みんなが見ている注目記事

  1. こんにちは。休日のカジュアルイタリアンランチ。カフェ アントニオ。HOME | カフェアントニオ四谷店 CAFFÉ ANTONIOANTONIO`Sは1944年にイタリア海軍の指揮官付コック長だったカンチェーミ・アントニオが日本に本格的イタリアンを紹介してから創業72年の老舗イタリアンレストランとデリカテッセンのお店です。antonio-yotsuyacafe.spiral-place.com2人分4400円(税込)で、サラダ、パスタ、ピザ、デザート、ドリンクが含まれる、他のメニューよりも、お得そうなシェアメニューを2セットオーダー。サラダの後は、炭水化物のオンパレード!味が濃い事もあいまって、(このお店が特別に濃いという意味ではなく、 東京の外食は全体的に、 西日本よりも濃いと、 わたくしには感じます。)塩をかけられたナメクジのように怠くなり、帰宅後とても眠くなりました。パスタ2種(ジェノベーゼ、ワタリガニのトマトソース)を、はじめから取り分けて持ってきてくださいました。コロナ禍の有難い御配慮ですね。とても伸びの良いチーズがのったピザ2種。何度もしつこいですが、チーズのお味がかなり濃い目でございました。デザートも充実。わたくしはレモンケーキを選びました。何よりも、店員さんたちの雰囲気や仕事ぶりが、とっても好印象で、本当に楽しく、気持ちよく過ごせました。ソフト面の充実って大切ですね。グループも、カップルも、お一人様も、いらっしゃって、入りやすさも、居心地もよいカフェでした。もともとは、同じ商業施設内のベーカリーカフェ”PAUL”に行きたかったのですが、ポール|アトレ四谷 -atre-アトレ四谷「ショップ詳細」のページです。www.atre.co.jp待ち時間が長かったので、上記のイタリアンにしました。おかげで、新たなお店を知ることができました🍕普段はストイックに気にしている塩分、カロリー、GI値などををあえて無視した、たまの外食も良いものです素敵な皆さま、週の始まりお元気に!

    たくさん共感されています

    休日のカジュアルイタリアン♪四谷にて
  2.  ワタクシには結構変わった人間と懇意になる才能があるようで、時々色んな人から色んな話を聞く。コロナパンデミックが始まる前、結構金持ち中国人が日本の医療がいいっていうんで宝探しのように大阪に来てたっけ、そんなインバウンド相手に医療してたお医者さんからのお話ではね、思いっきりええモン食って糖尿にキッチリなった中国人が言うには“ 糖尿になったら食事制限だの運動しろだのは中国の医者でもいう、でもここは日本だろ、何か、そんな事しなくったって糖尿が良くなるような施術か薬はあるんじゃないか、カネはいくらでも出す、やりたいんだ…”で、そのセンセは“ 効く可能性ありますよ!”とりあえずなんか点滴してやって、意味不明なサプリ売って200万位巻き上げたそうな。スゲェ。いいのかそれで。でも別なクリニックでは腎不全でもない健康インバウンドに“ デトックス” と称して透析回して大金を巻き上げる医者もいると聞いた。あくまで伝聞である、追求しないで欲しい どんな業界だってクズはいる、理屈の通らんオモロいワガママ言ったらいかにも寄り添う振りをした詐欺師にカモられるだけの事だ。そんな人達と交わって中国人からワタクシまで仲間認識されるのは困る。恨みを買って大阪南港に一緒に沈められてもイヤなんで、敬して遠ざけるようにした。ヤバいヤバい。このパンデミック下、あのセンセ方は"治療"対象がいなくなってどうしていることやら。運動イヤ、食事制限イヤ、でなんか裏ワザないかしら、でオモロい詐欺に引っかかるって皆様、心あたりないかしらん、ダイエット。近頃 糖尿病薬を痩せ薬代わりに使う自由診療クリニックが増えてきて糖尿病薬、特にGLP-1 作動薬をダイエット薬で使う事には反対の声明を出しているまぁ、当たり前やな、普通に真っ当なやり方があるのにそれから逃げて病的肥満に使うべく出来ている薬を健康体の人間に、美容体重にさせたいから使わせるなんて、また先々の事考えてないの丸出しである。美容系の医者は目先の事しか考えてないから容易にこの手のクスリに手を出す“ ワタシもGLPで2.3kgやせました❣️“なんて言ってる女医さんいてたらまず、コモンセンスのないやつだと思った方がええで。糖尿病学会が何言おうとその学会に所属していない美容系の医者なら“ えーそんなコト言ってたんですかー(棒読み)”で話終わるやろ。だって罰しようがない。専門医剥奪とかさ、関係ないもん浮草系のセンセイ方はさ。それぞれの医者の良心の問題だ…薄着になる時分にあわせて慌ててオモロい痩身に走るくらいなら真面目に筋トレしたり走ったりが、常態の人間になった方がよろしいで。カラダは正直や、すぐに変わるかい、少なくとも運動は結構生存に有利なエビデンスがでてきている、今の私達は授かったカラダに合わないくらいに動いてないし糖分を食べ過ぎているだけだ。ワタクシ?週一回は筋トレパーソナルに通っております…週3回はジョギング30分。パンデミック終わったらマラソン大会に出たいな…ハーフくらいだけど。あんまり 走り過ぎるのもお肌にはよろしくないんで。↓当院のホームページはこちらをクリック↓クリニックの場所はこちら↓当院のスタッフブログ↓

    たくさん共感されています

    今更だけど、日本糖尿病学会、激おこ案件。
  3. 先週までの2週間は、あまりに忙しすぎてところどころ、記憶が飛びました(笑)今週はそのギャップか、余裕がありますのでこんな時間に(患者さんたちにアップを期待していると言われてるのでww)ささっと書きます。先週、無事に、静岡の実家にて僕の父親の四十九日の法要が執り行われました。いつも仕事がら、生きる死ぬのことをどこか淡々と考える思考ルーティンが出来ていましたが。自分の家族の死は、そこに至る時間と、死してからの時間はいろいろと考えさせられるものがありました。だからといって、自分の根底(誰にも言いたくないので書きませんけど)が変わることはありません。ただ、生き方が、百人百色であれば当然、死に方も、百人百色なのだと仕事を通して、自分の家族を通していつも感じています。自分がその立場になったら、情けないことをいうかもしれませんけど、それでも自分の患者さんたちには、無用に死をただ恐れるのではなくいつくるか誰もわからない死のことを出来るだけ考える時間をなくして、充実した生を全うして欲しい、そのために医療は、がんと共存し闘う皆さんを支えるものだと、言い続けるだろう。死が近づいても、後ろばかり向かずに限りはあるかもしれないけど、その生を楽しんで欲しいと本当に思う。最近、(言葉悪くて僕の患者さん、ごめん)重たい患者さんが多いです。でも、これがまた、皆さん、カテやって、元気になっていく。嬉しいね。そこで思うのは、良い結果があっても、それはずっと続くわけではない、良いことがあると、もっと上を求めてしまう、人間は。その後では、少しの悪いことも受け止められなくなる。そうならないように、淡々と良い時間を楽しんで欲しい。生き方も、死に方も、皆さん違う。患者さんが望む形を、家族と医療者が導く。そうあるべきだなあと。月曜から、湿っぽいこと書いてますが無事に四十九日の法要が終わり、とにかくほっとしています。いろいろと、公私で疲れましたがまた、がんカテ、がん治療で皆さんのお力になれるよう頑張ります。「吹田徳洲会病院 がんカテーテル治療センター」最後まで読んで頂いてありがとうございました。よろしければ、↓ ポチッとお願いします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

    たくさん共感されています

  4. 本日は、もう1本、書きます。7月3日に、新大阪で行った講演会、がんカテの詳細な適応やテクニック、医療機器などについて発表し、参加した皆さんから大好評でした。また、やります。このコロナ禍で、うちのがんカテ(病院全体)の診療もかなり影響を受け、患者層も変化しました。今までブログ等で書いてきた成果(?)でしょうかよく勉強されている患者さんは、自分ががんカテの適応だと考え、ドンピシャのタイミングで来られます。このパターンが増えました。同時に、ギリギリまで十分に奏功しない抗がん剤治療を続け病気が進行し、半分寝たきりのような状態で最後の砦として、うちの治療を希望され来る方もやや増えました。コロナ禍で、ぎりぎりまで吹田に来るかどうか判断できずに、最後の最後で受診を希望されたのでしょうが、寝たきり手前の患者さんにはどのような積極的な治療もマイナスになります。なので、このようなケースは、遅すぎた、か、もともと適応がなかったか、で、一般的なお話だけ外来でさせてもらい入院には至りません。あと、ほんの少し早めに来られて、まだ適応にはならなけど、これがこうなったら適応だよ、ってお互いに今後の方針を確認出来て、経過の中でがんカテの適応となり、再診後に入院決定。これも増えましたね。これが一番、スマートだし、患者さん本人も、がんカテが先にあればその確認が出来て心強いと言ってくれるし、また同時に今している全身ケモが正しいこともわかって、納得して治療を継続してもらえる。これがいいんだけど。ひとまず、コロナ禍だからといって、がん治療は後回しにできません。うちの病院が、どのように、コロナに対して対策して入院診療をしているかも踏まえ、またコロナ禍で少なからず、がんカテも影響を受けたその経緯、現状などを講演会でお話させて頂きたいなと考えています。あと、前回、動画や、実際にがんカテを受けた患者さんの画像などを用いた説明などもかなり好評でわかりやすかったと伺っています。引き続き、がんカテについて、わかりやすく説明したいと思います。さて、日時ですが11月6日 土曜日 午後を予定しています。場所は前回と同じニューオーサカホテル新大阪駅から徒歩3分の立地です。もう少し日程が近づいたら正式な開催時間などについて、ブログでアップいたします。前回は、開催決定告知が、開催日の2週間前となり、日程調整が出来ないとお叱りを受けました(汗)コロナ禍でのギリギリの開催決定でした。今度は、比較的早めに告知いたしましたよ~(笑)ただ、やはり今後、またコロナ患者増加が確実で状況次第で中止延期もありえます。全てブログで告知しますので、参加希望の方は、こまめにブログチェックしてください。さて、本日は2本書いたので、満足です(笑)次、いつ書くか自信はありません。最後に、トレーナーの皆さんに、自慢の画像を閲覧してもらって終わりにしたいと思います。やったぜ~「吹田徳洲会病院 がんカテーテル治療センター」最後まで読んで頂いてありがとうございました。よろしければ、↓ ポチッとお願いします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

    たくさん共感されています

    次回、講演会のお知らせ(11月6日)