1/19の記事ランキング

  1. ここでポポンデッタ鉄道模型のレビューをちょっとだけ・・・塗装は思ったよりいい感じです、鉄コレとは比べ物にならない製品ですが、ここ最近のクルーズトレインやTOMIXの近鉄ひのとりと比べると塗装感があります。印刷はとても繊細でいい感じです。あと問題はパンタグラフです。シングルアームパンタは各社プラスチックですが、シルバーに塗装され、逆におもっちゃっぽいのと、すぐに動いてしまうグラグラな感じです。同じプラスチックでもTOMIXの方がリアル感はあります。交換できるのでしょうか?6両編成なので先頭車同士の連結です。残念ながらアーノルドカプラーでかなり間隔があいています。ボディ交換でリアルな連結面になるのかわかりませんが、3両編成での運用も考えるとTN化したいですが、ぱっと見は対応してなさそうです。一応3両用にダミーカプラーは付属していました。TOMIXがどのような感じで発売されるか分かりませんがポポンデッタも高価ながらなかなかのクオリティになっていました。[鉄道模型]ポポンデッタ (N) 6010 東武500系「リバティ」6両セット(限定)楽天市場27,208円TOMIXの製品を見ていませんがポポンデッタも十分な感じで製品化されていました。あとは先頭車同士の連結面がTOMIXと勝負になるかもしれません。ちなみにポポンデッタの車両ケースはCASCOのようなケースに赤い紙と赤い紙スリープで、これて、KATOの緑、TOMIXの青、グリーンマックスの緑と被らず対抗としてはいい選択です。ポポンデッタも鉄道模型メーカーとして地位を築くのか・・・キハ189系はまかぜもちょっと楽しみなりました。↑クリック応援よろしくお願いします。

    ポポンデッタ「東武500系リバティ」
  2. 青いマイスターカード↑が届きました🎉(№120でしたから、きっと120番目ですね🙌)名前の下に、㈱旅行読売出版社の赤い印を押して返却されましたので、それで完結ですね。特典として、会津鉄道のお座トロ展望列車の往復ペア券(¥7280相当)も同封されていました。第3セクター鉄道会社40社(北海道〜九州)の協力で2020年7月〜始まった御朱印帳ではなく鉄印帳✨私はラスト「のと鉄道」を貼り、切手¥1000分同封で1/12に郵送した処、1/16に到着しました✌️更に特典として、カードを見せると其々の駅で社長からの表彰状やノベルティグッズの🎁など、色々お楽しみがあるようです😍めちゃくちゃ頑張った💪✨甲斐がありました🎊この鉄印収集で、沢山の方々との出会いや美しい景色や美味しい地の物、素敵なお宿など心に残る素敵な旅を満喫致しました\(^o^)/是非又ゆっくりと、足を運びたいと思います🥰さて、パーソナリティランキングで1位に輝いた小島嵩弘さんの、ベイFM「金つぶ」が出版されお正月にサインを頂きました\(^o^)/(仲良し小島ファミリーの次男さんです)乃木坂46の皆さんがアシスタントで毎週金曜日、19:00〜21:00の生放送。テーマを掘り下げた、とても為になる番組です。シンガーソングライターとしても沢山のCDを出され、中には日本的な楽曲もありいつか🎶ジョイントの機会があれば最高です✌️コロナ禍で自宅待機なので私もそろそろコンサートに復帰できる様、気功体操やマシンで体力作りに頑張っています。皆様も緊急事態発令で本当に大変だと思いますが収束の為にも今暫く自粛して頑張りましょう💪✨コロナでお辛い日々をお過ごしの皆様の一日も早いご回復を心よりお祈り致しております🙇

    たくさん共感されています

    鉄印帳「マイスターカード」Get
  3. R東日本系列のホテメトロポリタン盛岡の監修なので、味も間違いないものです。これにビール、ワインなどまで飲み放題で、かつ乗車料金込みで4,600円って安すぎませんか?■まとめ復路の乗車記念品は、ポストカードとロゴ入りボールペンでした。TOHOKU EMOTION は、太平洋の絶景を眺めながら本格派のお料理を楽しめるレストラン列車。アルコールのフリードリンクが付いているにもかかわらず、良心的な料金設定。金額的なハードルが低いので、レストラン列車が初めての方にもおすすめですし、他の観光列車を体験された方にはコストパフォーマンスの良さを感じていただけると思います。往路ランチコースは8,100円、復路デザートブッフェコース4,600円、往復乗車は12,200円。往復乗車コースのみGoToトラベルの対象になっていて、12,200円のところ支払額7,930円。さらに2,000円の地域共通クーポンが付くので、実質往復で5,930円なのです。※いずれもオープンダイニング車両の場合の価格です。※申込は2名以上からなので、お1人で乗車できません。もしかしたら東北の方は、宣伝するのが下手なのかもしれないと感じた乗り得列車でした🎉

    たくさん共感されています

    TOHOKU EMOTION に乗ってきました③
  4. 乗り鉄の人は、「JRの乗りつぶし率75%」と数字で達成率を表せます。なかには「JRと私鉄全路線完乗!」と100%の路線を踏破した人もいます。私は多くの観光列車に乗ってきました。ですが、何%の観光列車に乗ってきたかは、数字に表すのは困難です。どこまで観光列車として扱うかは、明確な基準はないからです。たとえば「伊予灘ものがたり」や「指宿のたまて箱」「ハイレール1375」は、観光列車に当てはまるのは異論がないと思います。ですが、「小田急ロマンスカーMSE」は観光列車として扱うのか、扱うならVSE、GSE、EXE、MSEの4つを別々に数えるのか、ハッキリとした基準はないのです。「車内販売がある」「アテンダントが乗務する」という基準なら、伊豆急のリゾート21「キンメ」「クロフネ」は観光列車でなくて、「のぞみ」は観光列車になってしまいます。観光列車の書籍も販売されていますが、各社基準がバラバラです。その中で、比較的、私の感覚に近いものがこちらです↓「日本観光列車ガイド2021」です。(イカロス出版、2021年12月25日発行、1700円+税)この「日本観光列車ガイド2021」には、観光列車として94の列車が掲載されています。この94列車に、私が乗ったことがあるかをまとめてみました。●・・・・・乗ったことがある(1~2回)●●・・・・乗ったことがある(3~9回)●●●・・・乗ったことがある(10回以上)×・・・・・乗ったことが無い  《北海道地方》●富良野・美瑛ノロッコ号●●くしろ湿原ノロッコ号×流氷物語号×SL冬の湿原号写真は「くしろ湿原ノロッコ号」。冬は吹雪で飛行機や列車が停まるのが怖くて、なかなか乗りに行けません。  《東北地方》●●●リゾートしらかみ●●ストーブ列車×TOHOKU EMOTION●SL銀河●海里●とれいゆつばさ●SLばんえつ物語●●お座トロ展望列車●フルーティアふくしま●●リゾートあすなろ下北×さんりくトレイン宮古●ジパング平泉さんりくトレイン宮古号↑「とれいゆつばさ」は入っていても良い気がします。  《関東地方》●SLぐんまみなかみ●トロッコわたらせ溪谷号●●トロッコわっしー号●●SL大樹×SL大樹「ふたら」●●SLもおか×SLぐんまよこかわ●SLパレオエクスプレス●52席の至福●レストラン・キハ●●里山トロッコ×関鉄ビール列車×B・B・BASE×懐石料理列車なぜか「SL大樹ふたら」が独立して1列車扱い。  《中部地方》●大正ロマン号●●サフィール踊り子●●リゾート21●SLかわね路号×南アルプスあぶとライン●●●富士山ビュー特急●●フジサン特急●●富士登山電車●●越乃シュクラ●●おいこっと●北信濃ワインバレー列車●●●ろくもん●えちごトキめきリゾート雪月花●●リゾートビューふるさと●●●HIGHRAIL1375×黒部峡谷トロッコ電車●一万三千尺物語●●べるもんた●●花嫁のれん●●のと里山里海号●ながら(長良川鉄道)×おでんしゃ×薬草列車・しし鍋列車●アルプスエキスプレスフジサンビュー特急、再開してくれ~っ!  《近畿地方》●●青の交響曲●●しまかぜ●●嵯峨野観光トロッコ列車●天空●●丹後くろまつ●●丹後あかまつ●●丹後あおまつ●SL北びわこ号●展望列車きらら●ひえい近畿では「しまかぜ」と「くろまつ」の接客が素敵  《中国地方》×WEST EXPRESS銀河●あめつち●●ラマルせとうち×エトセトラ●奥出雲おろち●SLやまぐち●○○のはなし今年「エトセトラ」と「WEST EXPRESS銀河」に乗りたい  《四国地方》●●志国土佐時代の夜明けのものがたり●●●伊予灘ものがたり●●●四国まんなか千年ものがたり×藍よしのがわトロッコ●しんたろう・やたろう●●しまんトロッコ●鉄道ホビートレイン●海洋堂ホビートレイン伊予灘ものがたりにぱ63本乗車。  《九州地方》×36プラス3●THE RAIL KITCHEN CHIKUGO●ことこと列車●●●ゆふいんの森●あそぼーい×ゆうすげ号●●A列車で行こう●しまてつカフェトレイン●かわせみ やませみ●●SL人吉●●いさぶろう・しんぺい●はやとの風●●おれんじ食堂●海幸山幸●●指宿のたまて箱「或る列車」は入ってないですね。以上94列車です。このうち、乗ったことがあるのは76本、乗ったことが無いのは18本になります。乗車した割合は80.8%になります。もっと乗っていると思いましたが、乗っていない18本のうち5本は、昨年秋以降にデビューした列車ですから、まだ乗る機会が無いのです。この数年間、土曜日曜は仕事でしたが、観光列車に乗るために、来月から仕事は平日だけにします。今まで日曜日が珍しく空いても土曜の夜まで仕事ですからサンライズにも間に合わず、日曜朝の飛行機で向かうしかありませんでした。収入は減りますが、思いっきり乗り鉄するためですから、覚悟の上です。乗り鉄するためにも、新型コロナの収束を祈ります。

    たくさん共感されています

    8割の観光列車に乗車!
  5. 皆様こんばんは。ブログおよびホームページ管理人の神@北見です。1月15日にホームページのキハ58系イラストを修正・追加・更新していましたが、週末は模型弄りが忙しくあまりご紹介できませんでした。先日は既存イラストのうち姫路在籍車の修正分をご紹介しましたので、今回はキハ28イラスト修正の続きのうち、キハ28 800番台をご紹介します。15日の更新で801~804を追加し、805・806・808・809・810・811・812を更新しました。キハ28 801~804↑直方配置のキハ28 801~804は1962年の新製から1984年の廃車まで直方を離れませんでした。北九州地区から関西方面への修学旅行列車である「とびうめ」に使用されましたが、1964年には山陽本線が全線電化されており、また1961年には鹿児島本線も久留米まで電化されていましたので、北九州地区の支線から客を集めて関門デッドセクションを通過するための気動車運用で、大半の区間が架線下を走るというものでした。そのためか山陽新幹線博多開業前の1974年には「とびうめ」は廃止されてしまいます。直方では一部急行運用を持っていましたが1975年直前の時点で九州内で唯一非冷房のまま運用されており、これも1975年のキハ66・67投入により置き換えられ以降直方のキハ58系はキハ55系や10系に混じり完全にローカル専属になってしまいました。そして「59-2改正」による急行の縮小や長崎本線普通列車の電車化により老朽気動車廃車の波はキハ58系非冷房車にも及び、当車はキハ58系普通車では初期の1983年度末に廃車になりました。直方に居たキハ28 800番代は外観上殆ど手を加えられておらず、1980年代以降各種機能改善や特保工事により少しずつ姿を変えていたキハ58系一族の中でも最も原形に近い風貌でした。前面補強は未施工でワイパーも原形のWP35 1本腕のまま、当然非冷房で放送ジャンパの栓納めもなくケーブルは標識灯に引っ掛けてある始末、後年の改造点を探す方が難しい状況でした。キハ58系800番台は1978年の塗装規定改訂後は修学旅行色が廃止されたため一般の急行色になりました。当時直方の800番台は急行運用はありませんでしたが、首都圏色化が見られたキハ55系に準じて首都圏色になることはありませんでした。急行型としての最期の砦は崩れなかったのが幸いでした。キハ28 805↑一ノ関のキハ28 805です。キハ28 800番代は2次に分けて製造されており、昭和36年度予算分の801~804が直方に、昭和37年度予算分の805以降が東北地区に配置されました。東北地区配置車は盛岡・山形・小牛田と分散され移動も見られましたが、「ヨンサントオ改正」以降は805~810が山形、811~813は郡山という体制が「57-11改正」まで続きました。山形車・郡山車双方とも急行「ざおう・いいで」によく組み込まれており、特に郡山車は編成端に来ることが多いので目立つ存在でした。「57-11改正」で急行が壊滅状態になると普通列車運用となり、805は一ノ関に転じました。「57-11改正」後は東北地区では形式毎の車両交換などが頻繁に行われ「60-3改正」で秋田に転じたのち「61-3改正」で廃車になりました。外観上は、新潟配置歴が無いのにも関わらず、タイフォンカバーが新潟タイプの円筒を斜めに切ったような形状になってるのがポイントでした。しかも通常の車と異なり下部が尖っている変形車でした。キハ28 808↑山形のキハ28 808です。「ざおう」に使用されていた時代からですが、山形車はタイフォンシャッターを撤去しスリット状カバーになっている車が多数いました。寒冷地で使用されるのに何故タイフォンシャッターが撤去されるのかは不明でした。その他当車は尾灯が外ばめ式に、制御用KE53ジャンパ栓納めは冷房車のような位置に配され、色々と手が加えられていました。↑郡山のキハ28 811です。こちらもタイフォンシャッターがありません。郡山のキハ58 800番代は回転蓋式のシャッターが増設されていたのに対しキハ28はされていません。郡山の運用はキハ58+キハ28+キハ58なのでキハ28は先頭に立つことは無いということでシャッター取付されなかったのでしょうか? 真相は不明です。郡山の58+28+58運用は、急行「奥只見」「いいで」「出羽」「月山」「もがみ」で数日にも渡る遠距離運用に就いていました。この車の特徴は、前位寄りから2・4・6個目の通風器が箱型ではなく冷房車についている斜めタイプの押込み通風器になっている点で、非常に違和感のある車でした。なぜこんな風になっているのかは不明です。晩年には急行色となり、特に東北地区では他の非冷房車に紛れて目立たなくなっていましたが、4位側洗面所の窓が高くこの部分は800番代であることを自己主張していました。KATOさんからは「ざおう」セットに山形仕様のキハ58・28 800番台が入っていますが、これを郡山仕様にしたり、晩年の急行色にするというのも面白いかもしれませんね。↑TN化を実施したKATO製キハ58 800番代(「ざおう」セットに入っているリニューアル後の製品) キハ58のタイフォンを改造して郡山仕様にしたり、急行色に変更して晩年の「ざおう・いいで」や、一般形気動車と組んで晩年のローカル仕業を再現するのも面白いかもしれません。今回はキハ28 800番代のご紹介でした。これでキハ28の0番台及びこれと同時期製である800番台のご紹介が終わりました。次回はキハ28 300番代以降のご紹介に続きたいと思います。今回も最後までご覧いただきありがとうございました。それでは次回もお楽しみに!!是非私のホームページhttp://kami-kitami.sakura.ne.jp/index.htmlにもキハ58系各車の解説がありますのでご覧になってください。

    ホームページ 2021年1月15日更新内容 その2
  6. 側の塚本駅西口です阪神高速道路の11号池田線が西口前に覆い被さっています。駅通路の出入口の左側に「セブン-イレブン ハートイン JR塚本駅西口店」があります。久しぶりに生家跡の近くにも立ち寄ってきましたが、生家跡周辺の古家やアパートが取り壊されて駐車場になっているところが目につきました。(←画像はありません)西口(西淀川区)と東口(淀川区)を結ぶ駅舎内の自由通路です。淀川区側の塚本駅東口です。「QBハウス(ヘアカット専門店)」のJR塚本駅店が駅通路出入口の右側にあります。塚本駅東口の駅前です。左端のビルの名称が「福助北野ビル」ですので、この近くに昔あった「ビジネスホテル福助(旧・福助旅館)」と関係がありそうな感じです。私の母が生前に利用していた「三菱UFJ銀行 塚本支店」が十三支店と統合(実態としては2019年1月に十三支店に吸収)されて、この塚本駅前から消えたことについては大きな寂しさを感じています。【参考画像】2016年5月に撮った「三菱東京UFJ銀行(旧銀行名) 塚本支店」です。2018年4月に撮った十三(じゅうそう)への移転する前の「三菱UFJ銀行 塚本支店」です。元支店の建物そのものは、2021年1月現在は支店時代のままになっていました。塚本駅の自由通路内にある吉野家JR塚本駅店です。塚本駅の自動券売機と出札口(みどりの窓口)です。塚本駅の改札口です。改札口の階段の踊り場の雰囲気は、私がよく利用していた昭和時代末期とほとんど変わっていませんでした。この季節らしい「かにカニ日帰りエクスプレス」の広告ポスターが貼ってありました。塚本駅の階段の踊り場のところの東側にあるトイレの出入口です。昭和末期との違いは改札口(地平)とプラットホーム(高架線)の間にエレベーターが設けられた点です。上りホームも下りホームも同様ですが、大阪駅方の階段幅がエレベーターの設置によって、昔よりも狭くなっています。尼崎駅方の階段は昔のままの広さです。塚本駅の上りホームです。塚本駅の上りホームから眺めた下りホームです。【参考画像】塚本駅の下りホームの大阪駅方で撮影したキハ189系の「臨時特急かにカニはまかぜ」です。(2018年1月)塚本駅から眺めた尼崎駅寄りの風景です。右奥のマンションが塚本ドライビングスクールの跡地に建てられたマンションです。【参考画像】まだ建設中のマンションです。(2019年5月)この後、買い物のために大阪駅まで左側の普通電車で移動しました。右側は塚本駅を通過する上りの新快速電車です。【付録】今の季節の関西の名所風景2015年1月に滋賀県守山市の第1なぎさ公園で撮影した菜の花と比良山の写真です。(おわり)

    たくさん共感されています

    塚本駅(2021年1月)
  7. 皆様こんにちは。毎度おなじみ美軌模型店です。東海顔の近郊電車を作ろう!その29今日は床板まわりがほぼ完成しました!正確には、あとはカプラーと床板を固定するネジの取付がまだですけどそれは最後の最後に組み上げる段階でいっぺんに済ませますので今のところはこんなもんでOKです(^^)もうね、似たようなアングルをたびたび載せすぎて見飽きたかもしれませんがこれでも面白い仕掛けが仕込まれていたりします。ご覧になれますでしょうか?正解はこのあとすぐ(^^)さて、昨日この状態で完成した床板。ご覧のとおり、ハリボテもいいとこで天板も底板もないコの字形状の手抜き機器。軽くそれぞれの機器の表面を600番~800番程度で軽く磨き、床面側をマスキングしてから黒一色に吹いて組み戻すと・・仮に作り込んで、ウェザリングして、レタリングしようと思ったらもしかしてボロも見えることでしょう。でも、実際にはこんなもんですよね。注目しなければ、あまり良く見えないという。実物の資料写真の撮影と同様に明るくして写すとようやく少し実態が顕わに。まあ、こんな感じですのでとにかく手をあまりかけたくないという場合はコの字工法は大して問題にならないのです(^^)それより、まっすぐ切ってまっすぐ貼る、という基本工作さえ丁寧にやればさほど見劣りしない床下をまとめるのは充分に可能だと思います。そういう意味では、一部が傾いてしまったのでそこは反省点ですね(笑)さて、床下機器取付にあたり位置関係とクリアランスの確認のため一旦取り付けた台車を外して早速点灯化加工に移ります。台車はカトーのTR62のようなもの。そのへんに転がっていたので選択しました。ピン止めタイプなら何でもいいと思いますがこういう時にトミックスの台車は何故かあまり試したことがありません。似たような位置にバネ穴があるのでむしろ加工しやすいと思うんですけどね。これはたぶん、旧製品の103系KOKUDEN用と思われますが集電板を通すスリットが入ってますのでライト類が普及したあとの改良品向けのようです。元の片絶車輪では集電化できませんので車輪が薄くて軸が長い銀色の11-605に換装。11-606の黒でもいいのですが個人的には時流に反して銀が好きなのです。脱線したときに見やすいという理由です。老眼はイヤですね(笑)で、梁の中間位置に2.1mmの穴をあけ、台車に合わせて「T車集電加工セット 軸距14.0mm用」美軌模型店-集電化部品making-rail.com430円商品を見るの、台車集電板を装着します。ついでに使用しないカプラー部分も切除しました。やっぱりこれ、我ながら傑作です(*^^*)作るのは大変なので、私は大変ですけど(笑)穴をあけるだけで、あとはワンタッチポン。じつに便利です。で、床板側の集電板も取り付けます。実は床板側は「導電銅箔テープ」美軌模型店-工作素材making-rail.com100円商品を見るを貼って通電する方法もあり床から車内への通電方法の関係で鉄コレ等の加工には非常に便利なのですが私の場合は大概この燐青銅板をハンダ付けしたタイプを使います。イベントで一日中走らせるような時に営業中に分解清掃できませんから不調になった時の応急清掃としてユニクリーナーをぶっかけたりするんです。なので、ちょっと粘着剤だと物もちが心配だったり。ちなみに燐青銅板タイプの利点は平滑性が高いのでバネが均一に当たり集電性や台車の回転に与える影響が少ない、というところでしょうか。引き回しが簡単で充分実用的なテープと状況やお好みで使い分けるのも良いと思います(^^)前置きが長くなってしまいましたね。4枚のバネ受部分は適当な位置にゴム系接着剤で固定し適当なところでリード線も一旦切断しました。で、いつものルーチンワークのように集電板の脇に穴をあけて線を室内側に・・という段取りだったのですが・・扉の切り欠きから車内に回せば良いんじゃん・・・残念!線を切った意味も、穴をあけて線を通した意味も完全にゼロです!(笑)まあいいや、余計な線を詰めたと思えば悔しくありません。線は床面側に上げて補強板とのカドのところに引き通し、ゴム系接着剤を少量つけて仮止めしてから壁側の足元にアルミテープを貼って固定しました。床板と車体側の接点は前方寄りの扉部分の梁とします。車体側のリード線は梁に2周巻いて余分な線を切り、床板側は上の写真のように車体側の線と交差させる形に適当に曲げて広げておきます。・・これも少々アバウトすぎないか??ごもっとも(笑)しかし、床板固定前でもちゃんと通電してくれました(^^)v固定前でもちゃんと接触しましたからこの梁のところをネジでガッチリ固定すればますます圧着されて完全に通電するはずです。ダメなら「導電銅箔テープ」を貼って接触面積を増やせば100%大丈夫。時には難しく考えなくても良いものです(^^)そして、「ある仕掛け」とは・・床板の線の固定に貼ったアルミテープ、実はクロスシートの壁の足元に見えるこの板の感じを兼ねたかったのでした(^^)更新車の写真しかパッと見当たらず。ご容赦(笑)わずか9ボックスのクロスシート、その足元にわずかに見えるであろうチラリズム。床下機器にはあれだけ無頓着なくせに妙なところにこだわりがあるという・・まあ、それが趣味というものではありませんか?(*^^*)そして、そこまでやり出すとテーブルが欲しくなり灰皿も欲しくなり底なし沼へのいざないが・・・考えときます。やるとは断言しない(笑)ただですね、こんな車内の足元のディテールをどうしようか迷う権利が得られるのも床板やイス板の厚さでカサの上がった完成品車両では起きない事ですから車内の雰囲気にこだわるのであればこうして自作する意味はおおいにあると断言できますね(^^)話もかなり佳境に近付いてきました。では、明日はその室内ディテールに着手しましょう。ではでは(^^ゞ-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/皆様のいいね!とフォロー、どうぞ宜しくお願い致します(^^)-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!にほんブログ村 鉄道コム応援よろしくお願いします(*^^*)-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-工作記大募集中!!あなたの作品を発表してみませんか?美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。もちろん初心者からベテランまで大歓迎!ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!>>>詳しくはこちらまで!↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ集電加工&電子工作編!!きらめきライト工作「水平型&垂直型」編!!きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!きらめきライト工作「室内灯&Bトレイン」編!!ディテールアップ編!!美軌模型店は、皆様の楽しい工作ライフを応援します!http://making-rail.com

    これならパッと見でとやかく思わないはず・・(^^)
  8. 「空気清浄機の日」や「家庭消火器点検の日」などに制定されている1月19日の『今日は何の日』ネタは、JR水郡線でデビューしたキハE130系と年前に開業した成田線について紹介させていただきます。空気清浄機の日は、日本電機工業会が「い(1)い(1)く(9)うき」の語呂合せから2006年に制定したそうです。乗り物や建物などの換気について、しばらくは敏感にならざるを得なそうですねカラオケの日/のど自慢の日は、1946年1月19日にNHKラジオで『のど自慢素人音楽会』(現在の『NHKのど自慢』)が放送開始されたことに由来。写真は某公会堂点検中にガラケーで撮影してもらいました。家庭消火器点検の日は、全国消防機器販売業協会が1991年に制定。11月9日が消防庁が定めた「119の日」であるため、1月19日を記念日としました。消火器の点検整備をやっていた頃が懐かしい底が錆びていたり損傷している消火器、製造から10年以上経過(業務用消火器の設計標準使用期限は製造より10年)している消火器は交換するようにしましょう。専門業者による耐圧試験など実施して異常が無ければ10年以上使用できます。では本題に入ります。【JR東日本キハE130系】2007年1月19日に、JR水郡線でキハE130系の営業運転が開始しました。キハE130系は、JR東日本が水郡線の混雑緩和と乗降に時間がかかるキハ110系を置き換えるため導入した一般形気動車で、車体はE231系(上写真)の構造をベースに製作された軽量ステンレス製の拡幅車体で、ドアの数もキハ110の2扉から3扉に増やされ、両開き扉になるなど乗降の円滑化が図られました。水郡線のキハ110系(※写真は八高線) は、2007年9月12日をもって終了(キハ110-123~139、キハ111-112+キハ112-112~キハ111-121+キハ112-121、キハ111-151・152+キハ111-151・152の合計41両が在籍していた)キハ110系同様に柔軟な運用が組めるように、両運転台車と片運転台車が存在します。(写真は両運転台車キハE130形)JR東日本の営業用気動車として初めて「ディーゼル車情報制御装置(DICS)」を搭載し、JR北海道のキハ150形(上写真)が搭載しているN-KDMF15HZをベースに、窒素酸化物 (NOx) や粒子状物質 (PM) を低減できる「コモンレール式燃料噴射装置」などを環境に配慮したコマツ製の新型ディーゼルエンジンを採用しています。車内はセミクロスシートで、車椅子スペースや車椅子対応トイレを設置、キハ110系に比べて床面を低くしステップの段差を小さくするなどバリアフリー化が図られています。(写真は八戸線キハE130系500番台)車体のデザインなどは水郡線の利用者の意見を反映したものとなっており、水郡線のキハ110系は花輪線を中心に東北地区に転属し、老朽化したキハ58(上写真)などを置き換えました。2012年には久留里線向けに、トイレ無しオールロングシートのキハE130形100番台が登場し、12月1日から運転を開始、既存のキハ30形・キハ37形・キハ38形を全車置き換え、岡山県倉敷市の水島臨海鉄道などに譲渡しました。水島臨海鉄道で活躍するキハ37(写真左)とキハ38(写真右)2017年12月2日からは、八戸線でキハE130系500番台が営業運転を開始、翌年3月17日改正で、リゾートうみねこを除く既存のキハ40系をすべて置き換えました。置き換えられた八戸線キハ40新型気動車の製造は、2019年8月から営業運転を開始した電気式気動車GV-E400系にバトンタッチされ、五能線などJR東日本で使用される国鉄型気動車を置き換える予定です。【JR成田線】写真は一部、総武本線で代用1897年1月19日に、成田鉄道(現:JR成田線)佐倉駅~成田駅間が開業しました。成田線(なりたせん)は、千葉県佐倉市の佐倉駅と銚子市の松岸駅を結ぶ27駅の路線で、佐倉駅~松岸駅間の75.4km、成田駅~我孫子駅間の支線32.9km、成田駅~成田空港駅間の支線10.8kmと少々複雑な構成になっています。成田山新勝寺への参拝客輸送を目的に、佐倉駅~成田駅間を開業させた4年後には、我孫子駅~成田駅間が開通し、2つのルートで東京から成田への乗り入れが可能となりました。佐倉駅~松岸駅間は、総武本線千葉駅から直通運転を行っています。成田駅~我孫子駅間の支線は、一部列車が常磐線品川駅からの直通運転となっています。成田駅~成田空港駅間の支線は総武快速線からの直通運転です。1992年9月14日には、久住駅~滑河駅間の大菅踏切で千葉発佐原行き普通列車と過積載のダンプカーが衝突し、列車の運転士は病院へ搬送中に死亡、この事故を契機に踏切事故から運転士を保護するため、113系の一部車両に補強板が取り付けられた(上写真中央)ほか、209系以降の電車の運転席にクラッシャブルゾーンが設けられ、大菅踏切は立体交差化されました。前述の113系は2011年11月、上写真の211系が2013年3月で房総地区から撤退、下写真の209系2000番台・2100番台に統一されました。今日は、そんなキハE130系デビューと成田線が開業した日でした。そして私が離婚してから今日で4年・・・元妻に未練はありませんが、私に暴力を振るうまで追い詰めてしまった贖罪の念は消えないでしょう。離婚した元妻に対する想いを綴った1年前の記事『あれから3年・・・』いつも踏切の番人Zのブログをご覧下さり、誠にありがとうございます。今回は、私個人の想いを綴りますが、暗い話なのでスルーしていただいて結構です。1年以上お付き合…ameblo.jp今日の私は少しナーバスになっているかも・・・元妻を幸せに出来なかった申し訳ない気持ちは消えないでしょう。頑張って前に進みますが。歩み寄りが足りなかったのかもしれません。その教訓は必ず活かしていきますよ。一生恨まれる覚悟はしてます。私には重い1日となりますが、皆様にとって今日も素敵な日になりますように今回も最後までご覧下さり、ありがとうございました。

    たくさん共感されています

    1/19【今日は何の日】キハE130系デビュー、成田線開業
  9. 両セットで、この時鉄道模型を始めたばかりで、発売したことさえ知りませんでしたが、しばらくカタログに載っていました。その関係もあり、「山手線103系はKATO製でやりたい」と言うのがどうしてもありました。余談ですが、TOMIX製の現行103系のウグイスは「横浜線」として在籍しています。もちろんHG仕様なのでかないませんが、既存Assyパーツを駆使して手を入れていきました。ライトユニットの部分は致し方ないとして、まずは座席の追加。これは実際に撮影していた「秩父線1000系(旧101系)」の写真からペイントツールでスポイトを使い色を抜き出し、それを紙に印刷して両面テープを貼り付け切り出した物。これが4日掛かってますorz当時の「シルバーシート」はクハの片側のみで、1編成で6人分だけでした。まぁ当時、「座ったら爺さん婆さんだと認める」という感じもあり、ほとんどの人が避けていた感じでした。その代わり、座席奪取が見受けられたような気がします。譲り合いの声も、今とは違いかなり聞いてました。座席は貼り付けですが、塗料やマッキーなんかでも良いのかもしれません。床もグレーにすれば、鳥近づきますね。屋根の方は、ベンチレーターを交換(103系用Assy)しているので、よいアクセントになってます。※クーラーは一体型なので交換対応出来ません。KATO製の103系は、設計が相当前なので、幌も無い仕様ですが、付けるとこんな感じになります。(ジャンパー線付きカプラーは、セット標準)「車間が広い」なんて言われていましたが、幌追加で普通に見えます。余談ですが「オハネ24用の幌(Assy)」の、裏側のフックをカットして「Gクリア」(ゴム系接着剤)止めしています。※その後問題引き起こしますorz「ライトの電球色LED化(153系用Assy)」行った関係で、方向幕まで電球色になったので、導光材を「マッキーの水色」でお手軽塗装。ここに塗った結果、ライトも色が変わったので没。当たり前ですねorz※塗装の色落としは「無水エタノール」で行えます。ただし現在手に入りにくいです。塗るとしたらここですが・・・これも失敗かも。確かに方向幕自体は「白」になってますが、周りが光漏れしていますので、ここはやらなくてよかったかもorzボディー側には加工無しで、「ライトLED化(153系用)」「グロベン交換(103系用)」「追加幌(オハネ24用)」の純正Assyパーツ、それと内装追加でここまでは加工可能です。追加で「前面ジャンパー線」も、切り落としと穴開け加工すればつきますね。まぁ、追加費用が発生しますが、「かみさんに無駄遣いと怒られるので新しいの買えない」「置き場が無いので、買ったらかみさんに怒られる」「どうしても予算が捻出出来ない」などで、この頃の103系を持っている方もかなりいると思いますので、あくまで参考程度に考えてください。ところが、いざ走行させたところ「脱線を繰り返す仕様」となり、まともに周回しませんorzと言うことは、今回追加したパーツの中に原因があるorz原因が「追加幌の接触」というのは、すぐに気がつきましたが、今回の場合カーブではなく、直進でも脱線・・・。少し悩みました。結局の所、「幌の下面が、カプラーと接触していた」と言うのが原因で、下側のバリを含めて若干削った上で、少し上に接着し直しました。余談ですが、やり直しや接着剤はみ出しを後で取れるので、「Gクリア」での接着は老眼の私には重宝してます。(お勧め)まぁ、ご飯粒で貼り付けるような物なんですけどね。はい、「ご飯粒で貼り付ける」の情景が目に浮かんだ方、「昭和のおじさん・おばさん認定」です。親がやってるのを見てる平成人もいるかもしれませんけどね。その後は問題なく走行。方向幕は失敗していますが、ライトが電球色LED化しただけでも、昔の設計の製品には見えませんね。今回、遠目に見たときのイメージが、思った以上に良いんですよ。現行の「室内灯クリア(白色)」使用したのも効いているのかもしれませんが、同様の加工した103系より、ウグイスの方がきれいに見えてまして、15分ぐらい眺めてしまいました。尾灯の色合いが若干暗いですが、ライトの電球色LED化(しかもお手軽、組み替え)優先させたので、致し方ないです。とはいえ、ここまでメーカー製のイメージを崩さずに、現行に近づけられたのは成功だと思います。みなさんも持っている旧製品(103系は現行品です)を、今一度蘇らせてみませんか?手間が掛かるほど愛着湧きますよ。以上、「KATO製103系、Assyパーツ改造」でした。以下をクリックしてくれると、管理人の励みになります。<img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit;" title="鉄道模型ランキング">鉄道模型ランキング<img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit;" width="88">にほんブログ村

    【入線整備】山手線103系②~運転会後の追加整備~
  10. 負けたくないけど、負けちゃいそう…(´-ω-`)
  11. 皆様こんにちは。ブログおよびホームページ管理人の神@北見です。先日1月15日にキハ40系烏山線シリーズを整備した際に、比較対象でキハ40四国色がちょろっと登場しました。今回はこのJR四国色をご紹介します。JR四国色のキハ40系はTomixさんから今月発表の新製品情報で2021年6月頃にリニューアル再販されることが発表されました。主に動力のリニューアルのようで、ちょうど私はキハ40のT車のみ2両入手していました。↑先日烏山線のキハ40 1008をご紹介した際に登場したキハ40四国色。今回はこの車を見てみたいと思います。↑Tomix製8462 キハ40JR四国色です。2021年6月の再販の際は動力がリニューアルされ品番も変わりますが、このキハ40T車は動力無しなのでこの旧番のまま再販されるようです。↑キハ40 JR四国色です。ただの塗り替えのみならず、新規金型により特に後位側に特徴があります。↑良く見ると列車無線アンテナの取付穴が既に開いています。賛否両論あるようですが、JR化後の塗装変更車はほぼ全車アンテナ付きですので、私にとっては穴あけの手間が省けて非常に助かります。キハ40を20両、アンテナ40個分、80か所も穴を開けていると親指が腱鞘炎みたいに痛くなり大変ですから…。では早速アンテナ・タイフォンなどの付属パーツ取付を行い整備します。↑ウチには年始早々に届いた車も1両おり、計2両になりました。↑徳島では原則前位寄りが幌付きのようです。↑この車の特徴は何といってもその屋根上で、比較的初期の角型キセのインバータークーラーと、便所が撤去された際に水タンクも撤去され平滑になった姿が再現されています。更に、旧水タンク低屋根部にあった、側面ステップで屋根に上った際の手すりがそのまま残されており、この部分のみ微妙に低屋根時代の痕跡が残っている姿まで的確に再現されています。また、横長の便所窓は反対側である3位側と同じサイズのユニットサッシ窓に改造されており、ここに便所があった痕跡が殆ど無くなっています。いやはや凄いですね。床下については、実車は油タンクの横にある暖房用熱交換器が撤去されて冷房用の発電機が搭載されているのですが、これについては再現されていません。↑角型キセのインバータークーラーが特徴です。キハ40系冷房化初期のJR東海のキハ40系やJR北海道のキハ400系も同じようなクーラーが採用されています。JR九州・西日本・東日本では当初床下冷房のAU34が採用されましたが、後に屋根上に熱交換機を移設したり冷房装置を交換したりするケースもあります。↑Tomix製のキハ40系は実車の屋根上バリエーションを多く再現しています。これらを入れ替えるとまた違ったバリエーションを再現できたりするのですが、屋根板のみの分売は無く、交換が成立しない場合は1両を種車として捨てることになってしまうので勇気が必要です…。Tomix製のキハ40系はJR化後の様々なバリエーションを再現し生産されており、またそのディテールも素晴らしく非常に高評価なのですが、製品の種類があまりに多いため限定品はもちろん通常品にについても次回生産がいつになるのかさっぱりわからないという問題があります。発売された時点で入手しないと次回いつ生産されるのかも分からず、私のように途中で模型界に復帰した者としてはプレミア状態になってしまっている製品に手を出すか出さないか、非常に悩ましい状態になっています…。KATOのように安定供給を優先してあまりバリエーション製品を出さないか、Tomixのように安定供給は諦めてバリエーション品を出しまくるか、両社とも戦略の違いが見えて面白いのですが集める方は大変ですね…。ということで今回はJR四国のキハ40のご紹介でした。キハ47は中古品を探していましたがTomixさんからリニューアル再販がアナウンスされましたのでこれが出るまで待つことにします。次回はキハ40系関西地区シリーズをご紹介したいと思います。今回も最後までご覧いただきありがとうございました。それでは次回もお楽しみに!!

    Tomix製キハ40四国色を整備する
  12. 誕生日プレゼント
  13. ではないか。しかも西武球場前」と狭山線の方向幕を出していると。これは、狭山線転属か??との憶測が一気に流れたのは、致し方あるまい。厳密に言えば狭山線専用などという括りは存在しないとみているけど、小手指に移動したとなればそれなりの運用に入るには違いないなとは思っているが…とりあえず、さまざまな記録の合間に現況を眺める。1月15日金曜日、15:13頃。あ…いた。この日は目撃情報通りに、一番本線側の目立つ線に置かれていた。しかも方向幕もわざわざしっかり「西武球場前」にされて。これまでこの幕は用意されてこなかったから、逆に新鮮だ。この日は、この姿のまま動かず。1月17日日曜日、13:31頃。二日してまた通りかかると、入換をして少し引っ込められていた。とりあえず今日までに、狭山線で営業運転には入っていません。今週末には多摩川線車両交換に伴う甲種輸送があるので、それが終わってからになるか?とりあえず、多摩湖線での運用を見た今のところの最後は昨年12月24日木曜日。そして、西武園線の運用に入った姿を見たのは今年1月4日月曜日でした。まずは、周りを見てると一区切りついちゃったような感じですが…まだまだいろいろな場面での活躍を楽しみに!

    西武新101系263F、小手指へ
  14. たそのお届け物とは鉄道模型!ではなく、鈴なのであります✨その鈴の名は、、、「前のめりの鈴」そう✨前のめりの会会長ひろっぴさん再発乳がん多発骨転移 肝転移 脳転移 私が最期に残せるもの〜愛するすべての人へ〜ひろっぴさんのブログです。最近の記事は「感謝」です。ameblo.jpお手製の鈴3月にひろっぴねえさんが大阪に来られてhttps://ameblo.jp/hiromi19720113/entry-12580832590.html『初の『前のめりの会』オフ会の報告…。』皆さま…お待たせしました…(笑)昨日、頑張ってまとめました…(​ *´꒳`*​)♡『前のめりの会 in 大阪』わたくし…大阪旅行に行く勢いで…初のオフ会を開催…ameblo.jpそこで開かれたオフ会の参加者に配られた鈴なんです✨ハゲは仕事の都合がどうしてもつかず、なくなくキャンセルしましたが、唯一の男性参加者wとなったミブさんが余分をいただいていて、今回来阪したハゲ✨に渡してくださったというわけですこれはホント力になります!さらに、ハゲがオフ会に参加したら渡そうと持ってきてくれていた鉄道土産も受け取りました!地元の鉄道ショップにわざわざ寄ってまで買ってきてくださっていたのか〜この世ではついにお会いすることは叶いませんでしたが、不思議な縁でこうして繋がることができました超強力なサポートを得て✨なにがあっても「前のめり」で(*゚ε゚*)プーッ!!といきますかほな、また

    たくさん共感されています

    前のめりの鈴
  15. こんにちは。昨日は久しぶりに山口県のお友達?に電話すると「無事か???電話があると言う事は元気なんだね…」便りが無いのは無事だなんて言われますが今は逆ですね。異常な状態ですね。早くどうにかなって欲しいと思います。ウイルスどうだのなんて人間以外の動物には知った事では無いので…鳥に毎朝騒がれるのですがウトウト…とにかく一回触ってもらわないと気が済まないと言うおかしなニワトリです。カメラのカシャッという音で目が覚めたようです…無防備そのもの。。。寝るときは外が嫌だそうで家の中で寝てますが、外の鳥だけあり今の時期毛がフカフカで肌触りが何とも良い感じです。卵と言う食品を毎日生産してくれるのは有難いですが最近余り気味…日常生活のくだらない前置きはオシマイにして223系を塗りました。ここまで来れば後は組み立てれば終わりですが結構面倒でここで止まりました・・・ステンの部分塗装は激しく嫌いですが大丈夫そう?です。妻面だけ塗って側面はそのままです。ステンの車は手すりが立体的になるととても格好良く見えます。どうしてこうなのかのバカデカいパンタ台もだいぶ自然な感じになりました。今度出るのもこれなのかな…穴の位置自体はTOMIXのパンタと同じなのでマイクロとTOMIXは互換性があり差し替えるだけは直ぐできます。意識しての事か不明ですが223系の他789系やE721や719系等も同様に互換性がありますね。この加工の一番の見どころは顔ですがだいぶ良くなったか???右が製品まんまですがこのアールとスカート違和感ありますね。ワイパーもチョットオーバーな感じがします。ワイパーは別パーツにするのでガラスのモールドは削ってしまいます。良くコンパウンドで何度も一生懸命に磨くのが大変とか言われるのですが実は私はコンパウンド使いません。モールド削って2000と4000のヤスリで磨いて透明の光沢クリアーをサラサラに薄めた物をエアーブラシで吹いて終わりです。コンパウンドで磨くより表面が綺麗になってボコボコもしないので何時もこのやり方でやってます。次回は223系第一弾4両完成です?今日も最後までご覧頂きました皆様ありがとうございました。それではまた。

    マイクロエース 223系0番の顔を整形手術する?その参
  16. JR貨物【EF65 2093】~青プレート~
  17. こんにちは(≧∀≦)/新年を迎えたと思ったら、もう睦月半分終わった 今年も早いペースで進みそうですが・・・信じられないことも見聞きしたり・・・世間の情勢を眺めれば 感染爆発とかも起こるんじゃないかとマジで心配な今日この頃先日の三連休頃の寒波は中々厳しかったです 水道管の凍結の恐れがあるとの呼びかけがなされていたので 仕事場の蛇口を緩めておりましたが・・・9日の朝、見てビックリ(@ ̄□ ̄@;)!!まるで鍾乳石の如くタケノコ状に上に向かって伸びているこななん見たの初めてやぁ~翌日の10日は早朝より伊予柑の収穫予定でしたが 辺り一面が真っ白く凍てついており、午後からの作業となってしまいました午後からは日差しとともに雪も溶け、 寒くても穏やかな日中となりましたが、開始が遅れた分だけ作業が残り残念ながら日曜日で終えることは叶いませんでしたやむなく予定を変更して翌日も収穫作業雪が舞い始めて白くなりかけましたが、 やがて収まり、昼過ぎには作業を終えることが出来ました(*'ω'*)ヤレヤレそして、昨日のこと 10時前にナナに豆腐をあげようと持っていくと朝の餌を食べ残したまま居なくなってる( ;∀;)繋いでいたロープが切れて逃亡したもようですが 昼に戻ってないか見に行くと、先ほどエサ入れに入れた豆腐が食べられている近くに潜伏しとんのやろか? 近くに居たら、仕事場にも必ず顔を出すはずやけど・・・まぁ、高齢犬(満14歳)になってしまったので、今まで通りにはいかないかもと心配しておりました14日の夜になっても帰って来ず 今日(1月15日)、四国中央市の保護犬猫情報を確認してみましたが、1月6日が最後の更新でした2年前の正月明けには金具(ナスカン)が壊れて逃亡し…新年最初の保護犬猫情報に掲載されてしまった事もあるナナ(^◇^;)『ナナが保護犬情報No.1に・・・』正月休みも終わった1月4日の朝玄関を開けるとナナがやって来たアレ!また外れたのかすぐ犬小屋に戻るのかと思いきや、姿をくらましてしまいました昼前に近く…ameblo.jp近頃は耳が聞こえないのか、寝ているときに近くで呼んでも無反応 触るとびっくりしたように飛び起きますでも、正面から「伏せ」っていうとちゃんとするこやつは読唇術を身に着けてるのだろうか???いつものように犬小屋に戻っていないかと何度も見に行きますが… やはり空っぽ!夜にはいつもの散歩コースと過去に散歩したことがある場所を自転車で廻ってみますがやはり見つからない( ;∀;)耳が遠いので交通事故が心配指名手配用の最近の写真も用意して 念のために電話でシコチュウー市役所にも確認してみましたすると、HPでは1頭(1月6日以前)でしたが、現在3頭保護されているとの事で「柴犬」、「赤い首輪」、「ひょっとしたら緑のロープが繋がってるかも」、「住所」を伝えると 柴は居ないけど茶色い雑種で、その地区で捕獲された犬は居たようだけど・・・担当者が戻ったら電話してくれるとの事16時頃に電話を頂いて、 赤い首輪、緑のロープ、捕獲地区と条件が一致するのでほぼ間違いないでしょうとの事雑種と思われたのはちょっと残念だけど 無事でよかった U^ェ^U ワウワウ!月曜日の朝に引き取りに伺いますと伝えた所 今からお返しに行きますとの事リードを取りに犬小屋まで行くと 豆腐が無くなってたので、食べたのはナナでは無かったようです16時33分、ナナが強制送還されてきました罠にかかったのかなと捕獲の様子を尋ねると よそのお宅の傍で、なかなか離れないので通報されたようですホントに御迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした 無事に家へ帰して頂くことが出来、ありがとうございましたボクも社会の役に立つよう頑張るワン U^ェ^Uナナちゃん社会って何さ? 社会って何処にあるの・・・会社?銀行?国会? 社会人、社会復帰、社会進出 って言葉から連想するものは・・・社会活動って何なのか、一緒に考えてみないとね~今回もお立ち寄り頂きましてありがとうございましたでは、また

    たくさん共感されています

    ナナ U^ェ^U  帰る!
  18. art1に引き続い鉄道模型の話題です。デカールを貼り付けて乾いたら、窓枠に沿って爪楊枝などで穴を開けて、仕上げです。実車同様、側面しかラッピングされていませんので、お顔はそのままです。完成した車両を順に屋根・窓・床下と組み立て、仕上げです。 非公式側はほぼ自作なので、多少のサイズ違いで一回り大きかったりしますが、まぁ、全然違うわけではないので許容範囲でしょう。鬼滅の刃列車は、1号車から5号車まで、キャラクターが振ってあります。6号車は映画のポスターがあり、キャラクターは振られていません。鬼滅の刃、僕は映画もアニメも漫画も見ていませんので、キャラクター名が全然分かりません。JR九州のラッピング列車サイト公式側です。実車とHPとでも多少違いがあるので、そこは、ちゃんと実車に合わせて修正しています。公式サイトの画像を40%サイズで印刷すると模型にほぼピッタリでした。HPには載せられてない非公式側です。JR四国みたいに山側と海側でキャラクターのポーズが違うことはなく、公式側も非公式側も全く同じポーズで、いじるのは、キャラクターの左右反転やサイズ調整などです。乗ったことも、見たこともありません。アニメも漫画も見ていませんが、流行りに乗っかるかたちで製作してみました。 これで、自社の電車在籍数は、 765両となり、自社の、車両在籍総数は、1427両となりました。 では!

    885系 鬼滅の刃列車 製作Part2
  19. す。ジオラマ(日本貨物列車・流用)は、規模を縮小し、模型の箱が積んでいる場所に、製作できたらと、思っています。あ、実際はこんなきれいじゃ無いですよ。置き場有りませんから・・・orzちなみに、物置の中身はこんな感じで、オーディオが入ってます。(稼働できます)カセットテープは、PCへ曲を取り込み次第、処分・・・出来てないですねorz撤去しましたが・・・、壁紙が剥がれており、昨年の交通事故の静養時に掃除したままでしたが、黒カビ等は生えていないようです。とりあえず本棚を一個だけどけて、そこに物置を持ってきました。これで、本棚3つ置ける場所は確保出来ました。その後、購入予定の棚の在庫を確認しに、「ホームセンター・コーナン」へ行ったら・・・なんと「広告の品表示」で、お目当ての棚が5980円(1860)と4980円(1860)で売っており、「1月18日まで」との表示・・・。見に来たのが1月17日(日)だったので、持ち帰りたかったのですが、無料貸し出しの軽トラがこの日はダメ・・・。翌日仕事終わったら買いに行くことになりました。鉄道模型は、基本的に「奥行きが30Cm以内」で「高さが変更出来る可動棚」が有れば、入ります。本棚でデカいのは値段もするのですが、「コーナン」の「オープンラック・シリーズ」は、そこそこの強度と使い勝手の良い棚の作りなので、かなり気に入っています。後編は「製作編」の流れになります。おっとその前に、タイトルの「車両庫」ですが、本棚が「書庫」なので、模型入れるのなら「電車庫」かなと、突発で思いつきました。トー●ス「模型庫の方が良い気がする」かんちょ「それを言われると・・・orz」つづく以上「漢のロマン、車両庫作成計画」でした。以下をクリックしてくれると、管理人の励みになります。<img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 1 /1;" title="鉄道模型ランキング"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_2294_1.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit;" title="鉄道模型ランキング">鉄道模型ランキング<img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit; aspect-ratio: 88 /31;" width="88"><img alt="にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ" border="0" height="31" src="https://b.blogmura.com/railroad/railroad_mokei/88_31.gif" style="border: 0px currentColor; border-image: none; height: auto; vertical-align: middle; cursor: default; max-width: 100%; background-color: inherit;" width="88">にほんブログ村

    【自宅】車両庫作成計画 前編~置き場をなんとかする為に~
  20. さて、遅めの今年はじめての投稿になります遂に国家免許筆記試験も無事にクリアしましたいよいよ現場配属になります年明け早々テスト漬けで投稿出来ませんでした(・・;)...試験、特に運転取扱実施基準が難しいかったですねぇ💧...暗記は苦手です...それはさておき、試験が終わりひと段落したところで、この車両が入線しました今回はNゲージの話題ですマイクロエース E721系500番台です‼️生産発売されてから9年。当初は0番台は当鉄道でも『惜しむ事なく』投入してきましたが、500番台はスルーしていました年々買わなかった後悔もあり、チャンスを伺っていたところ、タイミングよくフリマで売っており、若干プレ値ではあるものの、売上金もあった事から20Kちょいで購入できました出品者の方、本当にいい買い物をさせていただきました!先頭はありがたいことにTNカプラー化されていましたまぁ、後日JC6339に付け替えますけども...仙台地区の再現には不可欠な存在のひとつです仙台空港鉄道直通用ということで、大型荷物用の置くスペースがあることから、0番台の窓がある部分も塞がれていますパンタ周りは製品状態のままですねここで当鉄道のE721系を並べてみますこうなります↓まぁ、当ブログを読んでいただいている方には見慣れた光景ですよねw合計36両になりました相変わらずの仙台車両センターですいったい、いくら注ぎ込んだんでしょう当の本人も分かりません(・・;)今後カプラー交換や室内灯、色差しなど基本的な加工をしていきますという事で、遅れましたが今年も当ブログをよろしくお願いします🤲

    [Nゲージ]今年1本目!あのレアものが入線‼️