1/17の記事ランキング

  1. NBA:ステフィン・カリーがダンクし、ケビン・デュラントはチアリーダーに変身
  2. NBA:現地1/15、MLKデーに起きたHOU対LAC戦の怒りはゲーム後にも引きずられる
  3. ウシクvsブリエディス 「ファイトマネー」 ガシエフvsドルティコス クルーザー級王座統一戦
  4. 一昨日発売のボクマガ、ビートの表紙はどちらも井上。田口だと思っていたので意外だった。京口は来月末にCSで放送がある為、ダイジェストでしか見ていない。それ以外の年末四試合で一番勝敗に興味がわかず、面白くなかったのが井上だった。余程、専門誌は井上をスターにしたいのだろう、と最初は思った。発売日は忙しくてページを開く事もなかったが、昨日はビートのカラーページだけ読むことが出来た。気になったのは開いて最初に読んだこれ↓年末興行のキーワードが「もっと有名になりたい」。これは正しいと思う。問題はこの続き。唯一これに当てはまらない井上尚弥………………本気?井上こそ知名度を上げないといけないと思うのだが。他の王者は世界を名乗るに相応しい実力を上げないといけない。ビートもボクマガも井上を表紙に使ったのは井上をスターにしたいのではなく、既にスターだと思っているからなのだろうか?もし、そうであるなら世間との感覚がかけ離れ過ぎている。田口も木村も拳四朗も京口も大して井上と知名度は変わらない。つまりボクシングファンしか知らない。ビート、ボクマガの記者さんはボクシング関係者、選手とばかり会って感覚が麻痺しているのでは?残念だけど井上は実力はある(と思う)けど、知名度は悲しくなる程に低い。今、一般層が知っている現役ボクサーは井岡が引退した今となっては村田だけ。自分を売り込もうとしないのだから仕方がない。その努力は他の日本人世界王者と比べても井上は物足りない。と言うか何もしていないのでは?井上本人は自分が既に有名であると思っているのだろうか?日本においてボクシングファンはスポーツファンの中でもかなりマイノリティの部類。もっと自分をアピールしてほしい。以前、当blogのコメント欄で井上の売り出し方としてネリVS山中再戦のリングに上がり、勝者に挑戦状を出すアイデアを出された方がいた。素晴らしい。他局だろうが何だろうが、それ位しないとインパクトを残せない。海外はどうか?参考までについ先日のルイス・オルティスの試合後のやり取り↓最初からオルティスが勝てば次はワイルダーとのWBCヘビー級タイトルマッチが決まっていたとは思う。しかし、これは良い宣伝になったと思う。アメリカ国内におけるワイルダーとオルティスの知名度は、日本における井上とは比べものにならない高さだが、それでもこれだけの努力をしているのだ。亀田が叩かれ過ぎたせいか、日本人王者は大人しく感じる。唯一、田中に光るものがある。ボクシングは格闘技なのだから嫌われて上等、代わりに俺の試合を見ろ!!………位の心意気がほしい。とは言っても嫌われているようで嫌っている人は亀田でさえ日本の人口の0.1%にも満たないだろう。叩かれるのを恐れるより、観客が来ない事を恐れてほしい。

    マイナーを自覚すべきでは?
  5. 全日本卓球2018世界チャンピオンの吉村/石川が薄氷の勝利| http://bit.ly/2D9EqSh卓球王国WEB現地速報より17歳の年の差ペア、河村/渡井が世界王者を追い詰めた http://world-tt.com/ps_info/ps_report.php?bn=000185&pg=HEAD&page=BACK&rpcdno=19#19…Nittaku(ニッタク) さん混合ダブルス3回戦、吉村/石川は大苦戦も4回戦進出 |http://www.nittaku.com/tournament/detail.php?id=1525… 張本君・美宇ちゃんペアの試合は、メディアが多かった隣りのテーブルの方が多いか??? マハル君・カスミンペアの試合でしょうね●混合ダブルス 4回戦Draw(ベスト16)●4回戦 1/17(火) AM 9:30~T7 5401絶対、見逃せない。。。田添健汰(専修大/東京)・前田美優(日本生命/大阪)※シードペア VS.森薗政崇(明治大/東京)・伊藤美誠(スターツSC/大阪)※NTペアT4 5402 大学生対決!!大西尚弥・小脇瑞穂(関 西 学 院 大・兵 庫)※ノーシード VS.及川瑞基・安藤みなみ(専修大/東京)※シードペアT8 5403 NTペア、ノーシードペアの勢いを振り切れるでしょうか???沼村斉弥(野田学園高/山口)・中村貴莉(岩国商業高/山口)※ノーシード VS.大島祐哉(木下グループ/東京)・早田ひな(日本生命/福岡)※NTペアT3 5404 こちらもノーシードペアの勢いを振り切れるか???森田侑樹(シチズン時計/東京)・平 侑里香(サンリツ/東京)※気になるペア VS.川島勇樹・加藤亜理沙(J R 北 海 道・北海道)※ノーシードT21 5405 私は、シチズン(神選手絡み)を応援します!横山 輝(原田鋼業/広島)・𡈽田美佳(中国電力/広島)※シードペア VS.軽部隆介(シチズン時計/東京)・松本優希(サンリツ/東京)※気になるペアT22 5406 ノーチェックでしたこの試合も見てみたいなぁ~郡山北斗(専修大/東京)・秋田佳菜子(中央大/東京)※m(_)mノーチェックでした VS.坪井勇磨(筑波大/茨城)・平 真由香(日立化成/茨城)※気になるペアT18 5407 NTヤングPOWER~ 通用するかな?!張 一博(東京アート/東京)・森薗美咲(日立化成/東京)※気になるペア VS.張本智和(JOCエリートアカデミー/東京)・平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園/東京)※NTペアT17 5408 ワオッ!兄弟対決!! です。。。吉村和弘(愛知工業大/愛知)・平野容子(豊田自動織機/愛知)※気になるペア VS.吉村真晴(名古屋ダイハツ/茨城)・石川佳純(全農/山口)※シードペア※NTペアLaboLive 3日めLive配信進行状況により試合コートを変更する場合あり   試合予定時刻より早い時期に試合を開始できる場合→開始予定時刻の15分前から試合を行う場合あり●準々決勝有り AM11:50~T7 5501 /T8 5502 /T17 5503 /T18 5504色分けし過ぎましたね...反省m(_)m

    H29年度 全日本卓球選手権大会 ⑦混合ダブルス3回戦結果&4回戦Draw(ベスト16)
  6. 4/14 フラナガンvsフーカー&ソーンダース 「ダブル世界戦」
  7. 今年2月のknock outで対戦が発表されたカード、那須川天心 対 スアキム。今のムエタイを全く知らない自分には『へぇ、そうなんや~』としか正直思わないが、スアキムというのは相当な怪物らしい。スアキムというムエタイ選手が、ほんと凄い化物みたいな選手と聞いて、歴史研究家の自分はすぐにこの人物を思い出した。この写真を見てすぐに名前を出た人はかなりのムエタイ通。『かなり』というのは言い過ぎかな?だって伝説のムエタイ選手だからね。彼の名は『デントラニー・ムンスリン』。彼がまだ来日する前から、現役バリバリの選手でありながら既に伝説扱いされており、『50年に1人、いやっ100人に1人の天才』という評価を受けていた人物だ。ゴング誌でも、来日する2年も前からデンテラニーの特集記事が数ページに渡ってされていたぐらい。この時点でこの扱いを受けていたという事は、今でもムエタイ伝説のアドゥンやアピデーよりも一時期は評価が高かったのだろう。だってアドゥンもアピデーもほんの数年前まで活躍していたんだからね。デントラニーは、アドゥンの弟、デン・シーソートーンからラジャダムナンライト級のベルトを奪い、4年以上保持していた。そんなデントラニーが日本に来日し、試合する事になった。これがその時のパンフレット。1973.11.27、50年に1人の選手と言われた注目のデントラニーが全日本(岡村)のリングに上がった。デントラニーが出場するという事で、試合は生放送され(記憶では)、放送は1時間枠であった。対戦したのは大手稔。試合は、大手が余裕の判定勝ち。KO出来そうな場面もあった。自分はこの試合、何十回とじっくり見たが、デントラニーが本当にタイでも伝説化されている選手だとはとても思えないぐらいだった、、、。だが、大手は試合前はかなり怖かったんじゃないですかね?なんせ殆どのキックボクサーが打倒ムエタイ王者目指していた時代、しかも打倒ムエタイ色が一番濃い全日本キック(岡村)の選手でしたから。大手が、今みたいに情報が簡単に手に入らない時代、どこまでデントラニーについて研究出来ていたかは知らないが、多分、文字で入ってくる情報以外は無かったのでは?那須川天心と対戦するスアキムは、タイでも評価が高いみたいだ。だが映像は見れる。探せば今ならたくさん見付かるだろう。凄い試合ばかりなら、恐怖心も出てくるかも知れないが、研究、対策も出来る。大手は、デントラニーを相手にするに当たって、入ってくる情報は、非の打ち所がない物ばかりだったであろう。映像はあまり見れなかったのはまず間違いないだろうから、目から入ってくる恐怖心は出てこないが、何をしてくるか分からない、対策出来ないという恐怖心はかなりあったはず。選手の性格にもよるが、どっちの方が良いのだろうね?まぁ、スアキムの評価が凄く高いという事を知り、昔、アドゥン、アピデーが全盛で活躍してた頃のたった数年後に、本場ムエタイの世界の中で、50年の1人と言われた男が来日し、大手に何も出来ずに完敗した選手がいたよ!という歴史の紹介でした。スアキムは、どのような評価に変わるんだろうね。タイ選手には強いが、日本人のようなスタイル苦手な選手になるのかも?試合結果より、現ムエタイ最強候補の1人が、試合後どのような評価に変わってるかが楽しみだ。試合後、大手はムエタイの超大物デントラニーの感想を聞かれて『まあまあだった』と強さを表現した。大衆の前で控えての言葉だったと思うので、本音は『超弱かった』になるのだろうと自分は捉えた。

    那須川天心 対 スアキムというカードが発表されたが、、、?
  8. こんばんは!そろそろ週末の深夜観戦の疲れが出る頃でしょうか。美味しいご飯を食べて夜はゆっくりできるといいですね先日の試合の写真や動画をいくつかご紹介させて頂きます。ラティーナ公式からのUPを昨日の朝から待っていたのですが。。。なかなか来ないようなのでお友達のけんけんちゃんから教えて頂きました各所からの動画&写真も併せてご紹介させていただきます※試合の雑感はTODAY's Volleyballにてhttps://ameblo.jp/myihappy811/entry-12344610470.html筆者撮影 2017WLにて☆試合の結果☆1/14(日)日本時間26:00~(現地時間18:00)Taiwan Excellence LatinavsWixo LPR Piacenza☆公式帳票☆セリエA公式より【帳票】http://www.legavolley.it/TabellinoGara.asp?IdGara=30340☆試合動画・写真など☆Video TopVolley@Video_TopVolley Latina difende tutto e #Ishikawa #石川祐希 chiude Piacenza Latina @TWexcellence_en @topvolleylatina @volleypiacenza 1… https://t.co/d0oudEZZvS2018年01月15日 18:20Video TopVolley@Video_TopVolley Ace di #Ishikawa #石川祐希 Piacenza Latina @TWexcellence_en @topvolleylatina @volleypiacenza 18ma #SuperLega UnipolSai. https://t.co/AQBqNnvUMr2018年01月15日 18:29Video TopVolley@Video_TopVolley Prodezza di #Ishikawa #石川祐希 Piacenza Latina @TWexcellence_en @topvolleylatina @volleypiacenza 18ma #SuperLega Unipo… https://t.co/B9TAi84k9T2018年01月15日 18:38Video TopVolley@Video_TopVolley #Ishikawa #石川祐希 salva un ace. Piacenza Latina @TWexcellence_en @topvolleylatina @volleypiacenza 18ma #SuperLega Uni… https://t.co/dJbmP3UBiK2018年01月15日 18:48~けんけんちゃんのRTより~kenken@kenken36617387 アルベルトおじさんも喜んでる🎶 https://t.co/oE0j9zFcfD https://t.co/5qKeTnolIT2018年01月15日 16:05kenken@kenken36617387 Latina-Piacenza戦 https://t.co/8Hql5ixo3x https://t.co/Rje0gPbDp12018年01月15日 19:51kenken@kenken36617387 ナイススパイクも来てます! 20180114 Savani e Shoji difendono, chiude Ishikawa #石川祐希 https://t.co/ARsogRucx2 @YouTubeより2018年01月15日 18:42kenken@kenken36617387 Latina-Piacenza戦 https://t.co/RBSQGKuPZT https://t.co/G5jbXeSUBG2018年01月15日 09:23kenken@kenken36617387 Latina-Piacenza戦 Piacenzaの地元記事の写真(Piacenzaのいいところばかりですが) https://t.co/dNWIV7dE55 https://t.co/A9kPq0OMle2018年01月15日 07:18~上記FBより~☆試合の経過☆今日は途中からです。cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント1-0 ①25-18 ②12-18 ビュールが終わったので、ラティーナを観ます。 映像の綺麗さに驚く。やっぱり有料でも確実に観れる事が有難いです。2018年01月15日 02:45cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント1-1 ①25-18 ②23-25 2セット目はPiacenza2018年01月15日 02:57cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2-1 ①25-18 ②23-25 ③26-24 3セット目はラティーナ!! あと1セットです。頑張れ!!2018年01月15日 03:29cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2- 2 ①25-18 ②23-25 ③26-24 ④21-25 フルセットへ🔥 流れが厳しくなってます😭 頑張れラティーナ!!!2018年01月15日 03:58cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2- 2 ①25-18 ②23-25 ③26-24 ④21-25 ⑤6-6 追いついた!!2018年01月15日 04:09cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2- 2 ①25-18 ②23-25 ③26-24 ④21-25 ⑤8-7 ラティーナリードでチェンジコート!! 頑張れラティーナ!!!2018年01月15日 04:12cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2- 2 ①25-18 ②23-25 ③26-24 ④21-25 ⑤12-14 ユーキイシカワーBA!!!2018年01月15日 04:19cappuccino(risa)@risa_koba Latina🆚Piacenza セットカウント2- 3 ①25-18 ②23-25 ③26-24 ④21-25 ⑤12-15 フルセットの末、惜しくも敗れました😭😭😭悔しい。 スタメン出場した石川祐希選手は、攻撃に守備にとても活躍… https://t.co/lxN3gIkWp92018年01月15日 04:24☆見逃し配信☆昨晩もありました!そして今も配信中です!!急げ!!LVCチャンネル※有料・事前登録必要ログインはコチラhttps://www.elevensports.i<次戦予定>※イレギュラー日程なのでご注意ください。1/19(金)日本時間28:30~(現地時間20:30)Taiwan Excellence LatinavsTonno Callipo Calabria Vibo Valentia☆次戦のライブ配信☆※いつものLVCではありません。RAI Sport 今後RAIでの配信が複数発生します。公にできる情報があればお知らせできるようにしたいと思います。ラティーナ公式さんからyoutubeライブ配信されるのが一番いいですよねどうかお願いします!!!!それでは今日はこの辺で。。。今日もお疲れ様でした!!~最後までお読み頂き、ありがとうございます!~~当ブログの写真・動画は全て転載禁止です~-----------------------ブログランキングに参加中です。下記リンクをクリックして頂けると嬉しいです。今後もよろしくお願いします!人気ブログランキングへ

    【結果&試合写真&動画&次戦予定】石川祐希選手らラティーナvsLPR Piacenza
  9. 来週のRAW25周年記念大会に登場することが発表されたクリス・ジェリコは、Inside The Ropesのインタビューで以前、サマースラムでフィン・ベイラーとの試合を提案していたが、ビンスに考えを変えられたと述べました。ジェリコは以下のコメントをしています。"I was supposed to work with Finn Bálor at SummerSlam. I pitched that when I worked with Finn the previous year in Japan. Anytime I go to Japan, I come back and tell Vince, 'why do you have these guys wasting their time in NXT? Bring them to the main league.' So it was going to be me and [Finn] at SummerSlam and then Vince changed his mind. Then, put me and Kevin together as a team against Enzo and Cass."「私はサマースラムでフィン・ベイラーと仕事をすると思っていました。数年前日本でフィン(・ベイラー)と仕事をした際に提案した。時々日本へ行って戻ってくるとビンスに「なぜあなたはそれらの人達をNXTで無駄に時間を過ごさせているのですか?彼らをメインリーグに連れてきてくれ。」と話した。それでサマースラムで私とフィンになるつもりだった、それからビンスが考えを変えてしまった。その時、私とケビン・オーエンズがチームとして一緒になり、エンツォ(・アモーレ)と(ビッグ・)キャスと対戦することになった。」ジェリコは以前同じInside The Ropesのインタビューでレッスルマニアで中邑真輔と対戦する計画があったことを話していました。 WWE サマースラム2017 シンスケ・ナカムラ 日本人初の快挙! [並行輸入品] Amazon WWE: TLC: Tables, Ladders and Chairs 2017 Amazon WWE: No Mercy 2017 + Hell in a Cell 2017 [DVD P... Amazon

    ジェリコ、中邑だけではなくベイラーとの試合も望んでいた
  10. NBA:キャバリアーズとのライバル状態は、現代版NBAのそれだ byスチーブカー
  11. ンターにて、(め)プロレス、ドラゴンソルジャー・ロウ(以下、DSL)卒業興行が行われた。 「どインディ・プロレス」 DSLの引退試合は、壮絶な闘いの末、完全燃焼で最後の試合を終えた。 決してメジャーと対等とは言えないが、DSLは自分の持てる力を出し切り、ヘロヘロになりながらも、格好悪い姿もさらけ出し、ありのままの自分の生き様をリング上で隠すことなく披露した。 笑いと涙、友情と、見ている観客の愛情、全てが凝縮され、感動的な空間を生み出した。 2005年のプロレスデビュー、2011年の(め)組プロレス旗揚げより、地道なプロレス活動、どインディ街道真っ只中をひた走ってきたDSL。 これまで、ケロべロス道場や、チョコレート広場、雪上、等、リングのないプロレスをメインに、時には観客数名といった中でも、コツコツとプロレス活動を続けてきたDSL、そこにはプロレス愛が感じられた。 最後を締めくくったのは、リング上でのプロレス、アクトレスガールズ提供試合もあり、100人近く満員の観客が、DSL最後の試合を見届けた。 おそらくDSLと言っても、プロレス・ファンでも知らない人も多いかもしれない。勿論「プロレス表舞台」の読者は、ほとんどの方がご存知と思うが・・・ 一般人100人に聞いたとすれば、猪木が99人、現在の新日本プロレストップ選手が数十人が知られているレベルだろうが、DSLは1人ぐらいかもしれない。 それでも、DSLは、日本のプロレスに確実に爪痕を残した。これまでのプロレス活動は、ファンの心に刻み込まれた。 日本のプロレス史に、DSLというレスラーがいたことは永遠に残ります。 「プロレス表舞台」では、ここにDSLの1ページを記録し、皆様にご紹介致します。「どインディ~ナンバー・ワン!フォーエバー!フォーエバー!フォーエバー・・・・」■(め)組プロレス DSL卒業興行日時:1月13日  開始:17:00会場:高島平区民センター 真打登場!この日メインイベント主役のDSLは自動2輪車に乗り現れたが・・・この後、トラブル発生、歩いて入場。 DSL vs. 木藤によるタッグマッチ対決。当日、入場時に発表となったそれぞれのパートナー、H=小島マイケル、I=クズ殿with ZIGOROであった。 写真は、椅子を首にかけ、エプロンでDSLのサービスカット。 マイケル vs. クズ殿の攻防をコーナーで見守るDSL。クズ殿は変態オカマ・チックな動きで弱々しいが、黄色いガウンを脱がされると急に強くなった。 タッグマッチの最後を締め括ったのは、DSLのダイビング・イナバウアー。これまで、DSLはリングの無い会場で、様々なところからダイブしてきたが、引退試合は、コーナーポストよりダイブ。 <クズプロフォーエバー タッグマッチ 92分一本勝負>〇DSL、小島マイケル 14分2秒、ダイビング・イナバウアー⇒方エビ固め木藤拓也、●クズ殿with ZIGORO DSL最後の闘いが終わった・・・・かに思われたが、本番はここからのスタートであった。「これで終わりでいいんですか?DSLと闘いたい奴出てこいや~っ!」木藤の叫びと共に、DSLランブルがスタートした。326、SAKURA、ランバージャック、浦野裕太、ボクシングマシーン、(め)組マシーン、ZIMA吉田、次々に登場するDSL所縁の選手達が、入れ替わり立ち代わりDSLに送別の攻撃を連発する。 既に、ランブル前のタッグマッチでヘロヘロのDSLは青色吐息。 レスラーの山でピンするも、何とDSLはこれを跳ね返す。 (め)組といえば空手マミーも切っては切れない存在。登場するや出場選手を蹴散らし、DSLと一騎打ち。重たいキックの連発で、卒業を祝福する。この後登場の、阿斗がマミーを場外に投げ捨て、マミーの役割は終了した。 後で判明するのだが、このランブルは総勢30名参加。この時点で参加選手は半分にも届いてない状況だったが、DSLが限界を通り超えているのは誰の目にも明らかだった。 実はランブルの言い出しっぺもDSLであった事もこの後、判明。出場選手は、DSLの最後に敬意を表して集まった。 決してメジャーとは言えなかったが、DSLのプロレス活動には、地味だけどプロレス愛を感じられ、それ故、これだけ多くのプロレスラーが集まり、厳しくも温かい送別の攻撃を行った。小野寺雅俊選手も、キレのある動きで存在感を発揮した。 kyoheiのキャメルクラッチに合わせ、キングペンギンの低飛行ドロップキック炸裂。厳しい攻撃の連続に、時折、弱音を吐きながらも、DSLは最後まで闘い続けた。 DSLのピンチにタコ乳頭乱入。小野寺に毒霧、返す刀でkyoheiにキック、更にはキングペンギンと次々となぎ倒す。 トレイン攻撃串刺し3連発、バルス金子のラリアット、ワイルドポニーのニールキック、ナカタユウタのダイナミックなキックがDSLを連続で襲う。 ワイルドポニーのダイビング・ムーンサルトは距離が遠く膝がDSLの首元に当たり、悶絶のDSL。 川田由美子が登場、ムチ攻撃にアベケンと塙が、我もとばかりに攻撃を受け痛喜び。 試合はDSLとアベケン、塙が組み、磐城利樹、武士SAMURAI、ワイルドベアー組との6人タッグの様相を呈す。とは言っても、当然、攻撃はDSLに集中。磐城のブレーンバスター、SAMURAIのデスバレーボム、ベアーのバックドロップと厳しい攻撃3連発。ほぼKO状態のDSLを残しリングを去った。 最後に登場したマッチョ・マイケルズとDSLの一騎打ち。申し合わせによる場外乱闘でファンサービス後、リング上で闘いに。DSLの最後を送るに相応しい組み合わせが実現した。 最後はマイケルズのスワンダイブ式ダイビング・ボディプレスで、長い闘いにピリオドを打ち、DSLが解放された。<DSLランブル 時間無制限1本勝負>〇マッチョ・マイケルズ 23分54秒、ダイビング・ボディプレス⇒片エビ固め●DSL※他出場選手:326、SAKURA、ランバージャック、大仁田ブ厚、浦野裕太、ボクシングマシーン、(め)組マシーン、ムービースター竜平、ZIMA吉田、空手マミー、阿斗、エリリン高木、ビッグ・バクエイ、アスカ、大腸ケア、kyohei、キングペンギン、小野寺雅俊、タコ乳頭、ワイルドポニー、バルス金子、ナカタユウタ、川田由美子、安部健治、塙純一、磐城利樹、武士SAMURAI、ワイルドベアー 引退セレモニーでは、参加選手の寄せ書き、ワイルドベアーから花束贈呈、SAKURA選手より手作りのベルトが贈られた。 この日、会場には来れなかったが、世界のTAJIRI選手からも、歯に衣着せぬ、ユニークだけど、心のこもったメッセージも贈られ、和気あいあいとした中にも、感動的なセレモニーとなった。 胴上げのラストはお約束のリング上落下。アクトレスガールズも加わり、参加全選手で記念撮影。DSL最後の(め)組プロレス興行は超豪華版となった。 (め)組プロレスの象徴でもある「どインディ無差別級選手権」タイトルマッチがマッチメイクされ、大会を盛り上げた。  重量級とは思えぬ見事なブリッジでスープレックスを爆発させる浦野、この後、手を放しランバージャックを放り投げる。 幻の必殺技、パロスペシャルも披露。 浦野とランバージャックの対決は、重量級同士の迫力あるぶつかり合いとなった。 熱戦で、この後、ランバージャックはTシャツを脱ぎ捨て闘った。フィニッシュとなったスライディングDから~の浦野のデスバレーボムが炸裂。<どインディ無差別級選手権試合 60分一本勝負>〇浦野裕太(王者) 15分7秒、デスバレーボム⇒方エビ固め●ランバージャック(挑戦者)※浦野がタイトル防衛に成功。 アクトレスガールズ提供のタッグマッチは、8人の美女が入り乱れ目まぐるしい攻防が展開された。 試合開始より、終わりまで見せ場の連続で、タッグなのに8人がほぼ休みなく動き続ける試合展開。見る側も大変だが、闘ってる方は尚更で、相当な練習を積み重ねているのがうかがえた。当日はアクトレスガールズ目当ての観客も多く、大会に華を添えた。 どの選手も甲乙つけがい位スピーディであったが、この試合で、ひと際目を惹いたのは万喜なつみ。フィニッシュは、一瞬何が起こったのかと思わせるくらい衝撃的であった。<チョリソプロデュース・アクトレスガール提供試合 30分1本勝負>安納サオリ、〇万喜なつみ、本間多恵、角田奈穂 9分28秒、とびつき柱回転エビ固め●高瀬みゆき、五十嵐乃愛、清水ひかり、青野未来 試合開始前、先日お亡くなりになられた、二代目覆面太郎(篠真一さん)のご冥福を祈り、追悼展カウントゴングが鳴らされた。 加藤選手が(め)組のマットに上がっているのも斬新に思えたが、(め)組軍対DFC軍のコンセプトの試合だったようだ。アベケンとの絡みは、さながら湘南プロレスでも見ているようでもあったが、スイングする攻防は、大会をビシッと引き締めた。DFC軍の勝利。<(め)組軍対DFC軍 20分1本勝負>アスカ、安倍健治、●塙純一  8分30秒、ダイビング・エルボードロップ⇒片エビ固め〇加藤茂郎、三代目覆面太郎、ワイルドワン DFC認定無性別級選手権王者決定戦として行われた4Wayマッチ。326は他3出場選手を「動物、女、ミイラ」と名指ししタイトルマッチの意義に苦言を呈した。試合では326の髪の毛がターゲットとなり、精神的苦痛を味わう展開となる。 写真は、場外でSAKURAの椅子攻撃を受ける326.尚、この試合は、場外でお客様タッチすると、場外カウントがリセットされるルールが採用。思う存分場外乱闘が展開された。 パンディータと空手マミーの対決は、なかなか絵になる。 マミーの跳躍力抜群のジャンピング・ギロチンドロップは、巨体だけに迫力満点だ。 他選手が場外乱闘の中、リング上にいた326。レフェリーの場外カウント20が入り、呆気なく326の勝利が決まる。 勝ってしまったが、いらないベルトを渡され途方に暮れる326。ベルトの貰い手を捜すも見つからず。<DFC認定無性別級選手権王者決定戦 時間無制限1本勝負>〇326 vs ●SAKURA vs ●パンディータ vs ●カラテ・マミー 9分25秒、3名同時リングアウト 大仁田厚引退試合でも実現した、無刺鉄線電流爆破風デスマッチまでもが、第1試合で行われ、会場を温めた。<無刺鉄線電流爆破風デスマッチ 15分1本勝負>●太仁田ブ厚 7分58秒、ラリアット⇒体固め〇黒田哲広 本ブログ主宰・斉藤雅治が取材、レポート、写真撮影、編集まで行ったプロレス電子書籍『プロレス表舞台』はアマゾン・kindleストアにて絶賛配信中!!            ↓          ↓          ↓ プロレス表舞台 創刊準備号 Amazon

    (め)組 DSL卒業興行~これがド・インディ真っ只中の生き様だ!アクトレスガールズも華添える~
  12. アスカが入場時にジャケットが黒い幕に引っかかるハプニングを起こしていた
  13. ネコからうつる病気が話題に・・・。 ネコからだけではないようです。家畜もらしいです。ネコだけが悪者ではないですからね。そして くしゃみしている子が全部そうではないですからね。(ネコ風邪のほうが圧倒的に多いようです)誤解によって またまたネコを捨てたり、虐待したりする人が増えませんように。そんな本日 初場所・3日目・照ノ富士 休場・・・ 診断書はまだのようです・幕下以下の解説は 雷親方(連日おつかれさまです) 向正面:福ノ里さん 実況:太田アナ・陽翔山 勇み足で敗退か~ 残念。 モンゴル力士は、お顔の系統が ハルマン系、朝青龍系、鶴竜系などありますが、この子は時天空さん系ですよね♪・前相撲 ビャンバスレン勝ってますね^^ 納谷はフラッシュがスゴイ・福ノ里さんによると ビャンバスレンは叔父さんに似ているそうです。 楽しみだな~・前相撲も観客が多く、盛り上がってますね♪・武蔵川部屋の力士がどんどん増えているのわかる気がするなあ(現在18名だそう)・慶天海!・野上 今日も出てきていますね・・・。 いいのかなあ・・・・若隆元が左にずれて 野上バッタリ。 手首のためには良かったかも・蘇!!・大岩戸が勝ったと思うたに・・・ 終わるまでわかりません・「次の関取はキミだ!」 福ノ里さんが選んだのは霧馬山・また寝てましたzzzzz・幕下上位5番からは 解説:金開山^^  実況:船岡アナ  レポ:大坂アナ・千代大海 やっと歩いていますが大丈夫ですか?(土俵入りを待つ花道奥)・玉飛鳥はメガネをかけているんですよね? 顔に描いてるみたいにみえる・で、また寝てました。オコタはいけません・残念 旭大星・!!! 亮三さまの引退会見が!!! あ~~~~録画してればよかったあああああ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。・会見にまた涙・・・(ノ_-。)・境川親方の かちあげ の説明 素晴らしかった!さすが親方!・横綱に勝って ため息をつかれるパターンと 座布団が舞うパターンとがあるのだな・軍配がかえってからのコールはいけませんよやっぱり花道に亮三さまの姿を探してしまいます・・・。寂しいな・・・。

  14. 今日は家事業務の手を止めてしまうくらい、ニシオカとスギタのマッチを見入ってしまった…2人とも勝てる、と思ってたけど、相手が一枚上だったかな…セッピは試合巧者だし、一瞬のミスをうまくついたな、と思いました。ドクターイボは、たぶん日本人選手にリベンジを測りたかったのでは?と思う。全米でニシコリにやられ、インディアンウェルズでニシオカにやられて、ビッグサーバーのプライドもあったでしょうかね…4セット目を取ったときは、スギタが有利かなと思ったけど、ちょっとサーブに手が出なかったかな…グランドスラムを勝ち抜くのはとても難しいものだ、と又新たに感じた次第です…---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------カリフォルニアに着いて翌日の現地時間16日。さっそくクラブや大会からポストがありました。https://twitter.com/OracleChallngrs/status/953338283517362177ケイニシコリが現地ニューポートビーチテニスクラブにいるよ。彼の練習を少し、インスタグラムでライヴ中継したから、チェックしてみて。https://www.instagram.com/p/BeB21kRhEQ2/?hl=ja&taken-by=oraclechallngrsあと4日。選手たちは試合への準備中だよ。来て彼らの練習を見てね。https://www.instagram.com/p/BeBVblKls6w/?hl=ja&taken-by=nbtc4youケイニシコリが南カリフォルニア出身のゲイジブライマーといるのが見える。ニューポートビーチチャレンジャーは1月20日に始まるよ。一般チケットは土曜の午前9時半に配られるよ、クラブの事務所でね。https://www.instagram.com/p/BeBpeGrlDsd/?hl=ja&taken-by=nbtc4youケイニシコリが来るニューポートビーチチャレンジャーのために練習中。1月20日から28日だよ。↑ゲイジブライマーのインスタより。ヒッティングパートナーですね。https://www.instagram.com/p/BeB1o0vjmPw/?hl=ja&taken-by=gagebrymer彼がコートに戻ってきて嬉しいよ。ケイ、幸運を祈ってる。オラクルチャレンジャーとニューポートビーチテニスクラブインスタアカウントをフォローしているので、ストーリーとライヴを見ることが出来ました。ストーリーよりライヴ一つ一つ動作を確認するようにプレイしていました。中尾っち、ロビーも現地入りかな?動画が不鮮明ですが…とにかく、手首痛の再発のないように、そしてケイらしいプレイを披露することが出来ればいいな。うまく行きますように…祈ってます。

    現地クラブよりポスト
  15. IBF世界スーパーライト級の次期指名挑戦者決定戦。3位アントニー・ジギ(スウェーデン・下写真左)=21勝(7KO)無敗1分=と、4位イバン・バランチェク(ロシア・下写真右)=17戦全勝(10KO)=の両陣営が、16日(日本時間17日)に予定されていた入札を前に対戦合意。試合は3月9日(日本時間10日)にバランチェクが住む、米・オクラホマ州マイアミでの開催が有力。  IBF世界同級王者セルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)は、2月10日(日本時間11日)に米・テキサス州サンアントニオでWBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)の挑戦を受けるが、予想有利のガルシアが勝つと、次はWBA世界ライト級王者でWBC世界同級ダイヤモンド王者のホルヘ・リナレス(帝拳)選手との王座統一戦が有力視されており、ジギvsバランチェクの勝敗行方は大いに注目される。現在1、2位が空位の同級ランキング。5位にはリピネッツとの王座決定戦で、敗れたとはいえ評価を上げた近藤明広(一力)選手が位置しており、今後のマッチメイク次第では再びタイトル挑戦の機会に近づきそう。今後に注目。1/28 亀海喜寛vsアーネット。ホルヘ・リナレスvsゲスタ。WOWOWオンデマンド・ライブ配信。

    3/9 IBF世界Sライト級挑戦者決定戦 ジギvsバランチェク
  16. 初日 きいろ
  17. Photo byQuintin Gellarみなさま、こんばんは☆少し前ですが、元バレーボール選手の滝沢ななえ氏よりカミングアウトがありましたねその内容がコスモポリタンにて取り上げられたのもご存知の方がいらっしゃると思いますが一応→ → → 前編→ → → 後編簡単に言うと滝沢氏はかねてから同性(=女性)に恋愛感情を持つようになっていた。それでも彼氏がいた時期もあった。でも違和感があった。他の女子の異性に対する恋愛感情が理解できない。上尾時代には初めて彼女ができる。2017年11月16日の「衝撃のアノ人に会ってみた」という番組で、彼女がいることを明かす。私もブログで読んで驚きました(*_*)いわゆるレズビアンただ、滝沢氏の明るさに安心はしました確かに時代は変わってきて、偏見もなくなってきてはいると思いますが、保守的な人間もいます。時代は情報化社会。昔はあまり知られていなかったことも多くの人々に認知され、そういう人もいるんだぁ~ということが理解されるようになっているんじゃないかと思う一方で、納得まではできていない人も多いかと...「変われるチャンスがあるならその方がいい」そんなことを思っている人もいるのでは?まだまだ否定的な人もいるかと思います。「大多数の人がこうだから」という前提がつきまとう。世の中は簡単には変わらない。自分を変えた方が早い。でも越えられない一線がある。そんな葛藤に苦しんでいる人もいる。社会に適合するのが難しい人もいるけど、そんな人々の励みになって欲しいなと思いますまだまだ認知されていない、理解の及ばない問題を抱えている人もいると思いますが、無理に解決しようとしなくていいと思いますブログランキングに参加しています。よろしかったら1票を

    滝沢ななえ氏のカミングアウト