったのだろうと。「KISS」。「僕の歌と君の歌」 と同じレゲエ調。Wikipediaによると、レゲエとは、狭義においては、1960年代後半ジャマイカで発祥は、1980年代前半まで流行したポピュラー音楽。 広義においては、ジャマイカで成立したポピュラー音楽全般のことをいう。4分の4拍子の第2・第4拍目をカッティング奏法で刻むギターや、各小節の3拍目にアクセントが置かれるドラム、うねるようなベースラインを奏でるベースなどの音楽的特徴を持つとある。「僕の歌と君の歌」よりも、レゲエ調を強調した「KISS」。リリース時のツアーのみで歌われ、レゲエとは何ぞやとMCでふれていた。~お前の心に 3度のKissをする~と歌う。キスの意味は、~めぐり逢えたよ ありがとう~ ~せつないくらい 押さえきれずに 愛してる~~このままずっと お前と二人 生きて行く~そういってしまうと、全てとなってしまうけれど、特にこの曲は、彼女に捧げた意味合いが色濃く出たと思うのです。◆歌詞お前の心に 3度Kissをする 黒い瞳を 静かに閉じて 1度目のKissは こうしてお前と めぐり逢えたよ ありがとう お前の心に 3度Kissをする 肩までのびた 髪をたばねて 2度目のKissは せつないくらい 押さえきれずに 愛してる お前の心に 3度Kissをする 燃える口唇 重ね合せて 3度目のKissは このままずっと お前と二人 生きて行く◆松山千春全作品に思うこと~松山千春全作品解説4A~1992-1999■N↓現在、以下の検索ランキングにエントリーしています。よかったら、アクセスして頂けると嬉しいです。一日一回、ライキングポイントが加算されます。よろしくお願いいたします。にほんブログ村 アーティスト・グループ(音楽) ブログランキングへ ---------------------YUMENO BLOG ~愛のうた:愛した季節の薫り  From the 1960s to 2020s Music Diary notebook~ 夢野旅人

    「松山千春 『KISS』に思うこと~松山千春 全作品解説170~V1.1」S2783NF
  14. 8/11(日)。
  15. 宇宙への旅立ち/ジャーニー♪
  16. ”私も愛してるわ 僕も愛してるよ”・・・(エルビスプレスリー)!!
  17. りします(涙)今回ライブアルバム『ENDLESS』の「ラスベガスタイフーン」についてです。このライブアルバムは1985年4月25日発売されました。レコードを買ったのは1986年頃だと思います。悔しいことにレコードにはこの曲は収録されてなかったです。レコードが4000円、CDが6000円でした。この2000円の差は当時大きかった。このお金を払えませんでした。ほとんどレンタルレコードで借りることはなかったのですが…どうしても聴きたくて…友人にみずほ台のレンタルレコード友&愛で『ENDLESS』のライブCDを借りてもらいました。中3夏でした。後悔しました。あまりの格好の良さに…今みたいにハードディスクに落としたり、CD-Rに焼けなかったのでカセットテープにダビングしました。TDKのノーマルテープにソニーだったかな…昼休み放送委員だった友達に流してもらったっけこの「ラスベガスタイフーン」をジミヘンも頼んだらギターソロが長過ぎて途中で切られちゃった(笑)今考えると申し訳ないことをしたと思う。ということで演奏は音源を買って聴いてください。曲については前に書いたのかな…また、気が向いたら書きます…今はYouTubeで検索をかけると聴けるからいい時代になったなぁ~歳をとってちゃんと聴いた1曲でした。2019年8月16日

    「ラスベガスタイフーン~?」
  18. んか嬉しいですな�アルバムのお話。タイトル Black clouds and silver liningsミュージシャン Dream theater発表 2009年超絶技巧派ハードロックグループ、Dream theaterの2009年発表の10作目アルバム。6作目「Six degrees of inner turbulence」以降、技巧の見せつけが先にたち、もはや「弾き過ぎ」の域にずれていったのでは?と思える作品が続いておりました。技巧派大好きではありますが、メリハリというのは大事だと思いますし、まずはメロディありきなのではないかと思ってしまいました。今作品で従来のメロディアスで壮大な楽曲を取り戻したように思います。収録曲6曲中4曲が10分超えという長尺。1 A nightmare to remember 16:104 The shattered fortress 12:495 The best of times 13:076 The count of tuscany 19:16大作揃いなのですが起承転結というか曲の展開にメリハリがあって飽きずに聴くことができます。セールス的にもチャートの上位に入る成功作となりました。もっともこの作品を最後にデビュー当初からのオリジナルメンバーの一人、ドラマーのマイク・ポートノイが脱退。マイク・マンジーニと交代となってしまいましたが。アタシが購入したのはスペシャルエディションのようで、ボーナスディスク2枚が付いた3枚組。ディスク2はクイーン、キングクリムゾンなど名曲のカバー曲集。ディスク3は本編のボーカル抜き、インストゥルメンタルミックス。お得です。

    Black clouds and silver linings/Dream theater
  19. ています。)【追記アルバム名 『ザ・ミラクル』は、はじめ『インビジブル・マン』になる予定だったそうです。また、ロジャーが影響をうけたという小説はベストセラーとなった『透明人間の告白』。ロジャーがお風呂場で考えてできた曲だったそうです。(クイーン詩集 完全版より)フレディもお風呂場で作った曲、ありましたよねCrazy Little Thing Called Loveお風呂の中でリラックスした頭でつくられる曲って、楽しげな曲が多くなりそうです。私が初めて見たのはグレイテストビデオヒッツ2の中のPV。一度見たら忘れられません。TVゲームの中から4人が出てきて子供部屋で好き勝手に暴れ回るという感じのPVです。初めはやっぱりこの映像技術に時代を感じて、ダサい!と不安になりました曲もすごく軽い感じでクイーンっぽいのかぽくないのか・・どう見たり聞いたりすればいいのかちょっと戸惑いました。でも何周か回ってインビジブルマン、楽しく見れるようになりました(時々日常で頭の中でも流れてきます。)このPVを最近になって見返してみたらすごくメンバー全員楽しんでいる感じが伝わってきました!メンバーの名前が呼ばれて各自ソロ、見せ場があるのも楽しい曲です最初は「フレディ・マーキュリー!」とロジャーが叫び (超ハスキーでかっこいい)フレディが少年の周りを動き回ります。もうこのサングラスが気になって気になって仕方ない・・ブライアンもロジャーもずっとサングラスをしているのに、これが強烈すぎて他のサングラスには全く目がいかなかったです。ロジャーは「自分のパーティにフレディがこのサングラスつけてきた時はマジでびびったww」みたいなことを言っていた気がします。日常でもつけてたってことはきっとフレディはこのサングラス結構気に入ってたんでしょうそして、「ジョン・ディーコン!」とフレディが呼ぶ。アレンジしてもいいのにベースラインをそのまま弾く控えめなジョン。この曲は独特なベースラインがメインとなっている曲ですよね。テンガロンハットを「ジョンのハット似合っててカッコいいな」とロジャーが褒めていた気がします。続いて「ブライアン・メイ ブライアン・メイ!!」増殖ブライアン。ww私が思うにこのPVを一番楽しんでいたであろうと思える人。ギターの先からビームが出るような演出もあり大満足して喜んでるブライアンの顔が浮かんできます・・ギターソロなら任して!と言わんばかりの弾けたアレンジを聞かせてくれています!最後は「RRR ロジャー・テイラーー!!!」(巻き舌)(この曲のロジャーのソロ画像が見つかりませんでした増殖ブライアンばっかり出てきて・・)ロジャーも短いですがドラムのアレンジ効かせてます!!ロジャーらしく端的ですが力強く存在感のあるドラム!このPVの中ではロジャーはずっとドラムなしでスティックだけ両手に持って出ているんですよね。他のメンバーは楽器があるのに。。ちょっと手持ちぶたさな感じもあります。笑「このスティックだけ持って、1曲なんとかやってくださいね」とか言われたら「ええー・・」ってなりそうなものですがロジャー、ちゃんと間が持っている感じがあります。最後に。最初にこの曲を聴いて感じていた不安のようなもやっとしていたもの・・「ゴーストバスターズに似ている」と色々なところで目にして、最初に感じていたモヤモヤがスッキリした気がしました。笑Queenっぽくなくて何かに似てる気がしていたの、そうだったのかもしれない、と。コメンタリーでブライアンもゴーストバスターズっぽいって言っていたんじゃなかったでしたっけ?うん、、似てますよね?ゴーストバスターズの歌詞の中に "An Invisible Man"も出てきますしね。歌詞を参照させていただきます。https://sentimentalblvd.exblog.jp/238886795/

    The Invisible Man インビジブル・マン [追記]