8/15の記事ランキング

  1. 【あなたに貴方の想うサッカー人生を】を基本コンセプトに日本(Jリーグ下部組織指導)とヨーロッパ(イタリアセリエAオランダエールディビジへのコーチ留学)での経験から関西を中心にJr年代(小学生以下)の新しい育成のカタチとしてチーム様に所属しながら、マンツーマンのレッスンを実施しておりますSoccer Personal Lesson APE(アーペ)と申しますいつもSoccer Personal LessonAPE(アーペ)をご利用頂きの皆様アメーバブログをご拝見頂いている皆様いいね、読者登録アメンバー、アメとも申請までして頂き本当にありがとうございます更新の励みになりますPC Addresssoccer_personal_lesson_ape@yahoo.co.jpInstagramsoccer_personal_lesson_ape特に最近でございますがアンドレス・イニエスタ選手についてのご質問などをよくお受け致します私もバルサ歴が長く長くなりますがイニエスタ選手の様なプレーヤーはなかなか過去も現在もいらっしゃいませんこのバルサの至宝を私は日本の基準値にと考えておりますイニエスタ選手の基準値を少しお話致しますと①謙虚さを持ち合わせるこれが最大の基準値と言っても過言ではありませんバルサのお子様達はJr年代からたくさんインタビューを受けますその為、インタビューの指導がございますお言葉使いはもちろんたくさんの方々が観ていらっしゃるということを大前提に考えることを求められますこの為、考える力と伝える力が求められます②チームとしてのプレー【チームと個】永遠のテーマであるこの2つを高い次元でご表現出来る素晴らしいプレーヤーでございます例えばドリブルを拝見頂けるとわかるかと考えておりますが3ゾーンでの認知判断を徹底することで3ゾーンで3つのドリブルを使い分けることを徹底していらっしゃいますこれは日本ではなかなか拝見することは出来ません次にドリブルの種類と角度でございますドリブルの種類は間違えなくどなたでも出来るドリブルしか致しませんしかしドリブルの角度はどなたも出来ない角度に仕掛け進入致しますこの事により個のデュエルを優位に進めチームの戦術をより有効化致します日本のお子様のドリブルはあくまで一人称ドリブルの名門と言われるユースチームでさえ拝見することは難しかと考えておりますドリブルは攻撃のスピードを遅らせますしかしドリブルが無ければ強固なDFラインを崩す事はできませんいつも申しますがサッカーは矛盾のスポーツでございますこの矛盾に気づきどこに落とし所を創るかを私は大切に致しております③正しい努力とご準備先日のジュビロ磐田様との試合でのドラッグターンでございますがAPE(アーペ)のターンLessonでは当たり前にやる種目でございますが凄いのはポジショニングとボディシェイプそしてオートマチックな動作でございます3つのパーツを1モーションで簡単にやってしまうことは簡単ではありませんそれは毎日毎日毎日繰り返す正しい努力の質の高さとその量だと考えております それ以上にスルスルと相手選手を掻い潜りながら(相手MFゾーンの背中側をしっかりと取りながら)あのポジションに入りDFには背を相手に向けてボールを呼び込みそのままドラッグターンで右前までボール運びそシュートフェイントでGKを剥がして勝負ありでございます(視野確保のプライオリティも完璧でございます)ドリブル時もしっかりと逆足(さかあし)でドリブルしていらっしゃいますちなみに逆足(さかあし)とは逆足(ぎゃくあし)という意味ではありませんのでご理解の程、宜しくお願い致します日本ではドリブルの質に疑問を持つことが少なくありませんドリブルで人を抜く意味がお伝えされていないお子様がいらっしゃいますこれはお子様には責任はございませんすべてお伝えする大人の方々の責任でございます脱線致しますがたくさんのドリブラーを輩出しその流派のチームに行く事がまったく悪いとは想いませんが最後の結果がどうなっているかには私は大変興味がございますプロになれる様な逸材(人財)がそうではない結果に辿り着くならそれは正しい努力なのでしょうかこれからもイニエスタ選手のプレーから目が離せませんがそれ以上にこの基準値を日本中にご理解頂きたいと真剣に考えております世界トップクラスのプレーヤーのバランスの良い育成がどれだけ素晴らしいプレーヤーを生み出しその結果長期間プロとしてプレー出来る育成の御提案を続けたいと考えております本日もご拝読頂き誠ににありがとうございます。微力ながら日本のサッカーを皆様と少しでも良い方向にと考えていますご賛同して頂けましたらいいね!読者登録アメンバー申請アメとも申請宜しくお願い致します宜しければブログランキングの方も宜しくお願い致しますお手数お掛け致しますが下記の少年サッカーサッカーコーチのバナーをポチッと頂けましたら幸いに存じますにほんブログ村にほんブログ村

  2. °)え なんで??スタジアム入りの動画にはしっかりと映っていましたが俯きがちだったのはもう自身の出場の無いことを解っていたのか。でも開幕前は散々でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016「日本史上最高のCB」が向かう新シーズン…吉田麻也が開いた新境地 https://t.co/uNqNLipI1t @sanspocomから2018年08月13日 22:57こんな👆インタビューや公式さんでもSouthampton FC@SouthamptonFC🗣 "It's good to be back on the pitch!"Hear from @MayaYoshida3 after he returned to action for #SaintsFC this weekend: https://t.co/VEXvN8TS9H2018年08月05日 23:25こんな👆インタビュー動画がアップされてたりしたのにな???ちなみにこちらのインタ内容は 各所でのコメントとほぼ相違ないブレない男 Yoshidaな訳で。(ちなみに 僕自信は準備万端だけど 正味のところチームとしては 開幕戦に向けてもっと仕上げていかなければいけないところがある。W杯で心身ともに疲れたけれど 充分にリフレッシュできたし早くサウサンプトンでプレイしたいね!! 的な。)んーーーーー、地元ファンの期待は大きかった様ですがやはり新たに加入したライバル達とのポジション争いは 一筋縄では行かない、ということでしょうか。シーズン開幕直後は毎年こんな感じだしポジション争いでさえ楽しめてしまう麻也さんなのであまり気にしてはいませんがむしろ今年こそステップアップの移籍あれ。。。。!!!!( º言º)と 例年通り秘かに願ってしまいます。w乾がベティスへの移籍を キャリアとして海外では最後の移籍としていましたが麻也さんもそろそろそういう年齢に差し掛かっていると思うのですよね。このままずっとサウサンプトンで、と考えているならまーーそれも善しですが。。。個人的にはプレミアリーグで更なるステップアップを遂げて欲しいです。どーかなっ。そう言えば、サウサンプトンのニューキットこれ👆になるんでしょうかね???だとしたら鹿島の縦バージョンみたいでなかなかかっこいい!!!今までの紅白幕みたいなの好きじゃなかったんですよね。。。苦笑さて一方プレミア組に新たに加わったむとぅ君は早速デビュー!!!でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016プレミアデビューを飾った武藤嘉紀に地元メディアが及第点「ベニテスの貴重なオプションになり得る」 | ゲキサカ https://t.co/1c8DeN1JGq #gekisaka2018年08月14日 08:16デビューで及第点とはなかなかのものではないでしょうかっ。また稲垣康介 Kosuke Inagaki@Inagaki7K孫興民、奇誠庸、武藤嘉紀。プレミアリーグで戦うアジア勢の笑顔での3ショット。 https://t.co/nIJuLo0UYO2018年08月12日 08:35持ち前のコミュ力も発揮している模様です。(*´-`)岡ちゃんはまだ怪我なんでしたっけ??でも岡ちゃんもサッカースクール作ったりしてるんでしたっけ。。。この辺の世代は日本のサッカーの未来を見据えて次世代の育成に力を入れて行ってくれているようで心強いです。中でも本田さんは遂にカンボジア代表の実質的な監督?!に就任したようでYuto Nagatomo | 長友佑都@YutoNagatomo5@kskgroup2017 俺をフィジカルコーチで招聘するなよ。笑2018年08月12日 19:47 長友さんとのやりとりも話題になりましたね。笑サッカーキング@SoccerKingJP📹本田圭佑会見🎞カンボジア代表“の実質”監督に就任した経緯は?#SKch https://t.co/J9YEV2YhrS2018年08月12日 21:18本田さんはほんと 精力的に育成に取り組んでくれていて頼もしいし尊敬してます。麻也さん。。。。名古屋の後輩として そろそろ何かしら、どーですかね。。。(^q^)麻也さんて結構手堅く上手いことやりそうな気がしてるんですが手堅いあまり下手に事業や育成に手は出さない感じなのかなぁ。で メルボルンへの移籍も決まった本田さんGoal Japan@GoalJP_Official#本田圭佑 選手がメルボルンに到着🛬🇦🇺https://t.co/hEaw5o88J02018年08月14日 12:02既にメルボルン入りしたようです。オーストラリアリーグには 田代有ちゃんに野沢さんという鹿っ子達も所属しているのでちょっと楽しみです!他ロシアW杯に、と期待されていた堂安くんはなかなか苦戦していたりサッカーキング@SoccerKingJP🇯🇵コメント🇳🇱「下を向いてる時間はない」堂安律、開幕戦でゴールも…チームは大敗🔻記事はこちらhttps://t.co/QxpuqVMqxM🗣編集部より「#フローニンゲン は12日、#フィテッセ と対戦し1-5で敗れました」 https://t.co/Uol71mdrz32018年08月13日 12:25Show-yaもフル出場したものの黒星発進サッカーキング@SoccerKingJP🇵🇹試合結果🇵🇹中島翔哉が先発フル出場も…ポルティモネンセは2失点完敗で黒星発進🔻記事はこちらhttps://t.co/5pSZJp9L83🗣編集部より「中島翔哉は背番号『10』を背負っています!詳細は記事をチェック!」 https://t.co/4hp3JzWBWy2018年08月14日 08:24森岡くんや鎌田くんも放出や移籍の噂が流れる等何だかんだでW杯に招集されなかった影響ってあるのかな??と思ってみたりいやでも宇佐美 蘭ちゃんめっちゃテレビでぶっちゃけてるけど。。。と心配してみたり。(*´-`)そんな中 なんで??wと思いつつなんか和んだこの人のインスタでさよなら。乾 突然の告白。背番号、チームメイトに譲ってあげたそうです。笑ええ人か。(お写真はサウサンプトン公式さん、乾選手SNSより。)

    淡めに期待。
  3. 福山遠征:初日宿泊先②(選手達の見事なミーティング)
  4. ってたと思うし、誰ゴールを決めてもみんなで喜んでる姿は最高ですね!結果は本当に素晴らしかったです。内容や質はというと、、、厳しいですが、まだまだ球蹴りレベルです。決勝戦もなんとかワンチャンスを決めて、あとはずっと耐える時間。予選の他のチームも半分が幼稚園チーム。これからみんなはもっともっとレベルアップして、更に厳しい戦いに勝利していかないといけません。今回は気持ちと頑張りで優勝を勝ち取った感じ。それももちろん大事なことです!!ただそれだけでは勝てなくなってきます。もっとボールに触れる時間を増やして、競争意識を持って、練習に取り組むしかないです。まだ1年生です!これからです!でも気付けば高学年になり、小学生を卒業しています。周りと差をつけよう!もっとうまくなろう!と思えば今すぐにやるべきです。やりすぎぐらいボールを蹴るべきです。どう成長していくか楽しみです。2年生も優勝おめでとう!決勝戦はPKまで縺れこみましたが、よく勝ち切ったと思います。予選は無敗の1位通過でしたが、決勝戦で負けてしまっては何の意味もない。予選の頑張りが無駄になってしまう。しかも終了間際に追いつかれて相手は乗ってる状態。あのプレッシャー、メンタリティの中で本当によく勝ち切った!内容の部分は1年生同様、まだまだです。基礎力が全然足りないです。知識力も判断力も全然です。スピードに乗った状態で、プレッシャーを受けた状態で、「止める」「蹴る」「運ぶ」ができないといけません。「見る」「考える」も同様です。今大会はたまたま、みんなの個や気持ちが相手チームよりも上回ってたので良かったですが、前日の試合を思い出してください。圧倒的な個を持った相手に対して、どう戦いますか?1つは個で上回ること。もう1つは組織でフットボールで上回ること。決勝戦のレオトのコーナーからの得点を思い出してください。ビデオを撮影してた方は見直してみてください。僕はあの数秒間でカンタに中に入るよう指示し、レオトのポジションを修正。キッカーのクウガにレオトを見ろと指示しました。相手DFの配置、選手の特性、フットボールのメカニズムや構造を理解してれば簡単にできること。要するに個の力ではなく、頭の部分で、駆け引きの部分で決めたゴール。もちろんクウガのパスやレオトのシュートも良かったです。ただそれを実現できたのは、ちょっとした配置やポジションや体の向き、2人の関係性などなど、、個は必要です!絶対に!そこは自分達で死ぬほどボールを蹴ってください。ただフットボールは個だけじゃない、その他の部分が本当に大事だということ。いくら強いシュートを打てるから、いくらドリブルが上手いから、いくらリフティングや技が沢山できるから、関係ない。そういう部分をウチでは学んで、より1人1人の個性を輝かせて欲しいなと思います。スクール概要コーチ紹介

    8/5(日)U-7,8 1day大会
  5. スペインでアイマール
  6. 応援するから チャントやろう
  7. r.Childreサポーター的には、HANABIの使い方にやや不満も残りました←(笑)~ハンプトンさん ロッテさんへ~朗報☆絶対見る(笑)☆今日の一枚☆コードブルーを見る前に桜井さんならぬ、さくら井さんにええ、ネーミングから入りましたとも!(笑)ちなみに店内ソングは、ポルノグラフィティがエンドレスでしたが←一番人気の特製醤油らぁ麺を食べましたが、たまげるくらいの美味しさサト史上、醤油ラーメンで最強の座に君臨←ワタクシの好みな細麺に、スープも絶妙な味加減、さらにさくら色(笑)した、チャーシューがまたさすが、食べログの百名店入りしてるだけわあるわ。~ミソストップさん さくらさん mayumiさん reflection13さんへ~三鷹駅から徒歩15分くらいの立地にあるので、機会があれば✨食べたくなった方は、突撃してください(笑)ごちそうさまでした☆☆☆☆プチ連絡板☆~ロッテさんへ~駅のホームにミスドって、初めて見たかも←~葉月さんへ~オリジン見るたびに、葉月さんを思い出します(笑)~菊千代さんへ~思わず一緒にジャンプ!←ワタクシ、こいつ天敵(笑)~さとりんさん みぃさん いーちゃんさん 菜々実さんへ~瀬戸内レモン入ってるの、知らなかった←(笑)~ユメさんへ~クソわろたwwwでも、欲しくはないかな←~葉月さんへ~カニパンダに魔封波を←~Rihoさんへ~こんなんみっけた(笑)~モコモコさんへ~火薬田ドンさんだけ、見よう←~あけぽんさんへ~今から全勝したら、二位以内いけます←←←~ススキさんへ~山賊焼き一人前下さい(笑)つか、松本、首位だし←~こうぴんさん YUKIさんへ~高良君、いつの間にかパーマネントを←(笑)~未来さん ぴと☆さんへ~秋元のおっさん、ついに頭おかしくなったか←←←(笑)☆虎さん☆マジック点灯阻止💪一戦必勝!☆ミスチルさん☆今度はチケボから(笑)まあ待ちなさい←つか市長、この表現ややこしいっす←(笑)ap、、、ちょうど一ヶ月かぁ←遠い目(笑)~しぃ~ちゃんさんへ~早いね←つか桜井さん、着るユニフォーム間違ってますよ←←←☆ジュビロさん☆そんなこんなで試合です。ニシエヒガシエ、のヒガシでの試合←スタメンをややいじってくるみたいで。嘉人→山田、そして開幕戦以来のスタメンな森下には、特に奮起を期待!良い流れでヤマハに帰るためにも、必ず勝利を☆☆☆チケットは余ってますが、ローチケのみ、こちら側の自由席、完売らしい←☆お知らせ☆この記事のコメント欄、閉じてます。ので、コメント頂ける方は、お手数おかけ致しますが、8月2日(木)の記事のコメント欄に、お願いします🙇リアクションではなく、アクションを好むワタクシです←宜しくどうぞ(笑)それでは、素敵な水曜日を☆☆☆でわまた。サト

    いざ浦和!!!
  8. 渡辺皓太フル出場で日本がアジア大会初戦勝利!
  9. 練習に参加しましたボール回しやパス交換など軽めのウオームアップの後は非公開とされ、冒頭では2人のパス交換などは見られませんでした。イニエスタはスペイン代表で2010年W杯南アフリカ大会、ポドルスキは2014年W杯ブラジル大会で優勝と、世界一を経験した世界的スターが初めて日本で共演。11日磐田戦(ノエスタ)に向けて吉田監督は2人の起用を示唆しており、ワールドクラスのコンビネーションに注目が集まります。また、この日新加入が発表されたJリーグ初のカタール人で同国代表DFアフメド・ヤセル(24)もこの日からチームに合流。ヤセルは6人目の外国人となりますが、タイ代表DFティーラトン(28)と同じくJリーグ提携国からの助っ人のため、全員が同時に出場することも可能になっているということです。これは、めちゃ楽しみですね!!イニエスタはバルセロナの空港から家族連れで日本行きに乗り再来日。イニエスタ、美人の奥さんとスーパーへ。イニエスタの奥さんは日本料理が好き?イニエスタ、家族で子供用品買いに行って楽しそう。イニエスタの奥さんが自宅のベランダの様子をインスタにアップし、住んでるところ(六甲アイランド)がバレバレ?しかもIKEAのランタン?ポドルスキ、京都観光で人力車、和船に乗ってパシャリ。お寺で瞑想。

    J1神戸、イニエスタ&ポドルスキ初共演の件
  10. Cの遠征では初めてスタジアム。2018シーズン開幕前から、新潟遠征は楽しみにしていました。というか、一番に楽しみにしていた遠征先です。シーズン開幕直後の3月上旬に宿泊ホテルを予約。遠征準備は万端。午前3時に渋滞を避けるべく栃木県を出発したのですが、その時点で、東北自動車道では矢板IC付近を先頭に約25キロの渋滞が発生しているという事態。鹿沼ICを利用する予定でしたが、矢板ICから高速に乗るという作戦に出て、ほぼ渋滞に遭うこともなく、無事に新潟県に到着したのです。途中、朝食のために喜多方市へ。誰もが知る坂内食堂へ6時50分から並ぶこと1時間20分。朝らーを食べるのに、とんでもない時間を要してしまいました。デンカビッグスワンスタジアムへ到着したのは、8時30分頃だったでしょうか。待機列を確保して、新潟観光へ繰り出したのです。そんな新潟遠征、スタジアムの様子を簡単に紹介させていただきます。では、どうぞ。高速を走っていると、突如として見えるスタジアム。貫禄は十分です。スタジアム脇の道路に駐車スペースを見つけましたが、そこは栃木サポが入場するゲートの直ぐ脇でした。ですから、待機列確保はあっという間に終了です。アルビレックス新潟のサポさんも、同じ場所に車を停めては、待機列の確保に向かっていました。 開門1時間前にスタジアム入り。ホテルで仮眠もして、体調は万全です。前方に見えるのがデンカビッグスワンスタジアム。駐車場は、野球場のものを利用。そこからスタジアムまでは、歩いて10分ほどでした。このトンネルの上は、スタジアム前の大通り。こうして下を歩けるのは素晴らしいです。オレンジユニに混ざって、黄色ユニもチラホラ。トンネルを抜けると、そこはスタジアム。まず、目に飛び込んで来たのはフードコートでした。活気があって素晴らしかったですね。スタジアムの雰囲気は、当然にJ1レベルでした。スタジアムのかなりの場所に、こんな感じで登り旗が掲出されていました。これ、かなり大変な作業だと思いますよ。  17時に入場。スタジアムに入って、目に飛び込んだ風景が上の写真です。おー、陸スタながらスゲー。そんな風に思ったかな。ワールドカップでは3試合も行われたスタジアム。栃木の新スタもこんな感じだったら良いですね。  アルビレックス新潟のゴール裏。もう、圧巻。数えてみれば、大旗が24本も振られていました。もっと出ていたかもしれません。ちょっと聞いてみたい気もしていた「アイシテルニイガタ」ですが、今シーズン2戦を戦って聞くことはありませんでした。ちょっとだけ残念なのですが、それだけ、栃木SCが素晴らしかったということです。水撒きの様子。撒き過ぎじゃないのと、そう思えるほどに撒いていました。 この試合、DAZNの解説は本間勲さんでした。栃木のゴール裏に来てくれて、サポにあいさつしてくださいました。アルビレックス新潟、栃木SCでプレーした元選手で、当然に、両チームからとても愛されている方です。まさか、こうして同じカテゴリで相対することになるなんて。栃木でプレーしていたとき、思いもしなかったでしょうね。 ビジターである栃木のゴール裏前に置かれていた謎の芝。あれですか?あなたたち栃木のスタジアムの芝はどれでしょう的な問題ですか?右から3番とでも言わせるつもりなのですか?はい。右から3番が正解です。 取材陣が多いのです。栃木SCの選手、活躍しますから見逃さないように。J初ゴールゴール裏へあいさつに来た37番、浜下選手。素晴らしいゴールでした。スタジアムがざわついていて、残念ですが内容までは聞き取れませんでした。これからも、ゴールを決めてください。活躍、期待しています。 イエーーーーーイ!あの新潟から3得点で快勝しました。しかも、ホーム戦に続いて、タブル達成です。ホテルの近くにあった七福神の宝船。これに勝点3を願ったのが効いたのでしょうか。栃木に味方してくれて、どうもありがとう!  試合後、スタジアム内を歩いて周知していました。ごみ拾い了解です。知り合いサポさんの姉妹が、とある観光地で作って来たお煎餅。食べさせてくれと懇願するも、一向に「うん」とは言いませんでした。この姉妹、2点をリードしている後半途中でスタジアムを去るという意味不明な行動に出ます。どうやら、新幹線の都合があったみたい。新潟発、東京行きの最終は、21時34分。終電、早過ぎでしょう。これでは、試合終了まで観られませんね。そのあと、PKを献上して防いで、PKを貰って決めて。かなりの面白ポイントを見逃したことになります。 お土産つきチケットで貰ったお土産。知り合いサポさんがこのチケットを利用していました。 意気揚々とスタジアムをあとにする栃木サポさん。すれ違う新潟サポさん、まあ複雑な表情でしたが、笑顔も見られました。さあ、新潟の夜を楽しむぞー!ホテル近くの居酒屋で祝勝会!やったぜ、栃木SC!祝・アルビレックス新潟を撃破!カンパーーーイ。飲み過ぎ注意ですよ。ざーーーっと紹介させていただきました。勝利した遠征です。過去、最高の遠征かもしれません。いや、確実にそうです。素晴らしい勝利をありがとう。新潟の夜も素晴らしかったっす。    どうかポチッと。↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村

    コメントが盛り上がっています

    第28節 アルビレックス新潟×栃木SC(デンカスタ) <その2>
  11. れていましたちなみサポーターの了承済みだそうです。磐田が野戦病院と化しています。アダイウトン、ムサエフ、中村俊輔、新里亮と主力級が長期離脱中。この夏に大久保嘉人を補強したものの、苦しい台所事情だ。名波ジュビロが新戦術を試みていた。「偽インテリオール」といえば分かりやすいだろうか。中盤はかなりの可変システムで、「布陣なんて関係ないな」と漏らしてしまうほど可変する。本来は中村俊輔が入るはずのフリーマンに抜擢されたのは田口泰士。彼には自由が与えられ、縦横無尽に動いてはボールを引き出していた。5レーン理論も取り入れており、サイドバックはかなり高く張って三角形の形成に参加する。前半3分、神戸は自陣でのFKからポルディがロングボールを放り込む。すると、この矢のような送球が一気にゴール前の古橋まで届き、古橋は胸トラップからボレーで狙うも、これは大ホームランとなってしまう。磐田の弱点はすぐに分かった、ディフェンスだ。可変システムの弱点そのままで、ネガティブトランジションの際にアンバランスな陣形となるため、スペースが空きまくる。配置がおかしいから、こぼれ球拾いでも後手に回り、ほとんどセカンドボールを拾えなかった。前回対戦した柏同様に新しいサッカーを模索しているというのは随所に出ていた。前半10分、神戸は藤田がミドルを狙うも田口のブロックに遭ってしまう。しかし、この跳ね返りをポルディが拾って左足を振り抜くと、タイガーショットがゴールに襲いかかるも、わずか上に外れてしまう。今日が怪我から復帰後初の試合となるポルディは、ボールフィーリングバッチリという感じで、試合開始時からその左足が火を噴いていた。すると前半14分、神戸はポルディが右サイドからドリブルでカットインして切れ込むと、ゴール前へスルーパスを送る。このパスをゴール前に侵入してきたイニエスタがターンしながらポルディの強いパスを殺す神トラップで一気に前を向くと、GKカミンスキーもかわしてゴールへと流し込み、神戸が先制に成功する![ヴィッセル神戸 1-0 ジュビロ磐田]これほど画になるゴールはない。千両役者揃い踏み、後世にも残るスーパーゴール…いや、神ゴールが生まれました。前半27分、神戸は渡部のフィードに抜け出したティーラトンが切り返しで上原を剥がして右足でクロスを入れると、このボールにウェリントンが頭で合わせてゴールを狙うも、左に大きく外れてしまう。磐田はアウェイの地で殴り合いに挑んでくれた。殴り合ってくれたからこそ、イニエスタの神ゴールも生まれた。そんなわけで、今日の試合は互いに決定機の応酬となりました。前半33分、磐田は右サイドから松浦がゴール前のニアサイドへアーリークロス気味の浮き球パスを送球すると、飛び出してきた田口がダイレクトでマイナスに折り返す。すると、ゴール前に突っ込んできた大久保がダイビングヘッドでゴールを狙うも、キム・スンギュが左腕一本でブロックして事無きを得る…!磐田はボールを基準点とするゾーンディフェンス。ゾーンの境目、ハーフスペースでの縦パスはほとんど通ってしまっていた。加えて前半は受動的なディフェンスに終始したため、これは後半からかなり修正してきそうだな…と思いつつ、試合は後半に折り返す。磐田は後半から宮崎 智彦→山田 大記。後半1分、磐田は田口がハーフライン付近から勇猛果敢な突破をみせて、強烈なミドルをお見舞いするも、キム・スンギュが正面でブロックする。神戸のここ最近のディフェンスの安定感は見逃せない。特に大﨑くんの加入はかなり大きい。渡部、大﨑と、共にオールラウンドなCBで、ディフェンスラインをかなり下げても相互関係で守り切れてしまう強みがある。大﨑くんはコーチングもすばらしく、苦しい時間帯でも味方を鼓舞することができる。彼を見出した強化部もすばらしいですね。すると後半10分、神戸はセットプレーの流れから磐田のクリアボールをイニエスタが拾って大﨑へつなげると、大﨑はウェリントンへダイレクトでつなぎ、ウェリントンは巧みなワンタッチで左サイドのスペースへ落とす。このパスに抜け出した古橋が右足で巻いたシュートをゴール右隅へと流し込み、神戸が追加点を挙げる![ヴィッセル神戸 2-0 ジュビロ磐田]磐田は後半に入ってもボールホルダーへの複数人でのアプローチかぶりが目に入った。サイドにボールが入るとプレスにいく狙いは良いが、3人共にボールへいくため、誰かがルーズボールを拾うといった動きが皆無で、ほとんど次のプレーに移行できていなかった。後半19分、磐田は大久保 嘉人→荒木 大吾。後半22分、磐田は入ったばかりの荒木が左サイドからカットインしてニアサイド目がけて豪快なシュートを放つも、ゴール左に外れてしまう。後半27分、磐田は上原 力也→山本 康裕。後半29分、神戸は古橋 亨梧→田中 順也。古橋くんは岐阜時代は決定力の高さが目を惹きましたが、今日はだいぶ外しましたね(笑)しかし、それだけ決定機に絡んだということ。今後に期待ができる動き、働きぶりでした。後半36分、神戸はルーカス ポドルスキ→大槻 周平。磐田は前半からコンパクトさを保っており、セットしながら動くのは名波浩っぽいなと。「終盤は間延びするかな?」なんて思いながら見ていましたが、まったく間延びしなかった。すると後半37分、磐田はゴール前の混戦から山田が左サイドを抜け出すと、イニエスタが堪らずファウルで止めてしまい、磐田にPKが与えられる…!キッカーの川又が冷静に左隅へと決めて、磐田が一点を返す![ヴィッセル神戸 2-1 ジュビロ磐田]後半44分、神戸は郷家 友太→那須 大亮。交代の際に郷家が高橋祥平に押し出されるように出されたため一悶着ありました。ポルディが一番キレていました。郷家くんは極上の黒子、もはや神戸のサッカーに欠かせない存在になりつつある。ハーフスペースを狙ったり、いろんなところに顔を出しては局面での数的優位を作ったり、プレーを途切れさせず、連続性を生んでいる。自分が目立とうなんてハナから思っていませんね、脇役に徹している。19歳にこんな渋いプレーができるのかと驚嘆させられますね。アディショナルタイムは4分。神戸の遅延行為などもあったが4分ジャストで試合終了。これには名波監督が異議、敵の私ですら時間短くね?と感じましたが、試合終了となりました。今日の試合を終えての順位表はコチラです。イニエスタが異次元のジオメトリー、幾何学的センスを披露してくれました。ピルロもそうでしたが、幾何学的センスが並外れている選手っていうのはミスしませんよね。パスコースがないと判断するとシンプルにはたく、だからミスしない。お金を払う価値のある選手というのは彼のような選手のことをいうのだなと改めて感じました。敗れた磐田はトランジションに問題ありということが明確に出ましたね。試合のなかで修正できなかったことも問題だ。監督というよりもコーチの技量が問われる。選手採点ヴィッセル神戸GK 18 キム スンギュ 7.5スンギュのおかげで2、3点は稼ぎましたね。DF 03 渡部 博文 6.5途中から前に出る、相変わらずの修正力を披露。DF 25 大﨑 玲央 7.0「神戸のダビド・ルイス」とでも名付けようか。DF 24 三原 雅俊 6.5接近戦が得意なだけに、またも出る幕なかった。DF 30 ティーラトン 6.5彼のアンダーラップは戦術に組み込まれている。MF 14 藤田 直之 7.0こぼれ球を拾いまくり、黒幕として試合を操る。MF 08 アンドレス イニエスタ 8.0親父は「ピクシー以来の衝撃」と形容していた。MF 27 郷家 友太 6.519歳に「いぶし銀」という言葉を使うとは。→02 那須 大亮満身創痍の郷家に代わって守備要員での投入。MF 10 ルーカス ポドルスキ 7.0復帰戦でいきなり格の違いを見せつけた。→MF 33 大槻 周平サイドに逃げて粘って、時間稼ぎで貢献。MF 16 古橋 亨梧 7.0パス回しも上手いというのは大きな発見だった。→MF 21 田中 順也 5.0イニエスタが彼の特徴を分かれば活躍するかも。FW 17 ウェリントン 5.0Not his day、ヘディングはことごとく外れた。ジュビロ磐田GK 21 カミンスキー 6.0失点はノーチャンス、飛び出し等安定していた。DF 03 大井 健太郎 6.0瞬発力、足の速さはJ No.1 DFだと改めて確信。DF 41 高橋 祥平 6.0突然のロングボールサッカーIQの高さを証明。DF 05 櫻内 渚 5.53バックのサイドは天職と思える機動力がある。DF 24 小川 大貴 4.0常に後手に回ってしまう印象がありますね…。MF 13 宮崎 智彦 4.0守備面での駆け引きがまったくできないですね。→MF 19 山田 大記 6.5攻守に渡って彼のツバイカンプフが効いていた。MF 07 田口 泰士 5.5風間八宏仕込みの身体の向きだけで敵を欺く。MF 30 上原 力也 4.0経験値、思考力のなさがそのまま出てしまった。→MF 23 山本 康裕 5.0ビルドアップの起点になろうとしていた。MF 11 松浦 拓弥 6.0良い意味でプレーが全然老けてないですよね。MF 22 大久保 嘉人 4.0連携不足、明らかに彼だけ動きがおかしかった。→MF 27 荒木 大吾 6.5思い切りに加えて、ギャップを突く動きも光る。FW 20 川又 堅碁 4.5パスを引き出す動きが乏しく、空中戦も勝てず。ヴィッセル神戸 2-1 ジュビロ磐田1-0 前半14分 アンドレス イニエスタ(ルーカス ポドルスキ)2-0 後半10分 古橋 亨梧(ウェリントン)2-1 後半38分 川又 堅碁(PK)24,731人

    J1 神戸×磐田
  12. ミラン、クインシー・プロメス獲得に興味
  13. ブロックしてそのまゴールはウェア!40歳の新戦力ブッフォンも活躍。プレシーズンでは背番号30だったけど、やっぱり背番号1だよね。若手もたくさん。両SBとインサイドハーフの一人が19歳で、ウイングの一人が20歳。若手にユニフォームネームが無いのは、リーグアンあるある。ティモシー・ウェアは初ゴールおめでとう!PSGでリーグアン初ゴールは、父親のジョージ・ウェアと同じ!なんと珍しい。しかし2度目。ジャン・ジョルカエフとユーリ・ジョルカエフ親子も、初ゴールがPSG。ローマに移籍したパストーレにもお別れセレモニー。チームに貢献した選手へのリスペクトの表し方はヴェルディも本当に真似してほしい。ビデオメッセージひとつでもさ。そんなに難しいことかな。ポルティモネンセの中島翔哉は背番号10番!小林祐希は今シーズンもオランダのヘーレンフェーンかな。試合に出てるようで良かった。プレミアリーグも開幕。今シーズンから国内の移籍期限はシーズン始まる前まで。出ていく可能性はあり。いいことだと思うけど、W杯がある年にスタートさせることかと疑問も。スパーズは、リーグ史上はじめて夏の補強なしだとか。昨シーズン優勝したペップのマンチェスター・シティーは、新監督ウナイ・エメリを迎えたアーセナルに対してチーム力成熟度の差を見せ付け快勝。クロップのリヴァプールも、弱点のGKを補強したりアタッカーの層も暑くなり、ウェストハムに見事な完勝。すごかった。面白い。シティが去年作った優勝基準が勝ち点100と高すぎるけど、優勝候補。頑張ってほしいな。外国人が増えたハマーズ、在籍の長いノーブルは「ロッカーで外国語が飛び交う」と言い、外国人の多いアーセナルから移籍してきたウィルシャーは「英語がたくさん聞こえる」、って面白い。チェルシーはナポリからサッリ監督を連れてきて、戦術家なので戦術マニアは面白いらしい。チーム作りに時間がかかるので暫く時間が欲しいと正直にファンにコメントしてて、開幕戦は個人の力で快勝。開幕ゴールはまさかのエンゴロ・カンテ!W杯優勝国なのでオフも少ないのにスタメンだし、アンカータイプだったけど新監督でインサイドハーフなのでボックスまで入ってクロスからボレーで、驚き。名門ニューキャッスルには武藤嘉紀が移籍して途中出場。就労ビザが厳しいプレミアリーグは、過去日本代表選手が何人も移籍断念したリーグ、今回はドイツブンデスリーガのレベルや実績が考慮されたとか。日本人は8人目。過去には稲本潤一、戸田和幸、中田英寿、宮市亮、吉田麻世、香川真司、岡崎慎司。宮市は思い出せなかった。ウルヴスに新加入した実力者はGKルイ・パトリシオ。背番号11!ありなの?記念試合やエキシビションならまだしも。なんか嫌だ。

    欧州サッカー開幕戦で珍しい親子ゴールや背番号11のGK登場
  14. ;つД`)聖真の同ゴールに湧きやっと蹴る事が出来たPKをしっかりと仕留めた優磨に湧いた名古屋戦。スタメンを見た瞬間 あーーーー。。。また剛さんの悪い癖が出そう。。。とは思いましたがいくらなんでも4失点も喫するとは。。。え???は????何やってんの???(°Д°)と突っ込むことももうなくなるのかと思ってたのに。。。ジーコスピリッツをも物ともしない剛さんの負のメンタルある意味凄いわ。こんな顔させたくなかったなぁ。。。勝ちたかった。多分 夢生さんの気持ちも乗せたゆーまのPKが決まった試合だからこそ勝って欲しかった。ゆーまが蹴る!!!と解った瞬間むーさん!!!ゆーまが蹴るよ!!!ともう号泣寸前だったのですが。違う涙を試合終了後に流すことになるとは。。。悔しいわぁ。。。でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016鹿島、最下位・名古屋に苦杯 大岩監督「カウンター対応できず」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://t.co/PMCq86wKby @YahooNewsTopics2018年08月12日 15:57うん 完全にスカウティング不足ですよね???どこかで最下位相手って慢心があったんじゃないですか???てか 先ずは兎に角ジョーを抑えなきゃいけないなんてわたしたちにも解っていたのに充分な対策が取られていたようには見えませんでした。そしてそもそもボランチである亮太を左SHに据えて 左利きのヤスを右SHに使うのは何故なんでしょう??お陰で右サイド停滞しちゃってましたけど。そして累積で出場の出来ない満男さんがいないのはどうしようもないとしてベンチにこれだけ守備的選手を揃えておきながらこのていたらく。でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016鹿島「粘り強さがない」最下位名古屋に4失点大敗…(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/uCdhcDO0lj @YahooNewsTopics2018年08月12日 15:56んーーーー、確かに。素人目ですが 中5日開いていたとは思えないような動きでした。え なんでみんなもう疲れてるの??(°Д°)もしかしてすごく暑い???的な。でも多分全員頑張ってた。起用の仕方と戦術がしっかり練られていないだけで。残り15試合全部勝って優勝する、と力強いコメントを残していた健斗がパスミスしてカウンターを喰らった瞬間 直ぐにチェイスするとこをせず 天を仰いでいたのを見てあーーーーこりゃだめだ。と思ってしまいました。ここのところ調子の悪かった健斗、元々は修正能力が高く 我が家も非常に期待している選手でした。健斗、あの言葉なんだったん???わたしたち君の何を信用すればいいん??!ほんと どうしちゃったんだろう。。。またそんな中盤の様子や バタバタするDFラインを見ても相変わらず選手交替に踏み切れない監督。わんちゃん、なんであんなに滑ってしまったん??今までそんな滑ってたっけ???滑ってもスンヒョンさんが完璧にカバーできれば問題なかったけれど。。。どうも名古屋戦では相手選手との距離を取りすぎていたように見えました。わんちゃんは連戦での疲れもあるだろうし あの感じだとスンヒョン×マチを試してみてよかったんじゃないかなぁ。あと相変わらず一真の交替遅すぎる。。。あれじゃゆーまターンオーバー出来ない。そして名古くんをあの時間に投入して何がしたかったのか。でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016名古屋に敗戦の鹿島、土居聖真は原点回帰を誓う「良いサッカーをしても、負けたら意味がない」(GOAL) - Yahoo!ニュース https://t.co/0Ael8cfJ09 @YahooNewsTopics2018年08月12日 21:27そういうこと。フロントと監督が1番現状を把握していない。ジーコ呼んだった!!!これでオッケーー!!!じゃないよ。もっとプレイヤーズファーストになって下さいよ。DAZN ダゾーン@DAZN_JPN超激レア!!最初で最後!?!?インタビューが苦手な金崎夢生選手がDAZNだけ応えてくれた限定映像😄🙌🏆明治安田J1第21節🆚サガン鳥栖×浦和レッズ📺見逃し配信観るならhttps://t.co/u4BaoHt81Q@saganofficial17 #sagantosu#DAZNピッチサイドライブ#DAZN#時代を変えろ#金崎夢生 https://t.co/krrvLFnbvw2018年08月12日 02:16夢生さん。当初から移籍に踏み切った理由として 挙げている言葉は変わらないけれど。この👆動画を見たら 暗に鹿島に魅力が無くなってしまった、ということを物語っている気がして。移籍が明らかになったとき 優磨が 寂しい ではなく 悲しい と表現していたのも愛する鹿島よりも魅力を感じるクラブがある、と言うことが悲しかったんじゃないかなぁ と思えてしまいます。まぁ実際今の鹿島を見て つまんないな、サポーター辞めようって思う人がいても仕方ないかなって思うし今年は四冠なんて無理無理!!育成の年ってことにしよう!て意見もまーーーもっともだと思うんだけれど実際SNSとかで他人のそういう意見みちゃうとなんかふざけてんじゃないよって思っちゃう。苦笑今年は試合を現地観戦出来る機会はもう 24日の磐田戦が最後かも知れないけれど鹿島を応援することは辞めない。石井さんを直ぐに解任したのはタイトルを獲った実績があるからでタイトルを獲るまで剛さんの解任はないのでは、という絶望的な意見にも屈しない。ただこのまま鹿島アントラーズが魅力を無くし 常勝と言われるビッグクラブではなく地方の1クラブに成り下がり応援している選手がどんどんクラブを離れていってしまうのを見るのは本当に胃が焼ききれる程辛い。どうにか、何か出来ないのか。ひたすら応援すること 以外の具体的な何かが。元浦和サポのだんはん曰く鹿島のサポーターは甘い。そうです。わたしもそう思います。ひたすら信じて応援するだけが サポーターに出来ることなのか???どうしたらクラブ側はサポーターの意見に耳を傾けてくれるのか。模索してもいいんじゃないかと思います。それ 今度のレジェンズシートの時 浩二さんに聞いたら引かれるかなぁ。。。w切り替えて。ゲキサカ@gekisaka植田がデビュー戦で昨季王者相手の無失点に貢献! オイペン豊川はフル出場も今季初弾ならず https://t.co/6NU1XwAg09 #gekisaka https://t.co/Iu5nquC4TK2018年08月12日 11:25ナオが遂にスタメンデビューしました!!!ヽ(・∀・)ノおめでとうーーー!!!ここからレギュラーの座を掴んでいって欲しいなー。トヨは得点はなかったもののフル出場、サコはプレシーズンマッチで得点を決めましたが ブレーメンは敗戦してしまったようです。SV Werder Bremen JP@werderbremen_jp@VillarrealCF #ヴェルダー 初ゴールおめでとう🎊🎊🎊#大迫勇也 | #SVWVIL https://t.co/KyiP1Oeezo2018年08月12日 18:42二人ともここから調子を上げてゴール量産して欲しい!!そしてゴール量産と言えば 町田にいる平戸くん、かなり調子いいみたいですねー。本家鹿島も。。。。負けていられないのです。。。。!!!そしてむーさん決定機を外してしまいましたが、トーレスとの連携は徐々に整ってきた模様。でこ@勝つ鹿*おチョコ婦人*@Deco016“紳士”トーレスの金崎への気遣いに「ほかの選手はやらない」、スペイン『アス』が報じる | ゲキサカ https://t.co/sbKstxsCm8 #gekisaka2018年08月12日 16:02トーレスばかり持ち上げられてるけど。。。鳥栖でもゴール量産して欲しいな。スタジアムは違えど 縦横無尽に走り回る姿を見ると未だに泣けてしまいます(´;ω;`)ずっと応援してる!!!そして鹿島の応援も辞めない!!!次の対戦相手、長崎さんも万感の想いで鹿島戦に臨んでくれる模様。しっかりと修正して 流石鹿島、と言われる試合をして欲しいです!

    耐え難きを耐え 忍び難きを忍ぶ。
  15. ファン感謝祭
  16. 振り返り
  17. やボランチの位置でゴールにも絡むパフォーマンスを発揮できたとのことで、監督からも高く評価をしてもらったようでした。今回、ザグレブと試合が出来ればと思っていましたが、トーナメントの組み合わせ上、当たれるのは決勝かなーと思っていましたが、まさかの波乱でザグレブがPK負け。5位決定戦でザグレブと対戦できることにクロアチアの名門中の名門、クロアチア中のサッカーエリートが集まるチームとの対戦。日本で同じようなイメージのチームを上げようとしても該当するチームは見当たらず、スペインのバルサとか、イタリアのACミランとか、そのぐらいの格にあるチーム。結果は1-7と大敗でしたが、それでも試合は、日本チームが先制点を奪い、監督のブログにも、”地球の反対側から来た日本のチームが国内の エリート達を困らせている、そんな感じでしょうか。”と表現するぐらい、押し込めてるシーンもあり、自分が通用すると感じる部分もたくさんあったようで。ただ、全体を通せば、・球際の厳しさ・パスの強度と精度・ずる賢さ・決定力・個人のサッカーに対する理解度にやはり大きな差を感じたようで、自分の感じた課題を、今日からどう向き合っていくかが大切と監督にもアドバイスをされていました。相手チームのザグレブの中からは、早ければ5年後ぐらいには、クロアチアのA代表のユニフォームを着て戦う選手が出てくるという近い現実、ザグレブどころかベスト4に残ってるチームなんかは間違いなくそういう選手が出てくる世界。この5-6年をどうサッカーと向き合うかが大切とも、アドバイスをされていました。世界トップクラスの同年代と戦えたこと、渡り合えたこと、通用しなかったことにしっかりと向き合い、これからさらに成長していってくれればと思います。お世話になった内藤コーチ。筑波大で現グランパス監督の風間氏に指導をうけ、風間理論の伝承者。人間性も含め、素晴らしいコーチでした。ザグレブとの対戦後閉会式にて忘れて欲しくない、決勝トーナメントのコーチのブログhttps://www.europlus.jp/fita/2018croatia-6/おしまい。

    ◆クロアチア遠征を振り返って
  18. U12 壱岐遠征その3
  19. 2018 壱岐遠征④