5/8の記事ランキング

  1. 5/4 我々にとってはGW最終日。伊勢原フォレストさんにお誘い頂き、ヤマテックカップに参加してきました。この日はこの会場と保土ヶ谷会場と3つ。昨日は、試合合間も長く、子どもたち同士の隙間時間は長い、試合は少なめ。この日は、隙間は少なく、試合多め。どっちも大切ですし、どっちもこの先にあるわけでどちらにも適応できる、時間をうまく、切り替えをできるようになってほしい、そんな願いがあります。A,Bそれぞれ同じ機会とレギュレーションがある最高の環境でしたね!セカンド》1-0藤沢FC金子6-1さぎぬまSC金子、森下、坂本、奥平2、金子なかなか先制点が奪えなかった第1試合。テルが運び、隼人への素晴らしいパスから豪快に振り抜く!勝ち点3を奪えたことに彼らの一つ成長あり。さぁここからですね、彼らの壁は。決勝リーグ》0-2中野島0-1あざみ野無得点、最下位という結果になってしまいましたが、ここで何ができるか、というところを彼らも意識はできていました。相手のプレッシャーが早くなる。局面で個人で優位に立てず、一進一退。そこで必要になってくるのは、味方との繋がり、関係性による相互作用。例えば相手チームにある、ワンタッチでの前進。1人なら止められるが、2人、3人になると止められない。見えているもの、その中選択している頭の差。あざみ野戦は、かなり意識ができ連携は見られたが、得点、勝つことはできず。課題は明白!!ここから改善していこう!ファースト》2-1さぎぬま小吹、岡田0-3藤沢プレミアで苦杯を舐めた、さぎぬまさんとのゲームは勝利。藤沢さんとの試合は、ドローと2点差までなら上位進出もまさかの最下位に 笑彼らにとっては課題がしっかり出る、嫌な構図であった。決定的なチャンスもゴール前で時間をかけてしまったことで必死に戻る相手にチャンスを与え、奪えないとボールを運ぶところから、まだまだ成長中の左からロストして、カウンターから失点。後半、優勢に進めることができつつも守備→攻撃 フェーズで、中央の密集への縦パス、ロスト。ケイジュもポジション定まらない戻る中で相手の素晴らしいシュートが決まる。ダメ押しの3点目もディフェンスの背後を突かれ、単純な競争から失い、ズドン。我々の弱いところがすべて失点になった、素晴らしい試合になった。。。下位リーグ》1-1あざみ野FC岡田5-0中野島u11鹿目、小吹、岡田、小吹、岡田精神的な逞しさを感じた2ゲーム。ちょっと理不尽な状況に追い込まれた、あざみ野戦。誰のせいにするでもなく、目の前の試合、できることに取り掛かる彼らの姿勢。コウセイから最後はハックンの冷静な左足!中野島戦は、5年生にいける雰囲気すら与えない完勝と隙を見せない。結果は4位だが、バーモントの負けもこの日の負けも、同じことを繰り返すではなく、日々成長中だ。 1日タフにやる招待杯も時に必要だ。連戦もこの先必ずあるわけだから。コーチも数年ぶりの8試合、審判4試合で疲れました🤣また週末から始まるリーグ戦で、進化していきましょう!

    充実の最終日
  2. ナンジーです。GWとは。僕らコーチの肌を夏に向けて焼き尽くす時期である。今日は足を見事に焼きました。短パン半袖が気持ちよくなる時期到来位。さて、6年生の公式戦が幕を閉じれば、4年生の公式戦が幕開けです。そして・・新たなユニホームデビュー。保護者の皆様、本当にご協力ありがとうございます。かっけえユニホームがデビューです。さて、ブログタイトルの意味ですが、「言葉や目に見えない貴重な何かをつなげて、一つにまとめる」新しいユニホームと、新エンブレムもお披露目。しかし、君たちは「AC等々力」なんです。どんなにユニホームが変わろうが、エンブレムが変わろうが、君たちはAC等々力の戦士たち。このオレンジの色にふさわしい選手であって欲しい。誰にもやさしく、時に熱く燃え上がる。そんな選手になってほしい。初戦はカチコチ。まあ。公式戦ってそんなもんです。それでもサッカーを試みた。相手を見て、「俺が試合を決めるんだ!」というプレーの連続。ユウマのゴールなんて、そんなパッションを象徴していた。多少・・強引さが相まって、チャンスを逸した機会もあったが、それでもいい。硬さが見えた2試合。ちゃんと積み上げが見えた2試合だった。17人全員で勝ち取った勝ち点6だ!明日も積み上げよう!!【スコア】vs下河原NSC 4−0 しょうご とっきー てお こうせいvs向丘SC   4−0 てお ゆうま とっきー しょうごネイビーの試合も、画面越しに手に汗握るナイスゲームでした。今日の悔しさは明日のバネになる気がしてならない。ダブル予選通過、頑張って達成しようぜ!良い報告をお互いできますように!!南條

    【かわしんオレンジ】紡ぐ。
  3. 二回
  4. いよいよ1 回戦が始まりました。愛知県にも緊急事態宣言が出される模様です。大会も無観客ですが、いつ中止になるかも分かりません。1 試合1 試合が最後のつもりでやるしかありません。時習館2–2 0延長1 東郷高い位置からプレスをかけてくる東郷が立ち上がりコーナーキックを得ます。ロングパスでラインの裏を狙う守備から攻撃への切り替えで時習館がペースをつかみます。展開は互角になるも、パスをつないでくる東郷が前半16分に左サイドからドリブルで切り込み、中への折り返しを中央で決めて1 –0とリードしました。時習館は前線の鋭い突破で同点を狙いますが、東郷のDFに頑張られました。前半は0–1東郷リードで後半に入りました。後半4分にゴール前に上がったボールを落とされワンタッチシュートで2点目を失いました。東郷の前線にボールを持たれて回される場面が増えてきましたが、ここからねばりの時習館サッカーを見せてほしいです。後半20分過ぎから時習館がパスをつなげるようになりチャンスが増えてきました。後半30 分にゴール前でのシュートの跳ね返りを詰めて時習館が1 –2と追い上げました。後半38分に中盤のフリーキックが直接決まり時習館が2–2と同点にしました。思っていた通り、時習館が追いつき延長になりました。延長前半10分に中盤からのフリーキックをゴール前でヘディングシュートを決め再び東郷がリードしました。この1 点が決勝点となり、ねばり強さは見せたものの勝ち切ることはできませんでした。1 回戦突破の壁がまた高くなってしまいました。東三河予選2回戦のアディッショナルタイムで2得点の逆転勝ち、決勝での延長決勝ゴールと苦しみ抜いて優勝したチームは時習館サッカーの今後にも良い影響を残したと思います。頑張れ!時習館サッカー部

    総体県予選1回戦時習館
  5. 高円宮杯U-18サガんリーグ20213部B第4節結果vs三養基0(0-1,0-1)2 立ち上がりこそ前進する意思を見せることができていたものの、徐々に横パスやバックパスが増え泥臭くガムシャラにゴールに向かう姿勢を見せることができなくなって行きました。 そんな中CKからマークを外すことのみでなく、目の前のボールを弾き出すことをしなかったところから失点。 後半もたった数が増えテンポが悪くなるなどなかなかゴールを目指すことができずに、GKと CBがお見合いする形から追加点を奪われました。 最後は途中交代の選手ががむしゃらにゴールに向かうことで流れをこちらに引き寄せることができましたが、得点できずそのまま終了。 自立したプレーができていたか、ガムシャラにゴールに向かう、ゴールを守るプレーが出来ていたのか。何か周りのことを気にしすぎたのか、自分のボールを守ることだけになっていた選手が多くみられたのが残念でした。 このチームの良さは一見カッコ悪く見えていようがガムシャラにゴールに向かい、ゴールを守ることを泥臭くやり切れるところだと思っています。だからこそ周りは応援するし、そういった泥臭さを嫌がらずにやり切れることがTopチームの選手達に刺激を与えているところだと思っています。 もう一度牙を出してガムシャラさを取り戻しましょう!【公式】サガんリーグ特設サイト05/08 三養基 2-0 鳥栖工業セカンド 【前期第1節】 | 高円宮杯U18サッカーリーグ2021佐賀 サガんリーグU18 公式サイト | 2021saga-fa-u18.com 今日も応援ありがとうございました。次節が前期最終節になります。応援よろしくお願いします。【次節】5/16(日)vs早稲田佐賀神埼G 12:00kickoff!

    高円宮杯U-18サガんリーグ2021 3部B第4節結果
  6. 栃木県トップリーグ前期(最新版)
  7. 【質問】○○(←街クラブのジュニアユース)はなんでJよりも強いんですか?ジュニアユースに入って驚いたこと、予想外だったことはありますか?(全く異なる質問2つですが、回答が関連したないようになりますので、まとめてお答えしています)【回答】前々回の回答にもあります通り、関東一部の街クラブには、家の近さやコーチの繋がりなどで、Jを蹴ってそちらを選ぶ選手いますし、そういう選手が多く集まる代もありますそれも含めてU13からU15までのリーグ、ノックアウト形式のトーナメント、1DaytカップなどでJが街クラブに負けることはおおいにあり得ますまた、そもそもサッカーって足でボール扱う不確実性等々によりジャイキリ起きやすい競技だというのもありますさらに加えると、良く聞く「Jは育成重視だから、勝ちにこだわってないからそれゆえ街クラブに負けた」って話これ実は本当ですと言うか、ヤバいですそんなことするんだ、ってJジュニアユースで一番驚いたの、わたくしこの点です実際に息子が入るまでは、Jアカデミーは育成重視だから負けることもある理論については、「Jの言い訳なんじゃないの~?」とか「育成重視って言っても、どうせ公式戦でも丁寧に後ろからビルドアップしろ、ってくらいでしょ」なーんて思ってましたが、全然違いましたトレーニングマッチ、公式戦問わず、試合を見ると、「なんで○○(←普通に考えるととるべきプレーの選択)しないで、△△(←視野狭くて周り見れてないbadなプレー選択)してるの?下手なのみんな?」って思うことが、本当に毎試合ありまして、それをサカタロウくんに聞くと、「コーチから△△しろと指示が出ていて、だから△△のプレーを選択してるんだよ、みんな」みたいなことが、本当に毎試合この△△の内容は、1年の最初の頃はだいたい同じで、その後バリエーションが増え、さらにポジション別、個人別にちがう指示が与えられるようになりますで、得てしてその指示の内容は、そのまま書くと身バレっちゃうので分かりにくくて申し訳ないですが、試合に勝つ・負けるという視点だけで言うと、勝つための選択肢を減らす課題を与えていると言うか、プレーに制限を課していると言うかしかも、飛び級したりエリート行ったりしちゃってるスーパーofスーパーな選手には、他の子よりもさらにしんどいタスクが課されたりまあ、真面目な日本人ですから、みんなきちんと指示に従ったプレーを選択するんですよで、相手もそれなり以上のチームですから、その指示の傾向読まれて、より指示通りのプレーが通じにくくなる、っていうたまにいますよね、ちょっとサッカー知ってる(って勘違いしている)素人パパコーチ辺りが、「あのJチームは戦術ができていない」とか、ジュニアやジュニアユースの試合見て、のたまったりしてるのJのレベルを知らな過ぎ、分かってないのは貴殿でござんすよ、っていうチームの戦術以前に、個にフォーカスした育成を、少なくとも私の感覚的にはやり過ぎってくらいやってるんですでもね、じゃあ、指示通りやるのが正しいのかというと、それが、また、アレでして指示と異なる動きして、2ゴール2アシストとか結果出した選手がいると、結局その選手が飛び級して上の学年の練習、試合に呼ばれるというアレですか?ビーブルで、ミルコさんが武蒼高校の監督になったリーグ初戦で、ポジションシャッフルしたみたいに、ある内容を指示はしたけど、状況に応じてその指示以外の選択をいかにできるか、というのも見ている、のか、な?(ビーブルのなかではその意図の具体的な正解は示されていませんが)少なくともサカタロウくんのチームでは、指示した内容ができるタイミングでそれをしないと怒られて、指示と違うプレーしても点やアシストなど結果出せば飛び級などめっちゃ評価されるっていう扱いです正直わたしには分かりません①まず、そもそもそういう指示を出すのが(育成的に)良いのかどうか②また、指示に従うかどうかと結果の取り扱いのバランスがそれで良いのかどうか③さらに、どこまで深い考えがあってのこの育成方法なのかリアルにミルコ・コヴァッチっぽくて謎でして、考えても良く分からず、そのうち考えるのをやめて、鉱石になったまま宇宙をさまよった感じの、中1の1年間でしたなお、横の繋がりで聞く限り、こういう育成のための指示は、Jのなかでも傾向的に(トップ、ジュニアユースが)より強いチームほどシビアな指示を出している感じで、また、強くても地方のチームは強くてもそういう指示出さずに勝ちに行く傾向ありますちなみに、少なくともサカタロウくんのチームは、どんな位置付けの試合でも育成のための指示含めて常に自分達のやることをやっているだけで、勝つために、例えば相手のスーパーエースにマンマークつける、みたいな対戦チームへの個別の対策は一切しませんなーんか、勝ちに行かない・勝ちにこだわらないと、応援している親としてはモヤモヤするところあるのですが、うちに関しては個人としてはありがた過ぎる評価をいただいているので、まあいっか、なーんて思ったりして過ごしたU13でした1番目の質問に戻りまして、なぜ○○(←街クラブのジュニアユース)にJは勝てないの?の回答ですが①J蹴って街クラブ選ぶ子もいて単純に力の差②サッカーってジャイキリ起きやすい競技だし③あとJはガチ公式戦でも勝ちにくくするような育成のためのかなりの縛り与えてたりもするからねって感じです以上です

  8. 【チームバス】マイクロバス・ハイエース
  9. 成長してサッカーが上手くなるということを考えてみる。もともと持っているもの、どういう成長過程をたどるのか。息子をモデルケースにして心技体で言い表すと、体(身長)の成長は早めでそろそろ鈍化すると思う。ただ筋力や体の強さが増してくるのは、身長の伸びが落ち着いた今からだろう。技(技術)は計り辛い。単に足元のことならわりと早めから持っているけど、チーム戦術に応じたポジショニングスキルなどはまだまたで、それらをオープンスキルとしてゲームで発揮することは十分出来ていない。心は、自己管理や時間管理、コミュニケーション面、サッカー脳などを指すとすれば、成長過程にある。先日書いたブログのアーキテクチャを使ってもう少し分解してみる。先日の下のレイヤからコミュニケーションはようやく伸び盛り?チームメイトから「最近、○○(息子)が話すようになった」と言われている。あと5/2のトレーニングマッチで自分が得た直接フリーキックを譲らないで蹴ったり。前だと真っ先にボールから離れていたのに。身体は上述の通り。これからは身長よりも筋力をたかめて、更なるスピードアップを図ることになる。心や頭の中もようやくこれから成長期かな。技術、特にベーシックなもの、例えば止める運ぶ技術はまあまあ。今後劇的に上手くなるものでもないかも。シュート技術はもっと磨いて欲しい。ポジション(フォワード)のスキルは、引き気味からのショートカウンターはジュニアでマスターしているだろう。ポゼッションが高いチームでのオフザボールとかはこれから。これらを集積したゲームでの発揮は今正に成長中。システム開発で例えると、これからの時代を勝ち抜く業務改革を遂行するため(目的)、ハード性能は高めのサーバーがあるなか、ネットワークを5Gへ切り替えて、OSをアップグレードして、新しいアプリケーションを追加開発中というところかな。息子の場合は心の成長が晩成(晩熟)傾向だったと最近思う。これまでは、大人しく、優しく、引っ込み思案な性格なので、そのままなのかと心配していたけど、この先少しずつ変わっていく気配を感じている。誰にでも心技体の成長期は訪れる。その順番は人それぞれ。自分が観てきた中で、息子と同年代(前後数学年)の良い(上手い)選手は、心技体が揃っているか、または心技の2つは必ず持っている。そういう選手がジュニア年代で活躍してきた。一方で体(フィジカル)が大きい選手や足が速いだけの選手は、それだけが持ち味だとベンチやスーパーサブになっているのではないか。チームが勝つために、チーム内の序列でAチームは決まるので、フィジカルポテンシャルをみて大きく育てようという指導者は少ないのだろう。息子はジュニアでは、体技が少しある選手であったので、ジュニア時代所属したチームの分かりやすいサッカー戦術と厳しいメンタル指導と細かい技術指導がはまったのだと思う。ワントップとしてスピードと得点力を活かしてもらった。そして今ようやく息子の心が成長しつつあり、逆に体は徐々に同年代から追い付かれるだろう。チームのコーチ(監督)は心の面を重視する指導者。サッカーノートの返事も息子よりもしっかり記載してくれる。「こんなノートの書き方だとジュニアユースで終わる選手になる!」「感想だけでなく、何があって、何故そうなって、どうしたら解決できるかを書くこと」とか親が言うより響く言葉で指導してくれている。ジュニアユースで心の成長期を迎えそうな息子にはぴったりの環境だと思う。これから更に心技体を充実させてもらいたい。フィジカル面は他の選手の成長で追い付かれるとはいえ、息子の持ち味であるスピードについては、アジリティと足の速さを高めるトレーニングを継続していて、ここは差別化要素として育てていく。オフザボールとシュート技術はもっともっと磨く必要がある。本当のポテンシャルが分かるのはこれから。おそらく心技体の成長順序が息子とは違う選手(例えば身長が晩熟など)にとっても、完成系はジュニアユース以降になる。

  10. 令和3年度 栃木県高総体 兼 第64回関東高校サッカー大会県予選 BEST4決定
  11. 伸びるオニギリを、めちゃくちゃ食う後輩を、冷たい目で見てしまう中溝駿です。年中ビーサンでいるのも、こんな目で見られてるのかな?(笑)というわけで、本日は昨日のトレーニングの事を、書いていきます。コロナウイルスに振り回されながら、なんとかトレーニングしてますが、毎回、参加人数が増えていて、なんだか笑えます。(笑)来ることがイイ事でもないし、来ない事がダメな事でも無いんだろうけど、結局、来てくれるメンバーは、去年の海トレから来てくれてるメンバーだったりして、1年かけて活動してきて、想いが届いてきたのか、想いが似てきたのか、有難いです。今日は海トレあるんだけどなぁ〜(笑)みんな来ないらしい。#ぴえんまた、、、昨日から、フランス時代のルームメイトの空也コーチが、チームに合流してくれました。悩みながらも一緒にプレーしてくれて、選手達も楽しそうでした。あぐるもありがとう。敦賀のめっちゃ小さい公園で、6人のスクール生と1人の兄貴と、フランスで出会った3人がボールを蹴る日が来るなんて。なんだか笑えますね。(笑)めちゃくちゃ笑えてきました。僕達の中心にはサッカーがあって、それを大切にしているから、また輪が広がる。やっぱり、サッカーは大切だなぁ〜。と、若い子達を見ていて涙ぐんだ中溝駿でした。選手も保護者も空也もアグルも、みんなマジでありがとう。一緒に大きくなろうなぁ〜。公式HP敦賀市のサッカースクール・サッカークラブならORIGINE FOOTBALL CLUBORIGINE FOOTBALL CLUBは敦賀市を中心に活動するサッカースクールです。サッカーの技術はもちろん、サッカーを楽しみながら子どもたちが人間的・社会的にも成長していきます。「故郷からから世界へ」をコンセプトに世界に挑戦できる子どもたちを育てます。origine-fc.com夢中が世界を変える2021/5/7

    【新スタッフ合流】あんな小さな公園で、、、
  12. 【少女クラス・オレンジ】5月8日川崎市春季大会最終日
  13. U11 1部リーグ 開幕戦
  14. 5月2日(日)GW5連休の2日目スタート!!!U7〜9はFC.SAMURAIさん主催の交流戦に参加させて頂きました。人数がたくさんいたからなのか、ふわふわした感じでアップは進み、そのまま試合へ。序盤は当然の結果になりました、、、もちろんなるべくしてなった結果、、これもまた経験。次はピッチに入った瞬間からスイッチ入れようね。なんのために4年生に帯同しているのか自覚を持ってください。これくらいの意識が続くのであれば誰一人U10への帯同は難しいです、、縦割りがなく、良いことはどんどん下へ受け継いでいくのがジョイフットのスタイルの1つです。2年生は人数が増えてきました。これからは3年生の試合に呼べる人数が限られてきます。もっともっと同学年とも切磋琢磨して強くなろう!!この日も途中から3年生の方で起用した選手もいます。上手いからというだけではありません、出席数、リーダーシップ、後輩達への態度、自立しているかなどなどコーチ達はいろんなところを見ています。各々でチャンスを掴み取ってください!対戦して頂きましたFC.SAMURAIさん、幸田さん、細川さんありがとうございました!ギャラリー写真提供ありがとうございました!◯FCジョイフットジュニアチーム◯選手、スタッフ、対戦チーム随時募集中fcjoyfut@gmail.com担当平良までご連絡お待ちしております。

    【U7〜9】交流戦
  15. 2・3年生選抜 & 6年生TM
  16. 投票率集計
  17. なんかもうルヴァンJリーグルヴァンJリーグ 勝つ引き分け引き分け勝つ みたいな日程でスケジュールも勝ち点もタイトな感じでわけわかんないんですが。またしてもルヴァンなんですねーーー。サッカー新聞エルゴラッソ@EG_spy[2462号・表紙] 鹿島の可能性(サッカー新聞エルゴラ水・木曜号)月額読み放題の「エルゴラ+」 J1・J2すべてのプレビュー/マッチレポートを大ボリュームで掲載中! https://t.co/mhpxmbr6Je#jleague #ルヴァンカップ #antlers #エルゴラプラス https://t.co/p270McjOFN2021年05月04日 21:06その後ピトゥカ、フィットしたのかな???そんでまた福岡???こないだやらなかった???的な。てか今 新規で鹿島を好きになってくれる人ってどのくらいいるんだろ???🤔鹿島アントラーズ@atlrs_official3ゴール快勝!#antlers#小泉慶#永戸勝也#ディエゴピトゥカ#町田浩樹#荒木遼太郎#沖悠哉悪天候の中応援してくださった皆さん、DAZNでともに戦ってくださった皆さん、本当にありがとうございました!#DAZN では横浜FC戦を見逃し配信中!ぜひ、ご覧ください!https://t.co/t3PE6JOYoP https://t.co/jLQwCTs2Cs2021年05月02日 09:46とりあえず先日の横浜FC戦みたいな勝ち方だったら興味をもってもらえるのかなー???スポーツ報知 サッカー取材班@hochi_football鹿島採点&寸評 “鹿島らしさ”感じる3発快勝!MOMは実質3アシストの若きトップ下 https://t.co/NIvUOEXuaF #サッカー #football #soccer2021年05月02日 08:08なんかJリーグ全体として 新規サポーターを増やそうとしている熱量があまり感じられなくて。スタジアムグルメやイベントを充実させよう!!!とか、トイレ綺麗にしよう!!とかスタジアム内のDX化推進!!!とかはファンになってもらった後にどうスタジアム観戦に誘導するかってお話。ほんとの新規ってまずスタジアムに行こうって考えないからね。🌱サッカー見てみようかな、くらいの超入り口の段階の人達に ルールとか解った方がいいの??てよく聞かれるんですけど、はっきり言って見始めはルールとか全然解んなくて大丈夫です。☺️観戦する際の公共のマナー的なルールさえ理解できていれば。👍️とりあえずどこのチームでもいいから興味のある選手を見つけてみてほしいなー。顔ファンでも全然オッケー!!!🙆(とりあえず鹿島のイケメンと言われる土居聖真選手貼っときますね!!!)むしろ 真の優良なファンは試合やチームやサポーターについてやいやい言うような人達ではなくどういう試合内容であっても負けちゃったけど○○くんカッコ良かったネ🥰て満足して帰ることが出来るファンだと思うんですよね。だってそういう人達は敗けが込んでも見に来てくれるじゃん。大丈夫。顔ファンは優良ファンです。で スタジアムって外だし虫いるし日焼けするし夏暑いし冬は寒いしお尻痛いし雨降ったら悲惨だし風吹いたら砂まみれになるしトイレ混んでめんどくさいので、まずはTV観戦📺️をお勧めしたいのですが。今ってあんまり地上波で放送してないんですよねぇ。。。。😕まぁなんかの決勝とかスポーツニュースのダイジェストとかそんなんでいいと思います!!(わたしはそうだったヨ)兎に角好きな選手を見つけて その選手が試合に出ていたらひたすら目で追い続けてみてほしいなー。そうやって え なんでそっちに走るの?? なんでボール出しちゃうの???て見てるうちになんとなーーーーくルールとか戦術とかが解るようになってきます。でも1コここで注意して欲しいのは、サッカー選手はとても選手生命が短いということ。20代前半で引退してしまう選手もザラです。また 引退しなくても海外に移籍してしまったりするので、生で見たいなら見れるときに見といた方がいいと思うよ。( ・ิω・ิ)海外サッカーから入るのもいい!!!(わたし)岳とか裕葵は一般的にウケのいいビジュアルであるとも思うのでお勧めですしおすし!!!!(マニアックな方には鈴木優磨オススメだヨ。。。(^q^))(カワイイヨ!!!!!)でも現地行くか代表に選ばれるかしないと実際に見られる機会ってないからねー。Jleagueの有り難みは選手に会いに行けること。是非是非、Jリーグでお気に入りの選手を見つけてみて下さい☺️できれば鹿島で!!!!と言うわけでもう試合始まってしまった!!!w鹿島アントラーズ@atlrs_official【5/5 福岡戦】#antlers スタメン:GKクォンスンテDF広瀬陸斗 林尚輝 関川郁万 杉岡大暉MF永木亮太 ディエゴピトゥカ 遠藤康 小泉慶FW染野唯月 白崎凌兵 サブ:GK早川友基DF町田浩樹 常本佳吾MFファンアラーノ 須藤直輝 松村優太 舩橋佑 試合速報:https://t.co/PMnqGMrLri https://t.co/bZ3s1MNC762021年05月05日 12:52まじでピトゥカ、スタメンじゃったwだいじょうぶかなーーーー。取り急ぎ 愛されるレジェンド画像のご紹介と鹿島アントラーズ@atlrs_official昨日の「#鹿ライブ」見逃し配信中です!#antlers #kashimaナラさんと中田C.R.O(@nakata_cro)の掛け合いをもう一度お楽しみください!見逃し配信はYouTube公式チャンネルで!チャンネル登録もよろしくお願いいたします!https://t.co/HU9mgqDR2t https://t.co/wQdJL97Ms52021年05月02日 11:41闘将のスピリッツを受け継ぎしものと(このお写真、満男さんにそっくりで泣けちゃった)謎の罰ゲーム写真がなんしか可愛かったルーキーくんのお写真を貼ってさよなら。(お写真は鹿島アントラーズ公式さん、CDレガネス公式さん、シントトロイデンVV公式さん、土居選手、安部選手、常本選手SNSより)

    これから鹿島を見るきみへ。
  18. つばきファクトリーのインターネットサイン会での浅倉樹々の焼売は笑った。OMAKE CHANNEL では岸本ゆめの×新沼希空が餃子作り。そっち系つばき目指してるの?どっちも大好きです。岸本ゆめの×秋山眞緒の大阪コンビは関西弁封印ゲームも面白いけど普通に関西弁喋っててくれた方が楽しいかも。溜めないように今週はすぐ見れたやつ。アプカミBEYOOOOONDS『二年前の横浜駅西口』島倉りかレコーディング。待望の昭和歌謡。緊急事態宣言のせいで東京でなく横浜行かなきゃいけなくて、そりゃ隣の県に人は流れるよなと思いながら、久し振りの横浜駅西口は新しくなっててキョロキョロしながらワクワクしました!ハロステMCは可愛い代表と美人代表、モーニング娘。'21森戸知沙希×つばきファクトリー岸本ゆめのひなフェスでとても良かった西田汐里×山﨑夢羽の℃-ute『次の角を曲がれ』何度もリピート。話題のファーストテイクのハロプロバージョン。小田さくら×岸本ゆめの でモーニング娘。『Memory 青春の光』懐かしい好きな曲で素敵なハーモニー。きしもん率の高さ。笑今日5月7日で、モーニング娘。'21佐藤優樹が22歳、Juice=Juice段原瑠々20歳、まーちゃん、るっる、お誕生日おめでとう!

    シュウマイになりたい
  19. 【質問】世代別の日本代表に選ばれる子達って、なにが凄いのでしょうか?共通する点などありますでしょうか?もし同じチーム内にいれば教えてください【回答】世代別、エリプロなど、上学年含めて何人かいて、練習や試合も一緒にしています2パターンかと思います①総合力が高いタイプ②明確な武器がありピーキーなタイプ①総合力高いタイプは、なにをやってもチーム内でトップクラスで、プレーの動きが滑らかで、全ての動き・動き出しが早いミスもたまにあるけど、他の選手と比べて少ない1試合見ただけだとその日の調子もあるし、周りもみんな上手いので「ずば抜けて上手い子がいる」とは思わないけど、長く見ていくと他の選手とは少しの差があり、安定していることに気付く、みたいな選手が世代別に多く呼ばれていますJのレベルで少しの差を安定して示せる、っていうのが凄いことだとJジュニアユースを何度も見て、知りました②の武器がはっきりしていて、ピーキーなタイプは、武器の種類は人によりけりですが、1試合見ただけでその武器の凄さを素人でも必ず気付くくらいの、スペシャルな武器です試合通じて安定的にいいプレーを続けるというより、単発で「おおっ!」「ヤバっ!」てプレーを見せつけ、得てしてそれが試合にも直接的な影響を与えますJや関東1部ではっきり違いを見せるくらいなので、まあスペシャルな武器です質問には直接書いてありませんが、ではどうすれば世代別代表、ブルーロック改めてストライカーキャンプ、エリプロなどに呼ばれる選手になれるかよーく知ってる選手で選ばれた子がいるので、それも踏まえて言いますと、人事を尽くして天命を待つこれしかないですジュニアユースで全国レベルのJに入って、そのなかでさらに抜け出して世代別とか入るための方法やコツなんて、個人的にはないと思います言えるのは、努力すればなれる、なんてものではありませんが、その子に合ったサッカー上達のための努力を強烈にして、親はそれができるように色々と、ほんとうに色々とサポートする超身近で知る限りでは、オフの日も公園でボール蹴るなんてのとは、質が異なる努力をしていますあまり詮索しないでくださいあ、人によると思いますが、人格とか努力する才能とか、そういうのが全くなってない人も呼ばれていますパーソナルトレーナーが種目・強度・頻度設定してトレーニングメニューを組んでくれて、父親がそれをスケジュールに落とし込んでも、言われないとやらない、隙見ちゃサボる、みたいなほんとバカ、ほんとにバカでも、呼ばれたりするんででも、そういう子は、最終的には伸びないんだろうな、と思ってます同学年スタメン定着→上学年飛び級→エリプロ、世代別召集これらは目標ではなく、あくまで結果以上です

  20. これは要チェックです。12日20時からNHKBSで、鹿島アントラーズの軌跡がオンエアされるそうです。もちろんりんごくんは、録画予約済みです。https://twitter.com/nhk_mito/status/1389897665031327747?s=29【 来週放送 】#スポヂカラ!「砂漠の町に希望の光を 茨城 #鹿島アントラーズ」[BS1] 5/12(水) 夜8時ロンドンブーツ1号2号 #田村淳 さんがMCを務める新番組。コンビナート砂漠と言われた町になぜ”常勝軍団”が生まれたか。鹿島アントラーズの軌跡を辿ります!#antlers#kashima pic.twitter.com/rAPEtKg7ll— NHK水戸放送局 (@nhk_mito) 2021年5月5日しかし、今日の本題はここから。りんごくんのDVDライブラリーに寄ると、たぶんオンエアは2004年?NHK プロジェクトX、『わが友へ、病床からのキックオフ』DVDで発売されているのを、正式タイトルなんだっけなぁと調べて、今頃、初めて知りました。Jリーグがどうやって、誰の情熱で作られたか、よく分かる、素晴らしい番組です。この副タイトルにある『頼みの綱は田舎町』とあるのが、当時の茨城県鹿島町です。Jリーグが出来るなら参加したいと手を挙げたものの、社会人リーグでも弱くて、絶対にJリーグには入れないと、99.9%無理と言われた、人口の少ない田舎町がホームタウンの鹿島アントラーズの事です。これは、DVDなのか、NHKアーカイブなのか、何かしらの手段で、見たらいいと思います。アントラーズサポーターなら特に。サポーター歴は長くても短くても、チームを愛する気持ちに関係ありませんが、このプロジェクトXで語られている鹿島アントラーズを知るか知らないかは、チームに誇りを持つ事に関係すると思います。りんごくんお勧めします。これ、当時オンエアされて、評判がすごく良くて、希望が沢山あって、珍しく再放送されました。これがオンエアされて、数ヶ月後、りんごくんは、日本代表戦を埼玉スタジアムに見に行きました。ユニはブルーの日本代表我らがアントラーズFW鈴木隆行ユニ、背番号11番。でも、ニットマフラーは、代表物が無かったので、鹿島アントラーズマフラーをして行ったら、知らない若いカップルに、あっ、この間テレビでやってた鹿島アントラーズだ!と言われて、とても嬉しかったのを覚えています。そのくらい、このプロジェクトXは心にしみます。所で、りんごくんのアントラーズDVDライブラリーは、Jリーグ中継が、スカパーからDAZNになり、簡単に録画出来なくなった時点で頓挫。ほったらかしてあったのですが、今回、このプロジェクトXはいつだっけ?とか、探していたら、同じページに、2006年3月21日鹿島対甲府の所にだけ、篤人初ゴールと書いてあり、しかも赤ペンで囲い有り。そうそう、開幕戦で鹿島初の高卒ルーキースタメンの時から、この選手只者では無いと、思った衝撃が懐かしく思い出されました。今度、時間作って、途中でストップしてしまった自分のDVDライブラリー、ちゃんと整理しないといけませんね。手書きで読みづらくてすみません。そして、下が、プロジェクトXのDVD内容です。この木之本興三さんが、Jリーグを作ろうと思ってくれなかったら、今も日本はサッカー後進国のまま、おそらくワールドカップにも行ってないし、選手達が海外で活躍するなんて事も無かったと思います。もちろん、鹿島アントラーズもありませんでした。木之本さん、2017年に、偶然、ニュースで亡くなった事を知りました。とても悲しかったです。心からの感謝と共に、ご冥福をお祈り致します、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E4%B9%8B%E6%9C%AC%E8%88%88%E4%B8%89木之本興三 - Wikipediaja.wikipedia.org木之本興三さん、ありがとうございます!ラブ☆アントラーズ

    コメントが盛り上がっています

    鹿島特番とプロジェクトXの事