9/19の記事ランキング

  1. 빛을 잃은 너의 두 눈동자여光を失ったあなたの瞳よ지난 모든 기억들을 지워 줘過ぎ去った全ての記憶を消してくれ짙어진 안개 사이로 멀리 떠나온 길濃くなる霧の中で遠く離れていく道시린 흔적만을 남긴 채冷たい跡だけを残したまま기억 끝을 잡아 봐도 끝내 오래 더 오래記憶の端を掴まえてみても まだ先があって깊은 침묵에 잠들어深い沈黙に眠るOh now holding this pain모든 걸 버린 그날처럼全てを捨てたあの日のように매일 더 괴로워져毎日苦しくなっていく끝없이 눈앞에 Oh deja vu果てしなく目の前はdeja vuOh deja vuOh deja vuOh deja vuSo I fallen now난 이 숨결이 허락되는 날까지私が息をするのを許される日まで다신 너를 놓을 수 없어二度とあなたを離さない우린 모든 순간 함께 할 테니私たちはどの瞬間も共にするから내 곁에서 더 멀어지지 마私のそばで それ以上離れないでEh 이 순간이 전부 거짓이길この瞬間が全部嘘でありますようにUh 잠시 스쳐가는 착각이길少しすれ違った思い違いでありますように젖은 눈물로도 뒤늦은 후회로도濡れた涙でも 遅かった後悔でも돌아갈 돌아갈 수 있다면 Yeahまた戻ることができるのならSo now, I’m holding this pain모든 걸 버린 그대처럼全てを捨てたあなたのように매일 더 선명해져毎日鮮明になっていく끝없이 눈앞에 Oh deja vu果てしなく目の前はdeja vuOh deja vuOh deja vuOh deja vuSo I fallen now난 이 숨결이 허락되는 날까지私が息をするのを許される日まで다신 너를 놓을 수 없어二度とあなたを離さない우린 모든 순간 함께 할 테니私たちはどの瞬間も共にするから내 곁에서私のそばで믿어왔던 모든 진실이信じてきた全ての真実が거짓들로 나를 뒤덮었으니嘘で私を包み込むからOh ah 어둠 속 한 줄기 빛처럼暗闇の中 一筋の光みたいに손잡아 준 너를 따라가手を繋いでくれるあなたを追って너를 따라가あなたを追ってOh deja vuOh deja vuOh deja vuI’m saved now너만을 위해 내 전부를 걸고서あなただけのために私の全部を賭けて아픈 상처가 깊어져도痛む傷が深くなっても모든 순간들이 꿈인 것처럼今までの瞬間が夢みたい니 곁에서 멀어지지 않아あなたのそばで 離れないわAnd now, I’m in my deja vu

  2. ★CUT★
  3. 「学校へ行けない僕と 9人の先生」を読んだ娘母を探す母を見つけるとウッウッと泣きだすしばらく泣いていますそして「小4位までみんな 私の事を分かってくれなかった」と言いました自分でも自分の事が分からなかった伝えたくても言葉が出てこなかったただ小学生の頃はとても辛かった辛くてたまらなかった記憶が蘇ったようです「でも今は分かってくれる 自分でも伝えられる 今は大丈夫」と言っていました泣きやみ落ち着くと「不登校の子供の お父さんお母さん その子供にも読んでもらいたい 漫画なので読みやすいし いい本だと思う」と言っていました他にもあるけど読むかと尋ねると読むーと言うので娘に3冊ほど渡しました不登校の渦中にあればこの本を見る事もその事に触れられることも苦痛でしかなかったと思います「学校へ行けない僕と9人の先生」を描かれた棚園先生が私のブログにいいねをして下さらなかったらこう言った本を娘が読む機会は無かったと思います不登校の自分みんなと同じでない自分自分と向き合うそんな機会を与えてもらいました娘は辛い日々の中自分を保つために王にならざるを得なかったんだと思いました違うかっ(⌒▽⌒)アハハ!いつもは王のくせにー色々ナイーブ

    学校へ行けない僕と9人の先生を読んだ娘
  4. まふくんの本を買いに行く
  5. 長月の19
  6. 夕焼け
  7. 「理佐、友香、おはよ。」「…おはよ…」いつもより冷たい理佐と、今日も理佐の前だと返事をしない友香。そういえば、と違和感に気づいたのは、そのあとだった。「渡邉。ちょっといいか?」理佐に、学年主任である男性教師が話しかける。「なんですか?」低い声で、先生を睨みながら、理佐が続けた。「生徒指導の先生が読んでいる。その目付きで睨まれた、と後輩から何度も相談を受けたらしい。今から、指導室に行ってきなさい。」「指導室…」入学してから一度も問題を起こしたことのない茜には、初めて聞く単語だった。そういえば、先生からの説明で言われてた気もする。理佐は友香を見てから、ため息をつき、〝分かりました。〟と先生のあとへついていった。「ねぇ。」「ねぇ…」二人の声が重なる。先にどうぞ、とお互いに譲り、最終的には茜が勝った。「今日は、栞、つけてないんだね。」「え…?」茜の反応を見て、友香は気づいてなかったの?というような表情になる。鞄を見ると、確かにいつもつけているはずの栞がなかった。友香には〝大事な栞〟と説明してあるからか、当事者でもないのに焦っている。そして、当事者である私も、焦っていた。昨日までは、確かにあった。なのに、今は、ない。「どこかに、置いたとかは…ない?」「ない。そもそも鞄から取り外したことないから。」そろそろHRが始まるため、教室に向かう。友香の顔が、何故か、青ざめていた。栞が、見つかった。机に手を入れると、がちゃがちゃと音がした。もしかして、と思い、音の原因となるものを引っ張り出す。するとそこには、案の定、壊れた栞が入っていた。綺麗な羽の形をしていた栞は、今はもう原型をとどめていない。何を使ったのかは分からないが、ひび割れているところや、完全に割れているところがある。使うことはなかった栞だけど、私にとっては大切なのだ。「理佐…」一部始終を見ていた友香が、隣を見る。そんなことも目に入らないほどに、茜は栞を修復しようと試みる。しかし、どうやっても無理だった。今は昼休みの時間。二十分間しかないこの時間にできることは、限られている。「はぁ……もう!」時間がない。急いで準備をして、栞のことは一旦気にしないようにする。何で、どうして。あれは……初めて、“愛佳”から貰った、プレゼントだ。それなのに。悲しくて、腹が立っていた。放課後、友香によって、真実は明かされた。「何で…何でやったの?!理佐!」感情的になる茜に対し、理佐は冷めた表情で、茜を見つめる。「別に大したことじゃないでしょ、栞くらい。」「大したことあるから、言ってるんじゃん。」「はぁ……そんなに理由気になるんなら友香に聞けば?」「えっ」突然の友香の登場に、友香は困惑した。茜は怪訝そうな顔で、理佐を睨む。「あんたのこと気に入ってるみたいだし?好きにすれば?」「ちょっ、理佐!」引き留める茜の声も聞かず、鞄を持ち、颯爽と教室を出ていく理佐。その横顔は、怒っているようだった。怒るのは、私の方なのに。「……で、理由は教えてくれるの?友香。」勝手に帰っていった理佐への不快感も相俟って、ドスの効いた声になる。「…理佐は…」その先の言葉を、躊躇っている。何故やったのかを早く知りたいが、黙って見守る。「──理佐は、気付いてたの。私と、茜が、話してたこと。」やっと、核心に触れる。そんな気配が、漂っていた。「それが、理佐には気に入らなかったみたい。だから、」「私の大事なものを、壊した?」数秒間をおいて、友香が頷く。「多分、聞いてたんだと思う。その栞は、茜の、宝物だって。」随分と身勝手な理由だと思う。大事な親友が、誰かと親しくしていたから。だから、その人の大事なものを、壊す。私の親友なんだから、仲良くするな、と言うように。「ねぇ、友香。」今なら聞けるかも、と思った。さっきの話を聞いてると、友香は、理佐に、縛られているのではないか。そう思った。「理佐と一緒にいて楽しい?」聞いた途端友香が苦い顔をする。その顔が、何が言いたいのかを表している。「…楽しい、よ…。」「そう言えって言われてるんだ?」友香が下を向き、唇をぎゅっと噛む。過去に何があったかは知らない。でも、少しだけ。二人の間に存在する“闇”が、垣間見られた気がした。ー続ー

  8. ゲーム実況が…
  9. お昼のスーパーご予約投稿です今日は学校も塾もあるのであんまり時間がありません今日は音楽のテストもあるので楽しみですそれを家で話したらまだ学校いくつもりだったのと言われました最近、嫌がらせみたいなことや無視してくる子がいるんだけどとくに何にも思いません「嫌がらせのつもりで頑張ってるのかな…」「無視してるんだなまた話せるようになったら話そ」とは思うけど嫌がらせとかについては前にも書きました自分が魅力を感じない人間から何をされても何とも思わない単品を、嫌がらせしてくる「相手」として認識することもないもしそれが橋本環奈ちゃんとかだったら「うわ環奈ちゃんに嫌がらせされたかも気にしてくれてるんだー」って思って「相手」として認識するけどかんかんに気にしてもらえたなら、まず真っ先にブログで自慢したいものですそんなわけで(どんなわけ)めっちゃオススメセブンスイーツのロイヤルミルクティーバー動画を見て気になったら、ぜひセブンイレブンへ走ってみてくださいやっぱり走るのは危ないので歩いてみてください今日もありがとうございます12月22日ナゴヤランウェイ開催日本ジュニアモデルウォーキング協会ひいらぎチャンネル😊チャンネル登録はこちら🙏人気ブログランキングへにほんブログ村

    たくさん共感されています

  10. 今日は読書の日でした
  11. 札幌市中央区の伏見小学校前の学習塾、個別指導学習塾ジャスティスの徒然ブログです。◎2学期生募集中!!!  ◎秋の入会特別割引キャンペーン実施中!!!◎中3学力ABC対策実施中!!!  メールでも、お問い合わせを受け付けております。メールアドレス u0708mbird☆yahoo.co.jp☆のところを、@にして送信してください。お手数ですが、迷惑メール対策です。PCが、機嫌が悪くなり修理に出しております。今回も、iPhoneからのブログです。慣れないと、時間がかかります。何事にも、慣れと練れが大切です。学力Aの結果が、わかりました。うちの中3は、ウ〜ンといった結果です。得点通知表の平均がどの程度なのか楽しみです。◎入試によく出る、ことわざ  ・一事が」、万事。  ・意味:一つから、他も推しはかれる。    わかると、できると、定着する、安定する、正解するは、ちがう。高校入試は、中1から始まっている。勉強にフライングは無い。「札幌市中央区の個別指導学習塾ジャスティス」で検索していただくとHPをご覧いただけます。Bye for now !!!それでは、ごきげんよう。〒064-0918札幌市中央区南18条西14丁目 カサデバリオ1F個別指導学習塾JusticeTel 011-563-9909#こどものいのちはこどものものJusticeは、児童虐待防止に賛同いたします。つづく

  12. 今日も、面倒な奴がついてくる。「ゆいぽーん!ねぇ、聞いて!」朝だというのに、本当に元気だ。尊敬の意思はないものの、彼女の取り柄は元気だと自分自身に説得し、言葉を飲み込む。彼女は自分の準備もそこそこに、私の前で日本語を話している。どんな内容の日本語なのかなんて、私は興味がなかった。「ちょっとゆいぽん!聞いてる?」「ん?あぁ、うん。聞いてるよ。」「嘘だ!じゃあ私がさっき言ったこと、復唱してみて?」これで私が言い負かされるとでも思っているのだろうか。彼女の取り柄は、元気と、もう一つある。それは、“単純”ということだ。「──星座占いで1位だったけど、朝からツイてない。」テレビが大好きな私は、朝のニュース番組もよく見る。「わー、当ったりー!」やっぱりか。やはり、単純がよく似合う。聞いてもらえてるとわかった彼女はまたしても、日本語を話し始めた。とはいえ、なついてくるようになった原因は完全に私だった。私はいつも危なっかしい彼女の、世話をしすぎたのだ。「あ、ねぇゆいぽん!今度の跳び箱、私8段跳んでみる!」体育が終わり、着替えも済まして席に座ると、彼女がはしゃぎながら、私の机を叩く。「えー、危ないからやめときなよ…。」「大丈夫だよー!今日6段やってできたから、余裕だよ。」「本当どこから来んのその自信。6段の次は7段でしょ。」「んーでももしなんかあったらゆいぽんが守ってくれるから!」「……守らないし……」いつ私が守ると言ったのだろうか。猛スピードで記憶を遡るけど、記憶力が良い方の私は、言った覚えがなかった。でもきっと、守ってしまうのだろう。そのあと彼女は見事に8段を跳び、失敗した。怪我に至らなかったのは、先に跳んでいた私が、マットからはみ出した彼女をキャッチしたから。怪我がなかったし、皆から褒められたのは嬉しいが、少し悔しい。「もう、ずーみん!危ないんだからやめてよ!」「えへへ。ゆいぽんほんとにありがとー!」「はぁ…」全く悪びれた様子のない彼女に、呆れる。「ゆいぽん、王子様みたい。」「何で?」「守ってくれるし、面白いし、かっこいいし、可愛いし、何でもできるから!」「好きで守ってる訳じゃないし、何でもできない。」「…っ……そう、だよね。」「ん?」「ごめん。ちょっとトイレ行ってくるね?」明らかに様子がおかしい。さすがの私も、何かしてしまったかと動揺する。しかし思い返してみても、今までと全く同じ反応で返していたから、余計に分からなくなった。「あ、ゆいぽん!」教室からひょこっと顔を出してきたのは、尾関。その後ろに、莉菜がいる。「どうしたの?暗い顔して…。」莉菜は、彼女と仲が良い。「ずーみんが、なんか、様子がおかしい気がする。」「え?」「さっき──」ありのままに、真実を伝える。すると、莉菜がハッとした表情になった。「ゆいぽん…ずーみん、大変なことになってるかもしれない。」「え…何で?」「ずーみん、最近悩んでたんだよ。ゆいぽんに迷惑かけてばっかりって。」悩んでいたや迷惑という、ずーみんの感じからかけ離れた言葉が出てきて、驚く。守ってくれるからとかの理由でいつもハチャメチャなずーみんは、どこか当たり前って思っているようなところがあったような気がしていたから、余計。「守ってくれてるの、本当は嫌なのかもとか、色々考えてた。」私は、さっき莉菜の言った通り、大変なことをしてしまったのかもしれない。「ごめん!ありがと!行ってくる。」階段を駆け降り、走った。すると、やはり体育館前のトイレからは、泣き声が聞こえてきた。ドアを開け、暗い中を見渡す。声は、一番奥の様式トイレから漏れている。「──ずーみん?」名前を呼んでみても、返事はない。ただただ、泣いているだけだった。「ずーみん、聞いてね。」いつもは冷たくしてたけど、今回は優しい声色に変える。「迷惑なんて、思ってないよ。」本当は、そうだった。いつも守ってくれる。そう言われる度に、“頼られてる”と思えて、少し嬉しかった。「確かに少し、面倒だなって思ったことはあったけど、迷惑だなって思ったことは、一度もない。」多分私が嘘をついても、ずーみんには見破られてしまう。「私ね、好きな人には、冷たくなっちゃうんだ。」泣き声が、収まった気がする。「だから、ずーみんに勘違いされたかもしれない。私はずーみんのこと、迷惑だなんて思ったことないし、嫌いじゃない。むしろ、好きだよ。」こうなれば告白と同じだろう。ずーみんの場合、友達としての“好き”に取るかもしれない。だが黙って、私は返答を待つ。「……ゆいぽん……ごめんっ!」「え?何で。」「ずっと、勘違いしてて。ごめん。」そんなことない。勘違いさせる原因は、私だ。そう言わずに、まだ涙が流れているずーみんに近寄って、抱き締めた。「……ねぇずーみん。」「何?」「付き合ってくれる?」「──うん。」返答が聞けたことから、ずーみんを離す。私はそうでもないが、ずーみんの顔は真っ赤だった。さっき泣いてたせいもあるのかもしれない。「じゃあ、もう戻ろ。授業始まってる。」しかも、私たちは着替えていないから、体操服のまんまだ。走る速さに差はありつつも、教室まで全力で走る。なんとか到着したが、次の授業の時間までサボった。「あ、ずーみんとゆいぽん!」トイレで体操服から着替え終わったあと、莉菜と尾関がこちらに駆け寄ってきた。「仲直りしたんだね?」「うん!ありがと。あのねー、ゆいぽんが冷たかった理由がね──」「ごめんね二人とも。帰るよ。」自慢気に話すずーみんの言葉を遮り、手を引いて歩き出す。ずーみんは言いたかったようで、何でー!と反抗している。私も少し恥ずかしいからね。いつか笑える日がくるまで、冷たくしていた理由は秘密にしておこう。ー終ーいつか書いてみたいな~と思っていたゆいちゃんずの二人。この二人はほっこりするような話が似合います。最後まで読んでくださりありがとうございます。

  13. セブンスイーツアンバサダー
  14. こんばんは(*´꒳`*)今日は暑かったですけど秋の風を感じられたような気がします。学校→→→塾から帰宅して、今から20分間 自由時間です( ´艸`)桃は、山羊座のB型 なので 計画を立てたタイムスケジュール通りに過ごすことが好きです。そうすることでやり残しのない、後悔のない 1日になるような気がするからです(*´꒳`*)やり残しのない毎日でこつこつ 守備をかためて確実に成功を掴み取りたいタイプであります。20分間の自由時間は タピオカドリンク飲んだり?好きな物を眺めたり?キンプリの平野紫耀くんを想ったり?欅坂46の平手友梨奈さんを想ったり?まぁ、癒しタイムですね(*´꒳`*)今日は、好きな物を眺めています。ダッフィーフレンズのスーベニアメダルです❤コレクションファイルに入れてあります1番 最後にあるスーベニアメダルは実は桃の シェリーメイ好きを 知っている同じ学年の男子が突然プレゼントしてくれたものです好きな物をプレゼントしてくれるって特別に 嬉しいですよね(*´꒳`*)自由時間が終わったら塾の宿題をやってから眠りますいつも読んでくれてありがとうございます今日も一日お疲れ様でした。おやすみなさいませ。

    中学生の家での自由時間(*´꒳`*)
  15. 札幌市中央区の伏見小学校前の学習塾、個別指導学習塾ジャスティスの徒然ブログです。◎2学期生募集中!!!◎中3学力ABC対策実施中!!!  メールでも、お問い合わせを受け付けております。メールアドレス u0708mbird☆yahoo.co.jp☆のところを、@にして送信してください。お手数ですが、迷惑メール対策です。今日もiPhoneからのブログです。だいぶ慣れて来ました。 このブログですが、自分の備忘録のつもりで書いております。あまり、面白い内容ではありませんが、お付き合いください。今週の金曜日、中学校は、学校祭です。その準備の為、時間変更や欠席が、今日は、多かった。中3生は、最後の学祭、思い切り楽しんでください。◎入試によく出る、ことわざ   ・一寸の虫にも五分の魂。   ・意味:どんなに小さくて弱い者でも、それ相応の意地がある。わかると、できると、定着する、安定する、正解するは、ちがう。高校入試は、中1から始まっている。勉強にフライングは無い。「札幌市中央区の個別指導学習塾ジャスティス」で検索していただくとHPをご覧いただけます。Bye for now !!!それでは、ごきげんよう。〒064-0918札幌市中央区南18条西14丁目 カサデバリオ1F個別指導学習塾JusticeTel 011-563-9909#こどものいのちはこどものものJusticeは、児童虐待防止に賛同いたします。つづく

  16. 今日の夜ご飯初めておからパウダーを入れて、料理を作りました!今日のメニューはチキンピカタ私は唐揚げがまだ苦手なので、好きなチーズをまぶして、ピカタにしてもらいましたピカタの衣を小麦粉ではなく、おからパウダーを使用して作ってみました味は美味しかった!そして鶏肉がしっとり柔らかく、いつもよりいい感じに!ヨーグルトソースをかけてみたり、大根おろしやおいチーズをしたり、どんな料理でも色々味を変えて食べるのが私流(そうじゃないと、まだたくさん食べれない)今日のポトフはよく具に味が染みてて美味しかった!パパが帰ってきて厚揚げ食べてるのを見ていいなぁ〜って言ったら、こんなん食べれんの?って言われたw食べれるわ!でも油揚げとか揚げ豆腐は苦手やから食べへんけどなwあーおでん食べたい🍢鍋食べたい🍲寒くなってきたらそうおもうね最近風邪っぽいな🤧だから季節の変わり目嫌い今日病院行って薬もらったけど、早く治ればいいなぁ今日の体重32キロちょうど(31、9…なことも)やばいやばい!32キロ切ったら大変今日は浣腸した!すっきり出た!明日は自力で出てね!https://stat.ameba.jp/user_images/20190918/21/copatto/5a/33/j/o1108147814592251034.jpg@@1108@1478

  17. お誕生日