3/22の記事ランキング

  1. ブログへのご訪問どうもありがとうございます😊こんにちはイチロー選手引退されましたね今朝の新聞は1面2面表裏まででしたイチロー選手大好きです😘本も買って読みました今まで言葉だけでもプレーでもどれだけ感動したことでしょうかイチロー選手引退会見今朝のワイドショーでもイチロー選手引退の話題で持ちきりでしたイチロー語録こんなに言葉で感動することってないですよねグッと来ることをシャラッーとおっしゃる本当に素晴らしい尊敬します今まで奥様のことはあまりお話されたことはなかったと思いますが引退会見では奥様のこと愛犬のことこれまたグッと来るお言葉でした試合前には必ず奥様が握ったおにぎりを食べていたとのこと🍙それが2800個くらいだったそうで奥様は3000個作りたかったと🍙イチロー選手も3000個握らせてあげたかったと妻と愛犬には感謝しかないといまさらですがきっと愛犬の名前もイチローさんの一と弓子さんの弓を取って一弓いっきゅうなんですね一弓の癒しもたくさんあったのでしょうねそしてイチロー選手が交代の時の光景が本当本当に感動しましたこんなことが起きるのですね本当に選手のみなさん素晴らしいイチロー選手のお人柄もあるのでしょう海外でも認められ功績を称えそうなったのでしょうねチームメイトが1人2人とどんどんベンチに引き上げて行きイチロー選手1人だけグランドにいて戻って来るイチロー選手と握手やハイタッチやハグこれは本当に感動的で涙ポロポロ溢れて来ました言葉や態度というか思いを表現することって本当に大切ですねイチロー選手のお言葉からも学ぶ姿勢と人間性をとても感じましたそして引退後ゆっくりは決してしたくないとイチロー選手明日もトレーニングをしているでしょうととにかく動き回っていますとイチロー選手たくさんの感動をどうもありがとうこざいました😊イチロー選手のお言葉や発信されることでハッと思ったり励まされたりこれでいいんだと思ったり本当に凄い方ですイチロー選手今後のイチロー選手のご活躍もとっても楽しみです是非ともお会いしたいですねイチロー選手そして奥様お疲れ様でした

    たくさん共感されています

    イチロー選手( ◠‿◠ )感動をありがとうございます
  2. 先日の驚愕の娘の制服姿から一夜明けブログにアップしたのが娘にまだバレていないことにホッとしている母でございます本日1時間目修了式2.3時間目 卒業式最後の練習全て間に合いませんでした着いたのはHR娘とは今日もバトリましたこうなってくると何が正解かは全く分からなくなってきます先日の「先生めー」のブログ記載にありますが母が心でキレてから何かがプツンとはじけてしまいなんだか心が冷めてしまった卒業式泣かないかもとさえ思えてきたとにかく行っても行かなくても上手くできようができなくても終ってほしいもうどうなったって卒業式は終わんのよ卒業式日程9:10集合10:00会式最近の様子から時間に間に合う気配もないしかも前日父母結婚式参加帰宅22:00位かもフォローもできないかもそんな気持ちの中今日帰りに娘の友達に会いました「卒業しちゃうねー さみしい?」って聞いたら「さみしくはないです それより・・・・」えっ何?「それより早く 担任の先生と離れたいです もういいです」ええええ!!うそでしょっ!!そうか熱血か熱血のせいかあああ先生最後の最後で残念!でも今なら少しわかるかもーー(⌒▽⌒)アハハ!もうこんな学校行く行かないとかに翻弄されるのはお腹いっぱいなので中学はもう行かないとか決めてくれないかなとどーせ合わないだからさーともうフリースクール行けないならホームエデュケーションでいいんじゃないねーと卒業前に物凄く投げやりに思っている母の前で娘「中学は行くからね  中学からは行くからね」じゃなんで小学校行かないだよ「だってさ私の事知ってるじゃん 中学は知らない子も多いじゃん だから恥ずかしくないから行けんじゃん」何よ恥ずかしかったから行けなかったのーもうホント意味全然わかんない中学校生活想像もつかない

  3. 黒崎杯(^o^)
  4. バッチリ、スーツできめて行ってきた様です。卒業おめでとう!小学校関係はママに任せっきりで、僕は運動会の1回くらいしか足を運んだ事がなく、卒業式も行けませんでしたが、息子とは練習で、ほぼ毎日一緒に過ごした6年間でした。ふりかえると、泣き虫だった幼稚園。甘える間もなく、妹、弟ができて、7才で3人のお兄ちゃんになりました。練習しながらも、よく家の手伝いや面倒もみてくれました。仮面ライダーが好きではじめた空手。何度も、何度も負けが続いて、悔し涙もいっぱい流しました。でも、それがきっかけで一緒に練習する様になりました。一年生くらいからです。悔し涙をいっぱい流しすぎて、自分で本まで作ってました。いつ始まるねん、て思いながらも少しずつ結果がでる様になりました。おかげで自信が持てる様になり、大きな夢を持つ様になりました。キックに転向してからも、強い先輩に挑んでは、ボコボコに鍛えてもらっています。それも全部、今は大きな夢に挑んでいる途中です。小学校で一番嬉しかった事は、と聞くと、東京でのK-1アマチュア大会!て即答でした。2人でドキドキしながら東京へ向かったのが懐かしいです。このまま、息子の追い掛ける大きな夢を一緒に見たいです。中学は陸上部に入り、スタミナ、足腰を鍛え、格闘技と両立させる予定です。高校は小4からボクシング部のある、家から自転車で通える学校に行くと決めていて、そこに入学する為にも、どんなテストも60点だけは切るな、て勉強の事はその一言だけを言ってきました。大きな夢の為、しっかり勉強もやり未だ60点だけは一度も切ってません。そんな風真が書いた作文です。親バカながら、何度も読み返しました。努力、感謝、そんな綺麗な言葉、自分が小学生の頃は全く頭の中にありませんでした。何があってもサポートしてやろう、て思いました。こんな風に成長できたのも格闘技と周りの支えのおかげです。ずっと傍で見てきましたが親バカながら、かけがえのない息子です。卒業おめでとう!これからも男闘呼組、夢に向かって一歩一歩。感謝

    卒業の巻き
  5. 解決しました
  6. 続・卒服事件簿
  7. この記事にコメントしたらアクセス一気に増えて笑ったわ。ふだん5とか6なのに1000以上いった。しかもコメント欄のみなさんも感情移入しすぎて全然冷静じゃないから、滑稽でしかたない。この記事さ、旦那が不倫してて、それを嫁が責める一場面なんだけど、責められた旦那が暴れて壁なんかを破壊しはじめたんだよ。それで嫁(筆者)が110番するのさ。110番てなったところで、すごい違和感があるんだよね。自分で建てた家を自分で破壊して、容疑は何?って話だよ。器物損壊くらいしか思い浮かばないけど、自分の家だぞ。何の犯罪行為でもないだろ。筆者が殴られたとかなら分かるけど。(ちなみにコメント欄で、筆者は以前殴られたんです!って指摘があったけど、だったらいつまでも同居してないで、具体的に暴力を避ける行動に移っとけって話)筆者は単なる夫婦喧嘩の仲裁にお巡りさんを呼んだわけだけど、警察としては夫婦喧嘩に巻き込まれて、迷惑なだけ。警察はガードマンじゃないってことはキチンと理解しないといけない。こんなくだらない夫婦ゲンカで出動させられるから、本当の事件でも微罪だと「お巡りさんも忙しいから」なんていって、被害届を受け取らないんだよ。まあ、それは別の話だけど。このブログ、まだ続いてるから結末は分からないけど、結局また仲良くやってこうってオチになるんじゃないの?そうなりそうだから、周りの迷惑かえりみず暴れまくる夫婦ともに批判的に見てしまう。酷い目にあわされて、警察にもご迷惑をおかけして、最終的には離婚しましたってオチなら、少しは応援したくなるけど。※追記と書いたら筆者がいいねつけてたわ。無視しとけばいいのに、神経細やかなんだね。こちらのブログはランキング上位になってたから、たまたま目にしてコメントはしたけど、よそのブログで暴れるのが目的でもないし、コメント欄では書ききれなかったことを補足としてリブログしたまで。新しい記事で、旦那に助け求めたら批判くるとかもとか気にしてて、笑うわ。それこそ家庭内の話だから、どうぞご自由に仲良くしたりケンカしたりしてくださいと思う。

  8. もう春かな
  9. FUJIYAMA JVC小学生バレーボール 東京都豊島区皆さま、おはようございます!昨日、第一支部の卒業記念大会が板橋区のすこやかプラザで行われました第一支部に所属するチームのみんなで保護者の皆さまや指導者の皆さまも全員で心を込めて6年生の卒業をお祝いした1日久しぶりにメンバー全員が揃ったFUJIYAMAも6年生二人の最後の勇姿をしっかり応援していた姿がありましたさて第一支部はとても大所帯です全チームが揃うと3面のコートも埋まりますと、その前に朝の集合時間より早く到着したFUJIっ子たち時間調整で立ち寄った可愛いショットをおひとつどうぞ6年生と過ごせる時間は本当にあとわずかその少しの時間を惜しむように今日のFUJIっ子たちは一段と仲良しでした会場いっぱいの選手達でのアップを終えてFUJIっ子たちは第4試合目に元気よく登場しました6年生の気合いの入ったサーブレシーブもブロックもそして喜びも今日は一段と全力ハイタッチも急遽練習しまして練習の成果が出ていました応援していたFUJIっ子たちも全力です試合は4チームトーナメント選で第2位の一勝一敗でしたが気迫のこもった6年生二人の全力プレーが幾つも乱れた高いボールをアンダーで返そうとした4年生の上からスパイクを打ちに行き見事得点に繋げたキャプテン予想外に誰も居ない方向へ向かったボールに誰もが諦めかけた時相手コートに返球する為に全力で飛び込んだ6年生BOYFUJIっ子たち全員に応援に来て下さった保護者の皆さまに笑顔と感動をもたらしてくれた6年生二人6年生キャプテンの最後のご挨拶は今までで1番頼もしく巣立ちを目前に改めて成長を感じる事が出来ましたありがとう6年生感動の送別セレモニーへ続きます

    FUJIっ子6年生(^-^)
  10. FUJIYAMA JVC小学生バレーボール 東京都豊島区皆さま、こんばんは!昨日の第一支部卒業記念大会では6年生の活躍と6年生の為にと奮起した4年生以下のFUJIっ子たちの姿がありましたチームスポーツの素晴らしい光景1人はみんなの為にみんなは1人の為に誰かを想う事で生まれるパワーとは無限の力を秘めている事を改めて体感した1日でしたさて急遽、プラカードの作製に取りかかったFUJIYAMAでしたが思うようなプラカードの注文にたどり着けず6年生のご家庭に相談したところ『何とか要望の物を作ってみます』と、ご協力を頂きましてとても有り難く、感謝しきりですそして、子ども達の事を細部まで考慮して頂いたプラカードがこの度、完成しました初お披露目新チームキャプテンのエスコートで送別セレモニーが始まりました第一支部の支部長さんから努力賞の表彰をして頂いた6年生キャプテンそしていよいよ卒業生代表の『感謝の言葉』の発表に短時間の練習であったにも関わらずさすが6年生しっかりとしたご挨拶が出来ておりましたしっかり前を見つめ仲間達へ保護者の皆さまへそして指導者の皆さまへ感謝の言葉を伝えられた6年生キャプテンそれはそれはとても立派な姿でありましたベストポジションで写真をと、監督さん方に促されほぼ対面した状況にあったFUJIYAMA感動が抑えきれず、、、、年々、涙腺はゆるんでいくものですねそして6年生達の新たなステージへの応援と感謝の気持ちを込めて選手や保護者の皆さん全員による花道で6年生を送り出しますこの笑顔がこれからの『道』を明るく照らしている事でしょうFUJIっ子たちみんな6年生が大好きずっと一緒に居たいこれがFUJIっ子たちの素直な気持ちです日曜日にはFUJIYAMA JVC初めての送別会が開かれます感動あり笑いあり6年生の巣立ちと門出をFUJIっ子たちとお祝いしたいと思います

    感動の送別セレモニー(^-^)
  11. JW協会”ナゴヤランウェイPV公開”
  12. 卒業式
  13. 小さなお友達
  14. ソールフード
  15. フィギュア女子フリー見てます
  16. イチロー選手引退されましたね「ビジョン・トレーニングを生かしていない選手の三振は22%、ビジョン・トレーニングを受けた選手ではわずか9%に減っている」イチローの「心眼」イチローの「心眼」。<後編>2015-広く知られていることだが、イチローは小学3年生から中学3年生までの7年間、ほぼ毎日、名古屋空港近くのバッティングセンターに通った。イチローによると1ゲーム25球、それを平均して5ゲーム行った。つまり、1日あたり125球のボールを打った計算になる。多い日には10ゲーム、つまり250球も打ち込んだ。これはプロ野球でいうところの“特打”に匹敵する球数である。 特筆すべきは、小学3年生で120kmのボールを難なくジャストミートしていたという点。中学生になると特注したマシンのバネがはじき出す130kmの速球を、正規のバッターボックスから2〜3mも前に立って打ち返した。マシンとの距離は15〜16m。そこからまた2〜3も近寄れば、130kmのボールが140kmにも150kmにも感じられたことだろう。繰り返すが、それを完璧に打ちこなすイチローは、声変わりしたばかりの中学生である。 新井宏昌打撃コーチは言う。「アーム式はピュンと投げた後、ボールを拾ってくる。バッターはアームが上がってくるところからタイミングを取らなければならない。漠然と待っていたんでは、タイミングが遅れてしまう。イチローの間の取り方の良さは、子供の頃からアーム式に慣れ親しんだことにもあるのでしょう」 それにしても、小学3年生の頃から、毎日120kmのボールを125球も見ていれば、「瞬間視能力」や「追跡視能力」はいやが上にも強化される。これは眼筋を鍛えることで得られる能力と考えてよく、強化の時間は早ければ早い方がいいとされている。 ちなみに速いボールを見ることの大切さについては、王貞治が次のように述べている。「僕は自分の“眼”を切り札にするために、人一倍の努力をした。練習では、ブルペンに行かなかったことはない。投球練習をする投手にことわり、バッターボックスに立たせてもらって、ボールを見る訓練をし続けた。いまの選手でブルペンに行くバッターがいないのは、本当に不可解である」 専門家の立場から田村所長がビジョン・トレーニングの重要性をこう説明する。「目には2種類の筋肉があります。ひとつは毛様体筋といって、網膜のピントを合わせる筋肉。もうひとつは外眼筋といって、目の方向性を定める。これは6本あります。この2種類の筋肉が作用することで、ボールの来る方向に正確に目を向け、ピントを合わせる能力が養われる。これは鍛えれば鍛えるほど向上する。体の筋肉と同様、目の筋肉にもパワーとスピードが必要なんです」 それに関連して、米スポーツビジョンのコンサルタントであるレオン・レーヴィン博士は次のような報告を行っている。「ビジョン・トレーニングを生かしていない選手の三振は1974年22.2%、75年は22.1%。これでは全く進歩が見られません。ところがビジョン・トレーニングを受けた選手では、1974年17.2%、75年にはわずか9%に減っている」(『トッププレイヤーの目』より)  興味深いデータがある。これは静止視力とパフォーマンスの相関関係を数値に表したものだが、アーチェリーの場合、視力1.2で得られるパフォーマンスが100であるのに対し、0.7で99.1%、0.5で97.2%、0.3で97.6%、0.1で99.1%とほとんど差異は見られない。ところが野球の場合、視力1.2〜1.5で100のパフォーマンスが得られるのに対し、0.7で74.9%、0.5で36.9%、0.3では28.1%、0.1で3.6パーセントとガタ落ちの傾向を示すのである。 この結果を受けて、調査元のスポーツビジョン研究室(遠藤室長)では「ボールのスピードが速く、しかもボールが小さいスポーツは1.2〜1.5まで矯正しないと最大のパフォーマンスは発揮できない」と結論づけている。 もうひとつ忘れてならないのは、目の休養である。1日に10球から20球、140km台のボールを目で追うバッターは試合後、酷使の代償として目に疲労や乾きを覚える。放置したり不摂生を続けると、後に視力の低下を招きかねない。 張本勲は現役時代、決まって試合後、目がほてるのを感じた。疲労の激しいデイゲームの後は、氷を目の上に乗せてほてりを鎮めた。ナイトゲームの後も冷たいシャワーの水で目をひたすことだけは忘れなかった。 不振に陥ると眠れない日々が続いた。それでは目に悪いと思い、張本は無理やり目をつぶり、閉じたまぶたの裏側で打撃のシミュレーションを行った。まぶたをスクリーンにして繰り広げられる試行錯誤は明け方にまで及ぶことも珍しくなかった。 荒ぶった声で張本は言った。「眠らんと体に悪いのに眠れん。しかし、目だけは閉じてないといけない。ワシはもう1度生まれ変わっても、野球選手にだけはなりたいと思わんね」 昼間、外出する時、イチローは久志の長い帽子を目深にかぶる。太陽の直射日光を浴びないようにするためだ。 イチローいわく、パッパッと照りつけるような日射しや照明の光は、目に疲れを生じせしめるのだという。試合後は涙こそ出ないものの、目がしょぼついたり乾いたりで、しばしば目薬のお世話になる。体の筋肉同様、眼筋にもウォーミング・アップとクールダウンが必要なのである。「脳をコンピューターの本体と考えるならば目は入力回路。手と足の動きは出力回路。いくら出力回路を鍛えあげたところで、入力の段階で間違ったものをインプットしてしまえば、努力は報われない」 日本体育協会公認スポーツドクターであり、スポーツビジョン研究会の代表である真下一策氏は、そのような表現で視覚機能の重要性を訴えかける。真下氏が指摘するように、現在の日本球界は、あまりにも“出力回路”のトレーニングに偏りすぎてはいないだろうか。イチローが示したいくつかのデータの中にこそ、スーパースターを育てるヒントが隠されている。<この原稿は『Number』(文藝春秋)1995年7月20日号に掲載されたものです>イチロー選手がオリックスからマリナーズへと海を渡ったのは2001年。MLB公式ツイッターは、メジャーのキャンプイン直後に行う恒例のフォトデーで収められた18年前の27歳の時の写真と、45歳のイチロー選手の写真を比べても大差があまりなくいつまでも若々しいと報じている。私もイチロー選手がオリックスを去る時の試合を観戦していました。オーラが本当にスゴイです!!常に自信を持ち続けていられるのは、日々「ビジョン」を鍛えているからかもしれませんね❣️今からビジョントレーニングに取り組んでいれば、20年後も今と変わりなく若々しくいられるかもしれません幼稚園、小学生、中学生、高校生の皆さんは、ぜひビジョントレーニングに出会われた幸運を感じながら、毎日取り組んでみてください我が家もそうしています…!一度きりの人生ですスポーツ面、仕事面でも、スーパーサムライ、未来のイチロー選手を目指しましょう❣️ビジョントレーニング体験会を随時受付中です❣️webレッスンも可能です。お問い合わせはこちらから。★ビジョン&ブレインE-mail:vision-master@lion-ymail.com★プロフィールhttps://profile.ameba.jp/meテレビ出演2012年TBS 衝撃速報 アカルイミライhttps://www.youtube.com/watch?v=j7d_Qd0XWTU★ビジョントレーニング説明目、脳、体で「見る力」をアップする!ビジョンのコンシェルジュ | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ脳の発達を促す 「ビジョントレーニング」 | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ人気記事ランキング1位。小学生ジャンルで1位になりました。アメブロ人気記事ランク1位、小学生部門でも1位になりました!! | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ人気記事ランキング 1位になりました‼️ | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ人気記事世界の一流アスリートも実践!苦手な人とも仲良くできるコミュ力アップのビジョントレーニング❣️ | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ視る力を鍛える‼️ナンバータッチトレーニングがすごい! | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ国語が1日でレベルアップ!! | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ目がコントロールできるとリラックス状態を作り出せる!? | ビジョントレーニング (visionbrain)のブログ引っ越し後もアクセスが伸びている‼️幻の初期ブログです。笑おススメ教材や教具も記事の1番下の方に貼っていますのでぜひご家族皆さまで楽しくシェアしてください。いつも応援ありがとうございます😊「視る力=生きる力」 目の筋肉を鍛えるビジョントレーニング。米国では100年以上も歴史がある国家資格です。視機能=「目、脳、身体の連動」が正常に働いて、本来持つ高い能力が最大限に発揮されます。前頭葉の血流がアップし、右脳のイメージ力が高まり、身体と連動して、三半規管や体幹が鍛えられ身体能力と思考力がワンランクアップします。 記憶力、集中力、言語能力、判断力、注意力がどんどんついてくる! スポーツや勉強が得意に!ピアノやサッカー、水泳など習い事が上達!など、驚きの声が続出中❣️

    自分の“眼”を切り札にすれば人生が変わる!! ビジョントレーニング!
  17. 3/21 吉田SC卒団フットサル大会に、5・6年生11名で参加してきました。6年生はこの大会がレオネスでの最後の大会になります。予選リーグ第1試合VS 三条SSS前半1-3後半1-22-5の負け予選リーグ第2試合VS 吉田SCB前半3-2後半1-04-2の勝利予選リーグ第3試合VS FCシバタA前半3-0後半3-36-3の勝利予選リーグ第4試合VS 巻SC7-4の勝利予選リーグ3勝1敗で、決勝進出を決めてくれました。第1試合は相変わらずレオネスらしく?なのか、体も気持ちも入らない試合をしていまいましたが、残り3試合気持ちを入れ替えて予選リーグ1位で決勝進出を決めてくれました。決勝戦VS吉田SC A前半3-5後半2-65-11の負け前半最初はリードを奪う展開でしたが、相手エースのスピード・技術に圧倒されてしまい、残念ですが最後の試合は敗戦となってしまいましたが、狙いも持った攻撃や身体を張った守備とレオネスでの成長も見せてくれました。まだまだ成長途中の選手達です。次はもっと良いプレーが出来るようにこれからの成長に期待したいと思います。6年生はとりあえずレオネスでの活動が一区切りになりますが、中学に行っても自分で決めた目標に向かって頑張ってもらいたいと思います。また、保護者のみなさま卒団までレオネスの活動にご理解、ご協力いただいた大変ありがとうございました。4月から環境が変わり忙しく日々になると思いますが時間がある時は子供達と一緒にレオネスに顔を出してもらえればと思います。6年生最後の円陣!!コーチ井上

    3/21 吉田SC卒団フットサル大会