9/21の記事ランキング

  1. こんにちは。『やさしいブログの作り方』の松田です。現在のデザインスキンは、プロフィール欄に参加しているランキングが表示される仕様になっています。ランキングには参加したいけれど、順位が表に露呈するのはちょっと…という方もいらっしゃるでしょう。ランキングが低いと、読まれていない(アクセスの少ない)ブログと見られてしまい、あまりいいイメージは持たれませんよね。^^;ランキングを非表示にするにはCSS編集の最後に以下の記述を追記して下さい。.profileRanking, #profile .skin-borderQuiet{display:none;}また、CSS編集用デザインを使っていない方はサイドバーのフリースペースに以下の記述を入れてみて下さい。<style>.profileRanking, #profile .skin-borderQuiet{display:none;}&lt/style>うまくいくとランキング表示がきれいに消えます。^^最後までお読みいただきありがとうございました。お知らせご登録頂くと、LINE@スタートアップセミナーをプレゼント!やさしいブログのLINE@のご登録はこちらからこれからブログを頑張っていきたい! まずは基本から。やさしいブログづくりのための、やさしいメール講座初めてでも安心して始められるメルマガ作成ガイド。メルマガスタートアップガイド YouTubeにて配信中ブログが持つ魅力や可能性を私の言葉で綴りました。書籍はこちらのオンラインショップのみで販売中です!

    たくさん共感されています

  2. こんにちは。『やさしいブログの作り方』の松田です。アメブロにはお客様からの問い合わせやお申し込みが出来るフォーム機能がありません。そのため、外部のメールフォームを利用することが一般的で、中でもお勧めなのがフォームメーラーです。無料版でありながら暗号化通信や自動返信メール機能が使えます。お問い合せやお申込みの際、お客様からすれば、自動返信メールが届いた=自分のメールが送信されたということがわかります。フォーム作成者からすれば、深夜のメールであっても、自動的にお客様に御礼と確認のメールが送れるわけです。作成方法もとっても簡単です。初めての方でもわかる、作成マニュアルを作りましたのでこちらからダウンロードしてご活用下さい。^^それでも手順や動きがわからない、という方は以下の動画も参考にして下さい。私も初めて作るので、若干手際が悪いですが目をつぶって下さい。笑最後までお読みいただきありがとうございました。お知らせご登録頂くと、LINE@スタートアップセミナーをプレゼント!やさしいブログのLINE@のご登録はこちらからこれからブログを頑張っていきたい! まずは基本から。やさしいブログづくりのための、やさしいメール講座初めてでも安心して始められるメルマガ作成ガイド。メルマガスタートアップガイド YouTubeにて配信中ブログが持つ魅力や可能性を私の言葉で綴りました。書籍はこちらのオンラインショップのみで販売中です!

    コメントが盛り上がっています

  3. こんにちは。『やさしいブログの作り方』の松田です。iPhoneのアプリでアメブロの記事を書く際、囲み枠内で改行すると枠が分割されるという現象があります。割れない囲み枠の書き方は以下のとおりです。この記事の最後のタグをコピーする↓アメブロアプリで記事を書く状態にして、タグ編集モードに切り替える↓コピーしたタグを貼り付け(ペースト)する↓通常編集モードに戻す↓枠内の文章を書く以下にサンプルを書いておきますので、気に入ったものがあればメモアプリなどに保存しておき、ブログを書く際コピペして使って下さい。<div style="background:#fffffc; padding:15px; border:1px solid #bfa469; border-radius:10px; margin:0;"><div style="margin:0;"><br></div></div><br><br><div style="background:#fffcfc; padding:15px; border:1px solid #ff0000; border-radius:10px; margin:0;"><div style="margin:0;"><br></div></div><br><br><div style="background:#fcfffc; padding:15px; border:1px solid #006600; border-radius:10px; margin:0;"><div style="margin:0;"><br></div></div><br><br><div style="background:#fffcfc; padding:15px; border:1px solid #ff1493; border-radius:10px; margin:0;"><div style="margin:0;"><br></div></div><br><br><div style="background:#fcfcfc; padding:15px; border:1px solid #999999; border-radius:10px; margin:0;"><div style="margin:0;"><br></div></div><br><br>最後までお読みいただきありがとうございました。お知らせご登録頂くと、LINE@スタートアップセミナーをプレゼント!やさしいブログのLINE@のご登録はこちらからこれからブログを頑張っていきたい! まずは基本から。やさしいブログづくりのための、やさしいメール講座初めてでも安心して始められるメルマガ作成ガイド。メルマガスタートアップガイド YouTubeにて配信中ブログが持つ魅力や可能性を私の言葉で綴りました。書籍はこちらのオンラインショップのみで販売中です!

    たくさん共感されています

  4. 「はじめの1歩」でDB2をインストールした際に下記のようなwarningになった。# cat /tmp/db2setup.log・・・省略・・・WARNING: DBI20105E An error occurred while installing the following file set:"TSAMP". Because these files were not successfully installed, functionalitythat depends on these files might not work as expected.・・・省略・・・DBI1514I The DB2 High Availability (HA) scripts for the IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms (SA MP) were successfully installed.Explanation:You need DB2 HA scripts to use SA MP with the DB2 HA feature.These DB2 HA scripts are located at /usr/sbin/rsct/sapolicies/db2. Thedatabase product installer detects whether these DB2 HA scripts need tobe installed or updated.・・・省略・・・WARNING: A minor error occurred while installing "DB2 Server Edition " on thiscomputer. Some features may not function correctly.Post-installation instructions-------------------------------Required steps:There were some errors detected during DB2 installation. To collect the information files from the system, run the "db2support -install" command with the proper options before reporting the problem to IBM service. For information regarding the usage of the db2support tool, check the DB2 Information Center.・・・省略・・・# ls -l /usr/sbin/rsct/sapolicies/db2ls: cannot access /usr/sbin/rsct/sapolicies/db2: No such file or directoryそんなもんにゃーこういうことらしいSymptomIf there are multiple versions of DB2 installed on the same server and one of them is using IBM® Tivoli® System Automation for Multiplatforms Base Component (SA MP Base Component) with the DB2 HA feature, then during db2 install, the HA scripts are overwritten by the new db2 install in /usr/sbin/rsct/sapolicies/db2.http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21430931確かに、db2setupでTSAMPだけにチェックをつけて上述のTSAMPインストールだけ失敗したDB2に上書きインストールしたらこのメッセージがインストールログに書かれたし。勘でやるのはいくないwww# db2support -install _______ D B 2 S u p p o r t ______This program generates information about a DB2 server, including informationabout its configuration and system environment. The output of this programis stored in a file named 'db2support.zip'. If possible, run this programwhile the problem is occurring.The db2support command was not invoked with root authority. As a result, somediagnostic data might not get collected.For the most complete output, this utility should be invoked with rootauthority. Users with more limited privileges on the system can run this tool,however, some of the data collection actions will result in reduced reportingand reduced output.Output file is "/home/db2inst1/db2support.zip"Time and date of this collection: 2017-09-20-10.28.40.652534Creating directory /home/db2inst1/DB2SUPPORTStarting collection on host linux-252yCreating directory /home/db2inst1/DB2SUPPORT/linux-252y_IIHCollecting resources group information The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/bin/lssam The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/bin/lsrsrc The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/bin/lsrsrcCollecting user identity informationCollecting current process informationCollecting active interprocess communications facilities informationCollecting system informationCollecting detailed data on system and hardware errors The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/bin/errptCollecting registry contentsCollecting GPFS information The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/lpp/mmfs/bin/gpfs.snapCollecting configuration, log and trace information for RSCT The following file was not found or could not be executed during diagnostic data collection: /usr/bin/ctsnapCollecting information about installed DB2 productsCollecting information about state of db2 instanceCollecting information about DB2 product prerequisitesCollecting "/home/db2inst1/sqllib/db2dump/db2diag.log"Collecting /etc/servicesCollecting /tmp/db2icrt_local.log.29721Collecting /tmp/db2icrt_local.log.52694Collecting /tmp/db2setup.trc.ctrcCollecting /tmp/db2setup.errCollecting /tmp/db2setup.logCollecting /tmp/db2setup.trc.jtrcCollecting directory /home/db2inst1/sqllib/db2dumpCollection on host linux-252y completedCompressing files in /home/db2inst1/DB2SUPPORT directoryCollecting /home/db2inst1/db2support.logCollecting db2support.outdb2support is now complete.An archive file has been produced: "/home/db2inst1/db2support.zip""14" warnings found during db2support collectionTivoli SA MPのユーティリティのいくつかが無い言われても、Tivoli SA MPのインストール自体にこけてるわけだが・・・ ここが本家のTSAMPのインストールマニュアルみたいだがhttps://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSEPGG_11.1.0/com.ibm.db2.luw.qb.server.doc/doc/t0021237.htmlなんかライブラリが足りないのか?DB2のインストーラに頼らず、Tivoli SA MPを独立にインストールしてみるか・・・バージョンは4.1らしいが・・・IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms バージョン 4.1単独のインストールマニュアルはここみたいhttps://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSRM2X_4.1.0/com.ibm.samp.doc_4.1/samp_IC_planning.htmlhttps://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSRM2X_4.1.0/com.ibm.samp.doc_4.1/samp_IC_installing.htmlこれ見ると、SA_MP_4.1_Linux.tarってのをダウンロードすればいい?http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg24036931IBM Passport Advantageに登録してないとダウンロードできないんご金払わねえと登録でけへんし おいらは金はねえwwwと思ったらここに評価版あったあああ v3.2でちと古いけどhttps://www.ibm.com/developerworks/downloads/tiv/tsa/?S_TACT=105AGX28IBM製品評価版はここからたどったんごhttp://www-03.ibm.com/software/products/ja/atoz早速ダウンロードしてtar展開したら中に、SAMP-Inst-Config-Guide.pdfがあったんごこいつか?# ./installSAMprereqSAM: Error: The following distribution is not supported:prereqSAM: Error: Prerequisite checking for the ITSAMP installation failed: Linux i386xopenSUSE 11.4 (x86_64)VERSION = 11.4CODENAME = CeladonprereqSAM: Most severe error code returned: 23prereqSAM: Unable to perform prerequisite checking.prereqSAM: For details, refer to the 'Error:' entries in the log file: /tmp/installSAM.2.log無念。もしかしてDB2に入ってる「installSAM」みつければよくね?# find /usr/local/install/server_t-name installSAM/usr/local/install/server_t/db2/linuxamd64/tsamp/installSAM# cd/usr/local/install/server_t/db2/linuxamd64/tsamp/# ./installSAMprereqSAM: Error: The following distribution is not supported:prereqSAM: Error: Prerequisite checking for the ITSAMP installation failed: SLES 11.4. x86_64prereqSAM: Unable to perform prerequisite checking.prereqSAM: For details, refer to the 'Error:' entries in the log file: /tmp/installSAM.3.loglinux-252y:/usr/local/install/server_t/db2/linuxamd64/tsamp # cat /tmp/installSAM.3.loginstallSAM: >>> Installation on linux-252y - log appended : Wed Sep 20 12:38:00 EDT 2017installSAM: OPTIONS =installSAM: OPT_FORCE =installSAM: OPT_FORCEALL =installSAM: OPT_SILENT = 0installSAM: OPT_NOLICCHECK = 0installSAM: OPT_NOPREREQCHECK = 0installSAM: OPT_NOUPGRADE = 0installSAM: OPT_NONLS = 0installSAM: OPT_NOAIXRSCT = 0prereqSAM: OPTIONS = '-l /tmp/installSAM.3.log'prereqSAM: OPT_SILENT = 0prereqSAM: OPT_NOLICCHECK = 0prereqSAM: Detected operating system: LinuxprereqSAM: Error: The following distribution is not supported:prereqSAM: Error: Prerequisite checking for the ITSAMP installation failed: SLES 11.4. x86_64prereqSAM: Unable to perform prerequisite checking.installSAM: <<< Installation on linux-252y - log ended : Wed Sep 20 12:38:01 EDT 2017なんで?prereqSAMの中見たら、SUSE 11.4の場合の記述がない? どうやらここがまずいみたい。# cat /etc/SuSE-releaseopenSUSE 11.4 (x86_64)VERSION = 11.4CODENAME = Celadon試しに下記のように直してみる# cat /etc/SuSE-releaseSUSE Linux Enterprise Server 11 (x86_64)VERSION = 11PATCHLEVEL = 4# ./prereqSAMprereqSAM: Error: Prerequisite checking for the ITSAMP installation failed: SLES 11.4 x86_64prereqSAM: One or more required packages are not installed: libstdc++6-32bit (x86_64)prereqSAM: For details, refer to the 'Error:' entries in the log file: /tmp/prereqSAM.11.logなんか状況が改善したしwwwlibstdc++6-32bitは当たらない# zypper search libstdc++Loading repository data...Reading installed packages...S | Name | Summary | Type--+-------------------------+-------------------------------------------------------+--------i | libstdc++-devel | The system GNU C++ development files | package | libstdc++33 | The standard C++ shared library | packagei | libstdc++45 | The standard C++ shared library | packagei | libstdc++45-32bit | The standard C++ shared library | packagei | libstdc++45-devel | Include Files and Libraries mandatory for Development | package | libstdc++45-devel-32bit | Include Files and Libraries mandatory for Development | packageちなみに、opensuse12.3でやってみたら、【変更前】# cat /etc/SuSE-releaseopenSUSE 12.3 (x86_64)VERSION = 12.3CODENAME = Dartmouth# ./prereqSAMprereqSAM: Error: The following distribution is not supported:prereqSAM: Error: Prerequisite checking for the ITSAMP installation failed:prereqSAM: Unable to perform prerequisite checking.prereqSAM: For details, refer to the 'Error:' entries in the log file: /tmp/installSAM.1.log【変更後】# cat /etc/SuSE-releaseSUSE Linux Enterprise Server 12 (x86_64)VERSION = 12PATCHLEVEL = 3# ./prereqSAMprereqSAM: All prerequisites for the ITSAMP installation are met on operating system:SUSE Linux Enterprise Server 12 (x86_64)VERSION = 12PATCHLEVEL = 3だませたしwww# ./installSAMprereqSAM: All prerequisites for the ITSAMP installation are met on operating system:SUSE Linux Enterprise Server 12 (x86_64)VERSION = 12PATCHLEVEL = 3SAM is currently not installed.installSAM: The following package is not installed yet and needs to be installed: ./Linux/x86_64/sam-4.1.0.3-16104.x86_64.rpminstallSAM: A general License Agreement and License Information specifically for System Automation will be shown. Scroll down using the Enter key (line by line) or Space bar (page by page). At the end you will be asked to accept the terms to be allowed to install the product. Select Enter to continue.International Program License AgreementPart 1 - General Terms・・・省略・・・installSAM: The following license is installed:Product: IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms (Try & Buy License) 4.1.0.0Evaluation Period: 90 days (90 days left)Creation date: Fri Aug 16 00:00:01 2013Expiration date: Thu Dec 31 00:00:01 2037Subsystem Group PID Statusctrmc rsct 15773 activeinstallSAM: Warning: Must set CT_MANAGEMENT_SCOPE=2installSAM: All packages were installed successfully.成功したんですけど先生# which lssam/usr/bin/lssamopensuse11.4の方は、libstdc++6-32bitが落とせないのでTSAMPのインストールがまだできないがopensuse12.3の方は、ディストリビューション名を偽って成功www仕方ないからopensuse12.3でTSAすっか

  5. ビジネス脳×SNSノウハウ×魅せ方であなたが売れる方法をプロデュース!集客プロデューサーの原田佳代です。ブログのアクセス数はがんばる指標になるけどアクセスが少なくてもお申込みが入るなら問題ない。(写真は過去のものです) アクセス数が少なくてお申込みがないブログは書くモチベーション維持できないよね・・・・  毎日書かないことが原因です!!!ブログセミナーで毎日書けるようになる方法をお伝えしています。えーー!そんな魔法の手があったのか!!  とはなりません。笑   ○○をしていないから書けないのです。 これは自分でしかできません。 ブログレッスン(初級コース)下記日程以外は全日程とも満席です。9/28(木)10:00-12:00 名古屋駅10/12(木)10:00-12:00 名古屋駅11/2(木)10:00-12:00 名古屋駅お申込みはこちらです! ご案内◆メルマガ読者割引もあります! →こちらから登録お願いします◆最新スケジュール  →スケジュール更新中 ◆募集中のメニュー完全個別起業コンサル読みたくなる・選ばれる・人とつながるブログレッスン1ヶ月で売上4倍になった仕組み作りセミナー◆ご予約・お問い合わせなど  050-3575-5916  お申込みはこちらから  お問合せはこちらからこんなところからお越し頂いています〈東京都〉世田谷区 〈静岡県〉藤枝市、湖西市、浜松市 〈愛知県〉名古屋市内、岡崎市、豊田市、刈谷市、安城市、知立市、大府市、東海市、         春日井市、瀬戸市、豊橋市、豊川市、蒲郡市、幸田町、碧南市、高浜市、         日進市、 みよし市、一宮市、岩倉市、江南市、清須町、大治町〈岐阜県〉岐阜市、東白川村、可児市 〈奈良県〉奈良市 いつもありがとうございます。

    たくさん共感されています

  6. こんにちは。『やさしいブログの作り方』の松田です。2016年12月に販売した「やさしいメルマガの作り方講座」という動画セミナーは、おかげさまでたくさんの方にご購入頂きました。作成したレジュメ(冊子)がほぼ完売したので、追加作成しようかと思っていたのですが、メルマガを始めたいと思っている方に出来る限り始めてもらいたいという想いから、今回改めて無料配信版を作りました。^^今回配信する「初めての人でも安心して始められるメルマガスタートアップガイド」は、前回の動画セミナーをよりコンパクトに、必要最低限の内容でまとめました。メルマガは始めてみたら意外と簡単だと気づくことも多いので、始める前につまづいていたり、敷居が高いと感じていてはもったいなのです。なので、ぜひこのスタートアップガイドの動画を活用して、メルマガをスタートしてもらえればと思います。^^こういった無料の動画セミナーは、いわゆる「リスト取り」のコンテンツとして使われることが多いのですが、これに関してはメールアドレスなどの登録は不要です。レジュメをダウンロードし、そのままYouTubeで受講して下さい。動画は約52分となります。レジュメをダウンロードするメルマガを始めたい方のお役に立てれば幸いです!^^最後までお読みいただきありがとうございました。お知らせご登録頂くと、LINE@スタートアップセミナーをプレゼント!やさしいブログのLINE@のご登録はこちらからこれからブログを頑張っていきたい! まずは基本から。やさしいブログづくりのための、やさしいメール講座初めてでも安心して始められるメルマガ作成ガイド。メルマガスタートアップガイド YouTubeにて配信中ブログが持つ魅力や可能性を私の言葉で綴りました。書籍はこちらのオンラインショップのみで販売中です!

    コメントが盛り上がっています

  7. シンデレラ起業塾ブログ美人診断士の石川ひなです♡→シンデレラ起業塾についてはこちらブログ美人になる方法シリーズをまとめてみました♡【リンク集①】はこちら♡【その11】読者さん(お客様)に響くのは結局コレ!!【その12】更新がついつい楽しみになっちゃう【その13】1秒で虜にする一目惚れブログ♡【その14】手っ取り早くアクセスがあがる方法♡【その15】パワーブロガーさんの力を借りたい♡【その16】ご紹介いただいた後のアクセス数は?【その17】お客様の為にしていること、もっともっと教えて♡【その18】えっ♡私に話しかけてくれてる〜?!♡【その19】売れてる人はみんなやってる!!この表現♡♡♡【その20】基本ブログは読まれません(笑)どなたかの参考になれたら嬉しいです♡それでは引き続きこちらのシリーズは連載しますのでよろしくお願い致します♡みんなでブログ美人始めましょうー♡〜〜〜〜〜【募集中】招致いただきました♡仙台でセミナーします残1詳細は→こちらから【9月納期分満席御礼】【10月納期分受付開始】あなたのブログ美人診断受付中です詳細は→こちらからお問い合わせご質問はLINE@からお待ちしています♡↓↓↓ポチッとクリックお願いいたします。又は@oxa9423zで検索♡アットマークをお忘れなく!石川ひな現在募集中メニューブログ美人診断♡詳細は▷▷▷こちら【招致ありがとうございます】10/13.10/14仙台でセミナーします♡詳細は▷▷▷こちら♡人気記事♡▷▷▷手っ取り早く、アクセスがあがる方法♡▷▷▷第1位♡アメブロジャンルランキング!!!♡ブログ美人情報局♡▷▷▷PVを10倍にする3つの簡単術♡▷▷▷PVを10倍に♡誰でもできる簡単術♡【その2】ブログ美人診断参加者様の声♡(抜粋)【お客様の声】集客に繋がらないポイントはここかな?と知ることができました!【お客様の声】涙が出るほど嬉しかったです♡【お客様の声】自分のブログがどんな風に見られているのか知ることができました!【お客様の声】1度見てもらうと更に書くのが楽しくなると思います!【お客様の声】アメブロでちょっとでも悩みのある方みんなにオススメしたい【お客様の声】まるで"お手本書"をいただいたようなものです!!!【お客様の声】すぐに手直しできるところが本当に嬉しいです!【お客様の声】ブログのやり方に自信がない人こそ受けてほしいです!【お客様の声】フィードバックを読んで動悸が走りました!!笑【お客様の声】モニターといえど安すぎだと思いました!【お客様の声】初の1000PV達成!!!【お客様の声】アクセス数が2倍〜3倍になりました!!!【お客様の声】素敵なアドバイスをてんこ盛りいただける♡詳細・お申し込みは→こちらから♡アメブロアクセスUPセミナー参加者様の声♡(抜粋)▷▷▷人生の中の影響力のある人1位です!▷▷▷わずか4日で1,000pv達成!!!▷▷▷起業3週で50万とな?!▷▷▷目から鱗の情報発信術!!!▷▷▷実践的な上、丁寧でわかりやすい▷▷▷北海道にすごい女性講師が現れた▷▷▷裏技、裏話、盛り沢山の濃厚レッスン▷▷▷2分に1回は「そうなんだ!」と言わずにはいられない▷▷▷可愛いさとスキル両方を持つ素敵な女性に出逢った▷▷▷信じられない!そんな秘技があったなんて♡▷▷▷めっちゃ好印象です。▷▷▷受けないなんてもったいないですよー!!詳細・お申し込みは→こちらから♡<!--

    たくさん共感されています

  8. ほぼ単なるデータ。WindowsPCにつながってるキーボードからの日本語テキスト入力をwindowsはshift-jisにしてプログラムに渡す。 もちろん、Windowsにインストールされたterminalソフトやブラウザやエディタがファイルやネットワークにテキストを出力する際に、他の文字コードにエンコードするように設定できる。※windowsPC上で起動するアプリケーションが表示する文字列をwindowsクリップボードにコピーしてwindows上で起動するターミナルソフトにペーストした場合に、ターミナルソフトと接続する別システムへ送信される文字コードは、先述のようにターミナルソフトの送信文字コードで指定されたものになる。例えば、windowsPC上で起動するメモ帳やexcelが表示する文字列はwindows内のデータとしてはshift-jisで保存されていて、クリップボードにコピーされた状態でもshift-jisで、ターミナルソフトにペーストするときにターミナルソフトで送信コードとして設定した文字コードにエンコードされる。また、windowsPC上で起動するFFFTPやwin-scpなどのファイル転送アプリケーションでは、テキストモードでファイルを送受信する場合には、エンコードを手動指定するか自動判別でエンコードされる。 バイナリモードで送受信する場合には、ありのままのビット配列でデータが送受信される。ぶっちゃけ、蓄えるデータの文字コード、出力する文字コード、あるいは入力されるときにエンコードするルールは、そのプログラムの作り手によってどうにでも作ることができるのでプログラム次第だ。そんでOS側には環境変数という歴史的な機能があり、これを読み込むプログラムもある。fileコマンドのように目印もないのに文字コードを推測するプログラムも存在する。入出力書き込み文字コードは設定で選択できる仕様のものや、おせっかいなプログラムは自動で処理してくれるものもある。入出データや書き込むデータの文字コードをどう処理するか、何の処理もしないのか、環境変数を参照するのか、推測するのか等いろいろな可能性があって、プログラム次第としか言いようがない。賢すぎて透過的に処理してくれるプログラムはありがたいが、ノイズを含むファイルやストリームで思わぬ誤作動をする可能性がある。catやechoのようにシンプルに「何もしない」プログラムの方がありがたい場合もあると思う。

  9. こんにちは。『やさしいブログの作り方』の松田です。「一度生でお会いしたかったんです!」「直接会ってひと言お礼が言いたかったんです!」セミナーや交流会でお会いした方から、ありがたくも、そんなお声をいただくことがあります。誰だってそんな風に言われたら嬉しいですよね。^^そんな嬉しい言葉がもらえるようになったのも、すべてはブログをやっていたからこそ。ブログってやっぱり思っている以上に大きな可能性を秘めています。***さて、これからブログを始めようとしている方やブログを始めて間もない方の中には、・ブログに何を書いていけばいいのかわからない…・本当にこのテーマで合っているの??・書くことがなくて毎日更新すること自体が苦痛…と感じている方も多いです。今、この記事をお読みのあなたはいかがですか?「ブログは楽しんでこそ」が私の持論ですが、楽しめるようになるには身に付けておいた方がいいこともたくさんあります。^^そんな方のお力になるべく、わかりやすく、かつ実践しやすいようにお話させていただいているのが、あなたに会いたい!と思われるブログの作り方セミナーです。アメブロやれば集客できるよ!と盛んに言われていたひと昔前から比べれば、ネット集客の環境や方法も随分変わりました。フェイスブックインスタグラムメルマガLINE@……どれも有効なツールではありますが、中途半端にしか使えない人が増える傾向にあります。あなたもそんな中の一人になっていませんか?^^;私自身もいろいろなツールを使ってみてはっきり言えることは、個人で活動する方の土台はやはりブログです。なぜなら、ブログは個を発信するのに最適だから。そして、今の時代は、個を発信することが、特にひとりビジネスを展開している方にとって最も強く発信すべき要素だと言えます。大手企業のように、大々的な戦略や販促がとれない個人事業だからこそ、お客様に選ばれるためにはやるべきことがあります。それに、お客様に選ばれる要素が、「他より安いから」「他より近いから」だったら、少し寂しい気がしませんか?私でなくてもよかった……そんな風にも取れてしまいますよね。いろんな想いが折り重なって、起業という道を選択したのなら、「あなたに一度会ってみたかった!」「あなたから買ってよかった!」「あなたにお願いしてよかった!」お客様からそんな風に支持されるお仕事をやっていきたいですよね。今の時代、商品やサービスの質が高いのは当たり前。ゆえに、その商品やサービスを提供している人で選ばれることが多くなってきました。人で選ばれるという要素は、大手企業にはできない、個人事業だからこそ打ち出せる強みです。そのためのツールとしてブログはやはりかかせません。自分の商品やサービスを広く知ってもらうことはもちろん、それ以上にそれを提供しているあなたがどんな人なのかを発信することが重要です。今の時代、何を買うかよりも誰から買うかが求められているのです。今回のセミナータイトルには「あなたに会いたい!と思われる」という枕詞を付けました。「あなたが選ばれるために、ブログで発信すべきこと」「ブログを安定的に、継続して発信するためにやっておくべきこと」あなたに会いたい!と感じてもらうためには、この2つの命題への取り組みが不可欠です。その取り組みのために必要な心構えと、実際にブログを運営していく上で使えるノウハウを約2時間のセミナーに盛り込んでいます。このセミナーは2017年5月にオンラインセミナーとして初開催し、45名の方に受講して頂きました。受講された方からの感想も多数いただいております。^^▼ 松田さんの声や話し方もとてもいい感じで、すんなりと頭に入ってきてわかりやすいセミナーでした!松田さん、ありがとうございました!松田さんの声や話し方もとてもいい感じで、すんなりと頭に入ってきてわかりやすいセミナーでした。資料を読んでから参加しましたが、やっぱり実際にお話を伺うと、より深く理解できました。資料を読むだけでは、こんな記事を書こう!と思っていなかったのですが、今日のお話を聞いている間に、これ書こう!あれ書こう!といくつも浮かんできました。プライベートなことも、書こうかどうしようか悩んでいましたが、そっか〜、そんな風に考えて書けばいいのか、と目からウロコな思いです。今後はまた新たな気持ちでブログに取り組めそうです。S・Mさん▼ 今日のお話は目からうろこです!共感される記事を書くという事を、今まで全く意識していませんでした。完全に自分目線が強い私でした。今日のお話は、目からうろこです。これからその点を意識して、そしてブログに書くと良い6つの具体的案件とその理由を念頭に置いておき、ワークの付箋も使いながら、ネタを探してストックしていきたいと思います。とてもためになりました。ありがとうございました。S・Jさん▼ 納得するところがたくさんあって、私にもできそう、という感覚をもらえてハッピーに終わりました!今日はすばらしいセミナーに参加させていただき、どうもありがとうございました。私の参加目的は、大人気の松田さんのお話を聞いてみたかったこと、セミナーテーマが今の私が知りたいことだった、でしたのでピタッとハマりました。セミナーは要点が押さえられていて、時間ぴったりの進行で、やさしく教えてくれて行き過ぎ感がない。納得するところがたくさんあって、私にもできそう、という感覚をもらえてハッピーに終わりました。どうもありがとうございました。T・Sさん▼ 世にはたくさんのブログセミナー講師がいますが、その中でも松田さんのセミナーに申し込んだ私を褒めてあげたい気分です!自分を出す、大事なのは「個」を意識する事とは聞きますが、普通にランチなどを書いても、読者さんは喜ばないだろうしなぁ・・・と悩んでいました。今日のセミナーを聞いて、具体的にどのように書いたら、お仕事ブログとして「個」を出せるのか?がわかり、「なるほどなー」とスッキリしました(^^)「コメントコミュニケーションも、楽しめるならやった方がいいけど、苦痛なら他の、楽しくできる事を強化した方がいい」というご意見も、本当にその通りだと思いました。松田さんもおっしゃっていたように、世にはたくさんのブログセミナー講師がいますが、その中でも松田さんのセミナーに申し込んだ私を褒めてあげたい気分です。笑今日は、本当にありがとうございました。T・Rさんこのセミナーを開催して、「松田さんのセミナーを一度受けてみたかった」というお声をこんなにいただけると思っていませんでした。そういう意味においても、セミナーの内容と講師の言動がこれほど合致しているブログセミナーは他にないかもしれません(笑)実際のセミナーは以下のようなテーマでお話させていただきます。第1章 結局のところ、ブログって何をどうすればいいの?・ ブログで伝えるべきは商品ではなく自分自身・ ブログとホームページの違いについて・ 個を発信するってどういうこと?・ 個を上手に発信するために・ 事実と感情を織り交ぜる必要性第2章 あなたに会いたい!と思われる記事の書き方・ ブログ運営3つの課題とそれらをクリアする方法・ ブログに書くと良い6つの具体的案件とその理由・ 自分の想いを綴るブログ記事生み出し付箋ワーク・ 共感される記事を書く時に覚えておくとよい3つのルールその後販売した動画セミナー版も、用意した100セットが3日間で完売し、ブログの良さや魅力を伝えることの重要性を再認識しました。「これはリアルでも開催していこう!」そんな風に素直に思えた、やさしいブログらしさが詰まったブログセミナーだと自負しています。「ブログ、やっていてよかった!」「ブログ、もうちょっと頑張ってみよう!」そんな風に感じてもらえるセミナーをお届けしますね。^^\ 高松開催 /あなたに会いたい!と思われるブログの作り方セミナー【日時】平成29年9月27日(水)12:30〜15:00※開場15分前【場所】シンボルタワーオフィスサポートセンター17階ROOM02JR高松駅より徒歩1分【受講費】16200円【持ち物】筆記用具、名刺など【事前ランチ会】当日お時間のある方は一緒にランチしませんか?セミナーお申し込み時に参加の可否をお知らせ下さい(任意参加)ランチ会は11時から、各自飲食費1000円程度の予定です。【お申し込み】お申込はこちらから最後までお読みいただきありがとうございました。お知らせご登録頂くと、LINE@スタートアップセミナーをプレゼント!やさしいブログのLINE@のご登録はこちらからこれからブログを頑張っていきたい! まずは基本から。やさしいブログづくりのための、やさしいメール講座初めてでも安心して始められるメルマガ作成ガイド。メルマガスタートアップガイド YouTubeにて配信中ブログが持つ魅力や可能性を私の言葉で綴りました。書籍はこちらのオンラインショップのみで販売中です!

    たくさん共感されています

  10. 動画はインパクト大!サイドバーに動画がはってあるブログを見かけますよね。告知記事が苦手な方や、話す方が好きなかたは、動画を作って投稿記事やサイドバーなどに設置するのもいいですよ。ハウツーを紹介するブログでも動画を一緒に埋め込んで投稿していますよね。とある起業家さんが、「2016年からは、SNS上でも動画ですよ」と言っていました。その通りに、Facebookでのライブ配信が始まって、いまではタイムラインでのライブ配信投稿は当たり前になっていますよね。動画って、それだけで説得力があります!アメブロでは動画サイトのユーチューブを利用して動画を利用してサイドバーに設置する方法が便利です。では設置方法をご紹介します。YouTubeの動画の設置方法①YouTubeで設置したい動画(自分が撮影・投稿した動画など)のページを開きます。赤線で囲った「共有」をクリック。②共有するためのURLがでているポップアップです。右下にある「埋め込む」をクリック。③別の画面が出ます。赤線で囲ったタグをコピーします。(下の方に色々と設定ができる内容がありますが、今回は割愛します)④テキスト編集で、数値を変えます。<YouTubeより、そのままコピペしたもの>&lt;iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8PcRPhkPzEY?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen&gt;&lt;/iframe&gt;1)アメブロのデザインが2カラムの場合&lt;iframe width="300" height="225" src="https://www.youtube.com/embed/8PcRPhkPzEY?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen&gt;&lt;/iframe&gt;2)アメブロのデザインが3カラムの場合&lt;iframe width="180" height="135" src="https://www.youtube.com/embed/8PcRPhkPzEY?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen&gt;&lt;/iframe&gt;⑤自分のアメブロのデザインに合わせて数値を変更したものをアメブロのフリープラグインの欄にコピペして、保存します。⑤サイドバーで確認します。<2カラムに合わせた場合>(サイドバーの幅にピッタリです)<YouTubeからそのままコピペした場合>(2カラムだとサイドバーの幅は300pxなのですが、そのままのタグは幅が560pxなので、はみ出してしまいます。これですと、ブログのレイアウトが崩れてしまうので気を付けてください)

  11. sCSHEDIT=macsXDG_CONFIG_DIRS=/etc/xdgMINICOM=-c onMAIL=/var/spool/mail/db2inst1PATH=/usr/lib64/mpi/gcc/openmpi/bin:/home/db2inst1/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/bin/X11:/usr/X11R6/bin:/usr/games:/home/db2inst1/sqllib/bin:/home/db2inst1/sqllib/adm:/home/db2inst1/sqllib/miscCPU=x86_64JAVA_BINDIR=/usr/lib64/jvm/java/binINPUTRC=/home/db2inst1/.inputrcPWD=/home/db2inst1JAVA_HOME=/usr/lib64/jvm/javaLANG=ja_JP.UTF-8PYTHONSTARTUP=/etc/pythonstartSDK_HOME=/usr/lib64/jvm/javaDB2_HOME=/home/db2inst1/sqllibGPG_TTY=/dev/pts/1QT_SYSTEM_DIR=/usr/share/desktop-dataJDK_HOME=/usr/lib64/jvm/javaSHLVL=1HOME=/home/db2inst1IBM_DB_INCLUDE=/home/db2inst1/sqllib/includeLESS_ADVANCED_PREPROCESSOR=noOSTYPE=linuxLS_OPTIONS=-N --color=tty -T 0XCURSOR_THEME=G_FILENAME_ENCODING=@locale,UTF-8,EUC-JP,EUC-JP,SHIFT_JIS,ISO-8859-1LESS=-M -I -RMACHTYPE=x86_64-suse-linuxLOGNAME=db2inst1CVS_RSH=sshCLASSPATH=/home/db2inst1/sqllib/java/db2java.zip:/home/db2inst1/sqllib/function:/home/db2inst1/sqllib/java/db2jcc_license_cu.jar:/home/db2inst1/sqllib/tools/clpplus.jar:/home/db2inst1/sqllib/tools/jline-0.9.93.jar:/home/db2inst1/sqllib/java/db2jcc.jar:.XDG_DATA_DIRS=/usr/shareMAN_KEEP_FORMATTING=yesLESSOPEN=lessopen.sh %sDB2LIB=/home/db2inst1/sqllib/libLESSCLOSE=lessclose.sh %s %sG_BROKEN_FILENAMES=1JAVA_ROOT=/usr/lib64/jvm/javaCOLORTERM=1_=/usr/bin/env・LD_LIBRARY_PATHdb2inst1には下記が追記されていた。/home/db2inst1/sqllib/lib64/home/db2inst1/sqllib/lib64/gskit/home/db2inst1/sqllib/lib32・alias、umask、ulimit -a普通のユーザのものと同じだった・setコマンドdb2inst1に「AddRemoveString ()」という名のあやしいbash関数がsetされてたんご■CREATE DATABASEのオプションCREATE DATABASEにオプションをつけられる。CREATE DATABASEのオプションのうちデータベース作成後に変更できないパラメータがある。具体的には下記の5つ①データベースの文字コード② 文字の並び順③ (デフォルトの)ページサイズ④ データベースパス⑤ ストレージパス①文字コードの選択DB2では、ハードディスクにデータを書き込む際の文字コードを指定できる。たとえば、UTF-8を指定してデータベースを書きこむ。ただし、アプリケーション側では文字コードを意識する必要がないようになっている。これはDB2クライアントがアプリケーション(クライアント)側の文字コードと、データベース側の文字コードの違いを認識して、透過的に変換してくれるため。※CREATE DATABASEのデフォルトはUTF-8※DB2はデータベースごとに文字コードを指定できる。※MySQLの文字コード設定には下記の3種類がある - テーブルに指定する文字コード設定 - カラムに指定する文字コード設定 - クライアントからサーバーに接続する文字コード設定※JDBCドライバ経由の文字コードはまるっとUTF-8・可能なら変換しないで済むように、クライアントで使用する文字コードとデータベースの文字コードを統一する。※クライアントの文字コードが一種類の場合、それに合わせる。例えば、開発言語がJavaならデータベース側もUTF-8にする。・クライアント側の文字コードが一種類でない場合、UTF-8にする。たとえば、ドイツ語や中国語のクライアントからアクセスされる場合、複数言語の文字を同時に格納できる文字コードはUTF-8が唯一の解。・DB2に格納する文字コードをUTF-8にする場合は、CREATE DATABASEの引数は、  USING CODESET  に 「UTF-8」、 COLLATE USING に 「IDENTITY」 文字コードをSHIFT-JISにする場合は、  USING CODESET  に 「IBM-943」、 COLLATE USING に 「SYSTEM-943_JP」 にする。【検証】 shift-jisのデータベース「SJISDB」を作成するで&gt; db2 "CREATE DATABASE SJISDB ON /tmp/SJISDB DBPATH ON /tmp \USING CODESET IBM-943 TERRITORY JP COLLATE USING IDENTITY PAGESIZE 4 K"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)DB20000I The CREATE DATABASE command completed successfully.で&gt; db2 "connect to SJISDB"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1) Database Connection InformationDatabase server = DB2/LINUXX8664 11.1.2.2SQL authorization ID = DB2INST1Local database alias = SJISDBで&gt; cat create_table.sqlDROP TABLE TEST_SJIS;CREATE TABLE TEST_SJIS ( ID INT NOT NULL, NAME VARCHAR(30) );で&gt; db2 -tvf create_table.sqldb2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)DROP TABLE TEST_SJISDB21034E The command was processed as an SQL statement because it was not avalid Command Line Processor command. During SQL processing it returned:SQL0204N "DB2INST1.TEST_SJIS" is an undefined name. SQLSTATE=42704CREATE TABLE TEST_SJIS ( ID INT NOT NULL, NAME VARCHAR(30) )DB20000I The SQL command completed successfully.・teratermの送信文字コードを「UTF-8」に設定で&gt; localeLANG=ja_JP.UTF-8LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"LC_TIME="ja_JP.UTF-8"LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"LC_NAME="ja_JP.UTF-8"LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"LC_ALL=で&gt; echo あいう |hexdump -C00000000 e3 81 82 e3 81 84 e3 81 86 0a |..........|0000000aで&gt; echo あいう &gt; a;file a;rm aa: UTF-8 Unicode text                                         ←UTF-8で&gt; db2 "INSERT INTO TEST_SJIS VALUES (1,'あいう')"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)DB20000I The SQL command completed successfully.で&gt; db2 "select * from TEST_SJIS"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)ID NAME----------- ------------------------------ 1 あいう 1 record(s) selected.で&gt; db2 "select * from TEST_SJIS" 2&gt; /dev/null|grep あいう|awk '{print $2}'あいうで&gt; db2 "select * from TEST_SJIS" 2&gt; /dev/null|grep あいう|awk '{print $2}'|hexdump -C00000000 e3 81 82 e3 81 84 e3 81 86 0a |..........|0000000a・teratermの送受信文字コードを「shift-jis」に設定縺ァ&gt;echo あいう |hexdump -C00000000 82 a0 82 a2 82 a4 0a |.......|00000007縺ァ&gt;echo あいう &gt; a;file a;rm aa: Non-ISO extended-ASCII text縺ァ&gt; db2 "update TEST_SJIS set NAME='あいう' where ID=2"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)DB20000I The SQL command completed successfully.縺ァ&gt; db2 "select * from TEST_SJIS""db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)ID NAME----------- ------------------------------ 1 縺ゅ>縺             2 ・ソス・ス・ス・ス・ス・ス                    ←化けてるんご 2 record(s) selected.・teratermの送受信文字コードを「UTF-8」に戻すで&gt; db2 "select * from TEST_SJIS"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)ID NAME----------- ------------------------------ 1 あいう 2 ??????                           ←化けてるんご 2 record(s) selected.・teratermの送受信文字コードを「shift-jis」に設定縺ァ&gt; LANG=ja_JP.sjis縺ァ&gt; localeLANG=ja_JP.sjisLC_CTYPE="ja_JP.sjis"LC_NUMERIC="ja_JP.sjis"LC_TIME="ja_JP.sjis"LC_COLLATE="ja_JP.sjis"LC_MONETARY="ja_JP.sjis"LC_MESSAGES="ja_JP.sjis"LC_PAPER="ja_JP.sjis"LC_NAME="ja_JP.sjis"LC_ADDRESS="ja_JP.sjis"LC_TELEPHONE="ja_JP.sjis"LC_MEASUREMENT="ja_JP.sjis"LC_IDENTIFICATION="ja_JP.sjis"LC_ALL=縺ァ&gt; db2 "insert into TEST_SJIS VALUES (3,'あいう')"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)DB20000I The SQL command completed successfully.縺ァ&gt; db2 "select * from TEST_SJIS"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)ID NAME----------- ------------------------------ 1 縺ゅ>縺 2 ・ソス・ス・ス・ス・ス・ス 3 ・ス・ス・ス・ス・ス・ス                      ←やっぱり文字化けしてる。なんでだろ 3 record(s) selected.なんかうまくいかへん。 保留にすんべ②文字の並び順・DB2に格納する文字コードをUTF-8にする場合は、CREATE DATABASEの引数は、  COLLATE USING に 「IDENTITY」 文字コードをSHIFT-JISにする場合は、  COLLATE USING に 「SYSTEM-943_JP」 にする。③ページサイズページサイズとは、DB2がデータを操作する際にどのくらいのサイズを読み書きの最小単位とするかを表す値。ページサイズは表領域ごとに設定できるが、データベースを作成するときにデフォルトのページサイズを指定する必要がある。一般的にはページサイズが小さいほうがパフォーマンス面でメリットがある。許容可能な制限の範囲で、小さいページサイズを選ぶ。一般的な用途では4KBページサイズの制限で困ることはあまりない。④データベースパスデータベースの設定情報を格納する領域。サイズは小さく、アクセス頻度も低い。データベース作成後に変更できない。⑤ストレージパス実際のデータが格納されるディスク領域。できるだけ高速で、容量に余裕があるストレージを指定する必要がある。データベース作成後に追加/削除できる。■構成パラメータDB2には動作を調整するための設定パラメータが3種類ある。これらのパラメータはコマンドで確認できるが、SQLで参照することもできる。※パラメータをSQLでは変更できない。プログラムから参照する場合に便利 ①レジストリー変数                   SYSIBMADM.DBCFGテーブル ②データベースマネージャ構成パラメータ(DBM CFG)  SYSIBMADM.DBMCFGテーブル ③データベース構成パラメータ(DB CFG) SYSIBMADM.REG_VARIABLESテーブル③データベース構成パラメータ(DB CFG)データベースごとに設定でき、そのデータベースにのみ影響を与えるパラメータ。もっとも種類が多く、パラメータチューニングはおもにDB CFGに対して行う。設定されている値を確認するには、「GET DATABASE CONFIGURATION」コマンドを使う。【例】で&gt; db2 "GET DATABASE CONFIGURATION FOR SJISDB2"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1) Database Configuration for Database SJISDB2Database configuration release level = 0x1400Database release level = 0x1400Database territory = JPDatabase code page = 943Database code set = IBM-943Database country/region code = 81Database collating sequence = IDENTITYAlternate collating sequence (ALT_COLLATE) =Number compatibility = OFFVarchar2 compatibility = OFFDate compatibility = OFFDatabase page size = 4096Statement concentrator (STMT_CONC) = OFFDiscovery support for this database (DISCOVER_DB) = ENABLERestrict access = NODefault query optimization class (DFT_QUERYOPT) = 5・・・省略・・・パラメータを更新するには、「UPDATE DATABASE CONFIG」コマンドを使う。たとえば、「LOCKTIMEOUT」パラメータを「180」に変更する場合は、db2 "UPDATE DATABASE CONFIGURATION FOR SJISDB USING LOCKTIMEOUT 180"多くのパラメータはデータベースを稼働させたまま変更でき、結果も即時反映される。しかし、一部のパラメータは稼働中には変更できず、変更しようとすると「SQL1363W」というメッセージが返る場合、すべてのクライアントが接続を解除するまで新しい設定が反映されない。パラメータ反映させたい場合は、以下のいずれかの操作をする。 - 「FORCE APPLICATIONS」コマンドでクライアントをすべて切断する。 - 「db2stop force」コマンドでクライアントの接続を解除しつつインスタンスを停止し、   「db2start」で再起動させる。②データベースマネージャ構成パラメータ(DBM CFG)インスタンス全体に影響を与えるパラメータ。DBM CFGが使用されることが多いのは、インスタンス全体の上限値を設定する場合。設定されている値を確認するには、「GET DATABASE MANAGER CONFIGURATION」コマンドを使う。【例】で&gt; db2 "GET DATABASE MANAGER CONFIGURATION"db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1) Database Manager Configuration Node type = Enterprise Server Edition with local and remote clientsDatabase manager configuration release level = 0x1400CPU speed (millisec/instruction) (CPUSPEED) = 2.007463e-07Communications bandwidth (MB/sec) (COMM_BANDWIDTH) = 1.000000e+02Max number of concurrently active databases (NUMDB) = 32Federated Database System Support (FEDERATED) = NOTransaction processor monitor name (TP_MON_NAME) =Default charge-back account (DFT_ACCOUNT_STR) =Java Development Kit installation path (JDK_PATH) = /home/db2inst1/sqllib/java/jdk64Diagnostic error capture level (DIAGLEVEL) = 3Notify Level (NOTIFYLEVEL) = 3Diagnostic data directory path (DIAGPATH) = /home/db2inst1/sqllib/db2dump/Current member resolved DIAGPATH = /home/db2inst1/sqllib/db2dump/Alternate diagnostic data directory path (ALT_DIAGPATH) =・・・・省略・・・・パラメータを更新するには、 UPDATE DATABASE MANAGER CONFIGURATION USING パラメータ名 値①レジストリー変数特殊な設定を行うためのパラメータレジストリー変数を変更する方法は下記の2通り。 - OSの環境変数で設定する - 「プロファイルレジストリー」と呼ばれるDB2の管理領域に設定を保存する。設定されている値を確認するには、db2set -allで現在のレジストリ変数の設定がすべて表示される。【例】で&gt; db2set -alldb2set: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)db2set: /usr/lib64/libxml2.so.2: no version information available (required by /home/db2inst1/sqllib/lib64/libdb2.so.1)[i] DB2COMM=TCPIP[i] DB2AUTOSTART=YES[g] DB2SYSTEM=linux-x1faインスタンスレベルに設定されている変数は[i]と表示されるグローバルレベル(DB2が導入されているシステム全体)に設定された変数は[g]と表示される。両方で同じ変数が設定されている場合は、インスタンスレベルの方が使用される。上記の他に[e]と表示されるものは、OSの環境変数で設定されている変数・レジストリ変数の設定インスタンスレベルで設定する場合は、db2set 変数名=値グローバルレベルで設定する場合は、db2set -g 変数名=値■本番環境で使用するための最低限の設定本番環境で使用する際はログ(トランザクションログ)の設定をデフォルト値から変更する。①ログ(トランザクションログ)のパスの変更※ログはデフォルトではデータベースパス以下のディレクトリに設定されている。 データベースパス/インスタンス名/NODExxxx/SQLxxxxx/SQLOGDIR/ 【例】/home/db2inst1/db2inst1/NODE0000/SQL00003/SQLOGDIR/ログと表領域を同じ物理デバイス上に配置すると、故障したとき、ログと実データを同時に失うことになる。そのためログは、表領域とは別に用意されたRAIDディスクなどに書き込み性能が高いデバイスに格納する。変更方法は下記の[ステップ1]~[ステップ4][ステップ1]トランザクションログの保存先の変更db2 "UPDATE DB CFG FOR MYDB USING NEWLOGPATH /hoge1"※「NEWLOGPATH」はトランザクションログを保存する新しいディレクトリを指定するDB CFGパラメータ[ステップ2]アーカイブログの保存先の変更db2 "UPDATE DB CFG FOR MYDB USING LOGARCHMETH1 DISK:/hoge2"※「LOGARCHMETH1」はアーカイブログを保存するディレクトリを指定するDB CFGパラメータ※[ステップ1]と[ステップ2]は表領域とは別の物理ディスクろマウントしたディレクトリを指定する[ステップ3]全クライアントの接続を解除db2 "FORCE APPLICATIONS ALL"※次回接続するときにログ設定が変更されるようにする[ステップ4] データベースをバックアップdb2 "BACKUP DATABASE MYDB TO /hoge3"※ログのモード切り替え[ステップ2]をした場合には必ずバックアップを取得する必要がある②ログ(トランザクション)の最大サイズの設定ログのサイズは更新処理があるたびに増えていくので、何らかの方法で上限を管理しなければならない。 DB2ではDB CFGのイカの3つのパラメータの組み合わせでログの最大サイズが決定される。 意味                                    デフォルト値- LOGFILSIZ     ログファイルの1つのサイズを指定。単位は4KB        1024- LOGPRIMARY LOGFILSIZをいくつ準備するかという値*1 8- LOGSECOND 準備しておいた分が不足した場合に追加されるログの数*2 4※1:最初に用意されるログは1次ログと呼ぶ※2:2次ログと呼ぶログがどのくらい必要かはアプリケーションによって大きく異なるため、一概には判断できないが、目安は「1トランザクションの更新データ量」。 基本的には更新トランザクションのデータ量が多い場合にはログを多く必要とする。例えば、簡単な”DELETE FROM MYDB"だけを実行する場合でも、MYDB表のサイズが100GBもある場合は、その全データを記録しないといけないため、ログも100GB以上必要になる。ログが不足すると、「SQLCODE -964」もしくは「SQL0964C」というメッセージが出る。その場合は、LOGPRIMARYの数を増やす。③循環ロギングをアーカイブロギングに切り替えるログサイズが制限されているので、そのままではいずれログファイルが一杯になるのを防ぐためにDB2はログを管理するメカニズムとして「循環ロギング」と「アーカイブロギング」の2つの仕組みが用意されている。- 循環ロギング       ログを保存しない- アーカイブロギング    外部にログを保存する循環ロギングは、名前の通り、ログを循環して再利用する。あるログファイルの上限まで書き込まれ、全データのコミットが完了した場合、そのログファイルは「再利用可能」とマークされる。一方アーカイブロギングは、使い終わったログファイルをすぐには再利用せず、外部のアーカイブ・ログ用ディレクトリにコピーした後再利用する。LOGARCHMETH1に「DISK:ディレクトリ名」という形式で記述すると、アーカイブロギングに設定される。アーカイブ・ログを保存しておくと、ポイントインタイムリストアが利用できる。つまりログをバックアップの一部として利用できるようになる。データベースを作成した直後は循環ロギングに設定されているが、本番用途では必ずLOGARCHMETH1を設定してアーカイブ・ロギングに変更する。アーカイブログを置くディスクは、表のデータやNEWLOGPATHで指定s他ログパスとは別のディスクを使用するのが理想的。■サーバとは別のマシン上のクライアントからサーバへ接続する方法サーバとは別のマシンからdb2コマンド(CLP)を使用して操作したい場合は、まずDB2クライアントを導入する必要がある。DB2クライアントは、Fix Packと同じURLからダウンロードできる。使用しているDB2のバージョンと一致したクライアントを使用する。DB2クライアントは複数の種類があるが、IBM Data Server Clientを使うのが一般的。DB2クライアントが導入された環境からサーバに接続するには、まず、サーバのDB2インスタンスを新たなノードとしてカタログ(登録)する。db2 "CATALOG TCPIP NODE ノード名 REMOTE ホスト名 SERVER ポート番号"続いて、そのインスタンス上にあるデータベースをカタログする。db2 "CATALOG DATABASE db名 AS 別名 AT NODE ノード名"例えば、ホスト「hoge」上のデータベース「fuga」に、クライアント側では「piyo」という名前で接続できるようになる。db2 "CATALOG DATABASE fuga AS piyo AT hoge"リモートサーバへ接続するには、以下のように必ず「USER」と「USING」でIDとパスワードを明示する。db2 "CONNECT TO fuga USER db2inst1 USING p@ssw0rd"

  12. あなたは自分のブログがどう見られているか気になったことはありませんか?そこでご提案したいのが【ブログ美人診断】多くのお申し込みをいただき、9月納期分は満席!10月納期分は残席1です!!!参加者さまの嬉しい声♡(抜粋)【お客様の声】集客に繋がらないポイントはここかな?と知ることができました!【お客様の声】涙が出るほど嬉しかったです♡【お客様の声】自分のブログがどんな風に見られているのか知ることができました!【お客様の声】1度見てもらうと更に書くのが楽しくなると思います!【お客様の声】3日で先月の売上を超えました!(楽天アフィリエイト)【お客様の声】アメブロでちょっとでも悩みのある方みんなにオススメしたい!【お客様の声】まるで"お手本書"をいただいたようなものです!!!【お客様の声】すぐに手直しできるところが本当に嬉しいです!【お客様の声】ブログのやり方に自信がない人こそ受けてほしいです!【お客様の声】フィードバックを読んで動悸が走りました!!笑【お客様の声】モニターといえど安すぎだと思いました!【お客様の声】初の1000PV達成!!!【お客様の声】アクセス数が2倍〜3倍になりました!!!【お客様の声】素敵なアドバイスをてんこ盛りいただける♡毎日大切な時間を費やして書いているブログ。一生懸命書いているけれど読者さんの心に届いているか、どう思われているのか自分ではわからないですよね・・・なかなか具体的感想やアドバイスをもらえる機会はないかなと思いますがいかがでしょうか?そこで、一生懸命書いているブログが、自分が読んでほしいターゲットにきちんと響いているか、ブログの美人診断をしてみませんか?♡せっかくブログを書くなら読者さんの心に響くものを届けたいブログ美人になりたい♡そんな方は、ぜひお申し込みください。【こんな不安がある方にオススメ】・「わたしのブログ、読者さんから見たらどう映っているんだろう?」・「ブログを通して、わたしの人柄はどう伝わっているの?」・「読者さんやお客様からみた、わたしのブログの良さって何かな?」・「もしかして私のブログって、読みにくい?つまらない?」・「とりあえず書いているけど今のままでいいのかな。。。」・「発信に自信が持てない。。。」・「どうすればもっとブログが集客につながるんだろう?」そんな方に【読者目線からのブログ美人診断♡】のご案内です。20代後半〜の女性をターゲットにしたブログを書いているあなたへ。おおよそ30記事のブログの記事を7〜8時間かけてじっくり読み込み読者として感じた・あなたのブログの印象・ブログから伝わるあなたの印象と魅力ポイント・読み手が感じるあなたのブログの良い所・読まれるブログになるためのあなたのブログの改善点・新規読者目線からみるあなたのブログポイント・お客さまの声からみるあなたの指示されているポイントとすでにサービスを受けた方が感じている魅力がブログでしっかり伝わっているかなどを、フィードバックします。ただ、ノウハウやライティング術をお伝えするのではなく読者からどう見られているかというあなただけの診断書がお手元に届きます。【参加するとこうなります】読者が感じているあなたの印象と自分のイメージのギャップを知ることができます自分では気づいていなかったあなたの魅力や読者が共感するポイントを知ることができます実際のあなたを知らない読者が、ブログを読んでどう感じるかを知ることができます読まれるブログの書き方を知ることができます改善ポイントを具体的に知ることができ、すぐに実践することができます自信を持って発信できるようになります月商350万円起業プロデューサー上野由美子さんとブログ月間130万PV.を獲得された最強大人気ライターの高西愛美先生からブログ指導を毎日受けている石川ひながこのお二方の着眼点やエッセンスを盛り込み、あなたのブログを診断致します♡【募集要項】※ご入金確認後、診断内容をpdfにてフィードバックさせていただきます。※ありがたいことに現在お申し込み殺到につき、納期に1ヶ月半ほどお時間をいただいております。ご予約を順次承っております♡【限定価格】8,000円※女性限定※事前振込※終了後、簡単なアンケートをお願いしています♡下記LINE@より、氏名(フルネーム)メールアドレスアメブロURLをご記載の上、ブログ美人診断希望♡とメッセージください♡限定価格となっておりますので、ご希望の方はお急ぎください♡ぜひこの機会に、読者さんの心に響く、ブログ美人を目指しませんか♡(ご注意事項)このサービスは読者目線による感想をフィードバックするものです。具体的なアクセスアップ法をお伝えするものではありません。必ずアクセス数が上がること、集客に繋がることをお約束するものではありませんのでご理解の上、お申し込みください。石川ひな LINE@はこちら♡クリックしてね♡↓↓↓又は@oxa9423zでLINEの🆔検索より検索お願いします♡アットマークの入力もお忘れなく!

    たくさん共感されています

  13. ログで知りました。iOS11」では、これまで可能だったコントロールセンターからのWi-FiとBluetoothをオン/オフの切り替えができなくなったとの報告がありました。一見、画面上ではオフになったように見えるのですが、実はWi-FiとBluetoothがついたままになっていることがセキュリティ研究者のツイートから判明しました。「iOS11」のコントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフできないことに気づいたのは、イタリアのセキュリティ研究者であるアンドレア・バリサーニ氏(@AndreaBarisani)で、「大切なお知らせ:iOS11のコントロールセンターではWi-FiとBluetoothをトグルできることができないことが判明」とツイートしました。Andrea Barisani@AndreaBarisani PSA: iOS 11 new control center WiFi and Bluetooth toggles don’t actually turn off their respective radios.2017年09月20日 20:56Appleの公式ドキュメントにもその旨が記載されています。iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。・AirDrop・AirPlay・Apple Pencil・Apple Watch・連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)・Instant Hotspot・位置情報サービスしかしながら、「設定」アプリを使うと、従来通りWi-FiとBluetoothをオフにできるとのことです。Bluetoothを介してスマートフォンなどの端末をハックできることが先週わかったばかりなので、必要のないときはBluetoothをオフにするよう心がけるようにしましょう。情報元:Motherboardまたね。

  14. )にリリースされたiOS11」が、公開開始から24時間で、iPhoneやiPadなど約10%のiOSデバイスにインストールされていることが分かりました。調査企業のMixpanelが調べたところによると、リリースから24時間で、「iOS11」のインストール率は全体の10.01%だそうです。これは、昨年リリースされたiOS10の14.45%、iOS9の12.60%と比べると、まずまずの出足となっています。コントロールセンターを始めとした大幅なユーザーインターフェイスの変更などが影響しているのかも知れませんが、ニュースサイトMacRumorsは、いらぬ不具合を避けるための様子見や、32ビットアプリの使用不可などが影響しているのではないか、と指摘しています。ただし、一般的に、時間の取りやすい週末にユーザーはアップデートを行う傾向とされており、インストール率が高まるのはこれからだと考えられており、現在84.55%のiOS10と、そう遠くないうちに順位は逆転するものだと思われます。なお、「iOS10」や「iOS11」以外のバージョンを使用しているユーザーも、全体の5.44%存在することが分かっています。「iOS11」は、iPhoneの場合「iPhone5s」であれば、インストールが可能です(iPadはmini 2以降、iPodは第6世代のiPod Touch以降)。ただし、「iOS11」のインストールは可能でも、目玉であるARKitで作成したARアプリは、端末の種類によっては対応していないので注意が必要です。情報元:MacRumorsまたね。

  15. みなさん、こんにちは。起業1年目のライティングマインド開発者の鈴木あづみです。今年は秋が早くやってきている、そんな気がしてしまう毎日です。気温が高くても長袖が欲しくなるのは私だけかな???さてさて。ちょっと質問です。あなたはメル_マガ読者さんに会ったことはありますか?・・・・・・・まぁ、確かにその中の数人にはお目にかかったことがあるかも。でも、多くの読者様に起業1年目のあなたが出会う機会ってそうそうないですよね。だからこそ、大事なことがあるんです。それは・・・・・・文章であなたの魅力を伝えること∑ヾ( ̄0 ̄;ノこんなこと、気軽にできないなって私の最初は思ってたんです。そうしたら、ひどいことが起こりました。読者が私のサービス価値を全く理解してくれていないこんなことが起こったのですバックエンドを提示した際にもっと安いと思ったという、なんともきついお言葉を頂いたのです私の受講生や卒業生はみなさん、私のサービスに価値を感じてくださるため「この金額って安い」とおっしゃってくださるというのに・・=====こういうことが起きるのは、明らかに私の文章表現の拙さからくるのだと思いました。だから、ここでもライティングを変えたんですよね。そうしたら・・・・一気に先生ポジションの格上げこれが起こりました。・・・というわけで、あなたのライティングも表現力が命です。あなたをどう文字で表現すればあなたの価値がお客様に届くのか。今日執筆するメル_マガで考えてみてくださいね♪

  16. 216旧7月28日仏滅とりあえず文化祭ロケ終わった感でいっぱい彼女たちの文化祭自体はまだまだ終わってないけれど(明日が片付け日&amp;株主総会)私はこの母校を出てから23年狂言と能の稽古を始めいまの映像ディレクターに至るまで【狭く深く】の職人型で育ってきたので今回のコンテンツ内容が倍に広がる体験は【浅く広く】の極致でした。足に傷まで抱えるなかで「やればできるもんだな」という気力体力集中力の上で自信にもなりました。以前もおはなししました1日1分スマホ動画を作る最小限必要な4ステップ①企画(ネタ)②構成(起承転結など)③素材集め④演出(編集)ちょうど文化祭も1団体約1分なので今回のおしごとはつまりこの質問で64本の動画を作ってDVD化するおしごとです。↓あとはこれが京都に戻って何をどう平時に活かせるか考えて実行するかが水の和の成長のカギですね。笑今日嬉しかったことの1つは夏休みにスマホ動画指導に入った中1のクラスの学年最優秀賞受賞✨😆✨「‥オリジナル動画など時間をかけた準備と工夫が‥」講評の評点にも入っていました映像班のみんなよかったね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆完成動画がコレ↓荒削りでも形になってるからおとな目線でみればツッコミどころ満載ですが忘れそうになるので何度でもいうとこの作品の監督彼女まだこの世に生まれて13年5000日未満です。私は約3時間講義してあとはロケの立会いとメールのフォロー2回しただけです。編集なんてのはそれぞれ皆さまのお仕事上でもなさっていることですから。。ゲームと同じでテクニックを知って慣れればどんどん上手くなるいまはCGもあるんやしつまりあなたの伝えたいスマホ動画作品づくりもやればできるんです。じゃあこの4つをどうするのかをやはりブログでひもといていくべきですかねえ。。最優秀賞受賞理由の中で生徒たちも地域の置き傘で忘れ物傘の廃棄を防ぐ「シナカサ」活動の継続を期待されていました♪水の和も一般の方々向けのスマホ動画実践セミナー1dayまで今日でちょうど2か月あと2か月!私も継続的なセミナーのご案内やブログ発信に向けがんばりますね( ̄^ ̄)ゞ☆本日も長のお付き合いを誠にありがとうございます☆