5/22の記事ランキング

  1. 試験に受かった人が司法試験受験時には仕事を辞めておくべきか。 これ、予備試験合格者が司法試験対策に専念すれば合格確実といわれていますので、辞めておきたくなるのも分かります。現に、30歳以上の予備試験合格者の司法試験合格率が低いことから、仕事しながら司法試験は厳しいのではないかとそれに、弁護士に絶対になりたいから、予備試験に受かった今こそ司法試験のみを見て邁進しよう、というのも分かります。 自分の場合、当面、法曹になる気がなかったので、今のサラリーマン生活を壊してまで司法試験に受かることは意味がないと考えていて、辞めようなんて毛ほども思っていませんでした。 また、自分が予備試験に受かったときは仕事がクソ忙しく、死中に活を求めて本当に必要なことに絞って勉強したのが奏功したわけで、予備試験合格者が司法試験対策をするのも同様で、仕事の片手間で急所を突いた対策をする姿勢でいくしかないのではないかと思います。2 一日中勉強するのは効率が悪い 実際、一度大学を卒業して社会人生活を始めると分かると思うのですが、試験勉強がかなり好きな私ですら、高3の頃に日曜だけは10時間真剣に勉強することもあった私ですら(「すら」なのか分かりませんが)、例えば三連休に一日中試験勉強してたら、いい加減勉強に飽きます。時間があると思うと、かえって非効率になります。 寧ろ、時間があり余っていた学生時代に勉強に全力投球していなかった人がサラリーマンになって、仕事辞めて、勉強漬けの生活を送れるのかと問われたら、「否」となりませんか? 勉強と仕事では、使う脳の部分が違う(だからこそ、学力≠実務能力)ので、一日中勉強していると嫌になる(逆に、一日中仕事してたら嫌になる)のであって、そういう意味でも勉強は「こんだけの時間しかない!ヤバい!!せめてこれだけはするぞ!!!」と必死のパッチでやるしかないわけです。 以前の記事で、私は、上手く行った時ほど、その理由を挙げてみようと言いましたが、予備試験に合格したときの環境を司法試験のときにも持続させることは結構意味があり、そういう意味では仕事を辞めない方がよいのではないかなぁというところです。

  2. 設問11 甲がAに対し本件キャッシュカード等を手渡しさせた行為につき、「欺」く行為により本件キャッシュカード等を「交付」させたとして詐欺罪(刑法246条)の成立を検討をすべきか、それともAの本件キャッシュカード等を「窃取」したとして窃盗罪(刑法235条)の成立を検討すべきか。 両者の区別は交付行為があったといえるか、すなわちAが甲に本件キャッシュカード等を手渡した時点で本件キャッシュカード等の事実上の支配(占有)がAから甲に移ったといえるかによる。 本件についてみると、Aは甲からキャッシュカード等を証拠品として後日預かる可能性があるということしか聞かされていなかったのであるから、Aが甲に本件キャッシュカード等を手渡したのはAに本件キャッシュカード等の事実上の支配を移転させることを意図したものではないといえる。 したがって、交付行為があったとはいえないため、以下では窃盗罪の成否を検討する。2(1) 本件キャッシュカードと暗証番号を書いたメモは、単なるプラスチック片と紙ではなく、両者が一体となることにより預金を引き出せる地位を得られる財産的価値を有するものである。そして、本件キャッシュカード等はAが所有し占有するものである。したがって、本件キャッシュカード等は「他人の財物」に当たる。 (2) 「窃取」とは占有者の意思に反して財物の占有を自己又は第三者に移転させるこという。   上述の通り、Aが本件キャッシュカード等を甲に手渡した時点でAは甲に本件キャッシュカード等の占有を移転させることを意図していなかったのであるから、甲がAから本件キャッシュカード等を受取り甲のショルダーバッグ内に隠しA方から持ち去ったことにより甲は本件キャッシュカード等の占有をAの意思に反して甲に移転させたといえ、これは「窃取」に当たる。 (3) ダミー封筒に封印をし、甲がAに対し「こちらから連絡があるまで絶対に開封せずに保管しておいてください」といった時点で、Aが封筒内に本件キャッシュカード等が入っているかを確認する可能性はほとんどなくなり、甲の本件キャッシュカード等に対する支配が確実のものになったと評価できるから、この時点で既遂に達する。3 以上より上記行為には窃盗罪が成立し、甲はその罪責を負う。設問21 前提 甲が現金を引き出そうとした行為に窃盗未遂罪が成立することから、甲は「窃盗」(238条)犯人に当たる。そして、甲はCによる「逮捕を免れ」るために、乙と共謀の下、乙をしてCに刃体10cmという殺傷能力を持った刃物をCに示させることにより、Cを反抗抑圧状態に至らしめる「脅迫」行為を行ったといえるから、甲には事後強盗罪が成立する。2 乙に事後強盗罪の共同正犯が成立するとの立場(以下①の立場という)(1) 乙は甲が窃盗犯人であるとの認識の下、甲と共謀し、甲のCによる「逮捕を免れ」るために、Cに対し刃体10cmという殺傷能力を持った刃物を示し「離せ。ぶっ殺すぞ。」と言うことにより、Cに甲のショルダーバッグから手を離さなければ刃物で刺されるのではないかと思わせ反抗抑圧状態にならしめる程度の「脅迫」をしたのであるから、事後強盗罪の共同正犯に当たり得る。(2) では、事後強盗罪は窃盗犯人であることを身分とする真正身分犯であるから、窃盗犯人たる身分を有しない乙にも事後強盗罪が成立するのか。  この点、65条はその文言から1項が真正身分犯の成立と科刑について、2項が不真正身分犯の成立と科刑について定めるものであると考える。したがって、65条1項により乙にも事後強盗罪は成立する。(3)以上より乙には事後強盗罪の共同正犯が成立する。3 乙に脅迫罪の限度で共同正犯が成立するとの立場(以下②の立場という)(1)乙は甲が万引き犯だと勘違いしているため事後強盗罪の故意が認められず、脅迫罪の限度で共同正犯が成立する。(2)また、故意が認められるとしても、事後強盗罪は身分犯と解すべきではなく、乙に事後強盗罪が成立するかは、乙に承継的共同正犯が成立するかどうかで決すべきある。 そして、乙は甲の窃盗行為(先行行為)を利用して脅迫行為(後行行為)をしたわけではないので承継的共同正犯は成立しない。 したがって、脅迫罪の限度で共同正犯が成立するにとどまる。4 私見(1)乙が甲を万引き犯だと勘違いしていたとしても、乙が甲を窃盗犯人であるという認識に欠けることはないので、乙には事後強盗罪の故意が認められる。(2)事後強盗罪は身分犯であると考えるべきであるから、①の見解同様、乙には事後強盗罪の共同正犯が成立する。設問31 丙がボトルワインを投げつけたことにより、Dは加療約3週間を要する頭部裂傷の「傷害」を負ったのであるから、丙の行為は傷害罪(204条)の構成要件に該当する。2(1) では、丙に正当防衛が成立するか。 正当防衛は「正」対「不正」の関係がある場合に認められるものであるところ、丙と侵害行為をしていないDは「正」対「不正」の関係にない。したがって、Dとの関係で丙の行為に対する正当防衛の成否を検討するのは妥当でない。 (2)次に、緊急避難が成立するかが問題となるところ、そもそも「現在の危難」が存在しない。3 もっとも、故意責任の本質は反規範的人格的態度に対する道義的非難であるところ、本件において、丙はDがナイフで脅されているのを助けようと丙が採りうる唯一の手段にでたものであるから、丙を非難するに値する事情が存在しない。 そこで、一種の誤想防衛として丙の責任故意が阻却されると考えるべきである。4 よって、丙には傷害罪が成立せず、丙はDの傷害結果に関する刑事責任を負わない。以上(2314文字)※今年も再現答案を作るための強制の契機として再現をアップすることにしました(一部科目になるかもしれません)。ちなみに刑法は去年Fでした。

  3. ■ 多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、有料会員コースをご用意しております。⇒ 多田塾有料会員「Shien.Lab」の詳細はこちら >>こんにちは!TADAJUKU 学科担当の藤原 あきこ@yuki_akiko_です。キキャリアコンサルタント学科の勉強方法。ポピュラーで絶対おすすめは過去問を解くことですね。でも、問題集が市販で出てるし、たくさんの問題を解いた方が試験対策としてはいいのではないか?キャリコン過去問とどっちを優先して勉強したらいいのか?合格に向けての勉強方法を迷わず決めることは受験生にとってはとても大切で、そして悩ましいですね。今日はこの辺りをスッキリしてもらえるといいなと思います。結論としては、問題集は必ずした方が良いとは私は思っていません。▼続きと詳しいことはこちらの記事からどうぞ▼〔キャリコン学科〕過去問と問題集(市販)の活用方法や違い、どちらから解けばいいのか?学科試験対策として、6月に模擬試験を行います!第12回学科試験対策★模擬試験 受験生募集!! TADAJUKU「学科」試験対策講座 ⇒ キャリコン学科試験対策研究室はこちら! TADAJUKU「実技」試験対策講座 ⇒ 国家資格キャリアコンサルタント試験対策講座はこちら!試験対策に必須の「傾聴スキル」をテキスト教材+動画で完全無料解説! 傾聴の部屋はこちらをクリック!

    〔キャリコン学科〕過去問と問題集(市販)の違いや過去問を解くメリットについて
  4. ☆YouTubeYouTube更新しました。一生懸命頑張ってるのでチャンネル登録お願いします(。´Д⊂)☆弁理士試験の成績公開短答論文全体的に意匠がダメダメです( >д<)、;'.・商標が得意です✨成績としては短答も論文も100番くらいじゃないかな?と思います(*´_⊃`)人(´⊂_`*)☆販売教材ご紹介☆四法対照整理ノートコピー 4000円→これは法改正前のもので、一発合格できる勉強法を伝授することが一番の目的です。こういう風にまとめたらわかりやすいな、とか趣旨のまとめ方及び確認とかそういった点をつかんでいただきたいという目的で販売してます!弁理士試験は法文集のまとめ方が大切なので、これから弁理士試験の勉強始める方にはおすすめかもです。☆パリ条約のコピー 1000円パリ条約は内容がコロコロ変わるものではないので割と使えると思います。私、腱鞘炎になるくらいまで手で書いて、痛い思いをして覚えようというスタンスだったので、完全手書きです(*つ´・∀・)つ興味のある方はm.s1990403@gmail.comまで連絡してください✨明後日は、企業に行くので、プレゼン用の資料を今からまとめようと思います。でわ(*ゝω・)ノセトマキ国際特許商標事務所ホームページ https://www.setomaki-patent.jpTwitter @ensemble43530仕事のご依頼ならGmailm.s1990403@gmail.com(受験相談は宮口クラスの方のみでお願いします😭✨)電話 080-2191-8350

    弁理士試験の成績公開&販売教材ご紹介
  5. 昨日、今日と何をどうやっても…眠い眠気を拭い去れないたぶん…体調のせいだとは思うんだけど。アタシは大体集中してやりたい仕事は午前中に一気に???済ませてあとは…というスタイルでやってるんですが。( 午後も必死で頑張らなきゃいけないですよね~)午前中でパワー使い果たしちゃってダメなんだよなぁ…やりたいことはたくさんあるのにとにかく、眠くて月に3、4日は連続であるからその時は本当に自己嫌悪…まぁ、それはそれで仕方ないんだやれることをやろうと、開き直ったりもする(笑)今、勉強は択一を主にやっているんだけど。2回目、3回目をやっても全然正解数が増えない泣きたくなっちゃうくらいなんだけど。間違え方をよく見ると一問一答でいったら少し正解率は上がってるんだな。あやふやな箇所が多いから最後に迷って、不正解…なのも多い。なんとかクリアしていかなければもうあと3ヶ月くらいしかないもんね。結構落ち込んだので気持ちよく書けるように勉強記録用のほぼ日に書き出し。ノートにガツガツ書きたいときもあればどこに書いたかわからなくなっちゃうから細かく、ゆっくり書いたり。この間学級懇談会で担任の先生が使っていたのを見て急に使いたくなり…フリクションボールスリム0.38頻繁に登場しています明日はいよいよ!?健診。一年に一度のあの【発泡&バリウムとの戦い】が待っているのであります

    ほぼ日手帳に、書く。
  6. いつもご覧頂きありがとうございます(^^)皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m※アメブロに登録されていない方でもクリックできますにほんブログ村おはようございます☀権利関係 一問一答過去問をベースにした吉野塾オリジナル問題です。基本知識が定着しているか確認できる内容を構成しています(^^♪【民法 抵当権 ①】・抵当権の対象不動産が借地上の建物であった場合でも、抵当権の効力は従たる権利には及ばない。☆シンキングタイム☆チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、正解は、×(誤り)です。抵当権の効力は従たる権利(例:借地権)にも及ぶため、誤りです。抵当権の効力がテーマです。これは、抵当権が実行されて競売に出された場合、どこまで持ってかれてしまうのかという問題です。例えば、抵当建物が競売に出された場合、その建物についている雨戸や畳等も競売に出されてしまいます。こういった付合物(例:雨戸)や従物(例:畳)にも抵当権の効力は及びます。また、従たる権利にも抵当権の効力は及びます。今回の問題は、借地上の建物に抵当権を設定していますが、このケースでは、建物に付随している借地権にも抵当権の効力が及ぶことになります。では、借地権にも抵当権の効力が及ぶとはどういうことでしょうか??例えば、上記のようにCがBに土地を貸し(①)、Bが土地の借主として土地に建物を建築しました。この時点で、Bは借地権者となります。そして、Aの抵当権が設定され(②)、その後、Bの債務不履行により抵当権が実行されました(③)。競売によりDが建物を競落した場合(④)、Dは当然建物の所有権を手に入れることはできますが、あわせて借地権も手に入れることができます。つまり、今後、Dが借地権者として土地も利用することができるようになります。これが、抵当権の効力が借地権に及ぶという意味です。抵当権の効力についてはよく試験でも出題されますが、そのまま丸暗記されている方が多いです。ちゃんと内容を理解するように学習していきましょう!✨宅建ワンコイン講座✨テキストは、吉野塾ストアーズにて 100円でダウンロード可能です✨吉野塾 storesそして、 講義も 無料( 吉野塾youtubeチャンネルにて配信)で視聴できます。吉野塾 youtubeチャンネル皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m※アメブロに登録されていない方でもクリックできます

    2019年度 権利関係 一問一答 抵当権 ①
  7. 先週、自校内でのAFR実技試験、無事終わりました。皮膚や神経系を鎮静、内分泌系、免疫系、循環器、消化器系などとホリスティックビューティーをご提案、フェイシャルトリートメントができるアロマセラピストになるための試験です。アロマフェイシャルリラックスコースを学んで頂き総仕上げとなる実技試験になります。試験前の受験生様の体調不良を心配いたしましたが、それまでに十分に実技練習を積み重ねて頂けたようで余裕の受験となり逆に安心いたしました。(合否の結果はJAA協会より6月中旬に郵送されます)(いつもたくさんのお心遣いに感謝します)あなたもフェイシャルができるアロマセラピストになりませんか?生涯にわたってやりがいと生きがいが得られ人生が満たされていきます。info@inedo.jpAFRアロマフェイシャルリラックスコースにご興味のある方は、お気軽にお問合せくださいね。ご連絡をお待ちしております。2019年度 令和の新時代 さらに飛躍するためにご自分の人生をより豊かに健康に美しく過ごすために夢の実現ために目標設定・応援します。2019年6月21日 講師とセラピストのためのアロマ研究コース(脳神経系クラス開講)2019年5月 ナード アロマテラピー・ベーシック開催(フェイシャルスキンケアコース、ヘルスケアコースなど)2019年6月 オーラソーマ レベル1コース 開講(6月22.23.24.25日 全4日間 10時〜17時)どちらのコースも受講・再受講・復習講座も承っております。(その場合、正規受講料のいずれも半額)ご興味のあります方は、早めにご連絡くださいませ。日程調整させて頂きます。(その他コースもリクエストで随時開講させて頂きます)一緒に楽しくアロマテラピーの資格取得いたしましょう。夢の実現、自分らしく生きることを応援いたします。ナード アロマ・アドバイザーコースナード アロマ・インストラクターコースナード アロマ・セラピストコースナード アロマ・ベーシック 全5コースナード リラックス・トリートメントコースナード アロマ・トレーナー、セラピスト・トレーナーのニ次試験対策講座JAA認定AFRアロマフェイシャルリラックス(フェイシャル実技)講師とセラピストのためのアロマ研究コースリフレクソロジーホットストーンセラピストベビーマッサージセラピストなどオーラソーマ カラーケアシステムの資格取得。自身の才能や魅力を引き出し、生きることがもっと楽しくなります。様々な分野のカウンセリングに役立ちます。オーラソーマ カラーケアシステムレベル1、レベル2、レベル3の各種コースオーラソーマ エッセンシャルコースオーラソーマ PPSコース色彩心理カラーケアコース①〜③(色と香りと数秘術)など2019年6月 オーラソーマ レベル1コース 開講  (6月22.23.24.25日 全4日間 10時〜17時)   受講料 86,400円 再受講 43,200円 ・アロマテラピーやオーラソーマなど各種講座・復習講座、受験対策講座、出張講座など各種講座・アロマトリートメントやカウンセリング希望下記にてお気軽にお尋ねくださいね入会説明会など随時開催させて頂きます。(5月・6月・7月開講・受講生・再受講生を募集しております)ご予約をお待ちしております。info@inedo.jp心豊かに楽しく健康に生きること実践していきましょう。成婚にこだわり、信頼できるイネド・ブライダルサポート。IBJ日本結婚相談所連盟加入(東証一部上場企業)全国で約6万人の会員様が利用、日本最大級の会員数を誇ります。(入会にあたっては書類審査がある信頼できる安心システムです)本気で1年以内に結婚(再婚)したいポジティブに婚活・生涯のパートナーを探したい心身も経済的にも安定した暮らしを築きたいクオリティーの高い出会いが欲しい安心・信頼のおけるシステムを利用したい結婚に向けてのアドバイス、精神的フォローが欲しいなど是非ともお声かけください。無料カウンセリングからご予約を承ります。アロマテラピーやオーラソーマのスクール講師、セラピストとしての活動歴も長く婚活カウンセリングにも力を注いでおります。イネド・ブライダルサポート心豊かに生きる構築の先にある結婚スタイル。まずは無料カウンセリングからご予約をお待ちしております。info@inedo.jp本日は、ナード アロマ・インストラクターの二次試験(口述)です。受験生の皆様にエールを送ります。アロマハウス イネド 名古屋車道校・江南校http://www.inedo.jp/イネド・ブライダルサポートhttp://www.inedo-bridal.jp/アロマハウスイネド(株)

    AFR実技指導者・試験官として
  8. 【復習ブログ】基本書フレームワーク講座 憲法第19・20・21回(権限分配の「視点」)
  9. 自分に合った英語勉強法の見つけ方①まずは、今すぐできることをやって、自分の楽しい!を見つけよう。
  10. キャリアコンサルタント試験対策演習問題【一問一答】ここからは選択式ではなく、問題に対して記述式をとります。人の名前、心理療法、心理テスト名などを正確に覚えているかを確認して頂きます。答えられなかったものは必ずノートかカードにまとめましょう。<問題34>防衛機制に関する次の用語について説明せよ。①逃避②抑圧③投射(投影)④同一視⑤反動形成⑥合理化(理屈づけ)⑦補償⑧昇華⑨置き換え⑩摂取(取り入れ)※解答は下にあります。<解答> ①逃避不安から逃れようとするもので、退避・現実逃避・空想への逃避・病気への逃避の4つがある。②抑圧直面している欲求や問題を意識にのぼらせないようにする。あるいは意識から排除しようとすること。良い子の特徴。③投射(投影)自分が持っている不安の原因を、外部の人やもののせいにする。責任転嫁。④同一視権威のある人や集団の行動や感情を自分の中に取り入れて、同一視して自分の評価を高めようとすること。⑤反動形成自分の欲求に気づいて、それが表面化して自分の評価が下がることを恐れて正反対の行動をとること。⑥合理化(理屈づけ)もっともらしい理屈をつけて自分を正当化しようとするもの。イソップ物語の「酸っぱいブドウ」など。⑦補償ある分野で劣等感を解消するために他の分野で優越感を求めること。勉強はできないが野球は上手いというような。⑧昇華抑圧された欲求や衝動が世間に承認される好ましい活動となって発散されること。性的欲求やスポーツで発散するなど。⑨置き換えある対象に向けられた無意識の欲求を他の対象に向け帰ることによって、不安や罪悪感、欲求不満などを解消する。⑩摂取(取り入れ)外界の対象や持っている特徴を無意識に自分の中に取り入れて心の安定をはかるもの。試験対策教材はこちらからご購入いただけます。>>中山アカデミー 教材販売サイト

    【キャリアコンサルタント試験対策】 演習問題34.
  11. 再現答案シリーズを連載中です。再現答案の作成は、自分の欠点と向き合う拷問です。精神を病みます。しかも、仕事終わりに作成しているため、眠たすぎて答案作成が全く進みません。環境法・憲法と同じく、昔から民事と刑事の足を引っ張ってきた行政法です。全体的に過去問にやや類似してた気がします。第1、設問1 本件権利取得裁決と本件事業認定はいずれも「処分」(行訴法3条2項)であるため、前者において後者の違法を主張するためには違法性の承継が認められなければならない。 この点、取消訴訟の排他的管轄及び出訴期間の制限(同法14条)は法律関係の早期安定を趣旨としているため、原則として処分の違法性は別個に判断すべきであるとの反論が考えられる。しかし、①両処分が一連一体の手続きを構成していると評価でき、②手続的保障の観点から違法性の承継を認めるべきである場合には、違法性の承継が認められると解する。 両処分はいずれも、裁決による所有権の取得(土地収用法(以下「法」という)1条、法102条)を目的としており、同一目的である。また、権利取得裁決は事業認定の告示を要件としており(法39条1項)、両者が結合してはじめて目的が実現される点で単一の効果が認められる。よって、両処分は一連一体の手続きといえる(①)。次に、事業認定の告示によって、事業認定を争う機会があったため、手続保障がされているとの反論が考えられる。しかし、Cは起業地の9割以上の土地を収用ではなく任意買収しているため、Aとしては拒否すれば足りると考えることもありえ、事業認定の段階で争う機会がなかったといえる。また、Aとしてはそもそも後の権利取得裁決の段階で紛争が現実すると考え、事業認定の段階では違法性を争う意思がないこともありうる。よって、Aには事業認定を争う手続保障がされていないといえる(②)。 したがって、事業認定の違法性は、権利取得裁決に承継され、後者において前者の違法を主張することができる。第2、設問21、小問(1) AはCに対して、本件権利取得裁決の無効を前提として、本件土地の所有権が自己にあることの確認の訴え(行訴法4条後段)を提起することが考えられる。 同訴の確認の利益が認められるためには、①確認対象の利益、②方法選択の適否、③即時確定の利益が必要である。 同訴は自己の現在の所有権という権利関係の積極的確認の訴えのため、①を満たす。また、出訴期間(行訴法14条)の経過によって取消訴訟の提起が否定されるため、同訴の方法による必要があり、②を満たす。また、既に権利取得裁決がされており、Aに対する所有権喪失の危険が現実化しており、即時確定の必要があるため、③を満たす。よって、同訴は確認の利益を満たし、適法である。 「当該処分若しくは裁決の存否又はその効力の有無を前提とする現在の法律関係に関する訴えによって目的を達することができないもの」(行訴法36条)とは、当該処分の無効確認訴訟のほうが紛争解決のためにより直截的で適切な争訟形態であることをいう。 この点、当事者訴訟のみならず無効確認訴訟にも第三者効が認められないし、9割以上の土地所有者が権利取得裁決ではない任意買収されており権利取得裁決の無効確認訴訟の判決によって影響を受けるは少なく、当事者訴訟の判決と実効性は異ならないとも思える。しかし、当事者訴訟については個々人の法律関係が確定されるためA以外の権利取得裁決への影響はないのに対して、無効確認訴訟については少数ではあるがA以外の同裁決も取り消されることになるため、土地の所有権をめぐる争いを一挙に解決できる。よって、無効確認訴訟は当事者訴訟に比べて直截的な争訟形態といえ、「目的を達することができないもの」にあたり、同訴を適法に提起できる。2、小問(2) 「適正且つ合理的な利用」(法20条3号)の要件該当性については、その文言と性質から裁量が認められるとの反論が考えられる。確かに、上記文言が抽象的なのは、事業認定が多数の利害関係を考慮して行われるため国土の事情に詳しい知事の専門的判断に委ねる趣旨といえ、同要件につき要件裁量が認められる。もっとも、判断要素の選択やその要素の評価が不合理な場合には、裁量権の逸脱濫用となると解する(30条)。(1)①について 平成元年調査から平成22年調査の間のC市の人口減少は1割未満であるにもかかわらず、交通量の予想台数が著しく異なり、評価が不合理といえる。また、「土地の…合理的な利用」との文言から、道路ネットワークの形成を考慮できるとの反論が考えられる。確かに反論のとおり道路ネットワークの形成について考慮できるが、交通量が3分の1にまで減るのであれば、土地収用によって得られる利益とされる「道路ネットワークの形成」の必要性がなく、道路ネットワークを過大に考慮しており、評価が不合理といえる。また、本件道路が必要であるとしても、その必要性はそれほど大きいものではなく、かえって通過車両が増加する等して、良好な住環境が破壊されるだけであるから、この点でも交通ネットワークを過大に評価しているといえ、評価が不合理といえる。(2)②について 本件では、通行者の安全性の確保が考慮されているものの、自然環境については考慮されていない。同法上、自然環境について保護する規定はないが、事業認定が自然環境破壊を伴うことが多いため、同法は自然環境に配慮する趣旨だといえる。よって、自然環境について考慮されていない点で考慮不尽といえる。(3)③について 「土地の…利用」との文言からすると、法は当然に工事を予定しているといえ、工事による地下水への影響に配慮することを要求しているといえる。そして、防災目的の井戸が枯れる可能性がある点について考慮されておらず、この点で考慮不尽といえる。 以上より、本件事業認定は裁量の逸脱濫用として違法である。以上枚数約5枚(見出しが多いため、分量はかなり少ない気がする)。答案構成時間は50分。設問2小問(1)の処理の仕方がよく分からず悩んだ。再現率90% 全体の構成、法律構成、使った事実、内容等に差異はない。内容については盛っていない。評価の仕方や説明の仕方については、表現レベルで差異があるため、90%とした。感想全体 全問につき、過去問に似てるなと思った。当然違う部分はあるが。過去問をしっかりやってる人は書き方や最低限の書く内容でコケることはないと思う。そして、多くの受験生が過去問を潰しているだろうから、差がつきにくい問題であろう。書きたいところを時間の都合で落としたが、私の過去の行政法の出来に比べればまだマシな答案だと思う。設問3はかなり薄くなったけど書ききれたことには最低限安心した。設問1 5chいわく処分の主体の違いに気づいたかどうかが高得点のポイントとのこと。なるほど、気づかなかった。私は任意処分であることに着目した。設問2小問(1) 行訴法36条の要件のあてはめがよく分からなかった。多分、9割の土地が任意買収により取得されたことに気付けるか、気付いた上でAとしてはこれをどう論破するかを問うてるのではないかと考えた。が、論破する方法を思いつかず、多少逃げた感じのあてはめになった。小問(2) 時間ねー。②と③は反論を書く余裕がなかった。ほとんど問題文の書き写しに終始し、判断過程審査のうち考慮禁止・考慮不尽・評価の誤りのどれに該当するか一言示して簡素に終わらせた。うーむ。

  12.  予備試験や司法試験の短答式試験における力の入れ方・抜き方について、書いておきます。 模試を受けるので精一杯で、受験スタイルを決めていない人は、参考にするとよいでしょう。逆に、模試で自分なりのスタイルを決めた方は真似しないで下さい。1 とりあえず全問を真面目に解く 当たり前ですが、ちゃんと解かなかった問題は、当てずっぽうでマークして正解率が計算上20%ですので。 なお、「どっちだ!?」と迷った時の直感は、意外と当たっていることが多いので、初見で解く際の選択は真面目に。2 自信を持って正解できる問題は、マークシートを塗り潰す 見直し不要な問題については、思い切りよく塗り潰す。 高得点の人は、当然、初見で自信を持って塗り潰せる問題が多い。そういう人は、当然、合格しやすい。 少なくとも予備試験は、素直な問題が多いので、悩む場面は限定的。3 「2」で塗り潰した問題は、問題番号に「OK」や「済」等の表示をする 限られた時間を有効に使うために。4 「2」で塗り潰さなかった問題を、再度真剣に悩んで解き、マークシートを塗り潰す 正解する確率を少しでも上げるために。5 それでも時間が余ったら、「2」で塗り潰した問題の見直しをする 絶対に正解だと思った問題で失点をゼロにするために。 以上です。このような処理手順にした理由として、マークシートの塗り直しを最小限にするためです。HB鉛筆でしっかり塗ってから消しゴムで消そうとすると、結構消えにくいのです。こういうところでイライラしたり不安になったりしたくはありません。 なお、一般教養科目では、問題冊子の白紙ページに、問題数の数(年によって40~42で変動)だけ番号を書いて、絶対正解なら◎、おそらく正解なら○、二択まで絞ったら△、当てずっぽうなら×、と区分し、正解の蓋然性が高い問題から優先してマークする。 こうして見ると、当たり前すぎて馬鹿みたいですが、少なくとも実力を出せずに終わることはないでしょう。試験まで2週間を切りましたが、最後まで緊張感を保ってインプット確認をしましょう。

  13. 刑事訴訟法については細かい表現などを正確に再現することが困難であると判断したため、構成用紙に基づき答案構成だけを記したいと思います。設問1 小問11 逮捕の適法性  別件基準説    ↓  ①X社社長の供述・Aの供述・捜査報告書等で甲の嫌疑濃厚→逮捕の「理由」あり  ②甲は無職・単身生活・預貯金ほとんどなし→逃亡のおそれ→逮捕の必要性あり  →逮捕は適法2 勾留の適法性  勾留の「理由」、60条各号該当性、勾留の必要性検討  →勾留は適法3 もっとも、身柄拘束が別件のためでなく専ら本件のために利用されているような場合、その時点以降    の身柄拘束は違法(実体喪失説) ①7日まで→別件(業務上横領)の取調べ時間が11時間に対して本件(強盗致死)の取調べ時間が10         時間でありほぼ半々         しかし、本件の取調べについては任意である旨の説明あり         また、スマホのデータ精査や周辺への聞き込みは別件の捜査と本件の捜査を兼ねて行         われていたものであるから、ここから捜査機関が専ら本件のために甲の身柄拘束をして          いたという意図を推認することはできない         →適法 ②8日以降→別件の取調べ時間9時間に対し本件は30時間と約3倍もの長さ          8日以降本件の取調べについては任意で行う旨説明したという事情がない          別件は3万円の横領、本件は強盗致死→事件の重大性の違い          以上から、たしかに8日以降も別件におけるその他の捜査が行われているが、身柄拘束           については専ら本件のためになされた          →違法4 よって、下線部の逮捕勾留及びこれに引き続く身体拘束は平成31年3月8日以降は違法設問1 小問21 逮捕の適法性  本件基準説    ↓  Vの供述に合致する原付は甲名義のもの以外に2台あったこと、甲方に甲名義の原付がなかったこ   とから、本件については未だ証拠不十分であり、嫌疑が濃厚であったとはいえない  →本件につき逮捕の「理由」がない  →逮捕は違法、それに引き続く勾留も違法2 これを採用しない理由  逮捕は逮捕事実によりなされるものであるから、逮捕事実につき逮捕の要件を満たしていればよい  このように考えても、専ら取調べが本件のために行われているなど事情があれば、人権保障の観点  から以後の身柄拘束を違法とすれば足りる設問21 訴因変更の要否  →変更前の訴因は業務上横領罪(刑法253条)変更後は詐欺罪(同法246条1項)    適用条文が変わるため、審判対象画定の見地から訴因変更が必要2 訴因変更の可否   公訴事実の同一性が認められるか、基本的事実の同一性の有無により判断する   犯行の日時場所が同一、Aが甲に3万円を受け取ったという行為態様も同一   →基本的事実の同一性あり、公訴事実の同一性が認められるから訴因変更可能3 公判前整理手続が行われた場合も訴因変更可能か   公判前整理手続の趣旨から、この趣旨を没却するような訴因変更は認められない   →甲は自己に集金権限がなかったことを認めている点、訴因変更の請求後検察官及び弁護人から      の追加の証拠調べ請求はなかった点から、訴訟が遅延するとは考えにくく審理の迅速化という公      判前整理手続の趣旨を没却しない    よって訴因変更可能※特に問題提起や規範部分については本番ではもっとちゃんと書いていますが、あてはめで拾っている事実についてはこの程度だと思います(構成用紙にそれしか書いてないので)。今思えばもっと拾えた事実はたくさんありますね…実際書いた答案は5ページと半分くらいです。ちなみに去年は実質的途中答案になってしまいC評価でした。

  14. 試験日まであと95日
  15. ケアマネ試験まで残り147日…さくらさつきです。いつもありがとうございます。【日々是プラクティス】介護支援分野指定居宅サービス事業の基準について、次の記述は正しいか誤りか答えよ。*********************************************問題:指定通所リハビリテーションは、非常災害時の計画を立てなくてよい。*********************************************………………*********************************************答え:謝り*********************************************↓動画解説はこちら↓【全力暗記ポイント】表:****************************非常災害時 居宅サービス運営基準****************************裏:****************************1:非常災害時計画2:関係機関通報体制3:関係機関連携体制4:職員周知5:定期的訓練****************************======================各講座の日程です。【受験対策セミナー】随時更新《受験対策合宿》【長崎県】さくらさつき¥5000*************************6月6日(木)佐世保労働福祉センター*************************【熊本県】さくらさつき¥5000*************************7月12日(金)熊本県総合福祉センター*************************【大分県】講師:Shu¥5000************************5月24日(金) 別府市男女共同参画センター「あす・べっぷ」************************【兵庫県】************************講師:あきら¥5000講師:ゆうころ¥30005月26日(日)六甲道勤労市民センター6月9日(日)六甲道勤労市民センター6月30日(日)六甲道勤労市民センター************************【奈良県】花岡*************************5月26日(日)10:00-16:30橿原市社会福祉総合センター支援分野?5,000円*************************【関東】講師:さくらさつき¥5000*************************5月23日(木)大田区民プラザ(18〜21時半)5月24日(金)横浜市技能産業会館(13〜16時半)*************************【新潟県】¥5000講師:熊谷*************************6月29日(土)長岡市ハイブ長岡7月27日(土)長岡市ハイブ長岡8月17日(土)長岡市ハイブ長岡*************************専用申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S57235265/【チェアヨガインストラクター養成講座】随時更新https://ws.formzu.net/fgen/S13307069/【認知症心理カウンセラー養成講座】随時更新https://ws.formzu.net/fgen/S27301184/

  16. 明日は朝から骨学の試験です。細かい部分の名称は覚え切れませんでしたが、人体の206個の骨は、英語名でも全て言えるようにして、一部の骨の有名な部分(肩甲骨の烏口突起や肩峰など)の名称まで言えるようにはしました。時代は便利なもので、インターネットで仕入れた語呂合わせ「しばし女性ランナーをクビにしたんだ」のおかげで、頭蓋の孔とそこを通る神経の名前も覚えました。また、この試験は骨学のスケッチでA評価を取れば試験に加点してくれるとのことですが、一度Aマイナスを取っているので、一応A評価ということで加点の対象になると思っています。2年次の初めの試験、まずは再試験にならないように、明日は頑張ります。話は変わって、私が前の大学(大阪大学豊中キャンパス)の時に利用していた最寄り駅、石橋駅の名称が、「石橋阪大前」駅になるというニュースを聞いて、前の大学生活のことを思い出しました。ちなみに、本部キャンパスでない吹田キャンパスに行きたくなくて、工学部ではなくて理学部にしました。この写真は数年前に豊中キャンパスに行ったときの写真です。恥ずかしながら、阪大時代は2年生の時に始めたマクドナルドのアルバイトの仲間と遊ぶのが楽しかったのです。具体的には競馬、カラオケ、ボーリング、そして徹夜の麻雀などです。アルバイトで稼いだお金を遊びに使って、アルバイトを多めに入って、それで疲れた分、後期から大学の欠席率が増えて、勉強についていけなくなって留年しました。これは完全に自業自得ですが、その時のトラウマもあって、今の医学部では、勉強についていけなくなるのを異常に恐れて、早め早めの対策をしたつもりが、全然ついていけていなくて、現在メンタル不調になっています。阪大の学生生活で思い出したことがあれば、またこのブログに書きます。とりあえず明日の試験に備えて寝ることにします。おやすみなさい。にほんブログ村

    明日の試験対策と前の大学の思い出
  17. ご無沙汰しております。ひとまずの闘いを終えましたが、まだまだ闘いは続きそうです。とはいえ、少しずつでも記事は書ければ良いなと思いましたので、久々に更新を。久々のヒリヒリした闘いから改めて考えさせられた、試験勉強の基本中の基本のお話です。読む人によっては、「いやいや、そんなの当たり前でしょ。」と思うような内容かもしれませんが、実はこの「当たり前」が重要なのだと。自分は、そう思います。試験勉強は、大きく2つの勉強しかありません。① 試験に対して必要な知識が概説されているものを読む(テキスト等)② 試験問題(過去問題)を解くそして、重要なことは、2つの勉強を切り離さないで相互リンクを意識し続けることです。テキストを読んでいるときは、テキストの記載内容を頑張って覚えようとする。理解しようとする。問題を解いているときは、問題の内容を理解し、適切な知識を思い出し解答しようとする。これが当たり前だと考えていませんか。実は、ここに大きな落とし穴があります。上記のような学習は、2つの勉強の「相互リンク」が全くありません。端的に言えば、テキストの記載内容と問題文を完全に分離してしまっているのです。正しい学習は、この2つを常にリンクさせること。どうするのが正解か。簡単です。現在学習している教材を意識しないで読むというのはあり得ないと思うので、その逆である「現在学習していない教材」の方に最大限の意識を置くのです。例えば、テキストを読むときであれば、テキストの記載内容の理解・記憶をすることに重点を置くのではなく、当該テキストの記載内容が、過去問では「どのような角度で、どのレベルまで問われていたか」ということを思い出しながら読むのです。「ここの内容は、過去問だと、○○みたいな感じで聞いてきてたよな。結構テキストの記載内容をガチガチに覚えていないとダメだったはずだから、相当ここは力を入れて覚えないと。」という要領です。このとき、さらに思い出す道筋も考えます。「ええと、この部分は、△△という趣旨から考えることが重要だったよな。この趣旨から××という結論になるんだ。よし、テキストのこの部分が問題で聞かれたら、今の道筋から思い出すようにしよう。」というように、思い出す道筋を決めていくのです。何回も繰り返していくと、当該道筋がなくても覚えてしまうものも出てくると思いますが、それそれでラッキーと思っておけば良いです。単なるラッキーです。だから、常に思い出す道筋を考えることが重要なんです。(テキストから目線を外しても、どんな内容だったかを思い出せないんです。という相談を受けることが多いですが、これは勉強の方法が違うことから起きる現象です。正しくは、どういう道筋で思い出していけばいいかが分かりません。という疑問を持つようになることが正解です。)逆に、問題を解くときには、問題を読み過ぎてはいけません。必ず、「テキスト」の記載内容を思い出すようにします。問題のテーマ(条文・判例)を把握したら、当該条文・判例が記載されていたテキストを思い出します。しかも、決められた道筋で。決められた道筋で思い出すことが重要です。ここで、必要な条文・判例を思い出せたら、それを問題文にあてはめていきます。すると、一応の解答が導かれます。このように、問題を読むときは、問題を読むことに重点を置くのではなく、「問題文から、テキストの記載内容を、一定の道筋で思い出すこと」に重点を置くべきです。これが、試験勉強の基本中の基本です。このことをまとめると、「テキストを読むときは問題を意識して、問題を読むときはテキストを意識する。」ということになります。この基本中の基本が出来ていない方が多いように思います。これが出来るようになると、いわゆる現場思考というものの作法も分かってくるのですが、それはまた日を改めて書いてみようと思います。