11/17の記事ランキング

  1. ムセンターでメダカ飼育用品を買い漁り〜のクローバーの温室へGo誰もいないので、鍵開けて侵入〜この並べられたプラ舟、発泡スチロール箱の中のどこかにですねうちから連れてきたメダカを豆乳投入〜種親抜いた後の選別漏れですけど、中から更に選別すればまだ綺麗なのがちょいちょい居るんですメダカ掬いにでも使えるかなさて、今夜の動物シリーズは↓今朝の甘えん坊うさぎムチコが構ってアピールしてたので撫で撫でしてました丸いね〜、すごくま〜るい隣では↓ムチコの母、モモちゃんも超絶構ってアピール子育て中でもこの甘えん坊さん子供たちごと可愛がり〜まだ生後2週間ちょいなんですけど、もう既に出荷可能サイズに育ってしまいましたさすが、ベテランままウサギ↑ページを更新すると画像が変わるよ‼︎【ブログテーマ一覧】[メダカ]┗飼育している改良メダカのこと[小動物]┗ハムスターやうさぎ、ステップレミング等々[熱帯魚]┗熱帯魚関連のこと[日淡観賞魚]┗主に採集した日淡のこと[爬虫類]┗ヘビやトカゲのこと[昆虫・虫]┗主に採集・飼育してる虫のこと[植物]┗草花、樹木など[山の採集記]┗昆虫採集記など[川の採集記]┗川でのガサガサ採集など[釣り]┗釣りのこと[宣伝]┗CM入りまーす[プログラミング]┗趣味の一つです[その他]┗備忘録とかぼやきとか

    たくさん共感されています

  2. ますこちらの45c水槽メスグッピーを10匹弱入れてからガラスにコケが出てきましたこれは仕方ないですよね水換えしたいところですが昨日ミクロラスボラ・ハナビがこんな動きをしていました 前に見たときより激しい😳もしかして本当に繁殖するかも⁉️✨✨ Fireworks Rasbora may breed!✨ A post shared by まゆみ (@mayumi_no_sakana) on Nov 15, 2017 at 3:37am PST水換えして卵を吸ってしまったらダメなので、昨日はプロレイザーミニでガラスのコケを取るだけにしました動画はすべて音消してます魚たち、プロレイザーに近づかないで〜そして何度もやってしまうミス…流木をガラスに近づけすぎましたありゃりゃーメンテナンスしやすいように流木をある程度ガラスから離して置いた方がいいですね苦戦しつつ、とりあえず見た目は綺麗にしましたですがよ〜く見てみると…水草にコケが…これはちょっと対策しないとダメかも最近ミナミヌマエビの姿をあまり見ないので20匹くらい追加してみようかなこのブログを毎朝更新することにしてから水槽の中は日々変化しているのだなぁと思うようになりました今回は嫌な変化でしたが明日はどんな変化があるのかな楽しみです以上です読者登録して頂けると嬉しいですここからランキングに飛べます

  3. ークレイフィッシュ水槽、先日の記事で前面のコケ落としをしたんで見やすくなりましたスクレーパーで落としたコケは綺麗に食べられて跡形もなくチビザリガニたちも大きくなって来てまして、1.5cmぐらいに成長してました餌はイトミミズをあげたり冷凍アカムシをあげたり、水草を投入して与えたりバランスよく、且つ共食いを防げる程度に餌を与えてますナマズは金魚を呑んでま〜るくお腹が膨れてます次の給餌は2週間後ですさて、今日の動物シリーズは「えへへ、そこそこ、そこがたまらないの!」「あぁっ〜、そこをもっとコスコスして」「きもてぃ〜、たまらないよ!飼い主さんもっともっと」一度落ち着いて、今度は背中を撫でてあげて〜の「反対側も、そこそこっ!はぁっ〜、こちょこちょされると嬉しい〜」はい、デグーのドブちゃんとのイチャイチャタイムでしたさすられると喜ぶ面白動物です↑ページを更新すると画像が変わるよ‼︎【ブログテーマ一覧】[メダカ]┗飼育している改良メダカのこと[小動物]┗ハムスターやうさぎ、ステップレミング等々[熱帯魚]┗熱帯魚関連のこと[日淡観賞魚]┗主に採集した日淡のこと[爬虫類]┗ヘビやトカゲのこと[昆虫・虫]┗主に採集・飼育してる虫のこと[植物]┗草花、樹木など[山の採集記]┗昆虫採集記など[川の採集記]┗川でのガサガサ採集など[釣り]┗釣りのこと[宣伝]┗CM入りまーす[プログラミング]┗趣味の一つです[その他]┗備忘録とかぼやきとか

    たくさん共感されています

  4. こんばんは!めだかを見るときに息を止めてしまう私です。意味ないと思いつつも、あと少しで水面に来てくれると思うと無意識に…(>_<)!私だけですかね…?今日紹介のめだかは夜桜めだかです!夜桜めだかは様々な表現が出てくるめだかで、ワクワクしますよね。私は基本形(?)、青黒い体にラメまたは体外光、頭はピンクのまさしく夜桜の情景が思い浮かぶ夜桜めだかが好きです。(うーん、でも黄色夜桜も柿色夜桜も好きですがっ(笑))そんな我が家の夜桜めだかのお気に入りをご紹介します。こちらです↓↓↓(上のめだかです)そう、口先が濃い黄色なんです!写真だと分かりにくいですが、実物はベタっとした黄色です。派手ではないですが、可愛いのでとても気に入っています(^o^)/!上の写真は明るいところで撮ったのですが日陰で撮るとこんなかんじです↓↓(肉眼で見てもこれくらい綺麗です↓)頭にピンクも残って見えるので、月の出た日の夜桜の風景に見えくる…!なんて、メルヘンチックなことを考えてしまいました(笑)ちなみにさらに暗く写真を撮ると先ほどからチラチラ友情出演しているオレンジのめだかがこんなに赤く撮れてしまいました(°∀°)不思議では、お読み頂きありがとうございました!ぜひポチっとお願いいたしますにほんブログ村コメントもお気軽にどうぞ♪

  5. 29日のブログで室水槽を導入しないと言っていましたが、やはりそんな事は私には無理でした。偉そうな事を書いたにもかかわらず、半月程度でブレるという小池都知事バリの信念の私をお許しください。先日に中古の60cm水槽台を980円で見つけてしまったのがブレの始まり。見つけた瞬間、瞬時に私の頭の中のCR15(マルチ)が50点にも満たない可能性があるCPUが珍しくフル回転→水槽台を置けばお犬様からの被害も皆無→60水槽は腐るほどある→フィルターヒーターも照明も物置に沢山眠っている→これで小さい目の当歳を加温できるじゃないか!→GO!そしてこうなりました5cm弱の更紗和金と朱文の当歳が大量。あとは横見要員として、ぶっとくて菱形体型で退色しなそうな当歳の更紗和金、2歳玉サバ、一応2歳らしい黒紅葉ブリ玉。今回は底面で行きますよ。ポロリもあるよの大磯ロングビーチと底面のプレートを購入し家にあった水中フィルタと連結。いや〜水槽砂利敷くの何年ぶりよ…10年以上敷いてないよいいねえ外の水槽はろ過装置に砂利も使ってるんです。重いんですけど、水の状態は悪くないんですよね〜だから今回の大磯導入からの底面となりました。フタは蒸れを回避するために爬虫類用の金網です。更紗は退色が怖いですから少な目で。本命は入れられませんね。ただ、今回入れた更紗の魚のこの感じの緋加減は退色しないだろと判断しておりますが、はたして。これも…大丈夫っしょ!多分。多分ね。

  6. 方から里子で頂いたライトイソギンチャクの祟り神さんです写真は2月6日の様子です大きさは12~13cm位だったと思います現在は成長しまくって巨大になりました横幅は22cm位ですハナビラクマノミのジャイアンが共生していますが祟り神さんがデカすぎてジャイアンの姿は見えないことの方が多いですね続きまして我が家にやってきたイソギンは、6月25日に念願のハタゴイソギンチャク初代スギちゃんが職場水槽に写真は6月27日です大きさは10~12cm程で当時はまだ可愛らしいかったカクレのフラワーとブラオセの馬ぽんがようやく入れる大きさでしたしかし、初代スギちゃんは2週間で突然凹み、入海1ヵ月で☆になりましたしかし!しかし職場水槽はあくまで『ハタゴ水槽』っと謳っているので、7月30日に二代目ハタゴリベンジです写真は8月4日です二代目スギちゃんは沖縄産ハンドコートのヤフオク産です初代は国産って書いてあっただけなのでちゃんと沖縄産ハンドコートのキーワードをしっかり確認して購入しました大きさも初代よりずっと大きく15cm以上ありましたそして現在ですが昨日は調子が悪いとお伝えしましたが、やはりちょっと調子が悪いようで少し口も開いてますねぇ大きさはこうやって比較すると凹んでいても入海当時より大きいですねいつも見てると違いに気付きませんはやく本調子に戻って右のナガレハナに触れるくらい膨らんで欲しいですねそして最近90cm水槽に仲間入りしたのが、ヤフオクのセブ産白ヤバハタゴさんです写真は9月30日の入海直後ですね大きさは7cm程ですオークション写真では褐色だったのに届いてビックリの真っ白な個体でしたなんでちゃんと沖縄産ハンドコートの物にしなかったかというと・・・90cm水槽のカクレペアは今まで一切イソギンに興味を示さなかったのではたしてハタゴを入れたからといって共生するのかっという不安があったのでお試し実験用で安くて小さい個体を選んだんですもし共生しなくても、☆になってもしょうがないかなっと思える個体を選びましたそして現在は、なんと上手いこと共生をしてくれただけでなく、案外丈夫でしっかり成長してくれています大きさも10cm位までサイズアップしてますさすが毎週イカ刺し食ってるだけの事はありますねでも、まだマーリンが入っているとニモは入れない大きさなので、いつもマーリンに追い出されてニモはフラグ台の下で漂っています可哀そうだから入れてあげて欲しいですよねぇこんな感じで我が家のイソギン三匹はスギちゃんの不調はありますが、順調に成長してきて共生も観られています今後もどんどん成長していく過程を定期的にご紹介させて頂きますおたのしみに~それではおまけ話ですアデヤン大分デブになりましたね~ (写真ピンボケすいませんw)この調子でどんどん食って早くイナズマより大きくなってイジメられてる仕返ししないとね最後に全景です横からにほんブログ村

  7. こんばんはFUJIYAMAめだかです以前からマリンブルーや幹之はご紹介していますが、見分け方がイマイチ良くわからない…って声を良く聞きますそんな方も多いのではないでしょうか?マリンブルーの記事幹之の記事元々マリンブルーも幹之なので、青の強い幹之とは特に見分けは難しいですが、今回は見分けのコツをご紹介したいと思いますまずコレは何だと思いますか?続いてコチラ幹之にしか見えないですよね?(笑)一応上がマリンブルーで下が幹之ですマリンブルーの特徴は・口先まで白く抜けている・体内光が青い(出来れば目も)・真ん中の体外光が細く長く伸びていて、両脇は鱗模様になっていて下の青い体内光が鱗越しに見える(普通の幹之と違い極太だと良さが消える気がします。)・頭部後ろに幹之のような黒い三角が無い・透明感があり爽やかな感じ…と、自分の選別基準はこんな感じですがコレは白い容器での話で黒い容器だと自分もわかりにくいです(笑)と、言うことで白い容器に移すと↑マリンブルー↓幹之と、結構差が出るのがわかりますか?マリンブルーは青い体内光を邪魔しない為に体外光が細く仕上がってますこうやって比べるとわかりやすいですね左:青の強い青幹之中:普通の青幹之右:マリンブルー違いとしては幹之に対してマリンブルーは…・体外光が細い・体内光が青い・背骨?も青く見えると言った感じです元々幹之なので、正直そんなに大きな違いはわからないかもしれませんが、見慣れてくると一目で区別がつきますでも、青幹之で体外光が細く青い個体がいたら…正直わからないと思います我が家のマリンブルーは比較的固定率も高いと思いますが、今後もマリンブルーの特徴を活かして選別し、累代を重ねて行きたいと思います以上、マリンブルーと幹之の違いでした今日も優しさの1ポチを宜しくお願い致します←押してねにほんブログ村ついでにコチラもポチッとお願いします←押してねメダカランキングへいつも本当にありがとうございますポチってくれる皆様に感謝ですではまた

    コメントが盛り上がっています

  8. こんばんは(^_^ゞ今年最後のお迎えは、AKARI産アカリ(シングー)です♪お店に入荷してから、ずっと気になっていた子ですがキングやウルスカに走りこの子までは、なかなか手がまわらなくて。店主さんと電話会談の時、ちょくちょく僕が気にしてるのを察してくれな、な、な、なんと!衝撃スペシャルプライスにして頂き、お迎えする事が出来ました(^_^)感謝です。ジャン水合わせしてドボン直後の、アカリ第二形態落ち着いて黒く完全体へ。思っていたより、大きく30チョイありそうです。シン・アカリとは「新入りアカリ」の略(笑)プレコの中でも、最もゴジラに似てると思う。お魚好きで、時に映画評論家のミーさんのブログに、シン・ゴジラの評価が高かったので地上波の観ましたf(^^;あの攻撃は反則だ・・・汗凄くコンディションも良く、イケメンです。オスかメスか分からんけどwフィラメントもグーンと長いよ。アカリもいろんなタイプが居るから面白いです。このサイズならまだスペース的にも大丈夫。デカくなっても放射熱線出さんといてね。これからAKARIさんに、面白いトリム色々入りそうですよ。関係ないけど米当たるかな?それでは、またね。